teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:21/198 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

不動産を整理する時代へ

 投稿者:web担当  投稿日:2015年 6月23日(火)09時55分36秒
  通報 編集済
  今までは、不動産を買う時代でしたが、

これからは不動産を売る時代(不動産整理をする時代)へ


団塊の世代が、高齢者になり、相続や介護や認知症などいろいろな問題が出てきています。


空き家法が成立され空家も問題化してきました。


それに加え少子化で、買い手がいない


さらに、車の買わない世代が家を買う世代になり、


この世代の特色は、結婚をしない、ローンを組むことを怖がる、家を買わない


また、高齢者が老後のことを考え、息子さんの近くに行くことが多くなってきました。


一般的には息子さんたちは、サラリーマンの方が多く、

大手企業の本社が東京が多く、関東に行かれる方が増えてきました。(人口が一極集中傾向に・・・)


地方の家を売り、息子さんのおられる関東へ


大阪では不動産市場は、下落傾向。(大阪市内の商業施設は上昇傾向・ファンド介入)



不動産(家)を売りに出しても売れない。


不動産業者も買取をお願いしても、買取価格が厳しい傾向になってきています。


不動産を買うなら売れる物件をご購入ください。



売れる物件の基準

○土地90㎡以上

○間口が6.5m以上

○築年数が20年まで(いろいろな住宅ローン基準が築22年までが多い)

○駅から徒歩15分以内



以上の条件に当てはならないと今後、売ることが難しくなります。



最近売れにくい物件

○昭和築の物件(リフォームがかかりすぎる・昭和57年前は建築基準が違う)

○建て替えしにくい物件(2軒間口の家・車庫のない家)

○住宅ローンがきぶしい60㎡以下の物件(建ぺい率や間取りが取れない)



上記の物件はあと10年経つと不動産業者が買取を拒む可能性があります。





不動産整理を早く進めたほうが、資産価値は残ると思います。

http://baikyaku.dream-life.co.jp/satei/

 
 
》記事一覧表示

新着順:21/198 《前のページ | 次のページ》
/198