teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2017年関西支部山行報告ーその3

 投稿者:粟生和宏(10期)  投稿日:2017年 9月 5日(火)08時35分38秒
返信・引用
  キャンプ夏合宿

開催日:平成29年9月2日(土)~9月3日(日)
場所 :日本ボーイスカウト奈良県連盟山村野営場
     奈良県奈良市田中町
山  :大国見山(標高498m)
参加者:岡本(2期)、坂本(3期)、矢田(3期)、豊村(3期)、
     寶迫(5期)、川添(8期)、篠原(9期)、山口(9期)、
     宮崎(10期)、諸熊(10期)、粟生(10期)
コース:天理駅 - 天理教教会本部 - 石上神宮 -
     内山永久寺跡(山の辺の道方面へ寄り道)-
     国道25号線バイパス - 桃尾の滝 -
     大国見山(標高498m)- 桃尾の滝 -
     天理教教会本部 - 天理駅

関西支部では9月2日~3日に参加者11名で奈良市近郊の山村野営
場にてキャンプ夏合宿を行いました。野営場ではテントを設営した後、
プルコギ風焼肉と温野菜サラダがメインのとても美味しい夕食を食べな
がら皆で歓談しました。日没後はキャンプファイアーで久しぶりに山の
歌を歌って昔を懐かしみました。
3日は朝6時半からのラジオ体操を行い、朝食、テント撤収の後、天理
市へ移動して大国見山ハイキングを実施しました。標高が低いながらも
一気に登る急な登山道で大変な思いをしました。山頂からの見晴らしは
素晴らしく、山頂で弁当を食べて天理駅まで下山し解散しました。
次回は12月9日(土)に縁やにて忘年会を行う予定です。皆さま是
非参加下さる様お願いいたします。

(写真)
・山村野営場にて
・キャンプファイヤー
・大国見山山頂にて
 
 

夏のOB合宿報告

 投稿者:和田清(6期)  投稿日:2017年 9月 3日(日)10時52分51秒
返信・引用
  遅くなりましたが、夏のOB合宿(木崎湖畔)の報告です。

今回は、久しぶりに参加者数が20名を超えてにぎやかな合宿となりました。

夕食では、2度ほど「ご飯のうた」を歌いました。

唐松岳までは行かないという話で付いて行ったので、小屋が見えた
時は「え!」と驚きました。帰りはへろへろで、ロープウエーの最終
時刻に間に合うかどうか危うい状況でした。今年も青砥さん(5期)
に助けてもらうことになり大反省です。


 

山のうた

 投稿者:秋山(23期)  投稿日:2017年 7月22日(土)05時35分9秒
返信・引用 編集済
  23期上田裕貴君編集の「山のうた」、和田先生に頼んでスキャン、九大ワンゲルメーリングリストにアップして頂きました。
50p70曲。見て下さい。
 

篠栗の沢登り

 投稿者:秋山(23期)  投稿日:2017年 7月17日(月)13時20分0秒
返信・引用 編集済
  恋ノ分岐に行かなくても、川上本谷に行かなくても、小爪に行かなくても、
洗い谷を遡らなくても、多々良川上流の篠栗にはいい沢がたくさんある。
滝修行できるところはたいていいい沢だ。
 

2017年関西支部山行報告ーその2

 投稿者:粟生和宏  投稿日:2017年 4月 9日(日)22時08分27秒
返信・引用
  花見ハイキング

開催日:平成29年4月9日(日)
場所 :琵琶湖疎水(小関越コース)、三井寺、石山寺
参加者:岡本(2期)、坂本(3期)、矢田(3期)、豊村(3期)、
     寶迫(5期)、巣山(6期)、黒崎(6期)、川添(8期)、
     篠原(9期)、山口(9期)、粟生(10期)
コース:JR山科駅 - 安朱橋 - 毘沙門堂 - 安朱橋 -
     諸羽トンネル西口 - 第1トンネル西口 - 第1竪坑 -
     小関越 - 道標 - 山道 - 三井寺観音堂 -
     第1トンネル東口 - 京阪三井寺駅 = 石山寺駅 -
         石山寺 - 石山寺駅 = 京阪石山駅 - JR石山駅

関西支部では4月9日に参加者11名で花見ハイキングを行いました。
朝に降っていた雨も歩き始める頃には上がり晴れ間もみえる絶好のハイ
キング日和で桜も満開で桜の景色を堪能しました。
三井寺と石山寺の西国三十三ケ所めぐりも実施できて大満足でした。
次回は9月頃にキャンプ合宿を計画する予定です。是非参加下さる様
お願いいたします。

(写真)
・毘沙門堂にて
・琵琶湖疎水ハイキングコースにて
・三井寺付近の琵琶湖疎水
 

Re: 歌集「山のうた」

 投稿者:24期 草場 洋  投稿日:2017年 3月14日(火)18時26分46秒
返信・引用
  > No.678[元記事へ]

秋山先輩
わざわざコピーを送って戴き、本当にありがとうございます。
来年の新年会に増し刷りして持っていこうと思います!!

http://ameblo.jp/374154

 

Re: 歌集「山のうた」

 投稿者:24期 草場 洋  投稿日:2017年 3月11日(土)22時24分14秒
返信・引用
  > No.678[元記事へ]

秋山(23期)さんへのお返事です。

 それ、ずっと探してて見つからず諦めてました。昨年末の連盟の呑み会に参加した際に戴いた歌集に随分載ってたので、「海女の子ども」や「惜別の唄」「元寇の歌」「松原に」、うろ覚えの「おいが嫁女」「女学生のうた」などを勝手に付け加えて、新年会で増し刷りして配布致しました。
 「ほとんど全部唄えるぞ!」と云って下さった18期くらいの先輩もおられて、なんだかとっても嬉しかったです。勿論現役は“山の歌を歌う”という文化は絶滅しています。地区連にも復帰したみたいですが、地区連もその文化は絶滅してるということです。

http://ameblo.jp/374154

 

歌集「山のうた」

 投稿者:秋山(23期)  投稿日:2017年 3月11日(土)16時48分8秒
返信・引用
  今日Y県に帰省して23期の上田君が編集した「山のうた」を30年振りに見つけて興奮している。
少なくとも21期から26期は1部づつ手にしていると思うが、これは一生物で大切にしたい。
縦14cm×横10cm、ソフトカバーに50p、70曲完璧だ。
これができた時、当時のOBの方が欲しいと言われた。

楽譜が入っていたり、イラストがあったり、懐かしくてJRの中食い入るように見た。
忘れている歌も多く、元々QUWVでは歌っていないものも掲載されている。編者が連盟に取材したりしたものだ。

「ライダース インザ スカイ」、「おいらの恋」、「ねむの木」、「ビバークの夜」
僕が最も好きな「エーデルワイズの歌」(楽譜付)、カラオケではハワイアンでの「森の小径」

22期平山先輩の好きな「海女の子供」、21期本田先輩の「鷲ヶ峰賛歌」、。「嵐雲」
22期池野先輩の十八番「元寇の歌」。「オイが嫁じょ」。「時代」、「木綿のハンカチーフ」、「乾杯」

そうそう「七不思議」もありますよ。今日は仏壇に供えます。
QUWVの還暦に復刻されるのもいいかなと思います。
 

2017年関西支部山行報告ーその1

 投稿者:粟生和宏  投稿日:2017年 2月12日(日)07時49分33秒
返信・引用
  高見山霧氷登山

開催日:平成29年2月11日(土)
場所 :高見山(標高 1248.9m)
参加者:岡本(2期)、坂本(3期)、小島(9期)、粟生(10期)
コース:近鉄榛原駅に集合
    榛原 = 奈良交通霧氷バス = 高見登山口
      高見登山口 - 旧伊勢南街道 - 小峠 -
        杉谷・平野分岐 - 高見山頂 - 杉谷・平野分岐 -
        高見杉 - たかすみ温泉前
    たかすみ温泉前 = 奈良交通霧氷バス = 榛原

関西支部では2月11日に参加者4名で高見山霧氷登山を行いました。
今回は上空の寒気の影響で積雪が十分にあり登山口からアイゼンを装着
しての登山でした。山頂付近では強風が吹き荒れており避難小屋には登
山者があふれて立ったままおにぎりを食べないといけない状況でした。
冬山の恐ろしさを感じた一日でした。
次回は4月頃に皆さんが気楽に参加できる行事を検討中です。是非参
加下さる様お願いいたします。

(写真)
・たかすみ温泉前にて記念撮影
・高見山山頂付近の霧氷
・高見山山頂の避難小屋
 

現役

 投稿者:24期 草場 洋  投稿日:2017年 1月 8日(日)19時47分56秒
返信・引用
  現在1~3年生まで75名程部員がいるそうで、そのうち8名が留学生だそうです。
女子を“メッチェン”ということはないそうです。
数年前に地区連に復帰したそうですが、現在の加盟校は、九大,福大,西南大,福岡女学院大(短大に非ず)だそうです。つまり、僕らの現役当時の加盟校は福大,西南大以外はすべて部自体が潰れてしまってるみたいです(僕らの時代には既に脱退していた福教大はわかりませんが)。
けど、連盟でも部でも歌を歌うという文化が全然ないそうです。ファイヤーはしても歌は歌わないと。。。
合宿も、忙しいとか個人の都合で不参加なんて普通みたいです。(これは昔、和田先生からきいた処によると、初期状態に戻ってるみたいですが)
ワンゲルは、時代に応じて変容していくものですね。女子部員も結構沢山いるみたいだし。。。
僕らは、和田先生に再三忠告されたにも拘わらず、発想を転換できなかった。
26期が部員ゼロになった時に、転換を余儀なくされたんですね。それに対応できなかった私立大や短大は淘汰されていった。
もともと冬山なんかも視野に入れていた硬派の福大と西南大が生き残ったのも理解できるし。
柔軟性が必要、若しくは活動の深さも必要なんですね~

http://ameblo.jp/374154

 

レンタル掲示板
/65