teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 台湾語歌謡についてのスレ(10)
  2. 台湾語についてのスレ(25)
  3. 台湾情報についてのスレ(2)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


阿里山森林鉄道

 投稿者:淋しき旅人  投稿日:2015年 6月10日(水)20時55分16秒
編集済
  A Bengさん,こんばんは。
機会がありましたら、是非阿里山に行って下さい。雲の上にいる自分が幻想的で仙人になった気分です。阿里山森林鉄道が開業して103周年を迎えたそうです。200?9年夏の台風被害で大半が不通になっていましたが現在は全線開通しています。

世界三大登山鉄道の一つで標高2400mを目指す雲上列車台湾の阿里山森林鉄道を前面展望収録線路幅762mmのナローゲージである阿里山森林鉄道は、日本統治時代の1914年に檜の運搬のために建設された軽便鉄道です。

http://www.kuraryoko.com/taiwansintetu.html( 阿里山森林鉄道)

http://www.railway.gov.tw/tw/Alishan/page4.html (阿里山森林鉄道時刻表)

https://www.youtube.com/watch?v=TGZsDnCUSyM (鄧麗君 - 阿里山)
2014年の1月までは台風等の土砂崩れで阿里山鉄道は嘉義周辺(竹崎)と阿里山周辺(神木線、沼平線、祝山線)のみの運行でしたが、現在は(2014年2月以降)嘉義~奮起湖間が復旧し運行されています。

阿里山鉄道の「奮起湖行き」は毎日1便運行で土曜は更に1便が増便されています。

嘉義(9:00)  → 奮起湖(11:20) 毎日運行

嘉義(14:00) → 奮起湖(16:20) 注)土曜日運行

そして下り「嘉義行き」は

奮起湖(12:30) → 嘉義(14:50) 注)日曜日運行

奮起湖(14:00) → 嘉義(16:20) 毎日運行

切符手配は現在日本からの個人での手続き(台湾に口座を有する等)は大変ですので、出来れば現地の嘉義駅の阿里山鉄道の窓口(8:00~16:00)での前売りか当日窓口に並んで購入となります(台湾観光協会のお話でした)。

現在は阿里山登山鉄道は23人定員の5両編成で乗車券を取るのは難しいです。

コースとしては。

嘉義(9:00) → 奮起湖(11:20) 大人240元(敬老 120元)

そして奮起湖から阿里山に行くにはバスを利用します。

奮起湖 = 石棹 =  阿里山

奮起湖 から阿里山 への直行便は 1便/1日(14時発阿里山行き)ですが、他の便(6便/1日)は 全て石棹で乗り換えで嘉義方面から来るバス(阿里山ラインA及びB)に乗り換えです。

阿里山ラインA
嘉義高速鉄道⇔頂六⇔?鳳廟⇔黎明小學校⇔龍美⇔隙頂⇔龍頭坪⇔石棹⇔十字村⇔青年センター⇔阿里山

阿里山ラインB
嘉義駅⇔頂六⇔?鳳廟⇔黎明小學校⇔龍美⇔隙頂⇔龍頭坪⇔石棹⇔十字村⇔青年センター⇔阿里山

情報ではこの様になっています。人気のコ-スですので行かれる時には必ず下調べをお薦めします。






 
 

阿里山と嘉義農林学校;

 投稿者:淋しき旅人  投稿日:2015年 6月10日(水)11時36分47秒
編集済
  A Bengさん、皆さんこんにちは。
戦前、甲子園の決勝戦まで進んだ台湾から出場したチームがあったのをご存知で
しょうか。その名は「嘉義農林」。高校野球ファンでなくても台湾人の年配の方で
知らないものがいないほど有名なのです。そして1931年で私の生まれる10年も前の
事なのです。当時の野球部監督は愛媛県松山商出身の近藤兵太郎さん。自分でこの
台灣の野球を強くする」という意気込みで台灣へ渡った
人でした。彼は台湾最強のチームを作るべく台湾全島をくまなく歩き回り有望な
選手を見つけ、嘉義農林へと呼び寄せたのです。松山商直伝のスパルタ式訓練で
選手を鍛え、それに応えた嘉義農林の選手たちは徐々に頭角を現わし、1931年甲子園の切符を
手にしたのです。下馬評にものぼらなかった嘉義農林は破竹の勢いで勝ち進み、見事に準優勝し
日本全国をあっと驚かせ甲子園の輝かしい歴史の中にその名を刻み込んだのだそうです。
嘉義農林高は後年、国立嘉義技術學院となり、最近、国立嘉義師範學院と統合し現在は国立嘉義大学となっています。現住所は嘉義市東区学府路300番に移転しています。

その時日本の統治かにあった為、嘉義農林高の他に朝鮮   京城商(現ソウル市)(初出場)
満州から   大連商(2年連続9度目)が出場しています。

もうひとつ嘉義に係わる話で台湾人が決して忘れない恩人と云う日本人がいます。
その名前は「八田與一(与一)と云う嘉南地方の方たちには恩人と云われている人物です。
台湾の中学校の教科書にも記載されている人ですが恥ずかしいことに私は今まで存じませんでした。

詳しくはURLに記載しておきます
https://www.youtube.com/watch?v=WEAF4MaxoV0#t=80









 

【台湾文化センター】東京に 12 日オープン 日台文化交流の拠点に

 投稿者:A Beng  投稿日:2015年 6月 9日(火)19時50分14秒
  【台湾文化センター】東京に12日オープン 日台文化交流の拠点に
【中央通信社:2015年6月3日】

 (台北 3日 中央社)日台文化交流の拠点となる台北駐日経済文化代表処「台湾文化センター」
(東京都港区虎ノ門)が12日に開館する。11日から15日には文化部(文化省)の洪孟啓部長が訪日
し、日本の文化人や芸術家、メディアなどと面会、東京国立博物館や森美術館などを訪問する。

 以前は台北駐日経済文化代表処(同区白金台)に「台北文化センター」が設置されていたが、虎
ノ門への移転を機に名称を変更し、新たなスタートを切る。同センターでは、台湾文化の広め手と
しての役割を明確化できればとしている。

 敷地面積約100坪の同センターには、多目的スペースやギャラリー、マルチメディア資料室が併
設される。毎月の家賃は約400万円で、契約期間は3年。

 13日から17日までは「台湾ウィーク」と称した記念イベントが開催される。台湾のパフォーマン
スグループによる公演のほか、台湾映画「KANO~1931海の向こうの甲子園~」や「orzボーイズ」
の上映、台湾歴史写真展も行われる。



台湾ウィーク上演団体紹介:台湾の伝統的人形劇、布袋戯(ポテヒ)の劇団「台原偶戯団」が13日と14日当センターで公演します。台湾の人形劇は木製の頭部と手足、布製の身体部で出来ており、手を入れて操っている。台湾ではすごく人気がある伝統芸術の一つです。東京での公演はとても貴重なので、ぜひ一度見に来てください。



20150613-14(Tokyo)陳明章公演(台湾文化センター開館イベント)

出演者名:福爾摩沙淡水走唱団(フォルモサ淡水走唱団)
イベント名:台湾文化センター開館イベント「台湾ウィーク 台湾音像」
イベント場所:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2階)
公演日時
1、6月13日pm5:00~6:00
2、6月14日pm3:30~4:30



【6月13日から17日】台湾文化センター開館イベント 台湾ウィーク―

入場無料、予約不要

http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_35837.html
 

台北から戻りました

 投稿者:teco  投稿日:2015年 6月 9日(火)17時23分33秒
  A Bengさん、みなさん、こんにちは。昨晩台北から戻りました。
台電の仕事でずっと台北市内にいました。
明日から鳥取に出張し12日に戻ります。
 

嘉義

 投稿者:A Beng  投稿日:2015年 6月 8日(月)00時07分42秒
  淋しき旅人さん、tecoさん、ふきさん、皆さん、こんばんは。
さて、嘉義市には行ったことがあります。しかし嘉義公園には行っていないです。@@
私は、阿里山森林鉄道に乗ってみたいと思い、数年前に嘉義市内の民宿に泊まり翌日朝早く、タクシーをチャーターして現在営業運転している阿里山森林鉄道の路線まで行き、念願の客車に乗車しました。
ところで、阿里山的姑娘(高山青)は私は大好きな歌です。

高山青 澗水藍
緑の高山 藍の谷川

阿里山的姑娘美如水呀
阿里山の娘は、水のように美しく~

阿里山的少年壯如山
阿里山の少年は、山のように強い~

高山長青
いつも高山は緑~

澗水長藍
いつも谷川は藍~

姑娘和那少年永不分呀
娘と少年は永遠に一緒

碧水長圍著青山轉
碧水は長く、青山囲む~

また、映画で有名になった嘉義農林高校がありますね。
私は高校野球も好きなので、次回台湾に行ったら嘉義に行ってみようと思っています。

https://www.youtube.com/watch?v=kPaLtLBJlE8

 

嘉義の思い出

 投稿者:ふき  投稿日:2015年 6月 2日(火)01時18分50秒
  A Bengさん、みなさん、こんにちは。
私が中学生のころの国語の教科書に「うだるような暑い夏の日だった…」というような始まりで、嘉義の話が出ていました。詳しい話は忘れましたが、これがずっと頭の中に残っていて、台湾に行ったら、まず嘉義に行きたいなと思っていました。日本語で読んでも、台湾語で読んでも嘉義は嘉義なので、なんとなく親近感もあります。実際、嘉義の人は親日の人が多いです。「日本時代は窓なんか閉めなかった。泥棒なんかいなかったから。でも日本人が出て行った後は、中国人に商品を全部持って行かれてしまったんです。今はほそぼそとジュース売りをしているけど、昔は雑貨屋をしていたんです」と台湾人の老夫婦が嘆いていました。警察にも行ったけど、「無駄でした。警察もグルだったんです」とのことでした。客用の腰掛でジュースを飲みながら、後ろの壁にわずかばかりのカセットとCDが張り付いていたので、カセットを一枚買いました。「私の心の中では今でも日本人のままです」と言っていたご主人の日本語が忘れられません。私は「頑張ってください」というのがやっとでした。
 

Re.嘉義市に・・

 投稿者:teco  投稿日:2015年 5月31日(日)23時16分6秒
  A Bengさん、淋しき旅人さん、みなさんこんにちは。
何年も前のことですが、媽祖の大行進は北港で何度か参加させてもらっています。友人の計らいでチャルメラを吹いたり鐘をたたいたりさせてもらいました。
彰化・嘉義には道士の修行をしていた友人がおり、千字文の本や道服などをもらって即席の道士になって修行のまねごとをしたことがあります。
この友人は武當派の正範士に出世し、今は小華洞という廟を開いて十数人の弟子を育てています。
嘉義公園は私も好きで何度も行っています。
昔は木立の中に木製のベンチがあって、そこで冷湯売りから買った氷入りの甘酸っぱい梅湯を飲んだものです。
最近はとんとご無沙汰していますが、こんど嘉義に行ったら寄ってみようと思います。
農林高校と言えば、私の親しくしている遠東精密の林社長の弟で台南市のもと市長も農林高校の出身だと伺っています。
野球が強かったという話も聞いていますが、いもち病研究で功績のあった陳先生や台湾ヒノキの生態調査を精力的にこなした方も嘉義農林高校の出身だったと思います。
来週からの台湾出張は台北だけで他に回る時間はありませんが、秋口には嘉義まで足を延ばしてみようと思っています。


 

嘉義市に行った事はありますか?

 投稿者:淋しき旅人  投稿日:2015年 5月31日(日)22時15分24秒
  A Bengさん、こんばんは。
ふきさんは順調に旅を続けていますね。A Bengさんは中部台湾がお気に入りの様ですが、訪ね歩く箇所は多いですね。台北市内は余り見るところは少ないですが、何処も郊外には素晴らしいところが多々あります。昔から「雨の基隆、風の新竹」と云う言葉がありますが、台中は少し風の吹く日が多いそうです。阿里山の登り口、嘉義市に嘉義公園がありますが私は好きでよく行きました。嘉義市にはその昔甲子園を沸かした「嘉義農林高校があります。野球は中学生までは凄く強いのですが、何故か高校になると強くないのが不思議です。

A Bengさん、tecoさんはよくカラオケに行くと伺います。台湾の方々は日本人より懐メロをご存知で驚きます。日本人の私の知らない曲まで歌いこなすのを聴いて、何処から覚えてくるのか感動します。以前街頭でサックスを演奏する女性を見ました。彼女の演奏していた曲は何処かで聴いた事のあるメロディーでした。
この曲は1957年野村雪子さんの「二十歳の恋」だと云うのです。台湾では「思念故?的情人」と云う曲名でよく歌われると云われました。もう58年以前の曲なんです。嬉しいやら、懐かしいやら、台湾の皆さんは日本の曲が好きだという事が分かります。

https://www.youtube.com/watch?v=j-26EH9HlMI 野村雪子

https://www.youtube.com/watch?v=PBcmFnVYylg 思念故?的情人

http:// http://www.taipeinavi.com/miru/212

 

台湾のお祭り

 投稿者:A Beng  投稿日:2015年 5月31日(日)20時43分58秒
編集済
  淋しき旅人さん、晩安!
さて、私は台湾中部が好きでよく行っています。
鹿港、大甲、北港の媽祖廟にも何回か、行っています。
また、台南で20年に一度開催されるというお祭りにも行きました。
規模が凄くて、圧倒されました。台湾の風俗、慣習。いいですね!
最後に、台中媽祖国際観光文化の日に改めて台中に行きたいと思います。


馬総統、「媽祖国際観光文化節」、媽祖巡礼の儀式に出席
http://taiwantoday.tw/ct.asp?xItem=229489&ctNode=1782

台中媽祖国際観光文化フェスティバル  地元は観光ムード一色に
http://www.meettaiwan.com/ja_JP/news/2015030016/%E5%8F%B0%E4%B8%AD%E5%AA%BD%E7%A5%96%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%A6%B3%E5%85%89%E6%96%87%E5%8C%96%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%80%80%20%E5%9C%B0%E5%85%83%E3%81%AF%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%89%E4%B8%80%E8%89%B2%E3%81%AB.html

http://abeng035.com/etcetera-3.html

 

大甲媽祖遶境進香

 投稿者:淋しき旅人  投稿日:2015年 5月27日(水)07時04分38秒
  A Bengさん
毎年4月だと記憶していますが、A Bengさんの好きな台中で行われています。実際の祭りはもの凄い迫力で圧倒されます。台中媽祖国際観光文化の日だったと思います。機会を見て是非行ってみて下さい。経済発展を遂げた現在の台湾では昔のように地方の小さな部落には巡行団が来るのは少なくなったと思いますが、伝統の無形文化的なものが失われて行くのは日本でも同様の事が云えると思います。
 

レンタル掲示板
/108