teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/268 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

不動産の宅地建物取引業免許番号で歴史がわかる

 投稿者:web担当  投稿日:2021年 9月30日(木)10時36分49秒
  通報
  おかげさまで52周年

大阪府知事(15)第007298号


宅地建物取引業者は、不動産業を営む時に、

国から免許番号をもらいます。

全国(2店舗が都道府県をまたがる場合)に展開するときは

国土交通大臣免許が必要

1店舗の場合は都道府県知事免許が必要です。

当社は、大阪なので大阪府知事免許です。

「国土交通大臣免許(14)○○号」

「大阪府知事免許(15)××号」などと表示されます。

カッコ内の数字は免許の更新回数です。

更新回数で不動産会社の歴史がわかります

更新は1996年以降は5年に1度です(それ以前は3年に1度でした)。

現在では15回更新をしているところは

創業から52年以上の実績があります。

当社も15の番号をいただきました。

10年保証の時代に会社が10年もたたない会社は、

たくさんあります。

歴史のある不動産会社は、

オイルショックもバブルも消費税増税も

震災もリーマンショックもコロナ不況
もありましたが、

信頼と実績で乗り越えてきました。

やはり継続は力なり

歴史のある不動産会社は、技術力と情報量が違います。

歴史のある不動産会社は、

不動産管理会社や新築分譲会社がおおいですが、

当社は、新築分譲も不動産管理も買取も仲介もなんでもする、

不動産総合商社

阪口不動産株式会社

お気軽にお問い合わせください!



創業1969年の信頼と実績
当社ホームページ公式サイト:不動産買取専門店・阪口不動産(株)
http://sakaguchi.dream-life.co.jp/
中古住宅・新築一戸建て・分譲マンション・売り土地


http://sakaguchi.dream-life.co.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:1/268 《前のページ | 次のページ》
/268