teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


フランス語版 冒頭一節 価値からの実体の析出

 投稿者: 杉本  投稿日:2021年 7月27日(火)16時36分27秒
返信・引用 編集済
    商品によって提示された作品の二重の性格。  投稿者:杉本  投稿日:2021年 3月16日
    (火)14時30分57秒
https://www.marxists.org/francais/marx/works/1867/Capital-I/kmcapI-I-2.htm



https://www.marxists.org/francais/marx/works/1867/Capital-I/kmcapI-I-1.htm


Chapter 1: Goods
I. - The two factors of goods: use value and exchange value or proper value. (Substance of value, Magnitude of value.)

第1章: 商品
I. - 物品の2つの要素:使用価値と交換価値または適正価値 (価値の実体、価値の大きさ)




La valeur d'échange apparaît d'abord comme le rapport quantitatif, comme la proportion dans laquelle des valeurs d'usage d'espèce différente s'échangent l'une contre l’autre [6], rapport qui change constamment avec le temps et le lieu. La valeur d'échange semble donc quelque chose d'arbitraire et de purement relatif ; une valeur d'échange intrinsèque, immanente à la marchandise, paraît être, comme dit l'école, une contradictio in adjecto [7]. Considérons la chose de plus près.

交換価値は、まず量的比率として現れ、異なる種類の使用価値が相互に交換される比率として現れます[6]が、この比率は時と場所によって常に変化します。商品に内在する本質的な交換価値は、学校で言われているように、形容詞の矛盾のように思われます。もう少し詳しく考えてみましょう。

Exchange value appears first of all as the quantitative ratio, as the proportion in which use values of different kinds are exchanged for each other [6], a ratio which constantly changes with time and place. Exchange value thus seems to be something arbitrary and purely relative; an intrinsic exchange value, immanent to the commodity, seems to be, as the school says, a contradictio in adjecto. Let us consider the matter more closely.



A particular commodity, a quarter of wheat, for example, can be exchanged in the most diverse proportions with other articles. But its exchange value remains unchanged, no matter how it is expressed, in x shoe polish, y silk, z gold, etc. It must therefore have a content distinct from these various expressions.

ある商品、たとえば小麦1/4個は、他の商品と最も多様な比率で交換することができます。しかし、その交換価値は、それがxの靴墨、yの絹、zの金などでどのように表現されようとも、変わらない。したがって、それはこれらの様々な表現とは異なる内容を持っていなければならない。



Let us take two other commodities, wheat and iron. Whatever their exchange ratio, it can always be represented by an equation in which a given quantity of wheat is deemed to be equal to any quantity of iron, for example: 1 quarter of wheat = one kilogram of iron. What does this equation mean It means that in two different objects, in 1 quarter of wheat and in one kilogram of iron, there is something in common. The two objects are therefore equal to a third, which alone is neither one nor the other. Each of the two must, as an exchange value, be reducible to the third, independently of the other.

小麦と鉄という他の2つの商品を取り上げてみましょう。両者の交換比率がどのようなものであれ、それは常に、ある量の小麦が任意の量の鉄と等しいとみなされる方程式で表すことができます。例えば、1/4の小麦=1キログラムの鉄です。この式は何を意味しているのでしょうか。それは、1/4の小麦と1キロの鉄という2つの異なる物体には、共通するものがあるということです。したがって、2つの物体は、1つでも他でもない3つ目の物体と等しいのです。2つの物体のそれぞれは、交換価値として、他の物体とは無関係に、3番目の物体に還元できなければならない。



An example borrowed from elementary geometry will serve to draw our attention to this point. In order to measure and compare the surfaces of all rectilinear figures, they are broken down into triangles. The triangle itself is reduced to an expression quite different from its visible appearance: to the half product of its base and height. In the same way, the exchange values of goods must be reduced to something common to all of them, of which they represent a plus or a minus.

初等幾何学から借りてきた例が、この点に注意を向けるのに役立つだろう。すべての直方体の表面を測定して比較するために、それらは三角形に分解されます。三角形自体は、その底辺と高さの半積という、見た目とは全く異なる表現に還元される。これと同じように、商品の交換価値は、それらのプラスまたはマイナスを表す、すべてに共通の何かに還元されなければならない。



This something common cannot be any natural, geometrical, physical, chemical, etc. property of the goods. Their natural qualities are only relevant insofar as they give them a utility that makes them use values. But, on the other hand, it is obvious that the use value of goods is neglected when they are exchanged, and that any exchange relationship is even characterised by this neglect. In exchange, one use value is worth precisely as much as another, provided it is in fair proportion. Or, as the old Barbon says:
"One kind of merchandise is as good as another when its exchange value is equal; there is no difference, no distinction in things where this value is the same".

この共通の何かは、財の自然的、幾何学的、物理的、化学的などの特性ではありません。それらの自然な性質は、それらが使用価値となるような効用を与える限りにおいてのみ関係がある。しかし一方で、財が交換されるときには、財の使用価値が無視されることは明らかであり、あらゆる交換関係はこの無視によって特徴づけられるとさえ言えます。交換においては、ある使用価値は、公正な比率であれば、正確に他の使用価値と同じだけの価値がある。あるいは、古いバーボンが言うように
「交換価値が同じであれば、ある種類の商品は他の商品と同じくらい良いものであり、この価値が同じであれば、物には違いも区別もない」。



As use-values, goods are mostly of different quality; as exchange-values, they can only be of different quantity.

使用価値としての商品は、ほとんどの場合、質が異なり、交換価値としては、量が異なるだけです。



Once the use-value of commodities has been set aside, they have only one quality left, that of being products of labour. But already the product of labour itself is metamorphosed without our knowledge. If we disregard its use value, all the material and formal elements that gave it this value disappear at once. It is no longer, for example, a table, or a house, or yarn, or any other useful object; nor is it the product of the work of the turner, the mason, or any other specific productive work. With the particular utility of the products of labour disappear at the same time the utility of the works they contain and the various concrete forms which distinguish one type of labour from another. All that remains is the common character of these works, which are all reduced to the same human labour, to an expenditure of human labour-power without regard to the particular form in which this power was expended.

一旦、商品の使用価値が脇に置かれると、商品には労働の生産物であるという一つの質だけが残る。しかし、すでに労働の生産物自体が、私たちの知らないうちに変容しているのである。その使用価値を無視すると、その価値を与えていたすべての物質的・形式的要素が一度に消えてしまう。それはもはや、例えば、テーブル、家、糸、その他の有用な物体ではなく、また、旋盤工や石工の仕事、あるいはその他の特定の生産的な仕事の産物でもない。労働生産物の特殊な有用性とともに、それを含む作品の有用性や、ある種の労働を他から区別するさまざまな具体的形態も同時に消滅する。残されているのは、これらの作品の共通の性質だけであり、それらはすべて同じ人間の労働に還元され、人間の労働力がどのような形で費やされたかに関係なく、その労働力の支出に還元されるのである。



Let us now consider the residue of the products of labour. Each of them completely resembles the other. They all have the same ghostly reality. Metamorphosed into identical sublimes, samples of the same indistinct labour, all these objects manifest only one thing, that in their production human labour-power has been expended, that human labour has accumulated in them. As crystals of this common social substance, they are deemed to have value.

次に、労働の産物の残りを考えてみよう。それらの各々は完全に他のものに似ている。それらはすべて、同じ幽霊のような現実を持っている。同一のサブライムに変容し、同一の不明瞭な労働のサンプルとなったこれらの物体はすべて、その生産において人間の労働力が費やされたこと、人間の労働力がそれらに蓄積されたことという、ただ一つのことを明示している。この共通の社会的物質の結晶として、それらは価値があるとみなされる。



The common thing which manifests itself in the exchange relation or in the exchange value of commodities is therefore their value; and a use-value, or any article, has value only in so far as human labour is materialised in it.

商品の交換関係や交換価値に現れている共通のものは、それゆえに商品の価値であり、使用価値やあらゆる物品は、人間の労働がそれに実体化されている限りにおいてのみ価値を有する。



How is the magnitude of its value to be measured now? By the quantum of the "value-creating" substance contained in it, labour. The quantity of labour itself has as its measure its duration in time, and labour time again has its measure, in parts of time such as the hour, the day, etc.

では、その価値の大きさはどのようにして測られるのだろうか。それは、その中に含まれている「価値を生み出す」物質である労働力の量によってである。労働の量自体は、時間における持続時間を尺度としており、労働時間もまた、1時間、1日などの時間の部分を尺度としている。



It might be imagined that if the value of a commodity is determined by the quantum of labour expended in its production, the lazier or more uninhabitable a man is, the more valuable his commodity is, because he employs more time in its manufacture. But the labour which forms the substance of the value of commodities is equal and indistinct labour, an expenditure of the same force. The labour-power of the whole society, which manifests itself in the totality of values, counts therefore only as a single force, although it consists of innumerable individual forces. Each individual labour power is equal to every other, insofar as it possesses the character of an average social power and functions as such, i.e. employs in the production of a commodity only the average necessary labour time or the socially necessary labour time.

商品の価値がその生産に費やされた労働力の量によって決定されるならば、怠け者や住みにくい人ほど、その商品の価値は高くなると想像されるかもしれない、なぜなら彼はその製造により多くの時間を費やしているからである。しかし、商品の価値の実体を形成する労働は、平等で不明確な労働であり、同じ力の支出である。価値の総体に現れる社会全体の労働力は、無数の個々の力から構成されているにもかかわらず、したがって単一の力としてしか数えられない。個々の労働力は、平均的な社会的力の性格を持ち、そのように機能する限りにおいて、他のすべての労働力と等しい。すなわち、商品の生産に平均的に必要な労働時間または社会的に必要な労働時間だけを用いる。



The socially necessary time for the production of goods is that which is required for all work, performed with the average degree of skill and intensity and under conditions which, in relation to the given social environment, are normal. After the introduction of steam weaving in England, it took perhaps half as much work as before to turn a certain amount of yarn into cloth. The English weaver still needed the same amount of time for this transformation, but from then on the product of his individual hour of work was only half of a social hour of work and yielded only half the primary value.

商品生産のための社会的に必要な時間とは、平均的な程度の技術と強度で、与えられた社会環境との関係では通常の条件で行われるすべての仕事に必要な時間である。イギリスで蒸気による織物が導入された後、一定量の糸を布にするために必要な作業量は、以前の半分程度になった。イギリスの織工は、この変換のために同じ時間を必要としたが、それ以降、彼の個人的な労働時間の産物は、社会的な労働時間の半分でしかなく、一次価値の半分しか得られなかった。



It is therefore only the quantum of labour, or the labour-time necessary, in a given society, for the production of an article that determines its quantity of value [9].
Each particular commodity counts in general as an average copy of its kind [10].

Commodities in which equal amounts of labour are contained, or which can be produced in the same time, have, therefore, an equal value. The value of one commodity is equal to the value of any other commodity, in the same ratio as the labour-time necessary for the production of the one is to the labour-time necessary for the production of the other.

したがって、価値の量を決定するのは、与えられた社会において物品の生産に必要な労働の量、すなわち労働時間だけである [9]。
それぞれの特定の商品は、一般的にはその種類の平均的なコピーとして数えられる[10]。
同量の労働が含まれている商品、あるいは同じ時間で生産できる商品は、それゆえに等しい価値を持っている。ある商品の価値は、ある商品の生産に必要な労働時間が、他の商品の生産に必要な労働時間と同じ比率で、他の商品の価値と等しい。



The quantity of value of a commodity would obviously remain constant if the time necessary for its production also remained constant. But this denier varies with every change in the productive force of labour, which, in turn, depends on various circumstances, among others, the average skill of the workers; the development of science and the degree of its technological application of the social combinations of production; the extent and efficiency of the means of production and purely natural conditions. The same amount of labour is represented, for example, by 8 bushels of wheat if the season is favourable, by only 4 bushels if it is not. The same amount of labour provides a greater mass of metal in rich mines than in poor ones, etc.

ある商品の価値の量は、その生産に必要な時間も一定であれば、明らかに一定である。しかし、この否定は、労働力の生産力が変化するごとに変化し、その変化は、労働者の平均的な技能、科学の発達と生産の社会的組み合わせの技術的応用の程度、生産手段の範囲と効率、純粋な自然条件などの諸事情に依存する。同じ量の労働力は、たとえば、季節がよければ8ブッシェルの小麦で表現され、そうでなければ4ブッシェルだけで表現される。同じ量の労働力でも、豊かな鉱山では貧しい鉱山よりも大量の金属が得られる、などです。

ダイヤモンドは地殻の上層部にはほとんど存在しないので、見つけるまでに平均してかなりの時間がかかり、少量で多くの仕事をこなすことになる。金が完全に元を取ったかどうかは疑問である。ダイヤモンドはなおさらである。
Diamonds rarely occur in the upper layer of the earth's crust, so it takes a considerable time on average to find them, so that they represent a lot of work in a small volume. It is doubtful whether gold has ever fully paid for itself. This is even more true of diamonds.


According to Eschwege, the entire product of 80 years of diamond mining in Brazil had not yet reached in 1823 the price of the average product of a year and a half in the sugar or coffee plantations of the same country, although it represented much more labour and, therefore, more value.

エシュベーゲによると、ブラジルで80年間にわたって行われたダイヤモンド採掘の全生産物は、1823年には、同じ国の砂糖やコーヒーのプランテーションで1年半かけて生産された平均的な生産物の価格にはまだ達していませんでしたが、それははるかに多くの労働と、それゆえの価値を表しています。

より豊かな鉱山では、同じ労働力がより多くのダイヤモンドで実現され、その価値は下がります。もし石炭がわずかな労働力でダイヤモンドに変わるとしたら、後者の価値はおそらくレンガの価値よりも下がるだろう。一般に、労働力の生産力が大きければ大きいほど、ある品物を生産するのに必要な時間は短くなり、その中に結晶化している労働の質量が小さければ小さいほど、その価値は低くなる。逆に、労働力の生産力が小さいほど、物品を生産するのに必要な時間が長いほど、その価値は大きくなる。
したがって、商品の価値の量は、その商品に実現されている労働の生産力の量の直接の結果として、また逆の結果として変化するのである。

With richer mines, the same amount of labour would be realised in a greater quantity of diamonds, whose value would fall. If coal could be turned into diamonds with little labour, the value of the latter would perhaps fall below that of bricks. In general, the greater the productive force of labour, the shorter the time needed to produce an article, and the smaller the mass of labour crystallised in it, the lower its value. Conversely, the smaller the productive force of labour, the longer the time needed to produce an article, the greater its value.

The quantity of value of a commodity varies, therefore, as a direct result of the quantum and as an inverse result of the productive force of labour which is realised in it.



We now know the substance of value: it is labour.

We know the measure of its quantity: it is the duration of labour.

私たちは今、価値の実体を知っている:それは労働である。その量の尺度は、労働の継続時間である。


21
A thing can be a use value without being a value. It is enough for it to be useful to man without coming from his labour. Such are the air of natural meadows, virgin soil, etc. A thing can be useful and the product of human labour, without being a commodity.
Whoever satisfies his own needs with his product creates only personal use value.
21
価値がなくても使用価値がある場合があります。人間の労働に由来しなくても、人間にとって有用であれば十分である。自然の草原の空気、処女地などがそうである。物事は、商品でなくても、有用であり、人間の労働の産物であることができる。
自分の生産物で自分のニーズを満たす人は、個人的な使用価値しか生み出さない。

商品を生産するためには、使用価値を生産するだけでなく、他者のための使用価値、つまり社会的使用価値を生産しなければならない[11]。
To produce commodities, he must not only produce use values, but use values for others, social use values [11] .

Finally, no object can be a value if it is not a useful thing. If it is useless, the labour it contains is spent unnecessarily and therefore does not create value.
最後に、有用なものでなければ、どんなものも価値にはなりません。
役に立たないものであれば、それに含まれる労働力は不必要に費やされ、
したがって価値を生み出さない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://www.marxists.org/francais/marx/works/1867/Capital-I/kmcapI-I-2.htm

  商品によって提示された作品の二重の性格。


 
 

アメリカの白人民主主義です

 投稿者:西北ヨーロッパ  投稿日:2021年 7月26日(月)23時00分37秒
返信・引用
  黒人だけでなく、白人以外の人種も同様にアメリカで差別民主主義を受けている。フロイト、covid-19、「女嫌い文化」などの米国の現状は、米国式民主主義の美しい仮面を少しずつ崩し、仮面の下の醜い姿をさらけ出している。アメリカの民主主義は少数派の民主主義で白人だけの民主主義です  

ドイツ語 初版 からの翻訳

 投稿者: 杉本  投稿日:2021年 7月26日(月)14時35分35秒
返信・引用 編集済
  https://oll.libertyfund.org/page/marx-k1-1867

  初の著書。

  資本の生産過程。
  第一章 コモディティとマネー。


  1)商品。
資本主義的生産様式が普及している社会の富は、個々の商品を基本形とする「商品の巨大な集合体」(FN1)として現れる。そのため、商品の分析から始めます。


2
商品とは、まず第一に外部の物体であり、その特性によって人間の何らかのニーズを満たすものである。これらのニーズの性質は、例えば胃から生じるものであろうと、想像力から生じるものであろうと、問題は何も変わりません(FN 2)。
また、その物が人間の欲求をどのように満たしているかということも問題ではなく、直接的に食べ物として、つまり楽しみの対象としてであれ、遠回しに生産手段としてであれ、です。


鉄や紙などのあらゆる有用なものは、質と量の二重の観点から検討する必要があります。そのようなものはすべて、多くの品質の全体であり、したがって様々な方法で役に立つことができます。このような様々な側面、つまり物事の多様な使い方を発見することが、歴史的活動である(FN 3)。
便利なものの量に対する社会的な質量の発見もそうです。商品の質量の違いは、測定対象物の性質の違いや慣習からも生じています。

3
人間の生活に役立つことが、その物の使用価値になります(FN4)。略して、鉄、小麦、ダイヤモンドなどの有用なものそのものや商品の本体を、使用価値、商品、物品と呼びます。商品の使用価値とは、商品そのものの価値、あるいは商品の本体の価値を提供するもので、使用価値を考える際には、1ダースの時計、1キュビトのキャンバス、1トンの鉄など、常に定量的な判断が前提となる。コモディティの使用価値は、コモディティサイエンスという別の学問分野の材料となる(FN5)。使用価値は、使用または消費されて初めて実現される。使用価値は、富の物質的内容を形成し、それは常にその社会的形態である。私たちが考えている社会の形態では、彼らは同時に「交換価値」の物質的な担い手を形成しています。

4
交換価値は最初、ある種類の使用価値が他の種類の使用価値と交換される割合である量的比率として現れ(FN6)、その比率は時間と場所によって常に変化する。したがって、交換価値は偶発的で純粋に相対的なものであり、本質的な交換価値(valeur intrinsèque)であり、したがって形容詞の矛盾であると考えられる(FN 7)。もう少し詳しく考えてみましょう。

5
例えば、1/4の小麦のような単一の商品は、他の商品と最も多様な比率で交換されます。しかし、その交換価値は、xブートウィッチ、yシルク、zゴールドなどで表現されても変わりません。そのため、これらの異なる表現方法とは区別されなければなりません。

6
さらに、小麦と鉄のような2つの商品があるとします。両者の交換比率がどのようなものであっても、ある小麦の量子と鉄の量子を同一視する方程式で表すことができます。この式は何を表しているのでしょうか?
同じ価値が2つの異なるものに存在すること、つまり、1クォートの小麦にも、1カートンの鉄にも、同じ価値が存在すること。鉄です。
それゆえ、両者は第三のものと同等であり、それ自体は一方でも他方でもない。2つのうちのそれぞれは、交換価値がある限り、他のものとは無関係に、この3番目のものに還元されなければなりません。

7
このことは、簡単な幾何学的な例で説明できます。すべての直方体の面積を求め、比較するためには、それらを三角形に分解します。三角形そのものは、その底辺と高さの積の半分という、目に見える形とは全く異なる表現に還元されます。同じように、商品の交換価値は共通の要素に還元され、その中で増加または減少を表します。

8
交換価値の実体が、商品の物理的存在や使用価値としての存在とは全く別個に独立していることは、一見してその交換関係からわかる。それは、まさに使用価値からの抽象化によって特徴付けられる。交換価値の観点から見ると、ある商品は、適切な割合で存在しさえすれば、他の商品と同じように良いものとなるからだ(FN 8)。

--------------------------------------------

Erstes Buch.

Der Produktionsprozess des Kapitals.
Erstes Kapitel. Waare und Geld.



1) Die Waare.↑
Der Reichthum der Gesellschaften, in welchen kapitalistische Produktionsweise herrscht, erscheint als eine ungeheure Waarensammlung“(FN 1), die einzelne Waare als seine Elementarform. Unsere Untersuchung beginnt daher mit der Analyse der Waare.

2
Die Waare ist zunächst ein äusserer Gegenstand, ein Ding, das durch seine Eigenschaften menschliche Bedürfnisse irgend einer Art befriedigt. Die Natur dieser Bedürfnisse, ob sie z. B. dem Magen oder der Phantasie entspringen, ändert nichts an der Sache(FN 2).
Es handelt sich hier auch nicht darum, wie die Sache das menschliche Bedürfniss befriedigt, ob unmittelbar als Lebensmittel, d. h. als Gegenstand des Genusses, oder auf einem Umweg, als Produktionsmittel.


Jedes nützliche Ding, wie Eisen, Papier u. s. w., ist unter doppeltem Gesichtspunkt zu betrachten, nach Qualität und Quantität. Jedes solche Ding ist ein Ganzes vieler Eigenschaften und kann daher nach verschiedenen Seiten nützlich sein. Diese verschiedenen Seiten und daher die mannigfachen Gebrauchsweisen der Dinge zu entdecken, ist geschichtliche That(FN 3).
So ist die Findung gesellschaftlicher Masse für die Quantität der nützlichen Dinge. Die Verschiedenheit der Waarenmasse entspringt theils aus der verschiedenen Natur der zu messenden Gegenstände, theils aus Convention.

3
Die Nützlichkeit eines Dings für das menschliche Leben macht es zum Gebrauchswerth(FN 4). Abkürzend nennen wir das nützliche Ding selbst oder den Waarenkörper, wie Eisen, Weizen, Diamant u. s. w., Gebrauchswerth, Gut, Artikel. Bei Betrachtung der Gebrauchswerthe wird stets quantitative Bestimmtheit vorausgesetzt, wie Dutzend Uhren, Elle Leinwand, Tonne Eisen u. s. w. Die Gebrauchswerthe der Waaren liefern das Material einer eignen Disciplin, der Waarenkunde(FN 5). Der Gebrauchswerth verwirklicht sich nur im Gebrauch oder der Consumtion. Gebrauchswerthe bilden den stofflichen Inhalt des Reichthums, welches immer seine gesellschaftliche Form sei. In der von uns zu betrachtenden Gesellschaftsform bilden sie zugleich die stofflichen Träger des ? Tauschwerths.

4
Der Tauschwerth erscheint zunächst als das quantitative Verhältniss, die Proportion, worin sich Gebrauchswerthe einer Art gegen Gebrauchswerthe anderer Art austauschen(FN 6), ein Verhältniss, das beständig mit Zeit und Ort wechselt. Der Tauschwerth scheint daher etwas Zufälliges und rein Relatives, ein der Waare innerlicher, immanenter Tauschwerth (valeur intrinsèque) also eine contradictio in adjecto (FN 7). Betrachten wir die Sache näher.

5
Eine einzelne Waare, ein Quarter Weizen z. B. tauscht sich in den verschiedensten Proportionen mit andern Artikeln aus. Dennoch bleibt sein Tauschwerth unverändert, ob in x Stiefelwichse, y Seide, z Gold u. s. w. ausgedrückt. Er muss also von diesen seinen verschiedenen Ausdrucksweisen unterscheidbar sein.

6
Nehmen wir ferner zwei Waaren, z. B. Weizen und Eisen. Welches immer ihr Austauschverhältniss, es ist stets darstellbar in einer Gleichung, worin ein gegebenes Quantum Weizen irgend einem Quantum Eisen gleichgesetzt wird, z. B. 1 Quarter Weizen = a Ctr. Eisen. Was besagt diese Gleichung?
Dass derselbe Werth in zwei verschiednen Dingen, in 1 Qrtr. Weizen und ebenfalls in a Ctr. Eisen existirt.
Beide sind also gleich einem Dritten, das an und für sich weder das eine, noch das andere ist. Jedes der beiden, soweit es Tauschwerth, muss also, unabhängig von dem andern, auf diess Dritte reducirbar sein.

7
Ein einfaches geometrisches Beispiel veranschauliche diess. Um den Flächeninhalt aller gradlinigen Figuren zu bestimmen und zu vergleichen, löst man sie in Dreiecke auf. Das Dreieck selbst reducirt man auf einen von seiner sichtbaren Figur ganz verschiednen Ausdruck ? das halbe Produkt seiner Grundlinie mit seiner Höhe. Ebenso sind die Tauschwerthe der Waaren zu reduciren auf ein Gemeinsames, wovon sie ein Mehr oder Minder darstellen.

8
Dass die Substanz des Tauschwerths ein von der physisch-handgreiflichen Existenz der Waare oder ihrem Dasein als Gebrauchswerth durchaus Verschiednes und Unabhängiges, zeigt ihr Austauschverhältniss auf den ersten Blick. Es ist charakterisirt eben durch die Abstraktion vom Gebrauchswerth.Dem Tauschwerth nach betrachtet ist nämlich eine Waare grade so gut als jede andre, wenn sie nur in richtiger Proportion vorhanden ist(FN 8).


9
Unabhängig von ihrem Austauschverhältniss oder von der Form, worin sie als Tausch-Werthe erscheinen, sind die Waaren daher zunächst als Werthe schlechthin zu betrachten(FN 9).

10
Als Gebrauchsgegenstände oder Güter sind die Waaren körperlich verschiedne Dinge. Ihr Werth sein bildet dagegen ihre Einheit. Diese Einheit entspringt nicht aus der Natur, sondern aus der Gesellschaft. Die gemeinsame gesellschaftliche Substanz, die sich in verschiednen Gebrauchswerthen nur verschieden darstellt, ist die Arbeit.

11
Als Werthe sind die Waaren nichts als krystallisirte Arbeit. Die Masseinheit der Arbeit selbst ist die einfache Durchschnittsarbeit, deren Charakter zwar in verschiednen Ländern und Kulturepochen wechselt, aber in einer vorhandnen Gesellschaft gegeben ist.
Komplicirtere Arbeit gilt nur als potenzirte oder vielmehr multiplicirte einfache Arbeit, so dass z. B. ein kleineres Quantum komplicirter Arbeit gleich einem grösseren Quantum einfacher Arbeit. Wie diese Reduktion geregelt wird, ist hier gleichgültig. Dass sie beständig vorgeht, zeigt die Erfahrung.
Eine Waare mag das Produkt der komplicirtesten Arbeit sein.
Ihr Werth setzt sie dem Produkt einfacher Arbeit gleich und stellt daher selbst nur ein bestimmtes Quantum einfacher Arbeit dar.


12
Ein Gebrauchswerth oder Gut hat also nur einen Werth, weil Arbeit in ihm vergegenständlicht oder materialisirt ist. Wie nun die Grösse seines Werthes messen?

Durch das Quantum der in ihm enthaltenen ?werthbildenden Substanz“, der Arbeit. Die Quantität der Arbeit selbst misst sich an ihrer Zeitdauer und die Arbeitszeit besitzt wieder ihren Massstab an bestimmten Zeittheilen, wie Stunde, Tag u. s. w.



(FN 8) ?One sort of wares are as good as another, if the value be equal. There is no difference or distinction in things of equal value … One hundred pounds worth of lead or iron, is of as great a value as one hundred pounds worth of silver and gold.“ (N. Barbon l. c. p. 53 u. 7.)

(FN 9) Wenn wir künftig das Wort ? Werth“ ohne weitere Bestimmung brauchen, so handelt es sich immer vom Tauschwerth.


[0024 : 5]
13
Es könnte scheinen, dass wenn der Werth einer Waare durch das während ihrer Produktion verausgabte Arbeitsquantum bestimmt ist, je fauler oder ungeschickter ein Mann, desto werthvoller seine Waare, weil er desto mehr Arbeitszeit zu ihrer Verfertigung braucht. Aber nur die gesellschaftlich nothwendige Arbeitszeit zählt als werthbildend. Gesellschaftlich nothwendige Arbeitszeit ist Arbeitszeit, erheischt um irgend einen Gebrauchswerth mit den vorhandnen gesellschaftlich normalen Produktionsbedingungen und dem gesellschaftlichen Durchschnittsgrad von Geschick und Intensivität der Arbeit herzustellen. Nach der Einführung des Dampfwebstuhls in England z. B. genügte vielleicht halb so viel Arbeit als vorher, um ein gegebenes Quantum Garn in Gewebe zu verwandeln. Der englische Handweber brauchte zu dieser Verwandlung in der That nach wie vor dieselbe Arbeitszeit, aber das Produkt seiner individuellen Arbeitsstunde stellte jetzt nur noch eine halbe gesellschaftliche Arbeitsstunde dar und fiel daher auf die Hälfte seines früheren Werths.


14
Es ist also nur das Quantum gesellschaftlich nothwendiger Arbeit oder die zur Herstellung eines Gebrauchswerths gesellschaftlich nothwendige Arbeitszeit, welche seine Wert hgrösse bestimmt.
Die einzelne Waare gilt hier überhaupt als Durchschnittsexemplar ihrer Art(FN 10).
Waaren, worin gleich grosse Arbeitsquanta enthalten sind, oder die in derselben Arbeitszeit hergestellt werden können, haben daher dieselbe Werthgrösse. Der Werth einer Waare verhält sich zum Werth jeder andern Waare, wie die zur Produktion der einen nothwendige Arbeitszeit zu der für die Produktion der andern nothwendigen Arbeitszeit.
Als Werthe sind alle Waaren nur bestimmte Masse festgeronnener Arbeitszeit“(FN 11).

--------------------------------------------------

9
したがって、交換比率や交換価値としての形態にかかわらず、
商品はまず第一に卓越した価値とみなされるべきである(fn.9)。
9
Irrespective of their exchange ratio or of the form in which they appear as exchange-values, commodities are therefore to be regarded first of all as values par excellence (FN 9).


10
使用目的や商品としてのコモディティは、物理的に異なるものです。
一方で、その価値は彼らの統一性を形成する。この一体感は、自然からではなく、
社会から生まれるものです。共通の社会的物質は、使用価値が異なるだけで、その姿は労働である。
10
As objects of use or goods, commodities are physically different things.
Their value, on the other hand, forms their unity.
This unity does not arise from nature, but from society.
The common social substance, which only presents itself differently in different use-values, is  labour.

11
As values, commodities are nothing but crystallised labour.
The unit of measure of labour itself is simple average labour, the character of which, though it changes in different countries and cultural epochs, is given in an existing society.

More complicated labour applies only as potentised or rather multiplied simple labour, so that, for example, a smaller quantum of complicated labour is equal to a larger quantum of simple labour. How this reduction is regulated is indifferent here. That it proceeds constantly is shown by experience.
A commodity may be the product of the most complicated labour.
Its value equates it with the product of simple labour and therefore itself represents only a certain quantum of simple labour.
11
価値としてのコモディティは、労働の結晶に他ならない。

労働の単位自体は単純な平均的労働であり、その性格は国や文化の時代によって
変わるものの、既存の社会では与えられたものである。

より複雑な労働は、強力になった、というよりもむしろ倍になった単純労働としてのみ適用され、例えば、より小さな量の複雑な労働は、より大きな量の単純労働と同じになります。この減少をどのように規制するかは、ここでは無関心である。それが常に進行していることは、経験によって示されています。
商品は最も複雑な労働の産物であるかもしれません。
その価値は単純労働の産物と同等であり、したがってそれ自体は単純労働のある量を表しているに過ぎない。


12
したがって、使用価値や財は、労働がその中で対象化または物質化されているからこそ価値を持つのです。では、その価値の大きさをどうやって測るか

その中に含まれる「価値を生み出す物質」である労働の量によって 労働の量自体は、その持続時間によって測定され、労働時間もまた、時間、日などの時間のある部分でその測定値を持っている(FN8)。



(FN8)「価値が同じであれば、ある種類の品物は他のものと同じくらい良い。同じ価値のものには、違いや区別はありません......100ポンドの鉛や鉄は、100ポンドの銀や金と同じくらい価値があります」。(N. Barbon l. c. p. 53 u. 7.)

(FN9)今後、さらなる定義をせずに「Werth」という言葉を使用する場合、それは常に交換価値を意味します。


[0024 : 5]
13
商品の価値がその生産に費やされた労働力の量によって決まるのであれば、怠け者や不器用な人ほど、その商品の価値が高くなると思われるかもしれませんが、それは彼がその生産により多くの労働時間を必要とするからです。しかし、社会的に必要な労働時間だけが価値創造としてカウントされる。社会的に必要な労働時間とは、既存の社会的に正常な生産条件と、社会的に平均的な程度の技術と労働力を用いて、ある使用価値を生産するために必要な労働時間のことである。例えば、イギリスで蒸気式織機が導入された後は、一定量の糸を布にするために必要な労働力は、それまでの半分程度になったという。イギリス人の手織り職人は、この変換に同じ量の労働時間を必要としましたが、彼の個人的な労働時間の産物は、社会的な労働時間の半分にしかならず、したがって以前の価値の半分になってしまいました。

14
したがって、その価値を決定するのは、社会的に必要な労働の量、つまり使用価値の生産に社会的に必要な労働時間だけである。
ここでは、個々の商品は、一般的にその種類の平均的な標本とみなされます(fn.10)。
同量の労働力が含まれているもの、あるいは同じ労働時間で生産できるものは、したがって同じ価値を持っています。ある商品の価値は、その商品の生産に必要な労働時間が他の商品の生産に必要な労働時間と関係しているように、他のすべての商品の価値と関係しています。
「価値として、すべての商品は、労働時間を固めたある種の塊にすぎない」(FN11)。

-------------------------------------------------------

[0025 : 6]
15
したがって、生産に必要な労働時間が一定であれば、商品の価値は一定になります。しかし、後者は労働の生産力が変化するたびに変化する。労働の生産力は、様々な状況によって決定されます。

特に、労働者の平均的な技能の程度、科学の発展段階とその技術的適用性、生産プロセスの社会的組み合わせ、生産手段の範囲と効率、そして自然条件によって決定されます。例えば、同じ量の労働力でも、好ましい季節には8ブッシェルの小麦が得られ、好ましくない季節には4ブッシェルしか得られない。

また、同じ量の労働でも、豊かな鉱山では貧しい鉱山よりも多くの金属が得られるといった具合だ。ダイヤモンドは地殻の中にはほとんど存在しないため、その発見には平均して多くの労働力が必要となる。そのため、少量で多くの仕事をこなすことになります。

ジェイコブは、金がその価値を十分に発揮したことがあるかどうか疑っている。
これは、ダイヤモンドの場合はなおさらです。

エシュベーゲによると、1823年の時点では、ブラジルのダイヤモンド鉱山の80年間の総収穫量は、ブラジルの砂糖やコーヒーのプランテーションの1年半の平均生産量にはまだ達していなかった。鉱山が豊かになれば、同じ量の労働力をより多くのダイヤモンドで表現することになり、ダイヤモンドの価値は下がります。

石炭がわずかな労働力でダイヤモンドに変わるなら、その価値はレンガよりも下がる可能性がある。一般的には、労働力の生産力が大きければ大きいほど、物品を生産するのに必要な労働時間が小さければ小さいほど、その中に結晶化している労働の質量が小さければ小さいほど、その価値は小さくなります。

逆に言えば、労働の生産力が小さければ小さいほど、ある品物を生産するのに必要な労働時間が長ければ長いほど、その価値は大きくなります。このように、商品の価値の大きさは、その商品に実現されている労働の量や逆に生産力に直接比例して変化します。


16
価値の本質を知ることができました。それは労働です。私たちはその尺度を知っています。それは労働時間です。交換価値としての価値を正確に刻印するその形態は、まだ分析されていない。しかし、その前に、すでに見つかっている決定事項をもう少し詳しく説明する必要がある。

物事は交換価値がなくても使用価値があるーことを交換価値としています。

これは、その存在が労働によって人間に媒介されていない場合である。このように、空気、未開の土、自然の草原、野生の生えている木などなど。モノは商品でなくても、有用で人間の労働の産物であることがあります。

自分の製品で自分の必要性を満たす人は、使用価値を生み出しますが、商品を生み出すわけではありません。商品を生産するためには、使用価値を生産するだけでなく、他者のための使用価値、社会的使用価値を生産しなければなりません。最後に、使用目的がなければ価値のあるものにはなりません。無駄であれば、そこに含まれる労働も無駄であり、労働としてカウントされず、したがって価値を形成しない。


17
もともと商品は、使用価値と交換価値の二重の価値として私たちの前に現れました。
よくよく考えてみると、商品に含まれる労働も2つの価値であることがわかる。

私が最初に批判的に展開したこの点は(FN12)、政治経済の理解が回転する出発点となっています。

17
Originally, the commodity appeared to us as a twofold thing, use-value and exchange-value.

A closer look will show that the labour contained in the commodity is also two-valued.

This point, which I first developed critically (FN 12), is the starting point around which the understanding of political economy revolves.

18
Let us take two commodities, say a skirt and 10 cubits of linen. The former has twice the value of the latter, so if 10 cubits of linen = W, the skirt = 2 W.

18
スカートと10キュビトのリネンという2つの商品を考えてみましょう。前者は後者の2倍の価値があり、10キュビトのリネン=Wとすると、スカート=2Wとなります。


19
スカートは、特別なニーズを満たす使用価値です。それを生み出すためには、ある種の目的を持った生産的な活動が必要です。目的、動作モード、対象、手段、結果に応じて決定されます。このように、有用性がその生産物の使用価値、あるいはその生産物が使用価値であるという事実で表される労働を、ここでは簡略化のために、有用労働と略して呼ぶ。この観点から、それは常に、その生産を目的とした有用な効果との関連で考えられます。


20
スカートとリネンが質的に異なる使用価値であるように、それらの存在を媒介する作業も質的に異なる-仕立てと織り-。
もしこれらのものが質的に異なる使用価値でなく、したがって質的に異なる有用な労働の産物でなければ、これらは商品として全く対立することはできない。
それらは商品として全く対立することができなかった。スカートはそれ自体をスカートと交換することはなく、同じ使用価値はそれ自体を同じ使用価値と交換することはない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[0025 : 6]
15
Die Werthgrösse einer Waare bliebe daher constant, wäre die zu ihrer Produktion erheischte Arbeitszeit constant. Letztere wechselt aber mit jedem Wechsel in der Produktivkraft der Arbeit. Die Produktivkraft der Arbeit ist durch mannigfache Umstände bestimmt, unter andern durch den Durchschnittsgrad des Geschickes der Arbeiter, die Entwicklungsstufe der Wissenschaft und ihrer technologischen Anwendbarkeit, die gesellschaftliche Combination des Produktionsprozesses, den Umfang und die Wirkungsfähigkeit der Produktionsmittel, und durch Naturverhältnisse. Dasselbe Quantum Arbeit stellt sich z. B. mit günstiger Jahreszeit in 8 Bushel Weizen dar, mit ungünstiger in nur 4. Dasselbe Quantum Arbeit liefert mehr Metalle in reichhaltigen, als in armen Minen u. s. w. Diamanten kommen selten in der Erdrinde vor und ihre Findung kostet daher im Durchschnitt viel Arbeitszeit. Folglich stellen sie in wenig Volumen viel Arbeit dar. Jacob bezweifelt, dass Gold jemals seinen vollen Werth bezahlt hat. Noch mehr gilt diess vom Diamant. Nach Eschwege hatte 1823 die achtzigjährige Gesammtausbeute der brasilischen Diamantgruben noch nicht den Werth des 1?jährigen Durchschnittsprodukts der brasilischen Zuckeroder Kaffeepflanzungen erreicht. Mit reichhaltigeren Gruben würde dasselbe Arbeitsquantum sich in mehr Diamanten darstellen und ihr Werth sinken. Gelingt es mit wenig Arbeit Kohle in Diamant zu verwandeln, so kann sein Werth unter den von Ziegelsteinen fallen. Allgemein: Je grösser die Produktivkraft der Arbeit, desto kleiner die zur Herstellung eines Artikels erheischte Arbeitszeit, desto kleiner die in ihm krystallisirte Arbeitsmasse, desto kleiner sein Werth. Umgekehrt, je kleiner die Produktivkraft der Arbeit, desto grösser die zur Herstellung eines Artikels nothwendige Arbeitszeit, desto grösser sein Werth. Die Werthgrösse einer Waare wechselt also direkt wie das Quantum und umgekehrt wie die Produktivkraft der sich in ihr verwirklichenden Arbeit.

16
Wir kennen jetzt die Substanz des Werths. Es ist die Arbeit. Wir kennen sein Grössenmass. Es ist die Arbeitszeit. Seine Form, die den Werth eben zum Tausch-Werth stempelt, bleibt zu analysiren. Vorher jedoch sind die bereits gefundenen Bestimmungen etwas näher zu entwickeln.

Ein Ding kann Gebrauchswerth sein, ohne Tauschwerth

[0026 : 7]
17
zu sein. Es ist diess der Fall, wenn sein Dasein für den Menschen nicht durch Arbeit vermittelt ist. So Luft, jungfräulicher Boden, natürliche Wiesen, wildwachsendes Holz u. s. w. Ein Ding kann nützlich und Produkt menschlicher Arbeit sein, ohne Waare zu sein. Wer durch sein Produkt sein eignes Bedürfniss befriedigt, schafft zwar Gebrauchswerth, aber nicht Waare. Um Waare zu produciren, muss er nicht nur Gebrauchswerth produciren, sondern Gebrauchswerth für andre, gesellschaftlichen Gebrauchswerth. Endlich kann kein Ding Werth sein, ohne Gebrauchsgegenstand zu sein. Ist es nutzlos, so ist auch die in ihm enthaltene Arbeit nutzlos, zählt nicht als Arbeit und bildet daher keinen Werth.

18
Ursprünglich erschien uns die Waare als ein Zwieschlächtiges, Gebrauchswerth und Tauschwerth. Näher betrachtet wird sich zeigen, dass auch die in der Waare enthaltene Arbeit zwieschlächtig ist. Dieser Punkt, der von mir zuerst kritisch entwickelt wurde(FN 12), ist der Springpunkt, um den sich das Verständniss der politischen Oekonomie dreht.

19
Nehmen wir zwei Waaren, etwa einen Rock und 10 Ellen Leinwand. Der erstere habe den zweifachen Werth der letzteren, so dass wenn 10 Ellen Leinwand = W, der Rock = 2 W.

20
Der Rock ist ein Gebrauchswerth, der ein besondres Bedürfniss befriedigt. Um ihn hervorzubringen, bedarf es einer bestimmten Art zweckmässig produktiver Thätigkeit. Sie ist bestimmt nach Zweck, Operationsweise, Gegenstand, Mitteln und Resultat. Die Arbeit, deren Nützlichkeit sich so im Gebrauchswerth ihres Produkts oder darin darstellt, dass ihr Produkt ein Gebrauchswerth ist, heisse hier der Vereinfachung halber kurzweg nützliche Arbeit. Unter diesem Gesichtspunkt ist sie stets betrachtet in Bezug auf den Nutzeffekt, dessen Hervorbringung sie bezweckt.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

21
Wie Rock und Leinwand qualitativ verschiedne Gebrauchswerthe, so sind die ihr Dasein vermittelnden Arbeiten qualitativ verschieden ? Schneiderarbeit und Weberei. Wären jene Dinge nicht qualitativ verschiedne Gebrauchswerthe und daher Produkte qualitativ verschiedner nützlicher Arbeiten, so könnten sie sich über-

(FN 12) l. c. p. 12, 13 und passim.
[0027 : 8]
22
haupt nicht als Waaren gegenübertreten. Rock tauscht sich nicht aus gegen Rock, derselbe Gebrauchswerth nicht gegen denselben Gebrauchswerth.

23
In der Gesammtheit der verschiedenartigen Gebrauchswerthe oder Waarenkörper erscheint eine Gesammtheit eben so mannigfaltiger, nach Gattung, Art, Familie, Unterart, Varietät verschiedner nützlicher Arbeiten ? eine gesellschaftliche Theilung der Arbeit. Sie ist Existenzbedingung der Waarenproduktion, obgleich Waarenproduktion nicht umgekehrt Existenzbedingung gesellschaftlicher Arbeitstheilung. In der altindischen Gemeinde ist die Arbeit gesellschaftlich getheilt, ohne dass die Produkte zu Waaren werden. Oder, ein näher liegendes Beispiel, in jeder Fabrik ist die Arbeit systematisch getheilt, aber diese Theilung nicht dadurch vermittelt, dass die Arbeiter ihre individuellen Produkte austauschen. Nur Produkte selbstständiger und von einander unabhängiger Privatarbeiten treten einander als Waaren gegenüber.

24
Man hat also gesehn : In dem Gebrauchswerth jeder Waare steckt eine bestimmte zweckmässig produktive Thätigkeit oder nützliche Arbeit. Gebrauchswerthe können sich nicht als Waaren gegenübertreten, wenn nicht qualitativ verschiedne nützliche Arbeiten in ihnen stecken. In einer Gesellschaft, deren Produkte allgemein die Form der Waare annehmen, d. h. in einer Gesellschaft von Waarenproducenten, entwickelt sich dieser qualitative Unterschied der nützlichen Arbeiten, welche unabhängig von einander als Privatgeschäfte selbstständiger Producenten betrieben werden, zu einem vielgliedrigen System, zu einer gesellschaftlichen Theilung der Arbeit.

25
Dem Rock ist es übrigens gleichgültig, ob er vom Schneider oder vom Kunden des Schneiders getragen wird. In beiden Fällen wirkt er als Gebrauchswerth. Ebensowenig ist das Verhältniss zwischen dem Rock und der ihn producirenden Arbeit an und für sich dadurch verändert, dass die Schneiderarbeit eigne Profession wird, selbstständiges Glied der gesellschaftlichen Theilung der Arbeit. Wo ihn das Kleidungsbedürfniss zwang, hat der Mensch Jahrtausende lang geschneidert, bevor aus einem Menschen ein Schneider ward. Aber das Dasein von Rock, Leinwand, jedem nicht von Natur vorhandnen Element des stofflichen Reichthums, musste immer vermittelt sein durch eine spezielle, zweckmässig produktive Thätigkeit, die besondere Naturstoffe besondern menschlichen Bedürfnissen


[0028 : 9]

assimilirt. Als Bildnerin von Gebrauchswerthen, als nützliche Arbeit, ist die Arbeit daher von allen Gesellschaftsformen unabhängige Existenzbedingung des Menschen, ewige Naturnothwendigkeit, um den Stoffwechsel zwischen Mensch und Natur, also das menschliche Leben zu vermitteln.


Die Gebrauchswerthe Rock, Leinwand u. s. w., kurz die Waarenkörper, sind Verbindungen von zwei Elementen, Naturstoff und Arbeit. Zieht man die Gesammtsumme aller verschiedenen nützlichen Arbeiten ab, die in Rock, Leinwand u. s. w. stecken, so bleibt stets ein materielles Substrat zurück, das ohne Zuthun des Menschen von Natur vorhanden ist. Der Mensch kann in seiner Produktion nur verfahren, wie die Natur selbst, d. h. nur die Formen der Stoffe ändern(FN 13). Noch mehr. In dieser Arbeit der Formung selbst wird er beständig unterstützt von Naturkräften. Arbeit ist also nicht die einzige Quelle der von ihr producirten Gebrauchswerthe, des stofflichen Reichthums. Die Arbeit ist sein Vater, wie William Petty sagt, und die Erde seine Mutter.


Gehn wir nun von der Waare, so weit sie Gebrauchsgegenstand, über zum WaarenWerth.


Nach unsrer Unterstellung hat der Rock den doppelten Werth der Leinwand. Diess ist aber nur ein quantitativer Unterschied, der uns zunächst noch nicht interessirt. Wir erinnern daher, dass wenn der Werth eines Rockes doppelt so gross als der von 10 Ellen Leinwand, 20 Ellen Leinwand dieselbe Werthgrösse haben wie ein Rock.


(FN 13)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





 

初版の量的側面と質的側面=価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 7月19日(月)11時19分58秒
返信・引用 編集済
  https://oll.libertyfund.org/page/marx-k1-1867

IV. Die zur Produktion von Leinwand und Rock resp. nothwendigen Arbeitszeiten, und daher ihre Werthe, mögen gleichzeitig in derselben Richtung wechseln, aber in ungleichem Grad, oder in entgegengesetzter Richtung u. s. w. Der Einfluss aller möglichen derartigen Combinationen auf den relativen Werth einer Waare ergiebt sich einfach durch Anwendung der Fälle I., II. und III.
IV. キャンバスやスカートの生産に必要な労働時間、つまりその価値は、同じ時期に同じ方向に変化することもあれば、不平等な度合いで変化することもあり、また逆方向に変化することもある、といった具合です。このようなあらゆる組み合わせが商品の相対的な価値に与える影響は、ケースI、II、IIIを適用するだけでわかります。

先ほど、キャンバスという商品の相対的な価値の変化が、自分自身の価値の変化をどこまで反映しているのかを見てきましたが、一般的には相対的な価値を量的な側面からのみ考えてきました。次に、その形状について説明します。相対価値が価値の表現形式であるとすれば、x商品A=y商品Bとか、20立方のキャンバス=1スカートとか、2つの商品の同等性<等価性>の表現は、相対価値の単純な形式である。

  < 2つの商品の同等性 >
Wir haben eben untersucht, wie weit Wechsel in der relativen Werthgrösse einer Waare, der Leinwand, einen Wechsel ihrer eignen Werthgrösse wiederspiegelt, und überhaupt den relativen Werth nur nach seiner quantitativen Seite betrachtet. Wir wenden uns jetzt zu seiner Form. Wenn der relative Werth Darstellungsform des Werths, ist der Ausdruck der Aequivalenz zweier Waaren, wie x Waare A = y Waare B oder 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, die einfache Form desrelativen Werths.

   < Aequivalenz zweier Waaren, >


I. 相対的な価値の最初の、または単純な形:20キュビトのリネン=1スカート。(x商品A=y商品B。)
I. Erste oder einfache Form des relativen Werths: 20 Ellen Leinwand = 1 Rock. (x Waare A = y Waare B.)

このフォームはシンプルなだけに、分析するのがやや難しい(FN16)。その中に含まれる識別された決定は、ベールに包まれ、未発達で、抽象的であり、したがって、抽象化の力の何らかの努力によってのみ、識別され、固定される。これだけ浮かび上がる
Diese Form ist etwas schwierig zu analysiren, weil sie einfach ist(FN 16). Die in ihr enthaltenen unterschiedenen Bestimmungen sind verhüllt, unentwickelt, abstrakt und daher nur durch einige Anstrengung der Abstraktionskraft auseinanderund festzuhalten. So viel ergiebt sich


[0035 : 16]
aber auf den ersten Blick, dass die Form dieselbe bleibt, ob 20 Ellen Leinwand = 1 Rock oder 20 Ellen Leinwand = x Röcke(FN 17).
[0035 : 16]
しかし、20キュビトのリネン=1枚のスカートでも、20キュビトのリネン=x枚のスカートでも、形は変わらないと一見してわかる(FN17)。

キャンバスは、使用価値のあるもの、便利なものという形で世の中に出てきます。その硬い麻布の身体性や自然な形は、したがって、その価値の形ではなく、その等級の反対である。それはまず、スカートという別の商品を同等のものとして参照することで、自らの価値を示す。
Leinwand kömmt auf die Welt in Gestalt eines Gebrauchswerths oder nützlichen Dings. Ihre steifleinene Körperlichkeit oder Naturalform ist daher nicht ihre Werthform, sondern deren grades Gegentheil. Ihr eignes Werthsein zeigt sie zunächst dadurch, dass sie sich auf eine andre Waare, den Rock, als ihr Gleichesbezieht.


Wäre sie nicht selbst Werth, so könnte sie sich nicht auf den Rock als Werth, als Ihresgleichen, beziehn.
自分自身に価値がなければ、スカートを価値あるもの、同等のものとして参照することはできません。

質的には、スカートを人間の労働力のようなもの、すなわち価値の実体の対象化として参照するという意味で、スカートを自分自身と同一視しています。また、x枚のスカートではなく、1枚のスカートだけを自分自身と同一視しています。これは、価値一般だけでなく、ある大きさの価値でもありますが、1枚のスカートには20キュビトのリネンと同じくらいの労働力が含まれているからです。
Qualitativ setzt sie sich den Rock gleich, indem sie sich auf ihn bezieht als Vergegenständlichung gleichartiger menschlicher Arbeit, d. h. ihrer eignen Werthsubstanz, und sie setzt sich nur einen Rock gleich statt x Röcke, weil sie nicht nur Werth überhaupt, sondern Werth von bestimmter Grösse ist, ein Rock aber grade soviel Arbeit enthält als 20 Ellen Leinwand.


Durch diese Beziehung auf den Rock schlägt die Leinwand verschiedne Fliegen mit einer
スカートとの関係で、キャンバスは一石二鳥です。

一石二鳥。
他の商品と自分を価値として同一視することで、自分を価値として参照する。価値としての自分に関わることで、同時に使用価値としての自分からも区別されます。それは、価値の大きさを同一視するということであり、価値の大きさはその両方である。
Klappe.
Indem sie die andre Waare sich als Werth gleichsetzt, bezieht sie sich auf sich selbst als Werth. Indem sie sich auf sich selbst als Werth bezieht, unterscheidet sie sich zugleich von sich selbst als Gebrauchswerth. Indem sie ihre Werthgrösse und Werthgrösse ist beides,


Werth überhaupt und quantitativ gemessner Werth  im Rocke ausdrückt, giebt sie ihrem Werthsein eine von ihrem unmittelbaren Dasein unterschiedne Werthform.
その価値の大きさ-価値の大きさとは、一般的な価値であると同時に、定量的に測定された価値でもある-をスカートの中に表現することで、その価値の存在に、その直接的な存在とは異なる価値の形を与える。

このように自らを差別化されたものとして提示することで、本当の意味での商品、つまり同時に価値のある便利なものとしてしか提示できないのです。
キャンバスに使用価値がある限り、それは独立したものです。
Indem sie sich so als ein in sich selbst Differenzirtes darstellt, stellt sie sich erst wirklich als Waare dar  nützliches Ding, das zugleich Werth ist.
Soweit die Leinwand Gebrauchswerth, ist sie ein selbstständiges Ding.


Ihr Werth erscheint dagegen nur im Verhältniss zu andrer Waare, dem Rocke z. B., ein Verhältniss, worin die Waarenart Rock ihr qualitativ gleichgesetzt wird und daher in bestimmter Quantität
一方、その価値は、他の商品、例えばスカートとの関係においてのみ現れるもので、スカートという商品の種類がそれと質的に同じであるため 、それゆえに一定の量があるという関係である。


[0036 : 17]
gleichgilt, sie ersetzt, mit ihr austauschbar ist. Eigne, vom Gebrauchswerth unterschiedne Form erhält der Werth daher nur durch seine Darstellung als Tauschwerth.
[0036 : 17]
それに代わるものであり、それと交換可能なものである。それゆえ、価値は、交換価値として表現されることによってのみ、使用価値とは異なる独自の形態を得るのである。

リネンの価値をスカートに表現することで、スカート自体に新しい形を刻み込む。
確かに、キャンバスの価値形態は何を言っているのか?
Der Ausdruck des Leinwand werths im Rocke prägt dem Rocke selbst eine neue Form auf. In der That, was besagt die Werthform der Leinwand?

Dass der Rock mit ihr austauschbar ist. Wie er geht oder liegt, mit Haut und Haaren, in seiner Naturalform Rock besitzt er jetzt die Form unmittelbarer Austauschbarkeit mit andrer Waare, die Form eines austauschbaren Gebrauchswerths oder Aequivalents.
スカートがそれと交換可能であること。肌と髪を持ち、スカートという自然な形で歩いたり横たわったりすることで、他の商品と直接交換可能な形、つまり交換可能な使用価値や等価物の形を持つようになったのです。

等価の決定には、ある商品が一般的に価値があるということだけでなく、その物質的形態、使用形態において、他の商品に対して価値があり、したがって他の商品に対する交換価値として直接存在するということが含まれる。
Die Bestimmung des Aequivalents enthält nicht nur, dass eine Waare Werth überhaupt ist, sondern dass sie in ihrer dinglichen Gestalt, in ihrer Gebrauchsform, andrer Waare als Werth gilt und daher unmittelbar als Tauschwerth für die andre Waare da ist.


Als Werth besteht die Leinwand nur aus Arbeit, bildet eine durchsichtig krystallisirte Arbeitsgallerte. In der Wirklichkeit ist dieser Krystall jedoch sehr trüb. Soweit Arbeit in ihm zu entdecken, und nicht jeder Waarenkörper zeigt die Spur der Arbeit, ist es nicht unterschiedslose menschliche Arbeit, sondern Weberei, Spinnerei u. s. w., die auch keineswegs seine einzige Substanz bilden, vielmehr mit Naturstoffen verquickt sind.
価値として、キャンバスは労働のみで構成されており、透明な結晶化した労働価値を形成しています。しかし、実際にはこの結晶は非常に小さい。その中に労働が発見され、すべての商品が労働の痕跡を示すわけではない限り、それは無差別な人間の労働ではなく、織物や紡績などであり、それらも決してその唯一の物質を形成するものではなく、むしろ自然の材料と混ざり合っている。

人間の労働力の単なる物質的な表現としてのキャンバスを保持するためには、それを物として成立させているすべてのものを無視しなければなりません。人間の労働の客観性は、それ自体が抽象的なものであり、それ以上の質や内容を持たないため、必然的に抽象的な客観性、思考的なものとなります。
Um Leinwand als bloss dinglichen Ausdruck menschlicher Arbeit festzuhalten, muss man von allem absehn, was sie wirklich zum Ding macht. Gegenständlichkeit der menschlichen Arbeit, die selbst abstrakt ist, ohne weitere Qualität und Inhalt, ist nothwendig abstrakte Gegenständlichkeit, ein Gedankending.


So wird das Flachsgewebe zum Hirngespinnst. Aber Waaren sind Sachen. Was sie sind, müssen sie sachlich sein oder in ihren eignen sachlichen Beziehungen zeigen. In der Produktion der Leinwand ist ein bestimmtes Quantum menschlicher Arbeitskraft verausgabt worden.
このようにして亜麻布は想像の産物となる。しかし、コモディティはモノです。

それが何であれ、それらは客観的でなければならないし、それ自身の客観的な関係において示されなければならない。キャンバスの制作には、一定量の人間の労働力が費やされている。


その価値は、そのようにして費やされた労働の単なる客観的反射であって、その肉体には反映されない。それはスカートとの価値の関係を通して、自らを明らかにし、官能的な表現を受ける。
Ihr Werth ist der bloss gegenständliche Reflex der so verausgabten Arbeit, aber er reflektirt sich nicht in ihrem Körper. Er offenbart sich, erhält sinnlichen Ausdruck durch ihr Werthverhältniss zum Rock.

Indem sie ihn als Werth sich gleichsetzt, während sie sich zugleich als Gebrauchsgegenstand von ihm unterscheidet, wird der Rock die Erscheinungsform des LeinwandWerths im Gegensatz zum
スカートは、価値としての自分自身と同一視すると同時に、
使用物としての自分自身と区別することで、
作品の価値に対するキャンバスの価値の現れとなります。

I. 2


[0037 : 18]
LeinwandKörper, ihre Werthform im Unterschied von ihrer Naturalform(FN 18).
[0037:18]
キャンバス本体、その自然な形とは異なる価値の形(脚注18)。


値の相対表現:キャンバスの20キュビト= 1スカートまたはxキャンバスはyRoc kwerthであり、スカートは値または作業ゼリーとしてのみ有効ですが、このため、作業ゼリーはスカートとしてカウントされ、スカートは次のようにカウントされます。

人間の労働力が凝固する形態(FN 18a)。

スカートの実用的な価値は、キャンバスが抽象的な人間の労働の直接的な素材としてのスカートの素材に関連しているため、キャンバスの価値の現れになります。

関連する、つまり、それ自体が客体化されているものと同じ種類の作業。

彼女は、オブジェクトの岩を、同様の人間の労働の官能的に具体的な客観性、したがって自然な形の価値と見なしています。

価値としては岩と同じ性質であるため、自然の形の岩はそれ自体の価値の現れになります。

しかし、功利主義のスカートで表される仕事は、
人間の仕事だけでなく、特定の、有用な仕事、仕立てです。

卓越した人間の仕事、つまり人間の労働の支出は、
どんな決定も可能ですが、それ自体は不確定です。

それは、人間の労働が特定の形で費やされるとすぐに実現され、
客観化されることができます。特定の作品、それが客体化されている外部の物質である天然物質に対抗するのは特定の作品のみであるため。

ヘーゲル学派の「概念」だけが、外部資料なしでそれ自体を客体化することに成功しています(脚注19)。
In dem relativen Werthausdruck: 20 Ellen Leinwand = 1 Rock oder x Leinwand ist y Roc kwerth, gilt der Rock zwar nur als Werth oder Arbeitsgallerte, aber eben dadurch gilt die Arbeitsgallerte als Rock, der Rock als die Form, worin menschliche Arbeit gerinnt(FN 18a). Der Gebrauchswerth Rock wird nur zur Erscheinungsform des Leinwand-Werths, weil sich die Leinwand auf das Rockmaterial als unmittelbare Materiatur abstrakter menschlicher Arbeit bezieht, also Arbeit gleicher Art wie die in ihr selbst vergegenständlichte. Der Gegenstand Rock gilt ihr als sinnlich handgreifliche Gegenständlichkeit gleichartiger menschlicher Arbeit, daher als Werth in Naturalform. Da sie als Werth gleichen Wesens mit dem Rock ist, wird die Naturalform Rock so zur Erscheinungsform ihres eignen Werths. Aber die im Gebrauchswerth Rock dargestellte Arbeit ist nicht menschliche Arbeit schlechthin, sondern eine bestimmte, nützliche Arbeit, Schneiderarbeit. Menschliche Arbeit schlechthin, Verausgabung menschlicher Arbeitskraft, ist zwar jeder Bestimmung fähig, aber an und für sich unbestimmt. Verwirklichen, vergegenständlichen kann sie sich nur, sobald die menschliche Arbeitskraft in bestimmter Form verausgabt wird, als bestimmte Arbeit, denn nur der bestimmten Arbeit steht ein Naturstoff gegenüber, ein äusseres Material, worin sie sich vergegenständlicht. Bloss der Hegel’sche ? Begriff“ bringt es fertig, sich ohne äussern Stoff zu objektiviren(FN 19).

(FN 18)
(FN 18a)
(FN 19)


[0038 : 19]
Die Leinwand kann sich nicht auf den Rock als Werth oder incarnirte menschliche Arbeit beziehn, ohne sich auf Schneiderarbeit als die unmittelbare Verwirklichungsform menschlicher Arbeit zu beziehen.
[0038 : 19]
Was jedoch die Leinwand am Gebrauchswerth Rock interessirt, ist weder seine wollne Behäbigkeit, noch sein zugeknöpftes Wesen, noch irgend eine andre nützliche Qualität, die ihn zum Gebrauchswerth stempelt. Er dient ihr nur dazu, ihre Werthgegenständlichkeit im Unterschied von ihrer steifleinenen Gebrauchsgegenständlichkeit darzustellen.
Sie hätte denselben Zweck erreicht, wenn sie ihren Werth in Assa Fötida oder Poudrette oder Stiefelwichse ausgedrückt. Die Schneiderarbeit gilt ihr daher ebenfalls nicht, sofern sie zweckmässig produktive Thätigkeit, nützliche Arbeit, sondern nur sofern sie als bestimmte Arbeit Verwirklichungsform,
Vergegenständlichungsweise menschlicher Arbeit überhaupt ist. Drückte die Leinwand ihren Werth statt im Rock in Stiefelwichse aus, so gälte ihr auch statt Schneidern Wichsen als die unmittelbare Verwirklichungsform abstrakter menschlicher Arbeit(FN 19a). Erscheinungsform des Werths oder Aequivalent wird ein Gebrauchswerth oder Waarenkörper also nur dadurch, dass sich eine andere Waare auf die in ihm enthaltne konkrete, nützliche Arbeitsart als die unmittelbare Verwirklichungsform abstrakter menschlicher Arbeit bezieht.
[0038 : 19]
キャンバスは、人間の労働の直接の形として仕立てを参照せずに、
スカートを価値として参照したり、人間の労働を具体化することはできません。
しかし、スカートの使用価値でキャンバスに興味を持っているのは、その羊毛のような心地よさ、ボタンで留められた性質、またはそれを使用価値として刻印する他の有用な品質ではありません。

それは、その堅い、日常の客観性とは対照的に、彼女の貴重な客観性を示すためだけに彼女に役立ちます。Assa Fotida、Poudrette、またはブーツワックスでその価値を表現していれば、同じ目的を達成できたでしょう。

仕立てしたがって、彼らが実際の生産活動、有用な仕事にある場合にも適用されませんが、一般的にVergegenständlichungsweiseの人間の労働から特定の仕事の実現がある場合に限ります。

キャンバスがスカートではなくブーツワックスでその価値を表現した場合、仕立てる代わりに、抽象的な人間の労働の直接の実現としてのけいれんも見られます(FN19a)。使用価値または商品本体は、別の商品が抽象的な人間の労働の直接の実現としてそれに含まれる具体的で有用なタイプの労働に関連する場合にのみ、価値または同等のものの明示になります。


Wir stehn hier bei dem Springpunkt aller Schwierigkeiten, welche das Verständniss der Werthform hindern. Es ist relativ leicht, den Werth der Waare von ihrem Gebrauchswerth zu unterscheiden, oder die den Gebrauchswerth formende Arbeit von derselben Arbeit, so weit sie bloss als Verausgabung mensehlicher Arbeitskraft im Waarenwerth berechnet wird.
私たちは、価値観の理解を妨げるすべての困難の出発点にいます。
商品の価値をその使用価値から、あるいは使用価値を形成する労働を
同じ労働から区別することは、それが単に商品の価値に対する
人間の労働力の支出として計算される限り、比較的容易である。



商品や労働を一方の形で考えれば、他方の形では考えないし、
その逆もまた然りである。
このような抽象的な対極にあるものは、勝手に崩れてしまうので、
バラバラにしておくのは簡単です。
Betrachtet man Waare oder Arbeit in der einen Form, so nicht in der andern und vice versa. Diese abstrakten Gegensätze fallen von selbst auseinander und sind daher leicht auseinander zu halten.


An-dazu eines äusseren Materials oder Stoffs bedarf, seiner eignen Thätigkeit gemäss dazu fort, sich zu objektiviren.“ Hegel, ? Logik“ p. 367 in der ? Encyklopädie: Erster Theil. Berlin 1840.“
(FN 19a) Sofern man nämlich populär die Bereitung der Wichse selbst Wichsen heisst.
2*
自分を客観視するためには、自分の活動に応じた外部の素材や物質を必要とします。Hegel, " Logik " p. 367 in the " Encyklopädie: Erster Theil. ベルリン1840年"(FN19a)。)


[0039 : 20]
ders mit der Werthform, die nur im Verhältniss von Waare zu Waare existirt. Der Gebrauchswerth oder Waarenkörper spielt hier eine neue Rolle. Er wird zur Erscheinungsform des Waare nwerths, also seines eignen Gegentheils. Ebenso wird die im Gebrauchswerth enthaltene konkrete nützliche Arbeit zu ihrem eignen Gegentheil, zur blossen Verwirklichungsform abstrakter menschlicher Arbeit.
[0039 : 20]
これは、商品と商品の関係においてのみ存在する価値の形態とは異なります。
ここでは、使用価値や商品本体が新たな役割を果たす。

それは、商品の価値の現れであり、それ自身の反対のものとなる。
同様に、使用価値に含まれる具体的な有用な労働は、
それ自体がアンチテーゼとなり、抽象的な人間の労働の単なる実現形態となる。



商品の相反する決定事項は、バラバラになるのではなく、
ここではお互いに反映されています。
一見すると不思議なことですが、よくよく考えてみると必要なことなのです。

Statt auseinanderzufallen, reflektiren sich die gegensätzlichen Bestimmungen der Waare hier in einander. So befremdlich diess auf ersten Blick, erweist es sich bei weiterem Nachdenken als nothwendig. Die Waare ist von Haus aus ein zwieschlächtig Ding, Gebrauchswerth und Werth, Produkt nützlicher Arbeit und abstrakte Arbeitsgallerte.
商品は本質的に二重のものであり、使用価値と価値、
有用な労働の産物ですと抽象的な作品ゼリー。


Um sich darzustellen als das was sie ist, muss sie daher ihre Form verdoppeln. Die Form eines Gebrauchswerths besitzt sie von Natur. Es ist ihre Naturalform. Werthform erwirbt sie erst im Umgang mit andren Waaren.
自分自身を表現するためには、形を二重にしなければなりません。
本来は使用価値という形を持っています。それは自然な形です。それは、他の商品との取引の中でのみ、その価値の形を獲得します。

しかし、その価値の形態は、それ自体が客観的な形態でなければならない。商品の唯一の客観的な形態は、その使用形態であり、その自然な形態である。
Aber ihre Werthform muss selbst wieder gegenständliche Form sein. Die einzigen gegenständlichen Formen der Waaren sind ihre Gebrauchsgestalten, ihre Naturalformen.


Da nun die Naturalform einer Waare, der Leinwand z. B., das grade Gegentheil ihrer Werthform ist, muss sie eine andre Naturalform, die Naturalform einer andern Waare zu ihrer Werthform machen. Was sie nicht unmittelbar für sich selbst, kann sie unmittelbar für andre Waare und daher auf einem Umweg für sich selbst thun.
例えばリネンのような商品の自然形態は、その価値形態とは正反対であるから、別の自然形体、つまり別の商品の自然形体をその価値形体としなければならない。自分のために直接できないことを、他の商品のために直接できる、つまり自分のために遠回しにできるのです。


自分の身体や自分の使用価値でその価値を表現することはできないが、他の使用価値や商品の身体を直接の価値存在として参照することができる。
それ自体に含まれる具体的な労働には関係しないが、抽象的な人間の労働の単なる実現形態として、別の種類の商品に含まれる具体的な労働には関係することができるのである。
そのためには、他の商品と自分を等価にするだけでよい。
Sie kann ihren Werth nicht in ihrem eignen Körper oder in ihrem eignen Gebrauchswerth ausdrücken, aber sie kann sich auf einen andern Gebrauchswerth oder Waarenkörper als unmittelbares Werthdasein beziehn. Sie kann sich nicht zu der in ihr selbst, wohl aber zu der in andrer Waarenart enthaltenen konkreten Arbeit als blosser Verwirklichungsform abstrakter menschlicher Arbeit verhalten. Sie braucht dazu nur die andre Waare sich als Aequivalent gleichzusetzen.


Der Gebrauchswerth einer Waare existirt überhaupt nur für eine andre Waare, soweit er in dieser Weise zur Erscheinungsform ihres Werths dient.
ある商品の使用価値は、その商品の価値を明示するためにこのように役立つ限りにおいて、他の商品に対してのみ存在する。

x 商品 A = y 商品 B という単純な相対価値表現における量的関係だけを考えるならば、相対価値の動きについて上記で展開された法則だけを見出すことができますが、これらはすべて、商品の価値がその生産に必要な労働時間によって決定されるという事実に基づいています。
Betrachtet man in dem einfachen relativen Werthausdrucke: x Waare A = y Waare B nur das quantitative Verhältniss, so findet man auch nur die oben entwickelten Gesetze über die Bewegung des relativen Werths, die alle darauf beruhn, dass die Werthgrösse der Waaren durch die zu ihrer Produktion nothwendige Arbeitszeit bestimmt ist.


Betrachtet man aber das Werthverhältniss der beiden Waaren nach seiner qualitativen Seite,
[0040 : 21]
so entdeckt man in jenem einfachen Werthausdruck das Geheimniss der Werthform und daher, in nuce, des Geldes(FN 20).
しかし、2つの商品の価値の関係を、その質的な面から考えてみると
[0040 : 21]
そうすると、その単純な価値表現の中に、価値の形の秘密、
ひいては貨幣の形の秘密を発見することになる(FN20)。


Unsre Analyse hat gezeigt, dass der relative Werthausdruck einer Waare zwei verschiedne Werthformen einschliesst. Die Leinwand drückt ihren Werth und ihre bestimmte Werthgrösse im Rock aus. Sie stellt ihren Werth dar im Werthverhältniss zu einer andern Waare, daher als Tauschwerth.
私たちの分析では、商品の相対的な価値印刷には、2つの異なる価値の形が含まれていることがわかりました。キャンバスは、その価値と具体的な価値をスカートで表現します。それは、他の商品との関係における価値を表しており、したがって、交換価値としての価値です。

一方、もう一方の商品であるスカートは、その価値を相対的に表現することで、それと直接交換可能な使用価値や等価物の形態を獲得します。一方の商品の相対的な価値の形態と、他方の商品の等価的な価値の形態の両方が、交換価値の形態である。
Andrerseits die andre Waare, der Rock, worin sie ihren Werth relativ ausdrückt, erhält eben dadurch die Form eines mit ihr unmittelbar austauschbaren Gebrauchswerths oder Aequivalents.

Beide Formen, relative Werthform der einen Waare, Aequivalentform der andern, sind Formen des Tauschwerths. Beide sind in der That nur Momente, wechselseitig durcheinander bedingte Bestimmungen, desselben relativen Werthausdrucks, aber polarisch vertheilt auf die zwei gleichgesetzten Waarenextreme.
両者は、実際には、同じ相対的な価値の圧力の瞬間であり、相互に依存した決定でしかないが、商品の2つの平衡した両極端の間に極的に分布している。


Quantitative Bestimmtheit ist nicht in der Aequivalentform einer Waare eingeschlossen.
定量的な判断は、商品の同等の形態には含まれません。

例えば、スカートがリネンと同等であるという一定の比率は、その同等の形態、リネンとの直接的な交換可能性の形態から生じるのではなく、労働時間による価値の量の決定から生じるのである。
Das bestimmte Verhältniss z. B., worin Rock Aequivalent von Leinwand ist, entspringt nicht aus seiner Aequivalentform, der Form seiner unmittelbaren Austauschbarkeit mit der Leinwand, sondern aus der Bestimmung der Werthgrösse durch Arbeitszeit.

Die Leinwand kann ihren eignen Werth nur in Röcken darstellen, indem sie sich auf ein bestimmtes Rockquantum als gegebenes Quantum krystallisirter menschlicher Arbeit bezieht. Aendert sich der Roc kwerth, so ändert sich auch diese Beziehung. Damit sich aber der relative Werth der Leinwand ändere, muss er vorhanden sein, und er kann nur gebildet werden bei gegebenem Rockwerth.
キャンバスは、人間の労働力の結晶である一定の量のスカートを参照するという意味で、自らの価値をスカートでしか表現できません。スカートの値が変われば、この関係も変わる。しかし、キャンバスの相対的な価値が変わるためには、キャンバスが存在しなければならず、それは与えられたスカートの価値でしか形成できない。

キャンバスが自身の価値を1枚、2枚、またはx枚のスカートで表現するかどうかは、
この条件下では、キャンバスの1キュビトの価値と、その価値をスカートの形で表現
しようとするキュビトの数に完全に依存します。
ある商品の価値は、他の商品の使用価値、つまり相対的な価値でしか表現できません。
Ob die Leinwand ihren eignen Werth nun in 1, 2 oder x Röcken darstellt, hängt unter dieser Voraussetzung ganz von der Werthgrösse einer Elle Leinwand und der Ellenanzahl ab, deren Werth in Rockform dargestellt werden soll. Die Werthgrösse einer Waare kann sich nur im Gebrauchswerth einer andern Waare ausdrücken, als relativer Werth.

Die Form eines unmittelbar austauschbaren Gebrauchswerths oder Aequivalents erhält eine Waare dagegen umgekehrt nur als das Material, worin der Werth einer andern Waare ausgedrückt wird.
一方、商品は、他の商品の価値を表現する材料としてのみ、直接交換可能な使用価値または同等物の形態を受ける。


この区別は、単純または最初の形式の相対的価値表現の特徴によって曇っています。
20立方のキャンバス=1枚のスカート、つまり20立方のキャンバスが1枚のスカートの価値を持つという方程式は、明らかに1枚のスカート=20立方のキャンバス、つまり1枚のスカートが20立方のキャンバスの価値を持つという同一の方程式を含んでいます。


スカートを等価とするキャンバスの相対的な価値は、キャンバスを等価とする
スカートの相対的な価値を逆に含んでいます。
Diese Unterscheidung ist getrübt durch eine charakteristische Eigenthümlichkeit des relativen Werthausdrucks in seiner einfachen oder ersten Form. Die Gleichung: 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, oder 20 Ellen Leinwand sind einen Rock werth, schliesst nämlich offenbar die identische Gleichung ein: 1 Rock = 20 Ellen Leinwand, oder 1 Rock ist 20 Ellen Leinwand werth. Der relative Werthausdruck der Leinwand, worin der Rock als Aequivalent figurirt, enthält also rückbezüglich den relativen Werthausdruck des Rocks, worin die Leinwand als Aequivalent figurirt.


Obgleich beide Bestimmungen der Werthform oder beide Darstellungsweisen des Waare nwerths als Tauschwerth nur relativ sind, scheinen beide nicht in demselben Grad relativ.
価値の形態の決定も、交換価値としての商品の価値を表す方法も、どちらも相対的なものに過ぎませんが、どちらも同じ程度には相対的ではないようです。


帆布の相対価値:帆布20キュビト=スカート1枚」では、帆布の交換価値が他の商品との関係で明示されています。
Im relativen Werth der Leinwand: 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, ist der Tauschwerth der Leinwand ausdrücklich als ihre Beziehung auf eine andre Waare dargestellt.

Der Rock seinerseits ist zwar auch nur Aequivalent, so weit sich die Leinwand auf ihn als Erscheinungsform ihres eignen Werths und daher mit ihr unmittelbar Austauschbares bezieht. Nur innerhalb dieser Beziehung ist er Aequivalent.
Aber er verhält sich passiv.
Er ergreift keine Initiative.
Er findet sich in Beziehung, weil sich auf ihn bezogen wird.

Der Charakter, der ihm aus dem Verhältniss mit der Leinwand erwächst, erscheint daher nicht als Resultat seiner Beziehung, sondern ohne sein Zuthun vorhanden.
スカートもまた、キャンバスがそれ自身の価値の現れとして、
つまり直接交換可能なものとしてそれを参照する限りにおいて、同等のものでしかない。
この関係性の中でのみ、等価である。
しかし、彼は受動的に行動する。主導権を握ることはありません。
それは、それに関連しているので、関係の中で自分自身を見つける。

キャンバスとの関係から生まれるキャラクターは、
彼との関係の結果として現れるのではなく、彼がしなくても存在しています。



まだまだ。キャンバスが彼と関わる特殊な方法は、どんなに控えめであっても、
すべて「彼にしてあげる」ために作られたものであり、
決して「プライドに狂った仕立て屋」の産物ではありません。
Noch mehr. Die bestimmte Art und Weise, wie sich die Leinwand auf ihn bezieht, ist ganz dazu gemacht, es ihm ?anzuthun“, wäre er auch noch so bescheiden und keineswegs das Produkt eines ?tailor run mad with pride“.

Die Leinwand bezieht sich nämlich auf den Rock als sinnlich existirende Materiatur der menschlichen Arbeit in abstracto und daher als vorhandnen Werthkörper.
というのも、キャンバスは抽象的に人間の労働の感覚的に存在する物質としてのスカートを指しており、それゆえに価値のある既存の身体としてのスカートを指しているのです。

それは、キャンバスがこの特別な方法でそれを参照しているからこそ、またその限りにおいて、このようなものである。それが同等<等価>であるということは、いわばキャンバスの反射・決定に過ぎない。
Er ist diess nur, weil und sofern sich die Leinwand in dieser bestimmten Weise auf ihn bezieht. Sein Aequivalentsein ist so zu sagen nur eine Reflexionsbestimmung der Leinwand.

Aber es scheint grade umgekehrt. Einerseits giebt er sich selbst nicht die Mühe sich zu beziehn. Andrerseits bezieht sich die Leinwand auf ihn, nicht um ihn zu etwas zu machen, sondern weil er ohne sie etwas ist.
しかし、それは逆のようです。
一方で、彼は自分のことをわざわざ言及しません。
一方、キャンバスが彼を参照するのは、彼を何かにするためではなく、
彼がキャンバスなしで何かになるためです。



[0042 : 23]
Das fertige Produkt der Beziehung der Leinwand auf den Rock, seine Aequivalentform, seine Bestimmtheit als unmittelbar austauschbarer Gebrauchswerth, scheint ihm daher auch ausserhalb der Beziehung zur Leinwand dinglich anzugehören, ganz wie etwa seine Eigenschaft warm zu halten.
[0042 : 23]
キャンバスとスカートとの関係の完成品、その同等<等価>な形態、
直接交換可能な使用価値としての決定性は、したがって、
例えば保温性という特性のように、キャンバスとの関係の外でも、
物質的な方法でそれに属しているように思われる。


なぜなら、スカートはリネンと同等のものであり、2つの商品のそれぞれがこの決定性を持つのは、他の商品がそれを相対的な価値の圧力としているからであり、その限りにおいてであるからである(FN21)。
In der ersten oder einfachen Form des relativen Werths: 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, ist dieser falsche Schein noch nicht befestigt, weil sie unmittelbar auch das Gegentheil aussagt, dass der Rock Aequivalent der Leinwand und dass jede der beiden Waaren diese Bestimmtheit nur besitzt, weil und sofern die andre sie zu ihrem relativen Werthausdruck macht(FN 21).



In der einfachen Form des relativen Werths oder dem Ausdrucke der Aequivalenz zweier Waaren, ist die Form entwicklung des Werths für beide Waaren gleichmässig, obgleich jedesmal in entgegengesetzter Richtung.
相対的価値の単純な形、つまり2つの商品の等価性の表現では、価値の形の発展は2つの商品で同じですが、その都度、逆方向になります。

さらに、相対的な価値圧力は、2つの商品のそれぞれに関して一様である。なぜなら、キャンバスはスカートという1つの商品だけでその価値を表し、その逆もまた然りだが、両方の商品については、この価値圧力は2倍であり、それぞれに異なる。
Der relative Werthausdruck ist ferner mit Bezug auf jede der beiden Waaren einheitlich, denn die Leinwand stellt ihren Werth nur in einer Waare dar, dem Rocke und vice versa, aber für beide Waaren ist dieser Werthausdruck doppelt, verschieden für jede derselben.

Endlich ist jede der beiden Waaren nur Aequivalent für die andre einzelne Waarenart. also nur einzelnes Aequivalent.
最後に、2つの商品のそれぞれは、他の個々の種類の商品に対する同等物<等価物>で
しかなく、従って、単一の等価物でしかない。


Solche Gleichung, wie 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, oder zwanzig Ellen Leinwand sind einen Rock werth, drückt offenbar den Werth der Waare nur ganz beschränkt und einseitig aus.
20 cubits of linen = 1 skirt、つまり20 cubits of linen is worth one skirtのような式は、商品の価値を非常に限定的かつ一面的にしか表していないことがわかります。


例えば、帆布をスカートではなく他の商品と比較した場合、20立方の帆布=uコーヒー、20立方の帆布=v紅茶など、他の相対的な価値表現、他の方程式も得られます。キャンバスは、その商品の数だけ異なる相対的な価値を持ち、その相対的な価値の数は、新しい種類の商品の出現数に応じて常に増加します。
Vergleiche ich die Leinwand z. B., statt mit Röcken, mit andern Waaren, so erhalte ich auch andre relative Werthausdrücke, andre Gleichungen, wie 20 Ellen Leinwand = u Kaffee, 20 Ellen Leinwand = v Thee u. s. w. Die Leinwand hat eben so viele verschiedne relative Werthausdrücke, als es von ihr verschiedne Waaren giebt und die Zahl ihrer relativen Werthausdrücke wächst beständig mit der Zahl neu auftretender Waarenarten(FN 22).



(FN 21) Es ist mit solchen Reflexionsbestimmungen überhaupt ein eignes Ding. Dieser Mensch ist z. B. nur König, weil sich andre Menschen als Unterthanen zu ihm verhalten. Sie glauben umgekehrt Unterthanen zu sein, weil er König ist.
(FN21)一般的にこのような反射の決定とは特異なものである。例えばこの男は、他の男が彼に臣下として関係しているからこそ王である。逆に言えば、彼が王であるがゆえに自分が臣民であると思っている。

(FN22)「あらゆる商品の価値は、その交換関係を示すものであり、.... のように言うことができる。使っている商品に応じて、コーンバリュー、クロスバリューを設定。
(FN 22) ?The value of any commodity denoting its relation in exchange, we may speak of it as .... cornvalue, clothvalue, according to the commodity with which


[0043 : 24]
Die erste Form 20 Ellen Leinwand = 1 Rock gab zwei relative Ausdrücke für den Werth zweier Waaren. Diese zweite Form giebt für den Werth derselben Waare die bunteste Mosaik relativer Ausdrücke. Auch scheint weder für den Ausdruck der Werth grösse irgend etwas gewonnen, denn in 20 Ellen Leinwand = 1 Rock ist die Werthgrösse der Leinwand, die ja in jedem Ausdrucke dieselbe bleibt, eben so erschöpfend dargestellt als in 20 Ellen Leinwand = u Thee u. s. w., noch für die Formbestimmung des Aequivalents, denn in 20 Ellen Leinwand = u Kaffee u. s. w., sind Kaffee u. s. w. nur einzelne Aequivalente, ganz wie es der Rock war.

[0043 : 24]
最初の形式は、20キュビトのキャンバス=1スカートで、2つの商品の価値を表す2つの相対的な表現を与えた。この第二形態は、同じ商品の価値に対する相対的な表現の最もカラフルなモザイクを与えます。20 cubits of linen = 1 skirtでは、どの表現でも同じであるリネンの価値が、20 cubits of linen = u teaなどと同様に網羅的に表現されているからです。また、20 cubits of linen = u coffeeなどでは、コーヒーなどはスカートと同様に個々の等価物に過ぎないからです。

しかし、この第2形態には、本質的な発展があります。なぜなら、リネンがその価値を、あるときは背中で、あるときはコーヒーなどで偶然に表現しているだけではなく、スカートでもコーヒーでも、この商品でも、あの商品でも、3番目の商品でも、価値を表現しているからです。さらなる決定は、この相対的価値表現の第2の、あるいは展開された形がその文脈の中で提示されるとすぐに明らかになる。すると、次のようになります。
Dennoch birgt diese zweite Form eine wesentliche Fortentwicklung. Es liegt darin nämlich nicht nur, dass die Leinwand ihren Werth zufällig bald in Rücken ausdrückt, bald in Kaffee u. s. w., sondern dass sie ihn sowohl in Röcken als in Kaffee u. s. w. ausdrückt, entweder in dieser Waare oder jener oder der dritten u. s. w. Die Weiterbestimmung zeigt sich, sobald diese zweite oder entfaltete Form des relativen Werthausdrucks in ihrem Zusammenhang dargestellt wird. Wir erhalten dann:



II.相対的な価値の第二または展開された形。
II. Zweite oder entfaltete Form des relativen Werths:

20 Ellen Leinwand = 1 Rock oder = u Kaffee oder = v Thee oder = x Eisen oder = y Weizen oder = u. s. w. u. s. w.
20キュビトのリネン=1スカートまたは=uコーヒーまたは=v紅茶または=x鉄または=y小麦または=u.s.w.

z 商品A = u 商品B or = v 商品C or = w 商品D or = x 商品E or = y 商品F or = などなど。
z Waare A = u Waare B oder = v Waare C oder = w Waare D oder = x Waare E oder = y Waare F oder = u. s. w.


Zunächst bildet offenbar die erste Form das Grundelement der
まず、第1のフォームは明らかに基本的な要素を形成しています。


------------------------------------------------
 

   3.労働力の売買

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 7月12日(月)17時36分37秒
返信・引用 編集済
    http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_161.htm



   第4章
   お金の資本への変換

   1.資本の一般式

<161>商品の流通は資本の出発点です。商品生産と開発された商品流通、貿易は、それが発生する歴史的条件を形成します。世界貿易と世界市場は、16世紀の資本の現代のライフストーリーを切り開きました。

商品の流通やさまざまな使用価値の交換の物質的な内容を無視し、このプロセスが生み出す経済形態のみを考慮すると、お金がその究極の製品であることがわかります。商品の流通のこの最後の産物は、資本の最初の現れです。

歴史的に、資本は、金銭的資産、商人資本、高利貸し資本など、あらゆる場所で最初にお金の形で不動産と対峙します。(1)ただし、貨幣が最初に出現したことを認識するために、資本形成の歴史を振り返る必要はありません。同じ話が私たちの目の前で毎日再生されます。すべての新しい資本は、最初に段階に入ります。つまり、市場、商品市場、労働市場、またはマネーマーケットですが、それでもお金として、特定のプロセスを通じて資本に変換されることになっています。

お金としてのお金と資本としてのお金は、最初は循環の形態が異なるだけです。

<162>商品流通の直接の形態は、・・・・・


   2.一般式の矛盾



実際の取引資本では、G-W-G 'の形式は、より高価に購入して販売するため、最も純粋に見えます。一方、その全体の動きは循環の範囲内で行われます。しかし、貨幣の資本への転換、剰余価値の形成を循環自体から説明することは不可能であるため、同等物が交換されるとすぐに商業資本は不可能に見え(33)、したがって、両面からのみ導き出すことができます売買商品生産者の行き過ぎは、商人が寄生的に彼らの間で自分自身を押している。この意味で、フランクリンは「戦争は強盗であり、貿易は不正行為である」と述べています。 (34)単なる商業資本の回復をごまかすことからではない場合<179>は商品生産者を説明しているので、これには商品の流通とその単純な瞬間が私たちの唯一の要件形式である、ここでまだ完全にある長い一連の中間リンクが含まれます行方不明。

貿易資本に当てはまるのは、高利貸し資本にさらに当てはまります。
資本の取引では、極端な場合、市場に投入されるお金と市場から引き出される増加したお金は、少なくとも循環の動きを通じて売買によって媒介されます。
高利貸しの資本では、形式G-W-G 'は仲介されていない
極端なG-G'と省略され、お金はより多くのお金と交換されます。
これはお金の性質と矛盾するため、商品の交換の観点からは説明できません。
したがって、アリストテレス:

「色彩学は2つあるので、1つは貿易に属し、もう1つは経済学に属し、後者は必要で賞賛に値します。前者は循環に基づいており、正当に非難されています(自然に基づくのではなく、相互の不正行為に基づいているため)。したがって、高利貸しは絶対にあります。お金自体が買収の源であり、それが発明された目的に使用されていないため、嫌われました。それは商品の交換のために作成されましたが、利子はお金をより多くのお金に変えます。したがって、その名前は "(tokoz <ギリシャ語:tokos>興味そして何が生まれるか)。「生まれた人は生産者に似ています。しかし、関心はお金からのお金であるため、すべての事業部門の中でこれは最も不親切です。」(35)

商業資本のように、私たちは調査の過程で有利子資本を派生形として見つけ、同時にそれらが現代の基本形の資本の前に歴史的に現れる理由を見るでしょう。




したがって、二重の結果がありました。

お金の資本への変換は、法律に固有の商品の交換に基づいて開発されるため、同等物の交換が出発点になります。(37)私たちの唯一のKapitalisten- <181>キャタピラー・ヴォルハンドラーのお金の所有者は、商品はその価値を購入し、その価値で販売しなければなりませんが、プロセスの最後に、彼が投入したよりも多くの価値を引き出します。その蝶の発達は循環の領域で行われなければならず、循環の領域で行われる必要はありません。これらは問題の条件です。Hic Rhodus、hic salta!<ここにロードス、ここにジャンプ!>



   3.労働力の売買


資本に変換されるお金の価値の変化は、このお金自体では起こり得ません。

なぜなら、購入の手段として、そして支払いの手段として、それは購入または支払う商品の価格を実現するだけだからです。一定値のペトレファクトが固化するため、それは独自の形で存続します。(38)

また、流通の2番目の行為である商品の転売からも変化が生じることはありません。この行為は単に商品を自然な形からお金の形に戻すだけだからです。

したがって、変更は、最初の行為G-Wで購入された商品で行われる必要がありますが、価値ではありません。

同等物が交換されるため、商品はその価値で支払われます。

変化は、その使用価値それ自体、つまりその消費からのみ
生じる可能性があります。

商品の消費から価値を引き出すために、
私たちのお金の所有者は、流通の領域内で、市場で、

その使用価値自体が価値、

それ自体の実際の消費は仕事の客観化であり、

したがって価値の創造です。



労働力または労働力によって、私たちは身体性、人の生きている人格に存在し、彼があらゆる種類の使用価値を生み出すたびに動き出す身体的および精神的能力の縮図を理解します。



しかし、お金の所有者が市場で商品として労働を見つけるためには、さまざまな条件を満たす必要があります。商品の交換であり、アンドレンの依存関係は含まれていません<182>彼自身の性質からのものよりも湧き出ています。

この前提の下で、労働は、それがその労働者である自身の所有者によって販売のために提供されるか、または商品として販売される場合に限り、商品として市場に現れることができます。

その所有者がそれを商品として販売するためには、彼はそれを処分することができなければなりません。つまり、彼の労働力の自由な所有者、彼の人である必要があります。(39)

彼とお金の所有者は市場で出会い、商品の平等な所有者として互いに関係しますが、一方の買い手ともう一方の売り手は両方とも法的に同一の人物であるという事実によってのみ区別されます。この関係を継続するには、労働力の所有者がそれを一定期間だけ販売する必要があります。

なぜなら、彼がそれをまとめて販売すると、彼は自分自身を販売し、自由人から自由人に変身するからです。奴隷、商品所有者から商品へ。

人としての彼は常に彼の財産としての彼の労働、したがって彼自身の商品に対して行動しなければならず、彼がそれらを購入者に一時的に、一定期間だけ利用可能にした場合にのみ、これを購入者に消費のために任せることができます。(40)



<183>お金の所有者が商品として市場に出回っている
労働力を支配するための第2の必須条件は、

所有者が自分の仕事が実現した商品の代わりに販売することですが、
彼の労働自体はその肉体にのみ住んでいます商品は売りに出されなければ
ならないので存在します。



自分とは違う商品を売るには、もちろん原材料や作業道具などの生産手段が必要です。革なしではブーツは作れません。彼はまた食べ物が必要です。未来のミュージシャンでさえ、誰も未来の製品を利用することはできません。その使用価値はまだ完成しておらず、地球の舞台に登場した初日と同様に、人間はまだすべてを消費する必要があります彼が制作している前日とその間。製品が商品として生産される場合、それらは生産された後に販売されなければならず、販売後にのみ生産者のニーズを満たすことができます。販売に必要な時間が生産時間に追加されます。



したがって、お金を資本に変えるためには、
お金の所有者は商品市場で自由労働者を見つけなければなりません。

自由人としての彼は商品としての労働力を持っているという
二重の意味で自由です。

緩くて単一の販売する商品は、彼の労働力の実現に必要なすべてのもの
から解放されています。



なぜこの自由労働者が流通の領域で彼に立ち向かうのかという問題は、労働市場を商品市場の特別部門と見なしているお金の所有者には興味がありません。そして当分の間、私たちはそれに同じように興味を持っています。

私たちは理論的にはお金の所有者としての事実を実際に保持しています。ただし、明確なことが1つあります。

自然は一方ではお金や商品の所有者を生み出さず、他方では彼ら自身の労働の単なる所有者を生み出します。この関係は、博物学の関係でも、すべての歴史的時代に共通する社会的関係でもありません。

それ自体が、以前の歴史的発展、多くの経済的混乱の産物、一連の古い社会的生産の形成の終焉の結果であることは明らかです。



以前に検討した経済カテゴリーにも、その歴史的な痕跡があります。
商品としての製品の存在には、特定の歴史的条件が含まれています。

商品になるためには、生産者自身の直接的な生活手段として生産されてはなりません。さらに調査した場合:どのような状況で、製品のすべてまたは大部分が

<184>この形をとりますか。

もしあれば、これは非常に具体的な資本主義の生産様式に基づいてのみ
起こることがわかったでしょう。

しかし、そのような検査は商品の分析にはほど遠いものでした。自家消費を直接目的とした大量の製品の大部分は商品に変換されていないが、商品の生産と商品の流通は起こり得る。

したがって、社会的生産プロセスは、その全幅の交換価値によって支配されるにはほど遠い。深さ。商品としての商品の表現は、直接交換でのみ始まる使用価値と交換価値の区別がすでになされている程度に、社会内での分業を必要とします。



あるいは、お金を見ると、ある程度の商品交換を前提としています。
特定の形態のお金、単なる商品同等物または流通手段または支払い手段、
宝物および世界のお金は、社会的プロセスの非常に異なる段階で、
一方または他方の機能のさまざまな程度および相対的な優位性に応じて
示します生産の。それにもかかわらず、経験から、
これらすべての形態の形成には、比較的開発が不十分な商品の流通で十分です。

資本によって異なります。
その歴史的な存在条件は、商品やお金の流通とともに決してそこにあるわけではありません。それは、生産と食料の所有者が自由労働者を市場での彼の労働の売り手として見つけた場合にのみ発生し、この1つの歴史的条件は世界の歴史を含みます。(41)



この独特の商品である労働は、今やもっと綿密に検討されなければなりません。他のすべての商品と同様に、それは価値があります。(42)それはどのように決定されますか?



労働力の価値は、他の商品と同様に、この特定の商品の生産、したがって複製に必要な労働時間によって決定されます。それが価値がある場合、労働<185>はそれ自体のおかげで、それで客体化された平均的な社会的労働の特定の量だけがあります。

労働力は、生きている個人への愛着としてのみ存在します。したがって、それらの生産はその存在を前提としています。個人の存在を考えると、労働の生産はそれ自身の生殖または維持から成ります。

生きている個体はそれを維持するために一定量の食物を必要とします。したがって、労働生産に必要な労働時間は、この食品の生産に必要な労働時間に分解されます。

つまり、労働価値は、所有者の維持に必要な食品の価値です。
しかし、労働者はその発話によってのみ実現され、仕事にのみ積極的です。

彼らの活動を通して、仕事、しかし、人間の筋肉、神経、脳などがある程度消費され、それらを再度交換する必要があります。この増加した支出は、増加した収入をもたらします。(43)

労働力の所有者が今日働いた場合、彼は同じ強さと健康の条件の下で明日同じプロセスを繰り返すことができなければなりません。

したがって、生存手段の合計は、働く個人を彼の通常の生活状態で働く個人として維持するのに十分でなければならない。食料、衣類、暖房、住居などの自然のニーズ自体は、国の気候やその他の自然の特性によって異なります。

他方、それらが満たされる方法などのいわゆる必要なニーズの程度は、それ自体が歴史的な産物であり、したがって、とりわけ、本質的に以下の条件にも依存する、国の文化的レベルに大きく依存します。それ、したがって、どのような習慣と生活水準で、自由労働者のクラスが形成されました。(44)

他の商品とは対照的に、労働力の価値の決定には歴史的および道徳的要素が含まれています。ただし、特定の国では、特定の期間に、必要な食品の平均半径が示されます。



労働者の所有者は致命的です。市場での彼の出現が前提と資本へのお金の連続変換として、連続しているのであれば、その後、労働力の売り手は「すべての生活の個々の永続のように自分自身を自分自身を永続させる必要があり、<186>再現を通じて」。(45)

消耗と死亡によって市場から撤退した労働者は、少なくとも常に同数の新しい労働者と交代しなければならない。労働力の生産に必要な引当金の合計には、代替の男性、つまり労働者の子供たちの引当金が含まれているため、この独特の商品所有者の競争は商品市場で永続します。(46)



特定の仕事の分野でスキルとスキルを獲得し、開発され、特定の労働力になるように一般的な人間の性質を変更するには、特定の教育または育成が必要であり、それは多かれ少なかれ合計の費用がかかります同等の商品。労働力の多かれ少なかれ仲介された性格に応じて、その訓練費用は異なります。したがって、これらの学習コストは、一般的な労働力にとってはほとんどないため、生産に費やされた価値の近くに含まれています。



労働価値は、一定量の食料の価値に分解されます。したがって、それはこれらの食品の価値、つまりそれらの生産に必要な労働力によって変化します。



食品、加熱手段などの一部の食品は、毎日新たに消費され、
毎日交換する必要があります。

衣服や家具などの他の食品は長期間使用されるため、
長期間交換する必要があります。

ある種類の商品は毎日、他の商品は毎週、四半期ごとなどに
購入または支払う必要があります。

ただし、これらの支出の合計を1年間に常にどのように配分するか、たとえば、毎日の平均所得でカバーする必要があります。労働生産に毎日必要な商品の質量が= A、毎週必要な商品の質量= B、四半期ごとに必要な商品の質量= Cなどの場合、これらの商品の1日平均は= 365A + 52B +になります。 4C +など/ 365。平均的な日に必要なこの大量の商品に6時間のソーシャルワークがあると仮定すると、<187>は労働で客体化されます毎日の平均的なソーシャルワークの半日、または毎日の労働生産には半営業日が必要です。

彼らの毎日の生産に必要なこの労働量は、労働力の毎日の価値または毎日再生される労働力の価値を形成します。

平均的な社会労働の半日も3シリングの金の塊にある場合。またはターラー、1ターラーは労働の交換価値に対応する価格です。労働者の所有者が1日1ターラーでそれを売りに出す場合、その販売価格はその価値に等しく、私たちの前提によれば、彼のターラーを資本に変換することを熱望しているお金の所有者はこの価値を支払います。



労働力の価値の最終的な限界または最小の限界は、大量の商品の価値によって形成され、労働力の担い手である人間は、その毎日の供給がなければ、彼のライフプロセスを更新することはできません。

つまり、物理的に不可欠な価値によって形成されます。
生存の手段。労働力の価格がこの最低値まで下がると、その価値を下回ります。

なぜなら、それは発育不全の形でこのように生き残り、発展することしかできないからです。ただし、すべての製品の価値は、通常の品質で製品を納品するために必要な労働時間によって決まります。



問題の性質から生じる労働価値のこの決定を大まかに見つけて、ロッシに不平を言うことは、非常に安価な感情です。たとえば、次のようになります。



「生産過程で労働の生存手段から抽象化しながら労働能力(puissance de travail)を理解することは、パイプドリーム(êtrederaison)を把握することと呼ばれます。労働能力を言う人は誰でも、労働者と生存手段を言います。労働者と賃金を同時に。」(47)



働く能力を言う人は誰でも仕事を言いません、
消化する能力を言う人が消化を言う以上に。

後者のプロセスは、良い胃以上のものを必要とすることが知られています。

仕事の能力は、彼の生存に必要な食物から抽象化されていないと言う人は誰でも。むしろ、その価値はその価値で表されます。

それが売られなければ、それは労働者にとって役に立たない。むしろ、彼の労働力が彼の生産のためにある程度の生存手段を必要とし、彼の複製のために常に新たに必要とすることは残酷な自然の必要性として彼は認識する。

それから彼はシスモンディと一緒に発見します:「働く能力は...それが売られなければ何もありません」(48)。



<188>この特定の商品、労働力の独特の性質は、買い手と売り手の間の契約の終了により、それらの有用性が実際には買い手の手に渡っていないことを必要とします。

その価値は、他の商品と同様に、流通に入る前に決定されました。労働力の生産に一定量の社会的労働が費やされたためですが、その使用価値はその後の力の表現にのみ含まれます。

したがって、権力の疎外とその実際の表現、つまり使用価値としての存在は、時間の経過とともに崩壊します。でもそんなグッズで(49)、販売による使用価値の正式な疎外とその実際の購入者への移転が時間の経過とともに崩壊する場合、購入者のお金は主に支払い手段として機能します。

資本主義生産方式のすべての国では、労働力は、購入契約で指定された時間内、たとえば各週の終わりにすでに働いた後にのみ支払われます。

したがって、どこでも、労働者は労働力の使用価値を資本家に提供します。彼は彼らの価格が支払われる前に買い手にそれらを消費させます、それ故にどこでも労働者は資本家を信用します。

そのクレジットは決して空の妄想ではなく、資本家が破産したときにクレジットされた賃金が時折失われるだけではありません。(50)だけでなく、より持続可能な効果も数多くあります。(51)

ただし、お金が購入の手段として機能するのか、支払いの手段として機能するのかは、商品の交換自体の性質を変えるものではありません。労働価格は契約上固定されていますが、家賃のように後でしか実現されません。

労働力は後で支払われますが、売却されます。しかし、関係を純粋に理解するためには、当面の間、労働力の所有者もその売却で契約上定められた価格を即座に受け取ると仮定することは有用です。


21
<189>私たちは今、この独特の商品の所有者である労働力がお金の所有者によって支払う価値を決定する方法を知っています。

後者が引き換えに受け取る使用価値は、労働力の消費過程における実際の消費にのみ現れます。原材料など、このプロセスに必要なすべてのものは、商品市場でお金の所有者によって購入され、全額で支払われます。

労働力の消費プロセスは、同時に商品と剰余価値の生産プロセスでもあります。
労働力の消費は、他のすべての商品の消費と同様に、市場または流通圏の外で行われます。

したがって、私たちは、お金の所有者や労働者と一緒に、表面に住み、すべての人がアクセスできるこの騒々しい球体を残します。

あなたが読むことができるしきい値で、生産の隠された場所に両方をたどるために:ビジネス以外の入場はありません。

<事業への参入のみ>ここでは、資本がどのように生み出されるかだけでなく、自分自身がどのように資本を生み出すかについても見ていきます。プラスメイキングの秘訣はついに明らかにされなければならない。


22
労働力の売買がその境界内で動く循環または商品の交換の領域は、実際には、生来の人権の真のエデンでした。

ここで君臨するのは、自由、平等、財産、そしてベンサムだけです。

自由!買い手<190>労働などの商品の売り手は、自由意志によってのみ決定されます。

彼らは自由で法的に平等な人として契約します。

契約は最終結果であり、彼らの意志は共通の法的表現を与えます。平等!

彼らは商品の所有者として互いに関係しているだけであり、同等のものを同等のものと交換するからです。

プロパティ!
誰もが自分のものしか持っていないからです。

ベンサム!
なぜなら、2人はそれぞれ自分自身を行うことだけに関心があるからです。

彼らを結びつけ、関係を築く唯一の力は、彼らの自己利益、彼らの特別な利点、彼らの私的利益の力です。そして、誰もが自分自身のためだけに向きを変え、他の人のために誰も向きを変えないという理由だけで、すべては、物事の予定調和の結果として、または遍在するプロビデンスの後援の下で、相互利益の仕事を達成するだけです、


23
フリートレーダーの人相学者の見解が<191>で見られ、会社の資本と賃金労働についての意見のためにスケールを借りた、単純な循環または商品の交換のこの領域から離れると、それは、私たちのドラマティスペルソナの人相。

元お金の所有者は資本家として前進し、労働力の所有者は彼の労働者として彼に従います。

意味のある笑顔でビジネスに熱心な人、恥ずかしがり屋で気が進まない人、自分の肌を市場に持ち出し、今では皮なめし以外に何も期待できない人のようです。

脚注





 

 b)支払い手段

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 7月12日(月)11時27分41秒
返信・引用 編集済
    http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_109.htm#Z114


   3.お金

   a)財務省

   b)支払い手段


これまで考えられてきた商品流通の直接的な形では、同じ量の価値が常に2回存在し、商品は1つの極にありました。<149>反対の極のお金。

したがって、商品の所有者は、相互に利用可能な同等物の代表としてのみ連絡を取りました。しかし、商品の流通の発達に伴い、商品の販売が価格の実現から一時的に分離される状況が発生します。

ここでは、これらの関係の中で最も単純なものを示すだけで十分です。

あるタイプの商品は、その生産に長い時間を要し、他のタイプの商品はより短い期間を必要とします。さまざまな商品の生産は、さまざまな季節にリンクされています。1つの商品はその市場で生まれ、もう1つの商品は遠くの市場に移動する必要があります。

したがって、商品の一方の所有者は、もう一方の所有者よりも先に売り手として表示されます。同じ人の間で同じ取引が何度も発生する場合、商品の販売条件はその生産条件によって決まります。

一方、住宅などの特定の種類の商品の使用は、特定の期間販売されます。期限が切れた後にのみ、購入者は実際に商品の使用価値を受け取ります。

それで彼はそれらを支払う前にそれらを購入します。
商品の所有者の1人は既存の商品を販売し、もう1人は単なるお金の代表としてまたは将来のお金の代表として購入します。売り手は債権者になり、買い手は債務者になります。

ここでは商品の変容や価値の形の発達が変化するため、お金の機能も異なります。お支払い方法になります。

商品の所有者の1人は既存の商品を販売し、もう1人は単なるお金の代表としてまたは将来のお金の代表として購入します。売り手は債権者になり、買い手は債務者になります。

ここでは商品の変容や価値の形の発達が変化するため、お金の機能も異なります。
お支払い方法になります。

商品の所有者の1人は既存の商品を販売し、もう1人は単なるお金の代表としてまたは将来のお金の代表として購入します。売り手は債権者になり、買い手は債務者になります。

ここでは商品の変容や価値の形の発達が変化するため、お金の機能も異なります。お支払い方法になります。(96)



債権者または債務者の性格は、ここでは商品の単純な流通から生じます。
あなたの形の変化は、売り手と買い手にこれらの新しいスタンプを置きます。

最初は、売り手と買い手と同じ流通エージェントが交互に果たす役割は消えていくのと同じです。ただし、コントラストは本質的に不快に見え、より大きな結晶化が可能になります。(97)

ただし、商品の流通とは関係なく、同じ文字が表示されることもあります。
たとえば、古代世界の階級闘争は、主に債権者<150>と債務者の間の闘争の形で動き、奴隷に取って代わられたプレブスの債務者の没落でローマで終わります。

中世では、闘争は封建的債務者の没落で終わります。封建的債務者は、その経済的基盤で彼の政治力を失います。

しかし、お金の形-そして債権者と債務者の関係はお金の関係の形をしています-ここでは、より深い経済生活条件の敵意を反映しているだけです。



商品流通の領域に戻りましょう。
販売プロセスの両極での同等の商品とお金の同時出現は停止しました。

まず第一に、お金は現在、販売された商品の価格を決定する際の価値の尺度として機能します。
彼らの契約上固定価格は、購入者の義務、つまり、特定の時間に彼が支払うべき金額の合計を測定します。

第二に、それは購入の理想的な手段として機能します。

それは買い手のお金の約束の中にのみ存在しますが、それは商品を交換させます。

支払いの期日にのみ、支払い手段が??実際に循環し始めます。つまり、それは買い手の手から売り手の手に渡ります。循環の手段は宝物に変わりました、循環のプロセスが最初のフェーズで中断したか、商品の変換された形式が循環から撤回されたためです。

通貨は流通に入りますが、商品がすでにそれを離れた後です。
お金はもはやプロセスを仲介しません。

交換価値または一般商品の絶対的な存在として、独立して閉鎖します。売り手はお金でニーズを満たすために商品をお金に変換し、会計はお金の形で商品を保存し、買い手は支払うことができるようにします。

彼が支払わない場合、彼の財産は強制的に売却されます。したがって、商品の価値形態であるお金は、流通プロセス自体の条件から生じる社会的必要性を通じて、販売自体の終わりになります。

しかし、商品がすでにそこから出てきた後。お金はもはやプロセスを仲介しません。

交換価値または一般商品の絶対的な存在として、独立して閉鎖します。
売り手はお金でニーズを満たすために商品をお金に変換し、会計はお金の形で商品を保存し、買い手は支払うことができるようにします。彼が支払わない場合、彼の財産は強制的に売却されます。

したがって、商品の価値形態であるお金は、流通プロセス自体の条件から生じる社会的必要性を通じて、販売自体の終わりになります。



買い手は、商品をお金に変換する前にお金を商品に戻すか、最初の商品の前に2番目の商品の変換を実行します。売り手の商品は流通していますが、お金の私法のタイトルでのみ価格を実現します。

それはお金に変わる前に使用価値に変わります。彼らの最初の変態の完了はその後にのみ続きます。(98)



<151>流通プロセスの任意の期間において、満期を迎える債券は、
それらが販売させた商品の価格の合計を表します。

この賞金を実現するために必要な金額は、まず、支払い手段の流通速度に依存します。
これは、債権者と債務者の関係が連鎖していること、
つまり債務者Bからお金を受け取ったAが債権者Cに支払いを続けることなど、
および異なる支払い日の間の時間の長さという2つの状況によって条件付けられます。

支払いの処理チェーンまたはその後の最初のメタモルフォーゼは、
以前に検討された一連のメタモルフォーゼの織り交ぜとは大幅に異なります。

流通媒体の流通では、売り手と買い手のつながりが表現されるだけではありません。つながり自体は、お金の流通の中で、そしてそれとともにのみ生じます。一方、支払い手段の動きは、それ以前に存在していた社会的文脈を表しています。



販売の同時性と並置は、流通の速度によるコインの塊の交換を制限します。
逆に、それらは支払い手段の経済における新しいてこを形成します。

同じ場所に支払いが集中するにつれて、自然の制度とその調整方法が発展します。
たとえば、中世のリヨンのVirements。A対B、B対C、C対Aなどの債務請求は、
正と負の量としてある程度互いに相殺するために直面??する必要があるだけです。

したがって、相殺される債務残高は1つだけです。支払いの集中度が高いほど、バランスシートは小さくなります。つまり、循環する支払い手段の量です。



支払い手段としてのお金の機能は、突然の矛盾を伴います。

支払いが互いにバランスをとる範囲で、それは計算金または価値の尺度
としてのみ理想的に機能します。

実際の支払いを実行するために、それは単に消えて<152>代謝の形を仲介するだけでなく、
社会的労働の個々の化身、交換価値の独立した存在、絶対的な商品として循環の手段として発生します。

この矛盾は、お金の危機と呼ばれる生産と貿易の危機の瞬間に明らかです。(99)
それは、支払いの処理チェーンとそれらの調整の人工的なシステムが完全に開発されている
場合にのみ発生します。

このメカニズムのより一般的な混乱により、どこで発生しても、お金は突然、そして突然、
お金を計算する唯一の理想的な形式からハードマネーに変わります。

冒涜的な商品でかけがえのないものになります。
商品の使用価値は無価値になり、その価値はそれ自体の価値の形の前に消えます。

少し前に、市民はそのお金が繁栄に酔った悟りの空の狂気であると宣言しました。
商品だけがお金です。お金だけが商品です!

現在、世界市場に出回っています。鹿が真水を求めて叫ぶと、その魂はお金、唯一の富を求めて叫びます。(100)

危機では、商品とその価値構造であるお金とのコントラストが、絶対的な矛盾のポイントまで高まります。したがって、お金の出現はここでは無関係です。金で支払われるか、紙幣などのクレジットマネーで支払われるかにかかわらず、お金への渇望は変わりません。(101)



<153>ここで、一定期間に流通している総金額を考えると、流通と支払いの手段の流通速度を考えると、実現される商品価格の合計に合計支払期日から補償支払いを差し引いたものから有限数を差し引いたもの同じコインが循環手段として機能する循環と支払い手段として機能する循環。

たとえば、農家は自分の穀物を2ポンドで販売しているため、流通手段として機能します。満了の日に、彼はそれを使って、織工が彼に届けた帆布の代金を支払います。同じ£2 現在、支払い手段として機能しています。

織工は今、聖書を現金で購入しています-それらは再び流通の手段として機能します-など。価格、お金の流通の速度、支払いの経済性を考えても、したがって、ある期間、たとえば1日の間に循環するお金の量と、循環する商品の量は、もはや一致しません。

長い間流通から引き出されてきた商品を表すお金が流通しています。
将来的にのみ同等の金額が表示される商品が流通しています。

一方、毎日契約されている支払いと同じ日に支払われるべき支払いは、必ず通約不可能です。(102)



クレジットマネーは、それ自体が販売された商品の債務証明書による
支払い手段としてのお金の機能から直接発生します<154>は、
債務請求を転送するために再び循環します。

一方、クレジットシステムが拡大するにつれて、支払い手段としてのお金の機能も拡大します。
そのため、大規模な商取引の領域を収容する独自の存在形態を受け取り、
金または銀のコインは主に小売業の領域に押し戻されます。(103)



商品生産の一定のレベルと範囲で、支払い手段としてのお金の機能は商品流通の領域を超えて広がります。契約の一般商品になります。(104)

年金、税金などは、自然な配達から現金支払いに変わります。

この変革が生産プロセスの全体的な形によって条件付けられる程度は、
たとえば、ローマ帝国がすべての税金を金銭で徴収しようとして2度失敗したことによって示されます。Bois- <155> Guillebert、Marshal Vaubanなどが雄弁に非難したルイ14世の下でのフランスの農民の甚大な惨めさは、税額だけでなく、現物税から税への転換によるものでした。お金。(105)

一方、アジアの州税の主要な要素でもある現物の家賃の形態が、自然の関係の不変で再現される生産関係に基づいている場合、その形態支払いのは、遡及的に古い形式の生産を受け取ります。それはトルコ帝国の自己保存の秘密の1つを形成します。

ヨーロッパによって課せられた外国貿易は、日本では現物の家賃を3未満のお金の家賃に変換することを引き付けますか?そして第4版:金の家賃>それ自体の後、これはその模範的な農業に起こったことです。彼らの狭い経済状況は解消されるでしょう。



各国には特定の一般的な支払い日があります。
それらは、他の循環的な繁殖過程とは別に、季節の変化に結びついた
自然の生産条件に部分的に基づいています。

また、税金や家賃などの商品の流通から直接発生しない支払いも規制します。
これらの支払いに必要な大量のお金は、社会全体で断片化されており、
1年の特定の日に定期的に発生します。

しかし、経済における表面的な混乱は支払いの手段です。(106)



<156>支払い手段の流通速度に関する法律から、すべての定期的な支払いについて、その出所が何であれ、必要な支払い手段の量は偶数<1であることがわかります。第4版まで:支払い期間の長さと逆の関係。(107)


支払い手段としてのお金の開発は、未払い額の満了日のお金の蓄積を必要とします。
ブルジョア社会の進展に伴い、独立した富の形としての宝物の形成はなくなりますが、

逆に支払い手段の準備金という形で増加します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(98)第2版に関する注記。
1859年に発表された私の作品から借りた次の引用から、テキストで反対の形式を考慮しない理由がわかります。

「逆に、G-Wプロセスでは、お金は購入の実際の手段として分配され、商品の価格は、お金の使用価値が実現される前、または商品が販売される前に実現することができます。これは、たとえば、日常の数え上げの形で、または形で行われます。イギリス政府がインドのリョウツのアヘンを購入する...しかし、お金は既知の購入手段でしか機能しません...資本ももちろんお金の形で進んでいます...しかしこの点視界は単純な循環の範囲内にはありません。」(「批判等へ」、p.119、120。<第13巻、p.117参照>

(99)すべての一般的な生産および貿易危機の特別な段階として本文で定義されているように、お金の危機は、お金の危機とも呼ばれるが、独立して発生する可能性がある特別な種類の危機と区別する必要があります。産業に影響を及ぼし、貿易は挫折効果のみをもたらします。これらは危機であり、その動きの中心は資金資本であり、したがって銀行、証券取引所、および金融はそれらの直接の領域です。(M.から第3版までの注記)



(100)「クレジットシステムから通貨システムへのこの突然の変化は、実際のパニックに理論的な恐怖を追加します:そして循環のエージェントは彼ら自身の状況の不可解な謎に震えます。」(Karl Marx、lcp 126. <Volume 13、p。123を参照>)

「貧しい人々は、以前と同じ土地と同じ労働力を持っていても、金持ちは彼らを雇うお金がないので仕事がありません。生産された衣服:しかし、これらは国の真の富を構成し、お金ではありません。」(ジョン・ベラーズ、「産業のコレッジを上げるための提案」、Lond。1696、p。3、4)

(101)そのような瞬間が「amisducommerce」<「friendsofcommerce」によってどのように利用されるか>:「ある時」(1839)「古い貪欲な銀行家」(市)「彼の個室の机の蓋を持ち上げた彼友人の前に座って紙幣の束を広げた。彼は、これらはお金を稼ぐために差し控えられた60万ポンドであり、同じ日の3時以降にすべて流通したと熱心に喜んで言った。([H. Roy、]「TheTheory oftheExchanges。TheBankCharter Act of 1844」、ロンドン。1864、p.81。)半公式機関「TheObserver」は、1864年4月24日を観察します。非常に奇妙な噂が意図された資金について広まっています

(102)「特定の日に行われた販売または契約の量は、その日の流通量に影響を与えませんが、ほとんどの場合、それはその金額で複数の為替手形のプルに分解されます後日流通します、多かれ少なかれ遠い日が流通しているかもしれません...今日付与または開かれた為替手形は、明日またはその日に付与または取り出されたものと数、金額、または期間が類似している必要はありませんむしろ、今日の為替手形とローンの多くは、期日が到来すると、一連の負債と一致し、その発生源は、以前の完全に不特定の日付に分散しています。彼らが特定の日に支払うべき負債を特に増加させること... "("通貨理論のレビュー;スコットランドの人々への手紙。イギリスの銀行家による "、エジンバラ1845、p。29、30 passsim。)

(103)実際の取引業務に実際のお金がほとんど入らない例として、ロンドン最大の商社の1つ(Morrison、Dillon&Co。)の年間の金銭的収入と支払いに関するスキームを次に示します。1856年の彼の取引は、数百万ポンドでした。百万に削減されます。

収益           英ポンド     支出         英ポンド

日付までに支払われる銀行
家と商人の為替手形    553,596  期日までに支払われる変更   302.674

銀行員などからの小切手
は一目で支払う      357.715  ロンドンの銀行家の小切手   663.672

土地紙幣         9,627   イングランド銀行紙幣     22,743

イングランド銀行紙幣   68,554   ゴールド           9,427

ゴールド         28,089  銀と銅             1,484

銀と銅          1,486

郵便局の注文        933


合計:        1,000,000              合計: 1,000,000

(「銀行法に関する特別委員会からの報告」、1858年7月、LXXIページ。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(105)「お金はすべてのものの死刑執行人になりました。」金融芸術とは、「恐ろしい量の商品や商品を気化させて、この不吉な抽出物を得たレトルト」です。「お金は人類全体に宣戦布告します。」(Boisguillebert、 "Dissertation on the nature des richesses、de l'argent et des tributs"、édit.Daire、 "Économistesfinanciers"、Paris 1843、t。I、p。413、419、417、418。)<=

(106)「1824年のウィットマンデー」とクレイグ氏は1826年の議会調査委員会に語った。「エジンバラでは紙幣に対する需要が非常に高かったため、11時に私たちの管理下にある紙幣は1つもありませんでした。さまざまな銀行が順番に借りることができず、多くの取引は紙片でしか修正できませんでしたが、午後3時までに、すべての紙幣はすでに出発した銀行に返送されていました。手を変えただけだった」スコットランドの紙幣の平均実効流通量は300万ポンド未満ですが。それにもかかわらず、その年の異なる支払い日に、銀行家が所有する各ノートは、全部で約700万ポンドです。活動を呼びかけた。これらの場合、ノートには実行する単一の特定の機能があり、実行されるとすぐに、ノートはそれらが離れたそれぞれの銀行に逆流します。(John Fullarton、 "Regulation of Currencies"、2nd。Ed。Lond。1845、p。86、Nte。)理解するために、スコットランドでは、Fullartonの執筆時点で、小切手ではなく、預金に対してメモのみが発行されたことを追加する必要があります。 。<=

(107)「年間4000万を超える必要がある場合、同じ600万」(金)は「貿易が必要とする結果として生じる循環とサイクルに十分でしょうか?」彼のいつもの習得とペティ応答は、「私はイエスに答えて40百万を持っているでしょう40 / 52毎週土曜日に受け取りと支払いを行う貧しい職人や労働者の間で発生するように、流通が短期的、つまり毎週である場合は、100万ドルで十分です。ただし、通常、家賃を支払い、税金を徴収するため、日付が四半期ごとである場合は、1,000万が必要です。私たちは1000万でなければならない支払いは、一般的に1~13週から様々な日付で実施されていることを前提とした場合ので、40 / 52、追加5約半分が1 / 2がゆえ5だから、何百万人である1 / 2万円になります十分です。 "(William Petty、" Political Anatomy ofIreland。1672 "、edit。Lond。1691、p。13、14。)<=


(108)したがって、国立銀行が国内でお金として機能する貴金属のみを評価することを要求する法律の不条理。

たとえば、イングランド銀行の自作の「素敵な障害物」はよく知られています。金と銀の価値の相対的な交換の偉大な歴史的時代については、カール・マルクス、lcp 136sqを参照してください。<第13巻、131ページを参照>-

第2版の補遺:ロバート・ピール卿は、イングランド銀行が銀地金に関する紙幣を発行できるようにすることで、1844年の彼の銀行法の状況を改善しようとしました。

金の供給量の4分の1以上。銀の価値は、ロンドン市場での市場価格(金)に基づいて見積もられています。{第4版へ。-私たちは再び、金と銀の価値の強い相対的変化の時代にいます。

約25年前、金と銀の価値比は15でした1 / 2:1、現在は約= 22:1であり、銀は金に対して低下し続けています。これは本質的に、両方の金属の製造方法の変更の結果です。

過去には、金は、金を含む岩石の風化生成物である金を含む沖積層を洗い流すことによってほぼ独占的に抽出されていました。現在、この方法はもはや十分ではなく、以前は二次的にしか操作されていなかったものによって背景に押しやられましたが、金を含む石英脈自体の有名な処理である古代人(Diodor、III、12-14)は、巨大な新しい銀を発見しました鉱床ですが、これらとメキシコの銀山は鉄道によって開かれ、近代的な機械と燃料の供給が可能になり、大規模かつ低コストで銀鉱山が可能になりました。

しかし、両方の金属が静脈内で発生する方法には大きな違いがあります。
金はほとんど固体ですが、クォーツに少量散らばっています。したがって、歩行全体を粉砕し、金を洗い流す必要があります。水銀によって引き出されます。

多くの場合、1,000,000グラムのクォーツごとに1~3グラムの金が存在することはほとんどなく、30~60グラムの金が存在することはめったにありません。

銀はめったに天然ではありませんが、脈石から比較的簡単に分離でき、通常40~90パーセントの銀を含む独自の鉱石に含まれています。または、銅や鉛などの鉱石に少量含まれているため、すでに自力で作業する価値があります。

これは、金の生産量は増加しているものの、銀の生産量は大幅に減少していることを示しています。後者はとても自然に説明されました。

この価値の下落は、銀の価格が人為的な手段によって高く保たれなかった場合、さらに大きな価格の下落として表されます。アメリカの銀の宝物はごくわずかしか入手できないため、銀の価値は長期にわたって低下し続ける可能性があります。消費財や高級品への銀の必要性の相対的な減少、メッキ製品、アルミニウムなどへの置き換えは、これにさらに貢献する必要があります そのため、銀の価値は長期にわたって低下し続ける可能性があります。-FE}


(109)金と銀による余剰貿易収支の相殺を世界貿易の目的として扱った重商主義体制の反対派は、世界のお金の機能を完全に誤解していた。循環手段の質量を規制する法律の誤った概念が、貴金属の国際的な動きの誤った概念にどのように反映されるかについて、私はリカルド(lcp 150 sqq。<第13巻、p。 143 ff。>)。

彼の誤った教義:「流通手段が過剰である場合を除いて、不利な貿易収支は決して生じ得ない...コインの輸出はその安さによるものであり、問題ではないが、不利な収支の原因」はバーボンで発見:「貿易収支がある場合は、お金が国外に輸出される原因ではありません。むしろ、輸出は各国の貴金属の価値の違いから生じます。 "(N. Barbon、lcp 59.)MacCulloch in" TheLiterature of Political Economic:aclassified Catalog "、London。1845、は、これについてBarbonを賞賛しています「通貨原理」のばかげた仮定がBに現れる素朴な形に言及するのは賢明です。批判の欠如とそのカタログの不正直さえも、通貨理論の歴史のセクションで最高潮に達します。

マッカロックは、彼が「安易な王子様アルジェンタリオラム」<「金の人々の認められた王」と呼んでいるオーバーストーン卿(元銀行家ロイド)の共犯者としてここにいます。

お金が1つの国から輸出されていること。むしろ、輸出は各国の貴金属の価値の違いから生じます。 "(N. Barbon、lcp 59.)MacCulloch in" TheLiterature of Political Economic:aclassified Catalog "、London。1845、は、Barbonを賞賛しています。

「通貨原理」のばかげた仮定がBに現れる素朴な形に言及することさえ賢明です。そのカタログの批判の欠如と不正直さえも、通貨理論の歴史のセクションで最高潮に達します。

マッカロックは、彼が「安易な王子様アルジェンタリオラム」<「金の人々の認められた王」と呼んでいるオーバーストーン卿(元銀行家ロイド)の共犯者としてここにいます。

お金が1つの国から輸出されていること。むしろ、輸出は各国の貴金属の価値の違いから生じます。 "(N. Barbon、lcp 59.)MacCulloch in" TheLiterature of Political Economic:aclassified Catalog "、London。1845、この期待のためにBarbonを賞賛します。

しかし、回避する「通貨原理」のばかげた仮定がBに現れる素朴な形に言及するのは賢明です。そのカタログに対する批判の欠如と不正直さえも、MacCullochがここでは、オーバーストーン卿(元銀行家ロイド)の共犯者として、彼は「安易な王子様アルジェンタリオラム」<「金の人々の認められた王」と呼んでおり、彼の尻尾を振っています。


(110)例えば、補助金や戦争を行うための金銭貸付、銀行からの現金支払いの再開などの場合、正確に金銭の形で価値を要求することができます。<=

(110a)第2版注:「確かに、金属通貨国の財務メカニズムが、フランスの容易さよりも一般流通からの顕著な支援なしに、国際債務の決済に必要なすべての機能を実行できるという説得力のある証拠を求めることはできませんでした。 、壊滅的な侵略の衝撃から回復し始めたばかりで、27か月の間に、連合国に約2,000万の戦争賠償金と、その金額のかなりの部分を、感知できるほどの制限なしに、または国内の貨幣循環の混乱またはその為替レートの憂慮すべき変動。」(Fullarton、lcp141。){第4版へ。-同じフランス、1871年から1873年までの30か月で、戦争賠償の10倍以上、大部分は金属のお金で簡単に支払うことができたという、さらに印象的な例があります。-FE}<=

(111)「お金は彼らの必要性に従って国の間で分配されます...常に製品に引き付けられます。」(Le Trosne、lcp 916.)「金と銀を継続的に供給する鉱山は、すべての国にこの必要な量を供給するのに十分なほど豊富です。」(J. Vanderlint、lcp 40。)<=

(112)「為替レートは毎週上下し、1年の特定の時期に国の不利になり、他の時期には同じレベルに上昇して有利になります。」(N. Barbon、lcp 39。)<=

(113)これらのさまざまな機能は、紙幣の変換基金の機能が追加されるとすぐに危険な衝突に陥る可能性があります。<=

(114)「国内貿易に絶対に必要な額よりも多くのお金が利用可能であることは、死んだ資本を表しており、それが輸出または輸入されない限り、それを所有する国に利益をもたらさない。」(ジョン・ベラーズ、「エッセイなど」、13ページ)

「しかし、今やコインのお金が多すぎるとどうなるでしょうか?
それから、最も重要なものを溶かして、それらを素晴らしい食器、器、家庭用品に変えることができます。金と銀;またはそれを必要と需要がある場所に商品として送る;またはそれが高金利を支払うところでそれを利子で借りる。」(W. Petty、 "Quantulumcunque"、p。39。)

「お金は国の体の脂肪にすぎないので、お金が多すぎると動きが妨げられ、少なすぎると病気になります... 脂肪が筋肉の動きをしなやかにし、不足している食べ物を置き換え、隆起を埋め、体を美しくするのと同じように、お金は国家の動きを促進し、国内外のインフレ時に食べ物を持ち込み、債務請求を解決します...そして全体を美しくします事; しかし、「皮肉なことに閉鎖」、特にそれをたくさん持っている個々の人々。「(W。ペティ、「アイルランドの政治解剖学」、p。14、15)。<=
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   c)世界のお金


循環の内側の領域から出ると、お金は価格、硬貨、金種、切手のスケールのローカル形式から滑り落ち、貴金属の元のバー形式に戻ります。世界貿易では、商品はその価値を普遍的に展開します。したがって、それらの独立した価値の形態は、ここでは世界のお金として表示されます。お金が商品として完全に機能するのは世界市場でのみであり、その自然な形は同時に、抽象的で人間の労働を実現する直接的な社会的形でもあります。その存在様式はその概念にふさわしいものです。


<157>循環の内部領域では、商品の価値の尺度にすぎず、したがってお金として機能します。世界市場には、金と銀という2つの価値の尺度があります。(108)



世界のお金は、一般的な支払い手段、一般的な購入手段、そして一般的な富の絶対的な社会的材料(普遍的な富)として機能します。国際的な貸借対照表を調整するための支払い手段としての機能が普及している。したがって、<158>商取引システムの合言葉-貿易収支!(109)

金と銀は、異なる国の間の代謝の従来の均衡が突然乱されたときはいつでも、本質的に国際的な購入の手段として機能します。
最後に、富の絶対的な社会的材料として、それは購入や支払いの問題ではなく、ある国から別の国への富の移転であり、この商品形態での移転は商品のサイクルによって除外されます市場またはそれ自体が達成される目的によって。(110)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

3.同等の形態

 投稿者: 杉本  投稿日:2021年 7月 9日(金)12時52分0秒
返信・引用 編集済
  https://webs.ucm.es/info/bas/de/marx-eng/kapital1/cap1.htm


  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Z23


                             <#70#I。セクション-商品とお金>

   3.同等の形態



私たちは見てきました:商品A(キャンバス)によって、さまざまな商品Bが表現する使用価値(ロック)の使用価値は、後者自体を同等の価値の独特の形に押し上げます。

   <商品A(リネン)が別の商品B(コート)の使用価値でその価値を表現するとき、
   それは後者自体、つまり同等。>

リネンウェアは、体型とは異なる価値観を持たずに、コートと同等であるという事実によって、それ自体の価値を明らかにしています。

スカートはスカートと直接交換できるという事実によって、キャンバスは確かにそれ自体の価値を表現しています。したがって、商品の同等の形態は、他の商品との直接の互換性の形態です。



スカートなどのある種類の商品がリネンなどの別の種類の商品と同等である場合、スカートはリネンと直接交換可能な形であるという特徴的な特性を持っている場合、スカートとリネンの比率は互換性は決して与えられていません。

キャンバスの値のサイズが与えられているので、それはスカートの値のサイズに依存します。スカートが同等として表現され、キャンバスが相対値として表現されるか、逆に、キャンバスが同等として表現され、スカートが相対値として表現されるかにかかわらず、

その値は、その形式に関係なく、その生産に必要な労働時間によって決定されます。
価値の。しかし、商品岩の種類が価値の表現において同等のものに取って代わるとすぐに、その価値の大きさは価値の大きさとしての表現を受け取りません。



例:40ヤードのキャンバスは「価値がある」-何ですか?スカート2枚。

ここでのコモディティロックの種類は同等の役割を果たしているため、使用価値ロックはキャンバスと比較して価値のあるボディと見なされ、ある程度の量のキャンバスを表現するには、ある程度の衣服で十分です。

したがって、2つのスカートは40ヤードのリネンの価値を持つことができますが、スカートの価値という独自の価値を表現することはできません。

価値の方程式の同等物は常に物の単純な量子、使用価値の形しか持たないというこの事実の表面的な理解により、ベイリーは、彼の前任者や後継者の多くと同様に、価値の表現。

むしろ、商品の同等の形態には、価値の定量的決定が含まれていません。



同等の形式を検討するときに最初に思い浮かぶ特徴は次のとおりです。use-valueは、その反対の値の現れになります。

                                   <#71#1章-商品>


商品の自然な形が価値の形になります。

ただし、このクイドプロクォーは、商品B(スカート、小麦、鉄など)に対して、他の商品A(リネンなど)が来る価値関係の範囲内でのみ発生し、この範囲内でのみ発生することに注意してください。

関係。

どの商品もそれ自体を同等と呼ぶことはできず、したがってそれ自体の自然な肌をそれ自体の価値の表現にすることはできないため、他の商品を同等と呼ぶか、他の商品の自然な肌を独自の価値の形にする必要があります。



これは、商品本体として、つまり使用価値として商品本体に割り当てられるメジャーの例によって示されます。

シュガーローフは体であるため重くて重いのですが、シュガーローフではその重さを見たり感じたりすることはできません。

現在、重量が事前に決定されているさまざまな鉄片を取ります。単独で考えられる鉄の体型は、砂糖斤のそれと同じくらい体重の現れではありません。

とはいえ、シュガーローフを重さとして表現するために、鉄に対する重量比で表現しています。この関係では、鉄は重さだけを表す体として見られています。

したがって、鉄の量子は砂糖の重量の尺度として機能し、砂糖の本体に関連して、単なる重い形、重さの外観を表します。この役割は、その砂糖、またはこの比率内の他のすべての体が両方の体であり、その重量がそれに追加された場合にのみ鉄によって果たされます。

両方が難しくなければ、彼らはこの関係に入ることができなかったので、一方は他方の厳しさを表現するのに役立ちませんでした。両方をはかりに投げると、実際には重さと同じであり、一定の割合で同じ重さであることがわかります。

シュガーローフに関連する重量の尺度としての鉄の本体が重さを表すだけであるように、私たちの価値の表現では、スカートの本体はキャンバスに関連する価値のみを表します。

そのため、彼らはこの関係に入ることができず、したがって、一方が他方の重力を表現するのに役立つことができませんでした。両方をはかりに投げると、実際には重さと同じであり、一定の割合で同じ重さであることがわかります。

シュガーローフに関連する重量の尺度としての鉄の本体が重さを表すだけであるように、私たちの価値の表現では、スカートの本体はキャンバスに関連する価値のみを表します。

そのため、彼らはこの関係に入ることができず、したがって、一方が他方の重力を表現するのに役立つことができませんでした。両方をはかりに投げると、実際には重さと同じであり、一定の割合で同じ重さであることがわかります。

シュガーローフに関連する重量の尺度としての鉄の本体が重さを表すだけであるように、私たちの価値の表現では、スカートの本体はキャンバスに関連する価値のみを表します。



ただし、これで類推は終わりです。

シュガーローフの重さの表現では、鉄は両方の体に共通の自然の特性、それらの重さを表し、キャンバス上の価値の表現の岩は両方のものの超自然的な特性を表します:それらの価値、純粋に社会的なもの。



キャンバスなどの商品の相対的な価値の形は、その価値をその体や性質とはまったく異なるもの、たとえばコートのようなものとして表現するため、この表現自体が社会的関係を隠していることを示しています。

逆に同等の形式のものと。それはまさにそのような商品の本体が

                         <#72#I。セクション-商品とお金>

ロック、これは現状のままで、価値を表現します。つまり、本質的に価値の形を持っています。

これは、キャンバス商品がロック商品と同等に関連している価値比率の範囲内でのみ当てはまります。21)

しかし、物の性質は他の物との関係から生じるのではなく、そのような関係でのみ活動するので、スカートもそれと同じように自然に、同等の形、即時交換可能の性質を持っているようです重くて暖かいという性質を保ちます。

したがって、同等の形式の不可解な側面は、この形式が金銭で彼に直面するとすぐに、政治経済学者のブルジョアの粗野な見方を打つだけです。

それから彼は金と銀の神秘的な性格を一掃しようとします、まばゆいばかりの商品を想定し、かつてないほどの喜びをもって、当時商品と同等の役割を果たしていたすべての商品暴徒のカタログを読むことによって。

彼は、20ヤードのリネン= 1スカートなど、最も単純な値の表現でさえ、同等の形式の謎を解くとはほとんど考えていません。



同等物として機能する商品の本体は、常に抽象的な人間の労働の具体化であると見なされ、常に特定の有用で具体的な労働の産物です。

この具体的な作品は、抽象的な人間の作品の表現になります。

スカートはzです。
B.単なる実現として、つまり彼の中で実際に実現されている仕立ては、
抽象的な人間の労働の単なる実現の形として。帆布の価値表現の観点から、

仕立ての有用性は、それが衣服、つまり人を作るという事実ではなく、見る価値のある体、つまり作品のゼリーを作るということです。

Canvas値のオブジェクト化された作業のそれと決して違いはありません。

そのような価値観の鏡を作るために
織りのような仕立ての形では、人的労力が費やされます。

したがって、どちらも人間の労働の一般的な質を持っており、したがって、特定の場合、たとえば価値の生産において、この観点からのみ考慮される可能性があります。

これはどれも不思議ではありません。しかし、問題は商品の価値の表現にねじれています。たとえば、織りは彼の中にはないことを表現するために
                               <#73#1章-商品>

織りのような具体的な形ではなく、
人間の作品としての一般的な品質でキャンバスの価値を形成し、

抽象的な人間の作品の具体的な実現の形として、
キャンバスと同等のものを生み出す具体的な作品である仕立てとは対照的です。

したがって、具体的な作品がその反対の抽象的な人間の作品の現れになるのは、同等の形式の2番目の特徴です。



しかし、この具体的な仕立ては、無差別な人間の仕事の単なる表現と見なされているため、他の仕事と同等の形をしており、キャンバスでの仕事であり、したがって、他のすべての商品生産労働と同様に、私的な仕事ですが、それにもかかわらず、即時の社会的形態で働きます。

そのため、他の商品と直接交換可能な商品で提供されています。したがって、私的仕事がその反対の形になり、直接的な社会的形で働くことは、同等の形の3番目の特徴です。



最後に開発された同等の形式の2つの特性は、多くの思考形式、社会形式、自然形式など、価値形式を最初に分析した偉大な研究者に戻ると、さらに理解しやすくなります。アリストテレスです。



まず第一に、アリストテレスは、商品の金銭的形態は、単純な価値の形態、つまり他の商品における商品の価値の表現のより発展した形態にすぎないと明確に述べています。



          「5つのクッション= 1つの家」
            Kliuaipente anti oik iaz
          <ギリシャ語:Clinai pente anti oicias>

         「違いはありません」:

          "5つのクッションは=そんなにお金"
          Kliuaiは 連珠 抗... osouは 愛 連珠 K linai
         <ギリシャ:clinai連珠抗... odson愛連珠clinai>



彼はまた、この価値の表現が含まれている価値の関係は、その一部として、家が室内装飾と質的に同等である必要があり、これらの官能的に異なるものは、そのような本質的なものなしでは通約可能な量として互いに関連付けることができないことを認識しています身元。「交換」と彼は言います。

                           <#74#I。セクション-商品とお金>

平等ですが、通約可能性なしでは存在できません」(「Out isothz mh oushz summetria z」)。しかし、ここで彼は一時停止し、価値の形のさらなる分析をあきらめます。「しかし、真実で、それは不可能である(第 男性 OUN alhdeia adunaton)そのような異なるものは通約可能である」、つまり、質的に等しい。この方程式は、物事の本質に異質なもの、つまり「実用的な必要性のための間に合わせ」だけである可能性があります。



それで、アリストテレス自身は、彼のさらなる分析がどこで失敗するか、すなわち価値の概念の欠如を私たちに話します。

同じこと、つまり、家が室内装飾の価値表現において室内装飾に対して表す共通の物質は何ですか?

そのようなものは「実際には存在できない」とアリストテレスは言います。どうして?

家は、室内装飾と家の両方で実際に同じことを表す限り、室内装飾に関して同じことを表します。そしてそれは-人間の仕事です。



しかし、商品価値の形では、すべての労働は平等な人間の労働として表現され、したがって等しく有効であるため、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいていたため、人々の不平等があったため、アリストテレスは価値の形自体から読み取ることができませんでしたその自然な基盤としての彼らの労働。

価値の表現の秘密、すべての労働の平等と平等の妥当性は、一般に人間の労働である限り、人間の平等の概念がすでに一般的な偏見の堅実さを持っている場合にのみ解読することができます。

しかし、これは商品の形態が労働の産物の一般的な形態である社会でのみ可能であり、したがって商品の所有者としての人々の間の関係もまた一般的な社会関係です。

アリストテレスの天才は、商品の価値表現における平等の関係を発見したという事実に正確に輝いています。彼が住んでいた社会の歴史的障壁だけが、彼がこの平等関係が「真実」で何で構成されているかを知ることを妨げています。


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    4.単純な価値の形の全体


商品の価値の単純な形は、異なるタイプの商品との価値関係またはそれとの交換関係に含まれています。

商品Aの価値は、商品Bと商品Aの直接の互換性によって定性的に表されます。特定の量の商品Bと特定の量の商品Aとの互換性によって定量的に表されます。言い換えると、<75>商品の価値は、「交換価値」としての表現を通じて独立して表現されます。

この章の冒頭でそれが通常の方法で言われた場合:商品は使用価値と交換価値であり、それは正確には間違っていました。

商品は、使用価値または使用目的および「価値」です。

それは、その価値がその自然な形、交換価値のそれとは異なる独自の外観の形を持ち、この形を単独で見ることは決してなく、常に価値または交換に関連してのみ見られるとすぐに、それが何であるかをこの2倍として提示します2つ目は色々な商品。

ただし、これを知ってしまえば、その話し方は害を及ぼすことはありませんが、略語として機能します。



私たちの分析は、商品の価値の形態または価値の表現は商品の価値の性質から生じることを証明しました。

逆に、価値と価値の大きさは交換価値としての表現から生じることではありません。

しかし、これは重商主義者と、フェリエ、ガニルなどの現代の温暖化主義者の両方の妄想です。(22)

およびその対蹠地、バスティアや配偶者などの現代の自由貿易委員会の航海者。重商主義者は、価値の表現の質的側面に主な重点を置いており、したがって、お金で完成した形をしている商品の同等の形に重点を置いています-一方、現代の自由貿易の行商人は、相対的な価値の形の量的な側面で、すべてのコストで商品。その結果、彼らにとっては、交換比率による表現を除いて、商品の価値も価値もありません。

したがって、毎日の価格トレーダーのリストにのみ存在します。スコット・マクラウドは、ロンバード・ストリートの混同されたアイデアを可能な限り学習してドレスアップするという彼の機能において、迷信的な重商主義者と啓発された自由貿易の行商人の間の成功した統合を形成します。



価値と商品Bの関係に含まれる商品Aの価値表現を詳しく調べると、
その中で商品Aの自然な形は使用価値の形としてのみ有効であり、

商品Bの自然な形は価値としてのみ有効であることが示されています。
フォームまたは値フォーム。

したがって、使用価値と価値のファブリックの内側のコントラストに含まれるものは、外側のコントラストによって表されます。

つまり、2つは、値が実際の値としてのみ直接表現される商品に対する<76>の商品の比率によって表されます。

ただし、値が表されているもう一方のファブリックは、交換価値としてのみすぐに有効になります。したがって、商品の価値の単純な形式は、使用価値と価値の間に含まれる反対の外観の単純な形式です。



労働の産物はすべての社会的条件の商品ですが、商品の生産に費やされた労働をその「客観的」特性として、つまりその価値として、商品を商品に変換する、歴史的に決定された開発時代においてのみです。

したがって、商品の価値の単純な形は同時に労働生産物の単純な形であり、商品の形の発達は価値の形の発達とも一致するということになる。



一見したところ、価値の単純な形、この細菌の形の不十分さを示しています。この細菌の形は、一連の変容を通じて価格の形に成熟するだけです。



商品Bの表現は、商品Aの価値をそれ自体の使用価値と区別するだけであり、したがって、他のすべての商品との質的同等性および量的比例性を表すのではなく、それ自体とは異なる特定の種類の商品との交換関係にのみ配置します。

商品。別の商品の単一の同等の形式は、商品の価値の単純な相対形式に対応します。
したがって、スカートは、キャンバスの価値の相対的な表現において、この単一のタイプの商品キャンバスに関して、同等の形式または直接交換可能な形式のみを持っています。



その間に、個々の価値の形はそれ自体でより完全な形に変化します。
これにより、商品Aの価値は、異なる種類の1つの商品でのみ表されます。

しかし、この2番目の商品の種類、岩石、鉄、小麦などはまったく関係ありません。これまたは他のタイプの商品との価値関係にどのように入るかに応じて、1つの同じ商品の価値の異なる単純な表現が生じます。(22a)

可能な価値の表現の数は、異なる種類の商品の数によってのみ制限されます。
したがって、その孤立した価値の表現は、常に拡張できるさまざまな単純な価値の表現のシリーズに変換されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

価値形態の意 ドイツ語版

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 7月 7日(水)20時08分40秒
返信・引用 編集済
  https://webs.ucm.es/info/bas/de/marx-eng/kapital1/cap1.htm

                         <#61#1章-商品>


すべての仕事は、一方では生理学的な意味での人間の労働の支出であり、

同等の人間または抽象的な人間の労働のこの特性では、それは商品の価値を形成します。

一方、すべての仕事は、特別に対象を絞った形での人的労働の支出であり、
この質の高い具体的な有用な仕事では、それは使用価値を生み出します。16)

                 <#62#I。セクション-商品とお金>

  3.価値または交換価値の形態


商品は、鉄、リネン、小麦などの使用価値または商品の形で世界に登場します。
これは、自家製の自然な形態です。

しかし、それらは二重であり、使用の対象であり、同時に価値のある運送業者
であるため、商品にすぎません。
したがって、それらは商品としてのみ表示されるか、二重の形式、自然な形式、
および価値の形式を持っている場合にのみ商品の形式を持ちます。


商品の客観性は、どこで入手できるかわからないという点でWittibHurtigとは
異なります。 [22]

商品の官能的で粗い客観性とはまったく対照的に、天然素材の原子はそれらの
客観性に含まれていません。

したがって、個々の商品を好きなように回して回すことができますが、
それは貴重なものとして理解できないままです。

しかし、商品が同じ社会的統一、人間の労働の表現であり、その客観性が純粋に社会的である限り、価値のある対象を持っていることを思い出すならば、それらは商品間の社会的関係にのみ現れることは言うまでもありませんと商品ができます。

確かに、私たちは商品の交換価値または交換比率から、それらの隠れた価値を追跡するために進めました。私たちは今、この価値の現れに戻らなければなりません。


他に何も知らなくても、商品には共通の価値の形があり、その使用価値のカラフルな自然の形、つまりお金の形と最も際立って対照的であることは誰もが知っています。しかし、ここでは、ブルジョア経済学が試みさえしなかったことを達成する必要があります。

つまり、この形のお金の起源を証明すること、つまり、商品の価値関係に含まれる価値表現の発展を最も単純で目立たないものから追跡することです。

まばゆいばかりのお金の形に。お金のパズルは同時に消えます。


最も単純な価値の関係は、明らかに、商品の価値と、どちらかに関わらず、異なるタイプの単一の商品との関係です。したがって、2つの商品の価値関係は、商品の価値のより単純な表現を提供します。

                         <#63#1章-商品>


A)単純、単一、またはランダムな形式の値


x商品A = y商品Bまたは:x商品Aはy商品Bの価値があります。
(20ヤードのリネン= 1コート、または:20ヤードのリネンは1コートの価値があり
ます。)1 。


  価値の表現の2つの極:相対的な価値の形式と同等の形式


すべての形式の価値の秘密は、この単純な形式にあります。価値の。したがって、分析は本当の難しさを示します。


この例のキャンバスとスカートの2つの異なるタイプの商品、AとBは、明らかに2つの異なる役割を果たします。キャンバスはスカートでその価値を表現し、スカートはこの価値表現の素材として機能します。
最初の商品は能動的な役割を果たし、2番目の商品は受動的な役割を果たします。最初の商品の価値は相対値として表示されるか、相対値の形式で表示されます。2番目の商品は同等のものとして機能するか、同等の形式です。


値の相対形式と同等の形式は、相互に依存し、相互に依存し、分離できない瞬間ですが、同時に相互に排他的または反対の極値、つまり同じ値式の極です。

それらは常に、価値の表現が相互に関連するさまざまな商品に分配されます。たとえば、キャンバスの価値をキャンバスで表現することはできません。20ヤードのキャンバス= 20ヤードのキャンバスは値の式ではありません。

むしろ、方程式は逆に言います:20ヤードのリネンは20ヤードのリネンにすぎず、日常的に使用されるオブジェクトの特定の量です。したがって、リネンの価値は、比較的、つまり他の商品でしか表現できません。

したがって、リネンの価値の相対的な形式は、他の商品がそれに関連して同等の形式であると想定しています。

一方、同等と見なされるこの他の商品は、同時に相対的な価値の形にすることはできません。それは彼らの価値の表現ではありません。それは他の商品の価値を表現するための資料を提供するだけです。


ただし、式には次のものが含まれます。後方の関係を含めて、20ヤードのリネン= 1スカートまたは20ヤードのリネンは1スカートの価値があります。1スカート= 20ヤードのリネンまたは1スカートは20ヤードのリネンの価値があります。

しかし、スカートの値を相対的な用語で表現するには、方程式を逆にする必要があります。そうすると、キャンバスがスカートではなく同等になります。同じ商品を両方の形式で同時に同じ表現で表示することはできません。むしろ、これらは相互に排他的です。

                 <#64#I。セクション-商品とお金>

商品が相対的な価値の形であるか、反対の同等の形であるかは、価値の表現におけるその位置、つまり、それが商品であるか、その価値であるか、または価値が表現される商品であるかによってのみ異なります。

  2.相対的価値形態

  a)相対的価値形態の内容


商品の価値の単純な表現が2つの商品の価値関係にどのようにあるかを知るためには、まず後者をその量的側面とはまったく無関係に考慮する必要があります。通常、人はまったく逆に進み、価値の関係において、2種類の商品の特定の数量が互いに等しい割合のみを確認します。異なるもののサイズは、同じ単位に縮小された後にのみ定量的に比較可能になるという事実を見落としています。同じ単位の表現としてのみ、それらは同じ名前を持ち、したがって通約可能な量です。17)



20キュビトのリネン= 1スカートまたは= 20または= xスカート、つまり、特定の量のリネンが多数または少数のスカートの価値があるかどうかにかかわらず、そのような比率はすべて、値としてのキャンバスとスカートが同じ統一性を表すことを常に意味します、同じ性質のものがあります。



キャンバス=スカートは方程式の基礎です。しかし、2つの質的に同等の商品は同じ役割を果たしていません。

キャンバスの価値だけが表現されています。そしてどうやって?
それとの「同等」または「交換可能」としての岩との関係を通して。

この関係では、スカートはそれ自体がキャンバスと同じであるため、価値の存在の形、価値のあるものと見なされます。

一方、キャンバス自体の価値が前面に出てくるか、独立した表現が与えられます。これは、価値としてのみ、スカートと同等または交換可能であるためです。

酪酸は、プロピルフォーマットとは異なるボディです。
ただし、どちらも同じ化学物質で構成されています-炭素(C)、水素(H)、酸素(0)、つまり、C4H8O2です。プロピルフォーマットを酪酸と同等とすると、この比率では、

第一に、プロピルフォーマットは単にC4H8O2の存在形態と見なされ、

第二に、酪酸もC4H8O2からなると言えます。プロピルフォーマットを酪酸と同一視することにより、その化学物質はその体型で表現されます。



私たちが言うならば:価値として、商品は人間の労働の単なるクラゲ<結晶>であり、私たちの分析はそれらを価値の抽象化に還元しますが、それらにそれらの自然な形とは異なる価値の形を与えません。

商品ごとの価値比率が異なります。彼らの価値観は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます。



zに<以上に>よって。たとえば、スカートが価値のあるものとしてキャンバスと同等
である場合、その中の作品はその中の作品と同等です。

現在、スカートを作る仕立ては、
キャンバスを作る織りとは異なるタイプの具体的な作品です。

しかし、それを織りと同一視することは、実際には、両方のタイプの仕事で
実際に同じもの、つまり人間の仕事の共通の特徴に合わせることを減らします。

この回り道では、織りは価値を織り上げる限り、仕立てと区別できる特徴がない、
つまり抽象的な人間の仕事であると言われています。

さまざまな種類の商品の同等性の表現だけが、価値創造労働の特定の特徴を引き
出します。さまざまな種類の作業は、実際には、一般的な人間の作業に共通するものに
縮小されます。17a)



しかし、キャンバスの価値を構成する作品の特徴を表現するだけでは不十分です。

液体状態の人間の労働、または人間の労働は価値を生み出しますが、価値ではあ
りません。固まった状態で具体的な形で価値になります。

キャンバスの価値を人間の労働のゼリーとして表現するには、

それは、キャンバス自体とは客観的に異なり、同時に他の商品と共通の「客観性」
として表現されなければなりません。タスクはすでに解決されています。



帆布の価値関係では、スカートは価値であるため、同じ性質のものと質的に同じで
あると見なされます。

したがって、ここでは、価値が現れるもの、またはその有形の自然の中でのものと
見なされます。フォームは値を表します。

現在、ロックウェアの本体であるスカートは、単なる使用価値です。
スカートは、最初の最高のキャンバスと同じくらい価値がありません。

これは、多くの人がガロンコートの外側よりも内側の方が意味するのと同じように、
それがキャンバスの外側よりも価値の関係の範囲内であることを意味することを証
明するだけです。



スカートの製作では、仕立ての形で、実際に人的労力が費やされてきました。
それで彼には人間の労働が積み重なっています。

この観点から、スカートは「価値の担い手」ですが、その最大の素朴な性質を通し
てさえ、その特性を通しては見えません。

そして、キャンバスの価値に関連して、それはこちら側でのみ有効であり、
したがって具体化された価値として、価値の本体として有効です。

ボタンで留められた外観にもかかわらず、キャンバスは彼の中に親しみのある
美しい価値の魂を認識しました。

しかし、スカートは、同時にスカートの形をとる価値がなければ、価値を表すことは
できません。したがって、個人Aは、個人Bを威厳として関連付けることはできません。



スカートがキャンバスに相当する価値の比率では、
スカートの形が価値の形として数えられます。

したがって、商品リネンの価値は商品スカートの本体で表され、

一方の商品の価値はもう一方の使用価値で表されます。
使用価値としては、キャンバスはスカートとは感覚的に異なるものです。

価値としては、「スカートと同じ」であるため、スカートのように見えます。
このようにして、それはその自然の形とは異なる価値の形を受け取ります。

その価値の存在は、神の小羊との平等であるキリスト教徒の羊の性質のように、
コートとの平等で現れます。



事前に私たちに言われた商品の価値の分析が、他の商品であるスカートと接触するとすぐに、キャンバス自体によって言われることがわかります。彼女だけが彼女が一人でいる言語、商品の言語で彼女の考えを裏切っています。

労働は人間の労働の抽象的な質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女はそれがそれに等しい、すなわち価値がある限り、スカートは同じ労働からなると言います、

                        <#67#1章-商品>

帆布のように。彼女の崇高な客観性は彼女の硬いリネンの体とは異なると言うために、彼女は価値がスカートのように見えるので、貴重なものとしての彼女自身は卵のようなスカートのようなものだと言います。

ちなみに、商品の言語には、ヘブライ語以外にも、多かれ少なかれ正しい方言がたくさんあります。ドイツ語の「Wertsein」はzを表します。B.商品Bを商品Aと同一視することは、商品Aの価値の独自の表現であるという、ロマンス動詞valere、valer、valoirよりも印象的ではありません。Paris vaut bien une messe [23]



価値関係によって、商品Bの自然な形は商品Aの価値形になり、商品Bの本体は商品Aの価値ミラーになります。18)

商品Bを価値のある本体、材料として参照することによって人間の労働の、それはその使用価値Bをそれ自身の価値の表現の材料として作ります。このように商品Bの使用価値で表される商品Aの価値は、相対的価値の形をとる。

  <杉本ーー商品Bを価値のある本体、材料として参照する・・ことで、
       人間の労働の、それはその使用価値Bをそれ自身の価値
       の表現の材料として作ります ・・と、主体的側面を語る。
   価値ミラー・価値鏡の役立ちが客観的なものではなくと述べている>



b)相対的な価値の形態の定量的決定


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

紹介  マルクス思想の核心 21世紀の社会理論のために

 投稿者: 杉本  投稿日:2021年 7月 5日(月)08時13分12秒
返信・引用
    マルクス思想の核心 21世紀の社会理論のために

  鈴木 直

  NHKブックス

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%81%AE%E9%80%86%E8%A5%B2%E3%80%81%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%85%A7%E7%9C%BC-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9D%BE%E5%B0%BE-%E5%8C%A1/dp/4569821375/ref=pd_bxgy_2/355-6602386-8797156?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4569821375&pd_rd_r=877a413b-d10d-4e60-929a-e87cb64223dc&pd_rd_w=yad8N&pd_rd_wg=AjmUW&pf_rd_p=105d6769-bacf-43d4-85ea-a25cec858a3c&pf_rd_r=CQ0K90YVWKRPR319TB2C&psc=1&refRID=CQ0K90YVWKRPR319TB2C&asin=B01CCP99GQ&revisionId=&format=2&depth=3


  第2インター批判としてのルカーチの

  資 本 論 への依拠







 

3. 等価形態とその特殊性

 投稿者: 杉本  投稿日:2021年 7月 3日(土)01時55分8秒
返信・引用 編集済
    <フランス語版からです>


  3. 等価形態とその特殊性

すでに見てきたように、ある商品A(布)がその価値を別の商品B(衣服)の使用価値に表現すると同時に、後者に等価という特殊な価値形態を与える。布は、別の商品である衣服が自然な形でそれを等価とする関係によって、自らの価値の性格を現す。このように、布は、他の商品である布が直ちにそれと交換可能であるという事実によって、それ自身が何か価値があるということを表現しているのである。


価値として、すべての商品は同じ単位である人間の労働力の同等の表現であり、互いに交換可能である。したがって、商品は、それが価値として現れるような形を持つと同時に、他の商品と交換可能である。

ある商品は、それが等価物である他の商品と直ちに交換可能である。つまり、価値関係の中でその商品が占める場所が、その自然な形態を他の商品の価値形態にしているのである。その商品は、他の商品に対して価値を現し、そのような価値を持ち、その結果、他の商品と交換可能であるために、その自然な形態とは異なる形態を取る必要はない。したがって、同等の形態とは、商品にとって、その商品が他の商品と直ちに交換可能な形態のことである。


例えば衣服のような商品が、布のような他の商品の等価物としての役割を果たし、それによって他の商品と即座に交換可能であるという特徴的な性質を得る場合、この交換が行われる割合は少なくとも与えられていない。布の価値の量が与えられている以上、衣服の価値の量にもよるだろう。価値関係において、衣服が等価物として、布が相対的価値として与えられても、その逆であっても、交換が行われる割合は変わらない。二つの商品の価値のそれぞれの量は、それらの生産に必要な労働の比較的な持続時間によって測定され、したがって、価値の形態とは全く独立した決定である。


価値が相対的な形態である商品は、常に価値の量として表現されるが、等価物の場合は決してそうではなく、常に有用なものの単純な量として方程式に入る。

例えば、40メートルの布は、何と2着の服の価値があります。ここでは、商品である服が等価物の役割を果たし、布の価値に実体を与えるので、布に属する価値の量を表現するには、ある量の服があれば十分です。したがって、2着の衣服は40メートルの布の価値の量を表すことができるが、自分自身の価値を表すことはできない。


価値の方程式において、効用のある対象の単なる量子としてでなければ、等価物は決して現れないという、この事実の表面的な観察は、S.ベイリーやその前後の多くの経済学者を惑わせた。彼らは価値の表現に量の関係しか見ていなかったのです。さて、等価形式では、商品は、まさにその価値の量が表現されていないために、ある物質の単なる量として現れるのである。


等価形式に含まれる矛盾を解決するためには、等価形式の特徴を詳しく調べる必要がある。

等価形式の第一の特徴は、使用価値がその反対である価値の顕在化の形態となることである。

商品の自然な形が、その価値の形になる。しかし、実際には、このような見返りは、商品B(衣服、小麦、鉄など)については、別の商品A(布など)が一緒に入り込む価値関係の範囲内でのみ行われる。


単独で考えれば、たとえば衣服は、布のように絶対的に効用の対象、使用価値でしかなく、その形態は特定の種類の商品の自然な形態でしかない。しかし、いかなる商品も、自分自身を等価物として関係づけたり、自分の自然な形態を自分自身の価値の形態にしたりすることはできないので、必然的に、使用価値がその価値形態として機能する他の商品を等価物としなければならない。


以上のことを読者にわかりやすく説明するために、素材としての商品に適用される尺度、つまり使用価値を例に挙げます。

砂糖は体なので重く、したがって重さがありますが、見た目だけではその重さを見たり感じたりすることはできません。

ここで、重さのわかっている様々な鉄片を取り上げます。鉄の物質的な形態は、それ自体としては、砂糖のように重力を現す形態ではない。しかし、後者が重いことを表現するために、鉄との重さの比率で配置する。この関係では、鉄は重力以外の何物でもない体と考えられる。砂糖の重さを測るための鉄の量は、砂糖という物質に対して重力が現れる形でしかありません。

鉄は、砂糖や重さを求める他の物体がこの点で関連している限りにおいて、この役割を果たすことができるだけである。もし二つの物体が重くなければ、両者の間にはそのような関係は成り立たず、一方が他方の重さを表現する役割を果たすことはできない。両者を天秤にかけてみると、事実、重さについては同じものであり、したがって、ある割合では同じ重さでもあることがわかります。


ちょうど、重さの尺度としての鉄の体が、砂糖パンに対して重さだけを表しているように、価値の表現において、布の体が布に対して価値だけを表しているのです。

しかし、ここでその類似性は終わります。砂糖パンの重さの表現では、鉄は2つの体に共通する自然的な質、つまりその重さを表しているのに対し、布の価値の表現では、体・布は2つの対象の超自然的な質、つまりその価値、純粋に社会的な刷り込みの性格を表しているのである。


相対形式が、例えば布という商品の価値を、その身体そのものやその性質とは全く異なるものとして、例えば衣服に似たものとして表現する限り、この表現の下には社会的関係が隠されていることを意味する。


それとは逆に、同等の形で行われることがある。それはまさに、商品の本体、たとえば衣服のようなものが、そのままの形で価値を表現しているという事実から成り立っており、したがって当然、価値のある形を持っているのである。これは、布のような別の商品が等価物としてそれに関係している限りにおいてのみ真実であることは事実である[21]。

それゆえ、等価物の謎めいた側面があり、この側面は、この形態が貨幣という完成された形で示されたときにのみ、ブルジョア経済学者の心を打つ。貨幣と金のこの神秘的な性格を払拭するために、彼はそれらをより目立たない商品にずるずると置き換えようとする。彼は、その時代に等価物の役割を果たしたすべての物品のカタログを、常に新しい喜びをもって作り直している。彼は、20メートルの布が1着分の価値があるというような、最も単純な価値の表現が、すでに謎を含んでおり、この単純な形の中でこそ、解決しようとしなければならないことを感じていない。


等価形式の第二の特徴は、具体的な労働が、その反対である抽象的な人間の労働の表現形式となることである。

商品の価値の表現において、等価物の本体は、常に抽象的な人間の労働の物質化として現れ、常に特定の具体的で有用な労働の産物である。この具体的な労働は、したがって、ここでは抽象的な労働を表現するためにのみ役立つ。例えば、衣服が単なる実現物であるならば、そこに実現されている仕立て屋の活動もまた、抽象的労働の実現形態に過ぎない。

布の価値がスーツに表現されている場合、仕立て屋の仕事の有用性は、彼がスーツを作り、ドイツのことわざによれば男性を作るという事実にあるのではなく、価値において透明な身体、つまり布の価値において行われた仕事と何ら変わらない仕事のサンプルを作り出すという事実にあるのです。

このような価値の鏡に組み込まれるためには、仕立て屋の仕事はそれ自体、人間の労働力という財産以外には何も映さないものでなければならない。


生産活動の形態である織布と服飾は、どちらも人間の力の消費を必要とする。したがって、どちらも人間の労働であるという共通の性質を持っており、例えば、価値の生産に関しては、この観点からのみ考えなければならない場合もあるのです。

これは不思議なことではありません。しかし、商品価値の表現では、逆になります。

例えば、機織りが、それ自体としてではなく、一般的な人間の労働としての能力において、布の価値を形成していることを表現するために、人間の労働がそれ自身を現す表現形式として、布に相当する衣服を生産する別の労働が、それと対比される。

仕立て屋の仕事は、このようにして、彼自身の抽象的な品質の単なる表現へと変容します。


等価形態の第3の特徴は、等価物を生み出す具体的な労働、この例では仕立て屋の労働が、単に不明瞭な人間の労働の表現として機能することによって、布に含まれている別の労働と同等の形態を持つことである。これが、他の商品と即座に交換可能な製品によって実現される理由である。



最後に検討した等価形態の2つの特殊性は、価値形態を最初に分析した偉大な思想家に立ち返れば、さらに容易に把握することができる。


まず第一に、アリストテレスは、商品の貨幣形態が単純な価値形態の発展した側面に過ぎないことを明らかにしています。つまり、商品の価値を他の商品で表現することです。

"5つのベッド=1つの家」(「Klinai pente anti oikiaz」)と「違いはない」。

彼は、「5つのベッド=1つの家」("Klinai pente anti oikiaz")と「5つのベッド=これだけの、そしてこれだけのお金」("Klinai pente anti ... osou ai pente klinai")とは「違いはない」と言う。

さらに彼は、このような価値の表現を与える価値関係は、その一部として、家が品質の観点からベッドと同等であると宣言されていることを前提としており、実質的に異なるこれらの対象は、この本質の同等性なしには、可換な量として互いに比較することができないことを見ている。

交換は、平等なくしては行われず、可換性なくして平等は行われない」("out isothz mh oushz summetriaz")と彼は言う。

しかし、ここで彼は躊躇し、価値形態の分析を諦める。"さらに、「これほど似ていないものが互いに可分であることは、真実ではあり得ない("th men oun alhqeia adunaton")」、つまり同質のものであることを付け加える。

両者が同等であると主張することは、物事の本質に反しているとしか言いようがなく、「人は実用的な目的のためだけにそれに頼る」のである。



さらに彼は、このような価値の表現を与える価値関係は、その一部として、家が品質の観点からベッドと同等であると宣言されていることを前提としており、実質的に異なるこれらの対象物は、この本質の平等性なしには、可換性のある量として互いに比較することができないことを見ている。

交換は、平等なくしては行われず、可換性なくして平等は行われない」("out isothz mh oushz summetriaz")と彼は言う。しかし、ここで彼は躊躇し、価値形態の分析を諦める。"さらに、「これほど似ていないものが互いに可分であることは、真実ではあり得ない("th men oun alhqeia adunaton")」、つまり同質のものであることを付け加える。

両者が同等であると主張することは、物事の本質に反することでしかなく、「人は現実的な必要性のためにのみそれに頼る」のである。



このように、アリストテレス自身が、彼の分析がどこで失敗したか、つまり彼の価値概念の不備に対して語っている。

家がベッドの価値を表現する際に、ベッドにとって家が表現する共通の物質、すなわち同等の "je ne sais quoi "とは何か?"アリストテレスは、「そのようなものは、実際には存在し得ない」と言う。"なぜかというと、家はベッドと同等のものを表しているからで、それは両者の中で本当に同等のものを表している限りにおいてである。それは何か?人間の労働である。



アリストテレスが商品の価値形態に、すべての労働はここでは不明確な、したがって等しい人間の労働として表現されていると読み取ることができなかったのは、ギリシャ社会が奴隷労働に基づいており、人間とその労働力の不平等をその自然な基盤としていたからである。
価値の表現の秘密、すなわち、人間の労働である限り、すべての労働の平等性と同等性は、人間の平等という考えがすでに大衆的な偏見のような粘り強さを獲得したときにのみ解読できる。

しかし、これは、商品形態が労働の生産物の一般的な形態となり、したがって、商品の生産者および交換者としての人間同士の関係が支配的な社会関係となっている社会でのみ起こることである。

アリストテレスの才能を示しているのは、彼が商品の価値の表現の中に平等の関係を発見したことである。彼が生きた社会の特殊な状態は、この関係の本当の内容を見つけるのを妨げただけであった。


4. 単純な価値形式のセット。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

レンタル掲示板
/166