teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


HPが更新されないのは

 投稿者:コモンズファン  投稿日:2021年 4月17日(土)16時13分56秒
返信・引用
  HPが更新されないのは高野氏が退任したからですか?  
 

(無題)

 投稿者:Elmerpek  投稿日:2021年 4月15日(木)13時09分2秒
返信・引用
  http://johnc567iyo6.blogoscience.com/profile
продвижение приложений в топ


@kkk

http://cesarmdpt13591.suomiblog.com/-14603412

 

資本論第1巻(1867年)

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 4月13日(火)19時15分24秒
返信・引用
  https://oll.libertyfund.org/page/marx-k1-1867


 マルクス、資本論第1巻(1867年)
首都。政治経済学の批評。第1巻。ブックI:資本の生産プロセス。(1867)
第1巻の内容。
はじめにVII

最初の本。資本の生産プロセス。

最初の章。商品とお金1

1)商品1
2)商品交換のプロセス45
3)お金と商品の流通55
A.価値観の測定55
B.循環メディア63
a)商品の変容63
b)お金の流通74
c)コイン。バリューマーク85
C.マネー91
a)財務省91
b)支払い手段96
c)世界のお金103
第2章。お金の資本への変換106

1)資本の一般式106
2)一般式117の矛盾
3)労働力の売買129
第3章。絶対的剰余価値の生成141


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://oll.libertyfund.org/page/marx-k1-1890

マルクス、資本論第1巻(1890年)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





 

(無題)

 投稿者:Elmerpek  投稿日:2021年 4月13日(火)18時20分47秒
返信・引用
  http://malcolml554yma0.blogginaway.com/profile
поисковое продвижение сайтов в топ


@kkk

http://waylonajpu14680.blogolize.com/--37795506

 

  対中戦争かまえる米日帝

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 4月13日(火)18時12分43秒
返信・引用
  http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2021/04/f31900301.html

反基地運動弾圧狙う菅政権 「土地規制法案」は新たな治安立法
発行日: 2021年4月12日 第3190号 反戦

週刊『前進』04頁(3190号03面01)(2021/04/12)

反基地運動弾圧狙う菅政権
 「土地規制法案」は新たな治安立法

 在日米軍や自衛隊の基地周辺住民の動向を監視し、思想信条を調査し、土地取引を規制し、国の判断ひとつで土地の利用停止を命令できる??そのような驚くべき内容の土地取引規制法案を、菅政権は今国会で成立させようとしている。防衛関連施設の周辺や離島などの土地を外国資本(中国企業など)に買い取られることを規制するためだというが、本当の狙いは基地周辺住民をはじめとした全人民への調査・監視と反戦・反基地運動への弾圧、そして軍事目的の土地・施設の強制収用を合法化することにある。憲法上の基本的人権を著しく侵害する改憲攻撃であり、新たな治安維持法だ。絶対に許すわけにはいかない。

住民監視、罰則で制限も

 3月26日に「安全保障上の観点から重要施設及び国境離島の機能を阻害する土地の利用を防止」するという名目で閣議決定された土地取引規制法案の内容は以下のとおりだ。
 ①米軍、自衛隊、海上保安庁などの施設や原子力発電所といった重要インフラの周囲約1㌔と国境離島を「注視区域」に指定し、土地所有者の個人情報や利用実態の調査権限を政府に与える。そして政府が必要と判断すれば「利用中止」を命令できる。
 ②司令部機能がある基地や特に重要と判断される国境離島は「特別注視区域」とされ、土地売買時には売り手・買い手双方の個人情報や利用目的などの事前届け出を義務付ける。
 ③利用中止命令に応じない場合は2年以下の懲役または200万円以下の罰金に処す。
 法案でいう「重要インフラ」が何を指すのかについては「政令で定める」としており、その対象を政令で無制限に拡大できる。また政府が収集する情報も、住民基本台帳や不動産登記簿などで知ることができる個人情報のほか「その他政令で定めるもの」「内閣府令で定める事項」とあり、政府の判断ひとつで個人の思想信条、所属団体、交友関係、海外渡航歴などいくらでも拡大できる。それらを土地所有者に申告させるだけでなく、近隣住民から聞き込み調査を行うなど、国があらゆる手段を使って住民を調査・監視することが可能となるのだ。
 沖縄国際大の前泊博盛教授は「罰則付きで基地周辺の使用制限を行うのは戦前回帰」であり、「基地反対派の小屋や監視のとりでといった『反対運動』の拠点を排除する」ことに狙いがあると指摘する(3月6日付琉球新報)。
 「安全保障」を口実に国が住民を日常的に調査・監視し、財産を統制する点でも、まさに「治安維持法の再来」(東京新聞論説委員・半田滋氏)というべきものだ。
排外主義をあおり国家統制を合法化
 この間、産経新聞などの右翼メディアや日本会議系の地方議員などは「日本の防衛のために必要な土地が中国人や韓国人に買われている」としきりに騒ぎ立て、排外主義をあおりながらこの法案を推進している。だが、外国人に限らず自衛隊などの施設周辺の土地売買や利用実態などは、国土利用法や森林法に基づいて地方自治体が調査済みであり、また外国人による土地取得はまったく取るに足らない面積でしかないことも判明している。例えば、問題視された長崎県対馬市の韓国人による土地購入は同市面積のわずか0・007%程度に過ぎない。
 今回の法案の本当の狙いは、単なる土地売買の調査や規制にとどまらず、戦前の治安維持法のような日常的な監視・弾圧と国家による財産統制を合法化することにある。まさに反基地運動つぶしの治安立法にほかならない。


  対中戦争かまえる米日帝

 菅政権がこのような「現代の治安維持法」の制定を急ぐ背景には、米中対立の急激な先鋭化・非和解化のもとで、米バイデン政権が中国との戦争を本格的に準備し始めたという事実がある。だが、すでに没落・衰退を深め、国内に巨大な階級支配の危機を抱えるアメリカ帝国主義には、ただちに単独で中国と全面戦争を行う力も条件もない。それゆえバイデン政権は、何よりも日本帝国主義との関係を重視している。アメリカの有力シンクタンク・ランド研究所の研究員は「米国の対中戦略は日本なしには成り立たない」と主張し、特に台湾有事で日本が果たす「役割」に期待を寄せる(4月4日付朝日新聞)。沖縄をはじめ日本全土を対中戦争の出撃・補給基地として利用し、自衛隊を米軍と並ぶ実戦部隊として戦わせようとしているのだ。

 これに対し、日帝・菅政権もまた敗戦国としての戦後的制約を脱却して「戦争のできる国」へと転換することに帝国主義としての延命をかけている。そのために米軍と一体化した自衛隊の本格的な侵略軍隊化を急ぎ、ミサイル部隊や電子戦部隊などの新設を進めている。この間発覚した辺野古新基地への自衛隊の常駐計画も、従来の米軍・自衛隊の役割分担を大きく転換し、米海兵隊を代替する任務を自衛隊に担わせようとする動きの一環だ。
 だが日帝は、こうした日米安保の対中戦争同盟としての再編・強化を進めながらも、中国との経済関係をただちに断ち切るわけにもいかない。そのため、米中激突が進めば日米間の矛盾も激化せざるを得ない。4月8~10日の菅の訪米は、こうした解決不能のジレンマを抱えた日帝の綱渡り的な延命策にほかならない。

  米軍・自衛隊訓練激化で広がる怒り

 他方で、この間の米軍・自衛隊の一体化と軍備増強、訓練の激化により、沖縄をはじめ日本中の基地周辺で騒音や事故などの被害が深刻化し、怒りの声がかつてなく大きく広がっている。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の飛行差し止めと騒音被害の損害賠償を求める第3次普天間爆音訴訟は、3月25日の追加提訴で新たに1166人が原告に加わり、原告総数は過去最多の1946世帯計5347人となった。1972年の本土復帰後に生まれた人も多数加わっているという。さらに沖縄だけでなく全国各地で、米軍機の危険極まる超低空飛行とすさまじい騒音被害への抗議の声が急速に広がっている。

 沖縄をはじめ日本の労働者階級人民の反戦・反基地闘争は、戦後一貫して不屈に闘い抜かれ、今日まで憲法9条破壊を許さず、辺野古新基地建設を阻み続けている。この怒りと闘いは青年世代にも引き継がれている。ここに日米安保の最大の矛盾がある。

 改憲・戦争阻止!大行進を拡大し、戦争国家化を狙う菅政権を打倒しよう。
 

エンゲルス の 「資本論」一章の解説

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 4月 9日(金)10時12分32秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me16/me16_243.htm
フリードリヒ・エンゲルス
【パンフレット】カール・マルクスの「資本論」。第1巻
1868年に書かれました。
             資本の生産プロセス
最初の章
商品とお金

  I.商品自体

| 245 | 資本家の生産が普及している社会の富は商品にあります。商品は使用価値のあるものです; これはあらゆる形態の社会に存在しますが、資本主義社会では、使用価値は同時に交換価値の重要なキャリアです。
交換価値は、ターシャムの比較を前提としています|比較に3番目に使用されます| それが測定されるものに先立って:労働、交換価値の一般的な社会的実体、すなわちその中で客体化される社会的に必要な労働時間。
商品は、2つの種類のものであるとして:使用価値と交換価値、それに含まれる作業が二重に決定される:
:一方として特定の生産等の活動、ウィーバー、等を調整する、「有用な仕事」、
:他に人間の労働の単純な支出としての手、抽象的な仕事。
前者は使用価値を生み出し、後者は交換価値を生み出しますが、それだけが定量的に比較可能です(熟練|資格|と非熟練|非資格|の区別、複合労働と単純労働がこれを確認します)。
したがって、交換価値の実体は抽象的な労働であり、その大きさは時間の尺度です。次に、交換価値の形式について考えてみましょう。

1.
x商品a = y商品b、別の商品の使用価値で表されるある商品の価値は、その相対価値です。等式の表現-| 246 | 2つの商品の価数は、相対値の単純な形式です。
上記の式では、y商品bは同等です。
その中で、x商品aはその自然な形とは対照的にその価値形を受け取り、y商品bはその価値形を受け取ります同時に、その自然な形でさえ、即時の互換性の特性を保持します。
交換価値は、その使用価値に関する過去の関係を定義することによって商品に課されます。したがって、それをそれ自体の使用価値で表現することはできず、別の商品の使用価値でのみ表現することができます。
2つの具体的な労働製品の方程式においてのみ、両方に含まれる具体的な労働の特性が抽象的な人間の労働として明らかになります。
つまり、商品はそれ自体に含まれる具体的な労働になることはできませんが、他のタイプに含まれる具体的な労働になることができます。抽象的な労働行動の実現の単なる形としての商品。
方程式x商品a = y商品bは、x商品aが他の商品でも表現できることを必然的に意味します。

2.
x商品a = y商品b = z商品c = v商品d = u商品e =などなど。これは、開発された相対的な価値の形式です。ここで、x商品aは、もはや1つを指すのではなく、すべての商品を、それに表される労働の単なる現れとして指します。しかし、それは単なる逆転によって実行されます

3.
相対値の後方関連の2番目の形式:
y商品b = x商品a
u商品d = x商品a
v商品c = x商品a
t商品e = x商品a
などなど。
ここで、商品は、それらがすべてその使用価値から抽象化され、x商品aにおける抽象的労働の物質的性質と同等であるという一般的な相対的価値形態を受け取ります。
x商品aは、他のすべての商品と同等の一般的な形式であり、それらの一般的な同等であり、そこで具体化される労働は、一般的な労働としての抽象的な労働の実現としてさらに苦労することはありません。しかし今それはできます

4.
シリーズのすべての商品は一般的に同等の役割を果たしますが、すべての商品が一般的に同等である場合、それぞれが他の商品を除外するため、同時に常に同じものの1つのみを引き受けます。
フォーム3は、x商品aではなく、他の商品によって客観的に作成されます。したがって、特定の商品がその役割を引き継ぐ必要があります-現時点では、それは変わる可能性があります-そしてその時だけ、その商品は完全な商品になります。この特定の商品は、その自然な形で一般的な同等の形が成長し、お金です。
| 247 | 難易度での商品生産の資本主義モードのすべてのカテゴリのように、それは客観カバーの下に個人的な関係を表し、という事実にあります。生産者は、製品を商品として相互に関連付けるという点で、さまざまな労働を一般的な人間の労働として相互に関連付けます。この問題の仲介なしでは、それを行うことはできません。
関係者は、の関係として現れるもの。
商品の生産が支配的な社会にとって、キリスト教、特にプロテスタント、正しい宗教。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原文です。ドイツ語版です。以下紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Der Produktionsprozeß des Kapitals
ERSTES KAPITEL
Ware und Geld

I. Ware an sich

|245| Der Reichtum der Gesellschaften, in denen kapitalistische Produktion herrscht, besteht in Waren. Die Ware ist ein Ding, das Gebrauchswert hat; dieser existiert in allen Gesellschaftsformen, in der kapitalistischen Gesellschaft aber ist der Gebrauchswert zugleich der stoffliche Träger des Tauschwerts.

Der Tauschwert setzt ein tertium comparationis |zum Vergleich herangezogenes Drittes| voraus, woran er gemessen wird: die Arbeit, die gemeinsame gesellschaftliche Substanz der Tauschwerte, und zwar die gesellschaftlich notwendige Arbeitszeit, die in ihm vergegenständlicht ist.

Wie die Ware ein Zwieschlächtiges: Gebrauchswert und Tauschwert, so die in ihr enthaltene Arbeit doppelt bestimmt: einerseits als bestimmte produktive Tätigkeit, Weber, Schneiderarbeit etc. etc., "nützliche Arbeit", andrerseits als einfache Verausgabung menschlicher Arbeitskraft, niedergeschlagene abstrakte Arbeit. Erstere produziert Gebrauchswert, letztere Tauschwert, nur sie ist quantitativ vergleichbar (die Unterscheidungen von skilled |qualifizierter| und unskilled |unqualifizierter|, zusammengesetzter und einfacher Arbeit bestätigen dies).

Substanz des Tauschwerts also die abstrakte Arbeit, Größe desselben deren Zeitmaß. Nun noch die Form des Tauschwerts zu betrachten.

1. x Ware a = y Ware b, der Wert einer Ware ausgedrückt im Gebrauchswert einer andern ist ihr relativer Wert. Der Ausdruck der Äqui- |246| valenz zweier Waren ist die einfache Form des relativen Werts. In obiger Gleichung ist y Ware b das Äquivalent. In ihm erhält x Ware a seine Wertform im Gegensatz zu ihrer Naturalform, während y Ware b zugleich die Eigenschaft der unmittelbaren Austauschbarkeit erhält, selbst in seiner Naturalform. Der Tauschwert ist der Ware durch bestimmte historische Verhältnisse auf ihren Gebrauchswert aufgedrückt. Sie kann ihn daher nicht in ihrem eignen Gebrauchswert, sondern nur im Gebrauchswert einer andern Ware ausdrücken. Nur in der Gleichsetzung zweier konkreter Arbeitsprodukte tritt die Eigenschaft der in beiden enthaltenen konkreten Arbeit als abstrakt-menschliche Arbeit zutage, d.h. eine Ware kann sich nicht zu der in ihr selbst, wohl aber zu der in andren Warenarten enthaltenen konkreten Arbeit als bloßer Verwirklichungsform abstrakter Arbeit verhalten.

Die Gleichung x Ware a = y Ware b schließt notwendig in sich, daß x Ware a auch in andern Waren ausgedrückt werden kann, also

2. x Ware a = y Ware b = z Ware c = v Ware d = u Ware e = etc. etc. etc. Dies ist die entfaltete relative Wertform. Hier bezieht sich x Ware a nicht mehr auf eine, sondern auf alle Waren als bloße Erscheinungsformen der in ihr selbst dargestellten Arbeit. Sie führt aber durch bloße Umkehrung auf

3. die rückbezogene zweite Form des relativen Werts:

y Ware b = x Ware a
u Ware d = x Ware a
v Ware c = x Ware a
t Ware e = x Ware a
etc. etc.

Hier erhalten die Waren die allgemeine relative Wertform, in der sie alle von ihrem Gebrauchswerte abstrahieren und sich als Materiatur abstrakter Arbeit in x Ware a gleichsetzen. x Ware a ist die Gattungsform des Äquivalents für alle andern Waren, sie ist ihr allgemeines Äquivalent, die in ihr materialisierte Arbeit gilt ohne weiteres als Realisation der abstrakten Arbeit, als allgemeine Arbeit. Nun kann aber

4. jede Ware der Reihe die allgemeine Äquivalent-Rolle übernehmen, aber gleichzeitig nur immer eine derselben, da wenn alle Waren allgemeine äquivalente wären, jede die andern davon wieder ausschlösse. Form 3 ist nicht durch x Ware a hergestellt, sondern durch die andern Waren, objektiv. Also eine bestimmte Ware muß die Rolle übernehmen - zur Zeit, sie kann wechseln -, und erst dadurch wird die Ware vollständig Ware. Diese besondre Ware, mit deren Naturalform die allgemeine Äquivalentform verwächst, ist Geld.

|247| Die Schwierigkeit in der Ware liegt darin, daß sie, wie alle Kategorien der kapitalistischen Produktionsweise, ein persönliches Verhältnis unter sachlicher Hülle darstellt. Die Produzenten beziehen ihre verschiedenen Arbeiten aufeinander als allgemein menschliche Arbeit, indem sie ihre Produkte aufeinander beziehen als Waren - ohne diese Vermittlung der Sache bringen sie es nicht fertig. Das Verhältnis der Personen erscheint also als Verhältnis der Sachen.

Für eine Gesellschaft, worin die Warenproduktion vorherrscht, das Christentum, speziell der Protestantismus, die passende Religion.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次は英語訳からです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
The production process of capital
FIRST CHAPTER
Goods and money

I. Goods per se
| 245 | The wealth of the societies in which capitalist production prevails consists in commodities . The commodity is a thing that has use value ; This exists in all forms of society, but in capitalist society use value is at the same time the material carrier of exchange value .

Exchange value posits a tertium comparationis | third used for comparison | ahead of what it is measured by: labor, the common social substance of exchange values, namely the socially necessary labor time which is objectified in it.

As the commodity is something of two kinds: use value and exchange value, so the labor it contains is doubly determined: on the one hand as a certain productive activity, weaver, tailoring, etc. etc., "useful work" , on the other hand as the simple expenditure of human labor , abstract work . The former produces use value, the latter exchange value, only it is quantitatively comparable (the distinctions between skilled | qualified | and unskilled | unqualified |, compound and simple labor confirm this).

The substance of exchange value, therefore, is abstract labor, its magnitude is its measure of time. Now to consider the form of exchange value.

1. x commodity a = y commodity b, the value of one commodity expressed in the use value of another is its relative value . The expression of the equi- | 246 | valence of two commodities is the simple form of relative value. In the above equation, y commodity b is the equivalent . In it, x commodity a receives its value form in contrast to its natural form, while y commodity bat the same time preserves the property of immediate interchangeability, even in its natural form. The exchange value is imposed on the commodity by defining historical relationships on its use value. Hence it cannot express it in its own use-value, but only in the use-value of another commodity. Only in the equation of two concrete labor products does the property of the concrete labor contained in both come to light as abstract human labor, i.e. a commodity cannot become the concrete labor contained in itself, but can become the concrete labor contained in other types of commodity as a mere form of realization of abstract labor behavior.

The equation x commodity a = y commodity b necessarily implies that x commodity a can also be expressed in other commodities, that is

2. x commodity a = y commodity b = z commodity c = v commodity d = u commodity e = etc. etc. etc. This is the developed relative form of value. Here x commodity a no longer refers to one, but to all commodities as mere manifestations of the labor represented in it. But it performs by mere reversal

3. the back-related second form of relative value:
y goods b = x goods a
u goods d = x goods a
v goods c = x goods a
t goods e = x goods a
etc. etc.

Here the commodities receive the general relative form of value in which they all abstract from their use-value and equate themselves as the material nature of abstract labor in x commodity a . x Commodity a is the generic form of the equivalent for all other commodities, it is their general equivalent , the labor materialized in it is without further ado as the realization of abstract labor, as general labor. But now it can

4. Every commodity in the series takes on the general equivalent role, but at the same time always only one of the same, since if all commodities were general equivalents, each would again exclude the others. Form 3 is not produced by x commodity a, but by the other commodities, objectively. So a certain commodity must take over the role - at the moment, it can change - and only then does the commodity become a complete commodity. This particular commodity, with whose natural form the general equivalent form grows, is money .

| 247 | The difficulty in the commodity lies in the fact that, like all categories of the capitalist mode of production, it represents a personal relationship under an objective cover. The producers relate their various labor to one another as general human labor, in that they relate their products to one another as goods - without this mediation of the matter they cannot do it. The relation of persons appears as the relation of things .

For a society in which the production of goods predominates, Christianity, especially Protestantism, the right religion.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1459
 

誰が読むの?

 投稿者:コモンズファン  投稿日:2021年 4月 3日(土)17時46分39秒
返信・引用
  長文の投稿をしている人がいますが、いったい誰が読むんでしょうね。  

ドイツ語版と英語版との相違

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 4月 3日(土)16時05分55秒
返信・引用 編集済
        ドイツ語版と英語版との相違

http://www.mlwerke.de/me/me13/me13_015.htm#A

 資本から

 セクションI。
 一般的な資本
 最初の章
 グッズ

<15>一見すると、ブルジョアの富は膨大な商品の集まりのように見え、個々の商品はその基本的な存在として見えます。しかし、すべての商品は、使用価値と交換価値の二重の観点から現れます。(1)

商品は、まず第一に、英国の経済学者の言葉で、「人生にとって必要な、有用な、または楽しいもの」、人間のニーズの対象、最も広い意味での食品です。使用価値としての商品のこの存在とその自然で具体的な存在は一致します。たとえば、小麦は、綿、ガラス、紙などの使用価値とは対照的に、特別な使用価値です。使用価値は、使用のみの価値があり、消費の過程でのみ実現されます。同じ使用価値をさまざまな方法で使用できます。しかし、その可能な用途の合計は、特定の特性を持つものとしてその存在に要約されます。さらに、定性的だけでなく定量的にも決定されます。

富の社会的形態が何であれ、使用価値は常にその内容を形成しますが、最初はこの形態に無関心です。<16>誰が作ったのか、ロシアの農奴、フランスの農民、イギリスの資本家が小麦を味わうことはできません。社会的ニーズの対象であり、したがって社会的文脈では、使用価値は生産の社会的関係を表さない。使用価値としてのこの商品は、例えば、ダイヤモンドです。ダイヤモンドが商品であるとは言えません。それが美的または機械的に、ロレットの胸やガラスカッターの手で使用価値として役立つところはどこでも、それはダイヤモンドであり、商品ではありません。使用価値は商品にとって必要な前提条件のようですが、商品は使用価値の無関心な決定です。形態の経済的決定に対するこの無関心における使用価値、すなわち、使用価値としての使用価値、(2)彼は彼自身が形を決定するところでのみ彼らのサークルに陥ります。すぐに、それは特定の経済関係が表される重要な基礎、交換価値です。

交換価値は、最初は定量的な関係として表示されます、使用価値は交換可能です。このような関係では、それらは同じ交換数量を形成します。タバコとエレジーの使用価値が異なるにもかかわらず、1ボリュームのProperzと8オンスの嗅ぎタバコは同じ交換価値である可能性があります。交換価値として、一方の使用価値は、適切な部分にのみ存在する場合、もう一方の使用価値と同じくらいの価値があります。宮殿の交換価値は、一定数のブーツワックス缶で表すことができます。逆に、ロンドンのブーツワックスメーカーは、宮殿での増量缶の交換価値を表明しています。それらの自然な存在様式に完全に無関心であり、それらが使用価値である必要性の特定の性質に関係なく、特定の量の商品は一致し、交換で互いに交換し、同等と見なされます、

使用価値は食品に直接関係しています。しかし逆に、これらの食品はそれ自体が社会生活の産物であり、人間の活力を費やした結果、客観的な仕事をしています。社会的労働の具体化として、すべての商品の結晶化は<17>同じ単位です。この統一性、つまり交換価値で表される労働の明確な特徴を考慮する必要があります。

1オンスの金、1トンの鉄、4分の1の小麦、20ヤードの絹は等しい交換価値です。それらの使用価値の質的な違いが消去されるそのような同等物として、それらは同じ労働の等しい量を表します。それらの中で均等に客観化される労働は、それ自体が均一で、無差別で、単純な労働でなければなりません。金の中にあるかどうか、鉄、小麦、絹は酸素に対してそのまま現れるか、鉄のさび、大気中、ブドウの果汁、または人間の血液の中にあるかどうかにかかわらず、同様に無関心です。しかし、金を掘ったり、鉱山から鉄を抽出したり、小麦を作ったり、絹を織ったりすることは、質的に異なる種類の仕事です。
確かに、実際には使用価値の違いと呼ばれるものは、使用価値を生み出す活動の違いとして、処理的に現れます。
したがって、使用価値の特定の実体に無関心であるため、交換価値を設定する労働は、特定の形態の労働自体に無関心です。
さらに、さまざまな使用価値は、さまざまな個人の活動の産物です。個々に異なる労働の結果。
しかし、交換価値としては、平等で無差別な仕事、つまり労働者の個性が失われる仕事を表しています。したがって、交換価値を設定する作業は したがって、個々に異なる作業の結果。
しかし、交換価値としては、平等で無差別な仕事、つまり労働者の個性が失われる仕事を表しています。したがって、交換価値を設定する作業は したがって、個々に異なる作業の結果。しかし、交換価値としては、平等で無差別な仕事、つまり労働者の個性が失われる仕事を表しています。
したがって、交換価値を設定する作業は抽象一般的な仕事。

1オンスの金、1トンの鉄、4分の1の小麦、20ヤードのフロスが交換価値または同等のものである場合、1オンスの金、1 / 21トンの鉄、3ブッシェルの小麦、5ヤードの絹の交換価値はまったく異なるサイズであり、この量的な違いが交換価値として可能な唯一の違いです。さまざまなサイズの交換価値として、それらは交換価値の実体を形成するその単純で均一な抽象的な一般的な労働の多かれ少なかれ、多かれ少なかれ量を表します。
問題は、これらの量子はどのように測定されるのかということです。
むしろ、交換価値としての商品のサイズの違いは、それらで客観化された労働のサイズの違いにすぎないため、その労働自体の量的存在が何であるかという疑問が生じます。運動の量的存在が時間であるように、労働の量的存在は労働時間です。それ自体の持続時間の違いは、与えられた品質を前提として、それが可能な唯一の違いです。労働時間として、それは時間、時間、日、週などの自然な尺度によって測定されます。労働時間は、その形態、内容、個性に関係なく、仕事の生きた存在です。それは、その内在的な尺度と同時に、定量的なものとしての彼らの生きている存在です。
<18>商品の使用価値で客体化された労働時間は、商品の決定的な価値を測定するのと同じように、商品を交換価値に、したがって商品に変える物質です。同じ労働時間が客体化されている異なる使用価値の相関量は同等であるか、またはすべての使用価値は、それらが客体化された同じ労働時間を含む割合で同等です。交換価値として、すべての商品は、停滞した労働時間の特定の尺度にすぎません。

労働時間による交換価値の決定を理解するために、以下の主要な観点に注意する必要があります。単純な作業への削減、いわば品質のない作業。交換価値を設定する労働、つまり商品生産労働が社会労働である具体的な方法。最後に、使用価値をもたらす限りの労働と、交換価値をもたらす限りの労働の違い。

商品の交換価値をそれらが含む労働時間で測定するために、さまざまな労働自体を無差別で均一で単純な労働に減らす必要があります。つまり、質的に同じで量的にのみ異なる労働になります。

この削減は抽象化のように見えますが、それは社会的生産プロセスで毎日実行される抽象化です。労働時間におけるすべての商品の溶解は、それ以上の抽象化ではありませんが、同時に、空気中のすべての有機体の溶解と同じくらい現実的です。作業は、これまでに測定し、異なる被験者の作業として、実際には表示されませんが、むしろ、異なる作業者は単なる臓器として現れるの作品。
または、交換価値で提示される労働は、普遍的に人間として表現することができますジョブ。この一般的な人間の労働の抽象化は、特定の社会の平均的な個人が実行できる平均的な作業、人間の筋肉、神経、脳などの特定の生産的な支出に存在します。これは単純な作業です。(3)、すべての平均的な個人を訓練することができ、彼は何らかの形で達成しなければなりません。
この平均的な作品の性格は、それ自体が国や文化の時代によって異なりますが、既存の社会で与えられているように見えます。すべての統計からわかるように、単純な作業は市民社会のすべての作業の中で群を抜いて最大の量を構成します。Aが6時間の鉄と6時間の亜麻仁<19>の壁を生成し、Bを6時間の鉄と6時間のキャンバスを生成するかどうか、またはAが12時間の鉄とBを12時間のキャンバスを生成するかどうかは、同じ労働時間。しかし、より活気があり、比重が大きい作業として平均レベルを超える複雑な作業はどうですか?この種の作業は、複合単純作業、より強力な単純作業に分けられます。たとえば、1つの複雑な作業日は3つの単純な作業日に相当します。この削減を規制する法律はまだここに属していません。しかし、削減が行われることは明らかです。交換価値として、最も複雑な労働の積は、単純な平均労働の積と一定の割合で同等です。つまり、この単純な労働の一定の量と同等です。

労働時間による交換価値の決定は、特定の商品、たとえば1トンの鉄では、AまたはBの労働であるかどうか、または異なる個人の労働時間が同じであるかどうかに関係なく、同じ量の労働が客観化されることも前提としています。同じ、定性的および使用量的に決定された使用価値の生産のため。言い換えれば、商品に含まれる労働時間は、その生産に必要な労働時間、つまり、与えられた一般的な生産条件下で同じ商品の新しい標本を生産するために必要な労働時間であると想定されます。

交換価値の分析から生じる交換価値を設定する労働条件は、労働の社会的決定または社会的労働の決定であるが、それ自体は社会的ではなく、特別な方法である。それは特定の種類の社会性です。
まず、仕事の無差別な単純さは平等です異なる個人の仕事、つまり、実際にすべての仕事を同じ種類の仕事に減らすことによる、彼らの仕事の相互関係は等しい。
すべての個人の労働は、交換価値で表される限り、この平等の社会的性格を持ち、他のすべての個人の労働に平等である限り、交換価値でのみ表されます。

さらに、個々の個人の労働時間は、一般的な労働時間としての交換価値に直接現れ、孤立した労働のこの一般的な性格は、その社会的性格として現れます。
交換価値で提示された仕事は個人によって行われますが、他の個人と区別されることなく、同じ仕事を行う場合は、特定の商品の生産のための仕事から<20>労働時間必要に応じ、必要なは、誰もが他の人が同じ商品を生産するために使用することの仕事です。それは個人の労働時間です、彼の作業が、唯一そのため、それがゆえ無関心作業にすべての一般的な労働時間、など個々の彼女があります。一般的な労働時間として、それは一般的な製品、一般的な同等物、客観化された労働時間の特定の量で表され、それは使用価値の特定の形式とは無関係であり、1つの製品として直接表示されます。他の形式の使用価値に任意に変換され、他のすべての製品として表示されます。それはそのような一般的な偉大さとしてのみ社会的偉大さです。
交換価値をもたらす個人の仕事は、一般的に同等のものでなければなりませんすなわち、個人の労働時間を一般労働時間として表現すること、または一般労働時間を個人の労働時間として表現すること。
それは、さまざまな個人が労働時間を一緒に投げ、さまざまな使用価値で集合的に利用できるさまざまな量の労働時間を表したかのようです。個人の労働時間は、実際、社会が特定の使用価値を表す、つまり特定のニーズを満たすために必要な労働時間です。
しかし、それは仕事が
社会的性格を獲得する特定の形態の問題にすぎません。
スピナーの特定の作業時間は、たとえば、100ポンドのリネン糸で表されます。織工の製品である100ヤードのリネンは、同じ量の労働時間を表す必要があります。同じ量の労働時間を含むすべての使用価値は、互いに同等です。スピナーの労働とウィーバーの労働が一般労働として表され、それらの製品が一般的な同等物として表されているからこそ、ウィーバーの労働はスピナーのために、スピナーの労働はウィーバーのためにここになります。一方は他方の労働、つまり両方のための彼らの仕事の社会的存在のためです。
農村部の家父長の業界では、スピナーと織工が同じ屋根の下に住んでいた一方、家族の女性の一部は、家族自身のニーズ、糸とキャンバスがされたと言う、男性が織り込ま、スピン社会的な製品は、紡織の社会製品家族の範囲内で働く。しかし、彼らの社会的性格は、一般的な同等物としてのリネンの一般的な同等物としての毛糸、または同じ一般的な労働時間の同等に有効で同等に有効な表現として両方が互いに交換されたという事実にありませんでした。むしろ、その自然との家族のつながり<21>分業は、労働の産物に独特の社会的印を残しました。または、中世の自然のサービスと自然の配達を見てみましょう。自然な形での個人の特定の仕事、仕事の一般性ではなく特殊性が、ここで社会的絆を形成します。または、すべての文明化された人々の歴史の敷居にあるので、最終的に自然な形で集合的な仕事を取りましょう。(4)
ここで、労働の社会的性格は、個人の労働が抽象的な形の一般性をとるという事実、または彼の製品が一般的な同等の形をとるという事実によって明らかに媒介されていない。個人の仕事が私的な仕事であり、その製品が私的な製品であるのを防ぐのは、生産によって前提とされるコミュニティであり、むしろ、個人の仕事が社会有機体のメンバーの機能として直接現れることを可能にします。
交換価値で表される仕事は、孤立した個人の仕事を前提としています。それは、その正反対の形、抽象的な普遍性の形をとることによって社会的になります。

最後に、それは、人の社会的関係が、いわば逆に、すなわち物事の社会的関係として描かれているという交換価値を設定する労働を特徴づける。交換価値として一方の使用価値が他方に関連している場合にのみ、互いに関連するさまざまな人の労働が等しく一般的です。
したがって、交換価値は人と人との関係であると言うのが正しければ(5)、追加する必要があります:マテリアルカバーの下に隠された関係。
1ポンドの鉄と1ポンドの金は、同じ量子<22>の物理的および化学的特性が異なるにもかかわらず、腫瘍の重力、同じ仕事が含まれる商品の2つの使用価値、同じ交換価値を表します。。したがって、交換価値は、使用価値の社会的自然な決定として、物としてそれらに属する決定性として現れ、その結果、交換プロセスで特定の量的関係で互いに置き換わり、単純な化学物質と同じように同等物を形成します特定の量的関係で結合し、化学的同等物が形成されます。
生産の社会的関係が物の形をとることを自明で自明に思わせるのは日常生活の習慣だけであり、仕事における人々の関係はむしろ物事が互いに関係している関係です。人々に向かって行動します。
この神秘は、商品ではまだ非常に単純です。
誰もが多かれ少なかれ心に留めています 交換価値としての商品の関係は、むしろ人と彼らの相互の生産活動との関係であるということ。より高い生産関係では、この単純さの外観は消えます。
通貨システムのすべての幻想は、お金が手原稿で修正されているという事実から生じています。((1859)金>は生産の社会的関係を表すとは考えられていませんが、特定の特性を持つ自然のものの形であると考えられています。金融システムの幻想にニヤリと笑う現代の経済学者は、資本などのより高い経済カテゴリーを扱うとすぐに同じ幻想を裏切る。彼女は、彼らが不器用に保持しようと思っていたものがすぐに社会的関係として現れ、そして再び彼女が彼らが社会的関係としてほとんど固定していなかったものをからかうとき、素朴な驚きの告白で爆発します。

商品の交換価値は、実際には、個人の労働の平等で一般的な関係に他ならず、具体的に社会的な形態の労働の客観的表現に他ならないので、労働が唯一であると言うのはトートロジーです。交換価値からなる限り、交換価値の源、したがって富の源。自然物自体が交換価値を持たないのと同じトートロジーです(6)労働力がなく、交換価値自体に天然素材が含まれていないため。<23>
しかし、ウィリアム・ペティが「労働の父と地球を富の母」と呼ぶとき、またはバークレー司教は「4つの要素とそれらの人間の労働が真の富の源ではないかどうか」と尋ねます。(7)、
またはアメリカのTh。Cooperが一般的な方法でそれを明らかにした場合:「パン一斤、パン屋、製粉業者、テナントなどの仕事、および残っているものからそれに関連する仕事を取り除いてください。 野生で人間の使用には役に立たない数粒の草」(8)
そして、これらすべての見解において、それは交換価値の源泉であるため抽象的労働の問題ではなく、使用価値を生み出す限りの労働力を除いて、物質的富の源泉としての具体的労働の問題である。
商品の使用価値が前提とされているので、その中で消費される労働の特定の有用性、特定の便宜性が前提とされますが、同時に商品の観点から、有用な労働としての労働のすべての考慮は尽きます。
パンには食品等ではなく、農家の仕事として、その性質についての利用価値のケア、製粉、パン、などがあれば、本発明により、19 / 20この作業を省略した場合、パンは以前と同じサービスを実行します。それが空から落ちたとき、それはその実用価値の原子を失うことはありませんでした。交換価値を設定する労働は、一般的な同等物としての商品の平等で実現されますが、労働は、その使用価値の無限の多様性における意図的な生産活動として実現されます。交換価値を設定する作業は抽象的に一般的で平等な作業ですが、使用価値を設定する作業は具体的で特別な作業であり、形式と内容によって、無限に異なる作業方法に分割されます。

労働については、それが使用価値を生み出す限り、それが生み出す富、すなわち物質的富の唯一の源であると言うのは誤りです。これまたはその目的のために資料を流用する活動であるため、前提条件として資料が必要です。使用価値が異なると、労働力と天然素材の比率は大きく異なりますが、使用価値には常に天然の基質が含まれています。いずれかの形で自然を流用するための有用な活動は、大衆のすべての社会的形態の状態とは無関係に、人間の存在の自然な状態の仕事です<24>人と自然の交代。一方、交換価値を設定する仕事は、特に社会的な仕事の形態です。たとえば、特別な生産活動としての材料決定において仕立ては、スカートを生産しますが、スカートの交換価値は生産しません。後者はそれを仕立てとしてではなく抽象的な一般的な仕事として生み出し、これは仕立て屋が通さなかった社会的文脈に属します。したがって、古代の国内産業では、女性はスカートの交換価値を生み出すことなくスカートを生産しました。物質的な富の源としての仕事は、立法者のモーセと税関職員のアダム・スミスの両方に知られていました。(9)

ここで、交換価値の労働時間への削減から生じるいくつかのより詳細な決定について考えてみましょう。

使用価値として、商品には因果関係があります。たとえば、小麦は食品として機能します。機械は特定の割合で仕事を置き換えます。消費の対象である使用価値のみである商品のこの効果は、そのサービス、つまり使用価値として提供するサービスと呼ぶことができます。ただし、交換価値として、商品は結果の観点からのみ見られます。それは彼女がするサービスについてではなく、サービスについてです(10)、それは彼女の制作で彼女自身のために行われた。たとえば、機械の交換価値は、交換する労働時間の量ではなく、それ自体で処理されるため、同じタイプの新しい機械を製造するために必要な労働時間の量によって決定されます。

したがって、商品の生産に必要な労働量が一定である場合、それらの交換価値は不変になります。しかし、生産の容易さと難しさは絶えず変化しています。労働力の生産力が高まると、同じ使用価値を短時間で生み出すことができます。労働の生産力が低下した場合、同じ使用価値を生み出すにはより多くの時間が必要になります。したがって、商品に含まれる労働の規模、したがってその交換価値は変化しており、労働の生産性の上昇または下降に関連して、環境的に<25> gekehrtemで上昇または下降します。製造業で所定の程度に適用される労働の生産力は、同時に、制御不能な自然条件によって農業と採掘産業で条件付けられています。同じ作業により、地殻内でのこれらの金属の比較的まれで頻繁な発生に応じて、さまざまな金属の収量が増減します。同じ仕事が2ブッシェルの小麦で季節を支持して客体化されるかもしれませんが、おそらく1ブッシェルの小麦でのみ不利な同じ仕事があります。自然の関係としての希少性または豊富さは、自然の関係に結び付けられている特定の実際の労働の生産力を決定するため、商品の交換価値を決定するようです。

異なる使用価値には、同じ労働時間または同じ交換価値が等しくない量で含まれています。他の使用価値と比較して、その使用価値の量が小さいほど、商品に一定量の労働時間が含まれるほど、その特定の交換価値は大きくなります。。異なる、間隔の広い文化的時代では、特定の使用価値がそれらの間で一連の特定の交換価値を形成し、それにもかかわらず、正確に同じ数値比率ではない場合でも、相互の優越性と従属性の一般的な比率を維持することがわかります、金、銀、銅、鉄、または小麦、ライ麦、大麦、オート麦など、このことから、社会的生産力の進歩的な発展は、それらのさまざまな生産に必要な労働時間に等しくまたはほぼ等しく作用するということになります。商品。

商品の交換価値は、それ自体の使用価値には表示されません。ただし、一般的な社会労働時間の客体化として、商品の使用価値は他の商品の使用価値との関係で設定されます。ある商品の交換価値は、他の商品の使用価値に現れます。実際、ある商品の交換価値は同等であり、別の商品の使用価値で表されます。たとえば、1ヤードのリネンは2ポンドのコーヒーの価値があると言えば、リネンの交換価値はコーヒーの使用価値で表され、実際にはこの使用価値の一定量で表されます。この比率を考えると、私はコーヒーのキャンバスのすべての量子の価値を表現することができます。キャンバスなどの商品の交換価値がその割合で使い果たされていないことは明らかです。コーヒーなどの別の特定の商品が同等のものを形成します。一般的な労働時間の量。その表現はエルキャンバスであり、<26>は、他のすべての商品の使用価値の無限に異なる量で同時に実現されます。他のすべての商品の使用価値が等しい労働時間を表す割合で、それはリネンのヤードに相当します。したがって、この個々の商品の交換価値は、他のすべての商品の使用価値が同等のものを形成する無限の数の方程式でのみ完全に表されます。これらの方程式の合計、または1つの商品が他のすべての商品と交換可能であるさまざまな比率の全体でのみ、それは一般的な同等物として網羅的に表現されます。例:一連の方程式

リネン=の1ヤード1 / 2茶のパウンド、
コーヒーのリネン= 2ポンド、のいずれかのラッシュ
パンのリネン= 8ポンド、の1ヤード
更紗のリネン= 6ヤードの1ヤード、
として表すことができます
リネン=の1ヤード1 / 8ティー+のポンド1 / 2パン+ 1のコーヒー+ 2ポンドのポンド1 / 2更紗のヤード。

したがって、1ヤードのリネンの価値が徹底的に表現された方程式の合計が私たちの前にあった場合、その交換価値を一連の形式で表すことができます。実際、このシリーズは無限です。商品の周囲が完全に閉じられることはなく、常に拡大するからです。しかし、1つの商品が他のすべての商品の使用価値でその交換価値を測定するため、逆に、他のすべての商品の交換価値は、それらで測定されたこの1つの商品の使用価値で測定されます。(11)リネンの交換価値1ヤードの中で発現されている場合は1 / 2等の紅茶やコーヒーのポンド又は2ポンド6エレンキャラコ又はパンの8ポンド、そのコーヒー、紅茶、キャラコ、パンなどを次それらが3分の1に等しい割合で、キャンバスは互いに同一です。つまり、キャンバスはそれらの交換価値の一般的な尺度として機能します。客観化された一般労働時間としてのすべての商品、すなわち特定の量の一般労働時間は、他のすべての商品の使用価値の特定の量でその交換価値を順番に表し、他のすべての商品の交換価値は逆に測定されますこの1つの独占商品の使用価値で。しかし、すべての商品は交換価値として<27>です他のすべての商品の交換価値の共通の尺度として機能する1つの排他的な商品の両方は、一方で、他のすべての商品が直接表す総面積の中で、多くの商品の1つにすぎません。その交換価値。

商品の価値は、その外に他の種類の商品が少ないか多いかによって影響を受けません。しかし、それらの交換価値が実現される方程式の範囲が大きいか小さいかは、他の商品の種類の増減に依存します。たとえば、コーヒーの価値が表される一連の方程式は、その交換可能性の範囲、つまりコーヒーが交換価値として機能する限界を表しています。一般的な社会的労働時間の客体化としての商品の交換価値は、無限に異なる使用価値におけるその同等性の表現に対応します。

商品の交換価値は、商品に直接含まれる労働時間の量によって変化することがわかりました。それらの実現交換価値、つまり他の商品の使用価値で表されるものは、他のすべての商品の生産に費やされる労働時間が変化する比率にも依存する必要があります。
たとえば、小麦のブッシェルを生産するのに必要な労働時間が同じままで、他のすべての商品を生産するのに必要な労働時間が2倍になった場合、小麦のブッシェルの交換価値は、同等で表され、半分に減少します。その結果は、小麦のブッシェルを生産するのに必要な労働時間が半分になり、他のすべての商品を生産するのに必要な労働時間が変わらなかった場合と実質的に同じになります。商品の価値は、同じ労働時間で生産できる割合によって決まります。この比率がどのような変化にさらされる可能性があるかを確認するために、2つの商品AとBを想定します。最初:Bを生産するために必要な労働時間は変わりません。この場合、Bで表されるAの交換価値は、Aを生成するために必要な労働時間が減少または増加するのと同じように減少または増加します。2番目:Aを生成するために必要な作業時間は変わりません。Bで表されるAの交換価値は、Bを生成するために必要な労働時間が減少または増加するにつれて、反比例して減少または増加します。三番:AとBの生産に必要な労働時間は同じ割合で増減します。その場合、BにおけるAの同等性の表現は変更されません。ある状況によって、すべての仕事の生産力が同じ割合で減少するため、すべての商品の労働力が同じ割合でそれらを生産するためにより多くの労働力を必要とする場合、価値はすべて成長した製品となり、交換価値の実際の表現<28>同じ大量の使用価値を生み出すためにより多くの労働時間が必要だったので、社会の富は減少したでしょう。第4:AとBの生産に必要な労働時間は、両方で増減する可能性がありますが、程度が異なるか、Aに必要な労働時間が増加し、Bの労働時間が減少する、またはその逆の場合があります。これらすべてのケースは、一方の商品の生産に必要な労働時間が変わらず、他方の商品の労働時間が増減するという事実に単純に減らすことができます。

すべての商品の交換価値は、他のすべての商品の使用価値で表されます。これは、全量であろうと、この使用価値の端数であろうと関係ありません。交換価値として、すべての商品は、その中で客体化されている労働時間自体と同じように分割可能です。商品の交換価値の追加が、これらの商品の再溶解で受ける使用価値の形式の実際の変化に無関心であるのと同様に、商品の同等性は、使用価値と同じように物理的な分割可能性とは無関係です。新しい商品。




これまでのところ、商品は、使用価値と交換価値という二重の観点から、毎回一方的に見られてきました。ただし、商品としては、使用価値と交換価値の直接的な統一です。同時に、他の商品との関連でのみ商品です。
商品間の本当の関係は、交換のプロセスです。
独立した個人が入るのはこの社会的プロセスですが、彼らは商品の所有者としてのみそれに入ります。お互いの相互の存在は彼らの商品の存在であり、それで彼らは実際には交換プロセスの意識的なキャリアとしてのみ現れます。

商品は使用価値、小麦、麻、ダイヤモンド、機械などですが、商品としては同時に使用価値はありません。それが所有者の使用価値である場合、つまり、それが彼自身のニーズを満たす直接的な手段である場合、それは商品ではありません。彼にとって、それはむしろ不使用価値、すなわち交換価値の単なる物質的キャリア、または単なる交換の媒体です。交換価値の積極的な担い手として、使用価値は交換の媒体になります。彼にとって、それは交換価値としてのみ使用価値です。(12)
したがって、使用価値として、それは最初に、最初に他の人のためにならなければなりません。自身の所有者の使用価値ではないため、他の商品の所有者の使用価値です。そうでなければ、彼の仕事は役に立たない仕事であり、結果は商品ではありませんでした。
一方、彼らは自分自身のために価値を使用しなければなりません。なぜなら、その外側の<29>は、商品の使用価値とは異質であり、彼の食べ物があるからです。使用価値がそうであるように、商品はそれが満足の対象である特別なニーズに直面しなければなりません。商品の利用価値になりますしたがって、使用価値としては、交換の媒体である手から使用の対象である手まで、すべての側面で場所を変更します。
この万能の商品の疎外によってのみ、商品に含まれる労働力は有用な労働力になります。この訴訟では使用価値としての商品の相互関係は、新しい経済形態の決定を受けません。むしろ、それを商品として特徴づけた正式な定義は消えます。たとえば、パンは、パン職人の手から消費者の手への移行において、パンとしての存在を変えることはありません。逆に、この特定の食品として、それを使用価値と呼ぶのは消費者だけですが、パン屋の手には、それは経済的関係の担い手であり、官能的で超賢明なものでした。
したがって、商品が使用価値としてなる際に受ける唯一の形態の変化は、所有者にとっては非使用価値であり、非所有者にとっては使用価値であった正式な存在の廃止です。商品が使用価値として作られているという仮定は、それらの全面的な疎外、交換プロセスへの参入、しかし、交換のためのそれらの存在は、交換価値としてのそれらの存在です。
したがって、使用価値として実現するためには、交換価値として実現する必要があります。

一方、使用価値の観点から、個々の商品が元々独立したものとして現れた場合、それは最初から他のすべての商品との交換価値として見られていました。ただし、この関係は理論上の架空の関係にすぎませんでした。交換プロセスでのみ使用されます。
一方、商品は、一定の労働時間が処理されている限り、実際には交換価値であり、したがって、それは客観化された労働時間です。しかし、それは即時であるため、一般的な作業時間ではなく、特定のコンテンツの個別の作業時間を客観化するだけです。
したがって、それは直接価値を交換するのではなく、そのようなものだけでなければなりません。
まず第一に、それが特定の有用なアプリケーション、つまり使用価値における労働時間を表す限り、それは一般的な労働時間の客体化にすぎません。これは、商品に含まれる労働時間のみが一般的、社会的であると仮定された物質的条件でした。したがって、商品が交換価値としてそれ自体を実現することによってのみ使用価値として実現できる場合、一方、その商品は、その疎外において使用価値としてそれ自体を証明することによってのみ交換価値として実現することができます。
商品は<30>に使用価値としてのみ与えることができます使用価値、つまり特定のニーズの対象であるために疎外されます。一方、他の商品と引き換えにのみ販売されるか、他の商品の所有者の側に立つと、同様に彼は自分の商品を販売する、つまりそれを接触させることによってのみそれを実現することができますそれが目的である特定のニーズ。使用価値としての商品の全面的な疎外においてしたがって、それらは、それらの特定の特性を通じて、特別なニーズを満たす特別なものとして、それらの材料の違いに従って互いに関連しています。
しかし、そのような単なる使用価値として、それらは互いに無関心な存在であり、むしろ無関係です。
使用価値として、それらは特別なニーズに関連してのみ交換することができます。
しかし、それらは同等のものとしてのみ交換可能であり、それらは客体化された労働時間の等しい量としてのみ同等であるため、使用価値としてのそれらの自然の特性、したがって特定のニーズに対する商品の関係のすべての考慮は消滅します。むしろ、商品は、他のすべての商品の任意に決定された数量を同等の、無関心な、それが他の商品の所有者の使用価値であるかどうか。しかし、他の商品の所有者にとっては、それが彼の使用価値である限り商品になり、自分の所有者にとっては、それが他の商品である場合にのみ交換価値になります。したがって、同じ関係は、本質的に同じで、量的にのみ異なる商品の関係であり、それらを一般的な労働時間の材料と見なす必要があり、同時に、特別な使用価値として、質的に異なるものとしての関係である必要があります特別なニーズのために、要するに、それらを区別する実際の使用価値として。しかし、この方程式と不等式は相互に排他的です。したがって、一方の解決策が他方の解決策を前提としているという点で、問題の誤った輪が提示されるだけでなく、

商品を交換するプロセスは、
これらの矛盾の開発と解決の両方である必要がありますが、この単純な方法で表現することはできません。
私たちは、商品自体が使用価値として相互にどのように関連しているか、つまり、商品が交換プロセス内でどのように使用価値として表示されるかを見てきました。
一方、交換価値は、これまで考えてきたように、単に私たちの抽象化の中に、またはあなたがそうするのであれば、商品の個々の所有者の抽象化の中にあり、その商品は店の使用価値として、そして<31>として保管されています。交換価値は良心にあります。ただし、商品自体は、使用価値としてだけでなく、相互の交換価値として交換プロセス内に存在する必要があり、この存在は、相互の独自の関係として表示される必要があります。
私たちが最初に失敗した難しさは、交換価値として、客観的な労働としてそれ自体を提示するために、商品は最初に使用価値として疎外されなければならないが、逆に、使用価値としての疎外は交換価値としての存在を前提としていることでした。
しかし、この困難が解決されたとしましょう。
商品はその特定の使用価値を剥奪し、それを疎外することによって、個人の個人的な仕事ではなく、社会的に有用な仕事であるという物質的な条件を満たしました。
他の商品の一般的な同等の客観化された一般的な労働時間、したがって特定の使用価値の限定された効果をもはや保持せず、むしろすべての使用価値をそれらの同等物として表す即時の能力。
しかし、すべての商品はその特定の使用価値の疎外を通じて、一般的な労働時間の直接的な材料として表示される必要があり、商品、。
一方、交換の過程では、特定の商品のみが向かい合っており、特定の使用価値で具現化された個人の作品です。一般的な労働時間自体は抽象化であり、それ自体は商品には存在しません。
商品の交換価値が実際の表現を見つける方程式の合計を考えてみましょう。

例:
リネン= 2コーヒーのポンドの1ヤード
のリネンの1ヤード= 1 / 2茶のパウンド、
パンのリネンの1ヤード= 8ポンド、など

これらの方程式は、1ヤードのリネン、2ポンドのコーヒー、1 / 2の客観的なお茶など、同じサイズの一般的な社会的労働のみを示しています。
しかし実際には、これらの特定の使用価値で表される個々の作品は、
より一般的になるだけであり、この形式では、ソーシャルワークは、それらに含まれる作品の期間の割合で実際に相互に交換されます、ハンドコピーで修正。(1859年)期間に関連して>。
社会的労働時間は、いわば、これらの商品に潜在的にのみ存在し、交換プロセスでのみ明らかになります。
出発点は、コミュニティとしての個人の仕事ではなく、逆に、個人による特別な仕事です<32>本来の性格を廃止することで、交流の過程で一般的なソーシャルワークに過ぎない作品。
したがって、一般的なソーシャルワークは完成した前提条件ではなく、新たな結果です。そのため、一方では商品が客体化された一般労働時間として交換プロセスに入らなければならない一方で、より一般的にはそれ自体が交換プロセスの産物にすぎないため、個々の労働時間の客体化が新たな困難を引き起こします。

すべての商品は、その使用価値、つまり元の存在を疎外することによって、交換価値として対応する存在を受け取る必要があります。したがって、商品は交換プロセスでその存在を2倍にする必要があります。一方、交換価値としての2番目の存在は、それ自体が別の商品にすぎない可能性があります。交換プロセスでは、商品のみが互いに向かい合っているためです。特定の商品を客観化された一般労働時間として直接表現する方法、または同じこととして、特定の商品で客観化された個々の労働時間に一般大衆の性格を直接与える方法は?商品の交換価値の実際の表現、つまり一般的な同等物としてのすべての商品は、次のような方程式の無限の合計で表されます。

リネンのコーヒー= 2ポンド、1ヤードの
リネンの1ヤード= 1 / 2茶のパウンド、
パンのリネン= 8ポンドの1ヤード、
更紗のリネン= 6ヤードの1ヤード
のリネンの1ヤード=など

この表現は、商品が特定の量の客体化された一般労働時間としてのみ考えられている限り、理論的でした。一般的な同等物としての特定の商品の存在は、単なる抽象化から、上記の一連の方程式を単純に逆にすることによって、交換プロセス自体の社会的結果になります。したがって、たとえば:

2ポンドのコーヒー= 1ヤードのリネン、
1 / 2ポンドのお茶= 1ヤードのリネン、
8ポンドのパン= 1ヤードのリネン、
6ヤードのカリコ= 1ヤードのリネン、
コーヒー、紅茶、パン、キャラコ、

要するにすべての商品、それらに含まれる労働時間は平易で表現され、キャンバスの交換価値は他のすべての商品と同等のものとして逆に展開され、彼らの仕事で客観化された自己は直接一般的です<33 >共通の作業時間。
これは、他のすべての商品のさまざまな量で均等に表されます。ここのキャンバスは、オールラウンドなアクションを通じて一般的に同等になりますその上にある他のすべての商品の。交換価値として、すべての商品が他のすべての商品の価値の尺度になりました。ここで逆に、すべての商品は特定の商品の交換価値を測定するため、除外された商品は交換価値の適切な存在となり、一般的な同等物として存在します。一方、すべての商品の交換価値が表される1つの無限級数または無限数の方程式は、2項のみの単一の方程式に縮小されます。2ポンドのコーヒー= 1ヤードのリネンは、コーヒーの交換価値の網羅的な表現になりました。この表現では、他のすべての商品の特定の量に相当するものとして直接表示されるためです。
交換プロセス内で、商品はお互いに存在するか、キャンバスの形で交換価値としてお互いに表示されます。
同じオブジェクト、キャンバス。
一般的な労働時間は、その一部として、他のすべての商品と並んで、そしてそれとは別に、特定のもの、商品として現れます。しかし同時に、商品の商品が交換価値として現れる方程式、たとえば2ポンドのコーヒー= 1ヤードのリネンは、まだ実現されていない方程式です。それが交換プロセスにおける必要性の対象であることが証明されるかどうかに依存する使用価値としての疎外によってのみ、それは実際にコーヒーの存在からキャンバスの存在に変化し、したがって一般的な形をとる同等であり、実際に他のすべての交換価値になります。
逆に、すべての商品は使用価値としての疎外によってキャンバスに変換されるため、一般的な労働時間の客体化、すなわち、全面的な疎外の産物、個々の仕事の廃止。
商品が相互の交換価値として表示されるためにその存在を2倍にすると、
一般的な同等物として除外された商品はその使用価値を2倍にします。特別商品としての特定の使用価値に加えて、一般的な使用価値を受け取ります。この独自の使用価値は、それ自体が形式によって決定されます。
つまり、他の商品の総合的なアクションを通じて、交換の過程で果たす特定の役割から生まれます。特別なニーズの対象としての各商品の使用価値は、異なる手で異なる価値を持っています。たとえば、比較可能な人の手で異なる価値<34>それを適切にする人の手にあるように自分自身を表現します。
一般的な同等物として除外された商品は、
交換プロセス自体から成長し、交換価値の担い手であり、交換の一般的な媒体であるすべての人にとって同じ使用価値を持つ一般的なニーズの対象になりました。
したがって、ある商品では、商品自体が特定の使用価値として含まれているという矛盾は、同時に一般的な同等物であり、したがって、すべての人にとっての使用価値、一般的な使用価値です。他のすべての商品は、当初、まだ実現されていない独占商品との理想的な方程式として交換価値を提示しますが、この独占商品の場合、その使用価値は、実際ではありますが、プロセス自体に単なる形の存在として現れます。これは、実際の使用価値に変換することによってのみ実現できます。
もともと商品は一般的な商品として提示され、一般的な労働時間は特定の使用価値で客体化されました。交換の過程で、すべての商品は一般的な商品としての独占的な商品に関連しています、商品、特定の使用価値の一般的な労働時間の存在。したがって、特別商品として、一般商品とは逆の振る舞いをします。(13)
商品所有者が相互に彼らの労働を一般的な社会的労働と呼んでいるという事実は、彼らが彼らの商品を交換価値として、商品の相互関係を交換価値として関連付けるように表されています。交換価値の適切な表現としての特定の1つの商品との総合的な関係としての交換プロセス。
これは逆に、この特定の商品と他のすべての商品との特定の関係として、したがって特定のように見えます。物の自然で社会的な性格。
したがって、すべての商品の交換価値の適切な存在、または特別な排他的商品としての商品の交換価値の適切な存在を表す特別商品は、お金です。
それは、交換プロセスでそれら自体が形成する商品の交換価値の結晶化です。
したがって、商品は交換プロセス内で相互に使用価値になりますが、交換価値として相互に表示されるためには、すべての形式決定を取り除き、直接の重要な形式で相互に関連します。
新しい形-決定、お金の形成に移ります。
お金は象徴ではなく、商品としての使用価値の存在は象徴ではありません。
生産の社会的関係は、個人の既存のオブジェクトへの追加であり、彼らの<35>の生産プロセスにおける特定の関係社会生活に入り、物事の特定の特性として自分自身を提示し、この倒錯は想像されていませんが、乱暴に本当の神秘は、交換価値を設定するすべての社会的形態の労働を特徴づけます。それは商品よりもお金の方が印象的であるように見えます。

すべての商品の金銭的性質が結晶化する特定の商品の必要な物理的特性は、交換価値の性質から直接現れる限り、任意の分割可能性、部品の均一性、およびこの商品のすべての標本の区別がつかないことです。一般的な作業時間の材料として、それは同じ種類の材料であり、単に量的な違いを表すことができなければなりません。
他の必要な特性は、交換プロセス内で持続する必要があるため、その使用価値の耐久性です。
貴金属はこれらの特性を非常に優れています。
お金は反省や合意の産物ではなく、交換の過程で本能的に形成されるため、非常に異なった、多かれ少なかれ不適切な商品が交互にお金の機能を果たしてきました。
交換プロセスの開発の特定の段階で、交換価値と使用価値の決定を商品に極性的に分配する必要性。
これにより、たとえば、一方の商品が交換の媒体として表示され、他方の商品が交換の媒体として表示されます。
使用価値として疎外されているということは、A商品または最も一般的な使用価値のいくつかの商品が最初にお金の役割を果たすことを意味します。
すぐに存在するニーズの対象ではない場合、富の実質的に最も重要な要素としての存在は、他の使用価値よりも一般的な性格を保証します。
もう1つは使用価値として疎外されていますが、それはどこでも、商品、または最も一般的な使用価値のいくつかの商品でさえ、最初は誤ってお金の役割を果たしていることを意味します。
すぐに存在するニーズの対象ではない場合、富の実質的に最も重要な要素としての存在は、他の使用価値よりも一般的な性格を保証します。
もう1つは使用価値として疎外されていますが、それはどこでも、商品、または最も一般的な使用価値のいくつかの商品でさえ、最初は誤ってお金の役割を果たしていることを意味します。
すぐに存在するニーズの対象ではない場合、富の実質的に最も重要な要素としての存在は、他の使用価値よりも一般的な性格を保証します。

交換プロセスの自然な形である直接物々交換は、商品からお金へではなく、商品への使用価値の初期の変換を表します。交換価値は自由形式ではありませんが、それでも使用価値に直接リンクされています。これは2回表示されます。生産自体は、その構造全体において、交換価値ではなく使用価値に向けられているため、使用価値が使用価値ではなくなり、手段となるのは、消費に必要な基準を超えた場合のみです。交換します。一方、それらは、二極化されているものの、それら自体が直接の使用価値の範囲内にある商品であるため、商品所有者によって交換される商品は、両方の使用価値でなければなりません、しかし、その非所有者の使用価値。確かに、商品を交換するプロセスが表示されます<36>もともと自然界の懐ではなかった(14)しかし、彼らが他のコミュニティと接触するいくつかのポイントで、彼らの限界で、彼らが止まるところ。ここから物々交換が始まり、そこからコミュニティの内部に反撃し、腐食作用があります。したがって、奴隷、牛、金属などの異なるコミュニティ間の物々交換で商品となる特定の使用価値は、通常、コミュニティ自体の中で最初のお金を形成します。交換価値。一連の同等物が長いほど、または商品の交換範囲が広くなります。したがって、物々交換の段階的な拡大、交換の増加、および物々交換取引に参入する商品の増加は、商品を交換価値として発展させます。お金の形成を促し、したがって、即時の物々交換取引に解消効果をもたらします。経済学者は、物々交換の拡大が直面する外部の困難からお金を引き出すために使用しますが、これらの困難は交換価値の開発から、したがって一般労働としての社会労働から生じることを忘れてください。例:使用価値として、商品は任意に分割可能ではなく、交換価値としてどうあるべきか。または、Aの商品はBの使用価値である可能性がありますが、Bの商品はAの使用価値ではありません。または、商品の所有者は、価値の不均等な比率で相互に交換可能な分割できない商品を必要とする場合があります。言い換えれば、単純な物々交換を見るという口実の下で、経済学者は矛盾の特定の側面を説明します、商品の存在は、使用価値と交換価値の直接的な統一として包み込まれています。一方、彼らは商品を交換するプロセスの適切な形として物々交換に固執します。これは、お金が巧妙に考え抜かれた情報手段である特定の技術的な不便にのみ関連しています。この非常に浅い観点から、機知に富んだ英国の経済学者は、お金は船や蒸気機関のような単なる物質的な道具であり、生産の社会的関係を表すものではなく、したがって経済的カテゴリーではないと正しく主張しています。したがって、それは政治的にのみ虐待的です これは特定の技術的な不便にのみ関連しており、お金は巧妙に考え抜かれた情報手段です。この非常に浅い観点から、機知に富んだ英国の経済学者は、お金は船や蒸気機関のような単なる物質的な道具であり、生産の社会的関係を表すものではなく、したがって経済的カテゴリーではないと正しく主張しています。したがって、それは政治的にのみ虐待的です これは特定の技術的な不便にのみ関連しており、お金は巧妙に考え抜かれた情報手段です。この非常に浅い観点から、機知に富んだ英国の経済学者は、お金は船や蒸気機関のような単なる物質的な道具であり、生産の社会的関係を表すものではなく、したがって経済的カテゴリーではないと正しく主張しています。したがって、それは政治的にのみ虐待的です しかし、生産の社会的関係の表現ではなく、その結果、経済的カテゴリーはありません。したがって、それは政治的にのみ虐待的です しかし、生産の社会的関係の表現ではなく、その結果、経済的カテゴリーはありません。したがって、それは政治的にのみ虐待的です<37>テーブルエコノミー。実際にはテクノロジーとは何の共通点もありません。(15)

商品の世界では、発達した分業が前提とされているか、むしろそれは特別な商品として互いに対峙し、等しく多様な働き方がある多様な使用価値に直接表されています。分業は、雇用の全て、特に生産モードの全体として、利用価値の製造作業として見その材料側面によれば、社会的労働力の全体的な形態です。しかし、そのようなものとして、商品の観点から、そして交換プロセスの中で、それはその結果、商品自体の特殊化にのみ存在します。

商品の交換は、社会的代謝、つまり個人の特定の製品の交換が、同時に、個人がこの代謝に参加する生産の特定の社会的関係の作成であるプロセスです。商品の相互の処理関係は、一般的な同等物の異なる決定として結晶化するため、交換プロセスは同時にお金の形成プロセスでもあります。さまざまなプロセスの過程として現れるこのプロセス全体が循環です。

  A.商品の分析に関する履歴情報

二重形式の労働商品、実際の労働または意図的な生産活動の使用価値、労働時間または同等のソーシャルワークの交換価値の分析は、古典派の研究の1世紀半以上の重要な最終結果です。ウィリアム・ペティとイギリスで、ボワズギユベールとフランスで行われた政治経済学 (16)イギリスではリカルド、フランスではシスモンディで始まります。

<38> ペティは、彼女の創造力の性質について誤解されることなく、労働における使用価値を解消します。彼は、仕事の分業として、実際の仕事を全体的な社会的形態で即座に把握します。(17)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 https://www.marxists.org/archive/marx/works/1859/critique-pol-economy/ch01a.htm

  A.商品の分析に関する歴史的注記
 英国のウィリアム・ペティとフランスのボワズギユベール[1]で始まり、
 英国のリカルドとフランスのシスモンディで終わる古典派経済学によっ
 て1世紀半以上にわたって行われた研究の決定的な結果は、商品の側面
 は、2つの形態の労働に分けられます。使用価値は具体的な労働または
 目的の生産活動に還元され、交換価値は労働時間または均一な社会労働
 に還元されます。

 Pettyは、その創造力が自然要因に依存していることを欺くことなく、
 使用価値を労働に還元します。彼はすぐとしてその全体の社会的側面で
 の具体的な労働力を知覚分業。[2]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<39>それは彼の現代的なホッブズとの例の場合と同様に物質的な富の源のこのビューには、多かれ少なかれ滅菌残っていないが、それにリード彼を政治算術は、最初の形式は、ここで政治経済学は以下のように分離され、独立した科学。しかし、商品の交換の過程で彼が現れるので、彼は交換価値を取ります、お金として、そしてお金自体を既存の商品として、金と銀として。彼は、通貨システムのアイデアにとらわれて、交換価値を設定する作業のために、金と銀を取得する特別な種類の実際の作業について説明します。実際、ブルジョアの仕事は即時の実用的価値を生み出す必要はないが、交換プロセス<40>での疎外によって金と銀、すなわちお金、すなわち交換価値、すなわち客観的な一般的な仕事として。しかし、彼の例は、物質的富の源泉としての労働の知識が、労働が交換価値の源泉である特定の社会形態の誤解を決して排除しないことを明確に示しています。

ボワズギユベール 一方、意識的ではないにしても、個人の労働時間を特定の支店間で分割する正しい比率で「真の価値」(la juste valeur)を決定することにより、実際には商品の交換価値を労働時間に分解します。この正しい比率を生み出す社会的プロセスとしての産業と自由なプレゼンツ競争の。同時に、ペティとは対照的に、彼はお金と熱狂的に戦います。お金は、その介入によって商品交換の自然なバランスや調和を乱し、素晴らしいモロクはすべての自然の富の犠牲を要求します。一方では、この金に対する論争が特定の歴史的状況に関連している場合、ボワズギユベールはルイ14世の法廷の金に対する盲目的に破壊的な欲望を説明しています。(18)、ペティは人々を産業の発展と世界市場の征服に駆り立てる金への貪欲な精力的な衝動を祝うが、同時により深い根本的な矛盾がここに現れ、それは真の英語と真のフランス語(19)経済が繰り返された。実際、Boisguillebertは、富、使用価値、および楽しみの物質的な内容のみを調べます。(20)、そしてブルジョアの労働形態、生産<41>を商品としての使用価値、そして商品の交換プロセスを、個々の労働者がその目的を達成するための固有の社会的形態と見なしている。お金のようにブルジョアの富の特定の性格に直面するときはいつでも、彼は外国の要素を奪うことの侵入を信じ、一方の形でブルジョアの労働に興奮し、同時に他方の形でそれをユートピア的な方法で称賛します。(21) Boisguillebertは、労働時間が商品の価値の尺度として扱われることができるという証拠を私たちに提供しますが、商品の交換価値で客体化され、時間で測定される労働は、個人の直接の自然活動と混同されます。

労働時間の交換価値の最初の意識的で、ほとんど自明な分析は、新しい世界の男性に見られます。そこでは、持ち主と同時に輸入されたブルジョアの生産関係が、土壌の中で急速に急上昇しました。腐植土が豊富な歴史的伝統の欠如を補った。その男はベンジャミン・フランクリンであり、彼は1729年に執筆し、1731年に印刷を推進し、現代の政治経済学の基本法を制定しました。(22)彼は貴金属とは異なる価値の尺度を探す必要があると宣言しています。これが作品です。

1ブッシェルの穀物の生産に関連する同じ作業として、1オンスとしてカウントされていたブッシェルは2、caeterisparibusとしてカウントされます。ですから、国の富は住民が買える労働力の量。」(23)

<42>作業は、価値の尺度としてフランクリン経済主義の一方の側ですぐに発生します。交換価値での実際の製品の変換は明らかであり、したがって、その価値の大きさの尺度を見つけるだけです。

「貿易は労働と労働の交換に他ならないので、すべてのものの価値は労働を通じて最も適切に評価されます」と彼は言います。(24)

仕事という言葉の代わりに実際の仕事を使用すると、ある形式の作業と別の形式の作業が混在していることがすぐにわかります。貿易は、例えば、靴作り、鉱業、紡績、塗装などの交換で構成されているので、ブーツの価値は塗装で最も正確に評価されていますか?逆に、フランクリンは、ブーツ、鉱山製品、ウェビング、絵画などの価値は、特定の品質を持たないため、単なる量で測定できる抽象的な作品によって決定されることを意味しました。(25)しかし、彼は交換価値に含まれる労働を、個々の労働の全面的な疎外から生じる抽象的な一般的な社会的労働として発展させないので、彼は必然的にお金をこの疎外された労働の直接の存在形態と誤解している。したがって、彼にとって、交換価値を設定するお金と労働は本質的な関係ではなく、むしろお金は技術的な便宜のために外部に交換に持ち込まれる手段です。(26)フランクリンの交換価値の分析は、特定の実際的な機会における政治経済学の孤立した問題のみを扱っていたため、科学の一般的なコースに直接的な影響を与えませんでした。

真に有用な仕事と交換価値を設定する仕事との対比は、18世紀に問題の形でヨーロッパを動かしました:ブルジョアの富の源はどのような特別な種類の実際の仕事でしたか?したがって、使用価値または製品を生み出すことで実現されるすべての仕事がすぐに富を生み出すわけではないと想定されました。農のために、しかし、対戦相手のように、燃え質問は労働力の両方ではありません作成した値を、しかしその労働が作成剰余価値を。したがって、問題を要素形式で解決する前に、問題を複雑な形で歴史性として扱います<43>すべての科学が十字形の痕跡の塊を通過することは、それらの本当の出発点につながるだけです。他のマスタービルダーとは対照的に、科学は空中に城を描くだけでなく、礎石を置く前に建物の個々の居心地の良い床をリストします。もはやここで重農主義者にとどまらず、多かれ少なかれ適切な考えで商品の正しい分析を試みる一連のイタリアの経済学者を無視することによって(27)、すぐに、ブルジョア経済のシステム全体に取り組んだ最初のイギリス人であるジェームズ・スチュアート卿に目を向けましょう。
(28)

彼と同じように、政治経済学の抽象的なカテゴリーは、それらの重要な内容から分離され、したがって流動的で変動する過程でまだ現れています。交換価値のカテゴリーもそうです。ある時点で、彼は労働時間(労働者が1日に実行できること)を通じて真の価値を決定しますが、これには紛らわしいことに賃金と原材料が含まれます。(29)別の時点で、素材の内容との闘いはさらに顕著になります。彼は、製品に含まれる天然素材を銀の編み枝細工の銀のように、それらの本質的な価値(本質的な価値)と呼び、それに含まれる労働力はそれらの実用的な価値(有用な価値)と呼びます。

「最初のものは、それ自体が現実のものです...一方、使用価値は、それを製造するのにかかった労力に応じて見積もる必要があります。材料の変更に伴う労力その男の時間の一部などを表します。」(30)

スチュアートが前任者や後継者と一線を画しているのは、交換価値で表される具体的なソーシャルワークと、使用価値を実現する実際の仕事との明確な違いです。

「仕事」と彼は言います、「それはその疎外を通して普遍的な同等物を生み出します、私は
彼は産業としての仕事を実際の仕事だけでなく他の社会的形態の仕事とも区別しています。彼にとって、それはその古代と中世の形態とは対照的に、ブルジョアの形態の仕事です。彼は特に、スコットランド自体と大陸での彼の大規模な旅行の両方での崩壊の段階で観察したブルジョアと封建的労働の対比に興味を持っています。もちろん、スチュアートは、ブルジョア以前の時代でさえ、商品が商品の形を与えられ、商品がお金の形を与えられたことをよく知っていましたが、商品は富と疎外の基本的な基本的な形にすぎないことを詳細に示しました流用の支配的な形態はブルジョアの生産期間に属します、(31)

など、農業、製造、出荷、貿易、など実際の労働の特定の形態、後に、連続的に富の真の源としてアサートされていた、アダム・スミスは宣言し、一般的に労働力を、実際にその全体的な社会的な形での一部門として、労働、物質的な富または使用価値の唯一の源として。ここで彼は自然の要素を完全に見落としていますが、それは彼を社会的富、交換価値のみの領域に追い込みます。アダムは確かにそれが含む労働時間を通して商品の価値を決定しますが、それからこの価値の決定の現実をアダマイト以前の時代に移します。言い換えれば、単純な商品の観点から彼に真実であると思われることは、それらがより高くより複雑な形態の資本、賃金労働、家賃などに置き換えられるとすぐに彼には不明確になります。彼はこれを、商品の価値が、人々がまだ自分たちを資本家、賃金労働者と見なしていないブルジョアジーから失われた楽園でそれらに含まれる労働時間によって測定されるように表現している<45>。地主、テナント、高利貸しなど。ただし、単純な商品生産者および商品交換者としてのみ直面していました。彼は常に、商品に含まれる労働時間による商品の価値の決定と労働価値による商品の価値の決定を混同し、詳細の実装の至る所で変動し、社会的プロセスが強制的に行う客観的な方程式を提供します不平等な労働の間で実行され、主観的な労働のために<ハンドコピーで修正されました。(1859)主観的>個々の仕事の平等。(32)彼が求めて達成することが通って、その基本的な形で市民労働であり、設定値を交換することは、労働に実際の労働からの遷移を分業。今のところ、私的交換は分業を伴うべきであるが、分業が私的交換を前提としているのも同様に間違っている。たとえば、ペルー人の間では、民間の交換や商品としての製品の交換はありませんでしたが、労働は極端に分かれていました。

アダム・スミスとは対照的に、デヴィッド・リカードは労働時間の観点から商品の価値の決定を行い、この法律が最も明らかに矛盾するブルジョアの生産関係にも適用されることを示しています。リカルドの調査は、もっぱら価値の大きさに限定されており、これを参照して、彼は少なくとも、法の実現は特定の歴史的前提条件に依存していると疑っています。彼は、労働時間による価値の決定は商品にのみ適用されると言っているからです。
「これは業界によって自由に増やすことができ、その生産は無制限の競争によって支配されています」(33)。

<46>実際、これは、価値の法則がその完全な発展のために、偉大な工業生産と自由な競争の社会、つまり現代のブルジョア社会を前提としていることを意味するだけです。さらに、リカルドはブルジョア形式の仕事を永遠の自然な形のソーシャルワークと見なしています。商品の所有者として、彼はすぐに元の漁師と元のハンターに、これらの交換価値で表される労働時間に比例して魚とゲームを交換させます。この機会に、彼は、原始の漁師と原始のハンターが1817年にロンドン証券取引所で利用可能な年金テーブルを使用して彼らの作業器具を計算するという時代錯誤に陥ります。「オーウェン氏の平行四辺形」は、ブルジョアの社会とは別に、彼が知っていた唯一の社会形態のようです。

「リカルド氏はまるで他の惑星から落ちたかのようでした。」<「リカルド氏はまるで別の惑星から落ちたかのように見える。」

リカルドとの直接の論争で、シスモンディは交換価値を設定する労働の特定の社会的性格の両方を強調しました(34)、彼がそれを「私たちの経済発展の特徴」と説明しているように、価値の量を必要な労働時間に減らすこと

「社会全体のニーズと、このニーズを満たすのに十分な仕事の量との関係」(35)。

シスモンディは、交換価値労働がお金によって偽造されるというボワズギユベールの考えにもはや巻き込まれていませんが、ボワズギレベールのように、彼は大きな産業資本を非難しています。リカルドの政治経済学がその究極の結論を冷酷に引き出して結論を??下すとき、シスモンディはそれ自体についての疑念を提示することによってこの結論を補完します。

リカルドは古典派経済学の完璧なものとして定式化されたので、労働時間による交換価値の決定は最も純粋であり、経済的側面から発展してきましたが、もちろん<47>論争が起こりました。この論争は主にばかげたものになります(36)形を取り除いて、それは以下の点に要約されます:
第一に、労働自体には交換価値があり、仕事が異なれば交換価値も異なります。交換価値を測定すること自体が再び測定を必要とするので、交換価値を交換価値の測定にすることは欠陥のある円です。この異議は問題に解消されます。交換価値の内在的な尺度として労働時間を考えると、
これに基づいて賃金を上げることができます。賃金労働の教義が答えを与えます。

第二に、製品の交換価値がそれに含まれる労働時間に等しい場合、就業日の交換価値はその製品に等しくなります。または、賃金は労働の産物と等しくなければなりません。(37)今は逆です。エルゴ。この異議は問題に解決されます。単なる労働時間によって決定される交換価値に基づく生産は、労働の交換価値がその製品の交換価値よりも小さいという結果にどのようにつながるのでしょうか。この問題は資本を考慮して解決します。

第三に、商品の市場価格は、需要と供給の関係の変化に伴い、交換価値を下回ったり上回ったりします。したがって、商品の交換価値は、商品に含まれる労働時間ではなく、需要と供給の関係によって決定されます。では、<48>交換価値の法則が唯一の彼自身の反対でそれを実現して確かに、唯一の問題は、より正確に、交換価値に基づいて、または主要な市場価格の開発様々なように、この奇妙な結論に提起されています。この問題は競争の教義で解決されます。

4番目:最後の矛盾と明らかに最も印象的なのは、奇妙な例の形でいつものように提示されない場合:交換価値が商品に含まれる労働時間に他ならない場合、労働を含まない商品はどのように交換することができますか言い換えれば、単なる自然の力の交換価値はどこから来るのでしょうか?この問題は基本家賃の教義で解決されます。

カール・マルクスによる脚注
(1)アリストテレス、「De Republica」、L。I、C。9(編集。I。Bekkeri、Oxonii 1837)。「すべての商品の
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



https://www.marxists.org/archive/marx/works/1859/critique-pol-economy/ch01a.htm
カール・マルクス:政治経済批判

A.商品の分析に関する歴史的注記
英国のウィリアム・ペティとフランスのボワズギユベール[1]で始まり、英国のリカルドとフランスのシスモンディで終わる古典派経済学によって1世紀半以上にわたって行われた研究の決定的な結果は、商品の側面は、2つの形態の労働に分けられます。使用価値は具体的な労働または目的の生産活動に還元され、交換価値は労働時間または均一な社会労働に還元されます。
Pettyは、その創造力が自然要因に依存していることを欺くことなく、使用価値を労働に還元します。彼はすぐとしてその全体の社会的側面での具体的な労働力を知覚分業。[2]
 

ウラジーミル・レーニン 協同組合制度について

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 3月26日(金)18時39分54秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/le/le33/le33_453.htm

  ウラジーミル・レーニン
  協同組合制度について
  1923年1月

  印刷および閲覧:レーニン・ヴェルケ、ディーツ・ヴェルラグ・ベルリン、1973年、33巻、453~461ページ


私。協同組合制度にはあまり注意を払っていないように思います。十月革命以来、NEP(1)から独立している(逆に言えば、この点で、まさにNEPのおかげで)協同組合システムが私たちにとって非常に特別な重要性を増していることを誰もが理解しているわけではありません。協同組合の古いメンバーの空想の中で、多くのことが素晴らしいです。彼らはしばしば彼らのファンタジーのためにばかげているように見えます。しかし、彼らのファンタジーは何ですか?これらの人々が、搾取のルールを打倒するための労働者階級の政治的闘争の本質的で根本的な重要性を理解していないという事実において。この秋は今や私たちにとって事実になりました、そして今では古い協同組合のメンバーの夢について素晴らしく、ロマンチックでさえ、ばかげたことの多くがなりつつあります


私たちにとって、国家権力が労働者階級の手にあることは本当に真実です。なぜなら、すべての生産手段はこの国家権力に属しているからです。私たちにとって本当に残っているのは、協同組合として人口を団結させることだけです。人口が最大限に協力的であるならば、過去に正当な嘲笑、思いやりのある笑顔、階級闘争の必要性、政治権力のための闘争などの必要性を正しく確信した人々の軽蔑的な行動を引き起こした社会主義が達成されます。これ自体がターゲットです。しかし、すべての同志が、ロシアの協同組合が現在私たちのために獲得している巨大で計り知れない重要性を説明しているわけではありません。NEPでは、トレーダーとして農民がいます。民間貿易の原則に譲歩した。これから正確に(世論に反して)協同組合システムの巨大な重要性が続きます。NEPの規則の下では、ロシア国民の十分に広く深い協同組合が基本的に私たちに必要なすべてです。なぜなら、私たちは今、私的利益、私的商業的利益、国家による監視と管理の程度、彼らは、多くの、多くの社会主義者にとってつまずきであった一般的な利益への従属を発見しました。確かに、すべての大規模な生産手段を処分する国家の力、プロレタリアートの手にある国家の力、このプロレタリアと何百万もの小規模で矮小な農民との同盟、農民などに対するこのプロレタリアートの指導的地位を確保することは、協同組合から抜け出すために必要なすべてではなく、以前は惨めなものとして軽蔑して扱っていた協同組合からのみであり、ある意味で私たちは現在、 NEPは同じように扱う権利がありますが、完璧な社会主義社会を構築するために必要なのはそれだけではありませんか?それはまだ社会主義社会の確立ではありませんが、この確立のために必要かつ十分なのはそれだけです。NEPの下では、同じように扱う権利がありますが、完璧な社会主義社会を構築するために必要なのはそれだけではありませんか?それはまだ社会主義社会の確立ではありませんが、この確立のために必要かつ十分なのはそれだけです。NEPの下では、同じように扱う権利がありますが、完璧な社会主義社会を構築するために必要なのはそれだけではありませんか?それはまだ社会主義社会の確立ではありませんが、この確立のために必要かつ十分なのはそれだけです。


私たちの開業医の多くは、この事実を過小評価しています。私たちは上から協同組合を見下ろし、第一に原則(国家の手による生産手段の所有権)の観点から、第二にこれらの協同組合がどのような並外れた重要性を持っているかを理解していません。農民にとって可能な限りシンプルで、簡単で、アクセスしやすい方法で、新しい条件に移行します。


そして、それが再び主要なことです。社会主義を構築するために考えられるすべての労働組合について空想することと、すべての小規模農家が参加できるような方法でこの社会主義を実際に構築することを学ぶことは別のことです。ちょうどこの段階に到達しました。そして、私たちがこの段階に達した後、私たちがそれをほとんど利用しないことは間違いありません。


NEPへの移行では、貿易と産業の自由の原則にあまりにも多くのスペースを与えたという点ではなく、曲線を踏み越えましたが、NEPへの移行では、それらを忘れたという点で弧を踏み越えました。私たちが現在協同組合を過小評価している協同組合、私たちはすでに上記のこの意味の二重の意味での協同組合の非常に重要なことを忘れ始めています。


私は今、この「協力的」原則に基づいて、実際にすぐに何ができ、何をしなければならないかについて読者に話すつもりです。その社会主義的重要性がすべての人とすべての人に明白になるような方法で、この「協力的」原則をすぐに開発し始めることができる、そしてしなければならない手段は何ですか?


協同組合が一般的かつ常に一定の利益を享受するだけでなく、この特権が純粋に物質的な性質(銀行の利子のレベルなど)であるように、協同組合のために政治的状況を作り出す必要があります。協同組合は国の基金から融資を受ける必要がありますが、それは私たちが民間企業に貸し付けている資金をわずかに上回っています。


すべての社会秩序は、それが特定のクラスによって財政的に支援されている場合にのみ発生します。言うまでもなく、「自由な」資本主義の誕生を犠牲にした何億、何億ものルーブル。今、私たちが通常を超えて支援しなければならない社会秩序は協同組合秩序であることを認識しなければならず、この知識を実践しなければなりません。しかし、私たちはこの言葉の本当の意味で彼らをサポートしなければなりません。つまり、このサポートを理解するだけでは、あらゆる種類の協同組合の売上高の促進を意味するのではありません。このサポートは、そのような協同組合の売上高のサポートを意味すると理解する必要があります。人口のどの実際の大衆が本当に参加しているのか。農家、協同組合の売上高に参加し、ボーナスを付与するのは絶対に正しい形式ですが、ここで重要なのは、この参加を管理し、それが意識的で質的に欠陥のない参加であるかどうかを確認することです。これが問題の重要なポイントです。協同組合が村に入ってそこに協同組合の店を設立した場合、厳密に言えば、住民は関与しませんが、同時に、彼ら自身の利益に導かれて、彼らはできるだけ早く参加しようとします可能。


この問題には別の側面があります。「文明化された」ヨーロッパ人(特に識字者)の観点から、私たちは、例外なく、協同組合の取引に参加するように、受動的ではなく積極的に、すべての人を誘導するためにほとんど何もする必要がありません。実際、私たちに残されていることは「たった1つ」です。それは、協同組合への一般参加のすべての利点を理解し、この参加を組織するように、人口を「文明化」することです。「ただ」それ。社会主義に移るのに今は他の知恵は必要ありません。この「唯一の」ものを達成するためには、大衆全体の文化的発展の全期間、全体の激変が必要です。したがって、私たちは自分自身をルールにする必要があります:できるだけ空想を少なくし、空のフレーズをできるだけ少なくします。NEPは、最も一般的な農民のレベルに適応するという点で、この点で進歩を意味します。それは、彼より高いものを何も求めないからです。しかし、NEPを通じて例外なく協同組合への全人口の参加をもたらすためには、歴史的な時代全体が必要です。せいぜい、10年か2年でこの時代を乗り越えることができます。しかし、それにもかかわらず、それは特別な歴史的時代であり、この歴史的時代がなければ、全人口の一般的な初等教育がなく、十分に高度な覚醒がなく、人口が本を使用するのに十分な程度に慣れておらず、特定のセキュリティなしで、これの重要な1つの基礎、不作や飢饉などに対して考えてみましょう。これがなければ、目標を達成することはできません。今ではすべてが、革命的な勢い、すでに示した革命的な熱意、そして十分に示して完全な成功を収め、(ここではほとんど言いたい)能力、明るいものを組み合わせる方法を理解することにかかっています1つは、執筆と算術の熟練したトレーダーになることです。これは、優れた協同組合にとって十分です。トレーダーになる能力によって、私は文化的要求を満たすトレーダーになる能力を理解しています。ロシアの人々または単に農民は彼らの耳の後ろにそれを書くかもしれません、彼らは考えます:誰かが貿易をするならば、彼はまた貿易業者になる方法を知っています。それは完全に間違っています。彼は貿易をしますが、そこから能力まで 文化的基準を満たすトレーダーになるにはまだ長い道のりです。今日、彼はアジア的な方法で取引しています。しかし、トレーダーであることを理解するには、ヨーロッパのファッションで取引する必要があります。全体の時代が彼をこれから切り離します。


私は終わりに来ます。協同組合に対する一連の経済的、財政的、銀行的特権-これらは、私たちの社会主義国が人口を組織化するという新しい原則を示すという支援で構成されていなければなりません。ただし、これでは、タスクの内容全体が実質的に不定のままであり、まだ詳細に説明されていないため、タスクは一般的な用語でのみ概説されています。つまり、「ボーナス」の形式を理解する必要があります(と彼らの付与の条件)私たちが協同組合に与えること、私たちが協同組合を十分に促進するためのボーナスの形、私たちが文明化された協同組合のメンバーに来るためのボーナスの形。

  1923年1月4日

  II
私が新しい経済政策について書くときはいつでも、私は国家資本主義に関する私の1918年の記事を引用しました(2)。これはしばしば何人かの若い仲間の間で疑念を引き起こしました。しかし、彼らの疑念は主に抽象的な政治的側面に関係していました。


生産手段が労働者階級に属し、国家権力がこの労働者階級に属する社会秩序は、国家資本主義と呼ばれるべきではないように思われた。しかし、彼らは「国家資本主義」という用語が私と一緒に使われていることに気づいていませんでした。国家資本主義が私たちの現在の経済よりも高いことを証明するため。通常の国家資本主義と、私が話していたその異常な、さらにはまったく異常な国家資本主義との間の継続的な関係を確立することは私にとって重要でした。私が読者に新しい経済政策を紹介したとき。第二に、実用的な目的は私にとって常に重要でした。そして、私たちの新しい経済政策の実際的な目的は、譲歩に到達することでした。しかし、私たちの状況下では、譲歩は間違いなく純粋なタイプの国家資本主義でした。この観点から、私は国家資本主義についての考察を始めます。


しかし、この問題には別の側面があり、国家資本主義、または少なくともそれとの比較が必要になる可能性があります。
それが協同組合の問題です。
資本主義国家の協同組合が資本主義集団であることに疑いの余地はありません。
私たちの現在の経済の現実では、私たちが民間資本家企業を持っていることも疑いの余地はありません-社会的土地にのみあり、労働者階級の手にある国家権力の管理下にあるだけですが-一貫して社会主義タイプの企業があります(生産手段と、事業が立っている土地の統合、事業全体がどのように国家に属するか)、また、第3のタイプの事業の問題は発生しません。
これまでは基本的に重要な観点からの独立性、すなわち協同組合企業はありませんでした。民間資本主義の下では、協同組合事業は資本主義事業とは異なり、集団事業は民間事業とは異なります。
国家資本主義の下では、協同組合企業は、第一に民間企業であり、
第二に集団企業であるという点で国家資本主義企業とは異なります。
私たちの既存の社会秩序では、協同組合企業は集団企業としての民間資本主義企業とは異なりますが、土地に建設され、国家に属する生産手段、つまり労働者階級を備えている場合、社会主義企業と違いはありません。
つまり、協同組合会社です。
民間資本主義の下では、協同組合事業は資本主義事業とは異なり、集団事業は民間事業とは異なります。
国家資本主義の下では、協同組合企業は、第一に民間企業であり、第二に集団企業であるという点で国家資本主義企業とは異なります。



わが国の社会秩序では、協同組合企業は集団企業としての民間資本主義企業とは異なりますが、土地に建設され、国家に属する生産手段、すなわち労働者を備えていれば、社会主義企業と違いはありません。クラス。


私たちが協同組合について話すとき、私たちが十分に考慮に入れていないのはまさにこの事実です。私たちの州制度の特殊性のおかげで、協同組合が非常に重要であることを忘れています。ちなみに、わが国で大きな発展を遂げていない譲歩を整理すれば、私たちの状況下では、協同組合は原則として社会主義と完全に一致します。


私は自分の考えを詳しく述べたいと思います。
ロバート・オーエンをはじめとする古い協同組合のメンバーの素晴らしいところは何でしたか?階級闘争、労働者階級による政治権力の征服、搾取階級の支配の転覆などの根本的な問題を考慮せずに、社会主義を通じて現代社会の平和的変革を夢見ていたという事実。そしてそれが、この「協力的な」社会主義で純粋なファンタジーを見るとき、私たちが正しいのは、人口の単なる協力的な連合を通して、階級の敵が階級の友人や階級闘争は階級平和(いわゆる城の平和)に変わる可能性があります。


国家の政治権力をめぐる階級闘争がなければ社会主義は実現できないので、私たちが現在の基本的な任務の観点から正しかったことは間違いありません。


しかし、国家権力はすでに労働者階級の手に委ねられているため、搾取者の政治的権力が覆され、すべての生産手段(労働者の国家が自発的に一時的に行うものを除く)が変わったため、状況がどのように変化したかを考えてみてくださいそして条件付きで、搾取者は)譲歩として)労働者階級の手にあります。


今、私たちにとっての協同組合の単純な成長(上記の「小さな」例外を除く)は社会主義の成長と同じであると同時に、社会主義の概念全体が根本的に変化したことを認めなければなりません。 。この根本的な変化は、以前は政治的闘争、革命、権力の征服などに重点を置いていたという事実にあります。しかし、今日では、重点が大きく変化し、平和的な組織の「文化」の仕事に移っています。国際関係がなければ、国際的な立場で戦う義務がなければ、私たちの重点は単なる文化的仕事に移ると思います。


時代を構成する2つの主要なタスクがあります。まず第一に、私たちの装置を再設計するタスクがありますが、それは絶対に良くなく、以前の時代から完全に引き継いでいます。ここで何か真剣に改造する必要があります。5年間の苦労の中でそれを行うことができず、私たちもそれを行うことができませんでした。私たちの2番目の仕事は、農民のための文化的仕事です。そして、農民の間でのこの文化的活動は、経済的目標として協同組合を追求しています。完全な協同組合では、私たちはすでに社会主義の立場に立っているでしょう。しかし、この前提条件、完全な協同組合、


文化が不十分な国に社会主義を導入しようとするのは無意味な始まりであると、反対派はしばしば私たちに反論しました。しかし、彼らは間違っていました。なぜなら、私たちは(あらゆる種類の衒学者からの)理論がそれを行うべきであった最後に始めなかったからです。とにかく今直面しています。


この文化大革命は、私たちが完全に社会主義国になるのに十分ですが、私たちにとって、この文化大革命は、純粋に文化的(私たちが文盲であるため)と物質的性質(文化を持つために特定のものが必要であるため)の両方に大きな困難をもたらします生産の材料手段の開発、あなたは特定の材料ベースが必要です)。

1923年1月6日


1923年5月26日と27日に「プラウダ」第115号と第116号で最初に出版されました。「プラウダ」のテキストによると、速記と比較されます。署名:N。レーニン。

脚注:
1. NEP:新しい経済政策-20年代前半のソビエト連邦の経済モデルであり、内戦段階の「戦時共産主義」に取って代わった。国有化された産業と銀行の集中型セクターに加えて、中小企業、特に農業と手工芸品の大規模な民間資本主義セクターがありました。

2.「「左」の幼稚さとささいなブルジョアジーについて」(レーニン・ヴェルケ、27巻、315~347ページ)。

 

Re: 作品と労働--訳

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 3月20日(土)21時07分22秒
返信・引用 編集済
  > No.1854[元記事へ]

  杉本への返事。

> http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Z23
>
>
> B)価値の合計または開発された形式
>
> <77> z商品A = u商品Bまたは= v商品Cまたは= w商品Dまたは= x商品Eまたは=など。
>
> (リネン= 1人のスカートの20ヤードまたは= 10ポンド。お茶のか= 40ポンド。やコーヒー= 1四半期小麦のか、金の2オンス=または= 1 / 2または=などの鉄のトン)
>
> 1.開発された相対的な価値の形
>
> リネンなどの商品の価値は、現在、商品の世界の他の無数の要素で表されています。他のすべての商品は、キャンバスの価値の鏡になります。(23)したがって、この価値自体は、真に無差別な人間の労働のゼリーとしてのみ現れます。形成する作品については、それが常に持つ自然な形が何であれ、それが岩、小麦、鉄、金などで表されるかどうかにかかわらず、他のすべての人間の作品に無関心な作品として明示的に表されます。その価値の形のために、キャンバスは現在、他の1つのタイプの商品だけでなく、商品の世界との社会的関係を持っています。商品として、それはこの世界の市民です。同時に、彼の表現の終わりのないシリーズには、商品価値はそれが現れる特定の使用価値の形式に無関心であるということがあります。
>
> <78>最初の形式:20ヤードのリネン= 1ロックこれらの2つの製品が、特定の量的関係に交換可能であるというのはランダムな事実かもしれません。一方、2番目の形式では、偶発的な外観とは本質的に異なり、それが透けて見えることを決定する背景。キャンバスの価値は、スカート、コーヒー、鉄などで描かれているかどうかにかかわらず、最も多様な所有者に属する無数の異なる商品で同じままです。商品の2人の個人所有者間の偶然の関係はもはや適用されません。商品の価値を規制するのは交換ではなく、逆に、商品の価値がその交換関係を規制することが明らかになります。
>
> 2.特別な同等の形式
>
> すべての商品、スカート、お茶、小麦、鉄などは、キャンバスの価値表現において同等であると見なされ、したがって価値の本体と見なされます。これらの商品のそれぞれの明確な自然の形は、他の多くの商品と並んで特別な同等の形になりました。同様に、さまざまな商品に含まれる多様な特定の、具体的で有用なタイプの仕事は、現在、人間の仕事自体の実現または顕現の多くの特定の形態であると考えられています。
>
>   -----------------------------------------------------------------------
>
>
>
>  ------------------------------------------------------------------------
>
> 英和訳『資本論』 第1巻(第一部)
>
> https://sites.google.com/site/heyizibenlun/home/diipian-shang-pinto-huo-bi-1/1zhang-di1jie-yitsuno-shang-pinno-zhongno-ertsuno-yao-yin-shi-yong-si-zhito-si-zhi/1zhang-di3jie-si-zhino-xing-taisunawachi-jiao-huan-si-zhi
>
>
> B.価値の全体形態または展開された形態
>          Total or Expanded Form of Value
>
>  <B緒題>
>  (第1の形態)
>  z量の商品 A  = u量の商品 B
>         または   = v量の商品 C
>         または   = w量の商品D
>         または   = x量の商品 E
>         または   = その他
>      z Com. A =  u Com. B
>                or =  v Com. C
>              or = w Com. D
>              or =  x Com. E
>                or =    &c.
>
>  (第2の形態)
>         (20 ヤードの亜麻布 = 1 着の上着
>          または = 10 重量ポンドの茶
>          または = 40 ポンドのコーヒー
>  または = 1 クオーターの穀物
>  または = 2 オンスの金
>  または = ? トンの鉄
>  または = その他 )
> (20 yards of linen = 1 coat
>                 or = 10 lbs tea
>                 or = 40 lbs. coffee
>                 or =   1 quarter corn
>                 or =   2 ounces gold
>                 or =  ? ton iron
>              or =   &c. )
>
> (B1)
>   1. 価値の拡張された相対形態
>    The Expanded Relative form of value
> (B1-1段)
>    単一の商品の価値が、たとえば、亜麻布がいまや数え切れない程の他の諸商品の世界の諸要素によって表されている。
> どの他の商品も亜麻布の価値の一つの鏡となる。[25]
> このように、初めて、この価値は価値自身の真の光のなかで[*1-1]差別を立てられていない人間労働の一つの凝固物として自分自身を示すのである。
> というわけはそれ[価値]を創造する労働が、他のどの種類の人間労働とも等しく並ぶ労働として、いまや明白に明らかにされて立つからである[*1-2]、その形態が何であれ、仕立てる であれ、耕す であれ、採掘する であれ[*1-3]、等々、そして、それゆえ、それが上着のなかに実現されるのであれ、穀物になかに実現されるのであれ、または金のなかに実現されるのであれ。
> 亜麻布は、それのもつ価値の形態によって、いまや一つの社会的関係のなかに立つ、もはやただひとつの他の種類の商品とだけでなく、諸商品の世界全体との[社会的関係のなかに立つ]。
> ひとつの商品として、それは商品世界の一市民である。
> 同時に、終わることのない一連の価値等式はつぎのことを意味している、すなわち一商品の価値に関しては、それがどんな独特な形態の、あるいはどんな種類の、使用価値がそこに現れてもそれは無関心なことである。
>   The value of a single commodity, the linen, for example, is now expressed in terms of numberless other elements of the world of commodities.
> Every other commodity now becomes a mirror of the linen’s value.[25]
> It is thus, that for the first time, this value shows itself in its true light as a congelation of undifferentiated human labour.
> For the labour that creates it, now stands expressly revealed, as labour that ranks equally with every other sort of human labour, no matter what its form, whether tailoring, ploughing, mining, &c., and no matter, therefore, whether it is realised in coats, corn, iron, or gold.
> The linen, by virtue of the form of its value, now stands in a social relation, no longer with only one other kind of commodity, but with the whole world of commodities.
> As a commodity, it is a citizen of that world.
> At the same time, the interminable series of value equations implies, that as regards the value of a commodity, it is a matter of indifference under what particular form, or kind, of use value it appears.
>
> (B1-2段)
> (78)
>   最初の形態、20 ヤードの亜麻布 = 1 着の上着 、においては、ひょっとしたら、別の仕方で現れるから、これらの二つの商品がきまった量で交換できることは、純粋に偶然な出来事、であったかもしれない。
> 二番目の形態においては、われわれは別の見地から、すぐにこの偶然的な出現を決めている、そして本質的にこの偶然とは異なっている背景を理解する。
> 亜麻布価値は大きさは変わらないままでいる、上着の中に表されても、コーヒー、または鉄、または多数の異なった所有者たちの所有物としての無数の異なった諸商品の中に表されても。
> 二人の個人商品ー所有者のこの偶然的な関係は消えてなくなる。
> つぎのことが明白となる、諸商品の価値の大きさを律するのはそれらの交換ではない;
>  反対に、諸商品の交換の比率を律するのはそれらの価値の大きさである、ということが明白となる。
> (78)
>    In the first form, 20 yds of linen = 1 coat, it might, for ought that otherwise appears, be pure accident, that these two commodities are exchangeable in definite quantities.
> In the second form, on the contrary, we perceive at once the background that determines, and is essentially different from, this accidental appearance.
> The value of the linen remains unaltered in magnitude, whether expressed in coats, coffee, or iron, or in numberless different commodities, the property of as many different owners.
> The accidental relation between two individual commodity-owners disappears.
> It becomes plain, that it is not the exchange of commodities which regulates the magnitude of their value;
>  but, on the contrary, that it is the magnitude of their value which controls their exchange proportions.
>
>  (B)
>   2. 特定の同等形態[等価形態]
>          The particular Equivalent form
> (B2-1段)
>    各々の商品、たとえば、上着、茶、穀物、鉄、などは、亜麻布の価値の表現において、一つの同等物[等価物]として、かつ、結果として、一つの価値である物として表象する[*1-1]。
> これらの諸商品の各々の身体的形態はいまや、多くのなかの一つとして特定の同等物[等価物]形態として表象する。
> 同じ方法においてこれらの労働の多重に具体的な有用諸種類は、これらの異なった諸商品に具現化されていて、いまや多くの異なった実現の諸系体として並んでおり、または差別を立てられない人間労働の明示として。
>    Each commodity, such as, coat, tea, corn, iron, &c., figures in the expression of value of the linen, as an equivalent, and, consequently, as a thing that is value.
> The bodily form of each of these commodities figures now as a particular equivalent form, one out of many.
> In the same way the manifold concrete useful kinds of labour, embodied in these different commodities, rank now as so many different forms of the realisation, or manifestation, of undifferentiated human labour.
>
>
>
>

--------------------------------------------------------------------------


http://www.cpm.ehime-u.ac.jp/AkamacHomePage/Akamac_E-text/Kapital/1.Kapitel.html


商品とお金

最初の章

グッズ

1.商品の2つの要素:使用価値と価値(価値の実体、価値の大きさ)

   ----------------------------------

{56}
2.商品に表された作品の二重性

もともと、この商品は、使用価値と交換価値という2つの性質を持つものとして私たちに見えました。後になって、価値で表される限り、労働でさえ同じ特徴を持たなくなったことが判明しました。商品に含まれる労働の貧弱な性質は、私によって最初に批判的に示されました[12]。この点が政治経済学の理解を中心とする出発点であるため、ここでさらに詳しく検討します。

スカートと10ヤードのリネンの2つの商品を取り上げましょう。前者は後者の2倍の値を持っているため、10キュビトのリネン= Wの場合、スカート= 2Wになります。


{62}
3.価値または交換価値の形式

商品は、鉄、リネン、小麦などの使用価値または商品の本体の形で世界に登場します。これは、自家製の自然な形です。しかし、それらは二重であり、使用の対象であり、同時に価値のある運送業者であるため、商品にすぎません。したがって、それらは商品としてのみ表示されるか、二重の形式、自然な形式、および価値の形式を持っている場合にのみ商品の形式を持ちます。

商品の客観性は、どこで入手できるかわからないという点でWittibHurtigとは異なります。官能的な粗い客観性とは対照的に。したがって、個々の商品を好きなように回して回すことができますが、それは貴重なものとして理解できないままです。しかし、商品が同じ社会的単位である人間の労働の表現である限り、その対象価値が純粋に社会的であるということを私たちが覚えているならば、それらはの社会的関係にのみ現れることは言うまでもありません。商品から商品への缶。確かに、私たちは商品の交換価値または交換比率から、それらの隠れた価値を追跡するために進めました。私たちは今、この価値の現れに戻らなければなりません。

誰もが、他に何も知らなくても、商品には共通の価値の形があり、その使用価値のカラフルな自然の形、つまりお金の形と最も際立って対照的であることを知っています。しかし、ここでは、ブルジョア経済が試みさえしなかったことを達成する必要があります。つまり、この形のお金の起源を証明すること、つまり、商品の価値関係に含まれる価値表現の発展を最も単純で目立たないものから追跡することです。まばゆいばかりのお金の形に。お金のパズルは同時に消えます。

最も単純な価値の関係は、明らかに、どちらかに関わらず、ある商品の価値と異なるタイプの単一の商品との関係です。したがって、2つの商品の価値関係は、商品の価値の最も単純な表現を提供します。
仕事のこれらの2つの異なる側面についての言葉を持つこと。使用価値を生み出し、定性的に決定される仕事は、仕事ではなく労働ではなく、仕事と呼ばれます。Englに関する注記を参照してください。翻訳、p.14。-FE}
{63}

------------------------


https://akamac.hatenablog.com/entry/20080318/1205834368


  原著者と苦楽を分かち合う――コンメンタール『資本』2


------------------------

https://yoshinobu44.hateblo.jp/entry/2021/01/24/145559

2021-01-24
マルクスから学ぶ社会的自由論

神田 嘉延
  -----------

 1,マルクスの資本論からの労働権
----

マルクスは、商品生産の物神的性格を脱ぎ捨てためには、自由に社会化された人間の産物を意識的計画的に管理できる社会的相互関係が大切としたのです。

 そして、その歴史的条件には、人間と自然の関係の生産力の発展が必要としたのです。労働の疎外をはじめ制約されたものからの解放には、長い苦難に満ちた発展が求められると考えたのです。
 労働者が労働力の売り手として、資本主義的な生産関係に入ることで、労働とその意志の自由が大きく変わった。資本主義的生産関係の労働者は、労働する魅力が少なければ、また、自分自身の肉体的および精神的の働きとして楽しむことが少なければ少ないほど資本にとって喜ばしいことになったのです。

 それは、労働する緊張感と注意力としての合目的な意志が必要であったからです。労働者は、資本主義的な生産過程のなかで、労働の魅力、楽しみが奪われていったのです。つまり、労働者は、資本関係において、自分の意志を労働過程に従属させなければならなくなったのです。
 労働者は資本主義的生産関係に入ることによって、彼の一日の全体の生活は、労働力以外のなにものでもないようになるのです。




 2,貧困化問題と生存権・社会保障の国家義務




資本論では、資本主義的蓄積の一般的法則として、貧困、労働苦、奴隷状態、無知、野蛮化、道徳堕落の蓄積の必然性をのべています。そして、社会的階層に相対的過剰人口、受救貧民層をあげています。




  3,疎外された労働


 マルクスは、「経済学・哲学草稿」で疎外された労働についてのべまています。資本主義的な生産関係では、労働者は富をより多く生産すればするほど、彼の生産の力と範囲とがより増大すればするほど、それだけ貧しくなるというのです。
 この事実は、労働が生産する対象、生産物がひとつの疎遠な存在であったのです。そして、生産者から独立した力として、労働に対立したのです。労働者は彼の生命を労働対象のなかにそそぎこむので。しかし、そそぎこまれた生命の生産物は彼自身のものではないという皮肉な結果であったのです。
 自然は労働に生活手段を提供しますが、自然は狭い意味での生活手段を提供していたのです。労働者は、資本主義的な生産関係に入ることによって、彼の生活手段の自由な労働を奪われるし、生存手段である生産物も失われのです。労働者は肉体的主体としてのみふるまうのです。ここに二重の側面から労働者の疎外が生まれたのです。



 4,人間の意欲・意志の自由と国家の役割



  5,マルクス・エンゲルスが考えた未来社会論・自由の国



  大株主の個人、大規模な特定集団の株式から、国民による社会的共同の株式形態の資本形成が可能であるのか。その模索から、新たにどう変革していくのかという課題は、資本の社会的所有形態として極めて大切です。

 新たな協同、共同所有方法による事業体の経営の模索になっていくのです。公社方式や協同組合資本、ワーカーズコープも考えられることです。株主会社は株数によっての議決権です、協同組合資本は組合の一人一票制です。ワーカーズコープは労働者自身が組合員ですので、協同組合資本と労働者が一体なのです。労働者は経営することを求められるのです。

 市場を社会の発展段階として、不可欠とみるならば、これらの考えを模索していくことは重要なことです。
 再生可能エネルギーでのスマートコミュンティティづくりを目標に、地域循環システムづくりなどにみられように、住民と事業体の共同経営による地域エネルギー経営などそのひとつの事例です。

-
 しかし、社会主義は人間的自由を勝ち取っていく思想として、独立と自由、平等ということで多くの人びとに支持されて、普及していったものです。いま一度、人間的な自由とはなにか。自由の国とはなにか。社会的自由、市民的自由、公共の福祉という基本的な原理を含めて、それぞれの国や社会的現実に即して、深めていく課題があるのです。
 マルクスやエンゲルスの社会主義論は、当時のイギリスなどの自由や民主主義の思想が社会的影響の姿がみられ、議会の発展もありました。このような資本主義の発展した国の現状のなかでの矛盾の分析でした。このなかで社会主義が唱えられたのです。この意味で、マルクスの思想からは、先進資本主義国のなかで、社会主義思想をみつめていくことが大切だと考えられるのです。

--------------------------------------------------------------


 

レンタル掲示板
/160