teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


 4.工場

 投稿者:杉本  投稿日:2020年 7月17日(金)01時47分51秒
返信・引用 編集済
     Machinery and Large Industry
   機械および大規模産業


 ドイツ語版からの記述と比較してみると
 次の記述が理解の困難を生じさせている、ことが見えてきます

「労働プロセスだけでなく、剰余価値を生み出すプロセスでもある限り、
あらゆる資本主義的生産にはこれが共通しており、労働手段を使用するのは
労働者ではなく、手段です。労働者を雇う労働の。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 英語版

https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/ch15.htm#S4


「同じ機械的プロセスが何度も繰り返される、終わりのない苦労と労苦の悲惨なルーチンは、シーシュポスの
労働のようなものです。岩のように、労働の負担は、使い古された労働者に後
退し続けます。」 [104]
“The miserable routine of endless drudgery and toil in which the same mechanical process is gone through over and over again, is like the labour of Sisyphus. The burden of labour, like the rock, keeps ever falling back on the worn-out labourer.” [104]


At the same time that factory work exhausts the nervous system to the uttermost, it does away with the many-sided play of the muscles, and confiscates every atom of freedom, both in bodily and intellectual activity. [105] The lightening of the labour, even, becomes a sort of torture, since the machine does not free the labourer from work, but deprives the work of all interest. Every kind of capitalist production, in so far as it is not only a labour-process, but also a process of creating surplus-value, has this in common, that it is not the workman that employs the instruments of labour, but the instruments of labour that employ the workman.
工場での作業は神経系を極度に使い果たすと同時に、筋肉の多面的な遊びを排除し、身体活動と知的活動の両
方において、自由のあらゆる要素を没収します。 [105]機械は労働者を仕事から解放するのではなく、すべての
興味のある仕事を奪うので、労働の軽量化は一種の拷問になる。
労働プロセスだけでなく、剰余価値を生み出すプロセスでもある限り、あらゆる資本主義的生産にはこれが共
通しており、労働手段を使用するのは労働者ではなく、手段です。労働者を雇う労働の。

But it is only in the factory system that this inversion for the first time acquires technical and palpable reality. By means of its conversion into an automaton, the instrument of labour confronts the labourer, during the labour-process, in the shape of capital, of dead labour, that dominates, and pumps dry, living labour-power.
しかし、この反転が初めて技術的で明白な現実を獲得するのは、工場システム内だけです。オートマトンへの
変換によって、労働の道具は労働プロセスの間に、資本の形で死んだ労働の労働者と向き合い、乾いた生きた
労働力を支配し、汲み上げます。

The separation of the intellectual powers of production from the manual labour, and the conversion of those powers into the might of capital over labour, is, as we have already shown, finally completed by modern industry erected on the foundation of machinery.
知的生産力と手作業からの分離、およびそれらの力の労働力よりも資本の力への転換は、すでに示したよう
に、機械の基礎の上に構築された近代産業によって最終的に完了しました。

The special skill of each individual insignificant factory operative vanishes as an infinitesimal quantity before the science, the gigantic physical forces, and the mass of labour that are embodied in the factory mechanism and, together with that mechanism, constitute the power of the “master.” This “master,” therefore, in whose brain the machinery and his monopoly of it are inseparably united, whenever he falls out with his “hands,” contemptuously tells them:
科学、巨大な物理的力、そして工場のメカニズムに組み込まれ、そのメカニズムと共に「マスター」の力を構
成する労働力の前に、個々の重要ではない工場の工作員の特別なスキルは、微小な量として消えます。 」した
がって、この「主人」は、その「脳」の中で、機械とその独占が不可分に結びついており、「手」で脱落する
たびに、軽蔑的に彼らに告げています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 英語版
次の記述があり、実質的に、いきなりの絶対的剰余価値の生産ではない、
ことが見えてきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/ch16.htm

第16章:絶対および相対余剰値


労働者が彼の労働力の価値と同等の価値を生み出すであろう点を超える労働日の延長、および資本によるその余剰労働の充当、これは絶対的な余剰価値の生産です。それは資本主義システムの一般的な土台となり、相対的な余剰価値を生み出すための出発点となります。後者は、就業日がすでに必要な労働と余剰労働の2つの部分に分割されていることを前提としています。余剰労働力を長引かせるには、賃金相当額を短時間で生産する方法で必要労働力を短縮する。絶対余剰値の生成は、もっぱら稼働日の期間に依存します。相対的な余剰価値の生産は、労働の技術的プロセスと社会の構成に革命を起こします。したがって、それは特定のモード、資本主義の生産モード、その方法、手段、および条件とともに発生し、資本への労働の正式な服用によって提供される土台の上で自発的に発展するモードを前提としています。この発展の過程で、正式な主権は、労働に対する資本への実際の主権に置き換わります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_441.htm

   4.工場
   4. The factory

 <441>
We looked at the beginning of this chapter the body of the factory, which Gliedrung of the machine system. We then saw how machinery increased the human exploitation material of capital through the appropriation of women and child labor, how it confiscated the entire lifetime of the worker through the immense extension of the working day and how its progress, which deliver an enormously growing product in ever shorter times allowed to finally serve as a systematic means to make more work fluid at any time or to exploit the workforce more intensively. We now turn to the factory as a whole, in its most developed form.

<441>
この章の初めに、機械システムのGliedrungである工場の本体を見ました。次に、機械が女性と児童労働の没収を通じて人間の資本利用資材をどのように増やしたか、それが労働日の計り知れないほどの延長を通じて労働者の全人生を押収したか、そしてその進歩がいかにしてますます短期間で増え続ける製品をもたらしたかを見た最終的には、いつでもより多くの作業流体を作成したり、労働力をより集中的に活用するための体系的な手段として機能することが許可されました。私たちは今、最も発展した形で、全体として工場に目を向けています。





「同じ機械的プロセスが何度も繰り返される、果てしない労働の苦痛の悲惨な一筋は、シーシュポスの仕事のようなものです。岩のような仕事の負担は、常に疲れた労働者にかかっています。」(186)
"The mournful streak of endless labor agony, in which the same mechanical process is repeated again and again, is like the work of Sisyphus; the burden of work, like the rock, always falls back on the weary worker."(186)


While machine work attacks the nervous system to the extreme, it suppresses the varied play of the muscles and confiscates all free physical and mental activity.(187) Even the relief work <446> is a means of torture by the machine does not free the worker from work, but his work on the content. It is common to all capitalist production, insofar as it is not only a working process, but also a process of utilizing capital, that it is not the worker who applies the working condition but, conversely, the working condition to the worker, but this reversal only becomes technically palpable with machinery. By transforming it into an automatic machine, the work equipment itself confronts the worker as capital during the work process, as dead work that controls and sucks up the living labor force. The division of the intellectual powers of the production process from manual labor and its transformation into powers of capital over labor is accomplished, as indicated earlier, in the large industry built on the basis of machinery. The detail skill of the individual, empty machine worker disappears as a tiny side thing in front of science, the enormous natural forces and the social mass work, which are embodied in the machine system and with it form the power of the "master" (master). This master, in whose brain the machinery and his monopoly on it have grown inseparably, calls the "hands" contemptuously in the event of a collision:
 <もう一度、細かく記述してみよう。>

<446>(187)
機械作業中は神経系を極端に攻撃しますが、それは筋肉のさまざまな遊びを抑制し、すべての自由な身体的および精神的活動を没収します。救済作業でさえ、機械による拷問の手段であり、労働者を仕事から解放するのではなく、内容に関する彼の仕事です。
⑩<446>(187)
While machine work attacks the nervous system to the extreme, it suppresses the varied play of the muscles and confiscates all free physical and mental activity. Even the relief work  is a means of torture by the machine does not free the worker from work, but his work on the content.

It is common to all capitalist production, insofar as it is not only a working process, but also a process of utilizing capital, that it is not the worker who applies the working condition but, conversely, the working condition to the worker, but this reversal only becomes technically palpable with machinery.
労働条件だけでなく、資本を利用するプロセスである限り、すべての資本主義生産に共通して、労働条件を適用するのは労働者ではなく、逆に労働者に労働条件ですが、この反転は、機械でのみ技術的に明白になります。

それを自動機械に変えることにより、作業機器自体は、作業プロセス中に資本として労働者と向き合い、生きている労働力を制御して吸い上げる死んだ仕事としてあります。
生産プロセスの知的能力を肉体労働から分割し、それを労働力よりも資本力に変換することは、前述のように、機械をベースに構築された大規模産業で達成されます。
By transforming it into an automatic machine, the work equipment itself confronts the worker as capital during the work process, as dead work that controls and sucks up the living labor force.
The division of the intellectual powers of the production process from manual labor and its transformation into powers of capital over labor is accomplished, as indicated earlier, in the large industry built on the basis of machinery.

The detail skill of the individual, empty machine worker disappears as a tiny side thing in front of science, the enormous natural forces and the social mass work, which are embodied in the machine system and with it form the power of the "master" (master).
個々の空の機械労働者の細かいスキルは、科学、巨大な自然の力と社会的マスワークの前の小さな副産物として消え、機械システムに組み込まれ、それによって「マスター」の力を形成します(主人)。

この主人は、その脳の中で、機械とその独占が不可分に成長しており、衝突が発生した場合、「手」と軽蔑的に呼んでいます。
This master, in whose brain the machinery and his monopoly on it have grown inseparably, calls the "hands" contemptuously in the event of a collision:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「工場労働者は、自分の仕事が確かに非常に低いレベルの巧みな仕事であることを救いで覚えておく必要があります。採用するのは簡単ではなく、その品質を考えると、報酬が高く、短時間で経験の少ない人に簡単な指示をすることはありません。 そして実際、修士の機械は、6か月の育成を教えることができ、あらゆる農家が学ぶことができる労働者の労働力と技能よりも、生産のビジネスにおいてはるかに重要な役割を果たしています。」
"The factory workers should remember in salvation that their work is indeed a very low grade of skillful work; that none is easier to adopt and, given its quality, better rewarded, and none by brief instruction of the least experienced in such a short time and in Indeed, the master's machinery plays a much more important role in the business of production than the labor and skill of the worker, who can teach a six-month upbringing and which any farmhand can learn. "(188)


<447>
The technical subordination of the worker under the uniform passage of the working fluid and the peculiar composition of the  working body of individuals of both sexes and verschiedenster ages create a barrack consistent discipline that forms the finished factory regime and the earlier mentioned work of supervision, so at the same time Division of workers into manual workers and labor supervisors, into common industrial soldiers and non-commissioned officers, fully developed.

<447>
作動流体の均一な通過下での労働者の技術的従属と、性別とバースキーデンスターの年齢の両方の個人の作動体の独特の構成は、完成した工場体制と前述の監督業務を形成するバラックの一貫した規律を生み出します。同時に、労働者を肉体労働者と労働監督者、一般の産業兵士と下士官に分割し、完全に開発した。


「自動工場の主な難しさは、人々に不規則な仕事の習慣を放棄し、大型機械の不変の規則性でそれらを識別するために必要な規律でした。しかし、自動システムのニーズと速度に適切な懲戒コード正常に実行されたのは、ヘラクレスにふさわしい企業、つまりアークライトの高貴な仕事でした!システムが完全に組織化されている今日でも、自動化のための有用なアシスタントを見つけるために、男の年齢に達した労働者を見つけることはほとんど不可能です。システム。 "(189)

"The main difficulty in the automatic factory was the discipline necessary to make people give up their irregular work habits and to identify them with the unchanging regularity of the large machine. But a disciplinary code appropriate to the needs and speed of the automatic system Inventing and successfully executing was a Hercules-worthy enterprise, that is the noble work of Arkwright! Even today, when the system is fully organized, it is almost impossible to find among the workers who have gone the age of manhood to find useful assistants for the automatic system. "(189)


The factory code, in which capital formulates its autocracy over its workers, without the division of powers, which is otherwise so popular among the bourgeoisie, and the even more popular representative system, under private law and self-willingly, is only the capitalist caricature of the social regulation of the work process, which becomes necessary with cooperation on a large scale and the use of common work equipment, especially the machinery. The overseer's penal book takes the place of the slave driver's whip. All penalties, of course, dissolve into fines and deductions from wages, and the legislative acumen of the factory Lykurge may make them more violent than breaching their laws.(190)

権力の分割なしに資本が労働者よりも独裁制を形成する工場法典は、ブルジョワジーの間で他の方法で非常に人気があり、さらに人気のある代表的なシステムは、私法および自発的に、資本主義の風刺画にすぎません。大規模な協力と一般的な作業機器、特に機械の使用で必要になる作業プロセスの社会的規制の。監督の罰則本は奴隷の運転手の鞭の代わりになります。もちろん、すべての罰則は罰金と賃金からの控除に溶解し、Lykurge工場の立法上の洞察力により、法律違反よりも暴力的になる可能性があります。(190)


<448>
私たちは、工場での作業が行われる材料条件にのみ注意を払うことをお勧めします。
密に詰まった機械の下での生命への危険は別として、人工的な温度上昇、原料の廃棄物が充満した雰囲気、耳をつんざくような音などによって、すべての感覚器官が均等に負傷します。 (190a)<450>
資本のもとでは、工場システムの温室のように成熟しただけである社会的生産手段の経済化は、同時に、作業中の労働者の生活状況の体系的な強盗になります、空間、空気、光、および個人の保護手段であり、生命を脅かすものまたは生産プロセスの不健康な状況に対するものであり、労働者の便宜のための装置については言うまでもありません。(191)
フーリエは誤って工場を「焼き戻しバグノス」(192)?
<448>
We suggest only attention to the material conditions under which the factory work is done.
All sensory organs are equally injured by the artificially increased temperature, the atmosphere impregnated with waste of the raw material, the deafening noise, etc., apart from the danger to life under closely packed machinery, whichproducesits industrial slaughter bulletins <449> with the regularity of the seasons.(190a)
<450>
In the hand of capital, the economization of social means of production, which has only matured like a greenhouse in the factory system, at the same time becomes a systematic robbery of the living conditions of the worker during work, of space, air, light, and personal  protective means against life-threatening ones or unhealthy circumstances of the production process, not to speak of devices for the convenience of the worker.(191)
Fourier wrongly calls the factories "tempered bagnos"(192) ?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 

6.産業資本家の創世記

 投稿者:杉本  投稿日:2020年 6月24日(水)12時29分2秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_741.htm

    VIERUNDZWANZIGSTES KAPITEL  二十四章
  Die sogenannte ursprüngliche Akkumulation

  いわゆるオリジナル蓄積
 1.オリジナル蓄積の秘密
 1. Das Geheimnis der ursprünglichen Akkumulation

 2. Expropriation des Landvolks von Grund und Boden
 2.農民の土地からの収用

 3. Blutgesetzgebung gegen die Expropriierten
     seit Ende des 15. Jahrhunderts.
   Gesetze zur Herabdrückung des Arbeitslohns
 3. 15世紀の終わり以来の収用に対する血の法律。
   賃金を下げるための法律

 4. Genesis der kapitalistischen Produktion
 4.資本主義的生産の起源

 5. Rückwirkung der agrikolen Revolution auf die Industrie.
   Herstellung des innern Markts für das industrielle Kapital
 5.農業革命の産業への影響。
  産業資本の内部市場の確立

 6. Genesis des industriellen Kapitalisten
 6.産業資本家の創世記

 7. Geschichtliche Tendenz der kapitalistischen Akkumulation
 7.資本主義的蓄積の歴史的傾向

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 1.オリジナル蓄積の秘密

<741>お金がどのように資本に変換され、付加価値が資本を通じて追加され、付加価値からより多くの資本が生み出されるかを見てきました。一方、資本の蓄積は、資本主義生産である余剰価値を前提としていますが、これは、商品生産者の手にもっと大きな資本と労働力が存在することを前提としています。したがって、この全体の動きは、資本主義の蓄積に先行する「元の」蓄積(アダム・スミスによる「以前の蓄積」)を仮定することによってのみ抜け出すことができる障害のあるサイクルにあるようです。蓄積は資本主義の生産モードの結果ではない蓄積ですですが、その出発点です。

この元々の蓄積は、政治経済学において神学の堕落とほぼ同じ役割を果たしています。アダムはリンゴを噛みました、そして罪は人類に起こりました。その起源は過去の逸話として語ることで説明されています。長い間、一方では勤勉で知的で何よりも質素なエリートがいて、もう一方の怠惰なぼろきれは彼女を応援していました。神学の崩壊の伝説は、しかし、人がどのように彼の顔の汗でパンを食べることを非難されたかを私たちに伝えます。しかし、罪による経済的衰退の歴史は、なぜそれを必要としない人々がいるのかを私たちに明らかにしています。気にしないで。それで、最初に蓄積された富と後者が最終的に自分の皮膚以外に何も売ることができなかったということが起こりました。そして、この元の罪は、まだ大衆の貧困をさかのぼりますが、それでもなお、自分よりも売るために何の抵抗もありません。そして、継続的に成長している少数の富<742>は、ずっとずっと仕事をやめています。たとえば、ティエール氏は、かつては賢かったフランス人の所有権を守るために、深刻な州の祝賀会で、そのような無邪気な子供っぽさをまだかみ砕いています。しかし、財産の問題が発生するとすぐに、すべての年齢層と発達のレベルに公平である唯一のものとして子供用プライマーの視点を保持することは神聖な義務になります。実際の歴史では、征服、征服、強盗、または略して暴力が大きな役割を果たす。牧歌は常に穏やかな政治経済で勝っていました。もちろん、「今年」を除いて、法律と「仕事」が常に唯一の充実手段でした。確かに、元の蓄積の方法は牧歌的ではありません。

お金と商品は最初から資本ではなく、生産と食料と同じくらい少ない。彼らは資本に変えられる必要があります。ただし、この変化自体は、次のように要約される特定の状況でのみ発生する可能性があります。2つの非常に異なるタイプの商品所有者が接触し、接触する必要があります。外部労働力の購入による搾取; 一方、自由労働者、自分の労働者の売り手、したがって仕事の売り手。自営業の農家などのように、奴隷や私物などの生産手段に直接属しておらず、生産手段にも属していないという二重の意味での自由労働者。ただし、自由で、ゆるく、独身である。この商品市場の二極化により、資本主義生産の基本条件が与えられます。資本関係は、労働者間の離婚と、仕事が実施される条件の所有権を前提としています。資本主義的生産がそれ自体で2フィートになるとすぐに、それはその離婚を受けるだけでなく、それをますます拡大する規模で再現します。したがって、資本関係を構築するプロセスは、労働者が労働条件の所有権から離婚するプロセス、つまり、生活と生産の社会的手段を資本に、そして直接生産者を賃金労働者に変換するプロセスに他なりません。いわゆるオリジナルの蓄積は、生産者と生産手段の間の離婚の歴史的なプロセスに他なりません。それは、資本の先史時代とそれに対応する生産方法を形成するため、「オリジナル」のように見えます。

<743>資本主義社会の経済構造は封建社会の経済構造から生まれました。これらの解散はそれらの要素を解放しました。

直接の生産者である労働者は、彼が土塊に縛られなくなり、他の人の奴隷または従順でなくなると、自分自身を処分することができました。市場があるところならどこでも商品を運ぶ自由な労働者になるためには、ギルドの支配、彼らの見習いや旅人の規制、そして制限的な労働規制を免れなければなりませんでした。したがって、一方では、生産者を賃金労働者に変える歴史的運動は、奴隷とギルドの強制からの解放として現れます。そしてこのページだけがブルジョア歴史家のために存在します。しかし一方で、これらの新しい解放は、すべての生産手段と、古い封建機関によって提供されたすべての保証がそれらの存在から奪われた後になって初めて、彼ら自身のベンダーになります。そして、彼らの収用の歴史は、血と火の特徴を持つ人類の年代記に刻まれています。

彼らにとって、これらの新しい有能な産業資本家は、熟練した職人だけでなく、富の源泉を所有する封建領主も追放しなければなりませんでした。この側面から、彼らの出現は、封建勢力とその法外な特権に対する勝利の闘いの成果として、また、ギルドとシャックルが人間による生産の自由な開発と自由な人による搾取にもたらした成果として現れます。しかし、業界の騎士たちは、完全に無害ではない出来事を利用して、剣の騎士を追い出すことしかできませんでした。彼らは、ローマの解放者がかつて彼のパトロナスのマスターになったのと同じくらい一般的な方法で彼ら自身を急上昇させました。

賃金労働者と資本家の両方を生み出した開発の出発点は、労働者の束縛でした。進展は、封建の資本主義的搾取への転換における、この束縛の形態の変化にありました。彼らの進路を理解するために、ここまで戻る必要はありません。資本主義的生産の最初の始まりは、14世紀と15世紀という早い時期に地中海のいくつかの都市に散発的に現れますが、資本主義時代は16世紀にさかのぼります。それがどこで起こっても、農奴制はずっと以前に廃止され、中世の栄光、主権都市の存在はしばらくの間衰退してきました。

<744>原始的な蓄積の歴史における歴史的時代、すべての革命、形成する資本主義階級をてことして役立てる。しかし何よりも、大群衆が彼らの生活手段から突然かつ激しく引き裂かれ、鳥のないプロレタリア人として労働市場に投入される瞬間。農村の生産者である農民の土地の収用は、プロセス全体の基礎を形成します。あなたのストーリーは、国によって色が異なり、異なる順序で、歴史の異なる時期にさまざまな段階を経ます。私たちが例として取り上げるイギリスだけが、古典的な形をしています。(189)

 2・
 ・
 6.産業資本家の創世記


産業の起源 (238)資本家は、テナントと同じように段階的に進めなかった。いくつかの小さなギルドマスターやさらに独立した小さな職人や賃金労働者が小規模な資本家になり、徐々に広まった賃金労働の搾取とそれに対応する資本家への蓄積により、<ここで:卓越性>という言葉が使われなくなったことは間違いありません。資本主義の生産の幼少期には、ミッタリトリゲン<778>のタウンライフの幼少期によく行きました。主人公への逃亡農夫と召使いは誰であるかという問題は、主に彼らの飛行の早いまたは遅い日付によって決定されました。しかし、この方法のカタツムリの動きは、15世紀の終わりに素晴らしい発見が生み出した新しい世界市場の貿易ニーズを決して満たすものではありませんでした。しかし、中世は2つの異なる形態の資本を引き継いでおり、最も多様な経済社会の形成で成熟し、資本主義的な生産形態の時代の前には、資本金ミームと見なされていました
-借金資本と商人資本。


「現在、社会のすべての富は資本家の手にあるだけです...彼は家主に家賃、労働者の賃金、税金と什分の一収集家に彼らの主張を支払い、そして大きな、確かに最大かつ成長している部分を保持しています資産家は現在、すべての社会的富の所有者と見なすことができますが、この財産に対する権利を法律で定めていません...この財産の変更は、資本に関心を払うことによってもたらされました...そして、すべてのヨーロッパの立法者が高利財産に対する法律によってこれを防止したいと思ったことは少し奇妙ではありません...国のすべての富に対する資本家の力は、財産権の完全な革命であり、どの法律またはどのシリーズによって法律の影響を受けたのですか?」(239)

著者は革命は法律によって作られるのではないことを自分に言ったはずです。


利息と貿易によって形成された金融資本は、国の封建憲法、都市のギルド憲法によって工業資本への転換から妨げられました。(240)これらの障壁は、農村民の収用と部分的追放を伴う封建信者の解散に伴って低下した。新しい工場は、旧市街とそのギルド憲法の支配を超えて、海の輸出港または平坦な国の地点に建設されました。したがって、イングランドでは、企業の町がこれらの新しい産業保育園と激しく戦っています。


<779>アメリカの金と銀の国の発見、炭鉱での先住民の追放、奴隷化と埋葬、東インド諸島の征服と略奪の始まり、アフリカの黒皮の商業的狩猟のためのゲヘグへの変容、資本主義生産時代。これらののどかなプロセスは、元の蓄積の主要な瞬間です。ヨーロッパ諸国の貿易戦争は、地球を舞台にして続きます。スペインからオランダが陥落したことにより開幕し、イギリスの反ヤコバン戦争で大きな割合を占め、中国に対するアヘン戦争などを続けています。


現在、元の蓄積のさまざまな瞬間が、多かれ少なかれ年代順に、特にスペイン、ポルトガル、オランダ、フランス、イギリスに配布されています。17世紀末のイギリスでは、植民地制度、政府債務制度、現代の税制、保護制度に体系的にまとめられていました。これらの方法の一部は、植民地システムなどの最も残忍な暴力に基づいています。しかし、誰もが国家の力、社会の集中的かつ組織的な暴力を利用して、封建制度から資本主義生産への転換の温室のプロセスを促進し、移行を短縮しました。暴力は、新しい社会で妊娠する古い社会の産科医です。それ自体が経済力です。


キリスト教の植民地システムの中で、キリスト教を専門とする人は、W。

「世界のすべての地域で、彼らが征服することができるすべての人々に対して、いわゆるキリスト教の種族の野蛮さと悪質な残虐行為は、どんなに野生で教育されていない、哀れで恥知らずの世界歴史のどの時代においても、どの種族においても類似点を見つけることができません。 」(241)


オランダ植民地経済の歴史-オランダは17世紀の資本主義モデル国家だった-「反逆罪、贈収賄、暗殺、および<780>衣装の比類のない絵画を展開」(242)。Javaの奴隷を手に入れるためのセレベスの人間の盗難システムほど特徴的なものはありません。スティーラーはこの目的のために訓練されました。泥棒、通訳、売り手がこの取引の主な代理人であり、先住民の王子が主な売り手でした。盗まれた若者たちは、奴隷船に送られる準備ができるまで、セレベスの秘密の刑務所に隠されていました。公式レポートによれば、
「たとえば、このマカッサルの1つの都市には秘密の刑務所がたくさんあり、他の1つよりも恐ろしい刑務所で、惨めさ、貪欲と暴政の犠牲者、そして家族から無理矢理引き裂かれて結ばれました。」


オランダはマラッカを占領するために、ポルトガルの知事に賄賂を贈った。彼は1641年に彼女を市内に入院させた。彼らはすぐに彼の家に駆け込み、21,875ポンドの賄賂の支払いを「放棄」するために彼を暗殺した。彼らがどこに座っても、荒廃と過疎化が続いた。ジャワ州のバンジュワンギには、1750年には8万人以上、1811年には8,000人しか住んでいませんでした。これがドゥコマース<やさしい貿易>です!


よく知られているように、イギリスの東インド会社は、東インド諸島での政治的支配とは別に、お茶貿易と中国貿易全般の独占的独占、およびヨーロッパとの商品の輸送を受け取りました。しかし、インドからの島から島への沿岸輸送とインド国内の貿易は、同社の幹部の独占となった。塩、アヘン、キンマなどのモノポリーは、無尽蔵の富の鉱山でした。当局自身が価格を設定し、不運なヒンドゥー教を思いのままに恥じます。総督はこの民間貿易に参加しました。彼の手先は、錬金術師より賢く、彼らを無から金にする条件の下で契約を与えられました。一日でキノコのように大運が湧き上がり、シリングが進まずに元の蓄積が起こりました。ウォーレンヘイスティングスの検察は、そのような例に溢れています。これがケースです。アヘン契約は、彼の出発の瞬間に-公の秩序で-アヘン地区から完全に隔離されたインドの一部に特定のサリバンに割り当てられます。サリバンは彼の契約を£40,000で売ります 全体的に<781>ビンを知っていて、ビンは60,000ポンドで同じ日にそれを販売しました、そして彼がまだ遅れている契約の最終的な買い手と輸出者を説明し、莫大な利益を取り消しました。議会に提出されたリストによると、同社とその当局者は、1757年から1766年の間にインディアンから600万ポンドを寄付しました。与える!1769年から1770年の間に、イギリス人はすべての米を買い、素晴らしい価格を除いてそれを転売することを拒否することによって飢饉を作り出しました。(243)


もちろん、先住民族の扱いは、西インド諸島などの輸出貿易専用のプランテーション、およびメキシコや東インド諸島などの強盗にさらされた人口密集国で最も優れていました。しかし、実際の植民地でさえ、元の蓄積のキリスト教の性格は否定されませんでした。プロテスタントの地味な巨匠、ニューイングランドのピューリタンは、1703年の集会の決定により40ポンドのプレミアムを設定しました。すべてのインドの頭皮とすべての閉じ込められた赤い肌に、£100の1720プレミアム。1744年、マサチューセッツベイが特定の部族を反逆者であると宣言した後の各頭皮の価格は次のとおりです。男性の頭皮の場合、12歳以上の場合、£100。新しい通貨、男性の囚人は105ポンド、捕虜の女性と子供は50ポンド、女性と子供の頭皮は50ポンド!数十年後、植民地制度は敬虔な巡礼者の父の子孫に復讐を果たしました。彼らはイギリスの勢いの下でトマホークされ、給料を支払われました。英国議会はブラッドハウンドとスキャルピングを「神と自然によって与えられる手段」であると宣言しました。


植民地制度は貿易と輸送の温室のように成熟しました。「社会独占」(ルター)は資本集中の強力な手段でした。植民地は銃撃メーカーを確保し、蓄積は市場独占によって増加した。略奪、奴隷化、強盗によってヨーロッパの外に直接略奪された宝物は、母国に逆流し、ここで首都になりました。最初に植民地制度を完全に発展させたオランダは、1648年という早い時期にその貿易規模の中心でした。そうだった

「東インド貿易とヨーロッパ南西部と北東部の間の交通をほぼ独占的に所有している。その漁業、海事、製造業<782>の気温は、どのアンドレン国の気温も上回っていた。共和国の首都は、おそらくヨーロッパの他の地域よりも重要だった。 」

ギュリッヒは追記を忘れている:オランダの大衆は1648年にすでに過労状態であり、ヨーロッパ全体の人々よりも貧しく、残忍に抑圧されていた。


今日、産業の覇権には貿易の覇権が伴います。一方、実際の製造期間では、産業の優位性を与えるのは貿易の優位性です。したがって、植民地システムがその時に果たした支配的な役割。祭壇の上でヨーロッパの古い偶像の隣に立っていたのは「奇妙な神」であり、ある日、それらを山札全体に押し込み、バウツで投げました。それはプラス・メイキングを人類の最後で唯一の目的として宣言しました。


中世のジェノヴァとヴェネツィアでその起源が発見された公的信用システム、すなわち国債は、製造期間中にヨーロッパ全体を占領しました。植民地制度とその海上貿易と貿易戦争は温室として機能しました。それで最初にオランダに定住しました。国家の債務、すなわち国家の売却-独裁的、憲法上または共和党のいずれであろうと-は、資本主義時代にその印を押します。現代国民の所有物全体に実際に属する、いわゆる国富の唯一の部分は、国の負債です。(243a)したがって、人々が借金をするほど、人々はより豊かになるという現代の教義。公共信用は資本の信条になります。そして公的債務の増加に伴い、赦しのない聖霊に対する罪は、公的債務への信仰の侵害に置き換わります。


公的債務は、当初の累積の最も強力な手段の1つになります。ダウジングロッドの打撃と同様に、彼女は非生産的なお金に肥沃さを与え、それによってそれを資本に変えます。産業や高額な投資からも切り離せない苦労や危険にさらされる必要はありません。借りた金額は、<783>で現金と同じように自分たちの手で行動し続けた公的な容易に譲渡可能な約束手形に変換されるため、実際には州債権者は何も与えません。しかし、このようにして作成されたアイドル年金受給者のクラスとは別に、政府と国家の間の仲介者を演じる金融者の即興の豊かさ、そしてすべての国債の良い部分が天から落ちた資本の目的に役立つ税テナント、商人、民間製造業者の富は別です-一言で言えば、公的債務は株式会社を育て、あらゆる種類の交渉可能な効果、異例の日、株式市場ゲームと現代の銀行業で取引されています。


彼らの誕生以来、国の肩書きを持つ大きな銀行は、政府が支持した民間の投機家の会社だけであり、彼らが受け取った特権のおかげで、お金を進めることができました。したがって、ソブリン債務の累積は、これらの銀行の在庫が徐々に増加することよりも間違いのない手段であり、その完全な発展はイングランド銀行の創設(1694年)にさかのぼります。イングランド銀行は政府に資金の8%を提供し始めました。同時に、彼女は議会から、同じ資本金を紙幣の形で再び一般に貸与することにより、貨幣を作ることを承認されました。これらのメモにより、彼女は手形の割引、商品の貸与、貴金属の購入が許可されました。イングランド銀行が国から借り入れ、国の口座に公的債務の利息を支払うためのコインがこの自作のクレジットになる前に、それは間もなくでした。彼女が片手で与えただけでは十分ではなく、もう一方の手でより多くの利益を受け取った。彼女はまた、受け取ったとき、与えられた最後のライターに対する国の永遠の信者であり続けました。それは徐々に国の金属の宝の必然的なコンテナとなり、すべての商業信用の重心となりました。イギリスで魔女を焼くのをやめたのと同じ頃、偽造品をそこにぶら下げ始めました。ボーリングブロークなどの当時の著作は、この種の銀行家、金融家、トナカイ、ブローカー、株の求職者、株式市場のオオカミが突然出現したことを同時代の人々に影響を与えています。(243b)


国の債務により、元々の蓄積の源の1つを1人または他の人々としばしば隠す国際信用システムが開発されました。したがって、ヴェネツィアの強盗<784>システムの卑劣な形は、衰退するヴェネツィアに多額のお金を借りたオランダの首都富のそのような大げさな基盤。オランダとイギリスでも同じです。18世紀初頭、オランダの工場ははるかに追い越され、支配的な貿易と工業国でなくなった。したがって、1701年から1776年までの彼の主な事業の1つは、特に彼の強力なライバルのイングランドへの莫大な資本の貸付です。同じことが今日イギリスとアメリカの間でも当てはまります。出生証明書なしで今日米国で出現する資本の一部は、昨日イギリスでのみ子供たちの血を資本化したものです。


政府の債務は政府の歳入に裏付けされており、年利などの支払いを賄う必要があるため、現代の税制は国債のシステムに必要な追加となっています。国債により、政府は、納税者がすぐに感じることなく、特別な費用を賄うことができますが、その結果、税金が増加します。一方、契約債務の積み増しによる増税により、政府は新たな臨時経費の借入れを余儀なくされている。現代の財政システムは、その回転軸が最も必要な食料品に課税(つまり、それらの価格の上昇)を形成するため、それ自体が自動進行の種を持っています。過剰課税はインシデントではなく、原則です。このシステムが最初に発足したオランダでは、偉大なパトリオットデウィットが、下請け業者を従順で質素で勤勉にし、仕事を過負荷にするための最良のシステムとしてその格式を祝いました。それが賃金労働者の状況に及ぼす破壊的な影響は、農家である職人の結果としての暴力的な収用、つまり小規模な中産階級のすべての構成要素よりも、ここでは私たちに影響を与えません。ブルジョア経済学者の間でさえ、これについて二つの意見はありません。その保護効果は、統合部品の1つである保護システムによってさらに強化されます。


公的債務とそれに対応する財政システムに当てはまる富の資産化と大衆の収用の大部分は、コベット、ダブルデイなどの多くの作家が現代の悲惨さの根本的な原因を誤って指摘している探す人々。


保護システムは、製造業者から独立した労働者を製造するための芸術的手段を収用し、国の生産と自給、古代から<785>への移行から現代の生産力への移行を利用することでした。欧州諸国は本発明の特許をめぐって争い、彼らがプラスメーカーのサービスに入ると、保護関税を介して間接的に、輸出保険料を介して直接的に、その目的のために彼ら自身の人々だけでなく、依存している近隣諸国では、すべての産業が激しくクリアされました、といった B.イングランドのアイルランドのウール工場。コルベールのプロセスの後、ヨーロッパ大陸でのプロセスははるかに単純化されました。ここでは、産業家の元の首都は、部分的に国庫から直接流れています。

「なぜ」とミラボーは叫び、「7年戦争前のザクセンの製造業の輝かしさは、1億8,000万の国債だ」と叫んだ。(244)


植民地時代のシステム、国の債務、税の均衡、保護、貿易戦争など、実際の製造期間のこれらの子孫は、大きな産業の幼少期に巨大に膨らみました。後者の誕生は、偉大な英雄的な児童強盗によって祝われています。王室艦隊のように、工場は報道機関を通じて採用されます。冒とくされたFMエデン卿は、15世紀の最後の3世紀から彼の時代、18世紀の終わりまで、農村の人々の土地から地球への収用の廃止について不満を言うのに「必要」であり、彼はこのプロセスに満足して祝福している一方、資本主義農業と「耕地と牧草地の真の関係の確立」は、製造業から工場業への転換と資本と労働の真の関係の確立のための児童強盗および児童奴隷制の必要性に対する同じ経済的洞察を示していません。彼は言う:

「貧しい子供たちのコテージと作業所をうまく動かすために略奪しなければならない工場がグループで離れて、一晩中ロックされて休息を奪われるかどうかを公衆が検討する価値があるかもしれません。製造は、性別、年齢、傾向の異なるヒープをマージし、例の伝染が警戒心とうっとりさをもたらすに違いない-そのような製造が国と個人の幸せの合計を増やすことができるかどうか?」(245)「ダービーシャー、ノッティンガムシャー、特にランカシャーでは、最近の大規模な<786>の工場で、水車が水を流すことができる、小川の近くで使用されていた最近の機械が、これらの場所で何千人もの手で急いでいた、都市から遠く、そして名前でランカシャーは、それまで比較的人口が少なく無菌でしたが、今では特に人口が必要になりました。小指と軽快な指が主に必要でした。習慣、見習い(!)はすぐに出現しましたロンドン、バーミンガムなどのさまざまな教区の作業所に送り込まれました。7年目から13年目、または14年目まで、これらの無力な生き物の数千人がこの方法で北に輸送されました。すなわち、子供泥棒)、「工場近くの見習いの家で彼の見習いに服を着せ、餌を与え、提出する。監督者は彼らの仕事を監視するように命じられた。それはこの奴隷センターの利益だった 彼らの支払いは子供から強要される可能性のある製品の量に比例していたので、子供たちを最大限に働かせるためのeiber。虐待は当然の結果でした...多くの工場地区、特にランカシャーでは、工場の所有者に委託されたこれらの無害で友好的な生き物に最も悲痛な拷問が行われました。彼らは過度の仕事によって急いで殺害された...彼らは、最も洗練された残酷な洗練によって、鞭打ちされ、鎖でつながれ、拷問された。多くの場合、ムチが仕事を続けている間、彼らは骨まで飢えていました...はい、いくつかのケースでは、彼らは自殺に追い込まれました!...ダービーシャー、ノッティンガムシャー、ランカシャーの美しくロマンチックな谷間は、公衆の目によって閉じられ、拷問や殺人の灰色の荒れ地になりました。...メーカーの利益は莫大でした。それはちょうど彼らの狼男の渇望を口にしました。彼らは夜間の仕事の練習を始めました、すなわち、彼らはその日の仕事を通して手のグループを麻痺させた後、彼らは夜の仕事の準備ができている別のグループを持っていました。デイグループはナイトグループが去ったばかりのベッドに行き、逆もまた同様でした。ランカシャーの伝統では、ベッドが冷えたことはありません。」(246)

21
<787>製造期間中の資本主義的生産の発展により、ヨーロッパの世論は恥と良心の最後の名残を失っていました。資本蓄積の手段であるあらゆる悪名で皮肉に有名な国々。たとえば、Biedermann A. Andersonのナイーブな商業記録を読んでください。ここでは、イギリスがユトレヒト条約でスペイン人にアジア条約を通じてスペイン人に黒人との貿易を許可する特権を強制したことは、これまでアフリカとイギリス西インド諸島の間、アフリカとスペインアメリカの間であった、それが英国の国家の知恵の勝利としてここでトランペットされます。 。イギリスは、1743年まで毎年4,800人の黒人をスペインアメリカに供給する権利を受け取りました。これはまた、英国の密輸の公式カバーを提供しました。リバプールは奴隷貿易に基づいて大きく成長しました。それは彼の独自の蓄積方法です。そして今日まで、リバプールの「誠実さ」は奴隷貿易のピンダールのままでした。引用された博士の経典 1795年からのアイキン-「情熱、有名な船員に商業起業家を増やし、莫大なお金をもたらす」。1730年、1751年:53年、1760年:74年、1770年:96年、1792年:132年、リバプールは奴隷貿易で15隻の船を雇った。

22
イギリスで児童奴隷制が導入された一方で、綿産業は以前は多かれ少なかれ米国の家父長だった奴隷経済の商業的搾取システムへの転換を促しました。一般に、台座へのヨーロッパの契約労働者のベールに包まれた奴隷制は、新世界での<カバーなし>という表現よりも奴隷制を要求しました。(247)

23
Tantae molis erat <それが必要とする努力>、解放する資本主義生産モードの「自然の永遠の法則」、労働者と労働条件の間の離婚プロセス、1つの極で社会の生産と自給自足を資本に完全に変える<788>、反対の極では、賃金労働者の人々、自由な「働き者の腕」の中で、これは現代史の産物です。(248) Augierによると、お金は「1つの頬に自然な血痕が付いて生まれる」(249)とき、資本は頭からつま先まで、すべての毛穴から、血や汚れが垂れています。 (250)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 7.資本主義的蓄積の歴史的傾向

 投稿者:杉本  投稿日:2020年 6月20日(土)22時46分25秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_741.htm

    VIERUNDZWANZIGSTES KAPITEL  二十四章
  Die sogenannte ursprüngliche Akkumulation

  いわゆるオリジナル蓄積
 1.オリジナル蓄積の秘密
 1. Das Geheimnis der ursprünglichen Akkumulation


 2. Expropriation des Landvolks von Grund und Boden
 2.農民の土地からの収用

 3. Blutgesetzgebung gegen die Expropriierten
     seit Ende des 15. Jahrhunderts.
   Gesetze zur Herabdrückung des Arbeitslohns
 3. 15世紀の終わり以来の収用に対する血の法律。
   賃金を下げるための法律

 4. Genesis der kapitalistischen Produktion
 4.資本主義的生産の起源

 5. Rückwirkung der agrikolen Revolution auf die Industrie.
   Herstellung des innern Markts für das industrielle Kapital
 5.農業革命の産業への影響。
  産業資本の内部市場の確立

 6. Genesis des industriellen Kapitalisten
 6.産業資本家の創世記

 7. Geschichtliche Tendenz der kapitalistischen Akkumulation
 7.資本主義的蓄積の歴史的傾向
 7. Historical trend of capitalist accumulation


 7.資本主義的蓄積の歴史的傾向

<789> Worauf kommt die ursprüngliche Akkumulation des Kapitals, d.h. seine historische Genesis, hinaus? Soweit sie nicht unmittelbare Verwandlung von Sklaven und Leibeignen in Lohnarbeiter, also bloßer Formwechsel ist, bedeutet sie nur die Expropriation der unmittelbaren Produzenten, d.h. die Auflösung des auf eigner Arbeit beruhenden Privateigentums.

<789>元々の資本の蓄積、つまりその歴史的起源は何をもたらすのでしょうか?
奴隷や農奴を賃金労働者に直接変換すること、つまり単に形態を変えることではない限り、それは直接生産者の収用のみを意味しており、
つまり自分の仕事に基づく私有財産の解散のみを意味します。

<789> What does the original accumulation of capital, ie its historical genesis, result in?
Insofar as it is not a direct transformation of slaves and serfs into wage workers, that is to say a mere change of form, it means only the expropriation of the direct producers, ie the dissolution of private property based on one's own work.


Private property, as opposed to social, collective property, only exists where the work equipment and the external conditions of work belong to private individuals. But depending on whether these private individuals are the workers or the non-workers, private property also has a different character. The infinite shades that it appears at first glance only reflect the intermediate states between these two extremes.

社会的集合的財産とは対照的に、私有財産は、作業機器と仕事の外部条件が個人に属している場合にのみ存在します。しかし、これらの個人が労働者であるか非労働者であるかに応じて、私有財産も異なる性格を持っています。一見して見える無限の色合いは、これら2つの極端な中間状態のみを反映しています。

Privateigentum, als Gegensatz zum gesellschaftlichen, kollektiven Eigentum, besteht nur da, wo die Arbeitsmittel und die äußeren Bedingungen der Arbeit Privatleuten gehören. Je nachdem aber diese Privatleute die Arbeiter oder die Nichtarbeiter sind, hat auch das Privateigentum einen andern Charakter. Die unendlichen Schattierungen, die es auf den ersten Blick darbietet, spiegeln nur die zwischen diesen beiden Extremen liegenden Zwischenzustände wider.


Das Privateigentum des Arbeiters an seinen Produktionsmitteln ist die Grundlage des Kleinbetriebs, der Kleinbetrieb eine notwendige Bedingung für die Entwicklung der gesellschaftlichen Produktion und der freien Individualität des Arbeiters selbst. Allerdings existiert diese Produktionsweise auch innerhalb der Sklaverei, Leibeigenschaft und andrer Abhängigkeitsverhältnisse. Aber sie blüht nur, schnellt nur ihre ganze Energie, erobert nur die adäquate klassische Form, wo der Arbeiter freier Privateigentümer seiner von ihm selbst gehandhabten Arbeitsbedingungen ist, der Bauer des Ackers, den er bestellt, der Handwerker des Instruments, worauf er als Virtuose spielt.

彼の生産手段における労働者の私的所有は中小企業の基礎であり、中小企業は社会的生産と労働者自身の自由な個性の発展にとって必要な条件です。しかし、この生産モードは奴隷制、農奴、その他の依存関係にも存在します。しかし、それは咲くだけであり、すべてのエネルギーを駆り立てるだけであり、適切な古典的な形だけを征服します。

The private ownership of the worker in his means of production is the basis of the small business, the small business is a necessary condition for the development of social production and the free individuality of the worker himself. However, this mode of production also exists within slavery, serfdom and other dependencies. But it only blooms, it only rushes all its energy, only conquers the adequate classic form, where the worker is a free private owner of his own working conditions, the farmer of the field he orders, the craftsman of the instrument, on which he plays as a virtuoso .


This mode of production assumes fragmentation of the soil and the other means of production. Like the concentration of the latter, it also excludes cooperation, division of labor within the same production processes, social domination and regulation of nature, free development of social productive forces. It is only compatible with narrow, natural barriers to production and society. To perpetuate it, as Pecqueur rightly says, would be to "decree general mediocrity". At a certain level, it gives birth to the material means of its own destruction. From this moment on, forces and passions stir in the lap of society, which feel bound by it.

It must be destroyed, it will be destroyed.

Their destruction, the transformation of the individual and scattered means of production concentrated in socially, so the pigmy property of many in the mass property less, therefore the expropriation of large masses of land and <790> food and working tools, this terrible and difficult expropriation of the masses forms the prehistory of capital. It encompasses a series of violent methods, of which only the epoch-making methods as methods of the original accumulation of capital are reviewed. The expropriation of the immediate producers is accomplished with the most ruthless vandalism and under the impetus of the most infamous, dirtiest, petty hateful passions.
The self-developed private property, so to speak based on the overgrowth of the individual, independent work individual with his working conditions, is superseded by capitalist private property, which is based on the exploitation of foreign but formally free work.(251)

この生産モードでは、土壌の断片化とその他の生産手段を想定しています。後者の集中のように、それはまた、協力、同じ生産プロセス内の分業、社会的制御と自然の規制、社会における生産力の自由な発展を除外します。それは、生産と社会に対する狭い自然の障壁とのみ互換性があります。それを永続させることは、ペククールが正しく言うように、「一般的な平凡さを命じる」ことです。あるレベルで、それはそれ自身の破壊の物質的手段を生み出します。この瞬間から、社会の周縁には力と情熱が巻き込まれ、社会の束縛に感じられます。

それは破壊されなければなりません、それは破壊されます。

彼らの破壊、個人の変容、および散在する生産手段は社会的に集中しているため、マスプロパティの多くのピギープロパティは少ないため、<790>大規模な土地と食料および作業ツールの収用ですし、この恐ろしく困難なマスの収用資本の先史時代を形成します。

それは一連の暴力的な方法を含み、資本の元々の蓄積の方法としての画期的な方法だけが見直されます。直接生産者の収用は、最も冷酷な破壊行為で、最も悪名高い、最も汚い、ささいな憎悪の情熱の推進力の下で達成されます。自己開発した私有財産は、いわば個人の独立した労働者とその労働条件の過成長に基づいており、資本主義の私有財産に取って代わられました。(251)

Diese Produktionsweise unterstellt Zersplitterung des Bodens und der übrigen Produktionsmittel. Wie die Konzentration der letztren, so schließt sie auch die Kooperation, Teilung der Arbeit innerhalb derselben Produktionsprozesse, gesellschaftliche Beherrschung und Reglung der Natur, freie Entwicklung der gesellschaftlichen Produktivkräfte aus. Sie ist nur verträglich mit engen naturwüchsigen Schranken der Produktion und der Gesellschaft. Sie verewigen wollen hieße, wie Pecqueur mit Recht sagt, "die allgemeine Mittelmäßigkeit dekretieren". Auf einem gewissen Höhegrad bringt sie die materiellen Mittel ihrer eignen Vernichtung zur Welt. Von diesem Augenblick regen sich Kräfte und Leidenschaften im Gesellschaftsschoße, welche sich von ihr gefesselt fühlen. Sie muß vernichtet werden, sie wird vernichtet. Ihre Vernichtung, die Verwandlung der individuellen und zersplitterten Produktionsmittel in gesellschaftlich konzentrierte, daher des zwerghaften Eigentums vieler in das massenhafte Eigentum weniger, daher die Expropriation der großen Volksmasse von Grund und Boden und <790> Lebensmitteln und Arbeitsinstrumenten, diese furchtbare und schwierige Expropriation der Volksmasse bildet die Vorgeschichte des Kapitals. Sie umfaßt eine Reihe gewaltsamer Methoden, wovon wir nur die epochemachenden als Methoden der ursprünglichen Akkumulation des Kapitals Revue passieren ließen. Die Expropriation der unmittelbaren Produzenten wird mit schonungslosestem Vandalismus und unter dem Trieb der infamsten, schmutzigsten, kleinlichst gehässigsten Leidenschaften vollbracht. Das selbsterarbeitete, sozusagen auf Verwachsung des einzelnen, unabhängigen Arbeitsindividuums mit seinen Arbeitsbedingungen beruhende Privateigentum wird verdrängt durch das kapitalistische Privateigentum, welches auf Exploitation fremder, aber formell freier Arbeit beruht.(251)


Sobald dieser Umwandlungsprozeß nach Tiefe und Umfang die alte Gesellschaft hinreichend zersetzt hat, sobald die Arbeiter in Proletarier, ihre Arbeitsbedingungen in Kapital verwandelt sind, sobald die kapitalistische Produktionsweise auf eignen Füßen steht, gewinnt die weitere Vergesellschaftung der Arbeit und weitere Verwandlung der Erde und andrer Produktionsmittel in gesellschaftlich ausgebeutete, also gemeinschaftliche Produktionsmittel, daher die weitere Expropriation der Privateigentümer, eine neue Form. Was jetzt zu expropriieren, ist nicht länger der selbstwirtschaftende Arbeiter, sondern der viele Arbeiter exploitierende Kapitalist.

この深さと範囲の変化のプロセスが古い社会を十分に分解するとすぐに、労働者がプロレタリアになるとすぐに、労働条件は資本に変わり、資本主義の生産モードが自立し、労働のさらなる社会化と地球のさらなる変換と他の生産手段が勝利する社会的に搾取された、つまり共同的生産手段での、したがって、個人所有者のさらなる収用がある、新しい形態です。
今収用されるのは自営業者ではなく、多くの労働者を搾取する資本家です。

As soon as this process of transformation in depth and scope has sufficiently destroyed the old society, as soon as the workers have become proletarians, their working conditions have been transformed into capital, as soon as the capitalist mode of production stands on its own feet, the further socialization of labor and the further transformation of the earth and other means of production wins in socially exploited, i.e. communal means of production, hence the further expropriation of private owners, a new form.
What is now to be expropriated is no longer the self-employed worker, but the capitalist who exploits many workers.


This expropriation takes place through the play of the inherent laws of capitalist production itself, through the centralization of the capital. One capitalist each kills many. Hand in hand with this centralization or the expropriation of many capitalists by a few, the cooperative form of the work process develops on an ever-increasing scale, the deliberate technical application of science, the planned exploitation of the earth, the transformation of the work equipment into only shared tools, the economization of all means of production through their use as means of combined social work, the entanglement of all peoples in the network of the world market and thus the international character of the capitalist regime.

Along with the constantly diminishing number of the magnates of capital, who usurp all the advantages of this process of transformation and monopolize the mass growing of misery, oppression, slavery, the degradation, exploitation, but also the indignation of always anschwellen- <791> and by the Mechanism of the capitalist production process of self-trained, united and organized working class.

The capital monopoly becomes the fetter of the mode of production that has blossomed with and under it.

The centralization of the means of production and the socialization of labor reach a point where they become incompatible with their capitalist shell. It will be blown up. The hour of capitalist private property strikes.

The expropriateurs are expropriated.

この収用は、資本の集中化を通じて、資本主義的生産自体の固有の法則の作用を通じて行われます。一人の資本家がそれぞれ多くを殺します。
この集中化または少数による多くの資本家の収用と協力して、作業プロセスの協力的な形態は、絶え間なく拡大するスケール、科学の意図的な技術的応用、計画された地球の開発、作業の変容で発展し機器を共有ツールに統合すること、すべての生産手段を組み合わせてのソーシャルワークの手段として使用することによる経済化、世界市場のネットワークにおけるすべての人々の絡み合いがなされますし、したがって、資本主義体制の国際的性格が発展します。

この変容のプロセスのすべての利点を奪い、不幸、抑圧、奴隷制、品位低下、搾取だけでなく、常にアンシュヴェレンの憤慨をも独占する資本家の絶えず減少している数とともに-<791>そして、自己訓練され、統一され、資本主義に的生産プロセスのメカニズムに組織化された労働者階級があります。
資本の独占は、その下で開花した生産モードの足かせになります。
生産手段の中央集権化と労働の社会化は、彼らが彼らの資本主義の殻と両立しなくなるようになるポイントに達し爆破されます。

                  The expropriator is expropriated.
資本主義の私有財産ストライキの時に、収用者は収用されます。
                  Der Enteigner wird enteignet.
  The robber is robbed
  収奪者は収奪される
  Der Räuber wird ausgeraubt


Diese Expropriation vollzieht sich durch das Spiel der immanenten Gesetze der kapitalistischen Produktion selbst, durch die Zentralisation der Kapitale. Je ein Kapitalist schlägt viele tot. Hand in Hand mit dieser Zentralisation oder der Expropriation vieler Kapitalisten durch wenige entwickelt sich die kooperative Form des Arbeitsprozesses auf stets wachsender Stufenleiter, die bewußte technische Anwendung der Wissenschaft, die planmäßige Ausbeutung der Erde, die Verwandlung der Arbeitsmittel in nur gemeinsam verwendbare Arbeitsmittel, die Ökonomisierung aller Produktionsmittel durch ihren Gebrauch als Produktionsmittel kombinierter, gesellschaftlicher Arbeit, die Verschlingung aller Völker in das Netz des Weltmarkts und damit der internationale Charakter des kapitalistischen Regimes. Mit der beständig abnehmenden Zahl der Kapitalmagnaten, welche alle Vorteile dieses Umwandlungsprozesses usurpieren und monopolisieren, wächst die Masse des Elends, des Drucks, der Knechtschaft, der Entartung, der Ausbeutung, aber auch die Empörung der stets anschwellen- <791> den und durch den Mechanismus des kapitalistischen Produktionsprozesses selbst geschulten, vereinten und organisierten Arbeiterklasse. Das Kapitalmonopol wird zur Fessel der Produktionsweise, die mit und unter ihm aufgeblüht ist. Die Zentralisation der Produktionsmittel und die Vergesellschaftung der Arbeit erreichen einen Punkt, wo sie unverträglich werden mit ihrer kapitalistischen Hülle. Sie wird gesprengt. Die Stunde des kapitalistischen Privateigentums schlägt. Die Expropriateurs werden expropriiert.


Die aus der kapitalistischen Produktionsweise hervorgehende kapitalistische Aneignungsweise, daher das kapitalistische Privateigentum, ist die erste Negation des individuellen, auf eigne Arbeit gegründeten Privateigentums. Aber die kapitalistische Produktion erzeugt mit der Notwendigkeit eines Naturprozesses ihre eigne Negation. Es ist Negation der Negation. Diese stellt nicht das Privateigentum wieder her, wohl aber das individuelle Eigentum auf Grundlage der Errungenschaft der kapitalistischen Ära: der Kooperation und des Gemeinbesitzes der Erde und der durch die Arbeit selbst produzierten Produktionsmittel.

資本主義の生産様式、つまり資本主義の私有財産に起因する資本主義の没収様式は、自分の仕事に基づく個人の私有財産の最初の否定です。しかし、自然なプロセスの必要性により、資本主義生産はそれ自体の否定を生み出します。否定の否定です。これは私有財産を復元するのではなく、資本主義時代の達成、つまり地球の協力と共有、労働自体が生み出す生産手段に基づいて個人の財産を復元します。

The capitalist mode of appropriation resulting from the capitalist mode of production, hence the capitalist private property, is the first negation of individual private property based on own work. But capitalist production creates its own negation with the need for a natural process. It is negation of negation. This does not restore private property, but does restore individual property on the basis of the achievement of the capitalist era: the cooperation and common property of the earth and the means of production produced by labor itself.


Die Verwandlung des auf eigner Arbeit der Individuen beruhenden, zersplitterten Privateigentums in kapitalistisches ist natürlich ein Prozeß, ungleich mehr langwierig, hart und schwierig als die Verwandlung des tatsächlich bereits auf gesellschaftlichem Produktionsbetrieb beruhenden kapitalistischen Eigentums in gesellschaftliches. Dort handelte es sich um die Expropriation der Volksmasse durch wenige Usurpatoren, hier handelt es sich um die Expropriation weniger Usurpatoren durch die Volksmasse.(252)

個人の仕事に基づく細分化された私有財産の資本主義への変換は、もちろん社会的生産に基づく資本主義財産の社会への変換よりもはるかに長く、困難でありとても困難なプロセスです。数人の乱用者による人々の固まりの収用の問題がありましたが;これは人々の固まりによる数人の乱用者の収用です。(252)

The transformation of the fragmented private property based on the individual's own work into capitalist is of course a process, much more lengthy, hard and difficult than the transformation of capitalist property that is actually based on social production into social. There it was a question of the expropriation of the mass of the people by a few usurpers, this was an expropriation of a few usurpers by the mass of the people.(252)

  <中国語訳>

當然,將基於個人自身工作的分散的私有財産轉變為資本主義,

比實際上基於社會生産社會主義轉變為資本主義財産漫長,艱難和困難得多。

那裡是一些簒奪者對人民的?用的問題;這是關於人們?奪了一些簒奪者的問題。(252)

  <和訳>

もちろん、個人の仕事に基づいて分散した私有財産を資本主義に変換し、
それは、社会的生産に基づく社会主義の資本主義資産への変換よりもはるかに長く、より困難で、困難です。
不正使用者の人々の収用の問題があります;これは、一部の不正使用者を悪用する人々の問題です。 (252)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(カールマルクスとF.エンゲルス、「共産党宣言」ロンドン1848
(252)「ブルジョアジーが意志と抵抗のない産業の進歩は、組合による革命的労働組合による労働者の競争からの孤立に取って代わるものです。したがって、ブルジョアジーの足元にある偉大な産業の発展とともに、財団自体は、それが生産し、製品を適切なものにすることを撤回しました。そのため、何よりも独自の墓掘りを生産します。彼らの没落とプロレタリアートの勝利は避けられません...今日のブルジョアジーに直面するすべてのクラスのうち、プロレタリアートだけが本当に革命的な階級です。他の階級は、偉大な産業で退化して死にます、プロレタリアートは彼ら自身の産物です。中産階級、小さな産業家、小さな商人、職人、農民、彼らはすべて彼らの存在のためにブルジョワジーと戦います中小企業を絶滅から保護するために...彼らは探しているので反動です その歴史の車輪を回すために。」
(カールマルクスとF.エンゲルス、「共産党宣言」ロンドン1848、p。11. 9. <第4巻、474頁、472頁>)
(252) "The progress of industry, of which the bourgeoisie is without will and resistance, replaces the isolation of workers from competition by their revolutionary association through association. With the development of great industry, therefore, under the feet of the bourgeoisie The basis itself is pulled away, on what it produces and the products it appropriates, so it primarily produces its own gravediggers. Its downfall and the victory of the proletariat are equally inevitable ... Of all the classes that are opposed to the bourgeoisie today, only the proletariat is one really revolutionary class. The other classes degenerate and go under with the great industry, the proletariat is their own product. The middle class, the small industrialist, the small merchant, the artisan, the peasant, they all fight the bourgeoisie for their existence as To secure small and medium-sized companies from destruction ... they are reactionary because they are looking for to turn that wheel of history back. " (Karl Marx and F. Engels, "Manifesto of the Communist Party" London 1848, p. 11. 9. <Volume 4, pp. 474, 472>)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

近代植民地理論

 投稿者:杉本  投稿日:2020年 6月20日(土)15時12分11秒
返信・引用 編集済
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/ch33.htm
  <英語版の紹介です。 >
  資本論 1 第33章:植民地化の現代理論

政治経済は原則として2つの非常に異なる種類の私有財産を混同し、そのうちの1つは生産者自身の労働に依存し、もう1つは他者の労働の雇用に依存しています。

後者は前者の直接の対義であるだけでなく、その墓でのみ成長することを忘れています。

Political economy confuses on principle two very different kinds of private property, of which one rests on the producers’ own labour, the other on the employment of the labour of others.

It forgets that the latter not only is the direct antithesis of the former, but absolutely grows on its tomb only.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <ドイツ語版からのものです。>
http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_792.htm
  資本論 1 第25章
  Modern Colonization Theory
                    253)
  近代植民地理論

In principle, political economy confuses two very different types of private property, one based on the producer's own work, the other on the exploitation of other people's work. She forgets that the latter not only forms the direct opposite of the first, but also only grows on his grave.

原則として、政治経済学は2つの非常に異なるタイプの私有財産を混乱させます。1つは生産者自身の仕事に基づいており、もう1つは他の人々の仕事の利用に基づいています。
彼女は、後者が最初のものの正反対を形成するだけでなく、彼の墓でのみ成長することも忘れています。


In the west of Europe, the home country of political economy, the process of original accumulation has more or less been accomplished. Here the capitalist regiment either submitted the entire national production directly, or, where the conditions were still undeveloped, it controlled, at least indirectly, the decaying social strata that continued to exist alongside it and belonged to the outdated mode of production. The political economist applies the legal and property ideas of the pre-capitalist world to the finished world of capital with the more anxious zeal and the greater anointing, the louder the facts of his ideology shout in the face.

政治経済の本国であるヨーロッパ西部では、元の蓄積のプロセスは多かれ少なかれ達成されました。ここで、資本主義連隊は全国生産全体を直接提出したか、または条件がまだ開発されていない場合、それは少なくとも間接的に、それに沿って存在し続け、生産の古いモードに属していた腐敗した社会階層を制御しました。政治経済学者は、資本主義以前の世界の法的および財産的アイデアを完成した資本の世界に適用し、より熱心な熱心さとより大きな油注ぎにより、彼のイデオロギーの事実はより大きな声で叫びます。


Different in the colonies.
Everywhere the capitalist regiment encounters the obstacle of the producer, who, as the owner of his own working conditions, enriches himself through his work instead of the capitalists.
The contradiction between these two diametrically opposed economic systems is practically in their struggle here. Where the capitalist has the power of the mother country behind him, he tries to forcefully remove the mode of production and appropriation based on his own work.

コロニーは異なります。
どこでも、資本主義連隊は生産者の障害に遭遇します。生産者は、彼自身の労働条件の所有者として、資本家の代わりに彼の仕事を通じて豊かになります。
これらの正反対の2つの経済システムの間の矛盾は、実際にはここでの闘争にあります。資本家が彼の後ろに母国の力を持っているところで、彼は彼自身の仕事に基づいて生産と没収のモードを強制的に削除しようとします。

資本主義の生産者、政治経済学者を決定する同じ関心が母国で資本主義の生産モードをそれ自体反対として理論的に説明し、同じ関心が彼をここで「それのきれいな胸を作る」ためにそして声を出して宣言するように駆り立てる、2つの生産モード間の矛盾があります。
The same interest that determines the sycophants of capital, the political economists, in the mother country to theoretically explain the capitalist mode of production as its own opposite, the same interest drives him here "to make a clean breast of it" and to proclaim aloud the contradiction between the two modes of production .

To this end, he shows how the development of the social productive power of work, cooperation, division of labor, the use of machinery on a large scale, etc. are impossible without the expropriation of workers and the corresponding transformation of their means of production into capital.
この目的のために、彼は労働の収用とそれに対応する生産手段の変革なしには、仕事の社会的生産力、協力、分業、大規模な機械の使用などがいかに不可能であるかを示しています資本に。

いわゆる国富の利益のために、彼は人気の貧困を作成するためのアートツールを探しています。彼の謝罪の殻は火口のように少しずつ崩れています。
In the interest of the so-called national wealth, he is looking for art tools to create popular poverty. His apologetic shell is crumbling piece by piece like tinder.


It is the great merit of EG Wakefield's not anything new about the Colonies 254) , but to have discovered in the Colonies the truth about the capitalist relations of the Motherland. Like the protection system in its origins, 255) the production of capitalists in the mother country, so Wakefield's theory of colonization, which England tried to put into practice by law for a while, strives for the production of wage laborers in the colonies.

EGウェークフィールドが植民地について何も新しいことではないことの大きなメリットです254)が、植民地で祖国の資本主義関係についての真実を発見したことです。起源の保護システムのように、255)母国での資本家の生産、したがってイギリスがしばらく法律で実践しようとしたウェイクフィールドの植民地化の理論は、植民地での賃金労働者の生産に努めています。彼はこれを「体系的な植民地化」と呼んでいます。


He calls this "systematic colonization".
Wakefield first discovered in the colonies that ownership of money, food, machinery, and other means of production does not yet make a person a capitalist if there is no supplement, the wage worker, the other person, who is forced to sell himself voluntarily. He discovered that capital is not a thing, but a social relationship between people mediated by things. 256) Mr. Peel, he whines to us, took food and means of production to the tune of £ 50,000 from England to the Swan River, New Holland. Mr. Peel was so careful to also bring 3,000 working class people, men, women and children. Once at the destination, "Mr. Peel stayed without a servant to make his bed or draw water from the river" 257) .

ウェイクフィールドは最初にコロニーで、お金、食料、機械、およびその他の生産手段の所有権は、自給自足の販売を余儀なくされている賃金労働者、他の人がいなければ、まだ資本家にならないことを発見しました。
だから、彼は資本が物ではなく、物によって媒介される人々の間の社会的関係であることを発見しました。 256)
ピール氏、彼は私たちにむかって、イギリスからニューホランドのスワン川まで£50,000の調子で食料と生産手段を取りました。ピール氏は労働者階級の人々3,000人、男性、女性、子供も連れてくるように細心の注意を払いました。目的地に着くと、「ピール氏は召使いなしでベッドに行ったり、川から水を汲んだりした」257)。

スワン川への英語作品の輸出以外のすべてを計画していた不幸なピールさん!
Unfortunate Mr. Peel, who planned everything except the export of English production to the Swan River!


To understand the following discoveries, Wakefield's two preliminary remarks.
⑥次の発見を理解するために、ウェイクフィールドの2つの予備的発言がある。

直接生産者の所有物である生産と食品は資本ではないことを知っています。それらは、労働者の搾取と管理の手段としても機能する条件の下でのみ資本になります。
We know that production and food, as the property of the direct producer, are not capital. They become capital only under conditions in which they also serve as a means of exploitation and control of the worker.

This capitalist soul, however, is so intimately married with its material substance in the head of the political economist that he baptizes it capital under all circumstances, even where they are just the opposite.
So at Wakefield.
Furthermore, he calls the fragmentation of the means of production as the individual property of many independent, self-employed workers the same division of capital.
しかし、この資本主義者の魂は、政治経済学者の頭の中でその物質的な実体と非常に親密に結婚しているため、たとえ反対の場合でも、あらゆる状況下で資本を洗礼します。ウェークフィールドさんが、であります。
さらに、かれは生産手段の細分化を、多くの独立した自営業者の個人資産と同じ資本の分配と呼んでいます。

政治経済学者と封建弁護士がやっています。後者はまた彼の封建的な法的エチケットを純粋なお金に固執しました。
The political economist as well as the feudal lawyer are doing. The latter also stuck his feudal legal etiquette to pure money.


"If," said Wakefield, "capital were distributed in equal portions among all members of society, no one would be interested in accumulating more capital than they can use with their own hands. To some extent, this is the case with new ones American colonies, where a passion for real estate prevents the existence of a class of contract workers. " 258)
⑦「資本が社会のすべての構成員に均等に分配された場合、自分の手で使用できる以上の資本を蓄積することに誰も興味を示さなくなるでしょう。ある程度、これはアメリカ人の新しいケースの場合です。不動産への情熱が契約労働者のクラスの存在を妨げるコロニー。 "258)

労働者が自分のために蓄積できる限り、そして彼が自分の生産手段の所有者であり続ける限り、資本家の蓄積と資本主義の生産方法は不可能です。不可欠なクラスの賃金労働者が不足している。労働者の労働条件からの収用、つまり資本とローンの仕事は、古代ヨーロッパでどのように行われたのですか?非常に独創的な種類の対照的な社会を通じてでした。
So as long as the worker can accumulate for himself, and he can as long as he remains the owner of his means of production, capitalist accumulation and the capitalist mode of production are impossible. The indispensable class of wage workers is missing. How was the expropriation of the worker from his working conditions, hence capital and loan work, made in ancient Europe? Through a contrat social of a very original kind.

"Humanity ... adopted a simple method of promoting the accumulation of capital," which, of course, has been the last and only purpose of its existence since Adam's time; "it was divided into owners of capital and owners of work ... this division was the result of voluntary communication and combination." 259)
「人間性…資本の蓄積を促進する簡単な方法を採用しました」、もちろん、それはアダムの時代以来その存在の最後で唯一の目的でした。 「それは資本の所有者と仕事の所有者に分けられた...この分割は自発的なコミュニケーションと組み合わせの結果でした。」 259)

つまり、「資本の蓄積」に敬意を表して、人類の大衆は収用されました。今、この自己否定的な狂信の本能は、特に植民地で解放されなければならないことを信じるべきです。そこでは、対照的な社会を夢の王国から現実の社会へと変換することができるのは人と状況だけです。しかし、なぜ自然の植民地化とは対照的に「系統的な植民地化」なのでしょうか。
In a word: the mass of mankind expropriated itself in honor of the "accumulation of capital". Now one should believe that the instinct of this self-denying fanaticism must be let loose, especially in colonies, where there are only people and circumstances that could translate a contrat social from the dream kingdom into that of reality. But then why "systematic colonization" in contrast to natural colonization?

But but:
"In the northern states of the American Union, it is doubtful whether a tenth of the population belongs to the category of contract workers ... In England ... the vast majority of the population consists of contract workers." 260)
しかし、しかし:
「アメリカ連合の北部州では、人口の10分の1が契約労働者のカテゴリーに属するかどうか疑わしいです...イギリスでは...人口の大部分は契約労働者で構成されています。」 260)

はい、資本に敬意を表して働く人類の自己表現の動機はほとんどないので、ウェークフィールドの後でも、奴隷制は植民地の富の唯一の自然な基盤です。彼の体系的な植民地化は、奴隷の代わりに自由な人々を扱っているので、[間に合わせ]の単なる小便です。
Yes, the self-expression drive of working mankind in honor of capital exists so little that slavery, even after Wakefield, is the only natural basis of colonial wealth. His systematic colonization is a mere pis of all [a makeshift] since he is dealing with free people instead of slaves.

"The first Spanish settlers in Santo Domingo did not receive workers from Spain. But without workers" (ie without slavery) "capital would have broken down or at least shrunk to the small masses, in which every individual can apply it with his own hands really instead of the last colony founded by the English, where great capital in seeds, livestock and instruments was lost due to the lack of wage workers and where no settler has much more capital than he can use with his own hands. " 261)
「サントドミンゴの最初のスペイン人入植者はスペインから労働者を受け入れませんでした。しかし労働者なしでは(つまり奴隷制なしで)「首都は壊れるか、少なくとも小さな塊に縮小し、すべての個人が自分の手でそれを適用できたでしょう。実際、イギリスが設立した最後の植民地ではなく、そこでは種、家畜、器械の大きな資本が賃金労働者の不足のために失われ、入植者は自分の手で使うことができるほどの資本を持っていませんでした。 "261)


One saw that the expropriation of the mass of the people from the ground forms the basis of the capitalist mode of production. Conversely, the essence of a free colony is that the bulk of the land is still national property, and every resettler can therefore convert part of it into his private property and individual means of production without preventing the later resettler from performing the same operation. 262)
人々の地上からの収用が資本主義的生産様式の基礎を形成しているのを見た。逆に、自由植民地の本質は、土地の大部分が依然として国有財産であり、したがって、すべての第三国定住者は、その後の第三国定住者が同じ操作を実行するのを妨げることなく、その一部を私有地と個々の生産手段に変換することができます。 262)

これは、コロニーの開花とそれらの癌の損傷の両方の秘密です-資本の決済への彼らの抵抗。
「土地が非常に安く、誰もが自由で、必要に応じて誰もが自分のために土地を手に入れることができる場合、仕事は彼の製品の労働者の割合の点で非常に高価であるだけでなく、仕事を組み合わせることが困難ですどんな価格でも。」 "263)
This is the secret of both the flowering of the colonies and their cancer damage - their resistance to the settlement of capital.
"Where land is very cheap and everyone is free, where everyone can get a piece of land for themselves if they want, work is not only very expensive in terms of the proportion of the worker in his product, but the difficulty is to combine work to get any price. " 263)


Since in the colonies the divorce of the worker from the working conditions and their roots, the land, does not yet exist or only sporadically or with too little scope, there is still no separation of agriculture from industry, not yet the destruction of rural areas domestic industry, and where should the inner market for capital come from?

植民地では、労働条件とその根源である土地からの労働者の離婚はまだ存在していないか、散発的または範囲が狭すぎるため、農業と産業の分離はなく、農村地域の破壊はまだありません国内産業、そして資本の内部市場はどこから来るのか?

「大規模な仕事のために資本と労働を組み合わせた奴隷とそのユーザーを除いて、アメリカの人口のどの部分も独占的に農業に従事しているわけではありません。自分たちで土を築く自由なアメリカ人は、他にも多くの仕事をしています。家具や家具の一部彼らは通常、自分たちで作った道具を使います。自分の家を建てて、自分の業界の製品を最も遠い市場に持ち込むことがよくあります。彼らは紡績工であり、織り手であり、石鹸やキャンドル、靴や衣服を自分用に製造しています。アメリカでは、農業はしばしば鍛冶屋、製粉業者、食料品店の副業です。」 "264)
"No part of the population of America is exclusively agricoled, with the exception of the slaves and their users, who combine capital and labor for large works. Free Americans who build the soil themselves also do many other jobs. Part of the furniture and furniture they use Tools are usually made by themselves. They often build their own houses and bring the product of their own industry to the most distant market. They are spinners and weavers, they manufacture soap and candles, shoes and clothes for their own use. Made in America agriculture is often the side business of a blacksmith, miller or grocer. " 264)


Where is the "renunciation" for the capitalists under such screeches?
そのような悲鳴の下で資本家のための「放棄の場」はどこにありますか?

資本主義の生産の素晴らしい点は、賃金労働者を常に賃金労働者として再現するだけでなく、資本の蓄積に関連して常に相対的に過剰な人口を生み出すことです。
The great beauty of capitalist production is that it not only constantly reproduces the wage worker as a wage worker, but always produces a relative overpopulation of wage workers in relation to the accumulation of capital.


このようにして、労働需給の法則は正しい軌道に沿って維持され、資本主義の搾取内の賃金の変動は禁止され、最終的には労働者の資本主義への非常に不可欠な社会的依存が保証されます。母国の自宅の政治経済学者は、独立した商品所有者、商品資本の所有者、および商品労働者の買い手と売り手の間の自由な契約にうんざりすることができます。
In this way, the law of labor demand and supply is kept on the right track, the fluctuation of wages within the capitalist exploitation is banned and finally the so indispensable social dependence of the worker on the capitalist is guaranteed, an absolute dependency relationship that the political economist at home, in the mother country, is a fuss can lie in a free contract between buyer and seller, of independent goods owners, owners of the goods capital and the goods labor.

But in the colonies, the beautiful delusion tears in two.
The absolute population grows much faster here than in the mother country with many adult workers being born, and yet the labor market is always underfilled.
The law of labor demand and supply is broken.
On the one hand, the old world is constantly throwing in exploitable capital that requires renunciation; on the other hand, the regular reproduction of wage workers as wage workers encounters the naughtiest and sometimes insurmountable obstacles.
しかし、植民地では、美しい妄想が二つに裂けます。
ここでは、絶対人口は母国よりもはるかに速く増加し、多くの成人労働者が生まれていますが、労働市場は常に不足しています。
労働需給の法則は破られている。
一方、旧世界は絶えず放棄を必要とする搾取可能な資本を投入しています。一方、賃金労働者がいたずらで、時には乗り越えられない障害に遭遇したときの、定期的な賃金労働者の複製。
 ーーーーーー
 on the other hand,
 the regular reproduction of wage workers
 as wage workers encounters
 the naughtiest and sometimes insurmountable obstacles.
 一方、
 賃金労働者の定期的な複製
 賃金労働者が遭遇するように
 わんぱく、時には乗り越えられない障害。
 ーーーーーー
And now even the production of surplus wage workers in relation to the accumulation of capital!
Today's contract worker will become an independent, self-employed farmer or craftsman tomorrow.
そして今、資本の蓄積に関連して余剰賃金労働者の生産さえ!
今日の契約労働者は、独立した自営業の農家または職人になります。

それは雇用市場から消えますが、倉庫にはありません。賃金労働者が資本のためではなく自分のために働き、資本家の代わりに彼ら自身を豊かにする独立した生産者にこのように絶えず変化することは、労働市場の状況に悪影響を及ぼします。下請け業者の搾取のレベルが下品であるだけではありません。後者はまた、依存関係を持つ放棄する資本家への依存感を失います。したがって、当社のEGウェイクフィールドが非常によく、雄弁に、そして感動的に説明するすべての不満でした。
It disappears from the job market, but - not into the warehouse. This constant transformation of the wage laborers into independent producers who work for themselves instead of for capital and who enrich themselves instead of the capitalists, has a bad effect on the conditions of the labor market. Not only is the level of exploitation of the subcontractor indecently low. The latter also loses the feeling of dependence on the renouncing capitalist with the dependency relationship. Hence all the grievances that our EG Wakefield describes so well, so eloquently and so touchingly.


The supply of wage labor, he complains, is neither constant nor regular, nor sufficient. It "is always not only too small, but insecure" 265) .
彼は賃金労働の供給が一定でも、規則的でも、十分でもないと不満を述べている。 「常に小さすぎるだけでなく、安全ではない」265)。

「労働者と資本家の間で分割される製品は素晴らしいですが、労働者は彼がすぐに資本家になるほど多くをとります...一方、たとえ彼らが異常に長く生きても、大量の富を蓄積することはできません」 266)
"Although the product to be divided between the worker and the capitalist is great, the worker takes so much that he quickly becomes a capitalist ... On the other hand, few, even if they live unusually long, can accumulate large amounts of wealth." 266)


The workers, flatly, don't allow the capitalists to renounce most of their work. It doesn't help him if he is smart enough to use his own capital to import his own wage workers from Europe.
労働者たちは、まさしく、資本家が彼らの仕事のほとんどを放棄することを許可しません。彼が自分の資本を使って自分の賃金労働者をヨーロッパから輸入するのに十分賢いならば、それは彼を助けません。

「彼らはすぐに契約労働者になるのをやめ、彼らはすぐに独立した農家になり、契約労働市場自体で彼らの古いマスターの競争相手にさえなるでしょう。」 267)
"They will soon stop being contract workers, they will soon turn into independent farmers or even competitors of their old masters on the contract labor market itself." 267)

Understand the abomination!
The good capitalist himself imported his own physical competitors from Europe for his own good money!
Everything stops there!
嫌悪を理解せよ!
善良な資本家自身が彼自身の相当なお金のためにヨーロッパから彼自身の物理的な競争相手を輸入しました!
すべてがそこで止まります!

ウェイクフィールドが植民地の賃金労働者の依存の欠如と依存感について不満を言うのも不思議ではありません。
高い賃金のために、彼の学生は言います
メリヴェール、植民地では、資本家が条件に支配されるのではなく条件を指示できるクラスのために、より安価で従順な仕事を求める熱烈な衝動があります...古い文明国では、労働者は本来資本家であり、植民地では、この依存関係は人工的な方法で作成されなければなりません。 268)
No wonder if Wakefield complains about the lack of dependency and feeling of dependence of the wage workers in the colonies.
Because of the high wages, says his student
Merivale, there is a passionate urge in the colonies for cheaper and more submissive work, for a class to which the capitalist can dictate the conditions instead of being dictated by them ... In old civilized countries it is Workers, albeit free, dependent on the capitalist by nature, in colonies this dependency must be created by artificial means. 268)


Now what, according to Wakefield, is the consequence of this maladministration in the colonies?
A "barbaric system of dispersion" of producers and national wealth. 269)

ウェイクフィールドによれば、植民地でのこの不正な行政の結果は何ですか?
生産者と国の富の「野蛮な分散システム」。 269)

資本の集中化により、無数の自己管理所有者間の生産手段の細分化は、結合労働のすべての基盤を破壊します。 何年にもわたって固定資本投資を必要とするすべての長期的企業は、実行の障害に直面します。 労働者階級は常に生活アクセサリーを常に豊富に提供しているので、ヨーロッパの首都はしばらく躊躇しません。 しかし、植民地の国々では! ウェイクフィールドは非常に苦痛な逸話を語っています。 彼はカナダとニューヨーク州の資本家の何人かと話をしました、そこで、移民の波はしばしば行き詰まり、「余剰」労働者の預金を打ち倒します。
With the centralization of capital, the fragmentation of the means of production among innumerable, self-managing owners destroys all the foundations of combined labor. Every long-winded company that stretches over years and requires a fixed capital investment encounters obstacles to execution. Capital in Europe does not hesitate for a moment, because the working class always provides its living accessories, always in abundance. But in the colonial countries! Wakefield tells an extremely painful anecdote. He talked to some capitalists from Canada and the state of New York, where the waves of immigration often stall and knock down a deposit of "surplus" workers.

"Our capital," sighs one of the melodrama figures, "our capital was ready for many operations that took a considerable period of time to complete, but we could start such operations with workers who, we knew, would soon turn their backs If we had been sure that we could keep the work of such immigrants, we would have been happy to hire them immediately and at a high price. Yes, despite the safety of their loss, we would still have hired them, we would have a fresh supply depending on our needs been safe. " 270)
「私たちの首都」はメロドラマの数字の一つにため息をつきます、「私たちの首都は完了するのにかなりの時間を要した多くの操作の準備ができていましたが、私たちが知っていればすぐに背を向ける労働者とそのような操作を開始できました私たちはそのような移民の仕事を続けることができると確信していました、私たちは彼らを即座に高額で雇うことができれば幸いでした。はい、彼らの損失の安全にもかかわらず、私たちは彼らを雇ったでしょう、私たちは新鮮な供給を得るでしょう私たちのニーズに応じて安全でした。」 "270)


After Wakefield splendidly contrasted English capitalist agriculture and its "combined" work with the dispersed American peasant economy, the other side of the coin slipped away. He portrays the American people as wealthy, independent, enterprising and relatively educated while"The English agricultural worker is a miserable wretch, a pauper ... In which country, apart from North America and a few new colonies, is the wages of the free labor applied to the country significantly exceeding the workers' most indispensable means of subsistence? ... No doubt, Farm horses in England, because they are valuable property, are fed much better than the English farmer. " 271)

ウェークフィールドが見事に対照的なイギリスの資本主義農業とその分散したアメリカの農民経済との「組み合わせた」作業の後に、コインの反対側がずれてしまいました。彼はアメリカ人を裕福で、独立し、進取的で比較的教育を受けていると描写している。
「労働者の最も不可欠な生計手段を大幅に超えて国に適用された労働力...間違いなく、イギリスの農場の馬は貴重な財産であるため、イギリスの農家よりもはるかによく給餌されます。」"271)

しかし、気にしないでください。国の富は、当然ながら人々の悲惨さと同じです。
But never mind, national wealth is naturally identical to people's misery.


How can the colonial anti-capitalist cancer damage be cured? If you wanted to convert all your land from private property into private property in one fell swoop, you destroyed the root of the evil, but also - the colony.
植民地の反資本主義的な癌の損傷をどのようにして治すことができますか?
すべての土地を一気に私<公>有地から私有地に変換したい場合は、悪の根源だけでなく、コロニーも破壊しました。

トリックは、1つの石で2羽の鳥を殺すことです。
The trick is to kill two birds with one stone.

Because of the virgin earth, the government gives an artificial price that is independent of the law of demand and supply, and which forces the immigrant to work longer hours until he can earn enough money to buy land 272) and get one to transform independent farmers.
処女の地球のために、政府は需要と供給の法則から独立している人工的な価格を与えます、そしてそれは彼が土地を買うのに十分なお金を稼ぐことができるまでより長い時間働くことを強います272)そして独立した農民を変革させる。
 272)「腕と腕だけを持っている人が仕事を見つけて収入を生み出すのは、
 土地と首都の専有のおかげです...反対に、それは個人の専有から来ます。
 腕だけを持っている人がいる土…人を真空に入れると、空気を奪われ、地面
 を手に入れるとそうなります…つまり、それはすべての空を動かし、あなた
 の意志に従わない限り生きられないようにします。」
 (コリンズ、lc、t。III、p。267-271パッシム。)

一方、政府は、土地の売却から生じる資金を、賃金労働者にとって比較的法外な価格で使用します。つまり、このお金の基金は、神聖な需給法則に違反することによって賃金から強要されたものです。ヨーロッパから植民地に輸入するものは何もないので、資本家を彼の賃金労働市場に留めておきなさい。
これらの状況では、可能性のある meilleur des mondesにmieux  <仏語>を注ぎます。
                best of worlds    better  <英語>
これが「体系的な植民地化」の大きな秘密です。
The government, on the other hand, uses the fund that flows from the sale of the land at a price that is relatively prohibitive for the wage laborer, i.e. this money fund extorted from wages by violating the sacred law of demand and supply. Have nothing to import from Europe into the colonies and so keep the capitalist in his wage labor market. In these circumstances, the to pour the mieux to the meilleur des mondes possibles.
This is the big secret of "systematic colonization".

"According to this plan," Wakefield exclaims triumphantly, "the supply of work must be constant and regular, because, firstly, since no worker is able to get land before he has worked for money, all immigrant workers are they work in combination for wages, produce capital for the use of more labor for their users; secondly, anyone who would give up wage labor and become a landowner would secure a fund for bringing fresh work to the colonies just by buying the land. " 273)
「この計画によれば、ウェイクフィールドは意気揚々と叫びます。「仕事の供給は一定で定期的でなければなりません。なぜなら、第一に、彼がお金のために働く前に土地を手に入れることができないので、すべての移民労働者は彼らが一緒に働いているからです。賃金は、ユーザーのより多くの労働力を利用するための資本を生み出します。第二に、賃金労働をあきらめ、地主になる人は、土地を購入するだけでコロニーに新鮮な仕事をもたらすための資金を確保します。" 273)

もちろん、州が課す州の価格は「十分」でなければならず、「それが非常に高いため、他の人が賃金労働市場に参入するまで労働者が独立した農家になることができません」274)。
The state price imposed by the state must, of course, be "sufficient", "so high that it prevents workers from becoming independent farmers until others are there to take their place on the wage labor market" 274) .

This "sufficient land price" is nothing more than a euphemistic description of the ransom that the worker pays the capitalist for permission to withdraw from the wage labor market to the countryside. First he has to create "capital" for the lord capitalist so that he can exploit more workers, and then put a "substitute man" on the labor market whom the government sends to his former lord capitalist across the sea at his own expense.
この「十分な地価」は、賃金労働市場から田舎に撤退する許可を労働者が資本家に支払うという身代金の描写に過ぎません。最初に、彼はより多くの労働者を搾取できるように領主資本家のための「資本」を作成し、それから政府が自費で海を渡って前領主資本家に送る「代役」を労働市場に投入しなければなりません。


It is highly characteristic that the English government has for years carried out this "original accumulation" method specially prescribed by Mr Wakefield for use in colonial countries.

イギリス政府が長年、植民地諸国での使用のためにウェイクフィールド氏が特別に規定したこの「元の蓄積」方法を実行してきたことは非常に特徴的です。

もちろん、大失敗はピールの銀行記録と同じくらい不名誉だった。
移民の流れはイギリスの植民地から合衆国に転用されただけでした。
一方、ヨーロッパでの資本主義的生産の進展は、政府の圧力の高まりを伴い、ウェイクフィールドのレシピを冗長にしています。
The fiasco was of course just as disgraceful as that of Peel's bank record.
The flow of emigration was only diverted from the English colonies to the United States. Meanwhile, the progress of capitalist production in Europe, accompanied by growing government pressure, has made Wakefield's recipe redundant.

On the one hand, the tremendous and continuous flow of people, driven year after year to America, leaves stagnant rainfall in the eastern United States, as the wave of emigration from Europe throws people there more quickly than the wave of emigration to the west can wash them off.
一方、ヨーロッパからの移住の波は西への移住の波よりも速く人々をそこに投げかけるので、毎年アメリカへと駆り立てられる途方もない継続的な人々の流れは、米国東部で停滞した降雨を残しますそれらを洗い流してください。

一方、南北戦争はその結果として巨大な国家債務を抱え、それに伴う税圧力、最も一般的な金融貴族の生成、鉄道、鉱山の開発のための投機的な社会に公共の土地の大部分を与えました等-要するに、資本の最速の集中化です。
大共和国は、移民労働者のための約束された土地でなくなった。賃金引き下げと賃金労働者への依存が通常のヨーロッパのレベルにまで引き下げられているとはいえ、資本主義の生産はそこで大きな進歩を遂げています。
On the other hand, the American Civil War had a colossal national debt in its wake and with it tax pressure, generation of the most general financial aristocracy, giving away a huge part of the public lands to speculative societies for the exploitation of railways, mines etc. - in short the fastest centralization of capital. The great republic has ceased to be the promised land for migrant workers. Capitalist production is making huge strides there, even though wage cuts and wage worker dependency are far from being brought down to normal European levels.

Has denounced themselves as loud Wakefield, shameless squandering of undeveloped colonial land to aristocrats and capitalists by the British government, especially in Australia 275) , together with the people power that the Gold Diggings hinziehn, and the competition which English import goods themselves the smallest artisan, creates a sufficient "relative overpopulation of workers", so that almost every steamboat brings the job of an overcrowding of the Australian labor market - "glut of the Australian labor market" - and prostitution thrives there as abundantly as on the Haymarket from London.
 275)オーストラリアが独自の立法府になるとすぐに、それは入植者のため
 に有利な法律を自然に制定しましたが、イギリスはかつて本格的な土壌搾取
 が邪魔をしています。
 「1862年の新しい土地法が目指す最初かつ最も重要な目標は、人々の入植
 を容易にすることです。」
 (「ビクトリア州の土地法、ホンダG.ダフィー公有地大臣」Lond。1862、
 [p。3]。)

オーストラリアを中心にイギリス政府、特にオーストラリアの植民地を貴族や資本家に無茶苦茶に浪費しているウェイクフィールドを大声で非難し、ゴールドディギングスヒンツィーンという人々の力と、イギリスが商品を自分たちで最小の職人が輸入する競争は、十分な「労働者の相対的な過密化」を引き起こし、ほぼすべての蒸気船がオーストラリアの労働市場の過密化の仕事をもたらします-「オーストラリアの労働市場の過剰」-売春は、ロンドンのヘイマーケットと同じくらい豊富にそこで繁栄します。


However, we are not concerned with the condition of the colonies here. What we are only interested in is the secret discovered and proclaimed in the new world by the political economy of the old world: capitalist modes of production and accumulation, including capitalist private property, require the destruction of private property based on one's own work, i.e. the expropriation of the worker .

ただし、ここではコロニーの状態は関係ありません。私たちが関心を持っているのは、旧世界の政治経済によって新世界で発見され宣言された秘密です。
資本主義の生産と蓄積のモードは、資本主義の私有財産を含め、自分の仕事に基づいての私有財産の破壊を必要とします。
労働者の収用です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
脚注

(253)これらは本当のコロニーであり、自由移民が植民地になっている未使用の土壌です。経済的に言えば、米国は依然としてヨーロッパの植民地国です。ちなみに、このような古いプランテーションもここに属しており、奴隷制度の廃止により状況は完全に変わりました。<=

(254)植民地自体の性質についてのウェークフィールドのいくつかの明るいスポットは、重農主義者であるミラボー・ペールによって完全に予期され、イギリスの経済学者によってはるか以前に予期されていました。<=

(255)後に国際競争で一時的に必要になる。彼の動機が何であれ、結果は同じままです。<=

(256)「黒人は黒人です。特定の状況では彼は最初に奴隷になります。綿紡績機は綿を紡ぐための機械です。特定の状況でのみそれが資本になります。これらの状況から引き裂かれ、それは金と同じくらい少ない資本ですそしてそれ自体、お金や砂糖は砂糖の価格です...資本は社会的な生産関係です。それは歴史的な生産関係です。」(カールマルクス、「賃金労働と資本」、「N [eue] Rh [einische] Z [eitung]」、1849年4月7日の第266号。<Vol。6、pp。407/408>)<=

(257) EGウェイクフィールド、「イングランドとアメリカ」、v。II、p。33. <=

(258) lc、v。私、p.17。<=
(259) lcp 18。<=
(260) lcp 42、43、44。<=
(261) lc、v。II、p。5. <=

(262)「植民地化の要素となる土地は、開発されていないだけでなく、私有財産にできる公有財産でなければならない。」(lc、v。II、p。l25)<=

(263) lc、v。私、p。247. <=
(264) lcp 21、22。<=
(265) lc、v。II、p。116. <=

(266) lc、v。私、p。131 <=
(267) lc、v。II、p。5. <=

(268)メリベール、I。c。、V。II、p。235-314パッシム。穏やかで自由貿易の下品な経済学者でさえ、モリナリは言います。「奴隷制が廃止された植民地では、強制労働を相当する自由労働に置き換える必要はなく、私たちの目の前で毎日起こっていることとは正反対です。単純な労働者を見ることができます生産者が彼らの製品に持つであろう正当なシェアに不釣り合いな賃金を彼らに要求することによって産業起業家を搾取する彼らの利益から、そして彼ら自身の資本から過剰をカバーすることができるように、他の人が差し迫った破滅を避けるために彼らの植物を閉鎖している間、多くのプランターが台無しになりました...それは間違いなく蓄積する方が良いです資本の滅亡を何世代にもわたる人々のように見るために(モリーナリ氏は寛大です!)「でもどちらか一方が死んだらいいのではないか」(モリナリ、lcp 51、52。)モリナリさん、モリナリさん!ヨーロッパで労働者のための「起業家」と労働者のための西インド諸島で起業家が正当な部分とあなたはヨーロッパの資本家が毎日払っていないことを認めているこの「パートレジタイム」が好きですか?モリナリ氏は、労働者が非常に「単純」な植民地で、そこにいる資本家を「搾取」して、そうでなければ自動的に機能する需要と供給の法則を警察に適切なギアに入れようと非常にむずむずしています。<=

(269) Wakefield、lc、v。II、p。52. <=
(270) lcp 191、192。<=
(271) lc、v。私、p。47、246。<=

(272)「土地と資本の流用のおかげで、腕を持っているだけの人々が仕事を見つけて収入を生み出すのは、それとは逆に、それは個人の流用によるものです。地面の、腕だけを持っている人がいる...人を真空に移動させると、彼は空気を奪い、そしてあなたが地面を奪うとあなたもそうします...つまり、彼はすべての富の空虚に彼があなたの意志による以外の方法で生きることができないように。」(コリンズ、lc、t。III、p。267-271パッシム。)<=

(273)Wakefield、lc、v。II、p。192. <=
(274) lcp 45。<=

(275)オーストラリアが独自の立法府になるとすぐに、それはもちろん開拓者に有利な法律を制定したが、イギリスは、かつて本格的な土地浪費が邪魔をしている。「1862年の新しい土地法が目指す最初かつ最も重要な目標は、人々の入植地をより軽減することです。」(「ビクトリア州の土地法、公有地の大臣、G。ダッフィーによる」Lond。1862、[p。3]。)<=
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

暴力革命?

 投稿者:コモンズファン  投稿日:2020年 5月 4日(月)14時31分20秒
返信・引用
  日本共産党だったら、「暴力革命なんてとんでもない!」と即座に否定しますよね。
革命21が暴力革命を否定しないのは、内ゲバは否定しても外ゲバは否定しない極左暴力集団の残党の方々が沢山いらっしゃるからですね。
 

>革命21は暴力革命をめざしていますか?

 投稿者:杉本  投稿日:2020年 4月25日(土)20時47分43秒
返信・引用 編集済
      コモンズファン  様への杉本からのお返事です。
>革命21は暴力革命をめざしていますか?
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いやはや・・杉本は何といってお返事をすれば良いのか?
何とも困っていました。

では?わたしたちの機関組織である関西の--

関西生コンは、非合法党の指導の下に、労働運動を展開していますか?

私自身は、69年の安保決戦を戦った関西ブンドの一員として、街頭闘争を闘ったのですが、
当時残念ながら指導部は合法組織でありました。
そこで、非合法党を作ろうと上京してきたのですが、残念ながら大半の人が逮捕され、組織は
瓦解してしまいました。

当時の関東の指導部は、日向・荒派であり、非合法の組織も作ったようですが、残念ながら政
治運動のなかでそれを活かすことが出来なかったようです。

私達労働者の政治運動は、資本家階級への経済的隷属からの解放を目指した、一国ではなく全
世界の運動としてのみあります。これは明らかに世界プロ独の樹立によってのみなし得るもの
ですが、その手本を見せてくれた韓国の政治運動に、学びたいと今思うことしきりでありま
す。

マルクスの経済学批判としての『資本論』が、

誤訳だらけであることが、一体何を意味しているのか?

コロナへの対処でのドイツの見事さを見るにつけ、
『資本論』正訳は、見事な威力を発揮しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

革命21は

 投稿者:コモンズファン  投稿日:2020年 4月24日(金)14時42分37秒
返信・引用
  革命21は暴力革命をめざしていますか?  

米国の「パールハーバーモーメント」

 投稿者:杉本  投稿日:2020年 4月17日(金)00時58分0秒
返信・引用 編集済
  http://www.nikkanberita.com/

https://www.yzzk.com/article/details/%E7%AD%86%E9%8B%92/2020-16/1587008718939/%E5%85%A8%E7%90%83%E6%8A%97%E7%96%AB%E9%A0%88%E8%A1%9D%E5%87%BA%E6%88%B0%E7%88%AD%E9%99%B0%E5%BD%B1

亞洲週刊


香港の有力紙「明報」の明報グループとして1987年より刊行されている世界の華人向け週刊誌。読者対象は中国本土を始め、香港、台湾、シンガポール、マレーシアなどの華人経済界、中国問題研究者で、毎号特集記事を組むほか、世界各国の研究機関・大学などに所属する専門の研究者による論説を掲載。また中国や華僑社会の経済動向を載せている。記事は中国本土の社会、政治問題が主体で、中国の政府側メディアにはない鋭い切り口で取材し、研究者の注目を集めている。
http://www.yzzk.com

https://www.yzzk.com/article/details/%E7%AD%86%E9%8B%92/2020-16/1587008718939/%E5%85%A8%E7%90%83%E6%8A%97%E7%96%AB%E9%A0%88%E8%A1%9D%E5%87%BA%E6%88%B0%E7%88%AD%E9%99%B0%E5%BD%B1


2020/4 / 20-4 / 26  2020年16号
世界的な反流行は戦争の影から抜け出さなければならない

この流行に直面して、2万人以上が亡くなり、1700万人以上の失業者が救済を申請しました。この戦争は「完全な嵐」であり、内部の不満を解決して選挙を救うことができます。南シナ海の人工島は最も紛争が起こりやすい。重要なのは、理性に立ち返り、火事を避けることです。

世界的な流行は悪化し、最終的には戦争に、あるいは世界大戦にさえ進化するでしょうか?一見根拠のないものですが、今日の米国の流行抵抗の様子をよく見ると、戦前には多くの兆候が見られます。歴史に詳しい地球上の人々は、地球上の重要な記憶を消すべきではありません。大きな国が深刻な内部危機に直面したとき、それは視界を変え、状況を逆転させるために外で戦争を仕掛ける強い動機になります。

これはトランプ政権の現在の苦境です。平時、彼はアメリカを世界一の流行に導いて、アメリカで25,000人以上を殺しました、これまでのところ、彼は暗いトンネルの終わりを見ていません。年末に行われたトランプ大統領の選挙は、信頼感から危機に至るまで、すぐに底を打った。選挙を救うには、いじめからの暴力的な行動が必要です。

危険な手がかりは、一部の米国議員が中国から補償を請求することを計画しており、米国および中国で発生している流行の西側を非難していることです。彼らは米国の法廷で中国当局を訴え、天文学的な補償を要求する必要があります。欧米の資産は、中国が米国で購入する莫大な国債を凍結するかもしれません。これは驚くべきことのようですが、ますます可能性のあるシナリオです。トランプ氏がこのように「一撃」を行うと、中国と米国は彼らの顔を引き裂き、危険な戦争の道に向かいます。

同時に米国の流行により経済は停滞しており、4月14日までに米国で救援を申請する失業者数は1,700万人に達し、米国の歴史的な記録を打ち破り、米国人の不安や不安が高まっています。社会の安定も臨界点に達しており、外国戦争の開始は「完全な嵐」かもしれない。

米国は中国に対して厳しい態度を取っていますが、実際には国内に巨大な市場があります。民主党であろうと共和党であろうと、秋華はコンセンサスになり、トランプ氏が現在の問題の根源を中国に上向き、指摘する限り、容易に世論の支持を得ることができる。

もちろん、戦争には代償が伴います。中国は核保有国であり、もし米国が挑発しようとするならば、米国は核災害の代価を支払うことになる。したがって、米国は水温をテストするために「エージェント戦争」を開始する可能性が高く、紛争の可能性が最も高いのは南シナ海、台湾海峡、および東シナ海であるべきです。

これはまた、トランプ政権がルーズベルト核空母の発生に対処したとき、決定的な措置をとることを躊躇せず、メディアに助けを求め、太平洋の米空母への被害の外部解釈を避けるために勇敢にキャプテンを解任したことも説明しています。しかし、この事件は偶然であり、船長は陸軍の英雄となり、将校と兵士は立ち上がって拍手を送った。しかし、この事件はまた、ペンタゴンが空母の戦闘力が伝染病の影響を受けないようにしたいという意図をも見た。

南シナ海は、実際には米国が軍隊を使用できる敏感な地域です。このエリアは中国本土から遠く離れているため、人民解放軍の供給ラインは非常に長く、米軍には地理的な利点があります。近年中国が建設した人工島に挑戦し、襲撃を行って現代の「パールハーバーインシデント」を作成することさえできます。永州島を含む中国の南シナ海基地を破壊する。

もちろん、いったん中国と米国が戦争に巻き込まれると、危機の渦巻き状の状況が形成されます。ビジネスマンとしてのトランプの本質には、まだ多くの変数があります。しかし、トランプの性格特性は、自己陶酔的な分裂した性格も強く、一方では合理的に計算しますが、一方でギャンブルが好きで、それを恐れています。流行が解決できない現在の状況では、彼がリスクを取るかどうかは誰にもわからないでしょう。

今日の流行の惨劇の中でトランプの自己陶酔的な性格は、彼の「美しい反射」を見ました。彼の性格特性はアメリカ社会にも波及し、現在のアメリカの苦しみに対する感情を和らげるための出口を見つけなければならない。

しかし、戦争と平和の二極化では、アメリカのビジネスコミュニティにも2つの側面があります。一部の「死んだビジネスマン」は、武器ビジネスの莫大な利益を発見し、炎を煽っています。また、米国で「軍事産業複合体」を開始して、アメリカ経済は急騰した。しかしその一方で、米国が「平和の配当」を堅持し、戦争による被害を回避することを期待する多くのビジネス上の利害関係もあります。

アメリカの反中国の雰囲気が流行の状況下で政治の舞台に浸透し、民間人の死の陰に政治活動のための多くのスペースを作り、政治家がポピュリズムの利益を享受できるようになったことは注目に値します。伝染病によってもたらされる戦争の影はウイルスに匹敵し、生命を脅かすだけでなく、人々の心を害し、国間の憎悪を助長し、ウイルスに対する人間の戦争を歪めます。

これも21世紀の人類が直面している大きな課題です。理性的な声は不合理な落ち着きのなさを克服できますか?

米国のメディアは現在、新しい王冠の流行によって引き起こされた災害を米国の「パールハーバーモーメント」と見なし始めています。これは、この災害が941年12月の日本帝国軍によるアメリカの真珠への攻撃と同じであることを意味します香港の軍事基地。この事件により、米国は孤立主義の外交政策を変更し、日本との戦争を直ちに宣言するだけでなく、ナチスドイツとの戦争を宣言し、第二次世界大戦に全面的に参加し、米国と世界の歴史を書き直しました。

しかし今、アメリカは目に見えない敵を扱っています。国はどうやって集計して痛みを伴う教訓を学んだり、何度も間違いを犯したり、間違った敵を見つけたり、間違ったタイミングで間違った戦争を始めたりすることができますか?米国が中国に「ポットを捨てる」ことを試み、米中戦争を開始し、より多くの過ちを犯そうとするならば、それは不可逆的な歴史的なブラックホールに陥ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米国の「パールハーバーモーメント」

と、最大の注意を、我々に呼びかけている。
 <杉本>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

質問で~す

 投稿者:コモンズファン  投稿日:2020年 4月16日(木)18時20分45秒
返信・引用
  貴党は革命21という党名を名乗る以上、革命をめざしているのですよね。その革命は平和革命ですか?それともそれとも暴力革命ですか?  

緊急事態宣言がむしろ社会の崩壊を招く。宣言発動をしてはいけない5つの理由、新型コロナ特措法の光と影。

 投稿者:杉本  投稿日:2020年 4月 6日(月)08時34分13秒
返信・引用
  .news.yahoo.co.jp

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamadakenta/20200331-00170230/


緊急事態宣言がむしろ社会の崩壊を招く。宣言発動をしてはいけない5つの理由、新型コロナ特措法の光と影。
山田健太  | 専修大学ジャーナリズム学科教授
3/31(火) 19:03


東京都の1日感染者数が100人に近づき、医師会がいう緊急事態宣言ラインに近づいた(写真:つのだよしお/アフロ)
 新型コロナ特措法に基づく「緊急事態宣言」が、近日中にも発動(発令)される状況だ。すでに、法律上の手続きはすべて完了し、発令の条件も満たしたとの認識を政府が示しているからだ。テレビやネット上の声も、いち早い発令を期待するものが圧倒的に多い。日本医師会も発令を促し、東京都知事も一歩踏み込んだ発言を続けている。3月28日の3回目の首相会見でも、「最悪の事態を想定」という言い方で、緊急事態宣言発令を前提とした経済対策を今後とっていくことを明言した。
 しかし、同宣言をいま発令することには、極めて大きな問題がある。感染を封じ込めるために有効に見えるものの、実はより深刻な事態をもたらす可能性が高いからだ。その理由を5つにまとめた。

●エビデンス
 第1に、エビデンスが決定的に不足している。新型コロナ特措法(改正新型インフルエンザ等対策特別措置法)が定めるとおり、宣言を出すことができる条件は、
(1)国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがある
(2)全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼし、又はそのおそれがある
――の2つの条件が満たされた場合だ(法32条1項)。
 1つ目の健康への重大被害については、国内外の論文等から科学的知見が十分得られており、疑う余地がないといえる。したがって、ポイントになるのは2つ目の「蔓(まん)延」と「影響」だ。影響については、蔓延した場合の医療現場への甚大な影響など、これもまた海外事例から一定程度合理的な予測が可能である。すでに現段階においても大きな経済損失があることに鑑みれば、経済への影響も合理的な推測が十二分に可能である。

 では、すべての前提となる蔓延はどうか。この点につき、厚労大臣は専門家会議の報告を受け3月26日、「蔓延の恐れが高いと認められる」と首相に報告している。確かに、東京オリンピックの延期が決まったタイミングから、東京都の感染者数は急増しているものの、その絶対数だけから「蔓延」という状況ではないことは明らかだ。
 これは、通常のインフルエンザの蔓延認定の際の感染者数と比較すれば一目瞭然だ。専門家会議の知見でも、母数が極めて限定されている現在の「行政検査」の範囲から、全体像を推測して蔓延状況(あるいはその危険性)を導いているにすぎない。

 東京都の例をみても、3月26日現在の累計検査実施人数は2269人だ。日別でみると、実施開始から100件を超えたのはわずかに3日、23日の週に入って多少増えてはいるものの、全体でみれば1日50件以下が半数である。しかも保険適用で行った検査(医療検査)は統計に含まれずで、東京都の発表数字には入らない。
 要するに、相変わらず全体像はつかめないということに他ならない。その中で、全体像を推測して蔓延しているというには無理があるのではないか、ということだ。もちろん、十分にすでに蔓延している可能性も、近い将来蔓延する危険性もあると思うが、そうであるならば、保険適用の「医療検査」を積極的に進めるなり、簡易的にでもサンプル調査を実施して、現況をきちんと提示することが必要だ。
  言い分としては、PCR検査を実施すると医療崩壊を招くというものがあるが、今の状況はむしろ、実態から目をそらして感染者数の過小評価を続けているということにほかならない。さらにいえば、感染爆発のリスク要因になるとして、リンクの見えない感染者数の増加を危惧すると言いつつも、感染場所や接触可能性などについては、相変わらず積極的な公開はないままだ。同じことは、若年層の感染実態についてもいえる。
 こうした状況下で緊急事態宣言をするということは、情報の統制が強まる中で、さらに実態は藪の中に押し込まれ、生活の我慢だけが強いられるということを意味する。検査をするかしないかという、他国には見られない〈神学論争〉をしているうちに、結果として検査もせず、実態もわからないまま、政治判断で市民の権利を制限するということが当たり前のように行われてしまっていいのかということだ。

 そしてまた、こうした時に必ず出てくるキーワードが「国難」だ。国の存亡がかかっているときに、手続きの不備とか、個々人の権利侵害を言っているのはお門違いであるという意見である。状況の悪化をギリギリまで放置しておいて、最後に切り礼の国難理由を使うのは、政治の無責任さの典型である。こうした政治手法は、いかなる場合でも許されない。
 むしろ、政治家が率先してこうしたワードを使用するときは、危険な兆候だとして社会的なアラームを鳴らす必要があるが、そのカナリヤ役のメディア(テレビや新聞に登場する専門家やコメンテーター)が、率先して国難アピールをしているのが現状であるところが、社会的な脆弱さをあらわしている。このメディアの問題は改めて後述する。

●基準
 第2が、判断基準の曖昧さだ。そもそも、この法律とりわけ緊急事態宣言の発動(発令)の特徴は、「曖昧で強力」なことだ。すなわち、極めて曖昧な基準で発令可能にもかかわらず、非常に強い私権制限が予定されている。逆に言えば、私権の制限という自由や権利の市民的自由の制約が予定されているにもかかわらず、恣意的な判断の余地がある条件で発令が可能ということになる。
 だからこそ、政府対策本部長である首相は、予め可能な限り、どういう場合が緊急事態にあたるのかを、国民に対し分かりやすく説明し、そのような事態にならないよう早め早めに対処をして、社会全体を危機から回避させる責任がある。にもかかわらず、穿った見方をすれば、あえて判断基準を不明確(曖昧なまま)にすることで、国民を惑わす状況が続いている。

 結果として、危機感の共有が遅れ、感染者の爆発を誘引しかねない状況にあるといえる。しかもそうした状況になったいまでさえ、いまだに基準は示されないままで、冒頭に紹介した28日の首相会見でも、基準を求める記者の質問に対しては答えずじまいだった。その理由は、本当に基準を持っていないか、判断のフリーハンドを確保するためにあえて隠しているかである。
 これは、いずれにしても社会にとっては大変不幸である。どちらの場合も、発令段階の「政治判断」は「示威的なもの」にならざるを得ないからである。そして、残念ながら確たる根拠は何らないが、首相はこの2つの可能性のどちらにも当てはまるのではないかと思われる。前者については、学校一斉休校や入国制限について、専門家の知見に頼らず政治判断したことをリーダーシップと勘違いしている節がある。いわば、ないことを誇っているということだ。

 そして後者についても、きちんと意思決定過程を残さないという悪弊が、今回の場合もそこここに見え隠れする。例えば、3月27日の参院予算委員会において、関係閣僚らによる「連絡会議」が実質的な意思決定に関与している実態があることから、議事録を作成することを要求されたことに対し、議事録・議事要旨の作成には言及しないままだった。
 「関係省庁からの報告内容等がわかる毎回の記録を作成していく」が、「まだ作成されていない」という回答もあった。さらに、連絡会議の位置づけについて、議事内容の記録作成を義務付けた「政策の決定・了解を行う会議ではないので、作成義務はない」との見解を示した。そのため、議事内容の文書化は行われておらず、活動の期間や場所、進捗状況を示した「活動の記録」にとどまっているということだ。

 これは、さらに前の3月10日の閣議了解である「行政文書の管理における『歴史的緊急事態』について」と通底する問題だ。内閣は、今回の一連の感染症の事態が、行政文書の管理に関するガイドラインに規定する「歴史的緊急事態」に該当するので、きちんと文書の記録をとることを約束したと解されている。
 しかしここにはトリックがあって、そもそも緊急事態がどうかに関わらず公文書を残す(記録をとる)ことは行政の義務であって、緊急事態だから、ではない。しかも、ここにいう「記録」とは議事録・議事要旨のことをさすものとされているにもかかわらず、様々な理由付けをすることで、結果としては議事の記録(すなわち議事録)を残さないという選択肢をとっているということになる。

 このように、ことごとく意思決定過程を残さない選択をしてきた現政権の姿勢は、すでにこの間の公文書の改竄・破棄・隠蔽を進めてきた状況から十分に推測できるものではある。そしてこうした姿勢の延長線上にあるのが、基準を示さず、判断はフリーハンドでという考え方ではないかということだ。しかも、その意思決定の過程や基準は霧の中で、後世の検証を決定的に阻んでいる。

●強制力
 第3は、強制力はないというイメージ操作だ。緊急事態宣言下の休校要請が出された中で、講義を実施する大学は私学を含めて皆無だろう。もし、要請を無視したら、あとで文科省にいじめられることは目に見えているからだ。ことほど左様に、多くの企業・組織において、行政の要請、しかも法の根拠がある要請、さらには指示を断る勇気はないはずだ。
 この点については、すでに指定公共機関にNHKが法指定されており、その他の緊急事態法制(災害対策基本法や武力攻撃事態対処法など)では、民放や新聞社が指定されている報道機関を例にとって、より詳しく考えてみたい。要請等の主体である都道府県対策本部から指定公共機関へできることは、「労務、施設、設備又は物資の確保についての応援要請」(法27条)とされている(さらに行政機関は「正当な理由がない限り、応援を拒んではならない」(同条後段)とされている)。

 同時に、他の条文では「総合調整を行うこと」(法24条1項)、「職員の派遣要請」(法24条3項)、「情報の提供要請」(法24条5項)、「状況報告・資料提出の要請」(法24条6項)、「必要な協力の要請」(法24条9項)などが定められている。NHKが官邸に、職員を派遣し、報道用に収集した情報や資料を提供することが、どういう意味をもたらすかは説明する必要がないだろう。もちろん、義務ではなく努力義務ではあるが、拒否することはあり得まい。
 こうした危険性に鑑み、参議院の審議においては附帯決議において、「報道・論評の自立を保障し、言論その他表現の自由が確保されるよう特段の配慮を行うこと」という条項が加わったわけであるが、この一文が効果を発揮することはないだろう。そもそも、いわずもがなの「表現の自由に対する配慮」をあえて明示しなければならないということに、この特措法の問題があるということだ。

●情報統制
 第4は、提供情報の決定的な不足がある中での宣言発令は、さらなる情報統制を呼ぶことになる、という点だ。そして本来であれば、こうした政府広報の問題を指摘し、場合によっては不足する情報の穴を埋める働きをすべきマスメディアの弱体化が指摘されて久しい。ジャーナリズムに権力監視機能を求めること自体が時代遅れともいわれているが、それでもこうした「国難」を政府がいうときに、竿をさすのではなく、流れに抗う存在が必要だ。たとえ少数派になっても、憲法上の大原則に則って、きちんとモノが言えるかが社会の成熟度であろう。
 そしてこれは第5の、指導者の信頼性が欠如しているということとも関係する。安倍首相の国会の言動をみるにつけ、悪夢の民主党といったことはないといい、夫人の花見写真には逆ギレし、財務省職員の自殺遺書には知らんぷりを決め込んでいる。これほど、政治家としての信頼性に欠ける言動を一度に発揮することは珍しいほどであるが、こうした指摘に対しても全く悪びれた風はない。

 ということは、同じようなことは緊急事態宣言下においても起きるということだ。しかもその時には、現時点でさえチェック機能を果たしえていない国会という歯止めも存在しない。その気になれば、官邸の意思がそのまま反映される閣議決定で決めることができる政令で、法律同様のことが可能となりうる規定もあるからだ。
 そうした状況の中で、立法時に決まった国会事前「報告」にどのような意味があるのかまったく想像がつかないが、それでも緊急事態宣言条件に該当する事態の発生の確認と事項の確認(法32条1項)に、少しでも立法府としての良心を示すことにわずかな期待をするしかない。

 繰り返しになるが、条件とは
・国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがある
・全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼし、又はそのおそれがある
事項とは
・新型インフルエンザ等緊急事態措置を実施すべき期間
・新型インフルエンザ等緊急事態措置を実施すべき区域
・新型インフルエンザ等緊急事態の概要
――の、全部で5つの事項である。

 法の建付け上、事前報告段階での国会に拒否権はないが、それでも事実上のストップをかけることや、見直しをさせる歯止めになる可能性は残されている。同じことはジャーナリズムに対してもだ。首相会見で、読者・視聴者からのさらなる存在感と信頼感を失った個々の記者の奮起なしに、これからの「言論報道機関」はありえない。
 いま、総体として私たちの民主主義の力が試されている。

(追記)4月1日に変換ミスを修正した。


山田健太
専修大学ジャーナリズム学科教授
専修大学ジャーナリズム学科教授・学科長、専門は言論法、ジャーナリズム研究。早稲田大学大学院、明治大学大学院でも情報法を教える。日本ペンクラブ専務理事のほか、放送批評懇談会、自由人権協会、情報公開クリアリングハウスの各理事、世田谷区情報公開・個人情報保護審議会委員などを務める。主な著書に『沖縄報道~日本のジャーナリズムの現在』『法とジャーナリズム 第3版』『放送法と権力』『見張塔からずっと 政権とメディアの8年』『言論の自由 拡大するメディアと縮むジャーナリズム』『ジャーナリズムの行方』『3・11とメディア』『現代ジャーナリズム事典』(監修)など。東京新聞、琉球新報、神奈川新聞にコラムを連載中。
kenta.yamada.7127
 

レンタル掲示板
/156