teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1867年発行の初版 その2

 投稿者:杉本  投稿日:2019年10月12日(土)23時24分34秒
返信・引用 編集済
  http://www.deutschestextarchiv.de/book/view/marx_kapital01_1867?p=20

Erstes Buch.
Der Produktionsprozess des Kapitals.
Erstes Kapitel.
Waare und Geld.

p⑮

I. Erste oder einfache Form des relativen Werths:
20 Ellen Leinwand = 1 Rock. (x Waare A = y Waare B.)

Diese Form ist etwas schwierig zu analysiren, weil sie einfachist16).
Die in ihr enthaltenen unterschiedenen Bestimmungen sind ver-hüllt, unentwickelt, abstrakt und daher nur durch einige Anstrengung der Abstraktionskraft auseinander- und festzuhalten.
So viel ergiebt sich aber auf den ersten Blick, dass die Form dieselbe bleibt, ob 20 Ellen
Leinwand = 1 Rock oder 20 Ellen Leinwand = x Röcke17).

① この形式は単純であるため、分析がやや困難ですist16)。
そこに含まれるさまざまな規定はシュラウド、未開発、抽象的であり、したがって抽象化の何らかの努力によってのみ離れて保持します。
しかし、一見すると非常に豊富であるため、キャンバスの20キュビット= 1コートまたは20キュビットのキャンバス= xスカート17のように、フォームは同じままです。

16) Sie ist gewissermassen die Zellenform oder, wie Hegel sagen würde, das An sich des Geldes.
それは、いわば、細胞の形態、またはヘーゲルが言うように、お金の本質です。

p⑯
②  Leinwand kömmt auf die Welt in Gestalt eines Gebrauchswerths oder nützlichen Dings. Ihre steifleinene Körperlichkeit oder Natural-form ist daher nicht ihre Werthform, sondern deren grades Gegen-theil. Ihr eignes Werthsein zeigt sie zunächst dadurch, dass sie sich auf eine andre Waare, den Rock, als ihr Gleichesbezieht. Wäre sie nicht selbst Werth, so könnte sie sich nicht auf den Rock als Werth,als Ihresgleichen, beziehn. Qualitativ setzt sie sich den Rockgleich, indem sie sich auf ihn bezieht als Vergegenständlichung gleichartiger menschlicher Arbeit, d. h. ihrer eignen Werthsubstanz, und sie setzt sich nur einen Rock gleich statt x Röcke, weil sie nicht nur Werth überhaupt, sondern Werth von be-stimmter Grösse ist, ein Rock aber grade soviel Arbeit enthält als 20 Ellen Leinwand. Durch diese Beziehung auf den Rock schlägt die Leinwand verschiedne Fliegen mit einer Klappe.
Indem sie die andre Waare sich als Werth gleichsetzt, bezieht sie sich auf sich selbst als Werth.

Indem sie sich auf sich selbst als Werth be-zieht, unterscheidet sie sich zugleich von sich selbst als Ge-brauchswerth. Indem sie ihre Werthgrösse  und Werthgrösse ist beides, Werth überhaupt und quantitativ gemessner Werth  im Rocke ausdrückt, giebt sie ihrem Werthsein eine von ihrem un-mittelbaren Dasein unterschiedne Werthform.

Indem sie sich so als ein in sich selbst Differenzirtes darstellt, stellt sie sich erst wirklich als Waare dar  nützliches Ding, das zugleich Werth ist.
Soweit die Leinwand Gebrauchswerth, ist sie ein selbstständiges Ding.
Ihr Werth erscheint dagegen nur im Verhältniss zu andrer Waare,dem Rocke z. B., ein Verhältniss, worin die Waarenart Rock ihr quali-tativ gleichgesetzt wird und daher in bestimmter Quantität
② Canvasは、ユーティリティまたは便利なものの形で世界にやって来ます。
したがって、それらの硬い肉体性または自然な形態は、価値形態ではなく、
直接の対応物です。
彼女自身の価値は、最初に別の商品であるスカートを、彼女と同等と呼ぶことで
彼女を示しています。

彼女が自分にふさわしくない場合、彼女は同等であるため、
価値としての岩を参照できませんでした。

質的には、同様の人間の仕事の客観化として彼を参照することにより、彼女は岩を同等に設定します。 H.
それは価値のある物質であり、一方に価値があるだけでなく、他方にもその価値があるだけでなく、
スカートには20ヤードのリネンと同じくらいの労力が含まれているので、スカートではなくコートに相当します。
この岩との関係を通じて、キャンバスは1つの石で数羽の鳥を殺します。

自分自身を価値として参照することにより、自分自身を消費されるものとは、区別します。
値と値の両方で、値と値の値を-値の形式で表現することにより、その値は、
その存在形式とは異なる価値形態-value-form different from-になります。
<英訳> By referring to itself as value, it distinguishes itself from itself as consumption.
By expressing its value and value-value both in value and in value in the form of value,
it gives its value-being a value-form different from its unmediate existence.

このように、それ自体を差別化されたものとして提示することにより、それは、
本当に価値のあるのと同時に有用なものとして、商品自体として提示されます。

キャンバスが有用である限り、それは独立したものです。

一方、それらの価値は、他の商品に比例してのみ現れます。
たとえば、商品の岩石が定性的に同等であり、したがって明確な量である関係です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 17) Die wenigen Oekonomen, die sich, wie J. Bailey, mit der Analyse der Werthform beschäftigt haben, konnten zu keinem Resultat kommen, einmal, weil sie Werthform und Werth verwechseln, zweitens, weil sie, unter dem rohen Ein-fluss des praktischen Bürgers, von vorn herein ausschliesslich die quantitative Be-stimmtheit ins Auge fassen. The command of quantity .... constitutes
value“. (Money and its Vicissitudes“. Lond. 1837, p. 11.) Verfasser:J. Bailey.
 註 17)J.ベイリーのように、価値形態の分析での少数の経済学者は、
第一に価値と価値との関連を混乱させるために、結果が得られなかった。
第二に、彼らは、実際の市民の生の影響下で、最初から量的妥当性のみに
焦点を合わせていたため、です。「量の命令....構成値」。
(「金銭とその危機」。Lond。1837、p.11)著者:J.ベイリー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
P⑰
③  Der Ausdruck des Leinwandwerths im Rocke prägt dem Rocke selbst eine neue Form auf.
In der That, was besagt die Werthform der Leinwand? Dass der Rock mit ihr austauschbar ist.
Wie er geht oder liegt, mit Haut und Haaren, in seiner Naturalform Rock be-sitzt er jetzt die Form unmittelbarer Austauschbarkeit mit andrer Waare, die Form eines austauschbaren Gebrauchswerths oder Aequivalents.
Die Bestimmung des Aequivalents enthält nicht nur,dass eine Waare Werth überhaupt ist, sondern dass sie in ihrer ding-lichen Gestalt, in ihrer Gebrauchsform, andrer Waare als Werth gilt und daher unmittelbar als Tauschwerth für die andre Waare da ist.

③ スカート自体でのキャンバス価値の表現は、新しい形態です。
実際、キャンバスの価値はどういう意味ですか?スカートが彼女と交換可能であるということです。
彼は、自然な形の岩を肌や髪で歩いたり読んだりしながら、現在、他の商品との互換性、
交換可能な使用価値または同等の形態を持っています。

等価物の決定は、それは商品であることが一般的な価値であり、しかも、および他の商品とでは、
その有形の形態、その使用方法で直接に、それは価値と見なされ、したがって他の商品の交換価値として、存在しています。
 <英訳> ③ The expression of the canvas value in the skirt shapes the skirt itself a new form.
In fact, what does the value of the canvas mean That the skirt is interchangeable with her.
As he walks or lies, with skin and hair, in his natural form of rock, he now possesses the form of direct interchangeability with other commodities, the form of an exchangeable use-value or equivalent.The determination of the equivalent not only implies that a commodity is value in general, but that in its tangible form, in its mode of use, and other commodities, it is regarded as value, and therefore exists directly as an exchange-value for the other commodity.

 <もう一度、和訳>
③ スカート自体でのキャンバス価値の表現は、新しい形態です。
実際、キャンバスの価値はどういう意味ですか?
スカートが、彼女と交換可能であることです。そのままに、次の岩石の性質を持ち、
現在では他の商品との互換性であり、交換可能な使用価値、または同等物の形態を
持っています。
商品は一般的に価値がありますが、それはその有形の形態、その使用方法、
および他の商品であり、その形の有るままに、価値と見なされ、
したがって他の商品の交換価値として直接存在しています。
 <「同等物の形態」久留間先生の訳では、ここで、「等価物の形態」が、形成された。>
 <しかし、ずっと後ろの⑪段落です。
 「価値形式の両方の規定またはその両方は、交換価値としての商品価値の表現は
  相対的なものです。両方であるが、しかし、同程度に相対的であるとは思われない。」
   --さて、この疑問符は、何ですかネ?>
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
④ 価値あるものとして、キャンバスは仕事だけであり、結晶化したワークバレエを形成します。
現実には、この叫び声は非常に暗いです。それは無差別な人間の労働ではなく、織り、紡績などです。秒。 w。、それは決して唯一の物質ではなく、むしろ天然物質と混合されています。キャンバスを人間の研究室の単なる具体的な表現として捉えるには、キャンバスを本当に物にするすべてのものを放棄しなければなりません。人間の労働の客観性は、それ自体が抽象的であり、それ以上の品質や内容はありませんが、必然的に抽象的客観性、思考物です。

これが亜麻布がどのようにブレインラップになるかです。しかし、商品は物です。
彼らが何であるか、彼らは事実であるか、彼ら自身の事実関係で示さなければなりません。
それは費やされますが、それ自体を体に反映しません。

彼は自分自身を明らかにし、岩との価値関係を通して官能的な表現を受け取ります。
それを価値と見なすことで、同時にそれを使用の対象として区別すると同時に、
岩はキャンバスの価値である、つまり自然とは対照的に、
キャンバス本体の価値形態とは対照的に、キャンバスの価値の現れになるフォームです。(18)。
④<英訳>
As value, the canvas consists only of work, forming a thoroughly crystallized work-ballet.
In reality, this cry-stall is very murky. As far as work is to be discovered in it, and not every commodity body shows the trace of labor, it is not indiscriminate human labor, but weaving, spinning, and the like. s. w., which by no means form its only substance, but rather are mixed with natural substances. To capture canvas as a merely tangible expression of human labor, one must abandon everything that really makes it a thing. The objectivity of human labor, which is itself abstract, without any further quality and content, is necessarily an abstract objectivity, a thought-thing.

This is how the flax fabric becomes a brainwrap. But goods are things. What they are, they must be factual or show in their own factual relationships.In the production of the canvas a certain amount of human labor has been spent. Its value is the purely objective reflex of the work thus spent, but it does not reflect itself in its body.

He reveals himself, receives sensual expression through her value relation to the rock.
By equating it as value, while at the same time distinguishing itself from it as a subject of use, rock becomes the manifestation of the value of the canvas, in contrast to the canvas-body, its value-form, in contrast to its natural form (18).
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<独訳>
④ Als Werth besteht die Leinwand nur aus Arbeit, bildet eine durch-sichtig krystallisirte Arbeitsgallerte.
In der Wirklichkeit ist dieser Kry-stall jedoch sehr trüb. Soweit Arbeit in ihm zu entdecken, und nicht jeder Waarenkörper zeigt die Spur der Arbeit, ist es nicht unterschiedslose menschliche Arbeit, sondern Weberei, Spinnerei u. s. w., die auch keines-wegs seine einzige Substanz bilden, vielmehr mit Naturstoffen verquickt sind. Um Leinwand als bloss dinglichen Ausdruck menschlicher Arbeit festzuhalten, muss man von allem absehn, was sie wirklich zum Ding macht. Gegenständlichkeit der menschlichen Arbeit, die selbst abstrakt ist, ohne weitere Qualität und Inhalt, ist nothwendig abstrakte Gegen ständlichkeit, ein Gedankending.
So wird das Flachsgewebe zum Hirngespinnst. Aber Waaren sind Sachen. Was sie sind, müssen sie sachlich sein oder in ihren eignen sachlichen Beziehungen zeigen.

In der Produktion der Leinwand ist ein bestimmtes Quantum menschlicher Arbeitskraft verausgabt worden. Ihr Werth ist der bloss gegenständ-liche Reflex der so verausgabten Arbeit, aber er reflektirt sich nicht in ihrem Körper.
Er offenbart sich, erhält sinnlichen Ausdruck durch ihr Werthverhältniss zum Rock. Indem sie ihn als Werth sich gleichsetzt, während sie sich zugleich als Ge-brauchsgegenstand von ihm unterscheidet, wird der Rock die Erscheinungsform des Leinwand-Werths im Gegensatz zum Leinwand-Körper, ihre Werthform im Unterschied von ihrer Na-turalform18).
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
P⑱
⑤  In dem relativen Werthausdruck: 20 Ellen Leinwand = 1 Rock
oder x Leinwand ist y Rockwerth, gilt der Rock zwar nur als Werth oder Arbeitsgallerte, aber eben dadurch gilt die Arbeitsgallerte als Rock,der Rock als die Form, worin menschliche Arbeit gerinnt18a). Der Ge-brauchswerth Rock wird nur zur Erscheinungsform des Leinwand-Werths,weil sich die Leinwand auf das Rockmaterial als unmittelbare Materiatur abstrakter menschlicher Arbeit bezieht, also Arbeit gleicher Art wie die in ihr selbst vergegenständlichte.
Der Gegenstand Rock gilt ihr als sinnlich handgreifliche Gegenständlichkeit gleichartiger menschlicher Arbeit, daher als Werth in Naturalform.
Da sie als Werth gleichen Wesens mit dem Rock ist, wird die Naturalform Rock so zur Erscheinungsform ihres eignen Werths.

Aber die im Ge-brauchswerth Rock dargestellte Arbeit ist nicht menschliche Arbeit schlechthin, sondern eine bestimmte, nützliche Arbeit, Schneiderarbeit.
Menschliche Arbeit schlechthin, Verausgabung menschlicher Arbeitskraft,ist zwar jeder Bestimmung fähig, aber an und für sich unbestimmt.

Ver-wirklichen, vergegenständlichen kann sie sich nur, sobald die menschliche Arbeitskraft in bestimmter Form verausgabt wird, als bestimmte Arbeit, denn nur der bestimmten Arbeit steht ein Naturstoff gegen-über, ein äusseres Material, worin sie sich vergegenständlicht. Bloss der Hegel’sche Begriff“ bringt es fertig, sich ohne äussern Stoff zu objek-tiviren19).

⑤ 相対価値の家の印刷:20ヤードのキャンバス= 1スカートまたはxキャンバスがyロック値である場合
スカートはWerthまたはArbeitsgallerteのみと見なされますが、作業ガレオンによってはロックと見なされます。
これは、人間の作業が凝固する形としてのロックです18a)。
身に着ける価値のある岩は、キャンバスの価値を示すだけです。
なぜなら、キャンバスは、岩の素材を抽象的な人間労働の直接的な素材、
つまり、それ自体で具現化されたものと同じ種類の作品と呼ぶからです。
岩石の主題は、同様の人間の労働の感覚的に具体的な客観性であると考えられているため、
自然の形での価値があります。
それはスカートと同じ存在の価値なので、岩の自然な形はそれ自体の価値の現れになります。

しかし、Ge-worthless Rockで発表された作品は、人間の労働力の卓越性ではなく、
特定の有用な作品、仕立てです。
卓越した人間の労働、人間の労働の支出は、あらゆる目的が可能ですが、それ自体は不明確です。

それは、人間の労働力が明確な形態で、つまり明確な労働力として費やされるとすぐに、
現実のものとなり、明確化されたものになります。
ヘーゲリアンの「概念」だけが、外的問題なしに異議を唱えることができます19)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<註18>
18)したがって、キャンバスの岩の価値、スカートにその価値を置く場合、穀物の価値、
穀物でそれを表す場合などについて話します。秒。ワットそのような表現はすべて、
それが彼らの価値であることを意味し、それは使用価値のあるロック、で表示されます。

18a)ある意味では、人と商品が危険にさらされています。
彼は鏡を持って世界にやって来たわけではなく、フィヒテの哲学者でもない私は私だから、
最初は、人間は他の人間を通じてのみ自分自身を反映するだけだ。
人間の対等な人間ポールとの関係、人間のピーターは自分自身を人間と呼んでいます。
しかし、これにより、ポールはまた、人間の天才の現れとして、
彼のポーリーヌの身体性で、皮膚と髪を彼に適用します。

19)「最初は主観的である概念は、それなしで進歩する
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<註18>
18) Man spricht desshalb vom Rockwerth der Leinwand, wenn man ihren Werth in Röcken, von ihrem Kornwerth, wenn man ihn in Korn darstellt u. s. w. Jeder solcher Ausdruck besagt, dass es ihr Werth ist, der in den Ge-brauchswerthen Rock, Korn u. s. w. erscheint.

18a) In gewisser Art gehts dem Menschen wie der Waare. Da er weder mit einem Spiegel auf die Welt kommt, noch als Fichtescher Philosoph: Ich bin Ich,bespiegelt sich der Mensch zuerst nur in einem andern Menschen. Erst durch die Beziehung auf den Menschen Paul als seinesgleichen, bezieht sich der Mensch Peter auf sich selbst als Mensch. Damit gilt ihm aber auch der Paul mit Haut und Haaren, in seiner paulinischen Leiblichkeit, als Erscheinungsform des genus Mensch.
19) Der Begriff, welcher zunächst nur subjektiv ist, schreitet, ohne dass es
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<註20>
so entdeckt man in jenem einfachen Werthausdruck das Geheimniss der Werthform und daher, in nuce, des Geldes20).

dazu eines äusseren Materials oder Stoffs bedarf, seiner eignen Thätigkeit gemäss dazu fort, sich zu objektiviren.“ Hegel, Logik“ p. 367 in der Encyklo-pädie: Erster Theil. Berlin 1840.“19a) Sofern man nämlich populär die Bereitung der Wichse selbst Wichsen heisst.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<英訳>
⑥ The canvas can not refer to rock as value or incarnate human labor, without referring to tailoring as the immediate form of realization of human labor. However, what interests the canvas in the use-worthy skirt is neither its woolly modesty, nor its too-buttoned nature, nor any other useful quality, which stamps it to use value.
⑥ キャンバスは、人間労働を実現する直接的な形態としての仕立てを言及することがなくては、岩を価値として、または人間の化身を指すことはできません。しかし、使用価値のあるスカートのキャンバスに興味を持っているのは、羊毛質の謙虚さ、ボタンがきつすぎる性質、または値を使用するためにスタンプする他の有用な品質ではありません。

He serves it only to represent their value-objectivity in distinction from their rigid likeness of utility. It would have achieved the same purpose if it expressed its value in assa fetida or poudrette or boot wank.

彼は、それらの価値客観性--<their value-objectivity>-- を、効用の厳格な類似性と区別して表すためだけに役立っています。
assa fetida、poudrette、またはboot wankでその価値を表現すれば、同じ目的を達成できたでしょう。
したがって、仕立て屋の仕事は、便宜的に生産的な活動であり、有用な仕事である限り、それには適用されませんが、それは一般的な人間の労働の具体化の明確な実現作業である場合に限ります。

キャンバスがスカートではなくブーツワッドでその価値を表現した場合、手すりはテーラーではなく、抽象的な人間労働の即時の実現形態と見なされます。
If the canvas expressed its value in boot wad instead of in a skirt, then wanking would be regarded as the immediate form of realization of abstract human labor, instead of tailors.

The manifestation of value or equivalent becomes a commodity of use or commodity only by the fact that another commodity refers to the concrete, useful mode of work contained in it as the immediate form of realization of abstract human labor.
価値または同等物の発現は、別の商品がそれに含まれる具体的で有用な作業モードを、即時の抽象的な人間労働の実現形態として参照するという事実によってのみ、使用の商品または商品になります。
 <価値または同等物の発現は、別の商品がコンクリートを指すという事実によってのみ、
  使用されうる商品または商品になります。
  抽象的人間労働の即時の実現形態として、それに含まれる有用な作業モードがなる。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<ドイツ語版>
⑥  Die Leinwand kann sich nicht auf den Rock als Werth oder incar-nirte menschliche Arbeit beziehn, ohne sich auf Schneider-arbeit als die unmittelbare Verwirklichungsform mensch-licher Arbeit zu beziehen. Was jedoch die Leinwand am Gebrauchs-werth Rock interessirt, ist weder seine wollne Behäbigkeit, noch sein zu-geknöpftes Wesen, noch irgend eine andre nützliche Qualität, die ihn zum Gebrauchswerth stempelt.
Er dient ihr nur dazu, ihre Werthgegenständ-lichkeit im Unterschied von ihrer steifleinenen Gebrauchsgegenständlichkeit darzustellen. Sie hätte denselben Zweck erreicht, wenn sie ihren Werth in Assa Fötida oder Poudrette oder Stiefelwichse ausgedrückt.
Die Schneiderarbeit gilt ihr daher ebenfalls nicht, sofern sie zweckmäs-sig produktive Thätigkeit, nützliche Arbeit, sondern nur sofern sie als bestimmte Arbeit Verwirklichungsform, Vergegenständ-lichungsweise menschlicher Arbeit überhaupt ist.
Drückte die Leinwand ihren Werth statt im Rock in Stiefelwichse aus, so gälte ihr auch statt Schneidern Wichsen als die unmittelbare Verwirklichungsform abstrakter menschlicher Arbeit19a).
Erscheinungsform des Werths oder Aequivalent wird ein Gebrauchswerth oder Waarenkörper also nur da-durch, dass sich eine andere Waare auf die in ihm enthaltne konkrete,nützliche Arbeitsart als die unmittelbare Verwirklichungsform abstrakter menschlicher Arbeit bezieht.

p19ー20
⑦  Wir stehn hier bei dem Springpunkt aller Schwierigkeiten, welche das Verständniss der Werthform hindern.
Es ist relativ leicht, den Werth der Waare von ihrem Gebrauchswerth zu unterscheiden, oder die den Gebrauchswerth formende Arbeit von derselben Arbeit, so weit sie bloss als Verausgabung mensehlicher Arbeitskraft im Waarenwerth berech-net wird.
私たちはここに、価値の理解を妨げるあらゆる困難の出発点に立っています。
商品の人的資源の支出としてのみ計算される限り、商品の価値をその使用価値、または同じ労働の労働価値形成労働と区別することは比較的簡単です。

ある形式で商品または労働を考慮する場合、他の形式では考慮せず、その逆も同様です。これらの抽象的なコントラストは自明であり、したがって区別が容易です。一方、この単純なバリューハウス印刷では、バリューフォームの秘密、ひいてはお金の秘密を発見します。
Betrachtet man Waare oder Arbeit in der einen Form, so nicht in der andern und vice versa.
Diese abstrakten Gegensätze fallen von selbst auseinander und sind daher leicht auseinander zu halten. An-so entdeckt man in jenem einfachen Werthausdruck das Geheimniss der Werthform und daher, in nuce, des Geldes20).

⑧  Unsre Analyse hat gezeigt, dass der relative Werthausdruck einer Waare zwei verschiedne Werthformen einschliesst.
Die Leinwand drückt ihren Werth und ihre bestimmte Werthgrösse im Rock aus.
Sie stellt ihren Werth dar im Werthverhältniss zu einer andern Waare, daher als Tauschwerth.
⑧ 我々の分析では、商品の相対的な価値圧力には2つの異なる価値形態が含まれることが示されています。
キャンバスはその価値とスカートの特定の価値を表現します。
それは、交換価値として、他の商品との関係でその価値を表します。

一方、他の商品、つまりその価値を相対的に表す岩は、商品またはそれと直接交換可能な同等物の形態を取得します。 1つの商品の相対価値形式、他の商品の同等の形式の両方の形式は、交換価値の形式です。両方とも実際には、相対的な価値圧力が同じで、相互に混同された決定の瞬間にすぎませんが、2つの等しい商品の両極端に偏っています。
Andrerseits die andre Waare, der Rock, worin sie ihren Werth relativ ausdrückt, erhält eben dadurch die Form eines mit ihr unmittelbar austauschbaren Gebrauchs-werths oder Aequivalents. Beide Formen, relative Werthform der einen Waare, Aequivalentform der andern, sind Formen des Tauschwerths. Beide sind in der That nur Momente, wechsel-seitig durcheinander bedingte Bestimmungen, desselben relativen Werthausdrucks, aber polarisch vertheilt auf die zwei gleichgesetzten Waarenextreme.

⑨  Quantitative Bestimmtheit ist nicht in der Aequivalentform einer Waare eingeschlossen. Das bestimmte Verhältniss z. B., worin Rock Aequivalent von Leinwand ist, entspringt nicht aus seiner Aequiva-lentform, der Form seiner unmittelbaren Austauschbarkeit mit der Leinwand, sondern aus der Bestimmung der Werthgrösse durch Arbeitszeit.
定量的決定は、同等の商品形態には含まれません。特定の比率です。たとえば、岩がキャンバスと同等である場合、その同等の形態、キャンバスとの直接の互換性の形態からではなく、労働時間による価値の価値の決定から生まれます。

キャンバスは、特定の量の岩石を結晶化された人間の労働の所定量と呼ぶことにより、スカートでのみその価値を表すことができます。
Die Leinwand kann ihren eignen Werth nur in Röcken dar-stellen, indem sie sich auf ein bestimmtes Rockquantum als gegebenes Quantum krystallisirter menschlicher Arbeit bezieht.

Aendert sich der Rockwerth, so ändert sich auch diese Beziehung.
Damit sich aber der relative Werth der Leinwand ändere, muss er vorhanden sein, und er kann nur gebildet werden bei gegebenem Rockwerth. Ob die Leinwand ihren eignen Werth nun in 1, 2 oder x Röcken darstellt, hängt unter dieser Voraussetzung ganz von der Werthgrösse einer Elle Leinwand und der Ellenanzahl ab, deren Werth in Rockform dargestellt werden soll.
ロック値が変化すると、この関係も変化します。
ただし、キャンバスの相対値を変更するには、キャンバスが存在している必要があり、岩の値が与えられた場合にのみキャンバスを形成できます。キャンバスがそれ自体の値を1、2、またはxスカートで表すかどうかは、キャンバスの値とキュビットの数に完全に依存し、その価値は岩の形態で表されます。

商品の価値は、別の商品の使用中の価値でのみ相対価値として表現できます。
逆に、即座に交換可能な使用価値または同等物の形式は、別の商品の価値が表現される素材としてのみ商品を受け取ります。
Die Werthgrösse einer Waare kann sich nur im Gebrauchswerth einer andern Waare ausdrücken, als relativer Werth.
Die Form eines unmittelbar austauschbaren Gebrauchswerths oder Aequivalents erhält eine Waare dagegen umgekehrt nur als das Material, worin der Werth einer andern Waare ausgedrückt wird.

<22>
⑩  Diese Unterscheidung ist getrübt durch eine charakteristische Eigen-thümlichkeit des relativen Werthausdrucks in seiner einfachen oder ersten Form. Die Gleichung: 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, oder 20 Ellen Leinwand sind einen Rock werth, schliesst nämlich offenbar die identische Gleichung ein: 1 Rock = 20 Ellen Leinwand, oder 1 Rock ist 20 Ellen Leinwand werth.
Der relative Werthausdruck der Leinwand, worin der Rock als Aequivalent figurirt, enthält also rück-bezüglich den relativen Werthausdruck des Rocks, worin die Leinwand als Aequivalent figurirt.
⑩ この区別は、固有の特性によって曇っています
単純または最初の形式での相対値の家の圧力の特異性です。方程式:キャンバス20ヤード= 1スカート、または20ヤードのキャンバスは、スカート1スカート=キャンバス20ヤード、または、1コートは20ヤードのリネンの価値があります。
この相対値圧力-キャンバスは、スカートが同等であるため、スカートの相対的な価値の家のプリントに関して、キャンバスと、同等として考えられていた。

⑪  Obgleich beide Bestimmungen der Werthform oder beide Dar-stellungsweisen des Waarenwerths als Tauschwerth nur relativ sind, scheinen beide nicht in demselben Grad relativ. Im relativen Werth der Leinwand: 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, ist der Tausch-werth der Leinwand ausdrücklich als ihre Beziehung auf eine andre Waare dargestellt.
Der Rock seinerseits ist zwar auch nur Aequiva-lent, so weit sich die Leinwand auf ihn als Erscheinungsform ihres eig-nen Werths und daher mit ihr unmittelbar Austauschbares bezieht.
⑪ 価値形式の両方の規定またはその両方は、交換価値としての商品価値の表現は相対的なものですし、この両方であるが、しかし、同程度に相対的であるとは思われない。
キャンバスの相対的価値:キャンバスの20キュビット= 1コート、キャンバスの交換価値は、別の商品との関係として明示的に表されます。確かに、カンバスがそれをそれ自身の価値の現れとして言及しているので、それ自体と直接交換可能である限り、岩自体は同等のものにすぎません。

この関係内でのみ同等です。しかし、彼は受動的に行動します。彼はイニシアチブを取りません。それは彼に関連しているため、彼は関係に自分自身を見つけます。
したがって、キャンバスとの関係から成長する-そのキャラクターは、その関係の結果としてではなく、配信なしで表示されます。
Nur innerhalb dieser Beziehung ist er Aequivalent.Aber er verhält sich passiv.Er ergreift keine Initiative.Er findet sich in Beziehung, weil sich auf ihn bezogen wird.
Der Charakter, der ihm aus dem Verhältniss mit der Leinwand erwächst, erscheint daher nicht als Resultat seiner Be-ziehung, sondern ohne sein Zuthun vorhanden.

Noch mehr.Die bestimmte Art und Weise, wie sich die Leinwand auf ihn bezieht,ist ganz dazu gemacht, es ihm ?anzuthun“,wäre er auch noch so beschei-den und keineswegs das Produkt eines tailor run mad with pride“. Die Leinwand bezieht sich nämlich auf den Rock als sinnlich existirende Ma-teriatur der menschlichen Arbeit in abstracto und daher als vorhandnen Werthkörper. Er ist diess nur, weil und sofern sich die Leinwand in dieser bestimmten Weise auf ihn bezieht.

Sein Aequivalentsein ist so zu sagen nur eine Reflexionsbestimmung der Leinwand.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Sein Äquivalent Sein ist so zu sagen nur eine Reflexion Bestimmung der Leinwand.

さらに、キャンバスが彼を指す具体的な方法は、どれほど謙虚で決して決してテーラーの製品が誇りを持って怒っているかに関係なく、彼にそれを行う方法です。キャンバスは、岩石を抽象の人間の労働の感覚的物質、したがって既存の価値のある物体と呼んでいます。キャンバスがその特定の方法で彼を指している限り、彼はこれです。
彼の同等の存在は、いわば、キャンバスの定義の反映にすぎません。

 < Sein Äquivalent Sein ist so zu sagen nur eine Reflexion Bestimmung der Leinwand.

 英訳 His equivalent being is, so to speak, only a reflection of the definition of the canvas.>
 --グーグル翻訳・ありがとう。--

⑫  Aber es scheint grade umgekehrt. Einerseits giebt er sich selbst nicht die Mühe sich zu beziehn. Andrerseits bezieht sich die Leinwand auf ihn,nicht um ihn zu etwas zu machen, sondern weil er ohne sie etwas ist.
⑫ しかし、逆のように思えます。一方で、彼は自分自身を与えません、関連するトラブルです。
一方、キャンバスは彼を指し、何かを作るためではなく、彼がそれらを持たないものだからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 

1867年発行の初版

 投稿者:杉本  投稿日:2019年10月11日(金)10時33分36秒
返信・引用 編集済
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1795
初版 価値形態  投稿者:杉本  投稿日:2019年 9月15日
グーグル翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja
この表記への、批判・訂正と思って、作成しています。

英語版からではなく、1867年発行の初版で、ドイツ語版からのものです。
世界には、マルクスの正当な主張を、語るひとが、多数います。
 団結・・・ありがとう!

http://www.deutschestextarchiv.de/book/view/marx_kapital01_1867?p=20

Erstes Buch.
Der Produktionsprozess des Kapitals.
Erstes Kapitel.
Waare und Geld.

  1) Die Waare.

Der Reichthum der Gesellschaften, in welchen kapitalistische Pro-duktionsweise herrscht, erscheint als eine ?ungeheure Waarensammlung“1),die einzelne Waare als seine Elementarform. Unsere Untersuchung beginnt daher mit der Analyse der Waare.


Die Waare ist zunächst ein äusserer Gegenstand, ein Ding, das durch seine Eigenschaften menschliche Bedürfnisse irgend einer Art befriedigt.


Die Natur dieser Bedürfnisse, ob sie z. B. dem Magen oder der Phantasie entspringen, ändert nichts an der Sache2). Es handelt sich hier auch nicht darum, wie die Sache das menschliche Bedürfniss befriedigt, ob un-mittelbar als Lebensmittel, d. h. als Gegenstand des Genusses, oder auf einem Umweg, als Produktionsmittel.Jedes nützliche Ding, wie Eisen, Papier u. s. w., ist unter doppeltem Gesichtspunkt zu betrachten, nach Qualität und Quantität. Jedes solche Ding ist ein Ganzes vieler Eigenschaften und kann daher nach ver-schiedenen Seiten nützlich sein. Diese verschiedenen Seiten und daher die mannigfachen Gebrauchsweisen der Dinge zu entdecken, ist geschicht-liche That3). So ist die Findung gesellschaftlicher Masse für die Quan-tität der nützlichen Dinge. Die Verschiedenheit der Waarenmasse ent-springt theils aus der verschiedenen Natur der zu messenden Gegenstände,theils aus Convention.


Die Nützlichkeit eines Dings für das menschliche Leben macht es zum Gebrauchswerth 4). Abkürzend nennen wir das nützliche Ding selbst oder den Waarenkörper, wie Eisen, Weizen, Diamant u. s. w.,Gebrauchswerth, Gut, Artikel. Bei Betrachtung der Gebrauchs-werthe wird stets quantitative Bestimmtheit vorausgesetzt, wie Dutzend Uhren, Elle Leinwand, Tonne Eisen u. s. w. Die Gebrauchswerthe der Waaren liefern das Material einer eignen Disciplin, der Waaren-kunde5). Der Gebrauchswerth verwirklicht sich nur im Gebrauch oder der Consumtion. Gebrauchswerthe bilden den stofflichen Inhalt des Reichthums, welches immer seine gesellschaftliche Form sei. In der von uns zu betrachtenden Gesellschaftsform bilden sie zu-gleich die stofflichen Träger des ? Tauschwerths.


Der Tauschwerth erscheint zunächst als das quantitative Ver-hältniss, die Proportion, worin sich Gebrauchswerthe einer Art gegen Gebrauchswerthe anderer Art austauschen6), ein Verhältniss, das bestän-dig mit Zeit und Ort wechselt. Der Tauschwerth scheint daher etwas Zufälliges und rein Relatives, ein der Waare innerlicher, immanenter Tauschwerth (valeur intrinsèque) also eine contradictio in adjecto 7).Betrachten wir die Sache näher.


Eine einzelne Waare, ein Quarter Weizen z. B. tauscht sich in den verschiedensten Proportionen mit andern Artikeln aus. Dennoch bleibt sein Tauschwerth unverändert, ob in x Stiefelwichse, y Seide,z Gold u. s. w. ausgedrückt. Er muss also von diesen seinen verschiede-nen Ausdrucksweisen unterscheidbar sein.


Nehmen wir ferner zwei Waaren, z. B. Weizen und Eisen.
Welches immer ihr Austauschverhältniss, es ist stets darstellbar in einer Gleichung,worin ein gegebenes Quantum Weizen irgend einem Quantum Eisen gleich-gesetzt wird, z. B. 1 Quarter Weizen = a Ctr. Eisen. Was besagt diese Gleichung?
Dass derselbe Werth in zwei verschiednen Dingen, in 1 Qrtr. Weizen und ebenfalls in a Ctr. Eisen existirt. Beide sind also gleich einem Dritten, das an und für sich weder das eine, noch das andere ist. Jedes der beiden, soweit es Tauschwerth, muss also, un-abhängig von dem andern, auf diess Dritte reducirbar sein.


Ein einfaches geometrisches Beispiel veranschauliche diess. Um den Flächeninhalt aller gradlinigen Figuren zu bestimmen und zu vergleichen,löst man sie in Dreiecke auf. Das Dreieck selbst reducirt man auf einen von seiner sichtbaren Figur ganz verschiednen Ausdruck ? das halbe Produkt seiner Grundlinie mit seiner Höhe. Ebenso sind die Tauschwerthe der Waaren zu reduciren auf ein Gemeinsames, wovon sie ein Mehr oder Minder darstellen.


Dass die Substanz des Tauschwerths ein von der physisch-handgreif-lichen Existenz der Waare oder ihrem Dasein als Gebrauchswerth durchaus Verschiednes und Unabhängiges, zeigt ihr Austauschverhältniss auf den ersten Blick. Es ist charakterisirt eben durch die Abstraktion vom Gebrauchswerth. Dem Tauschwerth nach betrachtet ist näm-lich eine Waare grade so gut als jede andre, wenn sie nur in richtiger Proportion vorhanden ist8).

1)商品。

① 資本主義的なプロプロダクションの観点から見た社会の富は、「商品の巨大なコレクション」1)、その基本形態としての単一の商品として現れます。したがって、調査は商品の分析から始まります。

② 商品は、最初は外部オブジェクトであり、その性質により、ある種の人間のニーズを満たします。

③ これらのニーズの性質何かが胃や想像力から生まれても、何も変わりません。また、食品として直接的または間接的に関係なく、問題が人間のニーズをどのように満たすかについても関係ありません。時間。楽しみの対象として、または迂回して、生産の手段として、鉄、紙などのあらゆる有用なもの。秒。 w。、品質と量に応じて、二重の観点から考慮されるべきです。そのようなものは、多くのプロパティの全体であるため、異なるページの後に役立つ場合があります。これらの異なる側面を発見し、それによって物事の多様な使用を発見することは歴史的な行動です。これは、有用な量の社会的質量の発見です。商品の多様性は、測定対象物の異なる性質に一部起因し、一部は慣習に起因します。

④ 物の有用性は、人間の生命にとって有用です。要するに、私たちは有用なものそのもの、または鉄、小麦、ダイヤモンドなどの商品本体をuと呼びます。秒。 w。、価値、良い、記事を使用します。使用の価値を見るとき、数十の時計、キャンバス、鉄などのような定量的推定が常に前提となります。秒。ワットコモディティのコモディティは、自身の規律の材料であるコモディティバイヤー5)を供給します。ユーティリティの価値は、使用時または消費時にのみ実現されます。効用価値は富の物質的内容を構成し、それは常にその社会的形態です。私たちによって考慮される社会の形で、彼らは同時に交換価値の物質的なキャリアを形成します。

⑤ 交換価値は最初に量的として表示されます。
実際、ある種類の使用値が別の種類のユーティリティ値と交換される割合は、時間と場所によって絶えず変化する割合です。したがって、交換価値は偶発的で純粋に相対的なものであり、内在する交換価値の商品の1つ(valeurintrinsèque)、つまり、形容詞7の矛盾です。

⑥ 単一の商品、1/4の小麦z。 B.他の記事とさまざまな割合でアイデアを交換します。それにもかかわらず、その交換価値はxスティーフェルウィッチ、yシルク、zゴールドuのいずれであっても変わりません。秒。ワット表明しました。したがって、彼はこれらの異なる表現と区別できなければなりません。

⑦ また、2つの商品を取りましょう。小麦と鉄。
それらの交換比率がどうであれ、それは常に小麦の与えられた量が鉄の任意の量に等しい等式で表現可能である。 B. 1四半期の小麦= 1センターアイアン。この方程式は何と言っていますか?
1 Qrtrの2つの異なるもので同じ値。小麦とまた、Ctr。鉄が存在します。したがって、どちらも第三者のようなものであり、それ自体は一方でも他方でもありません。したがって、交換価値に関する限り、2つのそれぞれは、他に関係なく、この第三者に還元可能でなければなりません。

⑧ 単純な幾何学的な例がこれを示しています。すべての直線図の面積を決定および比較するために、それらは三角形に分割されます。三角形自体は、ベースラインとその高さの積の半分の、目に見える図とは非常に異なる表現に縮小されます。同様に、コモディティの交換価値は一般的なものに減らされるべきであり、それらは過剰またはより少ないものを構成します。

⑨ 交換価値の実体は、商品の物理的な手持ちの存在または使用価値としての存在とはまったく異なり、独立しているという事実は、一目で交換関係を示しています。 use-valueの抽象化が特徴です。交換価値によると、商品が正しい割合でのみ存在する場合、商品は他の商品と同じくらい良好です。

⑩ したがって、交換の関係や交換価値として現れる形態に関係なく、商品はまず価値あるものとみなされる9。

⑪ 商品または商品として、商品は物理的に異なるものです。 一方、彼らの価値は団結です。
この結束は自然からではなく、社会から生まれます。
用途が異なるだけの共通の社会的実体は作品です。
⑪ Als Gebrauchsgegenstände oder Güter sind die Waaren körperlich verschiedne Dinge. Ihr Werth sein bildet dagegen ihre Einheit.
Diese Einheit entspringt nicht aus der Natur, sondern aus der Gesellschaft.
Die gemeinsame gesellschaftliche Substanz, die sich in verschiednen Gebrauchswerthen nur verschieden darstellt, ist -die Arbeit.
<The common social substance, which presents itself differently in different uses, is - the work.>


Als Werthe sind die Waaren nichts als krystallisirte Arbeit.
<As commodities commodities are nothing but crystallized labor.>

Die Masseinheit der Arbeit selbst ist die einfache Durchschnitts-arbeit, deren Charakter zwar in verschiednen Ländern und Kultur-epochen wechselt, aber in einer vorhandnen Gesellschaft gegeben ist.
Komplicirtere Arbeit gilt nur als potenzirte oder vielmehr multipli-cirte einfache Arbeit, so dass z. B. ein kleineres Quantum komplicirter Arbeit gleich einem grösseren Quantum einfacher Arbeit.
Wie diese Reduktion geregelt wird, ist hier gleichgültig.Dass sie beständig vor-geht, zeigt die Erfahrung.

Eine Waare mag das Produkt der komplicirte-sten Arbeit sein.
<A commodity may be the product of the most complicated work.>

⑫ 商品として、商品は結晶化した労働に他なりません。
仕事の単位自体は単純な平均労働であり、その性格は異なる国や文化の時代では変化しますが、既存の社会で与えられます。複雑な作業は、強化された、またはかなり単純な作業と見なされるだけです。たとえば、複雑な作業の量が少ないほど、単純な労働の量は多くなります。
この削減がどのように規制されているかは、ここでは無関心です。
商品は、最も複雑な作業の成果物である場合があります。

⑬ それらの価値は、彼らを単純労働の産物とみなし、したがって、それ自体は一定量の単純労働のみを示します。use-valueまたはgoodは、作業がオブジェクト化または具体化されるため、値は1つのみです。

その値のサイズを測定する方法は?
「価値形成物質」の量を通じて、その中に含まれる作品です。

労働量自体はその時間の長さによって測定され、労働時間は再び時間、昼、夜などの特定の時間のスケールを持ちます。秒。ワット

⑭ 商品の価値が生産中に費やされた労働量によって決定される場合、男性は怠け者であるか不器用であるほど、商品を生産するためにより多くの労働時間を必要とするため、彼の商品はより価値があります。しかし、社会的に必要な労働時間のみが価値形成としてカウントされます。社会的に必要な労働時間は、既存の社会での使用価値を生み出すために必要な労働時間です。通常の生産条件と、社会的平均スキルと仕事の集中度です。
イギリスの蒸気織機の導入後z。おそらく、以前の半分の作業で、一定量の糸を布地に変えるのに十分でした。実際、英国の手織り機はこの変革のために同じ労働時間を必要としていましたが、彼の個々の労働時間の積は今や労働時間の半分の労働時間に過ぎず、したがって以前の価値の半分に落ちました。

⑮ したがって、その価値を決定するのは、使用中の価値の生産に社会的に必要なのは、社会的に必要な労働の量または労働時間だけです。
単一の商品は、ここではその種類の平均的なコピーと見なされます10)。したがって、同量の労働が含まれる商品、または同じ労働時間で生産できる商品は同じ価値を持ちます。商品の価値は、1つの商品の生産に必要な労働時間として、他のすべての商品の価値他の必要な労働時間。 「価値として、すべての商品は定まった労働時間の明確な塊にすぎない」11)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Unabhängig von ihrem Austauschverhältniss oder von der Form,worin sie als Tausch-Werthe erscheinen, sind die Waaren daher zunächst als Werthe schlechthin zu betrachten9).


Als Gebrauchsgegenstände oder Güter sind die Waaren körperlich verschiedne Dinge. Ihr Werth sein bildet dagegen ihre Einheit.
Diese Einheit entspringt nicht aus der Natur, sondern aus der Gesellschaft.

Die gemeinsame gesellschaftliche Substanz, die sich in
verschiednen Gebrauchswerthen nur verschieden darstellt, ist -die Arbeit.
<The common social substance, which presents itself differently in different uses, is - the work.>


Als Werthe sind die Waaren nichts als krystallisirte Arbeit.
<As commodities commodities are nothing but crystallized labor.>

Die Masseinheit der Arbeit selbst ist die einfache Durchschnitts-arbeit, deren Charakter zwar in verschiednen Ländern und Kultur-epochen wechselt, aber in einer vorhandnen Gesellschaft gegeben ist.
Komplicirtere Arbeit gilt nur als potenzirte oder vielmehr multipli-cirte einfache Arbeit, so dass z. B. ein kleineres Quantum komplicirter Arbeit gleich einem grösseren Quantum einfacher Arbeit.
Wie diese Reduktion geregelt wird, ist hier gleichgültig.Dass sie beständig vor-geht, zeigt die Erfahrung.

Eine Waare mag das Produkt der komplicirte-sten Arbeit sein.
<A commodity may be the product of the most complicated work.>


Ihr Werth setzt sie dem Produkt einfacher Arbeit gleich und stellt daher selbst nur ein bestimmtes Quantum einfacher Ar-beit dar.

Ein Gebrauchswerth oder Gut hat also nur einen Werth, weil Arbeit in ihm vergegenständlicht oder materialisirt ist.
Wie nun die Grösse seines Werthes messen? Durch das Quantum der in ihm enthaltenen werthbildenden Substanz“, der Arbeit. Die Quan-tität der Arbeit selbst misst sich an ihrer Zeitdauer und die Arbeits-zeit besitzt wieder ihren Massstab an bestimmten Zeittheilen,wie Stunde, Tag u. s. w.


Es könnte scheinen, dass wenn der Werth einer Waare durch das während ihrer Produktion verausgabte Arbeitsquantum bestimmt ist, je fauler oder ungeschickter ein Mann, desto werthvoller seine Waare, weil er desto mehr Arbeitszeit zu ihrer Verfertigung braucht. Aber nur die gesellschaftlich nothwendige Arbeitszeit zählt als werth-bildend. Gesellschaftlich nothwendige Arbeitszeit ist Arbeitszeit, erheischt um irgend einen Gebrauchswerth mit den vorhandnen gesellschaftlich - nor-malen Produktionsbedingungen und dem gesellschaftlichen Durchschnitts-grad von Geschick und Intensivität der Arbeit herzustellen.
Nach der Einführung des Dampfwebstuhls in England z. B. genügte vielleicht halb so viel Arbeit als vorher, um ein gegebenes Quantum Garn in Gewebe zu verwandeln. Der englische Handweber brauchte zu dieser Verwandlung in der That nach wie vor dieselbe Arbeitszeit, aber das Produkt seiner individuellen Arbeitsstunde stellte jetzt nur noch eine halbe gesell-schaftliche Arbeitsstunde dar und fiel daher auf die Hälfte seines früheren Werths.


Es ist also nur das Quantum gesellschaftlich nothwen-diger Arbeit oder die zur Herstellung eines Gebrauchs-werths gesellschaftlich nothwendige Arbeitszeit, welche seine Werthgrösse bestimmt. Die einzelne Waare gilt hier überhaupt als Durchschnittsexemplar ihrer Art10). Waaren, worin gleich grosse Arbeitsquanta enthalten sind, oder die in derselben Arbeitszeit hergestellt werden können, haben daher dieselbe Werthgrösse.Der Werth einer Waare verhält sich zum Werth jeder andern Waare, wie die zur Produktion der einen nothwendige Arbeitszeit zu der für die Pro-duktion der andern nothwendigen Arbeitszeit. ?Als Werthe sind alle Waaren nur bestimmte Masse festgeronnener Arbeitszeit“11).
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑯したがって、商品の価値は、生産に必要な作業時間は一定でした。ただし、後者は、労働の生産力が変わるたびに変わります。

労働の生産力は多様な状況、とりわけ労働者の運命の平均的な程度、科学の発展段階とその技術的適用可能性、社会的組み合わせによって決定されます。
生産プロセス、生産手段の範囲と有効性、および自然条件でです。
たとえば、同じ量の作業が発生します。 B.小麦8ブッシェルで好調な季節、わずか4で不利。同じクアンタムの仕事は、貧しい鉱山よりも豊富な金属をより多く供給しています。秒。ワットダイヤモンドは地球の地殻では珍しいため、その発見には平均して多くの作業時間がかかります。
その結果、彼らは少ない量で多くの仕事をしますが、ジェイコブは金が今までにその価値を完全に支払ったことを疑っています。これは、ダイヤモンドについてさらに真実です。エシュウェーゲによると、1823年、ブラジルのダイヤモンド鉱山の80年の総収量は、ブラジルの砂糖またはコーヒー農園の1。5年平均製品の値にまだ達していませんでした。より豊富なピットでは、同じ量の作業がより多くのダイヤモンドになり、その価値は低下します。わずかな作業で石炭をダイヤモンドに変換できる場合、その価値はレンガの価値を下回る可能性があります。

一般:労働の生産力が大きいほど、物品の製造に必要な労働時間は短くなり、その中で結晶化する作業質量は小さくなり、その値は小さくなります。逆に、労働の生産力が小さければ小さいほど、物品を生産するのに必要な労働時間は長くなり、その価値は大きくなります。
したがって、商品の価値は、クォンタムのように直接変化し、その逆も同様です。商品で行われる仕事の生産力のようにです。

⑰ 私たちは今、価値の本質を知っています。作品です。
彼のサイズを知っています。それは労働時間です。
交換価値の価値を刻印する彼のフォームは、まだ分析されていません。ただし、以前は、すでに見つかった規定をもう少し詳しく開発する必要があります。

⑱ 物は価値を交換せずに価値を使うことができます。これは、人間のための彼の存在が仕事によって媒介されていない場合に当てはまります。空気、未使用の土壌、自然の牧草地、野生の木、そして秒。ワットモノは有用であり、商品でなくても人間の労働の産物である可能性があります。自分の製品で自分のニーズを満たす人は誰でも、使用価値を生み出しますが、商品ではありません。商品を生産するためには、使用価値だけでなく、他の社会的用途の使用価値も生み出さなければなりません。最後に、商品でなければ価値のあるものはありません。それが役に立たない場合、そこに含まれる仕事は役に立たず、仕事としてカウントされず、したがって価値を構成しません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Die Werthgrösse einer Waare bliebe daher constant, wäre die zu ihrer Produktion erheischte Arbeitszeit constant. Letztere wech-selt aber mit jedem Wechsel in der Produktivkraft der Arbeit.

Die Produktivkraft der Arbeit ist durch mannigfache Umstände be-stimmt, unter andern durch den Durchschnittsgrad des Geschickes der Arbeiter, die Entwicklungsstufe der Wissenschaft und ihrer technolo-gischen Anwendbarkeit, die gesellschaftliche Combination des Pro  duktionsprozesses, den Umfang und die Wirkungsfähigkeit der Pro-duktionsmittel, und durch Naturverhältnisse.
Dasselbe Quantum Arbeit stellt sich z. B. mit günstiger Jahreszeit in 8 Bushel Weizen dar, mit ungünstiger in nur 4. Dasselbe Quantum Arbeit liefert mehr Metalle in reichhaltigen, als in armen Minen u. s. w. Diamanten kommen selten in der Erdrinde vor und ihre Findung kostet daher im Durch-schnitt viel Arbeitszeit.
Folglich stellen sie in wenig Volumen viel Ar-beit dar. Jacob bezweifelt, dass Gold jemals seinen vollen Werth be-zahlt hat. Noch mehr gilt diess vom Diamant. Nach Eschwege hatte 1823 die achtzigjährige Gesammtausbeute der brasilischen Diamant-gruben noch nicht den Werth des 1?jährigen Durchschnittsprodukts der brasilischen Zucker- oder Kaffeepflanzungen erreicht. Mit reichhaltigeren Gruben würde dasselbe Arbeitsquantum sich in mehr Diamanten darstel-len und ihr Werth sinken. Gelingt es mit wenig Arbeit Kohle in Dia-mant zu verwandeln, so kann sein Werth unter den von Ziegelsteinen fal-len.

Allgemein: Je grösser die Produktivkraft der Arbeit, desto kleiner die zur Herstellung eines Artikels erheischte Arbeitszeit, desto kleiner die in ihm krystallisirte Arbeitsmasse, desto kleiner sein Werth. Umgekehrt,je kleiner die Produktivkraft der Arbeit, desto grösser die zur  Herstellung eines Artikels nothwendige Arbeitszeit, desto grösser sein Werth.
Die Werthgrösse einer Waare wechselt also direkt wie das Quan-tum und umgekehrt wie die Produktivkraft der sich in ihr ver-wirklichenden Arbeit.


Wir kennen jetzt die Substanz des Werths. Es ist die Arbeit.
Wir kennen sein Grössenmass. Es ist die Arbeitszeit. Seine Form, die den Werth eben zum Tausch-Werth stempelt, bleibt zu analysiren. Vorher jedoch sind die bereits gefundenen Bestimmungen etwas näher zu entwickeln.

⑱ Ein Ding kann Gebrauchswerth sein, ohne Tauschwerth zu sein. Es ist diess der Fall, wenn sein Dasein für den Menschen nicht durch Arbeit vermittelt ist. So Luft, jungfräulicher Boden, natürliche Wiesen, wildwachsendes Holz u. s. w. Ein Ding kann nützlich und Pro-dukt menschlicher Arbeit sein, ohne Waare zu sein. Wer durch sein Produkt sein eignes Bedürfniss befriedigt, schafft zwar Gebrauchs-werth, aber nicht Waare. Um Waare zu produciren, muss er nicht nur Gebrauchswerth produciren, sondern Gebrauchswerth für andre, gesellschaftlichen Gebrauchswerth. Endlich kann kein Ding Werth sein, ohne Gebrauchsgegenstand zu sein. Ist es nutz-los, so ist auch die in ihm enthaltene Arbeit nutzlos, zählt nicht als Arbeit und bildet daher keinen Werth.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ursprünglich erschien uns die Waare als ein Zwieschläch-tiges, Gebrauchswerth und Tauschwerth. Näher betrachtet wird sich zeigen, dass auch die in der Waare enthaltene Arbeit zwie-schlächtig ist. Dieser Punkt, der von mir zuerst kritisch entwickelt wurde12), ist der Springpunkt, um den sich das Verständniss der po-litischen Oekonomie dreht.


Nehmen wir zwei Waaren, etwa einen Rock und 10 Ellen Leinwand.
Der erstere habe den zweifachen Werth der letzteren, so dass wenn 10 Ellen Leinwand = W, der Rock = 2 W.

21
Der Rock ist ein Gebrauchswerth, der ein besondres Bedürfniss be-friedigt. Um ihn hervorzubringen, bedarf es einer bestimmten Art zweckmässig produktiver Thätigkeit. Sie ist bestimmt nach Zweck, Operationsweise, Gegenstand, Mitteln und Resultat. Die Arbeit,deren Nützlichkeit sich so im Gebrauchswerth ihres Produkts oder darin darstellt, dass ihr Produkt ein Gebrauchswerth ist, heisse hier der Verein-fachung halber kurzweg nützliche Arbeit. Unter diesem Gesichts-punkt ist sie stets betrachtet in Bezug auf den Nutzeffekt, dessen Hervorbringung sie bezweckt.

22
Wie Rock und Leinwand qualitativ verschiedne Gebrauchs-werthe, so sind die ihr Dasein vermittelnden Arbeiten qualitativ verschieden ? Schneiderarbeit und Weberei. Wären jene Dinge nicht qualitativ verschiedne Gebrauchswerthe und daher Produkte qualitativ verschiedner nützlicher Arbeiten, so könnten sie sich über-haupt nicht als Waaren gegenübertreten. Rock tauscht sich nicht aus gegen Rock, derselbe Gebrauchswerth nicht gegen denselben Gebrauchswerth.

23
In der Gesammtheit der verschiedenartigen Gebrauchswerthe oder Waarenkörper erscheint eine Gesammtheit eben so mannigfaltiger, nach Gattung, Art, Familie, Unterart, Varietät verschiedner nützlicher Arbeiten? eine gesellschaftliche Theilung der Arbeit. Sie ist Exi-stenzbedingung der Waarenproduktion, obgleich  Waarenproduktion nicht umgekehrt Existenzbedingung gesellschaftlicher Arbeitstheilung.
In der altindischen Gemeinde ist die Arbeit gesellschaftlich getheilt, ohne dass die Produkte zu Waaren werden. Oder, ein näher liegendes Beispiel,in jeder Fabrik ist die Arbeit systematisch getheilt, aber diese Theilung nicht dadurch vermittelt, dass die Arbeiter ihre individuellen Pro-dukte austauschen. Nur Produkte selbstständiger und von einander unabhängiger Privatarbeiten treten einander als Waaren gegenüber.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19ー① 当初、この商品はあいまいな性格で、実用的で交換価値があるように思われました。綿密な調査により、商品に含まれる作業も短命であることがわかります。私が最初に批判的に開発したこの点は、政治経済学の理解が展開する跳躍点です。

20ー② たとえば、スカートとリネンの10キュビットの2つの商品を取ります。
前者は後者の2倍の値を持つため、リネンの10キュビット= Wの場合、岩= 2 Wになります。

21ー③ コートは使用価値であり、特別なニーズを提供します。目的、動作モード、目的、手段、結果によって決まります。したがって、その有用性がその製品の使用価値にあるか、その製品が使用価値であるという事実にある作業は、単純化のためにここでは短い有用な作業を意味します。この観点から、生産しようとするユーティリティの観点から常に考慮されます。

22ー④ ロックやキャンバスのように、ユーティリティの質的に異なる価値があるため、それらの存在を伝える作品は質的に異なります-調整と製織。これらの物が質的に異なる使用商品でなく、したがって質的に異なる有用な作業の製品でなかった場合、それらは商品として互いに対couldすることができませんでした。 Rockはスカート自体を交換しません。同じ使用値が同じユーティリティ値と矛盾しません。

23-⑤ さまざまな用途または商品の全体では、属、種、家族、亜種、さまざまな有用な作品のさまざまな社会的分業に応じて、集合体はまさに多様体のように見えます。商品生産は、逆に、社会的分業の存在条件ではありませんが、商品生産の存在条件です。
古代インドのコミュニティでは、製品が商品になることなく、仕事は社会的に分割されています。または、より明白な例として、すべての工場での作業は体系的に分割されていますが、この分割は個々の製品を交換する労働者によって仲介されていません。独立した独立した作品の製品のみが、商品として互いに対立しています。

24-⑥ このように、すべての商品の使用価値には、特定の適切な生産的活動または有用な仕事があることがわかりました。
効用値は、質的に異なる有用な作業が関与しない限り、商品とは見なされません。
製品が一般に商品の形をとる社会では、d。時間。商品生産者の社会では、独立した生産者の民間企業として独立して運営されている有用な仕事のこの質的な違いは、多面的なシステム、社会的分業に発展します。

25-⑦ ちなみに、スカートがテーラーに着用されているか、テーラーのクライアントに着用されているかは重要ではありません。どちらの場合も、ユーティリティ値として機能します。また、岩とそれを生産する作品との関係は、仕立てが別の職業、社会的分業の独立したメンバーになるという事実によっても変化しません。衣服の必要性が彼を強要したところはどこでも、人が仕立て屋になる前に、人は数千年を作りました。しかし、自然に存在しない物質的富の要素である岩、キャンバスの存在は、特定の天然物質を特に人間のニーズに同化する特別で意図的に生産的な活動によって常に媒介されなければなりません。効用価値の教育者として、有用な仕事として、したがって、仕事は社会のあらゆる形態から独立しています
人間の存在状態、自然の永遠の必要性、人間と自然の間の代謝、つまり人間の生活を伝えるためにです。

26-⑧ ユーティリティは、ロック、キャンバス、であり、要するにWaaren-Körper<グッズ
・特殊形状>は、天然物質と仕事という2つの要素の化合物です。すべての有用な作業の合計を差し引くと、Rockのキャンバス・ワット常に残された物質的な基盤があり、それは自然に人間の努力なしに存在しています。人間は自然そのものとして、生産を進めることができるだけです。時間において、物質の形態のみが変更されている13)。
さらに。それ自体を形成するこの仕事では、彼は自然の力によって絶えず支えられています。したがって、仕事は、それによって生み出された富の源泉
 <is not the only source --唯一の依拠点-源泉>
ではありません。作品はウィリアム・ペティが言うように彼の父親であり、地球は彼の母親です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
24 Man hat also gesehn : In dem Gebrauchswerth jeder Waare steckt eine bestimmte zweckmässig produktive Thätigkeit oder nützliche Arbeit.
Gebrauchswerthe können sich nicht als Waaren gegenübertreten, wenn nicht qualitativ verschiedne nützliche Arbeiten in ihnen stecken.
In einer Gesellschaft, deren Produkte allgemein die Form der Waare anneh-men, d. h. in einer Gesellschaft von Waarenproducenten, entwickelt sich dieser qualitative Unterschied der nützlichen Arbeiten, welche unabhängig von einander als Privatgeschäfte selbstständiger Producenten betrieben werden, zu einem vielgliedrigen System, zu einer gesellschaftlichen Thei-lung der Arbeit.

25 Dem Rock ist es übrigens gleichgültig, ob er vom Schneider oder vom Kunden des Schneiders getragen wird. In beiden Fällen wirkt er als Gebrauchswerth. Ebensowenig ist das Verhältniss zwischen dem Rock und der ihn producirenden Arbeit an und für sich dadurch verändert, dass die Schneiderarbeit eigne Profession wird, selbstständiges Glied der gesell-schaftlichen Theilung der Arbeit. Wo ihn das Kleidungsbedürfniss zwang,hat der Mensch Jahrtausende lang geschneidert, bevor aus einem Menschen ein Schneider ward. Aber das Dasein von Rock, Leinwand, jedem nicht von Natur vorhandnen Element des stofflichen Reichthums,musste immer vermittelt sein durch eine spezielle, zweckmässig produktive Thätigkeit, die besondere Naturstoffe besondern menschlichen Bedürfnissen assimilirt. Als Bildnerin von Gebrauchswerthen, als nützliche Ar-beit, ist die Arbeit daher von allen Gesellschaftsformen unabhängige Existenzbedingung des Menschen, ewige  Naturnothwendigkeit, um den Stoffwechsel zwischen Mensch und Natur, also das menschliche Leben zu vermitteln.

26 Die Gebrauchswerthe Rock, Leinwand u. s. w., kurz die Waaren-körper, sind Verbindungen von zwei Elementen, Naturstoff und Arbeit. Zieht man die Gesammtsumme aller verschiedenen nützlichen Arbeiten ab, die in Rock, Leinwand u. s. w. stecken, so bleibt stets ein materielles Substrat zurück, das ohne Zuthun des Menschen von Natur vor-handen ist. Der Mensch kann in seiner Produktion nur verfahren, wie die Natur selbst, d. h. nur die Formen der Stoffe ändern13).

Noch mehr. In dieser Arbeit der Formung selbst wird er beständig unterstützt von Naturkräften. Arbeit ist also nicht die einzige Quelle der von ihr producirten Gebrauchswerthe, des stofflichen Reichthums. Die Arbeit ist sein Vater, wie William Petty sagt,und die Erde seine Mutter.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

① ここで、商品である限り、商品から商品価値に移りましょう。

② 私たちの仮定によれば、岩にはキャンバスの2倍の価値があります。しかし、これは量的な違いにすぎず、最初は興味がありません。したがって、コートの値がリネンの10キュビットの値の2倍であれば、リネンの20キュビットはコートと同じ値になることを覚えています。

ヴェルテのように、岩とキャンバスは同じ内容のものであり、同様の作品の客観的な表現です。しかし、仕立てと製織は質的に異なる作品です。
しかし、同じ男性が交互に仕立てて織る社会の状態があります。したがって、これらの2つの異なる労働様式は、同じ個人の仕事の修正であり、今日の私たちの仕立て屋が作るスカートや彼のズボンのように、異なる個人の特別な機能ではありません明日、同じ個人作業のバリエーションのみを前提とします。

証拠はまた、私たちの資本主義社会では、労働需要の変化する方向に応じて、人間の労働の特定の部分が洋裁の形または織りの形で交互に供給されることを示しています。仕事の形態のこの変化は摩擦なしではないかもしれませんが、彼は行かなければなりません。

生産的活動の確定性、したがって労働の有用な特性を無視すると、それが人間の労働の支出であることに変わりはありません。仕立てと製織は、質的には異なる生産活動ですが、人間の脳、筋肉、神経、手、および手の生産的な支出です。そしてこの意味で両方は、人間の作業です。

費やす人的資源は2つしかありません。しかし、人間の労働力自体は、何らかの形で費やされるために多少なりとも開発されなければなりません。しかし、商品の価値は、卓越した人間の労働力、人間の労働力の過剰支出を表しています。ブルジョア社会において、将軍や宴会が大きな役割を果たし、人間が非常に粗末な役割を果たしているように、14も人間の仕事をしています。

それは単純な労働の支出であり、特別な発達のない普通のすべての人が、彼の肉体で持っています。農家の年金の労働が適用されますz。したがって、単純な作業またはそれ以上の繁栄のない人間の作業のために、作業を調整します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Gehn wir nun von der Waare, so weit sie Gebrauchsgegenstand, über zum Waaren-Werth.
① ここで、商品である限り、商品から商品価値に移りましょう。


Nach unsrer Unterstellung hat der Rock den doppelten Werth der Leinwand. Diess ist aber nur ein quantitativer Unterschied, der uns zunächst noch nicht interessirt. Wir erinnern daher, dass wenn der Werth eines Rockes doppelt so gross als der von 10 Ellen Leinwand,20 Ellen Leinwand dieselbe Werthgrösse haben wie ein Rock.
② 私たちの仮定によれば、岩にはキャンバスの2倍の価値があります。しかし、これは量的な違いにすぎず、最初は興味がありません。したがって、コートの価値がリネンの10キュビットの値の2倍であれば、リネンの20キュビットはコートと同じ価値であることを覚えています。

ヴェルテのように、岩とキャンバスは同じ内容のものであり、同様の作品の客観的な表現です。しかし、仕立てと製織は質的に異なる作品です。
Als Werthe sind Rock und Leinwand Dinge von gleicher Substanz,objektive Ausdrücke gleichartiger Arbeit. Aber Schneider-arbeit und Weberei sind qualitativ verschiedne Arbeiten.

Es giebt jedoch Gesellschaftszustände, worin derselbe Mensch abwechselnd schneidert und webt, diese beiden verschiednen Arbeitsweisen daher nur Modificationen der Arbeit desselben Individuums und noch nicht besondre feste Functionen verschiedner Individuen sind, ganz wie der Rock, den unser Schneider heute, und die Hosen, die er morgen macht, nur Variationen derselben individuellen Arbeit voraussetzen.
しかし、同じ男性が交互に仕立てて織る社会の状態があります。したがって、これらの2つの異なる労働様式は、同じ個人の仕事の修正であり、今日の私たちの仕立て屋が作るスカートや彼のズボンのように、異なる個人の特別な機能ではありません明日、同じ個人作業のバリエーションのみを前提とします。

証拠はまた、私たちの資本主義社会では、労働需要の変化する方向に応じて、人間の労働の特定の部分が洋裁の形または織りの形で交互に供給されることを示しています。
仕事の形態のこの変化は摩擦なしではないかもしれませんが、彼は行かなければなりません。
Der Augenschein lehrt ferner, dass in unsrer kapitalistischen Gesellschaft, je nach der wechselnden Richtung der Arbeitsnachfrage, eine gegebene  Portion menschlicher Arbeit abwechselnd in der Form von Schneiderei oder in der Form von Weberei zugeführt wird.
Dieser Form-wechsel der Arbeit mag nicht ohne Friction abgehn, aber er muss gehn.

Sieht man ab von der Bestimmtheit der produktiven Thätigkeit und daher vom nützlichen Charakter der Arbeit, so bleibt das an ihr, dass sie eine Verausgabung menschlicher Arbeitskraft ist. Schneider-arbeit und Weberei, obgleich qualitativ verschiedne produktive Thätig-keiten, sind beide produktive Verausgabung von menschlichem Hirn,Muskel, Nerv, Hand u. s. w., und in diesem Sinn beide menschliche Arbeit.
生産活動の確定性、したがって労働の有用な特性を無視すると、それが人間の労働の支出であることに変わりはありません。仕立てと製織は、質的には異なる生産活動ですが、人間の脳、筋肉、神経、手、および手の生産的な支出です。秒。 w。そして、この意味で人間の労働の両方です。

費やす人的資源は2つしかありません。しかし、人間の労働力自体は、何らかの形で費やされるために多少なりとも開発されなければなりません。しかし、商品の価値は、卓越した人間の労働力、人間の労働力の過剰支出を表しています。
ブルジョア社会において、将軍や宴会が大きな役割を果たし、人間が非常に粗末な役割を果たしているように、14も人間の仕事をしています。
Es sind nur zwei verschiedne Formen, menschliche Arbeits-kraft zu verausgaben. Allerdings muss die menschliche Arbeitskraft selbst mehr oder minder entwickelt sein, um in dieser oder jener Form veraus-gabt zu werden. Der Werth der Waaren aber stellt menschliche Arbeit schlechthin dar, Verausgabung menschlicher Arbeitskraft über-haupt. Wie nun in der bürgerlichen Gesellschaft ein General oder Ban-quier eine grosse, der Mensch schlechthin dagegen eine sehr schäbige Rolle spielt14), so steht es hier auch mit der menschlichen Arbeit.

Sie ist Verausgabung einfacher Arbeitskraft, die jeder gewöhnliche Mensch, ohne besondere Entwicklung, in seinem leiblichen Organismus be-sitzt. Die Arbeitskraft eines Bauernknechts gelte z. B. für einfache Ar beitskraft, ihreVerausgabung daher für einfache Arbeit oder mensch-liche Arbeit ohne weitern Schnörkel, Schneiderarbeit dagegen für Verausgabung höher entwickelter Arbeitskraft. Während sich der Arbeits-tag des Bauernknechts daher etwa im Werthausdruck von ? W, stellt sich der Arbeitstag des Schneiders im Werthausdrucke von W dar15).
それは単純な労働の支出であり、特別な発達のない普通のすべての人が、彼の肉体で持っています。農家の年金の労働が適用されますz。このように、単純な仕事や、さらに繁栄することのない人間の労働のために、他方では、より高度に発達した労働の支出のために仕立てます。したがって、農家の労働日は家屋の圧力の約?Wであるのに対し、W darのWerthausdruckeの仕立て屋の労働日は15)です。

この違いは定量的なものです。スカートが仕立て屋の仕事の産物である場合、農家の2営業日の産物と同じ価値があります。
Dieser Unterschied ist jedoch nur quantitativ. Wenn der Rock das Produkt eines Arbeitstags des Schneiders, hat er denselben Werth wie das Produkt von 2 Arbeitstagen des Bauernknechts.

So zählt aber die Schneiderarbeit immer nur als multiplicirte Bauernarbeit. Die ver-schiednen Proportionen, worin verschiedne Arbeitsarten auf einfache Ar-beit als ihre Masseinheit reducirt sind, werden durch einen gesell-schaftlichen Prozess hinter dem Rücken der Produzenten festgesetzt und scheinen ihnen daher durch das Herkommen gegeben.
しかし、仕立ては常に乗法的農民労働としてのみカウントされます。さまざまなタイプの作業が測定単位として単純な作業に削減されるさまざまな比率、社会的プロセスを通じて生産者の背後に配置され、したがって、彼らは伝統によって与えられているようです。

単純にするために、どのタイプのワーカーもすぐに単純なワーカーと見なされ、削減の労力のみが節約されます。
Der Vereinfachung halber gilt uns im Folgenden jede Art Arbeitskraft unmittelbar für ein-fache Arbeitskraft, wodurch nur die Mühe der Reduktion erspart wird.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Wie also in den Werthen Rock und Leinwand von dem Unter-schied ihrer Gebrauchswerthe abstrahirt ist, so in der Arbeit,die diese Werthe darstellen, von dem Unterschied der nützlichen Formen, worin sie das einemal Schneiderarbeit ist, das andremal Weberei.
Wie die Gebrauchswerthe Rock und Leinwand Ver-bindungen zweckbestimmter, produktiver Thätigkeiten mit Tuch und Garn sind, die Werthe Rock und Leinwand dagegen blosse gleich-artige Arbeitsgallerten, so gilt auch die in diesen Werthen enthaltene Arbeit nicht durch ihr produktives Verhalten zu Tuch und Garn,sondern nur als Verausgabung menschlicher Arbeitskraft.
③ ウェールテン<見積可能>のようにロックとキャンバスは、それらの使用価値の違いから抽象化されているので、これらの価値が表す作品では、それらが一度に仕立てる有用な形式の違いから、もう一方は織ります。
ロックとキャンバスの功利主義的な価値が目的と生産的な活動と布と糸の関連であるのと同様に、仕事と服の価値は労働ギャレーのようなものにすぎませんが、これらの価値に含まれる仕事は布と糸に対する生産的な活動によっては有効でありませんが、しかし、それは人間労働の支出としてのみなしえます。

実用的価値の教育的要素のロックとキャンバスは、その品質が異なるために、仕立てられ、織り込まれています;それらは、その特別な品質から抽象化され、同じ品質、つまり人間の労働の品質を持っています。
Bildungselemente der Gebrauchswerthe Rock und Leinwand sind
Schneiderarbeit und Weberei eben durch ihre verschiednen Qualitäten,Substanz des Rockwerths und Leinwandwerths sind sie nur, soweit von ihrer besondern Qualität abstrahirt wird und beide gleiche Qualität besitzen, die Qualität menschlicher Arbeit.


Rock und Leinwand sind aber nicht nur Werthe überhaupt, son-dern Werthe von bestimmter Grösse und nach unsrer Unterstellung ist der Rock doppelt so viel werth, als 10 Ellen Leinwand. Woher diese
④ しかし、岩とリネンは値だけでなく、特定のサイズの値であり、私たちのほのめかしによれば、岩はリネンの10キュビットの2倍の価値があります。これはどこから

15)読者は、質問が労働者が労働日に受け取る賃金や価値に関するものではなく、労働日が対象となる商品の価値に関するものであるという事実に注意を払わなければなりません。労働所得のカテゴリは、プレゼンテーションのこの段階ではまったく存在しません。15)
Der Leser muss aufmerken, dass hier nicht vom Lohn oder Werth die Rede ist, den der Arbeiter etwa für einen Arbeitstag erhält, sondern vom Waaren-werth, worin sich sein Arbeitstag vergegenständlicht. Die Kategorie des Ar beitslohns existirt überhaupt noch nicht auf dieser Stufe unsrer Darstellung.


Wenn also mit Bezug auf den Gebrauchswerth die in der Waare enthaltne Arbeit nur qualitativ gilt, gilt sie mit Bezug auf die Werthgrösse nur quantitativ, nachdem sie bereits auf menschliche Arbeit ohne weitere Qualität reducirt ist. Dort handelt es sich um das Wie und Was der Arbeit, hier um ihr Wie Viel, ihre Zeitdauer.
Da die Werthgrösse einer Waare nur das Quantum der in ihr enthaltnen Arbeit misst, müssen Waaren in gewisser Proportion stets gleich grosse Werthe sein.
⑤ したがって、商品に含まれる労働力が使用価値に関して定性的に有効である場合、それは価値価値に関して定量的にのみ適用され、それ以上の品質なしですでに人間の労働力に削減されています。それは、どのように、どのような仕事をするのか、ここではどのくらい、その期間についてのものです。
商品の価値はそれに含まれる労働量のみを測定するため、一定の割合の商品は常に価値が等しくなければなりません。

⑥ コートの生産に必要なすべての有用な作業の生産力が変わらない場合、スカートの価値はそれ自体の量とともに増加します。 1スカートxの場合、2スカートは2 x就業日を表します。秒。ワットただし、スカートを2倍にしたり、半分にしたりするのに必要な作業時間を想定します。
前者の場合、スカートは前の2つのスカートと同じくらいの価値があります。後者の場合、2つのスカートは前のものと同じくらいの価値しかありませんが、どちらの場合でも、岩は同じサービスを実行し、そこに含まれる有用な作業は同じ優しさのままです。しかし、その生産に費やされる作業量は変化しました。

Bleibt die Produktivkraft sage aller zur Produktion eines Rocks erheischten nützlichen Arbeiten unverändert, so steigt die Werthgrösse der Röcke mit ihrer eignen Quantität. Wenn 1 Rock x, stellen 2 Röcke 2 xArbeitstage dar u. s. w. Nimm aber an, die zur Produktion eines Rocks nothwendige Arbeitszeit steige auf das Doppelte oder falle um die Hälfte.
Im ersten Fall hat ein Rock soviel Werth als vorher zwei Röcke, im letz-tern Fall haben zwei Röcke nur so viel Werth, als vorher einer, obgleich in beiden Fällen ein Rock nach wie vor dieselben Dienste leistet und die in ihm enthaltne nützliche Arbeit nach wie vor von derselben Güte bleibt.
Aber das in seiner Produktion verausgabte Arbeits quantum hat sich verändert.


Ein grössres Quantum Gebrauchswerth bildet an und für sich grös-sern stofflichen Reichthum, zwei Röcke mehr als einer. Mit zwei Röcken kann man zwei Menschen kleiden, mit einem Rock nur einen Men-schen u. s. w. Dennoch kann der steigenden Masse des stofflichen Reich-thums ein gleichzeitiger Fall seiner Werthgrösse entsprechen.
⑦ より多くの使用価値は、それ自体でより大きな物質的富を形成し、2つのスカートが2つ以上になります。スカートが2つあれば、2人で着ることができ、スカートは1人だけです、
そしてあなた。秒。ワットそれにもかかわらず、物質的富の増加する質量は、その価値の同時の低下に対応することができます。

この対照的な動きは、作品のあいまいな性格から生じています。生産力はもちろん常に生産的です
有用で具体的な作業。実際には、特定の期間における意図的な生産的活動の活動の程度のみを表します。
Diese gegensätzliche Bewegung entspringt aus der zwieschlächtigen Be-stimmung der Arbeit. Produktivkraft ist natürlich stets Produktivkraft nützlicher, konkreter Arbeit. Sie drückt in der That nur den Wirkungs-grad zweckbestimmter produktiver Thätigkeit in gegebnem Zeitraum aus.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<英訳>--springs from the ambiguous mood--
This contrasting movement springs from the ambiguous mood of the work. Productive power is of course always productive useful, concrete work. It expresses, in fact, only the degree of activity of a purposeful productive activity in a given period of time.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Die nützliche Arbeit wird daher reichere oder dürftigere Produktenquelle im direkten Verhältniss zum Steigen oder Fallen ihrer Produktivkraft. Dagegen trifft ein Wechsel der Produktivkraft die im Werth dargestellte Arbeit an und für sich gar nicht. Da die Produktivkraft der konkreten nützlichen Form der Arbeit angehört, kann sie natürlich die Arbeit nicht mehr berühren, sobald von ihrer konkreten nützlichen Form abstrahirt wird.
したがって、有用な仕事は、その生産力の上昇または低下に正比例して、製品のより豊かなまたはより貧しいソースになります。一方、生産力の変化は、Werthで発表された研究には影響しません。生産力は作品の具体的な有用な形態に属するため、具体的な有用な形態から抽象化されるとすぐに、自然に作品に影響を与えることはできなくなります。

したがって、同じ期間に同じ作業が発生します。
生産力が常に変化するのと同じ値を常に破棄します。しかし、同じ期間に、生産力が増加するとより多くの効用価値の異なる量を提供し、減少するとより少なくなります。前者の場合、2つのスカートの作業量が以前より少なくなることがあります。
Dieselbe Arbeit stellt sich daher in denselben Zeit-räumen stets in derselben Werthgrösse dar, wie immer die Pro-duktivkraft wechsle. Aber sie liefert in demselben Zeitraum ver-schiedne Quanta Gebrauchswerthe, mehr wenn die Produktiv-kraft steigt, weniger, wenn sie sinkt. Im erstern Fall kann es geschehn,dass 2 Röcke weniger Arbeit enthalten als früher einer.

Derselbe Wech-sel der Produktivkraft, der die Fruchtbarkeit der Arbeit und daher die Masse der von ihr gelieferten Gebrauchswerthe vermehrt, kann also die Werthgrösse selbst der vermehrten Gesammtmasse vermindern,wenn er nämlich die zu ihrer Produktion nothwendige Arbeitszeit ab-kürzt. Ebenso umgekehrt.
労働力の出生率を高める生産力の同じ変化、したがってそれによって供給されるユーティリティ価値の質量は、その生産に必要な労働時間を削減する場合、増加した総計の価値さえも減少させる可能性があります。同様にその逆。


Aus dem Bisherigen folgt, dass in der Waare zwar nicht zwei ver-schiedene Sorten Arbeit stecken, wohl aber dieselbe Arbeit verschieden und selbst entgegengesetzt bestimmt ist, je nachdem sie auf den Ge-brauchswerth der Waare als ihr Produkt oder auf den Waaren-Werth als ihren bloss gegenständlichen Ausdruck bezogen wird.
Wie die Waare vor allem Gebrauchsgegenstand sein muss, um Werth zu sein, so muss die Arbeit vor allem nützliche Arbeit, zweckbestimmte pro-duktive Thätigkeit sein, um als Verausgabung menschlicher Arbeitskraft und daher als menschliche Arbeit schlechthin zu zählen.
⑧ 上記から、商品には2つの異なるタイプの作業はありませんが、同じ作業は、製品としての商品の商品価値または商品価値に応じて異なり、逆に決定されることもあります。 その単なる表現は関連しています。
商品は価値のある商品以上のものでなければならないので、労働は何よりも人間の労働の支出として、したがって優秀な人間の労働として数えるために、有用な仕事、目的のある生産活動でなければなりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

① Da bisher nur noch Werthsubstanz und Werthgrösse bestimmt, wen-den wir uns jetzt zur Analyse der Werthform.
② Kehren wir zunächst wieder zurück zur ersten Erscheinungs-form des Waarenwerths.

① これまでのところ、価値のある物質と価値のサイズのみが決定されていたため、次に、値形式の分析に移ります
② 最初に商品価値の最初の外観に戻りましょう。

③ 2つのクアンタ製品を使用します。これらの製品の生産には同じ作業時間がかかり、同じ価値があります。キャンバス40キュビット= 2スカート、またはリネン40キュビットがあります。
壁は2つのスカートの価値があります。キャンバスの価値が一定量のスカートで表現されていることがわかります。商品の価値。そのため、別の商品の使用価値で表されます。ワーレ、その相対的な価値が呼ばれます

④ 商品の価値は一定ですが、商品の相対的な価値は変わる可能性があります。
逆に、それらの相対値は一定のままであり、クアンタとユーティリティ値を区別します。生産力が増加するとより大きくなり、生産力が減少するとより少なくなります。前者の場合、2つのスカートの作業量が以前より少なくなることがあります。労働力の出生率を高める生産力の同じ変化、したがってそれによって供給されるユーティリティ価値の質量は、その生産に必要な労働時間を削減する場合、増加した総計の価値さえも減少させる可能性があります。同様にその逆。

⑤ 上記から、商品には2つの異なるタイプの作業はありませんが、同じ作業は異なります。
そして反対も決定されます。
製品としての商品の商品価値、または単に客観的な表現としての商品価値に関係するためです。
商品は価値のある商品以上のものでなければならないので、労働はとりわけ有用な仕事、目的のある生産的活動でなければならず、人間の労働の支出として、したがって人間の労働の卓越性として数えなければなりません。

⑥ これまでのところ、価値の実体と価値の大きさが決定されたので、今度はWerthformの分析に使用します。

⑦ 最初に商品価値の最初の外観に戻りましょう。

⑧ 2つのクアンタ製品を使用しますが、それらの生産には同じ作業時間、つまり同じ値がかかり、40ヤードのリネン= 2スカート、または40ヤードのリネンは2スカートの価値があります。キャンバスの価値が一定量のスカートで表現されていることがわかります。
別の商品の使用価値で表される商品の価値は、その相対価値と呼ばれます。

⑨ 商品の価値は一定ですが、商品の相対的な価値は変わる可能性があります。
逆に、値は変化しますが、それらの相対値は一定のままです。

⑩ 方程式:40ヤードのキャンバス= 2スカートでは、両方の商品に同じ作業量が必要です。
しかし、それを生産する仕事の生産力が変わるたびに、その生産に必要な労働時間も変わります。このような変化が相対的な価値に及ぼす影響を考慮してください。


I.キャンバスの値は変化していますが、岩の値は一定です。
亜麻を含む土壌の不妊の増加の結果として、キャンバスの生産のために失われた作業時間が2倍になった場合、その価値は2倍になります。 40キュビットのキャンバス= 2スカートではなく、40キュビットのキャンバス= 4スカートです。これは、2スカートに40キュビットのキャンバスよりも作業時間が半分になるためです。

⑫ 一方、たとえば織機の改善の結果として、キャンバスの生産に必要な作業時間が半分に減少した場合、キャンバスの値は半分に低下します。
したがって、現在:40ヤードのキャンバス= 1スカート。商品Aの相対価値、d。したがって、商品Bで表されるそれらの価値は、商品Aの価値として直接増減しますが、商品Bは同じままです。


II。キャンバスの値は一定のままですが、岩の値は変化します。これらの状況下で倍増し、
スカートの生産に必要な作業時間、たとえば好ましくないウールのせん断の結果、キャンバスの40キュビット= 2スカートの代わりに、40エルレンキャンバス= 1スカートになりました。一方、スカートの値が半分になった場合、40ヤードのリネン= 4スカートです。
商品Aの値が同じままである場合、商品Bで表されるその相対値は、Bの値に反比例して低下または増加します。


⑭ サブIとIIの異なるケースを比較すると、まったく反対の原因から相対値の同じ変化が生じる可能性があるということです。したがって、キャンバスの40キュビット= 2スカートのうち、1)キャンバスの値のため、方程式はキャンバスの40キュビット= 4スカートになります。
2倍になるか、スカートの値が半分になります。2)キャンバスの値が半分になるか、スカートの値が2倍になるため、方程式40キュビッツキャンバス= 1スカート。


III。リネンとスカートの生産に必要な労働量は、同じ方向に同じ割合で同時に変化します。
この場合、40キュビットのキャンバス= 2スカート、その値はどうであれ。価値が一定のままである第三の商品と比較するとすぐに、価値の変化を発見します。すべての商品の値が同時に同じ割合で上昇または下降した場合、それらの相対値は変化しませんでした。彼らの真の価値の変化は、同じ労働時間で、以前と同様に一般的にはより大きなまたはより小さな商品クォンタムが配信されるという事実から見ることができます。


IV。キャンバスとスカートの生産用。必要な労働時間、したがってその値は、同じ時間にある可能性があります。方向を変更しますが、不均等な度合い、または反対方向uになります。秒。ワットこの種のあらゆる組み合わせが商品の相対価値に与える影響は、ケースI、II、IIIを使用することで簡単に得られます。

⑰ 私たちは、商品であるキャンバスの相対的な価値の変化がどれだけ変化できるかを調べました。
値、および一般に相対値は、その量的側面の観点からのみ考慮されます。

次に、その形式に戻ります。
値の表現の相対値、x商品A = y商品Bまたは20キュビットリネン= 1岩などの2つの商品の同等性の表現は、相対値の1倍形式です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

  『賃金労働と資本 』

 投稿者:杉本  投稿日:2019年10月 4日(金)19時53分5秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me06/me06_397.htm

ページ番号の参照先:Karl Marx-Friedrich Engels-Works、Volume 6、pp。397-423Dietz
Verlag、Berlin / GDR 1959

  『賃金労働と資本 』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  http://bund.jp/?p=24960
  マルクス入門『賃労働と資本』ノート/草加耕助
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  『賃金労働と資本 』
 この本の三にて、こう述べらています。
  ☆  三
  ⑭ 累積された過去のオブジェクト化された即時の生活労働の支配は、
  まず累積労働を資本にします。

 『賃金、価格、利益』  9段落に価値論には、こう示されています。
  そのため、商品の相対値は、それぞれの数量または数量化された、
  数量化された、オブジェクト化された、オブジェクトに表されます。

  「経済学批判」の⑬段落にも、こうあります。
  「一般的な労働時間として、それは一般的な製品、一般的な同等物、
  オブジェクト化された労働時間の明確な量でそれ自身を提示し、
  それは任意の値に、任意に翻訳可能な使用値の特定の形式とは無関係に、
  即座に現れますし、他の形式のuse-valueにです。ここで、それは他の
  --すべての製品--にです。

   オブジェクト化とは? 初版から引用しておこう。
 https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1794

 「しかし商品は対象です。彼らは彼らがオブジェクトのような方法である
  ものである必要があります、または彼らは彼ら自身のオブジェクトのよ
  うな関係でそれを明らかにしなければなりません。リネンの生産では、
  ある程度の量の人的労働が費やされてきました。」

  オブジェクト化された労働時間
  「対象化された労働時間」と、岩波文庫P29、国民文庫P31にある。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 再版『資本論』の21章と同じことが、述べらています。

 ⑱ 「したがって、資本は賃金労働を設定し、賃金労働は資本を前提としています。
   それらは相互に依存しています。彼らはお互いを引き出します。」
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  資本論 Ⅱ  <376>にてこうあります。

 「彼は仕事自体の曖昧な性質を区別しません」

  II。アダムスミス
1.スミスの一般的な視点2. v + mでの交換値のスミスの解像度
<376>

そして、導入部の最初の文に次のように書かれています。

 「他の国から購入したこの製品で動作する、またはオブジェクト。 」(p.11)

 <我らが、和訳は、
 「またはこの生産物で他の諸国民から買った諸対象から成っている。」>

A.スミスが犯した最初の間違いは、彼が製品価値は年間付加価値製品に等しい。
後者は、過去1年間の成果物にすぎません。
前者には、その年の製品の生産で消費されるが、それ以前の年および一部は
以前の年に生産されたすべての価値の要素も含まれます。その価値に関して、
どちらも生産されていないものは、
昨年の仕事が費やされました。
この混乱により、A。スミスは年間製品の一定の価値を管理しています。
混乱自体は、基本概念の別のエラーに基づいています:労働自体の曖昧な性格を区別しません:労働力の消費として価値があり、実用的で有用な労働が作成する限り、労働は区別しません)。

年間の製造品の合計、つまり年間製品は、昨年の有用な作業の製品です。社会的に応用された労働が、有用な仕事の多様なシステムに費やされてきたからこそ、これらすべての商品がそこにあるのです。このようにしてのみ、生産の価値は、消費された生産手段の総価値に反映され、新しい自然な形で再び現れます。したがって、年間製品全体は、その年に費やした有用な作業の結果です。しかし、年間の製品価値のうち、その年の間に作成されたのは一部のみです。この部分は年間の価値積であり、合計はその年の間に流動的に行われた仕事を表します。

ですから、A。スミスが引用した箇所で、
「各国の年間仕事は、その年に消費するすべての食物を元々提供する基金であり、「彼は一方的に、単に有用な仕事の位置に身を置くが、それはこれらすべての食物を自分たちに入れる」消耗品のフォームがもたらしました。
しかし、彼はこれがなければ不可能だったことを忘れています
昔から受け継がれてきた仕事と労働の手段を助け、それゆえ「年間の仕事」が価値ある限り、

 <グーグル翻訳、ありがとう。>
Work, or in the, with this product bought from other nations Objects. "(p.11)

The first mistake made by A. Smith is that he product value equals the annual value added product.
The latter is only the product of the work of the past year; the former also includes all the elements of value which are consumed in the production of the product of the year, but which have been produced in the preceding years, and partly in the earlier years: means of production, the value of which reappears only; that which, as regards its value, is neither produced , have still been reproduced by during Last year's work was spent.
By this confusion A. Smith manages the constant value of the annual product.
The confusion itself is based on another error in its fundamental conception: it does not distinguish the ambiguous character of labor itself: labor insofar as it is of value as an expenditure of labor power and as far as practical, useful labor ) creates.

The total of the yearly manufactured goods, that is, the whole year product, is the product of the useful work of last year; it is only because socially applied labor has been spent in a manifold system of useful work, that all these commodities are there; only in this way is the value of their production in their total value received consumed means of production, reappearing in a new natural form. The whole annual product is thus the result of the useful work spent during the year; but of the annual product value only a part has been created during the year; this part is the annual value-product, in which the sum represents the work made liquid during the year itself.

So if A. Smith says in the passage just quoted,
"The annual work of each nation is the fund which originally provides it with all the food it consumes during the year, and so on, "he unilaterally puts himself in the position of merely useful work, which, however, puts all these foods into their consumable form has brought.
But he forgets that this was impossible without
help with the means of work and labor handed down from earlier years, and that therefore the "annual work," as far as it was valuable,

 http://www.deutschestextarchiv.de/marx_kapital02_1885/404
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この作品へのURL: http://www.deutschestextarchiv.de/marx_kapital02_1885
このページのURL: http://www.deutschestextarchiv.de/marx_kapital02_1885/404
Zitationshilfe: マルクス、カール:首都。 Bd。2. Book II:資本の循環プロセス。 ハンブルク、1885年、370ページ。In:German Text Archive <http://www.deutschestextarchiv.de/marx_kapital02_1885/404>、2019年6月10日に取得。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆  一

① <397> {1}ヴェルスキエデン側から、我々は現在の階級闘争と国家闘争の物質的基盤を構成する経済状況が示されていないと非難された。私たちは、政治的衝突{2}に直接影響を与える場合にのみ、これらの条件に意図的に触れました。

② 何よりも、その日の歴史における階級闘争を追う必要があり、2月と3月を作った労働者階級の征服により、敵が敗北したことを既存および新しく作成された歴史資料によって経験的に証明する必要がありました同時に-フランスのブルジョア共和党員、ヨーロッパ大陸全体で封建的絶対主義と戦うブルジョア階級と農民階級; フランスでの「名誉ある共和国」の勝利は、2月革命に英雄的な独立戦争で対応した国々の事件でもあったこと。最終的にヨーロッパは、革命的な労働者の敗北により、その古い二重の奴隷制からアングロロシアの奴隷制に戻った。パリでの6月の戦い、ウィーンの崩壊、1848年11月のベルリンの悲喜劇{3}、ポーランド、イタリア、ハンガリーの必死の努力、アイルランドの飢--これらは、ヨーロッパの階級がブルジョア階級と労働者階級は要約し、革命的な労働者階級が勝利するまで、すべての革命的な蜂起はまだ目標階級の闘争からあまりにも遠く離れているように見えるかもしれないことを証明し、すべての社会改革はプロレタリア革命と封建的反革命が起こるまでユートピアのままである<398>世界大戦では、武器と競合します。私たちの説明では、実際には、ベルギーとスイスは偉大な歴史的タブローの悲劇的な漫画のようなジャンルの絵であり、1つはブルジョア君主制のモデル状態、もう1つはブルジョア共和国のモデル状態であり、どちらも同様に独立しています欧州革命の時点で階級闘争になりましょう。

③ さて、1848年に読者が階級闘争が巨大な政治形態に発展したのを見てから、経済状況そのもの、およびブルジョア階級の存在とその階級ルール{4}が労働者の奴隷。

④ つぎに三つの主要セクションに分けて説明します。
1。賃金労働と資本の関係、労働者の奴隷制、資本家の支配、
2。中産階級の必然的な衰退といわゆるブルジョアジー{5}現在のシステム
3.世界市場の専制君主によるさまざまなヨーロッパ諸国のブルジョア階級の商業的征服と搾取-イングランド。

⑤ 政治経済の最も基本的な概念さえも前提とせず、できるだけ単純かつ一般的に提示するよう努めます。労働者が理解できるようにしたい。さらに、ドイツでは、既存の州の特許を取得した擁護者から社会主義の奇跡の羊飼いや誤解された政治的天才に至るまで、最も単純な経済状況について最も奇妙な無知と概念的な混乱があり、分裂したドイツは愛国的な父親よりもさらに豊かです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず最初の質問:
賃金はいくらですか?彼はどのように決定されますか?

① 労働者にこう尋ねたとき、あなたの賃金は何ですか?
だから彼らは答えるでしょう、
「私はブルジョアの就業日に1つのマーク{6}を受け取ります」、それ:「私は2つのマークを受け取ります」など。彼らが属する仕事のさまざまな部門によると、彼らは特定の仕事の準備のために支払うお金の異なる合計を与えるでしょう、例えば、から急いでキャンバスを織ったり、シートを設定するために、そのたびにのブルジョア。
声明の多様性にもかかわらず、彼らはすべてのポイントに同意しています:賃金は、資本家が特定の労働時間または特定の仕事の配達のために支払うお金の合計です。{8} {9} <399>

② 資本家は労働を購入しているようです。{10}彼ら、労働者は自分の作品を金で売っています。しかし、これは外観です。彼らが実際にお金のために資本家に売るのは彼らの労働力です。資本家は、この労働者を1日、1週間、1か月などで購入しています。

そして、彼はそれを購入した後、定められた時間に労働者を働かせることによってそれを消費します。
同じ合計で、資本家、彼女の労働者、単なる、2マークの場合、彼は2ポンドの砂糖または他の商品を特定の価格で購入できたでしょう。
彼が2ポンドの砂糖を買うために使用した2つのマークは、2ポンドの砂糖の価格です。購入した労働者{15}の12時間の使用をもたらす2つのマークは、12時間の仕事の価格です。したがって、労働者は商品であり、砂糖以上のものではありますが、 最初の1つは時計で測定し、もう1つは天びんで測定します。

③ 彼らの財、労働{14}は、労働者を資本家の財、お金と交換し、この交換は一定の割合で行われます。労働者をこれほど長く使用するためのお金{17}。12時間の織り2マーク。そして、2つのマーク、2つのマークのために私が買うことができる他のすべての商品を想像しませんか?
実際、労働者は自分の商品、労働力に対してあらゆる種類の商品を一定の割合で交換しています。彼に2点を与えることで、資本家は彼の一日の仕事と引き換えに、彼にたくさんの肉、たくさんの衣服、たくさんの木、光などを与えました。
したがって、2つのマークは、他の商品に対する労働が交換される関係、つまり労働の交換価値を表しています。貨幣で見積もられた商品の交換価値は、その価格です。したがって、この賃金は、人の肉と血以外の容器を持たないこの独特の商品の価格に対して、労働価格、通常は労働価格と呼んでいます。

④ 例えばウィーバー任意の労働者を、取ります。
資本家は、織機と糸を彼に届けます。ウィーバーは動作するように設定され、糸はキャンバスに変わります。資本家は、キャンバスを所有し、20マークに売却しました。<400>

たとえば、今では織工の賃金はキャンバスのシェア、20マーク、彼の労働の産物ですか?
どういたしまして。
キャンバスが販売されるずっと前、おそらく完成するずっと前に、織工は彼の賃金を受け取った。資本家は、この賃金をキャンバスから失うお金で支払うのではなく、在庫のお金で支払います。織機と糸は、ブルジョアによって供給される織機の製品ではないため、彼の商品である労働と引き換えに受け取った商品ではありません。
ブルジョアがキャンバスの買い手を見つけられなかった可能性があります。彼自身が販売から賃金を支払わない可能性がありました。彼が織り子に関連してそれらを非常に好意的に販売することは可能である。

これはすべて、織工には関係ありません。
資本家は、その資産の一部、資本、織機の労働力を購入し、彼の財産の別の部分の原材料-糸-と作業器具-織機を購入しました。これらの購入を行った後、これらの購入のうち、キャンバスを生産するために必要な人材があります。

彼は、彼に関連する原材料と作業道具のみを生産します。
もちろん、織機と同じくらい製品や製品の価格をほとんど持たない
私たちの優れた織工は、後者に属します。

⑤ 賃金は、このように、彼が作り出す製品における労働者の一部ではありません。
賃金はすでに存在する商品の一部であり、資本家はそれを使って一定の生産的労働力を購入します。

⑥  したがって、労働者は、所有者である賃金労働者によって資本に販売される商品です。
なぜ彼は彼女を売っているのですか?生きるためにです。

⑦ 労働者の操作であるその仕事は、労働者自身の人生における活動、彼自身の人生の表現です。
そして彼は必要な食料を確保するためにこの生命活動を第三者に販売します。したがって、彼の生活活動は、彼が存在するための手段にすぎません。彼は生きるために働いています。彼は自分の人生に仕事を含めず、むしろ彼の人生の犠牲者です。それは、第三者に打撃を与えた商品です。したがって、彼の活動の産物は彼の活動の目的ではありません。彼が自分のために生産するものは、彼が織る絹でも、彼が鉱山から引き出す金でも、彼が建てる宮殿でもありません。
彼が自分で生産するのは賃金であり、絹、金、宮殿は彼のために特定の量の食物、おそらく綿のジャケット、いくつかの銅のコイン、地下のアパートに自分自身を解決します。<401>
そして、彼の人生の現れとして、12時間の織り、紡績、穴あけ、回転、建築、シャベル、ドキドキ、石を織り、紡ぎ、ドリル、ターン、ビルド、シャベル、岩、摩耗、ボアなどの労働者生活 、逆になのです。
人生は彼のために始まり、この活動はテーブルで、居酒屋で、ベッドで終わります。
一方、12時間の仕事は彼にとって織、紡績、穴あけなどとしては意味がありませんが、稼ぎとしてテーブル、居酒屋、寝床に連れて行ってくれます。カイコが毛虫としての存在を生き残るためにいじっていた場合、彼は完全な賃金労働者になります。

労働者は必ずしも商品ではありませんでした。仕事は常に賃金労働、つまり自由労働ではなかった。
奴隷は、牛が農夫に彼のサービスを売る以上に、奴隷の所有者にではなく、自分の労働力を売った。
奴隷と彼の労働力は、その所有者に一度だけ販売されます。

彼は、ある所有者の手から別の所有者の手に渡ることができる商品です。彼自身は商品ですが、労働は彼の商品ではありません。求婚者は自分の労働の一部のみを販売している。彼は土地の所有者から報酬を受け取りません。土地の所有者は彼から敬意を表します。

⑧ 身体の財産は土地と土地に属し、土地の主に実を結びます。一方、自由労働者は、自分自身を一枚一枚売ります。彼は自分の人生の8、10、12、15時間、一方の日、他方の最高入札者、原材料、道具、食料の所有者、つまり{28}の資本家に競売を行います。労働者は所有者にも土地にも属していませんが、彼の日常生活の8、10、12、15時間はそれらを買う人のものです。労働者は、好きなときに自分を雇う資本家を辞め、資本家は、意図した使用から利益や利益を失い次第、それが良いと思うときはいつでも彼を解雇します。しかし、労働者の収入源は労働力の販売だけである{26}が、その存在をあきらめずにバイヤー全体、つまり資本家階級を去ることはできません。
{29}彼はこれまたはその資本家にではなく、資本家階級に属します。{30}
自分自身を売るのは彼次第です。つまり、この資本主義階級で買い手を見つけることです。{31}

⑨ <402>ここで、資本労働と賃金労働との関係に近づく前に、賃金の決定において考慮される最も一般的な関係を簡単に紹介します。

⑩ 我々は、特定の商品の価格、労働力を見てきたように賃金は、次のことなのです。
したがって、労働賃金は、他のすべての商品の価格を決定する同じ法律によって決定されています。{32}
問題が、まずは、商品の価格がどのように決定されるのかです。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆  二

   財の価格を決定するものは何ですか?
① 買い手と売り手間の競争、需要と供給、供給意欲の関係によって{34}。商品の価格を決定する競争は三者間です。

② 同じ製品が、異なる販売者によって提供されます。同じ種類の商品を最も安い価格で販売する人は誰でも、他の売り手に勝てずに最大の売り上げを確保できます。このように、売り手は相互にパラグラフ、つまり紛争の市場です。彼らはそれぞれ、残りの売り手を除外して、売り、できるだけ多く売り、そしておそらく単独で売りたいと思っています。そのため、一方が他方よりも安く販売されました。それで、売り手の間で彼らが提供する商品の価格を押し下げる競争があります。

③ しかし、それは代わりにバイヤー間の競争でもあり、順番に、商品の価格は上がりません。

④ 最終的に買い手と売り手の間で競争があります。1つはできるだけ安く購入したい、もう1つはできるだけ高く販売したい。買い手と売り手の間のこの競争の結果は、競争の以前に特定された2つの側面がどのように振る舞うか、すなわち買い手の軍隊の競争または売り手の軍隊の競争がより強いかどうかに依存します。業界は2つの大衆を互いにリードしており、それぞれが自分のランクで自軍との間で戦いを繰り広げています。わずかな戦いが行われる軍隊の下で、軍隊はその反対に勝利をもたらします。

⑤ {35}を想定してみましょう。市場には100本の綿baがあり、同時に1,000本の綿baの買い手がいます。この場合、需要は供給の10倍です。バイヤー間の競争は非常に激しく、それぞれが1つ、おそらく100個すべてのベールを手に入れたいと考えています。この例は、{36} arbitrary意的なほのめかしではありません。貿易の歴史に誤った時期があります<403>経験豊かなワックスコットン。そこでは、資本家自身が購入しようとする資本家同士が100ベールではなく、世界のコットン供給全体を占めています。したがって、与えられたケースでは、1人のバイヤーがコットンベールの比較的高い価格を提供することで、他のバイヤーをフィールドから追い出そうとします。綿のベンダーは、敵同士の軍隊が最も激しい紛争に見舞われており、100枚のallすべての販売を完全に保証しているため、相手の価格が下がったときに互いに気にしないように注意します彼を台無しにするために互いに争います。突然、売り手の軍隊に平和が訪れました。彼らは男のように買い手と向き合い、哲学的に腕を組み、最も重要な消費者でさえオファーが制限されなければ、彼らの要求は無限になります。

⑥ したがって、商品の供給がその商品の需要よりも弱い場合、売り手間の競争はほとんどまたはまったくありません。この競争が減少しているのと同じ割合で、バイヤー間の競争が増加しています。結果:商品価格の多かれ少なかれ大幅な上昇。

⑦ 逆の場合は逆の結果でより頻繁に発生することが知られています。需要に対する供給の著しい過剰:売り手間の絶望的な競争。バイヤーの不足:とんでもない価格で商品を攻撃します。

⑧ しかし、上昇、下落する価格とはどういう意味ですか、高価格、低価格とは何ですか?砂粒は顕微鏡で高く見え、塔は山に比べて低くなっています。そして、価格が需要と供給の関係によって決定される場合、何が需要と供給の関係を決定しますか?

⑨ 最初の最高の市民に目を向けましょう。彼は一瞬も考えず、もう一人のアレキサンダー大王がこの形而上学的な結び目を九九で切り取るだろう。
私が販売する商品の生産に100マークの費用がかかった場合、彼は私たちに教えてくれます。もちろん、1年後にこの製品の販売から110マークを失います-それはブルジョア、名誉、セット利益です。
しかし、私が120、130のマークを引き換えに得れば、それは大きな勝利です。そして200個のマークをリリースした場合、それは並外れたものになるでしょう{37}。
では、利益の尺度として市民に役立つものは何でしょうか?
彼の商品の製造コストです。<404>この商品と引き換えに、生産コストの低い他の商品の合計を受け取った場合、彼は失った。彼の商品と引き換えに、他の商品の合計を受け取った場合、その生産にはさらに費用がかかり、彼は勝ちました。そして、彼が計算する利益の増減は、商品の交換価値がゼロ以下または{38}生産コストである程度に応じて計算されます。

⑩ 需要と供給の関係の変化が価格の上昇と下降、時には高価格、時には低価格を生み出す様子を見てきました。{39}
供給不足や不均衡な需要の増加により商品の価格が大幅に上昇した場合、その場合、他の商品の価格は必然的に比例して下落したはずです。というのも、商品の価格は、第三の商品がそれらと引き換えに与えられる関係を金銭でのみ表現するからです。たとえば、1キュビットのシルクの価格が5マークから6マークに上昇した場合、シルバーの価格はシルクの量に比例して低下し、古い価格のままである他のすべての商品の価格も低下します。絹の量に比例した価格。同じ金額の絹製品を手に入れるには、もっと多くの金額を交換する必要があります。{39}
商品の価格上昇の結果はどうなりますか?大量の資本が繁栄産業に投入され、この資本の優遇産業の領土への移民は、通常の利益が得られるまで、あるいは過剰生産によって製品の価格が生産コストを下回るまで続きます。

⑪ その逆もあります。商品の価格が生産コストを下回ると、資本はその商品の生産から撤回されます。業界がもはや最新ではない場合、つまりアンダーカットの場合を除き、この資本の逃避は、需要、つまり価格を満たすまで、そのような商品の生産、つまり供給を削減します。コストは上昇しています。むしろ、供給が需要を下回るまで、つまり価格が再び生産コストを上回るまで、商品のクーランテ価格{40}は常に生産コストを上回ったり下回ったりします。

⑫ ある産業の分野から別の産業へと、資本がどのように絶えず去り、移住していくかを見ています。価格が高いと移民が多くなり、価格が低いと移民が多くなります。

⑬ <405>別の観点から、供給だけでなく需要も生産コストによってどのように決定されるかを示すことができます。

⑭ 需要と供給の変動が常に商品の価格を生産コストに引き下げる方法を見てきました。確かに、商品の真の価格は常に生産コストを上回ったり下回ったりします。しかし、上昇と下降は相互に補完するため、一定期間内に業界の潮流と潮流が組み合わされると、商品は生産コストに従って交換され、価格は生産コストによって決定されます。

⑮ 生産コストによるこの価格決定は、エコノミストの意味で理解されるべきではありません。
エコノミストは、商品の平均価格は生産コストに等しいと言います。これが法律です。上昇が下降によって相殺され、下降が上昇によって相殺されるアナーキー運動は、偶然と見なします。
他の経済学者と同じ権利で、変動は次のように考えることができます{41}そこで、法律と生産コストによる決定をランダム性として考えてください。しかし、より詳細に見ると、最も恐ろしい破壊を伴うこれらの変動だけが、地震のようにブルジョア社会をその基盤に揺さぶるのであり、これらの変動のみが生産コストによる価格を決定します。この障害の全体的な動きはその順序です。この産業的アナーキーの過程で、この循環運動の中で、競争は、いわば、一方の浪費を他方によって補います。

⑯ したがって、商品の価格は生産コストによって決定され、その商品の価格が生産コストを上回っている時間と生産コストを下回っている時間とのバランスが取れていることがわかります。生産コスト、およびその逆。もちろん、これは単一のgegebnes工業製品には当てはまりませんが、業界全体にのみ当てはまります。したがって、それは個々の産業家には適用されず、産業家のクラス全体にのみ適用されます。


1.生産コストによる価格の決定は、生産コストが原材料と機器の摩耗で構成されているために、{42}
商品の生産に必要な労働時間による価格の決定と同じです。 すなわち、生産に一定の労働日数、つまり労働時間の合計を表す一定量の費用がかかる工業製品{43}<406>であり、および
2.尺度である即時作業です。

⑱ これは、商品の価格全般を規制する同じ一般法であり、もちろん賃金、労働の価格を規制します。

⑲ 労働力の購入者、資本家、労働者の売り手、労働者の売り手間の競争が形成されるにつれて、需要と供給の関係に従って、労働の賃金はすぐに上昇し、すぐに低下します。一般に、商品価格の変動は賃金の変動に対応しています。しかし、これらの変動の範囲内で、労働の価格は生産コスト、その商品を生産するのに必要な労働時間、発生する労働力{44}によって決定されます。

⑳ 労働力の生産コストはいくらですか?{45}

21 労働者を労働者として維持し、労働者として訓練するために必要な費用です。

22 仕事に必要な教育時間が短いほど、労働者の人件費は低くなり、労働者の価格、賃金は低くなります。学習時間をほとんど必要とせず、労働者の単なる肉体的存在で十分な産業では、それを生産するために必要な生産コストは、生命を得るためにそれを実行可能にするために必要な商品にほぼ限定されます{46}。したがって彼の仕事の価格は必要な食物の価格によって決定されます。

23 ただし、別の考慮事項があります。製造コストを計算してから製品の価格を計算する製造業者は、作業器具の摩耗を攻撃にさらします。たとえば、マシンに1,000マークの費用がかかり、このマシンを10年で使い果たした場合、摩耗したマシンを10年後に新しいものと交換できるように、商品の価格で年間100マークを支払います年。同様に、単純労働の生産コストに生殖コストを含める必要があり{44}、労働者階級を修復し、古くなった労働者を増やして新しい労働者と交換します。したがって、作業者の摩耗は、機械の摩耗と同じ方法で請求されます。

24 <407>{47} したがって、単純労働者の生産コストは、労働者の生活費と生殖費用です。これらの生活費と生殖費の価格は賃金です。このようにして決定された賃金は、最低賃金と呼ばれます。この最低賃金は、生産コストによる商品の価格決定のように、個人ではなく種に適用されます。個々の労働者、数百万の労働者は、存在し、繁殖するのに十分ではありません。しかし、労働者階級全体の賃金は、変動の範囲内でこの最小値までバランスを取ります。

25 さて、賃金と他の商品の価格を支配する最も一般的な法律について合意した後、私たちは私たちの主題にもっと具体的になるかもしれません。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ☆  三

① {48}資本は、すべての種類の原材料、道具、食品で構成されており、新しい原材料、新しい作業道具、新しい食品の生産に使用されます。これらのコンポーネントはすべて、仕事の生き物、仕事の成果物、累積労働力です。新規生産の手段として機能する累積労働力は資本です。

② エコノミストはそう言ってください。

③ 黒人奴隷とは何ですか?黒い人種の男。1つの説明は他の価値があります。

④ 黒人は黒人です。特定の状況では、彼は最初に奴隷になります。綿紡績機は、綿紡績用の機械です。特定の状況でのみ資本になります。これらの条件から引き裂かれて、それは金自体がお金であるか、砂糖が砂糖の価格であるのと同じくらい少ない資本です。

⑤ {49}生産は人だけでなく、自然に対しても行動します{50}。彼らは、特定の方法で相互作用し、互いの活動を交換することによってのみ生産します。生産するために、彼らは特定の関係と相互の関係に入り、これらの社会的関係と関係の中でのみ{51}自然に影響を与え、生産が行われます。

⑥ もちろん、生産手段の性質に応じて、生産者が集まるこれらの社会的関係は、彼らが活動を交換し、生産行為全体に参加する条件とは異なります。新しい戦争道具、ファイアーライフルの発明により、軍隊の内部組織全体が必要になり<408>、個人が軍隊を形成し、軍隊として働くことができる関係が変化し、また、verschiedner軍隊の比率もそれぞれ変更されましたその他。

⑦ したがって、個人が生産する社会的条件、生産の社会的関係は変化し、生産の物質的手段、生産の力の変化と発展に伴って変化します。全体としての生産の関係は、いわゆる社会関係、社会、そして確かに発展の明確な歴史的段階にある社会、独特で差別的な性格の社会を構成します。古代社会、封建社会、ブルジョア社会は生産関係のそのような集合体であり、それぞれは同時に人類の歴史における特定の発展段階を意味します。

⑧ 資本も社会的生産関係です。それはブルジョアの生産関係、ブルジョア社会の生産関係です。
食料、労働の道具、資本の原材料は、特定の社会的条件の下で、特定の社会的条件の下での、
生産および蓄積が、されていないのですか?
特定の社会的条件で、特定の社会的条件の下での新しい生産に使用されていませんか?
そして、この特定の社会的特徴は、製品を新しい生産資本に使用しませんか?

⑨ 資本は単なる食料、労働、および商品ではなく、単なる物理的な商品です。
また、交換価値で構成されます。それが作られているすべての製品は商品です。
資本は単に物質的な産物の合計ではなく、商品、交換価値、社会的規模の合計です。

⑩ 鉄道の代わりに、米粒の代わりに蒸気で動く船を綿で置き換えても、資本は同じままです。ただし、綿、米、蒸気船-資本の本体-がウールと同じ交換価値、同じ価格を持つ場合に限ります。 、穀物、それが以前に具体化された鉄道。資本のわずかな変化を伴うことなく、資本の本体は絶えず変化します。

⑪ しかし、すべての資本が商品、つまり交換価値の合計である場合、商品、交換価値のすべての合計が資本であるとは限りません。

⑫ <409>交換価値の合計は、単に交換価値です。だから、個々の交換価値は、交換価値の合計です。
たとえば、1,000マークの家は1,000マークの交換価値です。一枚の紙、1 pfennig {52}は100/100ペニーの交換価値の合計です。
他の製品と交換可能な製品は商品です。
それらが交換可能な明確な関係は、交換価値、または金銭で表される価格を構成します。これらの製品の質量は、商品であること、交換価値を提示すること、または特定の価格を持つことの意図を変えることはできません。
木が大きくても小さくても、木のままです。鉄を組紐で交換するか、他の製品と重量を交換するかによって、その特性が変わります。商品は交換価値になりますか?質量に応じて、それはより高いまたはより低い価値、より高いまたはより低い価格の商品です。

⑬ さて、商品の合計である、交換価値の資本はどうですか?

⑭ それは独立した社会的力として、すなわち社会の一部の力としてそれ自体を保持し、即時の生きた労働との交換でそれを掛け合わせているからです{53}。働く能力しか持たない階級の存在は、資本の必要条件です。

⑮ 累積された過去のオブジェクト化された即時の生活労働の支配は、まず累積労働を資本にします。

⑯ 資本は、新たな生産の手段としての生活労働の累積労働から成り立っていません。
それは、蓄積された労働者の生きている労働者が、彼らの交換価値を維持し増加させる手段として役立つということです。

⑰ 資本家と賃金労働者とのやり取りでは-何が起こっているのでしょうか?{54} {55}

⑱ {56}労働者は、自分の労働食料と引き換えに受け取るが、資本主義者は、自給労働の手段、労働者の生産活動、労働者が消費するものを置き換えるだけでなく、蓄積された労働と引き換えに受け取る-彼らが以前に持っていたよりも大きな価値であり、そして、労働者は、資本家から既存の食物の一部を受け取ります。

彼にとってのこれらの食べ物は、何ですか?すぐに消費するためです。
<410>しかし、私が食物を消費するとすぐに、彼らはですよ--私に意味する時間がない限り、回復不能に失われます。
値を置き換えるために消化中に新しい食物を生産するために人生を受け取りますか?
私の仕事を通しての、新しい価値を創造するための、消費の沈没であります。
しかし、労働者が、受け取った食料と引き換えに資本から撤退するのは、まさにこの生殖高貴な力なのです。
それで彼は、彼女を自分で失いました。

⑲ 次の 例を見てみましょう:
テナントは、日雇い労働者に1日5シルバーグロシェンを与えます。
5シルバーグロシェンの場合、これは1日を通してテナントのフィールドで機能し、10シルバーグロシェンの受領を保証します。テナントは値を取得するだけでなく、日雇い労働者に手放さなければなりません。彼はそれを倍にします。そこで彼は、日雇い労働者に与えた5つの銀グロッシェンを実り多い生産的な方法で使いました。彼は、5シルバーグロッシェンの仕事と日雇い労働者の力を買ったところです。これは、2つの価値のある土壌製品を生産し、5シルバーグロッシェンを10シルバーグロッシェンに変えます。一方、日雇い労働者は、生産力の代わりに、農夫にその効果を割り当てただけで、5銀グロッシェンを受け取り、それを食物と交換し、その食物をより速くまたはより遅く消費します。

5つの銀グロッシェンは、二重の方法で消費され、資本に再生産されます。
なぜなら、彼らは、労働者にとって非生産的な10の銀グロッシェンを生産する労働者と交換されました。テナントと同じ交換を繰り返すことによってのみ戻ることができます。

したがって、資本は賃金労働を設定し、賃金労働は資本を前提としています。
それらは相互に依存しています。彼らは、お互いを引き出しあいます。

⑳ 綿工場の労働者、彼は綿織物のみを生産していますか?
いいえ、彼は資本を生み出しています。彼は、自分の仕事を指揮し、新しい価値を創造するために再び役立つ価値を生み出します。{57}

21 資本は、賃金労働を創出することにより、労働力交換に反対することによってのみ増加します。{58}{59}
賃金労働者の労働者は、彼女が奴隷である力を強化することによって、資本を増やすことによってのみ資本と交換することができます。したがって、資本の伝播は、プロレタリアート、つまり労働者階級の増加です。{60}

22 ブルジョアジーとその経済学者は、資本家と労働者の利益は同じだと言っている。
<411>そして実際に!労働者は、資本を取り扱わないと死にます。
{61}それが労働者である場合、資本は失われ、搾取されず、搾取するにはそれを買わなければなりません。
資本、生産資本、成長が早ければ早いほどに、産業が繁栄し、ブルジョア階級がより豊かになり、ビジネスがより良くなり、資本家が必要とする労働者が増えれば、労働者は自分自身を売る、

23 この不可欠な条件-したがって、労働者の適切な地位は、生産的資本の可能な限り速い成長です。

25 しかし、生産的資本の成長とは何ですか?
生きている労働に対する累積労働の成長です。労働者階級に対するブルジョア階級の支配の成長です。
賃金労働がそれを支配する外国の富を生み出すとき、敵対的な力、資本、雇用、すなわち食料は、それが資本の新たな部分を作るという条件の下でのみ、そこから逆流します。これが、成長の加速運動なのです。

26 {61}資本の利益と労働者の利益は同じであり、唯一の手段です。
資本と賃金労働は、同一の関係の両面です。使用者と使用者が相互に条件付けを行うため、一方が他方を条件付けます。

27 賃金労働者が賃金労働者である限り、彼の多くは資本に依存します。これは、労働者と資本家の関心の高い称賛の共通の場です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ☆  四

① {62}資本が成長するにつれて、賃金労働の量も増加し、賃金労働者の数も増加します。つまり、資本のルールは、より多くの個人に拡大します。そして、最も有利なケースを考えてみましょう。生産的な資本が成長するにつれて、労働需要が増加します。仕事の価格、賃金は上がります。

② 家は大きくても小さくてもかまいませんが、周囲の家も小さい限り、アパートのすべての社会的要求を満たします。しかし、宮殿は小さな家の隣に上がり、小さな家は小屋に縮みます。小さな家は今、その所有者が主張するものがないか、またはほんのわずかしか主張していないことを証明しています。そして、それは文明の過程で、いくら関係なく、隣接する宮殿が爆発した場合、またはさらにそうであれば、比較的小さな家の住民は、彼の4つの極でますます不安になり、不満を感じ、圧迫されるでしょう、

③ <412>賃金の上昇が顕著であるのは、生産的資本の急速な成長{63}です。生産的資本の急速な成長は、富、贅沢、社会的ニーズ、社会的喜びの等しく急速な成長を引き起こします。したがって、労働者の楽しさは増加したが、社会全体の発展レベルと比較して、労働者がアクセスできない資本家の増加した楽しさと比較して、彼らが与える社会的満足度は低下した。私たちのニーズと喜びは社会から生まれます。したがって、それらを社会で測定します。満足の対象でそれらを測定しません。彼らは社会的であるため、本質的に相対的です。

④ 賃金は私が彼らと交換する物品の質量によってまったく決定されません{64}。彼にはさまざまな関係が含まれています。

⑤ 労働者が彼らの労働のために最初にしたものは{65}、一定の金額です。賃金はこの価格によってのみ決定されますか?

⑥ 16世紀には、{66}アメリカで金持ちと鉱山がより豊かで簡単に発見できるようになった結果、ヨーロッパで流通する金と銀が増加しました。したがって、金と銀の価値は他の商品に比例して低下しました。労働者は依然として労働のために同じ銀の塊を受け取った{65}。彼らの労働の価格は同じままであったが、賃金は下がった。同量の銀と引き換えに、彼らはより少ない量の他の商品を受け取ったからである。それは、資本の成長、16世紀のブルジョア階級の出現を特徴づける状況の1つでした。{67}世紀が促進されました。

⑦ 別のケースを見てください。1847年の冬、収穫不足の結果、最も不可欠な食品、穀物、肉、バター、チーズなどの価格が大幅に上昇しました。労働者が労働のために同じ金額を受け取ったとします{65}。彼女の賃金は下がらなかったのですか?確かに。同じお金の見返りに、彼らはより少ないパンや肉などを受け取った。彼らの賃金は、銀の価値が低下したからではなく、食料の価値が上がったために下がった。

⑧ <413>最後に言えば、労働の金銭的価格は同じままであるが、新しい機械の適用や好調な季節などの結果としてのすべての農産物と製品は価格が下がったであろう。同じお金で、労働者はあらゆる種類のより多くの商品を購入できるようになりました。あなたの賃金は、同じものの金銭的価値が変わらなかったという理由だけで増加しました。

⑨ 労働の価格、名目賃金は、実際の賃金と一致しません。つまり、実際に賃金と引き換えに与えられる商品の合計と一致しません。したがって、賃金の上昇または下降について話している場合、労働の価格、名目賃金に目を光らせるだけではありません。

⑩ しかし、名目上の賃金、すなわち労働者が資本家に自分自身を売る金の合計も、実際の賃金、つまりこの金のために彼が買うことができる商品の合計も、賃金に含まれる関係を使い果たすことはありません。

⑪ とりわけ、賃金は、利益と資本家の利益との関係、つまり相対的な--相対的な賃金によって決定されます。

⑫ 実質賃金は、他の商品の価格に対する労働の価格を表しますが、相対的労働賃金は、それによって蓄積された労働の割合に比例して、新たに生み出された価値における直接労働の割合を表します。資本<首都>です。{68}

⑬ 14ページ<400ページ参照>
「賃金は、彼が生産する商品の労働者の割合ではありません。賃金は、資本家が一定量の生産的労働力を購入するための既に有力な商品の一部です。 「しかし、資本家は再びこの賃金を労働者が生産した製品を販売する価格に置き換えなければならない。彼は彼を交換しなければならないので、原則として、彼はまだ生産の彼の計画された費用、利益に対しての余剰がある。
労働者によって生産された商品の販売価格は、資本家のために3つの部分に分けられます。
まず第一に、彼によって進められた原材料の価格の交換、および工具、
機械などの摩耗の交換彼が進めてきた労働手段。
第二に、彼が昇給した賃金の代わりに、そして、
第三に<414>、資本家の利益に対する余剰です。
最初の部分は以前の既存の値のみを置き換えますが、賃金の置き換えと資本家の余剰利益の両方が、労働者の仕事によって作成され、原材料に追加された新しい価値によって全体的に取られることは明らかです。そして、この意味で、労働と利益の両方は、それらを互いに比較するために、労働者の製品のシェアとして理解することができます。{69}

⑭ 実質賃金は同じままである可能性があり、彼は自分自身を上昇させ、それにもかかわらず、賃金は下がる可能性があります。zと仮定しましょう。B.、すべての食品の価格は2/3低下し、1日の賃金は1/3だけ低下します(3マークから2マークへ)。これらの2つのマークのある労働者は3つのマークのあるものよりも多くの商品を持っていますが、それでも彼の賃金は資本家の利益に比例して減少しています。資本家(例、製造業者)の利益は1マーク増加しました。つまり、労働者に支払う交換価値の金額が少ない場合、労働者は以前よりも多くの交換価値を生み出さなければなりません。 。仕事のシェア{70}に関連する資本額{70}が上昇しました。資本と労働の間の社会的富の分配はさらに不均一になっています。資本家は同じ資本でより多くの労働を命じます。労働者階級に対する資本家階級の力は増大し、労働者の社会的地位は悪化しており、労働者階級の力よりも一段階低い{71}。

⑮ {72}相互関係で決定される賃金と利益の低下と増加である一般法とは何ですか?

⑯ それらは逆の比率です。{73}
{74}資本の量、利益は同じ割合で増加します。その割合では、労働のシェア、日給、およびその逆です。労働賃金が下がると利益が増加します。労働賃金が上昇すると低下します。

⑰ 資本家は、他の資本家との製品の有利な交換、新しい市場の開放、古い市場のニーズの即時増加などによって、商品の需要を増やすことで勝つことができることに反対するかもしれません。したがって、資本家の利益は、賃金の上昇<415>とは無関係に、労働力の交換価値{75}とは無関係に、第3の資本主義者の過剰に乗じることができます。または、資本主義者の利益は、作業道具の改善、自然力の新たな適用などによっても増加する可能性があります。

⑱ まず、結果は同じですが、反対の方法でもたらされることを認めなければなりません。賃金が下がったために利益は上がらなかったが、利益が増加したため、賃金は下がった。資本家は同じ外国の仕事{76}で交換価値のより大きな合計を買ったので、仕事を高く払わなかった。つまり、労働者は資本家にもたらす純利益に比例して低い賃金で支払われます。

⑲ さらに、商品価格の変動にもかかわらず、各商品の平均価格、つまり他の商品と交換する比率は生産コストによって決まることを思い出してください。したがって、資本主義階級内の重複は、必然的にバランスが取れています。機械の改良、生産のサービスにおける自然力の新しい使用は、与えられた労働時間で、同じ量の労働と資本で、より大きな質量の製品を可能にするが、決してより大きな質量の値を交換します。紡績機を使用して、たとえば50ポンドではなく100ポンドなど、発明前よりも1時間でもう一度多くのスレッドを配信できる場合、長期的には100ポンドを受け取ります{77}いいえ生産コストが半分に下がったため、または同じコストで二重の製品を配送できるため、以前よりも多くの商品を50個交換しました。

⑳ 最後に、どの割合で{78}資本主義階級、ブルジョア階級が1国であろうと世界市場全体であろうと、生産の純利益を自分たちの間で分配しても、この純利益の合計は常に即時{80}作業による蓄積{79}作業全体が伝播されました。したがって、この合計額は、労働が資本を増加させる割合、つまり、賃金に対して利益が増加する割合で増加します。

21 したがって、資本と賃金労働の関係内に立つとしても、資本の利益と賃金労働の利益は正反対です。

22 <416>資本の急増は利益の急増に等しい。相対賃金が急速に低下するときに価格{81}が機能する場合にのみ、利益は急速に増加します。実質賃金は名目賃金とともに増加しますが、労働の金銭的価値はありますが、利益と同じ割合でしかありませんが、相対的な賃金は下がる可能性があります。たとえば、良好な営業時間内に賃金が5%増加し、利益が30%増加した場合、相対および相対賃金は増加せずに減少します。

23 したがって、資本の急速な成長に伴い労働者の職業が増加し、同時に社会的ギャップが労働者と資本家を分ける場合、資本の力が労働よりも増加し、労働の資本への依存が増加します。

24 労働者は資本の急速な成長に関心があります。ただ、労働者が外国の富を速く増やすほど、彼にとって脂っこい塊が多くなり、より多くの労働者を雇用して生活させることができ、より多くの資本に依存しますスレーブが伝播されます。

25 したがって、労働者にとって最も有利な状況、資本の可能な限り速い成長{82}でさえ、それが労働者の物質的寿命をどれほど改善するかもしれないとしても、その利益とブルジョアの利益との間の対立を廃止しない、資本家の利益。利益と賃金は依然として反対方向{83}の比率です。

26 資本が急速に成長すると、賃金が上昇する可能性があります。資本の利益は不均衡に速く増加します。労働者の物質的状況は改善されたが、彼の社会的状況を犠牲にしている。彼と資本家を隔てる社会的ギャップが広がった。

27 最後に:賃金労働にとって最も有利な条件は、生産資本の可能な限り速い成長です。それは、労働者階級が急速に増加し、敵対的な力、それを命令する外国の富、より有利な条件の下で、ブルジョアの富が再び資本の力の拡大に取り組むことを許可されていることを意味しますブルジョアジーがそれらを背後に引きずり込んだ黄金の鎖。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆  五

① <417> {84}生産的資本の増加と賃金の上昇は、ブルジョアの経済学者が主張するほど切っても切れないものですか?信じられません。首都が細かくなればなるほど、奴隷が肥沃になると彼らを信じてはなりません。ブルジョアジーは非常に賢明であり、彼の召使の素晴らしさを誇っている封建の偏見を共有することはあまりにも期待しています。ブルジョアジーの存在条件は、それらを計算せざるを得ません。

② したがって、より綿密に調査する必要が
あります。生産的資本の成長は賃金にどのように影響しますか?

③ ブルジョア社会の生産資本が全般的に成長すると、より多様な労働力の蓄積が起こります。大文字{85}の数とサイズが増加します。資本の増加は資本家間の競争を増大させます。首都の規模が拡大することで、産業戦場をリードする巨大な戦争ツール{86}を備えたより強力な労働力が手に入ります。

④ 1人の資本家は他のフィールドを勝ち抜くことができ、彼の{87}は安く売ることで資本を征服します。自分自身を台無しにすることなく、より安く売れるようにするために、彼はより安く生産しなければなりません。すなわち、労働の生産力を可能な限り増加させなければなりません。しかし何よりも、労働の生産力は、より一般的な労働力の導入と機械の絶え間ない改善{88}により、より大きな分業によって増加します。作業が分割される労働者階級の軍隊が大きくなればなるほど、機械が導入される梯子がより巨大になり、生産コストが比例して減少するほど、労働はより実り多いものになります。したがって、資本家の間では、労働と機械の分割を増やし、それを最大限の規模で活用するという万能の熱意があります。

⑤ 資本主義者が、より大きな分業、新しい機械の適用と改善、自然力のより有利で大量の搾取を通じて、同じ労働力または累積労働力でより大きな金額を生み出す手段を見つけました。たとえば、彼は競合他社の製品の商品、商品の半分{89}、エル全体のキャンバス{90}が生産する0.5インチのキャンバスを織ることができますが、この資本家はどのように機能しますか?

⑥ <418>彼は半ヤードのリネンを続けることができましたが、これは敵を打ち負かし、売り上げを伸ばす手段ではありません。しかし、その生産が拡大したのと同じ程度に、彼にとっての段落の必要性は拡大しました。彼が作成した強力で高価な生産手段により、彼は自分の商品をより安く売ることができますが、同時に彼はより多くの商品を販売することを強いられ、彼の商品のはるかに大きな市場を征服します。そのため、私たちの資本家は、キャンバスの半分{91}を競合他社よりも安く販売します。

⑦ しかし、資本家は、競争相手が半分を売るので、急ぎをそれほど安く販売しませんが、急ぎの全体の生産は彼の残りの半分以上を犠牲にしません。彼は他に何もしません{92}、代わりに生産コストだけを取り戻します{93}。したがって、彼の収入が増加する可能性は、彼がより高い資本を動員したことであるが、他の資本よりも多くの資本を使用したことではない。さらに、彼は自分の商品の価格を競合他社よりも数パーセント低く設定するだけで、達成したい目的を達成します。彼は彼らを野外で打ち負かし、少なくとも彼等に彼らを圧倒することによって彼らの売り上げの一部を奪う。そして最後に、商品の販売が業界の好調または不利な季節になると、クーランテ価格{94}は常に生産コストを上回るか下回ることを覚えています。通常の生産コストを下回るか上回るキャンバスの市場価格に応じて、新しいより肥沃な生産手段を使用した資本家が実際の生産コストを超えて販売する割合が変化します。

⑧ しかし、資本家の特権は長続きしません。他の競合する資本家は、同じ機械、同じ分業を導入し、同じまたはそれ以上の規模で導入します。この導入は、キャンバスの価格が古い生産コストだけでなく新しい生産コストまで引き下げられるまで非常に一般的になります。

⑨ したがって、資本家は、以前は新しい生産手段を導入していたのと同じ立場にあり、これらのエージェントで同じ価格で2倍の製品を届けることができるのであれば、今では古い価格に追い込まれています。 419> double製品を配送します。これらの新しい生産コストの観点から、同じゲームが再び始まります。より多くの分業、より多くの機械、より大規模な、分業と機械の開発が活用されています。そして、競争は再びこの結果に同じ反作用をもたらします。

⑩ 分業にはより大きな分業、機械の適用、機械のより大きな適用が必要であり、大規模な作業が必要であるため、生産方法、絶えず革新されている生産手段がどのように革新されているかがわかりますより大きなスケール。

⑪ それは、常にブルジョアの生産を古い道から排除し、資本に労働力を緊張させるために労働力を緊張させる法であり、平和を与えず、常にささやきます:行進!3月!{95}

⑫ これは、取引エポックの変動内で、生産コストに必要な商品の価格を補償する法律以外の法律ではありません。

⑬ 資本主義者が現場にもたらす生産の強大な手段が何であれ、競争はこれらの生産手段を一般化し、それらが一般化された瞬間から、彼の資本のより大きな実りの唯一の結果は同じ価格であるということです。、以前の100倍配信する必要があります。しかし、彼は販売価格の低下を相殺するために1,000倍も販売しなければならないかもしれないので、販売された製品のより大きな質量によって相殺されます。私たちが見たように、常により高価です-この大量販売は彼にとってだけでなく、彼のライバルにとっても人生の問題になったため、古い暴力はより暴力的で、すでにより多くの実りある生産手段を開始します。したがって、分業と機械の適用は、はるかに大きな規模で繰り返されます。

⑭ 採用された生産手段の力がどのようなものであれ、競争は商品の価格を生産コストに引き下げ、同程度に安価に生産することにより、資本のためにこの力の黄金の実を奪おうとしている。
同じ量の労働により生産が増え、同じ価格でますます多くの量の製品が供給されると、これが権威ある法律になります。<420>{97}
したがって、資本家は彼自身の努力によって何も勝たなかったであろうが、同じ労働時間、つまり彼の資本を実現するためのより困難な条件で、より多くを提供する義務を負った。
そのため、競争は生産コストの法則と、ライバルに対してそれ自体に対する武器として偽造するすべての武器でそれを追求し続けていますが、資本家は、機械と部門を生産する落ち着きのない、より高価な、しかしより安価なものによって常に競争を欺こうとしています古い輸入品の代わりに労働力があり、競争が新しい輸入品を時代遅れにするまで待たない。

⑮ 今、世界市場でのこの熱狂的な動揺を同時に想像してみましょう。そして、資本の成長、蓄積、集中のように、壊れることのない、自己沈殿的で、かつてないほど大きな分業の規模、新しいアプリケーションの適用を理解しますそして、古いものを完成させる機械がきっかけになりました。

⑯ しかし、生産的資本の成長と不可分なこれらの状況は、賃金の決定にどのように影響しますか?

⑰ 分業の拡大により、1人の労働者が5、10、20の仕事を行えるようになり、労働者間の競争が5、10、および20倍になります。労働者は、一方を他方よりも安く販売することで互いに競うだけではありません。彼らは5、10、20の仕事をして競争します。そして、資本によって導入され、絶えず増加している分業は、労働者にこの種の競争を強いています。

⑱ さらに:分業が増加するのと同じ程度に、作業を簡素化します。労働者の特定のスキルは価??値がなくなります。彼は、身体的、精神的緊張のないシンプルで単調な生産力に変わります。彼の作品には誰でもアクセスできます。したがって、競合他社はすべての側面から急いで行きます。他の商品の価格はコストによって決定されるため、労働力が少ないほど、労働力を取得するのにかかる生産コストが低くなり、賃金が下がることを思い出します生産の。

⑲ 仕事が満足のいくものではなく、嫌なものになるのと同じ程度に、そして同じ程度に、競争が増加する{98}。労働者は維持するために賃金の大部分を調べ、より多く働くことにより、彼がより多くの時間を働いたということです。したがって、必要に応じて、彼は分業の悲惨な影響を増大させます。その結果、彼が働くほど、彼は受け取る報酬が少なくなります。これは、彼が従業員と同程度にライバルしているという単純な理由からです。彼は、労働者階級の一員として、彼自身に対抗しました。

⑳ 機械は、再導入された機械、再舗装された手動労働者、そして彼らがいる場所で、非熟練者、女性が男性、子供が大人の避難した熟練労働者によって生み出されたはるかに大きなスケールで同じ効果をもたらします訓練され、改善され、より肥沃な機械に置き換えられ、労働者{99}は小さな山にとどまった。上記で資本家間の産業戦争について簡単に説明しました。この戦争には、労働者の軍隊を退位させるよりも徴兵することで彼のほうが勝つという独特のものがある。大将、資本家は、彼らの間で競争します。そして、彼らはほとんどの産業兵士を退去させることができます。

21 しかし、エコノミストは、機械に不自由な労働者が新しい仕事を見つけると言っています。

22 彼らは、レイオフされたのと同じ労働者が新しい仕事に住んでいると直接あえて主張しません。事実は、この嘘に対して大声で叫びます。彼らは、労働者階級の他の構成要素、例えば若い世代の労働者の一部についてのみ、{100}は既に新しい産業を開拓するために未開発の産業に参入する準備ができていると主張している。もちろん、倒れた労働者にとっては大きな満足です。資本家は新鮮で搾取可能な肉と血を欠かず、死者は彼らの死者に埋葬されます。ブルジョア階級が労働者よりも自分自身に与えるのは慰めのようなものです。賃金労働者の階級全体が機械によって破壊されたとしたら、それは資本にとって恐ろしいことであり、これは賃金労働なしでは資本でなくなるのです!

23 ただし、機械で仕事から追い出された人々と、すでにこのサービスを待っていた新世代の人々全員が新しい雇用を見つけたとします。verlorengegangneとして<422>と同じ金額が高額になると思われますか?それは経済学のすべての法律と矛盾するでしょう。私たちは、現代の産業が常に複合的でより高いもののより単純で従属的な職業をもたらすことを見てきました。

24 それでは、ある産業のある部門から機械によって投げ出された労働者の大多数は、彼がより低く、より悪い給料を支払われない限り、別の部門に避難を見つけることができるでしょうか?

25 例外として、機械自体の製造で働く労働者が引用されています。産業でより多くの機械が要求され消費されるとすぐに、機械は必然的に増加しなければなりません。つまり、機械の製造、つまり機械製造業の労働者とこの産業部門で雇用される労働者の雇用です。熟練した、独学の労働者です。

26 1840年以降、機械製造用の多用途の機械は綿糸の製造に使用されるようになり{101}、機械工場で働く労働者は、芸術性の高いものとは対照的に、芸術性のない機械の役割しか果たすことができません。

27 しかし、男が機械に別れを告げる代わりに、工場は3人の子供と妻を雇うかもしれません!そして、3人の子供と1人の女性に十分な男性の報酬{102}が必要でしたか?品種の維持と増進には、最低賃金で十分である必要はなかったのですか?それで、この人気のブルジョアのスピーチスタイルは何を証明しますか?労働者階級の家族の生計{102}を得るために、これまでの4倍の労働生活が消費されています。

28 これを要約すると、生産性の高い資本が増えると、分業と機械の適用が増えます。分業と機械の用途が拡大すればするほど、労働者間の競争が広がり、賃金がいっそう引き下げ合います{103}。

29 さらに、労働者階級は依然として社会の上位層から採用しています。労働者の腕の隣で、腕を上げる以外に何もすることがない小さな産業家と小さなトナカイの集団は、彼らに突入します。このように、広げられ、労働を必要とする武器の森はより密になり、武器自体はますます枯渇します。

30 <423>{104} 戦いをしている小さな製造業者が耐えられないという事実は、それがより大きな規模で生産するための最初の条件の1つである、すなわち、小さな産業家ではなく、ただ大きいことです。

31 資本への関心が質量と同程度に減少し、資本の数が増加し、資本がどのように成長するか、したがって、小さなトナカイはもはや年金で生活できない、つまり、産業に身を投じなければならないので、小さな実業家の列、したがってプロレタリアートの増殖候補。これ以上の議論は必要ありません。 {105 }{106}

32 最後に、資本家は上記の動きによって既に存在する巨大な生産手段を大規模に活用することを余儀なくされ、この目的のために信用のすべての源泉を動かすために、産業は同程度に増殖し、貿易の世界が富、製品、さらには生産力の一部を犠牲にして地下世界の神々だけを犠牲にするという地震は、一言で危機を増大させます。{107}

製品の質量が増加するにつれて、拡大市場の必要性が高まり、世界市場がますます相互接続され、新しい市場がますます少なくなっているため、彼らはより頻繁で暴力的になっています。{108}
これまで征服されていなかった、または表面的に悪用された市場を世界貿易に抑制しました。
資本は、仕事だけではありません。同時に高貴で野蛮なな紳士である彼の奴隷の死体は墓に引きずり込まれ、労働者階級の会衆全員が危機に沈んでいます。

したがって、資本が急速に成長する場合、労働者間の競争ははるかに速いペースで成長します。
つまり、雇用の手段、労働者階級のための食料が減少し、それでも資本の急速な成長は賃金労働に最も有利な条件。{109}
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

    6. [価値と仕事] とは?

 投稿者:杉本  投稿日:2019年10月 4日(金)06時07分2秒
返信・引用 編集済
  5.賃金と価格
6.価値と仕事
7.労働者
8.付加価値の生産
9.仕事の価値

  http://www.mlwerke.de/me/me16/me16_101.htm#K09
  5. [賃金と価格]
ーーーー略ーーーーー
全体として、労働力、穀物、または他の商品、価値の一般的な尺度および規制当局などの商品の価値を作ると、ある価値は別の価値によって与えられるため、難易度をそれ自体から単にシフトすることは明らかです決定されたため、再度決定が必要になります。

最も抽象的な表現では、「賃金は商品価格を決定する」という教義は「価値は価値によって決定される」ことを意味し、このトートロジーは実際には価値についてまったく何も知らないことを意味します。この前提を守ると、政治経済学の一般法則に関するすべての推論は空っぽの話になります。それゆえ、リカードは1817年に出版された「政治経済の原理について」の著作で、「賃金が価格を決定する」という誤ったアダムである古い人気のある不正な虚偽を無効にしたという大きな功績がありました。スミス・スミスと彼のフランスの前任者を、彼らの調査の本当に科学的な部分で、めていましたが、それにもかかわらず、彼らはより難解で平坦な章で再開しました。

  6. [価値と仕事]   <「六 価値と労働」 長谷部訳p45>

市民、私は今、質問の実際の展開に対応しなければならないところまで来ました。私はことを約束することはできませんが、<122>は、私がそうでなければ、政治経済のフィールド全体を取ることを余儀なくされるので、非常に満足のいく方法でこれを行います。フランス人が言うように、単に「質問者」が主要な点に触れることができます。

私たちが尋ねなければならない最初の質問はこれです:良いの価値は何ですか?彼はどのように決定されますか?

一見すると、商品の価値はかなり相対的なものであり、他のすべての商品との関係で商品を考慮することなく、決定されるものではないように思われるかもしれません。実際、商品の交換価値の価値について話すとき、それは他のすべての商品と交換する量的な割合を意味します。しかし、その後、疑問が生じます。どの商品を相互に交換する場合、比率はどのように規制されますか?

私たちは、これらの割合が無限に多様であることを経験から知っています。小麦などの単一の商品を取り上げると、小麦の4分の1が、ほとんど無数の割合で最も多様な商品と交換していることがわかります。ただし、シルク、金、またはその他の商品で表現されるかどうかにかかわらず、その価値は常に同じであるため、異なる独立した異なる記事との交換のこれらの異なる割合のものでなければなりません。これらの多様体方程式を非常に異なる形式の多様体商品で表現できなければなりません。

また、小麦の4分の1が特定の割合で鉄を交換する、または小麦の4分の1の値が特定の量の鉄で表されると言う場合、小麦と鉄の同等物の値は3分の1、小麦とも等しいと言います鉄はまだです、なぜなら私は両方が2つの異なる形で同じ偉大さを表現すると仮定するからです。したがって、小麦と鉄の2つはそれぞれ、他のものから独立して3つ目まで還元可能でなければなりません。

単純な幾何学的な例がこれを示しています。すべての形状とサイズの三角形の面積、または長方形や他の直線図形と三角形の面積を比較するとき、どのように進めますか?三角形の面積を、表示されている形式とはまったく異なる表現に縮小します。その領域は、そのベースとその高さの半分の積に等しい三角形の性質から見出されたが、我々は今、それぞれとすべての三角形の種類と直線全て想像図面の様々な領域ができる<123>他のコンペアそれら全てため特定の数の三角形に分解できます。

商品の金額についても同じ手順を実行する必要があります。それらをすべて共通の表現に還元し、正確にその同一の測定値が含まれる比率によってのみ区別できる必要があります。

商品の交換価値はこれらの物の社会的機能に過ぎず、自然の性質とはまったく関係がないため、まず問題が生じます。すべての商品に共通する社会的実体は何ですか?これは、ある作品。商品を生産するには、一定量の作業をその商品で使用するか、その商品で処理する必要があります。私はただ仕事を言うのではなく、ソーシャルワークを言います。彼自身の即時の使用のための記事を作成し誰もが、しかし作成し、それを自分自身を消費する製品、ない品物を。自給自足のプロデューサーとして、彼は社会とは何の関係もありません。しかし、商品を生産するためには、生産する商品が何らかの社会的ニーズを満たさなければならないだけでなく、その労働自体が社会によって費やされる総労働量の一部を形成しなければなりません。彼の仕事は社会内の分業に含まれなければならない。他の部分的な作品なしには何もありません、そして彼女は彼女の部分のためにそれらを補うことが必要です。

私たちが商品を価値とみなすとき、私たちはそれらを、それらに具現化され、表され、または人気があれば結晶化されたソーシャルワークの唯一の側面だけで見なします。この点で、それらは、例えば、レンガよりも絹のハンカチでより多くの仕事を仕上げることができるなど、それらに表されるより多いまたはより少ない量の仕事によってのみ異なります。しかし、労働量をどのように測定しますか?作業時間の長さに従って、時間、日などで作業を測定する もちろん、この測定を適用するには、すべてのタイプの作業を、単位として平均または単純な作業に減らします。

したがって、次の結論に達します。それはソーシャルワークの結晶化であるため、商品は価値があります。それらの価値の大きさまたは相対的な価値は、その中に含まれる社会的実体の大小によって異なります。つまり、生産に必要な作業の相対的な量。そのため、商品の相対値は、それぞれの数量または数量化された、数量化された、オブジェクト化された、オブジェクトに表されます。相関に商品の数量と同じ労力を製造することができる<124>である等しいです。または、ある商品の価値が別の商品の価値に関係しているのは、ある商品で表される労働の量が他の商品で表される労働の量に関係しているからです。

私はあなたの多くが尋ねるのではないかと疑っています:賃金による財の価値の決定と、その生産に必要な相対的な労働量による決定との間に本当に大きな違いがありますか?ただし、仕事に対する賃金と労働量は非常に異なることを認識している必要があります。たとえば、小麦の4分の1と1オンスの金に同じ作業量が表示されているとします。私はので、例に頼るベンジャミン・フランクリンは、タイトルの下に原稿誤っ1721>で1729の彼の最初のエッセイ」でそれを使用して『自然と紙幣の必要性へのささやかなお問い合わせは』公開されているとされ、彼のように価値の真の性質の最初の1つが軌道に乗った。美しいです。小麦の4分の1と1オンスの金は、それぞれ同じ労働日数または週数の平均労働量の結晶化であるため、等しい値または同等であると仮定します。さて、金と穀物の相対的な価値を決定することにより、農場労働者と鉱夫の賃金を何らかの形で参照しますか?少なくともではありません。たとえ賃金労働が実際に使われたとしても、私たちは彼らの毎日または毎週の仕事がどのように支払うかについては全く決めていません。これが発生した場合、賃金は非常に不公平だった可能性があります。クォーターウィートで具体化された労働者は2ブッシェルしか好きではなく、鉱業に従事している労働者は金の1オンスの半分を受け取った可能性があります。または、賃金が同じであると仮定すると、考えられるすべての割合で、彼らが生産する財の価値から逸脱する可能性があります。それらは、4分の1粒または1オンスの金の半分、3分の1、4分の1、5分の1、またはその他のアリコートになります。もちろん、彼らの賃金は、彼らが生産する財の価値を超えることはできません。彼らは、より大きくすることはできませんが、あらゆる可能な程度でより少なくすることができます。彼らの賃金は、彼女がある限度持つと値の製品を、しかし、彼らの製品の価値は彼らの賃金に彼らの制限はありません。何が、しかし、主なもの:、トウモロコシや金の相対値は、例えば、使用される労働者の値に任意の関係なくしている、それは、値である<125>賃金が課されています。したがって、それらで表される労働の相対量による商品の値の決定は、労働または賃金の値によって商品の値を決定するトートロジー的な方法とは幾分異なる。ただし、この点は調査の過程でさらに明らかにされます。

商品の交換価値を計算する場合、商品の原材料で以前に処理された作業量、およびこの作業に関連する道具、工具、機械、建築工事で行われた作業を、最後に適用された作業量に追加する必要があります、たとえば、一定量の綿糸の値は、紡績プロセス中に綿に加えられた仕事量の結晶化、綿自体で以前に客観化された仕事の量、石炭、油、および使用される他の消耗品で客観化された仕事の量、仕事量ツール、機械、建物など、適切な意味での生産機器は、繰り返しの生産プロセス中に何度も何度も使用されます。それらが原材料のように一度に消費されると、それらの価値全体が突然、彼らが生産に参加している商品に移されます。たとえば、スピンドルは徐々にしか消費されないため、平均時間が計算されるのは、平均時間と、一定の期間、たとえば1日中の漸進的な摩耗または平均的な摩耗です。このようにして、毎日紡績された紡績糸に紡錘の値がどれだけ伝わるか、例えば紡績糸の1ポンドでの総作業量のうち紡錘で以前に対象化された作業からどれだけの量が来るかを計算します。現在の目的のために、この時点で長く滞在する必要はありません。

商品の価値がその生産に使われる労働量によって決定される場合、商品を製造するのに必要な時間が長くなるため、男性が怠zyまたは不器用になるほど、その商品の価値が高くなるように思われるかもしれません。これは残念な間違いです。あなたは私が「ソーシャルワーク」という言葉を使ったことを覚えているでしょう、そしてこの「社会的」という資格はそれ自体に多くの瞬間を含んでいます。のは、商品の価値はそれで働いていたか、結晶化によって決定されたとしましょう、労働の量、我々は意味労働の量、必要に応じて与えられた社会での生産のための<126> gegebnen平均社会的強度で、生産の特定の社会的平均の条件の下で、状態を操作します適用された作業の平均スキル。イングランドで蒸気織機が手織機と競争し始めたとき、与えられた量の糸を急な綿布または布に変えるのに必要な作業時間は以前の半分の時間で済みました。貧弱な手織り機は、9時間または10時間前ではなく、毎日17時間または18時間働いていました。しかし、彼の20時間の仕事の成果は、10時間のソーシャルワークまたは10時間の仕事に過ぎず、一定量の糸を織物に変えるために社会的に必要でした。したがって、彼の20時間の生産物は、以前の10時間の生産物よりも価値がありませんでした。

さて、商品で客観化された社会的に必要な労働量が交換価値を規制する場合、商品の生産に必要な労働量の増加は、あらゆる減少が減少しなければならないのと同様に、その価値を増加しなければなりません。

それぞれの商品の生産に必要なそれぞれの作業量が一定のままであれば、それらの相対値も一定になります。そうではありません。商品の生産に必要な労働量は、適用される仕事の生産力の変化に伴って絶えず変化します。仕事の生産力が大きければ大きいほど、与えられた労働時間でより多くの製品が生産され、仕事の生産力が低くなればなるほど、少なくなります。たとえば、人口の増加により肥沃度の低い土壌を栽培する必要が生じた場合、より多くの労働力が費やされ、その結果農産物の価値が高まる場合に限り、同量の製品を生産できます。一方、単一の紡績工が労働日に現代の生産手段を使用して、綿を同時に紡ぐことができたよりも千倍以上糸を糸に変えると、綿のポンドごとに吸収される紡糸の数が以前の何千倍も少なくなることは明らかですその結果、1ポンドの綿に紡績することによって付加される価値は、以前よりも千倍小さくなります。糸の価値はそれに応じて減少します。

自然エネルギーと異なる人々の獲得労働の違いは別として、労働の生産力は主に依存しなければなりません:

1. 土壌の肥沃度、鉱山の肥沃度など、仕事の性質

<127>の漸進的改善の2労働の社会的パワー大規模生産に由来するように、労働者の資本及び組合せの濃度は、労働力、機械、改良された方法、化学的および他の自然力の適用、混雑の分割科学が自然の力を労働のサービスに強制し、それを通じて労働の社会的または協力的な性格が発達する、コミュニケーションと輸送手段、およびその他の機関による時間と空間の。仕事の生産力が大きいほど、一定量の製品で使用される仕事が少なくなります。製品の価値が小さい。作業の生産力が低いほど、同じ量の製品で使用される作業が多くなります。値が大きいほど。したがって、一般法として、以下を確立できます。

商品の価値は、生産に適用される労働時間に正比例し、行われた仕事の生産力に反比例します。

ここまでは価値だけについて話してきたので、価格についていくつかの言葉を追加します。これは、価値が想定している独特の形式です。

価格は価値の金銭的表現にすぎない。たとえば、ドイツでは、すべての商品の価値は金価格で表されますが、大陸では主に銀価格で表されます。金または銀の価値は、他のすべての商品と同様に、それを得るために必要な労働量によって規制されています。一定量の国内労働が結晶化した一定量の自国の製品は、一定量の彼らの仕事が結晶化した金銀生産国の製品と交換します。このように、実際には物々交換によって、すべての商品の価値、つまりそれらに雇用されたそれぞれの労働量を金と銀で表現することを学ぶのです。価値の金銭的表現、または同じことである価値の価格への変換を詳しく見ると、これはすべての商品の価値を独立した均質な形にするか、平等な社会労働の量として表現するプロセスであることがわかります、限り価格は価値の金銭的な表現に過ぎないとして、アダム・スミスが彼にした「自然価格」彼を持っている、フランスの重農「グランプリnécessaire < 」必要な価格」と呼ばれる>を。<128>どのような関係の間にある値と市場価格または間の自然価格と市場価格?あなたはすべてのことを知っている市場価格と同じタイプのすべての製品については、同じことが、彼らはそれぞれの生産のために、生産の条件を見えるかもしれませんどのように異なっている。市場価格は、市場に供給するために生産の平均的条件でプレスです特定の記事の特定の質量を持つ必要がソーシャルワークの平均量から。それは、特定の種類のすべての商品の合計から計算されます。

これまでのところ、商品の市場価格はその価値と一致しています。一方、市場価格の変動は、需要と供給の変動の価値または自然価格をすぐに、時にはそれを上回ります。したがって、値からの市場価格の偏差は絶えず発生しますが、アダム・スミスは言います:

「このように、自然価格は、すべての商品の価格が重く引き寄せられる中心であり、この穏やかな中心で、彼らは時々、それらを高くし、時には押し下げることができます。立ち往生する永続性、彼らは常に彼のために努力しています。」

私は今この点に行くことができません。需要と供給のバランスが取れていれば、商品の市場価格は自然価格、つまり生産に必要な労働量によって決まる価格になります。しかし、需要と供給は常に相互にバランスをとる必要がありますが、これは、ある変動が別の変動によって逆転し、減少によって増加し、その逆になる場合にのみ起こります。Tookeが価格の歴史で行ったように、日々の変動を見るだけでなく、長期にわたる市場価格の動きを分析すると、市場価格の変動、値からの偏差、上下の動きは互いにバランスを取り、相殺するため、独占や他の修正の影響は別として、ここで渡さなければならない商品のすべてのカテゴリは、平均してそれぞれの値または自然価格で販売されます。市場価格の変動が互いに相殺する平均期間は、商品の種類によって異なります。これは、あるタイプの製品が他のタイプの製品よりも、需要と供給の調整に成功しやすいためです。

<129>さて、より一般的には、封入やや長い期間で販売されている、それぞれの値への商品のすべての種類は、それはナンセンスをほのめかすする場合、その定数やビジネスの利益のverschiednenラインでの通常の-個々のケースではない程度の利益-商品の価格のプレミアムから生じるか、それらがそれらの値よりかなり高い価格で販売されるので。このアイデアの不条理は、一般化されるにつれて思い浮かびます。店主として、彼は店員として常に得ていたものを失います。言うまでもないが、販売員にならない買い手や生産者のいない消費者がいる。これらの人々が生産者に支払うものは、最初に彼らから無駄に受け取らなければなりません。最初にあなたのお金を取り、それからあなたの商品を買うことによってそれを返すならば、あなたはその同じ人のためにあなたの商品をあまりに売ることによってあなた自身を決して豊かにしません。このような売上高は損失を減らす可能性がありますが、利益の実現には役立ちません。

そのため、利益の一般的な性質あなたは平均的商品であるという原則から続行する必要が説明する彼らの実際の値で販売され、その利益はそれらの値で商品の販売から派生している労働者のそれらに客体量に関連して、つまり、 、この仮定で利益を説明できない場合は、まったく説明できません。これは逆説的であり、日常の観察と矛盾しているようです。地球が太陽を中心に回転し、水が非常に燃える2つのガスで構成されていることは、逆説的です。科学的な真実は、日常的な経験の観点からは常に逆説的であり、物事の虚偽の幻想のみを知覚します。

  7.労働者

あらゆる商品の価値の価値の性質を可能な限り分析したので、労働の特定の価値に注意を向ける必要があります。そして、ここで私はあなたに再び驚くべきパラドックスを与えなければなりません。あなたは皆、あなたが毎日売るものがあなたの仕事であると確信しています。そのため、仕事は価格を持って、商品の価格、その値の唯一の貨幣表現するので、それは確かのようなものであることを、<130>仕事の価値でなければなりませんでした。しかし、普通の意味で労働という言葉の価値と呼ばれる種類はありません。私たちは、商品で結晶化した必要な労働の量がその価値を構成することを見てきました。この価値概念を適用することで、10時間の勤務日の価値をどのように決定できますか?この就業日にはどのくらいの作業が含まれていますか?10時間の仕事。それはトートロジー的であり、さらに無意味な表現であり、10時間の仕事、またはその中に含まれる仕事の量に等しい10時間の労働日の価値に等しいと言うことです。「仕事の価値」という用語の正しいが隠された意味を見つけたら、もちろん、私たちができるように、価値の概念のこの不合理で一見不可能な適用を、見かけ上または単に驚異的な動きとして正しく解釈することができます実際の動きを認識したら、天体を認識します。

労働者が販売するのは、直接彼の仕事ではなく、彼の労働力であり、それによって彼は一時的に資本家の処分を自由に任せる。これは非常に多くの場合です-私は英国の法律であるかどうかはわかりませんが、いずれにしても大陸のいくつかの法律では- 男性が労働力を売ることができる最大期間が確立されています。彼が与えられた期間にこれを行うことを許可されていれば、奴隷制度は簡単に回復するでしょう。例えば、そのような販売がその生涯に及ぶならば、それは一挙にその賃金稼ぎ者の生涯の奴隷になるだろう。

イギリスの最も古い経済学者であり、最も独創的な哲学者の一人であるトーマス・ホッブスは、彼の「リヴァイアサン」で、彼の後継者全員が見落としているこの点をすでに指摘しています。彼は言う:

「値 <原稿中:価値の値は > 男は他のすべてのものののそれのようになることです価格:のために多くである彼の力を使用する。与えられたことになります」

この基礎から、労働の価値と他のすべての商品の価値を決定することができます。

ただし、その前に、奇妙な現象の原因を尋ねる場合があります。市場では、土地、機械、原材料、および食料を所有しているバイヤーのグループが見つかります。仕事があり、反対側に売り手のグループは、同等の何も<131>労働、彼らの労苦腕と心の外に購入する必要はありません。1つのグループは常に利益を上げて自分自身を豊かにするために購入し、もう1つのグループは生計を立てるために常に販売していますか?この質問を検討することは、経済学者が「以前のまたは原始的な蓄積」と呼ぶものの研究であり、これは原始収用と呼ばれるべきです。私たちは、このいわゆることを見つける必要がある原始蓄積他に何もの歴史的プロセス、一連の意味ない解像度の元統一労働者とその作業機との間に生じます。ただし、このような調査は、現在のトピックの範囲外です。労働者と労働者の手段の分離が達成されると、この状態は維持され、増え続ける梯子の上で再現されます。生産モードの新しい徹底的な革命が再びそれを覆し、新しい歴史的な形で元の統一を回復するまでです。

  それで、労働者の価値とは何ですか?

他のすべての商品と同様に、価値はその生産に必要な労働量によって決まります。人間の人材は、生きている肉体にのみ存在します。人は成長して生きるために一定量の食物を消費しなければなりません。しかし、人間は機械のように摩耗しやすく、別の人間と交換する必要があります。彼は自分の保存に必要な食物に加えて、一定数の子供を育てるために別の量の食物を必要とし、彼らは労働市場で彼に取って代わり、労働者の性を永続させなければなりません。さらに、彼の労働力を開発し、自然の運命を獲得するために、別の価値観のセットを費やさなければなりません。私たちの目的のためには、平均的な仕事だけを考慮すれば十分であり、教育と訓練の費用はごくわずかです。ただし、この機会を利用して、品質の異なる労働者の生産コストが異なるのと同様に、事業のさまざまな部門で採用されている労働力の価値も異なっていなければならないと述べなければなりません。したがって、賃金の平等の要求は誤りであり、実現不可能な愚かな願いです。彼は、前提を受け入れますが、結論を回避したい、その偽りの、そして、平らな急進主義の実です。賃金システムに基づいて、労働力の値は、任意のと同様に決定される<132>他の商品。また、労働の種類が異なると価値が異なるか、生産に必要な労働量が異なるため、労働市場で異なる価格を達成する必要があります。賃金システムに基づいて平等または公正な賃金を求めることは、奴隷制度に基づいて自由を求めることと同じです。あなたが正しいか公平であると考えるものは問題外です。問題は、特定の生産システムに必要なものと避けられないものは何ですか?

詳細の後、あることは明らかである労働力の値がで決定された食品の価値労働の生産、開発、保守および永続のためにerheischtされています。

  8.付加価値の生産

今、労働者の毎日の平均的な量の食料の生産には、6 時間の平均労働が必要であるとします。さらに、6時間の平均作業が金の量子で3 shに等しいと仮定します。客観化。その後、3 sh。価格や金銭の表現毎日価値の労働力の男の。彼が毎日6時間働いた場合、毎日の食料品の平均量を購入するか、労働者として生き続けるのに十分な毎日の価値を生み出します。

しかし、私たちの夫は雇われた労働者です。したがって、彼は労働者を資本家に売らなければなりません。彼は彼女を3 shに売ります。1日あたりまたは18 sh。週に、彼はそれらを彼らの価値に売る。彼が一生懸命だったとしよう。彼が1日6時間働く場合、綿に3 shの値を与えます。毎日追加します。この毎日の付加価値は、彼が毎日受け取る労働の賃金または価格とまったく同じです。しかし、この場合、資本家は付加価値や追加製品を獲得しません。ここで要点を説明します。

労働者の労働を購入し、その価値を支払うことにより、資本家は、他の買い手と同様に、購入した商品を消費または使用する権利を獲得しました。人は仕事をさせることで人の労力を消費または利用します。機械を動かすことで機械を消費または使用する方法。したがって、資本家は、労働者の毎日または毎週の労働を支払うことにより、その労働を1日または1週間を通して使用または労働する権利を獲得しています。<133>当然の仕事や作業週の持っている、一定の制限が、我々は後に考慮しなければなりません。

今のところ、重要なポイントに注意を向けたいと思います。

労働の価値は、その保存または再生に必要な労働の量によって決まりますが、この労働力の使用は、労働者の活動的なエネルギーと体力によってのみ制限されます。毎日または毎週の労働力は、この力の毎日または毎週の運動とはまったく異なります。また、馬が必要とする食べ物は、ライダーを運ぶことができる時間とはまったく異なります。労働者の労働力の値によって制限される労働量は、決して労働力が実行できる労働量の制限ではありません。スピナーの例をご覧ください。私たちは、毎日3 shの彼の労働の日々の価値を再現することを見てきました。彼は1日6時間働くことで何をします。ただし、これは彼が1日10、12時間以上働くことを妨げません。スピナーの労働の日次または週次の価値を支払うことにより、資本家は現在、日中または週全体を通してその労働を使用する権利を獲得しています。したがって、彼は1日12時間働くことを強制します。彼の賃金を交換するために必要な労働力、またはその労働力の値が6時間アウト彼はまだそのためである6時間のIの時間働かなければならない残業をその余剰労働力がで客体れる呼ぶ値と余剰製品。たとえば、スピナーの値が3 shである場合、毎日6時間の綿の作業を通して。彼は賃金とまったく同じ価値を加え、綿に12時間で6 shの価値を与えます。ヤーンの対応する増加を実施して生産します。彼は労働力を資本家に売却したので、彼が作成したすべての価値またはすべての製品は、労働者の一時的な所有者である資本家に属します。資本家による3 sh。彼は、6労働時間が結晶化し、12労働時間が結晶化した、彼によって進められた価値に対して償還されるため、6シリングの価値を達成します。同じプロセスを毎日繰り返すことで、資本家は毎日3 shになります。事前および毎日6 sh。その半分は賃金の支払いに戻り、残りの半分は資本家が同等の額を支払わない付加価値に戻ります。それは、このタイプのトレーニング<134>資本と労働との交流の生産の資本主義モードや賃金制度をベースとしており、常に労働者の再生における資本主義のように労働者と資本家となる必要があり、その後、。

余剰価値の割合は、他のすべての状況が同じである場合、労働力の価値を再現するために必要な就業日の部分と、資本家のために働いた残業または残業との間の割合に依存します。そのために依存します率、期間中の営業日を超えて延長される労働者がその労働力の値のみ、その著作物を複製、または彼の賃金を交換する場所。

  9.仕事の価値        <「九 労働の価値」長谷部訳p65>
ここで、「労働の価値または価格」という表現に戻らなければなりません。

私たちは、それが実際に労働の価値の名前に過ぎず、その保存に必要な商品の価値によって測定されることを見てきました。しかし、労働者は仕事が終わった後にのみ賃金を受け取り、彼が実際に資本家に与えるのは彼の仕事であることを知っているので、労働力の価値または価格は必然的に彼自身の労働の価格または価値として現れる。彼の労働の価格が3 shに等しい場合、6労働時間が客観化され、12時間働く場合、彼はこれら3 shを考慮します。必ずしも12労働時間の値または価格として。ただし、これらの12労働時間は6 shの値です。客観。これから、次の2つのことが行われます。

まず。厳密に言えば、労働の価値と価格は意味のない用語ですが、労働の価値または価格自体は労働の価格または価値そのものの出現を前提としています。

第二に。労働者の仕事の一部だけが有給の仕事、もう一方の無給の仕事で構成されていますが、余剰価値または利益が形成される基金を構成するのはまさにこの無給のまたは時間外の仕事ですが、仕事全体が有給の仕事で構成されているように見えます、

この欺cept的な錯覚は、他の歴史的な形態の労働に対する賃金労働の際立った特徴です。賃金システムに基づいて、未払いの仕事も支払われたように見えます。一方、奴隷の場合、彼の仕事の有料部分は無給のように見えます。

<135>はもちろん、スレーブは、仕事生きるためにあり、その上に自分の作業日の一部は、彼自身の保全価値のために費やして交換することになります。しかし、彼と彼のマスターの間で取引が成立せず、2つの当事者間で売買ファイルが作成されないため、彼の仕事はすべて無料の仕事のようです。

一方、昨日存在していたフロンの農民を、ヨーロッパの東部全域に連れて行きましょう。たとえば、この農夫は自分で、または自分で割り当てられた畑で3日間働き、次の3日間は荘園で強制労働を強制しました。ここで、作品の有給部分と無給部分が視覚的に分離され、時間と空間が分離されました。そして、私たちの自由主義者は、誰かを何のためにも働かせないという馬鹿げた考えに道徳的なinりを感じました。

しかし、実際には、自分の分野で週3日、地所で何もせずに3日働いているか、工場やワークショップで1日6時間、賃金マスターで6時間働いているかは関係ありません。後者の場合、彼の仕事の有給部分と無給部分は密接に混ざり合っているため、取引全体の性質は、週末の間に行われる契約と支払いによって完全に曖昧になります。無料の仕事は、ある場合には自発的な贈り物として、また別の場合には労働サービスとして現れます。それが全体の違いです。

だから私は言葉使いどこ「値の労働者」のためgebrauche、私はよ同じように人気の下品な用語を「労働の価値」を使用。

  10.利益は財をその価値まで売ることによって得られる

平均労働時間が6 dに等しい値でオブジェクト化されていると仮定します。または6 shで12平均労働時間。また、作品の価値が3 shであるとします。または6時間の仕事の産物。商品の生産に使用された原材料、機械などで、24時間の平均労働時間が客観化された場合、その価値は12 shになりました。量。さらに、資本家が雇用する労働者がこれらの生産手段に12労働時間を割り当てた場合、これらの12時間は6 shの追加価値で対象化されます。合計 <136> 積の値は、したがって、36時間の労働をマテリアライズし、18シリングに等しくなるような量であろう。しかし、労働者の賃金または賃金は労働者に3 shしか支払わないため。資本家は労働者によって行われた6時間の余分な仕事に相当するものを支払わなかったでしょう。そして、それは商品の価値で再構成されました。資本家がこの商品を18 shの値で販売した場合、したがって3 shの値になります。彼は同等の支払いをしていません。これら3 sh。彼がポケットに入れた余剰価値または利益を構成します。したがって、資本家の利益は3 shになります。その価値を上回る価格で商品を実現するのではなく、実際の価値に売ることによって。

商品の価値は、それに含まれる仕事の総量によって決まります。しかし、この作業量の一部は、賃金の形で支払われる等価物の価値で客観化されますが、等価物が支払われない価値の一部です。商品に含まれる作業の一部は有料の作業です。一部は無給の仕事です。したがって、資本家がその価値のために商品を販売する場合、つまり、その上で雇用される総労働量の結晶化として、彼は必然的にそれを利益で販売しなければなりません。労働者の仕事に費用がかかっているものの、同等と見なされるものを販売するだけでなく、費用がかからないものも販売しています。資本家にとっての商品のコストと実際のコストは2倍です。私は通常、平均利益は商品がありません販売して行われていること、そのため、繰り返しオーバー、それだけには彼らの実際の値。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  < 6. [価値と仕事]      9.仕事の価値 >

  でなければ 資本主義批判 は、不成立です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『賃金、価格、利益』

 投稿者:杉本  投稿日:2019年10月 2日(水)09時06分24秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me16/me16_101.htm
Karl Marx

Wage, price and profit

Lecture given at the sessions of the General Council of the 1st International on June 20 and 27, 1865. Written in late May to June 27, 1865. First published by Marx's daughter Eleanor under the title "Value, Price and Profit" with a Foreword by Edward Aveling. After the manuscript of the lecture. From the English.

introductory
1. Production and wages
2. Production, pay and profit
3. Wages and money circulation
4. Supply and demand
5. Wages and prices
6. Value and work
7. The worker
8. The production of added value
9. The value of work
10. Profit is made by selling a good to its value
11. The various parts into which the surplus value is divided
12. The general relationship between profits, wages and prices
13. The main attempts to raise wages or counteract their decline
14. The struggle between capital and labor and its results
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カール・マルクス

 『賃金、価格、利益』

1865年6月20日と27日に第1回国際評議会の会議で講演。1865年5月下旬から6月27日まで書かれました。はじめにマルクスの娘エレノアが「Value、Price and Profit」というタイトルで前書きで出版しました。 エドワード・アベリング。 講義の原稿の後。 英語から。

入門
1.生産と賃金
2.生産、支払および利益
3.賃金とお金の循環
4.需要と供給
5.賃金と価格
6.価値と仕事
7.労働者
8.付加価値の生産
9.仕事の価値
10.利益は財をその価値まで売ることによって得られる
11.余剰価値が分割されるさまざまな部分
12.利益、賃金、価格の一般的な関係
13.賃金を引き上げるか、その減少に対抗する主な試み
14.資本と労働の闘争とその結果

 6. [value and work]
 6. [価値と仕事]

① 市民、私は今、質問の実際の展開に対応しなければならないところまで来ました。非常に満足できる方法でそうすることを約束することはできません。さもなければ、政治経済の全分野を経験せざるを得ません。フランス人が言うように、単に「質問者」が主要な点に触れることができます。

② 私たちが尋ねなければならない最初の質問はこれです:良いの価値は何ですか?彼はどのように決定されますか。

③ 一見すると、商品の価値はかなり相対的なものであり、他のすべての商品との関係で商品を考慮することなく、決定されるものではないように思われるかもしれません。実際、商品の交換価値の価値について話すとき、それは他のすべての商品と交換する量的な割合を意味します。しかし、その後、疑問が生じます。どの商品を相互に交換する場合、比率はどのように規制されますか?

④ 私たちは、これらの割合が無限に多様であることを経験から知っています。単一の製品、例えば小麦は、小麦の4分の1が、ほとんど無数の割合で最も多様な商品と交換していることがわかります。ただし、シルク、金、またはその他の商品で表現されているかどうかにかかわらず、その価値は常に同じであるため、異なる独立した異なる物品との交換のこれらの異なる割合のものでなければなりません。これらの多様体方程式を非常に異なる形式の多様体商品で表現できなければなりません。

⑤ また、小麦の4分の1が特定の割合で鉄を交換する、または小麦の4分の1の値が特定の量の鉄で表されると言う場合、小麦とその鉄の同等物の価値は第三に、どちらの小麦鉄もまだありません、なぜなら私は両方が2つの異なる形で同じ偉大さを表現すると仮定するからです。したがって、小麦と鉄の2つはそれぞれ、他のものから独立して3つ目まで還元可能でなければなりません。

⑤ 単純な幾何学的な例がこれを示しています。すべてのー形状とサイズの三角形の面積、または長方形や他の直線図形と三角形の面積を比較するとき、どのように進めますか?三角形の面積を、目に見える形とはまったく異なる表現に縮小します。三角形の性質から、その表面はベースラインとその高さの積の半分に等しいことがわかったので、すべての種類の三角形と考えられるすべての直線図形の異なる表面の内容を比較できます。特定の数の三角形。

⑥ 商品の価値についても同じ手順を実行する必要があります。それらをすべて共通の表現に還元し、正確にその同一の測定値が含まれる比率によってのみ区別できる必要があります。

⑦ 商品の交換価値はこれらの物の社会的機能にすぎず、その自然の性質とは何の関係もないため、まず問題が生じます:すべての商品の共通の社会的実体は何ですか?作品です。商品を生産するには、一定量の作業をその商品で使用するか、その商品で処理する必要があります。私はただ仕事を言うのではなく、ソーシャルワークを言います。それを消費するために彼自身の即時使用のために記事を作成する人は誰でも製品を作成しますが、製品は作成しません。自給自足のプロデューサーとして、彼は社会とは何の関係もありません。しかし、商品を生産するためには、生産する商品が何らかの社会的ニーズを満たさなければならないだけでなく、その労働自体が社会によって費やされる総労働量の一部を形成しなければなりません。彼の仕事は、社会内の分業に包まれなければなりません。他の部分的な作品なしでは何もありません、そして彼女は彼女の部分のためにそれらを補うことが必要です。

⑧ 私たちが商品を価値と見なすとき、私たちはそれらを、それらに具体化され、表され、または人気があれば結晶化されたソーシャルワークの唯一の側面でのみ見なします。この点で、それらは、それらに表される仕事の大小によってのみ異なることができます。絹のハンカチでは、レンガの場合よりも多くの作業が必要になります。しかし、労働量をどのように測定しますか?労働時間に応じて、時間、日などで作業を測定します。もちろん、この基準を適用するには、すべてのタイプの作業を単位として平均作業または単純作業に減らします。

⑨ したがって、次の結論に達します。
ソーシャルワークの結晶化であるため、商品には価値があります。
それらの価値の大きさまたは相対的な価値は、その中に含まれる社会的実体の大小によって異なります。
すなわち、それらの生産に必要な相対的な仕事量からです。
  <そのため、商品の相対値は、それぞれの量、
   またはその中に表される客観的、客観化された、
   労働の量によって決定されます。>
   <--は、正訳ではなかった。>
  <社会的作業の結晶化--商品には価値がある-->
  <それらの生産に必要な相対的な仕事量>
  <相対的な価値は、それぞれの量、>

  <客観的、客観化、された、労働の量> ーそうでは無いー
  <数量化され、オブジェクト化された、オブジェクに表されます
   と、ドイツ語版からの点検でみつけました。>

そのため、商品の相対値は、それぞれの数量または数量化された、数量化された、オブジェクト化された、オブジェクトに表されます。

同じ労働時間で生産できる相関商品クォンタムは同じです。または、ある商品の価値が別の商品の価値に関係しているのは、ある商品で表される労働の量が他の商品で表される労働の量に関係しているからです。
 <http://www.mlwerke.de/me/me16/me16_101.htm#K09

  しかし商品は対象です。彼らは彼らがオブジェクトのような方法であるもの
  である必要があります、または彼らは彼ら自身のオブジェクトのような関係
  でそれを明らかにしなければなりません。リネンの生産では、ある程度の量
  の人的労働が費やされてきました。
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1794
  価値形態--の四段落です。

⑩ 私たちが商品を価値と見なすとき、私たちはそれらを、それらに具体化され、表され、または人気があれば結晶化されたソーシャルワークの唯一の側面でのみ見なしています。この点で、それらは、それらに表される仕事の大小によってのみ異なることができます。絹のハンカチでは、レンガの場合よりも多くの作業が必要になります。

しかし、労働量をどのように測定しますか?
労働時間に応じて、時間、日などで作業を測定しています。
もちろん、この基準を適用するには、すべてのタイプの作業を単位として平均作業または単純作業に減らします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①  Citizens, I have now come to a point where I must respond to the real development of the question. I can not promise that I will do so in a very satisfying way, otherwise I would be forced to go through the whole field of political economy. I can, as the French would say, merely "effleurer la question" touch the main points.

②  The first question we have to ask is this: What is the value of a good How is he determined?

③  At first glance, it may seem that the value of a commodity is something quite relative, and without the consideration of the commodity in its relation to all other commodities, is not at all to be determined. In fact, when we speak of value, of the exchange value of a commodity, we mean the quantitative proportions in which it exchanges with all other commodities. But then the question arises: how are the proportions regulated in which goods exchange with each other?

④  We know from experience that these proportions are infinitely diverse. Take a single product, e.g. Wheat, we find that a quarter of wheat exchanges in almost innumerable variations of proportions with the most varied goods. However, since its value always remains the same, whether expressed in silk, gold or any other commodity, it must be something of these different proportions of exchange with different articles, different and independent. It must be possible to express these manifold equations with manifold commodities in a very different form.

⑤  If I also say that a quarter of wheat exchanges iron in a certain proportion, or that the value of a quarter of wheat is expressed in a certain amount of iron, I say that the value of wheat and its equivalent in iron are equal to any third, neither wheat iron is still, because I assume that both express the same greatness in two different forms. Each of the two, the wheat and the iron, must therefore be reducible independently of the other to the third, which is their common measure.
⑥  A simple geometric example illustrates this. How do we proceed when we compare the areas of triangles of all shapes and sizes or of triangles with rectangles or other rectilinear figures We reduce the area of ??any triangle to an expression quite different from its visible form. Having found from the nature of the triangle that its surface is equal to half the product of its baseline and its height, we can now compare the different surface contents of all sorts of triangles and all imaginable rectilinear figures, because they all can be decomposed into a certain number of triangles.

⑦  The same procedure must take place with the values of the goods. We must be able to reduce them all to a common expression and distinguish them only by the proportions in which they contain precisely that identical measure.

⑧ Since the exchange values of commodities are only social functions of these things and have nothing to do with their natural qualities, the question arises first of all: what is the common social substance of all commodities It is the work. In order to produce a commodity, a certain amount of work must be used on it or processed in it. I do not just say work, but social work. Anyone who produces an article for his own immediate use to consume it creates a product, but not a product. As a self-sufficient producer, he has nothing to do with society. But in order to produce a commodity, the commodity it produces must not only satisfy some social need, but its labor itself must form part and part of the total amount of labor expended by society. His work must be subsumed under the division of labor within society. It is nothing without the other partial works, and it is necessary that she supplement them for her part.

⑨  We therefo come to the following conclusion. Acommodity has value because it is the crystallization of social work. The magnitude of their value or their relative value depends on the greater or lesser amount of social substance contained in it; i.e. from the relative mass of work necessary for their production.

The relative values of commodities are therefore determined by the respective quanta or quantities of labor reproved, objectified, represented in them.

The correlative commodity quanta that can be produced in the same working time are the same.
Or the value of a commodity is related to the value of another commodity, as is the quantity of labor represented in one commodity to the quantity of labor represented in the other commodity.

⑩  When we regard goods as values, we regard them exclusively in the sole aspect of the social work embodied in them, represented or, if popular, crystallized. In this respect, they can only differ by the larger or smaller amounts of work represented in them, e.g. in a silken handkerchief a larger amount of work may be worked up than in a brick.
But how do you measure labor quantum According to the duration of the working time, by measuring the work by hour, day, etc. Of course, to apply this measure, you reduce all types of work to average or simple work as their unit.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪  We therefore come to the following conclusion.
A commodity has value because it is the crystallization of social work.
The magnitude of their value or their relative value depends on the greater or lesser amount of social substance contained in it;
⑪ したがって、次の結論に達します。
ソーシャルワークの結晶化であるため、商品には価値があります。
それらの価値の大きさまたは相対的な価値は、その中に含まれる社会的実体の大小によって異なります。

すなわち、それらの生産に必要な相対的な仕事量からです。
そのため、商品の相対値は、それぞれの量、またはその中に表される客観的に、客観化された、労働の量によって決定されます。
i.e. from the relative mass of work necessary for their production.
The relative values of commodities are therefore determined by the respective quanta or quantities of labor reproved, objectified, represented in them.

The correlative commodity quanta that can be produced in the same working time are the same.
Or the value of a commodity is related to the value of another commodity, as is the quantity of labor represented in one commodity to the quantity of labor represented in the other commodity.
同じ労働時間で生産できる相関商品クォンタムは、同じです。
または、ある商品の価値が別の商品の価値に関係しているのは、ある商品で表される労働の量が他の商品で表される労働の量に関係しているからです。

⑫  I have the suspicion that many of you will ask: is there really such a great or any difference between the determination of the value of goods by wages and their determination by the relative amounts of labor necessary for their production?
⑫ 私は、あなたたちの多くが、つぎのように尋ねるのではないかと疑っています:賃金による財の価値の決定と、その生産に必要な相対的な労働量による決定との間に本当に大きな違いがありますか?

ただし、仕事に対する賃金と労働量は非常に異なることを認識している必要があります。
たとえば、1/4の小麦と1オンスの金が同じ作業量を示しているとします。
You must, however, have become aware that pay for work and the quantity of labor are very different things.
Suppose, for example, that a quarter wheat and an ounce of gold show the same work quanta.

I refer to the example because Benjamin Franklin used it in his first essay, which was published in 1729 in the manuscript in error: 1721, under the title A Modest Inquiry Into the Nature and Necessity of a Paper Currency one of the first of the true nature of value came on the track. Nice.
ベンジャミン・フランクリンが最初のエッセイでそれを使用したので、私はその例を参照します。
それは1729年に誤った原稿で1721年に出版されたタイトルの、
「A Modest Inquiry Into the Nature and Necessity to Paper Currency」
価値の本質が軌道に乗った。いいね。

今仮定します、小麦の4分の1と1オンスの金がそれぞれ等しい労働時間または同等の量の平均労働量の結晶化であるため、等しい値または等価物であるとわかります。
We now assume that a quarter of wheat and an ounce of gold are equal values or equivalents, because they are crystallizations of equal quantities of average labor as many working days or weeks respectively.

Now, by determining the relative values of gold and grain, do we in any way refer to the wages of the farm laborer and the miner?
さて、金と穀物の相対的な価値を決定することにより、私たちは農場労働者と鉱山労働者の賃金に何らかの形で言及していますか?

少なくともそうではありません。たとえ賃金労働が実際に使われたとしても、私たちは彼らの毎日または毎週の仕事がどのように支払うかについては全く決めていません。これが発生した場合、賃金は非常に不公平だった可能性があります。
Not in the least.
We leave it quite undetermined how their daily or weekly work pays, even if wage labor has actually been used. If this happens, the wages may have been very unequal.

The worker, whose work is reified in the Quarter Wheat, likes only 2 bushels, the mining-employed worker may have received one-half of the ounce of gold.
クォーターウィートで具体化された労働者は、2ブッシェルしか好きではなく、鉱業に従事している労働者は-金の1オンスの半分を受け取った可能性があります。

または、賃金が同じであると仮定すると、考えられるすべての割合で、彼らが生産する商品の価値から逸脱する可能性があります。
それらは、4分の1粒または1オンスの金の半分、3分の1、4分の1、5分の1、またはその他のアリコートになります。もちろん、彼らの賃金は、彼らが生産する財の価値を超えることはできず、より大きくすることはできませんが、あらゆる可能な程度でより少なくすることができます。
Or, assuming their wages are the same, they can deviate in all conceivable proportions from the values of the goods they produce. They can amount to one-half, one-third, one-quarter, one-fifth, or any other aliquot of the one-quarter grain or one ounce of gold. Their wages, of course, can not exceed the values of the goods they produce, they can not be larger, but they can be less in every possible degree.

Their wages will be limited by the values of the products, but the value of their products will not be limited by their wages.
だから、彼らの賃金は製品の価値によって制限されていますが、製品の価値は賃金によって制限されません。

ただし、主なもの:値、たとえば穀物と金の相対的な価値は、行われた作業の価値には関係ありません。この賃金が訂正されました。
However, the main thing: the values, the relative values of grain and gold, for example, are without any regard to the value of the work done, i. the wages have been fixed.

The determination of the values of commodities by the relative quantities of labor represented in them is therefore somewhat different from the tautological manner of determining the values of commodities by the value of labor or wages. This point will, however, be further elucidated in the course of our investigation.
したがって、それらに表される相対的な労働量による商品の価値の決定は、労働または賃金の価値によって商品の価値を決定するトートロジー的な方法とは、だいぶ異なります。ただし、この点は調査の過程でさらに明らかにされます。

⑬ 商品の交換価値を計算するときは、商品の原材料で以前に処理された作業量、および器具、ツールで行われた作業を、最後に適用された作業量に追加する必要があります。この作業に関連する機械および建築工事、たとえば、一定量の綿糸の価値は、紡績プロセス中に綿に追加された作業量の結晶化であり、以前は綿自体で対象化されていた作業量石炭、石油、その他の使用済み消耗品で対象化された作業量、蒸気エンジン、スピンドル、工場の建物などで表された作業量etc・

生産機器であるツール・適切な意味でのそれら、機械、建物などは、繰り返される生産プロセス中にて何度も何度も使用されます。それらが原材料のように一度に消費されると、それらの価値全体が突然、彼らが生産に参加している商品に移されます。しかし、スピンドルは例えば徐々にしか消費されない場合のように、平均計算は、それが持続する平均時間と、特定の期間(1日など)の漸進的摩耗または平均摩耗に基づいて行われます。

このようにして、毎日紡績された糸に紡錘の値のどれだけが移され、総量のうちのどれだけが計算されますか。
糸の1ポンドでは、以前はスピンドルで具体化されていた作業にオブジェクト化された労働が伴います。 現在の目的のために、この時点で長く滞在する必要はありません。
⑬  When calculating the exchange value of a commodity, we must add to the quantity of work most recently applied to it the quantity of work previously worked up in the raw material of the commodity, and the work which has been done on the implements, tools, machinery and building works involved in this work , For example, the value of a certain amount of cotton yarn is the crystallization of the amount of work added to the cotton during the spinning process, the amount of work formerly objectified in the cotton itself, the quantity of work objectified in coal, oil, and other consumables used, the working quantity represented in the steam engine, the spindles, the factory buildings, etc.

The production instruments in the proper sense, such as tools, machinery, buildings, serve for a longer or shorter period again and again during repeated production processes. If they were consumed at once like the raw material, their entire value would suddenly be transferred to the commodities in whose production they participate. But because a spindle is e.g. is consumed only gradually, an average calculation is made on the basis of the average time that it lasts and its gradual wear or average wear during a certain period, say one day.

In this way, we calculate how much of the value of the spindle is transferred to the yarn spun daily and how much of the total amount of, e.g. In one pound of yarn objectified labor comes to the work previously embodied in the spindle. For our present purpose, it is not necessary to dwell longer at this point.

⑭ 商品の価値がその生産に使用される労働量によって決定される場合、商品の製造に必要な時間が長くなるため、男性が怠けたり不器用なほど、その商品の価値が高くなるように思われるかもしれません。これは残念な間違いです。私が「ソーシャルワーク」という言葉を使用したことを思い出すでしょう。この「ソーシャル」という資格には、多くの瞬間が含まれています。

商品の価値が、それに従事または結晶化する労働量によって決定されると言う場合、特定の平均的な社会的生産条件の下で、所定の社会的状態で生産するために必要な労働量を意味しますし、適用される仕事の平均社会的強度と平均スキルです。イングランドで蒸気織機が手織機と競争し始めたとき、与えられた量の糸を急な綿布または布に変えるのに必要な作業時間は以前の半分の時間で済みました。

貧弱な手織り機は、9時間または10時間前ではなく、毎日17時間または18時間働いていました。しかし、彼の20時間の仕事の成果は、10時間のソーシャルワークまたは10時間の仕事に過ぎず、一定量の糸を織物に変えるために社会的に必要でした。したがって、彼の20時間の生産物は、以前の10時間の生産物よりも価値がありませんでした。

⑭  It might seem that if the value of a commodity is determined by the quantity of labor employed in its production, the more lazy or awkward a man, the more valuable his commodity, because the greater the time required for the manufacture of the commodity. This would be a regrettable mistake. You will remember that I used the word "social work", and this qualification "social" includes many moments in itself.
If we say that the value of a commodity is determined by the quantity of labor worked into or crystallized into it, we mean the quantity of labor necessary to produce it in a given social state, under certain average social conditions of production, with a given average social intensity and average skill of applied work. When in England the steam loom began to compete with the handloom, only half as much working time was required as before to turn a given quantity of yarn into a hasty cotton cloth or cloth.

The poor hand weaver now worked 17 or 18 hours daily instead of 9 or 10 hours earlier. But the product of his twenty-hour work now represented only 10 hours of social work or 10 hours of work, socially necessary to turn a certain amount of yarn into textiles. The product of his 20 hours therefore had no more value than the product of his earlier 10 hours.

⑮  If the quantity of socially necessary labor embodied in commodities regulates their exchange values, any increase in the quantity of labor necessary for the production of a commodity must increase its value just as every decrease must diminish it.
⑮ 商品に具現化された社会的に必要な労働量が交換価値を規制している場合、商品の生産に必要な労働量の増加は、減少するごとに価値を増加させる必要があります。

⑯ それぞれの商品の生産に必要なそれぞれの作業量が一定のままである場合、それらの相対値も一定になります。これはそうではありません。商品の生産に必要な労働量は、適用される仕事の生産力の変化に伴って絶えず変化します。

仕事の生産力が大きければ大きいほど、与えられた労働時間でより多くの製品が生産され、仕事の生産力が低くなればなるほど、少なくなります。たとえば、人口の増加が肥沃度の低い土壌の栽培を必要とする場合、より多くの労働力が費やされた場合にのみ同じ量の製品を得ることができ、その結果、農産物の価値が高まります。

一方、近代的な生産手段を備えた単一の紡績機が、1営業日で紡績ホイールで同時に紡ぐことができたよりも千倍多くの綿を糸に変える場合、綿のすべてのポンドが以前より何千回もスピンを吸収しません。


⑯  If the respective working quantities necessary for the production of the respective goods remained constant, their relative values would also be constant. This is not the case. The quantity of labor necessary for the production of a commodity constantly changes with the change in the productive power of the applied work.

The greater the productive power of the work, the more product is produced in given working hours, and the lower the productive power of the work, the less. If, for example, the growth of the population necessitates the cultivation of less fertile soil, so that the same amount of product could be obtained only if more labor were spent, and consequently the value of the agricultural product would increase.

On the other hand, if a single spinner with modern means of production transforms a thousand times more cotton into yarn in one working day than he could have spun in the same time with the spinning wheel, it is clear that every single pound of cotton will absorb many thousand times less spun than before

⑰  It might seem that if the value of a commodity is determined by the quantity of labor employed in its production, the more lazy or awkward a man, the more valuable his commodity, because the greater the time required for the manufacture of the commodity. This would be a regrettable mistake. You will remember that I used the word "social work", and this qualification "social" includes many moments in itself. If we say that the value of a commodity is determined by the quantity of labor worked into or crystallized into it, we mean the quantity of labor necessary to produce it in a given social state, under certain average social conditions of production, with a given average social intensity and average skill of applied work. When in England the steam loom began to compete with the handloom, only half as much working time was required as before to turn a given quantity of yarn into a hasty cotton cloth or cloth. The poor hand weaver now worked 17 or 18 hours daily instead of 9 or 10 hours earlier. But the product of his twenty-hour work now represented only 10 hours of social work or 10 hours of work, socially necessary to turn a certain amount of yarn into textiles. The product of his 20 hours therefore had no more value than the product of his earlier 10 hours.
⑰ 商品の価値がその生産に使用される労働量によって決定される場合、商品の製造に必要な時間が長くなるため、男性が怠けたり不器用なほど、その商品の価値が高くなるように思われるかもしれません。これは残念な間違いです。

私が「ソーシャルワーク」という言葉を使用したことを思い出すでしょう。
この「ソーシャル」という資格には、多くの瞬間が含まれています。商品の価値がそれに従事または結晶化する労働量によって決定されると言う場合、特定の平均的な社会的生産条件の下で、所定の社会的状態で生産するために必要な労働量を意味し、適用される仕事の平均社会的強度と平均スキルです。
イングランドで蒸気織機が手織機と競争し始めたとき、与えられた量の糸を急な綿布または布に変えるのに必要な作業時間は以前の半分の時間で済みました。貧弱な手織り機は、9時間または10時間前ではなく、毎日17時間または18時間働いていました。しかし、彼の20時間の仕事の成果は、10時間のソーシャルワークまたは10時間の仕事に過ぎず、一定量の糸を織物に変えるために社会的に必要でした。したがって、彼の20時間の生産物は、以前の10時間の生産物よりも価値がありませんでした。

⑱  If the quantity of socially necessary labor embodied in commodities regulates their exchange values, any increase in the quantity of labor necessary for the production of a commodity must increase its value just as every decrease must diminish it.
⑱ 商品に具現化された社会的に必要な労働量が交換価値を規制している場合、商品の生産に必要な労働量の増加は、減少するごとに価値を増加させる必要があります。

⑲ それぞれの商品の生産に必要なそれぞれの作業量が一定のままである場合、それらの相対値も一定になります。これはそうではありません。商品の生産に必要な労働量は、適用される仕事の生産力の変化に伴って絶えず変化します。仕事の生産力が大きければ大きいほど、与えられた労働時間でより多くの製品が生産され、仕事の生産力が低くなればなるほど、少なくなります。たとえば、人口の増加が肥沃度の低い土壌の栽培を必要とする場合、より多くの労働力が費やされた場合にのみ同じ量の製品を得ることができ、その結果、農産物の価値が高まります。一方、単一の紡績工が作業日に近代的な生産手段を使用して、紡績ホイールで同時に紡績できたよりも千倍以上綿を糸に変えた場合、綿は以前よりも何千倍も少ない紡績を吸収し、その結果、綿のすべてのポンドに紡績によって付加される価値は、以前よりも千倍小さくなります。糸の価値はそれに応じて減少します。

⑲  If the respective working quantities necessary for the production of the respective goods remained constant, their relative values would also be constant. This is not the case. The quantity of labor necessary for the production of a commodity constantly changes with the change in the productive power of the applied work. The greater the productive power of the work, the more product is produced in given working hours, and the lower the productive power of the work, the less. If, for example, the growth of the population necessitates the cultivation of less fertile soil, so that the same amount of product could be obtained only if more labor were spent, and consequently the value of the agricultural product would increase. On the other hand, if a single spinner uses modern means of production in a working day to turn cotton into yarn by a thousand times more than he could have spun with the spinning wheel at the same time, it is clear that every single pound of cotton will absorb many thousand times less spinning than before and consequently the value added by spinning to every single pound of cotton will be a thousand times smaller than before. The value of the yarn will decrease accordingly.

⑳  Apart from the differences in the natural energies and the acquired labor of different peoples, the productive power of labor must depend in the main:

⑳ 自然エネルギーと異なる人々の獲得労働の違いは別として、労働の生産力は主に依存しなければなりません:

21  1.土壌の肥沃度、鉱山の肥沃度など、仕事の自然条件から

22  2.大規模生産、資本の集中および労働の組み合わせ、分業、機械、改善された方法、化学的および他の自然の力の適用、時間の統合に由来する労働の社会的力の漸進的完全性からコミュニケーションと輸送手段、およびその他の機関を介した空間です。
これにより、科学は自然の力を労働サービスに強制し、それを通じて労働の社会的または協力的な性格が発達します。仕事の生産力が大きければ大きいほど、一定量の製品に費やされる労力が少なくなります。製品の価値が小さい。作業の生産力が低いほど、同じ量の製品で使用される作業が多くなります。値が大きいほど。したがって、一般法として、以下を確立できます。

23 商品の価値は、生産に適用される労働時間に正比例し、行われた仕事の生産力に反比例します。

24 これまで価値についてのみ話してきたので、価格についていくつかの言葉を追加します。これは、価値が想定する独特の形式です。

25 価格は価値の金銭的表現に他なりません。この国では、例えば一方、すべての商品の価値は金価格で表され、大陸では主に銀の価格で表されます。金または銀の価値は、他のすべての商品と同様に、それを得るために必要な労働量によって規制されています。一定量の国内労働が結晶化した一定量の自国の製品は、一定量の彼らの仕事が結晶化した金銀生産国の製品と交換します。このようにして、実際には物々交換を通して、すべての商品の価値を理解することを学びます。それらに使用されるそれぞれの作業量を金と銀で表現する。価値の金銭的表現、または同じことである、価値の価格への変換を詳しく見ると、これはすべての商品の価値を独立した均質な形にするプロセスであることがわかります。または、それらを平等な社会労働の量として表現します。価格が価値の金銭的表現に他ならない限り、アダム・スミスはそれを「自然価格」と呼び、フランスの重農主義者はそれを「prix necessaire」「必要価格」と呼びました。 」 <128>
価値と市場価格の関係は何ですか?
または、個々の生産者にとって生産条件がどれだけ異なっていても、市場価格は同じ種類のすべての商品で同じであることを知っています。市場価格のみ市場への供給のための生産の平均条件の下でそれらを下げるそれは、特定の種のすべての商品の合計から計算されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
21  1. from the natural conditions of work, such as fertility of the soil, fertility of the mines, etc.
22  2. From the progressive perfection of the social forces of labor, as derived from production on a large scale, concentration of capital and combination of labor, division of labor, machinery, improved methods, application of chemical and other natural forces, consolidation of time and space through means of communication and transportation, and of any other institution, by which science compels natural forces into the service of labor and through which the social or cooperative character of labor develops. The greater the productive power of the work, the smaller the labor used on a given amount of product; the smaller the value of the product. The lower the productive power of the work, the greater the work used on the same amount of product; the greater its value. As a general law, we can therefore establish:

23  The values of goods are directly proportional to the working hours applied to their production and inversely proportional to the productive force of the work done.
24  Having spoken only of value so far, I will add a few words about the price, which is a peculiar form that the value assumes.
25  Price is nothing but the monetary expression of value. In this country, e.g. On the other hand, the values of all commodities are expressed in gold prices, and on the continent mainly in terms of silver prices. The value of gold or silver, like that of all other commodities, is regulated by the quantity of labor necessary to obtain it.
A certain quantity of your native products, in which a certain amount of your national labor has crystallized, you exchange for the product of the gold and silver producing countries, in which a certain quantity of their work has crystallized. It is in this way, in fact through bartering, that you learn to understand the values ??of all commodities, i. to express the respective working quanta used on them, in gold and silver. Taking a closer look at the monetary expression of value, or, what is the same thing, the transformation of value into price, you will find that this is a process whereby you give the values of all commodities an independent and homogeneous form, or express them as quanta of equal social labor ,
As far as the price is nothing but the monetary expression of value, Adam Smith has called it the "natural price," the French physiocrats have called it the "prix nécessaire" "necessary price." <128>

What is the relationship between values and market prices or You know that the market price is the same for all commodities of the same kind, no matter how different the conditions of production may be for the individual producers.market prices only lower those under the average conditions of production for the supply of the market It is calculated from the totality of all the commodities of a given species.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
26  So far, the market price of a commodity coincides with its value. On the other hand, fluctuations in market prices soon override, sometimes below, the value or natural price of fluctuations in supply and demand. Deviations of the market prices from the values thus occur constantly, but, says Adam Smith:

26 これまでのところ、商品の市場価格はその価値と一致しています。一方、市場価格の変動は、需要と供給の変動の価値または自然価格をすぐに、時にはそれを上回ります。このように価値から市場価格の偏差は絶えず発生しますが、アダム・スミスは言います:

27 「このように、自然価格は、すべての商品の価格が重く引き寄せられる中心であり、この穏やかな持続性の中心で、それらを妨げる可能性のある状況にかかわらず、それらを高く引き上げたり、押し下げたりすることがあります立ち止まるために、彼らは常に彼のために努力しています。」

27  "The natural price is thus, as it were, the center to which the prices of all commodities gravely gravitate, and they can sometimes elevate them high and sometimes depress them, whatever may be the circumstances that hinder them, in this center of calm Persistence to come to a standstill, they constantly strive for him. "

28  I can not go into this point now.
Suffice it to say that if supply and demand balance one another, then the market prices of the commodities will be at their natural prices, that is, they will be the same. their values required by the respective ones for their production. But supply and demand must constantly balance each other, although this happens only in that one fluctuation is reversed by another, an increase by a decrease, and vice versa. If, instead of just looking at the daily fluctuations, you are analyzing the movement of market prices for longer periods, as shown e.g.
Tooke, in his History of Prices, you will find that the fluctuations of market prices, their deviations from values, their ups and downs balance and cancel each other out, so that, apart from the effect of monopolies and some other modifications I have to go over here, all the genres of commodities are sold on average at their respective values or natural prices. The average periods during which fluctuations in market prices cancel one another are different for different types of goods, because one type of product succeeds more easily than the other in adjusting supply to demand.

28 私は、今この点に行くことができません。
需要と供給のバランスが取れていれば、商品の市場価格は自然価格になります。つまり、同じになります。それらの値は、それぞれの生産のために必要とされます。しかし、需要と供給は常に相互にバランスをとる必要がありますが、これは、ある変動が別の変動によって逆転し、減少によって増加し、その逆になる場合にのみ起こります。たとえば、毎日の変動を見るだけでなく、長期にわたる市場価格の動きを分析している場合、たとえばTooke、彼の価格の歴史では、市場価格の変動、値からの逸脱、上下動のバランスが取れており、互いに相殺し合っていることがわかります。その結果、独占や他の修正の効果は別として、ここに行くと、商品のすべてのジャンルは、それぞれの値または自然価格で平均して販売されています。市場価格の変動が互いに相殺する平均期間は、商品の種類によって異なります。これは、あるタイプの製品が他のタイプの製品よりも、需要と供給の調整に成功しやすいためです。

29  If now, more generally and with the inclusion of somewhat longer periods, all classes of commodities are sold at their respective values, it is nonsense to assume that the profits are perpetual and customary in different branches of business-not profit in individual cases - arise from a premium on the prices of the goods or because they are sold at a price well above their value. The absurdity of this idea springs to mind as it becomes generalized. As a shopkeeper, he would lose what he constantly gains as a shop assistant. It would be useless to say that there are people who are buyers without being salespeople or consumers without producers.
What these people pay to the producers, they must first receive from them in vain. If one first takes your money and then returns it by buying your goods, you will never enrich yourself by selling your goods too much for that same man. Such a turnover could reduce a loss, but would never help realize a profit.

29 今、より一般的に、そしていくらか長い期間を含めて、商品のすべてのクラスがそれぞれの値で販売されている場合、利益が個々の場合の利益ではなく、事業の異なるブランチで永続的かつ慣習的であると仮定するのはナンセンスです商品の価格のプレミアムから、または商品がその価値をはるかに上回る価格で販売されているためです。このアイデアの不条理は、一般化されるにつれて思い浮かびます。店主として、彼は店員として常に得ていたものを失います。言うまでもないが、販売員にならない買い手や生産者のいない消費者がいる。これらの人々が生産者に支払うものは、最初に彼らから無駄に受け取らなければなりません。最初にあなたのお金を取り、それからあなたの商品を買うことによってそれを返すならば、あなたはその同じ人のためにあなたの商品をあまりに売ることによってあなた自身を決して豊かにしません。このような売上高は損失を減らす可能性がありますが、利益の実現には役立ちません。

30 したがって、利益の一般的性質を説明するには、商品は平均して実際の価値で販売され、利益は商品の価値への販売から得られるという原則に基づいている必要があります。それらで対象とされた労働の量に比例して。この仮定で利益を説明できない場合は、まったく説明できません。これは逆説的であり、日常の観察と矛盾しているようです。地球が太陽を中心に回転し、水が非常に燃える2つのガスで構成されていることは、逆説的です。科学的な真実は、日常的な経験の観点からは常に逆説的であり、物事の虚偽の幻想のみを知覚します。

30  Therefore, to explain the general nature of profit, it must be based on the principle that, on average, commodities are sold at their real values, and that profits are derived from the sale of commodities to their values, i. in proportion to the quantity of labor objectified in them. If you can not explain the profit on this assumption, you can not explain it at all. This seems paradoxical and contradictory to everyday observation. It is just as paradoxical that the earth revolves around the sun and that water consists of two extremely flaming gases. Scientific truth is always paradoxical from the point of view of everyday experience, which only perceives the deceptive illusion of things.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7. The worker
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

商品に提示された作品のあいまいな性格

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 9月17日(火)13時36分50秒
返信・引用 編集済
  file:///Users/koji/Downloads/AA11349190_9_1%20(4).pdf

  『資本論』第一章「商品」のディアレクティーク
  丹  野    正
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 国民文庫訳とは異なる読みを、 丹野先生は築けなかったのです。
 上記画面と平行に参照願います。

   http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm
  <独語版--で、カウツキー版の変更を受けていない、マルクス生粋の記載であります。>

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1716
  ① 2. The Relative Form of value
  (a.) The nature and import of this form
  このフォームの性質と重要性
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1707
  ② 商品の両面性と商品形態の二重性について
  <第三節 価値形態または交換価値>
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1714
  ③ 再版  同等のフォーム
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1697
  ④ 資本論 単純な価値形式の全体・第二の形態 第三の形態
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1690
  ⑤  商品の魅力とその秘密
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1683
  ⑥  第二章 交換過程
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1702
  ⑦  資本論三章その1 ・ 2
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1775
  ⑧  資本論  1 第四章
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1713
  ⑨  第1作業プロセス
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1785
  ⑩  固定資本および変動資本
<次は、上記を参照願います。>

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1795
  初版 価値形態

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1794
  資本論 初版<その2>

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1779
    III。相対値の3番目、逆、または逆2番目の形式:

   https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1646
   「経済学批判」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  商品に提示された作品のあいまいな性格
  再版   第1章

   グッズ1. Die zwei Faktoren der Ware: Gebrauchswert und Wert(Wertsubstanz, Wertgröße)
  1.商品の2つの要素:使用価値と価値(Wertsubstanz、バリューサイズ)

①<49>資本主義的生産様式が支配する社会の富は、「巨大な財の収集」として現れる(1)、その基本形としての単一商品。したがって、私たちの調査は商品の分析から始まります。

② 商品は、最初は外部オブジェクトであり、つまりその性質によってある種の人間のニーズを満たすものです。これらのニーズの性質は、それらが胃から生じたものであろうと想像力から生じたものであろうと、何も変わらない。(2) 。直接的に食料として、すなわち娯楽の対象として、あるいは生産の手段としてのいずれであっても、それが問題が人間の必要性をどのように満足させるかについても関係がない。

③ 鉄、紙などのあらゆる有用なものは、品質と量の観点から、二重の観点から考慮されるべきです。そのようなものはそれぞれ多くのプロパティの全体であるため、さまざまなページで役に立ちます。
これらの異なる側面、そしてそれゆえに物事を行うための多様な方法を発見することは歴史的な行為です。(3) 。だから有用なものの量のための社会的措置の決定。商品の寸法の違いは、部分的には慣習から、測定対象の異なる性質から生じます。

④ ものの有用性はそれを使用価値にします (4) 。
しかし、この有用性は空中に浮かんでいません。体の性質上、それがなければ存在しません。鉄、小麦、ダイヤモンドなどの商品自体は、したがって、使用価値または価値があります。
この性質は、その有用性の割り当てに多大な労力がかかるのか、それともわずかな労力がかかるのかには依存しません。使用価値を考えるとき、それらの量的な明確さ、例えば数十の時計、キャンバス、1トンの鉄などが常に前提とされています。商品の使用価値は自分の分野の材料、商品知識を提供します(5) 。効用価値は使用または消費においてのみ実現される。
効用価値は富の重要な内容を構成し、それは常にその社会的形態である。私たちが考える社会という形で、それらは同時に交換価値の重要な担い手を形成します。
 <注意!注意。使用価値では富の素材的内容には、成らないのです!>

⑤ 交換価値は、最初に数量比率として表示されます。
これは、ある種類の使用値が別の種類の使用値に交換される割合です。 (6)時間と場所によって絶えず変化する関係です。交換価値は最初、量的比率、ある種類の使用価値が別の種類の使用価値と交換される割合ですし(6)、時間と場所によって絶えず変化する関係として現れます。したがって、交換価値は偶発的で純粋に相対的なものであるように思われます。これは、商品の内在的な交換価値(valeurintrinsèque)の1つであるため、用語の矛盾(7)です。よく見てみましょう。

⑥例えば、ある商品、4分の1小麦は、x Stiefelwichseやy silk、z z goldなどと簡単に交換できますが、他の商品と最も異なる割合で交換しています。したがって、多様体の交換価値は、1つではなく小麦です。しかし、xブートワックスは、シルク、zゴールドなどと同様に、小麦の4分の1の交換価値なので、yは、交換可能または等しい交換価値によるブートワックス、yシルク、zゴールドなどでなければなりません。
したがって、最初に次のようになります。同じ商品の有効な交換価値は同じことを表します。第二に、交換価値は表現のモード、それと区別することができる内容の「顕現」にしかなり得ない。

⑦ また、小麦と鉄という2つの商品も考えてみましょう。それらの交換比率がどうであれ、それは常に、与えられた量の小麦があらゆる量の鉄に等しいという式で表すことができます(例:1/4小麦= a Ztr。Iron)。この方程式は何を言っていますか?
同じ大きさの共通点が二つの異なること、四分の一小麦、そしてまたaに存在することです。したがって、どちらも第三者のようなものであり、それ自体は一方でも他方でもありません。したがって、2つのそれぞれは、交換価値に関する限り、この第三者に還元可能でなければなりません。

⑧ 簡単な幾何学的な例はこれを説明します。
すべての直線図形の面積を決定して比較するために、それらは三角形に分割されています。三角形自体は、見た目の図形とはまったく異なる表現に縮小されています。ベースラインと高さの積の半分です。同様に、商品の交換価値も普通に減らされるべきであり、それらは超過またはより少ないものを構成する。

⑨ この共通の特徴は、商品の幾何学的性質、物理的性質、化学的性質または他の自然の性質にはなり得ません。それらがそれを使用可能にするのであれば、それらの物理的性質は考慮されます。
他方、それはまさにその使用価値の抽象化であり、それは明らかに商品の交換比率を特徴付ける。適切な割合でしか存在しない場合、その中にuse-valueは他のものと同じくらい多くなります。
あるいは、古いBarbonが言うように、「ある種類の商品は、その交換価値が同じであれば他の商品と同じくらい良く、同じ交換価値のものの間に違いや区別はありません。」(8)

⑩ 使用価値として、商品はとりわけ異なる品質のものであり、交換価値は異なる数量のものに過ぎないため、原子的な使用価値は含まれていません。

<英訳 パソコン直訳>
① <49> The wealth of societies in which capitalist modes of production prevail appears as an "immense collection of goods" (1), the individual commodity as its elemental form. Our investigation therefore begins with the analysis of the goods.

② The commodity is first an external object, a thing that satisfies by its qualities human needs of any kind. The nature of these needs, whether they are e.g. to arise from the stomach or the imagination does not change anything (2). It is also not a matter of how the matter satisfies the human need, whether directly as food, i. as an object of enjoyment, or in a roundabout way, as a means of production.

③ Any useful thing, such as iron, paper, etc., should be considered from a dual point of view, in terms of quality and quantity. Each such thing is a whole of many properties and therefore may be useful on different pages. To discover these different sides and therefore the manifold ways of doing things is a historical act (3). So the determination of social measures for the quantity of useful things. The difference in the dimensions of commodities arises partly from the different nature of the objects to be measured, partly from convention.

④ The usefulness of a thing makes it a use value (4). But this usefulness does not hover in the air. Due to the properties of the body, it does not exist without it. The commodity itself, such as iron, wheat, diamond, etc., is therefore a use value or good. This character does not depend on whether the appropriation of its usefulness costs man much or little work.
When considering the values of use, their quantitative definiteness is always presupposed, such as dozens of watches, canvas, ton of iron, etc. The use values of the goods furnish the material of their own discipline, commodity knowledge (5). The utility value is realized only in use or consumption. Utility values constitute the material content of wealth, which is always its social form. In the form of society to be considered by us, they simultaneously form the material carriers of the exchange value.

⑤ The exchange value first appears as the quantitative ratio, the proportion in which use values of one kind are exchanged for use values of another kind (6), a relationship that constantly changes with time and place.
The exchange value, therefore, seems to be something accidental and purely relative, an intrinsic exchange value immanent to the commodity (valeur intrinsèque), that is, a contradictio in adjecto (7). Let's take a closer look.

⑥ A certain commodity, a quarter wheat, e.g. exchanges, with x Stiefelwichse or with y silk or with z gold etc., briefly with other goods in the most different proportions. Thus manifold exchange values are the wheat instead of a single one. But since x boot wax, as well as silk, z gold, etc., is the exchange value of a quarter of wheat, y must be boot wax, y silk, z gold, etc., by exchangeable or equal exchange values. It therefore follows firstly: The valid exchange values of the same commodity express the same. Secondly, the exchange value can only be the mode of expression, the "manifestation" of a content that can be differentiated from it.

⑦ Also take two goods, e.g. Wheat and iron. Whatever their exchange ratio, it is always representable in an equation in which a given quantity of wheat is equated to any quantity of iron, e.g. 1 Quarter Wheat = a Ztr. Iron. What does this equation say that a common of the same size exists in two different things, in quarter wheat, and also in a. So both are like a third party, which in and of itself is neither one nor the other. Each of the two, as far as exchange value, must therefore be reducible to this third party.

⑧ A simple geometric example illustrates this. In order to determine and compare the area of all rectilinear figures, they are broken up into triangles. The triangle itself is reduced to a very different expression from its visible figure - half the product of its baseline with its height. Likewise, the exchange values of the commodities are to be reduced to a common, of which they constitute an excess or a lesser.

⑨ This common feature can not be a geometric, physical, chemical or other natural property of the goods. Their physical properties are only considered, if they make it usable, so to use values. On the other hand, it is precisely the abstraction of its use-values, which apparently characterizes the exchange-ratio of the commodities. Within it a use-value is just as much as any other, if it exists only in proper proportion. Or, as the old Barbon says:

"One kind of commodity is as good as the other if its exchange-value is equal, and there is no difference or distinctiveness between things of equal exchange-value." (8)

⑩ As use values the goods are above all different quality, as exchange values they can only be of different quantity, contain thus no atom use value.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪  If we ignore the value of the commodities, they have only one property,labor products.  labor products. However, the work product is already transformed in our hands. If we abstract from its utility value, we also abstract from the bodily components and forms that make it into use value. It is no longer a table or house or yarn or otherwise useful. All his sensual qualities are extinguished. It is also no longer the product of carpentry or construction work or spinning work or any other productive work. With the useful character of the work products, the useful character of the work presented in them vanishes, so that the various concrete forms of this work disappear, they no longer differ, but are all too reduced to the same human work, abstractly human work.
⑪ コモディティの価値を無視した場合、それらはただ一つの財産、労働生産物の財産を持ちます。
しかし、作業成果物はすでに私たちの手で変換されています。
その有用性の価値から抽象化する場合、それを価値のあるものにする身体のコンポーネントやフォームからも抽象化します。それはもはやテーブルや家や糸ではありません。彼の官能的な資質はすべて消滅します。また、木工や建設作業、紡績作業、その他の生産的な作業の産物でもありません。

作業成果物の有用な特性により、そこに提示された作業の有用な特性は消失するため、この作業のさまざまな具体的な形は消え、もはや変わらず、同じ人間の作業、抽象的な人間の仕事にすべて縮小されます。
<but are all too reduced to the same human work, abstractly human work.>
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <再度、訳の有りようを掲げておこう。>
  With the useful character of the work products,
  <作業成果物の有用な性格によって、>

  the work presented in them disappears,so that also the various concrete forms of these works vanish,they no longer differ,
  それらの中に提示された作品は消えます、その結果、これらの作品の様々な具体的な形もまた消えます、それらはもはや違いません、

  but are all reduced to the same human work,abstractly human work.
  しかし、すべて同じ人間の仕事に還元されています、抽象的に人間の仕事です。

  <作業成果物ーthe work presented
   労働生産物ーlabor products. >
   作品のあいまいな性格であり、作品の二面性・二重性を、英語版が、すべてセクト的意図のもとに、排除してきたのです。>
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   http://www.trend.infopartisan.net/trd0500/t010500.html
  資本主義の政治経済学に関する講義
  Wertsubstanzと値のサイズ

  アルフレッド・レムニッツ  ドイツ語
--その結果、価値は商品に具体化された商品生産者の社会的関係を表します。 したがって、それは - 具体的な作業の場合のように - 使用価値に具現化された物質的な天然の物質ではなく、社会的な物質である。 仕事が民間生産者の社会的な仕事として行われるとき、価値実体は起こります。 このため、商品に対する具体的な作業の影響は常に見ることができますが、抽象的な作業の影響は見ることができません。 貴重な物質は誰にも見えません。 まず、値を交換値に変換することによって、特別な方法で可視化する必要があります。 したがって価値のある物質は社会的な物質です。 それは商品に具体化されている民間生産者の社会事業です。--

 <「 仕事が民間生産者の社会的な仕事として行われるとき、価値実体は起こります。」>
 <「同じ種類の労働に還元されている、抽象における人間労働に。」>英語版
 この対比からも知る--価値実体は労働--では物象の社会関係は、物化論なのです。

 ー アルフレッド・レムニッツ氏ーは素晴らしい!賛辞します。ー

 <初版は続きます:私たちは今価値の本質を知っています。 それは仕事です。 私たちは彼の大きさを知っています。 それは労働時間です。>
 --このように、価値の実体・形態--では無い展開をこそ--なすべきなのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑫ 今度は<作業成果物>の残差を考慮してください。同じ幽霊的な客観性、比類のない人間労働力の単なる水差し、つまり支出の形式に関係なく人間の労働力を費やすこと以外は、何も残っていません。
これらのことは、彼らの生産において人間の労働力が費やされ、人間労働が積み重なっていることを表しているにすぎません。それらの共通の物質の結晶として、それらは価値 - 商品価値です。
⑫ Now consider the residual of the work products. There is nothing left of them but the same ghostly objectivity, a mere jug of unparalleled human labor, i. the expenditure of human labor without regard to the form of its expenditure. These things only represent that in their production human labor power is spent, and human labor is piled up. As crystals of their common substance they are values - commodity values.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 英語版
⑫ Let us now consider the residue of each of these products; it consists of the same unsubstantial reality in each, a mere congelation of homogeneous human labour, of labour power expended without regard to the mode of its expenditure.All that these things now tell us is, that human labour power has been expended in their production, that human labour is embodied in them.When looked at as crystals of this social substance, common to them all, they are  Values.
⑫ それでは、これらの各製品の残りを考えてみましょう。
それはそれぞれの同じ実質的でない現実、同質な人間の労働の単なる混乱、その支出の様式に関係なく費やされた労働力からなる。これらのことが今私たちに伝えているのは、人間の労働力が彼らの生産に費やされてきたということ、人間の労働がそれらに具体化されているということです。この社会的実体の結晶として見たとき、彼ら全員に共通のもの、それらは - 価値です。

⑬ 私たちは、商品が交換されるとき、それらの交換価値はそれらの使用価値から完全に独立した何かとしてそれ自身を明示することを見ました。
⑬ We have seen that when commodities are exchanged, their exchange value manifests itself as something totally independent of their use value.
But if we abstract from their use value, there remains their Value as defined above.
Therefore, the common substance that manifests itself in the exchange value of commodities, whenever they are exchanged, is their value.
The progress of our investigation will show that exchange value is the only form in which the value of commodities can manifest itself or be expressed. For the present, however, we have to consider the nature of value independently of this, its form.
しかし私達がそれらの使用価値から抽象化すれば、上で定義されるようにそれらの価値が残る。したがって、商品が交換されるときはいつでも、商品の交換価値に現れる共通の実体がその価値です。
我々の調査の進展は、交換価値が商品の価値がそれ自身を明示するかまたは表現することができる唯一の形であることを示すでしょう。しかし今のところ、私達はこれとは無関係に価値の性質、その形式を考慮しなければなりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このように、英語版と再版とを 比較すると、次の判読・理解をしていない事がわかります。

 the work products.--the same ghostly objectivity,
 作業成果物             同じ  幽霊のように 客観性、

 労働生産物 <新日本版 P65>    同じ  幻のような対象性
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
独語版--
⑬<53>In exchange ratio of the goods themselves their exchange value Independent seemed to be something of their use-values entirely. If one really abstracts from the use-value of the products of labor, one obtains their value as it was just determined. The common, what is in the exchange or exchange value of the goods, is therefore their value. The progress of the investigation will lead us back to the value of exchange as the necessary expression or manifestation of value, which, however, must first be considered independent of this form.

⑬<53>商品の交換において、交換価値は使用とはまったく無関係であるように思われました。労働生産物の使用価値から本当に抽象化された場合、それは決定されたばかりの価値を得る。したがって、商品の交換または交換価値に共通するのは、その価値です。調査を継続すると、価値の必要な表現または発現として価値交換に戻りますが、最初にこの形式とは無関係に考えなければなりません。

⑭ したがって、抽象的な価値のある人間の労働がオブジェクト化または具体化されるため、use-valueまたはgoodは1つの値のみを持ちます。その値のサイズを測定する方法は?その中に含まれる「価値形成物質」の量を通じて、作品。労働量自体はその時間の長さによって測定され、労働時間は、時間、日などの特定の期間でそのスケールを取り戻します。
⑭  A use-value or good, then, has only one value, because abstractly human labor is in it objectified or materialized. How to measure the size of its value? Through the quantum of the "value-forming substance" contained in it, the work. The quantity of labor itself is measured by its length of time, and working time regains its scale in certain periods of time, such as hour, day, etc.

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <But the work which constitutes the substance of values is the same human labor,the expenditure of the same human labor.>
   しかし、価値の本質を構成する仕事は同じ人間労働、人間の同じ労働の支出です。

⑮ 商品の価値がその生産中に費やされる労働の量によって決定される場合、男が怠けたり不器用であったりするほど、その商品を生産するためにより多くの時間を必要とするため、彼の商品はより価値があるように思われるかもしれません。しかし、価値の実体を構成する仕事は、同じ人間の労働、同じ人間の労働の支出です。
It might seem that if the value of a commodity is determined by the quantity of labor expended during its production, the more lazy or clumsy a man, the more valuable his commodity, because he needs more time to produce it. But the work which constitutes the substance of values is the same human labor, the expenditure of the same human labor.

The total labor force of society, represented in the values ??of the world of commodities, is here considered to be one and the same human labor force, although it consists of innumerable individual laborers. Each of these individual workers is the same human labor force as the other, insofar as it has the character of an average social labor force and as such acts as a social average labor force, that is, in the production of a commodity only the working time necessary on average or socially necessary , Socially necessary working time is working time, required to represent any use value with the existing socially normal production conditions and the social average degree of skill and intensity of the work.
商品世界の価値で表される社会の総労働力は、ここでは無数の個々の労働者で構成されていますが、ここではまったく同じ人間の労働力と見なされます。これらの個々の労働者のそれぞれは、平均的な社会労働力の特性を持ち、社会的平均労働力として機能する限り、つまり、労働力のみの商品の生産において、他と同じ人間の労働力です。平均的に必要な時間または社会的に必要な時間、社会的に必要な労働時間は、既存の社会的に通常の生産条件と社会的平均スキルと仕事の強度で使用価値を表すために必要な労働時間です。

イギリスでの蒸気織機の導入後一定量の糸を布地に変えるのに、以前の半分の労力しかかからなかったかもしれません。
After the introduction of the steam loom in England e.g. It may have taken half as much work as before to turn a given quantity of yarn into fabric.

The English hand-weaver, in fact, still needed the same working time for this transformation, but the product of his individual working hour now represented only half a working hour of work and therefore fell to half his previous value.
<実際、英国のハンドウィーバー<手織り職人>この変換に同じ作業時間を依然として必要としていましたが、彼の個々の作業時間の積は今では作業時間の半分の作業時間にすぎず<only half a working hour of work,>、したがって以前の半分の値になりました。>
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <英語版>
⑮ <The labour, however, that forms the substance of value, is homogeneous human labour,expenditure of one uniform labour power. >
 ーーーー 略 ーーーー
 しかし、価値の本質を形成する労働は、一様な労働力、一律の労働力の支出です
商品世界の価値観で表される社会全体の労働力は、ここでは無数の個人的な労働で構成されていますが、同一の人間の労働であると見なされます。これらの個々の労働者の各々は、それが社会的平均労働者の性格を有し、したがって社会的平均労働力として行動する、すなわち商品の生産において必要なまたは社会的に必要な労働時間のみが必要である限り、他と同じ人間労働力である。
社会的に必要な労働時間は労働時間であり、生産の既存の社会的に正常な条件および社会的平均技能度および仕事の強度を伴うあらゆる実用的価値を表すのに必要とされる。例えば、イギリスで蒸気織機が導入された後は、おそらく以前の半分の作業で、与えられた量の糸を布地に変えるのに十分でした。実際、英国のハンドウィーバー<手織り職人>はこの変換に同じ作業時間を依然として必要としていましたが、彼の個々の作業時間の積は今では作業時間の半分の作業時間にすぎず、したがって以前の半分の値になりました。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<独語版>
⑯  Thus, it is only the quantity of socially necessary labor or the working time which is socially necessary for the production of a utility value, which determines its value. [9] The single commodity applies here at all as average copy of its kind [10]. Goods in which equal amounts of work are included or which can be produced in the same working time therefore have the same value. The value of one commodity is the value of every other commodity, and the labor-time necessary for the production of the one labor-time necessary for the production of the other labor-time."As values, all goods are only certain measures of solidified working time." [11]
したがって、その価値を決定するのは、ユーティリティ価値の生産に社会的に必要なのは、社会的に必要な労働の量または労働時間だけです。 [9]単一の商品は、その種類の平均的なコピーとしてここでまったく適用されます[10]。 したがって、同量の作業が含まれる商品、または同じ作業時間で生産できる商品には同じ価値があります。 1つの商品の価値は、他のすべての商品の価値であり、1つの労働時間の生産に必要な労働時間は、他の労働時間の生産に必要です。 労働時間を固めた。」 [11]

⑰ したがって、商品の生産に必要な労働時間が一定であれば、商品の価値は一定のままです。ただし、後者は、作品の生産力が変わるたびに変わります。労働の生産力は、さまざまな状況、とりわけ労働者の平均スキル、科学の発展段階とその技術的適用可能性、生産プロセスの社会的組み合わせ、生産プロセスの範囲と効率によって決定されます、および自然条件。同じ量の仕事が発生します。良好な季節には小麦8ブッシェルであるが、わずか4で不利である。同量の労働力は、貧しい鉱山などよりも金持ちでより多くの金属を供給している。平均して、多くの作業時間。その結果、彼らは小さなボリュームで多くの仕事をします。ジェイコブは、金がこれまでにない価値を持っていることを疑っています
⑰  The value of a commodity would therefore remain constant if the working time required for its production were constant. The latter, however, changes with every change in the productive power of the work. The productive power of labor is determined by manifold circumstances, among others the average degree of skill of the workers, the stage of development of science and its technological applicability, the social combination of the production process, the extent and the efficiency of the production process, and natural conditions. The same quantum of work arises e.g. In a favorable season it is in 8 bushels of wheat, but less favorable in only 4. The same quantity of labor supplies more matalle in rich than in poor mines, etc.

Diamonds rarely occur in the earth's crust, and their finding therefore costs, on average, a lot of working time. Consequently, they do a lot of work in little volume. Jacob doubts that gold has ever paid its full value. This is even more true of the diamond. According to Eschwege, in 1823 the eighty-year total yield of the Brazilian diamond mines had not yet reached the price of the one-and-a-half-year average product of Brazilian sugar or coffee planting, although it represented much more work, more value. With richer pits, the same amount of work would show up in more diamonds and their value would decrease. If it succeeds in turning coal into diamond with little work, its value may fall below that of bricks.
ダイヤモンドが地球の地殻に存在することはめったにないため、その発見には平均して多くの作業時間がかかります。その結果、彼らは小さなボリュームで多くの仕事をします。ジェイコブは、金がこれまでにその価値を全額支払ったことを疑っています。これは、ダイヤモンドについてさらに真実です。エシュウェーゲによると、1823年のブラジルのダイヤモンド鉱山の80年の総収量は、ブラジルの砂糖またはコーヒーの植え付けの1年半の平均製品の価格にまだ達していませんでしたが、より多くの価値。より豊富なピットでは、同じ量の作業がより多くのダイヤモンドに現れ、その価値は減少します。わずかな作業で石炭をダイヤモンドに変えることに成功した場合、その価値はレンガの価値を下回る可能性があります。

一般:仕事の生産力が大きければ大きいほど、物品を生産するのに必要な作業時間が短くなり、その中に循環する作業質量が小さくなり、その価値は小さくなる。逆に、作品の生産力が小さいほど、記事を作成するのに必要な労働時間が長くなり、その価値は大きくなります。このように、商品の価値の大きさは、量子のように直接変化し、その逆も同様です。その逆に、作品で実現される製品の力のように。 [1 *]
General: The greater the productive power of the work, the smaller the working time required to produce an article, the smaller the working mass cir- culated in it, the smaller its value. Conversely, the smaller the productive power of the work, the greater the labor time necessary to produce an article, the greater its value. The value-magnitude of a commodity thus changes directly, like quantum, and vice versa, like the force of the product of the work which is to be realized in it. [1 *]

⑱  A thing can be use value without being worth. This is the case if its benefit to man is not mediated through labor. So air, virgin soil, natural meadows, wild-growing wood, etc. A thing can be useful and a product of human labor without being a commodity. Whoever satisfies his own need through his product, creates use value, but not commodity. In order to produce commodity, he must not only produce use value, but use value for other, social utility value. {And not just for the sake of others. The medieval farmer produced interest-rate grain for the feudal lord, the tithe-grain for the priest. But neither grain of interest nor ten grain became commodities by virtue of being produced for others. In order to become commodity, the product must be transferred to the other, to whom it serves as a use-value, through exchange. [11a] Finally, no thing can be of value without being a commodity. If it is useless, the work contained in it is useless, does not count as work, and therefore does not constitute value.
⑱ 価値は価値がなくても使用できます。これは、人間への利益が労働によって媒介されない場合です。そのため、空気、未使用の土壌、自然の牧草地、野生で成長している木材などです。物は有用ではなく、商品でなくても人間の労働の産物です。自分の製品で自分のニーズを満たす人は、使用価値を生み出しますが、商品ではありません。商品を生産するために、彼は使用価値を生み出すだけでなく、他の社会的効用価値のために価値を使わなければなりません。 {そして、他人のためだけではありません。中世の農民は、封建領主のために利子率の穀物を、祭司のための十分の一粒を生産しました。しかし、他の人のために生産されたおかげで、関心のある穀物も10粒も商品になりませんでした。商品になるためには、交換を通じて製品を他の製品に転送しなければなりません。 [11a]最後に、商品でなければ価値のあるものはありません。役に立たない場合、そこに含まれる作品は役に立たず、作品としてカウントされないため、価値を構成しません。

[1 *] 1.サプリメントが続きます:価値の実体がわかりました。それは、 作品です。
私たちは彼のサイズを知っています。 それは労働時間です。
交換のための価値を刻印する彼のフォームは、まだ分析されていません。
ただし、以前は、すでに見つかった規定をもう少し詳しく開発する必要があります。

<独語版>[1*] 1. Aufllage folgt: Wir kennen jetzt die Substanz des Werts. Es ist die Arbeit.
Wir kennen sein Großenmaß. Es ist die Arbeitszeit.
Seine Form, die den Wert eben zum Tausch-Wert stempelt, bleibt zu analysieren.
Vorher jedoch sind die bereits gefundenen Bestimmungen etwas naher zu entwickeln.

<英語版> [1 *] 1. Supplement follows:
We now know the substance of the value.It is the work.
We know his size. It's the working time.
His form, which stamps value for exchange, remains to be analyzed.
Before, however, the provisions already found are to be developed a little closer.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 次が意図的な誤訳です。
<Now we know the substance of value. It is labour.
We know its unit of measurement. It is labour-time.
We have yet to analyse its form, which precisely stamps the value as an exchange-value.
Before we do that we must develop the determinations which have already been discovered in somewhat greater detail.>

https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑱ 価値は価値がなくても使用できます。これは、人間への利益が労働によって媒介されない場合です。そのため、空気、未使用の土壌、自然の牧草地、野生で成長している木材などです。物は有用ではなく、商品でなくても人間の労働の産物です。自分の製品で自分のニーズを満たす人は、使用価値を生み出しますが、商品ではありません。商品を生産するために、彼は使用価値を生み出すだけでなく、他の社会的効用価値のために価値を使わなければなりません。 {そして、他人のためだけではありません。中世の農民は、封建領主のために利子率の穀物を、祭司のための十分の一粒を生産しました。しかし、他の人のために生産されたおかげで、関心のある穀物も10粒も商品になりませんでした。商品になるためには、交換を通じて製品を他の製品に転送しなければなりません。 [11a]最後に、商品でなければ価値のあるものはありません。役に立たない場合、そこに含まれる作品は役に立たず、作品としてカウントされないため、価値を構成しません。
⑱ A thing can be use value without being worth. This is the case if its benefit to man is not mediated through labor. So air, virgin soil, natural meadows, wild-growing wood, etc. A thing can be useful and a product of human labor without being a commodity. Whoever satisfies his own need through his product, creates use value, but not commodity. In order to produce commodity, he must not only produce use value, but use value for other, social utility value. {And not just for the sake of others. The medieval farmer produced interest-rate grain for the feudal lord, the tithe-grain for the priest. But neither grain of interest nor ten grain became commodities by virtue of being produced for others. In order to become commodity, the product must be transferred to the other, to whom it serves as a use-value, through exchange. [11a] Finally, no thing can be of value without being a commodity. If it is useless, the work contained in it is useless, does not count as work, and therefore does not constitute value.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://www.cpm.ehime-u.ac.jp/AkamacHomePage/Akamac_E-text/Kapital/1.Kapitel.html

DAS KAPITAL BAND 1
Karl Marx, Friedrich Engels
P25

{56}
 2. Double character of the work presented in the goods
   商品に提示された作品の二重性格

①<56> Originally, the goods seemed to us to be an ambiguous, use value and exchange value. It later became apparent that work, insofar as it is expressed in value, no longer possesses the same characteristics as the producer of use-value. This ambiguous nature of the work contained in the commodity was first of all critically proved by me. (12) Since this point is the jumping-off point around which the understanding of political economy revolves, it will be examined here in more detail.

①<56>当初、商品はあいまいで、使用価値があり、交換価値があるようでした。
後になって明らかになったのは、価値に表現されている限りにおいて、使用価値は仕事とはもはや同じ特性を持たないということであります。商品に含まれている 作品のこのあいまいな性質 は、まず第一に私によって批判的に証明されました。 (12)この点は政治経済学の理解において、中心となるところの急上昇点であるため、ここでさらに詳しく検討する。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <杉本--我らが和訳は、全て次の英語版に続いたものでした。>
① 一見したところ、商品は2つの要素、使用価値と交換価値の複合体として自分自身を提示しました。
後になって、労働も同じ二重の性質を持っていることもわかりました。なぜなら、それは価値のある表現を見つける限り、
それは使用価値の創作者としてそれに属するのと同じ特性を持たないからです。
私は、商品に含まれる労働のこの2つの性質を指摘し、批判的に検討したのは初めてでした。
この点が、政治経済学の明確な理解が向けられる要点であるので、我々はより詳細に調べなければなりません。
At first sight a commodity presented itself to us as a complex of two things use value and exchange value. Later on, we saw also that labour, too, possesses the same two-fold nature; for, so far as it finds expression in value, it does not possess the same characteristics that belong to it as a creator of use values. I was the first to point out and to examine critically this two-fold nature of the labour contained in commodities. As this point is the pivot on which a clear comprehension of political economy turns, we must go more into detail.

英語版
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/ch01.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<独語版>

② Take two goods, for example a skirt and 10 cubits of linen. The first has twice the value of the latter, so that when 10 cubits canvas = W, the skirt = 2 W.
② 例えばスカートと10キュビトのリネンなど、2つの商品を持って行きます。最初の値は後者の値の2倍なので、10キュビトキャンバス= Wのとき、スカート= 2 Wです

③ The skirt is a utility value that satisfies a special need. To produce it requires a certain kind of productive activity. It is determined by its purpose, mode of operation, object, means and result. The work, whose usefulness is represented in the use value of its product or in the fact that its product is a use value, we call short useful work. From this point of view, it is always considered in terms of its utility.
③ スカートは特別な必要性を満たす実用的な値です。それを生産するには、ある種の生産的活動が必要です。目的、操作モード、目的、手段、および結果によって決まります。その有用性がその製品の使用価値またはその製品が使用価値であるという事実で表される作品は、私たちは短く有用作品と呼びます。この観点から、それはその有用性の観点から常に考慮されます。

④ Like rock and canvas qualitatively different use values, so the work mediating their existence are qualitatively different - tailoring and weaving. If those things were not qualitatively different values ??of use, and therefore products of qualitatively different useful work, they would not be able to confront each other as commodities at all. Rock does not exchange itself against skirt, the same use value does not counter against the same utility value.
④ ロックとキャンバスのように質的に異なる使用価値があるので、それらの存在を仲介する作品は質的に異なっています - 仕立てと織り。これらのものが質的に異なる使用価値ではなく、したがって質的に異なる有用な仕事の製品ではない場合、それらは商品として互いに対抗することはできないでしょう。ロックはスカートに対してそれ自身を交換しません、同じ使用価値は同じ効用価値に対して対立しません。

⑤ In the totality of the various utility values or commodities, a totality appears just as manifold, according to genus, species, family, subspecies, variety of various useful works - a social division of labor. It is an existential condition of commodity production, although commodity production is not, conversely, the existential condition of social division of labor.

In the ancient Indian community, work is shared socially without the products becoming commodities. Or, a closer example, in each factory is the work syste-but shared this division, not by the workers exchanging their individual products. Only products of independent and independent private works are opposed to each other as commodities.

⑤ さまざまな効用値または商品の全体では、全体、属、種、家族、亜種、さまざまな有用な仕事の多様性に応じて、多様体として見えます - 社会的分業。 それは商品生産の実存的条件であるが、逆に商品生産は社会的分業の実存的条件ではない。

古代インドのコミュニティでは、製品が商品にならずに仕事が社会的に共有されています。 または、より近い例としては、各工場における作業システムがありますが、この部門を共有しています。作業者が個々の製品を交換しているわけではありません。 独立した、独立した私的作品の製品だけが商品として互いに対立しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑥ It has thus been seen that in the use value of every commodity there is a certain expedient productive activity or useful work. Usage values can not be considered as commodities unless qualitatively different useful work is involved in them. In a society whose products generally take the form of commodities, that is, in a society of commodity producers, this qualitative difference of useful work, which are independently operated as private businesses of independent producers, develops into a multi-unit system, to a social division of labor ,

⑥ だから、観察したことがある:すべての商品の使用価値には、特定の適切な生産活動または有用な作業がある。質的に異なる有用な仕事がそれらに含まれていない限り、使用価値は商品として考えることはできません。製品が一般に商品の形態をとる社会、すなわち商品生産者の社会では、独立生産者の私的事業として独立して運営されるこの有用な仕事の質的な違いは、マルチユニットシステム、社会的分業へと発展する。
 <初版の20段落から 23段落とほぼ同じ文言です。>

⑦ Incidentally, it does not matter to the skirt whether it is worn by the tailor or by the client of the tailor. In both cases it acts as a use value. Neither is the relationship between rock and the work that produces it altered by the fact that tailoring becomes a special profession, an independent member of the social division of labor. Wherever the need for clothing compelled him, man has made for millennia before a person became a tailor. But the existence of rock, canvas, any element of material wealth not naturally present, must always be mediated by a special, purposefully productive activity which assimilates particular natural substances to particular human needs.
⑦ ちなみに、それが仕立て屋によって、または仕立て屋のクライアントによって、着用されているかどうかはスカートにとって重要ではありません。どちらの場合も、使用価値として機能します。
仕立てが、社会の分業の独立した一員である特別な職業になるという事実によっても、岩とそれを生み出す作品の関係は変わりません。

衣服の必要性が彼を強要したところはどこでも、人が仕立て屋になる前に人は何千年間もそのために作りました。
しかし、岩やキャンバスなど、天然には存在しない物質的な富のあらゆる要素の存在は、特定の天然物質を特定の人間のニーズに同化させる特別な、意図的に生産的な活動によって常に仲介されなければなりません。

それゆえ、有用な仕事としての価値観の教育者としての仕事は、あらゆる形態の社会から独立した人間の条件、人間と自然の間の代謝、すなわち人間の生活を伝えるための自然の永遠の必要性です。
As an educator of use values, as a useful work, the work is therefore a condition of man independent of all forms of society, the eternal necessity of nature in order to convey the metabolism between man and nature, that is, human life.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑧ The utility values rock, canvas etc., in short the commodities, are connections of two elements, natural substance and work.

If one subtracts the sum total of all the various useful works which are in Rock, Lenwand, etc., then there always remains a material substratum, which exists naturally without human intervention. Man can only proceed in his production as nature itself, that is, only change the forms of substances [13].
Even more. In this work of shaping he is constantly supported by natural forces. So work is not the only source of utility values it produces, of material wealth. The work is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.
⑧ 効用値の岩、キャンバスなど、要するに商品とは、二つの要素、天然物質と作品のつながりです。
 <the commodities, are connections of two elements, natural substance and work.>

Rock、Lenwandなどにあるすべてのさまざまな有用な作品の合計を差し引くと、人間の介入なしに自然に存在する重要な下位層が常に残ります。人間は自然そのものとして、つまり物質の形を変えるだけで自分の生産を進めることができます。[13]

形作るこの仕事で彼は、さらにもっと絶えず自然力によって支えられます。
<英語版「いやそれどころかさらに、この形態を変化させる労働においても人間はいつも自然諸力によって助けられている。」>

だから仕事は、それが生み出す効用価値、物質的富の唯一の源ではない。 William Pettyが言うように、作品は彼の父親であり、地球は彼の母親です。
<The work is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.
--The workとは?『作品』であり、『労働』では無い!--
--商品とは、二つの要素、天然物質と作品のつながり--とは?
--効用価値であって、使用価値ではなく、The workを提示するからです。
--『作品』です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑨ Let us now proceed from the commodity, as far as commodity, over to commodity value.
⑨ 今度は、商品から商品まで、商品の価値へと進みましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑩-① According to our assumption, rock has twice the value of the canvas. But this is just a quantitative difference that we are not interested in yet. We therefore recall that if the value of a coat is twice as great as that of 10 cubits of linen, 20 cubits of linen the same value as a coat.
⑩-① 私達の仮定によれば、ロックはキャンバスの2倍の価値があります。しかし、これは私たちがまだ興味を持っていない単なる量的な違いです。したがって、コートの価値がリネンの10キュビトの値の2倍であれば、リネンの20キュビットはコートと同じ値になります。

 ② 価値として、岩とキャンバスは同等の実体のもの、仕事のような客観的表現です。しかし、仕立てと織りは質的に異なる作品です。しかし、同じ人が交互に仕立てたり織り込んだりする社会の状態があります。したがって、今日--これら2つの異なる働き方は、同じ個人の仕事の修正にすぎず、私たちの仕立て屋が作るスカートのようなまだ異なる個人の異なる機能ではありません、そして彼が創作したズボンは、同じ個々の作品のバリエーションを前提としているだけです。
  ,<①英語版
  「それらが価値である限り、コートとリネンは本質的に同一の労働の同じような物質、客観的な表現のものです。」
  ②日本語版--全て同じ--
  「価値としては、上着とリンネルとは、同じ実体をもった物であり、同種の労働の客体的表現である。」<国民文庫P86>
  このように、objective expressions of like work.--は、否定されてきたのです。>
 ② As values, rock and canvas are things of equal substance, objective expressions of like work. But tailoring and weaving are qualitatively different works. But there are states of society in which the same man alternately tailors and weaves, these two different modes of working are therefore only modifications of the work of the same individual, and not yet distinct functions of different individuals, much like the skirt our tailor makes today, and the trousers which he norgen, only presuppose variations of the same individual work.

 ③ Evidence also shows that in our capitalist society, depending on the changing direction of labor demand, a given portion of human labor is alternately supplied in the form of dressmaking or in the form of weaving.
 ③ 私たちの資本主義社会では、労働需要の方向性の変化に応じて、人的労働の一定部分が洋裁の形で、または製織の形で交互に供給されることも示しています。

 ④ 仕事の形態のこの変化は摩擦がないわけではないかもしれませんが、彼は行かなければなりません。生産活動の確実性、したがって労働の有用な性格を無視したとしても、それは人間の労働の支出であることに変わりはありません。仕立てと織りは、質的に異なる生産的活動であるが、両方とも人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的支出であり、そしてこの意味では人間と労働者の両方ともにです。
 ④ This change of form of work may not be without friction, but he must go. If we disregard the certainty of productive activity and therefore the useful character of labor, it remains that it is an expenditure of human labor.Tailoring and weaving, although qualitatively different productive activities, are both productive expenditures of the human brain, muscle, nerve, hand, etc., and in this sense both human labor.

 ⑤ たった2つの異なる形態があります。しかし、人間の労働力自体は、何らかの形で使われるために多かれ少なかれ発達していなければなりません。
 ⑤ There are only two different forms, manpower to spend. However, the human labor force itself must be more or less developed to be spent in one form or another.

 ⑥ But the value of the commodity represents human labor par excellence, expenditure of human labor in general. Just as a general or a banker plays a great role in bourgeois society, while a human being plays a very shabby role [14], so too does human labor.
 ⑥ しかし、コモディティの価値は、優れた人間の労働力、一般的には人間の労働力の支出を表しています。一般市民や銀行家がブルジョア社会で大きな役割を果たすのと同じように、人間が非常にぼろぼろの役割を果たしているように[14]、人間の労働もそうです。

 ⑦ それは単純な労働力の支出であり、平均して、あらゆる普通の人間は、特別な発達なしに、彼の物理的な生物において所有しています。単純な平均的な作品自体<The simple average work>が、さまざまな国や文化的な時代においてその性格を変えますが、既存の社会の中で与えられています。
 ⑦ It is an expenditure of simple labor power, which, on average, every ordinary human being possesses, without any particular development, in his physical organism. The simple average work itself changes its character in different countries and cultural epochs, but is given in an existing society.

 ⑧ More complicated work is only as potentiated or rather multiplied simple labor, so that a smaller quantity of skilled labor equals a larger quantity of simple labor. That this reduction proceeds constantly is shown by experience. A commodity may be the product of the most complicated labor, its value equates to the product of simple labor, and therefore represents itself only a certain quantity of simple labor [15].
 ⑧ より複雑な仕事は、単純化された労働力の増強またはかなり倍増されたものにすぎず、したがって、より少ない量の熟練労働者がより大量の単純労働力に等しい。この減少が絶えず進行することは経験によって示されています。商品は最も複雑な労働力の産物であるかもしれず、その価値は単純労働力の産物に等しく、それゆえそれ自体はある量の単純労働力を表すにすぎない[15]。

⑩-⑨ 異なる種類の仕事<kinds of work>がその測定単位として単純労働<simple labor>に還元される異なる比率は、生産者の背後にある社会的プロセスによって固定されているため、伝統的に見られます。簡単にするために、どんな種類の労働者でもただちに単純な労働者であると見なされるので、削減の努力だけが節約されます。
⑩-⑨ The different proportions, in which different kinds of work are reduced to simple labor as their unit of measure, are fixed by a social process behind the backs of the producers, and therefore appear to them by tradition. For the sake of simplicity, any type of worker will be considered immediately to be a simple worker, thus saving only the effort of reduction.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪ So how in the values of rock and canvas is abstracted from the value of their use, so in the works represented in these values, of the difference of their useful forms, tailoring and weaving.
⑪ それで、岩とキャンバスの価値の中では、それらの用途の価値からどのように抽象化されているのか、それでこれらの価値の中で表されている作品の中では、それらの有用な形の違い、仕立てと織り方はどうなのでしよう。

それは、ロックとキャンバスの使用価値が布と糸を使った意図的で生産的な活動のつながりであるのと同じように、ロックとキャンバスの価値は単に似たようなワーキングギャレーであるため、これらの値に含まれる作品は重要ではありませんので、布や糸に対する生産的行動として、しかし人間の労働者の支出としてのみあります。
Just as the use values of rock and canvas are connections of purposeful, productive activities with cloth and yarn, while the values of rock and canvas are merely similar working galleys, so the works contained in these values ??do not count as productive behavior towards cloth and yarn, but only as expenditures human worker.

Educational elements of the worthy skirt and canvas are tailoring and weaving by their very different qualities; Substance of the skirt value and canvas value they are only, as far as their particular quality abstracted and both have the same quality, the quality of human work.
スカートとキャンバスのふさわしい教育的要素は、それらの非常に異なる資質によって仕立てていて、織っています。だからスカート値とキャンバス値の実体は、それらの特定の品質が抽象化され、両者が同じ品質、人間の仕事<human work.>の質を持っている限りにおいてのみです。

⑫ But rock and canvas are not just values, they are values of a certain size, and according to our insinuation the skirt is worth twice as much as ten cubits of linen.
Where does this diversity have its value sizes Hence that the canvas contains only half as much work as the coat, so that labor must be expended twice as much time in producing the latter as in the production of the former.

⑫ しかし、岩やキャンバスは単なる価値の観なしではなく、一定の大きさの価値の観なしであり、私たちの調査によれば、スカートはリネンの10キュビトの2倍の価値があります。
この多様性の価値はどこにあるのでしょうか。したがって、キャンバスにはコートの半分の作業しか含まれていないため、後者の製造には前者の製造に比べて2倍の労力を費やす必要があります。

⑬ Thus, if the work contained in the commodity applies only qualitatively with respect to the use value, it applies only quantitatively in relation to the value value, having already been reduced to human labor without any further quality.There it concerns the how and what of the work, here around it how much, their duration of time.Since the value size of a commodity represents only the quantum of the work contained in it, goods in a certain proportion must always be of the same value.

⑬ したがって、商品に含まれる作品が使用価値に関して定性的にのみ適用されるのであれば、それは価値・価値に関して定量的にのみ適用され、それ以上の品質なしに<to human labor without>人間労働力に、既に削減されています。そこでそれは、仕事のどのようにそして何が、ここにそれのまわりでどれくらい、彼らの時間の長さに関係します。商品の価値の大きさはそれに含まれる作品の量を表すだけなので、一定の割合の商品は常に同じ価値のものでなければなりません。

<こちらの訳も>
⑬Thus, in the values of rock and canvas, abstractions from the difference of their utility values are found in the works represented in these values, the difference between their useful forms, tailoring and weaving.
このように、ロックとキャンバスの価値において、それらの効用価値の違いからの抽象化は、これらの価値で表された作品、それらの有用な形態の間の違い、仕立てと織り方で見つけられます。

ロックとキャンバスの使用価値が意図的で生産的な活動と布や糸の関係であるのと同様に、ロックとキャンバスの価値は単なる類似の作業用ギャレーであるため、これらの値に含まれる作品はその使用において生産的とは見なされません。 布や糸への、しかし人間の労働者としてのみとされています。
Just as the use values of rock and canvas are connections of purposeful, productive activities with cloth and yarn, while the values of rock and canvas are merely similar working galleys, so the works contained in these values are not considered to be productive in their use of cloth and yarn, but only as expenditures human worker.&

 <but only as expenditures human worker.& しかし人間の労働者としてのみとされています。>

⑭ If the productive force remains unchanged, say all useful work required for the production of a coat, the value of the skirts increases with its own quantity. If 1 skirt x, 2 skirts represent 2 x working days, and so on. But suppose the work necessary to produce a skirt double or fall by half. In the first case a skirt has as much value as two skirts before, in the latter case two skirts have only as much value as before, although in both cases a skirt still performs the same services and the useful work contained in it remains from it Goodness stays. But the amount of work spent in its production has changed.

⑭ 生産力に変化がない場合、つまりコートの生産に必要なすべての有用な作業を言うと、スカートの価値はそれ自体の量とともに増加します。 1スカートxの場合、2スカートは2 x営業日を表します。しかし、スカートを2倍にするか半分にするために必要な作業があるとしましょう。前者の場合、スカートは以前の2つのスカートと同じくらいの価値があり、後者の場合、2つのスカートは以前と同じくらいの価値しかありません。善は残る。しかし、その制作に費やされる仕事の量は変わりました。

⑮ A greater quantity of use-value forms in itself greater material wealth, two skirts more than one. With two skirts you can dress two people, with a skirt only one person, etc. Nevertheless, the increasing mass of material wealth can correspond to a simultaneous fall of its value. This contrasting movement springs from the ambiguous character of the work.

⑮ より多くの使用価値は、それ自体でより大きな物質的富を形成し、2つのスカートが2つ以上あります。 スカートが2つあると、2人で着ることができます。スカートは1人だけです。それでも、物質的な富の増加は、その価値の同時の低下に対応することができます。 この対照的な動きは、作品の曖昧な性格から生じています。

  This contrasting movement springs from the ambiguous character of the work.
  この対照的な動きは、作品のあいまいな性格から生じています。

生産力は、もちろん、常に有用で具体的な作業の生産力であり、実際には、一定期間内の適切な生産活動の効率のみを決定します。

したがって、その有用な仕事は、生産力の増減に正比例してより豊富なまたはより貧弱な製品供給源になります。 一方、生産力の変化は、に示されている作業には適用されません。

もちろん、生産力は具体的な有用形態の仕事に属しているので、その具体的な有用形態から抽象化されるとすぐにもはや影響を与えることはできない。したがって、生産力が変化しても、同じ作業で常に同じ期間内に同じ値が得られます。しかし同じ期間に、それは生産力が増加するときより多く、それが減少するときより少なく、異なるQuanta、<量子>の使用値を与えます。

生産力の同じ変化は、労働力の出生率を増加させ、それによって供給される効用価値の質量を増加させ、それによって必要な労働時間の合計が短縮されれば、増加した総質量の価値・価値を減少させる その生産 逆も同様です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑯ すべての労働は、一方では、生理学的意味での人間の労働の支出であり、この等しい人間または抽象的な人間の労働の能力において、それは商品価値を構成します。 一方、すべての労働は特別な形の人間の労働の支出であり、この具体的な有用な労働の能力では、使用価値を生み出します[16]。

⑯ All labor is, on the one hand, the expenditure of human labor in the physiological sense, and in this capacity of equal human or abstract human labor, it constitutes the commodity value. All labor, on the other hand, is the expenditure of human labor in a special form, and in this capacity of concrete useful labor produces use-value
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑯ All labor is, on the one hand, the expenditure of human labor in the physiological sense, and in this capacity of equal human or abstract human labor, it constitutes the commodity value. All work, on the other hand, is the expenditure of human labor in a particular form, and in this capacity of concrete useful work produces utility values [16].

⑯ すべての労働は、一方では生理学的意味での人間の労働の支出であり、この等しい人間の能力または抽象的な人間の労働の能力において、それは商品価値を構成する。一方、すべての仕事は特定の形での人的労働の支出であり、このような具体的な有用な仕事の能力では、効用価値を生み出す[16]

 http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <次のA・スミスへのマルクスの指摘は、まずは、拡大再生産を経ての、
   第二巻での、流通を経ての単純再生産という位置にての---検討であります。>
 http://www.mlwerke.de/me/me24/me24_359.htm
 資本論 2巻 P376 - P377

⑧ And right in the first sentence of the introduction it says:
⑧ そして、導入部の最初の文に次のように書かれています。

「各国の年間の仕事は、その年に消費するすべての食物をもともと提供する基金であり、常にこの労働の即時生産物、またはこの製品で他の国が購入した商品のいずれかで構成されています。 "(p.11)
"The annual work of each nation is the fund which originally furnishes it, with all the food which it consumes during the year, and which always consists either of the immediate product of this labor, or of the goods purchased by other nations with this product. " (p.11)

⑨ A. Smith's first mistake is that it equates the annual product value with the value product of the year.
⑨ A.スミスの最初の間違いは、年間製品価値をその年の価値製品と同等にすることです。

後者は、過去1年間の成果物にすぎません。前者には、年間製品の生産のために消費されるすべての価値要素も含まれますが、前および一部は以前の年に生産されました:価値が再現するだけの生産手段-その価値に関する限り、過去1年間に制作された作品も制作も再現もされていません。
The latter is only the product of the work of the past year; the former also includes all the elements of value which are consumed for the production of the annual product, but which were produced in the preceding and partly in earlier years: means of production whose value only reappears - which, as far as their value is concerned, have neither been produced nor reproduced work spent during the last year.

Through this confusion, A. Smith manipulates the constant value portion of the annual product.
この混乱により、A。スミスは年間製品の定値部分を操作します。

混乱自体は葬儀の概念の別の誤りに基づいています:それは労働自体の曖昧な性格を区別しません:労働力、それが労働力の消費として価値がある限り、そしてそれが具体的で有用な仕事である限り。作成します。
The confusion itself is based on another error in its funeral conception: it does not distinguish the ambiguous character of labor itself: labor, insofar as it is of value as an expenditure of labor power, and insofar as it is a concrete, useful work. creates.

The sum total of the goods produced annually, that is, the whole annual product, is the product of the useful work of last year;
年間生産された商品の合計、つまり年間製品全体は、昨年の有益な仕事の製品です。

これらのすべての商品が存在するのは、社会的に適用された労働が有用なタイプの労働の多様なシステムで費やされたからです。この方法でのみ、その合計価値において、生産で消費された生産手段の価値が保存され、新しい自然な形で再現されます。
It is only because socially applied labor has been spent in a manifold system of useful types of labor that all these commodities are there; Only in this way, in their total value, is the value of the means of production consumed in their production preserved, reappearing in a new natural form.

The whole annual product is therefore the result of the useful work spent during the year; but from the annual product value only a part has been created during the year; this part is the annual value product, which is the sum of the work done during the year itself.
したがって、年間製品全体は、その年に費やした有用な作業の結果です。しかし

http://

 

   初版 価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 9月15日(日)17時53分31秒
返信・引用 編集済
    https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1717
  『初版』価値形態  Ⅱ     投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月17日(木)12時58分41秒
投稿者:杉本  投稿日:2019年 8月1日
グーグル 翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

  <ドイツ語語訳と変換として、再度、英語訳として改稿してみた。>
  Marx 1867 (Hauptstadt)
  <資本論 初版>
  Die Ware
  Goods
  商品
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1724
  価値形態  投稿者:杉本   最終の改稿 2019 9 26
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①  The wealth of societies in which a capitalist mode of production prevails appears as a "gigantic commodity collection" and the singular commodity as an elemental form of wealth. Our investigation accordingly begins with the analysis of the goods.
①資本主義的生産様式が優勢である社会の富は「巨大商品コレクション」として、また単体商品は富の要素形式として現れる。我々の調査はそれに応じて商品の分析から始まります。

② コモディティは、最初は外部オブジェクトであり、その特性により、何らかの種類の人間のニーズを満たします。 これらのニーズの性質は重要ではありません。 B.胃の中にあるのか、想像力にあるのか。 ここでは、エンティティが人間のニーズを満たす方法についても心配しません。 それは直接食べ物として、つまり喜びの対象として、あるいは間接的に生産の手段としてである。
②  The commodity is first an external object, which by its properties satisfies the human needs of one kind or another. The nature of these needs does not matter, eg. B. whether they are in the stomach or in the imagination. Nor are we concerned here with the way in which the entity satisfies human needs; be it directly as a food - that is, as a pleasure object - or indirectly as a means of production.

③  Any useful thing (iron, paper, etc.) is to be considered in terms of quality and quantity from a double point of view. Each of these things is a set of many properties and therefore may be useful in several ways. The discovery of these different aspects, and thus of the multiple uses of things, is a historical act. Such is the invention of the social measure of the amount of useful things. The diversity of the commodity measurements is partly due to the diversity of the objects to be measured and partly to the convention.
③ 有用性のあるもの(鉄、紙など)は二重の観点から品質と量の観点から考慮されるべきである。これらのことはそれぞれ多くのプロパティのセットであり、したがっていくつかの点で役立ちます。これらのさまざまな側面、つまりさまざまなことの発見は歴史的な行為です。これが有用なものの量を社会的に測定する方法です。商品測定の多様性は、測定対象の多様性によるものであり、また慣例によるものです。

④ それを使用価値に変えるのは、人間の生活のためのものの恩恵です。略語として、我々は、有用なもの自体(または鉄、小麦、ダイヤモンドなどのような原材料体)を使用価値、良い、主題として言及する。実用価値を考慮するとき、定量的な決定は常に必要とされます(何十もの時計、メートルのリネン、トンの鉄などとして)。商品の使用価値は、彼ら自身の商品の科学の研究のための材料を提供します。使用価値は、使用時または消費時にのみ実現されます。社会的形態にかかわらず、効用価値は富の本質的な内容を構成します。私たちが検討する社会の形では、それらは交換と同時に重要なキャリアを構成します。
④  It is the benefit of a thing for human life that turns it into a use value. As an abbreviation we refer to the useful itself (or the raw material body, such as iron, wheat, diamond, etc.) as a use value, good, subject. When considering utility values, a quantitative determination is always required (as dozens of watches, meters of linen, ton of iron, etc.). The use values of goods provide the material for a study of their own, the science of goods. Use value is realized only in use or in consumption; Utility values constitute the essential content of wealth, regardless of its social form. In the form of society we shall examine, they constitute the essential carriers at the same time of exchange.

⑤  Exchange value first appears as a quantitative ratio, the ratio in which utility values of one type are exchanged for use values of another type, a ratio that changes constantly in time and place. This is the reason why the exchange value seems to be something accidental and purely relative, and therefore the formula of an inherent and immanent exchange value of the commodity seems to appear as a contradiction in the adjective (contradiction) in terms). Let us examine the matter more closely.
⑤ 交換価値は、最初は定量的比率として現れ、あるタイプの効用値が別のタイプの使用価値に交換される比率で、時間と場所で絶えず変化する比率です。これが交換価値が偶然で純粋に相対的なものであるように思われる理由であり、したがって商品の本質的かつ内在的な交換価値の式は形容詞の中で矛盾(矛盾)として現れるようです)。問題をもっと詳しく調べてみましょう。

⑥ 一つの商品(例:小麦の四分の一)が他の商品と異なる比率で交換されている。それにもかかわらず、それがxブート黒、y石鹸、zゴールドなどで表現されているかどうかにかかわらず、その交換値は変わりません。それゆえ彼はこれらのもの、彼の様々な表現と区別可能でなければならない。
⑥  A single commodity (eg a quarter of wheat) is exchanged in different proportions with other articles. Nevertheless, its exchange value remains unchanged, regardless of whether it is expressed in x-boot black, y-soap, z-gold and so on. He must therefore be distinguishable from these, his various expressions.

⑦  Now consider two goods: eg wheat and iron. Whatever their exchange relationship may be, it can always be represented in an equation in which a given quantum of wheat is equated with a given quantum of iron; eg a quarter of wheat = one hundredweight of iron. What does this equation say?
That the same value exists in two different things, in a quarter of wheat and also in a hundredweight of iron. Both are synonymous with a third entity, which in and of itself is neither the one nor the other. Each of them must therefore, irrespective of the other, be reducible to this third unit, if it is an exchange value.
⑦ 小麦と鉄の2つの商品を考えてみましょう。それらの交換関係がどうであろうと、それは常に与えられた小麦の量が与えられた量の鉄と等しくなる方程式で表すことができます。例:小麦の4分の1 =鉄の100重量この方程式は何を言っていますか?

同じ価値が2つの異なること、小麦の4分の1、そして100重量の鉄にも存在すること。どちらも第3の実体と同義であり、それ自体はその一方でも他方でもありません。したがって、それらが交換価値である場合、それらのそれぞれは、他のものとは無関係に、この3番目の単位に還元可能でなければなりません。

⑧簡単な幾何学的な例を考えてください。すべての直線図形の面積を決定して比較するために、それらは三角形に分割されています。三角形自体をその見かけの図形とは完全に異なる表現に縮小します。つまり、その底辺とその高さの積の半分です。同様に、商品の交換価値は、多かれ少なかれ表している共通のエンティティに減らすことができます。
⑧ Consider a simple geometric example. To determine and compare the areas of all rectilinear figures, they are broken up into triangles. One reduces the triangle itself to an expression that is completely different from its visible figure - half of the product of its base by its height. Similarly, the exchange values of commodities can be reduced to a common entity of which they more or less represent.

⑨  The fact that the substance of the exchange value is something completely different and independent of the physical-sensory existence of the commodity or its reality as a use-value is immediately evident in its exchange relationship. For this is precisely characterized by the abstraction of use value. As far as the exchange value is concerned, a good is after all as good as any other, provided that it is in the right proportion.
⑨ 交換価値の実体がまったく異なるものであり、商品の物理的感覚的存在または使用価値としての現実とは無関係であるという事実は、その交換関係において直ちに明らかである。これは、使用価値の抽象化によって正確に特徴付けられています。交換価値に関する限り、それが正しい比率であるという条件で、結局のところ、財は他のものと同じくらい良いです。

⑩ 最初は、相関関係や交換価値として現れる形に関係なく、商品は単に価値と見なされるべきです。
⑩  At first, goods should simply be regarded as values, regardless of their correlation or the form in which they appear as exchange values.

⑪  Goods as commodities or goods are physically different things. On the other hand, their reality as values forms their unity. This unity does not come from nature, but from society. The common social substance that manifests itself differently only in different uses is work.
⑪ 商品としての商品や商品は物理的に異なるものです。
一方、価値観としての彼らの現実は彼らの団結を形成します。
この一致は自然から来るのではなく、社会から来るのです。
さまざまな用途でのみ異なって現れる共通の社会的実体は仕事です。

⑫  Goods as values are nothing but crystallized work. The unit of measure of labor itself is the simple average labor whose character varies in different countries and cultural epochs, but is given for a particular society. For an exponent, or rather for a multiple, more complex work counts as simple work, so that, for example, a smaller quantum of complex work equals a larger quantum of simple work. How exactly this reduction should be controlled is not relevant here. That this reduction constantly occurs, shows the experience.
⑫   価値としての商品は、結晶化された作品に他なりません。
労働の測定単位自体は、性格が国や文化の時代によって異なる
単純な平均労働であるが、特定の社会に対して与えられている。
指数の場合、または複数のより複雑な作業の場合、単純な作業としてカウントされるため、
たとえば、複雑な作業の小さな量は単純な作業の大きな量に等しくなります。
この削減を正確に制御する方法は、ここでは関係ありません。
この減少が絶えず起こることは、経験を示しています。

コモディティは、最も複雑な作業の成果物になる可能性があります。
その価値は単純労働の産物に相当し、単独で取られると、一定量の単純労働のみを表します。
A commodity can be the product of the most complex work. Its value equates to the product of simple labor and, taken in isolation, represents only a certain amount of simple labor.

⑬  A use value or good has only one value, because work is objectified or materialized in it. But how are we supposed to measure the amount of its value By the amount of the "value-forming substance" (ie work) contained in it. The amount of work itself is measured in terms of its duration and the working time in turn has a measuring rod for certain periods such as hour, day, etc.
⑬ 使用価値または財は、その中に作品が客観化または具体化されているため、1つの価値しかありません。しかし、その価値の大きさをどのように測定するのでしょうか。それに含まれる「価値形成物質」(すなわち仕事)の量によって。作業量自体はその期間によって測定され、作業時間には時間、日などの一定期間の測定棒が付いています。

⑭  It may seem that if the value of a commodity is determined by the amount of labor that is spent in its manufacture, the more lazy and incompetent a man is, the more valuable his commodity is, since he will spend all his time on his own Completion required. But only the socially necessary working time is the working time required for the constitution of a particular utility value, with the socially normal conditions of production available and the average social level of competence and intensity of work.
⑭   商品の価値がその製造に費やされる労働量によって決定される場合、怠け者で無能な人ほど、彼の商品はより価値があるように見えます。 完了が必要です。 しかし、社会的に必要な労働時間だけが、特定の効用価値の構成に必要な労働時間であり、社会的に通常の生産条件が利用可能であり、平均的な社会的能力レベルと仕事の強度があります。

たとえば、英国で蒸気駆動の織機が導入された後、おそらく作業の半分で、一定量の糸を布地に変換するのに十分でした。 英語の手織り機は以前と同じ労働時間を必要としていましたが、彼の個々の労働時間の積は社会的労働時間の半分に過ぎなかったため、以前の値の半分に低下しました。
For example, after the introduction of the steam-powered loom in England, perhaps half of the work was enough to convert a certain amount of yarn into fabric. Although the English hand-weaver needed the same working hours as before, the product of his individual working hour was only half a social working hour and accordingly dropped to half its previous value.

⑮  It is only the amount of socially necessary labor or working time that is socially necessary for the formation of a use value that determines the quantity of the value. The individual goods are generally considered to be an average sample of their own kind. Goods in which equal quantities of work are contained or which can therefore be produced within the same working time have the same value set. The value of a commodity is related to the value of any other commodity, since the labor necessary to produce one is related to the labor required to produce the other. All goods are values only certain quantities of clotted working time.
⑮ 価値の量を決定する使用価値の形成に社会的に必要なのは、社会的に必要な労働または労働時間の量だけです。個々の商品は一般的にそれら自身の種類の平均的なサンプルであると考えられています。

同量の作業が含まれている、または同じ作業時間内に生産できる商品は、同じ値のセットを持ちます。商品の価値は、他の商品の価値と関係しています。これは、一方を生産するのに必要な労働力は他方を生産するのに必要な労働力に関係しているからです。すべての商品は一定量の凝固労働時間のみの価値です。

⑯  The value of a commodity would therefore remain constant if the working time required for its production were constant.
The latter, however, changes with every change in the productive power of labor. The productive force of labor is determined by a variety of conditions, including the average skills of workers, the level of development of science and its technological applicability, the social combination of the production process, the scale and effectiveness of the means of production and natural relations.
⑯ したがって、商品の価値は、その生産に必要な作業時間が一定であれば、一定に保たれる。
しかし後者は、労働生産力の変化ごとに変化する。労働力の生産力は、労働者の平均的な技能、科学の発達レベルとその技術的適用性、生産プロセスの社会的組み合わせ、生産手段と自然の手段の規模と有効性など関係、さまざまな条件によって決定されます。

同じ量の仕事が小麦8ブッシェルの好天候の後で、しかしたった4つの例のように不利な天候の後に現れます。それは地球の表面であり、その発見は平均して多くの作業時間を要します。その結果、彼らは小さなスペースで多くの仕事をします。ジェイコブは、金がその全額を支払ったことがあると疑います。
The same volume of work manifests itself after favorable weather in 8 bushels of wheat, but after unfavorable weather, for example in only 4. The same amount of work supplies more metals in richly loaded mines than in poor, etc. Diamonds are rare on the earth's surface, and their discovery therefore costs a lot of working time on average. As a result, they do a lot of work in a small space. Jacob doubts that gold has ever paid its full value.

This is even more true for diamonds. According to Eschwege, the total yield of the eight-year-old Brazilian diamond graves had not yet reached the value of the 1-year average product of the Brazilian sugar or coffee plantations until 1823. With richer trenches, the same volume of work would be represented by more diamonds and their value would decrease. If it is possible to convert coal into diamonds with little effort, the value of diamonds drops below that of paving stones.
これはダイヤモンドにも当てはまります。 Eschwegeによると、8年前のブラジル産ダイヤモンド墓の総収量は、1823年までブラジルの砂糖農園またはコーヒー農園の平均1年半の生産額には達していませんでした。より多くのダイヤモンドで表されるとその価値は減少するでしょう。ほとんど手間をかけずに石炭をダイヤモンドに変換することが可能である場合、ダイヤモンドの価値は敷石の価値を下回る。

一般に、仕事の生産力が大きいほど、物品を製造するのに必要な労働時間が短くなり、その中で結晶化する作業質量が小さいほど、その価値は低くなる。反対に、作品の生産力が小さければ小さいほど、アイテムの生産に必要な労働時間は長くなり、その価値も高くなります。商品の価値量は、量として直接的に変化し、逆に労働の生産力自体が商品に具体化するにつれて変化します。
In general, the greater the productive power of the work, the lower the labor time required to produce an article, and the smaller the working mass crystallized therein, the lower its value. And on the contrary, the smaller the productive power of the work, the greater the labor time required to produce an item, and the greater its value. The quantity of the value of a commodity varies directly as the quanta, and conversely as the productive force of labor itself embodies in the commodity.

⑰  Now we know the substance of value. It is work. We know the unit of measurement. It's working time. We still have to analyze its form, which stamps the value exactly as an exchange value. Before we do that, we need to develop the provisions that have already been discovered in more detail.
⑰ 今、私たちは価値の本質を知っています。それは、仕事です。
測定単位を知っています。作業時間です。
私たちはまだその形式を分析しなければなりません。
それは価値を交換価値として正確にスタンプします。その前に、すでに詳細に発見されている規定を作成する必要があります。
⑰ Nun kennen wir die Substanz des Wertes. Es ist Arbeit. Wir kennen seine Maßeinheit. Es ist Arbeitszeit. Wir müssen noch ihre Form analysieren, die den Wert genau als Tauschwert prägt. Bevor wir das tun, müssen wir die bereits entdeckten Bestimmungen etwas ausführlicher entwickeln.

 <英語版の原文からの和訳だとこうなります。>
⑰ Now we know the substance of value. It is labour. We know its unit of measurement. It is labour-time. We have yet to analyse its form, which precisely stamps the value as an exchange-value. Before we do that we must develop the determinations which have already been discovered in somewhat greater detail.
  ⑰今、私たちは価値の本質を知っています。 それは労働です。
  その単位を知っています。 それは労働時間です。
  私たちはまだその価値を交換価値として刻印するその形式を
  分析していません。 その前に、もう少し詳細にすでに発見さ
  れた決定を開発しなければなりません。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <牧野訳>P13
  ⑰さて価値の実体はわかった。労働である。価値の大きさの
  尺度も分かった。労働時間である。分析されるべく残ってい
  るのは、価値をほかならぬ交換価値へと印付ける価値の「現
  象」形式である。しかし、その前に、すでに分かっている諸
  規定をもう少しくわしく展開しておかなければならない」
  <我らが和訳は、牧野訳に全て同じです。>

⑱  A thing can be a use value without being an exchange value. This is the case wherever the human relevance of the matter is not mediated through work. So, air, virgin land, roam wildly. Condition, wood grows in wild conditions etc. A thing can be useful and be the product of human labor without being a commodity. A man who satisfies his own needs through his product, but creates use value, but no goods. In order to produce a commodity, it must not only produce a use value, but a utility value for others - a social utility value.
⑱ 物は交換価値ではなくても使用価値です。これは、問題に対する人間の関連性が仕事を通じて仲介されていない場合にはいつでも当てはまります。だから、空気、処女の土地、乱暴に歩き回る。コンディション、木材は野生のコンディションなどで育ちます。モノでなくても物は役に立つことができ、人間の労働の産物になることができます。自分の製品を通して自分のニーズを満たすが、使用価値を生み出すが、商品は生み出さない人。商品を生産するためには、使用価値だけでなく、他者にとっての実用価値 - 社会的実用価値 - も生み出さなければなりません。

最後に、使用の対象にならないエンティティは値になることはできません。それが無用であるならば、それに含まれる仕事は無用であり、仕事として数えない、そしてそれ故に価値を構成しない。
Finally, no entity can be a value without being the object of use. If it is useless, then the work contained in it is useless, does not count as work, and therefore does not constitute value.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <商品に提示された作品の二重性格--再版の第一段落であります。>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑲ Originally, the goods appeared to us as a two-sided unit, utility value and exchange value. If we take a closer look, it will seem that the work contained in the goods is also two-sided. This aspect, which I was the first to criticize, is the starting point on which the understanding of political economy depends.
⑲本来、商品は私たちには両面単位、効用価値および交換価値として現れました。
詳しく見てみると、商品に含まれている作品も両面であるように思われます。
私が最初に批判したこの側面は、政治経済学の理解が依存する出発点です。

英語版
  ⑲もともと、その商品は私たちには「利用価値」と「交換価値」の両面から見受けられました。
  私たちがこの問題をより綿密に検討するにつれて、商品に含まれる労働もま
  た両面的であるように見えるでしょう。
  私が最初に批判的に発展したこの側面は、政治経済学の理解が依存する出発点です。
⑲ Originally, the commodity appeared to us as a two-sided entity, use-value and exchange-value. As we consider the matter more closely it will appear that the labour which is contained in the commodity is two-sided, also. This aspect, which I am the first to have developed in a critical way, is the starting point upon which comprehension of political economy depends.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <20段落以降は、記載されていなかった。追加しました。> 2019・8・1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑳ 2つの商品、コートと10メートルのリネンを考えてみましょう。最初の値が2番目の値の2倍であるとします。したがって、10ヤードのリネン= wの場合、マントル= 2wです
⑳ Consider two goods, a coat and maybe ten meters of linen. Let the first have twice the value of the second, so if 10 yards of linen = w, the mantle = 2w.

21  The coat is a use value that meets a special need. To produce it requires a certain kind of targeted production activity. This depends on the purpose, mode of action, object, means and result. The work, whose usefulness in the use value of its product or in the product is presented in such a way that its product is a use value, is here simply called useful work for the sake of simplicity. From this point of view, the benefits are constantly being considered, the production of which is the purpose of the work.
21 コートは特別なニーズを満たす使用価値です。それを生産するには、特定の種類のターゲット生産活動が必要です。これは目的、行動様式、目的、手段および結果によって異なります。その製品の使用価値または製品における有用性が、その製品が使用価値であるように提示されている作品は、ここでは単純化のために単に有用作品と呼ばれます。この観点から、利益は絶えず考慮されています、そしてその生産は仕事の目的です。

22 マントとリネンが質的に異なる使用価値であるように、その現実を伝える仕事の割り当ても質的に異なります - 仕立てと織り。これらのものが質的に異なる使用価値ではなく、したがって質的に異なる有用な作業入力の製品ではない場合、それらは商品として提示されることは決してあり得ません。コートはコートと交換されません。
効用値は、同じ使用値と交換されません。
22  Just as mantle and linen are qualitatively different use values, so the work assignments that convey their realities are qualitatively different - tailoring and weaving. If these things were not qualitatively different use values and therefore products of qualitatively different useful work inputs, they could never be presented as commodities. A coat is not exchanged for a coat.
A utility value is not exchanged for the same use value.

23  In the totality of the various utility values ??or commodity incarnations a whole of the different uses of useful work is shown - just as varied and different in genre, species, family, subspecies, variety: a social division of labor.
This is the prerequisite for the existence of commodity production, and it is not that commodity production is the precondition for the existence of the social division of labor.
23 さまざまな実用的価値または商品化の総体として、有用な仕事のさまざまな用途の全体が示されています - ジャンル、種、家族、亜種、多様性、社会的分業など、さまざまな違いがあります。これは商品生産の存在の前提条件であり、商品生産が社会的分業の存在の前提条件であるということではない。

古代インドのコミュニティでは、製品が商品にならずに仕事が社会的に分かれています。もっと直接的な例:各工場では、作業は体系的に分割されていますが、この分割は労働者が個々の製品を交換するという事実によっては仲介されません。自給自足で互いに独立した、そのような民間労働者の事業からの製品だけが商品として互いに向き合っている。
In the community of ancient India, work is divided socially without the products becoming commodities. Or a more direct example: In each factory, work is systematically divided, but this division is not mediated by the fact that workers exchange their individual products. Only products from such operations of private workers, which are self-sufficient and independent of each other, face each other as commodities.

So we have observed the following - that a certain purposefully productive activity or useful work lurks in the use value of each commodity. Utility values can not be considered commodities unless they contain qualitatively different useful labor. In a society whose products tend to take the form of commodities (ie, in a society of commodity producers), this qualitative difference develops in the operations of useful work, carried out independently, as a private enterprise of self-sufficient producers into a multifaceted system. to a social division of labor.
したがって、我々は次のことを観察しました - ある意図的に生産的な活動または有用な仕事が各商品の使用価値に潜むこと。効用価値は、質的に異なる有用労働力を含まない限り、商品と見なすことはできない。商品が商品の形をとる傾向がある社会(すなわち、商品生産者の社会)では、この質的な違いは、自給自足生産者の民間企業として独立して行われる有用な仕事の運営において発展します。システム。社会的分業に。

24 In any case, it does not matter whether the tailor or one of his customers wears the coat. In both cases, it is a use value. Nor has the relationship between the mantle and the work that produced it changed in and of itself because tailoring is a profession of its own - an independent member of the social division of labor. Wherever a need for clothing compelled him, for millennia, man practiced the tailor's business before becoming a tailor instead of a man.
24 いずれにせよ、仕立て屋または彼の顧客の1人がコートを着ているかどうかは問題ではない。どちらの場合も、それは使用価値です。仕立てはそれ自身の職業であり、社会分業の独立した一員であるため、マントルとそれを生み出した作品との間の関係もそれ自体では変化しなかった。何千年もの間、服の必要性が彼を強いたところはどこでも、男性は男性の代わりにテーラーになる前にテーラーのビジネスを実践しました。

しかし、マント、リネン、そして物質的な富のあらゆる要素は、必ずしも自然によって与えられるものではありませんが、特定の自然物を人間のニーズに適応させる特別で意図的な生産活動を通して伝えられなければなりません。前者の有用価値としての有用な仕事として、労働は - あらゆる社会的形態とは無関係に - 人間にとっての存在条件であり、人間と自然の間の物質的な交換(すなわち人間の生活)を仲介する自然の永遠の必要性である。
But the reality of cloak, linen, and every element of material wealth, not always given by nature, had to be conveyed through a special, intentionally productive activity that adapts certain natural entities to human needs. As the former of utility values, as useful work, labor is the condition of existence for man - independent of all social forms - and an eternal necessity of nature to mediate the material exchange between man and nature (ie, human life).

25 The use values mantle, linen etc. - in short the raw material bodies - are connections between two elements, natural matter and work. Subtracting the sum total of all the useful work lurking in the mantle, the linen, etc., leaves a material substratum inherently present without human interference. Man can only proceed in his production as nature itself does; ie change only the material forms. And besides, he is constantly supported in this educational work by natural forces. Work, therefore, is not the sole source of those utility values that it generates - material wealth.

  Labor is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.
 <The work is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.>再版

25 マントル、リネンなどの使用価値、つまり原料の本体は、自然物と仕事という2つの要素のつながりです。マントル、リネンなどに潜んでいるすべての有用な作業の合計を差し引くと、本質的に人間の干渉なしに存在する重要な基層が残ります。人間は自然そのものがするのと同じように自分の作品を制作することしかできません。すなわち材料の形だけを変える。そしてその上、彼は絶えずこの教育的な仕事において自然の力によって支えられています。
それゆえ、仕事はそれが生み出す効用価値の唯一の源泉ではない - 物質的な富です。

  William Pettyが言うように、労働は彼の父親であり、地球は彼の母親です。
 <『作品はウィリアム・ペティが言うように彼の父親であり、地球は彼の母親です。』>
 <マルクスの『初版』への『再版』の訂正であります。>

26 ここで、商品に関する限り、商品の検討から商品価値(すなわち交換価値)の検討へと進みましょう。
26 Let us now proceed from the consideration of the commodity, as far as it concerns a commodity, to that of the commodity value (ie the exchange value).
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
27  According to our assumption, the mantle has twice the value of linen. However, this is just a quantitative difference that is not of immediate interest to us. We therefore remember that when the value of a coat is twice that of 10 yards of linen, 20 yards of linen have the same value as a cloak. As values, cloak and linen are things of equal substance, objective expressions of similar work.
27 私たちの仮定によれば、マントルはリネンの2倍の価値があります。ただし、これは単なる量的な違いであり、当面の間は関係ありません。したがって、コートの値が10ヤードのリネンの2倍になった場合、20ヤードのリネンはマントと同じ値になります。価値観としては、マントとリネンは同質のもので、似たような作品の客観的表現です。

しかし、仕立てと織りは質的に異なる種類の仕事です。しかし、同一人物が交互に切って回転する社会的条件があります。したがって、これら2つの作業方法は、同一の個人の作業を変更することだけであり、異なる個人の特定の機能にはまだ対応していません。同じ個人で先に働きます。
But tailoring and weaving are qualitatively different types of work. However, there are social conditions in which the same person alternately cuts and spins; and these two ways of working are therefore only modifications of the work of one and the same individual, and are not yet specific specific functions of different individuals: just like the coat our tailor makes today and the trousers he is to make tomorrow only set variations on the same individual work ahead.

The appearance itself further teaches that in our capitalist society a given part of human labor is alternately provided in the form of dressmaking or weaving according to the changing direction of the demand for labor.
外観自体はさらに、私たちの資本主義社会では、労働需要の変化する方向に応じて、人間の労働の特定の部分が洋裁または織りの形で交互に提供されることを教えています。

仕事が耐えられる形の変化は円滑にされることができません - それは起こらなければなりません。生産的活動の確実性を無視し、したがって作業の有用性を無視したとしても、それは人間の労働の問題であることに変わりはありません。仕立て屋と織物の仕事は、質的に異なる生産活動ですが、人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な生産物であり、この意味で人間の労働力です。これらは、人間の労働力を構築するための2つの異なる形態です。
The change in shape that the work endures can not be done smoothly - it has to take place. If one disregards the certainty of productive activity and therefore disregards the usefulness of the work, it remains that it is an issue of human labor. The work of a tailor and weaving, though they are qualitatively different productive activities, are both productive outputs of the human brain, muscle, nerve, hand, etc., and are both human labor in this sense. These are just two different forms of building human labor.

Admittedly, human labor must be more or less developed to be spent in some form or another. The value of commodities, however, represents human labor in the simplest form, the consumption of human labor in general. Just as a general or a banker plays a major role in bourgeois society, but the simple man on the other hand plays a very shabby role, so things are here in human work. It is the output of simple labor that every normal person possesses in his body organism, quite apart from a special elaboration.
確かに、人間の労働は何らかの形で使われるために多かれ少なかれ発達しなければなりません。しかし、商品の価値は最も単純な形での人間の労働、一般的には人間の労働の消費を表しています。ブルジョア社会で将軍や銀行家が大きな役割を果たすのと同じように、一方で単純な男が非常にぼろぼろの役割を果たしているので、物事は人間の仕事にここにあります。特別な手間をかけない限り、普通の人が体の中に持っているのは単純な労働の成果です。

[例えば、単純労働のために農場労働者の労働を取り、それゆえにさらなる装飾なしに単純労働または人的労働のためにこの労働者の費用を取る。しかし一方では、より洗練された労働者の問題に合わせて仕立てるという仕事を取ります。したがって、農場労働者の労働日は値1 / 2 w(概算)で表されるが、カッターの労働日は値wで表される。この違いは定量的です。コートが仕立て屋の営業日の製品である場合、それは農場労働者の2営業日の製品と同じ価値を持ちます。しかしこの方法では、調整はあらゆる機会において労働の倍増した労働者としてのみカウントされます。]
[Take the labor of a farm laborer, for example, for simple labor, and thus take the expenses of this laborer for simple labor or human labor without further adornment; but take the job of tailoring on the other hand for the issue of more sophisticated worker. Thus, while the farm worker's working day is represented by the value  w (approximately), the working day of the cutter is represented by the value w. This difference is only quantitative. If the coat is the product of a tailor's working day, it has the same value as the product of two working days of the farm worker. In this way, however, tailoring only counts as a multiplied laborer of labor at every opportunity.]

測定単位としての異なる種類の仕事が単純労働に還元される割合の違いは、生産者の背後にある社会的プロセスによって決定され、したがって伝統によって決定されるように彼らには見える。簡単にするために、どんな種類の労働者でもただちに単純な労働者として数えます、そして我々はそれを減らすことに関わる努力を省いています。
The different proportions in which different types of work as a unit of measurement are reduced to simple labor are determined by a social process behind the backs of the producers and thus appear to them as dictated by tradition. For simplicity's sake, any type of worker immediately counts as a simple worker, and we only save the effort involved in reducing it.

28  In the same way as one abstracts the difference between their utility valuein the case of the values of coat and linen, one abstracts from the difference between the useful forms in the work that these values represent, in which work involves banding and weaving is. Just as the utility values of mantle and linen are compounds of purposeful productive activities with fabric and yarn, while the values of mantle and linen are mere work-downs of a similar kind, so the included work in these values is not because of its productive relationship to cloth and yarn, but rather only as expenses of human labor.
28 コートとリネンの価値の場合の効用値の差を抽象化するのと同じように、これらの値が表す作業における有用な形の間の差から抽象化します。バンディングと織りが含まれます。マントルとリネンの有用性の価値が布と糸による意図的な生産活動の複合物であるのと同様に、マントルとリネンの価値は同じような種類の単なる作業上のものであるので、これらの値に含まれる作業それは布や糸との生産的な関係のためではなく、むしろ人的労働の費用としてだけである。

注文仕立てと製織は、まさにそれらの異なる特性のために、鞘と麻の使用価値の形成要素です。しかし、彼らは彼らの特定の品質から抽象化されている限りにおいてのみコートとリネンの価値の実体であり、両者は同じ品質、人間の労働の品質を持っています。
Custom tailoring and weaving are formative elements of the use values of sheath and linen precisely because of their different properties; but they are the substance of coat and linen value only insofar as they are abstracted from their specific quality and both have the same quality, the quality of human labor.

29 Coat and linen, however, are not just values in general, but values of a certain size, and we believe that the mantle is worth twice as many as ten yards of linen. Where does this difference in the magnitude of its value come from?
29 コートとリネンは、一般的な単なる値ではなく、ある程度の大きさの値であり、マントルはリネンの10ヤードの2倍の価値があると考えています。その価値の大きさにおけるこの違いはどこから来るのでしょうか?

事実では、麻がマントルの半分の仕事だけを含んでいるという、それで労働は前者の生産に関して後者を製造するのにかかる時間の2倍の期間の間費やされなければならない。<仕事から労動へと転化しています。杉本>
It is the fact that linen only contains half as much work as the mantle, so that the labor must be spent for a period of two times the time taken to manufacture the latter as for the production of the former.

30   Thus, if the work contained in the commodity counts only qualitatively in terms of use value, it only counts quantitatively in terms of the size of the exchange value, having already been reduced to human labor without any further quality. The first case deals with the how and what of the work; and in the latter case it depends on how much, how long it takes. Since the quantity of the exchange value of a commodity measures only the quantity of the work contained therein, commodities must be in a certain relation to each other always equal exchange values.
30 したがって、商品に含まれる作品が使用価値の観点から定性的にのみ数えるならば、
  それは交換価値の大きさの観点から定量的にのみ数えられており、
  既にそれ以上の品質なしに人間の労働力に減らされている。
  <杉本 今度は作品から労働へと転換しています。>
最初のケースでは、作業の方法と内容について説明します。そして後者の場合、それはどれだけ、どれくらいの時間がかかるかに依存します。商品の交換額の数量は、その中に含まれる作業の数量のみを測定するため、商品は互いに一定の関係にある必要があります。

31   If the productive power of all useful laborers required for the manufacture of a coat remains unchanged, the value of the strata increases with its own quantity. If a shift is x working days, then two shifts represent 2x work days, and so on. Now, however, we assume that the working time required to make a shift increases to double or falls to half. In the first place, a coat has as much value as two coats before; and in the latter case, two coats have only as much value as before, though in both cases a cloak performs the same tasks as before and the useful work contained in it remains of the same charity as before. But the volume of work spent in its production has changed.
31 もし、コートの製造に必要なすべての有用労働者の生産力が変わらない場合、層の価値はそれ自身の量とともに増加する。シフトがx営業日の場合、2つのシフトは2 x営業日を表します。しかし今、シフトを行うのに必要な作業時間が2倍に増加するか、または半分に減少すると仮定します。そもそも、コートは2コート前と同じくらい価値があります。後者の場合、2つのコートは以前と同じくらいの価値しかありませんが、どちらの場合もマントは以前と同じタスクを実行し、そこに含まれる有用な作業は以前と同じチャリティのままです。しかし、その制作に費やされる作業量は変わりました。

32  A greater quantity of use-value in and of itself constitutes greater material wealth, two strata being more than one. With two coats, two people can be disguised, and with a coat, only one human and so on can be disguised. Nevertheless, a decline in the value of material wealth can at the same time correspond to an increase in its mass.
32 それ自体の中でより大量の使用価値は、それ自体がより大きな物質的富を構成し、2つの層が1つ以上である。二枚のコートで二人を偽装することができ、一枚のコートで二人だけを偽装することができる。
 <後段落です-- 商品の価値と客観的な表現として、同一の作品が異なって矛盾した方法で指定されていることがわかる。--誤り・・ではなく矛盾--作品のあいまい性な性格--への読者の導きであります。>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <再版二節⑮段落>
 ⑮ それ自体でより多くの量の使用価値が形成され、2つのスカートが1つより多くなります。
  2つのスカートを使用すると、1人だけのスカートを使用して、2人でドレスアップできます
 この対照的な動きは、作品のあいまいな性格から生じています。
 生産力は、もちろん、常に有用で具体的な作業の生産力であり、実際には、一定期間内の適切な生産活
 動の効率のみを決定します。
 したがって、その有用な仕事は、生産力の増減に正比例してより豊富なまたはより貧弱な製品供給源に
 なります。
 一方、生産力の変化は、に示されている作業には適用されません。>
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この反対の動きは、作品の両面性<仕様>によるものです。
生産力はもちろん、常に有用で具体的な仕事の生産力です。実際、それはある期間にわたる対象とされた活動の有効性の程度を表現するだけです。
したがって、有用な仕事は、生産力の増減に直接関係する製品のより豊富なまたはより貧弱な供給源になります。
これとは対照的に、生産力の変化は、それ自体、価値で表される仕事には影響を与えません。
This countermovement results from the two-sided specification of the work. Productive force is of course always the productive power of useful, concrete work. In fact, it only expresses the degree of effectiveness of targeted activities over a period of time. Useful work therefore becomes a richer or poorer source of products directly related to the rise or fall of their productive power. In contrast, a change in the productive power does not in itself have any effect on the work represented in the value.

Since the productive force belongs to the concrete, useful form of labor, it naturally can no longer influence labor as soon as it is abstracted from its concrete useful form. The same work, when displayed in the same time periods, is therefore always represented in the same order of magnitude, however much the productive force may change. However, within the same time span, it provides different quanta of use values: more, as the productive force increases; less if it sinks.
生産力は具体的で有用な労働形態に属するので、それがその具体的な有用形態から抽象化されるとすぐに、もはや労働に影響を与えることはもはやできない。したがって、同じ作品を同じ期間に表示すると、常に同じ桁数で表示されますが、生産力は大きく変わる可能性があります。ただし、同じ期間内では、異なる量の使用価値が提供されます。沈んでも減ります。

前者の場合、2つのレイヤーの作業量が以前より少なくなることがあります。したがって、生産力の同じ変化、つまり結果として得られる効用値の質量を増加させることは、増加した総質量の価値の大きさを減らすことができ、それが常に生産に必要な時間を短縮する場合です。およびその逆もあります。
In the first case, it can happen that two layers contain less work than one before. The same change in productive power, which increases the fertility of the work and thus the mass of the resulting utility values, can therefore reduce the value size of the increased total mass, and always, if it shortens the time required for its production. And vice versa.

33 It does not follow from the above that two different types of work lurk in the goods, but that the same work is specified in different and even contradictory ways, depending on the use value of the goods the value of goods as merely objective expression. Just as the goods must be above all an object of use, to be a value, doing so has to be above all useful work - purposeful, productive activity - so as to include expenditure of human labor and therefore as simple human labor.
33 以上のことから、商品に2つの異なる種類の作品が潜んでいるのではなく、
商品の価値と客観的な表現として、同一の作品が異なって矛盾した方法で指定
されていることがわかる。価値があるためには、商品がすべて使用目的の上に
なければならないのと同じように、そうすることは人間の労働の支出が、した
がってそれは単純な人間の労働を含むために、すべての有用な仕事 - 意図的で
生産的な活動 - の上になければなりません。

<英語版
 「前の説明から、商品に潜む2つの異なる種類の労働が存在するのではなく、
  同じ労働が、商品の使用価値に関連しているかどうかに応じて、異なる、
  矛盾した方法で指定されている労働の製品、または単に客観的な表現とし
  ての商品価値に関連するもの。意図的、生産的な活動- -コモディティは
  ちょうどなので、労働は他のすべてに有用労働の前にする必要がない、価
  値であるために何よりも、使用目的でなければならないのと同様としてカ
  ウントするために支出の人間労働力としたがって、単純な人間の労働とし
  て。」
It follows from the preceding not that there are two differing kinds of labour lurking in the commodity, but rather that the same labour is specified in differing and even contradictory manner ? in accordance with whether it is related to the use-value of the commodity as labour’s product or related to the commodity-value as its merely objective expression. Just as the commodity must be above all else an object of use in order to be a value, just so does labour have to be before all else useful labour  purposeful, productive activity in order to count as expenditure of human labour-power and hence as simple human labour.

https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
34 これまでのところ、価値の実体と価値の大きさだけが決まっているので、私たちは今、価値の形式の分析に注目します
34  Since, so far, only the substance of the value and the size of the value have been determined, we now turn our attention to the analysis of the form of value.

35  First of all, let us turn back to the first manifestation of the value of the commodity.
35 まず最初に、商品価値の最初の現れに戻りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

資本論 初版<その2>

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 9月12日(木)21時18分28秒
返信・引用 編集済
   <2019年 6月 7日(金)>    https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1766

 <資本論 初版>
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
  Marx 1867 (Capital)The Commodity <初版 「価値形態」 ドイツ語 訳からの解題>

33 本来、商品は私たちには両面単位として、使用価値として、そして交換価値として現れました。詳しく見てみると、製品に含まれている仕事もまた両面であるように思われます。
私が最初に批判的に発展したこの側面は、政治経済学の理解が依存する出発点です。
33  Ursprünglich erschien uns die Ware als zweiseitige Einheit, als Gebrauchswert und als Tauschwert. Wenn wir die Sache genauer betrachten, wird es den Anschein haben, dass die in der Ware enthaltene Arbeit auch zweiseitig ist. Dieser Aspekt, den ich als erster kritisch entwickelt habe, ist der Ausgangspunkt, von dem das Verständnis der politischen Ökonomie abhängt.

Was wir untersucht haben, ist, inwieweit die Änderung der relativen Wertgröße einer Ware (Leinen) eine Änderung ihrer eigenen Wertgröße widerspiegelt, und wir haben den relativen Wert im Allgemeinen nur in Übereinstimmung mit ihrer quantitativen Seite untersucht.

Wir wenden uns nun seiner Form zu. Wenn der relative Wert die Form ist, in der sich der Wert manifestiert, dann ist der Ausdruck für die Äquivalenz von zwei Waren (z. B. x der Ware A = y der Ware B oder 20 Yards Leinen = eine Schicht) die einfache Form des relativen Werts.
私たちが研究してきたのは、商品(ライン)の相対価値の大きさの変化がそれ自身の価値の大きさの変化をどのように反映するかということです。

私達は今その形態に目を向けます。 相対値が値が明示される形式である場合、2つの商品の同値の表現(たとえば、商品Aのx =商品Bのy、または20ヤードのlinen = 1層)は単純な相対値 の形式です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
① I. Erste oder einfache Form des relativen Wertes: 20 Yards Leinen = 1 Mantel (x der Ware A = y der Ware B ) .
Diese Form ist ziemlich schwierig zu analysieren, weil sie einfach ist. Die verschiedenen darin enthaltenen Spezifikationen sind verschleiert, unentwickelt, abstrakt und daher nur durch die recht intensive Anwendung unserer Abstraktionskraft zu unterscheiden und zu fokussieren.
Aber zumindest so viel wird auf einen Blick klar, dass die Form gleich bleibt, ob 20 Meter Leinen = 1 Mantel oder 20 Meter Leinen = x Mäntel.

① I.最初の、または単純な形の相対値:20ヤードのリネン= 1コート(商品Aのx =商品Bのy)。
この形式は単純であるため、分析が非常に困難です。そこに含まれている様々な仕様は、ベール、未開発、抽象的であり、それゆえに私たちの抽象化力のかなり強力な適用によってのみ区別され、焦点が絞られています。
しかし、少なくとも20メートルのリネン= 1コートか20メートルのリネン= xコートかに関係なく、形状が同じままであることが一目で明らかになります。

① I. First or simple form of relative value: 20 yards of linen = 1 coat (x of goods A = y of goods B).
This form is quite difficult to analyze because it is simple. The various specifications contained in it are veiled, undeveloped, abstract and therefore only distinguishable and focused by the rather intense application of our abstraction power.
But at least that much becomes clear at a glance that the shape remains the same, whether
?20 meters of linen = 1 coat or 20 meters of linen = x coats.

②-① linen appears earthly in the form of a utility or useful. Their rigid physicality or natural form is therefore not their value form, but their direct opposite. It reveals its own reality as value directly, referring to another commodity (the mantle) that is equal to it. If it were not worth it, then it could not refer to the cloak (as value) as its own kind of thing.
②-①リネンは、実用的または有用な形で地上に現れます。したがって、それらの硬直した身体性または自然な形は、価値の形ではなく、正反対です。それは価値としての自身の現実を直接明らかにし、それに等しい別の商品(マントル)を参照します。価値がなければ、マントを(値として)それ自体の種類として参照できませんでした。

②-②それは、同じ種類の、すなわちそれ自体の価値物質の人間労働の対象化と呼ぶことにより、質的にマントルに等しい。また、x層ではなく1層に相当します。これは単なる一般的な値ではなく、特定の桁の値であり、層には20ヤードのリネンが含まれているためです。
コートとのこの関係により、リネンは一気に異なるハエに当たります。
②-② It is qualitatively equal to the mantle by referring to it as the objectification of human labor of the same kind, ie, of its own value-substance; and it equates to just one layer instead of x layers, because it's not just a general value, but a value of a certain order of magnitude-and a layer, however, contains as much work as 20 yards of linen.
Through this relationship with the coat, linen hits different flies in one fell swoop.

②-③ By expressing its value-magnitude in the coat (and value-size is both: value in general and value measured quantitatively), it gives value to its reality as value, a form of value that differs from its immediate existence. By thus revealing itself as something differentiated in itself, for the first time it really reveals itself as a commodity - a useful thing that has value at the same time. As far as linen is use value, it is an independent thing.
②-③コートで値の大きさを表現することにより(そして値の大きさは一般的な値と定量的に測定される値の両方です)、値としての現実に価値を与えます。このように、それ自体が差別化された何かとしてそれ自体を明らかにすることにより、初めてそれが商品として初めて明らかになります-同時に価値がある有用なもの。リネンが使用価値である限り、それは独立したものです。

②-④一方、その価値は他の商品(マントなど)にのみ関係し、それは質的に同等であるコート(リネン)であり、その結果、一定の量で同等に置き換えられ、有利になります。交換可能です。
②-④ On the other hand, its value only relates to another commodity (such as the cloak), which is a coat qualitatively equated with it (the linen), and consequently replaces it in a certain quantity as equal and is in favor of it interchangeable.

②-⑤ The value receives an individual form, which differs from the use value, only by its manifestation as an exchange value. The expression of the value of linen in the coat captivates a new form on the coat itself.
②-⑤価値は、交換価値としての明示によってのみ、使用価値とは異なる個々の形態を受け取ります。コートのリネンの価値の表現は、コート自体の新しい形を魅了します。

What does the value form of linen mean?
リネンの値形式とはどういう意味ですか?

 <ドイツ語版>
② Leinen erscheint irdisch in Form eines Gebrauchswertes oder Nützlichen. Ihre steife Körperlichkeit oder natürliche Form ist folglich nicht ihre Wertform, sondern ihr direktes Gegenteil. Es offenbart seine eigene Realität als Wert unmittelbar, indem es sich auf eine andere Ware (den Mantel) bezieht , die ihm gleich ist. Wenn es nicht selbst Wert wäre, dann könnte es sich nicht auf den Mantel (als Wert) als seine eigene Art von Sache beziehen .

Es setzt sich dem Mantel qualitativ gleich, indem es sich auf ihn als Objektivierung der menschlichen Arbeit derselben Art, dh seiner eigenen Wertsubstanz , bezieht ; und es setzt sich als nur eine Schicht anstelle von x Schichten gleich, weil es nicht nur ein allgemeiner Wert ist, sondern ein Wert einer bestimmten Größenordnung - und eine Schicht enthält jedoch genau so viel Arbeit wie 20 Yards Leinen.
Durch diese Beziehung zum Fell schlägt Leinen mit einem Schlag verschiedene Fliegen.

Indem sie ihre Wertgröße im Fell ausdrückt (und Wertgröße ist beides: Wert im Allgemeinen und quantitativ gemessener Wert), verleiht sie ihrer Realität als Wert eine Wertform, die sich von ihrer unmittelbaren Existenz unterscheidet. Indem es sich auf diese Weise als etwas offenbart, das in sich selbst differenziert ist, offenbart es sich zum ersten Mal wirklich als eine Ware - eine nützliche Sache, die gleichzeitig einen Wert hat. Soweit Leinen Gebrauchswert ist, es ist eine unabhängige Sache.

Sein Wert tritt dagegen nur in Beziehung zu einer anderen Ware (z. B. dem Mantel), die ein Mantel ist, qualitativ mit ihm gleichgesetzt (das Leinen), und ersetzt ihn folglich in einer bestimmten Menge als gleichwertig und ist dafür austauschbar.

Der Wert erhält also nur durch seine Manifestation als Tauschwert eine individuelle Form, die sich vom Gebrauchswert unterscheidet
Der Ausdruck des Wertes von Leinen im Mantel besticht eine neue Form auf dem Mantel selbst                                                  Was bedeutet denn die Wertform von Leinen?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③ Offensichtlich ist der Mantel dafür austauschbar. Was auch immer ihm sonst passieren mag, in seiner irdischen Realität besitzt es in seiner natürlichen Form (Mantel) jetzt die Form der unmittelbaren Austauschbarkeit mit einer anderen Ware, die Form eines austauschbaren Gebrauchswertes oder Äquivalentes.

Die Spezifikation des Equivalent enthält nicht nur die Tatsache , daß ein Rohstoff - Wert überhaupt, sondern die Tatsache , dass es in seiner körperlichen Form (dessen Gebrauchswert) zählt als Wert für eine andere Ware und folglich ist sofort zur Hand als Tauschwert für die andere Ware.
③-① 明らかにコートは、それと交換可能です。他に何が起こっても、その現実的な世界では、その自然の形(マント)では、今では他の商品との直接の交換可能性の形、交換可能な効用価値の形、またはそれと同等のものです。

③-②同等物の指定は、商品価値が全くあるという事実だけでなく、それがその物理的形態(その使用価値)で他の商品の価値として数えられ、その結果すぐに他の商品の交換価値として手に入るという事実を含んでいます。

④ 価値として、リネンは完全に仕事から成り、透明に結晶化された仕事の沈殿物を形成します。実際には、この水晶は非常に曇りです。労働がその中で検出可能である限り(そしてすべての商品の化身が労働の痕跡を示すわけではない)、それは未分化の人間の仕事ではなく、むしろ製織、紡績などである。自然に由来する物質で自然に酸性化されます。
人間の労働の単なる物理的表現としてリネンを得るためには、本当にそれをものにする全てから抽象化しなければなりません。

それ自体抽象的である(すなわち、付加的な質と内容がない)人間の労働の客観性は、必然的に抽象的な客観性、つまり思考の問題です。このようにして、アマニネットはキメラに変わります。

しかし商品は対象です。彼らは彼らがオブジェクトのような方法であるものである必要があります、または彼らは彼ら自身のオブジェクトのような関係でそれを明らかにしなければなりません。リネンの生産では、ある程度の量の人的労働が費やされてきました。

リネンの価値はそのように費やされた仕事の純粋に客観的な反映ですが、それはリネンの本体に反映されていません。それはコートとのその価値関係を通してそれ自身を明らかにする(すなわち官能的な表現を受ける)のです。

毛皮を価値とみなすことで - 同時に商品としての毛皮とは一線を画す一方で、コートはリネンの本体とは対照的にリネンの価値の表れとなります:その自然の形とは対照的にその価値形態です。
④-① Als Wert besteht Leinen ausschließlich aus Arbeit und bildet einen transparent kristallisierten Arbeitsniederschlag. In Wirklichkeit ist dieser Kristall jedoch sehr trüb. Soweit Arbeit darin nachweisbar ist (und nicht jede Verkörperung von Ware zeigt die Spur von Arbeit), handelt es sich nicht um eine undifferenzierte menschliche Arbeit, sondern vielmehr um Weben, Spinnen usw. - die darüber hinaus keineswegs sind die einzigen Bestandteile seiner Substanz sind aber natürlich mit Materie aus der Natur gesäuert. Um Leinen als bloß körperlichen Ausdruck menschlicher Arbeit zu erhalten, muss man von allem abstrahieren, was es wirklich zu einer Sache macht.

④-② Jede Objektivität der menschlichen Arbeit, die selbst abstrakt ist (dh ohne zusätzliche Qualität und Inhalt), ist notwendigerweise eine abstrakte Objektivität - eine Sache des Denkens. Auf diese Weise verwandelt sich ein Flachsnetz in eine Chimäre.

  ③ Aber Waren sind Gegenstände. Sie müssen das sein, was sie auf objektartige Weise sind, oder sie müssen es in ihren eigenen objektartigen Beziehungen offenbaren.

  ④ Bei der Herstellung von Leinen, eine bestimmte Quanten menschlicher Arbeit besteht in aufgewandt wurde. Der Wert der Wäsche ist das rein objektive Spiegelbild der so aufgewendeten Arbeit, aber er spiegelt sich nicht im Körper der Wäsche wider. Es offenbart sich (dh erhält einen sinnlichen Ausdruck) durch seine Wertbeziehung zum Fell.

④-⑤ Indem die Wäsche das Fell als Wert gleichsetzt - während sie sich gleichzeitig vom Fell als Gebrauchsgegenstand abhebt - wird das Fell zur Erscheinungsform des Leinenwertes im Gegensatz zum Leinenkörper: seinem Wert -Form im Unterschied zu seiner natürlichen Form.

⑤ In dem Ausdruck des relativen Wertes: 20 Yards Leinen = 1 Mantel (oder x Leinen ist Y Mantel wert ), muss man zugeben, dass der Mantel nur als Wert oder Koagulation der Arbeit zählt, aber genau durch diese Tatsache ist das Koagulation der Arbeit zählt als Mantel und Mantel als die Form, in die die menschliche Arbeit fließt, um zu erstarren.

Der Gebrauchswert Mantel wird nur die Erscheinungsform von Leinen-Wert , weil Leinen zum bezieht mich Material des Mantels so zu einer unmittelbaren Materialisierung von abstrakter menschlicher Arbeit, und damit zur Arbeit , die wie die von der gleichen Art ist , die objektivierten in der Wäsche selbst.

Der Gegenstand Mantel gilt als sinnlich greifbare Objektivierung gleichartiger menschlicher Arbeit und folglich als Wert in natürlicher Form. Da es als Wert von derselben Essenz ist wie das Fell, wird das natürliche Formfell dadurch zur Erscheinungsform seines eigenen Wertes.

Aber die Arbeit, die im Gebrauchswert Fell dargestellt ist, ist nicht einfach menschliche Arbeit, sondern eine besonders nützliche Arbeit: das Zuschneiden. Einfache menschliche Arbeit (Ausgabe menschlicher Arbeitskraft) ist zwar in der Lage, jede Bestimmung zu empfangen, ist aber für sich allein unbestimmt.

Sie kann sich nur verwirklichen und objektivieren, wenn die menschliche Arbeitskraft in einer bestimmten Form als bestimmte und spezifizierte Arbeit ausgegeben wird ; weil es sich nur um bestimmte und spezifizierte Arbeit handelt, die einer natürlichen Einheit gegenübergestellt werden kann - einem äußeren Material, in dem sich die Arbeit objektiviert.

Es ist nur der Begriff in Hegels Sinne, der es schafft, sich ohne äußeres Material zu objektivieren. [1]
⑤ 相対値の表現では、20ヤードのリネン= 1コート(またはxリネンはYコート相当)は、コートが価値または労働の凝固としてのみカウントされることを認めなければならないが、正確には労働の凝固である。
マントとしてカウントし、人間の労働が凍結するために流れる形としてのマントです。

実用的なコートはリネンの価値の外観にすぎません、なぜならリネンはコートの素材であり、抽象的な人間の労働の即時の実体化、そして同じ種類のもののような働きをするからです。

主題のマントルは、同様の人間の労働の官能的に具体的な客観化、そしてその結果としてその自然な形での価値として見なされます。コートと同じ本質の価値として、自然なフォームコートはそれ自身の価値の現れとなります。

しかし、価値のあるコートで提示されている作品は、単なる人間の労働だけではなく、特に有用な作品、つまりトリミングです。単純な人間の労働(人間の労働の成果)はいかなる目的をも受けることができますが、それ自体は不確定です。人間の労働が特定の形で特定の特定の仕事として費やされた場合にのみ実現され客観化される。
なぜならそれは自然な団結と対比することができるのは特定のそして指定された作品だけだからです - 作品がそれ自身を客観化する外部の材料なのです。

それは外的な物質なしでそれ自身を客観化することを、どうにかしているのが、ヘーゲルの意味での概念だけです。 [1]

⑥ 時間は、人間の労働の即時の表明として仕立てることと関係なく、価値としてのマントルまたは人間労働の化身と関係付けることはできません。しかし、リネンに興味がある実用性の面はそのウールの快適さでもボタンで留められた本質でも使用価値としてそれを区別する他のどんな有用な特徴でもありません。その澱粉使用客観性とは対照的に、コートは同等物だけが同等物の価値客観性を表すのに有用である。それがアサフェティダや化粧品、靴磨きの中でその価値を表明していたならば、それは同じ目的を達成したかもしれません。

したがって、仕立ては、それが好意的な生産的労働である限りでは--リネンには価値がありませんが、それが決心の仕事、実現の形態、一般的に人間労働の客観化として存在する場合に限ります。麻が毛皮ではなく靴磨きでその価値を表現するのであれば、磨きはそれを仕立てるのではなく抽象的な人間の労働を実現する直接的な形と考えられるでしょう。

このように、利用価値または商品は、価値観またはそれに相当するものの形にしかならず、他の商品は--それに含まれる具体的で有用な種類の仕事を抽象的人的労働の実現の直接的な形態として参照します。
⑥ Die Zeit kann nicht mit dem Mantel als Wert oder inkarnierter menschlicher Arbeit in Beziehung gesetzt werden , ohne mit der Schneiderei als unmittelbarer Erscheinungsform menschlicher Arbeit in Beziehung gesetzt zu werden . Der Aspekt des Gebrauchswertes, der für das Leinen von Interesse ist, ist jedoch weder sein Wollkomfort noch seine zugeknöpfte Essenz noch irgendeine andere nützliche Eigenschaft, die es als Gebrauchswert auszeichnet. Der Mantel ist nur für die Wäsche von Nutzen, um die Wertobjektivität der Wäsche im Unterschied zu ihrer stärkehaltigen Verwendungsobjektivität darzustellen.

Es hätte den gleichen Zweck erreichen können, wenn es seinen Wert in assa foetida oder Kosmetik oder Schuhcreme ausgedrückt hätte .

Auch die Schneiderei hat für die Wäsche folglich nicht insofern Wert, als sie zweckmäßige Produktivarbeit ist, sondern nur, als sie als Bestimmungsarbeit , Realisierungsform, Objektivierungsweise der menschlichen Arbeit überhaupt existiert. Wenn Leinen seinen Wert eher in Schuhcreme als im Fell zum Ausdruck bringen würde, dann würde das Polieren als die unmittelbare Form der Verwirklichung abstrakter menschlicher Arbeit gelten, anstatt sie zu schneidern.

So wird ein Gebrauchswert oder ein Warenkörper nur zu einer Form der Werterscheinung oder eines Äquivalents, indem sich eine andere Ware auf die konkreten, nützlichen Arbeitsarten bezieht, die in ihr enthalten sind, als unmittelbare Form der Verwirklichung abstrakter menschlicher Arbeit.

⑦ Wir stehen hier am Ausgangspunkt aller Schwierigkeiten, die das Verständnis der Wertform behindern .
⑦ここで私たちは価値形態の理解を妨げるあらゆる困難の出発点にいます。

商品の価値における人的労働の費用としてのみカウントされるのであれば、商品の価値をその利用価値または同一の労働から利用価値を形成する労働と区別することは比較的容易である。
Es ist relativ leicht, den Wert der Ware von ihrem Gebrauchswert oder die Arbeit, die den Gebrauchswert bildet, von derselben Arbeit zu unterscheiden, sofern sie lediglich als Aufwand menschlicher Arbeitskraft im Warenwert gerechnet wird.

商品を見たり、ある形で作業したりしても、他の形ではそれらを考慮しません。これらの抽象的な反対は自明であり、したがって分離が容易です。
Wenn man Ware oder Arbeit in der einen Form betrachtet, dann berücksichtigt man sie in der anderen nicht und umgekehrt. Diese abstrakten Gegensätze fallen von selbst auseinander und sind daher leicht zu trennen.

Anders verhält es sich mit der Wertform, die nur im Verhältnis von Ware zu Ware existiert. Der Gebrauchswert oder Rohstoffkörper spielt hier eine neue Rolle.
状況は、商品に対する商品の比率にのみ存在する価値形態によって異なります。ここでは、使用価値または原料本体が新しい役割を果たします。

それは商品の価値、すなわちそれ自身の反対の価値の表れになります。
Es wird zur Erscheinungsform des Warenwertes, also seines eigenen Gegenteils.

Ebenso wird die im Gebrauchswert enthaltene konkrete nützliche Arbeit zu ihrem eigenen Gegenteil, zur bloßen Form der Verwirklichung abstrakter menschlicher Arbeit. Anstatt auseinander zu fallen, spiegeln sich die gegensätzlichen Bestimmungen der Ware gegeneinander.
同様に、効用価値に含まれる具体的な有用な仕事はそれ自身の反対、抽象的な人間の労働の実現の単なる形になる。バラバラになるのではなく、商品の相反する規定は互いに反映されます。

一見したところ-これは一見したところ分かりにくいので、さらに検討する必要があります。

商品は最初から二重のものであり、使用価値と価値、有用な作品の産物と作品の抽象的な凝塊物を使用しています。したがって、それが何であるかを明示するためには、その形式を2倍にする必要があります。それは本質的に効用価値の形をしています。それが彼の自然な形です。それだけで他の商品と初めて流通しているそれ自体のための価値形態に値する。
 <商品は効用価値であるから、価値形態に値するとは?何のことか・・一緒に考えよう・・と>
 <商品形態が、未だ受け取られていないのです。次の8段落で受け取られて、9段落にて、
  やっと、この両極について述べられるのです。杉本>
しかし、その価値形態は、それ自体客観的なものでなければなりません。
商品の唯一の客観的な形態はそれらの用途、それらの自然な形態です。

So unverständlich dies auf den ersten Blick erscheint, so zeigt es sich bei weiterer Überlegung als notwendig.

Die Ware ist von Anfang an eine doppelte Sache, Gebrauchswert und Wert, Produkt nützlicher Arbeit und abstraktes Koagulat der Arbeit.

Um sich als das zu manifestieren, was es ist, muss es daher seine Form verdoppeln .

Es besitzt von Natur aus die Form eines Gebrauchswertes. Das ist seine natürliche Form. Es verdient nur eine Wertform für sich selbst, die zum ersten Mal mit anderen Waren im Umlauf ist.

Aber seine Wertform muss dann selbst eine objektive Form sein. Die einzig objektiven Formen von Waren sind ihre Verwendungsformen, ihre natürlichen Formen.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
英 As incomprehensible as this may seem at first glance, it is necessary to consider it further.

The commodity is from the beginning a double thing, use value and value, product of useful work and abstract coagulum of the work.

Therefore, to manifest as what it is, it must double its form.

It inherently has the form of a utility value. That's his natural form. It only deserves a value form for itself that is circulating for the first time with other goods.

But its value form must itself be an objective form. The only objective forms of goods are their uses, their natural forms.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑧ 商品の自然な形(例えば、リネン)はその価値形式の正反対であるので、それは他の自然な形 - 他の商品の自然な形態 - をその商品形態に変えなければなりません。
⑧ Da die natürliche Form einer Ware (zB Leinen) das genaue Gegenteil ihrer Wertform ist, muss sie eine andere natürliche Form - die natürliche Form einer anderen Ware - in ihre Warenform verwandeln .

Eine Sache, die es nicht sofort für sich selbst tun kann, kann es sofort für eine andere Ware tun und daher auf Umwegen für sich.
それがすぐにそれ自身のためにすることができないということの一つは、それはすぐに別の商品のためにそれゆえそれ自体のために迂回路の方法ですることができる。

それはそれ自体の本体またはそれ自身の使用価値でその価値を表現することはできないが、それは直接存在する価値として他の使用価値または商品本体を指すことができる。
Es kann seinen Wert nicht in seinem eigenen Körper oder in seinem eigenen Gebrauchswert ausdrücken, sondern es kann sich auf einen anderen Gebrauchswert oder Warenkörper als unmittelbar existierenden Wert beziehen.

Es kann sich nicht auf die konkrete Arbeit beziehen, die in sich selbst enthalten ist, sondern zweifellos auf die, die in einer anderen Warenart als bloße Form der Verwirklichung abstrakter menschlicher Arbeit enthalten ist.
それはそれ自体に含まれている具体的な仕事を指すことはできませんが、抽象的な人間の労働の実現の単なる形として他の商品に含まれているそれを疑う余地なく示す。

このためには、他の商品だけをそれ自体と同等であるとみなす必要があります。 商品の使用価値は、それがこのようにその価値の発現をもたらす限りにおいて、他の商品に対してのみ存在します。
Dafür muss es nur die andere Ware mit sich selbst als Äquivalent gleichsetzen . Der Gebrauchswert einer Ware besteht überhaupt nur für eine andere Ware, soweit er auf diese Weise der Erscheinungsform ihres Wertes dient.

Betrachtet man im einfachen, relativen Wertausdruck nur die quantitative Beziehung: x Ware A = y Ware B, so findet man auch nur die oben entwickelten Gesetze über die Bewegung des relativen Wertes, die alle auf der Tatsache beruhen, dass die Menge von Der Wert der Waren wird durch die für ihre Herstellung erforderliche Arbeitszeit bestimmt.
単純で相対的な価値の表現で量的関係のみを考えれば、x商品A = y商品Bとなると、相対価値の移動に関して上で開発された法則のみが見つかります。商品は、その製造に必要な作業時間によって決まります。

しかし、その概念、質的な側面から両方の原材料の価値関係を考えると、価値のこの単純な表現の中に価値形態の秘密、そしてそれゆえお金の巧妙さを発見するでしょう。 [2] [3]
Aber wenn man den Wert Beziehung beiden Rohstoffe in ihrer Auffassung , qualitativen Aspekte, dann entdeckt man in diesem einfachen Ausdruck von Wert des Geheimnis der Wertform und somit in nuce des Geld. [2]   [3]

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑨ Unsere Analyse hat ergeben, dass der relative Wertausdruck einer Ware zwei verschiedene Wertformen umfasst. Das Leinen drückt seinen Wert und seine bestimmte Wertmenge im Fell aus. Es manifestiert seinen Wert in der Wertbeziehung zu einer anderen Ware und damit als Tauschwert.

Andererseits erhält die andere Ware, die Hülle, in der sie ihren Wert in relativer Weise ausdrückt, genau auf diese Weise die Form eines Gebrauchswertes als Äquivalent, das sofort mit ihr austauschbar ist.

Beide Formen, die relative Wertform der einen Ware, die äquivalente Form der anderen, sind Formen des Tauschwertes.
Beide sind eigentlich nur Vektoren - Bestimmungen, die wechselseitig voneinander bedingt sind - des gleichen relativen Wertausdrucks, die aber wie Pole zwischen den beiden gleich gesetzten Warenextremen aufgeteilt sind.
⑨ 私たちの分析によると、商品の相対的価値は二つの異なる価値形式を含んでいます。
リネンはその価値とコートの価値のその特定の量を表します。それは他の商品との価値関係、したがって交換価値としてその価値を明示する。

一方、他の商品、つまり相対的な意味でその価値を表現しているエンベロープは、このようにして同等のものとしてuse-valueの形式を受け取ります。

どちらの形式も、一方の商品の相対値形式、他方の商品の等価形式であり、交換価値の形式です。
どちらも実際にはベクトル - 相互に依存する決定 - 同じ相対値式ですが、2つの等しく設定された極値間の極のように分割されます。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑩ Quantitative Determiniertheit ist in der äquivalenten Form einer Ware nicht enthalten .
Das bestimmte Verhältnis (zB in welchem ??Fell das Äquivalent von Leinen ist) ergibt sich nicht aus seiner Äquivalentform, der Form seiner unmittelbaren Austauschbarkeit mit Leinen, sondern aus der Bestimmung der Wertmenge durch die Arbeitszeit.

Das Leinen kann seinen eigenen Wert nur in Mänteln darstellen, indem es sich auf ein bestimmtes Mantelquantum als gegebenes Quantum kristallisierter menschlicher Arbeit bezieht .

Wenn der Mantel-Wert ändert, dann auch diese Beziehung verändert. Damit sich jedoch der relative Wert von Leinen ändert, muss es vorhanden sein und es kann nur bei gegebenem Fellwert gebildet werden.

Ob nun das Leinen seinen eigenen Wert in 1, 2 oder x Schichten darstellt, hängt (unter dieser Voraussetzung) vollständig von der Höhe des Wertes eines Leinenyard und der Anzahl der Yards ab, deren Wert sich in Form von Schichten manifestieren soll .

Die Menge des Wertes einer Ware kann nur ausdrücken in dem Gebrauchswert einer anderen Ware als relativer Wert.

Eine Ware erhält dagegen nur die Form eines sofort umtauschbaren Gebrauchswertes (was mit "gleichwertig" gemeint ist), nur als das Material, in dem der Wert einer anderen Ware ausgedrückt wird.

⑩ 定量的決定は、同等の形態の財には含まれません。明確な関係(例えば、コートの中にリネンと同等のものがある)は、その同等の形式、すなわちリネンとの直接の互換性の形式から導き出されるのではなく、作業時間による価値の量の決定から導き出される。

ある量の結晶化された人間労働として、コートの特定の量を参照することによって、リネンはコートだけでそれ自身の価値を表すことができます。コート値が変わると、この関係も変わります。

しかしながら、リネンの相対値が変化するためには、それが存在していなければならずそして所与のコート値でのみ形成され得る。リネンが1、2またはxレイヤーでそれ自身の値を表すかどうかは、リネンヤードの値の高さと、その値がレイヤーとして現れるヤードの数に完全に依存します。商品の価値の量が、相対的価値以外には--商品の利用価値でしか表現できない。

一方、商品は、他の商品の価値が表現される材料としてのみ、即座に交換可能な使用価値(「等価」を意味する)の形態のみを受け取ります。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪ Diese Unterscheidung wird durch eine charakteristische Besonderheit des relativen Wertausdrucks in seiner einfachen oder ersten Form verdeckt. Die Gleichung: 20 Yards Leinen = 1 Mantel (oder 20 Yards Leinen sind einen Mantel wert) enthält schließlich genau die gleiche Gleichung: 1 Mantel = 20 Yards Leinen (oder ein Mantel ist 20 Yards Leinen wert). Der relative Wertausdruck des Leinens, in dem das Fell als Äquivalent steht, enthält also umgekehrt den relativen Wertausdruck des Mantels, in dem das Leinen als Äquivalent steht.
⑪ この区別は、相対値式の単純または最初の形式の特徴的な特殊性によってあいまいになります。
式:20ヤードのリネン= 1コート(または20ヤードのリネンはコートの価値がある)は、まったく同じ方程式を含みます。
1コート= 20ヤードのリネン(またはコートは20ヤードのリネンの価値があります)。
コートが同等物として存在するリネンの相対値表現は、したがって、逆に、リネンが同等物として存在するコートの相対的発現を含む。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑫ Obwohl beide Bestimmungen des Wertform oder beide Arten der Manifestation des Warenwerts als Tauschwert nur sind relativ, tun sie nicht beide scheinen in gleichem Maße relativ.

Im relativen Wert des Leinens (20 Yards Leinen = 1 Mantel) äußert sich der Tauschwert des Leinens ausdrücklich als seine Beziehung zu einer anderen Ware.

Was das Fell betrifft, so handelt es sich zwar um ein Äquivalent, sofern das Leinen als Erscheinungsform seines eigenen Wertes und damit als unmittelbar mit sich selbst austauschbares Gut (das Leinen) mit dem Fell verwandt ist .
⑫ 価値形式の両方の規定、または交換価値としての商品価値の両方のタイプの明示は相対的なものにすぎないが、両者が等しく相対的なものとは思われない。

リネンの相対値(20ヤードリネン= 1コート)において、リネンの交換値は他の商品との関係として明示的に表されている。

コートに関する限り、それはそれ自身の価値観の出現に関連していて、それ故に毛皮(リネン)と直接交換することができる-善-に関連している限りにおいての同等です。


この関係の範囲内でのみ、コートは同等です。
受動的に動作します。
率先しない。
物事はそれに関連しているのでそれは関係にあります。
それゆえに、彼と洗い物との関係から構成された性格は、彼自身の関係の結果として現れるのではなく、
追加の自身の活動なしに存在するように見える。
さらに、リネンがマントルを指す方法は、マントルと関係がある目的にぴったりです。
Nur innerhalb dieser Beziehung ist das Fell ein Äquivalent.
Es verhält sich aber passiv.
Es ergreift keinerlei Initiative.
Es befindet sich in einer Beziehung, weil sich die Dinge darauf beziehen.
Der Charakter, der sich für ihn aus seiner Beziehung zur Wäsche heraus konstituiert, erscheint also nicht als Ergebnis seiner eigenen Beziehung , sondern als präsent ohne zusätzliche eigene Aktivität. Darüber hinaus ist die Art und Weise, in der sich das Leinen auf den Mantel bezieht, genau richtig für das Ende, das es mit dem Mantel zu tun hat.

Schließlich bezieht sich das Leinen auf den Mantel als sinnlich existierende Materialisierung menschlicher Arbeit im Abstrakten und damit als gegenwärtigen Wertkörper.
最後に、リネンはマントルを抽象的に人間の労働の官能的に存在する実体化として、そしてそれ故に現在、価値体として参照する。

それは、その意味で、そしてこの意味で、リネンがこの特別な方法でコートを指すからとの理由であるだけです。
同等としてのその地位は(いわば)寝具の反射的な規定に過ぎない。 [4]
Es ist dies nur, weil und insofern das Leinen sich auf diese spezielle Weise auf das Fell bezieht . Sein Status als äquivalent ist (sozusagen) nur eine Reflexion Bestimmung der Bettwäsche. [4]

Aber die Situation scheint genau umgekehrt zu sein. Einerseits macht sich der Mantel nicht die Mühe, sich auf irgendetwas zu beziehen. Andererseits bezieht sich das Leinen auf den Mantel, nicht um etwas daraus zu machen, sondern weil es etwas ganz anderes ist, als das Leinen tun könnte. Das sich ergebende Produkt der auf den Mantel bezogenen Wäsche (seine Äquivalentform, seine Bestimmtheit als unmittelbar austauschbarer Gebrauchswert) scheint auch außerhalb der auf den Mantel bezogenen Wäsche ebenso körperlich zum Mantel zu gehören wie seine Eigenschaft, Menschen warm halten zu können (zum Beispiel).
しかし、状況は逆になっているようです。一方で、コートは何にも言及することを煩わしません。その一方で、リネンはそれから何かを作るためではなく、それがリネンが行うことができるものとはかなり異なるものであるため、コートを指します。衣服ベースの衣服から得られる製品(その同等の形態、即時交換可能な実用価値としてのその明確さ)もまた、人々を暖かく保つための能力と同じくらい衣服関連-同等物-外側のコートの一部であるかのように思われる。

相対値の最初のまたは単純な形式(リネンの20ヤード - マント)では、この幻影はまだ証明されていません。なぜなら、この形式は反対を直接表しているからです。なぜなら、他の人がそれ自身の相対値表現をするからです。 [5]
In der ersten oder einfachen Form des relativen Wertes (20 Yards Leinen - ein Mantel) ist dieser Schein noch nicht bewiesen, weil diese Form auf unmittelbare Weise auch das Gegenteil ausdrückt, dass der Mantel ein Äquivalent des Leinens ist, und dass jede der beiden Waren nur diese Bestimmung besitzt, weil und insofern die andere sie zu ihrem eigenen relativen Wertausdruck macht. [5]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑬2つの商品の相対値の単純な表現または同等性の表現では、両方の商品に対応する価値の形式の開発は、いずれにせよ反対の方向にあります。相対値の表現は、2つの原材料のそれぞれに関して追加的に同一であり、同等物はその価値のみが商品を表しているため(マント)に、その逆も同じですが、この値の表現は両方に対して同じです。

結局のところ、2つの商品のそれぞれは他のタイプの商品の1つの同等物、したがって1つの同等物なだけです。
⑬ In der einfachen Form des relativen Werts oder die Expression der Gleichwertigkeit der beiden Rohstoffe, die Entwicklung der Form von Wert Korrespondent für beiden Rohstoffe, obwohl in jedem Fall in der entgegengesetzten Richtung. Der Relativwert-Ausdruck ist zusätzlich identisch mit Bezug auf jede der beiden Rohstoffe, für die Wäsche in nur ihren Wert manifestiert eine Ware (der Mantel) und umgekehrt, aber dieser Wert Ausdruck ist doppelt für beide Rohstoffe, unterschiedlich für jedes der gleich.

Schließlich ist jede der beiden Waren nur ein Äquivalent für die einzelnen anderen Warenarten und somit nur ein einziges Äquivalent.

⑭ Eine solche Gleichung wie ?20 Yards Leinen = 1 Mantel“ (oder 20 Yards Leinen sind einen Mantel wert ) drückt den Wert der Ware offensichtlich nur sehr begrenzt und einseitig aus. Wenn ich das Leinen zum Beispiel mit anderen Waren anstelle von Mänteln vergleiche, erhalte ich auch andere relative Wertausdrücke, andere Gleichungen (wie 20 Yards Leinen = u Kaffee; 20 Yards Leinen = v Tee usw.). Das Leinen hat ebenso viele verschiedene relative Wertausdrücke, wie es von ihm verschiedene Waren gibt, und die Anzahl seiner relativen Wertausdrücke nimmt ständig mit der Anzahl der Arten von Waren zu, die neu entstehen.
⑭「20ヤードのリネン= 1コート」(または20ヤードのリネンはコートの価値がある)のような式は、明らかに非常に限られた一方的な商品の価値を表しています。たとえば、リネンをコートではなく他の商品と比較すると、他の相対値式、他の式(20ヤードリネン= uコーヒー、20ヤードリネン= v茶など)も得られます。リネンはその種類の商品と同じくらい多くの異なる相対的表現を持ち、その相対的価値項目の数は新しく作られる商品の種類の数と共に絶えず増加します。

⑮Die erste Form (20 Yards Leinen = 1 Mantel) ergab zwei relative Ausdrücke für den Wert von zwei Waren.
Diese zweite Form liefert das vielfältigste Mosaik relativer Ausdrücke für den Wert derselben Ware.

Darüber hinaus scheint es nichts zu sein , gewann entweder für den Ausdruck der Menge des Wertes (für die Höhe des Wertes der Bettwäsche - , die offensichtlich das gleiche in jedem Ausdruck bleibt - wird ebenso ausführlich in '20 Ellen Leinwand ausgedrückt = 1 Mantel 'wie in '20 Yards Leinen = u Kaffee, etc.'), sind der Kaffee und die etcetera nur einzelne Äquivalente, genau wie der Mantel war.
⑮最初のフォーム(20ヤードのリネン= 1コート)は、2つの商品の価値について2つの相対的な表現を与えた。
この2番目の形式は、同じ商品の価値のための相対表現の最も多様なモザイクを提供します。

さらに、価値の量を表現すること(寝具の価値の量について - それぞれの表現で明らかに同じままである)は、 '20 cubits canvas = 1 coat'のように広く表現されているのと同様に、何もないようです。 '20ヤードのリネン=1コーヒーなど')では、コートがそうだったように、コーヒーとエトセトラはほんの数倍相当です。
 <江夏訳--「等価物の形態規定」P44などの記載は無い。>

⑯ Dennoch enthält diese zweite Form in sich eine wesentliche Entwicklung der Form.

Für latent in ihm ist, nach allem, nicht nur die Tatsache , dass Leinen in Mänteln seinen Wert auf einmal zum Ausdruck kommt, und an einem anderen in Kaffee, etc., aber die Tatsache , dass es zum Ausdruck bringt seinen Wert so viel in Schichten wie in Kaffee , etc .: entweder in dieser oder jener Ware oder der dritten, etc. Die fortdauernde Bestimmung offenbart sich, sobald sich diese zweite oder entwickelte Form des relativen Wertausdrucks in seinem Zusammenhang manifestiert. Wir erhalten dann:
⑯それにもかかわらず、この第二の形式はそれ自体、その形式の本質的な発展を含んでいる。

潜んでいるのは、結局のところ、コートのリネンが一度にその値を表すという事実だけでなく、コーヒーなどの中に別の値があるという事実だけでなく、コーヒーなどのような層:これまたはその商品あるいは、第3のものの-etc. -いずれかなどの中でも、なのです。
この第2のまたは発展した形式の相対値表現がその文脈において現れるとすぐ、継続的な決意はそれ自身を表す。私たちはそれから受け取る:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  II. Zweite oder entwickelte Form des relativen Wertes:
  II。2番目または開発された形式の相対値
①  20 Yards Leinen = eine Schicht oder = u Kaffee oder = v Tee oder = x Eisen oder = y Weizen oder usw.

②  usw. z Ware A = u Ware B oder = v Ware C oder = w Ware D = x Ware E oder = y Ware F oder = etc.

③  Das erste ist offensichtlich, dass die erste Form das Grundelement der zweiten bildet, denn letztere besteht aus vielen einfachen relativen Wertausdrücken, wie "20 Yards Leinen = ein Mantel", "20 Yards Leinen und Kaffee" usw .
③ 前者が後者の基本要素であることは明らかです。後者は「20ヤードのリネン= 1コート」、「20ヤードのリネンとコーヒー」などの単純な相対表現で構成されているからです。

④ 最初の形式(20ヤードリネン=私のコート)では、この2つの商品がこの特定の量的関係において交換可能であるという偶然の事実のように思えるかもしれません。ただし、2番目の形式では、ランダムな外観とは実質的に異なる背景がすぐに現れて決定されています。リネンの価値は、コート、コーヒー、鉄など、さまざまな種類の商品の中で、ほとんど変わりません。 2人の個々の商品所有者間の偶然の関係は消えます。商品の価値を規制するのは交換ではなく、逆に交換を規制するのは商品の価値であることが明らかになります。
④  In der ersten Form (20 Yards Leinen = ich Mantel) kann es wie eine zufällige Tatsache scheinen, dass diese beiden Waren in dieser spezifischen quantitativen Beziehung austauschbar sind . In der zweiten Form scheint jedoch sofort ein Hintergrund durch, der sich wesentlich von der zufälligen Erscheinung unterscheidet und diese bestimmt. Der Wert der Wäsche bleibt gleich groß, sei es in Mantel, Kaffee oder Eisen usw., in unzähligen verschiedenen Waren, die den verschiedensten Besitzern gehören. Die zufällige Beziehung zweier einzelner Warenbesitzer fällt weg. Es wird deutlich, dass nicht der Tausch den Wert der Ware reguliert, sondern umgekehrt der Wert der Ware, der ihre Tauschverhältnisse reguliert.

⑤  In dem Ausdruck "20 Yards Leinen = 1 Mantel" galt der Mantel als Erscheinungsform des in dem Leinen objektivierten Werkes .
⑤ 「20ヤードのリネン= 1マント」という表現では、マントはリネンで具体化された作品の現れとみなされました。

このようにして、対象物<洗濯物>に含まれる仕事は、ジャケットに含まれる仕事と同一視され、
したがって同等の人間労働として決定された。
Auf diese Weise wurde die in der Wäsche enthaltene Arbeit der in dem Mantel enthaltenen Arbeit gleichgesetzt und dadurch als vergleichbare menschliche Arbeit bestimmt.

Diese Feststellung hat sich jedoch nicht ausdrücklich gezeigt. Auf der Ebene der Unmittelbarkeit setzt die erste Form die in der Wäsche enthaltene Arbeit nur der Arbeit des Schneiderns gleich.
しかしながら、この発見は明白には示されていない。
即時性のレベルでは、最初の形式は、対象物<洗い物>に含まれている作業を、仕立て作業とのみ同等にします。

それ以外の場合は2番目の形式です。
それらの相対的な価値表現の無限の、絶えず拡張可能なシリーズでは、リネンはそこに含まれている仕事の単なる現れとしてすべての可能な商品を指します。
Ansonsten mit der zweiten Form.
In der unbestimmten, ständig erweiterbaren Reihe ihrer relativen Wertäußerungen bezieht sich die Wäsche auf alle möglichen Warenkörper als bloße Erscheinungsform der in sich enthaltenen Arbeit.

Infolgedessen manifestiert sich an diesem Punkt der Leinenwert zum ersten Mal wirklich als Wert, dh als Kristall menschlicher Arbeit im Allgemeinen.
その結果、現時点で、初めてこのリネン価値は本当に価値として、つまり人間の労働の一般的な結晶として現れています。

⑥  Die zweite Form besteht aus einer Summe der bekannten Gleichungen der ersten Form. Jede dieser Gleichungen (wie "20 Yards Leinen = 1 Mantel") enthält auch die Umkehrung "1 Mantel - 20 Yards Leinen". In diesem Fall manifestiert der Mantel seinen Wert im Leinen und manifestiert genau dadurch das Leinen als Äquivalent. Nun, da dies für jeden der unzähligen relativen Wertausdrücke von Leinen gilt, erhalten wir:
⑥ 2番目の形式は、最初の形式の既知の方程式の合計からなります。
これらの各方程式( "20ヤードのリネン= 1クローク"など)にも、 "1クローク -  20ヤードのリネン"の逆行列が含まれています。この場合、マントはその値をリネンで表し、同等のものとしてリネンを表します。これがリネンの無数の相対値の項のそれぞれに当てはまるので、次のようになります。
ーーーーーーーーーーー
杉本--独訳では明白に、作品と労働の区別がなされているも、英訳ではどうにも無頓着になります。しかし、次の第三形態では、はっきりと区別されますが、しかし、それは、そこを意識下に置いての編集があればこそだと思えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

スミスの一般的な視点へのマルクスの批判

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 9月 5日(木)06時10分37秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me24/me24_359.htm#Kap_19_II_3

  19章 緒論
  I. Die Physiokraten
  II. Adam Smith

  1. Smiths allgemeine Gesichtspunkte
    A. Smith sagt B. I, ch. 6, p. 42:
  2. Smiths Auflösung des Tauschwerts in v + m
  3. Der konstante Kapitalteil
  4. Kapital und Revenue bei A. Smith
  5. Zusammenfassung

  1.スミスの一般的な視点
  2. v + mでの交換値のスミスの解像度
  3.固定資本部分
  4. A.スミスの資本と収益
  5.まとめFrühere Darstellungen des Gegenstandes

  I. Die Physiokraten
  II, ch.
  1:   A. Smith sagt B.

  A. Smith sagt B. II, ch. 1:

  A.スミスはB. II、ch。 1:

「播種の価値全体は、厳密な意味での固定資本でもあります。」
ここで、資本=資本価値; 「固定」形式で存在します。

「種まきは地面と納屋の間を行き来しますが、所有権を変更することはなく、実際に流通することもありません。」テナントは、それらを売って利益を上げるのではなく、成長させます。 (p.186)

<362>ここでの偏狭は、スミスが、ケネーのように、新しい形での一定の資本の価値の再現、つまり、複製のプロセスにおける重要な瞬間を見ていないという事実にありますが、彼の違いは単なる例示であり、誤ったものです循環および固定資本。 -スミスの「アヴァンスプリミティブ」と「アバンスアヌエル」の「固定資本」と「循環資本」への翻訳では、「アグリコール」の特定の考慮に関係なく、用語は「資本」という言葉で一般化されます。重農主義者の適用範囲;回帰は、「固定」と「循環」が決定的な違いとして理解され、記録されることです。

 II。アダムスミス

 1.スミスの一般的な視点

A.スミスはB. I、ch。 6、p。 42:で語る。
「すべての社会で、各商品の価格は最終的にこれら3つの部分(賃金、利益、地代)のいずれか一方に溶解します」または3つすべてであり、先進国ではそれぞれ3つすべてを多かれ少なかれ構成要素とします大多数の商品の価格で "(38);または、彼らが言うように、p。 43:「賃金、利益、土地賃料は、すべての収入と交換価値の3つの主要な源泉です。」

以下では、A。スミスの「商品の価格の構成要素」についてのこの見習いを読みます。
「すべての交換価値」、より詳しく調べます。 -次に、それは言います:

「これは個々に取られた特定の商品に適用されるため、各国の土壌と労働の年間製品全体を構成するため、すべての商品全体に適用する必要があります。」年間製品の合計価格または交換価値は同じ3つの部分に分解し、<363>土地のさまざまな住民に、労働の報酬として、資本の利益として、または土地の賃貸料として分配します。 (B.II.、ch.2、p.190)

A.スミスがこうしてすべての商品の価格を個別に取った後、たとえば「各国の土壌と労働の年間製品の全価格または交換価値」は、賃金労働者、資本家、地主の3つの収入源に解散しました。賃金、利益、土地賃料、彼は迂回して4番目の要素、すなわち資本の要素を密輸しなければなりません。これは、生の収入と純収入の区別によって行われます。

「大国のすべての住民の総収入には、土地と労働の年間生産物全体、第1に固定資産と第2の流動資本、または彼らが負担した部分の維持費を差し引いた部分の純収入が含まれます。資本を攻撃したり、消費ストックに入れたり、維持、慰め、楽しみに使うことができなくても、彼らの本当の富は、総収入ではなく、純利益に比例します。」 (同上、P.190)

 私たちは注意します:

1. A.スミスは単純に繁殖のみを扱い、拡大されたスケールや蓄積を扱いません。彼はアクティブな資本を維持するための支出についてのみ語っています。 「純」-収益は年間消費財の一部に等しく、企業であれ、個人消費者であれ、「消費基金」に入ることができますが、この基金のサイズは機能する資本を攻撃してはなりません(資本に侵食しません) 、したがって、個人の価値部分と社会的生産物は、賃金にも、利益や地代にも、資本に溶解しません。

2. A.スミスは、大きな収入と純収入、生の収入と純収入の区別というしゃれによって、彼自身の理論から逃げます。個々の資本家と資本家階級全体、またはいわゆる国家は、生産で消費される資本を資本生産物に置き換え、その価値-この製品自体の比例部分で表される-一方では、消費された資本価値を置き換えるため、収入と文字通りの収入を生み出す(収益、収益の過去分詞、戻ってきます)が、注目すべき資本所得または資本所得。他方で、「彼らの労働に対する報酬として、または彼らの資本の利益として、または彼らの土地財産の賃貸料として、土地の様々な住民の間で分配される」価値のある部分-通常の生活の収入で理解されるもの。製品全体の価値は、個々の資本家にとっても国全体にとっても、誰にとっても収入を構成します。しかし、一方では資本収入、他方ではこの異なる「収益」の。商品の価値を構成要素に分析する際に削除されるものは、バックドア、つまり「収益」という言葉のあいまいさによって再導入されます。ただし、その中に既に存在する製品の価値のあるコンポーネントのみを「取得」できます。資本が収入として入る場合、資本は以前に使われたに違いありません。 <364>
 A.スミスも言います:

「最低経常利益率は、すべての資本使用がさらされる臨時の損失を補償するのに十分なものよりも常に多くを占めなければならず、純利益または純利益を表すのはこの余剰だけです。」

{利益の下で必要な資本的支出を理解している資本家はどれですか?}

「粗利益と呼ばれるものには、この余剰だけでなく、そのような特別な損失のために差し控えられた部分も含まれることがよくあります。」 (B. I、ch。9、p。

しかし、これは、粗利益の一部とみなされる余剰価値の部分のみが生産のための保険基金を構成しなければならないことを意味します。この保険基金は余剰仕事の一部を生み出し、この点で資本を直接生み出します。複製を目的とした資金。固定資本等の「保存」のための支出に関しては(上記引用文を参照)、新しい資本で消費された固定資本の置き換えは、新しい資本投資を構成するものではなく、新しい形式での古い資本価値の更新に過ぎない。しかし、A。スミスも維持費を考慮している固定資本の修理に関する限り、彼の食料は先進資本の価格に属します。資本家は、一度にすべてを投資するのではなく、資本の機能中に必要に応じて徐々に投資することができ、すでに投資した利益から投資するという事実は、この利益の源泉を変えません。そこから湧き出る価値の要素は、労働者が余剰労働を供給していることを証明するだけであり、それは彼が修理基金のための保険基金のためにしたように。

A.スミスは、ネットベニューのことを教えてくれました。すべての固定資本だけでなく、固定資本の維持と修理を必要とする循環資本の全体も除外するという特定の意味での収益。実際には、更新は消費基金に含まれないすべての資本です。特定の自然な形<365>

「固定資本の維持のための全支出は、明らかに社会の純収入から除外されなければなりません。有用な機械や産業用具を維持しなければならない原材料も、これらの原材料を必要な形に変換するのに必要な労働力もありません;それぞれがこの収入の一部を形成するかもしれないが、この労働者の価格はその収入の一部を形成するかもしれない。 「この製品のような」この作品に支払われた賃金は、「この作品自体が具現化されている」「この消費ストック、労働者の価格、他の人々の製品、これらの労働者の労働を通じた彼らのメンテナンス、快適さ、そして喜びに加わる」増加します。」 (B.II.、ch.2、p.190、191)

A.スミスはここで、生産手段の生産で働く労働者と消費手段の直接生産で働く労働者の間の非常に重要な区別に遭遇します。前者の商品の価値には、賃金の合計に等しい構成要素が含まれます。労働力の購入に投資された資本の価値。価値のこの部分は、これらの労働者によって生産される生産手段の特定の割合として物理的に存在します。彼らの賃金のために受け取ったお金は彼らのために収入を生み出しますが、彼ら自身のためにも他の人々のためにも彼らの労働生産された製品は消費されません。これらの製品自体は、純消費のみが実現可能な公共消費基金を供給することを目的とした年間製品の一部の要素を構成していません。 A.スミスは、ここで、賃金と生産手段の価値要素について有効なものを追加することを忘れています。これは、利益と家賃のカテゴリーの下での余剰価値として、産業資本家の収入(直接)を形成します。これらの価値コンポーネントは、生産手段、非消耗品にも存在します。銀めっきが終わって初めて、価格に応じて第2種の労働者が生産する消費手段の量を増やし、それを所有者の個人消費基金に移すことができます。さらに、アダム・スミスは、この生産範囲内で機能する生産手段の値に等しい年間生産手段の価値部分-生産手段が作られる生産手段-は、ここで適用される定数の値に等しい値であることを見たはずです資本は、それが存在する自然の形態だけでなく、その資本機能によって、すべての収益の価値の構成要素によって、完全に除外されます。

第2のタイプの労働者-即時の消費手段を生み出す労働者に関して-A.スミスの規定は正確ではありません。彼は、この種の仕事では、労働価格と製品の両方が直接消費基金を引き受ける(行く)と言う。

「価格」(つまり、賃金として受け取ったお金)「労働者の労働ストック、およびこれらの労働者の労働によって保守、快適さ、喜びが増加する他の人々の製品」。

しかし、労働者は彼の労働の「価格」、彼の賃金が支払われるお金で生活することはできません。彼は消費手段を購入することでこのお金を実現しています。これらはz.T.彼が自分で作った商品で構成されています。他方、彼自身の製品は労働搾取者の消費のみに入る製品かもしれない。

A.スミスが国の「純収入」から固定資本を完全に除外した後、彼は続けます:

「固定資本の維持のための支出全体は社会の純収入から必然的に除外されますが、循環資本の維持のための支出の場合も同じではありません。」この最後の資本の4つの部分のうち、お金、食料すでに述べたように、原材料と最終製品は、最後の3つから定期的に取り出され、社会の固定資本または即時消費に向けられた供給のいずれかに配置されます。 「{固定資本}」は一般に、最後の「即時消費向けの供給」に入り、社会の純収入の一部を形成します。循環資本のこれらの3つの部分の保存は、社会の純収入を減少させません。 Erhalに必要なものを除く年次製品の他の部分固定資本。」 (B.II.、ch.2、p.191、192)

これは、生産手段の生産に役立たない循環資本の部分が消費手段の部分に入る、つまり社会の消費基金を形成することを目的とする年間製品の部分であるトートロジーにすぎません。しかし、重要なことは次のとおりです。

「社会の循環資本は、この点で個人の循環資本とは異なります。」個人のそれは、純収入から完全に除外され、その一部を形成することはできません。それは所属する社会の循環資本の一部を構成しますが、必ずしも除外されず、会社の純資産の一部を形成することはできませんもちろん、彼らは他の人々の消費手段に含まれる可能性があり、彼らは、他の資金によって得られた収入によって、彼らの資本または彼らの資本のいずれかが減少することなく、定期的に価値と利益を代用します。 " (同上)

だからここに聞く:

1.固定資本とその複製(機能)および保存に必要な循環資本と同様に、消費手段の生産における個々の資本家の循環資本は、彼の利益のみに存在する純収入から完全に除外されます。 、したがって、資本を置き換える商品の部分は、収益を構成する価値のある部分で解決できません。

2.個々の資本家の循環資本は、個々の固定資本と同様に、社会の循環資本の一部を形成します。

3.社会の循環資本は、個々の循環資本の合計のみですが、個々の資本家の循環資本とは異なる性格を持っています。後者は彼の収入の一部を形成することはできません。一方、最初の部分(つまり、消費手段で構成される部分)は、同時に社会の収入の一部を形成する場合があります。または、先ほど述べたように、必ずしも社会の純収入を年間製品の一部だけ減らす必要はありません。実際、A。スミスがここで循環資本と呼ぶものは、毎年生産される商品資本で構成され、消耗品を生産する資本家は毎年流通に投入します。これは、年間商品商品全体が消耗品で構成されているため、会社の純利益(賃金を含む)が実現または消費される基金となります。例として小売業者の店で商品を選択する代わりに、A。スミスは産業資本家の倉庫に保管されている商品の塊を選択すべきでした。

A.スミスが、彼が修正したものの複製を検討することによって、彼が以前に持っていた思考のブロックを要約すると、現在彼が循環資本と呼ぶものによって、彼は次の結果に到達したでしょう:

今年のソーシャルプロダクトは2つの部門で構成されています。1つは生産手段、2つ目は消費手段、両方とも別々に扱われます。

II。生産手段からなる年間生産物の一部の合計値は、次のように分配されます:価値部分は、これらの生産手段の生産で消費された生産手段の価値のみ、つまり資本価値を再現する更新された形式のみです。 2番目の部分は、労働に投資された資本の価値に等しいか、この生産分野の資本家によって支払われた賃金の合計に等しい。価値の3番目の部分は、最終的に、このカテゴリの産業資本家である地代を含む利益の源泉となります。

A.スミスによると、最初の部分は、この最初のセクションで使用されるすべての個々の資本の複製された固定資本部分であり、「明らかに除外され、個々の資本家であれ、社会であれ、純収入の一部を形成することはできません」。彼は常に資本として機能し、収益としては機能しません。個々の資本家の「固定資本」が社会の固定資本と何らかの点で異なる限り。しかし、社会の年間生産物の価値の他の部分-生産手段のこの総量のアリコートにも存在する価値の手段は、同時に、この生産に関与するすべてのエージェントの収入、労働者の賃金、資本家の利益です、しかし、それらは収入ではなく、社会の資本を構成しますが、社会の年間生産物は、それに属する個々の資本家の生産物の合計のみで構成されます。その性質上、それらは通常、生産手段としてのみ機能することができ、必要に応じて消費手段として機能できるものでさえ、新しい生産の原材料または補助材料として機能するように運命づけられています。彼らはそのように機能します-つまり、資本として-しかし、彼らの生産者の手ではなく、彼らの生産者の手の中、すなわち:

III。第二部門の資本家、消費財の直接生産者。消費手段の生産で消費される資本を置き換えます(後者が労働に変換されない限り、つまり、この第2部門の労働者の賃金の合計で)、この消費資本は消費手段の形になりますそれらを生産する資本家の一部、つまり社会的観点から、消費者基金は、資本家と最初の部門の労働者が収益を実現する形になります。

A.スミスがこれまでに分析を進めていた場合、問題全体の解決にはほとんど不足がありませんでした。彼は、社会の年間総生産を構成する商品資本の価値の特定の部分が、生産に雇用された個々の労働者と資本家の収入を構成することをすでに述べていたので、ポイントに近かった会社の収益の一部ではありません。一方、他の種類の価値部分(消費手段)、個々の所有者の資本価値、この投資分野で採用された資本家、それにもかかわらず社会的収入の一部のみ。

前の記事からはすでに多くのことが明らかになっています。

第一に、社会資本は個々の資本の合計のみに等しく、したがって社会の年間商品生産物(または商品資本)にも等しく、これらの個々の資本の商品の合計に等しい。したがって、個々のすべての商品資本に適用される構成部分の商品価値の分析は、社会全体の商品価値にも適用されなければならず、最終結果で実際に有効ですが、再生の社会プロセス全体でそれらが表される兆候は異なります。

第二に、単純な複製に基づいても、労働力(変動資本)と余剰価値の生産だけでなく、新しい一定の資本価値の直接生産も起こります。労働日は2つの部分のみで構成されていますが、労働者が変動資本を置き換える部分は実際に労働力の購入に相当する部分を生成し、2番目の部分は余剰価値(利益、年金など)を生成します。価値が賃金と余剰価値に分けられる生産手段の再生産に費やされる日々の労働は、消費手段の生産に費やされる資本の一定部分を置き換える新しい生産手段で実現されます。

最大の部分がすでに解決されているし、主な困難は、蓄積ではなく、単純な生殖に関する考察にあります。
したがって、A。Smith(B. II。)とQuesnay(Tableauéconomique)の両方は、社会の年間生産物の動きと生殖によって媒介されるその循環に関係するとすぐに単純な生殖を仮定します。

 2. v + mでの交換値のスミスの解像度

A.すべての単一の商品の価格または交換可能な価値-社会の年間製品を構成するすべての商品を含む(すべての場所で資本主義的生産を当然前提とする)-で構成されるスミスの教義3つのコンポーネント(コンポーネントパーツ)またはディゾルブ(それ自体に解決):賃金、利益、年金は、コモディティ値= v + m、つまり高度な変数資本の値に余剰値を加えたものに等しい。そして実際、利益と家賃のこの削減は、A。スミスの明示的な許可を得て、共通の単一性に委ねることができます。以下の引用が示すように、最初はすべてのマイナーポイント、つまり、商品価値がv + mと呼ばれる要素のみで構成されているという教義。

工場内:

「労働者が材料に追加する価値は解決されます... 2つの部分に分けられます。1つは賃金を支払い、もう1つは材料と賃金で調達したすべての資本に対する雇用者の利益です。」 -(Book I、ch.6、p.44、41.)-「工房主」(工房労働者)は「主人から報酬を受け取るが、実際には彼は何も支払わない。賃金は、利益とともに、彼の仕事が関連しているオブジェクトの価値の増加に記録されます(予約されています)。 (B.II.、ch.3、p.221)。

レイアウトされている首都の部分

「生産的労働の維持において...彼に仕えた後」{雇用者}「資本の機能において...彼らのために収入を得る」{労働者}。 (B.II.、ch.3、p.223)

引用された章のA.スミスは、明示的に次のように述べています。

「土壌と各国の仕事の年間製品全体は、自然に2つの部分に分かれます。そのうちの1つは、多くの場合最大の部分であり、そもそも資本を置き換え、食料、原材料、および商品を生産することになっています残りは、その資本の所有者のために、彼の資本利益として、他の誰かのために、彼の土地資産の賃貸として、収入を形成する運命にある。 (p。222.)

前にA.スミスから聞いたように、資本の一部だけが同時に誰か、つまり生産的労働の購入に投資されたものの収入です。これ-可変資本-は最初に雇用主の手で実行され、彼にとっては「資本の機能」、次に生産的な労働者自身のために「彼は収入を得る」。資本家は彼の資本価値の一部を労働と労働に変えるこのようにして変動資本に。この変換を通じてのみ、資本機能のこの部分だけでなく、工業資本としての総資本も機能します。労働者-労働者の売り手-は賃金の形で同じ価値を受け取ります。彼の手では、労働力は、彼が住んでいる販売の唯一の商品であり、したがって、彼の収入の唯一の源を構成する。労働力は、その買い手、資本家の手でのみ変動資本として機能し、資本の価格自体は、労働者によって以前にその価値が供給されたため、先に進むだけのように見えます。

A.スミスは、工場での製品の価値= v + m(ここでm =資本家の利益)を示した後、農業では労働者以外は

「自身の消費、または第2版と第2版に等しい価値の複製、および「変動資本」と「資本家の利益」、および「テナントの資本とそのすべての利益さらに、家主の年金の複製を定期的に作成します。」 (B.II.、ch.5、p.243)

年金が家主の手に渡ることは、私たちが検討している問題とはまったく無関心です。彼女が彼女の手に入る前に、彼女はテナントの手の中にいなければなりません。産業資本家のもの。誰にとっても収益になる前に、製品の価値の構成要素でなければなりません。年金と利益はA.スミス自身の余剰価値の構成要素のみであり、生産的な労働者は自分の賃金と同時に絶えずそれを再生産します。可変資本の値で。したがって、利益などの年金は余剰値mの一部であるため、A。スミスのすべての商品の価格はv + mに分解されます。

すべての商品の価格(年間商品製品を含む)が賃金に加えて利益と地代に分解されるという教義は、スミスの仕事の断続的な難解な部分の形を取り、年間商品製品を含むすべての商品の価値社会の= v + m、=労働力で設計され、常に労働者によって再現される資本価値に加えて、労働を通じて労働者によって付加される付加価値。

A.スミスでのこの最終結果は、同時に、商品価値が壊れる可能性のある構成要素の片側分析のソース-以下を参照-に明らかにします。しかし、生産で機能するさまざまなクラスの異なる収入源を同時に構成するという事実は、これらの個々のコンポーネントのサイズと値の合計の制限の決定とは関係ありません。

A.スミスが言うとき:

「賃金、利益、土地賃料は、すべての収入と交換価値の3つの源泉であり、他のすべての収入は、そのうちの1つから派生した最後のインスタンスです」(B. I、ch。6、p。

あらゆる種類のクイッドプロクオがここに積まれています。

1.仕事の有無にかかわらず、生殖に直接関与しない社会のすべてのメンバーは、何よりもまず、商品の年間生産物のシェア、つまり、生産物が最初に生産される労働者、産業労働者の手による消費手段を関連付けることができます資本家と地主。この点で、彼らの収入は実質的に賃金(生産的労働者)、利益、土地賃料から得られているため、元のロイヤリティの収入から得られているようです。しかし一方で、この意味で得られたこれらの収入の受取人は、彼らの社会的機能によって、王、司祭、教授、売春婦、兵士などとして彼らを参照し、したがって、彼らはこれらの機能を収入の元の源とみなすことができます。

2.-そしてここで愚かなA.スミスの頂点:商品の価値要素とそれらに具体化された価値製品の合計を正確に決定し始め、これらの要素が多くの異なる収入源を構成する方法を証明し始めた後( 39)。次に、価値から収益を得た後、彼は逆転し、それが彼に一般的な概念を残し、報酬を「コンポーネント」から「すべての交換価値の源」に変え、下品な経済への扉を閉じます門は大きく開いていました。 (ロッシャーをご覧ください。)

3.固定資本部分
ここで、A。スミスが商品価値から資本価値の一定の部分を萎縮させようとする方法を見てみましょう。

<373>「例えば、トウモロコシの価格では、一部が家主の年金を支払います。」

この価値の構成要素の起源は、それが土地所有者に支払われ、賃貸料の形で収入を生み出すという事実と同じように不可能です。価値の他の構成要素の起源が収入と賃金の源を形成することに関係しているのと同じです。

「別の部分は労働者と労働牛の賃金と維持費を支払う!」 「生産に携わった人、そして3番目の部分がテナントの利益を支払う」と彼は付け加えます。これら3つの部分は、直接または最後の手段として、トウモロコシの全価格を補うようです。 。「(40)

この賞品全体、i。そのサイズは、3種類の人の間での分布とは完全に独立しています。

「テナントの資本を交換するため、または彼の働く牛や他の農機具の摩耗を交換するために、第4部が必要と思われるかもしれませんが、主力馬などの農機具の価格自体が上記のものではないことを考慮しなければなりませんそれが育てられる土地の家賃、繁殖の労働力、そしてこの土地の家賃とこの労働者の賃金の両方に拍車をかけるテナントの利益、したがって、トウモロコシの価格は価格と価格の両方馬の維持費に取って代わることができますが、価格全体は、直接または最後の例として、土地の賃貸料、労働(賃金を意味する)、および利益の3つの部分に分解されます。 (B. I、ch.6、p.42)

それは文字通り、スミスが彼の驚くべき教義を支持するために提唱するすべてです。
彼の証拠は、同じ主張の繰り返しです。
彼は、例えば、穀物の価格はv + mだけでなく、穀物生産で消費される生産手段の価格、つまりテナントが労働に投資していない資本価値の価格からなることを認めている。しかし、彼は言う、これらすべての生産手段自体の価格は、穀物価格のように、v + mでも低下する。 A.スミスだけが追加するのを忘れました:また、彼ら自身の生産で消費される生産手段の価格で。彼は、生産のある部門から別の部門に、また別の部門から再び別の部門に言及します。商品の価格全体が「即座に」または「最後の手段で」(実際に)v + mに溶解するという事実は、価格がcで直接溶解する商品(価格が消費される)であることが証明された場合にのみ虚偽の言い訳にはなりません生産手段)+ v + mは、最終的にそれらの「消費された生産手段」全体を置き換える商品で補償され、それは変数の単なる表示によって生産されます。投資された資本。最後の価格は、すぐに= v + mになります。したがって、前者の価格、c + v + m、ここでcは資本の一定部分であり、最終的にv + mで解決可能です。 A.スミス自身は、スコッチ小石コレクターに彼の例によってそのような証拠を提供したとは信じていませんでした。彼は、彼によれば、1。 2.生産手段を使用しないでください(おそらく、バスケット、サック、および石を運び去るための他の容器の形で)。

A.スミス自身が、彼の矛盾に気付かずに、彼自身の理論を後に捨てていることはすでに以前に見ました。しかし、彼らの情報源は、科学的な出発点だけを追求することです。仕事に投入された資本は、自己資本よりも価値を生み出します。どうやって? A.スミスによると、生産プロセス中の労働者は、自分の購入価格に相当する価値に加えて、ユーザーに追加の余剰となる価値(利益と賃貸料)を生産したものに刻印します。しかし、彼らができることはそれだけです。その日の産業労働はどうなのか、それは1年間に資本家階級全体によって動き出した仕事に当てはまる。したがって、社会の年間付加価値製品の総質量はv + mにのみ分割でき、同等のものになります。これにより、労働者は自分の購入価格に費やされた資本価値と、ユーザーに提供しなければならない付加価値を置き換えることができます。コモディティのこれら2つの要素は、同時に、生殖に関与するさまざまなクラスの収入源を構成します。1つ目は賃金、労働者の収入です。第二に、産業資本家が利益の形で一部を保持する余剰価値は、家賃、土地所有者の収入として別のものを与えます。それでは、年次価値積にはv + m以外の要素が含まれていないため、さらなる価値要素はどこから来るのでしょうか?
私たちはここで、単純な複製の根拠に立っています。
年間総作業量は、労働に投資された資本価値の再生産に必要な労働力、および剰余価値の創出に必要な労働力に分解されているため、労働力は労働力に投資されていない資本の価値を生み出すためにどこから来るべきか?

事は次のとおりです。

1. A.スミスは、賃金労働者が作業対象に追加する労働の量によって商品の価値を決定します。
彼は文字通り「材料」と言います。なぜなら彼は作業成果物を処理する工場でもあるからです。これは何も変更しません。ワーカーが物に追加する値(およびこの「追加」はAdamの表現)は、値に追加されたオブジェクトが追加前でも価値があるかどうかとはまったく無関係です。
したがって、労働者は商品の形で価値のある製品を作成します。 A.スミスによれば、これは部分的に彼の賃金と同等であり、したがってこの部分は彼の賃金の価値によって決定されます。彼のサイズにもよりますが、彼は自分の賃金に等しい価値を生み出したり、再現したりするためにより多くの仕事をしています。一方、労働者は、このようにマークされた制限を超えて、彼を雇用する資本家に価値を加える仕事を続けています。この余剰価値が完全に資本家の手にあるのか、それとも一人ずつ第三者に割り当てられるのかは、質的(余剰価値)または賃金労働者によって追加された量的(価値の決定)のいずれにおいても何も変わらない、製品の製品の他の部分と同様に価値がありますが、労働者がそれと同等のものを受け取っておらず、その後も受け取っていないという点で異なります。むしろ、この値は同等物なしで資本家によって割り当てられています。商品の総額は、労働者が生産に費やした労働量によって決まります。この合計値の一部は、賃金の値に等しいこと、つまり賃金に等しいことによって決定されます。したがって、2番目の部分である余剰値も必然的に決定されます。つまり、製品の合計値から賃金に等しい値の部分を引いた値に等しくなります。つまり、商品の製造で生産された価値の製品が、そこに含まれる価値の一部を超えて過剰になり、その賃金に相当するものに等しくなります。

2.すべての労働者が単一の産業ビジネスで生産する商品とは、すべての事業部門の年間製品です。個々の生産的な労働者の日々の仕事は、生産的な労働者階級全体が流動的にする年間の仕事に有効です。それは、年間製品の合計値を「固定」(スミスの用語)し、消費される年間作業量によって決定され、この合計は、労働者階級がその年収に相当する年間労働を作成する年間作業の一部によって決定される1つの部分に分割されます自身;労働者が資本家階級の付加価値を生み出す、追加の年次作業によって決定される別の部分にです。
したがって、年間製品に含まれる年間価値製品は、労働者階級が受け取る年間賃金に相当する要素と、資本家階級に対して毎年追加される余剰価値の2つの要素のみで構成されています。
しかし、年間賃金は労働者階級の収入であり、剰余価値の年間合計は資本家階級の収入です。どちらも年間消費基金の相対的なシェアを表しており(また、この観点は単純な複製の表現では正しい)、その中で実現されています。そして、生産手段という形で機能する資本を再生産するための、一定の資本価値の余地はどこにもありません。しかし、収益として機能する商品価値のすべての部分は、公共消費基金を対象とする年間労働生産量と一致していると、A。スミスは彼の作品の紹介で明示的に述べています。

「これまで説明してきた人々の収入がこれまでに存在していたもの、または基金の性質が何であったのかを説明することが、これら4つの最初の本の目的です。」 (p.12)

そして、導入部の最初の文に次のように書かれています。

「各国の年間の仕事は、その年に消費するすべての食物をもともと提供する基金であり、常にこの労働の即時生産物、またはこの製品で他の国が購入した商品のいずれかで構成されています。 " (p.11)

A.スミスの最初の間違いは、年間製品価値をその年の価値製品と同一視することです。
後者は、過去1年間の成果物にすぎません。前者には、年間製品の生産のために消費されるすべての価値の要素も含まれますが、前および一部は以前の年に生産されました:価値が再現するだけの生産手段-その価値に関しては、生産も再現もされていませんし、昨年に費やした仕事なのです。
この混乱により、A。スミスは年間製品の定値部分を操作します。
混乱自体は葬儀の概念の別の誤りに基づいています:それは労働自体の曖昧な性格を区別しません:労働力、それが労働力の消費として価値がある限り、そしてそれが具体的で有用な仕事である限り。作成されます。年間生産された商品の合計、つまり年間製品全体は、昨年の有益な仕事の製品です。これらのすべての商品が存在するのは、社会的に適用された労働が有用なタイプの労働の多様なシステムで費やされたからです。
この方法でのみ、その合計価値において、生産で消費された生産手段の価値が保存され、新しい自然な形で再現されます。したがって、年間製品全体は、その年に費やした有用な作業の結果です。しかし、年間の製品価値から、その年の間に一部のみが作成されています。この部分は年間価値製品であり、これはその年の間に行われた作業の合計です。

したがって、A。スミスが引用した箇所で次のように言った場合:

「各国の年次作業は、元々、その年に消費するすべての食料などを提供する基金です」

そのため、彼は一方的に有益な仕事の観点をとりましたが、これらの食べ物はすべて消費可能な形になりました。
しかし彼は、これは以前から伝承されてきた道具や仕事の対象物なしでは不可能であり、
したがって、「年間の仕事」は、価値がある限り、完成した製品の価値全体を生み出したわけではないことを忘れている。
値の製品が製品の値より小さいこと。

A.スミスがこの分析で彼の後継者すべてに行ったとして批判することができない場合(重農主義者の場合には右へのアプローチがありましたが)、彼は主に混乱に陥り続けますなぜなら、彼の商品価値の「秘教的な」概念は、彼の緯度に勝る外秘的なものが絶え間なく散在している一方で、彼の科学的本能は、時々、秘教的な視点を再現させるからです。

4. A.スミスの資本と収益

すべての商品の価値部分(したがって年間製品の価値部分)は、賃金の1つの等価物のみを構成し、資本家が賃金で繰り上げた資本に等しい。彼の高度な総資本の変動要素に等しい。高度な資本価値のこの要素は、賃金労働者によって配達された商品の新たに生産された価値要素によって再び資本家に与えられます。資本家が労働者に落ちる製品の部分を現金で支払うという意味で変動資本が繰り上げられるか、まだ販売の準備ができていないか、終了しているが資本家によってまだ販売されていないか、または彼にお金が供給されている場合労働者によって配達された商品を販売することですでに受け取った支払い、またはこのお金をお金で予想していたかどうか-これらのすべての場合、資本家は変動資本を使い、それは労働者にお金として流れ、他方でこの資本価値に相当する労働者がその商品の総価値の中で新たなシェアを生み出し、言い換えれば自分の賃金の価値を生み出したという、彼の商品の貴重な部分。資本家は、彼の価値のこの部分を彼自身の製品の自然な形で与える代わりに、彼に同じお金を支払う。したがって、資本家にとっては、現在、商品形態の高度な正味現在価値の変動要素があり、労働者は金銭形態で販売された労働に相当するものを受け取っています。

したがって、資本の一部は、労働者の可変資本への労働の購入を通じて前進し、
生産プロセス自体の中で労働力として機能し、
この力の消費によって商品形態の新しい価値として新たに生産されます。
再現される-すなわち、再現であります。
高度なNPVの新制作! -、労働者は価値を使います、それぞれ。彼の労働を再生産するという意味での、
彼の売られた労働の価格です。
変動資本に等しい金額が彼の収入を構成するため、彼の収入は労働力を資本家に売ることができる限り持続します。
 <杉本ー可変資本と変動資本のからみ、区別が述べられたのです。>

賃金労働者の財-彼の労働力そのもの-は資本として資本家の資本に組み込まれている限り、商品としてのみ機能する。
一方、労働者の購入でお金の資本として使われた資本家の資本は、労働力の売り手、賃金労働者の手で収入として機能します。

A.スミスは区別しませんが、流通と生産のさまざまなプロセスがここで貪ります。

まず。流通プロセスに属する行為:労働者は自分の商品である労働を資本家に売る。資本家がそれらを買うお金はそれに投資されたお金、すなわちお金の資本です。それは費やされていませんが、高度です。 (これは、資本家がどこでお金を受け取るかに関係なく、「前進」-重農主義者の前兆の本当の意味です。)資本家にとって、生産プロセスの目的のために彼が支払うどんな価値も、発生前または発生後、生産プロセス自体に進みます。)ここでは、商品のすべての販売で発生することのみが発生します。売り手は使用価値(ここでは労働者)を提供し、金銭でその価値を受け取ります(価格を実現します)。バイヤーは自分のお金を配り、商品そのものを受け取ります。ここでは労働者です。

第二に、生産プロセスでは、買収された労働者が機能資本の一部を形成し、労働者自身は、生産手段の自然形態の要素とは異なり、この資本の特定の自然形態としてのみ機能します。その過程で、労働者は、労働力の価値に等しい労働力の支出を通じて、剰余剰価値を除いて、生産手段に価値を付加します。このように、彼は商品形態の資本家のために、彼が賃金で彼に前進または提案してきた彼の資本の一部を複製します。後者に相当するものを生成します。したがって、彼は資本家のために資本を生み出し、それを再び人材の購入に「前進」させることができます。

第三に、商品が販売されると、その販売価格の一部が資本家の変動資本を置き換えるため、彼は新しい労働者を購入し、労働者はそれを再び販売することができます。

商品のすべての購入と販売について、これらの取引のみが考慮される限り、売り手の手にあるものと商品のお金、買い手にあるものは購入した消費財から完全に無関心です。したがって、単なる流通プロセスに関する限り、資本家が購入した労働力が彼のために資本価値を複製すること、そして労働の購入価格として解散するお金が労働者の収益を構成することはまったく無関心です。労働者の労働力の貿易商品の価値は、彼が彼にとって「収入」を構成するという事実によっても、買い手による売り手の使用がこの買い手の資本価値を再現するという事実によっても影響されない。

労働者の価値-です。これらの商品の適切な販売価格-繁殖に必要な労働量によって決定されますが、この量自体は労働者の必要な供給物の生産、つまり彼の生命の維持に必要な労働量によって決定され、収益の収入になります。労働者が住んでいるものです。

A.スミスの言うことはまったく間違っています(p.223):

「生産的労働の維持に投資された資本の一部は、彼に仕えた後」資本の機能で、彼らのために収入を生み出します。「{労働者}。

資本家が購入した労働に支払うお金は、労働力を資本の重要な構成要素に組み込み、それにより資本が生産的資本として機能することを可能にする限り、「資本の役割を果たします」 、差別化しましょう:労働者の力は、労働者の手にある資本ではなく、コモディティであり、彼が常に彼らの販売を繰り返すことができる限り、彼にとっての収益を構成します。それは、生産プロセス自体の間に、資本家の手で販売された後、資本として機能します。労働者の手で、その価値で販売される商品として;それらを購入した資本家の手による価値とユーティリティ生産力としてです。しかし、労働者が彼が労働力の使用を与えた後にのみ、労働者が彼が受け取る-資本家から受け取るお金は、労働生産の価値ですでに実現された後です。
資本家は彼に支払う前にこの価値を手にしています。したがって、2回働くのはお金ではありません。最初は変動資本の形としての、次に支払いとしてのです。
しかし、二度行動したのは労働者です。
労働力の販売における商品としてのみ
(お金は、資本家の手にある必要はないが、支払われる賃金が規定されている場合にのみ価値の理想として機能する)。
第二に、生産プロセスにおいて、資本としてです。資本家の手による使用価値と価値創造の要素としてです。
資本家がそれをお金の形で労働者に支払う前に、労働者に支払われるのと同等の商品をすでに商品の形で届けています。
したがって、労働者自身が、資本家が彼に支払う支払い基金を作成します。しかし、それだけではありません。

労働者が受け取るお金は、労働力、つまり資本家階級と労働者階級全体を保護するために彼によって費やされ、
資本家に彼だけが資本家であり続けることができるツールを与えるために使われます。

一方では、労働の絶え間ない売買は資本の要素として労働を永続させ、それを通してそれは商品、価値のある商品の創造者として現れ、それによって労働を買う資本部分はそれ自体の製品によって一貫して生産されているため、労働者は常に彼が支払われる資本資金を作成します。
一方、労働力の絶え間ない販売は、労働者の生命維持の絶えず更新される源となり、したがって、彼の労働力は、彼が生きている収入を得る幸運として現れます。
ここでの収益とは、商品(労働者)の販売を絶えず繰り返すことによる価値の占有以外の何ものでもありません。それにより、後者自体は販売される商品の一定の複製にのみ役立ちます。
そしてこれまでのところ、A。スミスは、労働者によって作られた製品の価値部分は、資本家が彼に賃金の形で同等のものを支払うと言って、労働者の収入源になると言っています。
しかし、これは商品のこの部分の性質や大きさを変えません。
生産手段の価値を変え、資本価値として機能するか、直線の性質と大きさを変えて、三角形または楕円の直径の基礎として機能します。
労働の価値は、生産手段の価値と同様に独立しています。
商品の価値のこの部分は、それを構成する独立した要素としての収益で構成されておらず、
価値のこの部分も収益に減額されていません。
労働者によって絶えず再現されるこの新しい価値は、彼にとって収入源となるため、逆に彼の収入は彼が生み出す新しい価値の一部を形成するものではありません。彼が設計した新しい価値で彼に支払った株式の大きさは、彼の収入の価値を決定し、逆ではありません。
新しい価値のこの部分が収入を形成するのは、それが何になるか、その適用の特性のみを示し、他の価値の形成と同様にその形成とはほとんど関係がありません。
私が週に10ドルかかる場合、この週ごとの収入の状況は、10人のターラーの価値の性質や価値の大きさのいずれにおいても何も変わりません。他のすべての商品と同様に、その価値はその複製に必要な労働量によって決まります。この労働量は、労働者の必要な食料品の価値、つまり、その生活条件を再現するために必要な労働力によって決定されることは、この商品に特有であるが、その価値による最終牛の価値よりも、それほど特有ではない保全に必要な食料は、後者を生産するために必要な人間の労働の量によって決定されます。

しかし、ここではA.スミスのすべてのいたずらを引き起こしているカテゴリー「収益」です。
収益のさまざまな種類は、構成要素、毎年生産される商品の新たに生産された価値の構成要素を構成しますが、逆に、資本家にとってこの商品の価値が壊れる2つの部分は、作品を現金で購入することに相当します可変資本、およびその他の価値の部分であり、彼に属しますが、彼には何も費用をかけていません。
変動資本に相当するものは再び労働に発展し、労働者の賃金という形で収入を生み出します。他の部分- 剰余価値は、資本家に代わる資本繰りがないため、何らかの手段で資本価値を形成する代わりに、消費(必要および贅沢)の手段で消費することができ、収益として消費されます。
この収益の前提は商品価値そのものであり、その構成要素は、資本家にとって、彼が進めた変動資本価値と同等または余剰を形成する場合にのみ異なります。どちらも、労働力で流動化された商品の生産中に生産された労働力のみで構成されています。
これらは、収入や収入ではなく、労働支出の支出から成り立っています。

収益が商品価値の源泉となり、商品価値が収益源となるこのクイッドプロクオによれば、商品価値はさまざまな種類の収益の「構成」として現れます。それらは互いに独立して決定され、これらの収益の価値の合計が商品の合計価値になります。しかし、今、それはこれらのレヴニュエンのそれぞれの価値がどのように決定され、そこから商品の価値が生まれるべきかを尋ねますか?
賃金の場合、これは賃金が商品の価値であり、労働力であり、これらの商品の複製に必要な労働力によって(他のすべての商品と同様に)決定できるためです。しかし、A。スミスの2つの形式、利益と家賃の剰余価値価値、というよりは、どのように決定できるのでしょうか。
空のおしゃべりでここに滞在します。
すぐにA.スミスは賃金と余剰価値(または賃金と利益)を商品の価値の元となる要素として支払うことになります。商品の価格が「溶解する」(それ自体を解決する)部品として、価格はすぐに、そしてほとんど同じくらいの頻度で。しかし、逆に、商品価値が最初に与えられ、この与えられた価値のさまざまな部分がさまざまな収益の形で生産プロセスに関与するさまざまな人に落ちることを意味します。
これは、これら3つの「構成要素」の価値の構成と決して同一ではありません。 3つの異なる直線のサイズを個別に決定し、これらの3つの線から「構成要素」として合計のサイズに等しい4番目の直線を形成する場合、これは1つを与えた場合と同じ手順ではありませんし、私の目の前にある直線と、目的に応じて3つの異なる部分に分割します。最初の場合の行のサイズは、合計がそれらを形成する3行のサイズによって一貫して変化します。最後のケースの3つのラインパーツのサイズは、与えられたサイズのラインのパーツを形成することにより、最初から制限されています。

実際、A。スミスの説明の権利を保持する限り、社会の年間商品製品(すべての単一商品、または毎日、毎週など)で生み出される価値は、年間労働によって生み出される価値に等しいということです。高度な変動資本の値(すなわち、労働の獲得のために再び決定された価値の部分)と、資本家が-単純な再生産およびその他の一定の状況で-個々の消費の手段で実現できる余剰価値。さらに、A。スミスが価値を生み出す限り、仕事を一緒に投入するという事実に固執すると、労働力の消費であり、仕事は、それが使用価値を生み出す限りです。有用で目的のある形で費やされます-すべてのアイデアがポイントになります:すべての商品の価値は労働の産物です。したがって、年次作業の製品の価値または年次社会商品製品の価値もです。
しかし、すべての仕事は、
1。労働力の購入で前倒しされた資本に相当する労働力を1つだけ複製する必要な労働時間、および
2.資本主義者に価値を提供する余剰労働に相当する、つまり余剰価値を支払うために必要な労働時間;
したがって、すべての商品価値はこれらの2つの異なる構成要素にしか溶解できず、最終的に労働賃金として労働者階級の収益、資本家階級の余剰価値として形成されます。
しかし、一定の資本価値に関する限り、です。年間製品の生産で消費される生産手段の価値は言うことができません(資本家が彼の商品の販売のために買い手を数えるというフレーズを除く)、この価値が新製品の価値にどのように入るか、しかし最終的に-最終的に生産手段自体は労働の産物であるため、この価値部分はそれ自体が変動資本と余剰価値に相当するもので構成されます。必要な仕事と残業の産物。これらの生産手段の価値がユーザーの手の中に資本価値として機能する場合、これは彼らが「元々」であることを妨げず、もしそれらの底に行くと、別の手で-以前にも関わらず-同じ2つの価値の部分に分割されます。したがって、2つの異なる収入源になります。

<384>ここでの正しい点は、ソーシャルキャピタルの動きの中で-です。個々の資本の全体の-特に、個々の資本家の観点から見た場合、物は個々の資本の場合とは異なって表示されます。
後者の場合、商品価値は、定数要素(スミスが言う4番目)で1に、
2。賃金と余剰価値の合計に、それぞれ減少します。
賃金、利益および地代。一方、社会的な観点からは、スミスの4番目の要素である一定の資本価値は消滅します。

5.まとめ

3つの収益、賃金、利益、年金、商品価値の3つの「構成要素」という無味な公式は、商品価値が解決するというより妥当なものから生じ、これら3つの構成要素に分解されます。商品の価値が消費された労働力と後者によって生み出された付加価値に相当するものにのみ割り切れると仮定しても、これも間違っています。
しかし、エラーはここで再びより深く、真に基づいています。
資本主義的生産は、生産的な労働者が自分の労働力を自分の商品である資本家として売るという事実に基づいています。
この循環トランザクション-労働の売買は、生産プロセスを開始するだけでなく、その特定の特性を暗黙的に決定します。
使用価値の生産、さらには商品の生産(これは独立した生産的な労働者によっても行われます)は、ここでは資本家の絶対的および相対的な余剰価値の生産のための手段にすぎません。したがって、生産プロセスの分析では、絶対余剰値と相対余剰値の生産が、
(1)毎日の作業プロセスの期間、(2)資本主義生産プロセスの社会的および技術的組織全体をどのように決定するかを見てきました。
この自己の中では、単なる価値の維持(一定の資本価値)、高度な価値の真の複製(労働に相当)、および余剰価値の生産、すなわち、それ自体の実現の区別があります。資本家が以前に同等のものを進めていない、またはフェストゥストムの進歩がない価値のです。

余剰価値の割り当て-労働者の売買によって導かれるものの、資本家によって進められた価値に相当する余剰価値-は、生産プロセス自体の行為であり、本質的な瞬間を構成するそのものです。

循環的行為を構成する導入行為:労働力の売買は、それ自体が社会的製品の流通を前提および前提とする生産要素の分布、すなわち非労働者の財産としての生産手段から労働者の製品としての労働者の離婚に基づいています。

しかし、同時に、この余剰価値の割り当て、または価値生産の高度な価値と生産の再生産への分離は、価値の実体そのものと価値生産の性質を変えません。価値の実体は、消費された労働、つまりこの仕事の特定の有用性に関係なく労働であり、価値の生産はこの支出のプロセスに他なりません。
したがって、私物は6日間働き、6日間働くことに費やされ、このような支出の事実自体には何の違いもありません。これらの作業日のうち3日は自分の分野で自分のために、他の3日は自分の分野で彼の従者のために。彼自身のための彼の自発的な仕事と彼の主人のための彼の強制労働は等しく仕事です。その価値や有用な製品に関連する仕事と見なされる限り、6日間の仕事に違いはありません。違いは、6日間の労働時間の2つの半分の間に彼の労働の支出を引き起こす、異なる状況のみを指します。同じことが賃金労働者の必要な追加の仕事にも当てはまります。

この生産プロセスは商品で行われます。
生産に費やされた労働は、商品の重要な特性として現れ、価値を持っています。この値のサイズは、費やされた作業のサイズによって測定されます。別の方法では、商品の価値は消滅せず、他の何物でもありません。特定のサイズの直線を描いたとき、特定の独立した規則(法則)に従って行われる描画の種類によって、最初に直線を「生成」しました(ただし、象徴的には、以前に知っていましたが)。この行を3つのセクションに分割すると(これも特定の問題に対応する可能性があります)、これらの3つのセクションはそれぞれ直線のままであり、それらの一部である行全体はこの分割の一部になりません直線差、例えばある種の曲線が解決されました。また、これらの部分の合計が分割されていない行自体より大きくなるように、指定されたサイズの行を分割することもできません。したがって、分割されていないラインのサイズは、任意に決定された部分ラインのサイズによって決定されません。逆に、後者の相対的なサイズは、それらが一部である線の境界によって事前に制限されます。

資本家によって生産された商品は、自営業の労働者、労働者コミュニティ、
または奴隷によって生産された商品とはまったく異なります。
しかし、私たちの場合、すべての価値と同様に、作業成果物全体が資本家に属します。
他のすべての生産者と同様に、彼は商品をさらに操作できるようにするために、
販売を通じてのみ商品をお金に変換する必要があります。
彼はそれを普遍的な同等物の形に翻訳しなければなりません。 -

それがお金に変わる前に、商品を検討してください。
それは完全に資本家に属します。一方、有用な作業製品として-使用価値として-
それは完全に過去の作業プロセスの製品です。
そうではない値。この価値の一部は、商品の生産に費やされた生産手段の新しい形での再現にすぎません。
この値は、この製品の製造プロセスでは生成されませんでした。
これは、生産プロセスの前の生産手段の価値であり、それとは無関係でした。
彼の担い手として、彼らはこのプロセスに入った。更新および変更されたのは、その出現のみです。
商品価値のこの部分は、資本主義者にとって、商品生産中に消費される先進的な一定の正味現在価値の一部に相当します。
彼は以前は生産手段の形で存在していました。現在、新たに生産された商品の価値の一部として存在しています。
後者が銀色になるとすぐに、現在価値が存在するこの価値は、再び生産手段に変換され、
生産プロセスとその機能を経て元の形に戻されなければなりません。
商品の価値特性は、この価値の資本関数によって変更されません。 -

商品の2番目の価値部分は、賃金労働者が資本家に販売する労働力の価値です。
労働力が参入することになっている生産プロセスに関係なく、生産手段の価値と同じくらい明確であり、生産プロセスに入る前に、循環、労働力の売買のプロセスで固定されています。彼の機能-彼の労働力の支出-によって、賃金労働者は、資本家が彼の労働力の使用のために彼に支払わなければならない価値に等しい財の価値を生み出します。彼は資本家に商品でこの価値を与え、それは彼にお金で同じを支払う。
商品価値のこの部分が資本家にとっては、賃金で没収される変動資本に相当するだけであるという事実は、
それが生産プロセス中に新たに生み出された商品価値であるという事実を変えるものではありません。
完了した労働支出です。また、この事実は、資本家によって労働者に賃金の形で支払われた労働の価値が労働者の収入の形を取り、労働が継続的に再現されるだけでなく、賃金労働者階級もそうであるという事実の影響を受けませんしたがって、すべての資本主義的生産の基礎なのです。

ただし、これら2つの部分の合計が商品の価値全体を構成するわけではありません。
両方に余剰があります:付加価値。これは、賃金で繰り上げられる変動資本を置き換える価値の一部のように、生産プロセス中に労働者によって新たに作成された価値-固化した仕事です。しかし、製品全体の所有者である資本家には費用はかかりません。
実際、この最後の状況では、資本家は、土地所有者への土地賃借のように、その一部を他のアソシエイトに明け渡す必要がない場合、それを収益として完全に消費することができます。その場合、これらの部分はそのような第三者の収益を形成します。この同じ状況は、私たちの資本家がそもそも商品生産に関心を抱いた原動力でした。しかし、余剰価値を得るという彼の当初の善意の意図も、その後の彼およびその他による収入としてのそれの支出も、余剰価値に影響を与えません。
彼らは、それが無給の労働者であるという事実を変えたり、全く異なる条件によって決定されるその大きさを変えたりしません。

しかし、かつて、スミスが商品価値を検討する際に行うように、複製の全プロセスにおけるそのさまざまな部分の役割を扱っています。ある部分が収益として機能する場合、他の部分は常に資本と同じように機能していることは明らかでした。したがって、その論理に従って、商品価値の構成部分またはそれが溶解する部分としても指定されるべきでした。

A.スミスは一般的に商品生産を資本主義商品生産と同一視しています。
生産の手段は最初の「資本」からであり、最初の賃金労働からの仕事であり、したがって

<388>「どこにでもいる有用で生産的な労働者の数...彼らの雇用に使用される資本の規模に比例して(彼らを仕事に設定するのに使用される資本ストックの量に。)序論、p。12)。

一言で言えば、作業プロセスの目的と個人のさまざまな要因は、資本主義生産期間のキャラクターマスクの最初から現れます。
したがって、財の価値の分析は、一方で、この価値が投資された資本の量と同等である程度の考察と直接一致します。
第2版:一方、それは事前に追加された値や追加された値を置き換えない「無料」の値を構成します。したがって、この観点から相互に比較される商品価値の断片は、独立した「構成要素」になり、最終的には「すべての価値の源泉」になります。さらなる結果は、商品の価値の構成、あるいは、さまざまな種類の収益の「溶解」であり、収益は商品の価値ではなく、「収益」の商品の価値で構成されます。しかし、商品価値または商品価値のお金の性質を、資本価値として機能させることはほとんど変化せず、商品価値ではほとんど変化しないため、後でこれまたはそれの収益として機能します。
A.スミスが扱っている商品は、最初の商品資本(商品の生産で消費される資本価値を除き、余剰価値を含む)、つまり資本主義的に生産された商品、資本主義的生産プロセスの結果からのものです。これは、それに含まれる利用率と価値形成プロセスを含め、事前に分析する必要があります。その条件自体が再び商品の流通であるため、その表現には、商品の独立した先行分析も必要です。
A.スミスが「理にかなって」正しいことをしている限り、彼は常に商品分析の際にのみ価値の生産を考慮します。商品資本の分析。

III。後で(41)

リカルドは、A。スミスの理論を非常に文字通り再現しています。

「国のすべての製品が消費されることに同意する必要がありますが、消費されるかどうか、別の価値を再現する人、消費しない人、または私たちが言うとき、 「収益は節約され、資本に取り込まれます。つまり、資本に取り込まれた収益の一部は、非生産的な労働者ではなく、生産的な労働者によって消費されます。」 (原則、163ページ)

実際、リカルドA.は、賃金と付加価値(または変動資本と余剰価値)における商品価格の解散に関するスミスの理論を完全に受け入れました。彼が彼と主張しているのは、余剰価値の構成要素に関するものである。彼はそれの必要な要素として基本的な家賃を排除している。 2.リカードは商品の価格をこれらの要素に分解します。したがって、値のサイズはプリウスです。構成要素の合計は、所定の量として前提とされています.A。スミスがしばしば行うように、そして彼自身のより深い洞察に反して、商品の価値は構成要素の追加によってフェスト後に生成されるとは想定されていません。

ラムゼイはリカルドに反論する:

「リカードは、製品全体が賃金と利益の間だけでなく、固定資本を置き換えるために一部が必要であることを忘れています。」 (「富の分配に関する試論」、エジンバラ1836、p.174。)

ラムゼイは固定資本を、私が常に言っていることと同じように理解しています。

「固定資本は、進行中の仕事の生産に貢献する形で存在しますが、労働者の維持には貢献しません。」 (59ページ)

A.スミスは、商品の価値、つまり、その年の社会的生産物の価値、賃金と余剰価値、つまり単なる収益の清算の必要な結果に抵抗しました:その結果、年間生産物全体が消費される可能性があります。馬鹿げた結果を引き出すのは、元々の思想家ではありません。彼らはそれをSaysとMacCullochsに任せます。

本当に簡単にできると言います。 1つのキャピタルアドバンスとは何ですか?総生産と純生産の違いは純粋に主観的であり、

「それで、社会のすべての製品の総価値は、収益として分配されました。」 (Say、 "Traitéd'Écon.Pol。"、1817、II、p。64。) "各製品の合計価値は、地主、資本家、勤勉な人の利益で構成されています。"生産に貢献した産業主義者の産業利益の、社会の収入は、経済学者、重農主義者の宗派とは異なり、生産された総価値と等しくなる土壌の正味積に等しい。」(p。

この発見は言うプルードンも自分を流用した。

しかし、原則としてA.スミスの教義を受け入れるコウノトリは、セイの効用は持続可能ではないことを発見した。

国の収入が総生産に等しいこと、つまり資本が差し引かれないことを認める場合、この国が年間生産の全価値を非生産的に消費することも認めなければならない将来の収益に与える損害を最小限に抑えることができます...国の「一定の」資本を構成する製品は消耗品ではありません。」 (コウノトリ、「国民の自然保護」、パリ1824、p.147、150。)

しかし、資本のこの一定の部分の存在は、彼が受け入れたスミアン価格分析と一致するため、商品価値には賃金と余剰価値のみが含まれ、資本の一定部分は含まれないと、ストーチは言い忘れました。この価格分析がばかげた結果につながることは、Sayを通じて彼に明らかになるだけで、これに関する彼自身の最後の言葉は次のとおりです。

「必要な価格をその最も単純な要素に分解することは不可能であること」。 (「Cours d'Écon.Pol。」、Pétersbourg1815、II、p.141。)

シスモンディは、特に資本と収益の関係に関心があり、実際にこの関係の特定のバージョンを彼のヌーヴォー原則の差別化に特化させていますが、明確にするための原子ではなく科学的な言葉を言っていません問題に貢献しました。

バートン、ラムゼイ、シェルブリーズは、スミスのバージョンを超えようと試みます。固定資本と変動資本の違いと固定資本と流通資本の違いを明確に区別しないことで、最初から問題を予断するため、失敗します。

ジョン・スチュアート・ミルは、A。スミスの継承から継承された継承教義も再現しています。

結果:スミアの思想的リアリズムはその時まで存在し続け、その教義は政治経済學の正統的な宗教記事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

資本論 2巻  第17章 剰余価値の循環

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 9月 3日(火)15時21分42秒
返信・引用
  http://www.mlwerke.de/me/me24/me24_296.htm
  SIXTEEN CHAPTER <16章 変動資本の取引>

  1.年間の付加価値率
  II。変動個人資本の移転

  III。社会的に考慮された変動資本のエンベロープ

<315>私たちは、社会的観点からの一瞬の問題を検討してください。労働者の費用は1ポンドです。1週間あたり、稼働日= 10時間。Sub AとSub Bは年間100人の労働者を雇用しています(100人の労働者に対して週100ポンド、5週間で500ポンド、50週で5,000ポンド)。彼らは週6日間働きます。 60営業時間ごとの日。したがって、1週間に100人の労働者が6,000人時間、50週間で300,000人時間になります。この労働力はAとBの両方に占有されているため、社会が他のことに費やすことはできません。これまでのところ、問題はAとBで社会的に同じです。さらに、AでBの場合、100人の労働者ごとに年間5,000ポンドの賃金が支払われます。(200ポンド、合計10,000ポンド)、この社会の食糧の合計のために撤回します。社会的にはサブBとサブAと同じ限りです。両方のケースで労働者は毎週給料を支払われるため、労働者は社会から毎週の食料も抽出します。しかし、これが違いの始まりです。

最初に。労働者がサブAを流通に投入するお金は、労働者サブBに関しては、彼の労働力の価値のためのお金の形態(実際、すでに行われた仕事の支払い手段)だけではありません。これは、開業後の第2の回転期間からの第1の回転期間の独自の価値製品(=労働の価格と付加価値)の金銭形態であり、その仕事は第2の回転期間に支払われます。サブBはそうではありません。労働者に関しては、お金はすでに彼が行った仕事に対する支払い手段ですが、この仕事は彼自身の価値のある金メッキ製品(彼が自分で生産するお金の形)では支払われません。これは、労働者が過去1年間に金メッキされた価値のある製品でサブBに支払われる2年目からのみ発生します。

資本の転換期が短くなると、その複製期間も短くなり、そのため年内に更新されます。資本家が元々金の形で進めていた資本の変動部分は、その変動する資本を置き換えるために労働者が生み出した価値の産物のためのお金の形に早変わりします(これには付加価値も含まれます);
<316> だから、短い時間彼自身の資金からお金を進める必要があります資本主義がある、小さい、生産の範囲の一定程度、彼は全く進ん資本に対する; 労働者を自分の価値のある製品のお金の形で改めて購入し、仕事を開始する可能性が高いため、その年に所定の余剰価値の割合でストライキする余剰価値の割合が大きくなります。

特定の生産レベルでは、回転期間の短さに関連して、高度な変動通貨資本の絶対サイズ(一般に循環資本の)は減少し、余剰価値の年率は増加します。先進資本の所定の規模では、生産規模が増加するため、特定の余剰価値率で、1回転期間に生産される余剰価値の絶対質量と、同時に、繁殖期間の短縮によってもたらされる余剰価値の年率の増加が生じます。実際、これまでの調査から推定されたように、回転期間の異なる規模に応じて、同じ程度の生産的循環資本と労働量を同じ程度の労働搾取で動かすために、非常に異なる比率の貨幣資本を進めなければならない。

第二に -これは第一の違いに関連しています-労働者のサブBは、サブAと同様に、自分の手で流通手段になった変動資本で購入した食料を支払います。たとえば、彼は小麦を市場から撤回するだけでなく、それを同等の金銭に置き換えます。しかし、労働者のサブBが彼の食べ物を支払い、市場から撤退するお金は、労働者のサブAと同様に、彼がその年に市場に出した価値のある製品の形ではないので、彼は彼の食べ物の売り手にお金を供給し、しかし、商品ではなく、生産手段であれ食料品であれ、後者は彼が処分したお金で買うことができ、それはサブAです。したがって、労働、この労働のための食料、部下労働の形での固定資本および生産資材は市場から引き出され、代金として同等のお金が市場に投入されます。しかし、その年に生産性資本の重要な要素を奪い取って代用する製品は市場に投入されません。社会を資本主義的ではなく共産主義と考えると、最初に、通貨を介した取引の偽装を含めて、金銭が完全に失われます。事は単純で、会社という事実に低減され、

<317>は、そのような鉄道の建設など、どのくらいの仕事、生産、食品の意味の事業上の任意のクラッシュせずに使用することができ、先に計算しなければならない、例えば、längre時間、一年以上のため、インプットも食料も利益も生み出さないが、おそらく年間総生産から労働力、生産手段、食料を引き出す。一方、資本主義社会では、社会的理解が死後に常に自らを主張するため、大きな混乱が絶えず発生する可能性があります。一方ではマネーマーケットへの圧力、他方ではマネーマーケットの容易さはそのような企業を大量に引き起こし、したがって状況は後でマネーマーケットへの圧力を引き起こす。ここでの大規模なマネーキャピタルの前進が長期にわたって着実に必要とされているため、マネーマーケットは落ち込んでいます。産業家や商人は、事業の運営に必要な資金を鉄道の投機などに投入し、それをマネーマーケットでの借入に置き換えているという事実とはまったく別のものです。-一方、社会の使い捨て生産資本に対する圧力。生産的資本の要素は絶えず市場から引き出され、それらの市場に投入されるのは1等量だけなので、それ自体から供給要素を供給しなくても支払われる需要は増加します。そのため、食料と生産材料の両方の価格が上昇しています。さらに、この期間中、定期的なスイングが行われ、大規模な資本の移転が行われます。投機家、請負業者、エンジニア、弁護士などの集団が自分自身を豊かにします。彼らは、賃金の上昇とともに、市場で強い消費者需要を引き起こします。しかし、食料に関しては、これは農業にも拍車をかけます。ただし、これらの食品は1年以内に急激に増加することはないため、輸入は増加し、外来の食品(コーヒー、砂糖、ワインなど)および高級品の輸入も増加します。したがって、インポートビジネスのこの部分のコンプライアンスと推測。一方、生産を急速に増やすことができる産業(実際の製造、鉱業など)では、価格の上昇が突然の拡大を引き起こし、その後すぐに崩壊します。労働市場でも同じ効果が起こり、新しい事業部門の潜在的な相対的な過剰人口、さらには雇用された労働者さえも引き寄せます。例えば鉄道などの大規模で一般的なような企業では、労働市場は、そのような農業などの特定のセクターからの等力のある量から撤退、

<318>のみ強い若者が必要とされる場合、由来し得ます。これは、新しいベンチャーが産業の不可欠な部門になった後でもまだ行われているため、それらに必要な移住労働者階級はすでに形成されています。たとえば、鉄道建設は現在、平均的なステージ管理者よりも大規模に運用されています。労働者階級の予備軍の一部が吸収され、その圧力が賃金を低く抑えた。労働市場のこれまでうまく機能している部分でさえ、賃金は概して上昇しています。これは、やむを得ない騒音が労働者の予備軍隊を解放し、賃金が最低額以下に引き下げられるまで続きます。(32)

売り上げ期間の長短は、適切な意味での作業期間、すなわち製品を市場に投入するのに必要な期間に依存する限り、農業生産により特徴的なさまざまな資本投資の生産の事実条件に基づいています。生産の自然条件を所有します。そこでは、製造所と採掘産業のほとんどが、生産プロセス自体の社会的発展とともに変化します。

作業期間の長さが供給のサイズ(製品が通常商品として市場に投入される量的な範囲)に基づいている限り、これは従来の特徴を持っています。しかし、条約自体は生産規模の重要な基礎を持っているため、偶然に単独で考慮されるだけです。

その限り、最終的には売上高の期間の長さは循環の期間の長さに依存し、これは、市場のブームで一定の変化に、部分的に真である、größreまたは売却するgeringre使いやすさと、この跳ねが必要で、
<319> 部分的に、より遠くのアプローチの製品をかマーケットスローする。
需要の範囲を別にすれば、ここでの価格の動きは、価格の下落での販売を意図的に制限し、生産を進めることにより、大きな役割を果たします。逆に、価格の上昇により、生産と販売がペースを維持したり、事前に販売できるようになります。ただし、実際の材料ベースは、販売サイトから生産サイトまでの実際の距離です。

たとえば、英国の綿織物または糸はインドに販売されています。輸出業者は英国の綿製造業者に支払います(輸出業者は、金融市場が良好な状態にある場合にのみ喜んでこれを行います。)製造業者自身が自分のお金の資本を信用業務に置き換えるとすぐに、物事はすでに失敗しています。輸出業者は後にインド市場で綿製品を販売し、そこから高度な資本を送金します。この逆流まで、問題は、生産プロセスを段階的な規模で維持するために、作業期間の長さが新しい資金資本の前払いを必要とする場合とほとんど同じです。製造業者が労働者に支払い、循環資本の他の要素を更新するための資本金は、彼が生産する糸のお金の形ではありません。これは、お金や製品でこの糸の価値がイギリスに戻った場合にのみ当てはまります。以前のように追加の資金資本です。唯一の違いは、製造業者の代わりに、商人がそれをプリフェッチし、それ自体がクレジット操作によって仲介される可能性があることです。同様に、このお金が市場に投入される前、またはそれと同時に、余剰製品がこの市場で投入され、このお金で購入でき、生産的消費または個人消費を開始できます。この状態が長期間にわたって大規模に発生する場合、それは以前の延長された作業期間と同じ結果をもたらさなければなりません。

現在、インド自体で糸がクレジットで販売される可能性があります。このローンは、インドで商品を購入し、イギリスに返送するか、金額の送金に使用されます。この条件が長くなると、インドの金融市場に圧力がかかり、イギリスへの後退はここで危機を引き起こすかもしれません。インドへの貴金属の輸出と相まって、この危機は、インドの銀行から信用が与えられた英国の企業家とそのインドの支店の倒産により、最近新しい危機を引き起こしています。その結果は、同時危機の両方の市場では、何に対する市場、 のための貿易収支。
<320>この現象はさらに複雑になる可能性があります。たとえば、イギリスは銀地金をインドに送りましたが、インドの英国の債権者は現在、そこで主張を強要しており、インドはまもなく銀地金をイギリスに返還しなければなりません。

インドへの輸出貿易とインドの輸入貿易は大体均等化される可能性がありますが、後者は(綿花規制などの特別な状況を除いて)前者によって決定され刺激されます。イングランドとインドの貿易収支は、バランスが取れているように見えるか、どちらか一方に弱い変動のみを示す場合があります。しかし、英国で危機が発生するとすぐに、売れ残りの綿製品がインドに保管されているようです(つまり、商品資本から貨幣資本に転じていない-このページの過剰生産)、そして他方で、イギリスにはインド製品の売れ残りがあります販売および消費された株式の大部分はまだ支払われていません。したがって、貨幣市場の危機として現れるものは、実際に生産と複製のプロセス自体の異常を表しています。

第三に、適用される循環資本自体(変動および一定)に関して、就業期間の長さによって決定される限り、回転期間の長さはその違いをもたらします:複数の封筒。石炭生産、衣服製造などのように、年間を通じて変動または一定の循環資本の要素が自社製品によって供給される場合があります。そうでない場合、少なくとも年間ではありません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  第17章 剰余価値の循環

① これまで、年間生産剰余価値の質量が一定であったとしても、回転期間の違いにより、年間剰余価値率に差異が生じることがわかりました。

② しかし、さらに、必然的に剰余価値の資本化、蓄積、したがって同じ剰余価値率で生産される剰余価値の質量にも違いが生じます。

③ まず、資本A(前章の例)には継続的な定期収入があることに注意してください。つまり、取引開始時の回転期間を除き、自己資金からではなく剰余価値の生産から1年以内の自己消費です。前進する必要があります。ただし、後者はBで行われます。同じ期間にAと同程度の剰余価値を生み出しますが、剰余価値は未実現であるため、個別にも生産的にも消費できません。個人消費に関する限り、剰余価値が予想されます。それのための資金は前払いされなければなりません。

④ 管理が困難な生産的資本の一部、すなわち固定資本の修理と維持に必要な資本も、今や新たな光の下にあります。

⑤ Aの場合、資本のこの部分は、生産の開始時に(全体または大部分)進んでいません。彼は利用可能である必要はありません。それは、剰余価値を資本に直接変換することにより、事業自体から生じます。資本としての直接適用があります。
1年以内に定期的に生成されるが実現した付加価値の一部は、修理などに必要な費用を賄うために使用できます。したがって、元のはしごで事業を運営するために必要な資本の一部は、剰余価値の一部を利用する事業中に事業自体によって生み出されます。

これは資本家Bにとって不可能です。
問題の資本部分は、当初の資本の一部を形成する必要があります。どちらの場合も、資本のこの部分は、資本家の帳簿に先進的な資本として表示されます。
これは、私たちの仮定では、特定の規模で事業を行うために必要な生産資本の一部を形成するからですが、しかし、それは彼がどの基金を進めているかとは大きく異なります。
Bでは、彼は本来没収されるか、または受取られるべき首都<資本>の一部です。
一方、Aでは、彼は資本としての付加価値のある資本です。この最後のケースは、蓄積された資本だけでなく、当初の資本の一部も、単に資本-剰余価値にできることを示しています

⑥ 信用の発展が介入するやいなや、元々進んだ資本と資本化された剰余価値の比率はさらに複雑になります。
たとえば、 Aは、銀行家Cに事業を開始または継続する生産的資本の一部を借ります。彼は当初から事業の指導に十分な自己資本を持っていません。銀行家Cは、彼に預けられた実業家D、E、Fなどの付加価値のみで構成される金額を彼に貸し出します。 Aの視点はまだ蓄積された資本ではありません。実際、D、E、Fなどの場合、Aは獲得した剰余価値を資本化するエージェントに他なりません。
⑥ As soon as the development of credit intervenes, the ratio of originally advanced capital and capitalized surplus value becomes even more complicated. For example, A borrows part of the productive capital with which he begins the business or continues during the year, with the banker C. He has from the outset no adequate sufficient capital for guidance of the business. Banker C lends him a sum which consists only of the added value of the industrialists D, E, F, etc. deposited with him. The point of view of A is not yet accumulated capital. In fact, for D, E, F, etc., A is nothing but an agent who capitalizes the surplus value they have acquired.

⑦ We have Book I, chap. XXII saw that accumulation, the transformation of surplus-value into capital, its real content into reproductive process, is on an extended scale, whether this extension is expressed extensively in the form of the addition of new factories to the old or in the intensive extension of the previous stages of the enterprise.
⑦ ブックIがあります。22章は、蓄積、剰余価値の資本への変換、その実際のコンテンツから生殖プロセスへの変換は、この拡張が古い工場への新しい工場の追加の形で、または企業の前の段階の集中的な拡張の形で広範に表現されているかどうかにかかわらず、拡張されたスケールであることを見ました。

⑧ 生産マネージャーの拡張は、行われた作業の生産力を高めるか、同時により集中的に活用できるようにする改善に剰余価値の一部を適用することにより、より少ない用量で行うことができます。または、就業日が法律によって制限されていない場合でも、固定資本の拡大なしに生産マネージャーを拡大するために、循環資本(生産および賃金の材料で)を発行するだけで十分です。そうなのです。
または、資本化された剰余価値は、良好な市況の場合、商品の投機や、当初の資本が足りなかったことへの操作などを許可するかもしれません。
しかし、より多くの回転期間がより頻繁に剰余価値を実現することは明らかです。そして、一年のうち、就業日も個人消費もない期間が発生する一方で、部分的に事業全体の投資を通じて、事業全体を比例規模で拡大する場合、例えば、農業のように労働資金の一部を拡張することによる建設は、特定の追加またはより狭い範囲内でのみ可能であり、追加の資本の範囲も必要であり、複数年の剰余価値の蓄積によってのみ配信できるためです。

⑨ 剰余価値の生産的資本への実際の蓄積または変換(および拡張スケールでの対応する複製)に加えて、貨幣の蓄積、剰余価値の一部の崩壊は、後にある程度の金額に達すると、追加のアクティブな資本として機能するはずの、お金の潜在的な資本として実行されます。

⑩ これは、個々の資本家の観点から見た場合ですが、資本主義生産の発展に伴い、信用システムも同時に発展しています。
資本家が自分のビジネスにまだ適用できないお金の資本<貨幣資本>は、彼が利子を受け取る他人によって使用されます。
彼にとっては、特定の意味での資本であり、生産的な資本とは異なる一種の資本として機能します。
しかし、それは他の手の資本として機能します。
剰余価値がより頻繁に実現され、それが生産されるラダーが上昇するにつれて、割合が増加し、新しいお金の資本または、お金が資本<貨幣資本>としてマネーマーケットに投げ込まれ、そこから少なくとも大部分が高度生産のために再び吸収されることは明らかです。

⑪ これが補足的な潜在的なマネーキャピタルであり、その最も単純な形式は、宝<蓄蔵貨幣・岡崎訳>の形式です。
この宝物<the treasure. >は、貴金属生産国と交換して直接または間接的に入手した余剰金または銀である可能性があります。
そして、このようにして初めて、国内の財務は絶対的に成長します。
一方で、この宝物は国内の不均衡なお金の流通以外の何物でもない可能性があり、これは個人の資本家の手にある宝物の形をとっています。
また、この潜在的な資本金は切手のみで構成されている可能性がありますし-ここでもクレジットマネーから見ることができます-または、第三者の資本家の法的文書の請求(法的称号)で述べられているだけです。
常にこの追加の貨幣資本の存在の形であるこれらのすべての場合、資本に関する限り、将来の追加の年間生産のための資本家の補足的かつ留保された準備金にすぎません。
⑪ The simplest form in which this can be supplemental latent money capital is that of the treasure. It is possible that this treasure is surplus gold or silver obtained directly or indirectly in exchange with the noble metals producing countries. And only in this way does the treasury within a country grow absolutely. On the other hand, it is possible-and this is the majority of cases-that this treasure is nothing other than the domestic circulation of disproportionate money, which has assumed the form of the treasure in the hands of individual capitalists. It is also possible that this latent money-capital consists only in stamps - we still see here from the credit-money - or even in mere, stated by legal documents claims (legal titles) of the capitalists on third persons. In all these cases, which are always the form of existence of this additional monetary capital, it represents, as far as capital is concerned, nothing more than a supplemental and reserved reserve of capitalists for future, additional, annual production of society.

⑫「その規模に比例して考慮される真に蓄積された富の塊は、その文明のレベルが何であれ、あるいはその同じ社会の実際の消費と比較してのみ、それが属する社会の生産力と比較して非常に重要ではありませんが、立法者と政治経済学者の主な注意が生産的な力と彼らの将来の自由な開発に向けられるべきであるように、取るに足りないほど、これまで、目を引いた単なる蓄積された富ではない蓄積された富はわずかであり、実際のオブジェクト、船、家、綿製品、土地改良ではなく、単に法的地位、社会の将来の年間生産力への主張、法的地位、アクセス手段または不確実性の制度によって生み出され永続するもので構成されています。
将来の社会の生産力が、最初に創造すべき富を所有者に獲得するための単なる手段としてのそのような記事(物理的なものまたは実質の富の蓄積)の使用は、力の使用なしに分配の自然法則による使用から徐々に削除されます; 「(ウィリアム・トンプソン、富の分配の原理に関する調査、「ロンドン1850、p。453。)この本は1824年に最初に登場しました。 )

⑬ 「大部分であろうと影響であろうと、ほとんどの人は非常に小さな割合であると考えられることはほとんどなく、社会の実際の蓄積は人間の生産力であり、単一の世代の普通の消費でさえありますが、ほんのわずかであり、その理由は明らかですが、その効果は非常に有害です。
毎年消費される富は、その使用によって消滅し、一瞬だけ目の前に立ち、それを楽しむか消費する間だけ印象を与えますし、私たちの幼年期から老年期まで、富、家具、機械、建物のゆっくりと消耗する部分にのみ、彼らは目の前に立ち、人間の努力の永続的な記念碑、この固定された永続的な所有権、しかしゆっくりと消費される公的財産の一部-土壌と原材料、作業中の道具、家の仕事を保護している間-この所有のおかげで、これらのオブジェクトの所有者は、社会の真に生産的なすべての労働者の年間生産力を自分たちの利益のために支配していますが、これらのオブジェクトは重要ではありませんが、この労働の絶えず繰り返される製品に比例する可能性があります。

英国とアイルランドの人口は2000万人です。男性、女性、子供の各個人の平均消費量はおそらく約20ポンドであり、合計で約4億ポンドの運命であり、労働生産物は年間消費されます。推定によると、これらの国の累積資本の合計額は、12億、つまり年間成果物の3倍を超えません。等しい除算60 Pfd.St.頭の上の資本です。
ここでは、これらの推定値の多少正確な絶対量よりも、ここでの関係に関心があります。
この総資本に対する関心は、人口全体を年間約2か月間現在の生活状態に保つのに十分であり、すべての蓄積された資本自体(買い手が見つかる可能性がある)は、彼らを完全に3年間働かせ続けるでしょう!
時間が経つと、家、衣服、食べ物がなければ、彼らは飢えて死ぬか、奴隷は3年間彼らを楽しませる人になります。

健康な世代の生涯に向けて3年間、たとえば40年、本当の富の偉大さと重要性、最も豊かな国でさえも蓄積された資本、その生産力、単一の人間世代の生産力に向かってどのように振る舞うか。彼らは平等な安全の合理的な命令、特に共同労働で生産できるものではなく、不十分で落胆する不安の回避の下で本当に生産するものに...そして、この一見膨大な既存の資本の周りまたはむしろ、現在の強制分割の状態における年間労働生産物に対する獲得した指揮と独占によって-これを維持し永続させるために、恐ろしい機械全体、悪、犯罪、不安の苦しみを永続させなければならない。
最初に必要なニーズを満たさなければ何も蓄積できず、喜びの後には人間の傾向の大きな流れが流れます。それゆえ、社会の本当の富のある特定の瞬間の比較的取るに足らない量。それは生産と消費の永遠のサイクルです。この膨大な年間生産量と消費量では、ほんの一握りの実際の蓄積はほとんど不要です。
それでもなお、主な焦点は、その大量の生産力ではなく、このほんの一握りの蓄積です。

しかし、毎年発生する大規模な小川は、強大な小川の永遠の数え切れない波のように、失われた消費の海で転がり落ちてしまいます。それでも、この永遠の消費はすべての喜びを引き起こすだけでなく、人類全体の存在を引き起こします。この年次製品の量と分布は、何よりもリサイタルの対象とすべきです。
実際の蓄積は非常に重要であり、年間生産物の分布への影響によってほぼ排他的にこの意味を受け取ります。実際の蓄積と分布は、ここで「常に参照および従属に考慮されます(トンプソンの著作)」

生産力。他のほとんどすべてのシステムでは、生産力は既存の分布の蓄積と永続化に言及し従属していると考えられてきました。この既存の配布の保存と比較すると、人類全体の絶え間ない不幸や幸福は一見の価値はありません。暴力、欺満、偶然の結果を永続させるために、これは安全保障と呼ばれています。

そして、この啓発された安全を維持するために、人類のすべての生産力は容赦なく犠牲にされました。」(Ibidem、pp。440-443)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、このほんの一握りは少数の人々に押収され、大衆の作品の絶え間なく繰り返される製品を流用するためのツールに変わりました。

特定のスケールでの再生さえ阻害する外乱を除いて、再生には2つの通常のケースのみが可能です。

単純なスケールでの複製もあります。
または、余剰価値の資本化、蓄積があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  上記への今日の理解が、次なのです。
  私も、いままで同じ理解であり、自身への反省すること--しきりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     http://ikeshihonron19.livedoor.blog/?p=25
     第17章 剰余価値の流通(その1)

第17章 剰余価値の流通(その1)

 「剰余価値の流通」という表題はエンゲルスが付けたのですが、本文にはこういう言葉は出てきません。エンゲルスはどういう意味でこの言葉を使ったのでしょうか。そんな詮索はさておき、資本の回転と剰余価値との関連が考察されていることは確かなように思われます。

前 文

1 回転期間の相違が蓄積と剰余価値量の相違をもたらすとは?

 冒頭「これまでに見てきたように、回転期間の相違は、一年間に生産される剰余価値の量が違わない場合にも、剰余価値の年率の相違を生み出すのである。/しかし、さらに(回転期間の相違によって―引用者)剰余価値の資本化すなわち蓄積にも必然的に相違が生じ、またその限りでは、剰余価値率は違わなくても、一年間に生産される剰余価値量には相違が生ずるのである」とあります。
 それはこういうことです。例えば資本Aのような年に何回転もする資本の場合、ある回転期間中に生産され実現された剰余価値の一部が追加資本に転化すると次の回転期間では増額した可変資本で生産が行われ、そのぶん年間の剰余価値が増大します。これが毎回転行われるので、剰余価値もさらに増大します。そして回転期間が短ければ短いほど、こうしたことがより多く繰り返されるので剰余価値の量もより増大することになります。

2 資本家の個人的消費のための収入および固定資本の修理費用について

 資本家の個人的消費の原資は剰余価値です。資本Aの場合は、5週毎に剰余価値が実現するので、事業開始時の回転期間を除けば、それで自己の消費を賄うことが出来ます。ところが資本Bの場合は最初の一年間はそれを自分の財源から賄わなければならないので、その意味では前貸しが行われます(マルクスは「前貸」という言葉を用いていますが、これを資本の前貸だと誤解してはなりません。資本家の個人的消費は決して生産費用ではないからです)。AもBも同じ期間に同量の剰余価値を生産するのですが、Bの場合は最初の1年間はこの剰余価値を実現することが出来ないので、これを個人的消費のために使うことができません。マルクスは、剰余価値は「先取り」されると述べています。資本家の消費分は、生産中の剰余価値から補填されるのですが、それが実現するまでは、とりあえず自分の財源で立て替えるという意味です。
 固定資本の修理や整備のために必要な費用(追加資本)も回転期間の長さによって影響を受けます。Aの場合には、この費用は生産開始時には前貸しされません。回転毎に実現される剰余価値から賄えるからです。「こうして、事業を当初の規模で経営して行くために必要な資本の一部分は、事業の進行中に事業そのものから剰余価値の一部分の資本化によって生み出される」ということです。これに対し、資本Bの場合にはAとは異なり、その費用は最初に前貸しされる資本の一部分でなければなりません。資本Aも資本Bもこの費用は必要ですが、どんな財源から前貸しされるかという点で大きな相違が生じます。
 このパラグラフの終わりに「この後のほうの場合(資本Aの場合―引用者)には、ただ蓄積された資本だけではなく最初に前貸しされる資本の一部分もまた単に資本化された剰余価値でありうるということをわれわれに示しているのである」とありますが、これはどういう意味なのかとの質問が出されました。
 資本Aは修理費用を直接的に剰余価値から賄うのですが、仮に最初の前貸の段階でこのような費用が発生したとしてもこれから獲得される剰余価値から補填されうること、だと理解しました。

3 拡大再生産と貨幣の蓄積

 マルクスは、蓄積(剰余価値の資本への転化)が「その現実の内容」から見ると拡大された規模の再生産であると述べたあと、現実の蓄積の程度や頻度は生産条件によって様々であることを指摘しています。そして現実の蓄積と並行して貨幣の蓄積、すなわち剰余価値を潜在的な貨幣資本として積み立てることが行なわれること、この場合は貨幣資本の蓄積がある程度の大きさに達してから現実の蓄積が行われることが言われています。これは個別資本の立場からのことですが、この貨幣資本の蓄積は社会的には新たな事態をもたらします。それは信用制度の発展にともない、蓄積された貨幣資本は「独自な意味での貨幣資本」または「資本としての貨幣」として機能しうるということです。

 そして「このような追加的な潜在的貨幣資本がとることのできる最も簡単な形態は、蓄蔵貨幣という形態である」として、蓄蔵貨幣の存在形態が列挙されています。

そのなかに「この潜在的貨幣資本が単に価値章標から成っているとか――われわれはここではまだ信用貨幣を無視する-――-、あるいはまた単に資本家たちが第三者に対してもっている請求権が適法な証書によって確認されたもの(権利証書)から成っているとかいうことである」とあります。ここにある「価値章標」とは何かということになり、信用貨幣すなわち銀行券は除かれているので、それは鋳貨とか国家紙幣といったものではないかとの意見が出されました。これには同意する意見がなく、未解決の問題として残されました。

いずれにせよ「これらはどの場合にも、この追加貨幣資本の存在形態がどうであろうと、それが将来の資本である限り、それが表わしているものは、社会の将来の追加的年間生産に対して資本家がもっている追加的な留保された請求権以外のなにものでもない」とマルクスは述べています。
 ここにウィリアム・トムソン著『富の分配原理の研究』からの長い引用があります。彼は全労働収益権を唱えたリカード派社会主義者でしたが、この部分は「社会の将来の追加的年間生産に対して資本家がもっている追加的な留保された請求権」という点に関連した肯定的引用だということになりました。
(第1節「単純再生産」は次回以降)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

レンタル掲示板
/155