teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『前進』からの転載 全国でメーデー闘争 

 投稿者: 杉本  投稿日:2022年 5月 8日(日)19時06分13秒
返信・引用
  https://znn.jp/2022/05/post-182125.html

ZNN.JP


  ブログ 全国でメーデー闘争/東京 反戦を熱く訴え


全国でメーデー闘争/東京 反戦を熱く訴え
2022.05.05


新宿でのリレーアピールの後、全学連を先頭に雨をついてデモ(5月1日 東京)

東京・新宿では、実行委員会主催の5・1メーデー行動が全世界と連帯する反戦闘争としてかちとられた。時おり激しさを増す風雨の中、300人の闘う労働者・学生・市民が新宿駅東口アルタ前に結集し、三多摩労組交流センターの徳永健生さんの司会でリレーアピールが行われた。
最初に東京労組交流センターの山口弘宣代表が主催者あいさつに立ち、中央メーデーで松野官房長官に発言させた連合、「有事には自衛隊を活用する」と公言する日本共産党を批判し、「自国政府と闘わない反戦闘争などない」と断じた。「労働運動が弾圧された時に世界は戦争に向かう。階級的労働運動を復活させ、クアッド会合とバイデン訪日を許さぬ5・22全国闘争を闘おう」と訴えた。
続いて動労千葉の佐藤正和副委員長が発言した。メーデーの起源として8時間労働制を要求した1886年のシカゴはじめ全米でのストを語り、動労千葉が3月11~13日にダイヤ改定阻止を掲げて48時間ストを闘ったことを誇り高く報告した。さらに台湾鉄道産業労働組合など台湾の鉄道3労組が5月1日に一斉に休暇届を出した事実上のスト決起、米アマゾンでの労組結成という歴史的勝利にふれ「全世界のうねりに続きメーデーを闘争の日として復権しよう」と呼びかけた。
改憲・戦争阻止!大行進呼びかけ人の高山俊吉弁護士が発言に立った。「バイデンは何のために日本に来るのか。日米の軍事同盟を強化する会談、さらに豪印を加えた4カ国の軍事会合が予定されている。戦争推進を具体的に検討する会議だ。労働者が立ち上がった時に戦争は止められる。私たちは全世界の労働者とつながっていることを誇りとして闘おう」と熱く語った。
改憲・戦争阻止!大行進神奈川の船木明貴さんは、「日本のウクライナ戦争報道はあまりに一方的だ。プーチンが戦争を始めたことは許せない。だがNATO(北大西洋条約機構)もアメリカもこの事態を見越して着々と対ロシア戦争の準備をしてきた。犠牲になっているのはウクライナとロシアの一般の人々。中国や北朝鮮を悪者として今、改憲、沖縄・南西諸島のミサイル基地化など戦争準備が進められている。戦争につながる一切を拒否して闘うことが、本当のウクライナへの連帯だ」と訴えた。
続いて東京労組交流センター各地区と女性部、星野国賠訴訟を闘う星野暁子さん、東京西部ユニオン鈴コン分会の吉本伸幸さんが発言に立ち、自治体、郵政、医療福祉産別の労働者が、反戦と現場での闘いを結んで勝利する決意を表した。
最後に全学連がマイクを握り、「戦争を止める力は私たちの中にある。戦争準備を許さずデモに出よう」と一同を鼓舞した。
悪天候をついて直ちにデモに出発。繁華街一帯に「戦争反対」「今日はメーデー闘いの日」と声を響かせ行進し、沿道からの注目を浴びた。西口前では右翼の街宣車が口汚く罵声を浴びせてきたが、一指も触れさせずデモを貫徹した。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国でメーデー闘争/大阪 労組の力示す
2022.05.05


自民党・維新との対決を掲げて梅田へ反戦デモに出た(5月1日 大阪市)

ウクライナ戦争が世界戦争へと深化する中で、関西労組交流センターは「反戦メーデーを闘おう」と呼びかけ、扇町公園での集会と梅田に向けてのデモを貫徹しました!
集会の前段には、交流センターの仲間が関西各地のメーデーや街頭宣伝に参加。大阪城公園の連合メーデーでは雨の中でもビラが次々と受け取られ、「労働組合として世界戦争を絶対に止めよう!」という訴えに多くの参加者が聞き入っていました。また、中川いくこさんが市議選に全力で挑戦している泉佐野市にも登場し大街宣。市内の大型スーパー前を赤旗が席巻し大注目でした。こうして、職場や地域でメーデーを闘いぬいた後、扇町公園での集会に合流します。
集会では、全国金属機械労組港合同の木下浩平執行委員が基調報告を行いました。木下さんは「戦争は資本家による勢力圏の奪い合いだ。資本家を労働者の力で打倒することこそ、戦争を止める唯一の道だ」と提起し、「日本の参戦を絶対に止めよう!」と力強く訴えました。
決意表明では、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の武谷新吾書記次長より、前日に闘われた職場闘争の報告がなされ「現場の闘いで弾圧をはね返す」と決意が述べられました。また、八尾北医療センター労働組合からは澤田祐一執行委員が発言に立ち、地域医療交流会が大阪府庁抗議闘争に決起したことを報告。さらに、関西合同労組からは岡田安昭執行委員が、「5・15泉佐野市議選は、沖縄闘争と一体の戦争を止める闘いだ。中川いくこと共に全力で闘おう!」と呼びかけました。
最後に全学連から反戦闘争の最先頭で闘う決意が語られ、団結を打ち固めてデモに出発です。デモには飛び入りで参加する人が多数! 沿道からも多くの声援がありました。
今ほど戦争反対の声が求められている時はないと強く感じます。労働者階級の意識は、明らかに転換し始めています。この怒りを組織し、5・15沖縄闘争から5・22バイデン訪日粉砕闘争へ、全力で攻め上りましょう!(関西労組交流センター・冨山小太郎)


 
 

中野洋・動労千葉前委員長の『新版 甦る労働組合』

 投稿者: 杉本  投稿日:2022年 5月 8日(日)18時11分43秒
返信・引用 編集済
  甦る労働組合BOT
@yomigaerurouso
動勤千葉元委員長・顧問であり故中野洋さん著の「甦る労働者」から勝手に引用するBOT。闘う労働者を甦伝よう!

甦る労働組合BOT
@yomigaerurouso
僕は心の底から「今、戦争と民営化=労働組の民営化=労働組合の民営化=労働運動の民営化、労働運動の民営化」甦ら労働組合を」と呼びかけたい。
ツイートを翻訳
午後6時57分・2022年5月8日・twittbot.net

  https://twitter.com/yomigaerurouso

  上記のツイッターから見つけて、転載しています。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://www.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no08/f2368.htm#a4_1

週刊『前進』(2368号4面1)(2008/11/17 )
 書評『新版 甦る労働組合』(中野洋著)
 藤掛 守
 世界大恐慌情勢に立ち向かう労働組合論
 労働者は必ず勝つ


 中野洋・動労千葉前委員長の『新版 甦る労働組合』が刊行された。本書は、文字どおり「すべての労働者に」――動労千葉を支持する労働者はもちろん、今はまだそうでない労働者にも、読んでほしい本だ。「動労千葉の労働運動には賛成できない」という労働者にも勧めたい。すべての国労闘争団員、4者4団体を支持し、10・24集会に参加したような労働者にも、JR総連のもとにいる平成採の労働者にも、およそ労働者という労働者は例外なく読んでほしい。
 著者の中野洋前委員長は、自分の意見にあらかじめ賛成してくれる限られた読者に対してだけではなく、すべての労働者に向けて語りかけている。故意の偏見を持ってあらかじめ理解することを拒絶する人を別にすれば、すべての労働者を獲得する力、説得力を圧倒的に持っている。今回、もう一度読み直してそう確信した。
 戦後世界を長きにわたり支配してきたアメリカ資本主義の象徴とも言うべき巨大証券会社リーマンブラザーズの倒産に始まる金融大恐慌の爆発は、アメリカ資本主義、帝国主義が絶対的存在ではないことを全世界の労働者に強烈に印象づけた。世界の労働者は、「資本主義の終わり」の始まりを文字どおり見てしまったのだ。
 このまっただ中で日米韓3国の闘う労働者が11・2労働者集会を開催し、世界の労働者に檄(げき)を飛ばした。09年が決定的な歴史的な年にならないはずがない。労働者の新たな闘いの幕が開いた。この歴史的な地平の中で、労働者への限りない信頼を込めて訴えかけるメッセージとして『新版 甦る労働組合』が出版された。
08春闘ストの拠点職場でビラをまく動労千葉(3月14日 幕張車両センター)
 国鉄闘争に対する熱い思い
 「国鉄分割・民営化が強行されたのは1987年4月1日だから、すでに21年余りたっている。その20年間、国鉄闘争の基軸を形成してきた1047名闘争が今、危機的状況に直面している」(『新版
甦る労働組合』36㌻、以下ページ数のみ)
 「1047名闘争は、日本労働運動史上に例のない大量首切りをめぐる長期争議であり、国労闘争団をはじめとする1047名の解雇者は、労働者の誇りをかけて不屈に闘ってきた『日本労働運動の宝』とも言うべき存在である」(37㌻)
 今日、直面している国鉄1047名闘争の危機は、国労本部の政治解決=和解路線、1047名闘争終結方針に、国労内の闘う闘争団を始めとするほとんどの国鉄闘争支援陣形などの勢力が賛成し、「和解路線」を推進しようとしていることによって起きている。
 国鉄闘争、国鉄1047名闘争について、著者は、動労千葉の前委員長ということを超えて全身全霊を打ち込んで先頭で闘い、指導してきた。しかも、常に全労働者階級の立場から、階級的労働運動の前進という立場から冷静に見ている。それだけに国鉄闘争、1047名闘争に対する思いは誰よりも熱い。著者を知る人でそのことに異議を差しはさむ人はいないだろう。
 だからこそ、この国鉄1047名闘争が「スズメの涙のカネで『解決』=屈辱的屈服をしてしまっていいのか。断じて否だ」(37㌻)と断ぜざるを得ないのだ。
 「仮に『和解』で決着したとして、国労はどうなるのか、どの道を選択しようとしているのか。解雇撤回を投げ捨てることは、国鉄分割・民営化に賛成することであり、国労を解散し、JR連合に吸収・合併されることにならざるを得ない。あるいは、JR資本ともJR総連革マルとも闘わないことになる。このように『和解路線』は、国鉄-JR労働運動の反動的な再編に棹(さお)さすものになることは疑いない」(38㌻)
 「国鉄闘争が『民営化賛成』で決着すれば、200万人首切り攻撃と闘う自治体労働運動はどうなるのか。民営郵政のもとで闘う全逓労働運動、『日の丸・君が代』に反対する教育労働運動はどうなるのか」(39㌻)
 「国鉄、全逓、自治労、教労という4大産別の決戦が、それぞれ国鉄1047名闘争の行方に左右される情勢に入っている。この時こそ1047名闘争が、全産別の労働者を糾合し、その未来をかけて闘わなければならない時代に入っていると思う。1047名の解雇者がそういう自覚と展望を持って闘った時に勝利を手にすることができるのではないか」(39~40㌻)
 ――と、熱烈に訴える。
 マルクス主義の魂がここに
 本書の初版は1995年に発行され、特に最近の数年、青年労働者の中でよく読まれてきた。著者は初版の「はじめに」で次のように書いている。
 「大変な時代である。では、こうした状況の中で労働者はどうすればいいのだろうか。僕は、労働者を軽んじ、蔑視(べっし)する考えに取り込まれないかぎり労働者は勝てると確信している。難しくはない。団結して立ち上がれば道は切り開かれる。侵略戦争を阻む力もそこにある」
 「そのために、自分たちの労働組合を甦らせ、労働運動の現状を変革することだ。それこそが今、最先端の変革である。闘うことはけっこう楽しいものだ。朗らかに闘おう」
 私は、これを読んで強い衝撃を受けたことを鮮明に覚えている。著者の、それが何者であろうとも「労働者を軽んじ、蔑視する」者は絶対に許さない、という激しい怒りと、労働者がこのような考えに取り込まれない限り「労働者は必ず勝てる」という固い確信を強く感じた。この言葉は新版でも引用され、この精神がこの新版の全体にも強く貫かれている。
 考えてみれば、これがマルクス主義なのだと思う。マルクス主義の魂なのだ。マルクス主義とは、単にあれこれの難しい教義のことではない。労働者への、労働者階級への絶対的な信頼だ。労働者には、資本家(資本主義)を打倒し、労働者の社会を労働者自身の手で実現する力がある、労働者とはそのような階級なのだ、という確信だ。
 労働者の理論
 著者はマルクス主義について次のように語っている。
 「マルクスだけが労働者の存在を認めてくれた。マルクスだけが、この世の中を動かしているのは労働者だと言った。マルクスだけが、世の中を変革する力を持っているのは労働者階級だけだと言った。そうである以上、労働者はすべからくマルクス主義者になるべきだ、と僕は言っている。そのために学習会もやる。だから今、動労千葉の労働者学習センターの労働学校も、すべてマルクス主義を勉強する。マルクス主義以外に労働者の持つべき思想はない」(84㌻)
 そうなのだ。マルクス主義とは労働者の理論なのだ。マルクスやエンゲルス、そしてレーニンが労働者の出身ではなかった、ということに何か特別な意味を持たせる人が今でも多い。が、それはマルクス主義が「労働者の理論だ」というこの核心を少しも変えるものではない。
 マルクス主義が歴史に登場するまでは、理論、学問は支配階級の独占物だった。労働者はマルクス主義という形で初めて「自分の理論」、労働者、労働者階級の理論を持ったのだ。労働者は労働者の理論、「自分の理論」、マルクス主義を持つことによって、歴史、社会を変革する真の主体、すなわち革命的階級になったのだ。
 今日の全世界的な革命的情勢の到来の中で、労働者がマルクス主義を労働者自身の手に取り戻すことは、労働者が革命のチャンスをつかみ、勝利するために必須の課題だ。この点からも、この著書がこのような形で出版された意義は大きい。
 労働組合を闘いの武器に
 労働組合を甦らせること――この一点に労働者階級の未来がかかっている。
 「甦る労働組合」という表題にも見られるように労働組合について書かれた本である。労働組合の何が書かれているのか。一言でいって「労働者の側が労働組合をきちんと位置づけよう」ということだ。
 「考えてみれば、資本主義社会においては、圧倒的多数は労働者階級であり、労働者を支配している資本家階級は圧倒的少数者だ。にもかかわらず、なぜ資本家階級の支配が成り立ってきたのか」(34㌻)
 資本家階級が、数では圧倒的多数の労働者の階級的団結を破壊し、労働者を分断し、支配できたからだ。
 敵、資本は、労働者の階級的な団結の破壊、解体に、自己の存在をかけて総力でかかってきている。労働者はここで、すなわち職場で、この資本の攻撃に対して真っ向から闘いに立ち向かわない限り、階級的団結は守れない。解体される。労働組合運動は、労働者の階級的団結をかけた資本との最も厳しい、勝ち負けを決する最前線の戦場なのだ。この主戦場を連合に押さえられ、職場での階級的団結を解体されたままで革命などと言っても空言になる。
 「資本の側は労働者の団結を破壊して、労働組合を弱体化させることにものすごい執念を燃やしてきた。今もそれは変わらない。ではそれに対して、労働者が、それほど労働組合を大事にしているか。ほとんどの労働者はそう思ってない」(56㌻)
 こんなままで労働者は資本に勝てるのか?
 「(労働組合運動で)労働者の階級的利害を本当に貫く者が主流派にならなければ、労働者の勝利はないのだ。ここが勝負の時だ。労働組合を甦らせること、この一点に労働者階級の未来がかかっている」(34㌻、プロローグ)
 だからこそ「労働者の側が労働組合をきちんと位置づけよう」と言っている。また別のところでは「労働組合運動を自らの天職と腹を固めること」(98㌻)と言っている。そして、労働組合、労働組合運動に「人生のすべて」をかけろ、とも言っている。
 激動の09年へ
 世界的な大恐慌情勢への突入の中で労働者には、大量首切りや賃下げの攻撃が襲いかかり、これに対して世界各国、各地で広範に労働者のストライキ、食糧暴動が巻き起こっている。
 エピローグは「今こそ『生きさせろ』のゼネストを!」で締めくくられている。6㌻と短い章だが、大恐慌情勢への突入という中で09春闘に向けた闘いが決定的に重要になっていることが強調されている。
 「大規模な大幅賃上げ闘争を組織しよう」「資本の弱点をついて、日本資本主義を揺るがす闘いを起こそう」という大方針の提起だ。
 ここでは、これ以上踏み込めないが、非常に重要な内容が提起されている。
 この『新版 甦る労働組合』を階級的労働運動の推進の武器として駆使し、広めることはわれわれの課題である。
--------------------------
◎『新版 甦る労働組合』
 国鉄分割・民営化=新自由主義に唯一ストライキで闘った動労千葉前委員長が語る”労働組合論”。40余年に及ぶ労働組合の経験、マルクス主義の実践に基づく階級的労働運動路線の神髄がここにある。08年10月20日発売。発行/編集工房 朔。発売/星雲社。定価/本体1800円+税。注文は労働者学習センター(千葉市中央区要町2-8DC会館/電話043―222―7207/FAX043―224―7197)へ
------------------------TOPへ---------------------------

週刊『前進』(2368号4面2)(2008/11/17 )
 三里塚 支援連が緊急現地闘争
 空港会社が明け渡し提訴 市東さんの農地強奪許さぬ


 

 元駐ウクライナ大使 馬渕睦夫 氏の語り

 投稿者: 杉本  投稿日:2022年 4月25日(月)21時55分30秒
返信・引用
    元駐ウクライナ大使 馬渕睦夫 氏の語り

【馬渕睦夫】アメリカがイギリスに逆らえない裏話【切り抜き/未来ネット】
25,359 回視聴2022/04/23

https://www.youtube.com/watch?v=H1_8bvKXrR8

次で見つけたのだが、まずは上から順番に。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  杉本・・この坦々たる語りこれはもう最高です!!!

そして、次へと見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=CfJve21SKkQ
 

最初の本 最初のセクション 商品とお金

 投稿者: 杉本  投稿日:2022年 4月24日(日)18時00分27秒
返信・引用
  最初の本 最初のセクション 商品とお金

http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Z28


  最初の本
  資本の生産プロセス

__________

  最初のセクション
  商品とお金

__________

  第1章
  商品

1.商品の2つの要素:使用価値と価値(価値の実体、価値の大きさ)

<49>資本主義の生産様式が普及している豊かな社会は、「膨大な財の集まり」のように見える。(1)、その基本形としての個々の商品。したがって、私たちの調査は商品の分析から始まります。

商品はまず第一に外部の物体であり、その特性によって、ある種の人間のニーズを満たすものです。これらのニーズの性質は、たとえば胃から生じたものであれ、想像力から生じたものであれ、問題を変えることはありません。(2)。また、物事が人間のニーズをどのように満たすかという問題でもありません。それは、直接的な生活手段として、つまり楽しみの対象として、あるいは間接的に生産手段としてのことです。

鉄や紙などの有用なものはすべて、質と量の二重の観点から検討する必要があります。そのようなものはそれぞれ多くの特性の全体であり、したがってさまざまな方法で役立つ可能性があります。これらのさまざまな側面を発見すること、したがって、物事の多様な<50>使用を発見することは、歴史的な行為です(3)。それで、有用なものの量のための社会的手段の発見。商品の寸法の違いは、一部は測定対象の性質の違いから、一部は慣例から生じます。

物の有用性はそれを使用価値にします(4)。しかし、この有用性は空中にはありません。商品の特性上、それなしでは存在しません。したがって、鉄、小麦、ダイヤモンドなどの商品自体は、使用価値または商品です。このキャラクターは、使用品質を習得するのに多くの作業が必要か、少しの作業が必要かには依存しません。使用価値を検討するときは、1ダースの時計、1ヤードのリネン、1トンの鉄など、常に定量的な決定が想定されます。商品の使用価値は、独自の商品科学の分野の材料を提供します。(5)。使用価値は、使用または消費においてのみ実現されます。使用価値は、その社会的形態が何であれ、富の物質的な内容を形成します。私たちが考えている社会の形では、それらは同時に交換価値の物質的なキャリアを形成します。

交換価値は、まず、ある種類の使用価値が別の種類の使用価値と交換される割合である量的関係として表示されます(6)、時間と場所によって絶えず変化する関係。したがって、交換価値は偶発的で純粋に相対的なもののように見えます。交換価値は、商品の内部的で内在的であり( valeurintrinsèque)、つまり、adjectoの矛盾です。(7)。よく見てみましょう。

たとえば、小麦の4分の1などの特定の商品は、xブーツワックス、yシルク、zゴールドなどに交換されます。つまり、他の商品と最も多様な比率で交換されます。したがって、小麦には、単一の交換価値ではなく、複数の交換価値があります。ただし、xブートポリッシュ、yシルク、zゴールドなどは、小麦の4分の1の交換価値であるため、yブートポリッシュ、yシルク、zゴールドなどは、1で置き換えることができる交換価値である必要があります。別のまたは等しい値です。したがって、最初に、同じ商品の有効な交換価値は同じことを表します。第二に、しかし、交換価値は表現のモード、それと区別できるコンテンツの「外観」にすぎません。

また、小麦と鉄などの2つの商品を取り上げましょう。それらの交換率がどうであれ、それは常に、与えられた量の小麦が任意の量の鉄と等しくなる方程式で表すことができます。たとえば、小麦の4分の1=鉄のztr。この方程式は何と言っていますか?同じ大きさのコモンは、小麦の4分の1と鉄のztrの2つの異なるものに存在します。したがって、両方とも3分の1に等しく、それ自体はどちらでもありません。したがって、交換価値である限り、2つのそれぞれはこの3分の1に削減可能でなければなりません。

簡単な幾何学的な例でこれを説明します。すべての直線的な図形の面積を決定して比較するために、それらは三角形に分割されます。三角形自体は、そのベースと高さの積の半分である、目に見える図とはまったく異なる表現に縮小されます。同様に、商品の交換価値は、多かれ少なかれそれらが表す一般的なものに削減されます。

この共通の特徴は、商品の幾何学的、物理的、化学的、またはその他の自然の特性であってはなりません。それらの物理的特性は、それらが使用可能になる場合、つまり使用価値がある場合にのみ考慮されます。しかし一方で、商品の交換関係を明らかに特徴づけるのは、まさにそれらの使用価値からの抽象化です。その中で、使用価値は、それが適切な比率で存在するという条件で、他のものと同じように重要です。または、古いバーボンが言うように:

「ある種類の商品は、交換価値が等しい場合、別の商品と同じくらい優れています。交換価値が等しいものの間に違いや区別はありません。」(8日)

使用価値として、商品は何よりも品質が異なります。交換価値は数量が異なるため、使用価値の原子が含まれていないためです。

  <以下略ーーー>


2.商品に表されている作品の二重性

<56>もともと、商品は二分法、使用価値、交換価値として私たちに見えました。後になって、労働も価値で表現されている限り、使用価値の生産者と同じ特性を持たなくなっていることが明らかになりました。商品に含まれる労働のこの二重の性質は、私によって最初に批判的に示されました。(12)この点は、政治経済学の理解が中心となる要点であるため、ここでさらに詳しく検討する。

コートと10ヤードのリネンの2つの商品を取りましょう。前者は後者の2倍の値であるため、10ヤードのリネン= Wの場合、コート=2Wになります。

コートは特別なニーズを満たす使用価値です。それを生み出すには、ある種の生産的な活動が必要です。それは、その終了、操作モード、目的、手段、および結果によって決定されます。効用がその製品の使用価値に表れている労働、またはその製品が使用価値であるという労働は、略して有用労働と呼ばれます。この観点から、それは常にその有用性を参照して考慮されます。

コートとリネンの使用価値が質的に異なるのと同じように、それらの存在を仲介する作業も質的に異なります。つまり、仕立てと織りです。それらのものが質的に異なる使用価値ではなく、したがって質的に異なる有用な労働力の製品である場合、それらは商品としてまったく向き合うことができませんでした。岩は岩と交換されません。同じ使用価値は同じ使用価値ではありません。

さまざまな使用価値または商品の全体で、属、種、家族、亜種、多様性、つまり社会的分業によって異なる、同じように多様で有用な労働の全体が現れます。それは商品生産の実存的条件であるが、逆に、商品生産は社会的分業の実存的条件ではない。古代インドのコミュニティでは、労働は社会的に分割されており、製品は商品になりません。または、より明白な例として、すべての工場で労働は体系的に分割されていますが、この分割は労働者の個々の製品の交換によって仲介されていません。独立した、そして相互に独立した私的労働の産物だけが商品として互いに対峙します。

したがって、すべての商品の使用価値には、特定の意図的に生産的な活動または有用な労働力が含まれていることがわかりました。使用価値は、質的に異なる有用な仕事が含まれていない限り、商品として互いに対峙することはできません。製品が一般的に商品の形をとる社会、すなわち商品生産者の社会では、独立した生産者の民間事業として独立して行われるこの有用な労働の質的な違いは、複雑なシステムに発展し、社会的分業。

ちなみに、スカートは仕立て屋が着ているのか、仕立て屋の顧客が着ているのかは関係ありません。どちらの場合も、使用価値として機能します。仕立てが特別な職業になり、労働の社会的分業における独立したつながりとなったため、コートとそれを生み出す作品との関係は、それ自体ではほとんど変化していません。衣服の必要性が彼を強いたところで、人は人が仕立て屋になる前に何千年もの間仕立てました。しかし、コート、リネン、自然には存在しない物質的な富のすべての要素の存在は、常に、特別な天然素材を特別な人間のニーズに同化させる特別な、目的を持った生産的な活動によって媒介されなければなりませんでした。効用価値の創造者として、有用な仕事として、

使用価値、コート、リネンなど、要するに商品の本体は、天然素材と労働という2つの要素の組み合わせです。コートやリネンなどに使われるさまざまな有用な作品の合計を差し引くと、人間の介入なしに自然に存在する物質的な基質が常に残ります。人は自然そのもののように自分の生産を進めることができるだけです。つまり、物質の形を変えるだけです。(13)さらに。このフォーメーションの仕事<58>自体では、彼は常に自然の力によって助けられています。したがって、仕事は、それが生み出す使用価値、物質的な富の唯一の源ではありません。ウィリアム・ペティが言うように、仕事は彼の父であり、地球は彼の母です。

それでは、商品である限り、商品から商品の価値に移りましょう。

私たちの仮定によれば、コートはリネンの2倍の価値があります。ただし、これは量的な違いにすぎず、最初は興味がありません。したがって、コートの価値が10ヤードのリネンの2倍である場合、20ヤードのリネンはコートと同じ価値を持つことを覚えています。価値観として、岩と帆布は同じ実体のものであり、同じ種類の作品の客観的な表現です。しかし、仕立てと織りは質的に異なる仕事です。しかし、同じ男性が交互に仕立てと織りをする社会の状態があり、したがって、これらの2つの異なる働き方は、同じ個人の仕事の修正にすぎず、同じように異なる個人の特に固定された機能ではありません。今日私たちの仕立て屋が作るスカートと彼が明日作るズボン 同じ個々の作品のバリエーションのみを想定しています。証拠はさらに、私たちの資本主義社会では、労働需要の方向の変化に応じて、人間の労働の特定の部分が仕立ての形または織りの形で交互に供給されることを教えています。この仕事の形の変化はスムーズに進まないかもしれませんが、進まなければなりません。生産活動の特異性、したがって労働の有用な性格を無視すると、それは人間の労働力の支出であることに変わりはありません。仕立てと織りは、質的には異なる生産活動ですが、どちらも人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な支出であり、この意味では両方とも人間です。私たちの資本主義社会では、労働需要の方向の変化に応じて、人間の労働の特定の部分が仕立ての形または織りの形で交互に供給されます。この仕事の形の変化はスムーズに進まないかもしれませんが、進まなければなりません。生産活動の特異性、したがって労働の有用な性格を無視すると、それは人間の労働力の支出であることに変わりはありません。仕立てと織りは、質的には異なる生産活動ですが、どちらも人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な支出であり、この意味では両方とも人間です。私たちの資本主義社会では、労働需要の方向の変化に応じて、人間の労働の特定の部分が仕立ての形または織りの形で交互に供給されます。この仕事の形の変化はスムーズに進まないかもしれませんが、進まなければなりません。生産活動の特異性、したがって労働の有用な性格を無視すると、それは人間の労働力の支出であることに変わりはありません。仕立てと織りは、質的には異なる生産活動ですが、どちらも人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な支出であり、この意味では両方とも人間です。人間の労働の所与の部分は、仕立ての形または織りの形で交互に供給されます。この仕事の形の変化はスムーズに進まないかもしれませんが、進まなければなりません。生産活動の特異性、したがって労働の有用な性格を無視すると、それは人間の労働力の支出であることに変わりはありません。仕立てと織りは、質的には異なる生産活動ですが、どちらも人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な支出であり、この意味では両方とも人間です。人間の労働の所与の部分は、仕立ての形または織りの形で交互に供給されます。この仕事の形の変化はスムーズに進まないかもしれませんが、進まなければなりません。生産活動の特異性、したがって労働の有用な性格を無視すると、それは人間の労働力の支出であることに変わりはありません。仕立てと織りは、質的には異なる生産活動ですが、どちらも人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な支出であり、この意味では両方とも人間です。それは人間の労働力の支出であると。仕立てと織りは、質的には異なる生産活動ですが、どちらも人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な支出であり、この意味では両方とも人間です。それは人間の労働力の支出であると。仕立てと織りは、質的には異なる生産活動ですが、どちらも人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な支出であり、この意味では両方とも人間です。<59>土木工事。人間の労働力を使うには2つの異なる形態しかありません。確かに、何らかの形で消費されるためには、人間の労働力自体が多かれ少なかれ発達していなければなりません。しかし、商品の価値は、一般的に人的労働、一般的に人的労働の支出を表しています。ブルジョア社会と同じように、将軍や銀行家が重要な役割を果たし、人間は非常に粗末な役割を果たします(14)それが人間の仕事でここにある方法です。それは単純な労働力の支出であり、平均して、特別な発達を伴わないすべての普通の人が彼の体の有機体に持っています。単純な平均的な作品自体は、さまざまな国や文化的時代でその性格を変えますが、それは既存の社会で与えられています。より複雑な作業は、単純な作業を累乗したもの、またはむしろ乗算したものとしてのみカウントされるため、複雑な作業の量が少ないほど、単純な作業の量は多くなります。経験によれば、この削減は常に行われています。商品は最も複雑な労働の産物である可能性があり、その価値それは単純な労働の産物と同等であり、したがって、特定の量の単純な労働のみを表します。(15)測定単位が生産者の背後にある社会的プロセスによって固定されているため、さまざまな種類の労働が単純な労働に削減されるさまざまな比率は、伝統によって与えられているように見えます。簡単にするために、以下では、あらゆる種類の労働力が単純な労働力に直接適用され、削減の労力を節約するだけです。

コートとリネンの価値がそれらの使用価値の違いから抽象化されるのと同じように、これらの価値で表される作品では、それらの有用な形、仕立て、織りの違いから。コートとリネンの使用価値が布と毛糸との意図的で生産的な活動の組み合わせであるのと同じように、コートとリネンの価値は単に類似した労働ゼリーであるため、これらの価値に含まれる労働はカウントされません布や糸との生産的な関係のためですが、それは人的労力の支出としてのみです。効用の教育的要素<60>貴重なコートとリネンは、品質が異なるため、仕立てと織りが正確に行われています。それらは、それらが特定の品質から抽象化され、両方が同じ品質、つまり人間の労働の品質を持っている場合にのみ、衣類とリネンの価値の実体です。

ただし、コートとリネンは一般的な値であるだけでなく、特定の大きさの値であり、私たちの仮定によれば、コートは10ヤードのリネンの2倍の価値があります。それらの価値の大きさのこの違いはどこにありますか?これは、リネンにはコートの半分の労働力しか含まれていないため、後者の生産では前者の生産の2倍の労働力を費やす必要があるためです。

したがって、商品に含まれる労働力が使用価値に関して定性的である場合、それはそれ以上の質なしにすでに人間の労働力に還元された後、価値に関して定量的であるにすぎません。そこには、どのように、そして何が機能するか、ここでは、どれだけ、どれだけ長く続くかについてです。商品の価値はそれに含まれる労働力の量を表すだけなので、商品は常にある程度同じ価値でなければなりません。

生産力、つまりコートの生産に必要なすべての有用な労働力が変わらない場合、コートの価値はそれ自体の量とともに増加します。1つのスカートxの場合、2つのスカートは2 xの労働日数などを表します。ただし、1つのスカートを作成するために必要な労働力が2倍になるか、半分になるとします。前者の場合、コートは2コートの価値があります。後者の場合、2コートは、1コートの価値しかありませんが、どちらの場合も、コートは同じサービスを実行し、それに含まれる有用な労力は継続します。同じ仕事をすることの良さは残っています。しかし、その生産に費やされる労働力の量は変化しました。

使用価値の量が多いほど、それ自体がより多くの物質的富を形成し、2つのコートが1つより多くなります。二人は二枚のコートを着ることができ、一人は一枚のコートを着ることができます。それにもかかわらず、物質的な富の増加は、その価値の同時低下と一致する可能性があります。この対照的な動きは、作品の二重の性質から生じています。もちろん、生産力は常に有用で具体的な仕事の生産力であり、実際には、特定の期間における意図的な生産活動の有効性の程度のみを決定します。したがって、有用な労働力は、その生産力の上昇または下降に正比例して、より豊富なまたはより貧弱な製品の供給源になります。一方、生産力の変化は<61>の生産力に影響を及ぼします。提示する価値のある作品は、それ自体ではまったくありません。生産力は具体的で有用な労働形態に属するので、もちろん、具体的で有用な形態から抽象化するとすぐに、労働に影響を与えることはありません。したがって、同じ労働力は、生産力がどのように変化しても、同じ期間に常に同じ大きさの価値を生み出します。しかし、同じ期間に、それは使用価値の異なる量を生み出します。生産力が上がると、生産力が上がると少なくなります。労働の出生力を増加させ、したがってそれが供給する使用価値の質量を増加させる生産力の同じ変化は、それがその生産に必要な労働時間の合計を減らす場合、この増加した総質量の値の大きさを減少させます。同様にその逆。

すべての仕事は、一方では生理学的な意味での人間の労働力の支出であり、同等の人間または抽象的な人間の労働のこの能力において、それは商品の価値を形成します。一方、すべての作業は、特別で目的のある形での人的労働力の支出であり、この品質の具体的で有用な作業は、使用価値を生み出します。(16)


3.価値または交換価値の形式

<62>商品は、鉄、リネン、小麦などの使用価値または商品本体の形で世界に登場します。これは、国内の自然な形です。しかし、それらはダブルスであり、商品であると同時に価値のあるキャリアであるため、商品にすぎません。したがって、それらは商品としてのみ表示されるか、または二重の形式、自然な形式、および価値の形式を持っている限り、商品の形式のみを持ちます。

商品の価値は、どこで入手できるかわからないという点でWittibHurtigとは異なります。商品本体の感覚的で粗い客観性とは正反対に、天然素材の原子はそれらの価値の客観性に入りません。したがって、個々の商品を好きなようにひねって回すことができますが、それは価値のあるものとして理解できないままです。しかし、商品は同じ社会的単位である人間の労働の表現である限り価値があり、したがってその価値は純粋に社会的であるということを思い出すと、商品と商品の社会的関係にのみ現れることは言うまでもありません。できる。実際、私たちは商品の隠された価値を発見するために、商品の交換価値または交換比率から始めました。

誰もが、他に何も知らなくても、商品が共通の価値の形を持っていることを知っています。これは、その使用価値のカラフルな自然の形、つまりお金の形と最も際立って対照的です。しかし、ここでは、ブルジョア経済学によってさえ試みられなかったことを達成する必要があります。つまり、この形のお金の起源を証明すること、つまり、商品の価値関係に含まれる価値表現の発展を最も単純なものから追跡することです。目立たない形からまばゆいばかりのお金の形へ。同時に、お金のパズルは消えます。

最も単純な価値関係は、明らかに、商品と単一の異なる商品の価値関係です。したがって、2つの商品の価値比率は、商品の価値の最も単純な表現を提供します。

<63>
A)単純、単一、またはランダムな形式の値

・・
・・

2.相対的な価値の形

a)相対的な価値の形式の内容

商品の価値の単純な表現が2つの商品間の価値関係にどのように組み込まれているかを知るためには、まず後者をその量的側面とはまったく無関係に考慮する必要があります。通常、まったく逆の方法で進み、2つのタイプの商品の特定の数量が互いに等しいと見なされる値の関係の比率のみが表示されます。異なるものの大きさは、同じ単位に縮小された後にのみ定量的に比較可能になるという事実を見落としています。同じ単位の表現としてのみ、それらは同じ名前を持ち、したがって通約可能な量です。(17)

20ヤードのリネン=1コートまたは=20または=xコート、つまり、与えられた量のリネンが多くのコートまたは数コートの価値があるかどうかにかかわらず、そのような比率はすべて、価値の大きさとしてのリネンとコートが同じ団結、同じ性質のものがあります。キャンバス=スカートは方程式の基礎です。

しかし、定性的に同等の2つの商品は同じ役割を果たしていません。キャンバスの価値だけが表現されています。そしてどうやって?彼女との「同等」または「交換可能」としてのスカートとの関係を通して。この関係では、スカートは価値のあるものとして、価値のあるものとして数えられます。それ自体がリネンと同じだからです。一方、リネンの本質的な価値は前面に出てくるか、独立した表現を受け取ります。なぜなら、価値としてのみ、それはそれと同等または交換可能なコートに関連しているからです。酪酸は、ギ酸プロピルとは別の体です。ただし、どちらも同じ化学物質(炭素(C)、水素(H)、酸素(O))で構成されており、同じ割合の組成で<65>8O2。_ _ _ _ ギ酸プロピルが酪酸と同等である場合、この関係では、第一に、ギ酸プロピルはC 4 H 8 O 2の存在形態としてのみ有効であり、第二に、酪酸もC4Hからなると言われます。 8O2。_ _ したがって、ギ酸プロピルを酪酸と同等にすることにより、それらの化学物質は、それらの体の形とは異なるものとして表現されます。

私たちに言わせてください:価値として、商品は人間の労働の単なるゼリーであり、私たちの分析はそれらを価値の抽象化に還元しますが、それらに自然な形と異なる価値の形を与えません。商品ごとの価値比率が異なります。その価値の特徴は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます。

たとえば、コートを貴重なオブジェクトとしてリネンと同一視することにより、コートに入る作業は、コートに入る作業と同等になります。確かに、スカートを作る仕立ては、リネンを作る織りとは異なる種類のコンクリート細工です。しかし、それを織りと同一視することは、実際には、両方のタイプの仕事で実際に同じもの、つまり人間の労働の共通の性格に合わせることを減らします。この回り道では、織りは、価値を織り込む限り、仕立てと区別できる特徴を持たない、つまり抽象的な人間の仕事であると言われています。さまざまな種類の商品の同等の表現だけが、価値創造労働の特定の特徴を明らかにします。(17a)。

しかし、キャンバスの価値を構成する作品の特徴を表現するだけでは不十分です。液体状態の人間の労働または人間の労働は価値を形成しますが、価値ではありません。それは、具体的な形で、凝固した状態で価値があります。リネンの価値を人間の労働のゼリーとして表現するためには、リネン自体とは大きく異なると同時に、リネンや他の商品に共通する「客観性」として表現する必要があります。タスクはすでに解決されています。

価値とリネンの関係では、コートは価値であるため、同じ性質のものとして、質的に同じものとして数えられます。したがって、ここでは、価値が現れるもの、またはその具体的な自然な形で価値を表すものと見なされます。現在、スカート、つまりスカートの本体は、単なる使用価値です。スカートは、最初に出てくるリネンに過ぎない価値を表現しています。これは、多くの人がそれの外側よりもギャロインコートの内側を意味するのと同じように、それがリネンの外側よりもリネンとの価値の関係の中でより多くを意味することを証明するだけです。

スカートの製造では、人間の労働力は実際に仕立ての形で費やされました。ですから、そこには人間の労働力が蓄積されています。この観点から、スカートは「価値のある着用者」ですが、これはその最大の糸くずの出ないものを通してさえその品質を明らかにしません。そして、価値とキャンバスの関係では、それはこちら側でのみ有効であり、したがって、価値の本体として、具体化された価値として有効です。彼のボタンで留められた外観にもかかわらず、スクリーンは彼の中で先祖の美しい価値の魂を認識しました。しかし、コートは、同時に彼女のコートの形をとる価値がなければ、彼女にとっての価値を表すことはできません。したがって、個人Aは、Bの体型、したがって顔の特徴を仮定して、同時にAの威厳がなければ、個人Bを威厳として関連付けることはできません。

コートがリネンに相当する価値の関係では、コートの形が価値の形として数えられます。したがって、商品リネンの価値は商品コートの本体で表され、一方の商品の価値はもう一方の使用価値で表されます。使用価値としては、リネンはスカートとは感覚的に異なるものです。価値としては、「スカートのよう」であるため、スカートのように見えます。このようにして、それはその自然な形とは異なる価値の形を獲得します。彼らの価値は、神の子羊に似ているクリスチャンの羊のような性質と同様に、コートに似ていることで現れます。

商品の価値の分析が私たちのために予測したことはすべて、別の商品であるコートと接触するとすぐにリネン自体によって言われることがわかります。彼女だけが、彼女だけが精通している言語、つまり商品の言語で自分の考えを裏切っています。労働は人間の労働の抽象的な質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女は、それが彼女にとって重要でない限り、すなわち価値がある限り、コートは同じ労働で構成されていると言います帆布のように立っています。彼女の崇高な価値観は硬直した体とは異なると言うために、彼女は価値観がスカートのように見えるので、価値のあるものとしての彼女自身がさやの中のエンドウ豆のようなスカートに似ていると言います。ちなみに、ヘブライ語に加えて、商品の言語には、多かれ少なかれ正しい方言がたくさんあります。たとえば、ドイツ語の「Wertsein」は、商品Bと商品Aを同一視することが商品Aの本質的な価値表現であるという、ロマンシュ語の動詞valere、valer、valoirよりも目立たない表現です。Paris vaut bien une fair!<パリはフェアの価値があります!>

価値関係によって、商品Bの自然な形が商品Aの価値形になるか、商品Bの本体が商品Aの価値になります。(18)商品Aを価値の本体として商品Bに関連付けることにより、人間の労働の材料として、それは使用価値Bをそれ自身の価値の表現の材料にします。商品Bの使用価値で表される商品Aの価値は、相対的価値の形をとっています。

  b)相対的な価値の形の定量的決定
・・
・・
  3.同等の形式

<70>商品A(リネン)が別の商品B(コート)の使用価値でその価値を表現するとき、それは後者自体に同等の価値の独特の形を課すことがわかりました。リネン製品は、その身体的形態とは異なる価値の形態を想定することなく、コートがそれと同等に重要であるという点で、独自の価値を前面に押し出します。したがって、リネンは、コートが直接交換可能であるという点で、実際には独自の価値を表しています。したがって、商品の同等の形式は、別の商品との直接の互換性の形式です。

コートなどのある種類の商品がリネンなどの別の種類の商品と同等である場合、コートはリネンと直接交換可能な形であるという特徴的な特性を獲得します。これは、コートとリネンの比率です。交換可能であるということは決して与えられていません。リネンの価値が与えられているので、それはスカートの価値に依存します。コートが同等物として表現され、リネンが相対値として表現されるか、逆に、リネンが同等物として表現され、コートが相対値として表現されるかにかかわらず、その値は、その生産に必要な労働時間によって、つまりその形態とは無関係に決定されます。価値の。しかし、商品のコートが価値の表現において同等のものに取って代わられるとすぐに、その価値の大きさは価値の大きさとして表されません。

例:40ヤードのリネンは「価値がある」-何ですか?スカート2枚。ここでのコート商品は同等の役割を果たしており、コートの使用価値はリネンとは対照的に価値の本体と見なされるため、一定量のコートは一定量のリネン値を表すのに十分です。したがって、2コートは、40ヤードのリネンの価値を表現できますが、自分自身の価値、つまりコートの価値を表現することはできません。価値の方程式の同等物は常に物の単純な量、使用価値の形しか持たないというこの事実の表面的な認識は、ベイリーを彼の前任者や後継者の多くのように、純粋に定量的な関係を見るように誤解させました価値の表現。むしろ、商品の同等の形態には、価値の定量的決定は含まれていません。

同等の形式を検討するときに最初に気付くのは、次のとおりです。使用価値は、その反対の価値の現れになります。

<71>商品の自然な形が価値の形になります。ただし、このクイドプロクォーは、商品B(コート、小麦、鉄など)に対して、他の商品A(リネンなど)が発生する価値関係内でのみ発生し、この関係内でのみ発生します。商品はそれ自体を同等のものとして関連付けることはできず、したがってそれ自体の自然な肌をそれ自体の価値の表現にすることはできないため、他の商品を同等のものとして関連付けるか、別の商品の自然な肌を独自の価値の形にする必要があります。

これを、商品として、つまり使用価値として商品に属するメジャーの例で説明しましょう。シュガーローフは体であるため重くて重くなりますが、シュガーローフではその重さを見たり感じたりすることはできません。重量が事前に決定されているさまざまな鉄片を使用します。鉄の体型は、それ自体で考えれば、砂糖斤のそれ以上の重さの現れではありません。ただし、シュガーローフを重さとして表現するために、鉄に対する重量比で表記しています。この関係では、鉄は重さだけを表す体であると見なされます。したがって、鉄の量子は砂糖の重量を測定するのに役立ち、砂糖の本体に対する単なる重さ、つまり重さの現れを表します。鉄はこの関係の中でのみこの役割を果たします、ここで、砂糖、または重量が検出される他の体がそれに加わります。両方が重くなければ、この関係に入ることができず、したがって、一方が他方の重力を表現するのに役立つことができませんでした。両方をはかりに投げると、実際には同じ重量であるため、同じ重量の一定の割合であることがわかります。重量の尺度としての鉄の本体が砂糖の塊と比較した重さのみを表すように、私たちの価値の表現では、コートの本体はリネンと比較した値のみを表します。したがって、実際には、それらは同じ重量であり、したがって、同じ重量の一定の割合であることがわかります。重量の尺度としての鉄の本体が砂糖の塊と比較した重さのみを表すように、私たちの価値の表現では、コートの本体はリネンと比較した値のみを表します。したがって、実際には、それらは同じ重量であり、したがって、同じ重量の一定の割合であることがわかります。重量の尺度としての鉄の本体が砂糖の塊と比較した重さのみを表すように、私たちの価値の表現では、コートの本体はリネンと比較した値のみを表します。

ただし、これで類推は終わりです。シュガーローフの重さの表現では、鉄は両方の体に共通の自然な特性、それらの重さを表し、リネンの価値の表現では、スカートは両方のものの超自然的な特性を表します:それらの価値、純粋に社会的なもの。

リネンなどの商品の価値の相対的な形は、その価値をその身体や特性とはまったく異なるもの、たとえばコートのように表現するため、この表現自体が社会的関係を隠していることを示しています。逆に同等の形式で。それは、コートのような商品、つまりこのままの商品が価値を表現している、つまり本質的に価値の形を持っているという事実から成り立っています。確かに、これは、リネンの商品がスカートの商品と同等に関連している価値の関係の範囲内でのみ適用されます。(21)しかし、物の性質は他のものとの関係から生じるのではなく、そのような関係でのみ機能するので、コートはまた、その性質と同じように、同等の形、即時の互換性の性質を持っているようです。重いか保温している。したがって、同等の形式の謎は、この形式がお金の形で彼に直面するとすぐに、政治経済学者の粗野なブルジョアの視線を打つだけです。それから彼は、金と銀の神秘的な性格を、まばゆいばかりの商品に帰することによって説明しようとします。そして、新たな喜びをもって、当時の商品同等物の役割を果たしたすべての商品のガラガラのカタログを読みます。彼は、20ヤードのリネン= 1コートなど、最も単純な価値の表現でさえ、

同等物として機能する商品の本体は、常に抽象的な人間の労働の具現化と見なされ、常にいくつかの有用で具体的な労働の産物です。したがって、この具体的な作品は、抽象的な人間の作品の表現になります。たとえば、スカートが単なる実現としてカウントされる場合、実際にその中で実現される仕立ては、抽象的な人間の労働の単なる実現の形として行われます。リネンの価値を表現する上で、仕立ての有用性は、それが衣服を作るという事実、したがって人を作るという事実ではなく、それが価値があると人が見ることができる体、つまり仕事のゼリーを作るということです。 Canvas値のオブジェクト化された作業とはまったく異なります。そのような価値の鏡を作るために、仕立て自体はその抽象的な品質以外のものを反映する必要はありません、

人間の労働力は、仕立ての形と織りの形で費やされます。したがって、どちらも人間の労働の一般的な質を備えており、したがって、特定の場合、たとえば価値の生産において、この観点からのみ考慮される可能性があります。これはすべて不思議ではありません。しかし、問題は商品の価値の表現にねじれています。たとえば、織りは、織りとしての具体的な形のリネンの価値を構成するのではなく、人間の労働としての一般的な品質では、リネンに相当する具体的な作業である仕立ては、有形のものとは対照的です抽象的人間の仕事の実現の一形態。

したがって、具体的な労働がその反対の抽象的な人間の労働の現れとなるのは、同等の形態の2番目の特徴です。

しかし、この具体的な仕立ては、人間の無差別な仕事の単なる表現と見なされているため、他の仕事、つまりリネンに関連する仕事と同等の形をしており、したがって、私的な仕事でありながら、商品を生産する他のすべての仕事と同じです。 、それにもかかわらず、直接社会的な形で働きます。このため、他の商品と直接交換可能な製品になります。したがって、私的仕事がその反対の形になり、すぐに社会的な形で働くことは、同等の形の第3の特徴です。

多くの形態の思考、社会、自然のように、価値の形態を最初に分析した偉大な研究者に戻ると、同等の形態の最近開発された2つの特性がさらに理解しやすくなります。このアリストテレスです。

まず第一に、アリストテレスは、商品の金銭形態は、単純な価値の形態、すなわち他の商品における商品の価値の表現のさらに発展した形態にすぎないと明確に述べています。

「5つのクッション=1つの家」
Kliuaipenteanti oik iaz
<ギリシャ語:Clinai pente anti oicias>

「違いはない」:

「5つのクッション=とてもお金」
Kliuaipenteanti ... osou ai pente k linai <ギリシャ語:clinai pente anti ... odson ai pente clinai>

彼はまた、この価値の表現が基づいている価値の関係は、家が質的に張りと同等であることを意味し、これらの感覚的に異なるものは、そのような本質的なアイデンティティなしでは通約可能な大きさとして互いに関連付けることができないことを理解しています。「交換」と彼は言います。「平等なしでは存在できませんが、通約可能性なしでは平等は存在できません」(「out isothz mh oushz summetria z」)。しかし、ここで彼は立ち止まり、価値の形のさらなる分析をあきらめます。「しかし、それは実際には不可能です(th men oun alhdeia adunaton )非常に異なるものは通約可能である」、つまり質的に同じです。この方程式は、物事の本質とは異質なものにすぎないため、「実用的なニーズに合わせて」のみです。

アリストテレス自身は、彼のさらなる分析がどこで失敗するか、すなわち価値の概念の欠如を私たちに語っています。クッションの価値の表現において、家がクッションを表すのと同じもの、つまり共通の物質は何ですか?そのようなものは「実際には存在できない」とアリストテレスは言います。なんで?家は、張りと家の両方で実際に等しいものを表す限り、張りに関して等しいものを表します。そしてこれは-人間の労働です。

しかし、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいていたため、人々の不平等があったため、アリストテレスは、商品価値の形ですべての労働が平等な人間の労働として、したがって平等な価値として表現されているという価値の形から読み取ることができませんでしたそして自然な基盤としての彼らの労働力。価値の表現の秘密、すべての労働の平等と平等の妥当性は、それが人間の労働である限り、人間の平等の概念がすでに一般的な偏見の堅実さを持っている場合にのみ解読することができます。しかし、それは商品の形態が労働の産物の一般的な形態である社会でのみ可能であり、したがって、商品の所有者としての人々の相互関係も支配的な社会関係です。アリストテレスの天才は、商品の価値の表現において平等の
 

 橋本努 書評 『資本と言語 ニューエコノミーのサイクルと危機』

 投稿者: 杉本  投稿日:2022年 4月22日(金)11時07分37秒
返信・引用 編集済
  http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/lt/rb/632/632PDF/inoue.pdf
 p104からの転載です。


3)マルクスは『資本論』第 1 巻、そして第 2 巻、第 3 巻のための草稿全体を通じて、商品、すなわち〈商品-貨幣-資本〉というトリアーデをなして運動する商品が、資本主義的生産様式が支配する社会の社会・経済過程において、商品〈場〉の位相の転位・高度化に伴いますます主体としての力能を強め深化させていくことを、徹底的に解き明かしている。冒頭商品論以降、商品語という言葉は直接には用いていないが、商品〈場〉の転位・高度化に伴う商品語の〈場〉の在り様もまた転位していくことを示している。これを具体的に説くことは残された課題である。この点で、Marazzi, Christian, Capitale & linguaggio: Ciclo ecrisi della new economy, Soveria Mannelli, Rubbettino Editore, ,2001. という興味深い書名の本がある

(邦訳は、水嶋一憲監修、柱本元彦訳『資本と言語―ニューエコノミーのサイクルと危機』(人文書院、2010 年)、ただし 2002 年以降に再版されたイタリア語ペーパーバック版の一部では、副題が ”Ciclo e crisidella new economy all economia di Guerra”、すなわち「ニューエコノミーから戦争経済への循環と危機」となっている)。

同書は、今日の資本、とりわけ金融経済を中心として資本主義の在り様を言語というこ
とから説明しようとしたものである。だが残念ながら根底的に間違った貨幣論と、それに照応した「貨幣」を「言語」=自然言語に対応させる、よくある皮相な議論をベースにしたものでしかない。しかもマラッツィの議論は、利子生み資本形態をとって運動する厖大な架空資本に基づく今日の資本主義の現状報告にすぎない。

その意味で資本主義に拝跪したものであって、とても批判とはいえないものである。マルクスが『資本論』第三部草稿で駆使した利子生み資本の在り様を表わす monied Capital という概念(エンゲルスによってこの概念は事実上「抹殺」されてしまっていたのだが)を復権させ、〈利子生み資本-架空資本〉概念を用いた今日の資本主義にたいする根底的な批判が必要である。われわれは本稿の作業の上に、〈貨幣-資本〉における商品語の〈場〉、そして更には〈利子生み資本-架空資本〉における商品語の〈場〉を取り上げ、今日の資本主義への根本的批判を目指したいと考えている。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  書評
  『資本と言語 ニューエコノミーのサイクルと危機』
  橋本努
    https://www.econ.hokudai.ac.jp/~hasimoto/Book%20Review%20on%20Marazzi.htm

書評
クリスティアン・マラッツィ『資本と言語 ニューエコノミーのサイクルと危機』
柱本元彦訳/水嶋一憲監修、人文書院2010
『図書新聞』2010年10月9日(土)、1面、所収

 橋本努
 革新的な左派思想が、イタリアで相次いで生まれている。アントニオ・ネグリ、パオロ・ヴィルノ、そして本書『資本と言語』の著者、クリスティアン・マラッツィの三人だ。八〇年代以降のポスト・フォーディズム状況を、いかにして乗り越えるか。もはや企業や国家の管理力(規律訓練権力)がうまく作動しなくなった状況において、新たな社会の可能性をどのように提示するのか。それが左派のあいだで問われている。

 ところが従来の左派の議論は、どうも保守的になりがちだ。マルクスや批判哲学に立脚する論客たちは、グローバルな金融市場の動きが「実体経済からかけ離れた虚構にすぎない」と批判するが、これはつまり、グローバル経済の遠心力を批判して、既存の国民国家やコミュニティに「経済を埋め込むべき」との関心からであろう。この種の議論はしかし、最近になって、国民国家を守るべきとする保守派の思考と区別がつかなくなってしまった。

 かかる傾向に抗して、グローバルな金融市場の営みが、私たちの自由な言語的コミュニケーションによって開放的に生まれている、と指摘するのがマラッツィだ。

マラッツィによれば、労働者たちはポスト・フォーディズム状況のもとで、ますます多弁になっている。サービス業、メディア産業、教育産業、健康産業、等々の分野では、コミュニケーション能力一般が経済利得に結びついている。例えば、情報を分析する、アイディアを授ける、イメージを喚起する、情緒に訴える、顧客とのスキンシップを築く、等々の言語的コミュニケーションが、利潤を生み出すようになっている。

 労働者たちはいまや、マルクスのいう〈一般的知性〉の理想を実現しているのではないか。工場設備などのいわゆる固定資本に代わって、社会的に生産された科学的・文化的知識の蓄積や、人々の自律的な頭脳や言語能力が、資本主義の駆動因となりはじめた。

そして今日の金融市場もまた、私たちの言語的コミュニケーション能力によって動かされている。それは〈一般的知性〉というマルクス的理想の、潜在的な自律性を表現してもいるだろう。

マラッツィに従えば、グローバルな金融市場は、これを既存の国民経済に埋め込むよりも、私たちの言語的コミュニケーションの自律的な活動のなかに位置づけるべきだという。これはなんと自由で解放的な発想であろうか。

 私たちの金融市場はすでに、大衆の言語活動に依存して動いている。例えば七〇年代のアメリカでは、株式市場の大衆化がすすみ、八一年には「401K」と呼ばれる確定拠出年金が創設され、年金の運用もまた株式市場のリスクにさらされた。

こうして現代の資本主義は、労働者の利害を株式市場に結びつけ、階級間の対立を覆い隠すことにもなっている。金融市場もまた、大衆の群集心理と慣習、例えば「模倣行動」や「自己成就的予言」などの法則によって、動いている。

 〇〇年代になってニューエコノミーのバブルが崩壊すると、そこで露呈した現実は、もはや一国の国民国家が、自国の金融市場を制御できないという事態であった。金融の動きは、私たちの言語活動とその身体性に深く結びついている。私たちはその動きを削ぎ落とすのではなく、むしろ新たな言語慣習を産出していくべきではないか。

マリッツォによれば、バブルの崩壊は、じつは大衆にとってのチャンスとなる。経済運営の主権を、ケインズ主義的な仕方で国家に戻すのではなく、むしろ世論を通じた言語的コミュニケーションによって、金融上の慣習を新たに自律的に産出することができるからである。

 ドットコム企業の株価上昇は、一時的なものにすぎないだろう。あるいは、資本移動はつねに短期的な投企に左右されるだろう。

こうした現象を見抜くための金融上の言語慣習を、私たちは自生的かつ自律的に形成していくことができるのではないか。かかる関心が、マリッツォの議論の基調をなしている。

 だが他方で、マリッツォの思考は、破局的(カタストロフ)でもある。

そもそもマルチチュード(有象無象の民)は、国民国家に守られた人民(ピープル)とは違って、何もかもうまくいかなくても、健康であることができる人たちだ。

すべてを失った破局状況から出発して、新しい言語的コミュニケーションを築いていく。かかるマルチチュードの潜在能力こそ、既成の国民国家と資本主義の両方に対抗する力になる、というわけだ。

そんな関心から生まれた本書は、マルクスを受け継ぐ現代左派の重要書。ニューエコノミーと呼ばれる今世紀前半の現象をつぶさに追いながら、さまざまな洞察に満ちた分析と思想を展開する。

本書はまた、著者の前二書の内容をまとめた珠玉の作品であり、読者はそのオリジナルな思考に、何度も啓発されるにちがいない。
 

  第二部 第18章

 投稿者:杉本  投稿日:2022年 4月20日(水)20時46分41秒
返信・引用 編集済
    カール・マルクス 「資本論」 第1巻 ドイツ語版 初版 1867年

  https://www.otaru-uc.ac.jp/htosyo1/siryo/yosho/pdf/YR032007_1.pdf


 マルクスと資本論について

 カール・マルクス(Karl Marx, 1818-1883)は、ドイツの経済学者・哲学者で、革命指導者である。その思想のためにヨーロッパ各地での亡命生活を余儀なくされた。

 マルクスは、「資本論」(第一巻1867年)で、古典派経済学を批判的に摂取しながら、資本主義経済の内的構造を、余剰価値と資本の再生産という観点から、体系的に論述した。この著作によって、彼は資本主義が歴史のひとつの過渡的な過程でしかないことを論証し、科学的社会主義を確立したといわれる。


 資本論ドイツ語版初版について

 小樽商科大学の附属図書館には、アダム・スミスの「国富論」、マルサス「人口論」などに並ぶ歴史的名著として、カール・マルクスの「資本論」第一巻ドイツ語版初版が所蔵されている。これは、ドイツのハンブルグのマイスナー書店から1867年に出版された。「資本論」のドイツ語版初版そのものは、1000部発行され、世界に百冊ぐらいは現存しているであろう。商大所蔵のものは、リーナ・シェーラーなる女性に献呈された、著者マルクス本人の「わが友リーナ・シェーラーへ ロンドン 1867年9月18日」という献辞入りの、珍しいものである。カロリーネ・シェーラーは、ドイツ人で、マルクス家族の友人だった。マルクス夫人の弟と婚約していたことがあるが、破談になっている。主にイギリスで家庭教師をして働いていた。ロンドンに亡命中のマルクスから、発行されて数日後に贈呈されたのである。

マルクスの自署献辞(画像)
マルクスの自署献辞。標題紙の裏に書き込まれている。
 献辞入り本は、世界で二十冊ある。だが商大所蔵のものは、製本されていない仮とじのペーパー・バックである。出版された当時のままであり、これが珍しいのである。「資本論」は、まず仮とじの体裁で発行され、読者は入手後、それを業者に頼むか、自力で製本した。まったく手が加えられていない初版本は国内では、ほかに二冊しか確認されていない。この商大図書館所蔵の「資本論」は、マルクス自署献辞入りで、なおかつ、出版当時の姿を残す、完全な形の初版本である。

 このドイツ語版初版は、小樽高商教授を経て、小樽商大初代学長にもなった、故大野純一氏が所蔵、1983年に附属図書館に遺贈された。大野教授は、これをドイツ留学中の1930年、ベルリンの大手古本屋ヘラーズベルグから買った。購入価格はおそらく、500マルク余。当時の日本円にして250円余であり、教授の一ヵ月半くらいの月給をはたいて購入したらしい。購入時はヨーロッパの書物によく見られるように袋とじのままであり、教授がペーパー・ナイフを入れた。大野教授は、「資本論」を持っていることをあまり人に言わなかった。1930年代半ばから45年まで、日本では「資本論」は厳禁の書だったから、だれにも言えなかったことは無理もないが、戦後もあまり吹聴しなかった。商大に遺贈された頃から、ようやく存在が知られるようになった。

 小樽商大蔵書検索

 「資本論」(第一巻ドイツ語版初版)所蔵情報  「資本論」ドイツ語版初版・親書誌

 小樽商大図書館が所蔵するマルクスの著作・翻訳・その他の関連図書一覧
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  『 対訳・初版資本論第一章及び付録』
  牧野 紀之 訳 と画像も一致しております。
  嬉しい報告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 グーグル翻訳  https://translate.google.co.jp/?hl=ja&sl=de&tl=ja&op=translate
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  http://www.mlwerke.de/me/me24/me24_351.htm

  第二部

  総社会関係資本の再生産と循環 第18章

  はじめに
  1.調査対象

① <351>資本の即時生産プロセスは、その労働と価値化プロセスで
あり、その結果が商品製品であり、その決定的な動機が剰余価値の生
産であるプロセスです。

② 資本の再生プロセスには、この直接生産プロセスと、実際の循環
プロセスの2つのフェーズ、つまり、定期的なプロセスとして、特定
の期間に何度も繰り返されるプロセスが、売上高を形成する資本の回
路全体が含まれます。

③ 回路をM...M'の形式でもP...Pの形式でも、直接製造プロセスP自
体は常にこの回路で1つのリンクのみを形成します。ある形式では、
循環プロセスの仲介として表示され、別の形式では、循環プロセスは
その仲介として表示されます。
その絶え間ない更新、生産的資本としての資本の絶え間ない再提示
は、どちらの場合も循環の過程におけるその変化によって条件付けら
れます。
一方、絶えず更新される生産プロセスは、資本が循環の領域で絶えず
新たに経験する変革の条件であり、その交互の表現はお金の資本と商
品の資本です。

④ しかし、個々の資本家が、資本家クラスの個々の要素<352>にすぎないように、個々の資本は、いわば、社会関係資本全体の、いわば個々の生命に恵まれた独立した断片にすぎません。社会関係資本の動きは、その独立した断片の動きの全体、個人資本の回転で構成されています。個々の商品の変容が商品の世界における一連の変容のリンクであるように-商品の循環-個人資本の変容、その売上高、社会関係資本のサイクルのリンクも同様です。

⑤ この全体的なプロセスには、生産的な消費(即時の生産プロセス)とそれを仲介する形式の変換(客観的に考慮された交換)、およびそれらを仲介する形式または交換の変換による個々の消費が含まれます。
一方では、不変資本の労働力への転換、したがって資本家の生産プロセスへの労働力の組み込みが含まれます。
ここでは、労働者は彼の商品の売り手、労働力、そして資本家はその買い手として現れます。ただし、一方で、商品の販売には、労働者階級による購入、つまり個人消費が含まれます。

ここでは、労働者階級は労働者への商品の売り手としての買い手と資本家として現れます。

⑥ 商品資本の循環には、剰余価値の循環が含まれ、したがって、資本家が個人消費、つまり剰余価値の消費を仲介するための購入と販売も含まれます。

⑦ 社会関係資本を形成するための個々の資本の循環、つまり全体として考えられる循環には、資本の循環だけでなく、商品の一般的な循環も含まれます。主に、後者は2つの要素のみで構成できます。
1。資本自体の回路と
2.個人消費に入る商品の回路、つまり労働者が賃金を使い、資本家の剰余価値(または彼の付加価値の一部)を費やしました。確かに、資本の循環には、これが商品資本の一部を形成する限り、剰余価値の循環と、変動資本の労働力への変換、賃金の支払いも含まれます。

しかし、この剰余価値と商品の賃金の支出は、資本の循環の一部を形成しません、少なくとも賃金の支出がこの循環を引き起こしますが。

⑧ 第一巻では、資本家の生産プロセスは、孤立したプロセスと複製のプロセスの両方として分析されました。つまり、剰余価値の生産とそれに留まる資本自体です。

⑨ この2冊目の本の最初のセクションでは、資本がその回路で想定するさまざまな形態と、この回路自体のさまざまな形態が検討されました。循環時間は、1冊目の本で検討された労働時間に追加されます。

⑩ 2番目のセクションでは、サイクルは周期的、つまりターンオーバーと見なされました。一方では、資本のさまざまな構成要素(固定および循環)がさまざまな期間およびさまざまな方法でフォームのサイクルをどのように完了するかが示されています。
一方、状況を調査したところ、作業期間と循環期間の長さが異なっていた。サイクル期間とその構成要素のさまざまな比率が、生産プロセス自体の範囲と年間剰余価値率に及ぼす影響が明らかになりました。

確かに、最初のセクションで資本が絶えず想定し、その流通を流している連続した形態が主に考慮された場合、

2番目のセクションでは、この流れと一連の形態の中で、特定の規模の資本が、程度は異なるものの、生産的資本、貨幣資本、および商品資本のさまざまな形態に同時に分割され、それぞれと交互になるだけではありません。他の、しかし総資本価値の異なる部分は、これらの異なる状態で常に共存し、機能します。

特にお金の資本は、本Iには示されていない特異性を示しました。特定の量の生産資本を常に維持するために、離職率の条件に応じて、さまざまなサイズの特定の資本のどのコンポーネントを常に前進させ、お金の資本の形で更新する必要があるかに従って、特定の法律が見つかりました。働き。

生産資本、金銭資本、商品資本のさまざまな形態に分けられますが、それらは互いに交互になるだけでなく、総資本価値のさまざまな部分が常にこれらのさまざまな状態と機能側にあります。並んで。

⑪ しかし、第一段階と第二段階では、それは常に個人資本の問題であり、社会関係資本の独立した部分の動きでした。

⑫ しかし、個々の首都の回路は、互いに絡み合い、前提と条件を整え、<354>で正確に形成されます。この絡み合いの総社会関係資本の動きです。商品の単純な循環のように、商品の全体的な変容は、商品の世界の一連の変容のリンクとして現れたので、今では、個人資本の変容は、社会関係資本の一連の変容のリンクとして現れます。

しかし、商品の単純な循環に必ずしも資本の循環が含まれるとは限らない場合(非資本主義の生産に基づいて進めることができるため)、すでに述べたように、社会関係資本全体の循環には、次のような商品の循環も含まれます。個人資本の循環、つまり資本を形成しない商品の循環には含まれません。

⑬ 個々の資本の循環のプロセス(全体としては複製のプロセスの形である)は、総社会関係資本の構成要素、すなわちこの総社会関係資本の循環のプロセスと見なされるべきである。


  II。マネーキャピタルの役割

① {以下はこのセクションの後半に属しますが、すぐに調べてみましょう。つまり、総社会関係資本の一部と見なされるお金の資本です。}

② 個人資本の回転率を調べると、お金の資本は2つの側面から現れています。

③ 第一に、それは個々の資本がステージに現れ、資本としてのプロセスを開始する形を形成します。したがって、それは、プロセス全体の推進力である原始モーターとして表示されます。

④ 第二に:売上高の期間の長さの違いと、その2つの要素(労働期間と流通期間)の関係の違いに応じて、常に前進し、お金の形で更新されなければならない先進資本価値の要素は異なりますし、モーションセットにある生産資本に関連して、つまり連続生産マネージャーに関連してです。

しかし、この関係がどうであれ、すべての状況下で、生産的資本として継続的に機能できる処理資本価値の一部は、お金の形で生産的資本と一緒に常に存在しなければならない高度な資本価値の部分によって制限されます。これは通常の封筒であり、<355>までの要約です。切る。循環の停滞を補うための追加の資金資本はありません。

⑤ 最初のポイントへ。
商品の生産は商品の循環を前提とし、商品の流通は商品がお金、つまりお金の循環として表されることを前提としています。

商品を商品とお金に倍増させることは、商品を商品として表現する法則です。

同様に、資本主義の商品生産は、社会的にも個人的にも、お金またはお金の形の資本が、開始するすべての新しいビジネスの主要な原動力であり、継続的な原動力であると想定しています。

循環資本は、具体的には、短期間にお金の資本がモーターとして現れることを前提としています。高度な資本価値全体、つまり商品、労働力、労働手段、生産材料からなる資本のすべての構成要素は、常にお金で購入し、再度購入する必要があります。
ここで個人資本に適用されるのは、多くの個人資本の形でのみ機能する社会関係資本に適用されます。

しかし、すでに第1巻に示されているように、このことから、資本主義ベースでさえ、資本の機能分野、生産の規模はまったく従わない。絶対的な限界によると、機能するお金の程度に依存します-資本です。

⑥ 生産の要素は資本に組み込まれ、その拡大は、一定の制限内で、先進的な資金資本の規模とは無関係です。同じ労働力の支払いで、それはより広範囲にまたは集中的に利用されることができます。このより大きな搾取でお金の資本が増加した場合(つまり、賃金が増加した場合)、これは比例して行われず、つまりまったくプロタント?
 

資本論第三巻 第20章

 投稿者: 杉本  投稿日:2022年 4月19日(火)16時00分4秒
返信・引用 編集済
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

pp。391-484 Dietz Verlag、Berlin / GDR 1963

  第20章
  単純再生産

  1.質問のポーズ


① <391>検討する(42)社会関係資本の年間機能を見てみましょう-
つまり、個々の資本は断片にすぎず、その動きは個々の動きであると
同時に、総資本の動きの不可欠な部分です-結果、すなわち、私たちは
その年の間に社会がどのような商品製品を検討するか、社会関係資本
の再生産のプロセスがどのように進行するか、この再生産のプロセス
を個人資本の再生産のプロセスとどのような特徴が区別するか、そし
て両方がどのような特徴を持っているかを示さなければなりません共
通してです。

年次製品には、資本に取って代わる社会的製品の部分、社会的複製、
および消費基金に分類される部分の両方が含まれます。
労働者と資本家によって消費されます。つまり、生産的消費と個人消
費の両方です。
それはまた、資本家階級と労働者階級の複製(すなわち維持)を含み
、したがって、生産プロセス全体の資本家の性格の複製を含みます。

② 明らかに循環図です
  W'- {G-W ... P ... W´g-w

③、これを分析する必要があります。実際、消費は必然的にその役割
を果たします。
開始点C'=C + cの場合、商品資本には、不変資本価値と変動資本価値
、および剰余価値が含まれます。したがって、その動きには、個人消
費と生産的消費が含まれます。

回路M-C...P ...C'-M'およびP...C'-M'-C ... Pでは、資本の移動が開
始点と終了点です:<392>商品、製品は販売されなければならないので
、これには消費も含まれます。しかし、これが起こったと仮定すると
、この商品がどうなるかは個人資本の移動にとって重要ではありませ
ん。

一方、C'... C'の動きの場合、この総積C'の各価値部分がどうなるか
を実証しなければならないという事実から、社会的再生の条件を正確
に認識することができます。ここでの再生産のプロセス全体には、資
本自体の再生産のプロセスと同様に、循環によって媒介される消費の
プロセスが含まれます。

④ 私たちの現在の目的のために、複製プロセスは、C'の個々の構成
要素の価値と材料置換の両方の観点から考慮されるべきです。個人資
本の商品価値の分析のように、私たちはもはやその仮定に満足するこ
とはできません。個々の資本家は、最初に商品製品を販売することに
よって資本の構成要素をお金に変換し、次に商品市場で生産の要素を
買い戻すことによってそれを生産資本に戻すことができます。

それらの生産要素は、本質的に物質的である限り、個々の完成品と同
じように社会関係資本の構成要素を形成し、それらと交換されて置き
換えられます。

他方、労働者が賃金を使う際に、そして資本家が剰余価値を使う際に
消費する社会的商品製品のその部分の動きは、製品全体の動きに不可
欠なリンクを形成するだけでなく、個々の資本とあなたの動きと絡み
合っているので、プロセスはによって説明することはできません

⑤ すぐに存在する問題はこれです:生産で消費される資本はどのよ
うに年間製品からの価値で置き換えられ、この置き換えの動きは、資
本家による剰余価値の消費と労働者による賃金とどのように絡み合っ
ていますか?

したがって、最初は単純なスケールでの複製の問題です。さらに、製
品はその価値を交換するだけでなく、生産資本の構成要素において価
値革命は起こらないと想定されています。価格が価値から逸脱してい
る限り、この事実は社会関係資本の動きに影響を与えることはできま
せん。全体として、同じ量の製品が交換され続けていますが、個々の
資本家は、それぞれの進歩と<393>それぞれが個別に生み出した剰余
価値の塊です。

しかし、価値革命に関する限り、それらが一般的で均等に分配されて
いる限り、それらは年間総製品の価値要素間の比率を変更しません。
他方、それらが部分的かつ均等に分布していない限り、それらは、
第一に、それらが一定値の関係からの逸脱として見られる限りにおい
てのみそのように理解することができるし、
第二にしかし、年次製品の価値の一部が不変資本と別の不変資本に置
き換わるという法律が証明された場合、不変資本または変動資本の価
値にかかわらず、革命はこの法律では何も変わりません。
元の値の代わりに他の値が使用されるため、ある品質または別の品質
で機能する値の部分の相対的なサイズのみが変更されます。

⑥ 価値の生産と資本の製品価値を個別に検討する限り、商品製品の
物理的形態は、それが機械、穀物、または鏡で構成されているかどう
かにかかわらず、分析には無関係でした。それは常に例であり、どの
生産部門も同様に例証として役立つ可能性があります。

私たちが扱っていたのは、生産自体の直接のプロセスであり、それは
あらゆる点で個人資本のプロセスとして現れます。

資本の再生産に関する限り、流通の範囲内で、資本価値を表す商品製
品のその部分が、生産の要素に、したがって生産的資本としての形に
再変換される機会を見つけると仮定するだけで十分です。

仮定するのに十分だったように 労働者と資本家は、彼らが賃金と剰余
価値を使う市場で商品を見つけること。

社会関係資本の総量とその製品価値を考えると、この単なる形式的な
表現方法ではもはや十分ではありません。製品の価値の一部を資本に
再変換し、別の部分を資本家と労働者階級の個人消費に移すことは、
製品自体の価値の範囲内での動きを構成します。

結果として; そして、この動きは価値の置き換えであるだけでなく、
材料の置き換えであり、したがって、社会的製品の価値構成要素の相
互関係によって、その使用価値、その材料の形態によっても同様に決
定されます。

社会関係資本の総量とその製品価値を考えると、この単なる形式的な
表現方法ではもはや十分ではありません。製品の価値の一部を資本に
再変換し、別の部分を資本家と労働者階級の個人消費に移すことは、
製品自体の価値の範囲内での動きを構成します。

結果として; そして、この動きは価値の置き換えであるだけでなく、
材料の置き換えであり、したがって、社会的製品の価値構成要素の相
互関係によって、その使用価値、その材料の形態によっても同様に決
定されます。社会関係資本の総量とその製品価値を考えると、この単
なる形式的な表現方法ではもはや十分ではありません。

製品の価値の一部を資本に再変換し、別の部分を資本家と労働者階級
の個人消費に移すことは、製品自体の価値の範囲内での動きを構成し
ます。結果として; そして、この動きは価値の置き換えであるだけで
なく、材料の置き換えであり、したがって、社会的製品の価値構成要
素の相互関係によって、その使用価値、その材料の形態によっても同
様に決定されます。

資本家と労働者階級の個人消費への別の部分の参入は、製品価値自体
の中で動きを形成し、その結果、総資本が生じます。
そして、この動きは価値の置き換えであるだけでなく、材料の置き換
えであり、したがって、社会的製品の価値構成要素の相互関係によっ
て、その使用価値、その材料の形態によっても同様に決定されます。

資本家と労働者階級の個人消費への別の部分の参入は、製品価値自体
の中で動きを形成し、その結果、総資本が生じます。そして、この動
きは価値の置き換えであるだけでなく、材料の置き換えであり、した
がって、社会的製品の価値構成要素の相互関係によって、その使用価
値、その材料の形態によっても同様に決定されます。

⑦ the(43)一定のスケールでの単純再生産が現れる<394>抽象化の
限りでは、一方では資本主義ベースでの拡張スケールでの蓄積または
複製の欠如は奇妙な仮定であり、他方では生産が行われる条件は完全
に同じではありません(そしてこれは想定されています)異なる年に
です。

前提は、前年度と同様に、商品の形態が複製の過程で変化する可能性
がある場合でも、特定の価値のソーシャルキャピタルが同じ量の商品
価値を供給し、同じ量のニーズを満たすことです。

しかし、蓄積が行われる限り、単純再生産は常にその一部を形成する
ため、それ自体を考慮することができ、蓄積の実際の要因です。年間
製品の価値が下がる可能性がありますが、使用価値の質量は同じまま
ですが; 使用価値の量は減少しますが、値は同じままでかまいません


価値の質量と使用価値の質量は同時に減少する可能性があります。こ
れはすべて、複製が以前よりも好ましい状況下で、または悪化する状
況下で行われるという事実に相当し、後者は不完全な-欠陥のある-複
製をもたらす可能性があります。

これはすべて、生殖のさまざまな要素の量的側面にのみ影響を与える
可能性があり、資本の再生または収益の再生としてプロセス全体でそ
れらが果たす役割には影響しません。

その複製は、以前よりも好ましい状況下で、または悪化する状況下で
行われ、後者は不完全な(欠陥のある)複製をもたらす可能性があり
ます。これはすべて、生殖のさまざまな要素の量的側面にのみ影響を
与える可能性があり、資本の再生または収益の再生としてプロセス全
体でそれらが果たす役割には影響しません。

その複製は、以前よりも好ましい状況下で、または悪化する状況下で
行われ、後者は不完全な(欠陥のある)複製をもたらす可能性があり
ます。これはすべて、生殖のさまざまな要素の量的側面にのみ影響を
与える可能性があり、資本の再生または収益の再生としてプロセス全
体でそれらが果たす役割には影響しません。


II。社会生産の2つの部門 (44)

① 社会の全体的な製品、つまり全体的な生産は、2つの大きな部門に
分けられます。

② I.生産手段、生産的消費を開始しなければならない、または少な
くとも開始できる形態の商品。

③ II。消費品、資本家階級と労働者階級の個人消費に入る形をした
商品です。
これらの各部門では、それに属するすべての異なる生産部門が単一の
大きな生産部門を形成し、一部は生産手段のものであり、その他は消
費手段のものです。生産の2つの部門のそれぞれで使用される総資本
は、社会関係資本の別個の大きな部門を形成します。

⑥ <395>各部門では、資本は2つの部分に分かれています。

⑦ 1.不変資本。価値の観点から考えると、これはこの生産部門で採
用されている社会的労働力の価値に等しい、つまりそれに支払われた
賃金の合計に等しい。実質的に考えると、それはアクティブな労働力
自体、つまりこの資本価値によって動かされている生きている労働力
で構成されています。

⑧ 2.不変資本、つまり、その支店での生産に使用されるすべての生
産手段の価値。これらは、順番に、固定資本に分解されます:機械、
道具、建物、使役動物など。そして循環する不変資本に:原材料や補
助材料、半製品などの生産材料など。

⑨ 2つの部門のそれぞれでこの資本の助けを借りて生産された年間総
製品の価値は、生産で使用され、その価値が製品にのみ転送される不
変資本cを表す価値部分に分割されます。年間総作業量による付加価値
。この後者は、高度な不変資本vの置き換えと、それに対する余剰に再
び分解され、余剰値mを形成します。個々の商品の価値と同様に、各部
門の年間製品全体の価値はc + v+mに分割されます。


⑩ 生産で消費される不変資本を表す値部分cは、生産で使用される不
変資本の値と一致しません。生産材料はすべて消費されるため、その
価値は完全に製品に移転されます。しかし、適用された修正の一部の
み資本は完全に消費されたため、その価値は製品に移転されました。

固定資本の別の部分、機械、建物などは、毎年の損耗のために価値が
低下しているものの、以前と同じように存在し、機能しています。

固定資本のこの継続的な部分は、製品の価値を考えると私たちには存
在しません。それは、この新しく生産された商品価値から独立し、そ
れと一緒に存在する資本価値の一部を形成します。
これは、個人資本の商品価値を検討する際にすでに明らかでした
(ブックI、第VI章、192ページ<第23巻、217/218ページを参照>)。

ただし、ここでは、そこで使用されているアプローチから暫定的に抽
象化する必要があります。
個人資本の商品価値を見ると、<396>は、この転送された値から現物で
置き換えられるかどうかです。

一方、社会的商品の総量とその価値を考えると、少なくとも当面は、
固定資本の損耗によって年間商品に移転された価値の一部を抽象化す
ることを余儀なくされます。 、この固定資本がその年の間に現物で再
び交換されていない限り、です。次に、この章の後のセクションで、
この点について個別に説明します。
__________

⑪ 単純再生産の調査では、以下のスキームを基礎として使用します
。ここで、c =不変資本、v =変動資本、m =剰余価値、使用率m / vを
100%と想定しています。数字は、数百万のマーク、フラン、またはポ
ンドを意味する場合があります。

⑫  私
 生産手段の生産:資本 4,000c + 1,000v = 5,000 。

⑬  商品
 商品 4,000c + 1,000v + 1,000m = 6,000 、
生産手段に存在します。

⑭  II。
  消費財の生産:資本 2,000c + 500v = 2,500 。

⑮  商品
 商品 2,000c + 500v + 500m = 3,000、
消費品に存在します。

⑯  要約、
年間商品合計:私 4,000c + _1,000v + _1,000m = 6,000

⑰ 生産手段。
II。2,000c + _500v + _500m = 3,000

⑱  消耗品。
合計値=9,000であり、自然な形で機能し続ける固定資本は、仮定に従
って除外されます。

⑲ ここで、単純再生産に基づいて必要な取引、つまり剰余価値全体
が非生産的に消費され、同時にそれらを仲介するお金の循環を無視す
る場合、3つの主要な手がかりが最初から浮かび上がります。

⑲ 1.労働者の500vの賃金、および部門IIの資本家の500 mの剰余価
値は、消費物品に費やされなければなりません。しかし、それらの価
値は1,000の価値のある消費品に存在し、資本家のディビジョンIIの手
によって、先進の500に取って代わり、500mを表します。したがって、
<397>部門IIの賃金と剰余価値は、部門II内でIIの製品と交換されます
。これは、消費品目のII = 1,000が製品全体(500 v + 500 m )から
消えることを意味します。

⑳ 2. 1,000 v + 1,000 mの部門Iは、消費財、つまり部門IIの製品に
も費やす必要があります。したがって、これらの製品は、この製品か
らまだ残っていて同じである不変資本部分2,000cと交換する必要があ
ります。金額。その見返りとして、部門IIは、Iの製品である同量の生
産手段を受け取ります。この値は、1,000 v +1,000mのIを表します。
これは、2,000 II cと(1,000 v + 1,000 m)Iが計算から消えること
を意味します。

21 3.残り4,000個です。これらは、部門Iでのみ使用でき、消費され
た不変資本を置き換えるのに役立つ生産手段で構成されているため、
(500 v + 500 m)IIと同様に、Iの個々の資本家間の相互交換によっ
て決済されます。労働者と資本家、それぞれ。IIの個々の資本家の間


22 これは当面の間、以下のことをよりよく理解するためだけのもの
です。


  III。2つの部門間の売上高: I(v + m)対II c(45)

① まず、両方のクラス間の大きなやり取りから始めます。

(1,000 v + 1,000 m)I-生産者の手に自然な生産手段で存在するこれ
らの値は、自然な消費手段で存在する値と交換され、2,000IIcになり
ます。。
したがって、資本家階級IIは、その不変資本= 2,000を、消費手段の形
式から消費手段の生産手段の形式に戻し、労働プロセスの要素として
再び機能できる形式に変換しました。不変資本価値としての価値化で
す。
一方、労働力に相当するのはI(1,000 I v)であり、資本家の剰余価
値I(1,000 I m)です。)消費財で実現。どちらも、生産手段の自然
な形から、収入として消費できる自然な形に変換されます。

② しかし、この相互の売上高は、それを理解するのを困難にするの
と同じくらいそれを伝えるお金の循環によってもたらされます、<398>
しかし、これは決定的に重要です。

なぜなら、資本の変動部分は、お金の形から労働力に変換されるお金
の資本として、常にお金の形で新たに現れなければならないからです


不変資本は、カテゴリーの IかIIかに関係なく、社会の全周で同時に
運営されているすべての事業部門でお金の形で進められなければなり
ません。資本家は、生産プロセスに入る前に労働力を購入しますが、
それがすでに使用価値の生産に費やされた後、合意された時間にのみ
支払います。製品の残りの価値と同様に、彼はその部分も所有してお
り、それは労働力の支払いに費やされたお金と同等であり、製品の価
値は変動資本価値を表しています。

価値自体のこの部分では、労働者はすでに彼に彼の賃金と同等のもの
を供給しています。しかし、それは商品のお金への再変換、その販売
であり、資本家の不変資本をお金の資本として回復し、労働力の購入
で再び前進させることができます。

③ したがって、セクションIでは、総資本家は1,000p.stです。
(私はそれがお金の形での価値であることを示すために£d.st。と言
います)
= 1,000 vは、v-partとしてすでに存在する製品Iの価値部分、つまり
彼らが生産する生産手段に対して労働者に支払われます。労働者はこ
れらの1,000p.stで購入します。
同じ価値の資本家IIからの消費品、したがって不変資本IIの半分をお
金に変換します。

資本家IIは、これらの1,000p.stで購入します。
資本家からの1,000の価値のある生産手段I; したがって、後者の場合
、変動資本価値= 1,000 vは、生産手段の自然な形で製品の一部として
存在していたが、再びお金に変換され、資本家Iの手に渡って、労働力
、つまり最も重要なものに変換されるお金の資本として再び機能でき
るようになりました。生産資本の要素。

このように、彼らの変動資本は、彼らの商品資本の一部の実現の結果
として、お金の形で彼らに逆流します。

④ しかし、商品資本Iのm部分を資本IIの一定部分の後半と交換する
ために必要なお金に関する限り、それはさまざまな方法で進めること
ができます。

実際には、この流通には、両方のカテゴリーの資本個人による無数の
個人の購入と販売が含まれます。これにより、労働者によって流通す
る大量のお金をすでに考慮しているため、あらゆる状況でこれらの資
本家からお金を調達する必要があります。

カテゴリーIIの資本家はすぐに<399>の隣から出てくることができます
彼が利用できるお金の資本で、彼はカテゴリーIの資本家から生産手段
を購入することができ、逆に、カテゴリーIの資本家は、資本的支出で
はなく個人的な支出を目的とした資金基金からカテゴリーIIの資本家
から消費品を購入します。

上記のセクションIおよびIIですでに示したように、資本の前払いまた
は収入の支出のための特定の準備金は、あらゆる状況下で、資本家の
手にある生産的資本と一緒に利用可能であると想定されなければなり
ません。

資本家IIが生産手段の購入で不変資本を置き換えるために資金の半分
を前払いし、残りの半分を資本家Iが消費のためにこのように消費する
と仮定します。 :部門IIは500ポンドを撃ちます。

したがって、私から生産手段を購入し、それを持っています(上記の
1,000 p.st.を含む)3/4 _ _現物での彼らの不変資本の; 500p.stで購
入する部門 IIの消費手段であり、したがって、その製品が消費資金で
実現するmからなる商品資本の一部の循環c --m--wを記述しました。

この2番目のプロセスを通じて、500 p.st. 生産資本と並んで所有する
お金の資本としてIIの手に戻ります。一方で、500p程度の出金を見込
んでいます。消費品の購入のためにII。

同じ500p.st. IIはIから生産手段を購入し、したがって彼の不変資本
全体(1,000 + 500 + 500 = 2,000)を現物で置き換えました。
私は消費品でその余剰価値をすべて実現しました。
全体として、4,000p.stの商品の売上高です。

2,000pのお金の循環で発生しました。

ここで重要なのは、IIが消費品の形で複製された彼の不変資本を生産
手段の形に戻すだけでなく、彼が生産手段の購入で進めた500ポンドも
変換するという事実です。

循環のために彼に戻ります; 同様に、私はその変動資本を所有してい
るだけでなく、それは生産手段の形で、再びお金の形で、再び直接労
働力に変換できるお金の資本として複製します。

しかし、彼はまた、500p.stを受け取りました。資本の剰余価値部分を
売却する前に、消費財の購入に支出することを予想している逆流です
。彼女<400>しかし、発生した支出ではなく、余剰価値の半分を負担す
る彼の商品製品の一部のその後の販売を通じて、彼に戻ってきます。


⑤ どちらの場合も、IIの不変資本は、製品形態から自然な生産手段
に再び変換されるだけでなく、それだけで資本として機能することが
できます。

同様に、Iの変動資本部分はお金の形に変換され、生産手段Iの剰余価
値部分は収益として消費できる消耗品の形に変換されます。
しかし、500ポンドもIIに流れます。

不変資本の価値の対応する部分を売却する前に生産手段の購入を進め
たお金の資本-消費物品の形で入手可能です。
そして私にはさらに500p.st.があり、それは消費手段の購入に予想を
費やしました。商品・商品の一定部分でIIに進んだお金と、商品・商
品の剰余価値部分でIに進んだお金が逆流する場合、これは、商品形態
で存在する不変資本に加えて、1つのクラスの資本家が存在するためで
す。

II、および商品形式のクラスに加えて他のクラスIは、500p.stごとに
既存の剰余価値を示します。お金が流通し始めたのです。彼らは最終
的に彼らのそれぞれを交換することによって全額をお互いに支払いま
した。商品同等物です。

この商品の売り上げの手段として、商品の価値を超えて流通させたお
金は、それぞれが流通させた割り当ての流通比例配分からそれぞれに
返還されます。その結果、彼らはこれ以上の金持ちになっていません


IIは不変資本2を持っていました。消耗品の形で000+お金で500; 今で
は、以前と同じように、生産手段が2,000、お金が7,500になっていま
す。同様に、私は以前と同じように、1,000の剰余価値(商品、生産手
段、現在は消費資金に変換されている)+500のお金を持っています。
それは一般的に次のとおりです。

それが商品の一定の価値のためであろうと、商品に存在する剰余価値
のためであろうと、それが彼らがお金の循環のために進んだとき、収
入として使われ、それぞれの資本家の手に戻ります。今は消費基金に
なっています)

以前と同じように+500ドルです。それは一般的に次のとおりです。
それが商品の一定の価値のためであろうと、商品に存在する剰余価値
のためであろうと、それが彼らがお金の循環のために進んだとき、収
入として使われ、それぞれの資本家の手に戻ります。今は消費基金に
なっています)+以前と同じように500ドルです。

それは一般的に次のとおりです。それが商品の一定の価値のためであ
ろうと、商品に存在する余剰価値のためであろうと、それが彼らがお
金の循環のために進んだとき、収入として使われ、それぞれの資本家
の手に戻ります。

⑥ 貨幣の形でのクラスIの不変資本の再転換に関する限り、
資本家Iにとって、それを賃金でレイアウトした後、それは最初に労
働者がそれを彼らに届けた商品の形で存在します。

彼らは労働力の代償としてお金の形でこれらの後者にそれを支払いま
した。それらは価値成分<401>を持っていますので、彼らの商品製品
の、お金で配置されたこの変動資本に等しい。その見返りに、彼らは
製品のこの部分の所有者でもあります。

しかし、彼らが雇用している労働者階級のセクションは、彼らが生産
する生産手段の購入者ではありません。彼はIIによって生産された消
費財のバイヤーです。

したがって、労働力を支払うときにお金で進んだ不変資本は、
資本家Iに直接返還されません。それは労働者の購入を通過して、労
働者階級に必要でアクセス可能な商品の資本家生産者の手に、すなわ
ち資本家IIの手に、そして彼らが生産手段を購入するためにお金を使
うときだけ-これでのみ迂回は資本家Iの手に戻りますか。


⑦ したがって、単純再生産の場合、商品資本Iの合計値v + m
(したがって、商品商品I全体の対応する比例部分)は、
不変資本IIcと等しくなければなりません。
これは、クラスIIの総商品製品; またはI (v + m) = IIc。


 IV。ディビジョンII内の離職率。必要な準備と贅沢
 

第20章 単純再生産

 投稿者:杉本  投稿日:2022年 4月18日(月)11時22分57秒
返信・引用
  pp。391-484 Dietz Verlag、Berlin / GDR 1963

  第20章 単純再生産

  1.質問のポーズ


 <391>検討する(42)社会関係資本の年間機能を見てみましょう-
つまり、個々の資本は断片にすぎず、その動きは個々の動きであると同時に、総資本の動きの不可欠な部分です-結果、すなわち、私たちはその年の間に社会がどのような商品製品を検討するか、社会関係資本の再生産のプロセスがどのように進行するか、この再生産のプロセスを個人資本の再生産のプロセスとどのような特徴が区別するか、そして両方がどのような特徴を持っているかを示さなければなりません共通して。年次製品には、資本に取って代わる社会的製品の部分、社会的複製、および消費基金に分類される部分の両方が含まれます。労働者と資本家によって消費されます。つまり、生産的消費と個人消費の両方です。それはまた、資本家階級と労働者階級の複製(すなわち維持)を含み、したがって、生産プロセス全体の資本家の性格の複製を含みます。


明らかに循環図です

  W'- {G-W ... P ... W´g-w

、これを分析する必要があります。実際、消費は必然的にその役割を果たします。開始点C'=C + cの場合、商品資本には、不変資本価値と変動資本価値、および剰余価値が含まれます。したがって、その動きには、個人消費と生産的消費が含まれます。回路M-C...P ...C'-M'およびP...C'-M'-C ... Pでは、資本の移動が開始点と終了点です:<392>商品、製品は販売されなければならないので、これには消費も含まれます。しかし、これが起こったと仮定すると、この商品がどうなるかは個人資本の移動にとって重要ではありません。一方、C'... C'の動きの場合、この総積C'の各価値部分がどうなるかを実証しなければならないという事実から、社会的再生の条件を正確に認識することができます。ここでの再生産のプロセス全体には、資本自体の再生産のプロセスと同様に、循環によって媒介される消費のプロセスが含まれます。


私たちの現在の目的のために、複製プロセスは、C'の個々の構成要素の価値と材料置換の両方の観点から考慮されるべきです。個人資本の商品価値の分析のように、私たちはもはやその仮定に満足することはできません。個々の資本家は、最初に商品製品を販売することによって資本の構成要素をお金に変換し、次に商品市場で生産の要素を買い戻すことによってそれを生産資本に戻すことができます。それらの生産要素は、本質的に物質的である限り、個々の完成品と同じように社会関係資本の構成要素を形成し、それらと交換されて置き換えられます。他方、労働者が賃金を使う際に、そして資本家が剰余価値を使う際に消費する社会的商品製品のその部分の動きは、製品全体の動きに不可欠なリンクを形成するだけでなく、個々の資本とあなたの動きと絡み合っているので、プロセスはによって説明することはできません


すぐに存在する問題はこれです:生産で消費される資本はどのように年間製品からの価値で置き換えられ、この置き換えの動きは、資本家による剰余価値の消費と労働者による賃金とどのように絡み合っていますか?したがって、最初は単純なスケールでの複製の問題です。さらに、製品はその価値を交換するだけでなく、生産資本の構成要素において価値革命は起こらないと想定されています。価格が価値から逸脱している限り、この事実は社会関係資本の動きに影響を与えることはできません。全体として、同じ量の製品が交換され続けていますが、個々の資本家は、それぞれの進歩と<393>それぞれが個別に生み出した剰余価値の塊。しかし、価値革命に関する限り、それらが一般的で均等に分配されている限り、それらは年間総製品の価値要素間の比率を変更しません。他方、それらが部分的かつ均等に分布していない限り、それらは、第一に、それらが一定値の関係からの逸脱として見られる限りにおいてのみそのように理解することができる第二にしかし、年次製品の価値の一部が不変資本と別の不変資本に置き換わるという法律が証明された場合、不変資本または変動資本の価値にかかわらず、革命はこの法律では何も変わりません。元の値の代わりに他の値が使用されるため、ある品質または別の品質で機能する値の部分の相対的なサイズのみが変更されます。


価値の生産と資本の製品価値を個別に検討する限り、商品製品の物理的形態は、それが機械、穀物、または鏡で構成されているかどうかにかかわらず、分析には無関係でした。それは常に例であり、どの生産部門も同様に例証として役立つ可能性があります。私たちが扱っていたのは、生産自体の直接のプロセスであり、それはあらゆる点で個人資本のプロセスとして現れます。資本の再生産に関する限り、流通の範囲内で、資本価値を表す商品製品のその部分が、生産の要素に、したがって生産的資本としての形に再変換される機会を見つけると仮定するだけで十分です。仮定するのに十分だったように 労働者と資本家は、彼らが賃金と剰余価値を使う市場で商品を見つけること。社会関係資本の総量とその製品価値を考えると、この単なる形式的な表現方法ではもはや十分ではありません。製品の価値の一部を資本に再変換し、別の部分を資本家と労働者階級の個人消費に移すことは、製品自体の価値の範囲内での動きを構成します。結果として; そして、この動きは価値の置き換えであるだけでなく、材料の置き換えであり、したがって、社会的製品の価値構成要素の相互関係によって、その使用価値、その材料の形態によっても同様に決定されます。社会関係資本の総量とその製品価値を考えると、この単なる形式的な表現方法ではもはや十分ではありません。製品の価値の一部を資本に再変換し、別の部分を資本家と労働者階級の個人消費に移すことは、製品自体の価値の範囲内での動きを構成します。結果として; そして、この動きは価値の置き換えであるだけでなく、材料の置き換えであり、したがって、社会的製品の価値構成要素の相互関係によって、その使用価値、その材料の形態によっても同様に決定されます。社会関係資本の総量とその製品価値を考えると、この単なる形式的な表現方法ではもはや十分ではありません。製品の価値の一部を資本に再変換し、別の部分を資本家と労働者階級の個人消費に移すことは、製品自体の価値の範囲内での動きを構成します。結果として; そして、この動きは価値の置き換えであるだけでなく、材料の置き換えであり、したがって、社会的製品の価値構成要素の相互関係によって、その使用価値、その材料の形態によっても同様に決定されます。資本家と労働者階級の個人消費への別の部分の参入は、製品価値自体の中で動きを形成し、その結果、総資本が生じます。そして、この動きは価値の置き換えであるだけでなく、材料の置き換えであり、したがって、社会的製品の価値構成要素の相互関係によって、その使用価値、その材料の形態によっても同様に決定されます。資本家と労働者階級の個人消費への別の部分の参入は、製品価値自体の中で動きを形成し、その結果、総資本が生じます。そして、この動きは価値の置き換えであるだけでなく、材料の置き換えであり、したがって、社会的製品の価値構成要素の相互関係によって、その使用価値、その材料の形態によっても同様に決定されます。


the(43)一定のスケールでの単純再生産が現れる<394>抽象化の限りでは、一方では資本主義ベースでの拡張スケールでの蓄積または複製の欠如は奇妙な仮定であり、他方では生産が行われる条件は完全に同じではありません(そしてこれは想定されています)異なる年に。前提は、前年度と同様に、商品の形態が複製の過程で変化する可能性がある場合でも、特定の価値のソーシャルキャピタルが同じ量の商品価値を供給し、同じ量のニーズを満たすことです。しかし、蓄積が行われる限り、単純再生産は常にその一部を形成するため、それ自体を考慮することができ、蓄積の実際の要因です。年間製品の価値が下がる可能性がありますが、使用価値の質量は同じままですが; 使用価値の量は減少しますが、値は同じままでかまいません。価値の質量と使用価値の質量は同時に減少する可能性があります。これはすべて、複製が以前よりも好ましい状況下で、または悪化する状況下で行われるという事実に相当し、後者は不完全な-欠陥のある-複製をもたらす可能性があります。これはすべて、生殖のさまざまな要素の量的側面にのみ影響を与える可能性があり、資本の再生または収益の再生としてプロセス全体でそれらが果たす役割には影響しません。その複製は、以前よりも好ましい状況下で、または悪化する状況下で行われ、後者は不完全な(欠陥のある)複製をもたらす可能性があります。これはすべて、生殖のさまざまな要素の量的側面にのみ影響を与える可能性があり、資本の再生または収益の再生としてプロセス全体でそれらが果たす役割には影響しません。その複製は、以前よりも好ましい状況下で、または悪化する状況下で行われ、後者は不完全な(欠陥のある)複製をもたらす可能性があります。これはすべて、生殖のさまざまな要素の量的側面にのみ影響を与える可能性があり、資本の再生または収益の再生としてプロセス全体でそれらが果たす役割には影響しません。


II。社会生産の2つの部門 (44)

社会の全体的な製品、つまり全体的な生産は、2つの大きな部門に分けられます。

  I.生産手段、生産的消費を開始しなければならない、または少なくとも開始できる形態の商品。


  II。消費品、資本家階級と労働者階級の個人消費に入る形をした商品。


これらの各部門では、それに属するすべての異なる生産部門が単一の大きな生産部門を形成し、一部は生産手段のものであり、その他は消費手段のものです。生産の2つの部門のそれぞれで使用される総資本は、社会関係資本の別個の大きな部門を形成します。


<395>各部門では、資本は2つの部分に分かれています。


1.不変資本。価値の観点から考えると、これはこの生産部門で採用されている社会的労働力の価値に等しい、つまりそれに支払われた賃金の合計に等しい。実質的に考えると、それはアクティブな労働力自体、つまりこの資本価値によって動かされている生きている労働力で構成されています。


2.不変資本、つまり、その支店での生産に使用されるすべての生産手段の価値。これらは、順番に、固定資本に分解されます:機械、道具、建物、使役動物など。そして循環する不変資本に:原材料や補助材料、半製品などの生産材料など。


2つの部門のそれぞれでこの資本の助けを借りて生産された年間総製品の価値は、生産で使用され、その価値が製品にのみ転送される不変資本cを表す価値部分に分割されます。年間総作業量による付加価値。この後者は、高度な不変資本vの置き換えと、それに対する余剰に再び分解され、余剰値mを形成します。個々の商品の価値と同様に、各部門の年間製品全体の価値はc + v+mに分割されます。


生産で消費される不変資本を表す値部分cは、生産で使用される不変資本の値と一致しません。生産材料はすべて消費されるため、その価値は完全に製品に移転されます。しかし、適用された修正の一部のみ資本は完全に消費されたため、その価値は製品に移転されました。固定資本の別の部分、機械、建物などは、毎年の損耗のために価値が低下しているものの、以前と同じように存在し、機能しています。固定資本のこの継続的な部分は、製品の価値を考えると私たちには存在しません。それは、この新しく生産された商品価値から独立し、それと一緒に存在する資本価値の一部を形成します。これは、個人資本の商品価値を検討する際にすでに明らかでした(ブックI、第VI章、192ページ<第23巻、217/218ページを参照>)。ただし、ここでは、そこで使用されているアプローチから暫定的に抽象化する必要があります。個人資本の商品価値を見ると、<396>は、この転送された値から現物で置き換えられるかどうか。一方、社会的商品の総量とその価値を考えると、少なくとも当面は、固定資本の損耗によって年間商品に移転された価値の一部を抽象化することを余儀なくされます。 、この固定資本がその年の間に現物で再び交換されていない限り、です。次に、この章の後のセクションで、この点について個別に説明します。

__________

単純再生産の調査では、以下のスキームを基礎として使用します。ここで、c =不変資本、v =変動資本、m =剰余価値、使用率m / vを100%と想定しています。数字は、数百万のマーク、フラン、またはポンドを意味する場合があります。

  私

生産手段の生産:資本

4,000c + 1,000v = 5,000 。

商品商品

4,000c + 1,000v + 1,000m = 6,000 、

生産手段に存在します。

  II。

消費財の生産:資本

2,000c + 500v = 2,500 。

商品商品

2,000c + 500v + 500m = 3,000、

消費品に存在します。



  要約、年間商品合計:私

4,000c + _1,000v + _1,000m = 6,000

生産手段。


II。

2,000c + _500v + _500m = 3,000


  消耗品。

合計値=9,000であり、自然な形で機能し続ける固定資本は、仮定に従って除外されます。


ここで、単純再生産に基づいて必要な取引、つまり剰余価値全体が非生産的に消費され、同時にそれらを仲介するお金の循環を無視する場合、3つの主要な手がかりが最初から浮かび上がります。


1.労働者の500vの賃金、および部門IIの資本家の500 mの剰余価値は、消費物品に費やされなければなりません。しかし、それらの価値は1,000の価値のある消費品に存在し、資本家のディビジョンIIの手によって、先進の500に取って代わり、500mを表します。したがって、 <397>部門IIの賃金と剰余価値は、部門II内でIIの製品と交換されます。これは、消費品目のII = 1,000が製品全体(500 v + 500 m )から消えることを意味します。


2. 1,000 v + 1,000 mの部門Iは、消費財、つまり部門IIの製品にも費やす必要があります。したがって、これらの製品は、この製品からまだ残っていて同じである不変資本部分2,000cと交換する必要があります。金額。その見返りとして、部門IIは、Iの製品である同量の生産手段を受け取ります。この値は、1,000 v +1,000mのIを表します。これは、2,000 II cと(1,000 v + 1,000 m)Iが計算から消えることを意味します。


3.残り4,000個です。これらは、部門Iでのみ使用でき、消費された不変資本を置き換えるのに役立つ生産手段で構成されているため、(500 v + 500 m)IIと同様に、Iの個々の資本家間の相互交換によって決済されます。労働者と資本家、それぞれ。IIの個々の資本家の間。

これは当面の間、以下のことをよりよく理解するためだけのものです。

  III。2つの部門間の売上高: I(v + m)対II c(45)


まず、両方のクラス間の大きなやり取りから始めます。(1,000 v + 1,000 m)I-生産者の手に自然な生産手段で存在するこれらの値は、自然な消費手段で存在する値と交換され、2,000IIcになります。。したがって、資本家階級IIは、その不変資本= 2,000を、消費手段の形式から消費手段の生産手段の形式に戻し、労働プロセスの要素として再び機能できる形式に変換しました。不変資本価値としての価値化。一方、労働力に相当するのはI(1,000 I v)であり、資本家の剰余価値I(1,000 I m)です。)消費財で実現。どちらも、生産手段の自然な形から、収入として消費できる自然な形に変換されます。


しかし、この相互の売上高は、それを理解するのを困難にするのと同じくらいそれを伝えるお金の循環によってもたらされます<398>しかし、これは決定的に重要です。なぜなら、資本の変動部分は、お金の形から労働力に変換されるお金の資本として、常にお金の形で新たに現れなければならないからです。不変資本は、カテゴリーIかIIかに関係なく、社会の全周で同時に運営されているすべての事業部門でお金の形で進められなければなりません。資本家は、生産プロセスに入る前に労働力を購入しますが、それがすでに使用価値の生産に費やされた後、合意された時間にのみ支払います。製品の残りの価値と同様に、彼はその部分も所有しており、それは労働力の支払いに費やされたお金と同等であり、製品の価値は変動資本価値を表しています。価値自体のこの部分では、労働者はすでに彼に彼の賃金と同等のものを供給しています。しかし、それは商品のお金への再変換、その販売であり、資本家の不変資本をお金の資本として回復し、労働力の購入で再び前進させることができます。


したがって、セクションIでは、総資本家は1,000p.stです。(私はそれがお金の形での価値であることを示すために£d.st。と言います)= 1,000 vは、v-partとしてすでに存在する製品Iの価値部分、つまり彼らが生産する生産手段に対して労働者に支払われます。労働者はこれらの1,000p.stで購入します。同じ価値の資本家IIからの消費品、したがって不変資本IIの半分をお金に変換します。資本家IIは、これらの1,000p.stで購入します。資本家からの1,000の価値のある生産手段I; したがって、後者の場合、変動資本価値= 1,000 vは、生産手段の自然な形で製品の一部として存在していたが、再びお金に変換され、資本家Iの手に渡って、労働力、つまり最も重要なものに変換されるお金の資本として再び機能できるようになりました。生産資本の要素。このように、彼らの変動資本は、彼らの商品資本の一部の実現の結果として、お金の形で彼らに逆流します。


しかし、商品資本Iのm部分を資本IIの一定部分の後半と交換するために必要なお金に関する限り、それはさまざまな方法で進めることができます。実際には、この流通には、両方のカテゴリーの資本個人による無数の個人の購入と販売が含まれます。これにより、労働者によって流通する大量のお金をすでに考慮しているため、あらゆる状況でこれらの資本家からお金を調達する必要があります。カテゴリーIIの資本家はすぐに<399>の隣から出てくることができます彼が利用できるお金の資本で、彼はカテゴリーIの資本家から生産手段を購入することができ、逆に、カテゴリーIの資本家は、資本的支出ではなく個人的な支出を目的とした資金基金からカテゴリーIIの資本家から消費品を購入します。上記のセクションIおよびIIですでに示したように、資本の前払いまたは収入の支出のための特定の準備金は、あらゆる状況下で、資本家の手にある生産的資本と一緒に利用可能であると想定されなければなりません。資本家IIが生産手段の購入で不変資本を置き換えるために資金の半分を前払いし、残りの半分を資本家Iが消費のためにこのように消費すると仮定します。 :部門IIは500ポンドを撃ちます。したがって、私から生産手段を購入し、それを持っています(上記の1,000 p.st.を含む)3/4 _ _現物での彼らの不変資本の; 500p.stで購入する部門 IIの消費手段であり、したがって、その製品が消費資金で実現するmからなる商品資本の一部の循環c --m--wを記述しました。この2番目のプロセスを通じて、500 p.st. 生産資本と並んで所有するお金の資本としてIIの手に戻ります。一方で、500p程度の出金を見込んでいます。消費品の購入のためにII。同じ500p.st. IIはIから生産手段を購入し、したがって彼の不変資本全体(1,000 + 500 + 500 = 2,000)を現物で置き換えました。私は消費品でその余剰価値をすべて実現しました。全体として、4,000p.stの商品の売上高。2,000pのお金の循環で発生しました。ここで重要なのは、IIが消費品の形で複製された彼の不変資本を生産手段の形に戻すだけでなく、彼が生産手段の購入で進めた500ポンドも変換するという事実です。循環のために彼に戻ります; 同様に、私はその変動資本を所有しているだけでなく、それは生産手段の形で、再びお金の形で、再び直接労働力に変換できるお金の資本として複製します。しかし、彼はまた、500p.stを受け取りました。資本の剰余価値部分を売却する前に、消費財の購入に支出することを予想している逆流。彼女<400>しかし、発生した支出ではなく、余剰価値の半分を負担する彼の商品製品の一部のその後の販売を通じて、彼に戻ってきます。


どちらの場合も、IIの不変資本は、製品形態から自然な生産手段に再び変換されるだけでなく、それだけで資本として機能することができます。同様に、Iの変動資本部分はお金の形に変換され、生産手段Iの剰余価値部分は収益として消費できる消耗品の形に変換されます。しかし、500ポンドもIIに流れます。不変資本の価値の対応する部分を売却する前に生産手段の購入を進めたお金の資本-消費物品の形で入手可能。そして私にはさらに500p.st.があり、それは消費手段の購入に予想を費やしました。商品商品の一定部分でIIに進んだお金と、商品商品の剰余価値部分でIに進んだお金が逆流する場合、これは、商品形態で存在する不変資本に加えて、1つのクラスの資本家が存在するためです。 II、および商品形式のクラスに加えて他のクラスIは、500p.stごとに既存の剰余価値を示します。お金が流通し始めた。彼らは最終的に彼らのそれぞれを交換することによって全額をお互いに支払いました。商品同等物。この商品の売り上げの手段として、商品の価値を超えて流通させたお金は、それぞれが流通させた割り当ての流通比例配分からそれぞれに返還されます。その結果、彼らはこれ以上金持ちになっていません。IIは不変資本2を持っていました。消耗品の形で000+お金で500; 今では、以前と同じように、生産手段が2,000、お金が7,500になっています。同様に、私は以前と同じように、1,000の剰余価値(商品、生産手段、現在は消費資金に変換されている)+500のお金を持っています。それは一般的に次のとおりです。それが商品の一定の価値のためであろうと、商品に存在する余剰価値のためであろうと、それが彼らがお金の循環のために進んだとき、収入として使われ、それぞれの資本家の手に戻ります。今は消費基金になっています)+以前と同じように500ドル。それは一般的に次のとおりです。それが商品の一定の価値のためであろうと、商品に存在する余剰価値のためであろうと、それが彼らがお金の循環のために進んだとき、収入として使われ、それぞれの資本家の手に戻ります。今は消費基金になっています)+以前と同じように500ドル。それは一般的に次のとおりです。それが商品の一定の価値のためであろうと、商品に存在する余剰価値のためであろうと、それが彼らがお金の循環のために進んだとき、収入として使われ、それぞれの資本家の手に戻ります。


貨幣の形でのクラスIの不変資本の再転換に関する限り、資本家Iにとって、それを賃金でレイアウトした後、それは最初に労働者がそれを彼らに届けた商品の形で存在します。 。彼らは労働力の代償としてお金の形でこれらの後者にそれを支払いました。それらは価値成分<401>を持っています彼らの商品製品の、お金で配置されたこの変動資本に等しい。その見返りに、彼らは製品のこの部分の所有者でもあります。しかし、彼らが雇用している労働者階級のセクションは、彼らが生産する生産手段の購入者ではありません。彼はIIによって生産された消費財のバイヤーです。したがって、労働力を支払うときにお金で進んだ不変資本は、資本家Iに直接返還されません。それは労働者の購入を通過して、労働者階級に必要でアクセス可能な商品の資本家生産者の手に、すなわち資本家IIの手に、そして彼らが生産手段を購入するためにお金を使うときだけ-これでのみ迂回は資本家Iの手に戻りますか。


したがって、単純再生産の場合、商品資本Iの合計値v + m(したがって、商品商品I全体の対応する比例部分)は、不変資本IIcと等しくなければなりません。これは、クラスIIの総商品製品; またはI (v + m) = IIc。


IV。ディビジョンII内の離職率。必要な準備と贅沢

 

ウクライナに隣接するモルドバ

 投稿者:杉本  投稿日:2022年 4月 9日(土)12時50分54秒
返信・引用 編集済
    テレ朝ニュース

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000250642.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://ameblo.jp/tony-9/entry-12736349086.html
  select by Rael Maitreya

  ブチャ虐殺はウクライナ軍による犯行、犠牲者はロシア軍への協力者=米軍事アナリスト

  2022-04-07 19:06:31


スコット・リッター元国連大量破壊兵器査察官

ウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊のブチャで起こった虐殺はウクライナ軍による犯行である。スコット・リッター元国連大量破壊兵器査察官がウクライナ危機に関するイベントに参加した中で発言した。

リッター氏によると、ロシア軍がブチャに展開していたのは直近の数週間で、地元住民との関係は良好だったという。その証拠に、ウクライナ警察は4月1日にブチャへ向かう際、ロシア軍への協力者を摘発して殲滅すると警告していた。リッター氏はイベントの中で次のように発言した。



ウクライナ側はこのように発言していました。仮にロシア軍に協力すれば、待っているのは死だと。政府高官がこうした発言を行った映像は残っています。その高官はブチャの市民に対し、SNSで次のように呼びかけました。「自宅にいてください、国家警察が摘発を行います。パニックにならずに自宅にいてください」と。



ウクライナの懲罰部隊は路上で市民に発砲し、ロシア軍に協力していた市民の自宅に押し入るなどしていたという。



我々のもとにはウクライナ警察が、具体的にはアゾフのグループが「サファリ」(狩猟)を始めると豪語している動画が残っています。ブチャに展開したウクライナ警察特殊部隊の名称がまさに「サファリ」でした。そして彼らはサファリを実行し、ロシア軍への協力者を摘発したのです。摘発とは殺害を意味します。拘束するのではなく殺害です。そして彼らはこれを実行しています。その後、彼らは市内を練り歩き、遺体の撮影を行い、ロシア人がやったのだと豪語してるのです。



またリッター氏は遺体に白い布が結われていることに着目した。これは市民がロシア軍に投降したことを示しているという。また、遺体近くには緑色の箱が映されているケースがあるが、これはロシア軍による食料供給の箱とされている。さらに、メキシコのジャーナリストが4月1日、現地に到着して撮影していたところ、まだ鮮血が流れていたと証言している。これは市民が撮影直前に殺害されたことを意味している。こうした状況を踏まえ、ブチャで起こった虐殺の真相はウクライナ国家警察による親露派住民の粛清だとリッター氏は結論付けている。

ロシア国防省は3日、ウクライナ・キエフ州ブチャにおける民間人殺害について、ウクライナ側による非難を否定した。ロシア国防省では、ロシア軍は3月30日に完全にブチャから撤退しており、「犯罪を証明するもの」は、ウクライナ安全保障当局職員が同市に到着してから4日後になってようやく表に出たとしている。ロシア国防省はまた、3月31日のブチャ市のフェドルク市長がビデオメッセージの中で市内にロシア兵はいないと発言したこと、さらに市街における一般市民に対する銃撃について何の言及もなかったことを強調している。



ブチャ虐殺はウクライナ軍による犯行、犠牲者はロシア軍への協力者=米軍事アナリスト
ウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊のブチャで起こった虐殺はウクライナ軍による犯行である。スコット・リッター元国連大量破壊兵器査察官がウクライナ危機に関するイベントに参加した中で発言した。
リンク
jp.sputniknews.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  TBSニュース

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye6012032.html

  「300%ロシアを支持」ウクライナ隣国の“親ロシア村”を取材 分断狙う“偽情報”拡散の実態【news23】
  8日 0時54分

ウクライナに隣接するモルドバ。ロシアによるウクライナ侵攻後、モルドバ国内の分断を煽るような偽情報やウクライナ避難民へのヘイトが広がっています。その実態を国山ハセンキャスターが取材しました。

国山ハセンキャスター(中継リポート):
モルドバの首都キシニョフから南に2時間、コムラトという町に入りました。私の後ろには町の集落が見えます。モルドバという国は、ヨーロッパの中でも最貧国の一つと言われています。その現実を舗装されていない道路や街並みから感じることができます。また、このコムラトいう町は親ロシア派の住民が多く住む場所です。我々も緊張感を持ってここに入りました。全く違う景色が広がっています。そして戦争に対する考え方も異なります。ロシアによる軍事侵攻が始まって以降、モルドバの分断を煽るかのような偽情報工作やウクライナ避難民に対するヘイトが広がっているということです。

 ■「300%ロシアを支持」プーチンを“神”と称えるコムラト住民

人口2万人ほどの小さな町「コムラト」。町の中心部ですぐ目についたのは、旧ソ連時代の象徴でした。

国山キャスター:
町の中心部にレーニン像がありまして、ここはレーニン通りと言われているということなんです。

さらに町を歩いていると。

国山キャスター:
モルドバにはルーマニア語とロシア語がありますけれども、看板などの表記がキシニョフは主にルーマニア語でしたが、コムラトですと至るところでロシア語で表記されています。

今回のウクライナ侵攻についてコムラトの住民に聞いてみました。

コムラトの住民(女性):
私たちはロシアを支持します。ロシアはナショナリストからロシアとウクライナの人々を守っています。

国山キャスター:
ロシアを支持しますね?

コムラトの住民:
150%、300%ロシアを支持します。それしかないわ。彼らは最高よ。プーチンに健康と幸福を。彼は私達の神、ロシアだけでなく、ここでも。

  ■ロシアがモルドバを第2の侵攻対象に?

モルドバはソ連崩壊に伴い、1991年に独立していますが、前の年にはロシア系住民が民主主義政策に反発し、東部で「沿ドニエストル共和国」の独立を一方的に宣言。モルドバとの間で武力紛争に突入しました。「沿ドニエストル共和国」は、国際的に国として認められていませんが、現在もロシア軍が駐留しています。

複雑な背景があるモルドバですが、EUへの加盟を目指していることから、ロシアがウクライナと同様、住民の保護を理由に第2の侵攻対象にするのではないかという懸念も出ています。親ロシア派が多いコムラトでは、ウクライナへの侵攻を支持する声が目立ちました。

国山キャスター:
ロシアがウクライナにしていることは正しいと思いますか?

コムラトの住民(親ロ派・女性):
ロシアは正しいよ。ここはロシア、ソ連だった。他の人にも聞いたらいい。私が住んでいたのはソ連、私の家はここソ連にある。モルドバがなんだ!ルーマニアが何だ!

国山キャスター:
ウクライナの子どもたちもたくさん亡くなっています。それに関してはどうですか?

コムラトの住民(親ロ派・女性):
自分たちで殺しているんだ、端から全員。小さな子どもから白髪の老人まで関係なく全員、パンパンパンパンだ。

別の住民は。

コムラトの住民(親ロ派・女性):
8年間、プーチンは平和交渉を望み続けたが、なぜかゼレンスキーは交渉を後回しにしていた。今の戦争はロシアが始めたのではない。ロシアが始めたと思わないでほしい。

  ■“偽情報キャンペーン”避難民のヘイト動画も

親ロシア派の住民が多い地域が複数あり、政府は軍事侵攻が始まって以降、ロシアの一方的な情報が広まらないよう対策に乗り出しています。

国山キャスター:
モルドバのテレビを見てみますと、EU加盟に向けたニュースが放送されています。親EUのチャンネルということなのですが、1つチャンネルを変えてみると、これは親ロシア派のチャンネルです。元々はこういったチャンネルで、ロシアの国営放送が再放送されていたということなんですが、戦争が始まって、それは禁止されています。

しかし、情報の規制には限界があり、いまロシアが関与しているとみられる偽情報キャンペーンが深刻になっているといいます。偽情報を監視するシンクタンクで、その実態を聞きました。TikTokに上がった動画を見てみると。

「ウクライナの避難民を泊めてあげたのに、わがままで文句ばかり」

避難民への批判を口にする女性。

偽情報とみられる投稿
「気に入らない食べ物は床に投げ捨てるし、新しい布団や枕がないのかと要求してくる。嫌なら自分の国に戻って好きなように暮らして」

別の動画でも。

偽情報とみられる投稿
「ウクライナ人はモルドバに来ただけでなく私たちの金で暮らしている。ただで食事をして感謝もしない」

避難民へのヘイトを煽るような動画がSNSで次々と拡散されているのです。

偽情報を監視するシンクタンク:
こうした動画の制作者に何十人も連絡を取り話を聞いたが、実際には誰一人、自分が経験したことではなく噂について話をしていた。

投稿の多くはロシアやブルガリアなど国外のアカウントからシェアされ拡散していて、ロシアによる組織的なキャンペーンだと指摘します。

国山キャスター:
ロシアの狙いは何だと思う?

偽情報を監視するシンクタンク:
プーチンが求めているのは、旧ソ連の国々が自分の影響下にあり続けること。ロシアの遠隔地としてロシアの一部であることを求めている。

別の専門家はこう警鐘を鳴らします。

モルドバの記者団体:
(投稿画面を見ながら)この人は教会の神父だが『ウクライナの戦争は正義の戦争。神が命じた戦争だ』という投稿もある。モルドバの田舎の人たちは、こういうことを信じてしまう。

モルドバでは、これまで約40万人の避難民を受け入れてきましたが、こうした偽情報は、国内の深刻な分断を生み出すおそれがあると指摘します。

モルドバの記者団体:
モルドバは残念なことに社会的にも政治的にも昔から分断されている国だが、この戦争でさらに分断が深まる可能性がある。

  ■「きょうのウクライナはあすのモルドバ」分断を懸念する声

小川彩佳キャスター(東京のスタジオから):
ハセンさん、きのうはモルドバのウクライナ避難民の支援の場である避難所から伝えてもらいましたが、一方で国内にはロシアを支持する国民もいると。取材を通してどんなことを感じましたか?

国山キャスター(中継リポート):
私は今、親ロシア派住民が多く住むコムラトの中心部にいます。行政の庁舎のすぐ目の前にレーニン像が立っています。このレーニン像というのは住民にとっては、ソ連時代の愛着を示す、まさにシンボル的な存在です。ですからこれを撤去しようものなら大変なことになる。「ソ連に戻りたい」と話す女性もいました。この町で取材をしてみると、「プーチン大統領を支持する」「戦争には賛成だ」という声も聞きました。正直、衝撃を受けましたが、これも事実です。きのう話を聞いたモルドバのジャーナリストは、「きょうのウクライナはあすのモルドバだ」と話しました。確かに分断を懸念する声もあります。ただ私は、ここでもモルドバから避難してきたウクライナの子どもたちに話を聞きました。みんなに夢を聞くと、「戦争が終わること」「平和」ということを口にします。家族や友人と過ごしてきた当たり前だと思ってきた何気ない日常を突如として奪われた、その子どもたちの夢、平和という夢が現実になることをここで強く願います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/301980
  日本円がウクライナ侵攻で大暴落するルーブルよりも「安い」衝撃の事実!
  専門家が解説

  公開日:2022/03/02 13:50 更新日:2022/03/02 15:53

ロシア各地の銀行やATMに市民が殺到し、長蛇の列をつくっている。主因はロシアの主要銀行を国際決済取引網「SWIFT」から締め出す欧米の経済制裁だ。通貨ルーブルの信用不安により預金を引き出そうと躍起になっているのだ。

 実際ルーブルは2月28日の為替市場で約3割も暴落。1ドル=119ルーブルをつけ、史上最安値を更新した。この事態にロシア中央銀行は政策金利を9.5%から20%と2倍以上の大幅利上げに踏み切り、1日は1ドル=90ルーブル台まで持ち直した。

 とはいえ、クレジット大手のマスターカードは同社の決済網からロシアの複数の銀行を排除。最大手のビザも追随する方針で、ますます銀行に預金しておくメリットは乏しい──日本のメディアはそう報じるが、大事な視点が欠けている。

  ■今やニクソン・ショック直後と同水準

 1日の為替レートは1ドル=115円近辺で推移。国際決済銀行が発表した今年1月時点の円の「実質実効為替レート」(2010年=100)は67.55で、1972年6月以来の円安水準となり、過去最高の95年4月(150.85)の半分以下まで沈んだ。

「先進国」と称しながら、その通貨価値は“取り付け騒ぎ”が発生中の国の通貨よりも安いとは、どういうわけだ。

「72年はニクソン・ショックで1ドル=360円の固定相場制が崩壊した直後。当時のレートは1ドル=300円程度で、国民の生活水準も50年前に逆戻りしているようなものです。通貨切り下げ政策は、国内需要の減退から供給過多に陥り、輸出に活路を見いだすなど、正当化できる局面は限られます。アベノミクスの異次元緩和を始めた頃はその状況にあったと言えますが、今年1月の貿易収支は2兆円超もの赤字です。いくら海外向けに大安売りしても、原油高などで原料の輸入コストがかさみ、モノは作れど貧しくなるばかり。もはや意図的に円安にし、日本の価値をおとしめる政策は許されません」(経済評論家・斎藤満氏)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

マリウポリ住民「ウ軍に『人間の盾』にされ避難を妨害され虐殺された

 投稿者:杉本  投稿日:2022年 4月 8日(金)08時46分31秒
返信・引用 編集済
    https://ameblo.jp/ymhkobayasis/entry-12735180576.html

マリウポリ住民「ウ軍に『人間の盾』にされ避難を妨害され虐殺された。ロ軍に救出されて感謝している」
2022年04月02日 10時54分11秒

テーマ:ロシア
公式ジャンル記事ランキング:その他職業390位






東部 ドネツク州にある爆撃を受ける前のマリウポリの劇場の地下の様子





先日、拙ブログにも貼っておいたニコニコ動画で、ウクライナ軍によって虐殺されているウクライナ東部ドネツク州の人々の悲痛な叫びと散乱している遺体などの動画が、既に削除されてしまいました。





あまりのむごたらしさで「閲覧注意」の動画だったので、投稿者が削除したのか、圧力があったのかは不明です。





先日ドネツク州の「マリウポリ劇場が爆撃された」と報じられています。これを西側メディアはロシア軍による攻撃と報じていますが、ロシアは反論しており、また、マリウポリから避難した住民らの証言からは、西側メディアの報道とは真逆の実態が伝わってきます。





東部ドネツクのマリウポリ市民らが、「人道回廊」で避難することをウクライナ軍によってブロックされ、地下室に閉じ込められ、「人間の盾」にされ、逃げ出そうとすると、ウクライナ準国軍の「アゾフ隊」が銃を向けて市民を容赦なく虐殺していたという実態のようです。





ニコニコ動画(日本語字幕付き) 3分15秒

「マリウポリ」から脱出できた人たちの証言
「マリウポリ」から脱出できた人たちの証言 [社会・政治・時事] 元動画https://www.bitchute.com/video/xdLkh32z22Gz/
リンク
www.nicovideo.jp



削除されてしまうかもしれないのでスクショしておきました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://ameblo.jp/ymhkobayasis/entry-12735769104.html

「戦争犯罪の地獄の光景」アゾフ隊によるドネツク州での虐殺現場をスペイン人弁護士が現地から告発
2022年04月05日 14時54分17秒

テーマ:ブログ
公式ジャンル記事ランキング:その他職業138位
スペイン人弁護士でジャーナリストのRuben Gisbertさんという方が、3月末にウクライナのドネツク州現地を訪れ、「戦争犯罪を行っているのはウクライナ軍(アゾフ大隊)である」と告発し、テレグラムで多数の動画を配信なさっています。





 

レンタル掲示板
/178