teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


初版の7段落以降の解読を目指して

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月17日(土)11時30分39秒
返信・引用 編集済
  ⑦ー① 私たちはここで、価値形態の理解を妨げるすべての困難の出発点にあります。
  それは、商品の価値の人間労働の問題としてだけに期待されている限り、その使用価値または同じ作業の使用価値を作る作業から商品の価値を区別することは比較的容易です。
  ①We stand here at the jumping-off point of all difficulties which hinder the understanding of value-form.
It is relatively easy to distinguish the value of the commodity from its use-value, or the labour which forms the use-value from that same labour insofar as it is merely reckoned as the expenditure of human labour power in the commodity-value.

 ②商品を見たり、ある形で仕事をすると、他の形でそれを考慮したり、その逆もありません。
これらの抽象的な対立は、自明であり、したがって分離しやすい。
 ②If one considers commodity or labour in the one form, then one fails to consider it in the other, and vice versa.
These abstract opposites fall apart on their own, and hence are easy to keep separate.

 ③商品と商品との関係にのみ存在する価値形態とは状況が異なります。
ここでは、使用価値または商品本体が新たな役割を果たします。これは、商品の価値の現れ、すなわち、それ自体の反対です。
 ③It is different with the value-form which exists only in the relationship of commodity to commodity.
The use-value or commodity-body is here playing a new role.
It is turning into the form of appearance of the commodity-value, thus of its own opposite.

 ④同様に、使用価値に含まれる具体的な有用労働は、抽象的人間労働の実現の単なる形となり、それとは反対のものになる。離れて落ちる代わりに、商品の相反する規定が反映されます。これは一見して、この理解ができないか分かりませんが、必要に応じてさらに検討する必要があります。
 ④Similarly, the concrete, useful labour contained in the use-value turns into its own opposite, to the mere form of realization of abstract human labour.
Instead of falling apart, the opposing determinations of the commodity are reflected against one another.
However incomprehensible this seems at first sight, it reveals itself upon further consideration to be necessary.

 ⑤商品は最初から二重のもので、使用価値であり価値、有用な仕事と抽象的人間労働の凝固産物です。それが何であるかを明らかにするためには、その形式を一つではなく倍にする必要があります。それは、自然から使用価値の形の権利を持っています。 それはその自然な形です。
 ⑤The commodity is right from the start a dual thing, use-value and value,product of useful labour and abstract coagulate of labour.
In order to manifest itself as what it is, it must therefore double its form.It possesses right from nature the form of a use-value. That is its natural form.

 ⑥他の商品と一緒に流通して初めて価値形態だけを獲得する。しかし、その価値形態は、それ自体が客観的な形である。商品の唯一の客観的な形態は、その使用形態、それらの天然形態です。
 ⑥It only earns a value form for itself for the first time in circulation with other commodities.
But its value-form has then to be itself an objective form.
The only objective forms of commodities are their use forms, their natural forms.

 ⑦製品(例えばリネン)の自然な形はその価値形態の正反対であるため、他の自然な形態(別の商品の自然な形)をその商品形態に変えなければなりません。
 <英明な江夏訳にして 「価値形態」 の誤訳です。廻り道にて上着は商品形態をうけとることで、等価物の形態の形成に向かうのではなく、相対的価値形態の形成に向かうのです。>
 ⑦Now since the natural form of a commodity (e.g., linen) is the exact opposite of its value-form, it has to turn another natural form ーーthe natural form of another commodity ーー into its commodity form.
 ⑦独語 Da nun die natürliche Form einer Ware (z. B. Leinen) das genaue Gegenteil ihrer Wertform ist,muss sie eine andere natürliche Form -die natürliche Form einer anderen Ware - in ihre Warenform umwandeln.

 ⑧それはすぐに別の商品のために、それゆえにそれ自身のための迂回路
 (回り道)によってすぐにすることができます。
  それは、自らの価値を自分自身の価値で表現することはできませんが、
  他の使用価値<another use-value or commodity-body>や商品体を
  直接価値として参照することができます。
  <今村訳-「価値存在としての使用価値」であり、しかし、江夏訳・
  今村訳の「価値存在」は原文に無し。
  自身のパソコン訳は、他の使用価値の翻訳が、ーー他の価値ーーとなっ
  ていて間違えていました。
  だから、この謎は、上着が右辺であることで直接的に、使用価値のままに、
  価値形態であり、価値の規定を受け取れるのです。>

  <相対的価値表現において、左極にて価値形態を受けとるならば、右極
  にて、すぐさま使用価値の姿態のままに、価値形態の形態規定を受け取り、
  その使用価値は、何らの媒介を経ずとも直接的に価値とされるのです。>

 ⑧A thing that it cannot do immediately for itself it can do immediately for another commodity, and therefore by a detour for itself.
It cannot express its value in its own body or in its own use-value, but it can relate itself to another use-value or commodity-body as an immediately existent value.

 ⑨それは抽象的人間労働の単なる実現形態として、他商品の別の種に含まれていることに疑いはないが、それ自体に含まれる具体的な労働ではなく、それが人間労働であることに関連している可能性がある。そのためには、それは同等のものとして他の商品を自分自身と同一視するだけでよい。
 ⑨but doubtless to that contained in another species of commodity as a mere form of realization of abstract it can relate itself not to the concrete labour contained in itself, it human labour.
For that, it only needs to equate the other commodity to itself as an Equivalent.

 ⑩商品の使用価値は、このように価値の出現形態で役立つ限り、他の商品に対してのみ存在します。シンプルな、相対価値式の量的関係でのみ見る:商品A = yの商品B、X、我々は相対価値の動きにのみトップに開発法律を見つけ、すべての事実に基づいてその商品の価値の量その生産に必要な労働時間によって決定される。
 ⑩The use-value of a commodity only exists at all for another commodity insofar as it serves in this fashion for the form of appearance of its value.If one considers only the quantitative relationship in the simple, relative value-expression: x commodity A = y commodity B, then one finds also only the laws developed above concerning the motion of relative value, which all rest upon the fact that the amount of value of commodities is determined by the labour-time required for their production.

 ⑪But if one considers of both commodities in their qualitative aspect, then one discovers in that simple expression of value the mystery of value form, and hence, in nuce[2] of money.[3]
  既存訳 ーー<ところが、両商品の価値関係をそれの質的な側面から考察す
  ると、上述の単純な価値表現のなかに、価値形態の秘密を、したがってま
  た、一言で言えば貨幣の秘密を、発見することになる(20)>
  英語版からの訳
 ⑪しかし、両方の商品の価値関係を質的側面で考えると、ここに、
  価値形態の謎<the mystery of value form,>を発見し[2]、
  ここに貨幣の謎があることが理解できる。[3]>
    註2.「ナッツ・シェル」。
     2. ‘In a nut-shell’; that is, potentially. A.D.
     多分in a nutshellだと思います。よく耳にする表現です。
    「簡単に言うと」「要するに」「手短にいうと」って言う意味ですね。
     何かを説明する時、文頭に"In a nutshell.."で始めたり、
     "OK. I'll put it in a nutshell."
    「手短に説明するわね」みたいな感じでも使います。
    註3.ヘーゲル以前の専門的な論理学者が、判断と推論のパラダイムで
     形式の内容を見落としていたように、
     経済学者が相対的価値表現の形式的内容を見落としていることは驚く
     ことではない(物質的利益の影響を受けている)。
     <杉本 既存訳「相対的価値表現の形式内容」であれば、両極の形態
     をとることであり、相対的価値形態の形式内容」であれば、「価値形
     態」が内実とされることで、価値表現がされるということです。
     既存訳は、正解なのです。>

   <杉本 これまでどうにも著者の意図がつかめないでいたのだが、上記の
    7段落、即ち、この⑦ーー⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫段落と、何度も繰り返し、
    両極の価値形態、相対的価値形態と等価形態の説明をば、筆者は示して
    いるのです。
    この意図をば、私達は、両極の価値形態は<常識としての前提>として、
    これまで、何とも恥ずかしいことに、ここに、見出せず、無視してきた
    のだから、大いに反省し、注目する必要があります。>

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  この大切な7段落、原文のドイツ語を提示し、その英訳を提示しておこう。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja

The Commodity
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
Marx 1867 (Hauptstadt)

⑦Da nun die natürliche Form einer Ware (z. B. Leinen) das genaue Gegenteil ihrer Wertform ist, muß sie eine andere natürliche Form - dienatürliche Form einer anderen Ware - in ihre Warenform verwandeln .Eine Sache, die es nicht sofort für sich selbst tun kann, kann es sofort für eine andere Ware tun, und somit auch für einen Umweg. Es kann seinen Wert nicht in seinem eigenen Körper oder in seinem eigenen Gebrauchswert ausdrücken, sondern kann sich als unmittelbar existierender Wert auf einen anderen Gebrauchswert oder Warenkörper beziehen. Es kann sich nicht auf die in sich enthaltene konkrete Arbeit beziehen, wohl aber auf die in einer anderen Warenart enthaltene, als bloße Form der Verwirklichung der abstrakten menschlichen Arbeit. Dazu muss es nur die andere Ware alsÄquivalent gleichsetzen . Der Gebrauchswert einer Ware besteht überhaupt nur für eine andere Ware, insofern sie auf diese Weise der Erscheinungsform ihres Wertes dient. Betrachtet man nur denquantitativen Zusammenhang im einfachen, relativen Wertausdruck: x Ware A = y Ware B, so findet man auch nur die oben entwickelten Gesetze über die Bewegung des relativen Wertes, die alle darauf beruhen, dass die Menge von Der Wert der Waren wird durch die für ihre Produktion erforderliche Arbeitszeit bestimmt. Aber wenn man den Wert Beziehung beiden Rohstoffe in ihrer Auffassung , qualitativen Aspekte, dann entdeckt man in diesem einfachen Ausdruck von Wert des Geheimnis der Wertform und somit in nuce [2] des Geld. [3]
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

 ⑦ー①We stand here at the jumping-off point of all difficulties which hinder the understanding of value-form. It is relatively easy to distinguish the value of the commodity from its use-value, or the labour which forms the use-value from that same labour insofar as it is merely reckoned as the expenditure of human labour power in the commodity-value. If one considers commodity or labour in the one form, then one fails to consider it in the other, and vice versa. These abstract opposites fall apart on their own, and hence are easy to keep separate. It is different with the value-form which exists only in the relationship of commodity to commodity. The use-value or commodity-body is here playing a new role. It is turning into the form of appearance of the commodity-value, thus of its own opposite. Similarly, the concrete, useful labour contained in the use-value turns into its own opposite, to the mere form of realization of abstract human labour. Instead of falling apart, the opposing determinations of the commodity are reflected against one another. However incomprehensible this seems at first sight, it reveals itself upon further consideration to be necessary. The commodity is right from the start a dual thing, use-value and value, product of useful labour and abstract coagulate of labour. In order to manifest itself as what it is, it must therefore double its form. It possesses right from nature the form of a use-value. That is its natural form. It only earns a value form for itself for the first time in circulation with other commodities. But its value-form has then to be itself an objective form. The only objective forms of commodities are their use forms, their natural forms.
   資本論初版 原P20

 ⑦ー①私たちは、価値形態の理解を妨げているすべての難点の飛び降り点にここに立っています。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

 <value the mystery of value form, and hence, in nuce[2] of money.[3]>
原P21
⑧ー①私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値形態を含むことを明らか
  にしました。
  ②リネンはその価値とコートの価値の確定量を表しています。
  ③それは、他の商品との価値関係におけるその価値を明示し、したがって交換価値として
  明示します。
  ④他方では、他の商品、すなわち相対的な方法でその価値を表現しているコートは、
  それと直ちに交換可能な等価物としての使用価値の形式を正確に得る。
  ⑤両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の同等の形態(等価形態)は、
  交換価値の形式です。
  ⑥両者は実際には、同じ相対的価値表現のベクトル
  (お互いに相互に条件付けされたもの)だけですが、同じに設定された2つの商品極
  の間の極のように分けられます。
⑧ー①Our analysis has revealed that the relative value-expression
   of a commodity includes two different value forms.
  ② The linen expresses its value and its determinate amount of
   value in the coat.
  ③It manifests its value in the value-relation to another commodity,
  and hence as exchange-value.
  ④ On the other hand, the other commodity, the coat in which it
  expresses its value in a relative way, obtains precisely
  in that way the form of a use-value as an equivalent which is
  immediately exchangeable with it.
   ⑤Both forms, the relative value-form of the one commodity,
  equivalent form of the other, are forms of exchange-value.
  ⑥Both are actually only vectors ? determinations conditioned
  reciprocally by each other of the same relative value-expression,
  but divided like poles between the two commodity-extremes which
  have been set equal.

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  https://blog.goo.ne.jp/sihonron/e/9ee7c967bc4429b844b8cfde5456efa4?fm=entry_awp
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/491
    <初版 国民文庫訳から 9・10段落>
 《量的な被規定性は一商品の等価形態のなかには包括されていない。
  <たとえば、上着がリンネルの等価物である、という特定の関係は、上着の等価形態から、すなわちリンネルとの上着の直接的交換可能性の形態から生ずるのではなくて、労働時間による価値の大きざの規定から生ずるのである。

リンネルがそれ自身の価値を上着で表わすことができるのは、ただ、リンネルが、結晶した人間労働の所与の量としての一定の上着量に関係するからにほかならない。もし上着の価値が変わるならば、この関係もまた変わるのである。とはいえ、リンネルの相対的な価値が変わるためには、その相対的な価値が存在していなければならないのであり、そしてその相対的な価値は、ただ、上着の価値が与えられている場合にのみ形成されうるのである。

いま、リンネルがそれ自身の価値を上着の一着で表わすか、二着で表わすか、それともx着で表わすか、ということは、この前提のもとでは、まったく、自分の価値が上着形態で表わされるべきリンネルの一エレの価値の大きさとエレ数とによって定まる。一商品の価値の大きさは、ただ他の一商品の使用価値においてのみ、相対的な価値としてのみ、表現されることができるのである。

これに反して、直接に交換可能な使用価値の形態すなわち等価物の形態を、一商品は、逆にただ他の一商品の価値がそれにおいて表現されるところの材料としてのみ、受け取るのである。

 この区別は、その単純な、または第一の、形態における相対的な価値表現の特性によって、不明瞭にされている。すなわち、等式 20エレのリンネル=一着の上着 または 20エレのリンネルは,一着の上着に値する は、明らかに、同じ等式 一着の上着=20エレのリンネル または 一着の上着は二〇エレのリンネルに値する を含意している。つまり、リンネルの相対的な価値表現においては上着が等価物としての役割を演じているのであるが、この価値表現は逆関係的に上着の相対的な価値表現を含んでいるのであって、それにおいてはリンネルが等価物としての役割を演じているのである。》(初版国民文庫53-4頁)

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑨ー①定量的決定は商品の等価形態には含まれない。
  ②(例えば、コートがリネンの同等物である)規定された関係は、同等の形態(等価形態)、
  すなわち、リネンとの直接的交換可能性の形態からではなく、労働時間による価値量の
  決定から生じる。
  ③リネンは結晶化した人間の労働量である特定のコート・クォンタムに関連することに
  よって、コートで独自の価値を表すことができます。
  ④この場合コート値の変化では、この関係も変化します。
  ⑤しかし、リネンの相対的な価値が変化するためには、それが存在しなければならず、
  それは所与のコート値でのみ形成することができる。
  ⑥さて、リネンが1,2、またはxコートで独自の価値を表しているかどうかは、
  (この前提のもとでは)リネンのヤードの価値に完全に依存し、
  その値がコートの形で明示されるはずのヤードの数に左右されます。
  ⑦商品の価値量は、他の商品の使用価値においてのみ、相対価値として表現すること
  しかできません。
  ⑧商品は、他方としてのみ(「等価」によって意味されるものである)
  直ちに交換可能な使用価値の形を求める材料であるのだから、それとは異なる
  別の商品で価値が表現されます。
⑨ー①Quantitative determinacy is not included in the equivalent-form
  of a commodity.
   ②The determinate relationship (e.g., in which coat is
  the equivalent of linen) does not flow from its equivalent-form,
  the form of its immediate exchangeability with linen,
  but from the determination of the amount of value by labour-time.
  ③The linen is only able to represent its own value in coats,
  by relating itself to a determinate coat-quantum asa given
  quantum of crystallized human labour.
  ④If the coat-value changes, then this relationship also changes.
  ⑤ But in order that relative value of linen may change,it has
   to be present, and it can only be formed upon givencoat-value.
  ⑥ Now, whether the linen represents its own value in 1, 2 or
   x coats depends (under this presupposition) completely upon the
   amount of value of a yard of linen and the number of yards whose
  value is supposed to be manifested in the form of coats.
   ⑦The amount of value of a commodity can only express it in the
  use-value of another commodity as relative value.
   ⑧A commodity only obtains the form of an immediately exchangeable
  use-value (which is what is meant by ‘equivalent’)
  on the other hand, only as the material in which the value
  of another commodity is expressed.

⑩この区別は、その単純な形式または第一の形式の相対的な価値表現の特徴的な特質に
  よって不明瞭である。
  方程式:20ヤードのリネン= 1コート(または20ヤードのリネンはコートに値する)は、
  結局全く同じ式を含む:1コート= 20ヤードのリネン
  (または1コートは20ヤードのリネンの価値がある)であります。
  コート値が等価であるリネンの相対的な価値表現は、リネンが等価である場合の
  コートの相対的な価値表現を逆に含む。
⑩This distinction is obscured by a characteristic peculiarity
   of the relative value-expression in its simple or first form.
   The equation: 20 yards of linen = 1 coat
   (or 20 yards of linen are worth a coat) includes, after all,
  precisely the identical equation: 1 coat = 20 yards of linen
  (or one coat is worth 20 yards of linen).
  The relative value-expression of the linen, in which the coat
   figures as Equivalent, thus contains from the reverse
  the relative value-expression of the coat,
   in which the linen figures as Equivalent.

⑪ー①商品価値の価値形態またはその両方の表現の決定は、相対価値のみであるが、
  両者は同じ程度に相対的に現れるわけではない。
  リネンの相対価値(20ヤードのリネン= 1コート)において、リネンの交換価値は、
  他の商品との関係として明示的に示されている。

  ②コートに関しては、リネンはコート自体を価値の出現形態として、
  したがってそれ自体ですぐ<直接>に(リネンに)交換可能なものとして、
  リネンがコートと関連している限り、同等であることは明らかである。
  この関係の中でのみコートの等価物です。
   <杉本 ここでは、ーー上衣が直接的に価値形態であるーーことの幻影を批判
   している。リネンが、上着を自身の価値の出現形態としているので、上着は直
   接的にリネンと交換可能になるーーつまり、上着は自身だけで直接的に価値形
   態となり、リネンの等価物になるのではないのです。
   上着の等価物としての役立ちは、リネンのなす反省規定ーーに依っているとい
   うことを、彼は、しつこく何度も繰り返しています。>
⑪ー①Although both determinations of the value form or
   both modes of manifestation of the commodity-value as
   exchange-value are only relative,
  they do not both appear relative to the same degree.
   In the relative value of the linen (20 yards of linen = 1 coat),
   the exchange-value of linen is expressly manifested as its
  relationship to another commodity.
  ②As far as the coat is concerned, it is admittedly an Equivalent
  insofar as linen is related to the coat as form of appearance of
   its own value, and hence as something immediately exchangeable
   with itself (the linen).
  Only within this relationship is the coat an Equivalent.

  ③しかし、それは受動的に行われます。 それは何のイニシアチブも握っていない。
  物事はそれ自体に関係しているので、それはこの関係で自分自身を見つけます。
  ④リネンとの関係のために構成されているキャラクターは、それ自身の関係の結果
  として出現するのではなく、それ自身の追加の活動なしで存在する。
  ⑤さらに、リネンがコートに関連する具体的な特定モードおよび方法は、
  コートに対して行うことの終わりに正確に適切であるが、それは控えめであるが、
  「プライドで怒っているテーラーの製品」ではない。
  ③But it conducts itself passively. It seizes no kind of initiative.
  It finds itself in relationship because things relate
   themselves to it.
  ④The character which is constituted for it out of
   its relationship with the linen thus does not appear as
  the result of its own relating, but as present without any
   additional activity of its own.
  ⑤In addition, the specific mode and manner in which
  the linen relates to the coat is exactly appropriate to the end
  of doing it to the coat, however modest it be and however far from
  being the product of a ‘tailor run mad with pride’.

  ⑥結局のところ、リネンは、したがって現在の価値体としての、
  抽象的人間労働の現実的な現行・顕現<プレゼント>としてのコートに関連しています。
  これは、リネンがこの特定のやり方でコートに関連している限り、これだけです。
  同等物<等価物>としてのその状態は、リネンの反省規定[4]だけである(いわば)。
   <杉本 リネンの同等物=上着は価値として自らに等しいとの、リネンの反省
   規定された存在に過ぎず、等価物の形態ではない!形態規定されてはいない。
   上着は価値の凝固物であるが、それだけでは、リネンに対して
   直接的交換可能な形態を、上着は受け取れない>
  ⑥The linen, after all, relates itself to the coat as the sensually
  existing materialization of human labour in abstracto and hence as
  present value-body.
  It is this only because and insofar as the linen relates itself
  to the coat in this specific manner.
  Its status as an Equivalent is (so to speak) only
  a reflection-determination[4]of linen.
原P23
⑫ー①しかし状況はちょうど逆のように見える。
  一方では、コートはそれ自体を何かに関連付けるのに苦労しません。
  一方、リネンは、それを何かにするのではなく、リネンがするかもしれない何かから
  かなり離れているでの、コートと関連しています。
  ①But the situation seems just the reverse.
  On the one hand, the coat does not take the trouble to
  relate itself to anything.
  On the other hand, the linen relates itself to the coat,
   not in order to make it into something, but because it is
   something quite apart from anything the linen might do.

  ②コートに関連するリネンの結果物
  (同等の形態、直ちに交換可能な使用価値としてのその規定性)は、
  リネンに関連する外面においても、肉体的な方法でコートに属するように見える。
  ③最初のまたは単純な形式の相対価値(20ヤードのリネン - 1コート)では、
  このフォームはまだ確立されていません。
  これは直ちに反対に、コートはリネンと同等であることを表しています。
   2つの商品のそれぞれが、この決定を所有するのは、
  他方がそれ自身の相対的価値形式になるためであるからである[5]。
⑫ー②The resultant product of the linen’s relating to the coat
  (its Equivalent-form, its determinacy as an immediately
  exchangeable use-value) appears to belong to the coat
   in a corporeal way even outside the relating to the linen,
   in just the same way as its property of being able
  to keep people warm (for example).
⑫ー③In the first or simple form of relative value
   (20 yards of linen one coat), this false seeming is not yet
   established, because this form expresses in an immediate way
   also the opposite, that the coat is an Equivalent of the linen,
   and that each of the two commodities only possesses this
  determination because and insofar as the other makes
  it into its own relative value-expression.[5]

  <続く⑬ ⑭ ⑮ 段落は、次の課題である第二の形態についてなので、、
  紹介するのは、止めておこう。>
 
 

資本論三章その1 ・ 2

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月 9日(金)09時48分23秒
返信・引用 編集済
    ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
  商品
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1694
     初版 商品  ④
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1692
  初版第一の形態の5段落の誤訳について <その2>
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1699
  資本論 初版での第3の形態から、第4の形態を経ての物神性について

  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_109.htm#Kap_1_2
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/?page=2&
  商品の労働の二重性と商品形態の二重性についてーーその2
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1697
  資本論再版 第二の形態 第三の形態
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1683
  交換過程

 第3章 第一節 価値の尺度
原P109
 ①わかりやすくするために、私はこの文書全体をとうしては金<gold>は、貨幣<the money>であることを前提としています。
 ②金の第一の機能は、商品世界にその価値表現の素材を提供すること、または商品価値を同じ名前の量として表現することであり、質的に同一で、定量的に比較可能であるものとして表現することです。 したがって、それは価値の一般的な尺度として機能し、この機能だけが特定の同等の商品である金を、特定の等価物にし、最初に貨幣を作ります。
 ③貨幣になるためには、商品では適切ではありません。 およびその逆になります。
すべての商品は客観的な価値とみなされており、同じ特定の商品でその価値を一緒に測定することで、それを共通の価値または価値尺度に変換することができます。価値尺度としての貨幣は、商品の内在的な価値尺度である労働時間の必然な現れです。 (50)
 (50)「商品と貨幣商品の二重化であり、私的労働が直接的に社会的労働
   として取り扱われないのかという問題に帰着する。」

 <商品世界での共同行為をなす一般的価値形態の形成ーーは、前提にされている。>
 <ところが、既存訳は、この価値形態を排除して、「人間労働」が・・としている。>
 <何故なら、「商品は客観的な価値とみなされており」とは価値形態のことですよ。>
 <「商品と貨幣商品の二重化」は、交換過程の註40に示されているように、
  一般的相対的価値形態ー一般的等価形態が形成される段階を踏まえていることで、
  その生成が前提となっています。>

  この大切な段階を消す--既存訳の歪曲を示すのが次です。
  「すべての商品が価値としては対象化された人間労働であリ、
  それゆえそれ自体が同単位で計量可能であるからこそ、
  すべての商品はその価値を同じ独自な一商品ではかり、
  そうすることによって、この独自な一商品を諸商品の
  共同の価値尺度または貨幣に転化することができるのである。」
  新書P160この歪曲!新日本新書訳・岩波・向坂訳、長谷部訳も同じ>

 ④金貨商品の価値表現は、貨幣形態または価格である。 1トンの鉄= 2オンスの金のような孤立した方程式は、鉄の価値を社会的に有効にするのに十分です。等価商品である金はすでに貨幣の性質を持っているため、等式はもはや他の商品の価値方程式と一致する必要はありません。したがって、商品の一般的相対価値形態は、元の、単純な、または個別の相対的価値形態の形を取るようになりました。一方、展開された相対的価値態または無限列の相対価値式は、貨幣商品の具体的な相対的価値形態となる。
しかし、このシリーズはすでに商品価格で社会的に与えられている。
価格ライダーの見積もりを読んで、すべての可能性のある商品の金額を調べる。貨幣は価格がありません。他の商品のこの一様な相対的価値形態に参加するためには、それ自体の相当物としてそれ自体に関連しなければならないであろう。

 ⑤商品の価格や--または貨幣形態は、実際の身体的な形態であり、つまり彼らの価値形態の理想的な形や想像した形とは異なります。
The price or the money-form of commodities, like their value-form at all, is different from their tangibly real body-form, that is, only ideal or imagined form.

The value of iron, canvas, wheat, etc., though invisible, exists in these things themselves; it is presented by its equality with gold, a relationship to gold that haunts only in their heads, so to speak.
鉄、キャンバス、小麦などの価値は、目には見えませんが、これらのもの自体に存在します。それは金との平等によって提示されます。金との関係は、頭の中にだけでしか遭遇しないので、言います。

したがって、商品保管者は、価格を外界に伝えるために、彼の頭に舌を刺したり、紙切れをしなければならない。 (51)
The commodity keeper must therefore stick his tongue in his head or put paper slips in order to communicate his prices to the outside world. (51)

<111>金での商品価値の表現は観念的なので、この操作には虚偽または理想とされる金のみが適用されます。金貨での何百万もの商品を見積もるために金の一片は必要ではない、ということを知っている。したがって、価値尺度の機能では、金は想像された、または観念的な金としてのみ役立ちます。
Since the expression of commodity values ??in <111> gold is ideal, only imaginary or ideal gold is applicable to this operation.

このような状況は、最も賢明な理論を促してきました。 (52)提示された貨幣だけが価値尺度として機能するが、価格は完全に現実的な貨幣に依存する。
This circumstance has prompted the most brilliant theories. (52) Although only money presented serves as a function of the measure of value, the price depends entirely on real money.

 その価値、すなわち、例えば、鉄の1トンに含まれ、同じ量の人間労働を含んでいて、想像上の貨幣量で表されます。したがって、金、銀または銅が価値の尺度として役立つので、鉄の1トンの価値は全く異なる価格条件を与えられるか、またはかなり異なる量の金、銀または銅で表される。
The value, i. the amount of human labor, e.g. is contained in a ton of iron, is expressed in an imaginary quantum of money, which contains the same amount of work. Thus, as gold, silver or copper serve as a measure of value, the value of the ton of iron is given quite different price terms or is presented in quite different quantities of gold, silver or copper.

 ⑥従って、2つの異なる商品、例えば。 銀と金の価値比が変わらない限り、互いに隣接して静かに走る2つの異なる価格条件、金価格および銀価格を有するように、価値の測定値と同時に、金と銀を使用する。 = 1:15。 この価値の変化は、金価格と商品の銀価格との間の関係を乱し、実際に価値の測定の倍増がその機能と矛盾することを証明している。 (53)

 ⑦<112>価格決定を受けた商品はすべて商品A = x金、b商品B = z金、c商品C = y金などの形式である。ここで、a、b、cは商品種別A、B、 C、x、z、y特定の金塊である。
したがって商品価値は異なるサイズの想像されたGoldquanta<金量>に変換されるので、商品の混乱した混乱にもかかわらず、同じ名前で金のサイズになります。このように、異なるGoldquanta<金量> は、それらの間で比較し、測定し、技術的にそれらを測定単位として固定金の量に言及する必要が生じます。
この測定単位自体は、さらに分割して分注することによってさらにスケールアップされます。金、銀、銅は、それらが製造される前に既にその金属重量にそのようなスケールを有している。 1ポンドは測定単位となり、片方のオンスなどに分けられて百重量単位で加算されます(54)。したがって、すべての金属循環において、重量尺度スケール価格の金額の元の名前を形成する。

 ⑧<113> 価値の尺度と価格の尺度として、貨幣は2つの全く異なる機能を果たしています。
価値尺度としては、人間労働の社会的化身であり、固定金属重量としては価格の尺度である。
価値尺度としては、カラフルに異なる商品の価値を価格に変換する役割を果たします。
価格の尺度としては、このGoldquanta<金量>を測定します。
価値の測定では、商品は価値として測定され、価格のスケールは測定されますが、
しかし、金の量である重量における金の値を、金の量を測定しません。

価格の大きさについては、ある金の重量を測定の単位として固定する必要があります。
ここでは、同じサイズの他のすべての尺度と同様に、比率の強さが決定的なものになります。
したがって、価格のスケールはその機能をよりよく果たし、より不変なものと同じ量の金が測定の単位として役立ちます。
金の価値尺度としての役立ちであるのは、金はそれ自体が労働の産物であり、すなわち可能な限り可変価値であるためにのみ役立つことができます。

 <この⑧は「価値尺度と価格尺度」について、まとめられています
 <①価値の尺度と価格の尺度として、貨幣は2つの全く異なる機能
  ②価値尺度としては、人間労働の社会的化身であり、固定金属重量としては価格の尺度
  ③価値尺度としては、カラフルに異なる商品の価値を価格に変換する役割
  ④価格の尺度としては、このGoldquanta<金量>を測定します。
  ⑤価値の測定では、商品は価値として測定され、価格のスケールは測定されますが、
  ⑥しかし、金の量である重量における金の値を、金の量を測定しません。>

 <そのお手本を、⑨ ⑩ ⑪ ⑫ 段落を介して、⑱ ⑲ ⑳ 段落 --にてまとめています。
       ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ 段落を介して、⑱ ⑲ ⑳ 段落 --にてまとめています。>

 ⑨まず第一に、金の価値の変化は決して価格の尺度としてのその機能に影響しないことは明らかです。 金の値が変わるのと同じように、Goldquanta<金量>は常に同じ値の関係にあります。 金価格が1,000%下落すると、12オンスの金は依然として1オンスの金よりも12倍の価値があり、価格はGoldquanta<金量>と他の金額の比率に過ぎません。 一方、1オンスの金は、値下がりや金額の上昇によって重量が変化しないので、金額は固定されているため、金は固定された価格の尺度として常に同じサービスを行います、それは価値としてです。

 ⑩金の価値の変化は、価値の尺度としてのその機能を妨げるものではありません。 彼はすべての商品に同時に遭遇し、相対的な相対価値は変わらず、以前よりも高いまたは低い金価格で自分たちを表現している。

 ⑪他の商品の使用価値における商品の価値の表現と同様に、金の商品の見積もりも、所与の時間に特定の金の量子の生産が一定の労力を要することを前提にしているだけである。一般的な商品価格の動きに関しては、以前に開発された単純相対価値式の法則が適用される。

 ⑫商品価値が上昇すれば、商品価格は一般的に上昇し、一定の金銭的価値を持ちます。貨幣価値が下落した場合、商品の一定価値で。逆に。コモディティ価格が下落すれば、コモディティ価格は一般的に、一定の金銭的価値でしか落ちることができない。商品の価値が同じであれば、金銭的価値が上昇する。したがって、金銭的価値の上昇は商品価格の比例的低下と商品価格の上昇に比例した金銭価値の低下を意味するものではない。これは変更されていない商品にのみ適用されます。例えば、その価値が均等に、かつ金銭的価値と同時に増加するそのような商品は、同じ価格を維持する。彼らの価値が金銭的価値よりもゆっくりまたは急速に増加する場合、価格の下落または上昇は、価値の動きと金銭の動きの差などによって決定されます。

 ⑬私たちは--価格の形式の検討に戻りましょう。
  <⑱ ⑲ ⑳ 段落にて、価値尺度と価格の度量標準についてまとめられています。>
 ⑭金属の重量のお金の名前は、歴史的に重要なものを含むさまざまな理由から、
  元々の重量の名前から徐々に分離されています。
1.あまり開発されていない人々への外貨の導入。
 古代ローマでは、銀貨と金貨がまず外国の商品として流通した。
 これらの外国のお金の名前はネイティブの体重の名前とは異なります。
2.富の発展に伴い、より貴な金属は価値の測定の機能から
 貴族に取って代わられます。金による銀、銀による銅は、
 すべての詩的な年表のこの順序に反する可能性があります。(56)
 銀の真のポンドのお金の名前。金が価値の尺度として金を置き換える
 やいなや、金と銀の価値に応じて同じ名前が金の1/15などと関連す
 るかもしれません。お金の名前と金の普通の重量の名前としての
 ポンドは今分かれています。(57)
3.何世紀にもわたり、王侯による偽造が続き、実際には硬貨の元の
 重量の名前だけ残っていた。 (58)

 ⑮これらの歴史的プロセスは、金属重量のお金の名前を通常の重量の名前から人々の慣習に分離させます。一方では、金銭的規模は純粋に従来のものであり、より一般的な妥当性を必要とするため、最終的には法律によって規制されている。貴金属の特定の重量部、例えば、 1オンスの金は、ポンドや泥棒などの法定の洗礼名が付されたアリコートに正式に分けられます。実際の金額の単位としてカウントされるこのようなアリコートは、法定洗礼名で別のアリコート部分に細分され、シリング、ペニーなどにです。(59)
特定の金属重量は、金属のお金の尺度のままです。ディスポジションとネーミングが変更されました。

 ⑯商品の価値が理想的に変換された金額や金額は、今や金の名義や金本位制の合法的な名義で表現されています。だから、クォーター・コムギは1オンスの金に等しいと言っているのではなく、イギリスでは3ポンドと同じです。 101 / 2d。商品は価値あるものと言われて自分のお金で自分自身を言います。物を価値として、したがって金銭的な形で固定する必要があるときはいつでも、お金は計算上のお金として役立ちます。 (60)

 ⑰物の名前は、その本質から完全に外れています。男がヤコブスと呼ばれることを知っているとき、私は何も知らない。同様に、お金の名前ポンド、チョーラー、フランク、デュークタットなどでは、値関係のすべてのトレースが消えます。これらの<Kabbalistic>兆候の秘密についての混乱は、お金の名前が商品の価値を表し、同時に金属の重量の一部分、金銭的なスケールと同じくらい大きいほど大きい。 (61)一方で、価値は異なることが必要である。商品の世界のカラフルなボディから、それらは概念的には客観的であるが、単純な社会的形態に発展する。 (62)

⑱価格は、商品で客観化された労働の貨幣の名前です。
したがって、商品の相対価額は常に2つの商品の等価性の表現であるため、商品と価格の同値はその価格であるが、同値化(63)である。

しかし、商品の価値の大きさの指数としての価格が--交換での関係を貨幣と乖離させるならば、逆に、交換比率の指数での関係は必然的に価値の大きさの指数となる。
同じサイズの社会的に必要な仕事は、小麦の1/4と2 Pfd.Stで起きた。 (約1/2オンスの金)。

四半期小麦の価値サイズ、またはその価格の貨幣での表現です。今、状況を彼が3ポンドに連れて行くことを許すか、1ポンドに注意して1ポンドにする。

ここでは3ポンド。小さすぎるか大きすぎる小麦の価値の大きさの表現として、しかしそれにもかかわらず、彼らはお金との交換関係の第一に彼らの価値形態、貨幣を示し、そして第二に指数であるため、同じ価格です。
生産条件が同じである場合や労働生産力が一定であれば、四分の一小麦の再生には同じ労働時間を費やさなければならない。このような状況は、小麦生産者や他の商品所有者の意向に左右されます。

したがって、商品の価値は、その教育過程に内在する社会的労働時間と必要な関係を表している。

With the transformation of value into price, this necessary relationship appears as the exchange ratio of a commodity with the money that exists outside it.
価値の価格への変換では、この必要な関係は、商品の交換比率として、その外に存在する貨幣と表示されます。
 <With the transformation of value into price,ーーとありました。>
しかし、この関係では、商品の価値の大きさは、一定の状況下で販売可能であるだけでなく、それ自体を表現することができます。価格と価値の大きさの間の定量的な不一致の可能性、または価値の価値からの価格の偏差は、価格形態そのものにある。

これはこの形式の欠陥ではないが、逆に、規則が盲目的なものである適切な形態の生産形態となっている。不規則性の平均法が優先できる。

 ⑲しかし、価格設定は、価値の大きさと価格との間の量的不一致の可能性を残すだけでなく、 価値サイズとそれ自身の貨幣表現の間にあるが、質的矛盾を抱くことができるので、貨幣は価値とみなされるが、財産の価値形態に過ぎない。
商品自体にないもの、例: 良心、名誉、等は、彼らの所有者のお金を販売することができ、したがって価格を介して商品の形態を得ることができます。 したがって、物は正式に価値を持たずに価格を持つことができます。 ここでの価格表記は、数学のある程度のように、虚偽になります。 一方で、人間の仕事が客観化されていないため価値がない未耕地の価格などの想像上の価格形態は、真の価値関係やそれに由来する関係を隠している。

 ⑳相対価格形式と同様に、価格は商品の価値を表す。 1トンの鉄、等価な特定の量子数、 1オンスの金を直接鉄と交換することができますが、逆に決して鉄は金と直接交換することはできません。

したがって、交換価値の効果を実際に発揮させるためには、商品はその想像上の金のみを実際の金に変えなければならないが、この変換はヘーゲルの「コンセプト」よりも「酸性」になるかもしれない自由の必要性やロブスターへの必要性の転換、シェルや父親ジェロームの爆破、古いアダムの撤去。 (64)

例えば、鉄の実態に加えて、商品は理想的な価値形態や想像された金色の姿を持っているかもしれませんが、鉄と本当に金を同時に払うことはできません。彼らの価格設定については、彼女に提示された金を見分けることで十分です。
その所有者に共通の同等のサービスを提供するために、それは金に置き換えられるべきである。鉄の所有者、例えば、世俗的な商品の所有者に、金の一種である鉄の値段で彼を呼んで、天国のように世界は答えました。聖ペテロはダンテに言いました。

"Assai bene è trascorsa
D'esta moneta gia la lega e'l peso、
Ma dimmi se tu l'hai nella tua borsa。 "

<"Gar wohl durchgangen
ist jetzo Schrot und Korn schon jener Münze
Doch sprich, ob du sie hast in deiner Börse.">

 21 価格形態には、金銭に対する商品の譲渡性とその販売の必要性が含まれます。
一方、金は価値の理想的な尺度としてしか機能しません。なぜなら、それは既に交換過程で貨幣として流通しているからです。したがって、硬貨は価値の理想的な次元に潜んでいます。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <ドイツ語から、一旦英訳--和訳するとうまく行きます。>

     第二節流通手段 A商品の変態
原P118
 ①商品の交換には、矛盾した、相互に排他的な関係が含まれていることが分かった。
商品の開発はこれらの矛盾を解決するものではなく、彼らが動く形を作り出しています。これは真の矛盾が解決される方法です。それは、例えばである。ある身体が常に他の身体に落ちて、それと同じように絶えず絶えず逃げるという矛盾。楕円は、この矛盾が解消され、解消される運動の一形態でもあります。

 ②交換プロセスが、価値を使用する非使用価値を移転する手持ち品から出す限り、彼は社会的代謝である。有用な操作の積は、他の操作の積を置き換える。使用価値となる場所に到着すると、商品は商品交換圏から消費される領域に入ります。後者はここで私たちの興味を引く。だから、フォームの側面、すなわち、社会的な代謝を仲介する商品の形態や変容の変化だけに沿って、プロセス全体を見なければならない。

 ③この形の変化の全く不十分な概念は、価値そのものの概念に関するあいまいさとは別に、商品の形態のあらゆる変化は、共通の商品と共通の商品である2つの商品の交換において生じる。もしこの物質的な瞬間、金との物の交換を速く握っていれば、見えるものを見落とす、つまりその形態に何が起こるのか見落とすでしょう。単なる商品としての金はお金ではなく、他の商品は金の金額を自分の貨幣形態で参照していることが見落とされています。

④ー①商品は最初に裸になり、甘みがなくなり、櫛が成長し、交換の過程で成長します。
  彼は商品の倍増をコモディティ<商品>と貨幣に、そこでは彼らは、
  内在的な価値と使用価値に反対する外的対立を生み出している。
  これとは対照的に、コモディティ<使用>価値としての商品は交換価値としての貨幣
  に直面している。

④-②一方、対立の両側は、商品であり、すなわち、ユーティリティの価値と価値の単位です。
  しかし、この違いの統一性は、2つの極のそれぞれで逆転し、同時にそれらの相互依存性を構成する。

④-③商品は使用価値であり、その価値は価格に理想的にしか現れず、
  これを真の価値形態として反対の金に関連付ける。

④ー④逆に、金の材料はWertermateriatur、お金だけです。
  したがって、実際の交換価値です。その有用性の価値は、
  理想的には一連の相対的価値の表現にしか現れておらず、
  反対の財を実際の使用形態の周辺と呼んでいる。
  これらの相反する形の商品は、交換プロセスの実際の形態です。

 ⑤交換プロセスの現場、商品市場に、
  私たちの有名なリネンウィーバーなどの商品所有者を同行させましょう。
  彼の物品、20キュビットのキャンバスは価格決定される。
  あなたの価格は2 Pfd.Stです。彼は約2時間Pfd.Stのためにそれらを交換します。
  古い穀物と穀物の人は、2つのPfd.Stを交換する。再び同じ価格の家族の聖書に反する。
  彼のためのキャンバスは価値のある金である金を奪われ、
  この形から別の商品に逆戻りして売られていますが、商品として、
  ウィーバーの家に移ることになっていますその啓発的ニーズを満足させます。

このように、商品の交換プロセスは、商品の貨幣への変換と、貨幣から商品への変換という2つの相反した相補的変態で行われる。 (65)
商品変容の瞬間は、商品所有者の貿易と同時に、売却、商品と貨幣の交換、購入、商品との貨幣の交換、両方の行為の統一:買うための販売。

 ⑥リネンウィーバーが今取引の最終結果を見ると、彼はキャンバスの代わりに聖書を持ち、元の商品の代わりに同じ価値を持っていますが、有用性は異なります。同じように彼は人生と生産の他の手段を充当しています。彼の視点から見ると、プロセス全体は、労働生産物と外国人労働生産物、製品交換とのやりとりのみを伝えるものである。

 ⑦したがって、商品の交換プロセスは、以下の形式の変更で行われます。
  グッズ - お金 - 商品。
    W-  G -  W。

 ⑧その物質的な内容によると、運動は商品に対する商品の交換、社会的労働の代謝であり、
  結果としてプロセス自体は消滅する。

⑨ー①W - G. 製品または販売の最初の変態。
  商品の価値から金の身体への商品の価値のスキップは、
  他のところではそれを商品の宙返りと呼んでいます。
  彼が失敗した場合、それは不正行為をした商品ではなく、商品の所有者です。
  社会的分業は、多様なニーズに応える一方的なものとなっています。
  それが彼の製品が交換価値としてのみ役立つ理由です。
  しかし、それは一般的な社会的に有効な相当額の金額を受け取るだけであり、
  その金額は外国のポケットに収められている。
  それを抽出するためには、商品は何よりも貨幣所有者の使用価値でなければならない。
  すなわち、消費された労働は社会的に有用な形で費やされなければならず、
  社会分業の一部であることが証明されなければならない。

  しかし、分業は生産者の後ろに糸が織り込まれ、織り続ける生産の自然な生物です。

  おそらく商品は、新しく生まれた必要性を満足させるふりをしたり、
  自分で必要性を呼び起こしたりする新しい働き方の産物であると考えられます。

  昨日、同じコモディティプロデューサーの多くの機能のうちのもう1つの機能、
  今日のこのコンテキストからArbeitsverrichtungがおそらく涙を流し、
  独立して市場に独立した商品として自分の製品を送ります。

⑨ー②この離婚手続きのために、状況が熟しているか未熟である可能性があります。
  今日の製品は、社会的ニーズを満たしています。
  明日、それは同じタイプの製品によってその場所から完全にまたは部分的に
  置き換えられているかもしれない。
  私たち自身のリネンウィーバーのような仕事が社会的分業の特許メンバーでもある場合、
  20ヤードのリネンの使用価値は決して保証されません。

キャンバスの社会的な必要性、そして他のすべてのような手段がある場合、ライバルのリネン製織業者によってすでに飽和していると、私たちの友人の製品は余分になり、余計になり、無駄になります。人は口に贈り物の馬を見ることはありませんが、市場に出てプレゼントを作ることはありません。しかし、彼の製品の使用価値がそれ自体を証明し、したがって金は商品に引き付けられると仮定しよう。
しかし今、それはどれくらいのお金の問題ですか?
しかし、その答えは、その価値の指数である商品の価格ですでに予想されています。
私たちは商品所有者の純粋に主観的な計算ミスを控え、市場でただちに客観的に修正されます。

彼は社会的に必要な労働時間の平均だけを彼の製品に費やしていたはずです。
したがって、商品の価格は、その中で客観化された社会的労働の量のお金の名前に過ぎない。

しかし、許可なく、リネンウィーバーの背後で、リネンウィービングミルの老舗生産条件が発酵しました。昨日、エル・キャンバスの生産のために社会的に必要な労働時間は間違いないが、今日は貨幣所有者が友人の様々なライバルの価格の見積もりから熱心に実証したように、今日はやめてしまう。

⑨ー③彼の不幸には、世界には多くの織り人がいる。
  最後の分析では、市場に出ているすべてのキャンバスには、
  社会的に必要な作業時間だけが含まれています。それにもかかわらず、
  これらの作品の総額には過度に費やされた労働時間が含まれる可能性があります。

  市場の胃全体の量子画面、2の標準価格のためのsh。 Elleによって、吸収しないことによって、
  これは総社会的労働時間の余りがリネン製織の形で費やされたことを証明する。
  この効果は、すべてのリネンウィーバーが、個々の製品で社会的に必要な作業時間
  以上に費やした場合と同じです。

  ここには意味があります:捕まえられ、吊るされています。

  市場のすべてのキャンバスは貿易品目とみなされ、各部分は小分け部分としてのみ扱われます。
  実際、個々の次元の価値は、実際に類似した人間の労働の社会的に決定された量の物質だけである。
 <1878年11月28日付の手紙で、ロシアの首都ロシア語翻訳者、Danielsonに、
  マルクスは次のように最後の文章を変更します:
   "そして実際、個々のキュビットの価値は、全量子の部分の重要性
 「ソーシャルワーククォンタムを費やしました」と述べています。
  同じ修正は、マルクスの「資本」第1巻の第2版の個人的なコピーにもありま
  すが、彼の手ではありません>

 ⑩あなたが知っている、
  商品はお金を愛するが、 "真の愛のコースは決して円滑に動かない"
  <"本当の愛の道は決して平等ではない">。

  質的にも同様に自然かつ偶然的なのは、生産の社会的有機体の定量的組織であり、
  これは分業体系における膜の消滅を表している。
  したがって、私たちの商品所有者は、独立した民間生産者である同じ労働者の分業、
  この過程における社会的生産過程とその関係が、彼らを互いに独立させ、
  人々の独立は普遍的な事実に依存するシステムによって補完されることを発見する。
   <物象的依存体制に依存したーー人々の社会関係ーーなのです。>

 ⑪労働の分業は作業成果物を商品に変え、それによって貨幣への変換を必要とする。

それと同時に、この変容が成功するかどうかは偶然になります。しかし、ここでの現象は純粋に考えられるため、通常のプロセスを前提としています。ちなみに、たとえそれがまったく起こっても、物資は回収不能ではなく、形の変化はいつも起こるが、この物質の価値の大きさの変化に異常には失われたり追加されたりするかもしれない。

 ⑫1人の商品所有者が金を彼の商品で置き換え、もう1人は金で置き換える。
  明らかな現象は、商品や金の手や職業の変化、キャンバス20キュビット、純2ポンドの変化です。

  彼らの交換です。しかし、商品の交換は何ですか?
  独自の一般的な価値形態を持っています。

  金についてはどうですか?
  そのユーティリティ値の特定の形状を持つ。

  なぜ金は貨幣としてキャンバスに直面するのですか?
  彼らの価格は2Pfd.Stです。または彼女のお金の名前はすでに貨幣として金を指しています。

  元の商品形態の疎外は商品の販売を通じて行われる。
  彼らの使用価値が実際に価格で提示された金を実際に引き付ける瞬間です。

  価格や商品の単なる感傷的 価値フォームの実現は、
  したがって、また、お金の唯一のイデオロギー的な使用価値の実現を逆転し、
  商品への貨幣の同じ時間での変換で、貨幣への商品の転換です。

1つのプロセスは、貨幣所有者の購入の相手から、商品所有者の販売の極からの、両面プロセスです。
または販売は購入、同時にW - G  G - W.(66)

⑬ー①これまでは、商品所有者以外の国民の経済的関係、外国人労働者を自ら疎外
   させることによってしか得られない関係を知ることはできませんでした。
⑬-②したがって、商品所有者は、貨幣所有者として直面することができます。
   なぜなら、彼の仕事の製品は本質的に貨幣形態をしているか、それはお金が、
   金などであるか、または自分の商品が既に皮を剥いて元の使用形態を取り除
   いたからです。
  ③もちろん、貨幣として機能するためには、ある時点で金が商品市場に参入し
   なければなりません。
  ④しかし、その瞬間からは、常に商品の価格を実現しています。 (67)
  ⑤すべての商品所有者の手の金は、その生産源での商品との貨幣の交換以外に、
   湧きおこることがあり、販売された商品であり、販売商品または最初の商品
   の変容の疎外された形態であるW -G(68)であり、すべての商品がその中
   でーー価値尺度して、その実用的な形態である、価値形態にし価値は金にな
   りました。
  ⑥彼らの疎外によって、物資は本当に疎外された、あるいは変形された使用形
   態になり、したがって実際の価値を生み出すため、実際のお金になります。
  ⑦この価値形態で、商品は、その無差別な人的労働の統一された社会的素材と
   混ざり合うために、その自然な価値の使用の痕跡とそれが起源である特別に
   有用な仕事を取り除きます。

したがって、財を吹き飛ばす金を見ることはありません。ある人は彼女のお金のように見えます。
汚れはお金ではありませんが、お金は汚れている可能性があります。私たちのリネンウィーバー
が彼の商品を販売している2つの金のキツネが、小麦の四分の一の変形形態であるとしましょう。

  ⑧キャンバスの売却、W - Gはまた、彼らの購入、G - Wです。しかし、キャ
   ンバスの販売として、このプロセスは、聖書の購入とは反対に終わる動きを
   開始します。キャンバスの購入として、彼は小麦の販売と反対のものから始
   まる動きを終わらせる。
  ⑨ W - G - W(キャンバス - お金 - 聖書)のこの第1段階は、同時に別
   の動きW - G - Wの最後の段階であるG - W(貨幣ーキャンバス)である
   (小麦 - お金 - キャンバス)であります。
  ⑩ 商品の最初の変態、すなわち商品形態から貨幣への変容は、同時に、他
   の商品の第2の反対の変態であり、貨幣形態から商品への転換である。(69)

 ⑭商品の第二または最終的な変態:購入。
  他のすべての商品や一般販売の商品が空になっているため、お金は絶対に外に出てくる商品です。
  それはすべての価格を逆方向に読み取るので、商品化された商品の献身的な素材としてすべての商品に反映されます。
  同時に、物品が彼に波を送る価格、愛の目は、変容のための彼の容量の障壁、すなわち彼自身の量を示す。
  商品がそのお金を得ることで消えていくので、その所有者の手に入るか、それに変換されるときには、そのお金を見ません。
  non olet <何の起源であれ、それは悪臭を感じません>。
  一方では、商品が販売されている場合、他方では購入可能な商品を表す場合。 (70)

 ⑮G - W、購入も販売、W - Gです。
  したがって、商品の最後の変態は、同時に他の商品の最初の変態である。
  私たちのリネンウィーバーのために、彼の商品のカリキュラムは聖書で完成されています。
  そこでは彼は2 Pfd.Stを与えます。元に戻っている、しかし、聖書セールスマンは、
  2 Pfd.Stを置く。穀物ブランデーでですね。

  W - G - W  (キャンバス - お金 - 聖書)の最終段階であるG - Wは、
    W - G - W(Bible - Money - Grade Brandy)の第1段階であるW - Gです。
  商品生産者は片面のみの製品を提供するため、多量に販売することが多いが、多彩なニーズは、
  実現した価格や数多くの購入に費やされた金額を絶えず分解するよう強制する。
  したがって、販売は、様々な商品の多くの購入をもたらす。
  したがって、商品の最終的な変態は、他の商品の最初の変態の合計を構成する。

 ⑯ここで、商品の全変態作用を考慮する。
  キャンバスでは、最初にそれが2つの相反する補完的な動きW-GとG-Wで構成されていることを見てみましょう。

  商品のこの2つの相反する変化は、商品所有者の2つの反対の社会的プロセスで起こり、
  その経済的特徴を示しています。
  販売代理店として、購入バイヤーの代理人として売り手になります。
  しかし、商品のあらゆる変化と同じように、形や形や形の両方が同時に存在し、反対の極でのみ、
  同じ商品所有者が別の購入者に売り手として反対し、別の売り手には買い手として反対する。

  同じ商品が、連続的に2つの逆転した変化を経て商品から貨幣となり、貨幣から商品になると、
  同じ商品の所有者が売り手と買い手の役割を変える。
  したがって、これらは明確な文字ではなく、商品の流通の中で常に変化する文字である。

 ⑰商品の完全な変態は、最も簡単な形で、
  4つの極端な表現と3つの人物のドラマティズム<演技者>を前提としている。

  第一に、商品は、相手側に、
  外国のポケットで事実上厳しい現実を持っている価値形態として、貨幣に直面しています。
First, the goods are confronted with money as their value-form, which, on the other side, possesses factually harsh reality in a foreign pocket.

  したがって、商品所有者は貨幣所有者に直面するのです。

  商品が貨幣に変わるとすぐに、商品は消えた同等の形態であり、
  商品の他の商品に存在する使用価値または内容になります。最初の商品変換の終点として、
  お金・貨幣はまた第二の商品の出発点です。
  したがって、第1行為の売り手は第2行の買い手になり、売り手として商品の第3所有者と対峙する。(71)

 ⑱商品変態の動きの2つの逆の段階は、商品形態ー商品形態の剥奪ー商品形態への復帰のサイクルを形成する。
  しかし、ここでは商品そのものが反対の方向に決定されています。
  開始点では、その所有者のエンドポイント使用価値で、使用されていない値です。
  したがって、貨幣は、まず商品価値が固定された水晶のように現れ、
  その商品はその後にその同等物として分散されるのです。

 ⑲1つの商品のサイクルを構成する2つの変態は、同時に他の2つの商品の逆の部分的変態である。
  同じ布(キャンバス)が一連の独自の変態を開き、別の商品(小麦)の変態を閉じます。

  彼女の最初の変換、販売中に、彼女は自分1人でこれらの2つの役割を果たします。
  一方、それ自身がすべての肉体の道を進む金クリサライドとして、
  それは同時に第3の商品の最初の変態を終了させる。
  の商品の変容の一連が記述するサイクルは、他の商品のサイクルと密接に結びついている。
  全体的なこのプロセスは、商品循環としての役割を果たす。

⑳ー①流通は形式的なものではなく、本質的に商品の交換とは区別されます。
  プロセスのレビューを投げてください。
  リネンウィーバーは必然的にキャンバスを聖書と交換しました。
  しかし、この現象は彼にしか当てはまりません。
 ②リネンウィーバーは小麦が彼のキャンバスなどに交換されたことを知らないので、
  熱く好きな聖書代理店は、キャンバスを聖書に交換するとは考えていませんでした.
  Bの商品はAの商品に取って代わられました。
 ③ Bの交換では--商品を往復しません。実際に、AとBが交互に購入することもありますが、
  このような特定の関係は商品流通の一般的な条件に決して左右されません。
 ④一方では、物品の交換が直接的な製品交換の個々の障壁と地方の障壁をどのように崩壊させ、
  人間の労働の代謝をどのように発展させるかがここで見られます。
 ⑥一方、制御不能な社会的関係の行動主体からは、全体の円が形成されている。
 ⑦ウィーバーキャンバス、蒸留器は水のみを燃やしたので、ウィーバーは小麦、
  ホットスポットの聖書を持っているため、キャンバスを販売することができます。
  もう一方はすでに永遠の命の水などを売っていたからです。

21 この理由から、製品の即時交換のように、循環プロセスは、位置または手の使用価値の
  変化において止まらない。お金は消えません。
  なぜなら、それは最終的に商品の変身のシリーズから脱落するからです。
  それは常に商品によってクリアされた流通地点で命中します。
   たとえば、キャンバスの全変態:キャンバス - お金 - 聖書はまず流通のキャンバスから落ち、
  お金はそれを置き換え、その後聖書は流出し、お金はその場所を取る。
   同時に商品に商品を差し替えることで、第三者がお金を掛けることができます。
  (72)循環は常に汗をかいている。

22ー① キャンバスの売却、W - Gはまた、彼らの購入、G - Wです。
  しかし、キャンバスの販売として、このプロセスは、聖書の購入とは反対に
  終わる動きを開始します。
  キャンバスの購入として、彼は小麦の販売と反対のものから始まる動きを終わらせる。
  この理由から、製品の即時交換のように、循環プロセスは、
  位置または手の使用価値の変化において止まらない。

22ー②お金は消えません。なぜなら、それは最終的に商品の変身のシリーズから脱落するからです。
  それは常に商品によってクリアされた流通地点で命中します。
  たとえば、キャンバスの全変態:
  キャンバス -Money - Bible - お金 - 聖書はまず流通のキャンバスから落ち、
  貨幣はそれを置き換え、その後聖書は流出し、貨幣はその場所を取る。
  同時に商品の商品への差し替えることで、第三者が貨幣を掛けることができます。 (72)
  循環は常に発汗しているーー貨幣。
 ③すべての売却が買物であり、逆もまた同様であるため、
  商品販売に必要な売買と売買のバランスが必要であるというドグマよりも愚かなことはありません。
  これは、実際に完了した売り上げが同じ数の購入と等しいことを意味するので、
  それはフラットトートロジーです。
 ④しかし、それは売り手が自分の買い手を市場に導いていることを証明するはずです。
  セールと購入は、商品所有者と金銭所有者の2つの極端な対立の間の相関関係と同じ行為です。
 ⑤彼らは同じ人の行動として2つの正反対の行動を形成する。
  したがって、販売と購入のアイデンティティは、流通の藻類に投げ込まれたときに、
  それが貨幣として出てこない場合、商品所有者によって販売されない、
  すなわちお金で買われた場合、商品が役に立たなくなることを意味する-貨幣オーナー。

 ⑥そのアイデンティティは、プロセスが成功すれば、
  それが長くなるかまたはより短くなることができる商品の生存期間でもあることを意味します。
  商品の最初の変態は販売と購入の両方であるため、このサブプロセスは同時に独立したプロセスです。

 ⑦バイヤーには商品があり、売り手にはお金があります。
  遅かれ早かれ市場に出現して循環型を保つ製品です。誰も買わないでは売ることもできません。
  しかし誰も自分自身を売ったので直接購入する必要はありません。
  流通は、自分自身の交換と外国の労働生産物の交換との間の即座のアイデンティティーを
  販売と購入のコントラストに分割することによって、商品交換の一時的、
  地域的および個別の障壁を解消する。自己対立するプロセスが内部統一を形成するということは、
  内部統一が外的矛盾で動くことを意味する。
  内向き従属者の外部の自律性が、互いに補完し合ってある程度継続している場合、
  統合は危機によって強制的にアサートされます。

 ⑧使用価値と価値の本質的な反対のことがら、そして、
  私的労働が直接的な社会的労働として表現されなければならず、
  特定の具体的労働が抽象的な一般労働としか考えられないものものである、
   of personification of the thing <物象の人格化>
   and objectification of persons -<人の客観化 >

 <Fungibility ? treating the person as interchangeable with (other) objects
 代替性 - 人を(他の)オブジェクトと交換可能に扱う>

22ー⑨この内在的な矛盾は、商品の変態の反対に、その発展した形の動きを受け取ります。
  したがって、これらの形式には可能性が含まれますが、危機の可能性のみが含まれます。
  この可能性の現実への発展は、単純な商品流通の観点からも存在しない条件の全範囲を必要とする。 (73)

23 商品流通のメディエーターとして、資金は循環手段の機能を受け持つ。
   As a mediator of commodity

http://

 

三章 価値尺度 流通手段 の報告

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月 6日(火)19時05分43秒
返信・引用 編集済
   資本論を読む会 広島の報告を転載させて戴きます。
 杉本は、苦心を転載しています。有難うございます。
 杉本は、二章から三章への記述の理解を進めています
 読みやすくするために、編集しときました。


  <三章 第一節 価値尺度>
http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=10

  <説明> 第3章 「貨幣または商品流通」の第1回目

0) はじめに
 さて、今回からは第3章「貨幣または商品流通」第1節「価値の尺度」の復習説明に入ります(第2節「流通手段」以降をどのように進めるかは、また相談します)。
第1、2章の商品論では、主役は商品でしたが、第3章の貨幣論では主役が貨幣に移り、人々の関係は貨幣の諸機能として現われることになります。 商品と貨幣について、簡単に振り返って説明しておきましょう。
 商品の「価値」とは、「その実体」は、その質を問わない、単なる労働の支出としての、その意味で抽象的な人間労働であり、またそうしたものとして相互に比較され得る労働の大きさでした。しかしこうした商品価値の実体やその大きさは、「社会的なもの」すなわち労働のもつ社会的な性格に起因するものなのですから、商品(生産物)自身の姿やその使用価値(有用性)において存在するわけではありません。しかしながら、商品は「交換価値」を持つことによって、つまり他の「使用価値」を持った商品との「交換比率」を持つことによって、自らを特定の使用価値であると同時に価値をも持つものとして表現しています。
 商品交換の発展とともに、人々の頭からは交換価値と労働時間との関係の意識は脱落していきますが、それと反比例して商品の価値形態(商品の二重化)が発展し、商品の価値性格ないし労働の社会的な性格は、最終的に「貨幣」という“物”として結晶することになります。商品はその価値(社会的必要労働時間)を共通の価値形態で相対的に表現することによって、商品相互の全面的な交換と、それによって社会生活を成立させるための総労働の分配の方法を獲得することができるのです。(もちろん、多くの矛盾を含みながらですが。)
こうして貨幣が成立すると、人々の商品交換における諸関係は、貨幣の諸機能として意識され、貨幣は人々の経済関係すなわち商品交換における主役として振舞うことになります。

『資本論』の前身である『経済学批判』から、第3章「貨幣または商品流通」の理解のために参考になると思われる部分をいくつか紹介しておきましょう。
  ーーーーー略ーーーーー
 ①「読む会」だより(17年3月用)

1) 貨幣の「価値の尺度機能」とは何か

 現代の資本主義では、貨幣すなわち社会的労働の一般的な表現(対象化された姿での)ないしは一般的等価物としての金(ないし銀)は流通からは追放されており、もっぱら信用貨幣である中央銀行券などで「代理」されています。このため、貨幣の「機能」も見えにくいものになっていますが、マルクスは貨幣には大きく言って三つの機能があると述べています。一つは「価値尺度」としての機能、二つには「流通手段」としての機能、そして三つには「(独立した価値の結晶としての)貨幣」としての機能です。
これらの貨幣の機能のなかで、貨幣をまさしく貨幣とする最も基本的な機能が「価値尺度」機能であるとマルクスは言うのですが、商品の価値自体がその本来の労働時間という姿では現われ得ないということもあり、貨幣の「価値尺度機能」という言葉は分かりにくいものでしょう。マルクス自身はこう述べています。

・「金<貨幣商品として前提されている金>の第一の機能は、商品世界にその価値表現の材料を提供すること、または、諸商品価値を同名の大きさ、すなわち質的に同じで量的に比較の可能な大きさとして表わすことにある。こうして、金は諸価値の一般的尺度として機能し、ただこの機能によってのみ、金という独自な等価物商品はまず貨幣になるのである。」(全集版、125頁)

誰もが知っているように、商品はみな価格を(円、ドル、ユーロ等々の)もっており、価格においては商品はみな「質的に同じで量的に比較の可能な大きさとして表わ」されています。しかしこの「価格」とは何であり、また価値の価格としての表現はどのようになされ得るのでしょうか(ちなみに、ブルジョア経済学は価値とは何かを知ることなく、価格と価値を同一視するのですが、これはまさに物神崇拝というべきでしょう)。
ここでマルクスが言っているように、「価値の尺度」の機能とは、価値(労働時間)を価格(金の量)で表現することにおける、言いかえれば貨幣としての金の大きさで諸商品の価値の大きさを計る(尺度する)場合の、価値の表現材料としての──すなわちその身体で商品価値を表現するという──貨幣の役割のことなのです。価格とは金の量で表現された価値の大きさなのですが、諸商品の価値関係のなかでは、貨幣・金は、使用価値としてではなくて、価値として、つまり対象化された一般的労働時間の一定量としての役割を担っているのです。
金がその身体によって諸商品が価値を表現するための材料となる、という貨幣の価値尺度機能は、一見簡単なことのようですが、ここには重大な問題が潜んでいます。マルクスは続いてこう述べます。

・「諸商品は、貨幣によって通約可能になるのではない。逆である。すべての商品が価値としては対象化された人間労働であり、したがって、それら自体として通約可能だからこそ、すべての商品は、自分たちの価値を同じ独自な一商品で共同に計ることができるのであり、また、そうすることによって、この独自な一商品を自分たちの共通な価値尺度すなわち貨幣に転化させることができるのである。価値尺度としての貨幣は、諸商品の内在的な価値尺度の、すなわち労働時間の、必然的な現象形態である。」(同)

貨幣(金)が商品価値の大きさを「尺度」し、それを「価格」(一定の金量)として表現しうるのは、一方で、すべての商品が価値としては、すなわち対象化された人間労働としては同質であり、通約しうるからであり、他方では、金が一般的等価であり、価値の独立した存在であると社会的に認められているからにほかなりません。
価格表現(価格現象)という結果だけにとらわれて、価値を価格として表現するためのこうした方式を見ないならば、価値とは価格のことのように見えるほかありません。

ちなみに、『経済学批判』では価値尺度について次のように触れられていますので、参考までに紹介しておきます。
・「流通の最初の過程は、いわば現実の流通のための理論的準備過程である。使用価値として実在する諸商品は、まず、それらが互いに観念のうえで交換価値として、対象化された一般的労働時間の一定量として現われるような形態を自分で創造する。この過程に必要な最初の行為は、我々が知っているように、諸商品が特殊の一商品、たとえば金を、一般的労働時間の直接の体化物、または一般的等価物として除外することである。……
すべての商品がその交換価値を金で、一定量の金と一定量の商品とが等しい労働時間を含むような割合でもって計るので、金は価値の尺度となる。」(岩波文庫、P75)

2017年3月25日


http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=9

 ② 「読む会」だより(17年6月用) 文責IZ


(説明) 3章1節、貨幣の価値尺度としての機能の4回目

3月に第3章の1節、貨幣の価値尺度機能に入りましたが、4月、5月と本論とは少しそれてしまいました。貨幣の価値尺度機能について思い出していただくということもあり、まず「たより3月用」の《1)貨幣の「価値の尺度機能」とは何か》の補足から始めましょう。

《1)貨幣の「価値の尺度機能」とは何か の補足》

「たより」では、《「価値の尺度」の機能とは、価値(労働時間)を価格(金の量)で表現すること<場合>における、言いかえれば貨幣としての金の大きさで諸商品の価値の大きさを計る(尺度する)場合の、貨幣の役割のことなのです。価格とは金の量で表現された価値の大きさなのですが、諸商品の価値関係のなかでは、貨幣・金は、使用価値としてではなくて、価値として、つまり対象化された一般的労働時間の一定量としての役割を担っているのです。金がその身体によって諸商品が価値を表現するための材料になる、という貨幣の価値尺度機能……》と説明しました。

一般的等価物として、他の諸商品と無条件に交換可能であるということによって、金は「貨幣」として認められることになります。言いかえれば、これは事実上、その金という身体(自然形態)が対象化された人間労働の一定量としてのみ評価されるということです。だから貨幣・金はその金量において諸商品の価値の大きさを表現できるのであり、この商品の価値の大きさを一律に測るための貨幣・金の役割のことが、「価値尺度機能」と呼ばれるのです。

このことを本来的な労働の関係においてもう少し見ていくと、商品の交換関係のなかでは、金を産出するという特定の労働が、種々の使用価値を生み出す人間の労働全体の“代表”と見なされるということ、否、単に諸労働の“代表”であるばかりではなくて“人間労働そのもの”であると見なされるということです。言いかえれば、ここでは貨幣・金を産出する労働は、その金を産出するという具体的、有用的な側面が無視されて、ただ人間労働であるという抽象的な側面で存在する限りでのみ、諸商品の価値の大きさを表現するという役割を果たすのです。(そして、こんな不可思議なこと──人間の労働全体の一部をなすにすぎない特定の労働が、同時に労働一般すなわち“人間労働そのもの”と見なされる──が、どのようにして可能なのか。これを解明したのが第1章3節「価値形態」の「相対的価値形態の内実」の項でした。)だからこそ、諸商品によって一商品・金が貨幣(一般的等価物)であると認められると(貨幣という形態規定が与えられると)、金は“直接に”その身体の大きさで、諸商品の価値の大きさである労働時間を表現する──という機能を持つ──ことになります。

こうして、諸商品の共同の働きかけによって貨幣が成立すると、諸商品はすべて、その「価値」の大きさ(支出労働量)を金という単一の貨幣商品によって、つまり金という特定の物体の一定量で、共通に表示することができます(これが「価格」です)。すべての商品(貨幣である金を除いた)は、価格という共通な姿をもつことによってはじめて、相互にその価値の大きさを──直接に労働時間としてではなく、対象化された労働時間としての意味をもつ一定の金量としてですが──測り得ることになり、したがってまた一定の比率で同じもの、交換可能なものとして関係できるものになり、名実ともに商品になることができるのです。(これが「価値の価格への転化」と言われるものです。)

ところで、諸商品においては、ある商品はそれに含まれる労働量が等しい他の商品と関係します。しかしながら、貨幣の役割においては、貨幣商品・金は、それに含まれている労働量が等しいということによって他の商品と関係しているのではない、ということに注意が必要です。諸商品は、他の商品と交換されるためには、それに含まれている価値の大きさが他の商品と等しくなければなりません。だからこそ諸商品はその価値の大きさを貨幣で共通に測りあわなければなりません。しかし、貨幣・金は単に諸商品が相互に価値の大きさを表示するための共通の物質的“材料”として物質的尺度として、この関係に持ち込まれているだけなのです。貨幣・金は、諸商品にとって、それに含まれている労働量が諸商品と等しいという役割において価値表現のなかに持ち込まれたのではありません。それは、対象化された人間労働の一定量を表現する“物質的材料”としてとしてのみ、言い換えれば、諸商品に含まれている具体的な諸労働を無差別な「人間労働」に還元する役割のためにのみ、この関係のなかに持ち込まれているにすぎないのです。このことは貨幣の役割を理解するうえで重要です。

貨幣の価値尺度機能について、久留間鮫造は『貨幣論』において分かりやすく触れていますので紹介しておきます。

 「実際に売買される場合の価格の高さが何で決まるかというようなことを問題にする前に、われわれは、<量ではなくて>形態としての価格を問題にする必要がある。価値が金の姿で表示され、価格の形態をとるということ、このことはいったい、商品生産にとってどのような意味をもつかという問題、これをわれわれは、まず第一に明らかにしなければならぬ、とマルクスは考えているわけです。

 商品生産は直接社会的な生産ではない。商品を生産する労働は当初から社会的な労働なのではなく、直接には私的な労働です。そういうものから社会的生産の体制が生じるためには、商品生産者の私的な労働はなんらかの契機において、なんらかの形態において、社会的労働にならねばならぬ。ではどのような形態で、商品生産者の労働は社会的労働になるかというと、結局、金の姿ではじめてそういうものになる。だから商品は、そのままでは任意の他商品に替わるわけにはいかないが、いったん金になると、どの商品とでも交換可能になるのです。

ですから、商品は金にならねばならぬわけですが、それではどのようにして金になるかというと、言うまでもなく販売によってなる。販売においては、商品の使用価値が譲渡されて、その代わりに金が与えられる。

これはどういうことかというと、使用価値は特殊的具体的な属性における労働の所産なのですから、使用価値が譲与されるということは、ひっきょう<結局は>、労働のこの特殊的具体的な属性が脱ぎ捨てられることを意味するのであって、それによって労働は抽象的一般的な労働に還元される。そしてこの、抽象的一般的労働という形態において、はじめて社会的労働になる。これが、商品が販売によって金になるということの根本の意味なのです。

このことはもちろん、金があらかじめ、商品世界の共同の行為によって、抽象的一般的な・そしてそれによってまた社会的な・労働の直接的体化を意味するものに──すなわち貨幣に──されていることを前提するので、それによってはじめて、商品の金への転化は、商品生産者の私的な具体的な労働の、抽象的一般的な、社会的な労働への転化を意味することになりうるわけです。

ところで、この貨幣としての金への商品の転化は、販売によってはじめて実現されるわけですが、この実現は、当然、商品の価値があらかじめ観念的に金に転化されていること、すなわち価値が価格に転化されていることを前提するのであって、この転化にさいしての金の役割を、マルクスは金の価値尺度機能であるとし、貨幣としての金の第一の機能であるとしているわけです。これは単なる量的規定の問題ではなく、もっと根本的な質的規定の問題です。マルクスが、従来の経済学が見落としているものとして力説している“尺度の質”というのは、究極的にはこのことを意味しているのです。」(大月版、P180)

3)商品の「価格」が、「観念的な」ものであるということはどういうことか

さて、マルクスは1)の引用に次いで、こう述べます。

 「商品の価格または貨幣形態は、商品の価値形態一般と同様に、商品の、手につかめる実在的な物体形態からは区別された、したがって単に観念的な、または想像された形態である。鉄やリンネルや小麦などの価値は、目に見えないとはいえ、これらのものそのもののうちに存在する。この価値は、これらのものの金との同等性<等置……レポータ>によって、いわばただこれらのものの頭のなかにあるだけの金との関係によって、想像される。それだから、商品の番人は、これらのものの価格を外界に伝えるためには、…略…これらのものに紙札をぶら下げるかしなければならないのである。商品価値の金による表現<すなわち価格……レポータ>は観念的なものだから、この機能<すなわち価値尺度機能……レポータ>のためにも、ただ想像されただけの、すなわち観念的な、金を用いることができる。商品の番人がだれでも知っているように、彼が自分の商品に価格という形態または想像された金形態を与えても、まだまだ彼はその商品を金に化したわけではないし、また、彼は、何百万の商品価値を金で評価するためにも、現実の金は一片も必要としないのである。それゆえ、その価値尺度機能においては、貨幣は、ただ想像されただけの、すなわち観念的な、貨幣として役立つのである。」(全集版、P126)

(1)「観念的」なものと対置されるのは「物質的」なものであって、「実在的」なものではない、という点について

以下、次回です。

2017年7月17日




http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=7

 ③ 「読む会」だより(17年9月用) 文責IZ

(前回の報告)
8月の「読む会」では、(前回の報告)の部分についてはとくに質問や意見は出ませんでした。
(説明)の「(3)なぜに観念的な価値尺度のうちには堅い貨幣が待ち伏せしているのか」の部分では、まず「“堅い”貨幣」というのはどういう意味か、自分は価格は需要等によって変化すると考えているのでその意味がよく分からない、という質問が出されました。
これに対しては、別の参加者の方から、「価格は抽象的なものだが、それが転換する貨幣は具体的で実在的なものだ、という意味で“堅い”と言われているのでないか」という意見が出されました。需要の変化等によって価格が変動するのは事実ですが、そのことと商品の価値はいつでも価格として相対的に表現されねばならないということとは、問題が別のことのように思われます。

また、価格は価値形態の発展した形態である、ということに関連して、チューターは「価値形態」という言葉は、はじめて読む人には難しいと思われる。「価格」を含めて、「価値形態」というのは、商品による価値の相対的な「表現方法」のことだと理解して読んでいただくと分かりやすいのではないかと述べました。
これにたいしては、「価値の形態(姿)」という言い方もある。この場合には「表現方法」と読むのはどうか、という意見が出されました。チューターは、たしかにその場合にはたとえば金が価値そのものを表現するものとされるという意味だ。しかしそうした場合にも、金にそのような役割が与えられるのは、商品相互による一定の表現方法によってそうなるということが重要なので、「表現方法」と基本的に考えてよいのではないか、と答え了解されました。
関連してチューターは、(報告)の引用部分で「価格は、1トンの鉄の価値を1オンスの金<右辺の商品>が鉄<左辺の商品>と直接に交換されうるということによって表現するのであるが、けっして、逆に鉄<左辺の商品>の方が金<右辺の商品>と直接に交換されうるということによって表現するのではない」とマルクスが強調していることに注意していただきたいと述べました。

また口頭説明のなかで、商品は価格をもったからと言っても、そのことによってすぐに別の商品との無条件の交換可能性を持つわけではない。マルクスは商品が価格をもつことを「理論的準備段階」という言い方もしているが、無条件の交換可能性を持つためには、いったんその特殊な使用価値の姿を脱ぎ捨てて貨幣・金に置き換わらなければならない。一般的等価物に置き換わってはじめて何とでも交換可能なものになる。と触れた点について、価格をもったからと言って商品は無条件の交換可能性を持ったわけではなく、貨幣になってはじめてそうなるというのは“当たり前”のことではないか、という質問が出されました。
チューターは、貨幣・金が何とでも交換可能だということは“当たり前”のように見えるが、それが商品の交換によって社会生活を全面的に成立させる必然性(価値)と結びついているということ。またそれは無差別な人間労働の対象化と見なされるがゆえにそうしたものであること。あるいは商品交換の一部分(媒介部分)としてもつ役割としてそうしたものになっているということは、なかなか目には見えないのではないか、と述べました。

さらに「マルクスは貨幣経済ではなくて、むしろ直接に物と物とが交換されるような体制のことを考えていたのではないか」という質問が出されました。
チューターは、その昔、バーター貿易といったものが社会主義の一つの目安だなどとされていた時代もあった。しかしマルクスが物々交換のようなものを目指していたなどと言えないことは、第2章で直接的生産物交換について、それは商品交換の未発展なものとされていることからも明らかだろう。社会主義というのは、物と物とが“貨幣抜き”に交換されるというようなことではない。それは、“労働(社会的労働)”が意識的な活動として現れ──つまり、どのような使用価値をどれだけ作るために、総労働時間をどのようにそれぞれに振り向けるのか、ということを人間自身が自覚的に組織するのだから──、支出労働時間が“物(の価値)”という姿をとらないということであり、だからこそ“貨幣”も必要ないということだ、と説明しました。

「4)想像的な価格形態」とはどのようなものか」の部分は、時間が無くなったためにあまり検討する時間がありませんでした。
(報告)のなかで、「商品の価値は、その生産に必要な社会的労働時間に対する“必然的な関係”を表現している」と述べてあるのは、所与の生産力のもとでは、一定の使用価値の生産のためには社会の総労働のうちの規定された幾らかが支出されなければならない、というような意味だということを補足しておきます。

2017年9月10日


  ④「読む会」だより(17年11月用) 文責IZ

(前回の報告)
9月の「読む会」では、まず(前回の報告)の部分で、「“観念的な”価値尺度のうちには“堅い”貨幣が待ち伏せしている」という表現について、やはりよく分からないという意見が再度出されました。この点については、参加者から「以前は金貨や銀貨もあったし、貨幣が硬貨だったからにすぎないのではないか」という意見が出されました。
チューターとしては、それはそうとして、むしろ“待ち伏せしている”という表現に注意してほしい。それは諸商品が貨幣に転換されなければならない“必然性”のことを、もっと言うならば諸商品が「価格」として互いに同質・同等なものとして表現されなければならない“必然性”のことを言っているということに注意してほしいと述べました。

この点は、第2節「流通手段」の理解ともかかわっており、たんなる言葉の問題ではないと思われますので、もう少し説明しておきます。
問題となっているのは、3章第1節の最後のパラグラフ「価格形態は、貨幣とひきかえに商品を手放すことの可能性とこの手放すことの必然性とを含んでいる。他方、金は、ただそれがすでに交換過程で貨幣商品としてかけまわっているからこそ、観念的な価値尺度として機能するのである。それゆえ、観念的な価値尺度のうちには堅い貨幣が待ち伏せしているのである。」(全集版、P137)という部分です。
商品の価値というのは、諸商品を社会的に同等な必要労働時間の支出の一部分として見るということです──そして、その意味で商品の価値は観念的なものです。諸商品は、社会的に必要な労働支出の一部として見るならば相互に同等であり、だから一定の割合で相互に交換可能でなければなりません。(そうでなければ、商品交換によって社会生活を全面的に成立させることができないのですから。)
しかしながら諸商品は、相互に異質であるからこそ交換されるのであってみれば、そうした同等なものとしての姿をその商品自身の姿で、すなわちその現物形態、使用価値としての姿そのもので表現できません。だからそうした相互に同等な姿を、「交換過程で」「かけまわっている」“一つの”貨幣商品(金ないし銀)との“等価”での表現を通じて、“共通に”表現することしかできません。このように貨幣商品で“相対的に”表現された価値の表示が「価格」です。
(“相対的に”というのは、諸商品が一つの貨幣商品で“共通に”価値を表示すると言っても、それは社会的必要労働時間そのものの表示ではないのだからです。また、本来“共通な”ものは、諸労働の社会的な労働としての同等な性格なのですが、商品交換すなわち社会的に共通な労働としてではなく、相互に独立して営まれる私的労働を基礎にしているかぎり、労働の社会的な性格は生産物である商品の性格として現われるほかないからです。)
こうして諸商品が「価格」をもつということ、つまり商品の“価値”が相互に共通な一つの貨幣商品(の大きさ)として、言いかえれば“自分自身とは異なる物”で表現されるということは、諸商品が価値として、他商品と社会的に同等なものとして現われるためには、いったんそれ自身の姿を捨てて、自分自身とは異なる「貨幣」の姿をとらねばならないということでもあります。
「それゆえ」──直接的生産物交換(物々交換)とは異なって──諸商品があらかじめ「価格形態」をもつということは、一方では、特定の商品である金・銀が「交換過程で貨幣商品としてかけまわって」諸商品と等置され、諸商品に共通な等価物となることで「観念的な価値尺度として機能」するということすなわち貨幣になるということです。そこでは貨幣商品は、その現物の使用価値とは関係のない、他商品の価値の表現物として機能するという社会的機能をもちます。他方そのことは同時に、諸商品が価値として機能し、他の商品と一定の割合で置き換わるためには、“実際に”価値の形態として社会的に認められた一定量の貨幣商品(金ないし銀)にいったん置き換わらなければならない、という必然性が「待ち伏せている」ということでもあるのです。

商品の「価格」は、なにか生産者が勝手に付けることができる“恣意的”なものに見えます。それは「価格」が、たんに一定量の貨幣・金との「等置」を表示するだけであり、その意味で「観念的な」ものだからです。しかし「価格」は、商品の価値、すなわちその商品を生産するのに必要な社会的必要労働時間の“独特な”表示方法であることを理解するならば、それは決して“恣意的”・“主観的”なものではなくて、生産力の状態や特定の労働への労働の偏りなどによって社会的に規定される客観的なものなのです。(だから「誰が価格を付けるのか?」といった疑問は無意味です。)だからこそマルクスは3章第1節のはじめのほうで、「それだから、商品の番人は、これらの物の価格を外界に伝えるためには……、これらの物に紙札をぶらさげるかしなければならないのである」(全集版 P127)と語っているのです。

補足が長くなりましたので、(前回の報告)部分で出た、その他の質問・意見については省略します。
(説明)の部分は、前の部分での議論が長くなり、前半の二つのパラグラフをチューターが読むだけで終わり、検討は次回にということになりました。
なお、(説明)の3パラグラフの引用で<>内でチューターが補足した「彼ら」というのは、当時の経済学者とりわけリカードやベーリが念頭に置かれています。(原注32、36などを参照ください。

 

 資本論 初版での第3の形態から、第4の形態を経ての物神性について

 投稿者:杉本  投稿日:2018年10月29日(月)14時06分4秒
返信・引用 編集済
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

     
III. Third, inverse or reciprocal second form of relative value:
①    III。第2の形式とは逆の:相対的価値形態の第3

    ①1コート    =リネン20メートル
 あなたはコーヒー    =
      "v紅茶    =
       "x鉄    =
      "y小麦    =
        等    =
 相対値の式は、この時点で元の形に戻ります。1層= 20ヤードのリネン。
しかし、この単純な方程式はさらに発展しています。もともと、それは、別の商品で表現されることによって、外殻の価値が外貨価値の外衣やシェルの外殻とは異なって独立した形を取るという事実のみを含んでいました。

今度は同じ形が、他のすべての財に関する価値としてのコートを示しています。コートだけでなく、コーヒー、鉄、小麦、一言で言えば、他のすべての商品は、素材のリネンでその価値を表現しています。このようにして、誰もが人間の労働の同じ物質化として現れます。

したがって、それらは量的にのみ異なるので、コート、コーヒー、鉄など(つまり、これらの異なる物の量が異なる)が20メートルのリネンを構成します(同量の客観化された人間の労働に等しい)。
材料、リネンにおける共通の価値表現によって、すなわち、すべての商品は、自分の使用価値との交換価値として異なると同時に、価値の量が互いに質的に同等であるとして互いに参照する定量的に比較する。

この統一された相対値式で初めて、それらが値として最初に現れるすべてのものを行います。したがって、その値は最初に対応する形式のノートを交換値として受け取ります。他のすべての商品の環境における商品の価値を明らかにする発展した相対価値の形式(フォームII)とは対照的に、この統一的価値の表現は普遍的な相対的価値の形式と呼んでいます

 ②インフォフォームII(20ヤードのキャンバスレイヤー1 = U、コーヒー、紅茶、VXアイアンなど)衣類の形状は相対値式を拡張していますが、個々の製品(ジャケット、コーヒーなど)を指します。

すべてを一緒にすることができる環境を参照すると、それは特定の同等物として使用することができます。

布のタイプはリネンのタイプと同じですが、それは特定の同等物に過ぎず、他のものを除いて1に等しくなります。他方で、相互に第2の形態であり、従ってそれに含まれる形態IIIでは、それはリネンとして現れ、他のすべての財と同等の一般的形態となる。

この外に-ライオン、トラ、ウサギがあるかのように接し、動物の王国、亜種、家族、その他の実際の動物のような異なる種、亜種を形成します。動物や動物であっても、動物界全体の個体として個性化されています。同じエンティティのすべての本当に存在するタイプを含むこのような属性の1つは、宇宙(動物、神など)です。

抽象的人間労働の貴重ユニバーサル・マテリアの普遍的な同等の普遍的同等性を示し - - 他の商品の結果として、個々の平等は、いわゆるリネン上記の値の現れとして、言及された全ての商品価値の一般的な出版物<Universal Materia>としてあります。

その中で実現される具体的な仕事は、普遍的な仕事としてのー人間労働の実現の普遍的な形式として、普遍的形態と考えられている。

 ③商品Bの商品Aの価値を商品Bが1つの同等物になるように表示する過程で、どの商品Bがランダムであったかは問題ではなかった。

商品Bの物性は商品Aとは異なる種類でなければならず、したがって他の有用な仕事の産物でなければならなかった。その値をリネンに表示することによって、マットはリネンを実現した人間の労働と呼んでおり、人間の労働の実施形態としてのリネン製織に関連していましたが、他のタイプの労働とは違ってリネン製織を区別しています。

それは仕立てとは違っていて、間違いなく特別な仕事をしなければなりませんでした。リネンが普遍的な同等物になるときは違う。これとは対照的に、他のすべての商品(コーヒー、鉄など)のためのリネンは、他のすべての商品の価値の普遍的な形になり、したがって普遍的な同等物となります。

したがって、その中に現れる特別な有用な仕事の種類は、それが特定の確かな仕事である限り、普遍的な仕事としての人間労働の普遍的実現形式とみなされます。
リネンは、テーラーだけでなく、コーヒー栽培、鉱業、その他すべての種類の作業に使用されます。

一方、他のすべてのタイプの仕事(リネンの相対価値表現 - 普遍的な同等物:フォームII)は、人間の労働の実現の特殊な形態として数えられます。

 ④価値としては、物品は抽象的な人間の労働である同じ団結の表現である。
交換価値の形では、それらは値としてお互いに現れ、お互いを価値として参照します。
同時に、抽象的な人間の労働を共通の社会的実体と呼んでいる。

彼らの社会的関係は、この唯一の定量的に区別可能な社会的物質の表現としてー互いに数えることに専念するが、質的には同じであり、したがって、それらとこれらは、置き換えうることで、交換可能になっている。
       <replaceable and interchangeable.>
 <今村訳ー・・いま述べた商品の社会的実体を、単に量的に異なるだけで、
  しかし質的には同じままに、したがって相互に取り換え可能な仕方で、
  また相互に置き換え可能な仕方で表現したものとして、自分たちを互い
  に処遇するというこの一点につきる。P301>
商品が所有者として他の人々にとって有用であり、したがって社会的ニーズを満たす限り、商品は社会的確実性を有することが有用である。

しかし、どのニーズが商品の有用な性質を彼と結びつけているかは問題ではありません。しかし、これらの特徴によってのみ、物品は人間のニーズに関連する対象物となり得るが、他の物品のための商品物ではない。

それは単なる商品から商品を作り、それらと交際することのできる種類のものです。しかし、それは価値です。物資が価値として数える形 - 人間の労働の凝固 - は、結果的に彼らの社会的形態です。

したがって、商品の社会的形態と価値の形式や互換性の形式は同じである。商品の自然形態が同時にその価値形態である場合、商品は他の商品との直接的な互換性の形態をとり、したがって直ちに社会的形態を保有する。
 <but which is qualitatively the same and thus
  しかし、質的に同じであり、したがって、それらとこれらは、
  replaceable and interchangeable.
  置き換えうることで、交換可能になっている。>

 ⑤単純な相対価値フォーム(フォームI)
「クローク= 20ヤードのリネン」は、一般的な相対値のフォーム「リネン= 20メートルのリネン」とは異なり、この式がシリーズにリンクを形成する点のみが異なります。

 1 Mantel = 20 Yards Leinen
 du Kaffee =
 v Tee   =
 usw   =
 ⑥実際には、系統は単数から普遍的な同等物への進化を続けてきたという点でのみ異なる。したがって、単純な相対価値表現では、この商品はその価値の集合を表現するのではなく、価値の集合が表現され、即時の互換性の形<直接の交換価能性の形態>を取る商品(同等の形態、直ちに社会的な形態)となる、同じことが普遍的な相対的価値表現にも当てはまります。

しかし、単純な相対価値の形では、この区別は正式であり、一瞬でしかありません。マントルが式「マントル= 20ヤードのリネン」の相対的な方法(すなわち、リネン)でその値を表現し、リネンが等価の形をとるならば、同じ式は直ちに相互関係を意味する。 20メートルのリネン - マントルなのです。マントルは、同等物の形とリネンの価値を相対化する。

相対的価値と同等性価値の両方の商品の価値形態のこの一定かつ相関関係の発達は、もはや起こらない。

普遍的な相対名義である "1コート= 20ヤードのリネン"(リネンが普遍的に同等である)が "20ヤードのリネン= 1コート"で裏返された場合、コートは他のすべての商品と普遍的に同等にならないが、洗濯物と同等のもののみがなる。

クロークの相対的価値形式は、それが同時に他のすべての商品の相対価値形式であるためにのみ普遍的です。

コートに言えるからこそ、コーヒーにも成り立つのである。したがって、ユニバーサル商品の相対価値形式は、これらの商品をユニバーサル形式の同等物から除外している。

一方、リネンなどの商品は、それが普遍的な同等の形をとると、一般的相対価値形式から除外されます。

他の商品に関連するリネンの一般相対価値形式は、「20ヤードのリネン= 20ヤードのリネン」となる。
しかし、これでは、この商品の価値を表現していないのも同義語です。これは、普遍的な形式のものであり、常に交換可能な形で存在します。むしろ、開発された相対価値形式(20ヤードのリネン=コートまたはコーヒーまたは=茶または=など)であり、今や普遍的な同等物の特定の相対価値表現になります。

 ⑦ウェア商品の一般的な相対的表現において、商品(コート、コーヒー、紅茶など)は、その自然な形、すなわち形態:リネンとは異なる価値形態を有する。

そして、それが正確にこの形であるのは、それらが数量化された関係における交換可能で相互交換可能な関係を指しているということです。コート= 20ヤードのリネン、コーヒー= 20ヤードのリネンなどについては、 =あなたのコーヒーなど

すべての商品は、同じ商品に価値として反映され、お互いに価値として反映されます。しかし、彼らが商品として持っている自然な形態は、この迂回路を通ってのみ価値形態とみなされ、したがって直接的ではない。

彼らはすぐに交換することはできませんこの理由のためだけに、彼らはインスタントです。

したがって、彼らはお互いのための即座の互換性の形を持っていません。すなわち、その社会的に有効な形態が媒介されている。

それはもう一方の方法です。
他のすべての商品が価値の一形態としてリネンに変わるという事実によって、リネンの自然な形態は、すべての商品との即座の互換性の形になり、すぐに社会の普遍的形態になります。


 ⑧WareA商品は、その普遍的な相対的な(したがって即時ではない)価値形態の表現で他のすべての商品にサービスを提供している限り、それと同等の形態を受けます。

しかし、物品は、一般的には、その自然な形は使用価値の形式のみであり、一貫性のある(したがってユニバーサルな)相対的な価値形態を支えなければならないため、相対的な価値形態を一般に付与しなければならないし、 それらのすべてを価値として、人間の労働の均質な凝固としています。

したがって、単一の商品は、他の商品がその中に含まれていない限り、またはその商品が本質的に存在しないために、直接の社会的形態において、他のすべての商品との直接的な互換性の形でのみ存在するのであり、 直ちに交換可能または社会的な形態に再び変換される。
なぜなら、その即時の形態はその価値のものではなく、その価値形態のものであるからである。

 ⑨これは普遍的で即時の交換可能性の形で決して認識されるものではなく、これは商品の矛盾した形態であるということである。磁石の一方の極が他方の否定性から肯定的であるという非即時互換性の形からも同様に切り離せない。 それで、すべての労働者を資本主義者にすると想像できるように、すべての商品との直接的な互換性の兆しを同時に感じることができると想像できる。 実際、一般的な相対価値形式と普遍的な同等の形式は、同じ社会的形態の財に対する矛盾した、相互に前提のある、相互に反発的な極である。

 ⑩リネン(一般的なものとして)は即時の社会的労働の実現であり、リネンでの価値を表す他の商品は即時のソーシャルワークではない現実化である。
 ⑪実際、すべての効用価値は、私的な仕事から独立しているが、労働からの分裂の元のシステムの個々のメンバー(自給自足している)として実質的に互いに依存している私的な作品の産物であるため、単なる商品である。 このようにして、彼らはその差別化、特にその有用性によって社会的に正確に関連している。 そのため、彼らは質的に異なる使用価値を生み出しています。

⑫そうでない場合、これらの使用価値はお互いに商品になることはありません。一方、これらの異なる有用な品質の製品はまだ商品を作っていない。農民の家族がマントル、リネン、小麦を自ら消費するために生産する場合、これらは家族の仕事の別個の製品として家族に直面するが、商品として互いに反対ではない。商品が直ちに社会的(すなわち共通)の労働であった場合、製品は生産者にとって共通の製品の即時の社会的特性を獲得するが、相互の商品の特性は獲得しない。

それにもかかわらず、この場合、商品に含まれ、互いに独立している私的労働の社会的形態が何であるかを知るために遠くに行く必要はない。それはすでに商品の分析から生じています。

商品の社会的形態は、互いに等しい仕事としての互いの関係です。
したがって、<since the equality of toto coelo [totally] different works
       can exist only in an abstraction of their inequality, >
      トト・コエロ[完全に異なる]作品-different works-の平等は、
      それらの不平等を抽象化してのみ存在することができるので、
お互いの関係は、人間の労働であり、人間の労働であり、すべての人間の労働である。彼らの働く方法は実際にはあります。すべての社会的形態の仕事において、異なる個人の作品は人間の労働としても関係しているが、この場合、これは具体的な社会的形態の労働とみなされる。

現在のところ、これらの私的な作品は、抽象的な人間労働という特別な社会的形態をとっていません。
自然形態の商品は単なる労働や価値の凝固という社会的形態を持っています。
商品の自然な形(この場合はリネン)が普遍的な等価形態になるという事実によって、他のすべての商品はこの自然形態を独自の価値の発現と呼んでいるので、リネン製織は普遍的な実現形態に変換されますし、抽象的人間労働や直接的な社会的形態の労働であります。

この「社会性」の基準は、あらゆる生産様式に特有の関係の性質から借用されなければならず、それに異質な考えからではない。先に示したように、商品は当然普遍的な互換性の即時型を除外しているので、普遍的な同等形態は矛盾してしか発展できない。商品に潜む私的労働にも同じことが当てはまる。

社会的な形態はまず第一に、彼らの一度の社会的な仕事ではないので、現実的で有益な仕事の自然な形や外国人や抽象的なものとは異なる形態です。
第二に、すべての種類の私的な仕事は、民間の仕事の排他的なタイプ(この場合は、リネン製織)と同等であるという点で、相反する方法でのみ彼らの社会的性格を受け取る。

したがって、後者は抽象的な人間の労働の直接的かつ普遍的な徴候となり、したがってすぐに、社会的な形態での仕事になる。また、社会的に妥当で普遍的に交換可能な製品にも現れます。

 ⑬商品の同等の形が、他の商品との関係を単に反映するのではなく、それ自体の物理的性質から生じるかのように錯覚する:この幻想は、ユニバーサルと同等の特異点の継続的な発展のなかで強くなる。
一般的な同等形態は、商品を他のすべての商品とは完全に別個のものとして分離し、最終的にはこれ(商品の形態)がもはや商品のものではないために、価値形態の進化はもはや関連商品にとって同じではない。任意の単一商品の関係へとなっています。

 ⑭しかし、現在の観点からは、普遍的な同等物は決して骨化されていない。
リネンはどのように普遍的な同等のものに変容しましたか?

単一の製品(フォームI)でその価値を最初に示すことによって、他のすべての商品において相対的な方法で(フォームII)、したがって、他のすべての商品は相対的な方法でその値を反映する(フォームIII)。

相対値の単純な表現は、普遍的な同等の形態のリネンを開発した胚であった。この開発の中で役割を変えています。

それは別の商品にその価値を示すことから始まり、他のすべての商品の価値表現の材料として終わります。リネンに当てはまるものは、すべての商品に適用されます。

開発された相対価値式(フォームII)では、その多くの単純な値式だけで構成されていますが、キャンバスはまだ普遍的な同等物ではありません。むしろ、この場合の他のすべてのボディは、リネンの同等物を形成し、したがってそれと直ちに交換することができ、従ってそれを用いて場所を変えることができる。

最終的には次のようになります:

②  Form IV:
原P34
Form IV:
20 yards of linen = one coat or = u coffee or v tea or = x iron or = y wheat or etc.

    One coat = 20 yards of linen or u coffee or = v tea or = x iron or = y wheat or = etc.

    u coffee = 20 yards of linen or = one coat or v tea or x iron or y wheat or v tea or = etc.
      v tea = etc.

 ①しかし、これらの方程式のそれぞれは、コート、コーヒー、紅茶などをユニバーサル等価物<同等物>として反射的に生成し、結果的に他のすべての商品の普遍的な相対価値形式としてコート、コーヒー、紅茶などで価値表現を生み出します。

商品が普遍的な同等の形に変わるのは、他の商品に対抗する場合のみである。しかし、すべての商品は、他のすべての商品とは反対の普遍的な同等の形に変わります。すべての商品が、他のすべての商品と、それに対応する自然な形で普遍的な同等の形に対応している場合、結果として、すべての商品は社会的に有効な価値形式の表示から除外されます。
 ①But each of these equations reflexively yields coat, coffee, tea, etc. as universal Equivalent and consequently yields value-expression in coat, coffee, tea, etc. as universal relative value-form of all other commodities. It is only in its opposition to other commodities that a commodity turns into the universal Equivalent-form; but every commodity turns into the universal Equivalent-form in its opposition to all other commodities. If every commodity confronts all other commodities with its own natural form as universal Equivalent-form, the result is that all commodities exclude themselves from the socially valid displaying of their amounts of value.

 ②明らかに、コモディティの分析は、相反するベクトルにおける価値形態と価値形態そのもののすべての本質的な決定をもたらし、普遍的な相対価値形式、普遍的な等価形式、そして最後に終わりのない単純な相対価値表現 - これは、最初に、値形式の発展における移行期に最初に形成され、最終的には普遍的な等価物の具体的な相対価値形式に突然移行するためである。
 ②Obviously, the analysis of the commodity yields all essential determinations of the value-form and the value-form itself in its contradictory vectors, yields the universal relative value-form, the universal Equivalent-form, and finally the never-ending sequence of simple relative value-expressions ? which sequence forms at first a transitional phase in the development of the value-form, in order finally to suddenly shift into the specifically relative value-form of the universal Equivalent.

しかし、商品の分析は、これらの形式を一般的な商品形態(これはまた各商品にも適用される)として矛盾する形でもたらした。したがって、商品Aが矛盾した形態決定の1つにある商品B、Cなどはそれに反対するものを採用する。

しかし、決定的に重要なことは、価値形態、価値実体、価値量の内面的かつ必要なつながりを発見することでした。すなわち、価値形態が価値への観かた、から生じることを証明するために、概念的に表現されている。
But the analysis of the commodity yielded these forms as commodity-forms in general (which thus also apply to each and every commodity) in a contradictory manner, so that if commodity A finds itself to be in one of the contradictory form-determinations, then commodities B, C, etc. adopt the other in opposition to it. What was decisively important, however, was to discover the inner, necessary connection between value-form, value-substance, and value-amount; i.e., expressed conceptually, to prove that the value form arises out of the value-concept.

③ <商品の神秘的な性格>
原P35
 ①商品は一目瞭然で自明で些細なものだと思われる。それの分析は、それが非常に残酷なものであり、形而上学的微妙さと神学的嫌悪に満ちているという洞察をもたらします。単なる使用価値として、その属性が人間の必要を満足させるという視点から考えるか、人間の労働の産物としてのみこれらの属性を得るのかどうか、それは卓越したものは何もない官能的なものです。人間が彼の活動によって、自分にとって有益な方法で自然の物質の形を変えるという事実には、まったくの謎はありません。たとえば、木の形は、テーブルを作ると変更されます。それにもかかわらず、テーブルは木で、普通の、官能的なものです。しかし、商品として脱出するとすぐに、それは感覚的に超感情的なものに変身する。それは地面に足を立てるだけでなく、他のすべての商品と対峙し、突然踊り始めるよりははるかに驚異的な木製の頭蓋骨から発達します。
 ①A commodity seems at first glance to be a self-evident, trivial thing. The analysis of it yields the insight that it is a very vexatious thing, full of metaphysical subtlety and theological perversities. As mere use-value, it is a sensual thing in which there is nothing portentous, whether I happen to consider it from the viewpoint that its attributes satisfy human needs or that it obtains these attributes only as product of human labour. There is absolutely nothing of a riddle in the fact that man changes by his activity the forms of natural matter in a way which is useful to him. The form of wood, for example, is changed if one makes a table out of it. Nevertheless, the table remains wood, an ordinary, sensual thing. But as soon as it steps out as commodity, it metamorphoses itself into a sensually supersensual thing. It does not only stand with its feet on the ground, but it confronts all other commodities on its head, and develops out of its wooden head caprices which are much more wondrous than if it all of a sudden began to dance.


 ②したがって、商品の神秘的な性格は、その使用価値において生じない。それは、それ自体で考慮された価値決定から少しだけ生じます。まず第一に、有用な労働や生産活動が異なっていても、それは他の生物とは区別されるような特異的な人体の機能であり、そのすべての機能や内容、本質的には人間の脳、神経、筋肉、知覚器などの支出である。第2に、価値の量の決定に基づいているもの(その支出の時間、または労働量)、その量は肉眼でも知覚可能な方法で労働の質と区別できることは明らかである。すべての条件において、異なるレベルの開発で同じレベルではないが、人間にとって懸念される必需品の生産にかかる労働時間であった。最後に、男性がどんなやり方でも互いのために働くとすぐに、彼らの労働は社会的形態を獲得する。
 ②The mystical character of the commodity thus does not arise in its use-value. It arises just as little out of the value-determinations, considered in themselves. For in the first place, however different the useful labours or productive activities may be, it is a physiological truth that they are functions of a specifically human organism as distinguished from other organisms, and that every such function, whatever its content and its form, is essentially expenditure of human brain, nerve, muscle, organ of perception, etc. In the second place, if we consider that which lies at the basis of the determination of the amount of value (the duration of time of that expenditure, or the quantity of labour), it is clear that the quantity is distinguishable from the quality of labour in a way which is even perceptible with the naked eye. In all conditions, it was the time of labour which the production of necessities costs that had to be of concern to man, although not to the same degree at different levels of development. Finally, as soon as men work for one another in any manner, their labour acquires in addition a social form.


 ③彼の島にRobinson Crusoeを連れて行きましょう。彼は当然であるとしてモデスト、それにもかかわらず、彼は私たちが祈るに、現時点では言及していない満足させるため、様々な種類の有益な労働を行わなければならない、ツールを作る、家具を構築し、飼いならさラマ、魚、ハントなど、さまざまなニーズを持っており、他のそのような活動私たちのロビンソンは彼らからの喜びを引き出し、そのような活動をレクリエーションとみなしているからです。彼の生産的な機能の多様性にもかかわらず、彼は1つの同じロビンソンの様々な形の活動だけであることを知っているので、人間の労働の異なるモードです。必要性そのものは、彼の様々な機能の間で正確に時間を分割するよう強要する。彼の活動の全体において、より多くのスペースとより少ないスペースを必要とするかどうかは、意図された有用な効果の達成のために克服しなければならない、より大きなまたはより少ない困難に依存する。経験は彼に多くのことを教えてくれます。ロビンソンは時計、日記、インク、ペンを難破船から救ってくれました。彼の在庫には、彼が所有する使用目的のリスト、その生産に必要な様々な作業、そして最終的にこれらの様々な製品の特定の数量が彼に平均的にかかる労働時間のリストが含まれている。ロビンソンと彼自身の富を形作るものとの間のすべての関係は、シンプルで透明なので、ワート氏も特別な精神的な努力なしにそれらを理解することができます。それにもかかわらず、価値のすべての本質的な決定がそこに含まれています。
 ③Let us take Robinson Crusoe on his island. Modest as he naturally is, nevertheless he has various needs to satisfy and must therefore perform useful labours of various sorts, make tools, build furniture, tame llamas, fish, hunt etc. We do not refer at this time to praying and other such activities, since our Robinson derives enjoyment from them and regards such activity as recreation. Despite the variety of his productive functions, he knows that they are only various forms of activity of one and the same Robinson, and thus are only different modes of human labour. Necessity itself compels him to divide his time exactly between his various functions. Whether the one takes more space and the other takes less in the totality of his activity depends upon the greater or lesser difficulty which must be overcome for the attainment of the intended useful effect. Experience teaches him that much, and our Robinson who saved watch, diary, ink and pen from the shipwreck begins to keep a set of books about himself like a good Englishman. His inventory contains a list of the objects of use which he possesses, of the various operations which are required for their production, and finally of the labour-time which particular quanta of these various products cost him on the average. All relationships between Robinson and the things which form his self-made wealth are here so simple and transparent that even Mr. Wirth[6] can understand them without particular mental exertion. And nevertheless all essential determinations of value are contained therein.

 ④ロビンソンの所在地に自由男性組織を置くと、共通の生産手段を使って、多くの個々の労働力を意識的に一つの社会的労働力として費やすならば、ロビンソンの労働の決定はすべて繰り返されます。個人的な方法よりも。それにもかかわらず、本質的な違いが出てくる。すべてのロビンソンの製品は彼の独占的な個人的生産物であり、それによって彼のためにすぐに使用の対象となりました。組織全体の製品はソーシャルプロダクトです。この製品の一部は、再び生産の手段として役立ちます。それは社会的なままです。しかし、もう一つの部分は組織のメンバーによって必需品として使われています。この部分はそれらの間で分割されなければなりません。この部門の仕方は、社会生産 - 生物そのものの特定のやり方と、生産者の発展の比較可能な歴史的レベルによって変わるだろう。
 ④If we now put an organization of free men in Robinson’s place, who work with common means of production and expend their many individual labour-powers consciously as one social labour-power, all the determinations of Robinson’s labour are repeated: but in a social rather than an individual way. Nevertheless, an essential difference emerges. All Robinson’s products were his exclusively personal pro- duct, and were thereby immediately objects of use for him. The total product of the organization is a social product. One part of this product serves again as means of production. It remains social. But another part is used up by the members of the organization as necessities. This part must be divided up among them. The manner of this division will change with the particular manner of the social production-organism itself and the comparable historical level of development of the producers.

 ⑤コモディティ・プロダクションと並行してのみ、私たちは、各生産者の生活必需品のシェアは、彼の労働時間によって決定されることを前提としています。このような場合、労働時間は二重の役割を果たすだろう。その社会的に計画された配分は、さまざまなニーズに応じた様々な労働機能の正しい割合を制御します。他方、労働時間は、一般労働における生産者の個々のシェアの尺度と同時に、それによって個人が使い切ることができる共通製品の部分でも機能する。このような場合には、労働者と労働者の社会的関係は、生産と流通の両面において、透明性を保って単純なままであった。
 ⑤ Only for the sake of the parallel with commodity-production do we presuppose that each producer’s share of necessities of life is determined by his labour-time. In such a case, the labour-time would play a dual role. Its socially planned distribution controls the correct proportion of the various labour-functions to the various needs. On the other hand, the labour-time serves at the same time as the measure of the individual share of the producer in the common labour, and thereby also in the part of the common product which can be used up by individuals. The social relationships of men to their labour and their products of labour remained transparently simple in this case, in production as well as in distribution.


 ⑥それは商品の形をとるとすぐに労働生産物の困惑を引き起こすのだろうか?
 ⑥Whence comes the puzzling character of the labour-product as soon as it assumes the form of commodity?


 ⑦これらの対象が均質な人間の労働の客観的な殻として数えられる限り、男性が価値と観なして互いの製品を関連付けるならば、それらの様々な労働は客観的な殻の下で均質な人間の労働としてのみ見なすことができる。
彼らは、彼らの製品を価値として互いに関連づけることによって、さまざまな労働を人間の労働として互いに関係づけています。個人的な関係は、客観化された形式によって隠されている。
 ⑦If men relate their products to one another as values insofar as these objects count as merely objectified husks of homogeneous human labour, there lies at the same time in that relationship the reverse, that their various labours only count as homogeneous human labour when under objectified husk. They relate their various labours to one another as human labour by relating their products to one another as values. The personal relationship is concealed by the objectified form.


だから、価値が何であるかは額に書き込まれません。彼らの製品を商品として互いに関連付けるために、男性は様々な労働を抽象的な人間の労働と見なすことを強いられます。彼らはそれを知らないが、物質的なものを抽象化、価値に還元することによってそれを行う。
So just what a value is does not stand written on its forehead. In order to relate their products to one another as commodities, men are compelled to equate their various labours to abstract human labour. They do not know it, but they do it, by reducing the material thing to the abstraction, value.

これは原始的なものであり、無意識のうちに本能的な脳の動作であり、必然的に物質的生産の特定の様式と、この生産がそれらを構成する関係から生長する。
This is a primordial and hence unconsciously instinctive operation of their brain, which necessarily grows out of the particular manner of their material production and the relationships into which this production sets them.

まず、彼らの関係は実用的なモードで存在します。しかし、第二に、彼らの関係は彼らの関係として存在する。
First their relationship exists in a practical mode. Second, however, their relationship exists as relationship for them.

それが彼らのために存在するか、または脳に反映される方法は、関係の本質から生まれます。後で、彼らは科学の助けを借りて、自分の社会的製品の謎を後ろから取り除こうとします。
The way in which it exists for them or is reflected in their brain arises from the very nature of the relationship. Later, they attempt to get behind the mystery of their own social product by the aid of science, for the determination of a thing as value is their product, just as much as speech.

今や価値の大きさに関わる限り、私たちは、互いに独立して(しかし、彼らが原始的な分業のメンバーであるために)プライベートな労働は、あらゆる面で常に社会的に縮小されている偶発的かつ絶え間なく変化している製品の交換関係において、その生産に社会的に必要な労働時間は、例えば、重力の法則がそうであるように、規制自然法として強制的に排除されるという事実家は頭の上に落ちる。
Now as far as concerns the amount of value, we note that the private labours which are plied independently of one another (but because they are members of the primordial division of labour are dependent upon one another) on all sides are constantly reduced to their socially proportional measure by the fact that in the accidental and perpetually shifting exchange relationships of their products the labour-time which is socially necessary for their production forcibly obtrudes itself as a regulating natural-law, just as the law of gravity does, for example, when the house falls down on one’s head.

したがって、労働時間による価値の量の決定は、
相対的な商品価値の見かけの動きの中で潜んでいる謎である。
生産者自身の社会運動は、生産者がその動きを制御するのではなく、
その制御下にあるオブジェクトの動きの形態を所有している。
最終的には価値形態に関わる限り、私たちは、
民間労働者の社会的関係とその結果として私的労働者の社会的決定を客観的に
覆い隠すのはちょうどこの形態に過ぎないことに気付く。
The determination of the amount of value by the labour-time is consequently the mystery lurking under the apparent motions of the relative commodity-values. The producers’ own social movement possesses for them the form of a motion of objects under the control of which the producers lie instead of controlling the motion.
As far as concerns the value-form finally,
we note that it is just exactly this form which objectively veils the social relationships of private workers and consequently the social determinations of private labours, instead of laying them bare.

私がコートと言うなら、ブーツなどは抽象的な人間の労働の普遍的な物質化としてリネンに関係しています。物を置くような狂気は目に飛び込みます。しかし、コート、ブーツなどの生産者がこれらの商品をユニバーサル相当品としてリネンに関連付けると、彼らの私的労働の社会的関連性は、まさにこの狂気のような形態で現れます。
If I say that coat, boots, etc. relate themselves to linen as universal materialization of abstract human labour, the insanity in such a way of putting things leaps into view. But if the producers of coat, boots, etc. relate these commodities to linen as universal Equivalent, then the social relatedness of their private labours appears to them in exactly this insane form.

 ⑧これらの形式は、ブルジョワ経済学のカテゴリーを正確に構成する。 彼らは歴史的に決定されたこの社会的生産形態の生産関係のために、社会的に妥当な、したがって客観的な考え方である。
 ⑧Such forms as these constitute precisely the categories of bourgeois economy. They are the socially valid ? thus objective ? forms of thought, for relationships of production of this particular historically determined social mode of production.

 ⑨民間の生産者は、プライベート・プロダクトを介して初めて社会的接触に入るだけである。 彼らの労働の社会的関係は結果として、労働者の社会的関係として即座に現れるのではなく、客観化された人間関係または対象の社会的関係として現れているように見える。 しかし、社会的事物としてのオブジェクトの最初の、そして最も普遍的な発現は、労働生産物を商品に変身させることである。
 ⑨The private producers only enter into social contact for the first time through their private products: objects. The social relationships of their labours are and appear consequently not as immediately social relationships of persons in their labours, but as objectified relationships of persons, or social relationships of objects. The first and most universal manifestation of the object as a social thing, however, is the metamorphosis of the product of labour into a commodity.

 ⑩したがって、商品の神秘主義は、民間生産者の私的労働の社会的決定が労働生産物の社会的自然的決定と見なされるという事実から生じる。 事実から、すなわち、人の生産の社会的関係は、物の社会的関係としてお互いに、そして関係する人に現れるということから。 民間労働者の社会的労働の全体に対する関係は、それに反して自分自身を客観化し、その結果、彼らのために物の形で存在する。       The mysticism of the commodity arises, therefore, from the fact that the social determinations of the private labours of the private producers appear to them as social natural determinations of products of labour; from the fact, that is, that the social relationships of production of persons appear as social relationships of objects to one another and to the persons involved. The relationships of the private workers to the totality of social labour objectify themselves over against them and exist, consequently, for them in the forms of objects.

普遍的な生産関係の社会的関係が、商品としての商品への行動(価値としての価値)として成り立っており、彼らの私的労働を互いに平等な人間の労働である客観的な形態で関係づけている--商品生産者の社会にとって、 抽象的な人の宗教、特にブルジョアの発展、プロテスタンデイズムなどの中で最も適切な形態の宗教となっている。
To a society of commodity producers whose universally social relationship of production consists in their behaving toward their products as commodities (hence as values) and their relating their private labours to one another in this objective form as equal human labour, it is Christianity that is the most appropriate form of religion, with its cult of the abstract man ? especially in its bourgeois development, Protestantism, Deism, etc.

古代のアジア、アンティークなどの生産方式では、商品の商品への変容と商品生産者としての人々の存在は従属的な役割を果たすが、コミュニティが舞台に入るほど大きくなるその現象の本物の商業人は、Epicurusの神のような古代世界の隙間にのみ存在するか、またはポーランド社会の孔の中のユダヤ人のように存在する。それらの古代の社会的生産生物は、ブルジョア的生物よりもはるかに単純で透明であるが、他の人とのつながりや自然種の臍の欠損のない未成年者、即時のマスタとスレーブの関係に基づいています。
彼らは、人生の憲法の物質的プロセスの中で人々の対応関係が制限され、結果的にお互いに、また自然に、労働の生産力が低くなるという条件づけがなされている。
In the ancient Asian, antique, etc. modes of production, the metamorphosis of the product into a commodity and accordingly the existence of man as commodity-producer plays a subordinate role, which, however, becomes greater the more the communities enter upon the stage of their decline. Genuine commercial people only exist in the interstices of the ancient world, like the gods of Epicurus or like the Jews in the pores of Polish society. Those ancient social organisms of production are extraordinarily much more simple and transparent than the bourgeois organism, but they are based either on the immaturity of the individual man who has not yet torn himself free of the umbilicus of the natural species-connection with other men or are based upon immediate master and slave relationships. They are conditioned by a low level of development of the productive powers of labour by correspondingly restricted relationships of men within their material process of the constitution of life, and consequently to one another and to nature.

この実際の制限は、古代の自然や人気のある宗教における理想主義の様式に反映されています。 現実世界の宗教的な反映は、実用的な日常生活の関係が人々にとって、日常的に透明で合理的な関係を自然と表現するようになるとただ消えてしまいます。 しかし、関係は自分自身を自分のものとして表現することしかできません。 人生の社会的プロセス(すなわち、生産の物質的プロセス)の形態は、意識的で計画された制御下で、自由に社会化された男性の製品として立つと、その霧の神秘的なベールを打ち消すだけである。 しかし、それが起こるためには、社会の物質的基盤が要求されるか、あるいは長く痛みを伴う開発の歴史の元の産物である物質的存在条件の列が要求される。
This actual restrictedness reflects itself in an idealist mode in the ancient natural and popular religions. The religious reflection of the real world can only disappear as soon as the relationships of practical work-a-day life represent for men daily transparently reasonable relationships to one another and to nature. But relationships can only represent themselves as what they are. The form of the social process of life (i.e., of the material process of production) will only cast off its mystic veil of fog once it stands as a product of freely socialized men under their conscious, planned control. For that to happen, however, a material basis of society is demanded or a row of material conditions of existence which are themselves again the primordial product of a long and painful history of development.


 ⑪政治経済学は、たとえ不完全であっても、価値と価値量を分析するために、今は確かにあります。しかし、 なぜ労働は価値があるのか、時間的持続性による労働の尺度自体が価値の量で現れているのかという疑問が提起されたことはありません。しかし 彼らの額には、生産過程が人々を支配するが、人々は生産過程を習得していない社会形成に属していると書かれている。このような形態は、生産的生産のような自明な自然の必需品としてのブルジョワ意識を意味するーー労働そのものなのです。 社会生産的生物のプレブルジョワの形態は、それに応じて政治経済によって扱われており、おおむねプレキリスト教の宗教が教会の父親によって扱われているのと同じです。
 ⑪Political economy has by now, to be sure, analysed value and amount of value, even if incompletely. It has never even so much as posed the question: Why does labour manifest itself in value and the measure of labour by its temporal duration manifest itself in amount of value? Forms upon whose foreheads it is written that they belong to a social formation wherein the process of production masters men but not yet does man master the process of production ? such forms count for their bourgeois consciousness as just such a self-evident natural necessity as productive labour itself. Pre-bourgeois forms of the social productive organism are accordingly treated by Political Economy roughly like pre-Christian religions are treated by the Fathers of the Church.

 ⑫経済学者の一部門が、商品の世界に忠実なフェチシズム(または労働の社会的決定の客観的な錯覚)にいかに欺かれているかは、他のものの中でも証明されています。 交換価値の形成の見方にです。 交換価値は物に適用された労働を表現する決定的な社会的スタイルであるため、例えば交換の割合よりも自然のものを含むことはできません。
 ⑫Just how drastically a section of the economists is deceived by the fetishism which sticks to the world of commodities (or by the objective illusion of the social determinations of labour) is proved among other things by the tediously pointless contention about the role of nature in the formation of exchange-value. Since exchange-value is a determinate social style of expressing the labour which has been applied to a thing, it can no more contain natural matter than the rate of exchange, for example.

 ⑬商品形態は、それゆえ同じような優勢な(したがって特徴的な)方法ではないが、その理由のために、生産の初期段階で現れるブルジョア生産の最も普遍的かつ未開発の形として見ることは比較的容易であった。 しかし、例えばキャピタルのようなより具体的なフォームについては、 ここの古典的経済学のフェチシズムは触知できるようになる
 ⑬The commodity form was still relatively easy to see through as the most universal and most undeveloped form of bourgeois production, which for that reason appears even in earlier periods of production, although not in the same prevailing (and hence characteristic) way. But as for more concrete forms like Capital, for example? The fetishism of classical economics here becomes palpable.

 ⑭しかし、予期しないように、商品形態そのものに関するもう一つの例があれば十分である。 商品と商品との関係(例えば、靴と靴を履く少年)の靴磨き男の子の使用価値(すなわち、彼の実際の物性の有用性)は、 靴です。
靴磨き男の子は、商品、靴に興味があり、それは自分の価値の出現形態としてのみです。 だから、商品が話すことができれば、「私たちの使用価値は、人にとって興味深いかもしれません。
 ⑭In order not to anticipate, however, let another example concerning the commodity-form itself suffice. It has been observed that in the relationship of commodity to commodity (e.g., of shoe to shoe-shine boy) the use-value of the shoe-shine boy (i.e., the utility of his real, material properties) is completely irrelevant to the shoe. The shoeshine boy is of interest to the commodity, shoe, only as form of appearance of its own value. So if commodities could speak, they would say: ‘Our use-value may be of interest to a man.

 しかし、私たちが物事である限り、それは私たちの中にはありません。
物事として私たちに内在するのは、私たちの交換価値です。 コモディティとしての私たち自身の循環は、それが証明しています。 「価値(交換価値)」は物事の財産であり、富(利用価値が高い)は、商品の魂から経済学者がどのように発言するかを聞くだけです。 価値観)。 価値観は、この意味で、必然的に交換を意味し、富は持たない」(匿名、1821) '富は、人の属性である。 値は商品の属性です。 人や地域社会は豊かです。 真珠やダイヤモンドは貴重です。 。 。 真珠やダイヤモンドは真珠やダイヤモンドとして価値があります」(S. Bailey)今まで、化学者は真珠やダイヤモンドの交換価値を発見していません。

 But it does not inhere in us insofar as we are things.
It is our exchange-value that inheres in us as things. Our own circulation as commodity-things proves that. It is only as exchange-values that we relate ourselves to one another.’ Now just listen to how the economists speak forth from the very soul of the commodity: ‘Value (exchange-value) is a property of things, riches (use-value) of man. Value, in this sense, necessarily implies exchanges, riches do not.’ (Anonymous, 1821) ‘Riches (use-value) are the attribute of man; value is the attribute of commodities. A man or a community is rich; a pearl or a diamond is valuable . . . A pearl or a diamond is valuable as a pearl or diamond .’ (S. Bailey) Up to now, no chemist has discovered exchange-value in pearl or diamond.

それにもかかわらず、特別な臨界深度を主張する私たちの著者は、材料特性とは無関係にオブジェクト内に使用価値が存在することを見出しているが、その交換価値は、オブジェクトとしてその中に入っている。 交換のない人にとって物の使用価値が実現するという顕著な状況(つまり、物と人の間の直接の関係)が、一方ではその価値は交換(すなわち社会的過程)にあると、 彼らの信念を強めるものです。 ここでは、「幸運な人になることは運の贈り物だが、書くことと読むことは自然によってもたらされる」という夜警のシーコール教授を教える優れたドッグベリーをここでは思い出させない。 シーン3)
Our authors, who lay claim to special critical depth find, nevertheless, that use-value inheres in objects independently of their material properties, but their exchange-value on the other hand inheres in them as objects. The remarkable circumstance that the use-value of things realizes itself for men without exchange (thus, in the immediate relationship between thing and man), but their value on the other hand realizes itself only in exchange (that is, in a social process) is what strengthens them in their belief. Who is not reminded here of that excellent Dogberry who teaches the night-watchman Seacoal, ‘To be a well-favoured man is the gift of Fortune, but to write and read comes by Nature.’ (Much Ado About Nothing, Act III, Scene 3.)

 ⑮商品は使用価値と交換価値の即時の統一であり、従って2つの反対のエンティティのものである。 したがって、それは直ちに矛盾です。 この矛盾は、分析的なやり方(これまでのところ、使用価値の観点から、また交換価値という観点からは別のものとして)とはもはや考えられなくなったばかりでなく、実際に他の 全商品としての商品。 しかし、商品の実際の関係は、彼らの交換のプロセスです。
The commodity is immediate unity of use-value and exchange-value, thus of two opposed entities. Thus it is an immediate contradiction. This contradiction must enter upon a development just as soon as it is no longer considered as hitherto in an analytic manner (at one time from the viewpoint of use-value and at another from the viewpoint of exchange-value) but is really related to other commodities as a totality. The real relating of commodities to one another, however, is their process of exchange.


 

 暴走野放しより真実を

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2018年10月27日(土)11時02分35秒
返信・引用
   暴走野放しより真実を
 暴走をを隠すために親父を馬鹿のままにし此方の口を塞ぐため完全沈黙のかん口令を敷かれた。関わった人も団体も友達も全部取り上げ、別団体は行かせず社会参加は全部妨害した。
 当時自立支援法が廃止になっていたため相手は障害者一人と法務省はばれなければいいと容認していた。これが見解も打開策も言えなく揉み潰ししか出来ないことになる。
 法務局は遠いから手紙にしていたが20回以上出して返事は知事に暴走目こぼし権なんか無いとかばうだけで後は一つも答えない。全国の社協などにメールしていたのを司法のネズミ捕りにかけて知事に有利にされていた。
 6月にもう諦めたいと初めて法務省にメールしたら諦めるなと言い水沢に行けと言う。行ってみたら掲示板に実名使うと訴えられるぞというだけ。
 これはかん口令を逆手にとって書きたい放題にしたこと。 批判も反論も一つも来ない。来たのは妨害だけ。
 掲示板の一部は外国に流せれていることから辞めさせろと言うのが本根と判る。法務局に疑問が募る。世界一安全とは眉唾でないか。
 親父の仕事の記録は県庁に届けたら突っ返された(8年位前)。北上と奥州には親父を馬鹿と言って名誉市民になっている人がいてそれぞれにも届けると知らん顔で全国の社協にも届け岩手の態度も伝えました。暴走はは丸見えで全国の社協は他県に関われなく批判は口に出来ないと思いますが失笑や後ろ指が飛んだことと思います。町の人にしても誰も親父を馬鹿と言う人はいない。友の会に乗せられた社協理事1人いるだけです。知事はそれでも厚顔で沈黙するでしょう。
 法務省は世界一頼りない結果にするより真実を話すしかないでしょう。
 もう12年でい加減に諦めたらと言う声もありますが此方にすれば友達を一人残らず取り上げられています。普通校の出で健聴者、聾唖者どっち側にも入れなく1人で友達作りは困難で12年の完全孤立です。次期会長だからと聾唖者の猜疑心から出た口利いた事も無い親父を馬鹿とをそのままにして暴走を隠し名誉市民にもなる団体はかばう価値もない。聾唖者の社会は知らなかったと言えは正義になる特権が出ています。


 

   資本論再版 第二の形態 第三の形態

 投稿者:杉本  投稿日:2018年10月26日(金)14時26分30秒
返信・引用 編集済
    B)合計または展開された金額フォーム

<77> z財A = u財Bまたは= v財Cまたは= w財Dまたは= x財Eまたは=など
(20ヤードのリネン= 1コートまたは= 10ポンドの紅茶または= 40ポンドのコーヒーまたは= 1 1/4の小麦または= 2オンスの金または1/2トンの鉄または=等)

 1.展開された相対価値フォーム
 たとえば、商品の価値、キャンバスは、商品世界の無数の要素で表現されています。 他のすべてのボディは、キャンバスの価値鏡になります。 (23)
 <a mirror of the canvas value.>
したがって、この価値そのものは、まず無差別な人間の労働のゼリーとして現れます。 それを構成する作品については、他のすべての人間労働に無関心な作品として明示的に提示されています。それは、それが常に所有する自然の形態であり、それゆえそれ自体が岩石や小麦、鉄や金などです。 したがって、その価値形態のために、キャンバスは、もはや単一の他の商品との社会関係になく、商品世界へとつながっている。 商品として、彼女はこの世界の市民です。 同時に、彼の表現の無限のシリーズでは、商品価値はそれが現れる特定の形の使用価値に無関心である。

<78>最初の形式:20キュビットキャンバス= 1スカートこれは、これらの2つの商品が一定の量的比率で交換可能であるという偶然の事実かもしれません。
一方、第2の形態では、偶発的な現象と実質的に異なる背景を決定し、それを直ちに決定する。
キャンバスの価値は、さまざまな所有者に属する数え切れないほどの品物で、岩やコーヒー、鉄などにとどまらず同じです。
2人の個々の財産所有者の間の偶然の関係は低下し続けている。 それは、商品の価値を規制する交換ではなく、逆に商品の価値が交換関係を規制していることが明らかになります。

 2.特定の同等の形態
 すべての商品、岩、茶、小麦、鉄などは、キャンバスの価値表現に相当するものであり、したがって価値体であるとみなされます。 これらの商品のそれぞれの特定の自然形態は、他の多くのものの中でも特に同等の形態である。 同じように、さまざまな種類の物品に含まれている具体的で具体的で有用な仕事は、今や人間の労働の一般的な表現や表現と同様にみなされています。

  3.総額または展開された価値フォームの欠陥
 ①第一に、商品の相対価値表現は、その一連の表現が決して完了しないために未完成である。ある価値と観なすことが、他の価値と観なすことに加わる連鎖は、価値の新しい表現の素材を提供するあらゆる新しい種類の商品によって絶え間なく拡大可能である。

第二に、異質で多様な価値の観なしはのカラフルなモザイクです。
最終的にすべての商品の相対価値がこの展開された形態で表現されている場合、各商品の相対価値形式は無限の一連の価値の観なしであり、すべての他の商品の価値の相対的な形態であり - この展開された相対価値フォームの欠点は、対応する同等のフォームに反映されます。

 個々の商品の自然形態はここでは特定の同等の形態であり、無数の他の特定の等価形態と並んでいるため、限定された同等の形態のみが存在し、それぞれは互いに排他的である。

同様に、特定の商品同等物に含まれる具体的で具体的で有用な作業様式は、徹底的ではなく、人間の労働の兆候であるに過ぎない。これは、その特定の症状の全周にわたって完全な、または完全な症状を有する。しかし、それは均一な外観を持っていません。

 ②ただし、展開された相対値形式は、単純な相対値式または最初の形式の式の和のみで構成されます。
20ヤードのキャンバス= 1スカート
20ヤードのリネン= 10ポンドの紅茶など
However, each of these equations also contains the same equation in retrospect:
ただし、これらの方程式のそれぞれには、同じ等式が含まれています。
Jede dieser Gleichungen enthält aber rückbezüglich auch die identische Gleichung:

1 Rock = 20 Ellen Leinwand
10 Pfd. Tee = 20 Ellen Leinwand usw.

 ③実際に、男性が他の多くの商品と彼のキャンバスを交換し、それゆえに多くの他の商品で彼の価値を表現すれば、他の多くの商品所有者は必ず商品をリネン交換する必要があります。 同じ第3商品へとエクスプレス、キャンバスで。
我々はシリーズに戻りましょう:20ヤードのリネン= 1コート、または= 10ポンド。 茶、または=など、つまり、すでにシリーズに含まれている推論を表現すると、次のようになります。

   http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm

   C) Allgemeine Wertform  一般的価値形態
      1 Rock = }20 Ellen Leinwand
   10 Pfd. Tee =
  40 Pfd. Kaffee =
  1 Qrtr. Weizen =
  2 Unzen Gold =
 1/2 Tonne Eisen =
    x Ware A =
    usw. Ware =

  1.価値形式の変更された性格  Changed character of the value form
 ①商品は今や1つの商品と2つの商品が同じ商品であるため一律に2.その価値が提示されます。 彼らの価値形態は単純で協力的で一般的です。
 ②フォームIとフォームIIはどちらも、商品の価値をそれ自体の使用価値または--商品本体とは区別して表現したものである。

 ③最初の形式は、1スカート= 20ヤードのキャンバス、10ポンドの茶= 1/2トンの鉄などのような値の式を生じさせた。スカートの値は、スクリーンの等価物、鉄の等価物のティー値 。しかし、同等の鉄と同等の鉄、岩と茶の価値形態は、キャンバスや鉄とまったく同じです。 このフォームは明らかに、作業製品が偶発的かつ時折の交換を通じて商品に変わる、当初からのみ発生します。

 ④第2の形態は、第1の形態よりも完全に、商品の価値を、それ自身の使用価値と、スカートの価値とを区別する。 今では彼はすべての可能な形で彼の自然の形に直面しています。キャンバス相当、鉄、紅茶など、他のすべてに等しい、岩と同じではありません。 一方で、ここでは商品の価値の表現はすべて排除されている。なぜなら、各商品の価値の表現では、他のすべての商品は同等の形でしか現れないからである。 開発された価値の形態は、実際には、実際には、例えば、畜産物が例外的に交換されなくなるとすぐに現れるが、他の様々な商品と頻繁に交換される。

 ⑤新たに得られた形態は、商品世界の価値を、それと分離された同じ種類の商品に表現する。 それによってキャンバスとの同等性によってすべての商品の価値を表現することができます。
キャンバスに同等するので現在の価値は、それ自身の使用価値からだけでなく、すべての商品に共通しているため、すべての商品の使用価値から区別されます。
諸商品を価値としてまとめたり、諸商品を交換価値として見せたりするのは、この形式だけです。
 ⑤ The newly obtained form expresses the values of the commodity world in one and the same kind of commodity separated from it, e.g. in canvas, thus representing the values of all goods through their equality with canvas.

As canvas equivalent, value is now distinguished not only from its own use-value, but from all use-value, and therefore, as that which is common to all commodities.

It is only this form that really takes the commodities together as values or makes them appear to each other as exchange values.

 ⑥前の2つの形式は、単一の個別の商品であろうと、多くの異なる商品であろうと、各商品の価値を表しています。 どちらの場合も、それはいわば、個々の商品の民間事業が価値形態を与えることであり、他の商品の介入なしに達成します。 彼らは彼女に対抗するだけの受動的な役割を果たす。

 一方、一般的価値形態は、商品世界の共同の仕事としてのみ生じる。
同時に、他のすべての商品は同じ価値で表現され、新しい商品はすべてそれを模倣しなければならないため、商品は一般的な価値表現のみを取得します。

  したがって、商品の価値客観性<the value-objectivity>は、これらの物の単なる「社会的存在」< "social existence" >であるため、彼らの普遍的な社会関係によってのみ表現することができ、したがって、その価値形態は社会的に有効な形態でなければならないことは明らかである。

 ⑦キャンバスの形式では、すべての商品が定性的には同じ値であるだけでなく、同時に量的に比較可能な値のサイズと同時に現れます。 キャンバスでは、これらの値が1つの同じマテリアルに反映されるため、これらの値は相互に反映されます。 例えば、茶10ポンド=リネン20キュビット、コーヒー40ポンド=リネン20キュビット。 だから10ポンドの紅茶= 40ポンドのコーヒー。 または1ポンドのコーヒーでは、1ポンドの紅茶の場合と同じくらい、有益な物質、労働力の1/4しかありません。

 ⑧ー①商品世界の一般的な相対価値形式は、除外された等価商品、キャンバスに、一般的な等価物の性質を表現する。それ自身の自然形態は、この世界の共通の価値形態<the common value-form >であり、したがってキャンバスは他のすべての商品と直接交換可能です。
 ⑧ー①The general relative value form of the commodity world expresses the excluded equivalent commodity, the canvas, the character of the general equivalent. Its own natural form is the common value-form of this world, the canvas therefore directly interchangeable with all other commodities.
 ②Their body form is considered the visible incarnation, the general social pupation of all human work.
 ②彼らの身体形態は、すべての人間労働の一般的な社会的蛹化、可視化された化身と見なされます。
Weaving, private work which produces canvas, is at the same time in a general social form, the form of equality with all other works.
キャンバスを生み出す私的な製織の織物労働は、同時に他のすべての労働と同等な形の一般的な社会的形態であります。

 ③次に、キャンバスで行われた作業と他の商品に含まれるすべての労働とを同一視することで、一般的人間労働の一般的な発現 をそれにより製織しているのです。
 ③The countless equations, of which the general form of value consists, in turn equate the work done in the canvas with all labor contained in other commodities, and thereby make weaving the general manifestation of human labor in general.
⑧ー④Thus, the work objectified in commodity value is not only presented negatively as labor, abstracting from all concrete forms and useful qualities of actual works. Her own positive nature is explicit. It is the reduction of all real work to the common character of human labor, to the expenditure of human labor.
⑧ー④したがって、商品価値に客観化された労働は、すべての具体的な形や実際の労働の有用な性質から抽象化された労働として否定的に提示されるだけでなく、彼女自身の肯定的な性質は明白です。それは、すべての現実の仕事を人間労働の共通の性格、人間労働力の支出に還元することです。

 ⑨<The general form of value,>一般的価値形態は労働生産物を無差別な人間労働の単なるゼリーとして表現しているし、それが商品世界の社会的表現であるということを、それ自体の枠組みを使って示している。したがって、この世界の中では、一般的人間労働がその社会的特質を形成していることが明らかになった。

 2.相対的価値形態とそれに相当する形の発生比率

 ①相対価値形式の発展の程度は、同等形態の発展の程度に対応する。しかし、これはおそらく注目されるべきであり、同等形態の開発は、相対価値形式の開発の表現と結果に過ぎない。

 ②商品の単純または孤立した相対価値形式は、別の商品を個別の同等物にします。
相対価値の展開されていない形態は、他のすべての商品の商品価値の表現であり、様々な特別な同等物の形態をそれらに課している。最後に、特定の種類の商品には、他のすべての商品がその統一された一般的な価値形態の素材になっているため、一般的な同等形態が与えられます。

 ③しかし、価値形態が全く発展するのと同じ程度で、相対価値形式と同等の形の2つの極の対立が展開されます。

 ④最初のフォーム(20ヤードのキャンバス= 1スカート)でも、このコントラストは含まれていますが、修正されません。同じ方程式が前進または後ろ向きに読み取られるたびに、キャンバスおよび岩石のような2つの商品極の値それぞれが、同等の形で相対値形式で等しく存在する。それはまだ反対の極性を取り込む努力を要する。

 ⑤フォームIIでは、他のすべての商品がそれと反対の形をしている限り、ある種の商品のみがその相対価値を完全に発達させることができます。ここでは、20ヤードのリネン= 1コートまたは= 10ポンドの紅茶または1平方メートルなど、価値の式の2つの側面を見ることはできません。小麦など - 全体的な性格を変えずに総額から一般的な価値形態に変えないでください。

 ⑥後者のフォームIIIは、最終的に商品世界に一般的な相対価値形態を与えている。
なぜなら、1つの例外を除いて、それに属するすべての商品は一般的な等価形態から除外されているからである。従って、キャンバスである商品は、他のすべての商品との直接的な互換性の形態、または直接的な社会的形態で存在します。 (24)

 ⑦逆に、一般的に同等と見なされる商品は、商品世界の統一された、したがって一般的な相対価値形態から除外される。
このスクリーンをみると、一般的な同等の形態の商品が一般的な相対的価値形態に同時に参加する場合、それは同等物として役立つべきである。私たちはそれから、リネン20キュビット= 20キュビットのリネンを受け取りました。ここには値段も価値も表現されていないも同音論です。一般的な同等物の相対価値を表現するためには、フォームIIIを逆にする必要があります。
それは他の商品に共通の相対的価値形態を持たないが、その価値は他のすべての商品の無限シリーズで相対的に表現される。したがって、展開された相対価値フォームまたはフォームIIは、同等の商品の特定の相対価値フォームとして表示されます。

  3. Übergang aus der allgemeinen Wertform zur Geldform
  3一般的価値フォームから貨幣フォームへの移行

 ①一般的な同等の形式は、まったく価値のある形式です。だから、すべての商品に来ることができます。一方、商品は同等のものとして他のすべての商品から除外されているため、一般的に同等の形態(形態III)のみである。そして、この除外が最終的に特定の種類の商品に限定される瞬間からのみ、商品世界の統一された相対価値形態は、客観的な強さと一般的に社会的妥当性を獲得しています。

 ②その商品の特定の種類は、その自然な形が社会的に膨らむ形で、お金になり、お金として働く。それは、その特定の社会的機能、したがってその社会的独占が、商品の世界の中で共通の役割を果たすようになる。この好ましい場所は、形態IIにおいて、キャンバスの特別な等価物であり、形態IIIでは、集合的にキャンバスで表現される相対価値は、特定の商品である金を明示的に征服する。したがって、フォームIIIで製品の金を製品の金に置き換えると、次のようになります。

  D) Geldform  貨幣のフォーム
 20 Ellen Leinwand  =}2 Unzen Gold
       1 Rock =
     10 Pfd. Tee =
   40 Pfd. Kaffee =
   1 Qrtr. Weizen =
  1/2 Tonne Eisen =
      x Ware A =

 ①重要な変更は、フォームIからフォームIIへの移行、フォームIIからフォームIIIへの移行で行われます。一方、フォームIVは、キャンバスではなく、金が一般的な同等の形態を有することを除いて、フォームIIIから何も区別しない。ゴールドはフォームIVに残っています。これは、フォームIIIのキャンバスで、一般的なものです。進歩は、即時の一般的な互換性の形、または同等の一般的な形式が最終的に社会的習慣によって商品金の特定の自然な形と結束するという事実にのみある。

 ②ゴールドは他の商品に対してはお金としてしか向いていません。他のすべての商品と同様に、それは同等のものとして機能し、切り離された交換ファイルの単一の等価物として、または他の商品同等物の特別な等価物としても機能する。徐々に、それは一般的な同等物としてより狭いまたはより広い円で働いた。
それは、商品世界の値式に独占し、この点を征服したら、それは貨幣商品です、とだけでは、すでに一般的な価値形式は、貨幣形態に変換された形態IIIのIVを形成するために異なったので、それは貨幣-商品となった瞬間からです。

 ③商品の単純な相対価値表現。キャンバスは、すでにお金として機能している商品に含まれています。金は、価格の形式です。
したがって、それは次の--キャンバスの「価格形態」であります。

20 Ellen Leinwand = 2 Unzen Gold

oder, wenn 2 Pfd.St. der Münzname von 2 Unzen Gold,

20 Ellen Leinwand = 2 Pfd.St.

<85>
 ④貨幣形態という概念の難しさは、一般的な等価形態、すなわち一般的な形の一般的価値形態 IIIの理解に限られている。
フォームIIIはフォームIIであり、展開された価値フォームであり、その構成要素はフォームI:20キュビットキャンバス= 1コートまたはxコモディティA = yコモディティBである。したがって、シンプルな商品形態はマネーフォームの胚芽である。

4. Der Fetischcharakter der Ware und sein Geheimnis

 

金正恩は、インド・ムガル帝国の一族か。

 投稿者:チンギス・ハーン  投稿日:2018年10月20日(土)15時03分49秒
返信・引用
  金正恩は、インド・ムガル帝国の一族か。

http://urx3.nu/MJc5

http://urx3.nu/MJc7

その誕生日は、最高級のめでたさ。
 

    初版 商品  ④

 投稿者:杉本  投稿日:2018年10月19日(金)00時29分50秒
返信・引用 編集済
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1692
初版第一の形態の5段落の誤訳について <その2>
上記の記事が読みやすいように、全体の記事を編集し直してみました
https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1676
初版 商品  ③   9月16日の記事を、編集し直してみました。

https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
  商品
資本主義的生産方式が普及している豊かな社会は、「巨大な商品群」として現れ、単一の商品は基本的な富の形態として現れる。私たちの調査は、商品の分析に応じて開始されます。
   ーーー中略ーーー

 ①Ⅰ 最初または相対価値の単純な形式:
   麻の20ヤード= 1つのコート(X の 商品A、商品Bの= Y)。
 このフォームは単純なので、分析するのがむしろ困難です。
それに含まれるさまざまな仕様は、隠されており、抽象的な未開発であり、その結果、抽象化の力をかなり強く適用することによってのみ区別することができます。しかし少なくともこれは、20ヤードのリネン= 1コート、または20ヤードのリネン= xコートであっても、その形態は同じであることは、一見して明らかです。

 ①I. First or simple form of relative value: 20 yards of linen = 1 coat (x of commodity A = y of commodity B). This form is rather difficult to analyse, because it is simple. The different specifications which are contained in it are veiled, undeveloped, abstract, and consequently only able to be distinguished and focused upon through the rather intense application of our power of abstraction. But at least this much becomes clear at a glance, that the form remains the same, whether 20 yards of linen = 1 coat, or 20 yards of linen = x coats.

 ②リネンは、価値あるものや有用なものの形で、その地上の様子を描きます。
それゆえに、その堅いリネンの体質や自然の形は、その価値の形ではなく、その正反対です。
 それは、それ自体に等しい他の商品(コート)にそれ自体を関連付けることによって、価値としての自分自身の現実を明らかにする。それ自体が価値がないのであれば、独自のものとして(価値として)コートに関係することはできません。
同種の人間労働の客観化、すなわちそれ自体の価値の物質としてそれ自体をそれに関連づけることによって、それはコートと質的に同等であると自認する。それは一般的に単なる価値ではなく、特定の大きさの価値である - そしてコートは、20ヤードのリネンほどの労力を正確に含んでいるため、xコートの代わりに1コートと同等であると考えます。コートとのこの関係によって、リネンは1回のストロークで異なるハエをうちます。
 他のコモディティ<商品>を価値として自分自身と同等にすることによって、それ自体を価値として関連付ける。自分自身を価値として関連づけることによって、それは同時に自分自身と使用価値として区別されます。コートの価値の大きさ(そして価値の大きさは一般的な価値と定量的な価値の両方である)を表現することによって、その現実とは異なる価値形態の価値として現実を与えます。
このように自分自身の内で差別化されているものとして自らを明らかにすることによって、それは本当に商品として初めて --それは同時に価値のある有用なもの--であることを明らかにする。リネンが使用価値である限り、それは独立したものです。
 その価値でのアピールは、他方では、コートがある別の商品(例えばコート)との関係においてのみ(リネン)と定性的に同等であるため、それに相当するいくつかの特定の数量において現れるそれと交換可能--だということです。したがって、価値は、交換価値としてのその表現を通じてのみ、使用価値とは異なる個々の形態を獲得するだけである。

 ②Linen makes its earthly appearance in the shape of a use-value or useful thing. Its stiff-as-linen corporeality or natural form is consequently not its form of value, but its direct opposite.

 ②ー②It reveals its own reality as value immediately by relating itself to another commodity (the coat) as equal to itself.
If it were not itself value, then it could not relate itself to coat (as value) as its own sort of thing.
It posits itself as qualitatively equal to the coat, by relating itself to it as objectification of human labour of the same species, i.e., of its own value-substance; and it posits itself as equal to only one coat instead of x coats, because it is not just value in general, but value of a specific magnitude  and a coat, however, contains precisely just so much labour as 20 yards of linen. By this relationship to the coat, linen swats different flies with one stroke.

 ②-③By equating the other commodity to itself as value, it relates itself to itself as value. By relating itself to itself as value, it distinguishes itself from itself as use-value, at the same time. By expressing its magnitude of value in the coat (and magnitude of value is both things: value in general, and quantitatively measured value), it endows its reality as value with a form of value which differs from its immediate existence. By revealing itself in this manner as a thing which is differentiated within itself, it reveals itself for the first time really as a commodity ? a useful thing which is at the same time value. Insofar as linen is use-value, it is an independent thing.

②-④Its value appears, on the other hand only in relationship to another commodity (e.g., the coat), which a coat is, is qualitatively equated to it (the linen), and consequently in some specific quantity counts as equivalent to it, replaces it and is exchangeable for it. Hence, value only acquires an individual form which is different from use-value only through its manifestation as exchange-value.

 ③コートのリネンの価値の表現は、コートそのものに新しい形を印象づけます。結局、リネンの価値形態の意味は何ですか?
それは、コートが交換可能であることは明らかです。
他に何が起こっても、そのリアルな現実の下では、自然な形態(コート)で、他の商品との即時的交換可能性の形態、交換可能な使用価値の形式、または同等物であることを有します。
 ③The expression of the value of linen in the coat impresses a new form upon the coat itself.
After all, what is the meaning of the value-form of linen?

Evidently that the coat is exchangeable for it.
Whatever else may happen to it, in its mundane reality it possesses in its natural form (coat) now the form of immediate exchangeability with another commodity, the form of an exchangeable use-value, or Equivalent.
  <ここでの判読は、要注意です。
  結局、リネンの価値形態の意味は何ですか?
  それは、コートが交換可能であることは明らかです。
  質問と回答が述べられ、回答が一つではなく二つの形式があります。
  二つであることが判読できると、第三形態の⑦段落にはこうあることが
  理解できます。>
  彼らはすぐに交換することができるという理由だけで即座に交換できる
  わけではありません。彼らはお互いに即座の交換可能性の形を持ってい
  ません。すなわち、その社会的に有効な形態は、仲介されたものである。
  <their socially valid form is a mediated onet is the
   other way around.
  彼らの社会的に妥当な形式は、仲介されたものです。>
等価物の仕様には、商品が価値であるという事実だけでなく、しかし、その体質的な形(その使用価値)でそれが数えられるという事実、価値として別の商品のために、そしてすぐに手元にあり他の商品の交換価値として使用されます。
The specification of the Equivalent contains not only the fact that a commodity is value at all, but the fact that it in its corporeal shape (its use-value) counts as value for another commodity and consequently is immediately at hand as exchange-value for the other commodity.

 ④ー①価値として、リネンは労働だけで構成され、透明で結晶化した労働の沈殿物を形成します。
実際には、この結晶は非常に暗いです。労働がそれで検出可能である限り(商品のすべての実施形態が労働の痕跡を明らかにするわけではない)、それは未分化の人間の労働ではなく、むしろ、製織、紡績などである。その物質の唯一の成分ですが、もちろん自然から得られた物質で発酵しています。リネンを人間の労働の単なる対象化として保持するためには、それを本当に物事にするすべてのものから抽象化しなければならない。抽象的な(すなわち、いかなる追加的な品質や内容もなく)人間労働の客観性は、必然的に抽象的な客観性 - 思考のものである。そのようにして、亜麻の網はキメラに変わります。

 ④-②しかし、商品は物象です。
彼らは、彼らが物象のようなやり方であるか、
そうでなければ自分の物象的な関係でそれを明らかにする必要があります。
 <But commodities are objects.
  They have to be what they are in an object-like way
 or else reveal it in their own object-like relationships. >

 ④-③リネンの生産では、人間の労働の特定の量が存在し費やされてきました。リネンの価値は、そのように費やされた労働の単なる客観的な反映ですが、リネンの体には反映されません。それはコートとの価値関係によってそれ自体を明らかにする(すなわち魅力的な表現を得る)。

 ④ー④リネンが価値あるもの(価値の存在形態)としてコートと関係するのであり、そこに同時に起こることは、自身が使用価値としてのコートと区別されることで、コートがリネンボディとは対照的に- その自然的形態とは区別されるリネンの価値形態になります(⑱)

 ④ー①As value, linen is composed exclusively of labour, and forms a transparently crystallized precipitate of labour.

In reality this crystal is very murky, however. In so far as labour is detectable in it (and not every embodiment of commodity reveals the trace of labour), it is not some undifferentiated human labour, but rather: weaving, spinning, etc. which, in addition, are by no means the only components of its substance but of course are leavened with matter derived from nature.
In order to retain linen as a merely corporeal expression of human labour one has to abstract from all that which makes it to be really a thing.
Any objectivity of human labour which is itself abstract (i.e., without any additional quality and content) is necessarily an abstract objectivity a thing of thought. In that fashion, a web of flax turns into a chimera.

 ②But commodities are objects. They have to be what they are in an object-like way or else reveal it in their own object-like relationships.

 ③In the production of linen, a particular quantum of human labour exists in having been expended. The linen’s value is the merely objective reflection of the labour so expended, but it is not reflected in the body of the linen.

 ④ー④It reveals itself (i.e., acquires a sensual expression) by its value-relationship to the coat. By the linen’s equating the coat to itself as value  while at the same time distinguishing itself from the coat as object of use what happens is that the coat becomes the form of appearance of linen-value as opposed to linen-body: its value-form as distinguished from its natural form.

 ⑤ー① 相対的価値表現:20ヤードのリネン= 1コート(または、xリネンはコートの価値がある)の場合、コートは価値のあるまたは労働の凝固物としてしかカウントされないと認めなければならないが、しかし、価値関係はコートを、労働の凝固物、およびその凝固のために人間労働の凝固形態としてのみコートを扱う。(⑱a)
 ⑤ー①In the expression of relative value: 20 yards of linen = 1 coat (or, x linen is worth y of coat), one must admit that the coat counts only as value or coagulation of labour, but it is precisely through that fact that the coagulation of labour counts as coat, and coat as the form into which human labour flows in order to congeal.

 ⑤-②使用価値コートはリネン価値の出現形態にしかならない。なぜなら、リネンは、抽象的な人間の労働を即時に実現するためにコートの材料に関係するため、オブジェクト化されたものと同じ種類の労働に関係するリネン自体の中にある。
 ⑤-②The use-value coat only becomes the form of appearance of linen-value because linen relates itself to the material of the coat as to an immediate materialization of abstract human labour, and thus to labour which is of the same kind as that which is objectified within the linen itself.

 ⑤-③オブジェクト(コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
コートと同じエッセンスの価値があるので、自然な形のコートは、それによって、自分の価値形態になる。
 ⑤-③The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour of the same kind, and consequently as value in natural form.
Since it is, as value, of the same essence as the coat, the natural form coat thereby becomes the form of appearance of its own value.

  <ここでの④ ⑤段落の違いは、英語だとそれははっきりしている。>
  <④By the linen’s equating the coat to itself as value
   while at the same time distinguishing itself from the
   coat as objectof use what happens is that the coat
  becomes the formof appearance of linen-value as opposed
  to linen-body: its value-formas distinguished from its
  natural form.
  リネンが価値あるもの(価値の存在形態)としてコートと関係するのであ
  り、そこに同時に起こることは、自身が使用価値としてのコートと区別さ
  れることで、コートがリネンボディとは対照的に- その自然的形態とは区
  別されるリネンの価値形態になります(⑱)

 もう一度対比してみる。
 <⑤Since it is, as value, of the same essence as the coat,
  the natural form coat thereby becomes the form of
  appearance of its own value.
  コートと同じエッセンスの価値があるので、
  自然な形のコートは、それによって、自分の価値形態になります。>

 <ここから、次は理解できます!>
 a相対的価値表現において、リンネルの価値形態を受けとるのであり、
  <相対的価値表現形態の形成へ>
 b等価物上着は、自身の自然的形態のままに価値形態を受けとる
  <等価形態の形成へ>
  ーーなのです。

 ところが、これまでの訳の全てが、この価値形態の訳がなく、そして、全く不
 必要な、次の文があったのです。

 「価値であるかぎりでのリネンは上着と同じ本質を持つのだから、実物形態の
 上着はリネン自身の価値の現象形態になる。」(今村訳P288)

 これは意味不明な文章ですし、その前の次の文とは意味が変わらず、同じ繰り返
 しです。
 「使用価値コートはリネン価値の出現形態にしかならない。」

 ここでは次の段階だから、リネンの価値の現出形態として上着が提起ーーされ
 てはいない、のです。

 これでは、意味が全く不明になります。もうちょっと考えて下さい!
 上着がリネン価値の現象形態であれば、謎!!!は出来ないのです。
 等価物上着は、使用価値ではなく、すでに、価値と規定されているからです。
 上着自身が、価値の現出形態であって、その規定にあるからこそ、すぐさま
 リンネルのではなくーー自身で価値形態になるーーから謎なのです。
 以上のことで、上着自身が、媒介を経ずとも価値形態であり、価値の現出形態
 なのです。

 再度ーー上着自身が、それ自体として、価値の現出形態であり、
 価値の現象形態としてのリンネルへの役立ちは、ここではなくて、していないの
 です。
 <今村訳は、この他商品への役立ちを見たからーー誤訳なのです。>
 その謎性追求での解答は、後で、次の解答をえたのです。

 謎性ーーとは、?リンネルが、価値形態を受けとリ、相対的価値形態を示さず
 とも、上着が、自身だけで価値形態ーーー等価形態を示すことができる!と判
 断することです。

 <⑪段落ーーでの解答が次にありました。
 「上着の等価物としての役立ちは、リネンのなす反省規定」ーーに依っている
 ということを、彼は、しつこく追求しています。
 このリネンの反省規定は、このように、5段落では示されず、⑪段落にて示され
 たのです。

 「コートに関連するリネンの結果物(同等の形態、直ちに交換可能な使用価値
 としてのその規定性)は、リネンに関連する外面においても、肉体的な方法で
 コートに属するように見える。」

  そこで、やっと⑪段落にてーー等価形態との規定を受け取ったのです。>
 <誤記・誤訳!これだから、初版が理解し難い!のは当然です。>

 ⑤ー④しかし、使用価値で表現される労働は単に人間の労働ではなく、むしろ特別な有用な労働である。
単純な人間の労働(人間の労働力の支出)は、それぞれのすべての決定を受け入れることができますが、それは真実ですが、それ自体のためだけに決定されません。
 ⑤ー④But the labour represented in the use-value, coat, is not simply human labour, but is rather a particular useful labour: tailoring.
Simple human labour (expenditure of human labour-power) is capable of receiving each and every determination, it is true, but is undetermined just in and for itself.

 ⑤ー⑤それは、決定され特定された労働として決定された形で人間の労働力が消費されるとすぐに実現し、客観化することができます。なぜなら、それは、労働がそれ自体を客観化する外的な物質である、何らかの自然の実体によって直面することができる決定され特定された労働であるからです。
ヘーゲルの意味での「コンセプト」は、外的な物質なしでそれ自身を客観化することだけです。[1]
 ⑤ー⑤It can only realize and objectify itself as soon as human labour-power is expended in a determined form, as determined and specified labour; because it is only determined and specified labour which can be confronted by some natural entity ? an external material in which labour objectifies itself.
It is only the ‘concept’ in Hegel’s sense that manages to objectify itself without external material.[1]

 ⑥ー①時間は、人間の労働の直接的な現れ形としての仕立て労働に関係なく、価値または肉体化された人間の労働として、コートに関連付けることはできません。しかし、リネンにとって重要な使用価値コートの面は、ウールの快適さ、ボタンアップされたエッセンス、またはそれを使用価値としてマークする他の有用な品質ではない。
 ⑥ー① Time cannot be related to the coat as value or incarnated human labour, without being related to tailoring-labour as the immediate manifestation-form of human labour.

The aspect of the use value, coat, however, which is of interest to the linen is neither its woollen comfort, nor its buttoned-up essence nor any other useful quality which marks it out as a use-value.

 ⑥-②コートは、その澱粉質の使用 - 客観性とは区別されるように、リネンの価値 - 客観性<価値対象性でなく--伝統化された誤訳、違いは、リネンと上着の価値対象性が、価値客観性>を表すためにのみ、リネンに対してのみ使用される。
 ⑥-②The coat is of service to the linen only in order to represent the linen’s value-objectivity as distinguished from its starchy use-objectivity.

 ⑥-③それがassa foetidaや化粧品、または靴磨きでその価値を表明したならば、同じ目的を達成することができました。テーラリング労働も、リネンにとって価値があります。結果的には、それが意図的な生産的労働でない限り、決定的労働、実現の形態、一般的な労働の客観化の方法として存在している限りです。
 ⑥-③It could have attained the same purpose if it had expressed its value in assa foetida or cosmetics, or shoe polish. The tailoring labour, too, has value for the linen, consequently, not insofar as it is purposeful productive labour, but only insofar as it exists as determinate labour, form of realization, manner of objectification of human labour in general.

 ⑥-④リネンがコートではなく靴磨きでその価値を表明した場合、磨きはそれを仕立てるのではなく抽象的な人間の労働の実現の直接的な形態とみなすでしょう。
したがって、使用価値または商品本体は、抽象的な人間の労働の実現の直接的な形態として、それに含まれる具体的で有用な種の労働に他の商品が関連することによって、価値の出現の形態または等価物にしかならない。

 ⑥-④If linen expressed its value in shoe polish rather than in the coat, then polish-making would count for it as the immediate form of realization of abstract human labour instead of tailoring.

So a use-value or commodity-body only becomes a form of appearance of value or an Equivalent by another commodity’s relating itself to the concrete, useful species of labour contained in it, as the immediate form of realization of abstract human labour.

 ⑦ー① 私たちはここで、価値形態の理解を妨げるすべての困難の出発点にあります。
⑦ー① We stand here at the jumping-off point of all difficulties which hinder the understanding of value-form.

 ⑦ー②それは、商品の価値の人間労働の問題としてだけに期待されている限り、その使用価値または同じ作業の使用価値を作る作業から商品の価値を区別することは比較的容易です。
 ②It is relatively easy to distinguish the value of the commodity from its use-value, or the labour which forms the use-value from that same labour insofar as it is merely reckoned as the expenditure of human labour power in the commodity-value.

 ③商品を見たり、ある形で仕事をすると、他の形でそれを考慮したり、その逆もありません。
これらの抽象的な対立は、自明であり、したがって分離しやすい。
 ③If one considers commodity or labour in the one form, then one fails to consider it in the other, and vice versa.
These abstract opposites fall apart on their own, and hence are easy to keep separate.

 ④商品と商品との関係にのみ存在する価値形態とは状況が異なります。
ここでは、使用価値または商品本体が新たな役割を果たします。これは、商品の価値の現れ、すなわち、それ自体の反対です。
 ④It is different with the value-form which exists only in the relationship of commodity to commodity.
The use-value or commodity-body is here playing a new role.
It is turning into the form of appearance of the commodity-value, thus of its own opposite.

 ⑤同様に、使用価値に含まれる具体的な有用労働は、抽象的人間労働の実現の単なる形となり、それとは反対のものになる。
 ⑤Similarly, the concrete, useful labour contained in the use-value turns into its own opposite, to the mere form of realization of abstract human labour.

 ⑥離れて落ちる代わりに、商品の相反する規定が反映されます。これは一見して、この理解ができないか分かりませんが、必要に応じてさらに検討する必要があります。
 ⑥Instead of falling apart, the opposing determinations of the commodity are reflected against one another.
However incomprehensible this seems at first sight, it reveals itself upon further consideration to be necessary.

 ⑦商品は最初から二重のもので、使用価値であり価値、有用な仕事と抽象的人間労働の凝固産物です。
 ⑦The commodity is right from the start a dual thing, use-value and value,product of useful labour and abstract coagulate of labour.

 ⑧それが何であるかを明らかにするためには、その形式を一つではなく倍にする必要があります。それは、自然から使用価値の形の権利を持っています。 それはその自然な形です。
 ⑧In order to manifest itself as what it is, it must therefore double its form.
It possesses right from nature the form of a use-value. That is its natural form.

 ⑨他の商品と一緒に流通して初めて価値のある形態だけを獲得する。しかし、その価値形態は、それ自体が客観的な形である。
 ⑨It only earns a value form for itself for the first time in circulation with other commodities.
But its value-form has then to be itself an objective form.

 ⑩商品の唯一の客観的な形態は、その用途、その自然な形です。
 ⑩The only objective forms of commodities are their use forms, their natural forms.

 ⑪製品(例えばリネン)の自然な形はその価値形態の正反対であるため、他の自然な形態(別の商品の自然な形)をその商品形態に変えなければなりません。
 <英明な江夏訳にして 「価値形態」 の誤訳です。廻り道にて上着は商品形態をうけとることで、等価物の形態の形成に向かうのではなく、相対的価値形態の形成に向かうのです。>
 ⑪Now since the natural form of a commodity (e.g., linen) is the exact opposite of its value-form, it has to turn another natural form ーーthe natural form of another commodity ーー into its commodity form.
 ⑪独語 Da nun die natürliche Form einer Ware (z. B. Leinen) das genaue Gegenteil ihrer Wertform ist,muss sie eine andere natürliche Form -die natürliche Form einer anderen Ware - in ihre Warenform umwandeln.

 ⑫それはすぐに別の商品のために、それゆえにそれ自身のための迂回路(回り道)によってすぐにすることができます。
 ⑫A thing that it cannot do immediately for itself it can do immediately for another commodity, and therefore by a detour for itself.

 ⑬それは、自らの価値を自分自身の価値で表現することはできませんが、他の価値や商品を直接価値として参照することができます。
 ⑬It cannot express its value in its own body or in its own use-value, but it can relate itself to another use-value or commodity-body as an immediately existent value.

 ⑭それは抽象的人間労働の単なる実現形態として、他商品の別の種に含まれていることに疑いはないが、それ自体に含まれる具体的な労働ではなく、それが人間労働であることに関連している可能性がある。そのためには、それは同等のものとして他の商品を自分自身と同一視するだけでよい。
 ⑭but doubtless to that contained in another species of commodity as a mere form of realization of abstract it can relate itself not to the concrete labour contained in itself, it human labour.
For that, it only needs to equate the other commodity to itself as an Equivalent.

 ⑮商品の使用価値は、このように価値の出現形態で役立つ限り、他の商品に対してのみ存在します。
 ⑮The use-value of a commodity only exists at all for another commodity insofar as it serves in this fashion for the form of appearance of its value.

 ⑯シンプルな、相対価値式の量的関係でのみ見る:商品A = yの商品B、X、我々は相対価値の動きにのみトップに開発法律を見つけ、すべての事実に基づいてその商品の価値の量その生産に必要な労働時間によって決定される。
 ⑯If one considers only the quantitative relationship in the simple, relative value-expression: x commodity A = y commodity B, then one finds also only the laws developed above concerning the motion of relative value, which all rest upon the fact that the amount of value of commodities is determined by the labour-time required for their production.

 ⑰But if one considers of both commodities in their qualitative aspect, then one discovers in that simple expression of value the mystery of value form, and hence, in nuce[2] of money.[3]
  既存訳 ーー<ところが、両商品の価値関係をそれの質的な側面から考察す
  ると、上述の単純な価値表現のなかに、価値形態の秘密を、したがってま
  た、一言で言えば貨幣の秘密を、発見することになる(20)>
  英語版からの訳
 ⑰しかし、両方の商品の価値関係を質的側面で考えると、ここに、価値形態の謎をその価値形態の単純な表現で示される秘密と対比することで発見し[2]、ここに貨幣の謎があることが理解できる。[3]>
    註2.「ナッツ・シェル」。
     2. ‘In a nut-shell’; that is, potentially. A.D.
     多分in a nutshellだと思います。よく耳にする表現です。
    「簡単に言うと」「要するに」「手短にいうと」って言う意味ですね。
     何かを説明する時、文頭に"In a nutshell.."で始めたり、
     "OK. I'll put it in a nutshell."
    「手短に説明するわね」みたいな感じでも使います。
    註3.ヘーゲル以前の専門的な論理学者が、判断と推論のパラダイムで
     形式の内容を見落としていたように、
     経済学者が相対的価値表現の形式的内容を見落としていることは驚く
     ことではない(物質的利益の影響を受けている)。
     <杉本 既存訳「相対的価値表現の形式内容」であれば、両極の形態
     をとることであり、相対的価値形態の形式内容」であれば、「価値形
     態」が内実とされることで、価値表現がされるということです。
     既存訳は、正解なのです。>

   <杉本 これまでどうにも著者の意図がつかめないでいたのだが、上記の
    7段落、即ち、この⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫段落と、何度も繰り返し、
    両極の価値形態、相対的価値形態と等価形態の説明をば、筆者はしてい
    るのです。
    この意図をば、私達は、両極の価値形態は<常識としての前提>として、
    これまで、何とも恥ずかしいことに、見出せず、無視してきたのだから、
    大いに反省し、注目する必要があります。>

 ⑧私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値形態を含むことを明らかにしました。
リネンはその価値とコートの価値の確定量を表しています。それは、他の商品との価値関係におけるその価値を明示し、したがって交換価値として明示します。他方では、他の商品、すなわち相対的な方法でその価値を表現しているコートは、それと直ちに交換可能な等価物としての使用価値の形式を正確に得る。
両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の同等の形態(等価形態)は、交換価値の形式です。両者は実際には、同じ相対的価値表現のベクトル(お互いに相互に条件付けされたもの)だけですが、同じに設定された2つの商品極の間の極のように分けられます。
 ⑧Our analysis has revealed that the relative value-expression of a commodity includes two different value forms. The linen expresses its value and its determinate amount of value in the coat. It manifests its value in the value-relation to another commodity, and hence as exchange-value. On the other hand, the other commodity, the coat in which it expresses its value in a relative way, obtains precisely in that way the form of a use-value as an equivalent which is immediately exchangeable with it. Both forms, the relative value-form of the one commodity, equivalent form of the other, are forms of exchange-value. Both are actually only vectors ? determinations conditioned reciprocally by each other  of the same relative value-expression, but divided like poles between the two commodity-extremes which have been set equal.

 ⑨定量的決定は商品の等価形態には含まれない。(例えば、コートがリネンの同等物である)規定された関係は、同等の形態(等価形態)、すなわち、リネンとの直接的交換可能性の形態からではなく、労働時間による価値量の決定から生じる。リネンは結晶化した人間の労働量である特定のコート・クォンタムに関連することによって、コートで独自の価値を表すことができます。
この場合コート値の変化では、この関係も変化します。しかし、リネンの相対的な価値が変化するためには、それが存在しなければならず、それは所与のコート値でのみ形成することができる。
さて、リネンが1,2、またはxコートで独自の価値を表しているかどうかは、(この前提のもとでは)リネンのヤードの価値に完全に依存し、その値がコートの形で明示されるはずのヤードの数に左右されます。商品の価値の量は、他の商品の使用価値において相対価値としてしか表現することができません。商品は、他方としてのみ(「等価」によって意味されるものである)直ちに交換可能な使用価値の形を求める材料である、別の商品で価値が表現されます。
 ⑨Quantitative determinacy is not included in the equivalent-form of a commodity. The determinate relationship (e.g., in which coat is the equivalent of linen) does not flow from its equivalent-form, the form of its immediate exchangeability with linen, but from the determination of the amount of value by labour-time. The linen is only able to represent its own value in coats, by relating itself to a determinate coat-quantum as a given quantum of crystallized human labour. If the coat-value changes, then this relationship also changes. But in order that relative value of linen may change, it has to be present, and it can only be formed upon given coat-value. Now, whether the linen represents its own value in 1, 2 or x coats depends (under this presupposition) completely upon the amount of value of a yard of linen and the number of yards whose value is supposed to be manifested in the form of coats. The amount of value of a commodity can only express it in the use-value of another commodity as relative value. A commodity only obtains the form of an immediately exchangeable use-value (which is what is meant by ‘equivalent’) on the other hand, only as the material in which the value of another commodity is expressed.


 ⑩この区別は、その単純な形式または第一の形式の相対的な価値表現の特徴的な特質によって不明瞭である。
方程式:20ヤードのリネン= 1コート(または20ヤードのリネンはコートに値する)は、結局全く同じ式を含む:1コート= 20ヤードのリネン(または1コートは20ヤードのリネンの価値がある)であります。コート値が等価であるリネンの相対的な価値表現は、リネンが等価である場合のコートの相対的な価値表現を逆に含む。
 ⑩This distinction is obscured by a characteristic peculiarity of the relative value-expression in its simple or first form. The equation: 20 yards of linen = 1 coat (or 20 yards of linen are worth a coat) includes, after all, precisely the identical equation: 1 coat = 20 yards of linen (or one coat is worth 20 yards of linen). The relative value-expression of the linen, in which the coat figures as Equivalent, thus contains from the reverse the relative value-expression of the coat, in which the linen figures as Equivalent.

 ⑪ー①商品価値の価値形態またはその両方の表現の決定は、相対価値のみであるが、両者は同じ程度に相対的に現れるわけではない。リネンの相対価値(20ヤードのリネン= 1コート)において、リネンの交換価値は、他の商品との関係として明示的に示されている。

 ②コートに関しては、リネンはコート自体を価値の出現形態として、したがってそれ自体ですぐ<直接>に(リネンに)交換可能なものとして、リネンがコートと関連している限り、同等であることは明らかである。この関係の中でのみコートの等価物です。
 <杉本 ここでは、ーー上衣が直接的に価値形態であるーーことの幻影を批判
 している。リネンが、上着を自身の価値の出現形態としているので、上着は直
 接的にリネンと交換可能になるーーつまり、上着は自身だけで直接的に価値形
 態となり、リネンの等価物になるのではないのです。
 上着の等価物としての役立ちは、リネンのなす反省規定ーーに依っているとい
 うことを、彼は、しつこく何度も繰り返しています。>
⑪ー①Although both determinations of the value form or both modes of manifestation of the commodity-value as exchange-value are only relative, they do not both appear relative to the same degree. In the relative value of the linen (20 yards of linen = 1 coat), the exchange-value of linen is expressly manifested as its relationship to another commodity.
 ②As far as the coat is concerned, it is admittedly an Equivalent insofar as linen is related to the coat as form of appearance of its own value, and hence as something immediately exchangeable with itself (the linen).Only within this relationship is the coat an Equivalent.

 ③しかし、それは受動的に行われます。 それは何のイニシアチブも握っていない。 物事はそれ自体に関係しているので、それはこの関係で自分自身を見つけます。
 ④リネンとの関係のために構成されているキャラクターは、それ自身の関係の結果として出現するのではなく、それ自身の追加の活動なしで存在する。
 ⑤さらに、リネンがコートに関連する具体的な特定モードおよび方法は、コートに対して行うことの終わりに正確に適切であるが、それは控えめであるが、「プライドで怒っているテーラーの製品」ではない。
 ③But it conducts itself passively. It seizes no kind of initiative. It finds itself in relationship because things relate themselves to it.
 ④The character which is constituted for it out of its relationship with the linen thus does not appear as the result of its own relating, but as present without any additional activity of its own.
 ⑤In addition, the specific mode and manner in which the linen relates to the coat is exactly appropriate to the end of doing it to the coat, however modest it be and however far from being the product of a ‘tailor run mad with pride’.

 ⑥結局のところ、リネンは、したがって現在の価値体としての、抽象的人間労働の現実的な現行・顕現<プレゼント>としてのコートに関連しています。これは、リネンがこの特定のやり方でコートに関連している限り、これだけです。同等物<等価物>としてのその状態は、リネンの反省規定[4]だけである(いわば)。
  <杉本 リネンの同等物=上着は価値として自らに等しいとの、リネンの反
  省規定された存在に過ぎず、等価物の形態ではない!
  形態規定されてはいない。上着は価値の凝固物であるが、それだけでは、
  リネンに対して直接的交換可能な形態を、上着は受け取れない>
 ⑦しかし状況はちょうど逆のように見える。
一方では、コートはそれ自体を何かに関連付けるのに苦労しません。一方、リネンは、それを何かにするのではなく、リネンがするかもしれない何かからかなり離れているので、コートと関連しています。
 ⑥The linen, after all, relates itself to the coat as the sensually existing materialization of human labour in abstracto and hence as present value-body. It is this only because and insofar as the linen relates itself to the coat in this specific manner. Its status as an Equivalent is (so to speak) only a reflection-determination[4]of linen.
 ⑦But the situation seems just the reverse.
On the one hand, the coat does not take the trouble to relate itself to anything. On the other hand, the linen relates itself to the coat, not in order to make it into something, but because it is something quite apart from anything the linen might do.

 ⑧コートに関連するリネンの結果物(同等の形態、直ちに交換可能な使用価値としてのその規定性)は、リネンに関連する外面においても、肉体的な方法でコートに属するように見える。
 ⑨最初のまたは単純な形式の相対価値(20ヤードのリネン - 1コート)では、このフォームはまだ確立されていません。これは直ちに反対に、コートはリネンと同等であることを表しています。 2つの商品のそれぞれが、この決定を所有するのは、他方がそれ自身の相対的価値形式になるためであるからである[5]。
 ⑧The resultant product of the linen’s relating to the coat (its Equivalent-form, its determinacy as an immediately exchangeable use-value) appears to belong to the coat in a corporeal way even outside the relating to the linen, in just the same way as its property of being able to keep people warm (for example).
 ⑪ー⑨In the first or simple form of relative value (20 yards of linen one coat), this false seeming is not yet established, because this form expresses in an immediate way also the opposite, that the coat is an Equivalent of the linen, and that each of the two commodities only possesses this determination because and insofar as the other makes it into its own relative value-expression.[5]

 ⑫単純な相対的価値形式や2つの商品の等価性の表現では、いずれの場合も反対の方向であるが、価値形式の発展は両方の商品に対応している。リネンは一つの商品(コート)のみでその値を明示し、逆も同様であるが、この価値表現は、両方の商品ともに2倍であるため、相対価値表現は両方の商品についての参照と同じである。同じなのです。
最後に、両方の商品のそれぞれは、他の単一の商品種の同等物にすぎず、したがって、同等のものは1つだけです。
 ⑬「20ヤードのリネン= 1コート」(または20ヤードのリネンは1コートの価値がある)のような式は、商品の価値を明らかに非常に限られた一方的な方法で表しているだけである。例えば、リネンをコートの代わりに他の商品と比較すると、他の相対値式、他の式(リネン=コーヒー20ヤード、リネン= vティーなど20ヤードなど)も得られます。リネンはそれとは異なる商品と同じくらい多くの異なった相対価値表現を持ち、相対的価値表現の数は、新たに生まれた商品の種類の数とともに絶えず増加している。
 ⑫In the simple form of relative value or the expression of the equivalence of two commodities, the development of the form of value is correspondent for both commodities, although in each case in the opposite direction. The relative value-expression is in addition identical with reference to each of both commodities, for the linen manifests its value in only one commodity (the coat) and vice versa, but this value expression is double for both commodities, different for each of the same. Finally, each of both commodities is only an Equivalent for the single other species of commodity, and thus only a single Equivalent.
 ⑬Such an equation as ‘20 yards of linen = 1 coat’ (or twenty yards of linen are worth one coat) evidently expresses the value of the commodity in only a very limited and one-sided way. If I compare the linen, for example, with other commodities instead of coats, then I also obtain other relative value-expressions, other equations (like 20 yards of linen = u coffee; 20 yards of linen = v tea, etc.). The linen has just as many different relative value-expressions as there exist commodities different from it, and the number of its relative value-expressions constantly increases with the number of kinds of commodities which newly enter into existence.

 ⑭ 最初の形式(20ヤードのリネン= 1コート)は、2つの商品の価値について2つの相対的表現をもたらした。この第2の形式は、同じ商品の価値に対する相対的表現の最も多彩なモザイクをもたらす。さらに、価値の量の表現(あらゆる表現において明らかに同じままであるリネンの価値のための)の表現は、「20ヤードのリネン= 1コート」と同様に徹底的に表現されている'20ヤードのリネン=コーヒーなど'のように)、コーヒーなどは、コートがそうであったように、単一の同等物である。
 ⑮それにもかかわらず、この第2の形態は、それ自体の中で形態の本質的な発展を含んでいる。潜在的には、結局のところリネンが一度にコートやコーヒーなどでその価値を表現しているだけでなく、コーヒーのようにコートの価値を表現しているという事実この商品またはその第三者などのいずれかで、継続的な決定が明らかになります。
 ⑭The first form (20 yards of linen = 1 coat) yielded two relative expressions for the value of two commodities. This second form yields the most variegated mosaic of relative expressions for the value of the same commodity. In addition, there seems to be nothing gained either for the expression of the amount of value (for the amount of value of linen  which obviously remains the same in every expression ? is just as exhaustively expressed in ‘20 yards of linen = 1 coat’ as in ‘20 yards of linen = u coffee, etc.’), the coffee and the etcetera are only single Equivalents, just as the coat was.
 ⑮Nevertheless, this second form contains within itself an essential development of form. For latent in it is, after all, not only the fact that linen happens to express its value at one time in coats, and at another in coffee, etc., but the fact that it expresses its value as much in coats as in coffee, etc.: either in this commodity or that or the third, etc. The continuing determination is revealed as soon as this second or developed form of the relative value-expression is manifested in its connection. We obtain then:




       II. Second or developed form of relative value

20 yards of linen = one coat or = u coffee or = v tea or = x iron or = y wheat or etc., etc. z commodity A = u commodity B or = v commodity C or = w commodity D = x commodity E or = y commodity F or = etc.

The first thing is obviously that the first form constitutes the basic element of the second, for the latter consists of many simple relative value-expressions, as ‘20 yards of linen = one coat’, ‘20 yards of linen u coffee’, etc.


In the first form (20 yards of linen = I coat) it may appear like an accidental fact that these two commodities are exchangeable in this specific quantitative relationship. In the second form, however, a background which is essentially different from and determinant of the accidental appearance immediately shines through. The value of the linen remains equally large, whether expressed in coat, or coffee, or iron, etc., in innumerably different commodities belonging to the most different possessors. The accidental relationship of two individual possessors of commodities falls away. It becomes clear that it is not the exchange which regulates the amount of value of the commodity, but in the opposite way the amount of value of the commodity which regulates its relationships of exchange.



In the expression ‘20 yards of linen = 1 coat’, the coat counted as the form of appearance of the work objectified in the linen. In that way the labour contained in the linen was equated to the labour contained in the coat, and was thereby determined as comparable human labour. This determination did not, however, reveal itself expressly. At the level of immediacy, the first form equates the labour contained in the linen only to the labour of tailoring. Otherwise with the second form. In the indefinite, constantly extendable series of its relative value-expressions, the linen relates itself to all possible commodity-bodies as mere form of appearance of the labour which is contained in itself. Consequently it is at this point that the linen value is for the first time really manifested as value, i.e., or crystal of human labour in general. The second form consists of a sum of the familiar equations of the first form. Each of these equations (like ‘20 yards of linen = 1 coat’,) contains also the reciprocal ‘1 coat ? 20 yards of linen’, in which case the coat manifests its value in the linen and precisely thereby manifests the linen as an Equivalent. Now, since this holds of each of the innumerable relative value-expressions of linen, we obtain:


 

 やりたい放題で名誉市民でお咎めなし。 

 投稿者:岩手県元盲ろう者  投稿日:2018年10月18日(木)05時07分26秒
返信・引用
   やりたい放題で名誉市民でお咎めなし。
 事の起こりは岩手の盲ろう者友の会事務局長小笠原利行さんが親を馬鹿と認めろと言うのを馬鹿らしいとして辞めた事を隠したこと。知事は看板団体だからと暴走はかん口令で囲み証拠も作らせないようにした。親は馬鹿のままと此方には口封じから誰とも関わらせず友達も全部取り上げた。別団体へ行く事も社会参加もさせない。普通校の卒でよそ者扱いで簡単に切られた上学校違いでどっち側にも入れなく完全孤立に12年も追われました。通訳は振興局だけで後は全部差別しています。 人権を無視して看板団体がそんなに大事ですか。
 現状の石川君も小笠原さんもおとがめ無し。
 ばれたら知事ひとりに責任がいく。知事は県の看板を守ろうとしたが小笠原さんらはやり放題の暴走のまま。
 法務省は法律の無かったからと知事が偉くこちらは単純に読み書き出来ない障害者と見られたことになる。知事自身が暴走を無かったことにしてもいずればれてしまうと県民への裏切りになります。かばう必要なかったこと。
 あんな小笠原夫妻は通訳資格剥奪追放すべきです。知事の権力では隠し通せても県外や地元の町の人に先に知られます。そして全国に知れたら笑い事ではなくなります。
 小笠原さんらは何も傷つかない。かばうより罰が必要です。 法務局さえ偉いからと知事をかばうことしかしないあまり世界一頼りないイメージししか出なくなる。町の人は数人しか知らない。県民の信用さえ落とす羽目になります。やりたい放題やって反対に名誉市民とは本当に馬鹿らしい話です。
 小笠原夫妻に天罰は必要です。第一聾唖者は通訳を見習って常識を覚えていくのに対しておだてけしかけあおりゴマすりで動かした。嘘も方便と非常識を教えた。石川君は自分で考える力もない。こちらは人権を破壊され親は馬鹿にされたままです。 しかも現代の名工と言うのに馬鹿にして当たり前にするのですか。知事は暴走を隠すより粛清すへせきです。よく考えてください。前例を作らない為にも小笠原夫妻は天罰が必要です。









 

初版第一の形態の5段落の誤訳について <その2>

 投稿者:杉本  投稿日:2018年10月12日(金)09時32分41秒
返信・引用 編集済
     <https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1676  初版 商品  ③  >
   上記の論争点の補足であります。

 改稿してみました。
 対象とされる5段落の正しい訳の全文をまず提示してみました。
 韓国-朝鮮語 中国語 仏語 これで 独語 英語 日本語ーーと6ヶ国語であります。

https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

 ⑤In der Ausdruck des relativen Wertes: 20 Yards Leinen = 1 Mantel (oder x Leinen ist wert des Fells), muss man zugeben, dass das Fell nur als Wert oder Koagulation der Arbeit zählt, aber gerade durch diese Tatsache, dass das Koagulation der Arbeit zählt als Mantel und Mantel als die Form, in die menschliche Arbeit fließt, um zu erstarren.
相対的価値:20ヤードのリネン= 1コート<1Mantel>(またはxリネンはコートの価値がある)の表現では、コートは仕事の価値または凝固としてしかカウントされないが、正確には凝固した 人間労働が凝結するための形態としてのコートであるとしてーーその意味で、コートとしてカウントされます。
 <既存訳今村--「・・の表現・・・形態として通用する。」ーー
 では無く「認められている」--江夏訳--であり、「カウントされる」
 物象の判断が4段落に示されているのだからーーと動作を示す必要あり>
In the expression of the relative value: 20 yards of linen = 1 coat (or x linen is worth the coat), one must admit that the coat counts only as a value or coagulation of the work, but precisely by this fact that the coagulation of the work counts as a cloak and coat as the form into which human labor flows to freeze.

Die Gebrauchswertschicht wird nur zur Erscheinungsform des Leinenwertes, weil sich das Leinen mit dem Material des Mantels wie mit einer unmittelbaren Materialisierung der abstrakten menschlichen Arbeit und damit mit der Arbeit derselben verhält, die objektiviert ist in der Wäsche selbst.
 <「使用価値としての上着がリネン=価値の現象形態になるのは、
  ただリネンが抽象的人間労働の直接的< Materialisierung>
  受肉としての上着素材<Material>に関係するからであり、
  この労働はリネン自身に対象化された労働と同質の労働である
  からである。」今村訳P288>
使用価値は、リネン価値の表現とすぐなりますが、リネンは、抽象的人間労働の即時的現れーーと同様に、その外装の材料で動作し、リネン自体の中で客観化されているため、リネン価値の表現になります。
The use-value layer only becomes the manifestation of linen value, because the linen behaves with the material of the mantle as with an immediate materialization of abstract human labor, and thus with the work of it, objectified in the linen itself.
  <上記・此処までは、なんと等価物上着などは対象とされず、
  であり、リネンの相対的価値形態の成立を目指した論理です。>

Der Gegenstand, das Fell, gilt als sinnlich greifbare Vergegenständlichung gleicher Arbeit und damit als Wert in natürlicher Form. Da es als Wert derselben Essenz wie der Mantel ist, wird die natürliche Formschicht dadurch zur Erscheinungsform ihres eigenen Wertes.
オブジェクト(コート)は、同等の作業の具体的なオブジェクト化、したがってその自然な形の価値のあるものとみなされます。 マントル<外装されたもの>と同じエッセンスの価値であるため、自然ーー形態はそれ自身の価値の現れとなります。
The object, the coat, is considered to be the tangible objectification of equal work, and thus of value in its natural form. As it is the value of the same essence as the mantle, the natural form layer thereby becomes the manifestation of its own value.

As it is the value of the same essence as the mantle, the natural form layer thereby becomes the manifestation of its own value.
マントル<外装されたもの>と同じエッセンスの価値であるため、自然のフォームはそれ自身の価値顕現となります。
<manifestation 顕現とは?明確に、上着はその自然的形態のままに価値形態とされることです。>
  <上記の訳には、うん十年の年功が重なっています。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

 <初版、同じところからですが、韓国語訳を選択したものです>
 ⑤?? ?? ?? : 20 ??? ?? = 1 ?? (?? x ??? ??? ?? ? ?? ),
 <杉本ーー上記のように韓国語での表記がなぜか!!!できません。その和訳のみ提示します。>

相対的価値の表現:20ヤードのリネン=1コート(またはxリネンはコートの価値がある)、コートは価値のあるもの又は労働の凝固として見なされることを認めているが、コートに労働カウントの凝固がみなされ、およびその凝固のために、人間労働が流れる形でコートが判断されている。


使用価値コートはリネン価値の出現形態でのみ使用されます。なぜならリネンは抽象的な人間労働の即時具体化に関しては、コートの物質と関連があり、そのため、客観されたものと同じ種類の労働に関連するからです、リネンそのものの中で。


対象、コートは、同じ種類の人間の労働のsenspestpurpable objectification<センセーショナルな客観化>では、結果的に自然な形で価値があると見なされます。コートのような本質の価値あるものなので、自然な形のコートは、それ自体の価値の出現形態になります。


しかし、使用価値(coat)で表現される労働はただの人間の労働ではなく、むしろ特別な有用労働(tailoring)である。ただの人間の労働(人間労働力の支出)は、すべてのすべての決定を受けることができますが、それは事実だが、それ自体は決定されない。


人間労働力が、決定され具体化された労働に決定された形で消費されるやいなや実現されて客観的することができる。
これは、労働が自らを客観化する外的物質であるいくつかの自然実体によって直面することができる唯一の決定され具体化された労働だからだ。外的物質なしに自分自身を客観化することは、ヘーゲルの意味で「概念」に過ぎない。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 中国語
 ⑤在相對價値的表達中:20碼的亞麻布= 1個外套(或者,x亞麻布的外套價値),人們必須承認外套僅僅作為勞動的價値凝固,但正是通過這一事實,勞動凝結作為外套計算,並作為人工流動的形式塗覆以凝固。使用價値的外套只是亞麻價値的外觀形式,因為亞麻與外套的材料有關,它與抽象的人類勞動的直接具體化有關,因此也與物化的東西相同。在亞麻本身。

對象,外套,它是對同類人類勞動的一種感官上可觸知的客觀化,並因此作為自然形式的價値由於它與塗層具有相同的本質,因此天然形状塗層因此成為其自身價値的外觀形式。

但是,在使用價値外套中所代表的勞動力不僅僅是人工,而是一種特別有用的勞動力:剪裁。簡單的人力勞動(人力勞動力的支出)能?接受毎一個決定,這是事實,但僅僅在其自身中是不確定的。

一旦人類的勞動力以確定的形式,如既定的和明確的勞動力消費,它就只能實現和客觀化; 因為它只是一種自然實體所面臨的決定和指定的勞動 - 一種勞動客觀化的外在材料。只有黑格爾意義上的“概念”才能在沒有外在材料的情況下使自己客觀化。[1]

 ⑤相対値の表現:20ヤードのリネン= 1コート(またはリネンのxコート値)では、コートは労働または固化の価値に過ぎないと認めなければならないが、この事実により労働結露ジャケットとして計算され、凝固するために手動の流れとしてコーティングされる。リネンはコートの材料に関連しているので、コートの価値はリネンの価値の出現でしかなく、抽象的な人間の労働の直接的な実現に関連するため、マテリアライズと同じです。亜麻そのものです。

オブジェクト、コート、それは同じ種類の人間の労働の感覚的で知覚可能なオブジェクト化であり、したがって自然な形の価値です。それはコーティングと同じ性質を有するので、自然の形状のコーティングは、したがって、それ自身の価値の出現の形態になる。

しかし、使用価値という点では、ジャケットに代表される労働者は単なる労働ではなく、特に有用な労働力である。単純な人間の労働(人間の労働の支出)はすべての決定を受け入れることができますが、それは本当ですが、それ自体は不確実です。

人間の労働は、確立された明示的な労働消費のような形態を決定すると、それは実現可能であり、客観化することはできない。材料で。ヘーゲルの "概念"だけが外的な材料なしで自分自身を客観的にすることができます。 [1]

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 仏語
 ⑤Dans l'expression de la valeur relative: 20 mètres de lin = 1 manteau (ou, x le lin vaut la peine d'un manteau), il faut admettre que le manteau ne compte que pour la valeur ou la coagulation du travail, mais c'est précisément par ce fait que la coagulation du travail est considérée comme un manteau et le manteau est la forme dans laquelle le travail humain se glisse pour se figer.

La couche de valeur d'usage ne devient l'aspect d'apparence de la valeur de lin que parce que le lin se rapporte à la matière de la couche comme à une matérialisation immédiate du travail humain abstrait, et donc au travail qui est du même genre que celui qui est objectivé dans le linge lui-même.

L'objet, le manteau, compte pour lui comme une objectivation sensuellement palpable du travail humain du même genre, et par conséquent comme une valeur sous forme naturelle.
Comme il a pour valeur la même essence que le manteau, le manteau à la forme naturelle devient ainsi la forme d’apparence de sa propre valeur.

Mais le travail représenté dans la valeur d'usage, le manteau, n'est pas simplement du travail humain, mais plutôt un travail particulièrement utile: la couture.Le travail humain simple (dépense de force de travail humaine) est capable de recevoir chaque détermination, il est vrai, mais est indéterminé juste pour et pour lui-même.

Il ne peut que se réaliser et s'objectiver dès que la force de travail humaine est dépensée sous une forme déterminée, en tant que travail déterminé et spécifié ; car il ne s'agit que d'un travail déterminé et spécifié auquel peut être confrontée une entité naturelle - un matériau extérieur dans lequel le travail s'objectifne. Seul le "concept" au sens de Hegel parvient à s'objectiver sans matériel extérieur. [1

 ⑤相対値の発現:リネン20メートル= 1つの被覆(又はコート価値のX亜麻)、我々は仕事の値または凝固のためにそのマントルアカウントを認めなければならないが、労働の凝固はマントルと考えられ、マントルは人間の労働が凍結するための形式であるという事実のためである。
使用価値の層は、亜麻が抽象的な人間の仕事の即時マテリアライゼーションとして層の材料に関係しているためにのみ、亜麻の価値の出現の側面になります。したがって、リネン自体で客観化されているものと同じ種類です。

オブジェクト(マントル)は、同じ種類の人間の仕事の感覚的に触知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形での価値として数えます。
マントルと同じエッセンスで評価されるので、自然な形のコートは、それ自身の価値の形態になります。

しかし、使用価値で表現されている作品(マントル)は単なる人間の仕事ではなく、むしろ特に有用な仕事である:縫い物単純な人間の仕事(人間の労働力の支出)は、それは真実ですが、自分のためだけに、そして自分にとっては不確定です。

それは、決定され特定された作業として、人間の労働力が明確な形で消費されるとすぐに実現され、客観化されることができる。なぜなら、それは自然な実体に直面することができる特定の特定の仕事だけであるからです。それは、作品が客観化される外部の資料です。ヘーゲルの意味における「概念」のみが、外的な物質なしでそれ自体を客観化することを管理する。 [1

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 hirohiro さんの提示はこうでありました。

<牧野訳>
①<上着という対象は、亜麻布にとっては、人間労働であるという点で種を同じくする労働が、感覚的に、手で掴むことのできるように対象化された姿であり、従って、自然物の姿をとった価値なのである。>

②<亜麻布は、価値としては上着と同じ本質を持っているので、上着という自然物の形式が亜麻布自身の価値の現象形態になるのである。>

<今村訳> これは、牧野訳と同じであります。
②<「価値であるかぎりでのリネンは上着と同じ本質を持つのだから、実物形態の上着はリネン自身の価値の現象形態になる。」>

<このように、今村訳は、ちゃんと存在してるとして、牧野氏が提示してくれているドイツ訳を次に示したのです。>
杉本は、そこへの意見を書いてみます。

hirohiro さんの提示
ーー杉本パソコン訳ーー
①<Das Thema Fels wird als greifbare konkrete Objektivität ähnlicher menschlicher Arbeit angesehen, daher auch sein Wert in seiner natürlichen Form.>
対象とされる岩石は、同様の人間の労働の具体的な客観性であると考えられ、その自然な形での価値です。
①<The subject of rock is considered to be a tangible concrete objectivity of similar human labor, hence its value in its natural form.>

②<Da es sich um einen Wert der gleichen Art mit dem Rock handelt, ist die natürliche Form Rock somit die Manifestation ihres eigenen Wertes.>
それはスカートと同じ性質の値なので、自然な形態の岩石は、したがって、自分の価値の現れです。
②<Since it is a value of the same nature with the skirt, the natural form rock is thus the manifestation of their own value.>


では杉本はどんな提示をしたのか。
<杉本の提示>
①The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour of the same kind, and consequently as value in natural form.
オブジェクト(コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
②Since it is, as value, of the same essence as the coat, the natural form coat thereby becomes the form of appearance of its own value.
コートと同じエッセンスの価値があるので、自然な形のコートは、それによって、自分の価値形態になる。

 <では杉本の提示はどうなのか?異なるところの二つを比較してみよう>

<牧野提示の英訳>
Since it is a value of the same nature with the skirt,
それはスカートと同じ価値であることで、その自然的性質を示し、
the natural form rock is thus the manifestation of their own value.
自然な形態の岩石は、それゆえに、彼ら自身の価値の現れである。

<杉本提示>
②Since it is, as value, of the same essence as the coat,
②コートと同じエッセンスの価値があるので、
the natural form coat thereby becomes the form of appearance of its own value.
天然のフォーム<自然的形態であるままに>コートは、それにより、それ自身の価値の出現の形態<価値形態>になる。

<では自然な形態の岩石は、それゆえに、彼ら自身の価値の現れである>ーーとは何か?
  自然形態の岩石は、ーー
  自然的形態上着は、ーー彼ら自身の価値形態で有るということであります。
  自然的形態であるままにコートは、それ自身の価値形態であるのです。
これが、等価物上着がその自然的形態のままに価値形態とされる、転倒した姿なのです
  牧野訳提示の原文と、杉本提示の文とは少し違いがあるとはいえ、
  意味が異なるものではないと判断します。
再版では、この転倒した姿が、こう描かれています。


 3等価形態の第4・5段落です。現行新書版で言えば、原P70ー71であり、新書版P96ー97です。
④The first peculiarity striking in the consideration of the equivalent form is the following: Utility value becomes the manifestation of its opposite, the value.
④同等の形態を考慮した場合の最初の特異性は次のとおりです。ユーティリティー値は、価値の出現形態となります。

⑤ The natural form of the commodity becomes the value form. But, notabene, this quidproquo occurs for a commodity B (rock or wheat or iron, etc.) only within the value-relationship in which any other commodity A (canvas, etc.) comes to it, only within that relation.
⑤商品の自然形態が価値形態になります。しかし、notabene<注意せよ>、このquidproquo<取り違え>は、他の商品A(キャンバスなど)がその関係の中でのみ生じる価値関係の中でのみ、商品B(岩または小麦または鉄など)に対して生じる。

Since no commodity refers to itself as an equivalent, and therefore can not make its own natural skin the expression of its own value, it must refer to other commodity as an equivalent, or make the natural skin of another commodity its own value form.
コモディティはそれ自体を同等物と呼んでいるわけではないので、
独自の自然な肌を独自の価値で表現することはできないため、
他のコモディティを同等物として参照するか、
別のコモディティの自然な肌を<its own >それ自身の価値形態にする必要があります。


<再版を見ることで、どおうでしょうか?次の今村訳の扱いはどうなりましたか?>
<「価値であるかぎりでのリネンは上着と同じ本質を持つのだから、実物形態の上着はリネン自身の価値の現象形態になる。」>

 それが、再版訳ではこうなのです。初版原文訳を提示しないのです。
①<ユーティリティー値は、価値の出現形態となります。<別のコモディティの自然な肌をそれ自身の価値形態にする必要があります。>
②<自然な形のコートは、それによって、自分の価値形態になる。>
このように、今村訳に示される既存訳は、この上記の訳を、等価形態の第一の独自性を、排除しているのです。

 hirohiro さんの提示は、存在している訳文を無視するな--という注意でありました。
そんな訳文を無視した・次第ということでは、杉本の注意が足りず失敗でした。
その点での注意については、感謝します。

追ーー韓国語での訳出には驚きました。明快です!!!
 

レンタル掲示板
/150