teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/1461 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第4節 諸商品の物神崇拝とそれについての秘密

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 7月 4日(水)09時56分30秒
  通報 返信・引用 編集済
  <杉本 次のは、再版・第四版・ドイツ語版の英訳本・というのではなく、英語版それ自体としての、マルクスの娘さんも関わったであろうーー英国語での資本論であります。あのクソ難しい物神性論が、とても理解しやすく記述されているのです。
仏語版、次に英語版そして再版・私達の手にしている第四版そして、その次に、再度の、英訳ではなく独自の英語版資本論であります。>


https://sites.google.com/site/heyizibenlun/home/diipian-shang-pinto-huo-bi-1/1zhang-di1jie-yitsuno-shang-pinno-zhongno-ertsuno-yao-yin-shi-yong-si-zhito-si-zhi/1zhang-di4jie-shang-pinno-wu-shen-chong-baitosono-mi-mi



第4節 諸商品の物神崇拝とそれについての秘密
①A commodity appears, at first sight, a very trivial thing, and easily understood.
Its analysis shows that it is, in reality, a very queer thing, abounding in metaphysical subtleties and theological niceties.
So far as it is a value in use, there is nothing mysterious about it, whether we consider it from the point of view that by its properties it is capable of satisfying human wants, or from the point that those properties are the product of human labour.
It is as clear as noon-day, that man, by his industry, changes the forms of the materials furnished by Nature, in such a way as to make them useful to him.
The form of wood, for instance, is altered, by making a table out of it.
Yet, for all that, the table continues to be that common, every-day thing, wood.
But, so soon as it steps forth as a commodity, it is changed into something transcendent.
It not only stands with its feet on the ground, but, in relation to all other commodities, it stands on its head, and evolves out of its wooden brain grotesque ideas, far more wonderful than “table-turning” ever was. [26a]
①商品は、一見、非常に些細なことであり、理解しやすい。
その分析は、現実には、非常に奇妙なことであり、形而上学的微妙さと神学的精神に富んでいることを示しています。
それが使用価値のある限りでは、人間の望みを満たすことができるその性質によって、またはそれらの性質が人間の産物であるという観点から、それを我々が考慮するかどうかにかかわらず、神秘的なものは何もありません、<the product of human labour. >人間労働の産物として。

彼の業種によって、自然が提供した資料の形を、彼が有用なものに変えるように、正午がくる<お昼が来る>のと同じくらいに、明確です。
例えば、木の形は、それを使ってテーブルを作ることによって変えられます。しかし、すべてのことを考えれば、テーブルは引き続き共通の、毎日のもの、木材です。

しかし、それが商品として歩むとすぐに、それは超越的なものに変わります。

それは地面に足を立てるだけでなく、他のすべての商品に関連して、頭の上に立って、木の脳のグロテスクなアイデアから進化し、これまでの「テーブル回転」よりはるかに素晴らしいものでした。 [26a]


②The mystical character of commodities does not originate, therefore, in their use value.
Just as little does it proceed from the nature of the determining factors of value.
For, in the first place, however varied the useful kinds of labour, or productive activities, may be, it is a physiological fact, that they are functions of the human organism, and that each such function, whatever may be its nature or form, is essentially the expenditure of human brain, nerves, muscles, &c.
Secondly, with regard to that which forms the ground-work for the quantitative determination of value, namely, the duration of that expenditure, or the quantity of labour, it is quite clear that there is a palpable difference between its quantity and quality.
(86)
In all states of society, the labour time that it costs to produce the means of subsistence, must necessarily be an object of interest to mankind, though not of equal interest in different stages of development.[27]
And lastly, from the moment that men in any way work for one another, their labour assumes a social form.
諸商品の神秘的な性格は、したがって、それらの使用価値から由来するのではない。

まさにそれは価値の諸要因を規定しているその性質から少し由来しているだけのとおりです。

というのは、第一には、いかに労働の有用な種類が異なっても、あるいは生産的諸行為が異なっても、それらが人間の生体の諸機能であることは一つの生理学上の事実だから、そしてそのような各々の諸機能、その性質または形態が何であるにせよ、それは本質的に人間の頭脳、諸神経系、諸筋肉、などの&cの支出です。

第二に、価値の量的決定のための土台をどちらが形成するかということについて、すなわち、その消費の持続期間、すなわち労働の量の決定について、労働の量と質にわかりきった違いがあるということは全くはっきりしているから。
(86)
社会のすべての状態において、生存諸手段を生産するために費やす労働時間は、必然的に人類にとって関心の一目的にならざるを得ない、発展の異なる諸段階においては等しい関心でないとは言え。[27独注26]
そして最後に、人間が何らかの仕方で他人のために働く瞬間から、彼らの労働は社会的形態を帯びる。

③Whence, then, arises the enigmatical character of the product of labour, so soon as it assumes the form of commodities?
Clearly from this form itself.
それでは、商品の形態をとるとすぐに、労働の生産物の不可解な性格が生じますか?このフォーム自体から明らかです。

The equality of all sorts of human labour is expressed objectively by their products all being equally values;
the measure of the expenditure of labour power by the duration of that expenditure, takes the form of the quantity of value of the products of labour;
and finally the mutual relations of the producers, within which the social character of their labour affirms itself, take the form of a social relation between the products.
あらゆる種類の人間労働の平等は、それらの製品がすべて同じ価値を持つことによって客観的に表現される。
その支出の期間による労働力の支出の尺度は、労働力の産物の価値の量の形をとる。
そして最後に、労働者の社会的性格が肯定している生産者の相互関係は、製品間の社会的関係の形を取る。

④段落ーーIn that world the productions of the human brain appear as independent beings endowed with life, and entering into relation both with one another and the human race.
So it is in the world of commodities with the products of men’s hands.
この世界では、人間の脳の生産物は、人生に恵まれた独立した存在として現れ、お互いと人間の両方に関係しているように見えます。
だから、人々の手の製品を持つーー商品世界にあるのです。
  <in the world of commodities  商品世界で>

A commodity is therefore a mysterious thing, simply because in it the social character of men’s labour appears to them as an objective character stamped upon the product of that labour;
because the relation of the producers to the sum total of their own labour is presented to them as a social relation, existing not between themselves, but between the products of their labour.
商品はそれゆえに神秘的なものです。なぜなら、その中に人々の労働の社会的性格が、その労働の産物に刻印された客観的な性格として現れるからです。
生産者と自らの労働の総量との関係は、自分自身の間ではなく、労働生産物の間に存在する社会関係として、彼らに提示されるからです。

This is the reason why the products of labour become commodities, social things whose qualities are at the same time perceptible and imperceptible by the senses.
これが、労働生産物が商品となり、その性質が感覚によっては知覚されながらも、同時に知覚できない社会的事物となる理由である。

In the same way the light from an object is perceived by us not as the subjective excitation of our optic nerve, but as the objective form of something outside the eye itself.
同じように、物体からの光は、視神経の主観的興奮としてではなく、目の外側の何かの客観的な形態として、我々によって知覚される。

But, in the act of seeing, there is at all events, an actual passage of light from one thing to another, from the external object to the eye. There is a physical relation between physical things.
しかし、見ることの行為の中には、ある事から別のものへの光の実際の通過が、外的な目的から目へ、事実上あります。物理的なものの間には物理的な関係があります。

But it is different with commodities.
しかし、それは商品では異なります。

There, the existence of the things quâ commodities, and the value relation between the products of labour which stamps them as commodities, have absolutely no connection with their physical properties and with the material relations arising therefrom.
そこには、物事の存在が商品を提供し、商品としての印をつけた労働生産物の間の価値関係は、その物理的性質およびそこから生ずる物質的関係とは全く関係していないからです。

There it is a definite social relation between men, that assumes, in their eyes, the fantastic form of a relation between things.
In order, therefore, to find an analogy, we must have recourse to the mist-enveloped regions of the religious world.
彼らの目には物事間の関係の素晴らしい形を前提とした、人間の間には明確な社会的関係があります。したがって、類推を見つけるためには、宗教界の霧に覆われた地域に頼る必要があります。

In that world the productions of the human brain appear as independent beings endowed with life, and entering into relation both with one another and the human race.
So it is in the world of commodities with the products of men’s hands.
(87)
This I call the Fetishism which attaches itself to the products of labour, so soon as they are produced as commodities, and which is therefore inseparable from the production of commodities.
その世界では、人間の脳の生産物は、人生に恵まれた独立した存在として現れ、お互いと人間の両方に関係しているように見えます。
だから、それが、人々の手の作品を持つ商品世界にあるのです。
(87)
これは私が、商品として生産されるとすぐに労働の製品に付随するフェティシズムと呼ばれ、したがって商品の生産とは切り離せないものです。


⑤This Fetishism of commodities has its origin, as the foregoing analysis has already shown, in the peculiar social character of the labour that produces them.
⑤この商品のフェティシズムは、先の分析がすでに示したように、それを生み出す労働の独特の社会的性格に由来する。

⑥ As a general rule, articles of utility become commodities, only because they are products of the labour of private individuals or groups of individuals who carry on their work independently of each other.
⑥一般的なルールとして、実用品は個人的な労働者や個人的に独立して働く個人の労働の産物であるため、商品になる。

The sum total of the labour of all these private individuals forms the aggregate labour of society.
Since the producers do not come into social contact with each other until they exchange their products, the specific social character of each producer’s labour does not show itself except in the act of exchange.
これらすべての私的個人の労働力の合計は、社会全体の労働力を形成する。
生産者は製品を交換するまで互いに社会的接触をしないので、各生産者の労働の具体的な社会的性格は交換の場合を除いては現れない。

In other words, the labour of the individual asserts itself as a part of the labour of society, only by means of the relations which the act of exchange establishes directly between the products, and indirectly, through them, between the producers.To the latter, therefore, the relations connecting the labour of one individual with that of the rest appear, not as direct social relations between individuals at work, but as what they really are, material relations between persons and social relations between things.

言い換えれば、個人の労働は、交換の行為が製品間で直接的に、間接的には生産者間で確立する関係によってのみ、社会の労働の一部として主張する。

したがって、後者には、ある個人の労働と他の人の労働を結びつける関係が、職場における個人間の直接的な社会関係としてではなく、実際のものとして、人と人との間の物質的関係と物事の間の社会的関係として現れる。

⑦  It is only by being exchanged that the products of labour acquire, as values, one uniform social status, distinct from their varied forms of existence as objects of utility.
This division of a product into a useful thing and a value becomes practically important, only when exchange has acquired such an extension that useful articles are produced for the purpose of being exchanged, and their character as values has therefore to be taken into account, beforehand, during production.
From this moment the labour of the individual producer acquires socially a two-fold character.
On the one hand, it must, as a definite useful kind of labour, satisfy a definite social want, and thus hold its place as part and parcel of the collective labour of all, as a branch of a social division of labour that has sprung up spontaneously.
On the other hand, it can satisfy the manifold wants of the individual producer himself, only in so far as the mutual exchangeability of all kinds of useful private labour is an established social fact, and therefore the private useful labour of each producer ranks on an equality with that of all others.(88)

⑦労働生産物は、実用対象としての多様な存在形態とは異なる、一様な価値としての社会的地位を獲得することで交換されることができる。

このような製品の有用物と価値への分割は、交換所での交換のために有用な物品を生産するような延長を生産中に得た場合にのみ、実質的に重要となり、その価値としての性格を予め考慮する必要となる。

この瞬間から、個々の生産者の労働は社会的に二重の性格を獲得する。
一方では、明確な有用な種類の労働として、明確な社会的欲求を満たさなければならず、その結果、すべての集団労働の一部として、その場所を、自発的に生まれた社会分業の枝として保持しなければならない。

他方では、それは個々のプロデューサー自身の多様な望みを満足させることができ、すべての種類の有用な民間労働者の相互交換可能性が確立された社会的事実である限り、したがって、各生産者の私的な有用労働は、他のすべての生産者のものと同等であるーーとランク付けしています。(88)

The equalisation of the most different kinds of labour can be the result only of an abstraction from their inequalities, or of reducing them to their common denominator, viz. expenditure of human labour power or human labour in the abstract.
The two-fold social character of the labour of the individual appears to him, when reflected in his brain, only under those forms which are impressed upon that labour in every-day practice by the exchange of products.
In this way, the character that his own labour possesses of being socially useful takes the form of the condition, that the product must be not only useful, but useful for others, and the social character that his particular labour has of being the equal of all other particular kinds of labour, takes the form that all the physically different articles that are the products of labour, have one common quality, viz., that of having value.
最も異なる種類の労働の同等化は、その不平等からの抽象化の結果のみであってもよく、あるいはそれらを共通の分母に減らすことであってもよい。それは、抽象的人間労働または人間の労働の支出である。

この個人の労働の2倍の社会的性格の表示は、彼の脳に反映されたときには、製品の交換によってーー毎日の繰り返される習慣のなかで、その労働に感銘を受けた形態の下でのみ現れる。

このように、自分の労働が社会的に有用であるという性質は、製品が有用であるだけでなく、他の人にとっても有用でなければならないという条件の形をとり、彼の特定の労働が 、労働の生産物である肉体的に異なるすべての物品がーーすべての他の特定の種類の労働と共通の品質、すなわち価値を有するものであるという形態をとっている。

⑧Hence, when we bring the products of our labour into relation with each other as values, it is not because we see in these articles the material receptacles of homogeneous human labour.
したがって、私たちが労働力の産物を価値としてお互いに関連づけると、これらの記事では均質な人為的労働の物質的な容器が見えるからではありません。

Quite the contrary:
whenever, by an exchange, we equate as values our different products, by that very act, we also equate, as human labour, the different kinds of labour expended upon them.
We are not aware of this, nevertheless we do it.[28独注27]
まったく逆。
交換によって、私たちが異なる製品を価値として評価するときは、まさしくその行為によって、人間の労働として、異なる種類の労働が支えられているとみなします。
私たちはこれに気づいていませんが、それでもやっています。[28独注27]

Value, therefore, does not stalk about with a label describing what it is.
It is value, rather, that converts every product into a social hieroglyphic.
したがって、価値は、それが何であるかを記述するラベルでぶつかることはありません。
むしろ、すべての製品を社会的象形文字に変換するのは価値です。

Later on, we try to decipher the hieroglyphic, to get behind the secret of our own social products;
for to stamp an object of utility as a value, is just as much a social product as language.
その後、私たちは自分たちの社会的製品の秘密を守るために、象形文字を解読しようとします。有用性のオブジェクトを価値としてスタンプするためには、言語と同様に、それは社会的産物である。

The recent scientific discovery, that the products of labour, so far as they are values, are but material expressions of the human labour spent in their production, marks, indeed, an epoch in the history of the development of the human race, but, by no means, dissipates the mist through which the social character of labour appears to us to be an objective character of the products themselves.
最近の科学的発見は、労働は、価値である限り、産出に費やされた労働の物質的表現であり、実際には人類の発展の歴史の時代を示すものであるが、決して、労働の社会的性格が私たちに見える霧を、製品そのものの客観的性質であるーーとはいえないように消散させるものではありません。

The fact, that in the particular form of production with which we are dealing, viz., the production of commodities, the specific social character of private labour carried on independently, consists in the equality of every kind of that labour, by virtue of its being human labour, which character, therefore, assumes in the product the form of value ? this fact appears to the producers, notwithstanding the discovery above referred to, to be just as real and final, as the fact, that, after the discovery by science of the component gases of air, the atmosphere itself remained unaltered.
私たちが扱っている特定の生産形態、すなわち商品の生産は、独立して運営されている私的労働の具体的な社会的性格は、その労働のあらゆる種類の平等の中にあり、それは人間の労働であることから、 それゆえ、この事実は、製品において価値形態を前提にしている - この事実は、上記の発見にもかかわらず、現実と同じように、生産者にも現れます。 空気の成分が、ガスの科学で解明されても、大気そのものは変わらないままであった、ようにです。

⑨What, first of all, practically concerns producers when they make an exchange, is the question, how much of some other product they get for their own?
In what proportions the products are exchangeable?
まず第一に、生産者が交換をする際に実質的に懸念すべきことは、彼らが自社のためにどれくらいの他の製品をどれだけ手に入れたのかということです。
どのような割合で製品は交換可能ですか?

When these proportions have, by custom, attained a certain stability, they appear to result from the nature of the products, so that, for instance, one ton of iron and two ounces of gold appear as naturally to be of equal value as a pound of gold and a pound of iron in spite of their different physical and chemical qualities appear to be of equal weight.
これらの比率は、習慣によってある種の安定性を達成したとき、製品の性質から生じるように見えるので、例えば、1トンの鉄と2オンスの金は自然に1ポンド異なる物理的および化学的性質にもかかわらず、金と鉄のポンドの重量が等しいと思われる。

The character of having value, when once impressed upon products, obtains fixity only by reason of their acting and re-acting upon each other as quantities of value.
価値を持つという性格は、製品に一度感銘を受けたときに、その行動の理由だけで固定性を獲得し、お互いに価値の量として再作用します。

These quantities vary continually, independently of the will, foresight and action of the producers.
To them, their own social action takes the form of the action of objects, which rule the producers instead of being ruled by them.
これらの量は、生産者の意志、先見性、行動とは無関係に、絶え間なく変化する。
彼らにとって、彼ら自身の社会的行動は、生産者を支配するのではなく、生産者を支配する物の行動という形をとっている。

It requires a fully developed production of commodities before, from accumulated experience alone, the scientific conviction springs up, that all the different kinds of private labour, which are carried on independently of each other, and yet as spontaneously developed branches of the social division of labour, are continually being reduced to the quantitative proportions in which society requires them.
それは、その前に商品の完全に開発された生産を必要とし、その蓄積された経験だけから、科学的な確信が湧き上がり、民間労働のすべての種類が独立して運営されていること、そして、お互いに、そして社会的分業の自発的に発達した枝として、社会が必要とする量的比率にまで、そこに対象化された労働が、継続的に縮小されつつあるーーことを示している。

And why?
なぜ?

Because, in the midst of all the accidental and ever fluctuating exchange relations between the products, the labour time socially necessary for their production forcibly asserts itself like an over-riding law of Nature.
なぜなら、製品間の偶発的かつ絶え間なく変動する交換関係のすべての中で、その生産に社会的に必要な労働時間は、自然の過大乗法のように強制的に主張するからです。

The law of gravity thus asserts itself when a house falls about our ears.[29]
したがって、重力の法則は、家が私たちの耳に当たったときにそれ自体を主張する。[29]

The determination of the magnitude of value by labour time is therefore a secret, hidden under the apparent fluctuations in the relative values of commodities.
したがって、労働時間による価値の大きさの決定は、商品の相対価値の見かけの変動の下に隠された秘密である。

Its discovery, while removing all appearance of mere accidentality from the determination of the magnitude of the values of products, yet in no way alters the mode in which that determination takes place.
その発見は、製品の価値の大きさの決定からの単なる事故のすべての出現を取り除いているにもかかわらず、その決定が行われる様式を変えるものではない。

⑩Man’s reflections on the forms of social life, and consequently, also, his scientific analysis of those forms, take a course directly opposite to that of their actual historical development.
⑩人間の社会生活様式への反映、ひいてはそれらの形式の科学的分析は、彼らの実際の歴史的発展とは正反対の道を歩む。

He begins, post festum, with the results of the process of development ready to hand before him.
The characters that stamp products as commodities, and whose establishment is a necessary preliminary to the circulation of commodities, have already acquired the stability of natural, self-understood forms of social life, before man seeks to decipher, not their historical character, for in his eyes they are immutable, but their meaning.
彼はフェスティバルの後に始まり、開発のプロセスの結果は彼の前に手渡す準備ができています。
商品を商品として刻印し、商品の流通に必要な準備である文字は、すでに人間が歴史的な性格ではなく解読を目指す前に、自然で自己理解型の社会生活の安定性を獲得している彼の目は不変ですが、その意味です。

Consequently it was the analysis of the prices of commodities that alone led to the determination of the magnitude of value, and it was the common expression of all commodities in money that alone led to the establishment of their characters as values.
商品価値の分析だけで価値の大きさの決定が導き出された、その結果です。それは金銭の中での表示であり、他のすべての商品の一般的な表現であり、それが、価値としての性格の確立につながった。

It is, however, just this ultimate money form of the world of commodities that actually conceals, instead of disclosing, the social character of private labour, and the social relations between the individual producers.
しかし、民間労働の社会的性格や個々の生産者間の社会関係を明らかにするのではなく、むしろ実際に隠すのは商品の世界のこの究極のお金の形態です。

When I state that coats or boots stand in a relation to linen, because it is the universal incarnation of abstract human labour, the absurdity of the statement is self-evident.
私がコートやブーツがリネンとの関係で立っていると述べると、それは抽象的な人間労働の普遍的な肉体化であるためーーこのステートメントの不合理は自明である。

Nevertheless, when the producers of coats and boots compare those articles with linen, or, what is the same thing, with gold or silver, as the universal equivalent, they express the relation between their own private labour and the collective labour of society in the same absurd form.
それにもかかわらず、コートやブーツの生産者が、これらの記事をリネンと比較すると、即ち、金や銀と同じものが普遍的な同等物であるーーと比較すると、彼ら自身の民間労働と社会的集団労働の関係が同じ不条理な形態で、そこにあるのです。

⑪The categories of bourgeois economy consist of such like forms.
They are forms of thought expressing with social validity the conditions and relations of a definite, historically determined mode of production, viz., the production of commodities.
The whole mystery of commodities, all the magic and necromancy that surrounds the products of labour as long as they take the form of commodities, vanishes therefore, so soon as we come to other forms of production.
ブルジョア経済学のカテゴリーは、そのような形態からなる。
彼らは社会的妥当性をもって、明確かつ歴史的に決定された生産方式、すなわちーー商品生産の条件とその関係を表現する思考の形態である。
なぜなら、商品の全体的な謎は、商品形態をとっている限り、労働の生産物を取り巻く魔法と、その魔法のすべてが、他の形態の生産になるとすぐに消えてしまうからです。


⑫・・・略
⑬・・・略
⑭・・・略
⑮・・・略

⑯The religious world is but the reflex of the real world.
And for a society based upon the production of commodities, in which the producers in general enter into social relations with one another by treating their products as commodities and values, whereby they reduce their individual private labour to the standard of homogeneous human labour ? for such a society, Christianity with its cultus of abstract man, more especially in its bourgeois developments, Protestantism, Deism, &c., is the most fitting form of religion.
⑯宗教の世界は、現実世界の反射です。
そして生産者が商品を商品や価値観として扱うことによってお互いに社会関係に入り、それによって彼らの個々の私的労働を均質な人間の労働の基準に減らす、商品の生産に基づく社会抽象的な人間の文化を持つキリスト教、より具体的には、ブルジョアの発展において、プロテスタント、デイズムなどは、最も適切な宗教形態である。

In the ancient Asiatic and other ancient modes of production, we find that the conversion of products into commodities, and therefore the conversion of men into producers of commodities, holds a subordinate place, which, however, increases in importance as the primitive communities approach nearer and nearer to their dissolution.
古代アジアや他の古代の生産方式では、商品の商品への変換、したがって商品の生産者への男性の変換は従属的な場所を占めるが、原始的なコミュニティが近づくにつれて重要性が増す彼らの解散に近い。

Trading nations, properly so called, exist in the ancient world only in its interstices, like the gods of Epicurus in the Intermundia, or like Jews in the pores of Polish society.
適切に呼ばれている貿易国は、インタームンディアのエピキュラスの神のように、あるいはポーランド社会の孔の中のユダヤ人のように、その隙間の中だけで古代の世界に存在する。

Those ancient social organisms of production are, as compared with bourgeois society, extremely simple and transparent.
ブルジョワ社会と比較して、古代社会の生産生物は非常に単純で透明です。

But they are founded either on the immature development of man individually, who has not yet severed the umbilical cord that unites him with his fellowmen in a primitive tribal community, or upon direct relations of subjection.
しかし、彼らは個々の未熟な発達に基づいて創始されていますが、未だに原始的な部族共同体で彼等の仲間と彼を結びつけている臍帯を切断していない人、または服従の直接の関係に基づいています。

They can arise and exist only when the development of the productive power of labour has not risen beyond a low stage, and when, therefore, the social relations within the sphere of material life, between man and man, and between man and Nature, are correspondingly narrow.
生産的な労働力の発達が低い段階を超えて上昇していないとき、そして物質生活の領域内、人間と人間の間、人間と自然との間の社会関係がそれに対応して狭い。

This narrowness is reflected in the ancient worship of Nature, and in the other elements of the popular religions.
この狭さは、古代の自然崇拝や一般的な宗教の他の要素に反映されています。

The religious reflex of the real world can, in any case, only then finally vanish, when the practical relations of every-day life offer to man none but perfectly intelligible and reasonable relations with regard to his fellowmen and to Nature.
現実世界の宗教的な反射は、いかなる場合にも、日々の生活の実用的な関係が、彼の仲間や自然に関して完全ではっきりしていて妥当な関係をなしてはならない時に、ついに消える。

⑰The life-process of society, which is based on the process of material production, does not strip off its mystical veil until it is treated as production by freely associated men, and is consciously regulated by them in accordance with a settled plan.
This, however, demands for society a certain material ground-work or set of conditions of existence which in their turn are the spontaneous product of a long and painful process of development.
⑰物質生産過程に基づく社会の生命過程は、自由に関連する男性の生産として扱われ、決済計画に従って意識的に規制されるまで、神秘的なベールを取り除かない。
しかし、これは、社会にとって一定の重要な基礎作業や存在条件のセットを要求し、それは長くて苦しい開発プロセスの自発的生産物である。

⑱ Political Economy has indeed analysed, however incompletely,[32] value and its magnitude, and has discovered what lies beneath these forms.
But it has never once asked the question why labour is represented by the value of its product and labour time by the magnitude of that value.[33]
These formulæ, which bear it stamped upon them in unmistakable letters that they belong to a state of society, in which the process of production has the mastery over man, instead of being controlled by him, such formulæ appear to the bourgeois intellect to be as much a self-evident necessity imposed by Nature as productive labour itself.
Hence forms of social production that preceded the bourgeois form, are treated by the bourgeoisie in much the same way as the Fathers of the Church treated pre-Christian religions.[34]
しかし、政治経済学は実際には価値とその大きさを不完全に分析しており、これらの形の下に何があるのかを発見した。
しかし、なぜ労働はその価値の大きさによって製品と労働時間の価値によって表されているのかという疑問を一度も聞いたことはありません。
これらの形式は、社会の状態に属していることが間違いなく手紙で刻印されています。生産のプロセスは、彼に支配されているのではなく、人間の熟練を持っています。

このような形式は、ブルジョアの知性に 自然が生産的労働そのものとして課した自明の必然性のように見えています。
したがって、ブルジョアの形態に先立つ社会的生産の形態は、教会の父親がキリスト教の前の宗教を扱ったのと同じように、ブルジョワジによって扱われる[34]。

⑲To what extent some economists are misled by the Fetishism inherent in commodities, or by the objective appearance of the social characteristics of labour, is shown, amongst other ways, by the dull and tedious quarrel over the part played by Nature in the formation of exchange value.
Since exchange value is a definite social manner of expressing the amount of labour bestowed upon an object, Nature has no more to do with it, than it has in fixing the course of exchange.
⑲一部のエコノミストは、商品に内在するフェティシズム、あるいは労働の社会的特性の客観的な出現によって、ある程度まで、エクスチェンジの形成においてネイチャーが果たしている部分についての、退屈で退屈な喧嘩が示されています。
交換価値は対象に与えられる労働の量を表現する明確な社会的な方法であるため、自然は交換の過程を修正するよりも、これ以上関係がありません。

⑳The mode of production in which the product takes the form of a commodity, or is produced directly for exchange, is the most general and most embryonic form of bourgeois production.
It therefore makes its appearance at an early date in history, though not in the same predominating and characteristic manner as now-a-days.
Hence its Fetish character is comparatively easy to be seen through.
But when we come to more concrete forms, even this appearance of simplicity vanishes.
Whence arose the illusions of the monetary system?
To it gold and silver, when serving as money, did not represent a social relation between producers, but were natural objects with strange social properties.
And modern economy, which looks down with such disdain on the monetary system, does not its superstition come out as clear as noon-day, whenever it treats of capital?
How long is it since economy discarded the physiocratic illusion, that rents grow out of the soil and not out of society?
⑳商品が商品の形を取ったり、交換のために直接生産される生産方式は、ブルジョア生産の最も一般的かつ初期の形態である。
したがって、それは歴史の早い時期に出現しますが、今の時代と同じ優位で特徴的な方法ではありません。
したがって、フェティッシュのキャラクターは比較的見やすいです。
しかし、より具体的な形になると、この単純さの外観さえも消えてしまいます。
いつから、金融システムの錯覚が起こったのですか?
それに金と銀は、お金として役立つときに、生産者の間の社会的関係を表すのではなく、奇妙な社会的性質を持つ自然の物体でした。
そして、金銭的なシステム上のそのような軽蔑を見下す現代経済学は、その迷信が、正義の日のように、それが資本を扱うときはいつも明らかにならないのですか?
それは、経済学が生理的錯覚を捨てて、家賃が社会の外ではなく土地から育ったからです。

But not to anticipate, we will content ourselves with yet another example relating to the commodity form.
Could commodities themselves speak, they would say:
Our use value may be a thing that interests men.
It is no part of us as objects.
What, however, does belong to us as objects, is our value.
Our natural intercourse as commodities proves it.
In the eyes of each other we are nothing but exchange values.
Now listen how those commodities speak through the mouth of the economist.
“Value”  (i.e., exchange value) “is a property of things, riches” (i.e., use value) “of man.
Value, in this sense, necessarily implies exchanges, riches do not.”[35独注34]
“Riches” (use value) “are the attribute of men, value is the attribute of commodities.
A man or a community is rich, a pearl or a diamond is valuable...”
A pearl or a diamond is valuable as a pearl or a diamond.[36独注35]
しかし、予期せぬことに、我々は商品形態に関するさらに別の例を自分自身に満足させる。
商品自体は話すことができますが、彼らは言うでしょう:
私たちの使用価値は、男性に興味のあるものかもしれません。
それはオブジェクトとして私たちの一部ではありません。
しかし、オブジェクトとしての私たちのものは、私たちの価値です。
商品としての私たちの自然の性交はそれを証明します。
お互いの目の中で私たちは交換価値に過ぎません。
これらの商品がエコノミストの口を通じてどのように話すか聞いてみましょう。
「価値」(すなわち交換価値)は「物の特性であり、富」(すなわち、価値を使用する)」である。
この意味での価値は、必然的に交換を意味し、富はありません。」[35独注34]
"富"(使用価値) "は人間の属性、価値は商品の属性です。
人間やコミュニティは豊かで、真珠やダイヤモンドは貴重なものです...」
真珠やダイヤモンドは、真珠やダイヤモンドとして価値があります。[36独注35]

So far no chemist has ever discovered exchange value either in a pearl or a diamond.
The economic discoverers of this chemical element, who by-the-bye lay special claim to critical acumen, find however that the use value of objects belongs to them independently of their material properties, while their value, on the other hand, forms a part of them as objects.
What confirms them in this view, is the peculiar circumstance that the use value of objects is realised without exchange, by means of a direct relation between the objects and man, while, on the other hand, their value is realised only by exchange, that is, by means of a social process.
Who fails here to call to mind our good friend, Dogberry, who informs neighbour Seacoal, that, “To be a well-favoured man is the gift of fortune;
but reading and writing comes by Nature.”[37]
今まで化学者は真珠やダイヤモンドの交換価値を発見していません。
重要な洞察力に特別な主張を置くこの化学的要素の経済的発見者は、しかし、対象物の使用価値は、その物的性質とは無関係に、その価値は、その一方で、 それらのオブジェクトのオブジェクトとして。
この見解では、オブジェクトの使用価値は、オブジェクトと人間との間の直接的な関係によって交換することなく実現されるという独特の状況である一方で、その価値は交換によってのみ実現され、 社会的な過程である。
隣人のシーコアールに知らせるドッグベリーの親友、「好都合な人になることは幸運の賜物です。
しかし、読書と執筆はネイチャーによって行われる」


       ぐーぐるほんやく
       https://translate.google.co.jp/?hl=ja
       再版
       http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Kap_1_3

       初版ーー英訳
       https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

       『資本論』第一章「商品」のディアレクティーク  丹野, 正
       http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/949/1/AA11349190_9_1.pdf


 
 
》記事一覧表示

新着順:4/1461 《前のページ | 次のページ》
/1461