teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:48/1518 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

初版III。 第3に、逆のまたは逆の第2形式の相対価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 9月16日(日)10時13分8秒
  通報 返信・引用 編集済
    III. Third, reversed or reciprocal second form of relative value:
  III。 第3に、逆のまたは逆の第2形式の相対価値形態

   1 coat = 20 yards of linen
  u coffee =   "
    v tea =   "
    x iron =   "
 y wheat etc. =   "

①The relative value-expression returns at this point to its original form:
1 coat = 20 yards of linen.
①相対価値表現は、この時点で元の形に戻ります:1コート= 20ヤードのリネン。

Now, however, this simple equation is further developed. Originally it only contained the fact that the value of the coat obtains through its expression in another commodity a form which is different from and independent of the exchange-value coat or even the body of the coat. Now the very same form manifests the coat with respect to all other commodities whatsoever as value.
しかし、今、この単純な方程式がさらに発展する。もともと、それは、コートの価値が、他の商品の表現を通じて、交換価値コートまたはコートの身体とは異なる独立した形態を得るという事実のみを含んでいた。今ではまったく同じ形が、価値あるものとして他のすべての商品に関するコートを明示しています。

Not only the coat, but also coffee, iron, wheat, in a word, all other commodities express their value in the material, linen. In this way, all manifest themselves to one another as the same materialization of human labour. They are henceforward only quantitatively different, which is the reason why one coat, u coffee, x iron, etc. ? i.e., different quanta of these different things ? equal 20 yards of linen (equal to the same quantum of objectified human labour).
コートだけでなく、コーヒー、鉄、小麦、言い換えれば、他のすべての商品は、素材、リネンの価値を表しています。このように、すべてが人間の労働の同じ物質化として互いに出現します。彼らはそれ以来、定量的に異なるだけであり、これは、1つのコート、uコーヒー、x鉄など、すなわちこれらの異なる物の異なる量は、20ヤードのリネン(客観的な人工労働の同じ量子に等しい)に等しい。

It is through their common value-expression in the material, linen, therefore, that all commodities differ as exchange-values from their own use-values and relate at the same time to one another as amounts of value, equate themselves qualitatively to one another, and compare themselves quantitatively.
それゆえ、すべてのコモディティは、自分の使用価値と交換価値として異なっているが、価値の量としてお互いに関係し、 質的にお互いを同一視し、定量的に比較する、材料リネンでの--共通の価値の観なし方なのです。

Only in this unified relative value-expression do they all appear for the first time as values for one another, and their value consequently obtains for the first time its corresponding form of appearance as exchange-value.
この統一された相対的な価値表現においてのみ、それらはすべて互いの値として最初に出現し、結果的にその価値は最初に交換価値としての対応する形式を得ている。

As opposed to the developed form of relative value (form II) which manifests the value of a commodity in the environment of all other commodities, we call this unified value-expression the universal relative form of value.
他のすべての商品の環境における商品の価値を明らかにする発展した相対価値(形式II)の形態とは対照的に、この統一的価値の観なし方は、普遍的な相対的価値形態と呼んでいます。

②In form II (20 yards of linen = 1 coat or = u coffee, or v tea or x iron, etc.), the form in which the linen develops its relative value-expression, it relates itself to each individual commodity (coat, coffee, etc.) as a specific Equivalent, and to all of them together as to the environment of its specific forms of the Equivalent.
②リネンが相対的な価値表現を生み出す形態 II(20ヤードのリネン= 1コートか=コーヒーかvティーか鉄かなど)では、それは個々の商品(コート、コーヒーなど)を特定の等価物として、またそのすべてを特定の形態の等価物の環境に関して一緒に使用することができます。

No individual species of commodity counts any longer with respect to the linen as simple Equivalent, as in the particular Equivalent, but only as specific Equivalent whereby the one Equivalent excludes the other. In form III (which is the reciprocal second form, and is therefore contained in it), the linen appears on the other hand as the general form of the Equivalent for all other commodities.
商品の個々の種は、リネンに関しては、特定の同等物の場合と同様に単純な同等物としてはもはや考慮されないが、特定の等価物としてのみ等価物であるので、等価物はその他を除外する。
このフォームIII(これは相反する第2の形態であり、したがってそれに含まれる)では、リネンは、他の全ての商品の等価物の一般的な形態として現れる。

It is as if alongside and external to lions, tigers, rabbits, and all other actual animals, which form when grouped together the various kinds, species, subspecies, families etc. of the animal kingdom, there existed also in addition the animal, the individual incarnation of the entire animal kingdom.
それはライオン、トラ、ウサギ、および動物の王国の様々な種類、種、亜種、家族などを一緒にグループ化したときに形成される他のすべての実際の動物の横および外側にある場合と同様に、動物、動物界全体の個体的化身となっている。

Such a particular which contains within itself all really present species of the same entity is a universal (like animal, god, etc.).
同じエンティティ(主体)の実際に存在するすべての種をそれ自身の中に含むような特定のものは、普遍的(動物、神などのようなもの)なのです。

Just as linen consequently became an individual Equivalent by the fact that one other commodity related itself to it as form of appearance of value, that is the way linen becomes as the form of appearance of value common to all commodities the universal Equivalent universal value-body, universal materialization of abstract human labour.

The specific labour materialized in it now thereby counts as universal form of realization of human labour, as universal labour.
その結果、リネンは、特定労働であるままに価値の出現形式として、他の商品がそれに関連しているという事実によって、リネンが個々の商品になったのと同じように、リネンは - すべての商品に共通の価値の出現 形式となることで- ユニバーサルな同等価値であり、抽象的な人間労働の普遍的な実体化となっている。だから、そのことで具体化された特定の労働は、今や普遍的な労働として--人間労働実現の普遍的形態として数えられている。

③During the process in which the value of commodity A is displayed in commodity B (whereby commodity B becomes a single Equivalent), it was indifferent of what specific type commodity B happened to be. The corporeality of commodity B only had to be of a different species than that of commodity A, and therefore had also to be a product of other useful labour.
③コモディティAの価値がコモディティBに表示される過程(コモディティBは一つの等価物になる)の過程で、コモディティBがどのような特定の型になったかは無関心であった。商品Bの体は、商品Aと異なる種でなければならず、したがって、他の有用な労働の生産物でなければならなかった。

By the coat’s displaying its value in linen, it related itself to linen as the realized human labour, and precisely thereby related itself to linen-weaving as the realization-form of human labour, but the specific determinacy which distinguishes linen-weaving from other kinds of labour was completely indifferent. It only had to be of another kind than tailoring and in any case had to be a specific kind of labour. It is otherwise as soon as linen becomes a universal Equivalent.
コートがリネンでその価値を示すことによって、それは実現された人間労働としてリネンに関連し、それによって正確には人間の労働の実現形態としてのリネン織りに関連するが、リネン織りを他の種類と区別する特定の決められた労働へのつながりは完全に無関心だった。どのような場合でも特定の種類の労働でなければならなかったのは、仕立てとは別の種類のものでなければなりませんでした。そうであることで、リネンが普遍的な同等物になる、とすぐにそれが行われます。

in its special determinacy through which it is linen as opposed to all other kinds of commodities (coffee, iron, etc.)  now becomes the universal form of value of all other commodities and hence a universal Equivalent.
他のすべての種類の商品(コーヒー、鉄など)とは対照的に、それがリネンである特別な決定においては、他のすべての商品のユニバーサルな形態となり、それゆえ普遍的同等物となっている。

The particular useful kind of labour manifested in it therefore now counts as universal form of realization of human labour, as universal labour precisely insofar as it is labour of particular determinacy: linen weaving as opposed, not only to tailoring, but to coffee growing, mining, and all other kinds of labour.
したがって、特定の有用な種類の労働は、今や特別な決定の労働である限り、普遍的な労働としての人間労働の実現の普遍的形態として数えられ: リネン製織は、テーラリングだけでなく、コーヒー栽培、鉱業、および他のすべての種類の労働に対立している。

On the other hand, all other kinds of labour count (in the relative value-expression of linen  the universal Equivalent: form II), henceforth only as particular forms of realization of human labour.
他方では、他のすべての種類の労働は、人間労働の実現の特定の形態としてのみ(相対価値 - リネンの表現:普遍的な等価:形態II)なのである。

④As values the commodities are expressions of the same unity, of abstract human labour.
In the form of exchange value they appear to one another as values and relate themselves to one another as values.
④価値として、商品は、抽象的な人間労働の同一団結の表現である。
交換価値の形態では、価値と見なすことでお互いに関係し、価値として互いを関係付ける作業をしています。

They thereby relate themselves at the same time to abstract human labour as their common social substance. Their social relationship consists exclusively in counting with respect to one another as expressions of this social substance of theirs which differs only quantitatively, but which is qualitatively equal and hence replaceable and interchangeable with one another. As a useful thing, a commodity possesses social determinacy insofar as it is use-value for people other than its possessor, and hence satisfies social needs.
彼らはそれによって、同時に共通の社会的実体として、人間労働を抽象化するために自分自身を関連付ける。彼らの社会的関係は、定量的にのみ異なるが、質的には同等であり、したがって交換可能で相互に交換可能であるので、これらの社会的物質の表現として相互に数えあえている。
有用なものととして、商品は所有者以外の人にとって価値のあるものであれば社会的決定性を保有し、社会的ニーズを満たすものである。

But it is indifferent just whose needs the commodity’s useful properties relate it to. The commodity nevertheless can only become through these properties in all cases only an object related to human needs, but not a commodity for other commodities. It is only the kind of thing that can turn mere objects of use into commodities and hence set into social rapport.But this is just what value is.
しかし、商品の有用な特性がそのニーズに関係していることは無関心です。それにもかかわらず、商品は、すべての場合において、人間のニーズに関連する対象物のみをこれらの特性を介して摂取することができるが、他の商品のための貨物ではない。単なる使用目的物を商品に変えることができ、それゆえに社会的な関係に結びつけることができます。しかし、これはただの価値です。

The form in which the commodities count to one another as values  as coagulations of human labour is consequently their social form. Social form of the commodity and value-form or form of exchangeability are thus one and the same thing. If the natural form of a commodity is at the same time its value-form, then the commodity possesses the form of immediate exchangeability with other commodities and consequently an immediately social form.
商品が人間労働の凝固として価値と数える形式は、結果的に彼らの社会的形態です。
したがって、商品の社会的形態と価値形態または交換可能性の形態は、同じことです。
商品の自然な形態が同時に価値形態である場合、商品は他の商品との即時の交換可能性の形態をとり、その結果即座の社会的形態を保有する。
  <このように、諸商品の全てが、互いを「価値と数える形式は」--と示されていることで、
 「商品の自然な形態が同時に価値形態である場合、商品は他の商品との即時の交換可能性の形態」
  ーーをとりとのマルクスの指摘、物象の判断が、もっとも大切なことがしめされたのです。
  再版で示されているように、物象の共同行為によって、この一般的価値形態が形成されるのです。>

⑤The simple relative value form (form I) ‘One coat = 20 yards of linen’, differs from the universal relative value-form, ‘One coat = 20 yards linen’ only by the fact that this equation now forms a member in the series:
⑤単純な相対価値フォーム(フォームI)「1コート= 20ヤードのリネン」は、この式が今シリーズのメンバーとなっているという事実だけで、普遍的な相対価値フォーム「1コート= 20ヤードリネン」とは異なります

⑥In actuality, it differs thus only in the fact that the linen has continued its development from a singular to a universal Equivalent.
⑥実際には、リネンが単価から普遍的な等価物への発展を続けているという事実のみが異なる。

Thus if in the simple relative expression of value it is not that commodity which expresses its amount of value, but rather that commodity in which the amount of value is expressed which is the one that obtains the form of immediate exchangeability (equivalent form: hence, immediately social form), the same thing holds true for the universal relative value expression.
したがって、価値の単純な相対的表現では、価値の量を表現する商品ではなく、価値の量が表現される商品であり、即時の交換可能性の形態をとる商品(同等の形態:したがって、直ちに社会的形態)であり、これは普遍的な相対価値表現にも同じことが当てはまる。

But in the simple relative form of value this distinction is merely formal and evanescent. If the coat expresses its value in a relative way (that is, in linen) in the equation ‘One coat = 20 yards of linen’, and the linen acquires thereby the form of Equivalent, then the very same equation includes immediately the reciprocity ‘20 yards of linen one coat’, in which it is the coat that acquires the form of Equivalent and the value of the linen is expressed in a relative way.
しかし、単純な相対的な価値表現では、この区別は単なる等式で消極的です。
コートがその値を相対的な方法(つまり、リネン)で「1コート= 20ヤードのリネン」と表現し、それによってリネンが等価フォームを取得する場合、この同じ式は、 20ヤードのリネン1コート 'を意味し、それは同等の形態を獲得するコートであり、リネンの価値は相対的な方法で表される--のみなのです。

This constant and correlative development of the value-form of both commodities as relative value and as Equivalent no longer takes place. If the universal relative value-form, ‘One coat = 20 yards of linen’, (where the linen is universal Equivalent) is turned around into ‘20 yards of linen = one coat’, the coat does not thereby become universal Equivalent for all other commodities, but only a particular Equivalent of the linen.
相対価値と同等価値としての両方の商品の価値形態のこの一定かつ相関関係の発達はもはや起こらない。普遍的な相対価値形式、「1コート= 20ヤードのリネン」(リネンが普遍的である場合)は、「リネン= 1コート」の20ヤードになり、コートはそれによって普遍的にはならず、従って他の商品は、単にリネンと同等のものにすぎません。

The relative value-form of the coat is only universal because it is the relative value-form of all other commodities at the same time. What holds true of the coat, holds true of coffee, etc. It follows, therefore, that the universal relative value-form of commodities excludes these very commodities from the universal form of Equivalent. On the other hand, a commodity like linen is excluded from the universal relative value-form as soon as it possesses the universal form of Equivalent.
コートの相対的価値形態は、それが他のすべての商品の相対的価値形態であるためにのみ普遍的である。そのコートに当てはまることは、コーヒーなどにも当てはまります。したがって、商品の普遍的な相対価値形式は、これらの商品をユニバーサル形式の等価物から除外します。一方、リネンのような商品は、それが普遍的な等価物を持っているとすぐに、普遍的な相対価値形式から除外されます。

The universal relative value form of linen, unified with the other commodities, would be ‘20 yards of linen = 20 yards of linen’.
リネンの普遍的な相対価値形式は、他の商品と統一され、20ヤードのリネン= 20ヤードのリネンになります。

But this is a tautology which does not express the amount of value of this commodity, which is situated in a universal form of Equivalent and thereby in perpetually exchangeable form. Rather, it is the developed relative value-form (20 yards of linen = one coat or u coffee or = v tea or = etc.) that now becomes the specific relative value-expression of the universal Equivalent.
しかし、これは、この商品の価値を表現していないのも同義語です。
これは、普遍的形式の等価であり、永久に交換可能な形で位置しています。むしろ、普遍的な同等物の具体的な相対価値表現となるのは、開発された相対価値形式(20ヤードのリネン= 1つのコートか、コーヒーか= vのティーか=など)です。

⑦Every commodity (coat, coffee, tea, etc.) possesses in the universal relative value-expression of commodities a value-form which is different from its natural form  namely, the form: linen.
⑦すべての商品(コート、コーヒー、紅茶など)は、商品の普遍的な相対価値表現において、その自然な形、つまりリネンとは異なる価値形態を保有しています。

And it is precisely in this form that they relate themselves to one another as exchangeables and exchangeables in relationships which are quantitatively determined, since, if one coat = 20 yards of linen, u coffee = 20 yards of linen, etc., then it is also true that one coat = u coffee, etc. All commodities by mirroring themselves in one and the same commodity as quantities of value, reflect themselves reciprocally as quantities of value.
そして、それは、1つのコート= 20ヤードのリネン、1枚の上着= 20ヤードのリネンなどであれば、量的に決定される関係における交換可能なものと--交換可能なものとして、また、それは1つのコート= uコーヒーなどにも当てはまる。価値のある量と同じ商品で自分自身を鏡映することによって、すべての商品は、価値の量として相互に反映される。

But the natural forms which they possess as objects of use count for them reciprocally as forms of appearance of value only over this detour, and consequently not in an immediate way.
しかし、彼らが使用する目的として持っている自然の形は、この迂回路を越える価値の出現の形として相互に相反するものであり、その結果、即座にではありません。

They are not for that reason immediately exchangeable just because of the way they immediately are. Thus they do not possess the form of immediate exchangeability for one another; i.e., their socially valid form is a mediated one.
その理由から、すぐに交換できるのはその理由だけではありません。したがって、彼らはお互いに即座の交換可能性の形を持っていません。すなわち、その社会的に有効な形態は、仲介された形態である。

It is the other way around. It is through the fact that all other commodities relate themselves to linen as form of appearance of value, that the natural form of linen becomes the form of its immediate exchangeability with all commodities  and consequently its universal social form in an immediate way.
それは別の方法です。それは、他のすべての商品が、価値の出現の形態としてリネンに関連し、リネンの自然な形態がすべての商品との即時の交換可能性の形態になるという事実を通してである。その結果、その普遍的な社会的形態が直ちに生まれる。

⑧A commodity only acquires the universal Equivalent-form because and insofar as it serves all other commodities in the manifesting of their universal relative (and hence not immediate) value-form.
⑧商品は、その普遍的な相対的な(したがって即時ではない)価値とみなされるその現れにおいて、他のすべての商品に役立つため、かつその限りでは、普遍的な等価形態を取得するだけである。

Commodities, however, have to endow themselves with relative value-form in general, because their natural-forms are only their forms of use-value, and they have to endow themselves with unified (and hence universal) relative value-forms in order for all of them to relate to one another as values, as homogeneous coagulations of human labour.
しかし、コモディティは、一般的には相対的価値形式を持っていなければならない。なぜなら、その自然形態は使用価値の形式に過ぎず、統一された(したがってユニバーサル)相対価値形式を持たなければならないからである。それらのすべては、人間労働の同質な凝固として、互いに価値として関連している。

A single commodity, therefore, only finds itself in the form of immediate exchangeability with all other commodities, and therefore in immediately social form, because and insofar as all other commodities do not find themselves therein, or because the commodity by its very nature does not in general find itself in an immediately exchangeable or social form, by virtue of the fact that its immediate form is the form of its use-value, not of its value.
従って、単一の商品は、他の商品との即時の交換可能性の形でしか見えないので、他の商品がその商品に含まれていない限り、一般的に即時型はその価値のものではなく、その使用価値の形であるという事実のために、即座に交換可能であり社会的な形態であることが、ここにわかる。

⑨One does not by any means actually detect in the form of universal immediate exchangeability that it is a contradictory form of commodity: just as inseparable from the form of not immediate exchangeability as the positivity of one pole of a magnet is from the negativity of the other. Consequently, one can imagine that one could impress the mark of immediate exchangeability on all commodities at the same time, just as one can also imagine that one could make all workers into capitalists. Actually, however, universal relative value-form and universal Equivalent-form are the contradictory, reciprocally-presupposing and reciprocally repelling poles of the very same social form of commodities.
⑨一方的には、実際に普遍的な即時交換可能性という形で、商品の矛盾した形であることが実際に検出されるわけではない:磁石の一方の極の陽性が他方の陰性からのものであるため、のようにです 。したがって、すべての労働者を資本家にすることができると想像できるように、同時にすべての商品に即時交換可能性の印を印象付けることができるかと想像してしまう。しかし、実際には、普遍的な相対価値形式と普遍的な等価形式は、全く同じ社会的形態の商品の相反的で、相互を前提とし、反復して反発する極である。

⑩As immediate social materialization of labour, linen is (as the universal Equivalent) materialization of immediately social labour, while other bodies of commodities, which represent their value in linen, are materializations of not-immediately social labours.
麻は労働の直接的な社会的実現であり、直ちに社会的労働を実現する(普遍的な均等物として)ものであるが、リネンに価値を表す他の商品は、直ちに社会的労働ではない。

⑪Actually, all use-values are only commodities because they are products of private labours which are independent of one another private labours which, however, depend materially upon one another as particular members (even though rendered self-sufficient) of the primordial system of division of labour. In this fashion, they hang together socially precisely through their differentiation, their particular usefulness. That is exactly the reason why they produce qualitatively differing use-values.
⑪実際には、すべての使用価値は商品でしかない。なぜなら、彼らは私的労働からの独立した民間労働の産物であるからなのです。しかし、分裂の基本システムの特定のメンバー(たとえ自己完結しているにもかかわらず)の労働は、このようにして、彼らは彼らの差別化、特にその有用性によって、社会的に正確に結びついています。それが、質的に異なる使用価値を生み出す理由です。

⑫If they did not, then these use-values would not become commodities for one another. On the other hand, this differing useful quality does not yet make products into commodities.
⑫そうでなければ、これらの使用価値はお互いのための商品にならないだろう。他方で、この異なる有用な品質はまだ商品を商品にしていない。

If a peasant family produces coat, linen and wheat for its own consumption, then these things confront the family as differing products of their family labour, but do not confront one another reciprocally as commodities.
もし、農家がコート、リネン、小麦を自ら消費する場合、これらは家庭労働の異なる製品として家族に直面するが、商品として相互に対立しない。

If the commodity were immediately social (i.e., common) labour, then the products would acquire the immediately social character of a common product for its producers, but not the character of commodities for one another.
もし、商品が直ちに社会的(すなわち共通)労働であった場合、製品はその生産者にとって共通の製品の直ちに社会的特性を獲得するが、相互の商品の特性は獲得しない。

Nevertheless, we do not have far to seek, in this case, for that in which the social form of the private labours consists, which are contained in the commodities and are independent of one another.
それにもかかわらず、私たちは、この場合、私的労働の社会的形態が成立し、商品に含まれ、互いに独立しているものについては、それほど遠くまで追求する必要はない。

It already yielded itself out of the analysis of the commodity. The commodities’ social form is their relationship to one another as equal labour; hence  since the equality of toto coelo [utterly] different labours can only consist in an abstraction from their inequality their relationship to one another as human labour in general: expenditures of human labour-power, which is what all human labours  whatever their content and their mode of operation  actually are. In each social form of labour, the labours of different individuals are related to one another as human labours too, but in this case this relating itself counts as the specifically social form of the labours.
それはすでに商品の分析からそれ自体を産出した。商品の社会的形態は、同等な労働としての互いの関係です。それゆえ、全く異なる労働の同等は、それらの不平等から、人間の労働としての一般的な関係を抽象化するだけである:人間の労働力の支出にです。
実際には動作モードです。それぞれの社会的形態の労働において、異なる個人の労働は人間の労働としても互いに関係しているが、この場合には、それ自体が労働の具体的な社会的形態とみなされる。

Now none of these private labours in its natural form possesses this specifically social form of abstract human labour, just as little as the commodity in its natural form possesses the social form of mere coagulation of labour, or value. However, through the fact that the natural form of a commodity (linen, in this case) becomes a universal Equivalent-form because all other commodities relate themselves to this natural form as the appearance-form of their own value, hence linen-weaving also turns into a universal form of realization of abstract human labour or into labour of immediately social form.
現在のところ、これらの私的労働は、その自然形態の商品が労働や価値の単なる凝固という社会的形態を保有しているのと同じくらい、この抽象的な人間的労働の具体的な社会的形態を保有していません。しかし、商品の自然形態(この場合、リネン)は、他のすべての商品が、この自然な形に自分自身の価値の出現形態として関連しているため、リネンを織る--抽象的な人間労働の実現の普遍的な形態に、またはすぐに社会的形態の労働に変わっている。

The standard of ‘socialness’ must be borrowed from the nature of those relationships which are proper to each mode of production, and not from conceptions which are foreign to it.
「社会性」の基準は、それぞれの生産様式にふさわしい関係の性質から借用されなければならず、それに対する外的概念ではない。

Just as we demonstrated earlier that the commodity naturally excludes the immediate form of universal exchange-ability and that the universal Equivalent-form consequently can only develop in a contradictory way, so the same thing holds for the private labours lurking in the commodities.
先に実証したように、商品は当然の形で普遍的な交換能力を自然に排除し、その結果、普遍的な等価形態は、結果的に矛盾した方法でしか発展できないので、商品に潜む私的労働にも同じことが成立する。

Since they are not-immediately social labour, in the first place the social form is a form which differs from the natural forms of the real, useful labours and is foreign to them and abstract; and in the second place, all kinds of private labour obtain their social character only In a contradictory way, by all being equated to one exclusive kind of private labour (linen-weaving, in this case).
彼らはすぐには社会的労働ではないので、まず社会形態は現実的で有用な労働の自然な形態とは異なる形態であり、それらには異質で抽象的である。第二に、すべての種類の民間労働者は、唯一の排他的な種類の民間労働(この場合、リネン織り)とみなされることによって、相反する方法で彼らの社会的性格を得るだけである。

This latter thereby becomes the immediate and universal form of appearance of abstract human labour and thereby labour in immediately social form. It manifests itself consequently also in a product which is socially valid and universally exchangeable.
それによって、この後者は抽象的な人間の労働の即時かつ普遍的な形になり、それによって直ちに社会的形態で働く。その結果、社会的に妥当で普遍的に交換可能な製品にも現れます。

⑬The illusion as if the equivalent-form of a commodity resulted from its own corporeal nature instead of being a mere reflex of the relationships of other commodities: this illusion strengthens itself with the continuing development of the singular Equivalent to the universal, because the contradictory vectors of the value-form no longer develop equally for the commodities which are related to one another, because the universal Equivalent-form separates a commodity off as something totally secluded from all other commodities, and finally because this (the commodity’s form) is actually no longer the product of the relationship of any singular commodity.
⑬商品の等価形態が、他の商品との関係の単なる反射ではなく、それ自身の体質的性質から生まれたような錯覚:この幻想は、恒常的に普遍的に等価な展開を強化する。普遍的等価形態は、商品を他のすべての商品から完全に隔離されたものとして分離しているため、価値形態のもう一つの部分は、もはや互いに関連している商品については等しくはならない。単一の商品の関係の製品をより長くする。

⑭From our present standpoint the universal Equivalent has not yet by any means ossified, however. What was the way in which linen was metamorphosed into the universal Equivalent, actually?
⑭我々の現在の立場からは、普遍的な等価物はまだいかなる形でも化粧されていない。リネンがユニバーサル等価物に変わったのはどうでしたか?

By the fact that it displayed its value, first in one single commodity (form I), then in all other commodities in order in a relative way (form II), and thereby all other commodities reflexively displayed their values in it in a relative way (form III).
⑭事実、それはその商品の価値を最初に一つの商品(I形)で表示し、次に他のすべての商品では相対的な形で(II形)、それによって他のすべての商品は反射的にその価値を相対的な方法で表示した(形態III)。

The simple relative value-expression was the seed out of which the universal Equivalent-form of linen developed. It changes its role within this development. It begins by displaying its amount of value in one other commodity and ends by serving as material for the value-expression of all other commodities. What holds for linen holds for every commodity. In its developed relative value-expression (form II)  which only consists of its many, simple value-expressions  the linen does not yet figure as universal Equivalent. Rather, every other commodity-body forms in this case linen’s Equivalent , is thereby immediately exchangeable with it and is therefore able to change places with it.
単純な相対価値表現では、普遍的な同等の形態のリネンが開発された種であった。それはこの開発の中でその役割を変えます。それは、ある他の商品にその価値を示すことから始まり、他のすべての商品の価値表現の材料として役立ちます。

それは、すべての商品のためにリネンが保持しているものです。

その多くの、単純な価値表現からしか構成されていない、発展した相対的価値表現(形態II)において、リネンは、普遍的な同等物としては、まだ描かれていない。むしろ、この場合リネンの等価物である他のすべての商品本体の形態は、それによって即座に交換可能であり、したがってそれを用いて場所を変更することができる。


 
 
》記事一覧表示

新着順:48/1518 《前のページ | 次のページ》
/1518