teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:20/1498 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

暴走も隠し通せば名誉市民。

 投稿者:岩手県元盲ろう者  投稿日:2018年10月 2日(火)20時50分57秒
  通報 返信・引用
  暴走も隠し通せば名誉市民。
 岩手の盲ろう者友の会事務局長小笠原利行さんから当時読み書き出来ない聾唖者の猜疑心から出たのが次期会長の為おだてけしかけから親父と口利いたことも無い今は岩手県ろうあ協会会長でお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言い馬鹿らしいとして退会した。
 後は相手が県の看板団体のため親父は馬鹿のままにして辞めた理由はデマを流しかん口令を広げた。口封じに関わった人も団体も友達も全部取り上げ何処の団体も行かせず、社会参加は12年に12回も妨害された。更に現在は3年前から手話通訳差別も続いている。
 情報センターさえ貸し出し拒否が10ヶ月も続いている。復権を賭けていい加減圧力は辞めて欲しいと訴え続けました。
 看板団体であることと辞めた頃自立支援法が廃止になっていたことから暴走はばれなければいいと法務省容認になっていた。法務省は見解一つ口にしない。
 法務局は手紙での意見などは20回も出して暴走目こぼし権なんか無いと言う知事をかばうときだけで他は一つも来ない。
 法務省はメールで20回も意見など出して数日で答える言って3ヶ月も一つも来ない。来たのは法務局に行けと言うだけ。文書は一つも来ない。これでは口約束になって揉み潰しやすくなる。
 6月にもう諦めたいと初めて法務省にメールしたら諦めるなと言い水沢法務局に行けと言う。話は掲示板に実名使うなというだけ。 これは外国にも流れるから辞めさせろとと言うのが本音。
 駆け引きばかりで相手しきれなく実行犯に目を移した。
 北上と奥州の社協に親父の記録を届けました。馬鹿でも真似出来ますかと。知事号令から関係者は全部知らん顔。
 親父は地元の民芸品で現代の名工に選ばれて知事表彰を受けています。機械に頼らぬ出来栄えです。
 それがどっちも無視するため全国の社協などにコピーをばら撒きました。全国の社協は他県に関われないと思いますが少なくとも全国から失笑と後ろ指が岩手に向けて飛ぶことになります。
 法務省は世界一安全と言うキャッチフレーズが知事をかばい此方の人権の破壊しか考えず世界一当てにならないことになる。
 ちなみに北上と奥州には此方の親を馬鹿と言って名誉市民になった人が居ます。北上は小笠原利行・ひとみ夫妻と奥州は小野寺良子さんです。いずれもボランティアが暴走を隠して名誉市民とは、これが外国にまで知れたら岩手どころか日本の恥じになります。



 
 
》記事一覧表示

新着順:20/1498 《前のページ | 次のページ》
/1498