teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/1498 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

核心に迫る馬鹿と言う理屈

 投稿者:岩手県元盲ろう者  投稿日:2018年10月12日(金)02時08分0秒
  通報 返信・引用
    核心に迫る馬鹿と言う理屈
 県庁の看板団体の暴走隠しの様々な圧力は12年目にしてもそのままで抹殺しか考えていない。いい加減にして欲しいと言ってみても無視するだけで人権相談から法務省と法務局とも関わり法務省に手紙出すと法務局に行けとだけ。法務局は何度も行けず手紙で意見なり出していたが知事をかばう暴走目こぼし権なんか無いと言うだけで後は答えない。打開策も見解も来ない。
 手紙の数だけ意見になったはず。20回は出していた。
 法務省に6月もう諦めたいと言うと、諦めるな法務局に行けと言う。行ってみると掲示板に実名使うと訴えられるぞというだけ。
 これはかん口令を逆手に取ったことで書きたい放題になり批判も反論も12年で一つも来ない。来たのは妨害だけ。本音は掲示板の一部は外国に流れるから辞めさせろということになる。
 その他に擁護係りが紹介されたが県庁相手は諦めて別団体に行けと法務省の姿勢の代弁していた。厄介払いしたがっていたと判る。
 法務省へはその後メールで意見なり20回も出したが数日で返事すると言って4ヶ月になるのに一つも来ない。
 文書による意見交換は後に残るため口約束の揉み潰しが出来ないからと言うことか。再度法務局と法務省に手紙とメール送ってもどっちも返事しない。
 というのは友の会を辞める前の年に自立支援法は廃止になりその次の年の12年前に友の会を辞めたため知事が悪用したことになりそれを相手はたかが障害者一人とばれなければいいとして法務省も容認していたことになる。それがまともに返事しない理由と思う。 法務省の見解は擁護係りが代返している。揉み潰ししか考えていない。そんな訳で1人でやるしかなく知事より実行犯に的を絞った。読み書き出来ない聾唖者の猜疑心から口利いた事もない親父を馬鹿と言うのが始まりで小笠原利行さん夫妻は北上、手話サークル会長は奥州それぞれ名誉市民になっている。つまり人の親を馬鹿と言う暴走隠して名誉市民になっている。
 それぞれの社協を通して話したが無視するので親父の記録をコピーして届け馬鹿でも真似出来ますかと。尚も無視するので全国の社協にもばら撒き岩手の態度も話した。
 全国の社協は他県に関われないが失笑や後ろ指は避けられない。
 岩手の知事にとっては恥じも外聞もなく一般県民や地元東山にばれなければいいと厚顔を続けて沈黙するだけになると思います。
 地元岩手はかん口令で口封じしても他県の口は防げない。
 それも親を馬鹿と認めないとがで訴えますか。
 法務省と法務局に水沢法務局は遠いため一関の相談室で打開策の話したいと申し込んでも相変わらず返事しない。世界一安全と言うキャッチフレーズの法務省が世界一頼りないと人権の破壊を容認している。

 
 
》記事一覧表示

新着順:15/1498 《前のページ | 次のページ》
/1498