teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/1494 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 暴走野放しより真実を

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2018年10月27日(土)11時02分35秒
  通報 返信・引用
   暴走野放しより真実を
 暴走をを隠すために親父を馬鹿のままにし此方の口を塞ぐため完全沈黙のかん口令を敷かれた。関わった人も団体も友達も全部取り上げ、別団体は行かせず社会参加は全部妨害した。
 当時自立支援法が廃止になっていたため相手は障害者一人と法務省はばれなければいいと容認していた。これが見解も打開策も言えなく揉み潰ししか出来ないことになる。
 法務局は遠いから手紙にしていたが20回以上出して返事は知事に暴走目こぼし権なんか無いとかばうだけで後は一つも答えない。全国の社協などにメールしていたのを司法のネズミ捕りにかけて知事に有利にされていた。
 6月にもう諦めたいと初めて法務省にメールしたら諦めるなと言い水沢に行けと言う。行ってみたら掲示板に実名使うと訴えられるぞというだけ。
 これはかん口令を逆手にとって書きたい放題にしたこと。 批判も反論も一つも来ない。来たのは妨害だけ。
 掲示板の一部は外国に流せれていることから辞めさせろと言うのが本根と判る。法務局に疑問が募る。世界一安全とは眉唾でないか。
 親父の仕事の記録は県庁に届けたら突っ返された(8年位前)。北上と奥州には親父を馬鹿と言って名誉市民になっている人がいてそれぞれにも届けると知らん顔で全国の社協にも届け岩手の態度も伝えました。暴走はは丸見えで全国の社協は他県に関われなく批判は口に出来ないと思いますが失笑や後ろ指が飛んだことと思います。町の人にしても誰も親父を馬鹿と言う人はいない。友の会に乗せられた社協理事1人いるだけです。知事はそれでも厚顔で沈黙するでしょう。
 法務省は世界一頼りない結果にするより真実を話すしかないでしょう。
 もう12年でい加減に諦めたらと言う声もありますが此方にすれば友達を一人残らず取り上げられています。普通校の出で健聴者、聾唖者どっち側にも入れなく1人で友達作りは困難で12年の完全孤立です。次期会長だからと聾唖者の猜疑心から出た口利いた事も無い親父を馬鹿とをそのままにして暴走を隠し名誉市民にもなる団体はかばう価値もない。聾唖者の社会は知らなかったと言えは正義になる特権が出ています。


 
 
》記事一覧表示

新着順:5/1494 《前のページ | 次のページ》
/1494