teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/1493 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 資本論 初版での第3の形態から、第4の形態を経ての物神性について

 投稿者:杉本  投稿日:2018年10月29日(月)14時06分4秒
  通報 返信・引用 編集済
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

     
III. Third, inverse or reciprocal second form of relative value:
①    III。第2の形式とは逆の:相対的価値形態の第3

    ①1コート    =リネン20メートル
 あなたはコーヒー    =
      "v紅茶    =
       "x鉄    =
      "y小麦    =
        等    =
 相対値の式は、この時点で元の形に戻ります。1層= 20ヤードのリネン。
しかし、この単純な方程式はさらに発展しています。もともと、それは、別の商品で表現されることによって、外殻の価値が外貨価値の外衣やシェルの外殻とは異なって独立した形を取るという事実のみを含んでいました。

今度は同じ形が、他のすべての財に関する価値としてのコートを示しています。コートだけでなく、コーヒー、鉄、小麦、一言で言えば、他のすべての商品は、素材のリネンでその価値を表現しています。このようにして、誰もが人間の労働の同じ物質化として現れます。

したがって、それらは量的にのみ異なるので、コート、コーヒー、鉄など(つまり、これらの異なる物の量が異なる)が20メートルのリネンを構成します(同量の客観化された人間の労働に等しい)。
材料、リネンにおける共通の価値表現によって、すなわち、すべての商品は、自分の使用価値との交換価値として異なると同時に、価値の量が互いに質的に同等であるとして互いに参照する定量的に比較する。

この統一された相対値式で初めて、それらが値として最初に現れるすべてのものを行います。したがって、その値は最初に対応する形式のノートを交換値として受け取ります。他のすべての商品の環境における商品の価値を明らかにする発展した相対価値の形式(フォームII)とは対照的に、この統一的価値の表現は普遍的な相対的価値の形式と呼んでいます

 ②インフォフォームII(20ヤードのキャンバスレイヤー1 = U、コーヒー、紅茶、VXアイアンなど)衣類の形状は相対値式を拡張していますが、個々の製品(ジャケット、コーヒーなど)を指します。

すべてを一緒にすることができる環境を参照すると、それは特定の同等物として使用することができます。

布のタイプはリネンのタイプと同じですが、それは特定の同等物に過ぎず、他のものを除いて1に等しくなります。他方で、相互に第2の形態であり、従ってそれに含まれる形態IIIでは、それはリネンとして現れ、他のすべての財と同等の一般的形態となる。

この外に-ライオン、トラ、ウサギがあるかのように接し、動物の王国、亜種、家族、その他の実際の動物のような異なる種、亜種を形成します。動物や動物であっても、動物界全体の個体として個性化されています。同じエンティティのすべての本当に存在するタイプを含むこのような属性の1つは、宇宙(動物、神など)です。

抽象的人間労働の貴重ユニバーサル・マテリアの普遍的な同等の普遍的同等性を示し - - 他の商品の結果として、個々の平等は、いわゆるリネン上記の値の現れとして、言及された全ての商品価値の一般的な出版物<Universal Materia>としてあります。

その中で実現される具体的な仕事は、普遍的な仕事としてのー人間労働の実現の普遍的な形式として、普遍的形態と考えられている。

 ③商品Bの商品Aの価値を商品Bが1つの同等物になるように表示する過程で、どの商品Bがランダムであったかは問題ではなかった。

商品Bの物性は商品Aとは異なる種類でなければならず、したがって他の有用な仕事の産物でなければならなかった。その値をリネンに表示することによって、マットはリネンを実現した人間の労働と呼んでおり、人間の労働の実施形態としてのリネン製織に関連していましたが、他のタイプの労働とは違ってリネン製織を区別しています。

それは仕立てとは違っていて、間違いなく特別な仕事をしなければなりませんでした。リネンが普遍的な同等物になるときは違う。これとは対照的に、他のすべての商品(コーヒー、鉄など)のためのリネンは、他のすべての商品の価値の普遍的な形になり、したがって普遍的な同等物となります。

したがって、その中に現れる特別な有用な仕事の種類は、それが特定の確かな仕事である限り、普遍的な仕事としての人間労働の普遍的実現形式とみなされます。
リネンは、テーラーだけでなく、コーヒー栽培、鉱業、その他すべての種類の作業に使用されます。

一方、他のすべてのタイプの仕事(リネンの相対価値表現 - 普遍的な同等物:フォームII)は、人間の労働の実現の特殊な形態として数えられます。

 ④価値としては、物品は抽象的な人間の労働である同じ団結の表現である。
交換価値の形では、それらは値としてお互いに現れ、お互いを価値として参照します。
同時に、抽象的な人間の労働を共通の社会的実体と呼んでいる。

彼らの社会的関係は、この唯一の定量的に区別可能な社会的物質の表現としてー互いに数えることに専念するが、質的には同じであり、したがって、それらとこれらは、置き換えうることで、交換可能になっている。
       <replaceable and interchangeable.>
 <今村訳ー・・いま述べた商品の社会的実体を、単に量的に異なるだけで、
  しかし質的には同じままに、したがって相互に取り換え可能な仕方で、
  また相互に置き換え可能な仕方で表現したものとして、自分たちを互い
  に処遇するというこの一点につきる。P301>
商品が所有者として他の人々にとって有用であり、したがって社会的ニーズを満たす限り、商品は社会的確実性を有することが有用である。

しかし、どのニーズが商品の有用な性質を彼と結びつけているかは問題ではありません。しかし、これらの特徴によってのみ、物品は人間のニーズに関連する対象物となり得るが、他の物品のための商品物ではない。

それは単なる商品から商品を作り、それらと交際することのできる種類のものです。しかし、それは価値です。物資が価値として数える形 - 人間の労働の凝固 - は、結果的に彼らの社会的形態です。

したがって、商品の社会的形態と価値の形式や互換性の形式は同じである。商品の自然形態が同時にその価値形態である場合、商品は他の商品との直接的な互換性の形態をとり、したがって直ちに社会的形態を保有する。
 <but which is qualitatively the same and thus
  しかし、質的に同じであり、したがって、それらとこれらは、
  replaceable and interchangeable.
  置き換えうることで、交換可能になっている。>

 ⑤単純な相対価値フォーム(フォームI)
「クローク= 20ヤードのリネン」は、一般的な相対値のフォーム「リネン= 20メートルのリネン」とは異なり、この式がシリーズにリンクを形成する点のみが異なります。

 1 Mantel = 20 Yards Leinen
 du Kaffee =
 v Tee   =
 usw   =
 ⑥実際には、系統は単数から普遍的な同等物への進化を続けてきたという点でのみ異なる。したがって、単純な相対価値表現では、この商品はその価値の集合を表現するのではなく、価値の集合が表現され、即時の互換性の形<直接の交換価能性の形態>を取る商品(同等の形態、直ちに社会的な形態)となる、同じことが普遍的な相対的価値表現にも当てはまります。

しかし、単純な相対価値の形では、この区別は正式であり、一瞬でしかありません。マントルが式「マントル= 20ヤードのリネン」の相対的な方法(すなわち、リネン)でその値を表現し、リネンが等価の形をとるならば、同じ式は直ちに相互関係を意味する。 20メートルのリネン - マントルなのです。マントルは、同等物の形とリネンの価値を相対化する。

相対的価値と同等性価値の両方の商品の価値形態のこの一定かつ相関関係の発達は、もはや起こらない。

普遍的な相対名義である "1コート= 20ヤードのリネン"(リネンが普遍的に同等である)が "20ヤードのリネン= 1コート"で裏返された場合、コートは他のすべての商品と普遍的に同等にならないが、洗濯物と同等のもののみがなる。

クロークの相対的価値形式は、それが同時に他のすべての商品の相対価値形式であるためにのみ普遍的です。

コートに言えるからこそ、コーヒーにも成り立つのである。したがって、ユニバーサル商品の相対価値形式は、これらの商品をユニバーサル形式の同等物から除外している。

一方、リネンなどの商品は、それが普遍的な同等の形をとると、一般的相対価値形式から除外されます。

他の商品に関連するリネンの一般相対価値形式は、「20ヤードのリネン= 20ヤードのリネン」となる。
しかし、これでは、この商品の価値を表現していないのも同義語です。これは、普遍的な形式のものであり、常に交換可能な形で存在します。むしろ、開発された相対価値形式(20ヤードのリネン=コートまたはコーヒーまたは=茶または=など)であり、今や普遍的な同等物の特定の相対価値表現になります。

 ⑦ウェア商品の一般的な相対的表現において、商品(コート、コーヒー、紅茶など)は、その自然な形、すなわち形態:リネンとは異なる価値形態を有する。

そして、それが正確にこの形であるのは、それらが数量化された関係における交換可能で相互交換可能な関係を指しているということです。コート= 20ヤードのリネン、コーヒー= 20ヤードのリネンなどについては、 =あなたのコーヒーなど

すべての商品は、同じ商品に価値として反映され、お互いに価値として反映されます。しかし、彼らが商品として持っている自然な形態は、この迂回路を通ってのみ価値形態とみなされ、したがって直接的ではない。

彼らはすぐに交換することはできませんこの理由のためだけに、彼らはインスタントです。

したがって、彼らはお互いのための即座の互換性の形を持っていません。すなわち、その社会的に有効な形態が媒介されている。

それはもう一方の方法です。
他のすべての商品が価値の一形態としてリネンに変わるという事実によって、リネンの自然な形態は、すべての商品との即座の互換性の形になり、すぐに社会の普遍的形態になります。


 ⑧WareA商品は、その普遍的な相対的な(したがって即時ではない)価値形態の表現で他のすべての商品にサービスを提供している限り、それと同等の形態を受けます。

しかし、物品は、一般的には、その自然な形は使用価値の形式のみであり、一貫性のある(したがってユニバーサルな)相対的な価値形態を支えなければならないため、相対的な価値形態を一般に付与しなければならないし、 それらのすべてを価値として、人間の労働の均質な凝固としています。

したがって、単一の商品は、他の商品がその中に含まれていない限り、またはその商品が本質的に存在しないために、直接の社会的形態において、他のすべての商品との直接的な互換性の形でのみ存在するのであり、 直ちに交換可能または社会的な形態に再び変換される。
なぜなら、その即時の形態はその価値のものではなく、その価値形態のものであるからである。

 ⑨これは普遍的で即時の交換可能性の形で決して認識されるものではなく、これは商品の矛盾した形態であるということである。磁石の一方の極が他方の否定性から肯定的であるという非即時互換性の形からも同様に切り離せない。 それで、すべての労働者を資本主義者にすると想像できるように、すべての商品との直接的な互換性の兆しを同時に感じることができると想像できる。 実際、一般的な相対価値形式と普遍的な同等の形式は、同じ社会的形態の財に対する矛盾した、相互に前提のある、相互に反発的な極である。

 ⑩リネン(一般的なものとして)は即時の社会的労働の実現であり、リネンでの価値を表す他の商品は即時のソーシャルワークではない現実化である。
 ⑪実際、すべての効用価値は、私的な仕事から独立しているが、労働からの分裂の元のシステムの個々のメンバー(自給自足している)として実質的に互いに依存している私的な作品の産物であるため、単なる商品である。 このようにして、彼らはその差別化、特にその有用性によって社会的に正確に関連している。 そのため、彼らは質的に異なる使用価値を生み出しています。

⑫そうでない場合、これらの使用価値はお互いに商品になることはありません。一方、これらの異なる有用な品質の製品はまだ商品を作っていない。農民の家族がマントル、リネン、小麦を自ら消費するために生産する場合、これらは家族の仕事の別個の製品として家族に直面するが、商品として互いに反対ではない。商品が直ちに社会的(すなわち共通)の労働であった場合、製品は生産者にとって共通の製品の即時の社会的特性を獲得するが、相互の商品の特性は獲得しない。

それにもかかわらず、この場合、商品に含まれ、互いに独立している私的労働の社会的形態が何であるかを知るために遠くに行く必要はない。それはすでに商品の分析から生じています。

商品の社会的形態は、互いに等しい仕事としての互いの関係です。
したがって、<since the equality of toto coelo [totally] different works
       can exist only in an abstraction of their inequality, >
      トト・コエロ[完全に異なる]作品-different works-の平等は、
      それらの不平等を抽象化してのみ存在することができるので、
お互いの関係は、人間の労働であり、人間の労働であり、すべての人間の労働である。彼らの働く方法は実際にはあります。すべての社会的形態の仕事において、異なる個人の作品は人間の労働としても関係しているが、この場合、これは具体的な社会的形態の労働とみなされる。

現在のところ、これらの私的な作品は、抽象的な人間労働という特別な社会的形態をとっていません。
自然形態の商品は単なる労働や価値の凝固という社会的形態を持っています。
商品の自然な形(この場合はリネン)が普遍的な等価形態になるという事実によって、他のすべての商品はこの自然形態を独自の価値の発現と呼んでいるので、リネン製織は普遍的な実現形態に変換されますし、抽象的人間労働や直接的な社会的形態の労働であります。

この「社会性」の基準は、あらゆる生産様式に特有の関係の性質から借用されなければならず、それに異質な考えからではない。先に示したように、商品は当然普遍的な互換性の即時型を除外しているので、普遍的な同等形態は矛盾してしか発展できない。商品に潜む私的労働にも同じことが当てはまる。

社会的な形態はまず第一に、彼らの一度の社会的な仕事ではないので、現実的で有益な仕事の自然な形や外国人や抽象的なものとは異なる形態です。
第二に、すべての種類の私的な仕事は、民間の仕事の排他的なタイプ(この場合は、リネン製織)と同等であるという点で、相反する方法でのみ彼らの社会的性格を受け取る。

したがって、後者は抽象的な人間の労働の直接的かつ普遍的な徴候となり、したがってすぐに、社会的な形態での仕事になる。また、社会的に妥当で普遍的に交換可能な製品にも現れます。

 ⑬商品の同等の形が、他の商品との関係を単に反映するのではなく、それ自体の物理的性質から生じるかのように錯覚する:この幻想は、ユニバーサルと同等の特異点の継続的な発展のなかで強くなる。
一般的な同等形態は、商品を他のすべての商品とは完全に別個のものとして分離し、最終的にはこれ(商品の形態)がもはや商品のものではないために、価値形態の進化はもはや関連商品にとって同じではない。任意の単一商品の関係へとなっています。

 ⑭しかし、現在の観点からは、普遍的な同等物は決して骨化されていない。
リネンはどのように普遍的な同等のものに変容しましたか?

単一の製品(フォームI)でその価値を最初に示すことによって、他のすべての商品において相対的な方法で(フォームII)、したがって、他のすべての商品は相対的な方法でその値を反映する(フォームIII)。

相対値の単純な表現は、普遍的な同等の形態のリネンを開発した胚であった。この開発の中で役割を変えています。

それは別の商品にその価値を示すことから始まり、他のすべての商品の価値表現の材料として終わります。リネンに当てはまるものは、すべての商品に適用されます。

開発された相対価値式(フォームII)では、その多くの単純な値式だけで構成されていますが、キャンバスはまだ普遍的な同等物ではありません。むしろ、この場合の他のすべてのボディは、リネンの同等物を形成し、したがってそれと直ちに交換することができ、従ってそれを用いて場所を変えることができる。

最終的には次のようになります:

②  Form IV:
原P34
Form IV:
20 yards of linen = one coat or = u coffee or v tea or = x iron or = y wheat or etc.

    One coat = 20 yards of linen or u coffee or = v tea or = x iron or = y wheat or = etc.

    u coffee = 20 yards of linen or = one coat or v tea or x iron or y wheat or v tea or = etc.
      v tea = etc.

 ①しかし、これらの方程式のそれぞれは、コート、コーヒー、紅茶などをユニバーサル等価物<同等物>として反射的に生成し、結果的に他のすべての商品の普遍的な相対価値形式としてコート、コーヒー、紅茶などで価値表現を生み出します。

商品が普遍的な同等の形に変わるのは、他の商品に対抗する場合のみである。しかし、すべての商品は、他のすべての商品とは反対の普遍的な同等の形に変わります。すべての商品が、他のすべての商品と、それに対応する自然な形で普遍的な同等の形に対応している場合、結果として、すべての商品は社会的に有効な価値形式の表示から除外されます。
 ①But each of these equations reflexively yields coat, coffee, tea, etc. as universal Equivalent and consequently yields value-expression in coat, coffee, tea, etc. as universal relative value-form of all other commodities. It is only in its opposition to other commodities that a commodity turns into the universal Equivalent-form; but every commodity turns into the universal Equivalent-form in its opposition to all other commodities. If every commodity confronts all other commodities with its own natural form as universal Equivalent-form, the result is that all commodities exclude themselves from the socially valid displaying of their amounts of value.

 ②明らかに、コモディティの分析は、相反するベクトルにおける価値形態と価値形態そのもののすべての本質的な決定をもたらし、普遍的な相対価値形式、普遍的な等価形式、そして最後に終わりのない単純な相対価値表現 - これは、最初に、値形式の発展における移行期に最初に形成され、最終的には普遍的な等価物の具体的な相対価値形式に突然移行するためである。
 ②Obviously, the analysis of the commodity yields all essential determinations of the value-form and the value-form itself in its contradictory vectors, yields the universal relative value-form, the universal Equivalent-form, and finally the never-ending sequence of simple relative value-expressions ? which sequence forms at first a transitional phase in the development of the value-form, in order finally to suddenly shift into the specifically relative value-form of the universal Equivalent.

しかし、商品の分析は、これらの形式を一般的な商品形態(これはまた各商品にも適用される)として矛盾する形でもたらした。したがって、商品Aが矛盾した形態決定の1つにある商品B、Cなどはそれに反対するものを採用する。

しかし、決定的に重要なことは、価値形態、価値実体、価値量の内面的かつ必要なつながりを発見することでした。すなわち、価値形態が価値への観かた、から生じることを証明するために、概念的に表現されている。
But the analysis of the commodity yielded these forms as commodity-forms in general (which thus also apply to each and every commodity) in a contradictory manner, so that if commodity A finds itself to be in one of the contradictory form-determinations, then commodities B, C, etc. adopt the other in opposition to it. What was decisively important, however, was to discover the inner, necessary connection between value-form, value-substance, and value-amount; i.e., expressed conceptually, to prove that the value form arises out of the value-concept.

③ <商品の神秘的な性格>
原P35
 ①商品は一目瞭然で自明で些細なものだと思われる。それの分析は、それが非常に残酷なものであり、形而上学的微妙さと神学的嫌悪に満ちているという洞察をもたらします。単なる使用価値として、その属性が人間の必要を満足させるという視点から考えるか、人間の労働の産物としてのみこれらの属性を得るのかどうか、それは卓越したものは何もない官能的なものです。人間が彼の活動によって、自分にとって有益な方法で自然の物質の形を変えるという事実には、まったくの謎はありません。たとえば、木の形は、テーブルを作ると変更されます。それにもかかわらず、テーブルは木で、普通の、官能的なものです。しかし、商品として脱出するとすぐに、それは感覚的に超感情的なものに変身する。それは地面に足を立てるだけでなく、他のすべての商品と対峙し、突然踊り始めるよりははるかに驚異的な木製の頭蓋骨から発達します。
 ①A commodity seems at first glance to be a self-evident, trivial thing. The analysis of it yields the insight that it is a very vexatious thing, full of metaphysical subtlety and theological perversities. As mere use-value, it is a sensual thing in which there is nothing portentous, whether I happen to consider it from the viewpoint that its attributes satisfy human needs or that it obtains these attributes only as product of human labour. There is absolutely nothing of a riddle in the fact that man changes by his activity the forms of natural matter in a way which is useful to him. The form of wood, for example, is changed if one makes a table out of it. Nevertheless, the table remains wood, an ordinary, sensual thing. But as soon as it steps out as commodity, it metamorphoses itself into a sensually supersensual thing. It does not only stand with its feet on the ground, but it confronts all other commodities on its head, and develops out of its wooden head caprices which are much more wondrous than if it all of a sudden began to dance.


 ②したがって、商品の神秘的な性格は、その使用価値において生じない。それは、それ自体で考慮された価値決定から少しだけ生じます。まず第一に、有用な労働や生産活動が異なっていても、それは他の生物とは区別されるような特異的な人体の機能であり、そのすべての機能や内容、本質的には人間の脳、神経、筋肉、知覚器などの支出である。第2に、価値の量の決定に基づいているもの(その支出の時間、または労働量)、その量は肉眼でも知覚可能な方法で労働の質と区別できることは明らかである。すべての条件において、異なるレベルの開発で同じレベルではないが、人間にとって懸念される必需品の生産にかかる労働時間であった。最後に、男性がどんなやり方でも互いのために働くとすぐに、彼らの労働は社会的形態を獲得する。
 ②The mystical character of the commodity thus does not arise in its use-value. It arises just as little out of the value-determinations, considered in themselves. For in the first place, however different the useful labours or productive activities may be, it is a physiological truth that they are functions of a specifically human organism as distinguished from other organisms, and that every such function, whatever its content and its form, is essentially expenditure of human brain, nerve, muscle, organ of perception, etc. In the second place, if we consider that which lies at the basis of the determination of the amount of value (the duration of time of that expenditure, or the quantity of labour), it is clear that the quantity is distinguishable from the quality of labour in a way which is even perceptible with the naked eye. In all conditions, it was the time of labour which the production of necessities costs that had to be of concern to man, although not to the same degree at different levels of development. Finally, as soon as men work for one another in any manner, their labour acquires in addition a social form.


 ③彼の島にRobinson Crusoeを連れて行きましょう。彼は当然であるとしてモデスト、それにもかかわらず、彼は私たちが祈るに、現時点では言及していない満足させるため、様々な種類の有益な労働を行わなければならない、ツールを作る、家具を構築し、飼いならさラマ、魚、ハントなど、さまざまなニーズを持っており、他のそのような活動私たちのロビンソンは彼らからの喜びを引き出し、そのような活動をレクリエーションとみなしているからです。彼の生産的な機能の多様性にもかかわらず、彼は1つの同じロビンソンの様々な形の活動だけであることを知っているので、人間の労働の異なるモードです。必要性そのものは、彼の様々な機能の間で正確に時間を分割するよう強要する。彼の活動の全体において、より多くのスペースとより少ないスペースを必要とするかどうかは、意図された有用な効果の達成のために克服しなければならない、より大きなまたはより少ない困難に依存する。経験は彼に多くのことを教えてくれます。ロビンソンは時計、日記、インク、ペンを難破船から救ってくれました。彼の在庫には、彼が所有する使用目的のリスト、その生産に必要な様々な作業、そして最終的にこれらの様々な製品の特定の数量が彼に平均的にかかる労働時間のリストが含まれている。ロビンソンと彼自身の富を形作るものとの間のすべての関係は、シンプルで透明なので、ワート氏も特別な精神的な努力なしにそれらを理解することができます。それにもかかわらず、価値のすべての本質的な決定がそこに含まれています。
 ③Let us take Robinson Crusoe on his island. Modest as he naturally is, nevertheless he has various needs to satisfy and must therefore perform useful labours of various sorts, make tools, build furniture, tame llamas, fish, hunt etc. We do not refer at this time to praying and other such activities, since our Robinson derives enjoyment from them and regards such activity as recreation. Despite the variety of his productive functions, he knows that they are only various forms of activity of one and the same Robinson, and thus are only different modes of human labour. Necessity itself compels him to divide his time exactly between his various functions. Whether the one takes more space and the other takes less in the totality of his activity depends upon the greater or lesser difficulty which must be overcome for the attainment of the intended useful effect. Experience teaches him that much, and our Robinson who saved watch, diary, ink and pen from the shipwreck begins to keep a set of books about himself like a good Englishman. His inventory contains a list of the objects of use which he possesses, of the various operations which are required for their production, and finally of the labour-time which particular quanta of these various products cost him on the average. All relationships between Robinson and the things which form his self-made wealth are here so simple and transparent that even Mr. Wirth[6] can understand them without particular mental exertion. And nevertheless all essential determinations of value are contained therein.

 ④ロビンソンの所在地に自由男性組織を置くと、共通の生産手段を使って、多くの個々の労働力を意識的に一つの社会的労働力として費やすならば、ロビンソンの労働の決定はすべて繰り返されます。個人的な方法よりも。それにもかかわらず、本質的な違いが出てくる。すべてのロビンソンの製品は彼の独占的な個人的生産物であり、それによって彼のためにすぐに使用の対象となりました。組織全体の製品はソーシャルプロダクトです。この製品の一部は、再び生産の手段として役立ちます。それは社会的なままです。しかし、もう一つの部分は組織のメンバーによって必需品として使われています。この部分はそれらの間で分割されなければなりません。この部門の仕方は、社会生産 - 生物そのものの特定のやり方と、生産者の発展の比較可能な歴史的レベルによって変わるだろう。
 ④If we now put an organization of free men in Robinson’s place, who work with common means of production and expend their many individual labour-powers consciously as one social labour-power, all the determinations of Robinson’s labour are repeated: but in a social rather than an individual way. Nevertheless, an essential difference emerges. All Robinson’s products were his exclusively personal pro- duct, and were thereby immediately objects of use for him. The total product of the organization is a social product. One part of this product serves again as means of production. It remains social. But another part is used up by the members of the organization as necessities. This part must be divided up among them. The manner of this division will change with the particular manner of the social production-organism itself and the comparable historical level of development of the producers.

 ⑤コモディティ・プロダクションと並行してのみ、私たちは、各生産者の生活必需品のシェアは、彼の労働時間によって決定されることを前提としています。このような場合、労働時間は二重の役割を果たすだろう。その社会的に計画された配分は、さまざまなニーズに応じた様々な労働機能の正しい割合を制御します。他方、労働時間は、一般労働における生産者の個々のシェアの尺度と同時に、それによって個人が使い切ることができる共通製品の部分でも機能する。このような場合には、労働者と労働者の社会的関係は、生産と流通の両面において、透明性を保って単純なままであった。
 ⑤ Only for the sake of the parallel with commodity-production do we presuppose that each producer’s share of necessities of life is determined by his labour-time. In such a case, the labour-time would play a dual role. Its socially planned distribution controls the correct proportion of the various labour-functions to the various needs. On the other hand, the labour-time serves at the same time as the measure of the individual share of the producer in the common labour, and thereby also in the part of the common product which can be used up by individuals. The social relationships of men to their labour and their products of labour remained transparently simple in this case, in production as well as in distribution.


 ⑥それは商品の形をとるとすぐに労働生産物の困惑を引き起こすのだろうか?
 ⑥Whence comes the puzzling character of the labour-product as soon as it assumes the form of commodity?


 ⑦これらの対象が均質な人間の労働の客観的な殻として数えられる限り、男性が価値と観なして互いの製品を関連付けるならば、それらの様々な労働は客観的な殻の下で均質な人間の労働としてのみ見なすことができる。
彼らは、彼らの製品を価値として互いに関連づけることによって、さまざまな労働を人間の労働として互いに関係づけています。個人的な関係は、客観化された形式によって隠されている。
 ⑦If men relate their products to one another as values insofar as these objects count as merely objectified husks of homogeneous human labour, there lies at the same time in that relationship the reverse, that their various labours only count as homogeneous human labour when under objectified husk. They relate their various labours to one another as human labour by relating their products to one another as values. The personal relationship is concealed by the objectified form.


だから、価値が何であるかは額に書き込まれません。彼らの製品を商品として互いに関連付けるために、男性は様々な労働を抽象的な人間の労働と見なすことを強いられます。彼らはそれを知らないが、物質的なものを抽象化、価値に還元することによってそれを行う。
So just what a value is does not stand written on its forehead. In order to relate their products to one another as commodities, men are compelled to equate their various labours to abstract human labour. They do not know it, but they do it, by reducing the material thing to the abstraction, value.

これは原始的なものであり、無意識のうちに本能的な脳の動作であり、必然的に物質的生産の特定の様式と、この生産がそれらを構成する関係から生長する。
This is a primordial and hence unconsciously instinctive operation of their brain, which necessarily grows out of the particular manner of their material production and the relationships into which this production sets them.

まず、彼らの関係は実用的なモードで存在します。しかし、第二に、彼らの関係は彼らの関係として存在する。
First their relationship exists in a practical mode. Second, however, their relationship exists as relationship for them.

それが彼らのために存在するか、または脳に反映される方法は、関係の本質から生まれます。後で、彼らは科学の助けを借りて、自分の社会的製品の謎を後ろから取り除こうとします。
The way in which it exists for them or is reflected in their brain arises from the very nature of the relationship. Later, they attempt to get behind the mystery of their own social product by the aid of science, for the determination of a thing as value is their product, just as much as speech.

今や価値の大きさに関わる限り、私たちは、互いに独立して(しかし、彼らが原始的な分業のメンバーであるために)プライベートな労働は、あらゆる面で常に社会的に縮小されている偶発的かつ絶え間なく変化している製品の交換関係において、その生産に社会的に必要な労働時間は、例えば、重力の法則がそうであるように、規制自然法として強制的に排除されるという事実家は頭の上に落ちる。
Now as far as concerns the amount of value, we note that the private labours which are plied independently of one another (but because they are members of the primordial division of labour are dependent upon one another) on all sides are constantly reduced to their socially proportional measure by the fact that in the accidental and perpetually shifting exchange relationships of their products the labour-time which is socially necessary for their production forcibly obtrudes itself as a regulating natural-law, just as the law of gravity does, for example, when the house falls down on one’s head.

したがって、労働時間による価値の量の決定は、
相対的な商品価値の見かけの動きの中で潜んでいる謎である。
生産者自身の社会運動は、生産者がその動きを制御するのではなく、
その制御下にあるオブジェクトの動きの形態を所有している。
最終的には価値形態に関わる限り、私たちは、
民間労働者の社会的関係とその結果として私的労働者の社会的決定を客観的に
覆い隠すのはちょうどこの形態に過ぎないことに気付く。
The determination of the amount of value by the labour-time is consequently the mystery lurking under the apparent motions of the relative commodity-values. The producers’ own social movement possesses for them the form of a motion of objects under the control of which the producers lie instead of controlling the motion.
As far as concerns the value-form finally,
we note that it is just exactly this form which objectively veils the social relationships of private workers and consequently the social determinations of private labours, instead of laying them bare.

私がコートと言うなら、ブーツなどは抽象的な人間の労働の普遍的な物質化としてリネンに関係しています。物を置くような狂気は目に飛び込みます。しかし、コート、ブーツなどの生産者がこれらの商品をユニバーサル相当品としてリネンに関連付けると、彼らの私的労働の社会的関連性は、まさにこの狂気のような形態で現れます。
If I say that coat, boots, etc. relate themselves to linen as universal materialization of abstract human labour, the insanity in such a way of putting things leaps into view. But if the producers of coat, boots, etc. relate these commodities to linen as universal Equivalent, then the social relatedness of their private labours appears to them in exactly this insane form.

 ⑧これらの形式は、ブルジョワ経済学のカテゴリーを正確に構成する。 彼らは歴史的に決定されたこの社会的生産形態の生産関係のために、社会的に妥当な、したがって客観的な考え方である。
 ⑧Such forms as these constitute precisely the categories of bourgeois economy. They are the socially valid ? thus objective ? forms of thought, for relationships of production of this particular historically determined social mode of production.

 ⑨民間の生産者は、プライベート・プロダクトを介して初めて社会的接触に入るだけである。 彼らの労働の社会的関係は結果として、労働者の社会的関係として即座に現れるのではなく、客観化された人間関係または対象の社会的関係として現れているように見える。 しかし、社会的事物としてのオブジェクトの最初の、そして最も普遍的な発現は、労働生産物を商品に変身させることである。
 ⑨The private producers only enter into social contact for the first time through their private products: objects. The social relationships of their labours are and appear consequently not as immediately social relationships of persons in their labours, but as objectified relationships of persons, or social relationships of objects. The first and most universal manifestation of the object as a social thing, however, is the metamorphosis of the product of labour into a commodity.

 ⑩したがって、商品の神秘主義は、民間生産者の私的労働の社会的決定が労働生産物の社会的自然的決定と見なされるという事実から生じる。 事実から、すなわち、人の生産の社会的関係は、物の社会的関係としてお互いに、そして関係する人に現れるということから。 民間労働者の社会的労働の全体に対する関係は、それに反して自分自身を客観化し、その結果、彼らのために物の形で存在する。       The mysticism of the commodity arises, therefore, from the fact that the social determinations of the private labours of the private producers appear to them as social natural determinations of products of labour; from the fact, that is, that the social relationships of production of persons appear as social relationships of objects to one another and to the persons involved. The relationships of the private workers to the totality of social labour objectify themselves over against them and exist, consequently, for them in the forms of objects.

普遍的な生産関係の社会的関係が、商品としての商品への行動(価値としての価値)として成り立っており、彼らの私的労働を互いに平等な人間の労働である客観的な形態で関係づけている--商品生産者の社会にとって、 抽象的な人の宗教、特にブルジョアの発展、プロテスタンデイズムなどの中で最も適切な形態の宗教となっている。
To a society of commodity producers whose universally social relationship of production consists in their behaving toward their products as commodities (hence as values) and their relating their private labours to one another in this objective form as equal human labour, it is Christianity that is the most appropriate form of religion, with its cult of the abstract man ? especially in its bourgeois development, Protestantism, Deism, etc.

古代のアジア、アンティークなどの生産方式では、商品の商品への変容と商品生産者としての人々の存在は従属的な役割を果たすが、コミュニティが舞台に入るほど大きくなるその現象の本物の商業人は、Epicurusの神のような古代世界の隙間にのみ存在するか、またはポーランド社会の孔の中のユダヤ人のように存在する。それらの古代の社会的生産生物は、ブルジョア的生物よりもはるかに単純で透明であるが、他の人とのつながりや自然種の臍の欠損のない未成年者、即時のマスタとスレーブの関係に基づいています。
彼らは、人生の憲法の物質的プロセスの中で人々の対応関係が制限され、結果的にお互いに、また自然に、労働の生産力が低くなるという条件づけがなされている。
In the ancient Asian, antique, etc. modes of production, the metamorphosis of the product into a commodity and accordingly the existence of man as commodity-producer plays a subordinate role, which, however, becomes greater the more the communities enter upon the stage of their decline. Genuine commercial people only exist in the interstices of the ancient world, like the gods of Epicurus or like the Jews in the pores of Polish society. Those ancient social organisms of production are extraordinarily much more simple and transparent than the bourgeois organism, but they are based either on the immaturity of the individual man who has not yet torn himself free of the umbilicus of the natural species-connection with other men or are based upon immediate master and slave relationships. They are conditioned by a low level of development of the productive powers of labour by correspondingly restricted relationships of men within their material process of the constitution of life, and consequently to one another and to nature.

この実際の制限は、古代の自然や人気のある宗教における理想主義の様式に反映されています。 現実世界の宗教的な反映は、実用的な日常生活の関係が人々にとって、日常的に透明で合理的な関係を自然と表現するようになるとただ消えてしまいます。 しかし、関係は自分自身を自分のものとして表現することしかできません。 人生の社会的プロセス(すなわち、生産の物質的プロセス)の形態は、意識的で計画された制御下で、自由に社会化された男性の製品として立つと、その霧の神秘的なベールを打ち消すだけである。 しかし、それが起こるためには、社会の物質的基盤が要求されるか、あるいは長く痛みを伴う開発の歴史の元の産物である物質的存在条件の列が要求される。
This actual restrictedness reflects itself in an idealist mode in the ancient natural and popular religions. The religious reflection of the real world can only disappear as soon as the relationships of practical work-a-day life represent for men daily transparently reasonable relationships to one another and to nature. But relationships can only represent themselves as what they are. The form of the social process of life (i.e., of the material process of production) will only cast off its mystic veil of fog once it stands as a product of freely socialized men under their conscious, planned control. For that to happen, however, a material basis of society is demanded or a row of material conditions of existence which are themselves again the primordial product of a long and painful history of development.


 ⑪政治経済学は、たとえ不完全であっても、価値と価値量を分析するために、今は確かにあります。しかし、 なぜ労働は価値があるのか、時間的持続性による労働の尺度自体が価値の量で現れているのかという疑問が提起されたことはありません。しかし 彼らの額には、生産過程が人々を支配するが、人々は生産過程を習得していない社会形成に属していると書かれている。このような形態は、生産的生産のような自明な自然の必需品としてのブルジョワ意識を意味するーー労働そのものなのです。 社会生産的生物のプレブルジョワの形態は、それに応じて政治経済によって扱われており、おおむねプレキリスト教の宗教が教会の父親によって扱われているのと同じです。
 ⑪Political economy has by now, to be sure, analysed value and amount of value, even if incompletely. It has never even so much as posed the question: Why does labour manifest itself in value and the measure of labour by its temporal duration manifest itself in amount of value? Forms upon whose foreheads it is written that they belong to a social formation wherein the process of production masters men but not yet does man master the process of production ? such forms count for their bourgeois consciousness as just such a self-evident natural necessity as productive labour itself. Pre-bourgeois forms of the social productive organism are accordingly treated by Political Economy roughly like pre-Christian religions are treated by the Fathers of the Church.

 ⑫経済学者の一部門が、商品の世界に忠実なフェチシズム(または労働の社会的決定の客観的な錯覚)にいかに欺かれているかは、他のものの中でも証明されています。 交換価値の形成の見方にです。 交換価値は物に適用された労働を表現する決定的な社会的スタイルであるため、例えば交換の割合よりも自然のものを含むことはできません。
 ⑫Just how drastically a section of the economists is deceived by the fetishism which sticks to the world of commodities (or by the objective illusion of the social determinations of labour) is proved among other things by the tediously pointless contention about the role of nature in the formation of exchange-value. Since exchange-value is a determinate social style of expressing the labour which has been applied to a thing, it can no more contain natural matter than the rate of exchange, for example.

 ⑬商品形態は、それゆえ同じような優勢な(したがって特徴的な)方法ではないが、その理由のために、生産の初期段階で現れるブルジョア生産の最も普遍的かつ未開発の形として見ることは比較的容易であった。 しかし、例えばキャピタルのようなより具体的なフォームについては、 ここの古典的経済学のフェチシズムは触知できるようになる
 ⑬The commodity form was still relatively easy to see through as the most universal and most undeveloped form of bourgeois production, which for that reason appears even in earlier periods of production, although not in the same prevailing (and hence characteristic) way. But as for more concrete forms like Capital, for example? The fetishism of classical economics here becomes palpable.

 ⑭しかし、予期しないように、商品形態そのものに関するもう一つの例があれば十分である。 商品と商品との関係(例えば、靴と靴を履く少年)の靴磨き男の子の使用価値(すなわち、彼の実際の物性の有用性)は、 靴です。
靴磨き男の子は、商品、靴に興味があり、それは自分の価値の出現形態としてのみです。 だから、商品が話すことができれば、「私たちの使用価値は、人にとって興味深いかもしれません。
 ⑭In order not to anticipate, however, let another example concerning the commodity-form itself suffice. It has been observed that in the relationship of commodity to commodity (e.g., of shoe to shoe-shine boy) the use-value of the shoe-shine boy (i.e., the utility of his real, material properties) is completely irrelevant to the shoe. The shoeshine boy is of interest to the commodity, shoe, only as form of appearance of its own value. So if commodities could speak, they would say: ‘Our use-value may be of interest to a man.

 しかし、私たちが物事である限り、それは私たちの中にはありません。
物事として私たちに内在するのは、私たちの交換価値です。 コモディティとしての私たち自身の循環は、それが証明しています。 「価値(交換価値)」は物事の財産であり、富(利用価値が高い)は、商品の魂から経済学者がどのように発言するかを聞くだけです。 価値観)。 価値観は、この意味で、必然的に交換を意味し、富は持たない」(匿名、1821) '富は、人の属性である。 値は商品の属性です。 人や地域社会は豊かです。 真珠やダイヤモンドは貴重です。 。 。 真珠やダイヤモンドは真珠やダイヤモンドとして価値があります」(S. Bailey)今まで、化学者は真珠やダイヤモンドの交換価値を発見していません。

 But it does not inhere in us insofar as we are things.
It is our exchange-value that inheres in us as things. Our own circulation as commodity-things proves that. It is only as exchange-values that we relate ourselves to one another.’ Now just listen to how the economists speak forth from the very soul of the commodity: ‘Value (exchange-value) is a property of things, riches (use-value) of man. Value, in this sense, necessarily implies exchanges, riches do not.’ (Anonymous, 1821) ‘Riches (use-value) are the attribute of man; value is the attribute of commodities. A man or a community is rich; a pearl or a diamond is valuable . . . A pearl or a diamond is valuable as a pearl or diamond .’ (S. Bailey) Up to now, no chemist has discovered exchange-value in pearl or diamond.

それにもかかわらず、特別な臨界深度を主張する私たちの著者は、材料特性とは無関係にオブジェクト内に使用価値が存在することを見出しているが、その交換価値は、オブジェクトとしてその中に入っている。 交換のない人にとって物の使用価値が実現するという顕著な状況(つまり、物と人の間の直接の関係)が、一方ではその価値は交換(すなわち社会的過程)にあると、 彼らの信念を強めるものです。 ここでは、「幸運な人になることは運の贈り物だが、書くことと読むことは自然によってもたらされる」という夜警のシーコール教授を教える優れたドッグベリーをここでは思い出させない。 シーン3)
Our authors, who lay claim to special critical depth find, nevertheless, that use-value inheres in objects independently of their material properties, but their exchange-value on the other hand inheres in them as objects. The remarkable circumstance that the use-value of things realizes itself for men without exchange (thus, in the immediate relationship between thing and man), but their value on the other hand realizes itself only in exchange (that is, in a social process) is what strengthens them in their belief. Who is not reminded here of that excellent Dogberry who teaches the night-watchman Seacoal, ‘To be a well-favoured man is the gift of Fortune, but to write and read comes by Nature.’ (Much Ado About Nothing, Act III, Scene 3.)

 ⑮商品は使用価値と交換価値の即時の統一であり、従って2つの反対のエンティティのものである。 したがって、それは直ちに矛盾です。 この矛盾は、分析的なやり方(これまでのところ、使用価値の観点から、また交換価値という観点からは別のものとして)とはもはや考えられなくなったばかりでなく、実際に他の 全商品としての商品。 しかし、商品の実際の関係は、彼らの交換のプロセスです。
The commodity is immediate unity of use-value and exchange-value, thus of two opposed entities. Thus it is an immediate contradiction. This contradiction must enter upon a development just as soon as it is no longer considered as hitherto in an analytic manner (at one time from the viewpoint of use-value and at another from the viewpoint of exchange-value) but is really related to other commodities as a totality. The real relating of commodities to one another, however, is their process of exchange.


 
 
》記事一覧表示

新着順:3/1493 《前のページ | 次のページ》
/1493