teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:13/1504 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

資本論三章その1 ・ 2

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月 9日(金)09時48分23秒
  通報 返信・引用 編集済
    ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
  商品

 http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_109.htm
 第3章 第一節 価値の尺度
原P109①わかりやすくするために、私はこの文書全体をとうしては金<gold>は、貨幣<the money>であることを前提としています。
 ②金の第一の機能は、商品世界にその価値表現の素材を提供すること、または商品価値を同じ名前の量として表現することであり、質的に同一で、定量的に比較可能であるものとして表現することです。 したがって、それは価値の一般的な尺度として機能し、この機能だけが特定の同等の商品である金を、特定の等価物にし、最初に貨幣を作ります。
 ③貨幣になるためには、商品では適切ではありません。 およびその逆になります。
すべての商品は客観的な価値とみなされており、同じ特定の商品でその価値を一緒に測定することで、それを共通の価値または価値尺度に変換することができます。価値尺度としての貨幣は、商品の内在的な価値尺度である労働時間の必然な現れです。 (50)
 (50)「商品と貨幣商品の二重化であり、私的労働が直接的に社会的労働
   として取り扱われないのかという問題に帰着する。」
 <商品世界での共同行為をなす一般的価値形態の形成ーーは、前提にされている。>
 <ところが、既存訳は、この価値形態を排除して、「人間労働」が・・としている。>
 <何故なら、「商品は客観的な価値とみなされており」とは価値形態のことですよ。>
 <「商品と貨幣商品の二重化」は、交換過程の註40に示されているように、
  一般的相対的価値形態ー一般的等価形態が形成される段階を踏まえていることで、
  その生成が前提となっています。>
  この大切な段階を消す--既存訳の歪曲を示すのが次です。
  「すべての商品が価値としては対象化された人間労働であリ、
  それゆえそれ自体が同単位で計量可能であるからこそ、
  すべての商品はその価値を同じ独自な一商品ではかり、
  そうすることによって、この独自な一商品を諸商品の
  共同の価値尺度または貨幣に転化することができるのである。」
  新書P160この歪曲!新日本新書訳・岩波・向坂訳、長谷部訳も同じ>
 ④金貨商品の価値表現は、貨幣形態または価格である。 1トンの鉄= 2オンスの金のような孤立した方程式は、鉄の価値を社会的に有効にするのに十分です。等価商品である金はすでに貨幣の性質を持っているため、等式はもはや他の商品の価値方程式と一致する必要はありません。したがって、商品の一般的相対価値形態は、元の、単純な、または個別の相対的価値形態の形を取るようになりました。一方、展開された相対的価値態または無限列の相対価値式は、貨幣商品の具体的な相対的価値形態となる。しかし、このシリーズはすでに商品価格で社会的に与えられている。
価格ライダーの見積もりを読んで、すべての可能性のある商品の金額を調べる。貨幣は価格がありません。他の商品のこの一様な相対的価値形態に参加するためには、それ自体の相当物としてそれ自体に関連しなければならないであろう。
 ⑤商品の価格や--または貨幣形態は、実際の身体的な形態であり、つまり彼らの価値形態の理想的な形や想像した形とは異なります。
The price or the money-form of commodities, like their value-form at all, is different from their tangibly real body-form, that is, only ideal or imagined form.
The value of iron, canvas, wheat, etc., though invisible, exists in these things themselves; it is presented by its equality with gold, a relationship to gold that haunts only in their heads, so to speak.
鉄、キャンバス、小麦などの価値は、目には見えませんが、これらのもの自体に存在します。それは金との平等によって提示されます。金との関係は、頭の中にだけでしか遭遇しないので、言います。
したがって、商品保管者は、価格を外界に伝えるために、彼の頭に舌を刺したり、紙切れをしなければならない。 (51)
The commodity keeper must therefore stick his tongue in his head or put paper slips in order to communicate his prices to the outside world. (51)
<111>金での商品価値の表現は観念的なので、この操作には虚偽または理想とされる金のみが適用されます。金貨での何百万もの商品を見積もるために金の一片は必要ではない、ということを知っている。したがって、価値尺度の機能では、金は想像された、または観念的な金としてのみ役立ちます。
Since the expression of commodity values in <111> gold is ideal, only imaginary or ideal gold is applicable to this operation.
このような状況は、最も賢明な理論を促してきました。 (52)提示された貨幣だけが価値尺度として機能するが、価格は完全に現実的な貨幣に依存する。
This circumstance has prompted the most brilliant theories. (52) Although only money presented serves as a function of the measure of value, the price depends entirely on real money.
 その価値、すなわち、例えば、鉄の1トンに含まれ、同じ量の人間労働を含んでいて、想像上の貨幣量で表されます。したがって、金、銀または銅が価値の尺度として役立つので、鉄の1トンの価値は全く異なる価格条件を与えられるか、またはかなり異なる量の金、銀または銅で表される。
The value, i. the amount of human labor, e.g. is contained in a ton of iron, is expressed in an imaginary quantum of money, which contains the same amount of work. Thus, as gold, silver or copper serve as a measure of value, the value of the ton of iron is given quite different price terms or is presented in quite different quantities of gold, silver or copper.
 ⑥従って、2つの異なる商品、例えば。 銀と金の価値比が変わらない限り、互いに隣接して静かに走る2つの異なる価格条件、金価格および銀価格を有するように、価値の測定値と同時に、金と銀を使用する。 = 1:15。 この価値の変化は、金価格と商品の銀価格との間の関係を乱し、実際に価値の測定の倍増がその機能と矛盾することを証明している。 (53)
 ⑦<112>価格決定を受けた商品はすべて商品A = x金、b商品B = z金、c商品C = y金などの形式である。ここで、a、b、cは商品種別A、B、 C、x、z、y特定の金塊である。
したがって商品価値は異なるサイズの想像されたGoldquanta<金量>に変換されるので、商品の混乱した混乱にもかかわらず、同じ名前で金のサイズになります。このように、異なるGoldquanta<金量> は、それらの間で比較し、測定し、技術的にそれらを測定単位として固定金の量に言及する必要が生じます。
この測定単位自体は、さらに分割して分注することによってさらにスケールアップされます。金、銀、銅は、それらが製造される前に既にその金属重量にそのようなスケールを有している。 1ポンドは測定単位となり、片方のオンスなどに分けられて百重量単位で加算されます(54)。したがって、すべての金属循環において、重量尺度スケール価格の金額の元の名前を形成する。
 ⑧<113> 価値の尺度と価格の尺度として、貨幣は2つの全く異なる機能を果たしています。
価値尺度としては、人間労働の社会的化身であり、固定金属重量としては価格の尺度である。
価値尺度としては、カラフルに異なる商品の価値を価格に変換する役割を果たします。
価格の尺度としては、この Goldquanta<金量> を測定します。
価値の測定では、商品は価値として測定され、価格のスケールは測定されますが、
しかし、金の量である重量における金の値を、金の量を測定しません。
価格の大きさについては、ある金の重量を測定の単位として固定する必要があります。
ここでは、同じサイズの他のすべての尺度と同様に、比率の強さが決定的なものになります。
したがって、価格のスケールはその機能をよりよく果たし、より不変なものと同じ量の金が測定の単位として役立ちます。
金の価値尺度としての役立ちであるのは、金はそれ自体が労働の産物であり、すなわち可能な限り可変価値であるためにのみ役立つことができます。
 <この⑧は「価値尺度と価格尺度」について、まとめられています
 <①価値の尺度と価格の尺度として、貨幣は2つの全く異なる機能
  ②価値尺度としては、人間労働の社会的化身であり、固定金属重量としては価格の尺度
  ③価値尺度としては、カラフルに異なる商品の価値を価格に変換する役割
  ④価格の尺度としては、このGoldquanta<金量>を測定します。
  ⑤価値の測定では、商品は価値として測定され、価格のスケールは測定されますが、
  ⑥しかし、金の量である重量における金の値を、金の量を測定しません。>
 <そのお手本を、⑨ ⑩ ⑪ ⑫ 段落を介して、⑱ ⑲ ⑳ 段落 --にてまとめています。
       ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ 段落を介して、⑱ ⑲ ⑳ 段落 --にてまとめています。>
 ⑨まず第一に、金の価値の変化は決して価格の尺度としてのその機能に影響しないことは明らかです。 金の値が変わるのと同じように、Goldquanta<金量>は常に同じ値の関係にあります。 金価格が1,000%下落すると、12オンスの金は依然として1オンスの金よりも12倍の価値があり、価格はGoldquanta<金量>と他の金額の比率に過ぎません。 一方、1オンスの金は、値下がりや金額の上昇によって重量が変化しないので、金額は固定されているため、金は固定された価格の尺度として常に同じサービスを行います、それは価値としてです。
 ⑩金の価値の変化は、価値の尺度としてのその機能を妨げるものではありません。 彼はすべての商品に同時に遭遇し、相対的な相対価値は変わらず、以前よりも高いまたは低い金価格で自分たちを表現している。
 ⑪他の商品の使用価値における商品の価値の表現と同様に、金の商品の見積もりも、所与の時間に特定の金の量子の生産が一定の労力を要することを前提にしているだけである。一般的な商品価格の動きに関しては、以前に開発された単純相対価値式の法則が適用される。
 ⑫商品価値が上昇すれば、商品価格は一般的に上昇し、一定の金銭的価値を持ちます。貨幣価値が下落した場合、商品の一定価値で。逆に。コモディティ価格が下落すれば、コモディティ価格は一般的に、一定の金銭的価値でしか落ちることができない。商品の価値が同じであれば、金銭的価値が上昇する。したがって、金銭的価値の上昇は商品価格の比例的低下と商品価格の上昇に比例した金銭価値の低下を意味するものではない。これは変更されていない商品にのみ適用されます。例えば、その価値が均等に、かつ金銭的価値と同時に増加するそのような商品は、同じ価格を維持する。彼らの価値が金銭的価値よりもゆっくりまたは急速に増加する場合、価格の下落または上昇は、価値の動きと金銭の動きの差などによって決定されます。
 ⑬私たちは--価格の形式の検討に戻りましょう。
  <⑱ ⑲ ⑳ 段落にて、価値尺度と価格の度量標準についてまとめられています。>
 ⑭金属の重量のお金の名前は、歴史的に重要なものを含むさまざまな理由から、
  元々の重量の名前から徐々に分離されています。
1.あまり開発されていない人々への外貨の導入。
 古代ローマでは、銀貨と金貨がまず外国の商品として流通した。
 これらの外国のお金の名前はネイティブの体重の名前とは異なります。
2.富の発展に伴い、より貴な金属は価値の測定の機能から
 貴族に取って代わられます。金による銀、銀による銅は、
 すべての詩的な年表のこの順序に反する可能性があります。(56)
 銀の真のポンドのお金の名前。金が価値の尺度として金を置き換える
 やいなや、金と銀の価値に応じて同じ名前が金の1/15などと関連す
 るかもしれません。お金の名前と金の普通の重量の名前としての
 ポンドは今分かれています。(57)
3.何世紀にもわたり、王侯による偽造が続き、実際には硬貨の元の
 重量の名前だけ残っていた。 (58)
 ⑮これらの歴史的プロセスは、金属重量のお金の名前を通常の重量の名前から人々の慣習に分離させます。一方では、金銭的規模は純粋に従来のものであり、より一般的な妥当性を必要とするため、最終的には法律によって規制されている。貴金属の特定の重量部、例えば、 1オンスの金は、ポンドや泥棒などの法定の洗礼名が付されたアリコートに正式に分けられます。実際の金額の単位としてカウントされるこのようなアリコートは、法定洗礼名で別のアリコート部分に細分され、シリング、ペニーなどにです。(59)
特定の金属重量は、金属のお金の尺度のままです。ディスポジションとネーミングが変更されました。
 ⑯商品の価値が理想的に変換された金額や金額は、今や金の名義や金本位制の合法的な名義で表現されています。だから、クォーター・コムギは1オンスの金に等しいと言っているのではなく、イギリスでは3ポンドと同じです。 101 / 2d。商品は価値あるものと言われて自分のお金で自分自身を言います。物を価値として、したがって金銭的な形で固定する必要があるときはいつでも、お金は計算上のお金として役立ちます。 (60)
 ⑰物の名前は、その本質から完全に外れています。男がヤコブスと呼ばれることを知っているとき、私は何も知らない。同様に、お金の名前ポンド、チョーラー、フランク、デュークタットなどでは、値関係のすべてのトレースが消えます。これらの<Kabbalistic>兆候の秘密についての混乱は、お金の名前が商品の価値を表し、同時に金属の重量の一部分、金銭的なスケールと同じくらい大きいほど大きい。 (61)一方で、価値は異なることが必要である。商品の世界のカラフルなボディから、それらは概念的には客観的であるが、単純な社会的形態に発展する。 (62)
⑱価格は、商品で客観化された労働の貨幣の名前です。
したがって、商品の相対価額は常に2つの商品の等価性の表現であるため、商品と価格の同値はその価格であるが、同値化(63)である。
しかし、商品の価値の大きさの指数としての価格が--交換での関係を貨幣と乖離させるならば、逆に、交換比率の指数での関係は必然的に価値の大きさの指数となる。
同じサイズの社会的に必要な仕事は、小麦の1/4と2 Pfd.Stで起きた。 (約1/2オンスの金)。
四半期小麦の価値サイズ、またはその価格の貨幣での表現です。今、状況を彼が3ポンドに連れて行くことを許すか、1ポンドに注意して1ポンドにする。
Now allow the circumstances to take him to £ 3, or force him to £ 1. to note, so are 1 Pfd.St. and 3 lbs. as an expression of the value size of wheat too small or too large, but they are nevertheless prices of the same, because first they are its value form, money, and secondly exponent of its exchange relationship with money.
ここでは3ポンド。小さすぎるか大きすぎる小麦の価値の大きさの表現として、しかしそれにもかかわらず、彼らはお金との交換関係の第一に彼らの価値形態、貨幣を示し、そして第二に指数であるため、同じ価格です。
生産条件が同じである場合や労働生産力が一定であれば、四分の一小麦の再生には同じ労働時間を費やさなければならない。このような状況は、小麦生産者や他の商品所有者の意向に左右されます。
したがって、商品の価値は、その教育過程に内在する社会的労働時間と必要な関係を表している。
価値の価格への変換では、この必要な関係は、商品の交換比率として、その外に存在する貨幣と表示されます。
 <With the transformation of value into price,ーーとありました。>
しかし、この関係では、商品の価値の大きさは、一定の状況下で販売可能であるだけでなく、それ自体を表現することができます。価格と価値の大きさの間の定量的な不一致の可能性、または価値の価値からの価格の偏差は、価格形態そのものにある。
これはこの形式の欠陥ではないが、逆に、規則が盲目的なものである適切な形態の生産形態となっている。不規則性の平均法が優先できる。
 ⑲しかし、価格設定は、価値の大きさと価格との間の量的不一致の可能性を残すだけでなく、 価値サイズとそれ自身の貨幣表現の間にあるが、質的矛盾を抱くことができるので、貨幣は価値とみなされるが、財産の価値形態に過ぎない。
商品自体にないもの、例: 良心、名誉、等は、彼らの所有者のお金を販売することができ、したがって価格を介して商品の形態を得ることができます。 したがって、物は正式に価値を持たずに価格を持つことができます。 ここでの価格表記は、数学のある程度のように、虚偽になります。 一方で、人間の仕事が客観化されていないため価値がない未耕地の価格などの想像上の価格形態は、真の価値関係やそれに由来する関係を隠している。
 ⑳相対価格形式と同様に、価格は商品の価値を表す。 1トンの鉄、等価な特定の量子数、 1オンスの金を直接鉄と交換することができますが、逆に決して鉄は金と直接交換することはできません。
したがって、交換価値の効果を実際に発揮させるためには、商品はその想像上の金のみを実際の金に変えなければならないが、この変換はヘーゲルの「コンセプト」よりも「酸性」になるかもしれない自由の必要性やロブスターへの必要性の転換、シェルや父親ジェロームの爆破、古いアダムの撤去。 (64)
例えば、鉄の実態に加えて、商品は理想的な価値形態や想像された金色の姿を持っているかもしれませんが、鉄と本当に金を同時に払うことはできません。彼らの価格設定については、彼女に提示された金を見分けることで十分です。
その所有者に共通の同等のサービスを提供するために、それは金に置き換えられるべきである。鉄の所有者、例えば、世俗的な商品の所有者に、金の一種である鉄の値段で彼を呼んで、天国のように世界は答えました。聖ペテロはダンテに言いました。
"Assai bene è trascorsa
D'esta moneta gia la lega e'l peso、
Ma dimmi se tu l'hai nella tua borsa。 "
<"Gar wohl durchgangen
ist jetzo Schrot und Korn schon jener Münze
Doch sprich, ob du sie hast in deiner Börse.">
 21 価格形態には、金銭に対する商品の譲渡性とその販売の必要性が含まれます。
一方、金は価値の理想的な尺度としてしか機能しません。なぜなら、それは既に交換過程で貨幣として流通しているからです。したがって、硬貨は価値の理想的な次元に潜んでいます。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=9
 ② 「読む会」だより(17年6月用)
貨幣の価値尺度機能について、久留間鮫造は『貨幣論』において分かりやすく触れていますので紹介しておきます。
 「実際に売買される場合の価格の高さが何で決まるかというようなことを問題にする前に、われわれは、<量ではなくて>形態としての価格を問題にする必要がある。価値が金の姿で表示され、価格の形態をとるということ、このことはいったい、商品生産にとってどのような意味をもつかという問題、これをわれわれは、まず第一に明らかにしなければならぬ、とマルクスは考えているわけです。

 商品生産は直接社会的な生産ではない。商品を生産する労働は当初から社会的な労働なのではなく、直接には私的な労働です。そういうものから社会的生産の体制が生じるためには、商品生産者の私的な労働はなんらかの契機において、なんらかの形態において、社会的労働にならねばならぬ。ではどのような形態で、商品生産者の労働は社会的労働になるかというと、結局、金の姿ではじめてそういうものになる。だから商品は、そのままでは任意の他商品に替わるわけにはいかないが、いったん金になると、どの商品とでも交換可能になるのです。

ですから、商品は金にならねばならぬわけですが、それではどのようにして金になるかというと、言うまでもなく販売によってなる。販売においては、商品の使用価値が譲渡されて、その代わりに金が与えられる。

これはどういうことかというと、使用価値は特殊的具体的な属性における労働の所産なのですから、使用価値が譲与されるということは、ひっきょう<結局は>、労働のこの特殊的具体的な属性が脱ぎ捨てられることを意味するのであって、それによって労働は抽象的一般的な労働に還元される。そしてこの、抽象的一般的労働という形態において、はじめて社会的労働になる。これが、商品が販売によって金になるということの根本の意味なのです。

このことはもちろん、金があらかじめ、商品世界の共同の行為によって、抽象的一般的な・そしてそれによってまた社会的な・労働の直接的体化を意味するものに──すなわち貨幣に──されていることを前提するので、それによってはじめて、商品の金への転化は、商品生産者の私的な具体的な労働の、抽象的一般的な、社会的な労働への転化を意味することになりうるわけです。

ところで、この貨幣としての金への商品の転化は、販売によってはじめて実現されるわけですが、この実現は、当然、商品の価値があらかじめ観念的に金に転化されていること、すなわち価値が価格に転化されていることを前提するのであって、この転化にさいしての金の役割を、マルクスは金の価値尺度機能であるとし、貨幣としての金の第一の機能であるとしているわけです。これは単なる量的規定の問題ではなく、もっと根本的な質的規定の問題です。マルクスが、従来の経済学が見落としているものとして力説している“尺度の質”というのは、究極的にはこのことを意味しているのです。」(大月版、P180)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <ドイツ語から、一旦英訳--和訳するとうまく行きます。>
     第二節流通手段 A商品の変態   原P118
 ①商品の交換には、矛盾した、相互に排他的な関係が含まれていることが分かった。
商品の開発はこれらの矛盾を解決するものではなく、彼らが動く形を作り出しています。これは真の矛盾が解決される方法です。それは、例えばである。ある身体が常に他の身体に落ちて、それと同じように絶えず絶えず逃げるという矛盾。楕円は、この矛盾が解消され、解消される運動の一形態でもあります。
 ②交換プロセスが、価値を使用する非使用価値を移転する手持ち品から出す限り、彼は社会的代謝である。有用な操作の積は、他の操作の積を置き換える。使用価値となる場所に到着すると、商品は商品交換圏から消費される領域に入ります。後者はここで私たちの興味を引く。だから、フォームの側面、すなわち、社会的な代謝を仲介する商品の形態や変容の変化だけに沿って、プロセス全体を見なければならない。
 ③この形の変化の全く不十分な概念は、価値そのものの概念に関するあいまいさとは別に、商品の形態のあらゆる変化は、共通の商品と共通の商品である2つの商品の交換において生じる。もしこの物質的な瞬間、金との物の交換を速く握っていれば、見えるものを見落とす、つまりその形態に何が起こるのか見落とすでしょう。単なる商品としての金はお金ではなく、他の商品は金の金額を自分の貨幣形態で参照していることが見落とされています。
④ー①商品は最初に裸になり、甘みがなくなり、櫛が成長し、交換の過程で成長します。
  彼は商品の倍増をコモディティ<商品>と貨幣に、そこでは彼らは、
  内在的な価値と使用価値に反対する外的対立を生み出している。
  これとは対照的に、コモディティ<使用>価値としての商品は交換価値としての貨幣
  に直面している。
④-②一方、対立の両側は、商品であり、すなわち、ユーティリティの価値と価値の単位です。
  しかし、この違いの統一性は、2つの極のそれぞれで逆転し、同時にそれらの相互依存性を構成する。
④-③商品は使用価値であり、その価値は価格に理想的にしか現れず、
  これを真の価値形態として反対の金に関連付ける。
④ー④逆に、金の材料はWertermateriatur、お金だけです。
  したがって、実際の交換価値です。その有用性の価値は、理想的には一連の相対的価値の表現にしか現れておらず、
  反対の財を実際の使用形態の周辺と呼んでいる。
  これらの相反する形の商品は、交換プロセスの実際の形態です。
⑤交換プロセスの現場、商品市場に、私たちの有名なリネンウィーバーなどの商品所有者を同行させましょう。
  彼の物品、20キュビットのキャンバスは価格決定される。
  あなたの価格は2 Pfd.Stです。彼は約2時間Pfd.Stのためにそれらを交換します。
  古い穀物と穀物の人は、2つのPfd.Stを交換する。再び同じ価格の家族の聖書に反する。
  彼のためのキャンバスは価値のある金である金を奪われ、
  この形から別の商品に逆戻りして売られていますが、商品として、
  ウィーバーの家に移ることになっていますその啓発的ニーズを満足させます。
このように、商品の交換プロセスは、商品の貨幣への変換と、貨幣から商品への変換という2つの相反した相補的変態で行われる。 (65)
商品変容の瞬間は、商品所有者の貿易と同時に、売却、商品と貨幣の交換、購入、商品との貨幣の交換、両方の行為の統一:買うための販売。
 ⑥リネンウィーバーが今取引の最終結果を見ると、彼はキャンバスの代わりに聖書を持ち、元の商品の代わりに同じ価値を持っていますが、有用性は異なります。同じように彼は人生と生産の他の手段を充当しています。彼の視点から見ると、プロセス全体は、労働生産物と外国人労働生産物、製品交換とのやりとりのみを伝えるものである。
 ⑦したがって、商品の交換プロセスは、以下の形式の変更で行われます。
  グッズ - お金 - 商品。
    W-  G -  W。
 ⑧その物質的な内容によると、運動は商品に対する商品の交換、社会的労働の代謝であり、
  結果としてプロセス自体は消滅する。
⑨ー①W - G. 製品または販売の最初の変態。
  商品の価値から金の身体への商品の価値のスキップは、
  他のところではそれを商品の宙返りと呼んでいます。
  彼が失敗した場合、それは不正行為をした商品ではなく、商品の所有者です。
  社会的分業は、多様なニーズに応える一方的なものとなっています。
  それが彼の製品が交換価値としてのみ役立つ理由です。
  しかし、それは一般的な社会的に有効な相当額の金額を受け取るだけであり、
  その金額は外国のポケットに収められている。
  それを抽出するためには、商品は何よりも貨幣所有者の使用価値でなければならない。
  すなわち、消費された労働は社会的に有用な形で費やされなければならず、
  社会分業の一部であることが証明されなければならない。
  しかし、分業は生産者の後ろに糸が織り込まれ、織り続ける生産の自然な生物です。
  おそらく商品は、新しく生まれた必要性を満足させるふりをしたり、
  自分で必要性を呼び起こしたりする新しい働き方の産物であると考えられます。
  昨日、同じコモディティプロデューサーの多くの機能のうちのもう1つの機能、
  今日のこのコンテキストからArbeitsverrichtungがおそらく涙を流し、
  独立して市場に独立した商品として自分の製品を送ります。
⑨ー②この離婚手続きのために、状況が熟しているか未熟である可能性があります。
  今日の製品は、社会的ニーズを満たしています。
  明日、それは同じタイプの製品によってその場所から完全にまたは部分的に
  置き換えられているかもしれない。
  私たち自身のリネンウィーバーのような仕事が社会的分業の特許メンバーでもある場合、
  20ヤードのリネンの使用価値は決して保証されません。
キャンバスの社会的な必要性、そして他のすべてのような手段がある場合、ライバルのリネン製織業者によってすでに飽和していると、私たちの友人の製品は余分になり、余計になり、無駄になります。人は口に贈り物の馬を見ることはありませんが、市場に出てプレゼントを作ることはありません。しかし、彼の製品の使用価値がそれ自体を証明し、したがって金は商品に引き付けられると仮定しよう。
しかし今、それはどれくらいのお金の問題ですか?
しかし、その答えは、その価値の指数である商品の価格ですでに予想されています。
私たちは商品所有者の純粋に主観的な計算ミスを控え、市場でただちに客観的に修正されます。
彼は社会的に必要な労働時間の平均だけを彼の製品に費やしていたはずです。
したがって、商品の価格は、その中で客観化された社会的労働の量のお金の名前に過ぎない。
しかし、許可なく、リネンウィーバーの背後で、リネンウィービングミルの老舗生産条件が発酵しました。昨日、エル・キャンバスの生産のために社会的に必要な労働時間は間違いないが、今日は貨幣所有者が友人の様々なライバルの価格の見積もりから熱心に実証したように、今日はやめてしまう。
⑨ー③彼の不幸には、世界には多くの織り人がいる。
  最後の分析では、市場に出ているすべてのキャンバスには、
  社会的に必要な作業時間だけが含まれています。それにもかかわらず、
  これらの作品の総額には過度に費やされた労働時間が含まれる可能性があります。
  市場の胃全体の量子画面、2の標準価格のためのsh。 Elleによって、吸収しないことによって、
  これは総社会的労働時間の余りがリネン製織の形で費やされたことを証明する。
  この効果は、すべてのリネンウィーバーが、個々の製品で社会的に必要な作業時間
  以上に費やした場合と同じです。
  ここには意味があります:捕まえられ、吊るされています。
  市場のすべてのキャンバスは貿易品目とみなされ、各部分は小分け部分としてのみ扱われます。
  実際、個々の次元の価値は、実際に類似した人間の労働の社会的に決定された量の物質だけである。
 <1878年11月28日付の手紙で、ロシアの首都ロシア語翻訳者、Danielsonに、
  マルクスは次のように最後の文章を変更します:
   "そして実際、個々のキュビットの価値は、全量子の部分の重要性
 「ソーシャルワーククォンタムを費やしました」と述べています。
  同じ修正は、マルクスの「資本」第1巻の第2版の個人的なコピーにもありま
  すが、彼の手ではありません>
⑩あなたが知っている、商品はお金を愛するが、 "真の愛のコースは決して円滑に動かない"
  <"本当の愛の道は決して平等ではない">。
  質的にも同様に自然かつ偶然的なのは、生産の社会的有機体の定量的組織であり、
  これは分業体系における膜の消滅を表している。
  したがって、私たちの商品所有者は、独立した民間生産者である同じ労働者の分業、
  この過程における社会的生産過程とその関係が、彼らを互いに独立させ、
  人々の独立は普遍的な事実に依存するシステムによって補完されることを発見する。
   <物象的依存体制に依存したーー人々の社会関係ーーなのです。>
 ⑪労働の分業は作業成果物を商品に変え、それによって貨幣への変換を必要とする。
それと同時に、この変容が成功するかどうかは偶然になります。しかし、ここでの現象は純粋に考えられるため、通常のプロセスを前提としています。ちなみに、たとえそれがまったく起こっても、物資は回収不能ではなく、形の変化はいつも起こるが、この物質の価値の大きさの変化に異常には失われたり追加されたりするかもしれない。
 ⑫1人の商品所有者が金を彼の商品で置き換え、もう1人は金で置き換える。
  明らかな現象は、商品や金の手や職業の変化、キャンバス20キュビット、純2ポンドの変化です。
  彼らの交換です。しかし、商品の交換は何ですか?
  独自の一般的な価値形態を持っています。
  金についてはどうですか?そのユーティリティ値の特定の形状を持つ。
  なぜ金は貨幣としてキャンバスに直面するのですか?
  彼らの価格は2Pfd.Stです。または彼女のお金の名前はすでに貨幣として金を指しています。
  元の商品形態の疎外は商品の販売を通じて行われる。
  彼らの使用価値が実際に価格で提示された金を実際に引き付ける瞬間です。
  価格や商品の単なる感傷的 価値フォームの実現は、
  したがって、また、お金の唯一のイデオロギー的な使用価値の実現を逆転し、
  商品への貨幣の同じ時間での変換で、貨幣への商品の転換です。
1つのプロセスは、貨幣所有者の購入の相手から、商品所有者の販売の極からの、両面プロセスです。
または販売は購入、同時にW - G  G - W.(66)
⑬ー①これまでは、商品所有者以外の国民の経済的関係、外国人労働者を自ら疎外
   させることによってしか得られない関係を知ることはできませんでした。
⑬-②したがって、商品所有者は、貨幣所有者として直面することができます。
   なぜなら、彼の仕事の製品は本質的に貨幣形態をしているか、それはお金が、
   金などであるか、または自分の商品が既に皮を剥いて元の使用形態を取り除
   いたからです。
  ③もちろん、貨幣として機能するためには、ある時点で金が商品市場に参入し
   なければなりません。
  ④しかし、その瞬間からは、常に商品の価格を実現しています。 (67)
  ⑤すべての商品所有者の手の金は、その生産源での商品との貨幣の交換以外に、
   湧きおこることがあり、販売された商品であり、販売商品または最初の商品
   の変容の疎外された形態であるW -G(68)であり、すべての商品がその中
   でーー価値尺度して、その実用的な形態である、価値形態にし価値は金にな
   りました。
  ⑥彼らの疎外によって、物資は本当に疎外された、あるいは変形された使用形
   態になり、したがって実際の価値を生み出すため、実際のお金になります。
  ⑦この価値形態で、商品は、その無差別な人的労働の統一された社会的素材と
   混ざり合うために、その自然な価値の使用の痕跡とそれが起源である特別に
   有用な仕事を取り除きます。
したがって、財を吹き飛ばす金を見ることはありません。ある人は彼女のお金のように見えます。
汚れはお金ではありませんが、お金は汚れている可能性があります。私たちのリネンウィーバー
が彼の商品を販売している2つの金のキツネが、小麦の四分の一の変形形態であるとしましょう。
  ⑧キャンバスの売却、W - Gはまた、彼らの購入、G - Wです。しかし、キャ
   ンバスの販売として、このプロセスは、聖書の購入とは反対に終わる動きを
   開始します。キャンバスの購入として、彼は小麦の販売と反対のものから始
   まる動きを終わらせる。
  ⑨ W - G - W(キャンバス - お金 - 聖書)のこの第1段階は、同時に別
   の動きW - G - Wの最後の段階であるG - W(貨幣ーキャンバス)である
   (小麦 - お金 - キャンバス)であります。
  ⑩ 商品の最初の変態、すなわち商品形態から貨幣への変容は、同時に、他
   の商品の第2の反対の変態であり、貨幣形態から商品への転換である。(69)
 ⑭商品の第二または最終的な変態:購入。
  他のすべての商品や一般販売の商品が空になっているため、お金は絶対に外に出てくる商品です。
  それはすべての価格を逆方向に読み取るので、商品化された商品の献身的な素材として
  すべての商品に反映されます。
  同時に、物品が彼に波を送る価格、愛の目は、変容のための彼の容量の障壁、すなわち彼自身の量を示す。
  商品がそのお金を得ることで消えていくので、その所有者の手に入るか、
  それに変換されるときには、そのお金を見ません。
  non olet <何の起源であれ、それは悪臭を感じません>。
  一方では、商品が販売されている場合、他方では購入可能な商品を表す場合。 (70)
 ⑮G - W、購入も販売、W - Gです。
  したがって、商品の最後の変態は、同時に他の商品の最初の変態である。
  私たちのリネンウィーバーのために、彼の商品のカリキュラムは聖書で完成されています。
  そこでは彼は2 Pfd.Stを与えます。元に戻っている、しかし、聖書セールスマンは、
  2 Pfd.Stを置く。穀物ブランデーでですね。
  W - G - W  (キャンバス - お金 - 聖書)の最終段階であるG - Wは、
    W - G - W(Bible - Money - Grade Brandy)の第1段階であるW - Gです。
  商品生産者は片面のみの製品を提供するため、多量に販売することが多いが、多彩なニーズは、
  実現した価格や数多くの購入に費やされた金額を絶えず分解するよう強制する。
  したがって、販売は、様々な商品の多くの購入をもたらす。
  したがって、商品の最終的な変態は、他の商品の最初の変態の合計を構成する。
 ⑯ここで、商品の全変態作用を考慮する。
  キャンバスでは、最初にそれが2つの相反する補完的な動きW-GとG-Wで構成されている
  ことを見てみましょう。
  商品のこの2つの相反する変化は、商品所有者の2つの反対の社会的プロセスで起こり、
  その経済的特徴を示しています。
  販売代理店として、購入バイヤーの代理人として売り手になります。
  しかし、商品のあらゆる変化と同じように、形や形や形の両方が同時に存在し、反対の極でのみ、
  同じ商品所有者が別の購入者に売り手として反対し、別の売り手には買い手として反対する。
  同じ商品が、連続的に2つの逆転した変化を経て商品から貨幣となり、貨幣から商品になると、
  同じ商品の所有者が売り手と買い手の役割を変える。
  したがって、これらは明確な文字ではなく、商品の流通の中で常に変化する文字である。
 ⑰商品の完全な変態は、最も簡単な形で、
  4つの極端な表現と3つの人物のドラマティズム<演技者>を前提としている。
  第一に、商品は、相手側に、
  外国のポケットで事実上厳しい現実を持っている価値形態として、貨幣に直面しています。
First, the goods are confronted with money as their value-form, which, on the other side, possesses factually harsh reality in a foreign pocket.
  したがって、商品所有者は貨幣所有者に直面するのです。
  商品が貨幣に変わるとすぐに、商品は消えた同等の形態であり、
  商品の他の商品に存在する使用価値または内容になります。最初の商品変換の終点として、
  お金・貨幣はまた第二の商品の出発点です。
  したがって、第1行為の売り手は第2行の買い手になり、売り手として商品の第3所有者と対峙する。(71)
 ⑱商品変態の動きの2つの逆の段階は、商品形態ー商品形態の剥奪ー商品形態への復帰のサイクルを形成する。
  しかし、ここでは商品そのものが反対の方向に決定されています。
  開始点では、その所有者のエンドポイント使用価値で、使用されていない値です。
  したがって、貨幣は、まず商品価値が固定された水晶のように現れ、
  その商品はその後にその同等物として分散されるのです。
 ⑲1つの商品のサイクルを構成する2つの変態は、同時に他の2つの商品の逆の部分的変態である。
  同じ布(キャンバス)が一連の独自の変態を開き、別の商品(小麦)の変態を閉じます。
  彼女の最初の変換、販売中に、彼女は自分1人でこれらの2つの役割を果たします。
  一方、それ自身がすべての肉体の道を進む金クリサライドとして、
  それは同時に第3の商品の最初の変態を終了させる。
  の商品の変容の一連が記述するサイクルは、他の商品のサイクルと密接に結びついている。
  全体的なこのプロセスは、商品循環としての役割を果たす。

⑳ー①流通は形式的なものではなく、本質的に商品の交換とは区別されます。
  プロセスのレビューを投げてください。
  リネンウィーバーは必然的にキャンバスを聖書と交換しました。
  しかし、この現象は彼にしか当てはまりません。
 ②リネンウィーバーは小麦が彼のキャンバスなどに交換されたことを知らないので、
  熱く好きな聖書代理店は、キャンバスを聖書に交換するとは考えていませんでした.
  Bの商品はAの商品に取って代わられました。
 ③ Bの交換では--商品を往復しません。実際に、AとBが交互に購入することもありますが、
  このような特定の関係は商品流通の一般的な条件に決して左右されません。
 ④一方では、物品の交換が直接的な製品交換の個々の障壁と地方の障壁をどのように崩壊させ、
  人間の労働の代謝をどのように発展させるかがここで見られます。
 ⑥一方、制御不能な社会的関係の行動主体からは、全体の円が形成されている。
 ⑦ウィーバーキャンバス、蒸留器は水のみを燃やしたので、ウィーバーは小麦、
  ホットスポットの聖書を持っているため、キャンバスを販売することができます。
  もう一方はすでに永遠の命の水などを売っていたからです。

21 この理由から、製品の即時交換のように、循環プロセスは、位置または手の使用価値の
  変化において止まらない。お金は消えません。
  なぜなら、それは最終的に商品の変身のシリーズから脱落するからです。
  それは常に商品によってクリアされた流通地点で命中します。
   たとえば、キャンバスの全変態:キャンバス - お金 - 聖書はまず流通のキャンバスから落ち、
  お金はそれを置き換え、その後聖書は流出し、お金はその場所を取る。
   同時に商品に商品を差し替えることで、第三者がお金を掛けることができます。
  (72)循環は常に汗をかいている。
22ー① キャンバスの売却、W - Gはまた、彼らの購入、G - Wです。
  しかし、キャンバスの販売として、このプロセスは、聖書の購入とは反対に
  終わる動きを開始します。
  キャンバスの購入として、彼は小麦の販売と反対のものから始まる動きを終わらせる。
  この理由から、製品の即時交換のように、循環プロセスは、
  位置または手の使用価値の変化において止まらない。

22ー②お金は消えません。なぜなら、それは最終的に商品の変身のシリーズから脱落するからです。
  それは常に商品によってクリアされた流通地点で命中します。
  たとえば、キャンバスの全変態:
  キャンバス -Money - Bible - お金 - 聖書はまず流通のキャンバスから落ち、
  貨幣はそれを置き換え、その後聖書は流出し、貨幣はその場所を取る。
  同時に商品の商品への差し替えることで、第三者が貨幣を掛けることができます。 (72)
  循環は常に発汗しているーー貨幣。
 ③すべての売却が買物であり、逆もまた同様であるため、
  商品販売に必要な売買と売買のバランスが必要であるというドグマよりも愚かなことはありません。
  これは、実際に完了した売り上げが同じ数の購入と等しいことを意味するので、
  それはフラットトートロジーです。
 ④しかし、それは売り手が自分の買い手を市場に導いていることを証明するはずです。
  セールと購入は、商品所有者と金銭所有者の2つの極端な対立の間の相関関係と同じ行為です。
 ⑤彼らは同じ人の行動として2つの正反対の行動を形成する。
  したがって、販売と購入のアイデンティティは、流通の藻類に投げ込まれたときに、
  それが貨幣として出てこない場合、商品所有者によって販売されない、
  すなわちお金で買われた場合、商品が役に立たなくなることを意味する-貨幣オーナー。
 ⑥そのアイデンティティは、プロセスが成功すれば、
  それが長くなるかまたはより短くなることができる商品の生存期間でもあることを意味します。
  商品の最初の変態は販売と購入の両方であるため、このサブプロセスは同時に独立したプロセスです。
 ⑦バイヤーには商品があり、売り手にはお金があります。
  遅かれ早かれ市場に出現して循環型を保つ製品です。誰も買わないでは売ることもできません。
  しかし誰も自分自身を売ったので直接購入する必要はありません。
  流通は、自分自身の交換と外国の労働生産物の交換との間の即座のアイデンティティーを
  販売と購入のコントラストに分割することによって、商品交換の一時的、
  地域的および個別の障壁を解消する。自己対立するプロセスが内部統一を形成するということは、
  内部統一が外的矛盾で動くことを意味する。
  内向き従属者の外部の自律性が、互いに補完し合ってある程度継続している場合、
  統合は危機によって強制的にアサートされます。
 ⑧使用価値と価値の本質的な反対のことがら、そして、
  私的労働が直接的な社会的労働として表現されなければならず、
  特定の具体的労働が抽象的な一般労働としか考えられないものものである、
   of personification of the thing <物象の人格化>
   and objectification of persons -<人の客観化 >
 <Fungibility ? treating the person as interchangeable with (other) objects
 代替性 - 人を(他の)オブジェクトと交換可能に扱う>
22ー⑨この内在的な矛盾は、商品の変態の反対に、その発展した形の動きを受け取ります。
  したがって、これらの形式には可能性が含まれますが、危機の可能性のみが含まれます。
  この可能性の現実への発展は、単純な商品流通の観点からも存在しない条件の全範囲を必要とする。 (73)
23 商品流通のメディエーターとして、貨幣は、流通手段 の機能を受け持つ。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_109.htm
  3rd money 第3のお金
 したがって価値の尺度として機能し、従って循環的手段として物理的にまたは代表的に機能する商品はお金です。 したがって、金(または銀)はお金です。 一方では、それは金の役割を果たします。一方では、それは黄金(または銀)の物質性、したがって金銭の商品として現われなければなりません。つまり、価値の測度や代表としての理想だけではありません。 循環の媒質中で; 他方では、その機能が、それ自体であろうと代理人であろうと、唯一の価値形態または交換価値の適切な存在として、他のすべての商品に単なるユーティリティ価値としてそれを固定する。

 a) hoarding  a)滞留
①2つの相反する商品の変態の連続的なサイクルまたは販売と購入の液体の売上高は、循環の移動の永続的なものとしての不動の資金循環またはその機能に現れる。 Boisguillebertが言っているように、不動のものから硬貨に変えられて、一連の変態が壊れるとすぐに、売却は後の購入によって補完されません。
②商品流通自体の最初の発展に伴い、最初の変態、商品の変形された形または金の人形を捉える必要性と情熱が発達しています。 (86)商品は、商品を購入するのではなく、商品を販売し、商品を通貨の形態で取り替える。単なる代謝の媒介から、この形の変化はそれ自体で終わる。商品の空になった形は、その絶対的なエイリアン形式、または唯一消失した形の通貨として機能することができません。そのお金は宝物に焼き尽くされ、商品の仕入先は宝物になります。
③商品循環の冒頭においてのみ、使用価値の余剰はお金になる。ゴールドとシルバーは豊かさや富の社会的表現になります。この素朴な形態の保有は、自己消費に適した伝統的な生産方式が必要とされていない人々の間で永続しています。アジア人、特にインディアンと同じように。商品価格が1カ国の金と銀の量によって決定されると考えているVanderlintは、インドの商品がなぜそんなに安価であるのか疑問に思いますか?回答:インド人は金を埋めるので。 1602年から1734年にかけて、彼は1億5000万ポンドの貨物を埋葬したと指摘する。もともとアメリカからヨーロッパに来たシルバー。 (87)1856年から1686年、すなわち10年間で、イングランドはインドと中国に輸出された(中国に輸出された金属は主にインドに戻っている)1億2000万ポンド。以前はオーストラリアのお金と交換されていました。
④より発展した商品の生産では、すべての商品の生産者は、「社会的誓約」という精神的な精神を確保しなければなりません。 (88)彼のニーズは絶えず更新され、絶えず外国の商品の購入を要求しているが、自分の商品の生産と販売には時間がかかり、偶然に左右される。販売することなく購入するには、購入する前に販売していたに違いありません。一般的な規模で行われるこの操作は、それ自体と矛盾しているようです。しかし、その生産源では、貴金属は他の商品と直接交換されます。購入することなく(金と銀の所有者の側で)ここに(商品所有者の側で)販売があります。 (89)そしてその後の購入がない販売は単にすべての商品所有者の間で貴金属の更なる分配を伝えるだけである。したがって、最も多様な範囲の金と銀の宝は交通のあらゆる地点で発生する。商品を為替価値や商品としての交換価値として保持する可能性があることから、金の欲望が目覚めます。商品流通の拡大に伴い、いつまでも準備ができており、絶対的に社会的な形の富が増えています。
⑤「金は素晴らしいものであり、同じものを所有する人は自分が望むすべてのもののマスターであり、金は魂を楽園に持ってくることさえできます」 (コロンブス、ジャマイカからの手紙の中、1503)。
⑥お金はそれに変換されて何を見ていないので、すべての物品かどうかは、お金に変わります。すべてが販売可能となり、購入可能になります。循環はすべてが金の結晶として出てくる大きな社会的レトルトとなります。この錬金術は、神聖な骨とはるかに少ない拒食症、余分なcommercium homophobes、神聖なもの、人間の商業の外でさえも抵抗されません。貨幣のように、物品のすべての質的差異は消滅し、消滅する。それは、過激なレベラーとして、すべての相違点が区別される(91)。しかし、金銭自体は商品であり、物資であり、古代社会は、それを経済的、道徳的秩序の悪行と糾弾している。(92)現代社会は、プルーススを地球の陸棚から早く引き出す乳幼児期(93)、ゴールデンラッシュ時に輝くものに敬意を表し、最も元気な原則を生み出す。
⑦使用価値としての商品は特別な必要性を満たし、物質的富の特別な要素を形成する。しかし、商品の価値は、物質的富の全ての要素、つまりその所有者の社会的富に対するその魅力の程度を測定する。野蛮な単純な商品の所有者、西ヨーロッパの農家でさえ、価値は価値の形から切り離せないので、金と銀の宝の増加は価値の増加につながります。しかし、金銭の価値は、それ自体の価値の変化や商品の価値の変化の結果として変化します。一方で、これは200オンスの金がまだ100以上、300以上が200以上を含むことを妨げません。一方、この金属の自然な形は、すべての商品の一般的な同等の形であり、すべての人間の労働の即時の社会的化身である。滞留の衝動は本質的に過度である。定性的にも形式的にも、お金は無制限です。すべての商品が直接的に実現可能であるため、物質的財産の一般的な代表。しかし、同時に、実際の金額はすべて定量的に制限されているため、限定された効果の販売手段に過ぎません。この量的限界と質的無限の矛盾との間のこの矛盾は、常にホイードガーをシスピェンの蓄積の労働に戻すのである。彼は世界の征服者のようなもので、新しい国が出るたびに一つの新しいフロンティアを征服します。
⑧金を金貨として、そしてそれを預け金の要素として保持するためには、金銭を購入する手段として循環したり、溶解したりするのを防ぐ必要があります。
そのため、ホーダーは肉のために自分の欲望を犠牲にして金のフェチに捧げる。彼は放棄の福音について真剣です。一方、彼は  お金の中だけで循環を逃れることができる、彼はそこに陶器の彼女だった。彼が生産するほど、売ることができます。労働、緊縮、そして貪欲は、彼の政治経済の総額をほとんど買わずに、多くを売って、彼の基本的な美徳を形作っています。 (94)
宝物の即時の形態に加えて、その美的形態、金と銀製品の所有権を実行します。ブルジョア社会の豊かさとともに成長しています。 "お金持ちは富を扶養している。" <金持ちになるか金持ちに見えるか>>(Diderot。)したがって金銭の機能とは無関係に、金銭の潜在的供給源の一部、特に社会的嵐の時。
⑨保留は、金属循環の経済学における様々な機能を果たす。次の機能は、金貨または銀貨の流通状態に由来します。量、価格、およびスピードの点で商品流通の一定の変動に伴い、金の大量流通が不安定に浮き沈みを起こしていることが分かっています。だからそれは収縮と拡大が可能でなければならない。すぐにお金をコインとして引き付ける必要があります、すぐにコインはお金として回収されなければなりません。本当に循環している金額が常に循環圏の飽和度に対応するためには、ある国の金または銀の金額は硬貨の金額よりも大きくなければなりません。この条件は、お金の宝の形態によって実現されます。宝庫はまた、循環するお金の排出チャネルおよび供給チャネルとしても機能し、循環チャネルを溢れさせることはない。 (95)

 b)支払い手段
①これまで考えられてきた商品流通の直接的な形では、同じ価値の観かたの大きさが常に1つの極の商品は、反対の極の商品の2倍であった。従って、商品所有者は、相互に存在する等価物の代表者としてのみ接触した。しかし、商品流通の発展に伴い、商品の販売は価格の実現から切り離されている。これらの条件の中で最も単純なものを示してもかまいません。
1つのタイプの製品は、より長い時間が必要であり、もう1つのタイプは、その生産のための短い時間である。様々な商品の生産は異なる季節に関連している。 1つの商品は市場で生まれ、もう1つは遠くの市場に出なければなりません。
したがって、一方の商品所有者は、他方の購入者の前に売り手として行動することができる。同一人物間での同一取引の継続的な再発により、商品の販売条件は生産条件に従って規制される。
他方では、特定の種類の商品の使用、例えば、一定期間売却された家ではどうか。
予約の満了後にのみ、買い手は本当に商品の使用価値を受け取りました。だから彼は彼女に支払う前に彼女を買う。ある商人は既存の商品を販売し、もう1つは単なるお金の代表者として、または将来のお金の代表者として購入する。
売り手は債権者になり、買い手は債務者になる。商品の変態や価値観の変化がここで変わるので、お金もまた別の機能を受けます。それは支払い手段になります。 (96)

②債権者や債務者の性格は、ここで商品の単純な流通から生じる。彼らの形状変化は、売り手とバイヤーにこれらの新しいスタンプを押し付ける。だから、当初は売り手と買い手と同じ代理店が同じように消えて交互に役割を果たしていました。しかし、野党は今や不安定になり、より大きな結晶化が可能になる。 (97)しかし、同じ文字は商品流通から独立していてもよい。古代世界の階級闘争。主に債権者と債務者の間の闘争の形で動き、ローマで終結し、奴隷に取って代わられる平等債務者の没落で終わります。中世では、その闘争は経済的基盤で政治力を失った封建債務者の没落で終わった。しかし、金銭の形式 - と金銭関係の形での債権者と債務者との関係 - は、基本的な経済条件の拮抗を反映しているだけである。

③<151>私たちは商品流通の領域に戻りましょう。
販売プロセスの2つの極で同等の商品とお金が同時に現れるのを止めました。
お金は、まず、販売された商品の価格設定における価値の尺度として機能します。彼らの契約上の固定価格は、買い手の義務を測定する。特定の時刻に支払われた金額。
第二に、それは購入の理想的な手段として働く。それは買い手のお金の約束にのみ存在しますが、それは商品を変更させます。支払期日に限り、支払い手段が??実際に流通します。買い手の手から売り手の手に行きます。第一段階で循環過程が崩壊したか、あるいは商品の変形形態が循環から取り除かれたため、循環手段は宝物になった。支払い手段は流通に入るが、商品が既にそれを去った後である。
お金はもはやそのプロセスを仲介しません。それは、交換価値または一般的な商品の絶対的存在としてそれを独立して結論づける。売り手は、物品を現金で保つためにお金、ホーダー、罪のある買い手が支払う必要性を満たすために物品をお金に変えた。彼が支払っていなければ、彼の所有物の強制的な販売が行われます。
商品の価値形態、金は、流通過程そのものの状況から生まれる社会的必要性によって、販売の目的のためになりました。

④買い手は、商品を貨幣に変えたり、最初の商品変態を完了する前に、商品を元に戻したりします。売り手の商品は循環し、その価格を実現するが、貨幣のためのプライベートタイトルでしかない。それは貨幣に変わる前に実用になります。彼女の最初の変態の完成は、後に続く。 (98)

⑤流通過程の各特定の期間において、支払われる債券は、売却された商品の価格合計を表す。このの実現に必要な貨幣 は、当初は支払い手段の流通速度に依存する。それは、債務者と債務者の関係を連結して、債務者Bから資金を受け取ったAが債権者Cにそれを進めるように、そして様々な支払日の間の時間の長さという2つの状況によって調整されます。
処理連鎖の支払いまたはそれに続く第1の変態は、以前に考えられた変成系列のエンタングルメントとは著しく異なる。循環手段の循環において、売り手と買い手との関係は表現されるだけではない。接続そのものは貨幣の循環の中だけで起こります。
一方、支払い手段の動きは、それ以前にすでに存在していた社会的関係を表している。

⑥販売の同時性と並置は、流通速度によるコイン質量の置き換えを制限する。逆に、彼らは支払い手段の経済学において新しいレバーを形成する。同じ場所での支払いの集中により、自然の制度と調整方法は自然に発展する。
例えば、リヨン中世の祈り。 AからB、BからC、CからAなどの債務請求は、正と負の大きさである程度相殺するだけで対処する必要があります。バランスのとれた債務残高は1つだけです。支払いの集中度が高ければ高いほど、相対的にバランスが小さくなり、したがって支払いの循環手段の量が増えます。

⑦支払い手段としての貨幣の機能には、無秩序な矛盾が含まれています。支払の残高に関しては、計算上の金額や価値尺度としてのみ理想的に機能します。
実際の支払いに関する限り、それは循環の手段として、代謝の消滅し仲介する形態としてではなく、社会的労働の個々の化身として、交換価値、絶対的な商品の独立した存在として現れる。
生産と商業の危機の瞬間にeklatiertこの矛盾は、通貨危機がある。(99)
これは支払いの処理チェーンとその調整の人工的なシステムが完全に開発されている場合のみ発生します。このメカニズムのより一般的な妨害によって、彼らはいつか湧き上がります。
突然かつ突然、計算コストの純粋な理想的な形態から硬貨に突然変わります。
世俗的商品では置き換えられなくなる。商品の使用価値は無価値になり、その価値はそれ自体の価値の形態よりも前に消える。ブルジョアは繁栄の薄い悟りの空の妄想のためのお金を説明しました。商品だけが貨幣です。ところがいまや貨幣だけが商品です!それは今、世界市場のすべてです。

As the deer cries for fresh water, his soul cries for money, the only wealth. (100) In the crisis, the contrast between the commodity and its value form, money, is increased to the point of absolute contradiction.
鹿が淡水を求めて叫ぶのとおなじく、彼の魂は貨幣、唯一の富を求めて叫ぶ。(100)
危機では、商品と価値形態<value form>の対比、貨幣は絶対矛盾の点まで増加する。

The appearance of the money is here therefore also indifferent.
The money starvation remains the same, whether in gold or credit money, banknotes, for example, is to pay. (101)
したがって、お金の出現はここでも無関心です。金や借金のいずれの場合でも、紙幣の払い方は同じです(101)。

⑧一定の期間内に循環している合計金額を考慮すると、それは実現すべき商品価格の合計に支払の払いを差し引いた金額から報酬支払いを差し引いて流通手段の流通レート最終的には、同じコインが循環手段として交互に働く回転数、時には支払い手段としての支払いの機能である。
例えば、農家はトウモロコシを2ポンドで販売し、循環手段として働く。満期の日に、彼はキャンバスを支払って、ウィーバーが彼に届けました。同じ2 Pfd.St.現在はお支払い方法として機能しています。
ウィーバーは現在、現金で聖書を購入しています。彼らは再び循環の手段として働きます。価格、通貨の流通速度、支払いの経済性なども、1日の間に、循環する大量の貨物や流通している商品によって覆われなくなりました。長い間流通が奪われてきた商品を表す貨幣が使われています。貨幣相当額が将来にのみ現れる商品が処理されています。
一方、毎日支払いが収縮し、同じ日の支払額は相当額にはならない。 (102)

⑨だからクレジット・マネーは、支払い手段としてのマネーの機能から直接発生します。
つまり、売却された商品自体の債券は、債権の譲渡のために再び流通します。
一方、クレジットシステムが拡大するにつれて、支払い手段としての貨幣の機能も拡大しています。金や銀貨は、主に小売業の領域に押し戻されますが、そのようなものとして、それは大きな商業取引の領域を占める独自の形態を維持しています。 (103)
商品生産の一定のレベルと程度において、支払い手段としての貨幣の機能は、商品流通の領域を超えて広がっている。契約の一般的な商品になります。 (104)
年金、税金等は、自然配送から貨幣支払いに変わる。この変革が生産プロセスの全体的な形状によってどのくらい調整されているかは、例えばローマ帝国が現金ですべての税金を引き上げようと、2度は試みられなかったことによって示されています。
ルイ14世のもとでのフランスの国民の膨大な不幸は、ボイス・ギルバート、マーシャル・ヴォーバンなどで雄弁に宣言されていましたが、税額だけでなく、自然税の貨幣への転換にも負っていました。 (105)一方で、自然形態基本賃貸料は、同時にアジアでは州税の主要要素であり、自然条件の不変性をもって自分自身を再現する生産関係に基づいて、過去の生産形態を遡及的に支払う。それはトルコ帝国の自己保護の秘密の一つを形成する。日本のヨーロッパで課せられた対外貿易は、自然年金の年金を3未満の年金に転換するのを誘致するか?第4版:Goldrente>それ自体は、彼の典型的な農業に関するものです。彼らの密接な経済状況は解消するでしょう。

⑩各国において、一定の一般支払日は固定されています。それらは、季節の変化に連動した生産の自然条件で、他の循環再生から部分的に沈殿する。彼らはまた、税金、年金などの商品の流通から直接的には生じない支払いを規制している。年の特定の日にこれらの払われた支払いに必要とされる金額は、定期的ではあるが表面的な摂動を支払い手段106)
支払い手段の流通速度に関する法律から、すべての定期的な支払いについては、その源泉が何であれ、支払手段の必要量は<1である。第4版:支払期間の長さに対する比率を逆にする。 (107)

⑪支払手段としての資金の開発は、支払われた金額の満期日のための金の蓄積を必要とする。富裕層の独立した形態としての保有は、ブルジョア社会の進歩に伴って消えていくが、逆にそれは支払手段の予備資金の形でそれと共に成長する。
 c)世界のお金

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:13/1504 《前のページ | 次のページ》
/1504