teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:22/1517 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

商品の両面性と商品形態の二重性について

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月28日(水)14時21分0秒
  通報 返信・引用 編集済
    ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Kap_1_2

  3. Die Wertform oder der Tauschwert
  3. The value form or the exchange value
   価値形態または交換価値

①商品以商品或商品的形式進入世界,如鐵,帆布,小麥等。這是他們自製的形式。然而,它們只是商品,因為它們是雙重商品,同時也是價値載體。因此,如果它們具有雙重形式,自然形式和價値形式,它們僅作為商品出現或僅具有商品形式。

①<62> Waren kommen zur Welt in der Form von Gebrauchswerten oder Warenkörpern, als Eisen, Leinwand, Weizen usw. Es ist dies ihre hausbackene Naturalform. Sie sind jedoch nur Waren, weil Doppeltes, Gebrauchsgegenstände und zugleich Wertträger. Sie erscheinen daher nur als Waren oder besitzen nur die Form von Waren, sofern sie Doppelform besitzen, Naturalform und Wertform.

①商品は、鉄、キャンバス、小麦などの商品または商品形態で世界に入ります。これは彼らの手作りの形です。しかし、それらは二重財であり、価値のキャリアでもあるので、それらは単なる商品です。したがって、それらが二重形式、自然形式および価値形態を持つ場合、それらは商品としてのみ、または商品形態でのみ現れる。

②貨物的客觀性與Wittib Hurtig的不同之處在於,人們不知道在哪裡擁有它們。與商品的粗糙客觀性完全相反,沒有任何自然物質原子進入其價値客觀性。因此,人們可能隨心所欲地轉動和轉動單一商品,作為一種有價値的東西,它仍然是不可理解的。然而,我們必須記住,本品具有唯一的價値,客觀性,如果它們是人類勞動的同一社會單位的表情,讓自己的價値,客觀性是純粹的社會,不用,甚至説他們只出現在大宗商品的商品的社會關係可以。事實上,我們假設交換或貨物交換的價値,以追踪其隱藏價値。我們現在必須回歸這種價値的表現。

②Die Wertgegenständlichkeit der Waren unterscheidet sich dadurch von der Wittib Hurtig, daß man nicht weiß, wo sie zu haben ist. Im graden Gegenteil zur sinnlich groben Gegenständlichkeit der Warenkörper geht kein Atom Naturstoff in ihre Wertgegenständlichkeit ein. Man mag daher eine einzelne Ware drehen und wenden, wie man will, sie bleibt unfaßbar als Wertding. Erinnern wir uns jedoch, daß die Waren nur Wertgegenständlichkeit besitzen, sofern sie Ausdrücke derselben gesellschaftlichen Einheit, menschlicher Arbeit, sind, daß ihre Wertgegenständlichkeit also rein gesellschaftlich ist, so versteht sich auch von selbst, daß sie nur im gesellschaftlichen Verhältnis von Ware zu Ware erscheinen kann. Wir gingen in der Tat vom Tauschwert oder Austauschverhältnis der Waren aus, um ihrem darin versteckten Wert auf die Spur zu kommen. Wir müssen jetzt zu dieser Erscheinungsform des Wertes zurückkehren.

②商品の客観性は、人々がどこでそれらを所有するのかわからないという点でWittib Hurtigとは異なります。商品の大まかな客観性とは反対に、天然物原子は価値客観性に入りません。したがって、人々は自分が好きなように単一の商品を回転させたり回転させたりすることができます。貴重なこととして、それはまだ理解できません。
ただし、この製品にはユニークな価値、客観性があります。それらが人間の労働の同じ社会単位の表現である場合、それらの価値を客観的なものとします。商品の商品の社会的関係はすることができます。実際、私たちはその隠れた価値を追跡するために交換または商品交換の価値を想定しています。今度はこの値のパフォーマンスに戻る必要があります。


③大家都知道,否則他不知道,本品具有與其使用價値豐富多彩的自然形態最顯著對比的,共同的價値觀形成 - 以貨幣的形式。這是很重要的,但是,做什麼甚至沒有被資産階級經濟企圖,即證明了這錢形式的起源,因此値表達式的開發列入其最簡單的微不足道的數字商品的價値相對於令人眼花繚亂的資金形式追隨。與此同時,金錢難題消失了。

③Jedermann weiß, wenn er auch sonst nichts weiß, daß die Waren eine mit den bunten Naturalformen ihrer Gebrauchswerte höchst frappant kontrastierende, gemeinsame Wertform besitzen - die Geldform. Hier gilt es jedoch zu leisten, was von der bürgerlichen Ökonomie nicht einmal versucht ward, nämlich die Genesis dieser Geldform nachzuweisen, also die Entwicklung des im Wertverhältnis der Waren enthaltenen Wertausdrucks von seiner einfachsten unscheinbarsten Gestalt bis zur blendenden Geldform zu verfolgen. Damit verschwindet zugleich das Geldrätsel.

③「誰もが知っているが、他には何も知らない」--が、商品には共通の価値形態があり、それはカラフルで自然な形態の価値観とははっきりと対照的である。 しかしここでは、ブルジョア経済学では試みられていなかったこと、すなわちこの貨幣形態の起源を証明すること、すなわち商品の価値関係に含まれる価値表現の発達を、最も単純な形態からまばゆい貨幣形態まで追うことが、必要です。そのことで、 同時に貨幣のパズル<謎>は消えます。

④最簡單的價値關係顯然是商品與單一不同商品的價値關係,無論哪一種。因此,兩種商品的價値比率為商品提供了最簡單的價値表達。

④Das einfachste Wertverhältnis ist offenbar das Wertverhältnis einer Ware zu einzigen verschiedenartigen Ware, gleichgültig welcher. Das Wertverhältnis zweier Waren liefert daher den einfachsten Wertausdruck für eine Ware.

④最も単純な価値の<比率>価値関係は、明らかに、単一の異なる商品に対する商品の価値です。 したがって、2つの商品の価値比率は、商品に対して最も単純な価値表現を提供します。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  A 簡単な、個別的な、または偶然的な価値形態
  1 価値表現の両極ーー相対的価値形態と等価形態
 相対価値形式と同等の形式は相互に関連し、相互に依存し、分離不可能な瞬間であるが、同時に相互に排他的であるか反対の極なのである。
<同じものの柱--両極ーーを示す等式なのです。>
それらは値の式が互いに関連する異なる商品に常に配分されます。
それが、私にはできます。しかし、キャンバスの価値をキャンバスに表現しないでください。 20キュビットのキャンバス= 20キュビットのキャンバスは、価値表現ではありません。
それどころかそれでは、方程式に次のように書かれてしまいます:20キュビットのリネンは、商品キャンバスの一定量のキャンバスの20キュビットに過ぎません。したがって、キャンバスの値は、相対的な表現でしか表現できません。 他の商品でですね。したがって、キャンバスの相対的価値形式は、他の商品がそれとは反対の形態であることを意味<既存訳 前提>します。
  <リンネルの価値表現において、両極の価値形式があるーーことを説明、するのであり、そのとき、
  オートバイが、前輪ではなくウイリーをして後輪だけで名人が操っている、ことを指して後輪が前提
  だ!と称する事ができるでしょうか?そのことが、両極の価値形態をここで題材にしているときに、
   <キャンバスの値は、相対的な表現でしか表現できません。他の商品でですね。>
  ーーとこのことを、両極が前提なのではなく、左極での行為とのみ見る歪曲をするならば、それは、
  等価形態が前提でなければ、リンネルの相対的価値表現ができない!事になってしまいます。
  それでは、次段落の等価物の役割が、
  ーー彼女は彼女の価値を表現していません。それは他の商品の価値表現にのみ材料を供給する。ーー
  が全く見えなくなってしまいます。
  上着のここでの役立ちが、単に価値表現の材料としての役立ちなのではなく、等価物としての受け身
  の役立ちーーなのであります。>
他方では、これと同等であるこの他の商品は、同時に相対価値形式にすることはできません。 彼女は彼女の価値を表現していません。 それは他の商品の価値表現にのみ材料を供給する。
   <4段落は、略>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  a相対的価値形態の内実
 ①商品の単純な価値が2つの商品の価値にどのようにあるのかを知るためには、最初にその商品の量的側面とは無関係に考えなければならない。ほとんどの場合、反対の方向に行動し、2種類の商品の特定のQuantaが互いに等しい割合のみの値の関係を見ます。 異なるものの大きさは、最初に同じ統一性に還元された後、定量的に比較可能になることは見落とされている。
  同じ単位の表現が同じ名前のものであり、それゆえ相応の量である。 (17)
 ②キャンバスが20キュビット= 1コートか= 20スカートかどうか、つまりキャンバスの量が多くても少数であっても、そのような割合は常にキャンバスとスカートが同じ単位の表現であることを意味しますし 、同じ性質のものがあります。 キャンバス=ロックは方程式の基礎です。

 ①In order to find out how the simple value of a commodity lies in the value of two commodities, one must first consider the latter quite independently of its quantitative side. In most cases, one behaves in the opposite direction and sees in the value relation only the proportion in which certain Quanta of two kinds of goods are equal to one another. It is overlooked that the magnitudes of different things first become quantitatively comparable after their reduction to the same unity. Only as expressions of the same unit are they of the same name, hence commensurable quantities. (17)
 ②Whether 20 cubits of canvas = 1 coat or = 20 or = x skirts, that is, whether a given quantity of canvas is worth many or a few skirts, each such proportion always implies that canvas and skirts as values are expressions of the same unity, things of the same nature are. Canvas = Rock is the basis of the equation.

 ③ー①しかし、質的に等しい2つの商品は同じ役割を果たすわけではありません。 キャンバスの値だけが表現されます。 そしてどう? 彼女と彼女の「同等の」または「交換可能な」ものとしての彼女の関係を通してなのです。 この関係では、岩石は価値としての価値の存在形態であるとみなされます。なぜなら、それはキャンバスと同じだからです。 一方、キャンバスの独自の価値は、独立した表現を前にしたり、独立した表現を受けたりします。
 ③-①But the two qualitatively equated goods do not play the same role. Only the value of the canvas is expressed. And how? Through her relationship to rock as her "equivalent" or "interchangeable" with her. In this relationship, rock is regarded as an existential form of value, as value thing, for only as such is it the same as the canvas. On the other hand, the own value of the canvas comes to the fore or receives an independent expression, for only as a value is it related to the rock as equivalent or with it exchangeable.

 ③-②例えば、酪酸はプロピルとは異なる体である。 しかし、同じ組成のC4H8O2である炭素(C)、水素(H)および酸素(O)と同じ化学物質からなる。酪酸が蟻酸プロピルと同等である場合、蟻酸プロピルはこの場合単にC4H8O2の存在であり、第2に酪酸もC4H8O2からなると言われる。 ギ酸プロピルを酪酸と同等にすることにより、それらの化学物質は体の形状とは異なるであろう。
 ③-②So, the butyric acid is a body different from the propyl formate. Both, however, consist of the same chemical substances - carbon (C), hydrogen (H) and oxygen (O), in the same percentage composition, namely C4H8O2. If the butyric acid were equated with the propyl formate, the propyl formate would in this case be merely an existence of C4H8O2, and secondly it would be said that the butyric acid also consists of C4H8O2. By equating the propyl formate with the butyric acid, their chemical substance would be different from their body shape.

 ④商品として、商品は単なる人間の労働力のゼリーであるので、私たちの分析はそれらを価値の抽象化に還元するが、自然な形とは異なる価値形態を与えないと言う。ある商品の価値が別の商品と異なる。その価値性格は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます。
 ④Let us say: as goods the goods are mere jellies of human labor, so our analysis reduces them to the abstraction of value, but gives them no value-form different from their natural forms. Different in the value of one commodity to another. Its value-character emerges here through its own relation to the other commodity.
 ④讓我們説:作為貨物,貨物僅僅是人類勞動的果凍,因此我們的分析將它們簡化為價値的抽象,但卻沒有賦予它們與自然形式不同的價値形式。一種商品的價値與另一種商品的價値不同。它的價値特徴通過它與其他商品的關係而出現。

 ⑤By e.g. If rock is equated with the value of the canvas, the work in it is equated with the work in it. Now, the dressmaking that makes the skirt, one of the weaving that makes the canvas, is different concrete work. But the equation with weaving actually reduces the tailoring to what is really the same in both works, to their common character of human labor. On this detour, it is then said that weaving, if it weaves value, does not possess the distinguishing features of tailoring, that is, abstractly human labor. Only the expression of equivalence of different commodities brings out the specific character of value-creating labor, by actually reducing the various kinds of labor involved in the various commodities to their common, human labor (17a).

⑤ 通過例如如果將岩石等同於畫布的値,則其中的工作等同於其中的工作。現在製作裙子的剪裁是製作帆布的編織之一,是另一項具體工作。
然而,編織方程式將剪裁減少到兩種工作中與他們共同的人工勞動特徴完全相同的東西。

這彎路,它是那麼的編織,當它削弱了剪裁的任何顯著特徴値,即抽象人類勞動了。
只有不同産品的等價的表達使由所渉及的各種商品的不同類型的工作表示增値工作的具體特點降低其共同的人類勞動。(17A)


⑤ 例えば、岩がキャンバスの価値と一致しているならば、その中の仕事はその中の仕事と同等です。
今スカートの仕立てはキャンバスの織物の1つです、そしてそれはもう一つの特定の仕事です。
ただし、製織式により、カットは両方の作業で共通の労働特性とまったく同じになります。

この迂回路は、それがカットの重要な固有値、すなわち抽象的な人間の労働力を弱めるとき、それはとても編まれています。異なる製品の同等の表現のみが、付加価値のある仕事に関わるさまざまな種類の仕事に関わるさまざまな種類の仕事の特有の特徴によって、一般的な人的労働と削減します。 (17A)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 久留間先生は、1~5段落を引用して、こう述べるのです。
 「ここでわれわれが何よりもまず注意をしなければならないことは、20エレのリンネル=1枚の上衣、あるいは20エレのリンネルは一枚の上衣に値する、という価値方程式において、リンネルはいきなり自分を上衣に等置することによって上衣に価値物としての、すなわち抽象的人間労働の直接的な体化物としての、形態規定をあたえ、そうした上ではじめて、この価値物としての定在における上衣の自然形態、自分の価値を表現しているのだということである。
 こういう廻り道をしないでは、商品は価値形態をもつことが出来ないのである。
リンネルは、いきなり自分を上衣に等置することによって、すなわち自分は上衣に等しいのだと自称することによって、自分を価値物にすることはできない。それでは単なる独りよがりになってしまう。
 他面において、リンネルが上衣の自然形態で価値を表わしうるためには、すなわち上衣の自然形態そのものを自らの価値形態にしうるためには、あらかじめ上衣が価値物としての定在を与えられていなければならぬ。
 言葉をかえていえば、上衣の自然形態がそのまま抽象的人間労働の体化物を意味するものとされていなければならぬ。そしてそれは、リンネルが上衣を自らに等置することによって行われるのである。
リンネルは、自分は上衣に等しいのだと自称することによって、自分を価値物にすることは出来ないが、上衣は自分に等しいのだと宣言することによって上衣を価値物(・・・)にすることはできる。
 そこで、リンネルは、かようにして上衣を価値物にしたうえで、自分は価値としては上衣と同じなのだ、ということによって、上衣の形態において、自分自身の価値性格を表現するのである。
すなわち、その使用価値の形態であるところの自然形態からー(略)ー区別された価値形態をもつことになるのである。」(『価値形態論と交換過程論』P56~57)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   <ここまでの批判の1です。>
  ーー久留間先生は、この5段落を次のような誤解をしている。ーー
  ①「価値方程式において、」ならば、上着は等価としてリネンに等置されているーー
  のですから、上着は価値の規定の下に既にあるのです。
  何故か?
  3段落ー「岩石は値としての価値存在形態とみなされます」との規定にあるからです。
  そのことで、上着は価値とみなされています。
  もう一度、
  上着は等価であり、同等なものであることで、価値として規定の下にあるーーのですから先生の述べ
  ることは、この前提を消して、相対的価値表現の第一歩の左極での条件を、排除しています。
  上着は価値としてリネンに等置される、・・この第一歩を、先生は排除して別の条件で
  ある、交換関係を、ここに提示しているのです。
 ィ) 交換関係であれば、この肝心のリンネルの価値存在の表現があって、上着が価値の存在形態と示
  され、上着が--リンネルの同等物である価値であることを示す、ーー物象の判断であるーー商品の
  行う価値関係での--反省規定ーーは捨象されるのです。
  ②上着が価値として、リネンに<直接的に>等置されるならば、そのままに上着は、自身の価値存在
  を現出させるーーのだから>上衣は直接的にその自然的形態のままに、価値形態と規定される、のは
  明らかです。
  ここでの「上衣を自分に等置することによって・・・すなわち抽象的人間労働の直接な体化物として
  の形態規定をあたえ、・・」でも同じくであり、この規定の仕方は、上衣が等価形態となるときに規
  定される仕方であります。
 ロ)媒介的なのですとは?ーー上着が「廻り道」をして媒介的に価値としてリネンに等置されています
  が、その意味が何か?であります。
  ③リネンの交換関係においてならば、上着は使用価値として等置される量的関係でしかありません。
  リネンの上着との価値関係においては、リネンが価値であるのは、
  aその両者の同等性がーー人間労動と示され、
  b上着・裁縫労動はリネンからの反省規定で、<廻り道>をして、
  媒介的に両者に共通な抽象的人間労働とされるーーことで、上着は価値とされていることで、この反
  省規定があることで、やっとこのリネンは価値であるのです。
 ハ)④ここで、次の転倒、誤読をみておかなければ、先生の誤りは見えません。
  「上衣を自分に等置することによって上衣に価値物としての、定在における上衣の自然形態」ーーで
  あることで、と示すことで、先生は、媒介されたリネンの価値表現と、直接的に上着が価値形態とさ
  れることとを、混同したのです。
  ここには、上記に示された、ー-上着が価値としてリネンに等置されるーー上着の同等物としての役
  立ちが、二つあり、媒介的なのか、直接的なのか、の区別への追求が無いのです。
  ー-上着が価値として役立つ、この媒介性をまず3・5段落で、追求しています。ーー
  ⑤上着に、「抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、」たのであれば、裁縫労動
  は直接的に抽象的人間労働の実現形態へと転化ーーしており、等価形態の第二の独自性、を示すこと
  になってしまいます。ここではそのことは問題にはなっていません。
 ニ)⑥どうしてーー久留間先生はこんな誤解をしたのか?
  「・・右の方程式の例においてリンネルはまず自分を上着に等置しているのではなくて、上着を自分
  に等置することによって、上着を価値物にしているのだ、ということにあるのであるがーー」(P57
  ~58)と誤りをば述べながら、その次のページでは、正しくこう述べるのです。
  「・・「上着を価値として自らに等置し」と訳すべきであることは、一見明らかであるとおもう。」
  (P59)ーーと。


  この方向性を見れば、まず上着が価値形態を受けとる転倒は有り得ないのです。
  このように、相対的価値形態の形成の方向性において、リンネルの価値形態が物象の判断として、
  使用価値ではなく<商品上着>とのかかわりのなかで示されていたのです。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ヘ)再版五段落の理解に戻ります。
  ⑦先生は、後者では、正しく述べながら、それを、論じている条件が、
  <a相対的価値形態の内実>での①化学式の3段落に続く、②価値抽象の批判として
  「その価値性格<価値キャラクター>は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます」ーー
  との再版4段落の提起・条件を無視したことで<価値形態>とここを誤読・誤解したのではないか?
  「上衣の形態において、自分自身の価値性格を表現するのである。すなわち、その使用価値の形態で
  あるところの自然形態からーー(略)ーー区別された価値形態をもつ」ーーと。全く逆の理解をした
  のです。

  すなわち、上着は価値形態であると、全く正反対の理解を示したのです。これでは、上着は自然的形
  態でありながら価値形態を示すーー等価形態と、先生は、誤解したのであります。
  そして次に、③この5段落での、ーー
  「織り方が方程式を示すと、実際にはどちらの仕事でも、人間の労働の共通の性質に本当に同じもの
  に仕立てを還元」ーー中国語からの事実上の抽象・五段落の訳は、秀逸--とは理解しないのです。
    「この迂回路では、価値を織り込むと、仕立ての重要な特徴、
    すなわち抽象的な労働が<具備>ある。異なる商品の同等の表現だけが、
    様々な商品において実際に使用され得る。」
  この迂回路を、その価値形態の下での、人間労動の表示が、等価形態の下での表示だから、上衣にー
  ー「抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、」たーーと読んだ、と思います。

  未だ規定されていない、提起されていない「価値形態」を、4段落に見たのが、人々がどうこの事柄を
  批判すべきなのか?どうにも理解できなかった、ことなのであります。

 ⑧価値関係にて、まずーその価値性格ーが問題にされているのに、先生は、等価形態こそが論じる対象
 だとして前段に置き、初版の誤訳の廻り道を例証にしています。
  彼の論拠の全ては、初版の回り道ーーの誤解に基づくものなのです。なんとも、自分の正しさの例証
  としたことが、誤解なのであります。
  そして、初版7段落の廻り道の論証を、戻って、6段落にてもそうだと示し、その延長に<等価形態を
  論ずる延長として>4段落を提示することで、そこで論じられているマルクスの肝心要の、相対的価値
  形態の形成の方向での、その内実であるーー物象の社会的関係ーー<註18>が、ここに示されている
  ことを、正しい長谷部訳をも、誤訳として、排除しているのです。

 ⑨しかし、江夏訳初版の名誉のためにも、この初版第二段落にては、正しくこう記述されています。
  「リンネルは、自分の価値量・・・を上着で表現することによって、自分の価値存在に自分の直接的
  存在とは区別される価値形態を与える。」(『初版』 江夏訳 P35 原P16 )
  これが当然の理路ではないですか?
  リンネルが価値存在を表現し、上着は価値の存在形態ーーであれば、リンネルはこの相対的価値形態
  の形成の筋道において、まず、自らの価値形態を、表現するのです。
  上着が価値形態を受けとるのであれば、これは、等価形態での出来事なのです。

  この迂回路について
   <この迂回路では、価値を織り成すならば、織り合わせることでは、仕立てという顕著な<有用労
  働の>特徴を持たないので、すなわち抽象的な人間労働と語られています。>
  どうして、上着を縫い上げる裁縫労動だけが、人間労動に還元されるとーー
  彼らは理解--誤解をしたのか?

  それは、この人間労働に還元した後の-廻り道-を、次の理解をしたためです。
  リンネルに対して上着は、直接的交換可能性--を示す、上着は等価形態であるのが、相対的価値形
  態の形成過程においても前提である、ーーとの理解からなのです。

  ーーしかし、前節の 1価値表現の両極ーー相対的価値形態と等価形態は、単なる見取り図であり等
  価形態が前提と述べているのではありません。
  この内実論の最終の⑪段落で示されているように、やっと等価形態ではなく、相対的価値形態を受け
  とる、との記述です。
  ではーー見取り図を示さないで論理展開をしている初版ではどうでしたか?
  ーーリンネルが、「廻り道」をすることで、商品形態を受けとれたのだから、その経過のなかで、リ
  ンネルは価値形態を受けとることで、そのことが出来たと示されています。何と⑧段落です。やっと
  3・5・6・7段落にてその成立について論じられながら、やっと、七段落にて商品形態が形成され
  ることで、八段落にて、相対的価値形態の反対極にやっと八段落にて等価形態の成立を告げられるの
  です。
  久留間先生の論理は、商品形態が如何にして成立したのか?それは、この廻り道を消去することで、
  相対的価値形態の成立の筋道のなかに依る--ことを不問にしたものであり、等価形態の成立ばかり
  を追求するのであり、<仕立てと織りの商品への転化とは>この何故--を不問にするイデオロギー
  であったのです。
  ドイツ語ペーラペラの先生としては、この誤訳を知っていたのではないか?この回り道を経過したー
  ーことでの左極でのリンネルの価値形態の成立について、この7段落の後に、明快にマルクスは述べて
  います。やっと、両極の成立であり、けして右極の形態や、 両極が前提になど、なっていません。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ト「価値物」が、再版での全くの異文であり、恐ろしき意図の下での誤訳であります。
  この5段落の誤訳の有り様を、更に追求してみました。

①For example. The coat equates to linen as worth, so the labor in the court is equal to the labor in the linen.
①例えばです。コートは、価値としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネンに
潜んでいる労働に等しいのです。

②例えばです。コートは、価値としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネンに
潜んでいる労働に等置される。
②For example. Since the coat is equally placed on linen as a value, the labor in the court is equiped with the labor lurking in the linen.

③For example. The coat is equiped as linen as value, so the labor in the court is the same as the labor in the linen.
③例えばです。コートは、価値物としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネン
に潜んでいる労働と同じです。

④例えばです。コートは、価値物としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネン
に潜んでいる労働に等置される。
④For example. Since the coat is equiped as linen as value objects, the labor in the court is equally placed on the labor lurking in the linen. .
④例如。 由於外套被稱為亞麻布作為有價物品,因此法院的勞動同樣依賴於潛伏在亞麻布中的勞動力。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  何とも・・この誤訳の恐ろしき意図、
  同等物 に対しての 「等価物」、  価値としての上着に対しての 価値物、
  ーー全く意味が転倒して、マルクス先生の意図が、空中分解して、
  理解できなくなるのです。次の正訳を掴み取る必要ありです。

⑤ー①通過例如如果將岩石等同於畫布的値,則其中的工作等同於其中的工作
⑤ー①例えば、岩がキャンバスの価値と等しいとすれば、その作品はその作品と同等です。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <次の⑥ ⑦ ⑧段落を超えて、更に、⑨ ⑩段落での商品語の語りを超えて、
  ⑪段落にて、リンネルの価値形態が、規定されることで、相対的価値形態が形成されて、
  やっと、この⑤段落の迂回路が達成されるのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑥It is not enough, however, to express the specific character of the work from which the value of the canvas consists. Human labor in the liquid state or human labor makes value, but is not worth. It becomes value in a coagulated state, in figurative form. In order to express the canvas value as a jelly of human labor, it must be expressed as an "objectivity," which is in fact different from the canvas itself and at the same time common to other commodities. The task has already been solved.
⑦In the value relation of the canvas, the rock is regarded as its qualitatively equal, as a thing of the same nature, because it is a value. He is therefore considered as a thing in which value appears or which represents value in its tangible natural form. Now, though, rock, the body of rockware, is a mere utility value. A skirt expresses no more value than the first best piece of canvas. This proves only that he means more within the value relation to the canvas than outside it, as many a man means more within a galloped rock than outside it.

⑥但是,僅僅表達作品的特定特徴是不充分的,這是畫布的價値。處於流動状態或人力勞動的人力勞動是有價値的,但卻不値得。它以形象的形式變成凝固状態的價値。為了將畫布價値表達為人類勞動的果凍,它必須表達為“客觀性”,這實際上不同於畫布本身,同時也是其他商品的共同點。任務已經解決了。

⑦在畫布的價値關係中,岩石被認為是質量上相等的,因為它是一種價値。因此,他被認為是一種價値出現或代表其有形自然形式價値的東西。然而,現在搖滾樂器搖滾樂僅僅是實用價値。裙子表達的價値不比第一塊最好的畫布更有價値。這證明了他在畫布的價値關係中比在畫布之外的意義更大,因為許多人在一個疾馳的岩石中意味著更多在外面。

⑥しかし、キャンバスの価値である作品の特定の特性だけを表現するだけでは不十分です。モビリティやマンパワーの状態での労働力は価値がありますが、それだけの価値はありません。画像の形で固体の値になります。キャンバスの価値を人間の労働力のゼリーとして表現するためには、それは「客観性」として表現されなければなりません。これは実際にはキャンバス自体とは異なり、他の商品に共通です。タスクは解決されました。

⑦キャンバスの値の関係では、岩は値なので質的に等しいと見なされます。したがって、彼は価値の中に現れるか、またはその有形の、自然な形の価値を表すものであると考えられています。しかし、ロックミュージックは今や実用的な価値です。スカート式の価値は、最初の最高のキャンバス以上の価値はありません。これは彼がキャンバスの外側よりキャンバスの価値の関係においてより大きな意味を持っていることを証明しています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑧And in terms of the value of the canvas, it applies only to this side, therefore as an embodied value, as a value body.
⑧また、キャンバスの価値の面では、この側面のみに適用されるため、具体化された値として、値の本文として適用されます。

In spite of his buttoned-up appearance, the canvas has recognized in him the tribe-related beautiful soul of value. However, the rock can not be of value to her without the value taking on the form of a skirt at the same time.
彼の可愛い姿にもかかわらず、キャンバスは彼の中で部族関連の美しい価値魂を認めています。 しかし、同時にスカートの形を取る価値がなければ、彼女は価値あるものではありません。

Thus the individual A can not behave as a majesty to the individual B, without the majesty at the same time assuming the body form of B for A, and thus changing facial features, hair, and many other things with the patriarch of the land.
したがって、個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、したがって顔の特徴、髪、および他の多くのものをその土地の総主教と交替させることなく、威厳のない個人Bへの威厳として行動することはできない。

 <次の訳もあったので提示しておこう。>
   http://content.csbs.utah.edu/~ehrbar/cap1.pdf
⑧コートの生産では、仕立ての形のヒューマン・マン・パワーが実際に費やされた。その結果、人間の労働はコートに蓄積されている。これによりコートは価値はありますが、たとえコートが最も擦り切れていても、このプロパティはどこからでも表示されません。
そして、リネンの価値関係では、この側面の下でのみコートがカウントされるので、価値の化身として体現されます。そのリボンは、値のものです。

しかし、コートは、リネンの価値を表現することはできません。後者の場合は、コートの形をとっています。
例えば、個人Aは、別の個人Bには「陛下」であることはできませんが、Bの目の中には、Aの物理的な形状を想定しています。そして、新しい人の父親と一緒に、ファッション・フィーチャー、ヘアー、その他多くのものを変えます。
⑧ In the production of the coat, hu-man labor-power, in the shape of tailoring,was in actual fact expended.Consequently, human labor is accumulated in the coat.By virtue of this, the coat is a ‘carrier of
value’, although this property does not show through anywhere, even where the coat is at its most threadbare. And in the value relation of the linen, the coat counts only under this aspect, counts therefore as embodied value, as incarnation of value.Despite its buttoned-up appearance, the linen recognizes in the coat a splendid kin-dred soul, the soul of value. The coat, however, cannot represent value towards the linen unless value, for the latter, at the same time assumes the shape of a coat.An individual, A, for instance, cannot be ‘your majesty’ to another individual, B, un-less majesty in B’s eyes assumes the physi-cal shape of A, and, moreover, changes fa-cial features, hair and many other things,with every new ‘father of his people’

⑧在裙子的生産中,實際上,在剪裁的形式下,人力勞動已經花費了。所以人類的工作堆積在他身上。根據這一方面,裙子是“有價値的承載者”,雖然即使是最大的破舊也不能看透它的屬性。並且就畫布的價値而言,它僅適用於這一方,因此作為一個具體價値,作為價値主體。儘管他的外表扣人心弦,帆布卻在他身上認出了與部落有關的美麗靈魂。然而,如果沒有同時採用裙子形式的價値,搖滾對她來説就沒有價値。因此,單獨的A不能個別B作為不為甲陛下一個威嚴還假定B和因此面部特徴,毛髮和其他許多人的體形仍然與毎個重複主權變化。

⑧実際には、スカートの生産においては、仕立ての形で、人間的労働はすでに費やされてきた。それで人間の仕事が彼の上に積み重なっています。この側面によると、最大のぼろぼろでさえその属性を見ることができませんが、スカートは「貴重なキャリア」です。そしてキャンバスの価値という点では、これはこの面にのみ適用されます。したがって、特定の価値として、価値の対象として適用されます。彼の握った外観にもかかわらず、キャンバスは彼の中の部族に関連する美しい魂を認識しました。

しかし、同時にスカートの形で価値がない場合、ロックは彼女には価値がありません。 したがって、単一のAを個別のBにすることはできません。

鎧の下にいないので陛下はまたB、したがって顔の特徴を仮定します、主権が繰り返されるたびに、髪の毛や他の多くの人の体型は変わります。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑨ー①価値の面では、岩の形態がキャンバスに同等物<等価物X>であり、
岩の形態は価値のある形態とみなされます。
したがって、商品キャンバスの価値は、商品岩の本体、他の商品の使用価値
における商品の価値で表されます。
①In terms of value, in which rock forms the equivalent of
the canvas<岩の形態がキャンバスの同等物>, the rock form is considered a value form.
The value of the commodity canvas is therefore expressed in the body of
the commodity rock, the value of a commodity in the use value of the others.

②使用価値として、キャンバスはロックとは異なる官能的なものです。
使用価値は「岩のような」ものでスカートのように見えます。
したがって、それはその自然形態とは異なる価値形態を受け取る。
 <同等性関係での転倒--であります。だから、この9段落での価値形態は無し!
 使用価値・スカート、上衣は、この自然的形態のままに価値形態を受け取る転倒--
 --を示しています。これが次の宗教的な転倒であり、上衣がその物的形態のままに
 価値形態と誤認されていますし、それでは、左極を形成することができません。
 そこで、次の<神の子羊のように見えます>--との批判が、あります。>
②As a use value, the canvas is a sensual thing different from rock,
as a value it is "rock-like" and therefore looks like a skirt.
Thus it receives a value form different from its natural form.

⑨ー③それらの岩のような形での価値は、その自然に表す同等性が、
キリスト教徒の羊の性質のようにであり、神の子羊のように見えます。
⑨ー③Their value, in their likeness to the Rock,
appears like the sheep nature of the Christian in his equality with the Lamb of God.

⑨在價値比中,岩石形成畫布的等價物,岩石形式被認為是一種價値形式。
因此,商品畫布的價値在商品搖滾的主體中表示,商品的價値在其他商品的使用價値中表示。
作為一種使用價値,帆布是一種與搖滾不同的感性物質,因為它的價値是“搖滾般的”,
因此看起來像裙子。因此,它接收與其自然形式不同的値形式。
他們與磐石的相似之處在於他與上帝羔羊平等的基督徒的羊性質。

⑨価値比では、岩はキャンバスの等価物を形成し、岩の形は価値形態であると考えられます。
したがって、商品キャンバスの価値は商品ロックの本体に表示され、
商品の価値は他の商品の使用価値で表現されます。
使用価値として、キャンバスはその価値が「ロックのよう」であるので、
それはスカートのようにも見えるので、ロックンロールとは異なる賢明な物質です。
したがって、それはその自然な形とは異なる形の価値を受け取ります。
それらは、神の子羊に等しいクリスチャンの羊の性質に似ています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ここでの--岩の形態は価値ある形態--では、この商品語での転倒の言い表わしだから、
 として次を点検--検討するのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑩ー①You see, everything the analysis of the value of the goods told us in advance says the canvas itself as soon as it enters into contact with other commodities, the skirt.
Only she betrays her thoughts in her own familiar language, the language of the goods.
⑩ー①ご覧の通り、他の商品、スカートと接触するとすぐにキャンバス自体に、その商品価値の分析を--事前に伝えてくれました。彼女だけが、自分の考えを自分の身近な言葉--つまり商品の言葉では、裏切っています。

⑩ー②To say that work forms its own value in the abstract quality of human labor, she says that rock, insofar as it is indifferent to it, is worthy of the same work as the canvas.
⑩ー②その仕事(作品)の形態<「労働」ではない>は、抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女はそれが無関係である限り、それがキャンバス仕事と同じの価値がある限り--ロックがそうであると言います。

③だから、それはその崇高な<価値対象性-ではなく>価値観 - 客観性はその剛体とは異なると言うために、彼女はその価値は岩のように見え、それゆえ価値としては、それは別のものに対しても--卵のように岩に似ています、と語っています。ちなみに、ヘブライ語以外にも、ことばの言語には多かれ少なかれ正しい方言があります。
 <「価値観 - 客観性」は単に価値だけではなく、価値形態も含めてです。
  --value-objectivity is different from its rigid body, --とは?
  硬い固体の形態とは異なる、価値形態、のことであります。>
③To say that its sublime value-objectivity is different from its rigid body, she says that value looks like a rock, and therefore, as value, it resembles rock like an egg to another.
By the way, the language of languages, besides Hebrew, has many more or less correct dialects.

⑩ー④ドイツ語の「値」は、例えば 商品Bを商品として同一視することが、商品Aの適切な価値表現であるという--ロマネスク時代の言葉ヴァレール、ヴァレール、ヴァロアよりも目立たない。パリはフェアトレードである! <パリは見逃せない!>
⑩ー④The German "value" expresses e.g. less striking than the Romanesque time word valere, valer, valoir, that equating the commodity B with the commodity is the proper value-expression of the commodity A. Paris is a fair trade! <Paris is worth a fair!>
   <それがキャンバス仕事と同じの価値がある限り--ロックがそうであると言います。>
   このように、リネン・キャンパス仕事は、
   上着・ロックを、自身と同じの岩の形態は価値のある形態と、両者で認めていることで、
   同等性関係の価値関係への確認・復帰を--成し遂げています。
   <中国語での訳文はどうか? 仕事<工作>であり、価値観 - 客観性であります。>
<それはキャンバスと同じ仕事に値する、それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女は言います。その崇高な価値観 - 客観性はその硬い体とは異なる - と言って、彼女はその価値観が石のように見えると言いました、それで、価値観として、それは別の卵のように揺れ動きます。>

⑩你看,事先告訴我們的貨物價値的分析,一旦它與其他商品,裙子接觸,就説帆布本身。只有她用自己熟悉的語言,即商品的語言背叛了自己的思想。為了説工作在人類勞動的抽象質量中形成了自己的價値,她説,岩石,因為它對它無動於衷,因此値得與畫布一樣的工作。要説它的崇高價値 - 客觀性與其僵硬的身體不同,她説價値看起來像一塊石頭,因此,作為價値,它就像一個雞蛋一樣搖滾到另一個。順便説一句,除了希伯來語之外,語言的語言或多或少都有正確的方言。德國“價値”表示例如不如羅馬式時間詞valere,valer,valoir,將商品B與商品等同的商品是商品A的正確價値表達。巴黎是一個公平交易! <巴黎値得公平!>

<その日本語訳> 「それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成する」--と。>

人々は、商品の価値分析によって予測されるものはすべて、他の商品やスカートと接触したときのキャンバス自体とまったく同じであることを認識しています。
彼女だけが、自分が慣れ親しんでいる言葉、つまり商品の言葉で自分の考えを裏切った。
<即ち商品語を批判して述べるのです>それが無関係であるため、それはキャンバスと同じ仕事に値する、それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女は言います。
その崇高な価値観 - 客観性はその硬い体とは異なる - と言って、彼女はその価値観が石のように見えると言いました、それで、価値観として、それは別の卵のように揺れ動きます。
ところで、ヘブライ語に加えて、その言語の言語は多かれ少なかれ正しい方言を持っています。 ドイツ語の「値」とは、たとえば、ローマ風の単語「バレール」、「ヴァレール」、「バロア」ほど良くないこと、および商品Bが商品Aと等価であることが商品Aの正しい値表現であることを意味します。 パリはかなりの取引です! <パリは公平性に値する! >
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまりマルクスは、リンネルの価値形態は、この上着が価値形態となる--混同・混乱のなかで、
リンネルの価値形態が形成され、相対的価値形態の形成は、<価値形態リンネル>だけではなく、
上着の受け身ではなく転倒した主体的な役立ちであり、つまり、価値表現の材料としての物象の
役立ちがあって、形成される--のに、ということなのですね!
「その価値たることが、上衣との同一性に現れること、ちょうどキリスト者の羊的性質が、その
神の子羊との同一性に現れるようなものである。」(岩波文庫P96~97)
--とあるようにですか!つまり、価値表現の材料ではなく、<価値形態>としての役立ちも!
しているように、語る-と言うのです。

しかし、リンネルも上着も価値物となるのは、どちらも価値形態になれる・・ということですか?
しかし、物的関係の形成であれば、超感性的な左極にての価値形態は形成されず、物的な関係での
価値形態で有り、等価物上着の姿態のままに価値形態となる右極での規定になりますよ・・・
しかし、<上着が価値物>との規定は、等価物であり・等価形態とのダブルの混合した規定ではな
かったのですか?
 だから、同等物としての上衣がリンネルに等置され、回り道・商品語の転倒をへて、リンネルの
価値形態を、反射規定する物象の社会関係を結んでいることで、八段落での--威厳のない個人Bへ
の威厳として行動する--個人Aの形成ができたのです。
  <したがって、個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、したがって顔の特徴、
  髪、および他の多くのものをその土地の総主教と交替させることなく、威厳
  のない個人Bへの威厳として行動することはできない。>・・と。
  それが9段落での一大転倒!!!への批判でかちとるものであります。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <崎山先生の訳 ーー榎原さん提示>
  労働は人間的労働という抽象的属性においてリンネル自身の価値を形成するということを言う
  ために、リンネルは、上着がリンネルに等しいものとして通用するかぎり、したがって価値で
  あるかぎり、上着はリンネルと同じ労働から成り立っていると言う。
  リンネルの高尚な価値対称性は糊でごわごわしたリンネルの肉体とは違っているということを
  言うために、リンネルは、価値は上着に見え、したがって、リンネル自身も価値物としては上
  着と瓜二つであると言う。」
  (『資本論』長谷部訳、河出書房新社、原典五六頁、訳文は井上康・崎山政毅
  『マルクスと商品語』、二一~二頁)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  岩波 向坂訳 P97
  「亜麻布の森厳なる価値対象性が、そのゴワゴワした布の肉体とちがっているというために、
  亜麻布は、価値が上着に見え、したがって亜麻布自身が価値物としては、卵が他の卵に等しい
  と同じように、上着に等しいというのである」
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <ジャケット、の意味ーー補足しておきます。
  人にジャケットを着せる、人の被覆物・物象の被覆物であり、・・とは、
  ここには、物象の判断が示されているのだから、「リネンの布」には、ーーではなくて、
  「値は岩のように見え、したがって価値として、卵のように岩のように見えます」であり、
  ーー上着価値であり、卵のように岩のようにーー見えるという転倒、なのです。
  ーー価値関係ではなく、同等性関係に転倒した形態ーーを示しています。
  <その崇高な価値観 - 客観性がその剛体とは異なると言うならば、彼女は価値が
  岩のように見え、したがって価値としては、卵のように岩のように見えると言います。>
  このように、「その崇高な価値観 - 客観性」でなければ意味が見え無くなっている。

  著者マルクスのは、商品語による転倒でのーー理解を9・10段落と是正してきたのに、その意
  義を理解できず、8・9段落の主張の違いが、この整理にあるのですからーー⑨でのーー上着
  は価値形態でありと商品語で示しながらも、最後の判断として、ーー価値関係において、リン
  ネルの価値形態--と、転倒した同等性関係への批判が、まとめられています。


  だから等価物上衣を価値物と誤読するならば、この転倒した・頭で逆立ちの両者ともの価値物
  となってしまうので、触らぬものとして、<相対的価値形態は、前提>となるのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑪したがって、価値関係により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態になるか、または商品Bの本体は商品Aの価値水準となる。(18)
商品Aは、価値体としての商品Bを、人間労働の素材として、彼ら自身の価値表現の材料である使用価値Bとする。
商品Aの価値は、商品Bの使用価値で表され、相対的価値形態となる。

By means of the value relation, therefore, the natural form of the commodity B becomes the value form of the commodity A or the body of the commodity B becomes the value level of the commodity A. (18)
By the commodity A refers to the commodity B as value body, as material of human work, makes them the utility value B to the material of their own value expression.
The value of the commodity A, so expressed in the use value of the commodity B, has the form of the relative value.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪通過價値比率,商品B的自然形式成為商品A的價値形式或商品B的主體成為商品A的價値水平。(18)
商品A指商品B作為價値主體,作為人類工作的材料,使它們成為 效用値B為自己的値表達式的材料。
以商品B的使用價値表示的商品A的價値具有相對價値的形式。

⑪価値比率により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態となり、商品Bの本体は商品Aの価値レベルとなる。 (18)
商品Aは、商品Bを価値対象とし、人間の作業素材としては、使用価値Bが自らの価値表現である材料とする。
商品Bの使用価値で表される商品Aの価値は、相対的価値の形をしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ーーーーーこの次は、すぐさま次の等価形態冒頭を、参照願いたい。ーーーーー
 https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1714
  ④ 再版  同等のフォーム

  <①商品A(キャンバス)は、異なる商品B(スカート)の使用価値にその価値を表し、
  後者はそれ自体が価値形態であり、それ(キャンバス)と同等の価値を表現すること
  が分かっている。>何とも、英語訳は明快そのものです。

   3. The equivalent form 3.同等の形式
 It has been seen that a commodity A (the canvas) expresses its value in the use-value of a different commodity B (the skirt), the latter itself expresses a peculiar form of value, that of the equivalent.
 ①商品A(キャンバス)は、異なる商品B(スカート)の使用価値にその価値を表し、後者はそれ自体が価値形態であり、それ(キャンバス)と同等の価値を表現することが分かっている。
   <「等価物という形態を押し付ける。」原P70 新書訳P95 の混迷しか生み出さない訳>

The linen of the linen brings to light its own value by the fact that the skirt, without assuming a value form different from its body form, is indifferent to it.
そこでのリネンは、リネンにたいしスカートが、その体型とは異なる価値形態をとることなく、それに無関心であるという事実によって、それ自身の価値を明るくする

The canvas thus expresses its own value by the fact that the skirt is directly interchangeable with it. The equivalent form of a commodity is therefore the form of its immediate interchangeability with other commodities.
したがって、キャンバスは、スカートがそれと直接交換可能であるという事実によって、それ自身の価値を表現する。したがって、同等の形態の商品は、他の商品との即時の互換性の形態です。

 ②If a kind of commodity, such as skirts, serves as an equivalent to another type of commodity, such as canvas, skirts are therefore given the characteristic property of being in an immediately exchangeable form with canvas, then there is in no way given the proportion in which skirts and canvas are interchangeable are.
ここでのスカートのような一種の商品が、キャンバスのような別の商品と同等のものとして機能する場合、スカートは、キャンバスとすぐに交換可能な形であるという特徴的な特性が与えられ、スカートとキャンバスは交換可能です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  マルクスの経済学批判の第一の課題が、リカード対ベーリのいわゆる①絶対的価値と相対的価値の論争
  の克服ーーのために、価値形態論が取り組まれたのであり、『初版』序言に示されているように、
  ①価値実体と価値の大いさ、②価値形態、③転倒した労働生産物の商品形態または価値形態との三者の
  関連性--を示すことを、相対的価値形態と同等な形態<等価形態>ーー同等な形態は彼らには既に認
  識済みとの前提ーーのもとで、提示することが、必要とされていたとの認識が必要と思えます。

  その位置付けの最大の重要性の把握をするならば、次の第二の形態での先生の提起も理解できる。
  ベーリは、この展開された相対的価値形態では、リンネルの価値形態の形成が有ることで、上着での価
  値表現が為されている、ことを無視している、との批判です。そして、左極での形態の形成が自ずと、
  物象の判断にて、右極での等価形態・同等形態をもたらすのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1724
  ① 商品に提示された作品のあいまいな性格

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1716
  ② 2. The Relative Form of value
  (a.) The nature and import of this form
  このフォームの性質と重要性

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1707
  ③ 商品の二面性と商品形態の二重性について
  <第三節 価値形態または交換価値>

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1714
  ④ 再版  同等のフォーム
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1697
  ⑤ 資本論 単純な価値形式の全体・第二の形態 第三の形態

  <次は、上記を参照願います。>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:22/1517 《前のページ | 次のページ》
/1517