teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/1506 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

12・15東京緊急集会へ

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月15日(土)01時39分44秒
  通報 返信・引用
  関生型労働運動, 反弾圧 12・8大阪集会に600名が結集して抗議の渦 - 12・15東京緊急集会へ!
12・8大阪集会に600名が結集して抗議の渦 - 12・15東京緊急集会へ!

労働組合潰しの大弾圧を許さない12・8大阪集会に600名が結集

これは「共謀罪」適用の始まりだ!
立場の違いを超えた広範な反撃で労働組合潰しの弾圧跳ね返そう

 いま、連帯ユニオン関西生コン支部に対して空前の権力弾圧がしかけられています。
 8月から毎月のように不当逮捕がくりかえされ、逮捕者の数は5つの事件でのべ40人にものぼり、連帯ユニオン関西生コン支部(関生支部)執行委員長の武建一さんや筆頭副委員長の勾留期間はすでに3 か月以上に及んでいます。11月21日には武洋一書記長他組合幹部も逮捕されました。

 事件とされているのは、業者団体に運賃引き上げなどを要求した昨年12月のストライキや建設現場の法令違反改善を申し入れた活動など、いずれも正当な組合活動に対して、「威力業務妨害」「強要未遂」「恐喝未遂」としたものです。これら一連の労働組合弾圧は始まりであって、「共謀罪適用のリハーサル」という側面があり、沖縄新基地建設土砂投入の強行、来年の大阪G20-天皇代替わりを前に、共謀罪を社会運動団体全体に拡大する安倍政権による、重大な踏み切りではないかと考えます。

 現在、地元の関西を中心に「これはすべての労働組合・市民運動にかけられた弾圧だ!」と、抗議と反撃の闘いが取り組まれています。
 こうした重大事態をうけて、東京でも、いまおきている組合弾圧の実態と問題点をあきらかにし、この弾圧がすべての労働者・市民運動に襲いかかる攻撃の始まりと受け止め、抗議と反撃の闘いを起こすべく、関西より弾圧下にある関生支部の上京に合わせ緊急集会を開きます。
 立場の違いをこえた総がかりでの団結と連帯をつくりましょう!

■ 日程 2018年12月15日(土)午後6時30分開会
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
■ 会場 日本教育会館(中会議室)
 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
 地図:http://www.jec.or.jp/koutuu/
 ※参加費500円

■ プログラム
1.弾圧の報告
 関生支部より報告
 関西実行委員会代表の報告
2.大弾圧をどう考えるか 弁護士よりの発言
 大口昭彦弁護士(関生支部宝島裁判担当)ほか
3.発言・連帯挨拶
 伊波洋一参議院議員 ほか

■ 緊急集会呼びかけ人
 一ノ瀬敬一郎(弁護士)
 伊波洋一(参議院議員)
 上原公子(元国立市長)
 大口昭彦(弁護士)
 大野和興(日刊べリタ編集長)
 菅孝行(評論家)
 辛淑玉(のりこえネット共同代表)
 野平晋作(ピースボート共同代表)
 花輪伸一(沖縄意見広告運動全国世話人)

■ 主催:12・15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会実行委員会
(仮事務局)協同センター・東京内 〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1-301
 電話:03-5342-1395 FAX:03-6382-6538
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/1506 《前のページ | 次のページ》
/1506