teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/1517 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 初版附録 価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月21日(金)14時42分2秒
  通報 返信・引用 編集済
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/appendix.htm

  初版附録
 §2. The relative value-form
 第二節 相対的価値形態
(a) Relation of equality.
(a)同等性関係。
Since it is the linen which is to express its value, the initiative proceeds from it. It enters into a relation with the coat, i.e. with some other commodity different from itself.
その価値を表現するのはリネンなので、イニシアティブはそれから始まります。それはコートとの関係、すなわちそれ自体とは異なる他の商品との関係に入る。

This relation is a relation of equalisation (Gleichsetzung).
この関係は、同等性(Gleichsetzung)関係である。

The basis of the expression ‘20 yards of linen = 1 coat’ is in fact: linen = coat, which expressed in words simply means: ‘the commodity-type “coat” is of the same nature (ist gleicher Natur), the same substance as the “linen,” a type of commodity different from it’.
「20ヤードのリネン= 1コート」という表現の根拠は、実際には:リネン=コートは、単に「商品タイプのコート」が同じ性質(ist gleicher Natur)であることを意味する物質を「リネン」、それとは異なる商品の一種と呼んでいます。

We overlook that for the most part, because attention is absorbed by the quantitative relation, i.e. by the definite proportion, in which the one type of commodity is equated to the other.
我々は、大部分を見落としている。注目は定量的な関係、すなわちあるタイプの商品が他の商品と同等である明確な割合によって、そのことが吸収されるからである。

We forget that the magnitudes of different things are only quantitatively comparable after their reduction to the same unit.
我々は、異なるものの大きさは、同じ単位に還元された後にのみ定量的に比較可能であることを忘れている。

Only as expressions of the same unit are magnitudes with the same denominator (gleichnamige) and hence commensurable. In the above expression the linen thus relates to the coat as something of its own kind, or the coat is related to the linen as a thing of the same substance, as the same in essence (Wesensgleiches). The one is therefore quantitatively equated to the other.
同じ単位の表記が、同じ分母(グライクナージェー)の大きさであり、それゆえにこそ相応します。上の表現では、リネンはそれ自身の同種類のものとしてコートに関係しているか、コートは同じ物質のものとしてリネンに関連しています(本質的には同じです)(Wesensgleiches)。したがって、一方は他方に定量的にのみ同等である。

(b) Value-relation.(b)価値関係。
The coat is only the same as the linen to the extent that both are values. Thus that the linen is related to the coat as to something of its own kind or that the coat as a thing of the same substance is equated to linen, expresses the fact that the coat counts in this relation as value. It is equated to the linen insofar as the latter is value as well.
コートは、両方が価値である限り、リネンと同じです。 したがって、リネンは、それ自体の種類の何かに関するコートに関連しているか、同じ物質のものとしてのコートがリネンと同等であるということは、コートがこの関係において価値として数えるという事実を表す。 後者が価値である限り、それはリネンと同等である。

The relation of equality is thus a value-relation, but the value-relation is above all the expression of the value or the existence as value of the commodity which expresses its value. As use-value, or body of the commodity (Warenkörper), the linen is distinguished from the coat. But its existence as value comes to light, is expressed in a relation, in which another commodity-type, the coat, is equated to it or counts as the same in essence.
したがって、同等の関係は価値関係であるが、価値関係は、とりわけその価値を表現する商品の価値としての価値存在である。商品の使用価値または身体(Warenkörper)として、リネンはコートと区別されます。しかし、価値存在は、他の商品型、コートがそれと同等であるか、本質的に同じであるという関係で表現される。

(c) Qualitative content (Gehalt) of the relative value-form, contained in the value-relation.
(Gehalt)。
(c)価値関係に含まれる相対価値形態の定性的内容
The coat is value only to the extent that it is the expression, in the form of a thing, of the human labour-power expended in its production and thus insofar as it is a jelly of abstract human labour  abstract labour, because abstraction is made from the definite useful concrete character of the labour contained in it, human labour, because the labour counts here only as expenditure of human labour-power as such.
Within this relation the coat thus counts only as shape of value (Gestalt von Wert 価値の形 ), hence also as the form of the value (Wertgestalt 値の形状) of the linen, as the sensible form of appearance of the value of the linen.

コートは価値あるものであり、人間労働力が生産で消費されたものの形で表現され、抽象的人間労働としての抽象である限り抽象的な労働である。 その中に含まれている労働の明確で有益な具体的な性格、すなわち人間の労働力から作られたものである。なぜなら、ここでの労働は人間の労働力の支出としてだけであるからである。

この関係の中で、コートは価値と観なされ(ゲシュタルト・フォン・ワート)、その形状としてしか見えないので、リネン価値の出現の合理的な形としてのリネンの価値形態(ウェットゲシュタルト)としてもカウントされます。
  <今村訳--このように、リネンはその唯一の素材が人間労働からなる一個の身体」(物体)
  としての上着に関係させられないと、リネンは価値物としての上着に関わることができず、価
  値としての上着に関係させられることもできない。しかし価値であるかぎりでのリネンは同じ
  人間労働の凝結物である。だからこの関係の内部では、上着身体は、リネンと共通の価値実体、
  すなわち人間の労働を表現する。この関係の内部では、上着はただ価値の姿として、したがっ
  て、またリネンの価値姿として、リネン価値の現象形態としてのみ通用する。>
  ーー『初版・附録』P331 筑摩書房 2005年刊 2800円ーー
  <マルクスの記述していない「価値物」「価値の現象形態」「価値実体」を付加している。
  この悪訳!!!!これでは、価値形態論が全く理解し難い!のはあたりまえです。>

Thus by means of the value-relation the value of the commodity is expressed in the use-value of another commodity, i.e. in the body of another commodity different from itself.
従って、価値関係によって、商品の価値は、別の商品の使用価値、すなわち、それ自体とは異なる別の商品の本体で表される。

(d)価値関係に含まれる相対的価値形態の量的限定性(Bestimmtheit)。
(d) Quantitative definiteness (Bestimmtheit) of the relative value-form contained in the value-relation.
しかし、20ヤードのリネンはその価値だけでなく、人間の労働のゼリーですが、一定の大きさの価値、すなわち明確な量の人間の労働が客観化されています。したがって、コートとリネンとの価値関係において、商品タイプのコートは、リネンと同様に身体的価値(Wertkörper)として、すなわち人間の労働の実施形態として量的に同等であるだけでなく、この身体的形態の一定量1衣服のように、20ヤードのリネンと同じくらい正確に人間の労働の価値のある物質が隠されている限り、1コート、1コート、1ダースなどである。

(e) The relative value-form as a whole (Das Ganze der relativen Wertform).
(e)全体としての相対的価値形態(Das Ganze der der Wertform)。

したがって、相対価値表現を通じて、商品の価値は、まず、自分の使用価値とは異なる形態を獲得する。この商品の使用形態は、例えば以下の通りである。リネン。しかしそれはコートとの平等の関係において価値観を持っています。この平等の関係を通じて、他の商品の体は、それとは明らかに異なるが、価値(Wertgestalt)としての自分の性格の価値(Wertsein)としての自分の存在の鏡となる。このようにして、自然な形態とは異なる独立した別個の価値形態が得られます。しかし、第二に、一定の大きさの値として、それは定量的に明確な関係またはそれが他の商品のボディと同等である割合によって定量的に測定される。
Thus through the relative value-expression the value of the commodity acquires, first, a form different from its own use-value. The use-form of this commodity is, e.g. linen. But it possesses its value-form in its relation of equality with the coat. Through this relation of equality the body of another commodity, sensibly different from it, becomes the mirror of its own existence as value (Wertsein), of its own character as value (Wertgestalt). In this way it gains an independent and separate value-form, different from its natural form. But second, as a value of definite magnitude, it is quantitatively measured by the quantitatively definite relation or the proportion in which it is equated to the body of the other commodity.

§3. The equivalent form
§3。同等の形式

(a)即時交換可能な形態。
①(a) The form of immediate exchangeability.
As values all commodities are expressions of the same unit, of human labour, which count equally and are replaceable or substitutable for one another. Hence a commodity is only exchangeable with another commodity insofar as it possesses a form in which it appears as value.
①価値として、すべてのコモディティは、同等に数えられ、お互いに置き換え可能または代替可能である、同じ単位の表現である人間労働です。したがって、商品は、価値として現れる形態を保有している限り、他の商品との交換が可能です。

商品の身体は、即時型、すなわち身体または自然の形態であれば、直ちに他の商品と交換することができ、別の商品または価値形態(Wertgestalt)に関して価値を表す(vorstellt)。
この特性はコートとリネンとの価値関係において所有されている。さもなければ、リネンの価値はコートであるものでは表現できません。したがって、商品は全く同等の形態をしており、まさにこれを意味します。
A body of the commodity is immediately exchangeable with another commodity insofar as its immediate form i.e. its own bodily or natural form, represents (vorstellt) value with regard to another commodity or counts as value-form (Wertgestalt). This property is possessed by the coat in the value-relation of the linen to the coat. The value of the linen would otherwise not be expressible in the thing which is the coat. Therefore that a commodity has equivalent form at all, means just this.


価値表現におけるその場所を通して、それ自身の自然形態は、別の商品の価値形態としてカウントされるか、または別の商品との即時交換可能性の形態を有する。したがって、他の商品の価値として現れ、価値として数え、価値として行動するためには、直ちに自然な形態とは異なる形をとる必要はありません(安心してください)。
Through its place in the value-expression its own natural form counts as the value-form for another commodity or it possesses the form of immediate exchangeability with another commodity. Therefore it does not need to take on (annehmen) a form different from its immediate natural form in order to appear as value for another commodity, to count as value and to act on it as value (auf sie als Wert zu wirken).

(b) Quantitative definiteness is not contained in the equivalent form.
(b)定量的な明確性は、同等の形態に含まれていない。

①That a thing which has the form of a coat is immediately exchangeable with linen, or a thing which has the form of gold is immediately exchangeable with all other commodities ? this equivalent form of a thing contains absolutely no quantitative definiteness. The opposed erroneous view springs from the following causes:
①コートの形をしたものがすぐにリネンと交換できるか、あるいは金の形をした物は直ちに他のすべての商品と交換できます - これと同等の形態のもの<等価形態ー既存訳>は、絶対に定量性がありません。反対の誤った見方は、以下の原因によるものです。

②まず、リネンの価値表現の素材となる商品「コート」は、「1コート」や「2コートではない」などのように、定量的にも定まっているのか?

'20ヤードのリネン 'は値の相対価値表現で表されているだけでなく、同時に価値の一定量として測定されます。

しかし、1コートは2コートではなく、20ヤードのリネンほど多くの労働を含み、したがって20ヤードのリネンと同等であることは、商品タイプのコートのこの特性の商品タイプである--直ちに交換可能であることは、リネンとはまったく無関係である。
②First, the commodity ‘coat’, for example, which serves as material for the expression of value of linen is, within such an expression, also always quantitatively definite, like ‘1 coat’ and ‘not 12 coats’, etc. But why?
Because the ‘20 yards of linen’ are expressed in their relative value expression of value not only as value as such, but at the same time are measured as a definite quantity of value. But that 1 coat and not 12 coats contains as much labour as 20 yards of linen and hence is equated with 20 yards of linen has absolutely nothing to do with this characteristic property of the commodity-type coat of being immediately exchangeable with the commodity-type linen.

③Second, if ‘20 yards of linen’ as value of a definite magnitude are expressed in ‘1 coat’, then conversely the magnitude of value of ‘1 coat’ is also expressed in ‘20 yards of linen’, and thus similarly quantitatively measured, but only indirectly, through reversal of the expression, not insofar as the coat plays the role of the equivalent but rather insofar as it represents its own value relatively in the linen.
③第二に、「1コート」で「20ヤードのリネン」が一定の大きさの価値で表現されている場合、「1コート」の価値の大きさも「リネン20ヤード」で表され、同様に定量的に測定されますが、コートが同等物<等価物>というこの役割を果たすのではなく、むしろリネンの中で相対的に自分の価値を表す限りでは、表現の逆転を通じて間接的にのみである。

④第三に、「20ヤードのリネン= 1コート」または「20ヤードのリネンは1コートの価値がある」という式を次のように表現することもできます。

'20ヤードのリネンと1コートは同等であるか、または両方が等しい大きさの値である '。

ここでは、2つの商品のどちらか一方の値を他方の値の使用価値に表記していません。したがって、2つの商品のどちらも同等の形態<等価物>では設定されない。等価とはここでは大きさが等しいものを意味し、頭の中で黙って抽象化されたものだけを意味します。
④Third, we can also express the formula ‘20 yards of linen = 1 coat’ or ‘20 yards of linen are worth 1 coat’ in the following way:‘20 yards of linen and 1 coat are equivalents, or both are values of equal magnitude’.
Here we do not express the value of either of the two commodities in the use-value of the other. Neither of the two commodities is hence set up in equivalent-form. Equivalent means here only something equal in magnitude, both things having been silently reduced in our heads to the abstraction value.

 (c) The peculiarities (Eigentümlichkeiten) of the equivalent form
(c)同等の形態の特色(Eigentümlichkeiten)

 a) First peculiarity of the equivalent form: use-value becomes the form of appearance of its opposite, of value.
 a)同等の形態の第一の特異性:use-valueは、その反対の価値の出現形態になります。
  <反対の価値の現象形態・・既存訳は誤り・第一の独自性は、商品の物的存在が価値形態となる>
①The natural form of the commodity becomes the value-form. But, nota bene, this quid pro quo occurs for a commodity B (coat or wheat or iron, etc.) only within the value-relation to it, into which any other commodity A (linen, etc) enters, and only within this relation.
①商品の自然形態が価値形態になります。
しかし、このーthis quid pro quoー取違える商品は、他の商品A(リネンなど)が入っている商品との価値関係の中でのみ、商品B(コートまたは小麦または鉄など)に対してのみ・この関係のなかでのみ発生します。

それ自体では、孤立していると見なされますが、コートは、リネンと同じように、有用なもの、つまり使用価値に過ぎません。そのため、そのコートフォームは使用価値の形式にすぎません(Form von Gebrauchswert) 明確なタイプの商品の自然な形態です。
In itself, considered in isolation, the coat, e.g., is only a useful thing, a use-value, just like the linen, and hence its coat-form is only the form of use-value (ist nur Form von Gebrauchswert) or natural form of a definite type of commodity.

しかし、商品は同等物としてそれ自体に関連することはできず、
<どの商品も自分を等価形態としての自己自身に関係させることはできない・・既存訳、同等物の訳を>
それゆえ、自らの自然の秘密を独自の価値の観なし方で隠すことはできないので、他の商品と同等のものとしてそれ自身を関連付けるか、
<それは自分を等価物としての他の商品に関係させる、・・反省規定する・関連付けることで・・>
あるいは、別の商品の身体の自然の隠れ場所を、それ自身の価値形態と見なしているのです。
But since no commodity can relate to itself as equivalent and therefore also cannot make its own natural hide an expression of its own value, it must relate itself to another commodity as equivalent or make the natural hide of the body of another commodity its own value-form.

②This may be illustrated by the example of a measure, which is predicable of the bodies of commodities as bodies (den Warenkörpern als Warenkörpern zukommt) i.e. as use-values. A sugar-loaf, qua body (weil Körper), is heavy and hence has weight, but one cannot tell the weight of a sugar-loaf by looking or feeling (man kann keinen Zuckerhut seine Schwere ansehn oder anfühlen). Now we take different pieces of iron whose weight has been previously determined.
②これは、商品本体としての商品の本体に属する、すなわち使用価値として推測される尺度の例で説明することができる。
シュガーローフ、ケアボディー(weilKörper)は重く、重量を持っていますが、見たり感じたりすることで、砂糖菓子の重さを伝えることはできません。今度は、あらかじめ重量を決めておいた様々な鉄片を取ります。

②-②The bodily form of the iron considered in itself is just as little the form of appearance of weight as that of the sugar-loaf. However in order to express the sugar-loaf as heaviness or weight, we put it into a weight-relation with iron. In this relation the iron counts as a body, which represents nothing but heaviness or weight. Hence quantities of iron serve as the measure of the weight of sugar and represent, with regard to the body of sugar, merely the form of heaviness (blosse Schweregestalt), form of appearance of heaviness. Iron plays this role only within the relation in which the sugar, or some other body whose weight is to be found, enters. Were both things not heavy they could not enter into this relation and hence the one could not serve as the expression of the weight of the other.
鉄の体形は、それ自体で考えても、砂糖塊のような外観の形をしています。しかし、砂糖塊を重量や重さとして表現するためには、鉄との重量関係に入れます。この関係では、鉄体は重さとして扱われます。体重は重量と重さに過ぎません。

したがって、鉄の量は砂糖の重量の尺度として役立ち、砂糖の体に関して、重さの形(ブレスSchweregestalt)、重さの外観の形を表すだけである。鉄は、砂糖、または体重が検出される他の身体が入る関係でのみ、この役割を果たす。両者は重いものではなかったので、この関係に入ることができなかったため、他方の重さの表記として機能することができませんでした。

If we throw both on the scale pan, we see in fact that they are, as weight, the same and hence in a definite proportion also of the same weight.
だから、スケールパン<天秤はかり>に両方を置いた場合、実際に同じ重量のものであり、したがって同じ重量の一定の比率であることがわかります。

Just as here the body of the iron represents, with regard to the sugar-loaf, simply heaviness, so in our expression of value the body of the coat represents, with regard to the linen, simply value.
ここでのように、鉄のボディは、砂糖菓子に関しては、単純に重さを表しています。したがって、価値表現では、麻のことを、単に値として表現します。
<同 今村訳--ここで鉄の体が砂糖にとってたんなる重さを代表するのと同じく、われわれの価値表現においては上着自体がリネンにとってたんなる価値を代表する。
この誤訳・・秤の上で初めて表現--とは何か?秤上の関係ですから、重さとは・価値形態の表現!>

b) ①Second peculiarity of the equivalent form: concrete labour becomes the form of appearance of its opposite, abstract human labour
b)同等の形態の第二の特異性:具体的な労働は、反対の抽象的な人間労働の出現形態となる

②The coat counts in the expression of the value of the linen as the value-body, hence its bodily or natural form as value-form, i.e. therefore as embodiment of undifferentiated human labour, human labour as such (schlechthin). But the labour by which the useful thing which is the coat is made and by which it acquires a definite form, is not abstract human labour, human labour as such, but a definite useful, concrete type of labour the labour of tailoring.
②コートは、価値体としてのリネンの価値表現、したがってその価値形態としての身体的または自然形態、すなわち未分化な人間労働の実現形態、それ自体の人間労働(シュレフチン)としてカウントされる。
しかし、コートである有益なものが作られ、それが明確な形態をとる労働は、抽象的な人間の労働、人間労働ではなく、明確で有用で具体的な労働形態 - 仕立ての労働である。
 <コート・上着は、すでに左極で価値体であるから、同等物として価値形態として等置されている>
 <同等物・上着は、右極に既にあることで、物象の判断を受け価値形態とされている。>

②ー②The simple relative value-form requires (erheischt) that the value of a commodity, linen, for example, is expressed only in one single other type of commodity. Which the other type of commodity is, is however, for the simple value-form, completely irrelevant. Instead of the commodity-type ‘coat’ the value of the linen could have been expressed in wheat, or instead of wheat, in iron, etc.
②ー②単純な相対価値形式は、商品、リネンなどの価値が、他の単一の商品タイプでのみ表現されることを要求しています(erheischt)。 しかし、他のタイプの商品は価値形態のためには全く無関係です。 コモディティタイプの「コート」の代わりに、リネンの価値は小麦や小麦の代わりに、鉄などで表現されている可能性があります

②-③しかしコート、小麦または鉄のいずれの場合でも、すべての場合において、リネンに相当するものは、リネンに関して価値の本体とみなされ、したがって、それ自体の人間労働の実現形態とみなされる。
すべての場合において、コートまたは小麦または鉄のいずれであろうと、同等の明確な身体的形態は、抽象的な人間労働ではなく、明確で具体的な有用なタイプの労働であり、調整や農業または鉱業の労働である。
②-③But whether in coat, wheat or iron, in every case the equivalent of linen counts as the body of value with regard to the linen, hence as embodiment of human labour as such. And in every case the definite bodily form of the equivalent, whether coat or wheat or iron, remains embodiment not of abstract human labour, but of a definite concrete useful type of labour, be it the labour of tailoring or of farming or of mining.

②ー④The definite concrete useful labour, which produces the body of the commodity which is the equivalent must therefore, in the expression of value, always necessarily count as a definite form of realisation or form of appearance, i.e. of abstract human labour. The coat, for example, can only count as the body of value, hence as embodiment of human labour as such, in so far as the labour of tailoring counts as a definite form, in which human labour-power is expended or in which abstract human labour is realised.
②ー④それゆえに価値表現において、必ずや必然的な商品の本体を作り出す明確で具体的な有用労働は、必然的に、抽象的な実現の形態、すなわち抽象的な人間労働の形として必ずや必要である。 コートは、例えば、人間労働力が支出されているか、または、仕立ての労働が明確な形態として、カウントされる限り、抽象的人間労働が実現されている。

③Within the value-relation and the value expression included in it, the abstractly general counts not as a property of the concrete, sensibly real; but on the contrary the sensibly-concrete counts as the mere form of appearance or definite form of realisation of the abstractly general. The labour of tailoring, which, for example, hides in the equivalent ‘coat’, does not possess, within the value-expression of the linen, the general property of also being human labour. On the contrary. Being human labour counts as its essence (Wesen), being the labour of tailoring counts only as the form of appearance (Erscheinungsform) or definite form of realisation of this its essence. This quid pro quo is unavoidable because the labour represented in the product of labour only goes to create value insofar as it is undifferentiated human labour, so that the labour objectified in the value of the product is in no way distinguished from the labour objectified in the value of a different product.
③価値関係とそれに含まれる価値等式の中での抽象的な一般的なものは、具体的なものではなく、それが現実的なものです。
逆に、顕著に具体的なものは、外観の単なる形態または抽象的に一般的なものの実現の明確な形態としてカウントされる。

例えば、同等の「コート」<外装>に隠れている仕立ての労働は、リネンの価値表現の中で、人間の労働でもあるという一般的な性質を有していない。それどころか。人間労働であることは本質(Wesen)であり、その仕立ての労働は外観の形(Erscheinungsform 外観・見掛け)またはその本質の実現の明確な形としてのみカウントされます。

この製品は、分化していない人間労働である限り、労働生産物に代表される労働だけが価値を創出するため、避けられないものであり、

①<that the labour objectified in the value >
この製品の価値に客観化された労働は、--that the labour objectified--物象としての労働は--

②<of the product is in no way distinguished from >
この製品の

④<the labour objectified in the value of a different product.>
こうして、労働は異なる製品の価値を客観化、している。
<the labour objectified--物象としての労働は>

③<of the product is in no way distinguished from >
異なる製品の価値に客観化された労働とは決して区別されない

④-①この、次の逆転(Verkehrung)は、
顕著に具体的なものはフォームとしてだけカウントする
<the sensibly-concrete counts only as the form >

抽象的な一般的な外観の形でしかなく、それどころか
<of appearance of the abstractly general and not, on the contrary, >

これは、抽象的な一般的なコンクリート<具体化>のプロパティ<特性>として、valueの表現を特徴づける。
<the abstractly general as property of the concrete,characterises the expression of value.>

④-②同時に、それはそれを理解することを、難しく困難にする。

④-③私が言うなら、ローマ法とドイツ法はどちらも法律であり、それは明らかです。しかし、もし私が言うなら:Law(Das Recht)、この抽象化(Abstraktum)は、ローマ法とドイツ法において、これらの具体的な法律において、相互関係が神秘的になっていることを実感します。

④-①This inversion (Verkehrung) by which the sensibly-concrete counts only as the form of appearance of the abstractly general and not, on the contrary, the abstractly general as property of the concrete, characterises the expression of value.

④-②At the same time, it makes understanding it difficult.

④-③If I say: Roman Law and German Law are both laws, that is obvious. But if I say: Law (Das Recht), this abstraction (Abstraktum) realises itself in Roman Law and in German Law, in these concrete laws, the interconnection becoming mystical.

 g) Third peculiarity of the equivalent form: private labour becomes the form of its opposite, labour in immediately social form
 g)同等の形態の第3の特異性:private labour 私的労働は、その反対の形態、直ちに社会的形態の労働になる

①Products of labour would not become commodities, were they not products of separate private labours carried on independently of one another. The social interconnection of these private labours exists materially, insofar as they are members of a naturally evolved social division of labour and hence, through their products, satisfy wants of different kinds, in the totality (Gesamtheit) of which the similarly naturally evolved system of social wants (naturwüchsiges System der gesellschaftlichen Bedürfnisse) consists. This material social interconnection of private labours carried on independently of one another is however only mediated and hence is realised only through the exchange of their products. The product of private labour hence only has social form insofar as it has value-form and hence the form of exchangeability with other products of labour. It has immediately social form insofar as its own bodily or natural form is at the same time the form of its exchangeability with other commodities or counts as value-form for another commodity (anderer Ware). However, as we have seen, this only takes place for a product of labour when, through the value relation of other commodities to it, it is in equivalent-form or, with respect to other commodities, plays the role of equivalent.

①労働の製品は商品にならないだろう、彼らは別々の私的労働の製品が互いに独立して運ばれたのではない。これらの私的労働の社会的相互関係は、自然に進化した社会的分業の一員であり、したがって、その製品を通して、異種の欲求を満たし、その全体として(Gesamtheit)、同様に自然界に進化した社会的欲求(NaturwüchsigesSystem der GesellschaftlichenBedürfnisse)が構成されています。

しかし、互いに独立して運営されている私的労働のこの物質的な社会的相互接続は、仲介されているだけであり、したがって、彼らの製品の交換によってのみ実現される。
したがって、私的労働の製品は、価値形態を持ち、したがって他の労働生産物との交換可能性の形をとる限り、社会的形態をとっているだけである。
 <先生は、我々労働者に教えてくれている。!同等な人間労働が表示される限り、
  両極で、価値形態を、裏と表で価値形態をとっている--と!>

それは、それ自身の身体的または自然の形態が、同時に他の商品との交換可能性の形態であるか、または別の商品のための価値形態としての計数の形態である限り、直ちに社会的形態をとる(anderer Ware)。しかし、これまで見てきたように、これは、他の商品との価値関係を通じて、それが同等の形態であるか、他の商品と比較して同等の役割を果たすときに労働の生産のために行われます。

②The equivalent has immediately social form insofar as it has the form of immediate exchangeability with another commodity, and it has this form of immediate exchangeability insofar as it counts for another commodity as the body of value, hence as equal (als Gleiches). Therefore the definite useful labour contained in it also counts as labour in immediately social form, i.e. as labour which possesses the form of equality with the labour contained in another commodity.
②同等物は他の商品との即時の交換可能性の形をとる限り、直ちに社会的形態をとっており、他の商品を価値体とみなして同等(グライチェス)である限り、この形式の即時交換可能性を有する。したがって、それに含まれる明確な有益な労働は、直ちに社会的な形態、すなわち別の商品に含まれる労働と同等の形態を持つ労働としての労働としてもカウントされます。

A definite, concrete labour like the labour of tailoring can only possess the form of equality with the labour of a different type contained in a commodity of a different kind, for example the linen, insofar as its definite form counts as the expression of something which really constitutes the equality of labours of different sorts or what is equal in those labours. But they are only equal insofar as they are human labour as such, abstract human labour, i.e. expenditure of human labour-power.
テーラリングの労働のような明確で具体的な労働は、異なる種類の商品、例えばリネンに含まれる異なるタイプの労働と平等の形態を唯一持てる。実際には、さまざまな種類の労働の平等--または労働の同等を構成します。しかし、それは、人類の抽象的な人間労働、すなわち人間の労働力の支出という人間の労働である限り、唯一のものである。

Thus, as has already been shown, because the definite concrete labour contained in the equivalent counts as the definite form of realisation or form of appearance of abstract human labour, it possesses the form of equality with other labour, and hence, although it is private labour, like all other labour which produces commodities, it is nevertheless labour in immediately social form. Precisely because of this it is represented in a product that is immediately exchangeable with the other commodities.
したがって、すでに示されているように、明確な具体的労働は抽象的な人間の労働の現実化または外観の明確な形態と同等の点数に含まれるため、他の労働との同等の形を保有しているため、それにもかかわらず、労働はすぐに社会的形態の労働である。このため正確に他の商品と直接的に交換できる商品で表現されています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③The last two peculiarities of the equivalent-form set out in §§ b and g become still more comprehensible when we recur to the great theorist (Forscher) who for the first time analysed the value-form, like so many forms of thought, forms of society and forms of nature, and for the most part more happily than his modern successors, I mean Aristotle.
③§§bとgに示されている等価形の最後の2つの特異性は、非常に多くの考え方や形のような価値形態を初めて分析した偉大な理論家(Forscher) 近代的な後継者よりも幸いなことに、私にはアリストテレスを意味します。

③ー②Aristotle clearly formulates first of all the fact that the money-form of the commodity is only the further developed shape (Gestalt) of the simple value-form, i.e. of the expression of value of a commodity in any other commodity, for he says:
③ー②Aristotleは、商品の貨幣形態が単純な価値形態、すなわち他の商品での商品価値の表現の形態だけであるという事実を明確に定式化していて、彼は 言う:

‘5 beds = 1 house’ (clinai pente anti oiciaς)
‘does not differ’ from
‘5 beds = such and such an amount of money’ (clinai pente anti ... oson ai pente clinai)

③ー③He sees further that the value-relation, in which this expression of value hides, determines, for its part, the fact that the house is qualitatively equated with the bed and that these sensibly different things would not be able to be related to one another as commensurable magnitudes without such essential equality ‘Exchange’, he says, ‘cannot take place without equality, and equality cannot occur without commensurability.’ (out isothς mh oushς summetriaς).
③ー③さらに、価値表現が潜む価値関係が、家が定性的にベッドと同等じであり、これらの賢明に異なるものは、 そのような本質的に同等性をもたずに、相応の大きさとして相互に交換することは、平等でなくてはならず、この同等性は相応性なしでは起こり得ない、と彼は述べている(outisothςmhoushςsummetria)。

④But at this he pulls up short and ceases the further analysis of the value-form, ‘But it is in truth impossible (th men oun alhqeia adunaton) that things of such different sorts should be commensurable’, i.e. qualitatively equal. This equalisation can only be something which is alien to the true nature of things, and therefore only a ‘makeshift for practical purposes’. [c]
④しかし、これで彼は短くなり、価値形態のさらなる分析を中止します。「しかし、このような異なる種類のものは定性的に同等でなければならないということは事実上不可能です(つまり男性はアルケア・アドナートンです。この均等化は物事の本当の性質とは異質なものに過ぎず、それゆえに「実用的な目的のための一時的な変更」に過ぎない。 [c]

⑤したがってアリストテレスは、彼のさらなる分析が難破船に苦しんでいるところ、つまり価値概念の欠如について、私たちに自分自身を教えている。家がベッドの価値を表現する際にベッドを表現する、等しいもの、つまり共通の物質は何ですか?そのようなことは「真実ではない」とアリストテレスは言う。どうして?ベッドに関しては、家はベッドと家の両方が本当に平等である限り、平等なものを表します(グリーチェ・ヴォール)。それが人間労働です。
⑤Aristotle thus tells us himself just where his further analysis suffers shipwreck, namely, on the lack of the concept of value. What is that which is equal, i.e. the common substance, which the house represents for the bed in the expression of the value of the bed? Such a thing ‘cannot in truth exist’, says Aristotle. Why? With respect to the bed the house represents something which is equal (stellt ein Gleiches vor) insofar as it represents what in both, the bed and the house, is really equal. And that is human labour.

⑥But the fact that in the form of commodity-values all labours are expressed as equal human labour and hence as counting equally (als gleichgeseltend) could not be read out of the value-form of commodities by Aristotle, because Greek society rested on slave labour and hence had the inequality of people and their labours as a natural basis.
⑥ー①しかし、商品価値の形で、すべての労働は平等な人間の労働として表現され、それゆえアリストテレスによる商品の価値形態から平等に計数されているという事実は、ギリシャ社会が奴隷労働に頼っていたためそれゆえに自然な基礎としての人々とその労働の不平等を持っていました。

⑥ー②The secret of the expression of value, the equality of all labours and the fact that all labours count equally because and insofar as they are human labour as such can only be deciphered when the concept of human equality already possesses the fixity of a popular prejudice.
②価値表現の秘密、すべての労働の同等であると、すべての労働が人間の労働である限り同等労働であるという事実は、人間の平等という概念が既に民衆の偏見の固定性を持っている場合にのみ解読することができます。

⑥ー③But that is only possible in a society in which the commodity-form is the general form of the product of labour and thus also the relation of people to one another as possessors of commodities is the ruling social relation.
しかし、これは、商品形態が労働生産物の一般的な形態であり、したがって商品の所有者としての人々の関係が支配的な社会関係である社会においてのみ可能である。

⑥ー④The genius of Aristotle shines precisely in the fact that he discovers in the expression of value of commodities a relation of equality. Only the historical limit of the society in which he lived prevents him from finding out what, ‘in truth’, this relation of equality consists in.
⑥ー④アリストテレスの天才は、商品の価値の表現に同等の関係を発見したという事実に正確に映っています。 彼が住んでいた社会の歴史的な限界だけが、彼が「真実で」この同等の関係が何であるかを知ることを妨げている。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d) Fourth peculiarity of the equivalent form: the fetishism of the commodity-form is more striking in the equivalent form than in the relative value-form
d)同等形態の第4の特異性:商品形態のフェチシズムは、相対価値形態よりも同等の形で顕著である。

The fact that the products of labour  such useful things as coat, linen, wheat, iron, etc.  are values, definite magnitudes of value and in general commodities, are properties which naturally pertain to them only in our practical interrelations (in unsrem Verkehr) and not by nature like, for example, the property of being heavy or being warming or nourishing. But within our practical interrelations, these things relate to one another as commodities. They are values, they are measurable as magnitudes of value, and their common property of being values puts them into a value-relation to one another. Now the fact that, for example, ‘20 yards of linen = 1 coat’ or ‘20 yards of linen are worth 1 coat’ only expresses the fact that:
コート、リネン、小麦、鉄などの有益なものである労働の製品が価値であり、価値の絶対的な大きさであり、一般的な商品であるという事実は、当然のことながら、 Verkehr)のようなものであり、例えば、重く、暖かく、栄養を与えるという性質のようなものではない。しかし、私たちの実践的な相互関係の中で、これらは物として互いに関係しています。それらは価値であり、価値の大きさとして測定可能であり、価値であるという共通の特性は、それらを互いに価値の関係に置く。たとえば、「20ヤードのリネン= 1コート」または「20ヤードのリネンは1コートの価値がある」という事実は、

1. the different types of labour necessary for the production of these things count equally (gleichgelten) as human labour;
2. the fact that the quantity of labour expended in their production is measured according to definite social laws;
3. that tailors and weavers enter into a definite social relation of production.

1.これらのものの生産に必要な異なるタイプの労働は、人間の労働と同様に(グライヒゲルテン)数えます。
2.生産に費やされる労働の量が明確な社会的法律に従って測定されていること。
3.テイラーとウィーバーが生産の明確な社会関係に入ること。

It is a definite social relation of the producers in which they equate (gleichsetzen) their different types of labour as human labour. It is not less a definite social relation of producers, in which they measure the magnitude of their labours by the duration of expenditure of human labour-power.
それは、生産者の明確な社会的関係であり、彼らは異なる種類の労働を人間の労働と同等とみなしている。それは生産者の明確な社会的関係ではなく、人間の労働力の支出の期間によって労働の規模を測定する。

But within our practical interrelations these social characters of their own labours appear to them as social properties pertaining to them by nature, as objective determinations (gegenständliche Bestimmungen) of the products of labour themselves, the equality of human labours as a value-property of the products of labour, the measure of the labour by the socially necessary labour-time as the magnitude of value of the products of labour, and finally the social relations of the producers through their labours appear as a value-relation or social relation of these things, the products of labour. Precisely because of this the products of labour appear to them as commodities, sensible-supersensible (sinnlich übersinnliche) or social things.
しかし、私たちの実践的な相互関係の中で、自分たちの労働の社会的性格は、
本質的にそれらに関係する社会的特性、労働生産物の客観的決定(Bestimmungen)、
 < as objective determinations (gegenständliche Bestimmungen) 物象的規定>
労働者の労働の平等社会的に必要な労働時間による労働の尺度、労働生産力の価値としての労働尺度、最終的に労働者による生産者の社会関係は、これらの価値観や社会的関係として現れる、労働の製品。正確にこれにより、労働生産物は、商品、賢明な - 超越的な(sinnlichübersinnliche)または社会的なものとして現れる。

Thus the impression on the optic nerve brought about by the light (Lichteindruck auf den Sehnerv) from something is represented, not as a subjective stimulation of the optic nerve itself, but as the objective form of a thing outside the eye. But in the case of seeing, light from a thing, from the external object, is in fact thrown upon another thing, the eye. It is a physical relation between physical things. As opposed to that the commodity-form and the value-relation of products of labour have absolutely nothing to do with their physical nature and the relations between things which springs from this.
したがって、何かからの光(Lichteindruck auf den Sehnerv)によってもたらされた視神経に対する印象は、視神経そのものの主観的刺激としてではなく、目の外のものの客観的形態として表される。しかし、見ることの場合、物からの光は、外部の物体から、実際に別のもの、目に投げられる。それは物理的なものの間の物理的な関係です。商品形態と労働生産物の価値関係とは、物理的性質やこれから生じる物事の関係とはまったく関係がない。

It is only the definite social relation of people (der Menschen) itself which here takes on for them the phantasmagoric form of a relation of things. Hence in order to find an analogy for this we must take flight into the cloudy region of the religious world. Here the products of the human head appear as independent figures (Gestalten) endowed with a life of their own and standing in a relation to one another and to people.
それがここでは、人々の明確な社会的関係(der Menschen)が、物事の関係の幻影的<想像的>な形態をとっているのです。したがって、これを類推するためには、宗教界の曇った地域へ飛行しなければなりません。ここでは、人間の頭の製品は、自分自身の人生と他人や人との関係に立っている独立した人物(Gestalten)として登場しています。

So it is in the world of commodities with the products of the human hand. This I call the fetishism which clings to the products of labour as soon as they are produced as commodities and which is therefore inseparable from commodity-production.
だから人間の手の製品を持つ商品の世界にあるのです。これは、商品として生産され、商品の生産と切り離せないとすぐに、労働の産物に固執するフェチシズムと呼ばれています。


Now this fetish-character emerges more strikingly in the equivalent-form than in the relative value-form.
The relative value-form of a commodity is mediated, namely by its relation to another commodity.

Through this value-form the value of the commodity is expressed as something completely distinct from its own sensible existence. At the same time it is inherent in this that existence as value (Wertsein) is a relation which is alien to the thing itself and hence that its value-relation to another thing can only be the form of appearance of a social relation hidden behind it. Conversely with the equivalent-form.
今、このフェティッシュ・キャラクターは、相対的価値形態よりも同等の形態でより顕著に現れます。
商品の相対的価値形態の形成は、すなわち別の商品との関係によって媒介されている。

この価値形態を通じて、このように、商品の価値はそれ自身の賢明な存在とは全く異なるものとして表現されます。
それと同時に、価値(Wertsein)存在は、物そのものとは異質な関係であり、したがって、他の物との価値関係は、その背後に隠れている社会的関係の出現の形にしかならないということに本質的なことである。
<Conversely with the equivalent-form.>
しかし、同等<等価>形態では、これとは逆となっている。

It consists precisely in the fact that the bodily or natural form of a commodity counts immediately as the social form, as the value-form for another commodity. Therefore, within our practical interrelations, to possess the equivalent-form appears as the social natural property (gesellschaftliche Natureigenschaft) of a thing, as a property pertaining to it by nature, so that hence it appears to be immediately exchangeable with other things just as it exists for the senses (so wie es sinnlich da ist).
それは、商品の身体的または自然の形態が、他の商品の価値形態として、社会的形態として直ちに数えられるという事実に正確に含まれる。したがって、私たちの実践的な相互関係の中では、同等の形態を持つことは、物事の社会的自然的性質(生態学的性質)として現れるのであり、それゆえ、それは感覚のために存在する(したがって、sinnlich da ist)。

But because within the value-expression of commodity A the equivalent-form pertains by nature to the commodity B it seems also to belong to the latter by nature outside of this relation.
しかし、商品Aの価値表現の中では、同等の形態は本質的に商品Bに関係するので、この関係の外でも自然に後者に属しているようにも見える。

Hence, for example, the riddle (das Rätselhafte) of gold, that seems to possess, by nature, apart from its other natural properties, its colour, its specific weight, its non-oxydisability in air, etc., also the equivalent-form, or the social quality of being immediately exchangeable with all other commodities.
したがって、例えば、他の自然の性質、その色、比重、空気中での非酸化性などを除いて、本質的に貨幣の謎(dasRätselhafte)として、他のすべての商品と即座に交換できる社会的な質を備えています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
§ 4. As soon as value appears independently it has the form of exchange-value

 
 
》記事一覧表示

新着順:18/1517 《前のページ | 次のページ》
/1517