teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:17/1516 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

      第1作業プロセス

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月23日(日)12時38分7秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_192.htm

  process and recovery process
  作業プロセスと回復プロセス
  1st working process
  第1作業プロセス

①<192> The use of labor is the labor itself. The buyer of the labor consumes it by having their salesman work. As a result, the latter becomes an actuarial worker, a worker, which in the past was only potentia. In order to present his work in commodities, he must first of all present them in utility values, things that serve to satisfy needs of some sort. It is therefore a particular second-hand value, a definite article, which the capitalist makes by the worker. The production of commodities or commodities does not change their general nature by acting for and under the control of the capitalist.

The work process is therefore initially independent of any particular social form.
①<192>労働力の利用は労働そのものです。労働力の買い手は、セールスマンに働きかけてそれを消費します。その結果、後者は保険数理人労働者、労働者になりますが、これは過去にはただの可能性でした。彼の作品を商品に提示するためには、まずそれらを実用価値で提示しなければなりません。それはある種のニーズを満たすのに役立つものです。それゆえ、それは特定の中古の価値、資本家が労働者によって作る明確な記事です。コモディティまたはコモディティの生産は、資本主義者のために、そしてその支配下で行動することによってそれらの一般的性質を変えることはありません。

そのため、作業プロセスは当初、特定の社会的形態から独立しています。
<The work process is therefore initially independent of any particular social form.>

②-①仕事は、まず第一に、人間と自然との間のプロセス、人間が自らの行為を通して自然との彼の新陳代謝を仲介し、調整し、制御するプロセスである。彼は天然物質としての天然物質そのものに反対します。彼は自分の生活に適した形で天然物質を獲得するために、自分の体、腕と脚、頭と手に属する自然の力を動かします。彼の外の自然に働きかけ、それを変えることによって、彼は彼自身の性質を変えます。彼は彼女の中で休眠状態にある能力を発達させ、そして彼女の力の演劇を彼自身の服従性にさらします。
②-①The work is first of all a process between man and nature, a process in which man mediates, regulates and controls his metabolism with nature through his own act. He opposes the natural substance itself as a natural power. He sets in motion the natural forces belonging to his body, arms and legs, head and hand, in order to acquire the natural substance in a form suitable for his own life. By acting on nature outside of him and changing it, he changes his own nature. He develops the potencies dormant in her, and subjects the play of her powers to his own submissiveness.

②-②私たちはここで最初の動物のような本能的な形式の仕事を扱っていません。
②-②We are not dealing here with the first animal-like instinctual forms of work.

②-③The condition in which the worker acts as a seller of his own labor power in the commodity market is, in a primeval background, removed from the state in which human labor had not yet shed its first instinctual form.
②-③労働者が商品市場で自らの労働力の売主として行動するという条件は、原始的には、人間の労働が未だその最初の本能的な形態を脱していない状態から取り除かれている。

②-④We assume work in a form in which it belongs exclusively to man. A spider performs operations similar to those of the weaver, and a bee shames some human builders by building its wax cells. But what distinguishes the worst architect from the outset in front of the best bee is that he built the cell in his head before building it in wax.
②-④私たちはそれが人間だけに属する形で仕事を引き受けます。クモはウィーバーと同様の操作を実行し、ハチはそのワックスセルを構築することによって一部の人間の建築者を恥じています。しかし、最悪の建築家と最高のハチの前の最初の建築家を区別するのは、彼がセルをワックスで造る前に頭の中に造ったということです。

②-⑤At the end of the work process, a result emerges which, at the beginning of it, already existed in the idea of the worker, that is to say already ideationally. Not that it only causes a change of form of the natural; he realizes in the natural at the same time his purpose, which he knows, who determines the manner of his action as law and to whom he must subordinate his will.
②-⑤作業過程の終わりに、結果が現れ、それはその初めにはすでに労働者の考えの中に存在していました、それはすでに理想的に言っています。それが自然の形の変化を引き起こすだけではない。彼は自分の知っている目的、同時に法としての行動の仕方を決める者、そして自分の意思に従わなければならない者を同時に認識します。

②-⑥そして、この従属は孤立した行為ではありません。働く臓器の努力とは別に、注意として自分自身を表現する意図的な意志が仕事の全期間にわたって必要とされます、そして、そうであるほど、それはそれ自身の内容と方法によるものではありません彼らが実行されることは、彼が彼自身の肉体的および精神的な力の演劇として彼らを楽しむのが少ないほど、彼と一緒に労働者を運びます。
②-⑥And this subordination is not an isolated act. Apart from the effort of the organs which work, the purposeful will, which expresses itself as attention, is required for the whole duration of the work, and the more so, the less it is due to its own content and the The manner in which they are performed carries the worker with him, the less he enjoys them as a play of his own physical and mental powers.

③The simple moments of the working process are the purposeful activity or work itself, its object and its means.
③作業プロセスの単純な瞬間は、意図的な活動または作業そのもの、その目的および手段です。

④-①The earth (including, economically, the water), as it originally provided man with provisions and finished food (1), is found without his intervention as the general object of human labor. All things which detach work only from their immediate connection with the whole, are naturally found objects of work.
④-①地球(経済的には水を含む)は、もともと人間に食料と食料を供給していたように(1)、人間の労働の一般的な目的として彼の介入なしに見つけられる。全体との直接的なつながりからのみ作品を切り離すものはすべて、自然に見つかった作品の対象です。

④-②それで、彼の生命要素である魚、水、が分離され、ジャングルに落ちた木、その静脈からばらばらになった鉱石が分離されます。一方、作業対象自体が前の作業でフィルタリングされている場合は、いわゆる「原材料」と呼びます。たとえば、すでに粉砕された鉱石で、現在は洗い流されています。すべての原材料は作業項目ですが、すべての原材料が原材料とは限りません。原材料は、作業関連の変更が行われた直後にのみ作業項目になります。
④-②So the fish that is caught by his life element, the water, is separated, the wood that fell in the jungle, the ore that is broken loose from its vein. On the other hand, if the object of work itself has been filtered through previous work, so to speak, we call it raw material. For example, the ore that has already broken off, which is now washed out. All raw material is a work item, but not every work item is raw material. Raw material is the work item only as soon as it has already undergone a work-related change.

⑤The means of work is a thing or a complex of things that the worker pushes between himself and the object of work, and that serve him as the head of his activity upon this object. He uses the mechanical, physical, chemical properties of things in order to make them act as a means of power on other things, according to his purpose.
⑤仕事の手段は、労働者が自分自身と仕事の対象との間でプッシュすること、そしてこの対象に対する彼の活動の長として彼を務めること、あるいはものの複合です。彼の目的によると、彼は他のものに力の手段としてそれらを機能させるためにものの機械的、物理的、化学的特性を使用しています。

(2)完成品の焼き付きとは別に、作業員がすぐにつかむもの、例えば果物自分の体の臓器だけが作業手段となるものは、作業目的ではなく作業での目的です。このように、自然そのものがその活動の器官、聖書にもかかわらず、それがそれ自身の身体の器官に加えて、その自然な形態を延長する器官になります。その元の供給室である地球と同様に、それは作業機器の元の兵器庫です。それは彼につぎの例えばを提供します。それ自体が投石、こする、押す、切るなどのための石です。地球そのものが仕事の手段ですが、やはりその他のあらゆる仕事の手段と、その働きのための比較的高い労働力の発達を前提としています。農業ではね。
 (2) The object which the worker immediately seizes - apart from the seizure of finished food, the fruit For example, where his own body organs alone serve as means of work - is not the work object, but the means of work. Thus the natural itself becomes the organ of its activity, an organ which it adds to its own bodily organs, prolonging its natural form, in spite of the Bible. Like Earth, its original supply chamber, it is its original arsenal of work equipment. It provides him with e.g. The stone with which it casts, rubs, pushes, cuts, etc. The earth itself is a means of work, but again presupposes a whole range of other means of work and a relatively high development of labor for its service as a means of working in agriculture.

 (3) As soon as the work process is at all reasonably developed, it needs already processed work equipment. In the oldest human caves we find stone tools and stone weapons. In addition to processed stone, wood, bones and shells, in the beginning of human history, the domesticated animal, which is itself already modified by work, plays the main role as a means of working.
(3)作業工程が合理的に開発され次第、すでに加工された作業機器が必要です。最も古い人間の洞窟には石器や石器があります。加工された石、木、骨、そして貝殻に加えて、人類の歴史の初めには、それ自体はすでに仕事によって改造されている飼い慣らされた動物が働きの手段として主な役割を果たしています。

(4)作業材料の使用および創作は、すでに特定の動物種に固有のものであるが、特に人間の作業過程を特徴付けるものであり、したがってフランクリンは、人間を「道具製作動物」、「道具製作動物」と定義する。骨のある遺物の構築が水没動物家族の組織の知識にとって持っているのと同じ重要性は、水没した経済社会形成の評価のための作業用具の遺物を持っています。何が行われているのではなく、どのようにして労働の手段を利用するのかは、経済の時代を区別します。
 (4) The use and creation of working materials, although already inherent in certain species of animals, characterize the specifically human work process, and Franklin therefore defines man as a "toolmaking animal", a tool-making animal. The same importance which the construction of bony relics has for the knowledge of the organization of submerged animal families, has relics of work equipment for the evaluation of submerged economic social formations. Not what is done, but how one makes use of the means of labor, distinguishes the economic epochs.

 (5) The means of labor are not only indicators of the development of the human labor force, but also indicators of the social conditions in which work is carried out. Among the means of work itself, the mechanical means of work, the totality of which may be called the bone and muscle system of production, offer much more decisive characteristics of a social epoch of production than those means of work which serve only containers of the object of work, and whose totality is generally referred to as the vascular system of production can be, such as Tubes, barrels, baskets, jugs, etc. Only in chemical manufacturing do they play a significant role. (5a)
(5)労働手段は、人間の労働力の発達の指標だけでなく、労働が行われる社会的状況の指標でもある。仕事の手段自体の中では、全体として骨と筋肉の生産システムと呼ばれることがある機械的な仕事の手段は、生産の社会的時代のはるかに決定的な特徴を提供します。作業の対象であり、その全体が一般に血管生産システムと呼ばれるものは、例えば、チューブ、バレル、バスケット、ジャグなどであり得る。それらは化学製造においてのみ重要な役割を果たす。 (5a)

⑥より広い意味では、その目的に対する労働の影響を仲介し、したがって何らかの形で活動のリーダーとしての役割を果たすもの以外に、その手段の中の作業プロセスは、すべての目的のために必要なすべての客観的条件を数える。裁判が行われます。彼らは直接彼の中に入りません、しかし彼は彼らなしではまたは不完全にしかそれをすることができません。この種の一般的な作業手段もまた地球そのものです。なぜならそれは労働者に場所を与え、彼のプロセスに雇用の分野を与えるからです。仕事によって既に仲介されているこの種の仕事用機器は例えば作業用建物、運河、道路など
⑥In a broader sense, the working process among its means, besides the things which mediate the effect of labor upon its object, and therefore serve, in one way or another, as leaders of activity, counts all objective conditions which are at all necessary for the trial to take place. They do not go directly into him, but he can not do it without them or only imperfectly. The general working means of this kind is again the earth itself, for it gives the worker the locus standi and his process the field of employment. Work equipment of this kind already mediated by the work is e.g. Work buildings, canals, roads, etc.

⑦ In the working process, therefore, the activity of man through the means of work brings about a change of the object of work intended from the outset. The process goes out in the product. Its product is a use-value, a natural substance appropriated by changing the shape of human needs. The work has been linked to its object. It is objectified, and the object is processed. What appeared on the part of the worker in the form of restlessness now appears as a quiescent property, in the form of being, on the side of the product. He spun, and the product is a web.
⑦したがって、作業過程では、作業手段を通じた人間の活動は、当初から意図されていた作業対象の変更をもたらします。プロセスは製品の中で消えます。その製品は、使用価値、人間のニーズの形を変えることによって割り当てられる天然物質です。その作品はその目的にリンクされています。客観化され、オブジェクトが処理されます。<The work has been linked to its object.> 落ち着きのなさの形で労働者の側に現れたものは、今や製品の側にあるという形で、静止した財産として現れます。彼はスピンし、その製品はWebです。

<196>⑧ Looking at the whole process from the standpoint of its result, the product, both appear to work equipment and subject, as means of production (6) and the work itself as a productive work (7) ,
⑧全体のプロセスをその結果の観点から見ると、製品は生産の手段として作業装置であり主題であるように見え(6)、生産そのものとしての作業自体(7)

⑨使用価値が製品として作業プロセスから出ると、他の使用価値、以前の労働プロセスの製品が生産手段としてそれに入ります。同じ使用価値、これの産物は、その労働の生産の手段を形成します。したがって、製品は結果だけではなく、作業プロセスの条件でもあります。
⑨When a use-value comes out of the working process as a product, other use-values, products of former labor-processes, enter into it as means of production. The same use-value, the product of this, forms the means of production of that labor. Products are therefore not only a result, but also a condition of the work process.

⑩With the exception of the extractive industry, which finds its object of work by nature, such as mining, hunting, fishing, etc. (agriculture only in so far as it breaks the virgin earth itself in the first instance), treat all branches of an object, the raw material, ie already by the work filtered work item, itself is already working product. For example, the seed in agriculture. Animals and plants that are considered to be natural products are not only products of perhaps the work of last year, but, in their present forms, products of a transformation continued by many generations under human control, by means of human labor. But as far as the means of work are concerned, their immense majority shows to the most superficial view the trace of past labor.
⑩採掘、狩猟、漁業など、本来的に仕事の目的があるとされている採掘産業を除いて(最初の段階では処女地自体を破壊する限りにおいてのみ農業)、オブジェクト、つまり原材料、つまりすでに作業フィルタリング済み作業項目によって、それ自体はすでに作業成果物です。たとえば、農業の種です。天然物と考えられている動植物は、おそらく昨年の作品の産物だけでなく、現在の形では、人間の労働力によって、人間の管理下にある何世代にもわたって変容の産物が続いています。しかし、仕事の手段に関する限り、彼らの計り知れない大多数は最も表面的な見解に過去の労働の痕跡を示しています。

⑪The raw material may form the main substance of a product or may be included only as an adjuvant in its formation. The adjuvant is consumed by the working medium, such as coal from the steam engine, oil from the wheel, hay from the draft horse, or added to the raw material to cause a material change, such as chlorine to unbleached canvas, coal to iron, color to wool, or he supports the work itself, such as related materials for the lighting and heating of the workplace. The difference between the main substance and the excipient blurs in the actual chemical production, because none of the raw materials used reappear as the substance of the product.(8th)
⑪原材料は、製品の主要物質を形成してもよく、またはその形成において補助剤としてのみ含まれてもよい。補助剤は、蒸気エンジンからの石炭、車輪からの油、ドラフト馬からの干し草などの作業媒体によって消費されるか、原材料に添加されて塩素から未漂白キャンバスへ、石炭から鉄へと材料の変化を引き起こす。 、羊毛の色、または職場の照明や暖房のための関連資料など、作品自体を支えます。主原料と賦形剤の違いは、実際の化学品製造においては使用される原材料のどれも製品の原料として再出現しないため、ぼやけます。

<197> ⑫Since every thing possesses many properties and is therefore capable of different uses, the same product can form the raw material of very different working processes. Grain, for example, is raw material for millers, starch manufacturers, distillers, ranchers, etc. It becomes the raw material of its own production as a seed. Thus, coal emerges as a product of the mining industry and as a means of production into it.
<197>⑫すべてのものが多くの特性を持ち、したがってさまざまな用途に対応できるので、同じ製品で非常に異なる作業工程の原料を形成することができます。例えば、穀物は製粉業者、でんぷん製造業者、蒸留業者、牧場主などのための原料である。それはそれ自体の種子の種子の生産の原料になる。このように、石炭は鉱業の産物として、そしてそれへの生産の手段として出現します。

⑬同じ製品が、同じ作業プロセスで作業機器と原材料を兼ねることがあります。例えば家畜では、家畜、加工された原材料が同時に肥料生産の手段となります。
⑬The same product may serve as work equipment and raw material in the same work process. At the livestock, for example, where the livestock, the processed raw material, is at the same time a means of fertilizer production.

⑭A product that exists in a form ready for consumption can once again become the raw material of another product, like the grape becomes the raw material of the wine. Or the work releases its product into forms in which it is only usable again as raw material. Raw material in this state means semi-finished product and would be better known as stage product, such as cotton, thread, yarn, etc. Although already a product, the original raw material may have to go through a whole series of different processes, in which it always works as a raw material in ever changing shape until the last working process, which repels it as a finished food or finished work equipment.
⑭ブドウがワインの原材料になるのと同様に、すぐに消費できる形で存在する商品が別の商品の原材料になることができます。あるいは、作品はその製品を、それが原材料としてしか使用できない形に解放します。この状態の原材料は半製品を意味し、綿、糸、糸などのステージ製品としてよく知られているでしょう。すでに製品ではありますが、元の原材料は一連の異なるプロセスを経なければならない場合があります。それはそれが完成した食品または完成した作業機器としてそれを撃退する最後の作業工程まで絶えず変化する形で原料として常に働く。

⑮ One sees: Whether a utility value appears as raw material, means of work or product depends entirely on its particular function in the working process, on the place which it occupies in it, and with the change of this place these determinations change.
⑮実用価値が原材料として現れるのか、仕事の手段として働くのか製品として現れるのかは、作業過程におけるその特定の機能、それが占める場所に完全に依存し、そしてこの場所の変化と共にこれらの決定は変わる。

⑯生産手段としての新しい作業工程への参入の結果として、製品はそれゆえ製品の特徴を失う。それらは生活仕事の客観的要因としてのみ機能する。スピナーはスピンドルをあくまで手段として扱いますが、それをもって亜麻は彼が回転させる対象としてのみ扱います。ただし、素材とスピンドルを回転させずにスピンすることはできません。これらの製品の存在<4。したがって、この製品のエディションは紡績の開始時に必要です。しかし、このプロセスでは、栄養の行為には無関係であり、パンはバウアー、ミュラー、ベイカーの過去の仕事の産物であり、逆もまた同様であるが、亜麻とスピンドルが過去の労働の産物であることも同様に無関係である。作業工程における生産手段が過去の労働の産物としての性格を主張しているのであれば、それらの欠陥によってもそうである。切れないナイフ、絶えず引き裂く糸などは、Cutler AとGarnwichser Eを鮮やかに思い出させます。成功した製品では、その機能的性質の調停は過去の研究によって消滅しました。
⑯As a result of their entry as a means of production into new work processes, products therefore lose the character of the product. They only function as objective factors of living work. The spinner treats the spindle only as a means, with which, the flax only as an object, which he spins. However, you can not spin without spinning material and spindle. The presence of these products <4. Edition of this product> is therefore required at the beginning of spinning. In this process, however, it is equally indifferent that flax and spindle are products of past labor, as it is indifferent in the act of nutrition, that bread is the product of the past work of Bauer, Müller, Baker, and vice versa. If means of production in the working process assert their character as products of past labor, so by their defects. A knife that does not cut, yarn that tears constantly, etc., reminds vividly of Cutler A and Garnwichser E. In the successful product, the mediation of its functional properties is extinguished by past work.

⑰<198> A machine that does not serve in the work process is useless. It also falls victim to the destructive power of natural metabolism. The iron rusted, the wood rots. Yarn that is not interwoven or knotted is spun cotton. Living labor must grasp these things, awaken them from the dead, transform them from possible into actual and effective use-values. Licked by the fire of labor, as bodies acquire it, their enthusiasm for their conceptual and professional functions in the process, they are also consumed, but expediently, as educational elements of new use-values, of new products that are capable of being consumed in individual consumption or food to enter into a new working process as a means of production.
⑰作業工程で機能しない機械は無用です。それはまた自然な代謝の破壊的な力の犠牲になります。鉄は錆び、木は腐る。織り合わされていないまたは結ばれていない糸は紡績綿です。生活労働はこれらのことを把握し、それらを死者から目覚めさせ、それらを可能なものから実際のそして効果的な使用価値に変えなければならない。労働者の労力に悩まされ、組織がそれを取得するにつれて、そのプロセスにおける概念的および職業的機能に対する彼らの熱意も消費されるが、好都合なことに、新しい使用価値の教育的要素として、消費され得る新しい製品生産の手段として新しい作業プロセスに入るために個々の消費か食糧で。

⑱したがって、既存の製品が結果だけでなく作業プロセスの存在条件でもある場合、それらを投入すること、つまり生活労働と接触させることが、過去の労働の製品を保存し実現する唯一の手段です。効用値
If, therefore, existing products are not only results, but also conditions of existence of the working process, then their throwing into it, that is, their contact with living labor, is the only means of preserving and realizing these products of past labor as utility values.

⑲ Work consumes and consumes its material elements, its object and its means, and is therefore the process of consumption. This productive consumption differs from individual consumption in that the latter consumes the products as food of the living individual, the former as products of labor, of his working labor. The product of individual consumption is therefore the consumer, and the result of productive consumption is a product different from the consumer.
⑲ 仕事はその物質的な要素、その目的そしてその手段を消費しそして消費し、そしてそれ故に消費の過程である。この生産的な消費は個人の消費とは異なり、後者は製品を生きている個人の食料として、前者は労働の産物として、彼の労働労働のうちに消費します。したがって、個人消費の製品は消費者であり、生産的消費の結果は消費者とは異なる製品です。

⑳その手段とその主題がそれ自体が製品である場合、その作品は製品を作り出すために製品を消費するか、または製品の生産の手段として製品を使用します。しかし、作業過程は最初は人の介入なしに存在する人間と地球の間でのみ進行するので、自然に存在するそのような生産手段は自然の物質と人間の労働のいかなる組み合わせにも役立たない。
⑳ If their means and their subject matter are themselves products, the work consumes products to create products, or uses products as a means of production of products. But as the working process initially proceeds only between man and the earth existing without his intervention, such means of production, which exist naturally, do not serve any combination of natural substance and human labor.

21-①The working process, as we have shown it in its simple and abstract moments, is purposeful activity for the production of utility values, appropriation of the natural for human needs, general condition of the metabolism between man and nature, eternal natural condition of human life and therefore independent of any form this life, but rather all its social forms in common. We therefore had no need to portray the worker in relation to other workers.
21-①その作業過程は、その単純で抽象的な瞬間にそれを示したように、効用価値の生産、人間の必要のための自然の割り当て、人間と自然の間の代謝の一般的条件、人間の生命の永遠の自然条件のための意図的な活動です。したがって、この人生ではなく、むしろその社会的形態すべてに共通の形態から独立しています。したがって、私たちは他の労働者との関係で労働者を描く必要はありませんでした。

<199>
21-②その人と彼の作品は十分なもの、性質とその素材は反対側にあります。それを造った小麦を味わう人はほとんどいないので、奴隷監督の残忍な鞭の下でも、あるいは資本家の心配の目の下でも、シンシナタスがそれを行うのかどうかにかかわらず、それが進む条件の下でこのプロセスをほとんど見ません。彼の数少ないジュゲラの順番<朝>または石で獣を殺す野蛮人(9)
<199>
21-②The man and his work on the  sufficient one, nature and its materials on the other side. As little as one tastes the wheat, who built it, so little does one look at this process under which conditions it proceeds, whether under the brutal whip of the slave-overseer or under the anxious eye of the capitalist, whether Cincinnatus does it in the order of his few jugera <morning> or the savage who kills a beast with a stone.(9)

22-① Let us return to our capitalist in spe. After having bought on the commodity market all the factors necessary for a working process, we abandoned him, the figurative factors or the means of production, the personal factor or the worker. With a clever connoisseur's eye, he has selected the appropriate means of production and manpower for his particular business, spinning, boot making, etc. Our capitalist therefore begins to consume the commodity he has bought, the labor-power, that is, he lets the bearer of labor, the laborer, consume the means of production through his labor.
22-①speで資本家に戻りましょう。ワーキングプロセスに必要なすべての要素を商品市場で購入した後、私たちは彼、比喩的な要素または生産手段、個人的な要素または労働者を放棄しました。賢い目利きの目で、彼は彼の特定のビジネス、紡績、ブーツ作りなどのために生産とマンパワーの適切な手段を選択しました。したがって、私たちの資本家は彼が買った商品、労働力を消費し始めます。労働の担い手である労働者は、自分の労働を通して生産手段を消費します。

22-②もちろん、作業プロセスの一般的な性質は、作業者が自分自身ではなく資本家のために行うように変化しません。しかし、ブーツを作ったり糸を回転させたりする具体的な方法でさえ、最初は資本家の介入を通して変えることはできません。資本主義者がいなかった時代から生じた労働力を含め、彼は最初に市場で見つけた労働力を手に入れなければなりません。労働を資本に従属させることによる生産形態自体の転換は後に起こるかもしれず、したがって後に考慮されなければならない。
22-② Of course, the general nature of the work process does not change as the worker does it for the capitalist, rather than for himself. But even the specific way in which one makes boots or spins yarn can not change at first through the intervention of the capitalist. He must first take the manpower he finds on the market, including his labor, as it sprang from a period when there were no capitalists. The transformation of the mode of production itself through the subordination of labor to capital may occur later and must therefore be considered later.

23 The labor process, as it proceeds as the process of consuming the worker by the capitalist, now shows two peculiar phenomena.
23資本主義者が労働者を消費する過程として進行するにつれて、労働過程は今や二つの特有の現象を示している。

24労働者は自分の仕事が属する資本家の管理下で働く。資本家は、その仕事はきちんとしており、迅速な製造手段が有利に使用されるので、無駄な原材料や作業器具を節約することはなく、それはその仕事にその使用が有効になると破壊されるだけである。
24The worker works under the control of the capitalist to whom his work belongs. The capitalist fits that the work is neat and rapid installation means of production are advantageously used, so no <200> wasted raw materials and conserve the working instrument, that is only so far destroyed when ernötigt its use in the work.

25-①Secondly, the product is the property of the capitalist, not of the immediate producer, of the worker. The capitalist pays for example the daily value of the worker. Their use, like that of every other commodity, for example, a horse, which he rented for a day, therefore belongs to him for the day. The buyer of the goods owns the use of the goods, and the owner of the worker, in fact, only gives the use-value he has sold by giving his work. From the moment he entered the workshop of the capitalist, the utilitarian value of his labor power, that is, its use, labor, the capitalist, belonged.
25-①第二に、製品は労働者の直接生産者ではなく、資本家の財産です。資本家は例えば労働者の毎日の価値を支払います。他のすべての商品、たとえば彼が1日借りた馬などの用途は、その日のうちに彼に属します。商品の購入者は商品の使用を所有し、労働者の所有者は実際、自分の仕事をすることによって売った使用価値のみを与えます。彼が資本家の工房に入った瞬間から、彼の労働力の実用的価値、すなわちその使用、労働、資本家が属していた。

25-②資本家は、労働を購入することによって、労働自体を生きた発酵物質として彼のものである製品の死んだ教育的要素に組み入れた。彼の見地からは、作業過程は彼が買った商品の消費だけである、しかし彼は彼の生産手段を加えることによってそれを消費することができるだけである。作業プロセスは、資本家が購入したものと彼に属するものとの間のプロセスです。この過程の産物は彼の地下室での発酵過程の産物と同じくらいに彼のものである(10)。
25-②The capitalist, through the purchase of labor, incorporated labor itself as a living fermentation substance into the dead educational elements of the product which belonged to him as well. From his point of view the working process is only the consumption of the commodity he has bought, but he can only consume it by adding his means of production. The working process is a process between things the capitalist has bought and things belonging to him. The product of this process belongs to him just as much as the product of the fermentation process in his cellar.(10)

--------------------------------------------
https://www.marxists.org/archive/marx/works/download/pdf/Capital-Volume-I.pdf

Chapter 7: The Labour-Process and the Process
of Producing Surplus-Value
第7章労働過程とその過程 価値の創出
Section 1: The Labour-Process or the Production of Use-Values
セクション1:労働過程または使用価値の生成
①The capitalist buys labour-power in order to use it; and labour-power in use is labour itself.
The purchaser of labour-power consumes it by setting the seller of it to work. By working, the latter becomes actually, what before he only was potentially, labour-power in action, a labourer. In order that his labour may re-appear in a commodity, he must, before all things, expend it on something useful, on something capable of satisfying a want of some sort. Hence, what the capitalist sets the labourer to produce, is a particular use-value, a specified article.
①資本家はそれを使うために労働力を買う。そして使用中の労働力は労働そのものです。労働力の購入者は、それの売り手を仕事に設定することによってそれを消費します。働くことによって、後者は実際には、彼が潜在的に活動的な労働力、労働者にすぎなかったものになります。彼の労働力が商品に再び現れる可能性があるために、彼は、すべてのことの前に、何かの欲求を満たすことができる何かのためにそれを役に立つ何かに費やさなければなりません。したがって、資本家が労働者に生産させることを設定するのは、特定の用途価値、特定の記事です。

使用価値または商品の生産が資本家の管理下でそして彼に代わって行われるという事実は、その生産の一般的な性格を変えることはありません。したがって、私たちは、まず第一に、与えられた社会的状況のもとで想定される特定の形態とは無関係に労働過程を考慮しなければならないでしょう。
The fact that the production of use-values, or goods, is carried on under the control of a capitalist and on his behalf, does not alter the general character of that production. We shall, therefore, in the first place, have to consider the labour-process independently of the particular form it assumes under given social conditions.

②Labour is, in the first place, a process in which both man and Nature participate, and in which man of his own accord starts, regulates, and controls the material re-actions between himself and Nature. He opposes himself to Nature as one of her own forces, setting in motion arms and legs,head and hands, the natural forces of his body, in order to appropriate Nature’s productions in a form adapted to his own wants. By thus acting on the external world and changing it, he at the same time changes his own nature.
②-①労働は、そもそも、人間と自然の両方が参加する過程であり、そして自分自身の合意に基づいて人間が自らと自然との間の物質的な再活動を始め、規制し、そして支配する過程です。彼は自分の力の一つとして自然に反対し、腕と脚、頭と手、身体の自然な力を動かして、自分の欲求に合わせた形で自然の作品を適切なものにする。このように外界に働きかけてそれを変えることによって、彼は同じ時間が彼自身の性質を変えます。

②-②He develops his slumbering powers and compels them to act in obedience to his sway. We are not now dealing with those primitive instinctive forms of labour that remind us of the mere animal. An immeasurable interval of time separates the state of things in which a man brings his labour-power to market for sale as a commodity, from that state in which human labour was still in its first instinctive stage. We pre-suppose labour in a form that stamps it as exclusively human. A spider conducts operations that resemble those of a weaver,and a bee puts to shame many an architect in the construction of her cells. But what distinguishes the worst architect from the best of bees is this, that the architect raises his structure in imagination before he erects it in reality. At the end of every labour-process, we get a result that already existed in the imagination of the labourer at its commencement.
②-②彼は自分の眠る力を発達させ、彼らに行動を起こさせる彼の揺れに従順に。私たちは今、単なる動物を思い出させるような原始的な本能的な労働形態を扱っていません。計り知れないほどの時間間隔が、人がその労働力を商品として売りに出すための物的状態を、人的労働がまだその最初の本能的な段階にあった状態から切り離しています。私たちは労働をもっぱら人間的なものとして刻印する形で労働を仮定します。クモはウィーバーの操作に似た操作を行います、そしてハチは彼女の細胞の構築において多くの建築家を恥じさせます。しかし、最悪の建築家と蜂の最良の建築家を区別するのは、建築家がそれを現実に建てる前に想像力で構造を上げるということです。すべての労働過程の終わりに、我々はその開始時に労働者の想像力の中にすでに存在していた結果を得ます。

②-③彼は、自分が取り組んでいる素材の形式を変えるだけでなく、自分の手口に律法を与え、自分の意思に従わなければならないという自分自身の目的も理解しています。
そして、この従属は単なる瞬間的な行為ではありません。身体の臓器を働かせることに加えて、このプロセスでは、手術全体を通して、職人は着実に自分の目的に合ったものになることが求められます。これは細心の注意を払うことを意味します。彼が作品の性質、そしてそれが引き継がれる様式に惹かれることが少なければ少ないほど、そしてそれゆえに、彼はそれを彼の身体的および精神的な力に遊びを与える何かとして楽しむほど、彼の注意はより密接に強いられる。することが。
②-③He not only effects a change of form in the material on which he works, but he also realises a purpose of his own that gives the law to his modus operandi, and to which he must subordinate his will.
And this subordination is no mere momentary act. Besides the exertion of the bodily organs, the process demands that, during the whole operation, the workman’s will be steadily in consonance with his purpose. This means close attention. The less he is attracted by the nature of the work, and the mode in which it is carried on, and the less, therefore, he enjoys it as something which gives play to his bodily and mental powers, the more close his attention is forced to be.

③労働過程の基本的な要因は1、人間の個人的な活動、すなわち自分自身で働く2、その作品の主題、および3、その楽器。
③The elementary factors of the labour-process are 1,
the personal activity of man, i.e., work itself,
2, the subject of that work, and 3, its instruments.

④The soil (and this, economically speaking, includes water) in the virgin state in which it supplies 1 man with necessaries or the means of subsistence ready to hand, exists independently of him, and is the universal subject of human labour. All those things which labour merely separates from immediate connexion with their environment, are subjects of labour spontaneously provided by Nature. Such are fish which we catch and take from their element, water, timber which we fell in the virgin forest, and ores which we extract from their veins. If, on the other hand, the subject of labour has, so to say, been filtered through previous labour, we call it raw material; such is orealready extracted and ready for washing. All raw material is the subject of labour, but not every
subject of labour is raw material: it can only become so, after it has undergone some alteration by means of labour.
④一人の人間に必要なものや手渡すことができる形で一人の人間に供給している処女状態の土壌(そして経済的には水を含む)は、彼とは無関係に存在し、人間の労働の普遍的な主題です。労働がその環境との直接の関係から単に分離するものはすべて、自然によって自然に提供される労働の対象です。そのようなものは、私たちがその要素から捕獲して取り込む魚、水、私たちが原生林に落ちた木材、そして私たちが彼らの静脈から抽出した鉱石です。一方、労働の主題が、いわば、以前の労働を通してフィルタリングされている場合、それを原材料と呼びます。
これはすでに抽出されており、洗浄の準備ができています。すべての原材料は労働の対象ですが、すべてがそうであるとは限りません。
労働の対象は原材料です:それは労働によって何らかの変更を受けた後に、そうなることができます。

⑤An instrument of labour is a thing, or a complex of things, which the labourer interposes between himself and the subject of his labour, and which serves as the conductor of his activity. He makes use of the mechanical, physical, and chemical properties of some substances in order to make other substances subservient to his aims.2
⑤-①労働の道具は、労働者が自分自身と自分の労働の主体との間に介在し、活動の指揮者として働くこと、あるいは物の複合体です。彼は他の物質を彼の目的に従順にするためにいくつかの物質の機械的、物理的および化学的性質を利用しています。

⑤-②そのような既製の果物としての自給自足を考慮せずに、自分自身の手足が彼の労働の道具として役立つことを集めることにおいて、労働者が自分自身が持っている最初のものは労働の主題ではなくその道具です。このように、自然は彼の活動の一つの器官、彼が彼自身のものに併合するものになります。聖書にもかかわらず、体の臓器。
⑤-②Leaving out of consideration such ready-made means of subsistence as fruits, in gathering which a man’s own limbs serve as the instruments of his labour, the first thing of which the labourer possesses himself is not the subject of labour but its instrument. Thus Nature becomes one of the organs of his activity, one that he annexes to his own bodily organs, adding stature to himself in spite of the Bible.

⑤-③As the earth is his original larder, so too it is his original tool house. It supplies him, for instance, with stones for throwing, grinding, pressing, cutting, &c. The earth itself is an instrument of labour, but when used as such in agriculture implies a whole series of other instruments and a comparatively high development of labour.3
⑤-③地球は彼の元来の略奪者であるので、それも彼の最初の道具屋敷です。それは例えば投げ、挽き、押し、切るための石を彼に供給する。地球自体は労働の道具ですが、農業でそのように使われるとき、他の道具の全体のシリーズと労働力の比較的高い発展を意味します。labour.3

⑤-④No sooner does labour undergo the least development, than it requires specially prepared instruments. Thus in the oldest caves we find stone implements and weapons. In the earliest period of human history domesticated animals, i.e., animals which have been bred for the purpose, and have undergone modifications by means of labour, play the chief part as instruments of labour along with specially prepared stones, wood, bones, and shells.4
⑤-④特別に準備された道具が必要とされるよりも早く、労働が最小の発展を遂げることはありません。したがって、最も古い洞窟の中には石器や武器があります。早くから人類史の時代飼いならされた動物、すなわちその目的のために繁殖され、そして労働によって改造された動物は、特別に用意された石、木、骨、そして貝殻とともに労働の道具として主役を演じます4。

⑤-⑤分娩器具の使用と製造は、ある種の動物の中では生殖細胞に存在していますが、特に人間の分娩過程の特徴であり、それゆえフランクリンは人間を道具作りの動物と定義しています。消滅した労働機器の遺物は、絶滅した動物の種を決定するための化石骨がそうであるように、社会の絶滅した経済形態の調査にとって同じ重要性を持っています。それは、作られた記事ではなく、それらがどのように作られ、そしてどのような道具によって作られたのかによって、私たちは異なる経済的時代を区別することができます。 5
⑤-⑤The use and fabrication of instruments of labour, although existing in the germ among certain species of animals, is specifically characteristic of the human labour-process, and Franklin therefore defines man as a tool-making animal. Relics of bygone instruments of labour possess the same importance for the investigation of extinct economic forms of society, as do fossil bones for the determination of extinct species of animals. It is not the articles made, but how they are made, and by what instruments, that enables us to distinguish different economic epochs. 5

⑤-⑥Instruments of labour not only supply a standard of the degree of development to which human labour has attained, but they are also indicators of the social conditions under which that labour is carried on.
⑤-⑥労働の道具は、人間の労働力が達成した発達の程度の基準を提供するだけでなく、その労働力が実行される社会的状況の指標でもあります。

⑤-⑦Among the instruments of labour, those of a mechanical nature, which, taken as a whole, we may call the bone and muscles of production, offer much more decided characteristics of a given epoch of production, than those which, like pipes, tubs, baskets, jars, &c., serve only to hold the materials for labour, which latter class, we may in a general way, call the vascular system of production.
⑤-⑦労働の道具の中で、機械的性質のものは、全体として見れば、生産の骨と筋肉と呼ぶことができ、パイプ、浴槽のようなものよりはるかに決定的な生産の時代の特徴を提供します。バスケット、ジャーなどは、労働のための材料を保持するためだけに使用されます。後者のクラスは、一般的には血管生産システムと呼ぶことができます。

⑤-⑧The latter first begins to play an important part in the chemical industries.In a wider sense we may include among the instruments of labour, in addition to those things that are used for directly transferring labour to its subject, and which therefore, in one way or another,serve as conductors of activity, all such objects as are necessary for carrying on the labourprocess.
⑤-⑧後者は化学工業で最初に重要な役割を果たし始めます。広い意味で私達は労働の道具の中に、それらのものに加えて含めることができる
それは、何らかの方法で活動の指揮者として働き、労働過程を遂行するために必要なすべてのものです。

⑥これらはプロセスに直接入ることはありませんが、それらがなければ、それがまったく行われることは不可能であるか、または部分的にのみ可能です。もう一度私たちは地球が,この種の普遍的な道具は、それが労働者と彼の活動のための雇用の場への場所の立場を提供するからです。以前の労働の結果であり、このクラスにも属する道具の中には、ワークショップ、運河、道路などがあります。
⑥These do not enter directly into the process, but without them it is either impossible for it to take place at all, or possible only to a partial extent. Once more we find the earth to be a universal instrument of this sort, for it furnishes a locus standi to the labourer and a field of employment for his activity. Among instruments that are the result of previous labour and also belong to this class, we find workshops, canals, roads, and so forth.

⑦In the labour-process, therefore, man’s activity, with the help of the instruments of labour, effects an alteration, designed from the commencement, in the material worked upon. The process disappears in the product, the latter is a use-value, Nature’s material adapted by a change of form to the wants of man. Labour has incorporated itself with its subject: the former is materialised, the latter transformed. That which in the labourer appeared as movement, now appears in the product as a fixed quality without motion. The blacksmith forges and the product is a forging.
⑦したがって、労働過程において、労働の道具の助けを借りて、人間の活動は、始めから設計された、修正された材料の変更をもたらします。その過程は製品から消え、後者は使用価値であり、人間の欲求への形態の変化によって適応された自然の素材です。労働はそれ自身をその主題と合体させた:前者は成立し、後者は変容した。労働者には動きとして現れたものが、動きのない固定品質として製品に現れます。鍛冶屋鍛造品と製品は鍛造品です。

⑧If we examine the whole process from the point of view of its result, the product, it is plain that both the instruments and the subject of labour, are means of production,6 and that the labour itselfis productive labour.7
その結果、すなわち製品という観点からプロセス全体を検討すると、道具と労働の対象の両方が生産の手段であることは明白であり6、労働自体が生産的労働力であることは明白である7。

製品の形での使用価値は、労働過程からの問題ですが、それ以外の使用価値、前の労働の製品は生産の手段としてそれに入ります。同じ使用価値は、前のプロセスの生成物でも後のプロセスの生産手段でもあります。したがって、製品は結果だけではなく、労働の本質的な条件でもあります。
Though a use-value, in the form of a product, issues from the labour-process, yet other usevalues,products of previous labour, enter into it as means of production. The same use-value is both the product of a previous process, and a means of production in a later process. Products are therefore not only results, but also essential conditions of labour.

With the exception of the extractive industries, in which the material for labour is provided immediately by Nature, such as mining, hunting, fishing, and agriculture (so far as the latter is confined to breaking up virgin soil), all branches of industry manipulate raw material, objects already filtered through labour, already products of labour. Such is seed in agriculture.
採掘、狩猟、漁業、農業など、労働の材料が自然によって即座に提供される採掘産業を除いて(後者は未使用の土壌を粉砕することに限定されている限り)、産業のすべての部門が操ります。原材料、労働を通じてすでにろ過された物体、すでに労働の産物。これが農業の種です。

私たちが自然の産物として考えるのに慣れている動物や植物は、昨年の労働の産物だけでなく、人間の監督下で、そして何世代にもわたって続いている段階的な変革の結果として、現在の形をしています。彼の労働の手段。しかし多くの場合、労働の道具は最も表面的な観察者にさえ見せて、過去の年齢の労働の跡。
Animals and plants, which we are accustomed to consider as products of Nature, are in their present form,not only products of, say last year’s labour, but the result of a gradual transformation, continued through many generations, under man’s superintendence, and by means of his labour. But in the
great majority of cases, instruments of labour show even to the most superficial observer, traces of the labour of past ages.

Raw material may either form the principal substance of a product, or it may enter into its formation only as an accessory. An accessory may be consumed by the instruments of labour, as coal under a boiler, oil by a wheel, hay by draft-horses, or it may be mixed with the raw material in order to produce some modification thereof, as chlorine into unbleached linen, coal with iron,dye-stuff with wool, or again, it may help to carry on the work itself, as in the case of the
materials used for heating and lighting workshops.
原材料は、製品の主要物質を形成するか、または付属品としてのみ形成される可能性があります。付属品は、ボイラーの下の石炭、ホイールによる油、ドラフト馬による干し草などの労働機器によって消費されるか、原材料と混合される可能性があります。
塩素を漂白されていないリネン、鉄を含む石炭、羊毛を含む染料などに改質するためには、それ自体が作品のように仕事を続けるのを助けるかもしれません。暖房および照明ワークショップに使用される材料。

主な物質と付属品との間の区別は、本来の組成のままで、製品の物質の中には、原材料のいずれも再現されないため、真の化学産業では消滅します
The distinction between principal substance and accessory vanishes in the true chemical industries, because there none of the raw material reappears,in its original composition, in the substance of the product.8

Every object possesses various properties, and is thus capable of being applied to different uses.
すべてのオブジェクトはさまざまなプロパティを持っているため、さまざまな用途に適用できます。

したがって、まったく同一の製品が、非常に異なるプロセスで原材料として機能する可能性があります。例えば、トウモロコシは製粉業者、デンプン製造業者、蒸留業者、および家畜飼育者の原料です。
それはまた原料として種の形でそれ自身の生産に入ります。石炭も同じです石炭採掘の製品とその生産手段。
One and the same product may therefore serve as raw material in very different processes. Corn,for example, is a raw material for millers, starch-manufacturers, distillers, and cattlebreeders.
It also enters as raw material into its own production in the shape of seed; coal, too, is at the same
time the product of, and a means of production in, coal-mining.

Again, a particular product may be used in one and the same process, both as an instrument of labour and as raw material. Take, for instance, the fattening of cattle, where the animal is the raw material, and at the same time an instrument for the production of manure.
この場合もやはり、特定の製品は、労働の道具としておよび原料の両方として、同一のプロセスにおいて使用され得る。例えば、動物が原材料である牛の肥育、そして同時に肥料の生産のための道具を考えてみましょう。

製品は、すぐに消費する準備はできていますが、まだワインの原料になるとブドウとして、他の製品の原料として役立つことがあります。一方、綿、糸、および糸の場合のように、労働によってその製品がそのような形で提供される可能性があります。そのような原材料は、それ自体が製品ではあるが、一連の異なるプロセスの全過程を経なければならないかもしれない。一連の最後のプロセスがそれを去るまで、これらはそれぞれ順番に変化する形で原材料として役立つ。完璧な製品、個人消費のため、または労働の道具として使用するための準備ができている。
A product, though ready for immediate consumption, may yet serve as raw material for a further product, as grapes when they become the raw material for wine. On the other hand, labour may give us its product in such a form, that we can use it only as raw material, as is the case with cotton, thread, and yarn. Such a raw material, though itself a product, may have to go through a whole series of different processes: in each of these in turn, it serves, with constantly varying form, as raw material, until the last process of the series leaves it a perfect product, ready for individual consumption, or for use as an instrument of labour.

Hence we see, that whether a use-value is to be regarded as raw material, as instrument of labour,or as product, this is determined entirely by its function in the labour-process, by the position it there occupies: as this varies, so does its character.
したがって、私たちは、使用価値が原材料として、労働の手段として、または製品として見なされるかどうかにかかわらず、これは完全に労働過程におけるその機能によって、それが占める位置によって決定されることを見ます。その性格もそうです。

Whenever therefore a product enters as a means of production into a new labour-process, it thereby loses its character of product, and becomes a mere factor in the process.
それゆえ、製品が生産の手段として新しい労働過程に入るときはいつでも、それはそれによってその製品の性質を失い、そしてその過程の単なる要因になる。

スピナーはスピンドルをスピニング用の道具としてのみ扱い、亜麻は彼がスピンする材料としてのみ扱います。もちろん、材料とスピンドルなしではスピンすることは不可能です。それゆえ、紡績作業の開始時には、これらのものが製品として存在することを推定しなければならない。しかし、その過程において、それらが以前の労働の製品であるという事実は全く無関係な問題である。と同じように
消化過程、それが何でも重要ではない、そのパンは農民、製粉業者、そして製パン業者の前の労働の産物である。
A spinner treats spindles only as implements for spinning, and flax only as the material that he spins. Of course it is impossible to spin without material and spindles; and therefore the existence of these things as products, at the commencement of the spinning operation, must be presumed: but in the process itself, the fact that they are products of previous labour, is a matter of utter indifference; just as in
the digestive process, it is of no importance whatever, that bread is the produce of the previous labour of the farmer, the miller, and the baker.

On the contrary, it is generally by their imperfections as products, that the means of production in any process assert themselves in their character of products. A blunt knife or weak thread forcibly remind us of Mr. A., the cutler, or Mr. B., the spinner. In the finished product the labour by means of which it has acquired its useful qualities is not palpable, has apparently vanished.
それどころか、製品としての不完全性によるのが一般的であり、あらゆるプロセスにおける生産手段は製品の性格においてそれ自体を主張しています。鈍いナイフまたは弱い糸は、強制的にカトラーのAさん、またはスピナーのBさんを思い出させます。完成品では、それがその有用な資質を獲得したことによる労働は明白ではなく、明らかに消滅した。

労働目的を果たさない機械は無用です。さらに、それは自然の力の破壊的な影響の犠牲になります。鉄のさびと木の腐敗我々が織ることも編むこともしない糸は、綿の無駄です。生きている労働者はこれらのことをつかみ、それらをから誘い出さなければならない
彼らの死 - 眠り、それらを単なる可能性のある使用価値から実際のそして効果的なものに変えます。
A machine which does not serve the purposes of labour, is useless. In addition, it falls a prey to the destructive influence of natural forces. Iron rusts and wood rots. Yarn with which we neither weave nor knit, is cotton wasted. Living labour must seize upon these things and rouse them from
their death-sleep, change them from mere possible use-values into real and effective ones.

Bathed in the fire of labour, appropriated as part and parcel of labour’s organism, and, as it were, made alive for the performance of their functions in the process, they are in truth consumed, but consumed with a purpose, as elementary constituents of new use-values, of new products, ever ready as means of subsistence for individual consumption, or as means of production for some new labour-process.
労働の火の中に入れられ、労働の有機体の一部と小包として割り当てられ、その過程でそれらの機能の実行のために生かされて、それらは実際には消費されますが、目的のために基本要素として消費されます個々の消費のための自給自足の手段として、またはいくつかの新しい労働プロセスのための生産の手段として今までに用意された新しい製品の新しい使用価値。

その場合、一方で、完成品が労働プロセスの結果だけでなく必要条件でもある場合、そのプロセスへのそれらの仮定、すなわち生活労働との接触がそれらの唯一の手段である。使用価値の性質を保持して利用することができます。
If then, on the one hand, finished products are not only results, but also necessary conditions, of the labour-process, on the other hand, their assumption into that process, their contact with living labour, is the sole means by which they can be made to retain their character of use-values, and be utilised.

Labour uses up its material factors, its subject and its instruments, consumes them, and is therefore a process of consumption. Such productive consumption is distinguished from individual consumption by this, that the latter uses up products, as means of subsistence for the living individual; the former, as means whereby alone, labour, the labour-power of the living individual, is enabled to act.
労働はその重要な要素、その主題およびその道具を使い果たし、それらを消費し、そしてそれ故に消費のプロセスです。このような生産的消費は個人消費とは区別されます。後者は、生きている個人のための自給自足の手段として製品を使い果たしてしまうからです。前者は、それだけで労働、生きている個人の労働力、が行動することを可能にする手段として。

したがって、個人消費の製品は消費者自身です。生産的な消費の結果は、消費者とは異なる製品です。
The product, therefore, of individual consumption, is the consumer himself; the result of productive consumption, is a product distinct from the consumer.

In so far then, as its instruments and subjects are themselves products, labour consumes products in order to create products, or in other words, consumes one set of products by turning them into means of production for another set. But, just as in the beginning, the only participators in the labour-process were man and the earth, which latter exists independently of man, so even now we still employ in the process many means of production, provided directly by Nature, that do not represent any combination of natural substances with human labour.
それまでのところ、その道具と主題はそれ自体が製品であるので、労働は製品を作るために製品を消費する、言い換えれば、それらを別のセットのための生産手段に変えることによって1セットの製品を消費する。しかし、冒頭と同様に、唯一の参加者は労働過程は人間と地球であり、後者は人間とは無関係に存在するので、今でも私たちは自然から直接提供され、人間の労働と天然物質の組み合わせを表すものではない多くの生産手段をこの過程で採用している。

上記のように単純な基本要素に分解された労働過程は、使用価値の生成、人間の要求への天然物質の割り当てを目的とした人間の行動です。
The labour-process, resolved as above into its simple elementary factors, is human action with a view to the production of use-values, appropriation of natural substances to human requirements;

it is the necessary condition for effecting exchange of matter between man and Nature; it is the everlasting Nature-imposed condition of human existence, and therefore is independent of every social phase of that existence, or rather, is common to every such phase. It was, therefore, not necessary to represent our labourer in connexion with other labourers; man and his labour on one side, Nature and its materials on the other, sufficed. As the taste of the porridge does not tell you who grew the oats, no more does this simple process tell you of itself what are the social conditions under which it is taking place, whether under the slave-owner’s brutal lash, or the anxious eye of the capitalist, whether Cincinnatus carries it on in tilling his modest farm or a savage in killing wild animals with stones.9
それは人間と自然の間で物質の交換を行うために必要な条件です。それは人間が存在するという永遠の自然が課す条件であり、それゆえその存在のあらゆる社会的段階から独立している、あるいはむしろそのようなあらゆる段階に共通している。したがって、他の労働者との関係で私たちの労働者を代表する必要はありませんでした。
一方では人間と彼の労力、他方では自然とその材料は十分であった。お粥の味は麦を栽培した人にはわかりませんが、奴隷所有者の残忍な発疹の下でも不安な目であろうと、それが起こっている社会的条件は何であるかをこの単純なプロセスが自分自身に伝えることはもうありません。資本主義者の、シンシナトゥスが彼のささやかな農場を耕してそれを続けているのか、それとも石で野生動物を殺すのが野蛮なのか。

Let us now return to our would-be capitalist. We left him just after he had purchased, in the open market, all the necessary factors of the labour process; its objective factors, the means of production, as well as its subjective factor, labour-power. With the keen eye of an expert, he has selected the means of production and the kind of labour-power best adapted to his particular trade, be it spinning, bootmaking, or any other kind.
それでは資本主義者に戻りましょう。彼が公開市場で労働過程に必要なすべての要素を購入した直後に私たちは彼を残しました。その客観的要因、生産手段、そしてその主観的要因、労働力。専門家の鋭い目で、彼は彼の特定の取引に最も適した生産手段と労働力の種類を選択しました。

それから彼は労働者、その労働力のなりすましに彼の労働による生産の手段を消費させることによって商品、彼が今買ったばかりの労働力を消費することに進む。労働過程の一般的な性格は、労働者が自分ではなく資本家のために働くという事実によって明らかに変わっていません。さらに、ブートメイキングやスピニングで採用されている特定の方法や操作は、資本家の介入によってすぐには変更されません。彼はそれが市場で見つかるように労働力を取ることから始めなければならず、その結果資本主義者の台頭の直前の期間に見られるような種類の労働に満足しなければならない。
労働を資本に従属させることによる生産方法の変更は後の時期にしか起こらないので、後の章で扱う必要があるでしょう。
資本主義者が労働力を消費する過程に変わった労働過程は、二つの特徴的な現象を示す。第一に、労働者は自分の労働が属する資本家の管理下で働いています。 資本主義者は、仕事が適切な方法で行われ、生産手段が賢く使用されるように細心の注意を払っているので、不要な原材料の浪費や、仕事で必然的に引き起こされる以上の道具の消耗はありません。

第二に、製品は資本家の財産であり、その直接の生産者である労働者のものではありません。資本家がその日の労働力をその価値で支払うとしましょう。そのときその日のためにその力を使う権利は彼に帰属します、彼がその日の間に雇った馬のような他の商品を使う権利と同じくらいにです。

商品の購入者にはその使用が属しており、労働力の販売者は、実際には、自分が売った使用価値の一部にすぎない自分の労働力を与えることによってです。彼が工房に足を踏み入れた瞬間から、彼の労働力の利用価値、そしてそれゆえ労働であるその利用も資本家のものです。労働力を購入することによって、資本家は生の発酵物として労働力を製品の生命のない構成要素と共に取り込む。

彼の見地からすると、労働過程は購入した商品の消費に他ならない。 e  - 労働力のしかし、この消費は、労働力に生産手段を供給すること以外にはもたらされ得ない。労働過程は、資本家が購入したものと彼の財産になったものとの間のプロセスです。それゆえに、このプロセスの産物は彼のもので、彼の地下室で完成した発酵プロセスの産物であるワインと同じくらいにの--ものです。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:17/1516 《前のページ | 次のページ》
/1516