teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/1517 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 再版 同等のフォーム

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月 3日(木)16時48分52秒
  通報 返信・引用 編集済
    http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm
   ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja


   3. The equivalent form
   3.同等のフォーム

①<70> We have seen: By a commodity A (the canvas) B expresses its value in use value of various goods (the Rock), it pushes the latter itself a peculiar form of value to the equivalent of. The linen brings to light its own value by the fact that the skirt, without assuming a value form different from its body form, is indifferent to it. The canvas thus expresses its own value by the fact that the skirt is directly interchangeable with it. The equivalent form of a commodity is therefore the form of its immediate interchangeability with other commodities.
①<70>これまで見てきた:商品A(キャンバス)でBは、様々な物品(ロック)の使用値が、その値を表し、それ自体の相当値の特有の形態を後者に押します。リネンは、スカートがその体型と異なる値の形を仮定することなしにそれに無関心であるという事実によってそれ自身の価値を明るみに出す。このように、キャンバスはスカートが直接それと交換可能であるという事実によってそれ自身の価値を表現します。したがって、商品の同等の形式は、他の商品との直接の互換性の形式です。

②したがって、スカートなどの種類の商品が、リネンなどの他の種類の商品と同等の役割を果たす場合、スカートは、キャンバスと即座に交換可能な形式であるという特徴的な特性を与えられ、スカートとキャンバスが交換可能な割合は決して与えられないのです。キャンバスの値のサイズが与えられているので、それはスカートの値のサイズに依存します。

岩が同値であり、キャンバスが相対値である、もしくは逆に、キャンバスが相対値、岩が相対値で表現されているかどうかにかかわらず、その値のサイズは、生産に必要な作業時間によって決まります。

しかし、商品タイプRockが値式で同等のものに取って代わるとすぐに、その値サイズは値サイズとして式を受け取りません。そうではなく、価値の方程式では、それは物事の明確な量としてのみ現れます。
② If a kind of commodity, such as skirts, serves as an equivalent to another type of commodity, such as linen, skirts are therefore given the characteristic property of being in an immediately exchangeable form with canvas, then there is in no way given the proportion in which skirts and canvas are interchangeable are. It depends, since the value size of the canvas is given, on the value size of the skirts.

Whether the rock as equivalent and the canvas as relative value or conversely the canvas as equivalent and the rock as relative value is expressed, its value size remains determined by the working time necessary for its production, thus independent of its value form.

But as soon as the commodity type Rock takes the place of the equivalent in the value expression, its value size does not receive an expression as a value size. Rather, in the equation of value, it figures only as a definite quantum of a thing.

③ For example: 40 cubits of canvas are "worth" - what? 2 skirts.
Because the commodity rock here plays the role of the equivalent, the use value rock of the canvas opposite as Wertkörper, also a certain quantity of skirts is enough to express a certain quantum of value canvas. Two skirts, therefore, can measure the value of 40 cubits of canvas, but they can never express their own value-size, the size of skirts. The superficial conception of this fact, that the equivalent in the equation of value always has only the form of a simple quantum of a thing, of a use-value, has led Bailey, like many of his predecessors and successors, to see in the expression of value only a quantitative relation. Rather, the equivalent form of a commodity does not contain a quantitative determination of value.
③ 例:40キュビトのキャンバスは「価値がある」 - 何ですか?2スカート。
こちらの商品ロックは同等の役割を果たしているので、ヴェルトコルパーとは反対側のキャンバスの使用価値ロック、また一定量のスカートも価値あるキャンバスの一定量を表現するのに十分です。
したがって、2つのスカートで40キュビットのキャンバスの値を測定できますが、自分自身の値の大きさであるスカートのサイズを表現することはできません。

価値方程式における等価物は常に物事の単なる量、使用価値の形のみを持つというこの事実の表面的な概念は、彼の前任者や後継者の多くのように、価値の表現において数量的関係のみを見るようにベイリーを導いた。そうではなく、同等の形態の商品は、価値の定量的決定を含まない。

④最初の特殊性は、同等の形式を考慮すると際立っているこれです:効用価値はその反対の、価値の現れになります。
④ The first peculiarity that stands out when considering the equivalent form is this: Utility value becomes the manifestation of its opposite, value.

⑤ <71> The natural form of the commodity becomes the value form.
But, notabene, this quidproquo occurs for a commodity B (rock or wheat or iron, etc.) only within the value-relationship in which any other commodity A (canvas, etc.) comes to it, only within that relation. Since no commodity refers to itself as an equivalent, and therefore can not make its own natural skin the expression of its own value, it must refer to other commodity as an equivalent or make the natural skin of another commodity its own value form.
⑤<71>商品の自然な形が価値形態になります。
しかし、注意すべきことではありますが、このquidproquo<取違え>は、他の商品A(キャンバスなど)が関係する価値関係の内でのみ、その関係内<僅在値比>でのみ商品B(岩、小麦、鉄など)に対して発生します。
 <這報償發生對商品B(裙子或小麥或鐵等)僅在値比,其中任何其他商品A(畫布等)發生她><中国語訳>
どの商品もそれ自体を同等物として参照しておらず、したがってそれ自体の天然皮をそれ自体の価値の表現にすることはできないので、他の商品を同等物として参照するか、別の商品の天然外皮をそれ自体の価値形式にしなければならないからです。

⑥ This is illustrated by the example of a measure which belongs to the bodies of goods as commodities, ie as utility values.

A sugar loaf because the body is heavy and therefore has weight, but you can not look or feel any sugar loaf's weight. We now take different pieces of iron whose weight is predetermined. The body shape of the iron, considered in isolation, is no more manifestation of gravity than that of the sugarloaf. Nevertheless, to express the sugarloaf as gravity, we put it in a weight ratio to the iron. In this relationship, iron is considered a body that represents nothing but gravity. Iron quanta therefore serve as a measure of the weight of sugar and represent the sugar body in contrast to mere heavy form, manifestation of heaviness.
⑥これは、商品として、すなわち効用価値としての商品の本体に属する測定の例によって説明される。

体が重いので体重があるのでシュガーローフ、あなたはどんなシュガーローフの体重も見たり感じたりすることはできません。私たちは今、重量が予測されているさまざまな鉄片を取ります。鉄の体型は、単独で考えれば、シュガーローフのそれよりも重力の現れではありません。それにもかかわらず、重さとしてシュガーローフを表現するために、我々はそれを鉄に対する重量比で置いた。

この関係では、鉄は重力以外の何ものでもないと考えられています。したがって、鉄の量は砂糖の重さの尺度として役立ち、単なる重い形、重さの現れとは対照的に砂糖体を表します。

この役割はこの比率によって果たされ、その中で砂糖または体重がそれに含まれることになっている他のどんな体でもです。

両方のことが難しくなければ、それらはその関係に入ることができず、それゆえ一方は他方の厳しさを表現することができませんでした。

私たち二人がバランスを重視するならば、私たちはそれらが重力と同じであること、そしてそれ故にある割合であることを見る。サトウキビとは対照的に、重さの尺度としての鉄の本体のように、私たちの価値表現では、岩体はキャンバスにとっての価値を表すにすぎません。
This role is played by iron only within this ratio, in which the sugar or any other body whose weight is to be found enters it. If both things were not difficult, they could not enter into this relationship, and therefore one could not serve to express the severity of the other. If we both weigh ourselves on the balance, we see in fact that they are the same as gravity, and therefore in a certain proportion also of the same weight. Like the iron body as a measure of weight in contrast to the sugar-cane, in our expression of value the rock-body only represents value to the canvas.

⑦ Here, however, the analogy stops. The iron in the weight expression of the sugarloaf represents a nature shared by both bodies, their severity, while the rock in the value expression of the canvas represents a supernatural property of both things: their value, something purely social.
⑦しかし、ここでは類推は止まる。 シュガーローフでの表現は、両方の体によって共有される性質とその厳しさを表し、テキストの値は超自然的な性質を表します。

⑧ Since the relative value form of a commodity, eg, the canvas, expresses its value as something quite distinct from its body and its properties, for example, as rock equals, this expression itself implies that it conceals a social relation. Conversely, with the equivalent form. It consists precisely in the fact that a trade body such as the  rock, this thing as it comes and goes, value expresses, that has natural form of value.

Although this applies only within the value ratio in which the canvas is related to the rockware as an equivalent.<72>(21)

But since properties of a thing do not spring from its relation to other things, but are active only in such a relationship, rock also seems to possess its equivalent form, its property of direct interchangeability, just as much by nature as its property to be difficult to keep warm.

  ⑧,因為商品的相對價値形式,例如畫布,將其價値表達為與其主體及其屬性完全不同的東西,
    例如,當岩石等於時,這個表達本身暗示它隱藏了社會關係。相反, 它正是在這樣一個事實中,
    一個像搖滾這樣的交易主體,它來來去去的東西,價値表達,它具有自然的價値形式。

    雖然這僅適用於畫布與軟件相關的價値比率。<72>(21)

    但是,由於事物的屬性不是從它與其他事物的關係中産生的,而是僅僅在這種關係中活躍,
    因此岩石似乎也具有其等價的形式,它具有直接可互換的性質,就像其屬性一樣。 難以保暖。

 <杉本 この上記の中国語訳に助けられました。>
⑧ 商品の相対的価値形式、例えばキャンバスはその価値をその身体や性質とは全く異なる何か、例えば岩石と同じように表現するので、この表現自体はそれが社会的関係を隠すことを意味します。 それは、岩のような交易体、これが行き来しているように、価値が表現する、それが自然な形の価値を持っているという事実から成り立っています。

これは、キャンバスがロックウェアに関連している価値比の範囲内でのみ当てはまりますが、<72>(21)
しかし、ある物の性質は他の物との関係から湧き出るのではなく、
そのような関係<the value ratio in which the canvas is related>のみ活発であるので、
ロックもその性質と同等の性質、直接交換可能な性質を持っているようかに見えてしまう。

 誤訳・
 国民文庫訳-「いかにも、このことは、ただリンネル商品が、等価物としての上着商品に関係している
        価値関係のなかで認められているだけある。(21)」P110

それゆえ、この形式が金銭の中で彼に直面し終えた直後に政治経済学者のブルジョア生の視線を打つ
同等の形式の謎です。
それから彼は、金と銀の神秘的な性格を彼らに、それほど眩しくない商品を提出することによって、
そして、その時々の商品同等物の役割を演じたすべての商品のカタログを放棄することによって
明らかにしようとします。 彼は、20キュビトのキャンバス= 1スカートのような最も単純な値式でも、同等の形式の謎を解決できるとは疑いません。
Hence the enigmatic of the equivalent form, which beats the bourgeois raw gaze of the political economist as soon as this form finishes facing him in the money. Then he seeks to clarify the mystical character of gold and silver, by submitting to them less dazzling merchandise and, with ever renewed pleasure, to abandon the catalog of all the commodities which at that time played the role of the commodity equivalent. He does not suspect that even the simplest value expression, such as 20 cubits of canvas = 1 skirt, solves the riddle of the equivalent form.

    因此,這種等同形式的神秘,一旦這種形式完成面對他的錢,
    就會擊敗政治經濟學家的資産階級原始目光。
    然後他試圖澄清金銀的神秘特徴,向他們提交不那麼令人眼花繚亂的商品,
    並且隨著新的快樂,放棄當時扮演商品等同物的所有商品的目録。
    他並不懷疑即使是最簡單的價値表達,
    例如20肘帆布= 1條裙子,也能解決同等形式的謎語。


⑨ The body of the commodity serving as its equivalent is always the embodiment of abstract human labor and is always the product of a certain useful, concrete work.
その同等物<its equivalent 同等物>としての役割を果たす商品の本体は、常に抽象的人間の労働の具体化であり、そして常に特定の有用な、具体的な仕事の産物です。

この具体的な作業は、抽象的な人間の作業の表現となります。
This concrete work becomes the expression of abstract human work.

For example, if rock is regarded as a mere realization, then the tailoring that actually takes place in it is a mere form of realization of abstract human labor.
例えば、もし岩が単なる実現と見なされるならば、その中で実際に起こる仕立ては、抽象的な人間の労働の実現の単なる形である。

キャンバスの表現では、洋裁の有用性は、それが服を作ること、そしてそれゆえに人を作ることではなく、人が価値があると考える体を作ることです。
つまり、キャンバス値の客観化された作品とまったく変わらない作品のゼリーです
In the expressions of the canvas, the usefulness of dressmaking is not that it makes clothes, and therefore also people, but that it makes a body that one sees to be worthy of,that is, a jelly of work that is not at all different from that in the Canvas value objectified work.

そのような価値レベルにするためには、調整すること自体が人間の労働であるというその抽象的な品質以外の何も反映する必要はありません。
To make such a value-level, tailoring itself need not reflect anything but its abstract quality of being human labor.

⑩ In the form of tailoring, as in the form of weaving, manpower is spent. Both therefore possess the general quality of human labor, and may therefore come into consideration in this case only in certain cases, for example in the production of value. All this is not mysterious.
⑩製織のように仕立ての形では、人的資源が費やされます。それゆえ、両方とも一般的な質の人間の労働力を有しており、したがって、この場合には、例えば価値の生成などの特定の場合にのみ考慮される可能性がある。これはすべて不思議ではありません。

しかし、商品の価値の中で物事はねじれています。<73>
But in the value of the goods the thing is twisted.<73>

To put example, that the weaving not in its  forms concrete form as weaving, but in its general capacity as human labor the screen value, it is the tailoring, the concrete work that produces the canvas equivalent, compared with than the tangible Realization of abstract human work.
例を挙げると、その織り方は織り方としては具体的な形ではなく、人間の労働力としての一般的な能力ではスクリーン<反射>値であり、それは仕立てであり、キャンバスと同等のものを生み出す具体的な作品であり、抽象的な人間の作品の具体的な実現よりも--そうであります。

⑪したがって、具体的な仕事がその反対の抽象的な人間の労働の現れとなるのは、同等の形式の2番目の特殊性です。
⑪ It is thus a second peculiarity of the equivalent form that concrete work becomes the manifestation of its opposite, abstract human labor.

⑫ But this concrete work, tailoring, as the mere expression of indiscriminate human labor, possesses the form of equality with other labor, the labor inherent in the linen, and therefore, although private labor, like all other goods-producing labor, yet Work in direct social form.

That is why it presents itself in a product which is directly interchangeable with other commodities. It is thus a third peculiarity of the equivalent form that private work becomes the form of its opposite, to work in a directly social form.
⑫しかし、無差別な人間の労働の単なる表現として仕立てるこの具体的な仕事は、
     他の労働との平等というリネンに内在する労働を持っています。
     直接的な社会的形態で、それは働きます。
それが他の商品と直接交換可能な製品に現れる理由です。

 <It is thus a third peculiarity of the equivalent form that private work
  becomes the form of its opposite,to work in a directly social form.>
したがって、個人的な仕事が直接的に社会的な形式で仕事をすることとは反対の形式になるのは、同等の形式の3番目の特殊性です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  <英語版には、ここにあからさまな改ざんがあります>
  <第二の転倒からくる--無差別な人間の労働の単なる表現として仕立てるこの具体的な仕事--は、
            --他の労働との平等というリネンに内在する労働を持ってい(る)--ことであれば、
            --リネンに内在する労働--は、
            --個人的な仕事が直接的に社会的な形式で仕事をすることとは反対の形式になる--
            と述べています。
  マルクスは、等価形態の謎!を訴えているのに、自明なこと・謎ではない!と英語版は述べています。

  ⑫-A
  私たちには、同等の形式の3つ目の特徴があります。つまり、個人の労働はその反対の形式であり、直接社会的な形式の労働です。

  ⑫-A
 <But because this concrete labour, tailoring in our case, ranks as, and is directly identified with, undifferentiated human labour, it also ranks as identical with any other sort of labour, and therefore with that embodied in the linen. Consequently, although, like all other commodity-producing labour, it is the labour of private individuals, yet, at the same time, it ranks as labour directly social in its character. This is the reason why it results in a product directly exchangeable with other commodities.

We have then a third peculiarity of the equivalent form, namely, that the labour of private individuals takes the form of its opposite, labour directly social in its form.
  ⑫-A
  <しかし、この具体的な労働は、私たちの場合に合わせて、未分化の人間の労働力とランク付けされ、直接に識別されるので、他の種類の労働力と同じ、したがってリネンに具現化されるものと同一にランク付けされます。
その結果、他のすべての商品生産労働と同様に、それは個人の労働であるが、同時に、それはその性格において直接社会的労働としてランク付けされている。 これが、他の商品と直接交換可能な製品になる理由です。

私たちには、同等の形式の3つ目の特徴があります。つまり、個人の労働はその反対の形式であり、直接社会的な形式の労働です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑬ The two most recently developed peculiarities of the equivalent form become even more comprehensible when we return to the great researcher who first analyzed the value form, as did so many forms of thought, forms of society and natural forms. It is Aristotle.
⑬最近開発された同等の形式の2つの特殊性は、最初に価値形式を分析した偉大な研究者に戻ると、さらに多くの思考形式、社会形式および自然形式と同様に理解しやすくなります。 アリストテレスです。

⑭第一に、アリストテレスは商品の貨幣形態は単純な形態の価値のより発展した形態、すなわち他の商品における商品の価値の表現であると明確に述べています。
⑭ First, Aristotle clearly states that the money form of the commodity is only the more developed form of the simple form of value, that is, the expression of the value of a commodity in any other commodity, for it says:

"5 upholstery = 1 house"
Kliuai pente anti oik iaz
<Greek: Clinai pente anti oicias>

"does not differ" from:

"5 upholstery = so much money"
Kliuai pente anti ... osou ai pente k linai
<Greek: clinai pente anti ... odson ai pente clinai>

⑮ He further recognizes that the value-relation in which this expression of value is based in turn implies that the house is qualitatively equated with the upholstery, and that these sensually different things would not be correlated to each other as commensurable quantities without such essential identity. "The exchange," he says, "can not be without equality, but <74> equality but not without commensurability" (" out isothz mh oushz summetria z "). But here he trims and gives up the further analysis of the value form. "But in truth it is impossible ( th men oun alhdeia adunaton ) that such diverse things are commensurable", ie that they are qualitatively the same. This equation can only be something foreign to the true nature of things, so only "makeshift for the practical need."
⑮彼はさらに、この価値表現の基礎となる価値関係は、家が質的に室内装飾品と同一視されていること、そしてこれら本質的な同一性がなければこれらの官能的に異なることは互いに相関しないであろうことを意味する。 「交換は、平等なしには成り立たないが平等なしには成り立ち得ないが、共感なしには成り立たない」(「out isothz mhoushz summetria z」)。しかし、ここで彼はトリミングし、価値観のさらなる分析を断念します。 「しかし、実際には、そのような多様なものが相応しいものであることは不可能である」(すなわち、それらは定性的に同じであることは不可能である)。この方程式は、物事の本来の性質とは無関係なものにしかなり得ないので、「実用上の必要性に即したもの」にすぎません。

⑯アリストテレスはこのように彼のそれ以上の分析が失敗する理由、
すなわち価値概念の欠如を私たち自身に告げています。

同じこととは、つまり家具製造販売業の価値表現において、
住宅が家具製造販売業のために表している共同物質は何ですか?
          <the communal・共同体  物質 substance >
そのようなことは「実際には存在し得ない」とアリストテレスは言います。どうして?
それは室内装飾品と家の両方で同じである限り、家は室内装飾品に同じことを提示します。
それが - 人間の仕事です。
⑯ Aristotle thus tells us himself why his further analysis fails, namely the lack of the concept of value.

What is the same, that is, the communal substance that the house represents for the upholstery in the value expression of the upholstery?

Such a thing can "really not exist," says Aristotle. Why?
The house presents the same thing to the upholstery, as far as it is the same in both the upholstery and the house.
And that is - human work.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=de&u=https://www.hyperkommunikation.ch/personen/aristoteles.htm&prev=search
 アリストテレス

 アリストテレスはこのように彼のそれ以上の分析が失敗する理由、
 すなわち価値の概念の欠如を私たち自身に告げます。 同じこと、
 つまり家具製造販売業の価値表現において住宅が家具製造販売業
 のために表している共同物質は何ですか? そのようなことは
 「実際には存在し得ない」とアリストテレスは言います。 なぜ?
  それが室内装飾品と家の両方に存在する限り、家は室内装飾品に
 同じものを提示し、実際には同じです。 それが - 人間の仕事です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  英語版と対比をしてみよう。
  <⑯Aristotle therefore, himself, tells us what barred the way to his further analysis; it was the absence of any concept of value.

What is that equal something, that common substance, which admits of the value of the beds being expressed by a house?

Such a thing, in truth, cannot exist, says Aristotle. And why not?
Compared with the beds, the house does represent something equal to them, in so far as it represents what is really equal, both in the beds and the house. And that is -human labour.

  ⑯それゆえアリストテレスは、彼自身が、彼のさらなる分析への道を妨げ
  たことを私たちに告げています。それは価値の概念の欠如でした。

  家によって表現されているベッドの価値を認めていること、それが何かと
  同じこと、その共通の実体とは何ですか?
  そのようなことは、実のところ、存在することができない、
  とアリストテレスは言います。そしてどうしてですか?
  ベッドと比較して、それがベッドと家の両方において、それが本当に等しい
  ものを表す限り、家はそれらと等しい何かを表します。
  そしてそれこそが - 人間の労働です。>
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <杉本--価値概念とは?

  What is the same, that is, the communal substance --とは?
  何が同じですか・その共同物質 <或いは 共同体物質>とは何ですか?

  このマルクスがした、我々への問いを、英語版は次のように変えています。

  物象の判断において、作業成果物が、他の製品との価値関係が、
  結ばれることにおいて、発生・登場するはずですが?
  マルクスがここでは述べてはいない「価値実体」を登場させる
  --ことを為している!・・・ことで、英語版は、ギリシャ社会では、
  この物象の判断、物象の社会関係が否定されている--ことを不問に、
  しているのです。
  物化論として、物象の判断が無くても、労働は価値実体ー価値法則として、
  価値形態の前に語ることができる--との主張です。>

⑰ But that in the form of commodity values all labor is expressed as equal human labor and therefore as equal, Aristotle could not extract himself from the value-form itself, because Greek society was based on slave labor, hence the inequality of men and their labor-power had a natural basis.
⑰しかし、商品価値の形では、すべての労働は平等な人間の労働として、したがって平等として表現されていますが、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいていたため、アリストテレスは価値形態そのものから自分自身を引き出すことができませんでした。それは彼らの労働力は、自然な基盤を持っていたのでした。

価値の表現の秘密である、平等そしてすべての労働の同等な妥当性は、それらが一般的に人間の労働である限りにおいて、そして人間の平等の概念がすでに国家的偏見の固さを持っている限りで、そのことを、初めて解読できる。
The secret of the expression of value, the equality and equal validity of all labor, because and insofar as they are human labor in general, can only be deciphered as soon as the concept of human equality already possesses the firmness of a national prejudice.

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <マルクスは、労動--作品 の区別を、ここに述べています。
  ① all labor,   they are human labor in general,
  ② the working product, >

  作業成果物が作業製品となることで、一般的な形態に転化しています。
  the work product -- the working product, >
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 <ドイツ語版からの続>
But this is only possible in a society in which the commodity form is the general form of the working product, and thus also the relation of the people to each other as commodity owners, the prevailing social relation.
しかしこれは、商品形態が作業製品< the working product, >の一般的な形態であり、したがって商品所有者としての人々の相互関係、一般的な社会的関係である社会においてのみ可能です。

アリストテレスの天才は、彼が商品の価値の表現に平等を発見したという事実に輝いています。彼が住んでいた社会の歴史的な障壁だけが、彼が「真実に」この平等の関係が、何からなるのかを見つけることを妨げています。
The genius of Aristotle shines in the fact that he discovers an equality in the expression of the value of the goods. Only the historical barrier of the society in which he lived prevents him from finding out what "in truth" this relationship of equality consists of.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  商品の魅力とその秘密
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1690


  

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:16/1517 《前のページ | 次のページ》
/1517