teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/1506 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 再版  同等のフォーム 物神性

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月 3日(木)16時48分52秒
  通報 返信・引用 編集済
    社会科学年報 論文 第 52 号   2018
 『資本論』の原始的再帰関数 アポリア
  ― アリストテレス難問のマルクス解法 ― ....内田  弘
  <上記の内田先生の論文は素晴らしきものです!紹介>

  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm
   ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja

3. Die Äquivalentform
  3. The equivalent form
  3. 同等のフォーム
①<70> Man hat gesehn: Indem eine Ware A (die Leinwand) ihren Wert im Gebrauchswert einer verschiedenartigen Ware B (dem Rock) ausdrückt, drückt sie letzterer selbst eine eigentümliche Wertform auf, die des Äquivalents. Die Leinwandware bringt ihr eignes Wertsein dadurch zum Vorschein, daß ihr der Rock, ohne Annahme einer von seiner Körperform verschiednen Wertform, gleichgilt. Die Leinwand drückt also in der Tat ihr eignes Wertsein dadurch aus, daß der Rock unmittelbar mit ihr austauschbar ist. Die Äquivalentform einer Ware ist folglich die Form ihrer unmittelbaren Austauschbarkeit mit anderer Ware.
①異なる商品B(スカート)の使用価値でその価値を表現する商品A(キャンバス)は、その部分について、その独特の形態の価値、それと同等の価値を表すことが分かった。リネンのリネンは、スカートがその体型とは異なる値の形をとることを想定せずにそれに無関心であるという事実によってそれ自身の価値を明るみに出す。このように、キャンバスはスカートが直接それと交換可能であるという事実によってそれ自身の価値を表現します。したがって、商品の同等の形式は、他の商品との直接的な互換性の形式です。

②Wenn eine Warenart, wie Röcke, einer andren Warenart, wie Leinwand, zum Äquivalent dient, Röcke daher die charakteristische Eigenschaft erhalten, sich in unmittelbar austauschbarer Form mit Leinwand zu befinden, so ist damit in keiner Weise die Proportion gegeben, worin Röcke und Leinwand austauschbar sind. Sie hängt, da die Wertgröße der Leinwand gegeben ist, von der Wertgröße der Röcke ab. Ob der Rock als Äquivalent und die Leinwand als relativer Wert oder umgekehrt die Leinwand als Äquivalent und der Rock als relativer Wert ausgedrückt sei, seine Wertgröße bleibt nach wie vor durch die zu seiner Produktion notwendige Arbeitszeit, also unabhängig von seiner Wertform bestimmt. Aber sobald die Warenart Rock im Wertausdruck die Stelle des Äquivalents einnimmt, erhält ihre Wertgröße keinen Ausdruck als Wertgröße. Sie figuriert in der Wertgleichung vielmehr nur als bestimmtes Quantum einer Sache.
②したがって、スカートなどの商品の種類がキャンバスなどの他の種類の商品と同等に機能する場合、スカートにはキャンバスと即座に交換可能な形式であるという特性が与えられ、スカートとキャンバスが交換可能な比率はまったくありませんです。キャンバスの値のサイズを考えると、それはスカートの値のサイズに依存します。岩が同等でキャンバスが相対的な値であるかどうか、またはその逆であるかどうかにかかわらず、キャンバスは同等であり、岩は相対的な値であり、その値は生産に必要な労働時間によって決定されます。しかし、商品タイプRockが値式で同等のものに取って代わるとすぐに、その値サイズは値サイズとして式を受け取りません。そうではなく、価値の方程式では、それは物事の明確な量としてのみ現れます。

③Z.B。:40ヤードのキャンバスは「価値がある」 - 何にですか? 2スカートです。ここで商品ロックは同等の役割を果たすので、価値本体として反対のキャンバスの使用価値ロック、また一定量のスカートも値キャンバスの一定量を表現するのに十分である。

したがって、2つのスカートで40キュビットのキャンバスの価値を測定できますが、自分自身の値であるスカートのサイズを表現することはできません。

価値方程式における等価物は常に物事の単なる量、使用価値の形態しか持たないというこの事実の表面的な概念は、彼の前任者や後継者の多くのように、価値の表現において数量的関係のみを見るようにベイリーを導いた。
そうではなく、同等の形態の商品は、価値の定量的決定を含まない
③Z.B.: 40 Ellen Leinwand sind "wert" - was2 Röcke. Weil die Warenart Rock hier die Rolle des Äquivalents spielt, der Gebrauchswert Rock der Leinwand gegenüber als Wertkörper gilt, genügt auch ein bestimmtes Quantum Röcke, um ein bestimmtes Wertquantum Leinwand auszudrücken. Zwei Röcke können daher die Wertgröße von 40 Ellen Leinwand, aber sie können nie ihre eigne Wertgröße, die Wertgröße von Röcken, ausdrücken. Die oberflächliche Auffassung dieser Tatsache, daß das Äquivalent in der Wertgleichung stets nur die Form eines einfachen Quantums einer Sache, eines Gebrauchswertes, besitzt, hat Bailey, wie viele seiner Vorgänger und Nachfolger, verleitet, im Wertausdruck ein nur quantitatives Verhältnis zu sehn. Die Äquivalentform einer Ware enthält vielmehr keine quantitative Wertbestimmung.

④<71>Die erste Eigentümlichkeit, die bei Betrachtung der Äquivalentform auffällt, ist diese: Gebrauchswert wird zur Erscheinungsform seines Gegenteils, des Werts.
④同等の形態を考えたときに目立つ最初の特徴はこれです:使用価値はその反対の価値の現れとなります。

⑤商品の自然形態が価値形態になります。
  <The natural shape of the goods becomes the value form.>
しかし、注意すべきことではありますが、このquidproquo 取違えは、他の商品A(キャンバスなど)が関係する価値関係の内でのみ、その関係内でのみ商品B(岩、小麦、鉄など)に対して発生します。どの商品もそれ自身を等価物として参照せず、したがってそれ自身の天然肌をそれ自身の価値の表現にすることはできないので、他の商品を同等物として参照するか、または別の商品の天然肌をそれ自体の価値形態にしなければならない。
  <another commodity its own value form>
⑤Die Naturalform der Ware wird zur Wertform. Aber, notabene, dies Quidproquo ereignet sich für eine Ware B (Rock oder Weizen oder Eisen usw.) nur innerhalb des Wertverhältnisses, worin eine beliebige andre Ware A (Leinwand etc.) zu ihr tritt, nur innerhalb dieser Beziehung. Da keine Ware sich auf sich selbst als Äquivalent beziehn, also auch nicht ihre eigne Naturalhaut zum Ausdruck ihres eignen Werts machen kann, muß sie sich auf andre Ware als Äquivalent beziehn oder die Naturalhaut einer andren Ware zu ihrer eignen Wertform machen


⑥ー①Dies veranschauliche uns das Beispiel eines Maßes, welches den Warenkörpern als Warenkörpern zukommt, d.h. als Gebrauchswerten. Ein Zuckerhut, weil Körper, ist schwer und hat daher Gewicht, aber man kann keinem Zuckerhut sein Gewicht ansehn oder anfühlen. Wir nehmen nun verschiedne Stücke Eisen, deren Gewicht vorher bestimmt ist. Die Körperform des Eisens, für sich betrachtet, ist ebensowenig Erscheinungsform der Schwere als die des Zuckerhuts. Dennoch, um den Zuckerhut als Schwere auszudrücken, setzen wir ihn in ein Gewichtsverhältnis zum Eisen.
⑥ー①商品としての商品のメジャーの例を示します。使用値として。体が重いので体重があるので、シュガーローフ、あなたはその体重を見たり感じたりすることはできません。私たちは今、重量が決まっているさまざまな鉄片を取ります。鉄の体型は、単独で見れば、シュガーローフの重さよりも重さの現れではありません。それにもかかわらず、重さとしてシュガーローフを表現するために、我々はそれを鉄に対する重量比で置いた。

⑥-②この関係で、鉄は重力以外の何ものでもないと考えられています。したがって、鉄の量は砂糖の重さの尺度として役立ち、単なる重い形、重さの現れと比較して砂糖体を表します。この役割はこの比率の範囲内でのみ鉄によって果たされ、そこには砂糖や体重が求められる他の体が入ります。両方のことが難しくなかったならば、それらはこの関係に入ることができなかった、そしてそれ故に一方は他方の重大性を表現するのに役立つことができなかった。私たち二人がバランスで自分自身を量る場合、実際には、それらは重力と同じであり、したがって一定の割合で同じ重量であることがわかります。鉄の体は、重さの尺度としては、サトウキビより重いので、私たちの価値表現では、岩体はキャンバスにとっての価値にすぎません。
⑥-②In diesem Verhältnis gilt das Eisen als ein Körper, der nichts darstellt außer Schwere. Eisenquanta dienen daher zum Gewichtsmaß des Zuckers und repräsentieren dem Zuckerkörper gegenüber bloße Schwergestalt, Erscheinungsform von Schwere. Diese Rolle spielt das Eisen nur innerhalb dieses Verhältnisses, worin der Zucker oder irgendein anderer Körper, dessen Gewicht gefunden werden soll, zu ihm tritt. Wären beide Dinge nicht schwer, so könnten sie nicht in dieses Verhältnis treten und das eine daher nicht zum Ausdruck der Schwere des andren dienen. Werfen wir beide auf die Waagschale, so sehn wir in der Tat, daß sie als Schwere dasselbe, und daher in bestimmter Proportion auch von demselben Gewicht sind. Wie der Eisenkörper als Gewichtsmaß dem Zuckerhut gegenüber nur Schwere, so vertritt in unsrem Wertausdruck der Rockkörper der Leinwand gegenüber nur Wert.

⑦しかしここでは、類似性は停止します。シュガーローフの重量表現では、鉄は両方の体によって共有される性質、それらの厳しさを表し、一方、キャンバス上での価値の表現では、岩は両方のものの超自然的な品質を表します。
⑦Hier hört jedoch die Analogie auf. Das Eisen vertritt im Gewichtsausdruck des Zuckerhuts eine beiden Körpern gemeinsame Natureigenschaft, ihre Schwere, während der Rock im Wertausdruck der Leinwand eine übernatürliche Eigenschaft beider Dinge vertritt: ihren Wert, etwas rein Gesellschaftliches.


⑧Indem die relative Wertform einer Ware, z.B. der Leinwand, ihr Wertsein als etwas von ihrem Körper und seinen Eigenschaften durchaus Unterschiedenes ausdrückt, z.B. als Rockgleiches, deutet dieser Ausdruck selbst an, daß er ein gesellschaftliches Verhältnis verbirgt. Umgekehrt mit der Äquivalentform. Sie besteht ja gerade darin, daß ein Warenkörper, wie der <72> Rock, dies Ding wie es geht und steht, Wert ausdrückt, also von Natur Wertform besitzt. Zwar gilt dies nur innerhalb des Wertverhältnisses, worin die Leinwandware auf die Rockware als Äquivalent bezogen ist.(21) Da aber Eigenschaften eines Dings nicht aus seinem Verhältnis zu andern Dingen entspringen, sich vielmehr in solchem Verhältnis nur betätigen, scheint auch der Rock seine Äquivalentform, seine Eigenschaft unmittelbarer Austauschbarkeit, ebensosehr von Natur zu besitzen wie seine Eigenschaft, schwer zu sein oder warm zu halten. Daher das Rätselhafte der Äquivalentform, das den bürgerlich rohen Blick des politischen Ökonomen erst schlägt, sobald diese Form ihm fertig gegenübertritt im Geld. Dann sucht er den mystischen Charakter von Gold und Silber wegzuklären, indem er ihnen minder blendende Waren unterschiebt und mit stets erneutem Vergnügen den Katalog all des Warepöbels ableiert, der seinerzeit die Rolle des Warenäquivalents gespielt hat. Er ahnt nicht, daß schon der einfachste Wertausdruck, wie 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, das Rätsel der Äquivalentform zu lösen gibt.

⑧-①商品の相対的な形態をとることによって、例えばですね、キャンバスで示すと。その価値は、その本体やその特性とはまったく異なるものです。
岩に相当するものとして、この表現自体がそれが社会的関係を隠すことを意味します。
⑧ー①In addition, the relative value form of a commodity, e.g. the canvas, its value being something quite different from its body and its characteristics, e.g. as a rock equivalent, this expression itself implies that it hides a social relationship.

⑧ー②Conversely, with the equivalent form. It consists precisely in the fact that a commodity, like rock, this thing expresses as it does and stands, expresses value, and thus possesses value form by nature.
⑧ー②逆に、同等の形式です。それはまさに、岩のような商品が、この物がそうであるように表現し、価値を表現し、そしてそれ故に本質的に価値形態を所有しているという事実から成り立っています。

⑧ー③確かに、これはリネンがロックウェアと同等のものとして関係している価値関係の中でのみ真実である。(21)
⑧ー③To be sure, this is true only within the relation of value in which the linen is related to the rockware as an equivalent.
(21)

⑧ー④But since qualities of a thing do not spring from its relation to other things, but only operate in such a relationship, rock also appears to be its equivalent form to possess its property of immediate interchangeability, just as much by nature as its property to be heavy or warm.
⑧ー④ものの性質は他のものとの関係から湧き出るのではなく、そのような関係で動作するだけなので、本質的にその性質と同じくらいに、重いまたは暖かい性質であるのと同じくらいに--多くの即時の互換性のその性質を所有すること。

⑧ー⑤それゆえ、この<the equivalent form,同等物>形態が貨幣の中で彼に直面するのを終えるとすぐに、政治経済学者のブルジョア的な生の視線を打つ--同等の形態の謎です。それから彼は金と銀の神秘的な性格をそれらに彼らにそれほどまぶしい商品を提出することによって明らかにしようとしていますしす、そして、その時々に商品同等物の役割を果たしたすべての商品のカタログを放棄することになります。
⑧ー⑤Hence the enigmatic of the equivalent form, which beats the bourgeois raw gaze of the political economist as soon as this form finishes facing him in the money.

⑧ー⑥彼は、20キュビトのキャンバス= 1スカートのような最も単純な価値表現でも、同等の形式の謎を解くことができるとは疑いません。
⑧ー⑥He does not suspect that even the simplest value expression, such as 20 cubits of canvas = 1 skirt, can solve the riddle of the equivalent form.


⑨ー①その等価物としての役割を果たす商品本体は、常に抽象的人的労働の具体化であり、常にある有用で具体的な作業の産物です。
この具体的な作業は抽象的な人間の作業の表現となります。
⑨ー①The body of the commodity serving as its equivalent is always the embodiment of abstract human labor and is always the product of a certain useful, concrete work. This concrete work becomes the expression of abstract human work.

⑨-②If the skirt is for example as a mere realization, so the tailoring, which actually realizes in him, as a mere form of realization of abstract human labor.
⑨-②例えば、スカートが例えば単なる実現としての、それ故に抽象的な人間労働の実現の単なる形としての、実際に彼の中で実現する仕立て--ですね。
⑨-③In the expressive value of the canvas, the usefulness of dressmaking is not that it makes clothes, and therefore also people, but that it makes a body that one sees as worthy, that is, a jelly of work that is not at all different from the one in the Canvas value objectified work.
⑨-③キャンバスの価値表現において、洋裁の有用性はそれが洋服を作ること、そしてそれ故に人を作ることではなく、それが価値のあるものと見なされる体を作ることだから、
キャンバス価値は客観化された<Canvas value objectified・物象化>作品です。
  <the one in the Canvas value objectified work.>
  <独-- der Leinwand objektivierten Arbeit unterscheidet.>

⑨-④To make such a value-level, tailoring itself need not reflect anything but its abstract quality of being human labor.
⑨-④そのような価値レベル<和訳--価値鏡>にするためには、調整すること自体が人間の労働であるというその抽象的な品質以外の何も反映する必要はありません。

⑨Der Körper der Ware, die zum Äquivalent dient, gilt stets als Verkörperung abstrakt menschlicher Arbeit und ist stets das Produkt einer bestimmten nützlichen, konkreten Arbeit. Diese konkrete Arbeit wird also zum Ausdruck abstrakt menschlicher Arbeit. Gilt der Rock z.B. als bloße Verwirklichung, so die Schneiderei, die sich tatsächlich in ihm verwirklicht, als bloße Verwirklichungsform abstrakt menschlicher Arbeit. Im Wertausdruck der Leinwand besteht die Nützlichkeit der Schneiderei nicht darin, daß sie Kleider, also auch Leute, sondern daß sie einen Körper macht, dem man es ansieht, daß er Wert ist, also Gallerte von Arbeit, die sich durchaus nicht unterscheidet von der im Leinwandwert vergegenständlichten Arbeit.
  <vergegenständlichten Arbeit.--objectified work.>
Um solch einen Wertspiegel zu machen, muß die Schneiderei selbst nichts widerspiegeln außer ihrer abstrakten Eigenschaft, menschliche Arbeit zu sein.


⑩ー①In der Form der Schneiderei wie in der Form der Weberei wird menschliche Arbeitskraft verausgabt. Beide besitzen daher die allgemeine Eigenschaft menschlicher Arbeit und mögen daher in bestimmten Fällen, z.B. bei der Wertproduktion, nur unter diesem Gesichtspunkt in Betracht kommen.
⑩ー①Menschliche製織の形のような洋裁の形態では、人間労働が費やされます。
それゆえ、両方とも人間労働の一般的な特徴を有しており、したがって、ある場合には、例えば価値生産においては、この観点からのみ考慮が必要です。
⑩ー①In der Form der Schneiderei wie in der Form der Weberei wird menschliche Arbeitskraft verausgabt. Beide besitzen daher die allgemeine Eigenschaft menschlicher Arbeit und mögen daher in bestimmten Fällen, z.B. bei der Wertproduktion, nur unter diesem Gesichtspunkt in Betracht kommen.


⑩ー②All that is not mysterious. But in the value of the goods the thing is twisted. For example, To express that weaving is not weaving in its concrete form as weaving, but in its general quality as human labor, tailoring, the concrete work which produces the canvas equivalent, is contrasted with it as the tangible form of realization human work.

⑩ー②これはすべて不思議ではない。しかし、商品の価値の点で物事はねじれています。
例えば、織ることは織ることとしてその具体的な形で織ることではなく、人間労働としてのその一般的な品質では、仕立て、キャンバスの等価物を生み出す具体的な仕事は、実現の具体的な形としてそれとは対照的です--人間の仕事です。

   「等価物を生み出す具体的な仕事は、実現の具体的な形と
   してそれとは対照的です--人間の仕事」--この転倒が、こ
   こに語られているのです。
   <具体的な裁縫労働が、抽象的人間労働の実現形態になる
   --ことを指して第二の独自性とは述べていなのです。>

   ⑧ー②「同等の形式・・それはまさに、岩のような商品が、
   この物がそうであるように表現し、価値を表現し、そして
   それ故に本質的に価値形態を所有している・・」
   <同等の形態の謎--を次のように解くのです。>
⑩・②・①これは不思議ではない。しかし、商品の価値の点で物事はねじれています。
  <「両方とも人間労働の一般的な特徴を有しており、」・・だから>
例えば、<価値の形成の点では>織ることは織ることとしてその具体的な形で織ることではないことを表現するために、人間労働として、仕立ては、キャンバスとの同等性を生み出すことでの具体的な仕事は、具体的な形の<ヒューマンワーク--人間の仕事>の実現であることで、それと対照されます
⑩ー②All das ist nicht mysteriös. Aber im Wertausdruck der Ware wird die Sache verdreht. Um z.B. auszudrücken, daß das Weben nicht in seiner <73> konkreten Form als Weben, sondern in seiner allgemeinen Eigenschaft als menschliche Arbeit den Leinwandwert bildet, wird ihm die Schneiderei, die konkrete Arbeit, die das Leinwand-Äquivalent produziert, gegenübergestellt als die handgreifliche Verwirklichungsform abstrakt menschlicher Arbeit.

⑪Es ist also eine zweite Eigentümlichkeit der Äquivalentform, daß konkrete Arbeit zur Erscheinungsform ihres Gegenteils, abstrakt menschlicher Arbeit wird.
⑪したがって、2番目の特徴なのは、具体的な仕事が、その反対の抽象的人間労働の現れとなるのが、同等の形式なのです。
It is thus a second peculiarity of the equivalent form that concrete work becomes the manifestation of its opposite, abstract human labor.


⑫But when this concrete work, tailoring, is regarded as the mere expression of indiscriminate human labor, it possesses the form of equality with other labor, the labor inherent in canvas, and therefore, though private labor, like all other goods-producing labor, nevertheless Work in direct social form.

That is why it presents itself in a product that is directly interchangeable with other commodities.
It is therefore a third peculiarity of the equivalent form that private work becomes the form of its opposite, to work in an immediately social form.

⑫しかし、この具体的な仕立て作業が<this concrete work, tailoring,>、無差別な人間労働の単なる表現と見なされると、他の労働と同等の形態となり、つまりキャンバスに内在する労働をもち、したがって他のすべての物産労働と同様に民間労働でも、それにかかかわらず直接的な社会的形態の労働となっている。それが他の商品と直接交換可能な製品の中に存在する理由です。
したがって、個人的な仕事がすぐに社会的な形式の労働であることが、その反対の形式になることは、同等の形式の3番目の特徴です。
⑫Indem aber diese konkrete Arbeit, die Schneiderei, als bloßer Ausdruck unterschiedsloser menschlicher Arbeit gilt, besitzt sie die Form der Gleichheit mit andrer Arbeit, der in der Leinwand steckenden Arbeit, und ist daher, obgleich Privatarbeit, wie alle andre, Waren produzierende Arbeit, dennoch Arbeit in unmittelbar gesellschaftlicher Form. Ebendeshalb stellt sie sich dar in einem Produkt, das unmittelbar austauschbar mit andrer Ware ist. Es ist also eine dritte Eigentümlichkeit der Äquivalentform, daß Privatarbeit zur Form ihres Gegenteils wird, zu Arbeit in unmittelbar gesellschaftlicher Form.


⑬The two most recently developed peculiarities of the equivalent form become even more comprehensible when we return to the great researcher who first analyzed the value form, as did so many forms of thought, social forms, and natural forms. It is Aristotle.

⑬最近開発された2つの同等形式の特殊性は、最初に価値形態を分析した偉大な研究者に戻ると、さらに多くの形式の思考、社会的形式、および自然形式と同様に理解しやすくなります。 アリストテレスです。
⑬Die beiden zuletzt entwickelten Eigentümlichkeiten der Äquivalentform werden noch faßbarer, wenn wir zu dem großen Forscher zurückgehn, der die Wertform, wie so viele Denkformen, Gesellschaftsformen und Naturformen zuerst analysiert hat. Es ist dies Aristoteles.


⑭First, Aristotle clearly states that the money form of the commodity is only the more developed form of the simple value form, i. the expression of the value of a commodity in any other commodity, for it says:

⑭まず第一に、アリストテレスは、商品の貨幣形態は単純な価値形態のより発展した形態にすぎないと明確に述べています。 他の商品における商品の価値の表現、それは言う:
⑭Zunächst spricht Aristoteles klar aus, daß die Geldform der Ware nur die weiter entwickelte Gestalt der einfachen Wertform ist, d.h. des Ausdrucks des Werts einer Ware in irgendeiner beliebigen andren Ware, denn er sagt:

"5 Polster = 1 Haus" <5台の寝台=1軒の家>
Kliuai pente anti oik iaz
<Griechisch: Clinai pente anti oicias>

"unterscheidet sich nicht" von: <というのは、>

"5 Polster = soundso viel Geld" <5台の寝台=これこれの額の貨幣>
Kliuai pente anti ... osou ai pente k linai
<Griechisch: clinai pente anti ... odson ai pente clinai>
             <というのと「違わない」と>

⑮He further recognizes that the value-relation in which this expression of value is based in turn implies that the house is qualitatively equated with the upholstery, and that these sensually different things would not be correlated as commensurable quantities without such identity. "The exchange," he says, "can not be without equality, but <74> equality but not without commensurability" ("out isothz mh oushz summetria z"). But here he trims and gives up the further analysis of the value form. "But in truth it is impossible (th men oun alhdeia adunaton) for such diverse things to be commensurable", i. are qualitatively the same. This equation can only be something foreign to the true nature of things, that is, only a "makeshift for the practical need."

⑮彼はさらに、この価値表現が順番に基づいている--価値関係が家が室内装飾品と定性的に同等であることを意味すること、そしてこれらの感覚的に異なるものはそのような同一性なしで相応しい量として相関しないであろうことを認める。 --
「交換は、平等なしには成り立たないが平等なしには成り立ちませんが、相容れなしには成り立ちません」(「out isothz mhoushz summetria z」)。
しかし、ここで彼はトリミングし<the further analysis of the value form.>価値形態のさらなる分析を断念します。

「しかし、実際には、非常に多様なものが相応しいものになることは不可能です(thh人はalhdeia adunaton)」。定性的には同じです。この方程式は、物事の本来の性質とは無関係のもの、つまり「実用上の必要性に対する一時的なもの」にしかなり得ません。

⑮Er sieht ferner ein, daß das Wertverhältnis, worin dieser Wertausdruck steckt, seinerseits bedingt, daß das Haus dem Polster qualitativ gleichgesetzt wird und daß diese sinnlich verschiednen Dinge ohne solche Wesensgleichheit nicht als kommensurable Größen aufeinander beziehbar wären. "Der Austausch", sagt er," kann nicht sein ohne die Gleichheit, die <74> Gleichheit aber nicht ohne die Kommensurabilität" ("out isothz mh oushz summetria z"). Hier aber stutzt er und gibt die weitere Analyse der Wertform auf. "Es ist aber in Wahrheit unmöglich (th men oun alhdeia adunaton), daß so verschiedenartige Dinge kommensurabel", d.h. qualitativ gleich seien. Diese Gleichsetzung kann nur etwas der wahren Natur der Dinge Fremdes sein, also nur "Notbehelf für das praktische Bedürfnis".


⑯Aristotle thus tells us himself why his further analysis fails, namely, the lack of the concept of value. What is the same, i. the communal substance, which presents the house for the upholstery in the value expression of the upholstery?
Such a thing can not really exist, says Aristotle.
Why? The house presents the same to the upholstery, as far as it presents in both the upholstery and the house, really the same. And that is - human work.

⑯アリストテレスはそれゆえ彼のそれ以上の分析が失敗する理由、すなわち価値概念の欠如を私たち自身に告げます。
何が同じです、私は。室内装飾品の価値表現において室内装飾品のための家を提示する共同物質?そのようなことは本当に存在することはできません、アリストテレスは言います。
なぜ?それが室内装飾品と家の両方に存在する限り、家は室内装飾品に同じものを提示し、実際には同じです。それが - 人間の仕事です。
⑯Aristoteles sagt uns also selbst, woran seine weitere Analyse scheitert, nämlich am Mangel des Wertbegriffs. Was ist das Gleiche, d.h. die gemeinschaftliche Substanz, die das Haus für den Polster im Wertausdruck des Polsters vorstellt? So etwas kann "in Wahrheit nicht existieren", sagt Aristoteles. Warum? Das Haus stellt dem Polster gegenüber ein Gleiches vor, soweit es das in beiden, dem Polster und dem Haus, wirklich Gleiche vorstellt. Und das ist - menschliche Arbeit.


⑰ー①But that in the form of commodity values ??all works are expressed as equal human labor and therefore as equal, Aristotle could not extract himself from the value-form itself, because Greek society was based on slave labor, hence the inequality of men and their labor-power had a natural basis.


The secret of the expression of value, the equality and equal validity of all works, because and insofar as they are human labor in general, can only be deciphered as soon as the concept of human equality already possesses the firmness of a national prejudice.

⑰ー①Daß aber in der Form der Warenwerte alle Arbeiten als gleiche menschliche Arbeit und daher als gleichgeltend ausgedrückt sind, konnte Aristoteles nicht aus der Wertform selbst herauslesen, weil die griechische Gesellschaft auf der Sklavenarbeit beruhte, daher die Ungleichheit der Menschen und ihrer Arbeitskräfte zur Naturbasis hatte. Das Geheimnis des Wertausdrucks, die Gleichheit und gleiche Gültigkeit aller Arbeiten, weil und insofern sie menschliche Arbeit überhaupt sind, kann nur entziffert werden, sobald der Begriff der menschlichen Gleichheit bereits die Festigkeit eines Volksvorurteils besitzt.
⑰ー①しかし、商品価値の形式では、< commodity values all works>その商品価値が--全ての作業は平等な人間労働として、したがって平等として表現されているのであり、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいていたために、アリストテレスは価値形態--自体からは、このことを抽出できませんでした。
持っていた--価値表現の秘密、平等そして、すべての作品の平等な妥当性は、それらが人間労働である限り一般的に、人間の平等の概念がすでに国民的偏見の堅固さを持つようになるとすぐに解読できるだけです。

⑰ー②しかしこれは、商品形態が労働生産物の一般的な形態であり、それゆえに商品の所有者としての人々の互いの関係が支配的な社会的関係である社会においてのみ可能です。
アリストテレスの天才は、彼が商品の価値表現に平等を発見したという事実に輝いています。
彼が住んでいた社会の歴史的な障壁だけが、彼が「真実に」この平等の関係が、何からなるのかを見つけることを妨げています。
⑰ー②Das ist aber erst möglich in einer Gesellschaft, worin die Warenform die allgemeine Form des Arbeitsprodukts, also auch das Verhältnis der Menschen zueinander als Warenbesitzer das herrschende gesellschaftliche Verhältnis ist. Das Genie des Aristoteles glänzt grade darin, daß er im Wertausdruck der Waren ein Gleichheitsverhältnis entdeckt. Nur die historische Schranke der Gesellschaft, worin er lebte, verhindert ihn herauszufinden, worin denn "in Wahrheit" dies Gleichheitsverhältnis besteht.

⑰ー②But this is only possible in a society in which the commodity form is the general form of the labor product, and thus also the relation of the people to each other as commodity owners the prevailing social relation. The genius of Aristotle shines in the fact that he discovers an equality in the expression of the value of the goods. Only the historical barrier of the society in which he lived prevents him from finding out what "in truth" this relationship of equality consists of.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 再版 物神性
 http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Kap_1_2
 上記からの英訳の和訳です。
 <ドイツ語 の原文も添えてみます。新しい認識がうまれます。>
 ①・・・・・・・・・略 ・・・・・・・・・・・・・・

 ②・・・・・・・・・略 ・・・・・・・・・・・・・・

③Woher entspringt also der rätselhafte Charakter des Arbeitsprodukts, sobald es Warenform annimmt? Offenbar aus dieser Form selbst. Die Gleichheit der menschlichen Arbeiten erhält die sachliche Form der gleichen Wertgegenständlichkeit der Arbeitsprodukte, das Maß der Verausgabung menschlicher Arbeitskraft durch ihre Zeitdauer erhält die Form der Wertgröße der Arbeitsprodukte, endlich die Verhältnisse der Produzenten, worin jene gesellschaftlichen Bestimmungen ihrer Arbeiten betätigt werden, erhalten die Form eines gesellschaftlichen Verhältnisses der Arbeitsprodukte.
③商品形態をとるとすぐに、作業成果物の謎の性格はどこから来るのでしょうか。
どうやらこのフォーム自体からです。人間の作品の同等性は、労働生産物の同等な価値観 - 客観性の客観的な形を保存します。
そして、その期間にわたる人間の労働の支出の尺度は、労働生産物の価値の大きさの形で与えられ、そして最後にそれらの労働の社会的決定が得られる生産者の関係は、作業成果物の社会的関係を受けとる。
  <新日本訳P123から、引用しておきます。>
  「では、労働生産物が商品形態をとるやいなや生じる
  労働生産物の謎的性格は、どこから来るのか?明らか
  に、この形態そのものからである。人間的労働の同等  人間の作品の同等性は、
  性は、労働生産物の同等な価値対象性という物的形態  労働生産物の同等な価値観 - 客観性
  を受け取り、その継続時間による人間的労働力の支出
  の測定は、労働生産物の価値の大きさという形態を受
  け取り、最後に、生産者たちの労働のあの社会的関係
  という形態を受け取るのである。」
  <人間の作品の同等性は、労働生産物の同等な価値観 - 客観性の客観的な形>が見えず、逆に前提と
  されている。不問事項にされている。人間の作品が、労働生産物の<価値観 - 客観性の客観的な形>
  ーーを訳出せねば、この<作業成果物は、何時の時代でも商品>であって、物神性を認めてしまう!

③So where does the enigmatic character of the work product come from, as soon as it takes on commodity form? Apparently out of this form itself. The equality of human works preserves the objective form of the same value-objectivity of the products of labor; the measure of the expenditure of human labor through its duration is given the form of the value-magnitude of the products of labor, and finally the relations of the producers, in which those social determinations of their labor are obtained, receive the form of a social relationship of the work products.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
④ー①Das Geheimnisvolle der Warenform besteht also einfach darin, daß sie den Menschen die gesellschaftlichen Charaktere ihrer eignen Arbeit als gegenständliche Charaktere der Arbeitsprodukte selbst, als gesellschaftliche Natureigenschaften dieser Dinge zurückspiegelt, daher auch das gesellschaftliche Verhältnis der Produzenten zur Gesamtarbeit als ein außer ihnen existierendes gesellschaftliches Verhältnis von Gegenständen.
④ー①それゆえ商品形態の謎は、それが労働生産物そのものの表象的な性格としての人間自身の労働の社会的性格、したがって生産者の社会的関係を反映しているという事実にあります。
それら< them objects>の社会的関係としての総労働は反対している。
④ー①The mystery of the commodity form consists simply in the fact that it reflects back to humans the social characters of their own labor as representational characters of the labor products themselves, as the social nature of these things, hence the social relation of the producers to the total labor as a social relationship of them objects.

②Durch dies Quidproquo werden die Arbeitsprodukte Waren, sinnlich übersinnliche oder gesellschaftliche Dinge.
②この取違えを通して、作業成果物<労働生産物--でなく>は商品、官能的に精神的または社会的なものになる。
②Through this quid proquo, the work products become goods, sensually psychic or social things.

③So stellt sich der Lichteindruck eines Dings auf den Sehnerv nicht als subjektiver Reiz des Sehnervs selbst, sondern als gegenständliche Form eines Dings außerhalb des Auges dar.
③したがって、視神経上のものの光の印象は、視神経自体の主観的な刺激としてではなく、目の外のものの客観的な形としてそれ自体を提示する。
③Thus the light impression of a thing on the optic nerve does not present itself as a subjective stimulus of the optic nerve itself, but as an objective form of a thing outside of the eye.

④Aber beim Sehen wird wirklich Licht von einem Ding, dem äußeren Gegenstand, auf ein andres Ding, das Auge, geworfen.
④しかし見るとき、光はあるもの、外側のオブジェクトから別のもの、つまり目へと投げかけられます。
 <dem äußeren Gegenstand, ーーthe outer object,>
④But when seeing, light is really thrown from one thing, the outer object, to another thing, the eye.

⑤Es ist ein physisches Verhältnis zwischen physischen Dingen. Dagegen hat die Warenform und das Wertverhältnis der Arbeitsprodukte, worin sie sich darstellt, mit ihrer physischen Natur und den daraus entspringenden dinglichen Beziehungen absolut nichts zu schaffen.
⑤それは物理的なものの間の物理的な関係です。
一方、商品形態とそれらが提示される労働生産物の価値は、それらの物理的性質とその結果としての具体的な関係とは全く関係がありません。
⑤It is a physical relationship between physical things.
On the other hand, the commodity form and the value of the products of labor, in which they are presented, have absolutely nothing to do with their physical nature and the consequent tangible relations.

⑥Es ist nur das bestimmte gesellschaftliche Verhältnis der Menschen selbst, welches hier für sie die phantasmagorische Form eines Verhältnisses von Dingen annimmt.
⑥それはここで彼らにとって物事の関係の幻影的な形態を仮定するのは人間自身の明確な社会的関係だけです。
⑥It is only the definite social relationship of the human beings themselves which here assumes for them the phantasmagoric form of a relation of things.

⑦Um daher eine Analogie zu finden, müssen wir in die Nebelregion der religiösen Welt flüchten. Hier scheinen die Produkte des menschlichen Kopfes mit eignem Leben begabte, untereinander und mit den Menschen in Verhältnis stehende selbständige Gestalten.
⑦DaherToに例えを見よ、私たちは宗教的世界の霧の領域に逃げなければなりません。ここで、人間の頭の産物は、彼ら自身の間で、そして人間の間で、彼ら自身の生活に恵まれた独立した形態を持っているように見えます。
⑦DaherTo find an analogy, we have to flee to the foggy region of the religious world. Here the products of the human head seem to have independent forms endowed with their own lives, among themselves and with human beings.

④ー⑧So in der Warenwelt die Produkte der menschlichen Hand. Dies <87> nenne ich den Fetischismus, der den Arbeitsprodukten anklebt, sobald sie als Waren produziert werden, und der daher von der Warenproduktion unzertrennlich ist.
④ー⑧商品世界では、人間の頭の産物は、彼ら自身の間で、そして人間の間で、彼ら自身の生活に恵まれた独立した形態を持っているように見えます。それが、商品の世界では人間の手の商品です。
これは私がフェティシズムと呼んでいるもので、商品として生産されるとすぐに働く商品に固く執着するので、商品生産と不可分の関係にあります。
④ー⑧So in the commodity world, the products of the human hand. This is what I call fetishism, which sticks to working products as soon as they are produced as commodities, and which therefore is inseparable from commodity production.
   <杉本--作業成果物 の訳であって「労働生産物」ではないのです。
    この転倒をこそ、物象が、物神性を生み出すのです。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑤As the preceding analysis has already shown, this fetish character of the commodity world springs from the peculiar social character of labor, which produces commodities.
⑤前述の分析がすでに示したように、この商品世界のフェティッシュな性格は、商品を生産する特殊な社会的労働の性格から生じている。

⑥Commodities become goods in the first place because they are products of independent private work. The complex of these private works forms the total social work.
Since the producers only come into social contact through the exchange of their work products, the specific social characters of their private work appear only within this exchange.
⑥商品は自営業の商品であるため、そもそも商品となる。これらの私的作品の複合体は、総合的なソーシャルワークを形成します。
生産者は彼らの作業成果物<「労働生産物」--では誤訳>の交換を通して社会的接触をするだけであるので、彼らの私的作業の特定の社会的性格はこの交換の中にだけ現れる。

Or, in fact, private works only function as members of social work through relationships, in which exchange places the products of labor and, by means of them, the producers.
The social relations of their private works therefore appear to the latter to be what they are; not as directly social relations of persons in their works themselves, but rather as factual relations of persons and social relations of things.
あるいは、実際には、私的作品は人間関係を通して社会福祉の一員としてのみ機能します。
そこでは、交換は労働の産物を産み出し、そしてそれらを用いて生産者を産み出します。
それゆえ彼らの私的作品の社会的関係は後者にとって彼らが何であるかのように思われる。
作品<their works>における直接的な社会的関係としてではなく、むしろ実際の人物間の関係およびモノの社会的関係としてのものです。

⑦Only within their exchange do the working products receive a socially equal value-objectivity, separated from their sensually different utilitarian objectivity.
⑦それらの交換の範囲内でのみ、作業製品はそれらの官能的に異なる功利的客観性<socially equal value-objectivity,>分離された社会的に等しい価値 - 客観性<objectivity.>を受け取ります。

This splitting of the work product into useful thing and value works only practically, as soon as the exchange has already gained sufficient extent and importance, so that useful things are produced for the exchange, the value character of the things thus comes into consideration even with their production.
このように作業成果物を<有用なもの--価値>に分割することは、交換がすでに十分な範囲と重要性を獲得した直後に実用的にしか機能しないので、有用なものが交換のために生み出される。彼らの生産のなかでです。

From this moment on, the private works of the producers actually have a double social character.
この瞬間から、プロデューサーの私的な作品は実際には二重の社会的性格を持っています。

On the one hand, they must, as certain useful works, satisfy a particular social need and thus prove themselves to be members of the total work, of the natural system of the social division of labor.
On the other hand, they satisfy only the manifold needs of their own producers, provided that every useful private work is interchangeable with every other useful kind of private work, and thus is indifferent to it.
一方では、彼らは、ある種の有用な仕事として、特定の社会的ニーズを満たし、したがって社会全体の社会的分業体制の一員であることを証明しなければなりません。
他方、すべての有用な私的作品<「労働」-誤>が他のあらゆる有用な種類の私的作品<「労働」>と交換可能であり、したがってそれに無関係であるという条件で、彼らは彼ら自身の生産者の多様な必要性だけを満たす。

The equality of completely different works of art can exist only in an abstraction of their real inequality, in the reduction to the common character which they possess as the expenditure of human labor power, abstractly human labor.
完全に異なる芸術作品の平等は、彼らの本当の不平等を抽象化したもの、人間の労働力の支出として持っている共通の性格への還元であり、それは抽象的には人間労働にのみ存在することができます。
--杉本・私的作品<「労働」>の既存の誤訳では、ここでの先生の主張の転倒批判が、理解できない。--
--註27・「彼らの異なる仕事を人間の労働と捉えます」との、この批判が、全く!!!理解できない。--

The brain of private producers reflects this dual social character of their private works only in the forms which appear in practical intercourse, in the exchange of products - the socially useful character of their private works, in the form that the product of labor must be useful to others social character of the equality of the different kinds of work in the form of the common value character of these materially different things, the products of labor.
私的生産者の頭脳は、製品の交換において、実際的な交易で現れる形でのみ彼らの私的作品のこの二重の社会的性格を反映しています - 労働の製品が有用でなければならないという形での--彼らの私的作品の社会的に有用な性格であり、これらの実質的に異なるもの、労働生産物の共通の価値性格の形態<価値形態>での異なる種類の労働の同等の他の社会的性格となっている。

⑧So people do not relate their products of labor to each other as values, because these things are considered to them to be mere factual envelopes of similar human labor.
⑧ですから、人々は、自分たちの労働生産物を価値として互いに関連づけてはいません。なぜなら、これらのことは彼らにとって、同様の人間労働の単なる<事実上の封筒>であると考えられているからです。

Vice versa. In equating their diverse products as values in exchange, they equate their different works as human labor. They do not know that, but they do. (27)
その逆もあります。彼らの多様な製品を交換の価値として捉えることにおいて、彼らは彼らの異なる仕事を人間の労働と捉えます。彼らはそれを知らないが、彼らは知っている(27)。

It is therefore not written on the forehead of what it is. Rather, value transforms every work product into a social hieroglyph. Later, people seek to decipher the meaning of the hieroglyph, to go beyond the secret of their own social product, for the determination of commodities as values is their social product as good as language.
それゆえ、それが何であるかはその額に書かれていない。そうではなく、価値はあらゆる作業成果物を社会的象形文字に変換します。その後、人々は象形文字の意味を解読し、自分の社会的産物の秘密を超えて、価値としての商品の決定が言語と同じくらいに、良い彼らの社会的産物であることを目指しています。

The late scientific discovery that labor products, insofar as they are values, merely factual expressions of the labor expended in their production, makes an epoch in the history of human evolution, but in no way shuns the objective semblance of the social character of labor.
それらが価値であるという最近の科学的発見、単に実験室の実際の表現はそれらの生産に費やされて、それは人間の進化の歴史の中で画期的なことになります、しかし決して労働の社会的性格の客観的な類似を避けません。

What is valid only for this particular form of production, the production of commodities, that the specifically social character of independent private works consists in their equality as human labor and takes on the form of the value character of the labor products, appears before and after that discovery in the Conditions of commodity production are just as final as that the scientific decomposition of the air into their elements leaves the air-form as a physical form of body.
この特定の生産形態、つまり商品の生産にのみ当てはまることは、
  独立した私的作品の社会的特徴は人間労働と同等であり、
  労働生産物の価値形態をとるということである。
商品生産の条件は、空気をそれらの要素に科学的に分解することが、
物理的な形態の身体としての空気の形態を残すのと同じくらい最終的なものです。
   <これが --価値形態の秘密--であります。
  これがあって--商品形態   --が出来
        --価値表現   --ができます。>
  相対的価値形態は、価値形態があることで左極にて形成され、
  等価形態は、同等物商品が、使用価値のままに直接的に価値形態であることで、
  反対極にて、価値表現しています。第二の形態では、右極のみが価値形態を獲るが、
  しかし相互の交換可能性は有りません
  そして第三の形態では、商品世界の住人は、その世界にあるために、
  自然的形態のままに、価値形態を獲るも、直接的な交換可能性の形態ーーとしての、
  等価物の形態は、商品世界の外にあるため、ある一商品を選択しなければならない。

⑨<89> What initially interests the product exchangers is the question of how much foreign products they receive for their own product, in which proportions the products exchange.
⑨<89>当初、商品交換者が興味を持っているのは、自分の商品に対してどれだけの外国製品を受け取っているのかということです。

Once these proportions have matured to a certain habitual firmness, they seem to spring from the nature of the work products, so that e.g. a ton of iron and 2 ounces of gold equivalent, as one pound of gold and one pound of iron are equally heavy despite their various physical and chemical properties.
これらの比率が特定の習慣的な堅さに成熟すると、それらは作業成果物の性質から湧き出るように見えます。 1トンの鉄と2オンスの金に相当します。1ポンドの金と1ポンドの鉄は、それらのさまざまな物理的および化学的特性にもかかわらず、等しく重いのです。

In fact, the value character of the work products only attaches to their value as actuators. The latter change constantly, independently of the will, foreknowledge, and action of the exchanging people.
実際、作業成果物の価値性格は、アクチュエーターとしての価値にのみ結び付いています。後者は、交換する人々の意思、予知、行動とは無関係に、絶えず変化します。

Their own social movement has for them the form of a movement of things they control, not control. It requires a fully developed production of commodities before the scientific insight grows out of experience itself that private works, which are independent of each other but as natural members of the social division of labor, are continually reduced to their socially proportional measure, because they are found in the accidental and The fluctuating conditions of exchange of their products forcibly enforce the socially necessary working time as a regulating law of nature, such as the law of gravity, when the house collapses over one's head. (28)
彼ら自身の社会運動は、彼らにとって、彼らが支配するものではなく、支配するものの動きの形をしている。科学的洞察が経験から生まれる前に完全に開発された商品の生産を必要とします。私的作品は互いに独立していますが、社会的分業の自然な一員であるため家が頭の上で倒れるとき、彼らの製品の交換の変動の条件は、社会の必要な労働時間を重力の法則のような自然の法則として強制的に強制します。 (28)

The determination of the value by working time is therefore one among the appearing Movements of relative commodities hidden secret. His discovery removes the semblance of mere accidental determination of the values of value to the working products, but by no means their objective form.
したがって、労働時間による価値の決定は、隠されている相対的な商品の動きのうちの一つです。彼の発見は、作業用製品に対する価値の値の単なる偶然の決定の類似性を取り除きますが、
それらの客観的な<their objective form.物象的>形式を決して意味するものではありません。

⑩Reflecting on the forms of human life, including their scientific analysis, in the first place proposes a path contrary to real development. It starts post festum and therefore with the finished results of the development process.
科学的分析を含む人間の生活の形態を最初に考えることは、本当の発展に反する道を提案します。それは、懐胎後、したがって開発プロセスの最終結果から始まります。

The forms, which stamp products of labor into commodities and are therefore exposed to commodity circulation, already possess the firmness of natural forms of social life, before men seek to give an account of the historical character of these forms; are considered immutable, but about their content.
労働生産物を商品に押し込み、したがって商品の流通にさらされる形態は、人々がこれらの形態の歴史的特徴を説明しようと試みる前に、すでに社会的生活の自然な形態の堅さを持っている。不変と見なされることが、その内容についてです。

So it was only the analysis of the commodity prices, which led to the determination of the value, only the common money expression of the goods, which led to the fixation of their value character.
そのため、商品価格の分析だけが価値の決定につながり、商品の一般的な貨幣表現のみがその価値性格の固定につながりました。

But it is precisely this finished form - the money form - of the world of commodities, which obscures the social character of private work and therefore the social conditions of private workers instead of revealing it.
しかし、それはまさにこの世界の商品の完成した形態 - 貨幣形態 - であり、それは私的労働の社会的性格、したがってそれを明らかにするのではなく私的労働の社会的条件をあいまいにします。

When I say that rock, boots, etc., refer to canvas as the general embodiment of abstract human labor, the craziness of that expression catches the eye. But if the producers of rock, boots, etc., refer to these commodities on canvas - or gold and silver, which does not change anything - as a general equivalent, the relationship of their private work to the overall social work seems to them exactly in this crazy form.
私がもし次のように言うとき、ブーツなどは一般的な抽象的人間労働の実現形態としてキャンバスを参照すると、ーー
その表現の狂気は目を引く。しかし、ロック、ブーツなどの生産者がキャンバス上のこれらの商品、
あるいはそれとは何ら変わらない金と銀とを参照するならば、一般的な同等物としての彼らの--
ー<個人的な仕事と社会的作業の関係は、their private work to the social work  >--
まさに、彼らに思われるこのクレイジーな形態で表されている。

⑪Such forms constitute the categories of bourgeois economy.
⑪そのような形態はブルジョア経済学の範疇を構成する。

They are socially valid, that is, objective thought-forms for the relations of
production of this historically determined social mode of production, the production of commodities.
それらは社会的に妥当であり、すなわちこの歴史的に決定された社会的生産様式の生産関係、
すなわち商品生産のための< objective thought-forms>客観的思考形式である。
            <物象的な思考形式を、我々は克服・止揚するぞ!>
All the mysticism of the world of commodities, all the magic and hauntings that enveloped labor products on the basis of commodity production, therefore vanishes immediately as soon as we flee to other forms of production.
それゆえ、商品世界のすべての神秘主義、商品の生産に基づいて労働生産物を包んでいたすべての魔法と狩猟は、他の生産形態に逃げるとすぐに消えます。

⑫・・・・・略・・・・・

⑭・・・・・略・・・・・


⑯ー略ー這種真實的自我意識反映在古老的自然和民間宗教中。只要當今日常工作的實際生活條件與彼此和自然之間提供透明和透明的關係,現實世界的宗教反映就會消失。社會生活過程的形状,我。在物質生産過程中,只有在對自由社會化的人的産品進行有效的意識控制之下,才能消除其神秘的陰霾。然而,為了這個目的,需要社會的物質基礎或一系列存在的物質條件,這些條件本身就是漫長而痛苦的發展歴史的自然産物。

   ⑯この真の自己意識は古代の自然や民俗宗教に反映されています。
   今日の日々の仕事の実際の生活条件がお互いと自然の間の透明で
   透明な関係を提供する限り、現実の世界の宗教的な反射は消えます。
   社会生活プロセスの形、私。材料生産の過程で、神秘的な霞は自由
   な社交的な人々の製品の効果的な意識管理によってのみ排除するこ
   とができます。しかしながら、この目的のためには、社会の物質的
   基盤または一連の現存する物質的条件が必要であり、それ自体が長
   くて苦痛な開発史の天然産物である。

⑰政治經濟雖然不完美(31),但現在已經分析了價値和價値・並發現了隱藏在這些形式中的東西。她甚至從來沒有問為什麼這個?容假定形式的問題,那麼為什麼是價値的工作,並通過他們的工作産品的價値量時間的工作量?(32)的形式,在那裡他的額頭上寫它們屬於在生?過程中尚未掌握的男子,該男子的生産過程中,他們的公民意識不言而?Naturnot- <96>社會秩序必然是生産性勞動本身適用。prebourgeois社會生産有機體的形式,因此由她處理比如來自教會父親的基督教前宗教。(33)

   ⑰政治経済は完全ではありませんが(31)、価値観と価値観を分析
   したところ、これらの形に隠されているものが見つかりました。
   彼女はなぜこのコンテンツが質問の形をとるのかと尋ねたことは一
   度もありませんでした。それでなぜ作品の価値と時間の長さが彼ら
   の成果物の価値を通して得られるのでしょうか。 (32)
   彼の額が彼らがまだ生産プロセスを習得していない人々に属すると
   書いている形では、生産プロセス中の男性の市民意識は自明である
   Naturnot- <96>社会秩序は必然的に生産的である労働自体が適用
   されます。前ブルジョア社会は生物の形態を作り出すので、彼女は
   教会の父からのもののようなキリスト教以前の宗教を扱います。(33)

32),這是它永遠不會成功,從貨物的貨物的分析和特殊的價値在價値形態上,這讓他僅僅是交換價値了古典政治經濟學的根本缺陷之一。在她最好的代表中,如A.史密斯和里卡多,她將價値形式視為完全無關緊要的東西,或者是商品本身的外在東西。原因並不僅僅是對價値規模的分析完全吸引了他們的注意力。

  (32)これは古典的な政治経済学における基本的な欠陥の1つであり、
   それは財からの財の分析と価値形態・上の特殊的価値に成功するこ
   とは決してなく、それは彼を単なる価値の交換にするからです。
   A.スミスやリカルドのような彼女の最も良い代表者の間で、彼女は
   --価値形態を全く無関係な何か、または製品自体の外部の何かと見
   なしています。
   その理由は、価値の規模の分析が完全に注目を集めているというこ
   とだけではありません。

他更深入。工作産品的價値形式是資本階級的生産模式,因此作為一種特殊的社會生産的,並在同一時間表超歴史 的最抽象的,也是常見的形式。

   理由はもっと深い。
   作業成果物の価値形態はブルジョア生産モデルであり
   <資産階級的生産模式>、したがって特別な種類の社会的生産とし
   てであり、同時に歴史の最も抽象的で一般的な形式を表しています。

因此,你知道這對社會生産的永恆的自然形式,所以我們忽略必要和形状的具體數値,所以商品形式,發展以貨幣的形式,包乾等。

   したがって、あなたは社会的生産の永遠の自然な形を知っているの
   で、私たちは--必要和形状的具體數値--
        <価値形態・・価値の質と量を表す>
   つまり商品形態、貨幣形態への発展などを無視します。

因此,經濟學家們就工作時間的價値衡量達成一致,因此找到了最豐富多彩,最矛盾的金錢觀念。一般等價的完成形式。這很引人注目,例如在銀行業的處理中,貨幣的共同定義已不再足瞬。

   したがって、エコノミストは労働時間の価値の測定に同意し、
   したがって最もカラフルで矛盾する貨幣の概念を見つけました。
   それが、ほぼ同等の完成形態です。たとえば、銀行業界では、
   一般的な通貨の定義だけでは不十分です。

相比之下,一個恢復的商業系統(Ganilh等),它只看到了社會形式的價値,或者更確切地説只是未經改善的外觀。為了一勞永逸地實現它,在古典政治經濟學下,我從W開始就理解所有的經濟

   対照的に、社会的形態の価値、あるいは単に改善されていない
   外観を見るだけの回復されたビジネスシステム(Ganilh et al。)。
   古典的な政治経済の下で、一度でそしてすべての人にとってそれ
   を達成するために、私は西暦の初めからすべての経済を理解しました。

小資的是,與庸俗經濟學研究的資産階級生産關係的内在聯繫,只有内明顯的關係掛出,對於合理Verständlichmachung這麼説粗暴的現象和資産階級的房屋所需要的材料已經通過科學的經濟始終重新咀嚼,在提供但除此之外,將自己局限於系統化自己最好的世界pedantisieren的資産階級的生産代理商平庸自滿的概念,並宣布為永恆的真理。

   ささいなブルジョアジーは、下品な経済学研究のブルジョア的
   生産関係との内部の関係は明白な関係の中でのみぶら下がってい
   るということですし、そして、無礼な現象とブルジョア家を言う
   ために必要な材料は常に科学経済を通して再確立されました。
   チューイングは、これに加えて、提供することに加えて、彼ら自
   身の最高の世界の歩みを体系化するブルジョア生産エージェント
   の平凡さの概念にそれ自身を限定し、そしてそれを
   <宣布為永恆的真理>永遠の真実として宣言するのです。

(32)これは古典的な政治経済学における基本的な欠陥の1つであり、それは財からの財の分析と価値形式の特別な価値に成功することは決してなく、それは彼を単に価値の交換にする。 A.スミスやリカルドのような彼女の最も良い代表者の間で、彼女は価値の形式を全く無関係な何か、または製品自体の外部の何かと見なしています。

その理由は、価値の規模の分析が完全に注目を集めているということだけではありません。彼はもっと深い。作業成果物の価値形式はブルジョア生産モデルであり、したがって特別な種類の社会的生産としてであり、同時に歴史の最も抽象的で一般的な形式を表しています。

したがって、あなたはこの永遠の自然な形の社会的生産を知っているので、私たちは特定の形の必要性と価値、つまり商品の形、開発資金、パッケージの形を無視します。学位は非常に賛成、お金の最もカラフルで矛盾する概念、すなわち一般的な同等の補完の形です。

たとえば、銀行業界では、一般的な通貨の定義だけでは不十分です。対照的に、社会的形態の価値、あるいは単に改善されていない外観を見るだけの回復されたビジネスシステム(Ganilh et al。)。 -

それにそして一度に注意を払うために、私の古典的な政治経済は明白な関係でのみ合理的なVerständlichmachungbourgeois生産関係の内側の関係がハングアウトすると信じることをW.ペティブルジョアジーの比較下品経済学から失礼な現象とブルジョア住宅のニーズは科学的経済によってもたらされてきたと言えるでしょうが、そうでなければそれは体系的に彼ら自身の最高の世界のペンダントを貪り尽くすブルジョア生産エージェントの平凡の概念に限定されます。そして永遠の真実として宣言されています。

(32),這是它永遠不會成功,從貨物的貨物的分析和特殊的價値在價値形態上,這讓他僅僅是交換價値了古典政治經濟學的根本缺陷之一。在她最好的代表中,如A.史密斯和里卡多,她將價値形式視為完全無關緊要的東西,或者是商品本身的外在東西。原因並不僅僅是對價値規模的分析完全吸引了他們的注意力。他更深入。工作産品的價価値形式是資産階級的生産模式,因此作為一種特殊的社會生産的,並在同一時間表徴歴史的最抽象的,也是常見的形式。因此,你知道這對社會生産的永恆的自然形式,所以我們忽略必要和價値 的具體形式,所以商品形式,開發資金,包乾等形式,因此它適用於經濟學家,其上的價値量由勞動程度頗為認同,最豐富多彩,最矛盾的金錢觀念,即一般等價的完成形式。這很引人注目,例如在銀行業的處理中,貨幣的共同定義已不再足? 。相比之下,一個恢復的商業系統(Ganilh等),它只看到了社會形式的價値,或者更確切地?只是未經改善的外觀。 - 要一次注意到它和所有的,我的古典政治經濟學的意思是所有經濟自W.小資的對比庸俗經濟學認為只有在明顯的關係掛出探索,對於合理的Verständlichmachung資産階級生産關係的内在聯繫可以這麼説粗暴的現象和資産階級的房屋需要已經由科學的經濟提供了物質總是重新咀嚼,否則將自己局限於系統化自己最好的世界pedantisieren的資産階級的生産代理商平庸自滿的概念,並宣布為永恆的真理。

⑱<97>經濟學家的一部分被商品世界附帶的拜物教或者社會工作條件的事實表現所欺騙,其中包括多少。無聊,心不在焉地爭論自然在交換價値形成中的作用。由於交換價値是表達與事物有關的工作的某種社會方式,因此它不能包含比匯率更多的自然物質。

<97>エコノミストの一部は、商品の世界のフェティシズムや、いくらなどの社会的労働条件の実際の成績にだまされた。交換価値の形成における自然の役割について退屈で、懐疑的に議論している。交換価値は物事に関連する仕事を表現する社会的な方法なので、交換レートより多くの天然物質を含むことはできません。





 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/1506 《前のページ | 次のページ》
/1506