teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/1506 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

  原文提示の和訳  『経済学批判』

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月12日(土)16時37分36秒
  通報 返信・引用 編集済
    http://www.mlwerke.de/me/me13/me13_015.htm
  原文提示の和訳  『経済学批判』
<上記をやっと、パソコン翻訳した後に見つけました。正確です!

 Kritik der Politischen Ökonomie
  経済学批判
Das Kapital im allgemeinen ERSTES KAPITEL Die Ware

①<15>一見すると、ブルジョアの富は計り知れない商品の集まりとして、個々の商品はその基本的存在として現れる。しかし、すべての商品は効用価値と交換価値という二重の側面の下にあります。

②第一に、商品はイギリスの経済学者の言語学的モードにおいて、「必要なもの、有用なもの、または生活に賛成できるもの」であり、人間のニーズ、最も広い意味での食べ物である。使用価値としてのこの商品の存在とその自然の有形の存在は一致する。小麦綿、ガラス、紙などの使用とは対照的に、特定の使用価値です。使用価値は使用価値のみであり、消費の過程でのみ実現されます。同じ使用値を別々に使用することができます。しかし、その可能な用途の合計は、その存在の中にある特性を持つものとして要約されています。それは定性的だけでなく定量的にも決定されます。それらの自然な特異性によれば、異なる使用値は異なる寸法を有する。ブッシェル小麦、本紙、エルキャンバスなど

③社会的な富の形態がどうであれ、効用価値は常にこの形態にとって無関心な内容を形成する。 <16>それを作った小麦、ロシアの私有財産の所有者、フランスのプロッタ、イギリスの資本家は味がしません。社会的ニーズの対象であり、したがって社会的文脈では、効用価値は生産の社会的関係を表現しない。

③-②有用性としてのこの商品は、例えばです。ダイヤモンドだと、ダイヤモンドは彼が商品であると認識されるべきではありません。それが美的または機械的に、Loretteの懐に入れられているか、またはガラスグラインダーの手の中で使用価値として役立つのであれば、それはダイヤモンドであり、商品ではありません。
使用価値は商品にとって必要条件であるように思われるが、商品価値は実用価値のための無関心な提供であること。

③ー③経済的な形の決定へのこの無関心における有用性の価値、効用価値としての使用価値は政治経済学の範囲を超えている(2)それはそれ自身の形態を決定するところでのみその輪の中に入る。すぐに彼は特定の経済的関係を表す重要な基礎、交換価値です。

④-①交換価値は、効用価値が交換可能である量的比率として最初に現れる。そのような比率で、それらは同じ交換サイズを形成します。したがって、1冊のProperzと8オンスの嗅ぎタバコは、タバコとelegyの異なる有用性にもかかわらず、同じ交換価値であるかもしれません。
交換価値として、利用価値は、利用可能な正しい部分だけであれば、他の価値と同じくらい価値があります。

④ー②宮殿の交換価値は、一定数のブーツで表現できます。
逆に、ロンドンのブライトライターの製造業者は、増殖した缶の交換価値を宮殿で表現しています。 そのため、それらの使用価値である必要性の特定の性質に関係なく、それらの本来の存在様式には無関係で、商品は、量においては、交換では互いに同等であるとみなされ、したがって同じ統一性を表す。 その多彩な外観のままにです。

⑤使用価値はすぐに食べ物です。しかし逆に、これらの食品自体は社会的生活の産物であり、人間の生命力を費やした結果、
客観化された労働<objectified labor. >です。

ソーシャルワーカー<の材料として、すべての商品は同じ団結の結晶です。この単位の特定の文字、交換価値に表示されている作業について、これから検討して行きつつあります。
⑤The use values are immediate food. Conversely, however, these foods themselves are products of social life, the result of spent human life-force, objectified labor.

As material of social labor, all commodities are crystallizations of the same unity.
The particular character of this unit, i.
The work that is presented in the exchange value is now to be considered.
 <交換価値に表示されている作業について、・・との提示>
 <The work that is presented in the exchange value>
 <「交換価値であらわされる労働<作業・ではなく>の一定の性格>
  <国民文庫・杉本俊朗訳P26>

⑥金のオンス、鉄の1トン、小麦の4分の1および絹の20ヤードは同じ交換価値です。それらの効用値の質的な違いが消滅するような同等物として、それらは同じ作品の同じ量を表していますし--それらで一様に具体化されている作品<労働>はそれ自体が金であるかどうかに等しく無関係で、無差別、単純労働でなければなりませんし、それは鉄の錆、大気、ブドウの汁、または人間の血の中で発生するかどうか、それは酸素にあるので、鉄、小麦、絹が表示されます。

⑦ー①金のオンス、鉄の1トン、小麦の4分の1、小麦の20ヤード、小麦の20ヤード、およびそれらの効用値の質的な違いを消す同じ換算値、それらは同じ量の鉄、小麦、絹を表しますそれが酸素であるかどうか、それは酸素のためであるように外観は、それは鉄の錆、大気、ブドウの汁、または人間の血中で発生します。

⑦ー②しかし、金を掘る、鉱山から鉄を採掘する、小麦を造る、そして絹を織ることは、質的に異なる種類の仕事<労働>です。実際、効用価値の違いとして事実であるが、効用価値を生み出す活動の違いとしては進歩的に見える。
したがって、価値の交換という特定の実体に対する無関心の問題として、交換価値の労働は特定の形態の労働それ自体にとって無関心であります。

③さまざまな用途は、異なる個人の活動、すなわち個々に異なる仕事<労働>の結果の産物でもある。
しかし交換価値としてそれらは等しい、無差別の仕事<労働>を表す。労働者の個性が消えた仕事<労働>です。
したがって、交換価値の設定作業は抽象的な一般的な作業<労働>です。

④しかし、金を掘る、鉱山から鉄を採掘する、小麦を造る、そして絹を織ることは、質的に異なる種類の仕事です。 実際、効用価値の違いとして事実であるが、効用価値を生み出す活動の違いとしては進歩的に見える。

⑤使用価値の特定の実質への無関心の問題として、交換価値の労働はそれゆえ特定の形態の労働それ自体に無関心である。

⑦ー⑥さまざまな用途は、さまざまな個人の活動、つまり個人的に異なる仕事の結果でもあります。
しかし交換価値としてそれらは等しい、無差別の仕事<労働>を表す。
労働者の個性が消えた仕事<労働>です。
したがって、交換価値を設定する作業は抽象的一般的な作業<労働>です。

⑧ー①金1オンス、鉄1トン、小麦4分の1、およびシルク20キュビトが等しい場合、金1オンス、鉄1/2トン、小麦3ブッシェル、および5キュビットシルクの交換は全く異なるサイズの交換価値であり、その量的な違いがそれらが交換できる唯一の違いです。

②異なる規模の交換価値として、それらは交換価値の実体を構成するその単純で統一された、抽象的に一般的な仕事<労働>の多かれ少なかれ、少なかれ多かれ、またはより少ない量を表します。

それはこれらの量がどのように測定するのか疑問に思いますか?
それどころか、交換価値としての商品の大きさの違いは、それらの中で客観化された作品の大きさの違いにすぎないので、問題はその労働自体の量的での示された物象的存在<the work objectified in them.>が何であるのかということです。

③運動の量的存在は時間であるので、量的存在の労働は労働時間です。与えられた品質を考えると、彼ら自身の持続時間の違いが彼らが可能である唯一の違いです。労働時間として、それは時間、時間、日、週などの自然な尺度のその尺度を受け取ります

⑨商品の使用価値において客観化された労働の時間は、それらを確実に交換可能にする実体であり、したがって商品は、それらの明確な価値-価値によって測定される。
Working time objectified in the use-values of commodities is as much the substance that makes them exchangeable, and therefore commodities, as measured by their definite value-value.
⑨・①
 Working time objectified in the use-values of
   商品の使用価値においての物象化された仕事は、
 commodities is as much the substance that makes
  them exchangeable,
 時間としても対象化されていることで、それらを確実に交換可能
 にする実体であり、
 and therefore commodities, as measured by
 their definite value-value.
 したがって商品は、それらの明確な価値-価値によって測定され
 ている。
 <物象が価値として存在することで、--価値-価値--という交換可能
  になる--のです。日本の翻訳者は、なんら注意!とはしない。>
 <四版であれば、<原P66の八段落--「価値が上着形態をとる」こと
  で、交換可能性の形態を受け取る--ことでありそのことをもたらす、
  その前の「商品に提示された作品の二重性格」での10段落にての、
 <物象的な表現 objective expressions >を示す、第一・二の
  提起について、国民文庫訳者は何ら注意を払わないのです。

同一の作業時間を客観化した異なる使用価値の相関量、またはすべての使用価値が、同一の作業時間を処理する割合が客観的<contained objectively.> に同等である。
交換価値として、全ての商品は一定の労働時間の一定の尺度にすぎません。

⑩労働時間による交換価値の決定を理解するためには、以下の主な点に注意する必要があります。

-a単純な、いわば、品質のない労働への労働の削減であり、
ーb交換価値を生み出す、すなわち財を生産する仕事が社会的労働である具体的な方法であり、
ーc最後に、仕事の価値が使用価値である場合の仕事と、その仕事が交換価値の形成である場合との違いです。

⑪商品の交換価値をそれらが占める労働時間で測定するためには、さまざまな作業<作品>自体を無差別、均一、単純な労働、質的に同じであるため定量的にのみ異なる短純な作業<in short work >に減らす必要があります。

⑫要約--この削減は抽象化として表示されますが、社会的生産過程で毎日実行されている抽象化です。労働時間へとすべての商品を溶解することは、より大きな抽象化ではありませんが、同時に、空気中のすべての有機体のそれよりも現実的なことです。
This reduction appears as an abstraction, but it is an abstraction that is daily carried out in the social production process.
The dissolution of all goods in working hours is not a greater abstraction, but at the same time no less real than that of all organic bodies in the air.>
時間によってそのように測定された仕事は、実際には、異なる主題の仕事であるようには見えません、むしろ様々な働く個人は単なる仕事の器官として現れます。あるいは、交換価値で表されるように、仕事は一般的な人間労働として表現されるかもしれません。

⑫-②この一般的な人間労働の抽象化は、与えられた社会のあらゆる平均的な個人が実行できる平均的な仕事、人間の筋肉、神経、脳などのある生産的な支出に存在します。何らかの形で訓練を受けた人のですね。

③この平均的な作品の性格は、それ自体、国や文化の違いによって異なりますが、既存の社会で見られるように見えます。どのような統計からもわかるように、単純な作業は、ブルジョア社会のすべての作業の中ではるかに大きな質量です。

④Aが6時間で鉄を生産し6時間リネンを生産するか、Bが6時間鉄を生産し6時間麻布を生産するか、または12時間Aが鉄を生産し、Bが12時間生産されるかは、同じ作業時間の異なる用途に過ぎない。

⑤しかし、より活き活きとした、比重の大きい作品として、平均的なレベルを上回る複雑な作品はどうでしょうか?

⑫ー⑥この種の作業は、複合てきな単純作業であり、高出力の単純作業に分解される。 3営業日に相当する複雑な営業日ですね。この削減を規制する法律はまだここにはありません。しかし、減額が行われることは明らかです。交換価値としては、一定の割合で最も複雑な労働の積は単純な平均労働の積に等しい、つまり、これ単純労働の明確な量に相当します。

⑬作業時間による交換価値の決定は、特定の商品では、AまたはBの作業であるかどうかにかかわらず、たとえば同じ量の作業が客観的であるか、または異なる個人が同じ生産のために定性的にうまく機能することを意味します。 定量的に決定された使用値を使用してください。 言い換えれば、商品に含まれる作業時間は、その生産に必要な作業時間であると仮定される。 与えられた一般的な生産条件下で同じ製品の新しいコピーを生産するためには同じ作業時間が必要です。

⑭ー①交換価値を設定する労働の条件は、交換価値の分析からもたらされるので、社会的な労働決定または社会的労働決定であるが、社会的に不可欠ではないが、特別な意味でではある。
それは特定の種類の社会性です。

②まず第一に、無差別仕事の単純さは、すべての仕事を好きな仕事に実際に減らすことによって、異なる個人の仕事の平等、互いの仕事を相互に平等に関係付けることです。

⑭-③すべての個人の仕事は、それが交換でそれ自身を提示する限りにおいて、この社会的平等の性質を持ち、それが他のすべての個人の仕事と同等である限りにおいては交換価値でそれ自身を提示する。

⑮ー①なお、個人の労働時間は一般労働時間としての交換価値に直接現れ、その孤立労働の一般的性格は社会的性格として現れます。

②交換価値に表示される労働時間は、個人の労働時間ですが、同等の仕事を達成する限り、他の個人と区別できない個人の労働時間です。特定の商品を生産するためのものは、必要な労働時間であり、お互いに同じ製品を生産するために必要なものです。

③それは個人の労働時間、彼の労働時間ですが、それはそれ故にそれが無関心であるすべての普通の労働時間として、彼女がその個人である労働時間です。

④一般的な労働時間として、それ自体が一般的な製品に現れる、一般的に同等の、明確な量の客観的な労働時間。ただし、それはその製品の製品として直ちに現れる他のものに任意に翻訳可能use-valueの形式ここでそれはすべての他のものの積です。社会的な大きさ、それだけの一般的な大きさです。

⑤交換価値を生み出すための個人の仕事は、一般的に同等のものを生み出さなければなりません。一般労働時間としての個人の労働時間の表現なのであるから、なによりも個人の労働時間よりも一般的労働時間の表現です。

⑥あたかも様々な個人が彼らの労働時間を一緒に投げかけ、異なった用途で共同で利用可能な異なる労働時間を提示したかのようです。

⑦個人の労働時間は、実際には社会が特定の使用価値を表すために使用する労働時間です。特定のニーズを満たすために。しかし、これはその作品が社会的な性格を帯びる唯一の特定の形態です。

⑧スピナーのある作業時間は客観的です。 100ポンドのリネン糸。織物の製品である100キュビトのリネンは、同じ労働時間を表します。これらの2つの製品が同じ一般労働時間を表し、したがって同じ使用時間を含む各use-valueに対して等価である限り、それらは互いに等価です。

⑨スピナーの作業時間とウィーバーの作業時間を一般的な作業時間として、したがってそれらの製品は一般的に同等のものとして、ここではスピナー用ウィーバーとウィーバー用スピナーの作業、一方の作業となる。他の人の仕事、すなわち両方の人の仕事の社会的存在のために。

⑩その一方で、スピナーとウェーバーが同じ屋根の下に住んでいた農村 - 家父長的産業では、家族の女性の部分、男性の織り方は、家族自身の必要性によると、糸とキャンバスは紡績であった。そして、家族の範囲内でソーシャルワークを織ること。

⑪しかし、その社会的性格は、一般的な等価物としてのキャンバスの一般的な等価物としてのヤーン、またはその両方が、同じ一般労働時間の同等に有効で同等に有効な表現として意見を交換したという事実はありません。

⑫家族の文脈は、むしろその自然な分業によって、労働の産物にその独特の社会的スタンプを与えた。
⑬中世の自然の恵みと自然の糧を手に入れてください。

⑭その作品の一般性ではなく、その自然な形での個人の特定の作品が、ここに社会的なつながりを形成します。あるいは、最終的に、すべての文明化された人々の歴史の限界の上にそれを見つけるので、我々はその自然な形で共同労働を取りますか。 (4)

⑮-⑮労働の社会的性格は、個人の仕事が抽象的な形の普遍性であるという事実によって媒介されていないことは明らかである。個人の仕事が個人的な商品であることを妨げるのは生産を前提とするコミュニティであり、個人的な仕事は社会的有機体の一員の機能として直接見えるようにするのです。

⑮-⑯交換価値に表示されている作品は、孤立した個人の作品とします。
社会的には、それはその抽象的な反対の形、抽象的な普遍性の形をとる。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑯ー①最後に、それは交換価値--設定の仕事<労働>の特徴であり、それは、人々の社会的関係が、それがそうであったように、転倒しているのであり、すなわち物事の社会的関係であるということを特徴としているのです。
②1つの使用価値がもう1つを交換価値として言及している場合に限り、さまざまな人の仕事<労働>は互いに等しく、普遍的に関係しています。したがって、交換価値が人と人の間の関係であると言うのが正しいなら(5)、それは加えられなければなりません:物質的なカバーの下の隠れた関係にですね。

③物理的化学的性質は異なりますが、1ポンドの鉄と1ポンドの金が同じ重量であるのと同じように、同じ労働時間が含まれる2つの商品の使用価値、同じ交換価値も同じです。

④このように交換価値は効用価値の社会的自然的性質として、物としてそれらに来る決定論として、そしてそれらが明確な量的関係における交換過程で代用する、等価物、単純な化学物質が明確な量的比率でどう組み合わせるか、化学的等価物として現れる。フォーム(形態)なのです。

⑤生産の社会的関係が物象<an object,>の形態をとるのは当然のことであるように思わせるのは--日常生活の習慣だけであり、その結果彼らの仕事<労働>における人の関係はむしろ物事がお互いになる関係であることで、そしてそれが人にふるまっているのです。

⑥商品では、この誤解<謎>はまだ非常に単純です。
交換価値としての商品の関係は、むしろ相互の生産的活動に対する人の関係であることは、多かれ少なかれ思われます。

⑦通貨システムの幻想は、<All illusions of the monetary system>すべてより高い生産条件では、この単純さの外観は消えます。
原稿の中で貨幣が訂正され、金は生産の社会的関係を表すと考えられているのではなく、確かな性質の自然な物< a natural thing>の形をとっているという事実から生じて (1859)います。

⑯-⑧近代的な経済学者たちは、通貨システムの幻想にニヤリとしており、彼らがより高い経済カテゴリーを扱うとすぐに同じ幻想を明らかにします。資本それは世間知らずの驚きの告白の中で、すぐに社会的関係として現れたとき、彼らが抱きしめるべきものとしてふくよかだと思ったこと、そして再び彼らをからかうこととして、彼らが社会的関係として固定したことはほとんどなかったのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑰-①商品の交換価値は、実際には同一の一般的なものとしての個人の作品の相互関係に他ならず、特に社会的形態の労働の表象的表現に他ならないが、労働が唯一の交換価値の源であり、したがってそれが交換価値から成る限り、富なのです。
だから、天然物質そのものに交換価値が含まれていないのも同じトートロジーです(6)。労働と交換価値そのものには天然物質が含まれていないためです。 <23>

②しかし、ウィリアム・ペティが「父と地球を富の母」と呼んだ場合、またはバークレー司教が「4つの要素とその中の人間の働きは、真の富の源ではないか」と尋ねると(7) Th。Cooperは一般的に次のように説明しています:「パンの塊から関連する仕事、パン屋、製粉業者、テナントなどの仕事、そして残されたものは何ですか?

③すべてのこれらの見解において、それは交換価値の源であるので抽象的労働ではなく、物質的富の源としての具体的労働である、要するに商品の使用価値を前提とすることで、その中で消費される仕事の一定の便宜を前提とする特定の有用性が尽きるが、同時に商品の観点からは、労働をすべて有用労働として考慮する--ものなのです。

⑰-④使用価値としてのパンに関しては、テナント、製粉業者、製パン業者などの作品が食物としての性質に興味を持っているわけではありません。これらの作品の19/20が失われても、ローフは以前と同じサービスを実行します。それが空から落ちたら、それはその実用的価値の原子を失うことはないでしょう。

⑰-⑤交換価値の労働は商品の平等において普遍的な等価物としてそれ自身を実現するが、労働はその無限の多様性の効用価値における意図的な生産的活動としてそれ自身を実現する。
交換価値・設定作業の示すのは、抽象的で平等な作業であるが、使用価値の設定作業で示されたのは、具体的かつ特殊な作業であり、形式と内容を無限に異なる作業方法に分割する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑱-①仕事から、それが効用価値を生み出す限りにおいて、それがそれ自身を生み出す物質的富の唯一の源泉であると言うのは間違っています。

②それはこの目的またはその目的のために材料を割り当てる活動であるので、それは前提条件として物質を必要とします。さまざまな使用価値で、仕事と天然産物の間の割合は非常に異なります、しかし、使用価値は常に天然の基質を含みます。何らかの形での自然の充当のための便宜的な活動として、労働は人間の存在の自然な状態、人間と自然の間の物質の変化のすべての社会的形態から独立した状態です。

③それとは対照的に、交換価値設定作業は、特に社会的形態の労働です。仕立て作業の特別な生産的活動としての彼らの物質的な決定において、岩を生産しますが、岩の交換価値ではありません。

④後者はそれらを仕立て屋の作品としてではなく、抽象的な一般的な作品として作り出しており、これは仕立て屋が行ったことのない社会的背景に属しています。

⑤このように、古代の国内産業では、女性はスカートの交換価値を生み出すことなくスカートを生み出しました。物質的な富の源泉としての仕事は、モーゼの議会や税関職員のアダム・スミスにとってもよく知られていた(9)。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑲ここで、交換価値の労働時間への減少から生じるより正確な規定のいくつかを調べてみましょう。

⑳-①使用価値として、商品は因果関係があります。 小麦 食べ物として機能します。 機械は特定の状況で仕事を置き換えます。 それが単独で使用価値である消費目的である商品のこの効果は、そのサービス、それが使用価値として役立つサービスと呼ばれるかもしれません。

②ただし、交換価値としては、商品は常に結果の観点からのみ考慮されます。 それは彼女が演じるサービスではなく、彼女自身が彼女の制作で行ったサービス(10)です。

③したがって、機械の交換価値は、例えばである。 それはそれによって置き換えられる作業時間の量によって決定されるのではなく、それ自体の中で後処理されそしてそれ故に同じ種類の新しい機械を製造するのに必要とされる労働時間の量によって決定される。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
21ー①したがって、財の生産に必要な労働量が一定のままであるならば、それらの交換価値は不変であろう。

②しかし、生産の容易さと困難さは絶えず変化しています。作品の生産力が高まれば、同じ利用価値をより短時間で生み出すことができます。労働生産力が低下すると、同じ使用価値の生産にさらに時間がかかる。したがって、商品に含まれる労働時間のサイズ、つまりその交換価値は、労働生産力の増減に対する交互の、増減する比率です。

③製造業において所定の程度で使用される労働生産力は、同時に、農業および採掘産業における制御不可能な自然条件によって条件付けられる。同じ研究は、地球の地殻におけるこれらの金属の比較的まれでより頻繁な発生に応じて、異なる金属のより高いまたはより少ない収率をもたらすであろう。

④同じ研究は、地球の地殻におけるこれらの金属の比較的まれでより頻繁な発生に応じて、異なる金属のより高いまたはより少ない収率をもたらすであろう。

⑤同じことが、季節に賛成で、2ブッシェルの小麦で、同じことが嫌いで、おそらく1ブッシェルの小麦でのみ客観化されるかもしれません。自然条件としての希少性または豊富さは、ここでは商品の交換価値を決定するように思われる。なぜなら、それらは自然条件に結び付けられた特定の実質労働の生産力を決定するからです。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
異なる使用価値は、異なる作業量で同じ作業時間または同じ交換値を含みます。 他の使用価値、特定の労働時間を含む商品と比較して、その使用価値の量が少ないほど、その特定の交換価値は大きくなります。

我々は、異なる広い間隔の文化的時代において、ある種の使用価値は、それらの間で、厳密に同じ数値比ではないにしても、過剰および従属の一般的関係を維持する一連の特定の交換価値を形成する。
金、銀、銅、鉄、または小麦、ライ麦、大麦、オート麦は、生産の社会的勢力の漸進的な発展が、それらの異なる商品を生産するのに必要な労働時間に均等にまたはほぼ均等に作用するということにしかならない。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
① 商品の交換価値は、それ自体の使用価値には現れません。
    しかし、一般的な社会労働時間の客観化として、
   <as an objectification of the general social working time>

商品の利用価値は他の商品の使用価値に比例しています。
ある商品の交換価値は、他の商品の使用価値に現れます。
等価とは、実際には他の商品の使用価値で表現された商品の交換価値です。

②私は言う--キャンバス1キュビットはコーヒー2ポンドの価値があるので、キャンバスの交換価値はコーヒーの使用価値にあり、この使用価値の一定量で表されます。その割合を考えると、私はコーヒーの黄麻布のあらゆる量の価値を表現することができます。商品の交換価値は明らかです。
キャンバスはそれに比例して使い果たされることはない。
③コーヒー、それらの同等の形は、一般労働時間です。その表現がキャンバスであることは、他のすべての商品の使用価値の無限に異なる量で同時に実現されます。

④したがって、これらの個々の商品の交換価値は、他のすべての商品の効用値がそれらの等価物を形成する無限数の方程式でのみ網羅的に表現されています。

⑤これらの式の合計、またはある商品が他のすべての商品と交換可能なさまざまな比率の全体においてのみ、それは一般的な同等物として網羅的に表現される。たとえば、方程式のセット1キュビットキャンバス=茶の1/2ポンド
   1 Eile Leinwand = 2 Pfund Kaffee,
   1 Elle Leinwand = 8 Pfund Brot,
   1 Elle Leinwand = 6 Ellen Kattun,
   kann dargestellt werden als
1 Elle Leinwand = 1/8 Pfund Tee + 1/2 Pfund Kaffee + 2 Pfund Brot + 11/2 Ellen Kattun.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①したがって、キャンバスの値がそれ自身を網羅的に表現する方程式の総和を私たちの前に持っていたならば、その交換値をシリーズの形で表す

②実際、このシリーズは無限です。なぜなら、商品の周囲は確実に完成するわけではなく、常に拡大するからです。しかし、ある商品が他のすべての商品の使用価値で交換価値を測定する場合、逆に、他のすべての商品の交換価値がそれらを測定するその1つの商品の使用価値で測定されます(11)

③交換価値が、紅茶1ポンドまたはコーヒー2ポンドまたは綿6キュビットまたはパン8ポンドなど、つまり、コーヒー、紅茶、カリコ、パンなどは、3分の1、リネンに等しい割合で互いに等しいとなり、リネンキャンバスは交換価値の共通尺度としての機能を果たします

④一般的な労働時間を客観化した各商品のある一定量の一般労働時間は、その交換価値を他のすべての商品の使用価値のある数量で順番に表し、逆に他のすべての商品の交換価値はその1つの排他的商品の使用価値で測定されます。

⑤しかし、交換価値として、すべての商品は他のすべての商品の交換価値の共通の尺度として役立つ排他的商品であり、その一方で、他のすべての商品がその交換価値を直接表す多くの商品の1つにすぎません。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
① 商品の価値は、商品の外側に他の種類の商品がほとんどまたは多数存在するという事実に影響されません。 しかし、交換価値が実現する方程式の摩擦が大きいか小さいかは、他の商品の多かれ少なかれ次第です。 一連の方程式。 コーヒーの価値は、その交換可能性の範囲、つまり交換価値として機能する限界を表しています。 一般的な社会労働時間の客観化としての商品の交換価値は、無限に異なる効用価値でのその同等性の表現に対応します。

②一連の方程式 コーヒーの価値は、その交換可能性の範囲、つまり交換価値として機能する限界を表しています。

③一般社会労働時間の客観化としての商品の交換価値は、無限に異なる効用価値での同等性の表現に対応する。
   <the objectification 客観化ではなく、物象化>
③The exchange value of a commodity as the objectification of the general social working time corresponds to the expression of its equivalence in infinitely different utility values.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①商品の交換価値は、それに直接含まれる作業時間の量によって変わることを見てきました。私は気づいた。
他の商品の使用価値で表される交換価値は、他のすべての商品の生産に関連する作業時間が変化する割合にも依存する必要があります。

②例えば、 小麦のブッシェルを生産するのに必要な労働時間は同じでしたが、他のすべての商品の生産に必要な労働時間は2倍になりましたが、小麦のブッシェルの交換価値は、その等価値で表すと、 ハーフ。 結果は、小麦のブッシェルを生産するのに必要な作業時間が半分減少し、他のすべての商品を製造するのに必要な作業時間が変わらないままであるのと実質的に同じであろう。

③商品の価値はそれらが同じ労働時間で作り出すことができる割合によって決定されます。 この比率がどのような変化にさらされるのかを見るために、2つの商品AとBを仮定します。まず、Bの生産に必要な作業時間は変わりません。 この場合、Bで表されるAの交換価値は、Aの製造に必要な作業時間が減少または増加するにつれて直接減少または増加する。 第二に、Aを製造するのに必要な作業時間は変わらないままである。 Bで表されるAの交換価値は、Bの製造に必要な作業時間が減少または増加するにつれて反比例して減少または増加する。

④第三に、AおよびBの製造に必要な作業時間は同じ割合で減少または増加する。 BにおけるAの同値の表現は、変更されません。 何らかの方法ですべての労働力の生産力が同じ程度低下したために、すべての商品の生産時間が同じになるように労働時間を増やした場合、すべての商品の価値は増加し<28>、交換価値の実際の価値は変化しません。 そして、同じ価値の効用価値を生み出すのにより多くの労働時間が必要だったので、社会の本当の富は減少したでしょう。

⑤第4に、AおよびBを製造するのに必要な作業時間は、両方に対して上昇または下降することができるが、程度は等しくないか、またはAのために必要な作業時間が上昇する一方でBのために必要な作業時間は低下する。 これらのすべてのケースは、商品の生産に必要な作業時間が変わらずに他の作業時間が増減するという事実に単純に減らすことができます。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 各商品の交換価値は、全体のサイズであろうとこの実用価値の分数であろうと、他のすべての商品の使用価値で表されます。 交換価値として、あらゆる商品はその中で客観化されている労働時間そのものと同じくらい割り切れる。 商品の交換価値の追加が、これらの商品を使用する商品が新しい商品に再溶解されるという実際の形態の変化に無関係であるのと同様に、商品の等価性は、その使用価値と同じ物理的な分割可能性とは無関係です。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまでのところ、商品は2つの観点から、使用価値と交換価値として、それぞれ一方的に考慮されてきました。 ただし、商品としては、すぐに実用価値と交換価値の単位になります。 同時に、それは他の商品との関係においてのみ商品です。 互いに対する商品の本当の関係はそれらの交換プロセスです。 独立した個人が参加するのはこの社会的プロセスですが、商品所有者としてのみ参加します。 互いの互いの存在は彼らの商品の存在であり、それゆえそれらは実際には交換プロセスの意識的なキャリアとしてのみ現れる。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
① 商品は使用価値、小麦、キャンバス、ダイヤモンド、機械などですが、商品としては使用価値ではありません。それがその所有者にとって有用な価値であったならば、彼自身の必要性を満たす即時の手段、それらは商品ではないでしょう。それどころか、彼にとっては、それは無用価値であり、単なる交換価値の重要な担い手であり、あるいは単なる交換媒体である。交換価値の積極的なキャリアとして、使用価値は交換の手段になります。彼にとって、use-valueは単なる交換価値です。 (12)

②最初に他の人のために使用価値になる必要があります。自社所有者のための使用価値ではないので、他の商品の所有者のための使用価値です。そうでなければ、彼の作品は無駄な作品だったので、彼らの結果は商品ではなかった。一方、それ以外は、それ自体が使用価値となるはずであり、外国製品の使用価値の中には、その食品が存在します。使用価値になるためには、商品はそれが満足の目的である特定の必要性に直面しなければなりません。したがって、商品の使用価値は、それらが交換の媒体である手から、それらが商品である手へと移るという点で、あらゆる面で場所を変えるという点で、使用商品としてのものである。商品をこのように一斉に空にすることによってのみ、それらに含まれる作品は有用な作品になります。

③このように商品同士の利用価値としての処理関係において、それらは新たな経済的形態決定を受けない。そうではなく、それらを商品として特徴付けた形式固有性は消えます。パン屋の手から消費者の手への移行において、パンとしての彼の存在を変えることはありません。逆に、経済関係のパン屋の運搬人の手に渡って、ある食品は感覚的に見過ごせないものであったので、それを使用価値として参照するのは消費者です。

④したがって、商品が使用価値となるために入る形態の唯一の変更は、それらが所有者にとって不使用価値であり、非所有者にとって使用価値であったという正式な存在の廃止です。使用価値としての商品の出現は、あらゆる側面からの疎外感、交換プロセスへの参入を想定していますが、交換のための存在は、交換価値としての存在です。したがって、使用価値として実現されるためには、それらは交換価値として実現されなければなりません。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
① 個々の商品がもともと使用価値の観点から独立したものとして現れた場合、それは他のすべての商品に関して最初から交換価値とみなされた。
しかし、この関係は理論的、想像上の関係にすぎません。交換プロセスでのみ有効になります。

②一方、商品にはある程度の作業時間がある限り交換価値であり、したがってそれは客観的な作業時間です。

③一方、商品にはある程度の作業時間がある限り交換価値であり、したがってそれは客観的な作業時間です。しかし、それは差し迫っているので、一般的な労働時間ではなく、特定の内容の個々の労働時間を客観化するだけです。
③On the other hand, the commodity is exchange value, as long as a certain amount of working time is worked up
in it, and therefore it is objectified working time.
    <個々の労働時間を客観<objectified>化する

④But, as it is immediate, it is only objectified individual working time of particular content, not general working time.
④しかし、それは差し迫っているので、
一般的な労働時間ではなく、
 <it is only objectified individual working time>
特定の内容の個々の労働時間を客観化するだけです。

⑤まず第一に、それはそれがある有用な用途における作業時間、すなわち使用価値を表すものである限り、
  <objectification of the general working time>
  一般的な作業時間の客観化でしかあり得ない。
⑤First of all, it can only be an objectification of the general working time, as long as it represents working time in a certain useful application, that is, in use value.

⑥これは、商品に含まれる労働時間だけが一般的、社会的であると想定されているという重要な条件でした。
⑥This was the material condition, under which only the labor-time contained in the commodities was presupposed as general, social.

⑦If the individual commodity originally appeared as an independent thing from the point of view of use-value, it was, on the other hand, regarded as an exchange-value from the outset in relation to all other commodities.
This relationship, however, was only a theoretical, imaginary one. It is only activated in the exchange process.
On the other hand, the commodity is exchange value, as long as a certain amount of working time is worked up in it, and therefore it is objectified working time.
 <it is objectified working time. ><客観的な作業時間>
But, as it is immediate, it is only objectified individual working time of particular content, not general working time.

⑧個々の商品がもともと使用価値の観点から独立したものとして現れた場合、それは他のすべての商品との関係で当初から交換価値とみなされていた。しかし、この関係は理論的、想像上の関係にすぎません。交換プロセスでのみ有効になります。一方、商品にはある程度の作業時間がある限り交換価値であり、したがってそれは客観的な作業時間です。
しかし、それは差し迫っているので、一般的な労働時間ではなく、特定の内容の個々の労働時間を客観化するだけです。

⑨したがって、それは直接価値を交換するのではなく、最初にそのようにならなければなりません。
まず第一に、それはそれがある有用な用途における作業時間、すなわち使用価値を表すものである限り、一般的な作業時間の客観化でしかあり得ない。これは、商品に含まれる労働時間のみが一般的、社会的とみなされるという重要な条件です。

そのため、その商品が交換価値として認識されることによってのみ商品として使用されることができるのであれば、その一方で使用価値としての疎外感を証明することによってのみ交換価値として実現されることができる。

商品は、使用価値のあるものに限り、使用価値として販売することができます。特別なニーズの対象一方、それは他の商品に対してしか売られていないか、あるいは他の商品の所有者の側に身を置くならば、彼は自分の商品のみを売ることもできます。それらを目的としている特定の必要性と接触させることによって。

したがって、使用価値としての商品の全能性においては、それらはその物質的な違いによって特別なものとして互いに言及され、それらの特定の品質によって特定のニーズを満たす。しかし、そのような単なる使用価値として、それらはお互いに無関心な存在であり、むしろ無関係です。

実用価値として、それらは特定の必要性に関してのみ交換することができます。

But they are exchangeable only as equivalents, and they are equivalents only as
  equal quanta of objectified working time,
   <客観的な労働時間の等しい量>
so that all respect for their natural qualities is extinguished as utility values, and therefore on the relation of commodities to particular needs.
⑬しかし、それらは同等物としてのみ交換可能であり、それらは客観的な労働時間の等しい量としてのみ同等物であるので、それらの自然の質に対する全ての尊重は効用値として消滅し、従って商品と特定のニーズとの関係において消滅する。

逆に、商品は交換価値として働き、他の商品の所有者にとっての使用価値であるかどうかにかかわらず、他のすべての商品の任意の数量を均等物として置き換えます。

他の商品の所有者に限りますが、自分にとっての使用価値である限り商品となり、自分の所有者にとっては他の商品である限り交換価値となります。同じ関係は、本質的に等しいが量的に異なるだけの商品の関係、一般的な労働時間の材料としてのそれらの方程式、そしてそれらの関係は、要するに特定のニーズに対する特定の使用価値のように質的に異なるものであるべきです。しかし、この式と不等式は相互に排他的です。

⑯Thus, not only does a faulty circle of problems arise, in that the solution of one presupposes the solution of the other, but a whole of contradictory demands, in that the fulfillment of a condition is directly bound to the fulfillment of its opposite.
⑯これは、一方の解決が他方の解決を前提としているという点で、不完全な問題の輪を生み出すだけでなく、条件の達成がその反対の達成に直接結び付くという、相反する要求の全体を意味する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①商品の交換は、これらの矛盾の展開と解決の両方でなければなりませんが、この単純な方法では表現できません。

②商品自体が相互に使用価値と呼ばれる方法、すなわち使用過程において商品が効用価値として現れる方法を見ただけである。

③交換価値は、これまで見てきたように、私たちの抽象化の中でのみ、あるいは望むならば、実用価値としての商品が記憶の中にあり、良心の中で交換価値としてのものであった。

④しかし、交換の過程では、商品自体が実用価値としてだけでなく、互いに対する交換価値としても存在しなければならず、これは互いの関係として存在しているように見える。

⑤The difficulty with which we first paused was that the commodity, in order to present itself as an exchange value as objectified labor, must be sold as utility and be put aside to the man, while its renunciation serves as a benefit.
⑤私たちが最初に中断した難しさは、
        商品それ自体を客観--物象--化された労働
       <an exchange value as objectified labor,>
としての交換価値として提示するために、効用として売却し、その放棄が利益として役立つ一方で、人々のために脇に置いておかなければならないということでした。

⑥その価値は交換価値としての存在を前提としています。この問題は解決されました。商品はその特別な使用価値を奪い、疎外感によって社会的に有用な仕事のための重要な要件を満たしており、個人のための仕事ではありません。
⑥The value presupposes its existence as an exchange value. This difficulty is solved. Goods have deprived of their special use value and fulfill by their alienation the material requirement for socially useful work and not the work of the individual for themselves.

⑦It must therefore be an exchange value in the exchange process, a universal equivalent,
  an objectified general working time
     <客観--物象的--な一般的労働時間>
  for the other goods and thus no longer the limited effect of a certain value in use, but the immediate representation in all values ??used as equivalents.
⑦したがって、交換プロセスにおける交換価値、普遍的な同等物であり、他の商品のための客観<物象>的な一般的労働時間であり、したがって、使用中の特定の値の限定的な効果ではなくなりますが、等価物として使用されるすべての値の即時表現になります。

     --客観<物象>的な一般的的労働時間--
 『経済学批判』を過去に読んで、少しもこの本についての記憶が無い、
 その理由がここには理解できる。
 再版での--商品の交換可能性の形態は価値形態にて、であり、
 一般的な交換可能性の形態は、一般的価値形態にてであることで、
 この商品世界から放逐されたリンネルがそれを受け取ることで、
 一般的な相対的価値形態が、商品世界の共同事業として形成されてい
 るのであり、回り道を経たこの共同事業の対極に一般的な直接的交換
 可能性の形態・の同等物の形態を受けとることで、やっと両極の形態
 が形成されるのであり、この二つの形式の絶えざる未完成のために、
 その完成を目指す物象との動態があります。

 また、このまた、この国民文庫訳のお粗末さには、ビックリでした。
 一例
 <「後者はそれらを仕立て屋の作品としてではなく、
  抽象的な一般的な作品として作り出しており、
  これは仕立て屋が行ったことのない社会的背景に属
  しています。」>
 <マルクスは、「抽象的な一般的な作品として作り出しており、」
  --と提起しているのに、商品関係が、物象の社会関係が、
  自明なことのように、次の強制をしている--
  「裁縫労働が上着の交換価値を生産するのは、裁縫労働として
  ではなくて、抽象的一般的な労働としてであり、」<P37>
  --と誤訳・悪訳を提起するのです。>

⑧しかし、すべての商品は商品であり、それはその特別な使用価値の処分によって一般的労働時間の直接的な材料として現れなければならない

一方、交換過程では特別な商品だけが直面し、特に実用価値は個人の作品を体現しています。一般的労働時間自体は、商品には存在しない抽象概念です。
      <商品それ自体を客観--物象--化された労働>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーBetrachten wir die Summe von Gleichungen, worin der Tauschwert einer Ware seinen realen Ausdruck findet, z.B.:

1 Elle Leinwand = 2 Pfund Kaffee,
1 Elle Leinwand = 1/2 Pfund Tee,
1 Elle Leinwand = 8 Pfund Brot usw.,

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/1506 《前のページ | 次のページ》
/1506