teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/1516 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 このフォームの性質と重要性

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月12日(土)16時37分36秒
  通報 返信・引用 編集済
     ぐーぐるほんやく
   https://translate.google.co.jp/?hl=ja
   http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm

  2. The Relative Form of value
  (a.) The nature and import of this form
  このフォームの性質と重要性

①In order to discover how the elementary expression of the value of a commodity lies hidden in the value relation of two commodities, we must, in the first place, consider the latter entirely apart from its quantitative aspect. The usual mode of procedure is generally the reverse, and in the value relation nothing is seen but the proportion between definite quantities of two different sorts of commodities that are considered equal to each other. It is apt to be forgotten that the magnitudes of different things can be compared quantitatively, only when those magnitudes are expressed in terms of the same unit. It is only as expressions of such a unit that they are of the same denomination, and therefore commensurable.17
①商品の価値の基本的な表現が、2つの商品の価値関係にどのように隠されているのかを発見するために、まず第一に、後者をその定量的側面とは全く別に考えなければなりません。
手続きの通常のモードは一般的に逆であり、値の関係では何も見られません。互いに等しいと見なされる2つの異なる種類の商品の一定量の間の割合でのみで、です。大きさが同じ単位で表現されている場合にのみ、異なるものの大きさを定量的に比較できることを忘れがちです。それらが同じ宗派のものであり、それゆえ通約可能であるのはそのような単位の表現としてだけである。

② 20ヤードのリネン= 1コート、または= 20コート、または= xコートかどうか - つまり、与えられた量のリネン数がコートの数コートかにかかわらず、値の大きさとしてのリネンとコートは等式であることを意味します。同じユニットの、同じ種類のものです。リネン=コートは、式の基礎です。
② Whether 20 yards of linen = 1 coat or = 20 coats or = x coats ? that is, whether a given quantity of
linen is worth few or many coats, every such statement implies that the linen and coats, as magnitudes of value, are expressions of the same unit, things of the same kind. Linen = coat is thebasis of the equation.

③ But the two commodities whose identity of quality is thus assumed, do not play the same part. It is only the value of the linen that is expressed. And how?
③ しかし、品質のアイデンティティがこのように仮定されている2つの商品は、同じ役割を果たしません。表現されるのはリネンの価値だけです。それはどうやってですか?

③-②By its reference to the coat as its equivalent, as something that can be exchanged for it. In this relation the coat is the mode of existence of value, is value embodied, for only as such is it the same as the linen.
③-② その同等物としてのコートへのその言及によって、それと交換されうることができるものとしてです。この関係では、コートは価値の存在のモードであり、価値が具現化されているので、それだけでそれはリネンと同じです。

③-③ On the other hand, the linen’s own value comes to the front, receives independent expression, for it is only as being value that it is comparable with the coat as a thing of equal value, or exchangeable with the coat.
③-③ その一方で、リネン自身の価値が前面に出て、独立した表現を受けます、同等の価値のものとしてコートと同等であること、またはコートと交換可能であることでの、価値であることでの--ものです。

③-④ To borrow an illustration from chemistry, butyric acid is a different substance from propyl formate.
Yet both are made up of the same chemical substances, carbon (C), hydrogen (H), and oxygen (O), and that, too, in like proportions ? namely, C4H8O2. If now we equate butyric acid to propyl formate, then, in the first place, propyl formate would be, in this relation, merely a form of existence of C4H8O2; and in the second place, we should be stating that butyric acid also consists of C4H8O2. Therefore, by thus equating the two substances, expression would be given to their chemical composition, while their different physical forms would be neglected.
③-④ 化学からの説明を借りるために、酪酸は蟻酸プロピルとは異なる物質です。それでも、両方とも同じ化学物質、炭素(C)、水素(H)、酸素(O)で構成されており、それらも同じ割合で、つまりC 4 H 8 O 2です。 今、我々が酪酸をプロピルホルメートと同一視するならば、そもそも、プロピルホルメートは、この関係では、単にC4H 8 O 2の存在形態であろう。 そして第二に、我々は酪酸もC4H8O2で構成されていることを述べるべきです。 したがって、このように2つの物質を等しくすることによって、表現はそれらの化学組成に与えられますが、それらの異なる物理的形態は無視されます。

④-① If we say that, as values, commodities are mere congelations of human labour, we reduce them by our analysis, it is true, to the abstraction, value; .
④-① 我々が価値と観なして、商品が単なる人間労働の膠着であると言うならば、我々はそれらに減らすことによっての私たちの分析は、それを価値に本当に抽象化しています。しかし、私たちはこの価値の観なしをその体形とは別の形ではないと考えています。
④-②It is otherwise in the value relation of one commodity to another.
④-②それ以外の点では、ある商品と別の商品の価値関係にあります。

⑤-① Here, the one stands forth in its character of value by reason of its relation to the other.
By making the coat the equivalent of the linen, we equate the labour embodied in the former to that in the latter. Now, it is true that the tailoring, which makes the coat, is concrete labour of a different sort from the weaving which makes the linen.
⑤-① ここで、一方は他方との関係からその価値の性質において際立っています。コートをリネンと同じものにすることによって、前者の身体化した労働を後者のそれと同等にします。今、コートを作る仕立ては、リネンを作る織り方とは異なる種類の具体的な労働です。

⑤-②しかし、それを織り方と同じにするという行為は、2種類の労働において実際に等しいもの、つまり人間労働という共通の性質に合わせることで減らしています。
⑤-②But the act of equating it to the weaving,reduces the tailoring to that which is really equal in the two kinds of labour, to their common character of human labour.

⑤-③  By e.g. If rock is equated with the value of the canvas, the work in it is equated with the work in it. Now, the tailoring that makes the skirt, one of the weaving that makes the canvas, is different concrete work. But the equation with weaving actually reduces the tailoring to what is really the same in both works, to their common character of human labor.
⑤-③たとえばもしrockがcanvasの値と同じであれば、その中の作品はその中の作品と同じものになります。今、キャンバスを作る織りの一つであるスカートを作る仕立ては、異なる具体的な仕事です。しかし、織り方をする方程式は、実際には両方の作品で実際に同じものへの調整を、彼らの共通の人間の労働力の性質に合わせて減らします。

⑤-④ On this detour it is then said that weaving, if it weaves value, has no distinguishing features of tailoring, that is, abstract human labor.
⑤-④ この迂回路では、織ることは、それが価値を織り込むならば、仕立てること、すなわち抽象的な人間労働の際立った特徴を持たないと言われています。

⑤-⑤さまざまな商品の同等性の表現だけが、さまざまな商品に含まれるさまざまな種類の作業を、実際の共通の人間労働力に減らすことによって、価値創造労働の特定の特徴を引き出します(17a)。
⑤-⑤ Only the expression of equivalence of different commodities brings out the specific character of value-creating labor, by actually reducing the various kinds of work involved in the various commodities to their common, human labor (17a).

  -----------------------------------------
⑥しかし、それはキャンバスの価値である作品の特定の性質を表現するのに十分ではありません。液体状態の人間の労働または人間労働は価値を生みますが、価値はありません。それは凝固した状態で、比喩的な形で価値になります。キャンバスの価値を人間の労働力のゼリーとして表現するためには、キャンバス自体とは異なり、同時に他の商品にも共通する「客観性」として表現する必要があります。タスクはすでに解決されています。
⑥ However, it is not enough to express the specific character of the work, which is the value of the canvas. Human labor in the liquid state or human labor makes value, but is not worth. It becomes value in the coagulated state, in figurative form. In order to express the canvas value as a jelly of human labor, it must be expressed as an "objectivity," which is in fact different from the canvas itself and at the same time common to other commodities. The task has already been solved.

⑦In the value relation of the canvas, the rock is regarded as its qualitatively equal, as a thing of the same nature, because it is a value. He is here therefore considered to be a thing in which value appears or which represents value in its tangible natural form. Now, though, rock, the body of rockware, is a mere use value. A skirt expresses no more value than the first best piece of canvas. This only proves that he means more within the value relation to the canvas than outside it, as many a person means more inside a galloped skirt than outside it.
⑦キャンバスの価値関係では、それが価値であるために、岩はその質的に等しい、同じ性質のものとして見なされます。それゆえに彼はここで価値が現れるものであるか、あるいはその有形の自然な形で価値を表すものであると考えられています。しかし今では、ロックウェアの本体であるロックは単なる使用価値です。スカートはキャンバスの最初の最高の部分以上の価値を表現しません。多くの人がギャロップスカートの内側より外側の値よりも多くを意味するように,これは彼がキャンバスの外側よりも価値関係の内側にあることを証明するだけです。

⑧In the production of the skirt, in fact, under the form of tailoring, human labor has been spent. So human work is piled up in him. According to this side, the skirt is "bearer of value," although this does not see through its property itself by its greatest threadiness.

And in terms of the value of the canvas, it applies only to this side, therefore as an embodied value, as a value body. Despite his buttoned-up appearance, the canvas has recognized in him the tribe-related beautiful soul of the soul.

However, the rock can not be of value to her without the value taking on the form of a skirt at the same time.

Thus the individual A can not behave as a majesty to the individual B, without the majesty taking the form of B for A and thus changing facial features, hair and many other things with the father of the land.
⑧スカートの生産では、実際には、仕立ての形で、人間労働が費やされてきた。だから人間の仕事は彼の中に積み上げられている。この面によると、スカートは「価値を持っている」のですが、これはその最大のねじ切り性によってその性質自体を見抜くものではありません。

そしてキャンバスの価値という点では、それはこの面にのみ適用されます。したがって、具体化された価値として、価値の本体として。彼のボタン留めの外観にもかかわらず、キャンバスは彼の中で部族関係の美しい魂を認識しました。

しかし、同時にスカートの形をとる価値がなければ、岩は彼女にとって価値があるはずもありません。

このように、陛下がAのためにBの形をとり、それゆえ、土地の父親と共に顔の特徴、髪の毛や他の多くのものを変えることなしに、個人Aは個人Bに対する陛下として振る舞うことができない。

⑨ In terms of value, in which rock forms the equivalent of the canvas, the skirt form is considered a value form. The value of the commodity canvas is therefore expressed in the body of the commodity rock, the value of a commodity in the utility value of the others. As a use value, the canvas is a sensually different thing from rock, as a value it is "rock-like" and therefore looks like a skirt. Thus it receives a value form different from its natural form. Their value, in their likeness to the Rock, appears like the sheep nature of the Christian in his equality with the Lamb of God.
⑨岩がキャンバスと同等のものを形成する価値の観点から、スカートの形は価値の形と考えられています。そのため、商品キャンバスの価値は商品ロックの本体、商品の価値は他のものの利用価値で表現されます。使用価値としては、キャンバスはロックとは官能的に異なるものであり、価値としては「ロックのよう」であり、したがってスカートのように見えます。したがって、それはその自然な形式とは異なる価値形式を受け取ります。彼らの価値は、岩への彼らの類似性において、神の子羊との平等におけるクリスチャンの羊性のように見えます。

⑩-① One sees that everything that the analysis of the value of the commodity predicted for us, says the canvas itself, as soon as it enters into contact with other commodities, the skirt.
⑩-②Only she betrays her thoughts in her own familiar language, the language of goods.

⑩-③To say that work forms its own value in the abstract quality of human labor, she says that rock, insofar as it is indifferent to it, is therefore worthy of the same work as the canvas.
⑩ー④To say that her sublime value-objectivity is different from her rigid body, she says that value looks like a rock, and therefore, as value, it resembles rock like an egg to another.

⑩-①それは他の商品、スカートと接触するようになるとすぐに、商品の価値分析が、私たちのために予測したことすべてがキャンバス自体を言うということを見ます。
⑩-②彼女だけが、自分の考えを自分の身近な言葉、商品の言葉で裏切っています。

⑩-③その作品が人間の労働の抽象的な質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女はそれが無関係である限り、それはキャンバスと同じ作品の価値があると岩が言う。
⑩ー④彼女の崇高な価値観 - 客観性は彼女の剛体とは異なると言うために、彼女はその価値観が岩のように見え、それゆえ価値観として、それは別のものにとって卵のような岩に似ています--と。

⑪ By means of the value relation, therefore, the natural form of the commodity B becomes the value form of the commodity A or the body of the commodity B becomes the value level of the commodity A. (18) By the commodity A refers to the commodity B as value body, as material of human work, makes them the utility value B to the material of their own value expression. The value of the commodity A, so expressed in the use value of the commodity B, possesses the form of the relative value.
⑪したがって、価値比率により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態となり、あるいは商品Bの本体は商品Aの価値レベルとなる。(18)商品Aを人間労働の素材として価値Bの本体として参照することにより、商品Aは使用価値Bをそれ自身の価値表現の素材とする。商品Bの利用価値で表現される商品Aの価値は、相対価値の形をしている。

-------------------------------------

   3. The equivalent form
   3.同等のフォーム

①It has been seen that a commodity A (the canvas) expresses its value in the use-value of a different commodity B (the skirt), expressing to the latter itself a peculiar form of value, that of the equivalent. The linen brings to light its own value by the fact that the skirt, without assuming a value form different from its body form, is indifferent to it. The canvas thus expresses its own value by the fact that the skirt is directly interchangeable with it. The equivalent form of a commodity is therefore the form of its immediate interchangeability with other commodities.
①商品A(キャンバス)は、その価値を別の商品B(スカート)の使用価値で表し、後者には独特の形の価値、つまり同等の価値を表現しています。リネンは、スカートがその体型と異なる値の形を仮定することなしにそれに無関心であるという事実によってそれ自身の価値を明るみに出す。このように、キャンバスはスカートが直接それと交換可能であるという事実によってそれ自身の価値を表現します。したがって、商品の同等の形式は、他の商品との直接の互換性の形式です。


②したがって、スカートなどの商品の種類がリネンなどの他の種類の商品と同等のものとして機能する場合、スカートはキャンバスとすぐに交換可能な形式であるという特徴的な特性が与えられ、割合は与えられません。スカートとキャンバスは交換可能です。キャンバスの値のサイズが与えられているので、それはスカートの値のサイズに依存します。岩が同値、キャンバスが相対値、逆にキャンバスが相対値、岩が相対値で表現されているかどうかにかかわらず、その値のサイズは、生産に必要な作業時間によって決まります。しかし、商品タイプRockが値式で同等のものに取って代わるとすぐに、その値サイズは値サイズとして式を受け取りません。そうではなく、価値の方程式では、それは物事の明確な量としてのみ現れます。
②If a kind of commodity, such as skirts, serves as an equivalent to another type of commodity, such as linen, skirts are therefore given the characteristic property of being in an immediately exchangeable form with canvas, then there is in no way given the proportion in which skirts and canvas are interchangeable are. It depends, since the value size of the canvas is given, on the value size of the skirts. Whether the rock as equivalent and the canvas as relative value or conversely the canvas as equivalent and the rock as relative value is expressed, its value size remains determined by the working time necessary for its production, thus independent of its value form. But as soon as the commodity type Rock takes the place of the equivalent in the value expression, its value size does not receive an expression as a value size. Rather, in the equation of value, it figures only as a definite quantum of a thing.


③For example: 40 cubits of canvas are "worth" - what? 2 skirts. Because the commodity rock here plays the role of the equivalent, the use value rock of the canvas opposite as Wertkörper, also a certain quantity of skirts is enough to express a certain quantum of value canvas. Two skirts, therefore, can measure the value of 40 cubits of canvas, but they can never express their own value-size, the size of skirts.
③-①例:40キュビトのキャンバスは「価値がある」 - 何ですか? 2スカート。こちらの商品ロックは同等の役割を果たしているので、ヴェルトコルパーとは反対側のキャンバスの使用価値ロック、また一定量のスカートも価値あるキャンバスの一定量を表現するのに十分です。したがって、2つのスカートで40キュビットのキャンバスの値を測定できますが、自分自身の値の大きさであるスカートのサイズを表現することはできません。

③-②価値方程式における等価物は,常に物事の単なる量、使用価値の形のみを持つというこの事実の表面的な概念は、彼の前任者や後継者の多くのように、ベイリーを導いた。定量的関係のみの価値の表現--と。
そうではなく、同等の形態の商品は、価値の定量的決定を含まない。
③-②The superficial conception of this fact, that the equivalent in the equation of value always has only the form of a simple quantum of a thing, of a use-value, has led Bailey, like many of his predecessors and successors, to see in the expression of value only a quantitative relation. Rather, the equivalent form of a commodity does not contain a quantitative determination of value.


④The first peculiarity that stands out when considering the equivalent form is this: Utility value becomes the manifestation of its opposite, value.
④同等の形式を考慮すると際立っている最初の特殊性はこれです:効用価値はその反対の、価値の現れになります。


⑤<71> The natural form of the commodity becomes the value form.
⑤商品の自然な形が価値形態になります。

But, notabene, this quidproquo occurs for a commodity B (rock or wheat or iron, etc.) only within the value-relationship in which any other commodity A (canvas, etc.) comes to it, only within that relation.
しかし、注意すべきことではありますが、このquidproquoは、他の商品A(キャンバスなど)が関係する価値関係内でのみ、その関係内でのみ商品B(岩、小麦、鉄など)に対して発生します。

どの商品もそれ自体を同等物として参照しておらず、したがってそれ自体の天然皮をそれ自体の価値の表現にすることはできないので、他の商品を同等物として参照するか、別の商品の天然皮をそれ自体の価値形式にしなければならない。
Since no commodity refers to itself as an equivalent, and therefore can not make its own natural skin the expression of its own value, it must refer to other commodity as an equivalent or make the natural skin of another commodity its own value form.


⑥This is illustrated by the example of a measure which belongs to the bodies of goods, that is to say, bodies of goods. as use values. A sugar loaf because the body is heavy and therefore has weight, but you can not look or feel any sugar loaf's weight. We now take different pieces of iron whose weight is predetermined. The body shape of the iron, considered in isolation, is no more manifestation of gravity than that of the sugarloaf. Nevertheless, to express the sugarloaf as gravity, we put it in a weight ratio to the iron. In this relationship, iron is considered a body that represents nothing but gravity. Iron quanta therefore serve as a measure of the weight of sugar and represent the sugar body in contrast to mere heavy form, manifestation of heaviness.
⑥これは、商品の本体、すなわち商品の本体に属する測定の例で説明されています。使用値として。体が重いので体重があるのでシュガーローフ、あなたはどんなシュガーローフの体重も見たり感じたりすることはできません。重量が決まっているさまざまな鉄片を使用します。鉄の体型は、単独で考えれば、シュガーローフのそれよりも重力の現れではありません。それにもかかわらず、重さとしてシュガーローフを表現するために、我々はそれを鉄に対する重量比で置いた。この関係では、鉄は重力以外の何ものでもないと考えられています。したがって、鉄の量は砂糖の重さの尺度として役立ち、単なる重い形、重さの現れとは対照的に砂糖体を表します。

この役割はこの比率の範囲内でのみ鉄によって果たされ、そこにはその体重が求められるべき砂糖その他の体がそれに入ります。両方のことが難しくなかったならば、それらはこの関係に入ることができなかった、そしてそれ故に一方は他方の厳しさを表現するのに役立つことができなかった。私たち二人がバランスで自分の体重を量る場合、実際には、それらは重力と同じであり、したがって一定の割合で同じ重量でもあることがわかります。サトウキビとは対照的に、重さの尺度としての鉄の体のように、私たちの価値表現では、岩体はキャンバスにとっての価値を表すにすぎません。
This role is played by iron only within this ratio, in which the sugar or any other body whose weight is to be found enters it. If both things were not difficult, they could not enter into this relationship, and therefore one could not serve to express the severity of the other. If we both weigh ourselves on the balance, we see in fact that they are the same as gravity, and therefore in a certain proportion also of the same weight. Like the iron body as a measure of weight in contrast to the sugar-cane, in our expression of value the rock-body only represents value to the canvas.

⑦Here, however, the analogy stops. The iron in the weight expression of the sugarloaf represents a nature shared by both bodies, their severity, while the rock in the value expression of the canvas represents a supernatural property of both things: their value, something purely social.
⑦しかしここでは、その類似性は止まります。キャンバスの値表現の中の岩は、両方のものの超自然的な性質を表しています。

⑧By taking the relative shape of a commodity, e.g. the canvas, its value being something quite different from its body and its characteristics, e.g. as a rock equivalent, this expression itself implies that it hides a social relationship.
⑧商品の相対的な形をとる。キャンバスがです。その値は、その本体やその特性とはまったく異なるものです。岩と同等のものとしてですから、この表現自体がそれが社会的関係を隠すことを意味します。

⑧-②逆に、同等の形式です。それは、実際には、岩のように、この物はそれが現存するように表現し、価値を表現し、そしてそれ故本質的に価値形態を所有するという事実から成ります。
⑧-②Conversely, with the equivalent form. It consists, in fact, in the fact that a commodity, like the rock, this thing expresses as it does and stands, expresses value, and thus possesses value form by nature.

⑧-③To be sure, this is true only within the relation of value in which the linen is related to rockware as an equivalent.21 But since qualities of a thing do not spring from its relation to other things, but are active only in such a relationship, rock also appears to be its equivalent form to possess its property of immediate interchangeability, just as much by nature as its property to be heavy or warm.
⑧-③確かに、これはリネンが同等のものとしてロックウェアに関係している、価値関係の中でのみ真実です。21
しかし物の質は他のものとの関係から湧き出るのではなく、そのような関係でのみ活発ですまた、岩石は、その性質上、重いまたは暖かいという性質と同様に、即時交換可能な性質を有するのと同等の形態であると思われる。

⑧-④それゆえ、この形式が金銭の中で彼に直面するのを終えるとすぐに、政治経済学者のブルジョア生の視線を打つ同等の形式の謎です。それから彼は金と銀の神秘的な性格をはっきりさせようとします。そして、それほど目を見張るような商品を提出し、そしてその当時商品同等物の役割を果たしていたすべての商品のカタログを放棄すること。彼は、20キュビトのキャンバス= 1スカートのような最も単純な値表現でも、同等の形式の謎を解決できるとは疑いません。
⑧-④Hence the enigmatic of the equivalent form, which beats the bourgeois raw gaze of the political economist as soon as this form finishes facing him in the money. Then he seeks to clarify the mystical character of gold and silver, by submitting to them less dazzling merchandise and, with ever renewed pleasure, to abandon the catalog of all the commodities which at that time played the role of the commodity equivalent. He does not suspect that even the simplest value expression, such as 20 cubits of canvas = 1 skirt, solves the riddle of the equivalent form.


⑨The body of the commodity serving as its equivalent is always the embodiment of abstract human labor and is always the product of a certain useful, concrete work. This concrete work becomes the expression of abstract human work.
⑨-①その同等物としての役割を果たす商品の本体は、常に抽象的な人的労働の具体化であり、常にある有用で具体的な作業の産物である。この具体的な作業は抽象的な人間の作業の表現となります。

⑨-②例えばスカートが単なる実現としてのものであるならば、抽象的な労働の実現の単なる形としての、実際に彼の中で実現する仕立てです。
キャンバスの表現では、洋裁の有用性は、それが服を作ること、そしてそれ故に人を作ることではなく、それが価値があると考える体を作ること、すなわち全く変わらない作品のゼリーを作ることですし,そのことからキャンバス価値の中で客観化された作品なのです。
⑨-②If the skirt is for example as mere realization, so the tailoring, which actually realizes in him, as a mere form of realization of abstract human labor. In the expressions of the canvas, the usefulness of dressmaking is not that it makes clothes, and therefore also people, but that it makes a body that one sees to be worthy of, that is, a jelly of work that is not at all different from that in the Canvas value objectified work.

⑨-③To make such a value-level, tailoring itself need not reflect anything but its abstract quality of being human labor.
⑨-③価値レベルにするためには、調整すること自体が人間労働であるというその抽象的な品質以外に何も反映する必要はありません。

⑩製織のように仕立ての形では、人的資源が費やされる。したがって、両方とも人間労働の一般的な特徴を有しており、したがって、場合によっては、例えば価値生産においては、この観点からのみ考慮が必要です。これはすべて不思議ではありません。しかし、商品の価値の点で物事はねじれています。例えば、織ることは織ることとしてその具体的な形で織られるのではなく、人間労働としてのその一般的な品質では、仕立て、キャンバスと同等のものを生み出す具体的な仕事は、具現化された形の実現の--人間としての仕事と対照的です。
⑩In the form of tailoring, as in the form of weaving, manpower is spent. Both therefore have the general characteristic of human labor and may therefore, in certain cases, e.g. in value production, only from this point of view come into consideration. All this is not mysterious. But in the value of the goods the thing is twisted. For example, To express that weaving is not weaving in its concrete form as weaving, but in its general quality as human labor, tailoring, the concrete work which produces the canvas equivalent, is contrasted with it as the tangible form of realization human work.

⑪It is thus a second peculiarity of the equivalent form that concrete work becomes the manifestation of its opposite, abstract human labor.
⑪したがって、具体的な仕事がその反対の抽象的な人間の労働の現れとなる--との同等の形の2番目の特殊性です。

⑫この具体的な仕事は、無差別な人間の労働の単なる表現として仕立てることで、他の労働と同等の形態、すなわちリネンに内在する労働を持っています。直接の社会的形態としてです。それが他の商品と直接交換可能な製品の中に存在する理由です。したがって、直接の社会的形態で働くことが、個人的な仕事がその反対の形態となるのは、同等の形態の3番目の特徴です。
⑫But this concrete work, tailoring, as the mere expression of indiscriminate human labor, possesses the form of equality with other labor, the labor inherent in the linen, and therefore, although private labor, like all other goods-producing labor, yet Work in direct social form. That is why it presents itself in a product which is directly interchangeable with other commodities. It is thus a third peculiarity of the equivalent form that private work becomes the form of its opposite, to work in a directly social form.

⑬The two most recently developed peculiarities of the equivalent form become even more comprehensible when we return to the great researcher who first analyzed the value form, as did so many forms of thought, forms of society and natural forms. It is Aristotle.
⑬最近考案された2つの同等な形式の特異性は、最初に価値形式を分析した偉大な研究者に戻ると、もっと多くの思考形式、社会形式、そして自然形式と同様に理解しやすくなります。アリストテレスです。

⑭First, Aristotle clearly states that the money form of the commodity is only the more developed form of the simple value form, i. the expression of the value of a commodity in any other commodity, for it says:
⑭まず、アリストテレスは商品の貨幣形態は単純な価値形態のより発展した形態にすぎないと明確に述べています。他の商品における商品の価値の表現は、それが言うために:

"5 upholstery = 1 house" "5つの室内装飾= 1つの家"
Kliuai pente anti oik iaz
<Greek: Clinai pente anti oicias>

"does not differ" from:  「違いはありません」から:

"5 upholstery = so much money""5つの室内装飾品=そんなにお金"

Kliuai pente anti ... osou ai pente k linai
<Greek: clinai pente anti ... odson ai pente clinai>

<74>
⑮He further recognizes that the value-relation in which this expression of value is based in turn implies that the house is qualitatively equated with the upholstery, and that these sensually different things would not be correlated to each other as commensurable quantities without such essential identity.
さらに、この価値表現の基礎となる価値関係は、家が質的に室内装飾品と同等であり、これらの官能的に異なるものは本質的な同一性なしには相応しい量として互いに相関しないことを意味する。

同氏は、「交換は、平等なくして平等ではないが、通約なしには成り立たない」と述べた(「out isothz mhoushz summetria z」)。しかし、ここで彼はトリミングし、価値観のさらなる分析を断念します。 「しかし、実際には、そのような多様なものが共感できるものになることは不可能です(th th men alhdeia adunaton)」。定性的には同じです。この方程式は、物事の本来の性質とは無関係なものにしかなり得ないので、「実用上の必要性に即したもの」にすぎません。
"The exchange," he says, "can not be without equality, but equality but not without commensurability" ("out isothz mh oushz summetria z"). But here he trims and gives up the further analysis of the value form. "But in truth it is impossible (th men oun alhdeia adunaton) for such diverse things to be commensurable", i. are qualitatively the same. This equation can only be something foreign to the true nature of things, so only "makeshift for the practical need."

⑯Aristotle thus tells us himself why his further analysis fails, namely the lack of the concept of value. What is the same, i. the common substance, which presents the house for the upholstery in the value expression of the upholstery? Such a thing can "really not exist," says Aristotle. Why? The house presents the same thing to the upholstery, as far as it is the same in both the upholstery and the house. And that is - human work.
⑯Aristotleはこのように彼のそれ以上の分析が失敗する理由、すなわち価値観の概念の欠如を私たち自身に告げています。何が同じです、私は。家具製造販売業の価値表現において家具製造販売業のための家を提示する共通の物質、?そのようなことは「実際には存在し得ない」とアリストテレスは言います。どうして?それは室内装飾品と家の両方で同じである限り、家は室内装飾品に同じことを提示します。それが - 人間の仕事です。

⑰But that in the form of commodity values ??all labor is expressed as equal human labor and therefore as equal, Aristotle could not extract himself from the value-form itself, because Greek society was based on slave labor, hence the inequality of men and their labor-power had a natural basis. The secret of the expression of value, the equality and equal validity of all labor, because and insofar as they are human labor in general, can only be deciphered as soon as the concept of human equality already possesses the firmness of a national prejudice.
⑰商品価値の形では、すべての労働は平等な人間の労働として、したがって平等として表現されているが、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいているため、アリストテレスは価値の形そのものから自分自身を引き出すことができなかった。彼らの労働力は自然な基盤を持っていました。価値の表現の秘密、平等そしてすべての労働の平等な妥当性は、それらが一般的に人間の労働である限りにおいて、そして人間の平等の概念がすでに国家的偏見の固さを持っている限り初めて解読できる。

しかしこれは、商品の形態が作業用製品の一般的な形態であり、したがって商品所有者としての人々の相互関係、一般的な社会的関係である社会においてのみ可能です。
But this is only possible in a society in which the commodity form is the general form of the working product, and thus also the relation of the people to each other as commodity owners, the prevailing social relation.

The genius of Aristotle shines in the fact that he discovers an equality in the expression of the value of the goods. Only the historical barrier of the society in which he lived prevents him from finding out what "in truth" this relationship of equality consists of.
アリストテレスの天才は、彼が商品の価値表現に平等を発見したという事実に輝いています。彼が住んでいた社会の歴史的な障壁だけが、彼が「真実に」この平等の関係が何からなるのかを見つけることを妨げています。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:14/1516 《前のページ | 次のページ》
/1516