teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/1512 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『初版』価値形態  Ⅱ   

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月17日(木)12時58分41秒
  通報 返信・引用 編集済
       http://www.mlwerke.de/me/me26/me26b158.htm

[3.] [Ricardos Konfusion in der Frage
des "absoluten" und "relativen" Werts.
Sein Unverständnis der Wertformen]

     [問題に対するリカルドの混乱
    絶対値と相対値
    彼の価値フォームの理解の欠如]
[Ricardo's confusion in the question
of the "absolute" and "relative" value.
His lack of understanding of value forms]


①   Before that, a few remarks about how Ric [ardo] throws the terms "value" into confusion. Bailey's polemic against him is based on that. But it is also important to us.
①  その前に、Ricardoが「値」という用語をどのように混乱させているのかについて、いくつかコメントを述べています。彼に対するベイリーの論争はそれに基づいている。しかしそれは私達にとっても重要です。

②  まず、Ricardoは「交換価値」と呼び[1]、それをA. Smithとの間で "他の商品を購入する力"として決定します[2]。 (p.1 "原則")これは最初に現れた時の交換価値です。それから彼は価値の本当の定義に行きます:
② First, Ricardo calls the value "value in exchange" [1] and determines it with A. Smith as "the power of purchasing other goods" [2]. (p.1, "Principles.") This is the exchange value as it first appears. Then he goes to the real definition of value:

③ "It is the proportionate amount of goods produced by labor which determines their present or past relative value." (l.c. p. 9.)
③ 「現在または過去の相対的価値を決定するのは、労働によって生産された商品の比例量です。」 (lc.c. p.9)

④ 「相対値」とは、作業時間によって決定される交換可能な値を除いて、ここでは何も意味しません。しかし、私が商品の交換価値を他の商品の使用価値で表現する限り、相対値は異なる意味を持つこともできます。使用中の砂糖の交換価値はコーヒーを評価する。
④ "Relative value" means nothing here but the exchangeable value determined by the working time. But relative value can also have a different meaning, insofar as I express the exchange value of a commodity in the use-value of another, e.g. the exchange value of sugar in use value coffee.

⑤ "Two goods change their relative value, and we want to know which of them actually made the change." (p.
⑤ 「2つの商品は相対的な価値を変えているので、どちらを実際に変えたのかを知りたいのです」。 (P

⑥ どのバリエーション? [3]リカルドは後にこの「相対値」とも呼ぶ[4]。 (p.448 sq。)どの商品で「変化」が起こったのか知りたいですか?つまり、上では相対値と呼ばれていた「値」の変動です。たとえば、砂糖1ポンド= 2ポンドです。コーヒー後に1ポンドの砂糖= 4ポンド。コーヒー。私たちが知りたいのは、砂糖やコーヒーに必要な「作業時間」が変わるかどうか、砂糖の作業時間が以前の2倍か[6]、コーヒーが2倍早くか[6]です。これらの「変化」のそれぞれの。生産に必要な労働時間は、彼らの交換関係にこの変化をもたらしました。したがって、砂糖とコーヒーのこの「相対的または比較的な価値」 - それらが交換する比率 - は、最初の意味での相対的価値とは異なります。第一に、砂糖の相対値は砂糖の質量によって決定されます。 527 |作り出すことができます。
⑥  Which variation? [3] Ricardo later also calls this "relative value" [4]. (p.448 sq.) We want to know in which commodity "the variation" took place? That is, the variation of the "value" that was called relative value above. For example, 1 lb. of sugar = 2 lbs. Of coffee. Later 1 lb. sugar = 4 lbs. Coffee. The "variation" we want to know is whether the "working time" required for sugar or coffee changes, whether the sugar costs two times more [5] working time than before or the coffee costs two times less [6] earlier, and which of these "variations" in the resp. Production necessary working hours have brought this variation in their exchange relationship. This "relative or comparative value" of sugar and coffee - the ratio in which they exchange - is thus different from the relative value in the first sense. In the first sense, the relative value of sugar is determined by the mass of sugar, which in a given working time  can be produced|| 527 |


⑦ [1] "exchange value" - [2] "the ability to buy other goods" - [3] What change? - [4] "comparative value" - [5] in the manuscript: less - [6] in the manuscript: more
⑦ [1]「交換価値」 -  [2]「他の商品を購入する能力」 -  [3]何が変わりますか? -  [4]「比較値」 - 原稿の[5]:少ない - 原稿の[6]:多い

{168}
⑧ 2番目のケースでは、砂糖[とコーヒー]の相対値はそれらが交換される比率を表し、この比率の変化はコーヒーまたは砂糖の最初の意味での相対値の変化から生じるかもしれません。それらの「相対値」は第一の意味で変化しているが、それらが互いに交換する関係は同じままであり得る。 1ポンド砂糖はまだ= 2ポンドにすることができます。コーヒー、砂糖とコーヒーの生産のための作業時間は2倍に増加したか、半分に減少しましたが。それらの比較値の変動、i。砂糖の交換価値がコーヒーで表現されている場合、またその逆の場合、その相対的な価値の変動が第一の意味であるかどうかだけがわかります。作業量のために、特定の値が不均一に変化したため、比較の変更が行われました。絶対的な変化 - もし元の比率を変えなければ、同じ大きさで同じ方向をたどっても、比較値に変動を生じさせません - そして、これらの商品の貨幣価格にも変動は生じません。それが変われば、両方が均等に変わったからです。

したがって、私が2つの商品の価値をそれ自身の相互の使用価値で表現するか、あるいはそれらの貨幣の価格で表現するかにかかわらず、両方の価値を第3の商品の利用価値で表現する。それらの変化は、第一の意味におけるそれらの相対値と区別されるべきであり、すなわちそれらがそれら自身の生産に要する労働時間の変化、すなわちそれら自身の時間の変化として何も表現しない限りにおいてである。したがって、後者の相対値は、商品の交換価値を他人の価値の値または金銭で実際に表すという意味で、第2の意味の相対値と比較して「絶対値」として表示されます。したがって、Ricardoでも、「絶対値」という表現は、「相対値」の最初の意味で使用されます。
{168}
⑧  In the second case, the relative value of sugar [and coffee] expresses the ratio in which they are exchanged, and the changes in this ratio may result from a change in relative value in the first sense in coffee or sugar. The relationship in which they exchange with each other can remain the same, although their "relative values" have changed in the first sense. 1 lb. Sugar can still be = 2 lbs. Coffee, although the working time for the production of sugar and coffee has risen by double or decreased by half. Variations in their comparative value, i. if the exchange value of sugar is expressed in coffee and vice versa, it will only show itself if its variations in their relative value in the first sense, i. Due to the quantity of work, certain values have changed unevenly, so that comparative changes have taken place. Absolute changes - if they do not change the original ratio, are the same size and follow the same direction, will not produce any variation in the comparative values - nor in the money prices of these commodities, since the value of the money, should it change, for both evenly changed. Therefore, whether I express the values of two commodities in their own reciprocal use-values, or in their price of money represent both values in the use-value of a third commodity, these relative or comparative values or prices are the same, and the changes therein to be distinguished from their relative values in the first Sense, ie as far as they express nothing as a change of labor time required for their own production, that is, in their own time. The latter relative value thus appears as "absolute value," compared with the relative values in the second sense, in the sense of the real representation of the exchange value of a commodity in the value of the value of others or in money. Therefore, in Ricardo, too, the expression "absolute value" occurs in the first sense for "relative value".

⑨ In the example above, if 1 lb. Sugar still costs the same working time as before, its relative value has not varied in the first sense. But if the coffee costs 2 times less work then the value of sugar in terms of coffee has varied because the "relative value" in the first sense of the coffee has varied. The relative values of sugar and coffee appear so different from their "absolute values" and this difference is evident because the comparative value of the sugar, e.g. has not varied in comparison with goods whose absolute values have remained the same.
⑨ 上の例では、1ポンドのSugarがまだ以前と同じ作業時間を要する場合、その相対値は最初の意味では変化していません。しかし、コーヒーが2倍少ない仕事をするならば、コーヒーの意味での砂糖の価値は、コーヒーの第一の意味での「相対的な価値」が変化したので変化しました。砂糖とコーヒーの相対値は、それらの「絶対値」とは非常に異なるように見え、この差は、砂糖の比較値、例えば、1 / 2であるので明らかである。絶対値が同じままである商品と比較して変化していません。

⑩「私が読者の注意を引くことを望む研究は、それらの絶対的な価値ではなく、商品の相対的価値における変化の影響に関連しています。」 (p.15)
⑩ "The research to which I want to draw the reader's attention relates to the effect of changes in the relative value of the goods, not their absolute value." (p.15)


⑪ {169}
Ric ardo otherwise calls this "absolute" value "real value" [1] or value par excellence (p.16, for example).
⑪ {169}
そうでなければRicardo はこの「絶対」値を「実際の値」[1]または値を優秀と呼ぶ(たとえばp.16)。

⑫ でベイリーのリカルドに対する論争を参照してください:
⑬ 「主にリカルド氏とその信奉者の著書に関連して、その性質、手段、および価値の原因に関する重要な論文。」 1825年、ロンドンにおける意見の形成と公表に関するエッセイの著者による。(1826年ロンドンのウェストミンスター総説等の記事により引用された「政治経済学者への手紙」も参照のこと。)リカルドでは開発されていないが実際には混乱しているだけであり、ベイリーは「矛盾」しか見いだせない価値の定義におけるこれらの様々な瞬間のまわりで第二に、[ベイリー]は「絶対値」または「本当の価値」に反する「比較値(または第二の意味での相対値)とは異なります。
⑫  See Bailey's polemic against Ricardo in:
⑬ "A Critical Dissertation on the Nature, Measures, and Causes of Value, chiefly in reference to the writings of Mr. Ricardo and his followers." By the Author of Essays on the Formation and Publication of Opinions, London, 1825. (See also "A Letter to a Political Economist," occasioned by an article in the Westminster Review, etc., "Lond., 1826.) revolves partly around these various moments in the definition of value, which are not developed in Ricardo, but only in fact and confused, and in which Bailey finds only "contradictions". Second, [Bailey] is against the "absolute value" or "real value" unlike the comparative value (or relative value in the second sense).

⑭  "Instead," says Bailey in the first quoted text, "viewing value as a relationship between two things, they (Ricardo and his followers [2]) regard it as a positive result that produces through a certain amount of labor becomes." (l.c. p.30)
They consider "value as something immanent and absolute". (l.c. p.8)
⑭ その代わりに、最初の引用文の中でベイリーは言う。「価値を二つのことの関係として見て、彼ら(リカルドと彼の支持者たち[2])はそれを一定量の労働を通して生み出す良い結果と見なす」。 (lc.c. p.30)
彼らは「内在的で絶対的なものとしての価値」を考えています。 (lc.c. p.8)

⑮ 最後の侮辱はRicardoの不完全な表現に由来します。なぜなら、彼はformの価値 - 労働が価値の実体として取る明確な形態 - を検討するのではなく、価値、これらの抽象一般の数量、そしてこの形式では社会的な仕事を生み出すのです。商品の価値の違い。そうでなければ、ベイリーは価値概念の相対性は、それらが交換価値である限り、すべての商品が社会的労働時間の相対的な表現であるという事実によって決して廃止されないことを見いだした。彼らがお互いに情報を交換する関係が、その関係の中でその実体としてのこのソーシャルワークへの彼ら全員の関係。
⑮ The last reproach derives from Ricardo's imperfect presentation, because he does not examine the value of form - the definite form that labor takes as the substance of value - but only the values, the quantities of these abstract general and in this form social Work that produces the difference in the value of goods. Otherwise Bailey would have seen that the relativity of the concept of value is in no way abolished by the fact that all commodities, insofar as they are exchange values, are only relative expressions of social working time, and their relativity by no means consists only in the relationship in which they exchange information with each other, but in that relationship Relationship of all of them to this social work as its substance.

On the contrary, as we shall see, Ricardo is much to be reproached with for forgetting this "real" or "absolute value" very often, and only clinging to the "relative" or "comparative values."
それどころか、私たちが見るように、Ricardoはこの「本当の」または「絶対値」を忘れて、「相対的」または「比較的な値」にしがみついていることに憤慨することが多くあります。

     -------------------------------------------------------
-------------------------------------------

     『初版』価値形態  Ⅱ
  I. First or simple form of relative value: 20 yards of linen = 1 coat
    (x of commodity A = y of commodity B).
①段落
I 相対値の最初の、または単純な形式:リネンの20ヤード= 1コート(商品Aのx =商品Bのy)。 この形式は単純であるため、分析がかなり困難です。そこに含まれているさまざまな仕様は、ベール、未開発、抽象的であり、その結果、私たちの抽象化の力をかなり強烈に適用することによってのみ区別し、焦点を合わせることができます。しかし、少なくともこれが一目で明らかになります。つまり、20ヤードのリネン= 1コート、または20ヤードのリネン= xコートであっても、フォームは同じままです。

②段落
②-①リネンは、地上での使用価値のあるものや便利なものにします。その堅いリネンの体性または自然の形は、結果としてその価値形態ではなく、その正反対です。それはそれ自体と等しいものとして他の商品(コート)にそれ自身を関連付けることによってすぐに価値としてそれ自身の現実を明らかにする。

②ー②それ自体が価値ではなかった場合、それはそれ自身のこととして(価値として)コートに自分自身を関連付けることができませんでした。それは、同じ種の人間の労働の客観化、すなわちそれ自身の価値物質の客観化としてそれ自身をそれに関連付けることによってそれ自身をコートと質的に等しいと仮定する。それはxコートの代わりに1コートだけであると自負しています。それはそれが一般的に単なる価値ではなく、特定の大きさの価値だからです - そしてコートには正確に20ヤードのリネンがあります。

②ー③コートとのこの関係によって、リネンは一筆書きで異なるハエをたたきます。他の商品をそれ自体を価値として見なすことによって、それはそれ自体を価値としてそれ自体に関連付けます。それ自身を価値としてそれ自身に関連付けることによって、それは同時にそれ自身を使用価値としてそれ自身と区別する。

②ー④その価値の大きさをコートで表現することで(そして価値の大きさは、一般的な価値と定量的に測定された価値の両方である)、それはその存在とは異なる価値形態を持つ価値としてその現実を授けます。
このようにして自分自身を差別化されたものとして自分自身を明らかにすることによって、それは本当に商品として初めて自分自身を明らかにします - 同時に価値のある有用なもの。リネンが使用価値である限り、それは独立したものです。

②ー⑤その価値は、その一方で、コートがある別の商品(コートなど)との関係でのみ表示され、定性的に同等と見なされ(リネン)、その結果、それと同等の特定の数量で置き換えられます。
そしてそれと交換可能です。したがって、価値は、交換価値としての明示を通じてのみ使用価値とは異なる個別の形態を獲得するにすぎない。

③段落
 コートの中のリネンの価値表現はコート自体に新しい形を印象づける。 結局のところ、リネンの価値形態の意味は何ですか? コートはそれと交換可能であることは明らかです。 他にどんなことが起こっても、そのリアルな現実の中で、それは今や他の商品との即時の交換可能性の形態、交換可能な使用価値の形態、または同等物として持っています。 この同等物の仕様は、商品がまったく価値があるという事実だけでなく、それがその体型(その使用価値)のままで他の商品価値として数えられ、そしてその結果としてすぐに他の商品の交換価値として手に入るという事実を含みます。

④段落
④ー① 価値としては、リネンは労働だけで構成され、透明に結晶化された労働の沈殿物を形成します。しかし、実際にはこの結晶は非常に濁っています。労働がその中で検出可能である限り(そして商品のすべての具体例が労働の痕跡を明らかにしているわけではない)、それは未分化の人間労働ではなく、むしろ:製織、紡績などである。その物質の唯一の成分ですが、もちろん自然由来の物質が含まれています。

④ー②人間の労働の単なる肉体的表現としてリネンを保持するためには、それを本当に物事にするものすべてから抽象化しなければなりません。

④ー③それ自体抽象的である(すなわち、いかなる追加の品質および内容も含まない)人間労働のいかなる客観性も、必然的に抽象的客観性、すなわち考えのものである。そのようにして、亜麻のウェブはキメラに変わる。<But commodities are objects.>しかし、商品は<物象>です。

④ー④彼らは彼らがオブジェクト<物象>のような方法であるものでなければならないか、そうでなければ彼ら自身のオブジェクト<物象>的関係でそれを明らかにしなければなりません。リネンの製造においては、消費されたことに人間労働の特定の量が存在します。リネンの価値はそのように費やされた労働の単なる<objective reflection>客観的<物象的>な反映ですが、リネンの本体には反映されていません。

④ー⑤それはそのコートとのその価値関係によってそれ自身を明らかにする(すなわち、官能的な表現を獲得する)。リネンがコートをそれ自体を価値として見なすことによって - 同時に使用目的としてのコートから自分自身を区別することによって - コートがリネン本体とは対照的にリネンの価値形態<its value-form>になるということが起こる:<distinguished from its natural form.>その物その自然な形から区別されるような形態です。
-------------------------------------------------------
⑤段落
⑤--①In the expression of relative value: 20 yards of linen = 1 coat (or, x linen is worth y of coat), one must admit that the coat counts only as value or coagulation of labour, but it is precisely through that fact that the coagulation of labour counts as coat, and coat as the form into which human labour flows in order to congeal.
⑤--①相対値の表現では、20ヤードのリネン= 1コート(またはxリネンはコートのyの価値がある)は、コートが価値または労働の凝固としてのみカウントされることを認めなければならないが、それはまさにその事実による労働の凝固はコートとして、そしてコートは人間の労働力が凝固するために流れる形としてカウントされます。

⑤--②使用価値コートは、客観的なものとして、同種の労働に関連するため、抽象的人間の労働の即時実現、すなわちリネンはそれ自体がコートの素材に関連するため、リネン価値の外観の形態になるだけであり、リネン自体の中で客観化されているものと同じ種類の労働ーーであるからです。
⑤--②The use-value coat only becomes the form of appearance of linen-value because linen relates itself to the material of the coat as to an immediate materialization of abstract human labour, and thus to labour which is of the same kind as that which is objectified within the linen itself.

⑤--③The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour of the same kind, and consequently as value in natural form. Since it is, as value, of the same essence as the coat, the natural form coat thereby becomes the form of appearance of its own value.
⑤--③物象であるコートは、同じ種類の人間の労働の感覚的に明白な
客観化<objectification>として、そしてその結果として自然の形での価値としてそれを数えている。それは、価値としてコートと同じ本質のものであるので、それによって天然形態のコートはそれ自身の価値形態になる。

⑤--④使用価値、コートに代表される労働は、単なる人間の労働力ではなく、むしろ特に有用な労働、すなわち仕立てである。
単純な人間労働(人間の労働力の支出)は、あらゆる決定を受けることができます、それは本当ですが、それ自体のためにそしてそれ自体のためには、未決定です。
⑤--④But the labour represented in the use-value, coat, is not simply human labour, but is rather a particular useful labour: tailoring.
Simple human labour (expenditure of human labour-power) is capable of receiving each and every determination, it is true, but is undetermined just in and for itself.

⑤--⑤人間の労働力が決まった形で、もう一度-決まった形で費やされるとすぐに、それを実現し客観化<objectify>することができる。なぜならそれはある自然の実体 - 労働がそれ自体を客観化する外部の材料 - が直面することができる< in which labour objectifies>決定されたそして指定された労働のみであるからです。
⑤--⑤It can only realize and objectify itself as soon as human labour-power is expended in a determined form, as determined and specified labour; because it is only determined and specified labour which can be confronted by some natural entity  an external material in which labour objectifies itself.

⑤--⑥It is only the ‘concept’ in Hegel’s sense that manages to objectify itself without external material.[1]
⑥ヘーゲルの意味での「概念」だけが、外部の資料なしで、
それ自身を客観化< that manages to objectify itself >することに成功している[1]。

-------------------------------------------------------

  ここには、正しくは--④ ⑤段落に、次のように関連が示されていました。
 ④ー④ 自分の物象的関係
 ⑤ー② オブジェクト コートは、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト化
        として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
 ⑤-③こうして、他商品ではなくーー自身で価値形態になるーーのです。

④ー④it in their own object-like relationships.
⑤ー②The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour of the same kind, and consequently as value in natural form.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 以上のことで、上着自身が、媒介を経ずとも価値形態であり、価値の現出形態なので
す。これが<物象の判断>の奇怪さなのです!
再度ーー上着自身が、それ自体として、価値の現出形態であり、上着の--価値の現象
形態としてのリンネルへの役立ちは、ここではなくて、していないのです。
 だから、このように、訳出を、
 ④ー④を object-like relationships        物的関係と訳しているから、
                               物象的関係--を排除し、
 ⑤-②の a sensually palpable objectification 触知可能なオブジェクト化を、
    「同種の人間労働の<触知可能>感覚的な・手でつかみうる対象性として」と
     ーー歪曲した。objectification--が、物的な物に転倒している。
 このように大切な肝心の--「物象的関係」の大切な意味--を消し去ることで、
  「リンネルが価値としては上着と同じ本質をもっているから、上着の現物形態が、この
  ように、リンネル自身の価値の現象形態になるわけである。」ーーとの訳出です。

  ⑤-③こうして、他商品ではなくーー自身で価値形態になるーーことを判読できず、
  上着自身が、媒介を経ずとも価値形態であり、価値の現出形態となる謎であり、この
  <物象の判断>の奇怪さ!であるのに、捨象したのであります。
  The object, coat, counts for---the natural form coat
  ---the form of appearance of its own value.
  物象であるコートは、---自然の形で---コートはそれ自身の価値形態になる。

  再度ーー上着自身が、それ自体として、価値の現出形態であり、上着の「価値の現象
  形態」としてのリンネルへの役立ちは、ここではなくて、していないのです。
  江夏ー今村ー牧野訳は、この他商品への物的な役立ちを見たから誤訳なのです。
 その謎性追求での解答は、後で、次の解答をえたのです。

 謎性ーーとは何か? リンネルが、価値形態を受けとリ、次に、相対的価値形態を示
 さずとも、上着が、自身だけで価値形態ーーそしてその次にー同等形態を示すことが
 できる!と判断することです。なんとも誤訳の恐ろしきことよ!
 これだから、「等価形態が前提」と判読する・理解する人々ばかりが、発生するので
 す。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①In the expression of relative value: 20 yards of linen = 1 coat (or, x linen is worth y of coat), one must admit that the coat counts only as value or coagulation of labour, but it is precisely through that fact that the coagulation of labour counts as coat, and coat as the form into which human labour flows in order to congeal.

②The use-value coat only becomes the form of appearance of linen-value because linen relates itself to the material of the coat as to an immediate materialization of abstract human labour, and thus to labour which is of the same kind as that which is objectified within the linen itself.

③The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour of the same kind, and consequently as value in natural form. Since it is, as value, of the same essence as the coat, the natural form coat thereby becomes the form of appearance of its own value.

④But the labour represented in the use-value, coat, is not simply human labour, but is rather a particular useful labour: tailoring.
Simple human labour (expenditure of human labour-power) is capable of receiving each and every determination, it is true, but is undetermined just in and for itself.

⑤It can only realize and objectify itself as soon as human labour-power is expended in a determined form, as determined and specified labour; because it is only determined and specified labour which can be confronted by some natural entity  an external material in which labour objectifies itself.

⑥It is only the ‘concept’ in Hegel’s sense that manages to objectify itself without external material.[1]

        ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  『初版』価値形態
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
--------------------------------------------------------
 マルクスは、ここまでに、商品形態の謎をこそ追求しており、ここでの進行の程度・位置は、後段の、次の左極の対立事項としての右極の独自性をこそ対象化し追求しています。この初版での論述の進行状況を見るために、附録では等価形態の第一の独自性が、次のように提起されていたので観察してみよう。
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/appendix.htm
  (初版附録)

 <『初版・附録』>
①商品の自然的形態が価値形態になります。
しかし、このーthis quid pro quoー取違える商品は、他の商品A(リネンなど)が入っている商品との価値関係の中でのみ、商品B(コートまたは小麦または鉄など)に対してのみ・この関係のなかでのみ発生します。

それ自体では、孤立していると見なされますが、コートは、リネンと同じように、有用なもの、つまり使用価値に過ぎません。そのため、そのコートフォームは使用価値の形式にすぎません(Form von Gebrauchswert) 明確なタイプの商品の自然な形態です。

しかし、商品は同等物としてそれ自体に関連することはできず、それゆえ、自らの自然の秘密を独自の価値の観なし方で隠すことはできないので、他の商品と同等のものとしてそれ自身を関連付けるか、あるいは、別の商品身体の自然の隠れ場所を、それ自身の価値形態と見なしているのです。

  <杉本-- 「①他の商品と同等のものとしてそれ自身を関連付けるか、
  ・・②別の商品身体の自然の隠れ場所を、それ自身の価値形態と見なしている」
  ーーとはなにか?
  それは、
  ①リンネルの価値形態が形成され、
  ②上着が価値表現の材料としての役立ちを果たせることで商品形態が示され、
  ③それは、左極での相対的価値形態が形成なので、次に、
  ④上着はその対極にて価値表現の材料の姿態のままに、この反省規定されるので、
  ⑤リンネルの同等物とされることで、<直接的に価値形態>と右極にて判断され
  --この同等の形態--となっている、ことをここに示しているのです。
  それが、①他の商品と同等のものと・・とされる--ことであり、
  あるいは、②別の商品身体を、それ自身の価値形態と見なすーーことなのです。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  附録では、(三)同等(等価)形態 (二)相対的価値形態
  (一)価値表現の両極。相対的価値形態と同等形態--となっていました。
  しかしこの記述は、同等形態<等価形態>が前提になどなっていない、記述です。
  この(一)がまえにあるからとして、けして、その両極が、前提になどなってい
  ないのです。
--------------------------------------------------
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/1512 《前のページ | 次のページ》
/1512