teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:24/1527 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『初版』価値形態  Ⅱ   

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月17日(木)12時58分41秒
  通報 返信・引用 編集済
  投稿者:杉本  投稿日:2019年 8月1日
グーグル 翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

<ドイツ語語訳であったため、英語訳として改稿してみた。>
  Marx 1867 (Hauptstadt)
  <資本論 初版>
  Die Ware
  Goods
  商品

① The wealth of societies in which a capitalist mode of production prevails appears as a "gigantic commodity collection" and the singular commodity as an elemental form of wealth. Our investigation accordingly begins with the analysis of the goods.
①資本主義的生産様式が優勢である社会の富は「巨大商品コレクション」として、また単体商品は富の要素形式として現れる。我々の調査はそれに応じて商品の分析から始まります。

②商品はまず外来物であり、その性質上、何らかの人間の要求を満たす。これらのニーズの性質は重要ではありません。 B.胃の中にいるのか、それとも想像力の中にいるのか。また、ここで私たちが事業体が人間のニーズをどのように満たすかについても心配していません。それは直接的に食物として - つまり喜びの対象として - あるいは間接的に生産の手段としてである。
② The commodity is first an external object, which by its properties satisfies the human needs of one kind or another. The nature of these needs does not matter, eg. B. whether they are in the stomach or in the imagination. Nor are we concerned here with the way in which the entity satisfies human needs; be it directly as a food - that is, as a pleasure object - or indirectly as a means of production.

③ Any useful thing (iron, paper, etc.) is to be considered in terms of quality and quantity from a double point of view. Each of these things is a set of many properties and therefore may be useful in several ways. The discovery of these different aspects, and thus of the multiple uses of things, is a historical act. Such is the invention of the social measure of the amount of useful things. The diversity of the commodity measurements is partly due to the diversity of the objects to be measured and partly to the convention.
③有用性のあるもの(鉄、紙など)は二重の観点から品質と量の観点から考慮されるべきである。これらのことはそれぞれ多くのプロパティのセットであり、したがっていくつかの点で役立ちます。これらのさまざまな側面、つまりさまざまなことの発見は歴史的な行為です。これが有用なものの量を社会的に測定する方法です。商品測定の多様性は、測定対象の多様性によるものであり、また慣例によるものです。

④それを使用価値に変えるのは、人間の生活のためのものの恩恵です。略語として、我々は、有用なもの自体(または鉄、小麦、ダイヤモンドなどのような原材料体)を使用価値、良い、主題として言及する。実用価値を考慮するとき、定量的な決定は常に必要とされます(何十もの時計、メートルのリネン、トンの鉄などとして)。商品の使用価値は、彼ら自身の商品の科学の研究のための材料を提供します。使用価値は、使用時または消費時にのみ実現されます。社会的形態にかかわらず、効用価値は富の本質的な内容を構成します。私たちが検討する社会の形では、それらは交換と同時に重要なキャリアを構成します。
④ It is the benefit of a thing for human life that turns it into a use value. As an abbreviation we refer to the useful itself (or the raw material body, such as iron, wheat, diamond, etc.) as a use value, good, subject. When considering utility values, a quantitative determination is always required (as dozens of watches, meters of linen, ton of iron, etc.). The use values ??of goods provide the material for a study of their own, the science of goods. Use value is realized only in use or in consumption; Utility values constitute the essential content of wealth, regardless of its social form. In the form of society we shall examine, they constitute the essential carriers at the same time of exchange.

⑤ Exchange value first appears as a quantitative ratio, the ratio in which utility values of one type are exchanged for use values of another type, a ratio that changes constantly in time and place. This is the reason why the exchange value seems to be something accidental and purely relative, and therefore the formula of an inherent and immanent exchange value of the commodity seems to appear as a contradiction in the adjective (contradiction) in terms). Let us examine the matter more closely.
⑤交換価値は、最初は定量的比率として現れ、あるタイプの効用値が別のタイプの使用価値に交換される比率で、時間と場所で絶えず変化する比率です。これが交換価値が偶然で純粋に相対的なものであるように思われる理由であり、したがって商品の本質的かつ内在的な交換価値の式は形容詞の中で矛盾(矛盾)として現れるようです)。問題をもっと詳しく調べてみましょう。

⑥一つの商品(例:小麦の四分の一)が他の商品と異なる比率で交換されている。それにもかかわらず、それがxブート黒、y石鹸、zゴールドなどで表現されているかどうかにかかわらず、その交換値は変わりません。それゆえ彼はこれらのもの、彼の様々な表現と区別可能でなければならない。
⑥ A single commodity (eg a quarter of wheat) is exchanged in different proportions with other articles. Nevertheless, its exchange value remains unchanged, regardless of whether it is expressed in x-boot black, y-soap, z-gold and so on. He must therefore be distinguishable from these, his various expressions.

⑦ Now consider two goods: eg wheat and iron. Whatever their exchange relationship may be, it can always be represented in an equation in which a given quantum of wheat is equated with a given quantum of iron; eg a quarter of wheat = one hundredweight of iron. What does this equation say?
That the same value exists in two different things, in a quarter of wheat and also in a hundredweight of iron. Both are synonymous with a third entity, which in and of itself is neither the one nor the other. Each of them must therefore, irrespective of the other, be reducible to this third unit, if it is an exchange value.
⑦小麦と鉄の2つの商品を考えてみましょう。それらの交換関係がどうであろうと、それは常に与えられた小麦の量が与えられた量の鉄と等しくなる方程式で表すことができます。例:小麦の4分の1 =鉄の100重量この方程式は何を言っていますか?

同じ価値が2つの異なること、小麦の4分の1、そして100重量の鉄にも存在すること。どちらも第3の実体と同義であり、それ自体はその一方でも他方でもありません。したがって、それらが交換価値である場合、それらのそれぞれは、他のものとは無関係に、この3番目の単位に還元可能でなければなりません。

⑧簡単な幾何学的な例を考えてください。すべての直線図形の面積を決定して比較するために、それらは三角形に分割されています。三角形自体をその見かけの図形とは完全に異なる表現に縮小します。つまり、その底辺とその高さの積の半分です。同様に、商品の交換価値は、多かれ少なかれ表している共通のエンティティに減らすことができます。
⑧ Consider a simple geometric example. To determine and compare the areas of all rectilinear figures, they are broken up into triangles. One reduces the triangle itself to an expression that is completely different from its visible figure - half of the product of its base by its height. Similarly, the exchange values of commodities can be reduced to a common entity of which they more or less represent.

⑨ The fact that the substance of the exchange value is something completely different and independent of the physical-sensory existence of the commodity or its reality as a use-value is immediately evident in its exchange relationship. For this is precisely characterized by the abstraction of use value. As far as the exchange value is concerned, a good is after all as good as any other, provided that it is in the right proportion.
⑨交換価値の実体がまったく異なるものであり、商品の物理的感覚的存在または使用価値としての現実とは無関係であるという事実は、その交換関係において直ちに明らかである。これは、使用価値の抽象化によって正確に特徴付けられています。交換価値に関する限り、それが正しい比率であるという条件で、結局のところ、財は他のものと同じくらい良いです。

⑩最初は、相関関係や交換価値として現れる形に関係なく、商品は単に価値と見なされるべきです。
⑩ At first, goods should simply be regarded as values, regardless of their correlation or the form in which they appear as exchange values.


⑪ Goods as commodities or goods are physically different things. On the other hand, their reality as values forms their unity. This unity does not come from nature, but from society. The common social substance that manifests itself differently only in different uses is work.
⑪商品としての商品や商品は物理的に異なるものです。一方、価値観としての彼らの現実は彼らの団結を形成します。この一致は自然から来るのではなく、社会から来るのです。さまざまな用途でのみ異なって現れる共通の社会的実体は仕事です。

⑫商品としての価値観は結晶化された作品に他ならない。労働の測定単位自体は、その性格が国や文化的時代によって異なる単純な平均的労働であるが、特定の社会のために与えられている。指数の場合、または複数の場合、より複雑な作業は単純な作業としてカウントされるため、たとえば、複雑な作業の小さい方の数量は単純な作業の大きい方の数量に等しくなります。この減少をどの程度正確に制御するかは、ここでは関係ありません。この減少が絶えず起こることは経験を示しています。

商品は、最も複雑な作業の成果物になる可能性があります。その価値は単純労働の積に相当し、単独で見れば、一定量の単純労働を表しているにすぎません。
⑫ Goods as values are nothing but crystallized work. The unit of measure of labor itself is the simple average labor whose character varies in different countries and cultural epochs, but is given for a particular society. For an exponent, or rather for a multiple, more complex work counts as simple work, so that, for example, a smaller quantum of complex work equals a larger quantum of simple work. How exactly this reduction should be controlled is not relevant here. That this reduction constantly occurs, shows the experience.

A commodity can be the product of the most complex work. Its value equates to the product of simple labor and, taken in isolation, represents only a certain amount of simple labor.

⑬ A use value or good has only one value, because work is objectified or materialized in it. But how are we supposed to measure the amount of its value By the amount of the "value-forming substance" (ie work) contained in it. The amount of work itself is measured in terms of its duration and the working time in turn has a measuring rod for certain periods such as hour, day, etc.
⑬使用価値または財は、その中に作品が客観化または具体化されているため、1つの価値しかありません。しかし、その価値の大きさをどのように測定するのでしょうか。それに含まれる「価値形成物質」(すなわち仕事)の量によって。作業量自体はその期間によって測定され、作業時間には時間、日などの一定期間の測定棒が付いています。

⑭商品の価値がその製造に費やされる労働量によって決定される場合、その人は怠惰で無能であるほど、その商品は貴重なものとなります。自分の完成が必要です。しかし、社会的に必要な労働時間だけが、利用可能な社会的に通常の生産条件および能力の平均的な社会的レベルおよび仕事の強度と共に、特定の効用価値の構成に必要な労働時間である。
例えば、イギリスで蒸気機関式織機が導入された後、おそらく作業の半分はある程度の量の糸を布に変換するのに十分でした。英国のハンドウィーバーは以前と同じ労働時間を必要としましたが、彼の個々の労働時間の積は社会的労働時間の半分に過ぎず、したがって以前の半分の値に低下しました。
⑭ It may seem that if the value of a commodity is determined by the amount of labor that is spent in its manufacture, the more lazy and incompetent a man is, the more valuable his commodity is, since he will spend all his time on his own Completion required. But only the socially necessary working time is the working time required for the constitution of a particular utility value, with the socially normal conditions of production available and the average social level of competence and intensity of work.

For example, after the introduction of the steam-powered loom in England, perhaps half of the work was enough to convert a certain amount of yarn into fabric. Although the English hand-weaver needed the same working hours as before, the product of his individual working hour was only half a social working hour and accordingly dropped to half its previous value.

⑮ It is only the amount of socially necessary labor or working time that is socially necessary for the formation of a use value that determines the quantity of the value. The individual goods are generally considered to be an average sample of their own kind. Goods in which equal quantities of work are contained or which can therefore be produced within the same working time have the same value set. The value of a commodity is related to the value of any other commodity, since the labor necessary to produce one is related to the labor required to produce the other. All goods are values only certain quantities of clotted working time.
⑮価値の量を決定する使用価値の形成に社会的に必要なのは、社会的に必要な労働または労働時間の量だけです。個々の商品は一般的にそれら自身の種類の平均的なサンプルであると考えられています。同量の作業が含まれている、または同じ作業時間内に生産できる商品は、同じ値セットを持ちます。商品の価値は、他の商品の価値と関係しています。これは、一方を生産するのに必要な労働力は他方を生産するのに必要な労働力に関係しているからです。すべての商品は一定量の凝固労働時間のみの値です。

⑯ The value of a commodity would therefore remain constant if the working time required for its production were constant. The latter, however, changes with every change in the productive power of labor. The productive force of labor is determined by a variety of conditions, including the average skills of workers, the level of development of science and its technological applicability, the social combination of the production process, the scale and effectiveness of the means of production and natural relations.
⑯したがって、生産に必要な作業時間が一定であれば、商品の価値は一定に保たれる。しかし後者は、労働生産力の変化ごとに変化する。労働力の生産力は、労働者の平均的な技能、科学の発達レベルとその技術的適用性、生産プロセスの社会的組み合わせ、生産手段と自然の手段の規模と有効性など関係、さまざまな条件によって決定されます。

同じ量の仕事が小麦8ブッシェルの好天候の後で、しかしたった4つの例のように不利な天候の後に現れます。それは地球の表面であり、その発見は平均して多くの作業時間を要します。その結果、彼らは小さなスペースで多くの仕事をします。ジェイコブは、金がその全額を支払ったことがあると疑います。
The same volume of work manifests itself after favorable weather in 8 bushels of wheat, but after unfavorable weather, for example in only 4. The same amount of work supplies more metals in richly loaded mines than in poor, etc. Diamonds are rare on the earth's surface, and their discovery therefore costs a lot of working time on average. As a result, they do a lot of work in a small space. Jacob doubts that gold has ever paid its full value.

This is even more true for diamonds. According to Eschwege, the total yield of the eight-year-old Brazilian diamond graves had not yet reached the value of the 1-year average product of the Brazilian sugar or coffee plantations until 1823. With richer trenches, the same volume of work would be represented by more diamonds and their value would decrease. If it is possible to convert coal into diamonds with little effort, the value of diamonds drops below that of paving stones.
これはダイヤモンドにも当てはまります。 Eschwegeによると、8年前のブラジル産ダイヤモンド墓の総収量は、1823年までブラジルの砂糖農園またはコーヒー農園の平均1年半の生産額には達していませんでした。より多くのダイヤモンドで表されるとその価値は減少するでしょう。ほとんど手間をかけずに石炭をダイヤモンドに変換することが可能である場合、ダイヤモンドの価値は敷石の価値を下回る。

一般に、仕事の生産力が大きいほど、物品を製造するのに必要な労働時間が短くなり、その中で結晶化する作業質量が小さいほど、その価値は低くなる。反対に、作品の生産力が小さければ小さいほど、アイテムの生産に必要な労働時間は長くなり、その価値も高くなります。商品の価値の量は、数量として直接変化します。逆に言えば、労働力の生産力自体が商品に体現されているためです。
In general, the greater the productive power of the work, the lower the labor time required to produce an article, and the smaller the working mass crystallized therein, the lower its value. And on the contrary, the smaller the productive power of the work, the greater the labor time required to produce an item, and the greater its value. The quantity of the value of a commodity varies directly as the quanta, and conversely as the productive force of labor itself embodies in the commodity.

⑰ Now we know the substance of value. It is work. We know the unit of measurement. It's working time. We still have to analyze its form, which stamps the value exactly as an exchange value. Before we do that, we need to develop the provisions that have already been discovered in more detail.
⑰今、私たちは価値の本質を知っています。仕事です。
測定単位を知っています。作業時間です。
私たちはまだその形式を分析しなければなりません。
それは価値を交換価値として正確にスタンプします。その前に、すでに詳細に発見されている規定を作成する必要があります。
⑰Nun kennen wir die Substanz des Wertes. Es ist Arbeit. Wir kennen seine Maßeinheit. Es ist Arbeitszeit. Wir müssen noch ihre Form analysieren, die den Wert genau als Tauschwert prägt. Bevor wir das tun, müssen wir die bereits entdeckten Bestimmungen etwas ausführlicher entwickeln.

 <英語版の原文からの和訳だとこうなります。>
⑰ Now we know the substance of value. It is labour. We know its unit of measurement. It is labour-time. We have yet to analyse its form, which precisely stamps the value as an exchange-value. Before we do that we must develop the determinations which have already been discovered in somewhat greater detail.
  ⑰今、私たちは価値の本質を知っています。 それは労働です。
  その単位を知っています。 それは労働時間です。
  私たちはまだその価値を交換価値として刻印するその形式を
  分析していません。 その前に、もう少し詳細にすでに発見さ
  れた決定を開発しなければなりません。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <牧野訳>P13
  ⑰さて価値の実体はわかった。労働である。価値の大きさの
  尺度も分かった。労働時間である。分析されるべく残ってい
  るのは、価値をほかならぬ交換価値へと印付ける価値の「現
  象」形式である。しかし、その前に、すでに分かっている諸
  規定をもう少しくわしく展開しておかなければならない」
  <我らが和訳は、牧野訳に全て同じです。>

⑱ A thing can be a use value without being an exchange value. This is the case wherever the human relevance of the matter is not mediated through work. So, air, virgin land, roam wildly. Condition, wood grows in wild conditions etc. A thing can be useful and be the product of human labor without being a commodity. A man who satisfies his own needs through his product, but creates use value, but no goods. In order to produce a commodity, it must not only produce a use value, but a utility value for others - a social utility value.
⑱物は交換価値ではなくても使用価値です。これは、問題に対する人間の関連性が仕事を通じて仲介されていない場合にはいつでも当てはまります。だから、空気、処女の土地、乱暴に歩き回る。コンディション、木材は野生のコンディションなどで育ちます。モノでなくても物は役に立つことができ、人間の労働の産物になることができます。自分の製品を通して自分のニーズを満たすが、使用価値を生み出すが、商品は生み出さない人。商品を生産するためには、使用価値だけでなく、他者にとっての実用価値 - 社会的実用価値 - も生み出さなければなりません。

最後に、使用の対象にならないエンティティは値になることはできません。それが無用であるならば、それに含まれる仕事は無用であり、仕事として数えない、そしてそれ故に価値を構成しない。
Finally, no entity can be a value without being the object of use. If it is useless, then the work contained in it is useless, does not count as work, and therefore does not constitute value.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑲ Originally, the goods appeared to us as a two-sided unit, utility value and exchange value. If we take a closer look, it will seem that the work contained in the goods is also two-sided. This aspect, which I was the first to criticize, is the starting point on which the understanding of political economy depends.
⑲本来、商品は私たちには両面単位、効用価値および交換価値として現れました。
詳しく見てみると、商品に含まれている作品も両面であるように思われます。
私が最初に批判したこの側面は、政治経済学の理解が依存する出発点です。

英語版
  ⑲もともと、その商品は私たちには「利用価値」と「交換価値」の両面から見受けられました。
  私たちがこの問題をより綿密に検討するにつれて、商品に含まれる労働もま
  た両面的であるように見えるでしょう。
  私が最初に批判的に発展したこの側面は、政治経済学の理解が依存する出発点です。
⑲ Originally, the commodity appeared to us as a two-sided entity, use-value and exchange-value. As we consider the matter more closely it will appear that the labour which is contained in the commodity is two-sided, also. This aspect, which I am the first to have developed in a critical way, is the starting point upon which comprehension of political economy depends.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
20段落以降は、記載されていなかった。追加しました。2019・8・1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑳ 2つの商品、コートと10メートルのリネンを考えてみましょう。最初の値が2番目の値の2倍であるとします。したがって、10ヤードのリネン= wの場合、マントル= 2wです
⑳ Consider two goods, a coat and maybe ten meters of linen. Let the first have twice the value of the second, so if 10 yards of linen = w, the mantle = 2w.

21  The coat is a use value that meets a special need. To produce it requires a certain kind of targeted production activity. This depends on the purpose, mode of action, object, means and result. The work, whose usefulness in the use value of its product or in the product is presented in such a way that its product is a use value, is here simply called useful work for the sake of simplicity. From this point of view, the benefits are constantly being considered, the production of which is the purpose of the work.
21 コートは特別なニーズを満たす使用価値です。それを生産するには、特定の種類のターゲット生産活動が必要です。これは目的、行動様式、目的、手段および結果によって異なります。その製品の使用価値または製品における有用性が、その製品が使用価値であるように提示されている作品は、ここでは単純化のために単に有用作品と呼ばれます。この観点から、利益は絶えず考慮されています、そしてその生産は仕事の目的です。

22 マントとリネンが質的に異なる使用価値であるように、その現実を伝える仕事の割り当ても質的に異なります - 仕立てと織り。これらのものが質的に異なる使用価値ではなく、したがって質的に異なる有用な作業入力の製品ではない場合、それらは商品として提示されることは決してあり得ません。コートはコートと交換されません。
効用値は、同じ使用値と交換されません。
22  Just as mantle and linen are qualitatively different use values, so the work assignments that convey their realities are qualitatively different - tailoring and weaving. If these things were not qualitatively different use values and therefore products of qualitatively different useful work inputs, they could never be presented as commodities. A coat is not exchanged for a coat.
A utility value is not exchanged for the same use value.

23  In the totality of the various utility values ??or commodity incarnations a whole of the different uses of useful work is shown - just as varied and different in genre, species, family, subspecies, variety: a social division of labor.
This is the prerequisite for the existence of commodity production, and it is not that commodity production is the precondition for the existence of the social division of labor.
23 さまざまな実用的価値または商品化の総体として、有用な仕事のさまざまな用途の全体が示されています - ジャンル、種、家族、亜種、多様性、社会的分業など、さまざまな違いがあります。これは商品生産の存在の前提条件であり、商品生産が社会的分業の存在の前提条件であるということではない。

古代インドのコミュニティでは、製品が商品にならずに仕事が社会的に分かれています。もっと直接的な例:各工場では、作業は体系的に分割されていますが、この分割は労働者が個々の製品を交換するという事実によっては仲介されません。自給自足で互いに独立した、そのような民間労働者の事業からの製品だけが商品として互いに向き合っている。
In the community of ancient India, work is divided socially without the products becoming commodities. Or a more direct example: In each factory, work is systematically divided, but this division is not mediated by the fact that workers exchange their individual products. Only products from such operations of private workers, which are self-sufficient and independent of each other, face each other as commodities.

So we have observed the following - that a certain purposefully productive activity or useful work lurks in the use value of each commodity. Utility values can not be considered commodities unless they contain qualitatively different useful labor. In a society whose products tend to take the form of commodities (ie, in a society of commodity producers), this qualitative difference develops in the operations of useful work, carried out independently, as a private enterprise of self-sufficient producers into a multifaceted system. to a social division of labor.
したがって、我々は次のことを観察しました - ある意図的に生産的な活動または有用な仕事が各商品の使用価値に潜むこと。効用価値は、質的に異なる有用労働力を含まない限り、商品と見なすことはできない。商品が商品の形をとる傾向がある社会(すなわち、商品生産者の社会)では、この質的な違いは、自給自足生産者の民間企業として独立して行われる有用な仕事の運営において発展します。システム。社会的分業に。

24 In any case, it does not matter whether the tailor or one of his customers wears the coat. In both cases, it is a use value. Nor has the relationship between the mantle and the work that produced it changed in and of itself because tailoring is a profession of its own - an independent member of the social division of labor. Wherever a need for clothing compelled him, for millennia, man practiced the tailor's business before becoming a tailor instead of a man.
24 いずれにせよ、仕立て屋または彼の顧客の1人がコートを着ているかどうかは問題ではない。どちらの場合も、それは使用価値です。仕立てはそれ自身の職業であり、社会分業の独立した一員であるため、マントルとそれを生み出した作品との間の関係もそれ自体では変化しなかった。何千年もの間、服の必要性が彼を強いたところはどこでも、男性は男性の代わりにテーラーになる前にテーラーのビジネスを実践しました。

しかし、マント、リネン、そして物質的な富のあらゆる要素は、必ずしも自然によって与えられるものではありませんが、特定の自然物を人間のニーズに適応させる特別で意図的な生産活動を通して伝えられなければなりません。前者の有用価値としての有用な仕事として、労働は - あらゆる社会的形態とは無関係に - 人間にとっての存在条件であり、人間と自然の間の物質的な交換(すなわち人間の生活)を仲介する自然の永遠の必要性である。
But the reality of cloak, linen, and every element of material wealth, not always given by nature, had to be conveyed through a special, intentionally productive activity that adapts certain natural entities to human needs. As the former of utility values, as useful work, labor is the condition of existence for man - independent of all social forms - and an eternal necessity of nature to mediate the material exchange between man and nature (ie, human life).

25 The use values mantle, linen etc. - in short the raw material bodies - are connections between two elements, natural matter and work. Subtracting the sum total of all the useful work lurking in the mantle, the linen, etc., leaves a material substratum inherently present without human interference. Man can only proceed in his production as nature itself does; ie change only the material forms. And besides, he is constantly supported in this educational work by natural forces. Work, therefore, is not the sole source of those utility values that it generates - material wealth.

  Labor is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.
 <The work is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.>再版

25 マントル、リネンなどの使用価値、つまり原料の本体は、自然物と仕事という2つの要素のつながりです。マントル、リネンなどに潜んでいるすべての有用な作業の合計を差し引くと、本質的に人間の干渉なしに存在する重要な基層が残ります。人間は自然そのものがするのと同じように自分の作品を制作することしかできません。すなわち材料の形だけを変える。そしてその上、彼は絶えずこの教育的な仕事において自然の力によって支えられています。
それゆえ、仕事はそれが生み出す効用価値の唯一の源泉ではない - 物質的な富です。

  William Pettyが言うように、労働は彼の父親であり、地球は彼の母親です。
 <『作品はウィリアム・ペティが言うように彼の父親であり、地球は彼の母親です。』>
 <マルクスの『初版』への『再版』の訂正であります。>

26 ここで、商品に関する限り、商品の検討から商品価値(すなわち交換価値)の検討へと進みましょう。
26 Let us now proceed from the consideration of the commodity, as far as it concerns a commodity, to that of the commodity value (ie the exchange value).
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
27 According to our assumption, the mantle has twice the value of linen. However, this is just a quantitative difference that is not of immediate interest to us. We therefore remember that when the value of a coat is twice that of 10 yards of linen, 20 yards of linen have the same value as a cloak. As values, cloak and linen are things of equal substance, objective expressions of similar work.
27私たちの仮定によれば、マントルはリネンの2倍の価値があります。ただし、これは単なる量的な違いであり、当面の間は関係ありません。したがって、コートの値が10ヤードのリネンの2倍になった場合、20ヤードのリネンはマントと同じ値になります。価値観としては、マントとリネンは同質のもので、似たような作品の客観的表現です。

しかし、仕立てと織りは質的に異なる種類の仕事です。しかし、同一人物が交互に切って回転する社会的条件があります。したがって、これら2つの作業方法は、同一の個人の作業を変更することだけであり、異なる個人の特定の機能にはまだ対応していません。同じ個人で先に働きます。
But tailoring and weaving are qualitatively different types of work. However, there are social conditions in which the same person alternately cuts and spins; and these two ways of working are therefore only modifications of the work of one and the same individual, and are not yet specific specific functions of different individuals: just like the coat our tailor makes today and the trousers he is to make tomorrow only set variations on the same individual work ahead.

The appearance itself further teaches that in our capitalist society a given part of human labor is alternately provided in the form of dressmaking or weaving according to the changing direction of the demand for labor.
外観自体はさらに、私たちの資本主義社会では、労働需要の変化する方向に応じて、人間の労働の特定の部分が洋裁または織りの形で交互に提供されることを教えています。

仕事が耐えられる形の変化は円滑にされることができません - それは起こらなければなりません。生産的活動の確実性を無視し、したがって作業の有用性を無視したとしても、それは人間の労働の問題であることに変わりはありません。仕立て屋と織物の仕事は、質的に異なる生産活動ですが、人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的な生産物であり、この意味で人間の労働力です。これらは、人間の労働力を構築するための2つの異なる形態です。
The change in shape that the work endures can not be done smoothly - it has to take place. If one disregards the certainty of productive activity and therefore disregards the usefulness of the work, it remains that it is an issue of human labor. The work of a tailor and weaving, though they are qualitatively different productive activities, are both productive outputs of the human brain, muscle, nerve, hand, etc., and are both human labor in this sense. These are just two different forms of building human labor.

28  Admittedly, human labor must be more or less developed to be spent in some form or another. The value of commodities, however, represents human labor in the simplest form, the consumption of human labor in general. Just as a general or a banker plays a major role in bourgeois society, but the simple man on the other hand plays a very shabby role, so things are here in human work. It is the output of simple labor that every normal person possesses in his body organism, quite apart from a special elaboration.
28 確かに、人間の労働は何らかの形で使われるために多かれ少なかれ発達しなければなりません。しかし、商品の価値は最も単純な形での人間の労働、一般的には人間の労働の消費を表しています。ブルジョア社会で将軍や銀行家が大きな役割を果たすのと同じように、一方で単純な男が非常にぼろぼろの役割を果たしているので、物事は人間の仕事にここにあります。特別な手間をかけない限り、普通の人が体の中に持っているのは単純な労働の成果です。

29 [例えば、単純労働のために農場労働者の労働を取り、それゆえにさらなる装飾なしに単純労働または人的労働のためにこの労働者の費用を取る。しかし一方では、より洗練された労働者の問題に合わせて仕立てるという仕事を取ります。したがって、農場労働者の労働日は値1 / 2 w(概算)で表されるが、カッターの労働日は値wで表される。この違いは定量的です。コートが仕立て屋の営業日の製品である場合、それは農場労働者の2営業日の製品と同じ価値を持ちます。しかしこの方法では、調整はあらゆる機会において労働の倍増した労働者としてのみカウントされます。]
29 [Take the labor of a farm laborer, for example, for simple labor, and thus take the expenses of this laborer for simple labor or human labor without further adornment; but take the job of tailoring on the other hand for the issue of more sophisticated worker. Thus, while the farm worker's working day is represented by the value  w (approximately), the working day of the cutter is represented by the value w. This difference is only quantitative. If the coat is the product of a tailor's working day, it has the same value as the product of two working days of the farm worker. In this way, however, tailoring only counts as a multiplied laborer of labor at every opportunity.]

30  測定単位としての異なる種類の仕事が単純労働に還元される割合の違いは、生産者の背後にある社会的プロセスによって決定され、したがって伝統によって決定されるように彼らには見える。簡単にするために、どんな種類の労働者でもただちに単純な労働者として数えます、そして我々はそれを減らすことに関わる努力を節約するだけです。
30 The different proportions in which different types of work as a unit of measurement are reduced to simple labor are determined by a social process behind the backs of the producers and thus appear to them as dictated by tradition. For simplicity's sake, any type of worker immediately counts as a simple worker, and we only save the effort involved in reducing it.

31  In the same way as one abstracts the difference between their utility valuein the case of the values of coat and linen, one abstracts from the difference between the useful forms in the work that these values represent, in which work involves banding and weaving is. Just as the utility values of mantle and linen are compounds of purposeful productive activities with fabric and yarn, while the values of mantle and linen are mere work-downs of a similar kind, so the included work in these values is not because of its productive relationship to cloth and yarn, but rather only as expenses of human labor.
31 コートとリネンの価値の場合の効用値の差を抽象化するのと同じように、これらの値が表す作業における有用な形の間の差から抽象化します。バンディングと織りが含まれます。マントルとリネンの有用性の価値が布と糸による意図的な生産活動の複合物であるのと同様に、マントルとリネンの価値は同じような種類の単なる作業上のものであるので、これらの値に含まれる作業それは布や糸との生産的な関係のためではなく、むしろ人的労働の費用としてだけである。

注文仕立てと製織は、まさにそれらの異なる特性のために、鞘と麻の使用価値の形成要素です。しかし、彼らは彼らの特定の品質から抽象化されている限りにおいてのみコートとリネンの価値の実体であり、両者は同じ品質、人間の労働の品質を持っています。
Custom tailoring and weaving are formative elements of the use values of sheath and linen precisely because of their different properties; but they are the substance of coat and linen value only insofar as they are abstracted from their specific quality and both have the same quality, the quality of human labor.

Coat and linen, however, are not just values in general, but values of a certain size, and we believe that the mantle is worth twice as many as ten yards of linen. Where does this difference in the magnitude of its value come from?
コートとリネンは、一般的な単なる値ではなく、ある程度の大きさの値であり、マントルはリネンの10ヤードの2倍の価値があると考えています。その価値の大きさにおけるこの違いはどこから来るのでしょうか?

事実では、麻がマントルの半分の仕事だけを含んでいるという、それで労働は前者の生産に関して後者を製造するのにかかる時間の2倍の期間の間費やされなければならない。<仕事から労動へと転化しています。杉本>
It is the fact that linen only contains half as much work as the mantle, so that the labor must be spent for a period of two times the time taken to manufacture the latter as for the production of the former.

32 Thus, if the work contained in the commodity counts only qualitatively in terms of use value, it only counts quantitatively in terms of the size of the exchange value, having already been reduced to human labor without any further quality. The first case deals with the how and what of the work; and in the latter case it depends on how much, how long it takes. Since the quantity of the exchange value of a commodity measures only the quantity of the work contained therein, commodities must be in a certain relation to each other always equal exchange values.
32 したがって、商品に含まれる作品が使用価値の観点から定性的にのみ数えるならば、
  それは交換価値の大きさの観点から定量的にのみ数えられており、
  既にそれ以上の品質なしに人間の労働力に減らされている。
  <杉本 今度は作品から労働へと転換しています。>
最初のケースでは、作業の方法と内容について説明します。そして後者の場合、それはどれだけ、どれくらいの時間がかかるかに依存します。商品の交換額の数量は、その中に含まれる作業の数量のみを測定するため、商品は互いに一定の関係にある必要があります。

33 If the productive power of all useful laborers required for the manufacture of a coat remains unchanged, the value of the strata increases with its own quantity. If a shift is x working days, then two shifts represent 2x work days, and so on. Now, however, we assume that the working time required to make a shift increases to double or falls to half. In the first place, a coat has as much value as two coats before; and in the latter case, two coats have only as much value as before, though in both cases a cloak performs the same tasks as before and the useful work contained in it remains of the same charity as before. But the volume of work spent in its production has changed.
33 コートの製造に必要なすべての有用労働者の生産力が変わらない場合、層の価値はそれ自身の量とともに増加する。シフトがx営業日の場合、2つのシフトは2 x営業日を表します。しかし今、シフトを行うのに必要な作業時間が2倍に増加するか、または半分に減少すると仮定します。そもそも、コートは2コート前と同じくらい価値があります。後者の場合、2つのコートは以前と同じくらいの価値しかありませんが、どちらの場合もマントは以前と同じタスクを実行し、そこに含まれる有用な作業は以前と同じチャリティのままです。しかし、その制作に費やされる作業量は変わりました。

34 A greater quantity of use-value in and of itself constitutes greater material wealth, two strata being more than one. With two coats, two people can be disguised, and with a coat, only one human and so on can be disguised. Nevertheless, a decline in the value of material wealth can at the same time correspond to an increase in its mass.
34 それ自体の中でより大量の使用価値は、それ自体がより大きな物質的富を構成し、2つの層が1つ以上である。二枚のコートで二人を偽装することができ、一枚のコートで二人だけを偽装することができる。
 <後段落です-- 商品の価値と客観的な表現として、同一の作品が異なって矛盾した方法で指定されていることがわかる。--誤り・・ではなく矛盾--作品のあいまい性な性格--への読者の導きであります。>

 https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1724
 <再版二節⑮段落>
 ⑮ それ自体でより多くの量の使用価値が形成され、2つのスカートが1つより多くなります。
  2つのスカートを使用すると、1人だけのスカートを使用して、2人でドレスアップできます
 この対照的な動きは、作品のあいまいな性格から生じています。
 生産力は、もちろん、常に有用で具体的な作業の生産力であり、実際には、一定期間内の適切な生産活
 動の効率のみを決定します。
 したがって、その有用な仕事は、生産力の増減に正比例してより豊富なまたはより貧弱な製品供給源に
 なります。
 一方、生産力の変化は、に示されている作業には適用されません。>

この反対の動きは、作品の両面性<仕様>によるものです。
生産力はもちろん、常に有用で具体的な仕事の生産力です。実際、それはある期間にわたる対象とされた活動の有効性の程度を表現するだけです。
したがって、有用な仕事は、生産力の増減に直接関係する製品のより豊富なまたはより貧弱な供給源になります。
これとは対照的に、生産力の変化は、それ自体、価値で表される仕事には影響を与えません。
This countermovement results from the two-sided specification of the work. Productive force is of course always the productive power of useful, concrete work. In fact, it only expresses the degree of effectiveness of targeted activities over a period of time. Useful work therefore becomes a richer or poorer source of products directly related to the rise or fall of their productive power. In contrast, a change in the productive power does not in itself have any effect on the work represented in the value.

Since the productive force belongs to the concrete, useful form of labor, it naturally can no longer influence labor as soon as it is abstracted from its concrete useful form. The same work, when displayed in the same time periods, is therefore always represented in the same order of magnitude, however much the productive force may change. However, within the same time span, it provides different quanta of use values: more, as the productive force increases; less if it sinks.
生産力は具体的で有用な労働形態に属するので、それがその具体的な有用形態から抽象化されるとすぐに、もはや労働に影響を与えることはもはやできない。したがって、同じ作品を同じ期間に表示すると、常に同じ桁数で表示されますが、生産力は大きく変わる可能性があります。ただし、同じ期間内では、異なる量の使用価値が提供されます。沈んでも減ります。

前者の場合、2つのレイヤーの作業量が以前より少なくなることがあります。したがって、生産力の同じ変化、つまり結果として得られる効用値の質量を増加させることは、増加した総質量の価値の大きさを減らすことができ、それが常に生産に必要な時間を短縮する場合です。およびその逆もあります。
In the first case, it can happen that two layers contain less work than one before. The same change in productive power, which increases the fertility of the work and thus the mass of the resulting utility values, can therefore reduce the value size of the increased total mass, and always, if it shortens the time required for its production. And vice versa.

35  It does not follow from the above that two different types of work lurk in the goods, but that the same work is specified in different and even contradictory ways, depending on the use value of the goods the value of goods as merely objective expression. Just as the goods must be above all an object of use, to be a value, doing so has to be above all useful work - purposeful, productive activity - so as to include expenditure of human labor and therefore as simple human labor.
35 以上のことから、商品に2つの異なる種類の作品が潜んでいるのではなく、
商品の価値と客観的な表現として、同一の作品が異なって矛盾した方法で指定
されていることがわかる。価値があるためには、商品がすべて使用目的の上に
なければならないのと同じように、そうすることは人間の労働の支出が、した
がってそれは単純な人間の労働を含むために、すべての有用な仕事 - 意図的で
生産的な活動 - の上になければなりません。

<英語版
 「前の説明から、商品に潜む2つの異なる種類の労働が存在するのではなく、
  同じ労働が、商品の使用価値に関連しているかどうかに応じて、異なる、
  矛盾した方法で指定されている労働の製品、または単に客観的な表現とし
  ての商品価値に関連するもの。意図的、生産的な活動- -コモディティは
  ちょうどなので、労働は他のすべてに有用労働の前にする必要がない、価
  値であるために何よりも、使用目的でなければならないのと同様としてカ
  ウントするために支出の人間労働力としたがって、単純な人間の労働とし
  て。」
It follows from the preceding not that there are two differing kinds of labour lurking in the commodity, but rather that the same labour is specified in differing and even contradictory manner ? in accordance with whether it is related to the use-value of the commodity as labour’s product or related to the commodity-value as its merely objective expression. Just as the commodity must be above all else an object of use in order to be a value, just so does labour have to be before all else useful labour  purposeful, productive activity in order to count as expenditure of human labour-power and hence as simple human labour.

https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまでのところ、価値の実体と価値の大きさだけが決まっているので、私たちは今、価値の形式の分析に注目します
Since, so far, only the substance of the value and the size of the value have been determined, we now turn our attention to the analysis of the form of value.

37 First of all, let us turn back to the first manifestation of the value of the commodity.
37まず最初に、商品価値の最初の現れに戻りましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <資本論 初版>
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
  Marx 1867 (Capital)
  The Commodity

初版 ドイツ語 訳からの解題

Was wir untersucht haben, ist, inwieweit die Änderung der relativen Wertgröße einer Ware (Leinen) eine Änderung ihrer eigenen Wertgröße widerspiegelt, und wir haben den relativen Wert im Allgemeinen nur in Übereinstimmung mit ihrer quantitativen Seite untersucht.

Wir wenden uns nun seiner Form zu. Wenn der relative Wert die Form ist, in der sich der Wert manifestiert, dann ist der Ausdruck für die Äquivalenz von zwei Waren (z. B. x der Ware A = y der Ware B oder 20 Yards Leinen = eine Schicht) die einfache Form des relativen Werts.
私たちが研究してきたのは、商品(ライン)の相対価値の大きさの変化がそれ自身の価値の大きさの変化をどのように反映するかということです。

私達は今その形態に目を向けます。 相対値が値が明示される形式である場合、2つの商品の同値の表現(たとえば、商品Aのx =商品Bのy、または20ヤードのlinen = 1層)は単純な相対値形式です。


①  I. Erste oder einfache Form des relativen Wertes: 20 Yards Leinen = 1 Mantel (x der Ware A = y der Ware B ) . Diese Form ist ziemlich schwierig zu analysieren, weil sie einfach ist. Die verschiedenen darin enthaltenen Spezifikationen sind verschleiert, unentwickelt, abstrakt und daher nur durch die recht intensive Anwendung unserer Abstraktionskraft zu unterscheiden und zu fokussieren. Aber zumindest so viel wird auf einen Blick klar, dass die Form gleich bleibt, ob 20 Meter Leinen = 1 Mantel oder 20 Meter Leinen = x Mäntel.
① I.最初の、または単純な形の相対値:20ヤードのリネン= 1コート(商品Aのx =商品Bのy)。
この形式は単純であるため、分析が非常に困難です。そこに含まれている様々な仕様は、ベール、未開発、抽象的であり、それゆえに私たちの抽象化力のかなり強力な適用によってのみ区別され、焦点が絞られています。しかし、少なくとも20メートルのリネン= 1コートか20メートルのリネン= xコートかに関係なく、形状が同じままであることが一目で明らかになります。

②リネンは使用価値の形で地球に現れます。したがって、それらの堅い物理性または自然な形はそれらの価値の形ではなく、それらの正反対です。それはそれ自体に等しい他の商品(マントル)を参照して、直接価値としてそれ自身の現実を明らかにします。それが価値がないならば、それはそれ自体のものとして(価値として)マントを参照することができませんでした。それはマントルと定性的に同じであり、それを同じ種類の人間の労働の客観化、すなわちそれ自身の価値実体の客観化として言及する。一般的な値ではなく、ある程度の大きさの値で、レイヤーには20ヤードものリネンが含まれるため、xレイヤーではなく1レイヤーに相当します。

このコートとのこの関係を通して、リネンは一気にさまざまなハエに当たります。

他の商品をそれ自体を価値と見なすことによって、それはそれ自体を価値と呼びます。それ自体を価値として言及することによって、同時にそれは使用価値としてのそれ自身とは異なる。その価値の大きさをコートで表現することで(そして価値の大きさは両方とも:一般的な価値と定量的に測定された価値である)、それは価値としてその現実とは異なる存在形態と異なる。

このように自分自身を差別化されたものとして自分自身を明らかにすることによって、初めて商品として自分自身を本当に明らかにします - 同時に価値を持つ有用なもの。リネンが使用価値である限り、それは独立したものです。一方、その価値は他の商品(例えばマント)にのみ関係しています。それは(リネン)と定性的に同等であるコートであり、結果的に同等のものとしてそれを交換することができます。価値は、交換価値としての明示を通じてのみ、使用価値とは異なる個別のフォームを受け取ります。
②  Leinen erscheint irdisch in Form eines Gebrauchswertes oder Nützlichen. Ihre steife Körperlichkeit oder natürliche Form ist folglich nicht ihre Wertform, sondern ihr direktes Gegenteil. Es offenbart seine eigene Realität als Wert unmittelbar, indem es sich auf eine andere Ware (den Mantel) bezieht , die ihm gleich ist. Wenn es nicht selbst Wert wäre, dann könnte es sich nicht auf den Mantel (als Wert) als seine eigene Art von Sache beziehen . Es setzt sich dem Mantel qualitativ gleich, indem es sich auf ihn als Objektivierung der menschlichen Arbeit derselben Art, dh seiner eigenen Wertsubstanz , bezieht ; und es setzt sich als nur eine Schicht anstelle von x Schichten gleich, weil es nicht nur ein allgemeiner Wert ist, sondern ein Wert einer bestimmten Größenordnung - und eine Schicht enthält jedoch genau so viel Arbeit wie 20 Yards Leinen. Durch diese Beziehung zum Fell schlägt Leinen mit einem Schlag verschiedene Fliegen. Indem sie die andere Ware mit sich selbst als Wert gleichsetzt , bezieht sie sich auf sich selbst als Wert. Durch den Bezug sich auf sich selbst als Wert, es unterscheidet sich von sich selbst als Gebrauchswert, zugleich. Indem sie ihre Wertgröße im Fell ausdrückt (und Wertgröße ist beides: Wert im Allgemeinen und quantitativ gemessener Wert), verleiht sie ihrer Realität als Wert eine Wertform, die sich von ihrer unmittelbaren Existenz unterscheidet. Indem es sich auf diese Weise als etwas offenbart, das in sich selbst differenziert ist, offenbart es sich zum ersten Mal wirklich als eine Ware - eine nützliche Sache, die gleichzeitig einen Wert hat. Soweit Leinen Gebrauchswert ist, es ist eine unabhängige Sache. Sein Wert tritt dagegen nur in Beziehung zu einer anderen Ware (z. B. dem Mantel), die ein Mantel ist, qualitativ mit ihm gleichgesetzt (das Leinen), und ersetzt ihn folglich in einer bestimmten Menge als gleichwertig und ist dafür austauschbar. Der Wert erhält also nur durch seine Manifestation als Tauschwert eine individuelle Form, die sich vom Gebrauchswert unterscheidet .

③  Der Ausdruck des Wertes von Leinen im Mantel besticht eine neue Form auf dem Mantel selbst. Was bedeutet denn die Wertform von Leinen?

Offensichtlich ist der Mantel dafür austauschbar. Was auch immer ihm sonst passieren mag, in seiner irdischen Realität besitzt es in seiner natürlichen Form (Mantel) jetzt die Form der unmittelbaren Austauschbarkeit mit einer anderen Ware, die Form eines austauschbaren Gebrauchswertes oder Äquivalentes.

Die Angabe des Äquivalents enthält nicht nur die Tatsache, dass eine Ware überhaupt ein Wert ist , sondern die Tatsache, dass sie in ihrer körperlichen Form (ihr Gebrauchswert) als Wert für eine andere Ware gilt und somit unmittelbar als Tauschwert für vorliegt die andere Ware.
③コートの中のリネンの価値表現は、コート自体の上に新しい形を魅了しますが、リネンの価値形態はどういう意味ですか?

明らかにコートはそれと交換可能です。他に何が起こっても、その現実的な世界では、その自然の形(マント)では、今では他の商品との直接の交換可能性の形、交換可能な効用価値の形、またはそれと同等のものです。

等価物の表示は、商品が全く価値であるという事実だけでなく、それが他の商品の価値としてその物理的形態(その実用価値)であり、したがって他の商品の交換価値として直接利用可能であるという事実を含む。

④  Als Wert besteht Leinen ausschließlich aus Arbeit und bildet einen transparent kristallisierten Arbeitsniederschlag. In Wirklichkeit ist dieser Kristall jedoch sehr trüb. Soweit Arbeit darin nachweisbar ist (und nicht jede Verkörperung von Ware zeigt die Spur von Arbeit), handelt es sich nicht um eine undifferenzierte menschliche Arbeit, sondern vielmehr um Weben, Spinnen usw. - die darüber hinaus keineswegs sind die einzigen Bestandteile seiner Substanz sind aber natürlich mit Materie aus der Natur gesäuert. Um Leinen als bloß körperlichen Ausdruck menschlicher Arbeit zu erhalten, muss man von allem abstrahieren, was es wirklich zu einer Sache macht. Jede Objektivität der menschlichen Arbeit, die selbst abstrakt ist (dh ohne zusätzliche Qualität und Inhalt), ist notwendigerweise eine abstrakte Objektivität - eine Sache des Denkens. Auf diese Weise verwandelt sich ein Flachsnetz in eine Chimäre.
④価値として、リネンは完全に仕事から成り、透明に結晶化された仕事の沈殿物を形成します。実際には、この水晶は非常に曇りです。労働がその中で検出可能である限り(そしてすべての商品の化身が労働の痕跡を示すわけではない)、それは未分化の人間の仕事ではなく、むしろ製織、紡績などである。自然からの物質で自然に酸性化された。人間の労働の単なる物理的表現としてリネンを得るためには、本当にそれをものにする全てから抽象化しなければなりません。それ自体抽象的である(すなわち、付加的な質と内容がない)人間の労働の客観性は、必然的に抽象的な客観性、つまり思考の問題です。このようにして、アマニネットはキメラに変わります。

しかし商品は対象です。彼らは彼らがオブジェクトのような方法であるものである必要があります、または彼らは彼ら自身のオブジェクトのような関係でそれを明らかにしなければなりません。リネンの生産では、ある程度の量の人的労働が費やされてきました。リネンの価値はそのように費やされた仕事の純粋に客観的な反映ですが、それはリネンの本体に反映されていません。それはコートとのその価値関係を通してそれ自身を明らかにする(すなわち官能的な表現を受ける)。

毛皮を価値とみなすことで - 同時に商品としての毛皮とは一線を画す一方で、コートはリネンの本体とは対照的にリネンの価値の表れとなります:その自然の形とは対照的にその価値形態です。
Aber Waren sind Gegenstände. Sie müssen das sein, was sie auf objektartige Weise sind, oder sie müssen es in ihren eigenen objektartigen Beziehungen offenbaren. Bei der Herstellung von Leinen, eine bestimmte Quanten menschlicher Arbeit besteht in aufgewandt wurde. Der Wert der Wäsche ist das rein objektive Spiegelbild der so aufgewendeten Arbeit, aber er spiegelt sich nicht im Körper der Wäsche wider. Es offenbart sich (dh erhält einen sinnlichen Ausdruck) durch seine Wertbeziehung zum Fell. Indem die Wäsche das Fell als Wert gleichsetzt - während sie sich gleichzeitig vom Fell als Gebrauchsgegenstand abhebt - wird das Fell zur Erscheinungsform des Leinenwertes im Gegensatz zum Leinenkörper: seinem Wert -Form im Unterschied zu seiner natürlichen Form.

⑤  In dem Ausdruck des relativen Wertes: 20 Yards Leinen = 1 Mantel (oder x Leinen ist Y Mantel wert ), muss man zugeben, dass der Mantel nur als Wert oder Koagulation der Arbeit zählt, aber genau durch diese Tatsache ist das Koagulation der Arbeit zählt als Mantel und Mantel als die Form, in die die menschliche Arbeit fließt, um zu erstarren. Der Gebrauchswert Mantel wird nur die Erscheinungsform von Leinen-Wert , weil Leinen zum bezieht mich Material des Mantels so zu einer unmittelbaren Materialisierung von abstrakter menschlicher Arbeit, und damit zur Arbeit , die wie die von der gleichen Art ist , die objektivierten in der Wäsche selbst.
⑤相対値の表現では、20ヤードのリネン= 1コート(またはxリネンはYコート相当)は、コートが価値または労働の凝固としてのみカウントされることを認めなければならないが、正確には労働の凝固である。マントとしてカウントし、人間の労働が凍結するために流れる形としてマント。実用的なコートはリネンの価値の外観にすぎません、なぜならリネンはコートの素材であり、抽象的な人間の労働力の即時の実体化、そして同じ種類の作品のようなものであり、洗うこと自体が客観化されるからです。 、

主題のコートは、同様の人間の労働の官能的に具体的な客観化、そしてその結果として自然の形での価値として見なされます。
Der Gegenstand Mantel gilt als sinnlich greifbare Objektivierung gleichartiger menschlicher Arbeit und folglich als Wert in natürlicher Form.

Da es als Wert von derselben Essenz ist wie das Fell, wird das natürliche Formfell dadurch zur Erscheinungsform seines eigenen Wertes.
コートと同じ本質の価値として、自然なフォームコートはそれ自身の価値の現れとなります。

しかし、価値のあるコートで提示されている作品は、単なる人間の労働だけではなく、特に有用な作品、つまりトリミングです。
Aber die Arbeit, die im Gebrauchswert Fell dargestellt ist, ist nicht einfach menschliche Arbeit, sondern eine besonders nützliche Arbeit: das Zuschneiden.

Einfache menschliche Arbeit (Ausgabe menschlicher Arbeitskraft) ist zwar in der Lage, jede Bestimmung zu empfangen, ist aber für sich allein unbestimmt.
単純な人間の労働(人間の労働の成果)はいかなる目的をも受けることができますが、それ自体は不確定です。

人間の労働が特定の形で特定の特定の仕事として費やされた場合にのみ実現され客観化される。なぜならそれは自然な団結と対比することができるのは特定のそして指定された作品だけだからです - 作品がそれ自身を客観化する外部の材料なのです。
Sie kann sich nur verwirklichen und objektivieren, wenn die menschliche Arbeitskraft in einer bestimmten Form als bestimmte und spezifizierte Arbeit ausgegeben wird ; weil es sich nur um bestimmte und spezifizierte Arbeit handelt, die einer natürlichen Einheit gegenübergestellt werden kann - einem äußeren Material, in dem sich die Arbeit objektiviert.

Es ist nur der Begriff in Hegels Sinne, der es schafft, sich ohne äußeres Material zu objektivieren. [1]
それは、外的な物質なしでそれ自身を客観化することをどうにかしてるのが、
ヘーゲルの意味での概念だけです。 [1]

⑥    Die Zeit kann nicht mit dem Mantel als Wert oder inkarnierter menschlicher Arbeit in Beziehung gesetzt werden , ohne mit der Schneiderei als unmittelbarer Erscheinungsform menschlicher Arbeit in Beziehung gesetzt zu werden . Der Aspekt des Gebrauchswertes, der für das Leinen von Interesse ist, ist jedoch weder sein Wollkomfort noch seine zugeknöpfte Essenz noch irgendeine andere nützliche Eigenschaft, die es als Gebrauchswert auszeichnet.
⑥ 時間は、人間の労働の即時の表明として仕立てることと関係なく、価値としてのマントルまたは人間の労働の化身と関係付けることはできません。しかし、リネンに興味がある実用性の面はそのウールの快適さでもボタンで留められた本質でも使用価値としてそれを区別する他のどんな有用な特徴でもありません。

その澱粉質の使用客観性とは対照的に、コートは洗濯物だけが洗濯物の価値客観性を表すのに有用である。それがアサフェティダや化粧品、靴磨きの中でその価値を表明していたならば、それは同じ目的を達成したかもしれません。したがって、仕立ては、それが好意的な生産的労働である限りリネンには価値がありませんが、それが決心の仕事であり、実現の形態として、一般的に人間の労働の客観化として存在する場合に限ります。
Der Mantel ist nur für die Wäsche von Nutzen, um die Wertobjektivität der Wäsche im Unterschied zu ihrer stärkehaltigen Verwendungsobjektivität darzustellen. Es hätte den gleichen Zweck erreichen können, wenn es seinen Wert in assa foetida oder Kosmetik oder Schuhcreme ausgedrückt hätte . Auch die Schneiderei hat für die Wäsche folglich nicht insofern Wert, als sie zweckmäßige Produktivarbeit ist, sondern nur, als sie als Bestimmungsarbeit , Realisierungsform, Objektivierungsweise der menschlichen Arbeit überhaupt existiert.

Wenn Leinen seinen Wert eher in Schuhcreme als im Fell zum Ausdruck bringen würde, dann würde das Polieren als die unmittelbare Form der Verwirklichung abstrakter menschlicher Arbeit gelten, anstatt sie zu schneidern. So wird ein Gebrauchswert oder ein Warenkörper nur zu einer Form der Werterscheinung oder eines Äquivalents, indem sich eine andere Ware auf die konkrete, nützliche Art der Arbeit bezieht, die in ihr enthalten ist, als unmittelbare Form der Verwirklichung der abstrakten menschlichen Arbeit.
麻が毛皮ではなく靴磨きでその価値を表現するのであれば、磨きはそれを仕立てるのではなく抽象的な人間の労働を実現する直接的な形と考えられるでしょう。このように、使用価値または商品は、価値または同等物の形態にしかならず、他の商品はそれに含まれる労働の具体的で有用な性質を、抽象的な人間の労働の実現の直接的な形式として参照します。

⑦  Wir stehen hier am Ausgangspunkt aller Schwierigkeiten, die das Verständnis der Wertform behindern . Es ist relativ leicht, den Wert der Ware von ihrem Gebrauchswert oder die Arbeit, die den Gebrauchswert bildet, von derselben Arbeit zu unterscheiden, sofern sie lediglich als Aufwand menschlicher Arbeitskraft im Warenwert gerechnet wird. Wenn man Ware oder Arbeit in der einen Form betrachtet, dann berücksichtigt man sie in der anderen nicht und umgekehrt. Diese abstrakten Gegensätze fallen von selbst auseinander und sind daher leicht zu trennen.
⑦ここで私たちは価値形態の理解を妨げるあらゆる困難の出発点にいます。商品の価値における人的労働の費用としてのみカウントされるのであれば、商品の価値をその利用価値または同一の労働から利用価値を形成する労働と区別することは比較的容易である。商品を見たり、ある形で作業したりしても、他の形ではそれらを考慮しません。これらの抽象的な反対は自明であり、したがって分離が容易です。

状況は、商品に対する商品の比率にのみ存在する価値形態によって異なります。ここでは、使用価値または原料本体が新しい役割を果たします。それは商品の価値、すなわちそれ自身の反対の価値の表れになります。同様に、効用価値に含まれる具体的な有用な仕事はそれ自身の反対、抽象的な人間の労働の実現の単なる形になる。
バラバラになるのではなく、商品の相反する規定は互いに反映されます。一見したところこれは一見したところ分かりにくいので、さらに検討する必要があります。
Anders verhält es sich mit der Wertform, die nur im Verhältnis von Ware zu Ware existiert. Der Gebrauchswert oder Rohstoffkörper spielt hier eine neue Rolle. Es wird zur Erscheinungsform des Warenwertes, also seines eigenen Gegenteils. Ebenso wird die im Gebrauchswert enthaltene konkrete nützliche Arbeit zu ihrem eigenen Gegenteil, zur bloßen Form der Verwirklichung abstrakter menschlicher Arbeit. Anstatt auseinander zu fallen, spiegeln sich die gegensätzlichen Bestimmungen der Ware gegeneinander. So unverständlich dies auf den ersten Blick erscheint, so zeigt es sich bei weiterer Überlegung als notwendig.

Die Ware ist von Anfang an eine doppelte Sache, Gebrauchswert und Wert, Produkt nützlicher Arbeit und abstraktes Koagulat der Arbeit.
商品は最初から二重のものであり、使用価値と価値、有用な作品の産物と作品の抽象的な凝塊物を使用しています。

したがって、それが何であるかを明示するためには、その形式を2倍にする必要があります。それは本質的に効用価値の形をしています。それが彼の自然な形です。それだけで、他の商品と初めて流通しているそれ自体のための価値形態に値する。
Um sich als das zu manifestieren, was es ist, muss es daher seine Form verdoppeln . Es besitzt von Natur aus die Form eines Gebrauchswertes. Das ist seine natürliche Form. Es verdient nur eine Wertform für sich selbst, die zum ersten Mal mit anderen Waren im Umlauf ist.

Aber seine Wertform muss dann selbst eine objektive Form sein.
Die einzig objektiven Formen von Waren sind ihre Verwe
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/1527 《前のページ | 次のページ》
/1527