teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/1511 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 商品に提示された作品のあいまいな性格

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 2月 7日(木)22時07分14秒
  通報 返信・引用 編集済
    グーグル 翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja


  ドイツ語版 資本論
   http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1724
  ① 商品に提示された作品のあいまいな性格

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1716
  ② 2. The Relative Form of value
  (a.) The nature and import of this form
  このフォームの性質と重要性

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1707
  ③ 商品の両面性と商品形態の二重性について
  <第三節 価値形態または交換価値>

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1714
  ④ 再版  同等のフォーム

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1697
  ⑤ 資本論 単純な価値形式の全体・第二の形態 第三の形態

  <次は、上記を参照願います。>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   第1章
   グッズ1. Die zwei Faktoren der Ware: Gebrauchswert und Wert(Wertsubstanz, Wertgröße)
  1.商品の2つの要素:使用価値と価値(Wertsubstanz、バリューサイズ)

①<49>資本主義的生産様式が支配する社会の富は、「巨大な財の収集」として現れる(1)、その基本形としての単一商品。したがって、私たちの調査は商品の分析から始まります。

②商品はまず外的対象、つまりその性質によってある種の人間のニーズを満たすものです。これらのニーズの性質は、それらが胃から生じたものであろうと想像力から生じたものであろうと、何も変わらない。(2) 。直接的に食料として、すなわち娯楽の対象として、あるいは生産の手段としてのいずれであっても、それが問題が人間の必要性をどのように満足させるかについても関係がない。

③鉄、紙などのあらゆる有用なものは、品質と量の観点から、二重の観点から考慮されるべきです。そのようなものはそれぞれ多くのプロパティの全体であるため、さまざまなページで役に立ちます。これらの異なる側面、そしてそれゆえに物事を行うための多様な方法を発見することは歴史的な行為です。(3) 。だから有用なものの量のための社会的措置の決定。商品の寸法の違いは、部分的には慣習から、測定対象の異なる性質から生じます。

④ものの有用性はそれを使用価値にします (4) 。しかし、この有用性は空中に浮かんでいません。体の性質上、それがなければ存在しません。鉄、小麦、ダイヤモンドなどの商品自体は、したがって、使用価値または良いです。この性質は、その有用性の割り当てに多大な労力がかかるのか、それともわずかな労力がかかるのかには依存しません。使用の価値を考えるとき、それらの量的な明確さ、例えば数十の時計、キャンバス、1トンの鉄などが常に前提とされています。商品の使用価値は自分の分野の材料、商品知識を提供します(5) 。効用価値は使用または消費においてのみ実現される。効用価値は富の重要な内容を構成し、それは常にその社会的形態である。私たちが考える社会という形で、それらは同時に交換価値の重要な担い手を形成します。

⑤交換価値は、最初に数量比率として表示されます。これは、ある種類の使用値が別の種類の使用値に交換される割合です。 (6)、時間と場所によって絶えず変化する関係。交換価値は、したがって、何か不測の純粋Rela-思わ<51>面でTIVE、内側財の一つ、内在的な交換価値(valeurintrinsèque)ので矛盾(7) 。詳しく見てみましょう。

⑥例えば、ある商品、4分の1小麦は、x Stiefelwichseやy silk、z z goldなどと簡単に交換できますが、他の商品と最も異なる割合で交換しています。したがって、多様体交換価値は、1つではなく小麦です。しかし、xブートワックスは、シルク、zゴールドなどと同様に、小麦の4分の1の交換価値なので、yは、交換可能または等しい交換価値によるブートワックス、yシルク、zゴールドなどでなければなりません。したがって、最初に次のようになります。同じ商品の有効な交換額は同じことを表します。第二に、交換価値は表現のモード、それと区別することができる内容の「顕現」にしかなり得ない。

⑦また、小麦と鉄という2つの商品も考えてみましょう。それらの交換比率がどうであれ、それは常に、与えられた量の小麦があらゆる量の鉄に等しいという式で表すことができます(例:1/4小麦= a Ztr。Iron)。この方程式は何を言っていますか?同じ大きさの共通点が二つの異なること、四分の一小麦、そしてまたaに存在すること。したがって、どちらも第三者のようなものであり、それ自体は一方でも他方でもありません。したがって、2つのそれぞれは、交換価値に関する限り、この第三者に還元可能でなければなりません。

⑧簡単な幾何学的な例はこれを説明します。すべての直線図形の面積を決定して比較するために、それらは三角形に分割されています。三角形自体は、見た目の図形とはまったく異なる表現に縮小されています。ベースラインと高さの積の半分です。同様に、商品の交換価値も普通に減らされるべきであり、それらは超過またはより少ないものを構成する。

⑨この共通の特徴は、商品の幾何学的性質、物理的性質、化学的性質または他の自然の性質にはなり得ません。それらがそれを使用可能にするのであれば、それらの物理的性質は考慮されます。他方、それはまさにその使用価値の抽象化であり、それは明らかに商品の交換比率を特徴付ける。適切な割合でしか存在しない場合、その中にuse-valueは他のものと同じくらい多くなります。あるいは、古いBarbonが言うように、

「ある種類の商品は、その交換価値が同じであれば他の商品と同じくらい良く、同じ交換価値のものの間に違いや区別はありません。」(8)

⑩使用価値として、商品はとりわけ異なる品質のものであり、交換価値は異なる数量のものに過ぎないため、原子的な使用価値は含まれていません。

⑪今商品の使用価値を無視するならば、それらはもう1つの財産、労働生産物のそれだけを持っています。しかし、<the work product 作業成果物>はすでに私たちの手で変わっています。私たちがその実用的価値から抽象化するならば、私たちはまた、それを使用価値にするための身体の構成要素とフォームから抽象化します。それはもはやテーブル、家、または糸ではなく、その他の点では有用ではありません。彼の官能的な性質はすべて消滅した。大工や建築工事、紡績業、その他の生産的な<仕事>の成果でもありません。
<作業成果物>の有用な性格によって、それらに提示された<作品>の有用な性格は消滅するので、これらの<作品>の様々な具体的形態もまた消え、もはや違いはないが、すべて同じ人間の仕事、抽象的に人間の<仕事>に帰着する。
⑪ If one now disregards the use value of the commodities, then they have only one more property, that of labor products. However, the work product is already transformed in our hands. If we abstract from its utility value, we also abstract from the bodily components and forms that make it into use value. It is no longer a table or house or yarn or otherwise useful. All his sensual qualities are extinguished.
It is also no longer the product of carpentry or construction work or spinning work or any other productive work.
<大工仕事または建設仕事または紡績仕事または他のどんな生産的な仕事>
With the useful character of the work products, the useful character of the work presented in them disappears, so that also the various concrete forms of these works vanish, they no longer differ, but are all reduced to the same human work, abstractly human work.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <再度、訳の有りようを掲げておこう。>
  With the useful character of the work products,
  <作業成果物の有用な性格によって、>
  the work presented in them disappears,
  so that also the various concrete forms of these works vanish,
  they no longer differ,
  それらの中に提示された作品は消えます、
  その結果、これらの作品の様々な具体的な形もまた消えます、
  それらはもはや違いません、
  but are all reduced to the same human work,
  しかし、すべて同じ人間の仕事に還元されています、
  abstractly human work.
  抽象的に人間の仕事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  http://www.trend.infopartisan.net/trd0500/t010500.html
  資本主義の政治経済学に関する講義
  Wertsubstanzと値のサイズ

  アルフレッド・レムニッツ  ドイツ語
--その結果、価値は商品に具体化された商品生産者の社会的関係を表します。 したがって、それは - 具体的な作業の場合のように - 使用価値に具現化された物質的な天然の物質ではなく、社会的な物質である。 仕事が民間生産者の社会的な仕事として行われるとき、価値実体は起こります。 このため、商品に対する具体的な作業の影響は常に見ることができますが、抽象的な作業の影響は見ることができません。 貴重な物質は誰にも見えません。 まず、値を交換値に変換することによって、特別な方法で可視化する必要があります。 したがって価値のある物質は社会的な物質です。 それは商品に具体化されている民間生産者の社会事業です。--
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <「 仕事が民間生産者の社会的な仕事として行われるとき、価値実体は起こります。」>
 <「同じ種類の労働に還元されている、抽象における人間労働に。」>英語版
 この対比からも知る--価値実体は労働--では物象の社会関係は、物化論なのです。

 <初版は続きます:私たちは今価値の本質を知っています。 それは仕事です。
  私たちは彼の大きさを知っています。 それは労働時間です。>
 --このように、価値の実体・形態--では無い展開をこそ--なすべきなのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑫今度は<作業成果物>の残差を考慮してください。
同じ幽霊的な客観性、比類のない人間労働力の単なる水差し、
つまり支出の形式に関係なく人間の労働力を費やすこと以外は、何も残っていません。
これらのことは、彼らの生産において人間の労働力が費やされ、
人間労働が積み重なっていることを表しているにすぎません。
それらの共通の物質の結晶として、それらは価値 - 商品価値です。
⑫Now consider the residual of the work products.
Nothing remains of them except the same ghostly objectivity, a mere jug of unrivaled human labor, that is, the expenditure of human labor without regard to the form of its expenditure. These things only represent that in their production human labor power is spent, and human labor is piled up. As crystals of their common substance they are values - commodity values.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 英語版

⑩それでは、これらの各製品の残余について考えてみましょう。それはそれぞれの同じ実質的でない現実、同質な人間の労働の単なる混乱、その支出の様式に関係なく費やされた労働力からなる。これらのことが今私たちに伝えているのは、人間の労働力が彼らの生産に費やされてきたということ、人間の労働がそれらに具体化されているということです。この社会的実体の結晶として見たとき、彼ら全員に共通のもの、それらは - 価値です。

⑪私たちは、商品が交換されるとき、それらの交換価値はそれらの使用価値から完全に独立した何かとしてそれ自身を明示することを見ました。しかし私達がそれらの使用価値から抽象化すれば、上で定義されるようにそれらの価値が残る。したがって、商品が交換されるときはいつでも、商品の交換価値に現れる共通の実体がその価値です。我々の調査の進展は、交換価値が商品の価値がそれ自身を明示するかまたは表現することができる唯一の形であることを示すでしょう。しかし今のところ、私達はこれとは無関係に価値の性質、その形式を考慮しなければなりません。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 英語版と再版とを 比較すると、次の判読・理解をしていない事がわかります。

 the work products.--the same ghostly objectivity,
 作業成果物             同じ  幽霊のように 客観性、

 労働生産物 <新日本版 P65>    同じ  幻のような対象性
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑬<53>財の交換比率で自身が、彼らの交換価値の独立は完全にその使用値のようなものであるように思われました。労働生産物の使用価値から本当に抽象化しているのであれば、決定されたとおりにその価値を得ることができます。
そのため、商品の交換または交換価値に共通するのは、その価値です。調査の進行は、必要な表現または価値の表明として交換の価値に戻るでしょう。しかし、それは最初にこの形式とは無関係と見なされなければなりません。
⑬<53>In exchange ratio of the goods themselves their exchange value Independent seemed to be something of their use-values entirely. If one really abstracts from the use-value of the products of labor, one obtains their value as it was just determined. The common, what is in the exchange or exchange value of the goods, is therefore their value. The progress of the investigation will lead us back to the value of exchange as the necessary expression or manifestation of value, which, however, must first be considered independent of this form.

⑭抽象的に人間の仕事はその中に客観化されているか具体化されているので、使用価値または財は一つの価値しかありません。
その値の大きさを測るには?その中に含まれる「価値形成物質」の量を通しての、作品です。労働量自体はその時間の長さによって測定され、労働時間もまた時間、日などのような特定の期間におけるその規模を有する。
⑭A use value or good has only one value, because abstractly human work is objectified or materialized in it. How to measure the size of its value? Through the quantum of the "value-forming substance" contained in it, the work. The quantity of labor itself is measured by its length of time, and labor time again has its scale in certain periods of time, such as hour, day, etc.

⑮商品の価値がその生産の間に費やされた労働の量によって決定されるならば、彼がそれを生産するのにより多くの時間を必要とするので、より怠惰またはぎこちない人、彼の商品はより価値があるようです。しかし、価値の本質を構成する仕事は同じ人間労働、人間の同じ労働の支出です。商品世界の価値観で表される社会全体の労働力は、ここでは無数の個人的な労働で構成されていますが、同一の人間の労働力であると見なされます。これらの個々の労働者の各々は、それが社会的平均労働者の性格を有し、したがって社会的平均労働力として行動する、すなわち商品の生産において必要なまたは社会的に必要な労働時間のみが必要である限り、他と同じ人間労働力である。
社会的に必要な労働時間は労働時間であり、生産の既存の社会的に正常な条件および社会的平均技能度および仕事の強度を伴うあらゆる実用的価値を表すのに必要とされる。例えば、イギリスで蒸気織機が導入された後は、おそらく以前の半分の作業で、与えられた量の糸を布地に変えるのに十分でした。実際、英国のハンドウィーバー<手織り職人>はこの変換に同じ作業時間を依然として必要としていましたが、彼の個々の作業時間の積は今では作業時間の半分の作業時間にすぎず、したがって以前の半分の値になりました。

⑮It might seem that if the value of a commodity is determined by the quantity of labor expended during its production, the more lazy or awkward a man, the more valuable his commodity, because he needs more time to produce it. But the work which constitutes the substance of values is the same human labor, the expenditure of the same human labor.

The entire labor force of society, represented in the values of the commodity world, is here considered to be one and the same human labor force, though it consists of countless individual laborers. Each of these individual workers is the same human labor force as the other, insofar as it possesses the character of a social average worker and as such acts a social average labor force, that is, in the production of a commodity only the necessary or socially necessary working time is needed. Socially necessary working time is working time, required to represent any utility value with the existing socially normal conditions of production and the social average degree of skill and intensity of work. For example, after the introduction of the steam loom in England, perhaps half as much work as before was enough to turn a given quantity of yarn into fabric.

The English hand-weaver, in fact, still needed the same working time for this transformation, but the product of his individual working hour now represented only half a working hour of work, and therefore fell to half his previous value.
<実際、英国のハンドウィーバー<手織り職人>この変換に同じ作業時間を依然として必要としていましたが、彼の個々の作業時間の積は今では作業時間の半分の作業時間にすぎず<only half a working hour of work,>、したがって以前の半分の値になりました。>

⑯<54>これは、社会的に必要な労力の量だけ、又はその値の大きさを決定する使用価値生産のための作業に社会的に必要です(9) 。個々の商品はここではその種類の平均的なコピーと見なされます。(10) 。したがって、同量の労働が含まれる商品、または同じ作業時間内に生産される商品は、同じ値のサイズを持ちます。商品の価値は他の商品すべての価値であり、一方の生産に必要な労働時間と他方の生産に必要な労働時間です。「価値観として、すべての財は固まった労働時間の一定の尺度にすぎません」(11)
⑯<54>It is only the quantity of socially necessary labor, or the socially necessary for the production of a use-value work which determines its value size(9) . The individual goods are considered here as an average copy of their kind(10) . Goods in which equal amounts of labor are included or which can be produced in the same working time therefore have the same value size. The value of a commodity is the value of every other commodity, as is the labor-time necessary for the production of one, and the labor-time necessary for the production of the other. "As values, all commodities are only certain measures of solidified working time."(11)

⑰生産に必要な作業時間が一定であれば、商品の価値規模は一定のままです。しかし、後者は作品の生産力が変わるたびに変わります。労働力の生産力は、とりわけ労働者の平均的な熟練度、科学の発展段階とその技術的な適用可能性、生産過程の社会的組み合わせ、生産過程の範囲と効率、そして自然条件によって、多様な状況によって決定される。
同じ量の仕事が、例えば、8つの小麦の茂みの中では、4つの年にはそれほど有利ではないとされています。同じ量の仕事で、貧しい鉱山などよりも金持ちでより多くの金属が得られます。
多くの作業時間 その結果、彼らは多くの仕事で少しボリュームに置く。
ヤコブは金が今までその最大値を支払ったことを疑う<55>ことがあります。これはダイヤモンドにも当てはまります。Eschwegeによれば、1823年にブラジルのダイヤモンド鉱山の80年の総収量はブラジルの砂糖農園またはコーヒー農園の1 1 / 2年平均生産物の価格にはまだ達していませんでした。より豊富なピットでは、同じ量の仕事がより多くのダイヤモンドに現れ、そしてそれらの価値は減少するでしょう。少しの労力で石炭をダイヤモンドに変えることに成功すると、その価値はレンガの価値を下回る可能性があります。一般:作業の生産力が大きいほど、製品の生産に必要な作業時間が短くなり、その中で結晶化する作業質量が小さくなるほど、その値は小さくなります。逆に、作品の生産力が小さければ小さいほど、記事を制作するのに必要な労働時間は長くなり、その価値も高くなります。このように、商品の価値の大きさは、量子と同じように、またその逆にも、その中で実現される作品の生産力のように変化します。
<第一 版は続きます:私たちは今価値の本質を知っています。それは仕事です。私たちは彼の大きさを知っています。それは労働時間です。交換の価値を刻む彼のフォームは、分析されるために残っています。しかしその前に、すでに見いだされた条項はもう少し近く開発されなければなりません。>原P6 17段落
⑰ The value size of a commodity would therefore remain constant if the working time required for its production were constant. The latter, however, changes with every change in the productive power of the work. The productive power of labor is determined by manifold circumstances, among others by the average degree of skill of the workers, the stage of development of science and its technological applicability, the social combination of the production process, the extent and the efficiency of the production process, and by natural conditions. The same amount of work is presented, for example, in a favorable season in 8 bushels of wheat, with less favorable ones in only 4. The same quantum of work yields more metals in rich than in poor mines, etc. Diamonds rarely occur in the earth's crust, and their finding therefore costs on average a lot of working time. Consequently, they put in a little volume is a lot of work. Jacob doubts that gold ever paid its full value <55> has. This is even more true of the diamond. According to Eschwege, in 1823 the eighty-year total yield of the Brazilian diamond mines had not yet reached the price of the 1 1 / 2- year average product of Brazilian sugar or coffee plantations, although it represented much more work, that is, more value. With richer pits, the same amount of work would show up in more diamonds and their value would decrease. If it succeeds in turning coal into diamond with little work, its value may fall below that of bricks. General: The greater the productive power of the work, the smaller the working time required for producing an article, the smaller the working mass crystallized in it, the smaller its value. Conversely, the smaller the productive power of the work, the greater the labor time necessary to produce an article, the greater its value. The value-magnitude of a commodity thus changes, just like the quantum, and vice versa, like the productive force of the work which is realized in it. <First Edition follows: We now know the substance of value. It is the work . We know his size . It's the working time . His form , which stamps value for exchange , remains to be analyzed. Before that, however, the provisions already found have to be developed a bit closer

<初版は続きます:私たちは今価値の本質を知っています。 それは仕事です。 私たちは彼の大きさを知っています。 それは労働時間です。 交換の価値を刻む彼のフォームは、分析されるために残っています。 しかしその前に、すでに見いだされた条項をもう少し詳しく開発する必要があります>
<First Edition follows: We now know the substance of value. It is the work . We know his size . It's the working time . His form , which stamps value for exchange , remains to be analyzed. Before that, however, the provisions already found have to be developed a bit closer>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 次が意図的な誤訳です。
<Now we know the substance of value. It is labour. We know its unit of measurement. It is labour-time. We have yet to analyse its form, which precisely stamps the value as an exchange-value. Before we do that we must develop the determinations which have already been discovered in somewhat greater detail.>
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm

 上記の英訳をドイツ訳すると誤りにはならず正訳なのです。
<Nun kennen wir die Substanz des Wertes. Es ist Arbeit. Wir kennen seine Maßeinheit. Es ist Arbeitszeit. Wir müssen noch ihre Form analysieren, die den Wert genau als Tauschwert prägt. Bevor wir das tun, müssen wir die bereits entdeckten Bestimmungen etwas ausführlicher entwickeln.>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑱物事は価値がなくても使用価値を使うことができます。これは、人間に対するその恩恵が労働を通じて仲介されていない場合に当てはまります。だから空気、処女の土、自然の牧草地、野生の木など物事でなくても物事は有用で人間の労働の産物になることができます。彼の製品を通して彼自身の必要性を満たすものは誰でも、商品価値ではなく使用価値を生み出す。商品を生産するために、彼は使用価値を生産するだけでなく、他の社会的有用性価値のために価値を生産しなければなりません。{そして他人のためだけではありません。中世の農民は、封建領主のための関心のある穀物、司祭のための十分な穀物を作り出しました。しかし、関心のある穀物も10の穀物も、他人のために生産されたために商品にはなりませんでした。商品になるためには、交換を通じて、製品を他の人に譲渡する必要があります。(11a)最後に、商品でなければ価値のあるものはあり得ません。それが無用であるならば、それに含まれる仕事は無用であり、仕事として数えない、そしてそれ故に価値を構成しない。
⑱A thing can be use value without being worth. This is the case if its benefit to man is not mediated through labor. So air, virgin soil, natural meadows, wild wood, etc. A thing can be useful and a product of human labor without being a commodity. Whoever satisfies his own need through his product, creates use value, but not commodity. In order to produce commodity, he must not only produce use value, but use value for other, social utility value. {And not just for the sake of others. The medieval peasant produced the grain of interest for the feudal lord, the tithe grain for the priest. But neither grain of interest nor ten grain became commodities by virtue of being produced for others. In order to become a commodity, the product must be transferred to the other, to whom it serves as a use-value, through the exchange.}(11a) Finally, no thing can be of value without being a commodity. If it is useless, the work contained in it is useless, does not count as work, and therefore does not constitute value.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  2. Double character of the work presented in the goods
    商品に登場する作品のダブルキャラクター
    <商品に提示された作品の二重性格 X>

①<56>当初、商品はあいまいで、使用価値があり、交換価値があるようでした。
後になって明らかになったのは、価値に表現されている限りにおいて、使用価値は仕事とはもはや同じ特性を持たないということであります。商品に含まれている 作品のこのあいまいな性質 は、まず第一に私によって批判的に証明されました。 (12)この点は政治経済学の理解において、中心となるところの急上昇点であるため、ここでさらに詳しく検討する。

①<56> Originally, the goods seemed to us to be an ambiguous, use value and exchange value. It later became apparent that work, insofar as it is expressed in value, no longer possesses the same characteristics as the producer of use-value. This ambiguous nature of the work contained in the commodity was first of all critically proved by me. (12) Since this point is the jumping-off point around which the understanding of political economy revolves, it will be examined here in more detail.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
②スカートと10キュビトのリネンなど、2つの商品を持って行きます。前者は後者の2倍の値を持っているので、もしリネンの10キュビットがWの場合、は2Wになります。
②Take two goods, for example a skirt and 10 cubits of linen. The first has twice the value of the latter, so that if 10 cubits of linen = W, the skirt = 2 W.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③スカートは特別な必要性を満たす使用価値です。それを生産するには、ある種の生産的活動が必要です。
それは、目的、操作方法、<object, オブジェクト>、手段、および結果によって決まります。
 Operationsweise,   操作方法  Operation way
 Gegenstand,      オブジェクト、Object,
 Mittel und Resultat.手段と結果  Means and result.

その有用性がその製品の使用価値、またはその製品が使用価値であるという事実に現れる仕事<「労働」X>、
私たちは短く有用な仕事<「労働」X>と呼びます。
この観点から、それはその有用性の観点から常に考慮されます。
③The skirt is a use value that satisfies a special need. To produce it requires a certain kind of productive activity.

It is determined by its purpose, mode of operation, object, means and result.

The work, whose usefulness manifests itself in the use value of its product or in the fact that its product is a use value, we call short useful work. From this point of view, it is always considered in terms of its utility.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
④ロックとキャンバスのように質的に異なる使用価値があるので、それらの存在を仲介する作品は質的に異なっています - 仕立てと織り。
これらのことが定性的に異なる使用価値ではなく、したがって定性的に異なる有用な仕事の成果物ではない場合、それらは商品として自分自身に直面することは全くできませんでした。
ロックはスカートに対してそれ自身を交換しません、同じ使用価値は同じ効用価値と比較しません。
④Like rock and canvas qualitatively different use values, so the work mediating their existence are qualitatively different - tailoring and weaving. If these things were not qualitatively different use values ??and therefore products of qualitatively different useful work, then they could not at all confront themselves as commodities. Rock does not exchange itself against skirt, the same use value does not compare with the same utility value.

  <同じ使用価値は同じ効用価値と比較しません。>
  <the same use value does not compare with the same utility value.>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑤さまざまな使用価値または商品の全体では、全体、属、種、家族、亜種、さまざまな有用な仕事の多様性、社会的分業によって、まったく同じように見えます。
それは商品生産の実存的条件であるが、逆に商品生産は社会的分業の実存的条件ではない。古代インドのコミュニティでは、製品が商品にならずに仕事が社会的に共有されています。あるいは、もっと明白な例として、すべての工場で作業は体系的に分割されていますが、この分割は個々の製品を交換する作業員によって仲介されるわけではありません。
自立した、独立した私的作品<労働X>の製品だけが商品として互いに対立しています。
⑤Like rock and canvas qualitatively different use values, so the work mediating their existence are qualitatively different - tailoring and weaving. If these things were not qualitatively different use values and therefore products of qualitatively different useful work, then they could not at all confront themselves as commodities. Rock does not exchange itself against skirt, the same use value does not compare with the same utility value.
<もう一つの訳>
⑤岩石とキャンバスのように質的に異なる使用価値があるので、それらの存在を仲介する作品<労働X>は質的に異なっています - 仕立てと織りです。これらのことが定性的に異なる使用価値ではなく、したがって定性的に異なる有用な仕事の成果物ではない場合、それらは商品として自分自身に直面することは全くできませんでした。ロックはスカートに対してそれ自身を交換しません、同じ使用価値<use value>は同じ効用価値<utility value>と比較しません。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑥このように、あらゆる商品の使用価値には、ある都合の良い生産的活動または有用な仕事があることがわかった。質的に異なる有用な仕事がそれらに含まれていない限り、使用価値は商品として考えることはできません。

その製品が一般に商品の形態をとる社会では、だから商品生産者の社会では、独立生産者の民間事業として独立して運営されているこの有用な作品の質的な違いは、マルチユニットシステム<その多岐的な体制>である社会的分業へと発展します。
⑥It has thus been seen that in the use value of every commodity there is a certain expedient productive activity or useful work.

Usage values can not be considered as commodities unless qualitatively different useful work is involved in them. In a society whose products generally take the form of the commodity, i. in a society of commodity producers, this qualitative difference of useful works, which are independently operated as private businesses of independent producers, develops into a multi-unit system, to a social division of labor.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑦偶然にしても、それが調整者によって着用されようと、調整者の依頼者により着用されようと、スカートにとって重要ではありません。どちらの場合も、使用価値として機能します。仕立てが社会的分業の独立した一員である特別な職業になるという事実によっても、岩とそれを生み出す作品の関係は変わりません。衣服の必要性が彼を強要したところはどこでも、人が仕立て屋になる前に、人は何千年もそのために作ってきました。

しかし、岩、キャンバス、等々の天然には存在しない物質的な富の要素は、常に特定の天然物質を特定の人間のニーズに同化させる特別な意図的に生産的な活動によって、仲介されなければなりません。実用価値としての教育者としての、有用な仕事として、仕事はそれ故にあらゆる社会形態からの人間の独立した条件、人間と自然の間の新陳代謝、すなわち人間の生活を伝えるための自然の永遠の必然性です。
⑦Incidentally, it does not matter to the skirt whether it is worn by the tailor or the client of the tailor. In both cases it acts as a use value. Nor is the relationship between rock and the work that produces it changed by the fact that tailoring becomes a special profession, an independent member of the social division of labor.

Wherever the need for clothing compelled him, man has made for millennia before a person became a tailor. But the existence of rock, canvas, any element of material wealth not naturally present, must always be mediated by a special, purposefully productive activity which assimilates particular natural substances to particular human needs. As an educator of utility values, as a useful work, the work is therefore an independent condition of man from all forms of society, an eternal necessity for nature in order to convey the metabolism between man and nature, that is, human life.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑧使用価値の岩、キャンバスなど、つまり商品は、天然素材と作品の2つの要素の複合物です。岩やキャンバスなどにあるすべてのさまざまな有用な作品の合計を差し引くと、人の介在なしに自然に存在する重要な基層が常に残ります。人間は、自然そのものとして、自分の作品を制作することしかできません。物質の形を変えるだけです。 (13)

もっとこの形成の働き自体において、それは絶えず自然の力によって支えられています。だから仕事はそれが生み出す効用価値、物質的富の唯一の源ではない。
William Pettyが言うように、作品は彼の父親であり、地球は彼の母親です。
<The work is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.>

⑧The utility values rock, canvas, etc., in short the commodities, are compounds of two elements, natural material and work. If one subtracts the sum total of all the various useful works, which are in rock, canvas, etc., then there always remains a material substratum, which exists naturally without human intervention. Man can only proceed in his production, as nature itself, i. just change the forms of the substances. (13) Even more. In this work of formation itself, it is constantly supported by natural forces. So work is not the only source of utility values it produces, of material wealth. The work is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.


⑨商品である限りでは、商品から商品価値まで進みましょう。
⑨Let us now proceed from the commodity, insofar as it is a commodity, to the commodity value.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑩ー①私たちの仮定によれば、ロックはキャンバスの2倍の価値があります。しかし、これは私たちがまだ興味を持っていない量的な違いにすぎません。したがって、コートの価値がリネンの10キュビトの値の2倍である場合、リネンの20キュビットはコートと同じ値であることを覚えています。

価値の観なしとして、ロックとキャンバスは同等の本質のもの、同じような作品の客観的な表現です。しかし、仕立てと織りは質的に異なる作品です。

  <canvas are things of equal substance,
  キャンバスは同等の本質のものです
  客観的な表現ーー物象的な表現
  objective expressions >

②しかし、同じ人が交互に仕立てたり織ったりする社会的な状態があります。したがって、これら2つの異なる作業モードは、同じ個人の仕事の変更だけであり、まだ私たちの仕立て屋のような異なる個人の特別な機能ではありません。今日、そして彼が明日やっているズボンは、同じ個々の作品のバリエーションを前提としているだけです。

③私たちの資本主義社会では、労働需要の方向性の変化に応じて、人間的労働の一定部分が洋裁の形で、または製織の形で交互に供給されることも示しています。

④この仕事の形態の変化は摩擦がないわけではないかもしれませんが、彼は行かなければなりません。生産的活動の確実性、したがって労働の有用な性格を無視したとしても、それは人間の労働の支出であることに変わりはありません。

⑤質的に異なる生産的活動にもかかわらず、仕立ておよび製織は、両方とも、人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的支出であり、この意味で両方とも人道的労働である。 2つの異なる形態、支出する人的資源しかありません。しかし、人間の労働力自体は、何らかの形で使われるために多かれ少なかれ発達していなければなりません。

⑥しかし、商品の価値は、優れた人間の労働力、一般的には人間労働の支出を表します。市民社会と同じように、将軍や銀行家が大きな役割を演じ、人間が非常に粗末な役割を演じます(14)。人間労働もそうです。

⑦それは、単純な労働力の支出であり、平均して、普通の人は、特別な発達をすることなく、彼の身体的な生物にあります。単純な平均的な作品自体が、さまざまな国や文化的時代においてその性格を変えますが、それは既存の社会で与えられています。

⑧より複雑な作業は、乗数であるというよりはむしろ乗算された単純作業であると見なされるだけなので、より複雑な作業のより小さな量はより単純な作業のより大きな量に等しい。

⑨この削減が絶えず進行することは経験によって示されています。商品は最も複雑な労働力の産物であるかもしれず、その価値はそれを単純労働力の産物と同等にし、それゆえそれ自体は明確な量の単純労働力を表すにすぎない。 (15)

⑩ー⑩異なる種類の労働がその測定単位として単純労働に還元される異なる割合となります。生産者の背後にある社会的プロセスによって固定されているため、生産者によって与えられているようです。簡単にするために、どんなタイプの労働もただちに単純な労働であると考えられ、それは削減の労力を節約するだけです。

⑩ー①According to our assumption, rock has twice the value of the canvas. But this is only a quantitative difference that we are not interested in yet. We therefore remember that if the value of a coat is twice as great as that of 10 cubits of linen, 20 cubits of linen the same value as a coat.

As values, rock and canvas are things of equal substance, objective expressions of like work.

⑩ー②But tailoring and weaving are qualitatively different works. There are, however, social states in which the same man alternately tailors and weaves, these two different modes of working are therefore only modifications of the work of the same individual, and not yet special functions of different individuals, much like the skirt our tailor makes today, and the trousers which he doing tomorrow, only presuppose variations of the same individual work.

⑩ー③Evidence also shows that in our capitalist society, depending on the changing direction of labor demand, a given portion of human labor is alternately supplied in the form of dressmaking or in the form of weaving.

⑩ー④This change of form of work may not be without friction, but he must go. If one disregards the certainty of productive activity and therefore the useful character of labor, it remains that it is an expenditure of human labor.

⑩ー⑤Tailoring and weaving, albeit qualitatively different productive activities, are both productive expenditures of the human brain, muscle, nerve, hand, etc., and in this sense both humane labor. There are only two different forms, manpower to spend. However, the human labor force itself must be more or less developed to be spent in one form or another.

⑩ー⑥The value of the commodity, however, represents human labor par excellence, expenditure of human labor in general. Just as in civil society a general or a banker plays a great role, and a human being plays a very shabby role (14), so too does human labor.

⑩ー⑦It is the expenditure of simple labor power, which, on average, every ordinary person, without any particular development, possesses in his physical organism. The simple average work itself changes its character in different countries and cultural epochs, but is given in an existing society.

⑩ー⑧More complicated work is only considered to be power-multiplied or rather multiplied simple work, so that a smaller quantum of complicated work equals a larger quantum of simple work.

⑩ー⑨That this reduction proceeds constantly is shown by experience. A commodity may be the product of the most complicated labor, its value equates it to the product of simple labor, and therefore represents itself only a definite quantity of simple labor. (15)

⑩ー⑩The different proportions in which different kinds of labor are reduced to simple labor as their unit of measure; are fixed by a social process behind the back of the producers and therefore seem to them given by the origin. For the sake of simplicity, any type of worker will be considered immediately to be a simple worker, which will only save the effort of reduction.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪このように、ロックとキャンバスの価値において、
それらの効用価値の違いからの抽象化は、これらの価値で表される作品、
それらの有用な形態の間の違い、仕立てと織り方に見いだされます。
ロックとキャンバスの使用価値が、意図的で生産的な活動と布や糸との
結びつきであるのと同様に、ロックとキャンバスの価値は、
単なる類似の作業用ギャレーであるため、これらの値に含まれる作品は考慮されません。

布や糸の使用において生産的であるが、支出としてのみ人間労働であるのです。

実用的価値の教育的要素であるロックとキャンバスは、まったく異なる品質で仕立てられています。スカート価値の本質とキャンバスの価値は、それらが彼らの特定の品質から抽象化され、同じ品質を持っている限りにおいて、人間の仕事の品質を示すにすぎません。

⑪Thus, in the values of rock and canvas, abstractions from the difference of their utility values are found in the works represented in these values, the difference between their useful forms, tailoring and weaving.

Just as the use values of rock and canvas are connections of purposeful, productive activities with cloth and yarn, while the values of rock and canvas are merely similar working galleys, so the works contained in these values are not considered to be productive in their use of cloth and yarn, but only as expenditures human worker.&
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑫しかし、岩やキャンバスは単なる価値観ではなく、ある程度の大きさの価値観であり、私たちの調査によると、スカートはリネンの10キュビトの2倍の価値があります。この多様性の価値はどこにあるのでしょうか。したがって、キャンバスにはコートの半分の作業しか含まれていないため、後者の製造には前者の製造に比べて2倍の労力を費やす必要があります。

⑫But rock and canvas are not just values, they are values of a certain size, and according to our insinuation the skirt is worth twice as much as ten cubits of linen. Where does this diversity have its value sizes? Hence that the canvas contains only half as much work as the coat, so that labor must be expended twice as much time in producing the latter as in the production of the former.

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑬Thus, in the values of rock and canvas, abstractions from the difference of their utility values are found in the works represented in these values, the difference between their useful forms, tailoring and weaving.
このように、ロックとキャンバスの価値において、それらの効用価値の違いからの抽象化は、これらの価値で表された作品、それらの有用な形態の間の違い、仕立てと織り方で見つけられます。

ロックとキャンバスの使用価値が意図的で生産的な活動と布や糸の関係であるのと同様に、ロックとキャンバスの価値は単なる類似の作業用ギャレーであるため、これらの値に含まれる作品はその使用において生産的とは見なされません。 布や糸への、しかし人間の労働者としてのみとされています。
Just as the use values of rock and canvas are connections of purposeful, productive activities with cloth and yarn, while the values of rock and canvas are merely similar working galleys, so the works contained in these values are not considered to be productive in their use of cloth and yarn, but only as expenditures human worker.&

 <but only as expenditures human worker.& しかし人間の労働者としてのみとされています。>


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑭もし生産力に変化がない場合、つまりコートの生産に必要なすべての有用な作業を言うと、スカートの価値はそれ自体の量とともに増加します。1スカートxの場合、2スカートは2 x営業日を表します(以下同様)。ただし、スカートの製造に必要な作業が2倍または半分になるとします。最初のケースではスカートは前の2つのスカートと同じくらいの価値があり、後者のケースでは2つのスカートは前と同じくらいの価値しか持っていません。善は残る。しかし、その制作に費やされる仕事の量は変わりました。

⑭If the productive force remains unchanged, say all useful work required for the production of a coat, the value of the skirts increases with its own quantity. If 1 skirt x, 2 skirts represent 2 x working days, and so on. But suppose the work necessary to produce a skirt double or fall by half. In the first case a skirt has as much value as two skirts before, in the latter case two skirts have only as much value as before, although in both cases a skirt still performs the same services and the useful work contained in it remains from it Goodness stays. But the amount of work spent in its production has changed.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑮より多くの量の使用価値それ自体がより大きな物質的な富、2つ以上のスカートを形成します。2つのスカートを使用すると、1人だけのスカートを使用して、2人でドレスアップできます。それにもかかわらず、素材の富の増加する質量は、その価値の同時低下に対応することができます。

この対照的な動きは、作品のあいまいな性格から生じています。
<This contrasting movement springs from the ambiguous character of the work. >

生産力は、もちろん、常に有用で具体的な作業の生産力であり、実際には、一定期間内の適切な生産活動の効率のみを決定します。したがって、有用な仕事は、生産力の増減に正比例して、より豊富なまたはより貧弱な製品供給源になります。<61>他方で、生産力の変化はで提示された研究に全く影響を及ぼさない。もちろん、生産力は具体的な有用形式の作業に属しているので、その具体的な有用形式から抽象化されると、もはやその作業に影響を与えることはできません。したがって、生産力が変化しても、同じ作業で常に同じ期間内に同じ価値が得られます。しかし同じ期間に、それは生産力が増加するときより多く、それが減少するときより少なく、異なるQuanta使用値を与えます。生産力の同じ変化は、労働力の出生率を増大させ、それによって供給される効用価値の質量を増大させ、生産に必要な労働時間の合計を短縮する場合、この増大した総質量の価値--価値を減少させる。逆も同様です。

⑮A greater quantity of use-value forms in itself greater material wealth, two skirts more than one. With two skirts you can dress two people, with a skirt only one person, etc. Nevertheless, the increasing mass of material wealth can correspond to a simultaneous fall of its value. This contrasting movement springs from the ambiguous character of the work.

Productive force, of course, is always the productive force of useful, concrete work, and in fact determines only the efficiency of appropriate productive activity in a given period of time. The useful work, therefore, becomes richer or poorer product source in direct proportion to the rise or fall of its productive power. On the other hand, a change in productive power does not at all affect the work presented in  . <61> Of course, since the productive force belongs to the concrete useful form of work, it can no longer affect the work once it is abstracted from its concrete useful form. The same work therefore always yields the same value-magnitude in the same periods of time, whatever the productive force changes. But in the same period it gives different Quanta use values, more when the productive force increases, less when it decreases. The same change in the productive force, which increases the fertility of labor and therefore the mass of utility-values it supplies, thus reduces the value-value of this increased total mass, if it shortens the sum of the labor-time necessary for its production. Likewise vice versa.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑯すべての労働は、一方では生理学的な意味での人間労働の支出であり、そしてこの等しい人間の能力または抽象的な人間--の労働能力において、それは商品価値を構成する。一方、すべての仕事は特別な目的の形での人間労働の支出であり、そして具体的な有用な仕事のこの能力の中でそれは実用的価値を生み出す。(16)

⑯All labor is, on the one hand, the expenditure of human labor in the physiological sense, and in this capacity of equal human or abstract human labor, it constitutes the commodity value. All work, on the other hand, is the expenditure of human labor in special purpose form, and in this capacity of concrete useful work it produces utility values.(16)

(16) Note to the 2nd ed. To prove that "work alone is the definitive and real measure by which the value of all commodities can be valued and compared at all times," says A. Smith : "Equal quantities of labor must In all its normal state of health, strength, and activity, and with the average degree of skill it possesses, it must always have the same portion of its rest, of freedom, and of its own Indulge in happiness. " ("Wealth of Nations", b.I, ch. V, [p.104 / 105].)

On the one hand, A. Smith here (not everywhere) confuses the determination of the value with the provision of the working quantum spent in the production of the commodity of commodity values ??by the value of labor, and therefore seeks to prove that equal quantities of labor always have the same value.

On the other hand, he suspects that work, insofar as it presents itself in the value of goods, is regarded merely as an expenditure of labor, but again sees this expenditure merely as a sacrifice of peace, freedom and happiness, not also as a normal activity of life.

However, he has the modern wage worker in mind. - Much more aptly says the note 9 quoted anonymous precursors of A. Smith: "A man has spent a week on making this commodity ... and whoever gives him another object in exchange can not more accurately estimate what is really equivalent as by calculating what costs him just as much labor and time, which in fact means the exchange of labor which a man has used in one particular time for one object, against the labor of another, and at the same time for another Object related.

" ("Some Thoughts on the Interest of Money in General, etc., p. 39.) - {4th edition: The English language has the merit of having two different words for these two different aspects of the work. The work that creates utility values ??and is qualitatively defined is called work, in contrast to labor; The work that creates value and is measured quantitatively is called labor as opposed to work. See note to engl. Translation, p. 14. - FE}

  第2版に注意してください。
「すべての商品の価値を常に評価し比較することができる決定的かつ現実的な方法は、一人で作業することであることを証明するために」とA.スミス氏は言います。そしてそれが持っている平均的な技能の度合いで、それはその残りの部分、自由の部分、そしてそれ自身の幸せの部分と同じ部分を常に持っていなければならない。」( "国の富"、bI、ch。V、
[一方で、A.スミスはここでは(どこにでもあるわけではないが)、価値の決定によって、価値の商品の生産に費やされた実用量の提供と混同している。したがって、同量の労働力が常に同じ価値を持つことを証明しようとします。他方で、彼は、それが財の価値に現れる限りにおいて、労働は単に労働の支出とみなされるが、この支出は単に平和、自由と幸福の犠牲でもあると見なすのではなく、単にそのようなものでもない人生の通常の活動。しかし、彼は現代の賃金労働者を念頭に置いています。 - メモ9がA.スミスの匿名の先駆者を引用したことをもっともっと適切に言います:

"1人の男がこの商品を作るのに1週間を費やしました...それは実際にはある人がある物のために、ある物のために、別の物のために、同時に別の物のために使った労働の交換を意味します。」( "一般的な金銭的利益などに関するいくつかの考え、p。39) -

-  {第4版:英語には、この2つの異なる側面の作業に対して2つの異なる単語があるというメリットがあります。

効用価値を生み出し、定性的に定義された仕事は、労働とは対照的に仕事と呼ばれます。
The work that creates utility values and is qualitatively defined is called work, in contrast to labor;

The work that creates value and is measured quantitatively is called labor as opposed to work. See note to engl. Translation, p. 14. - FE}
価値を創造し定量的に測定される仕事は、仕事とは対照的に労働と呼ばれます。 英語のメモを参照してください。 翻訳、p。 14.  -  FE}

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
--杉本--
労働生産物が価値対象ではなく、人間の作品が、<価値観 - 客観性の客観的な形>
ーーを訳出せねば、この<作業成果物は、何時の時代でも商品>であって、そのことによる--物神性を認めてしまうーーと、やっと等価形態の謎性、物神性への批判ができる資本論訳が、こうしてできるのは、このような作業が必要ありてです。

<この 仕事と労働との区別 の問題は、商品分析だけではなく、生産過程での①商品生産、②資本の生産--の問題・6--7章の問題へと連なっている。>

http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm

ドイツ語版資本論 と グーグル翻訳  のおかげ様です。ここに最大の御礼を述べておきます。杉本 一平
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/1511 《前のページ | 次のページ》
/1511