teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/1511 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 団体のあり方を考え直すべき

 投稿者:松岡幹夫  投稿日:2019年 2月 8日(金)20時59分34秒
  通報 返信・引用
   団体のあり方を考え直すべき
 岩手の看板団体岩手県盲ろう者友の会と県聾唖協会の暴走を隠す為に知事号令から完全沈黙のかん口令と差別が昨年で12年目になり何とか打開を求めたが県庁福祉課課長は手紙は突っ返しメールは受信拒否。和解は暴走がばれるだけで抹殺強行だけ。昨年秋から全国の社協や市長、社協の掲示板、全国の福祉・ボランティアの掲示板にも訴え繰り返し100は超えている。それでも他県に関われなくせいぜい失笑と後ろ指になる。大手の新聞社の掲示板は規約が激しい。それが載った。そして全国へと。後ろ指どころか全国から非難の声が出る。知事派を気取る政治家やたかが障害者一人と暴走を容認した法務省、法務局も法務大臣も自立支援法を廃止にして改善策も口にしない共産党も非難が飛ぶ。看板団体だからと言って知事が責任持つ必要は無く叱りつけるべき。親父を馬鹿と言う理屈も口利いた事も無い聾唖者の言葉を逢った事もない盲ろう者友の会事務局長が馬鹿と認めろと言う話で証拠もない。読み書き出来ない聾唖者をあおって火を付けた友の会小笠原事務局長夫妻は通訳資格剥奪追放すべき。 友達全部取り上げ13年の完全孤立に追われその代償は求める権利もあります。。

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/1511 《前のページ | 次のページ》
/1511