teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/1601 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ウラジーミル・レーニン 協同組合制度について

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 3月26日(金)18時39分54秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/le/le33/le33_453.htm

  ウラジーミル・レーニン
  協同組合制度について
  1923年1月

  印刷および閲覧:レーニン・ヴェルケ、ディーツ・ヴェルラグ・ベルリン、1973年、33巻、453~461ページ


私。協同組合制度にはあまり注意を払っていないように思います。十月革命以来、NEP(1)から独立している(逆に言えば、この点で、まさにNEPのおかげで)協同組合システムが私たちにとって非常に特別な重要性を増していることを誰もが理解しているわけではありません。協同組合の古いメンバーの空想の中で、多くのことが素晴らしいです。彼らはしばしば彼らのファンタジーのためにばかげているように見えます。しかし、彼らのファンタジーは何ですか?これらの人々が、搾取のルールを打倒するための労働者階級の政治的闘争の本質的で根本的な重要性を理解していないという事実において。この秋は今や私たちにとって事実になりました、そして今では古い協同組合のメンバーの夢について素晴らしく、ロマンチックでさえ、ばかげたことの多くがなりつつあります


私たちにとって、国家権力が労働者階級の手にあることは本当に真実です。なぜなら、すべての生産手段はこの国家権力に属しているからです。私たちにとって本当に残っているのは、協同組合として人口を団結させることだけです。人口が最大限に協力的であるならば、過去に正当な嘲笑、思いやりのある笑顔、階級闘争の必要性、政治権力のための闘争などの必要性を正しく確信した人々の軽蔑的な行動を引き起こした社会主義が達成されます。これ自体がターゲットです。しかし、すべての同志が、ロシアの協同組合が現在私たちのために獲得している巨大で計り知れない重要性を説明しているわけではありません。NEPでは、トレーダーとして農民がいます。民間貿易の原則に譲歩した。これから正確に(世論に反して)協同組合システムの巨大な重要性が続きます。NEPの規則の下では、ロシア国民の十分に広く深い協同組合が基本的に私たちに必要なすべてです。なぜなら、私たちは今、私的利益、私的商業的利益、国家による監視と管理の程度、彼らは、多くの、多くの社会主義者にとってつまずきであった一般的な利益への従属を発見しました。確かに、すべての大規模な生産手段を処分する国家の力、プロレタリアートの手にある国家の力、このプロレタリアと何百万もの小規模で矮小な農民との同盟、農民などに対するこのプロレタリアートの指導的地位を確保することは、協同組合から抜け出すために必要なすべてではなく、以前は惨めなものとして軽蔑して扱っていた協同組合からのみであり、ある意味で私たちは現在、 NEPは同じように扱う権利がありますが、完璧な社会主義社会を構築するために必要なのはそれだけではありませんか?それはまだ社会主義社会の確立ではありませんが、この確立のために必要かつ十分なのはそれだけです。NEPの下では、同じように扱う権利がありますが、完璧な社会主義社会を構築するために必要なのはそれだけではありませんか?それはまだ社会主義社会の確立ではありませんが、この確立のために必要かつ十分なのはそれだけです。NEPの下では、同じように扱う権利がありますが、完璧な社会主義社会を構築するために必要なのはそれだけではありませんか?それはまだ社会主義社会の確立ではありませんが、この確立のために必要かつ十分なのはそれだけです。


私たちの開業医の多くは、この事実を過小評価しています。私たちは上から協同組合を見下ろし、第一に原則(国家の手による生産手段の所有権)の観点から、第二にこれらの協同組合がどのような並外れた重要性を持っているかを理解していません。農民にとって可能な限りシンプルで、簡単で、アクセスしやすい方法で、新しい条件に移行します。


そして、それが再び主要なことです。社会主義を構築するために考えられるすべての労働組合について空想することと、すべての小規模農家が参加できるような方法でこの社会主義を実際に構築することを学ぶことは別のことです。ちょうどこの段階に到達しました。そして、私たちがこの段階に達した後、私たちがそれをほとんど利用しないことは間違いありません。


NEPへの移行では、貿易と産業の自由の原則にあまりにも多くのスペースを与えたという点ではなく、曲線を踏み越えましたが、NEPへの移行では、それらを忘れたという点で弧を踏み越えました。私たちが現在協同組合を過小評価している協同組合、私たちはすでに上記のこの意味の二重の意味での協同組合の非常に重要なことを忘れ始めています。


私は今、この「協力的」原則に基づいて、実際にすぐに何ができ、何をしなければならないかについて読者に話すつもりです。その社会主義的重要性がすべての人とすべての人に明白になるような方法で、この「協力的」原則をすぐに開発し始めることができる、そしてしなければならない手段は何ですか?


協同組合が一般的かつ常に一定の利益を享受するだけでなく、この特権が純粋に物質的な性質(銀行の利子のレベルなど)であるように、協同組合のために政治的状況を作り出す必要があります。協同組合は国の基金から融資を受ける必要がありますが、それは私たちが民間企業に貸し付けている資金をわずかに上回っています。


すべての社会秩序は、それが特定のクラスによって財政的に支援されている場合にのみ発生します。言うまでもなく、「自由な」資本主義の誕生を犠牲にした何億、何億ものルーブル。今、私たちが通常を超えて支援しなければならない社会秩序は協同組合秩序であることを認識しなければならず、この知識を実践しなければなりません。しかし、私たちはこの言葉の本当の意味で彼らをサポートしなければなりません。つまり、このサポートを理解するだけでは、あらゆる種類の協同組合の売上高の促進を意味するのではありません。このサポートは、そのような協同組合の売上高のサポートを意味すると理解する必要があります。人口のどの実際の大衆が本当に参加しているのか。農家、協同組合の売上高に参加し、ボーナスを付与するのは絶対に正しい形式ですが、ここで重要なのは、この参加を管理し、それが意識的で質的に欠陥のない参加であるかどうかを確認することです。これが問題の重要なポイントです。協同組合が村に入ってそこに協同組合の店を設立した場合、厳密に言えば、住民は関与しませんが、同時に、彼ら自身の利益に導かれて、彼らはできるだけ早く参加しようとします可能。


この問題には別の側面があります。「文明化された」ヨーロッパ人(特に識字者)の観点から、私たちは、例外なく、協同組合の取引に参加するように、受動的ではなく積極的に、すべての人を誘導するためにほとんど何もする必要がありません。実際、私たちに残されていることは「たった1つ」です。それは、協同組合への一般参加のすべての利点を理解し、この参加を組織するように、人口を「文明化」することです。「ただ」それ。社会主義に移るのに今は他の知恵は必要ありません。この「唯一の」ものを達成するためには、大衆全体の文化的発展の全期間、全体の激変が必要です。したがって、私たちは自分自身をルールにする必要があります:できるだけ空想を少なくし、空のフレーズをできるだけ少なくします。NEPは、最も一般的な農民のレベルに適応するという点で、この点で進歩を意味します。それは、彼より高いものを何も求めないからです。しかし、NEPを通じて例外なく協同組合への全人口の参加をもたらすためには、歴史的な時代全体が必要です。せいぜい、10年か2年でこの時代を乗り越えることができます。しかし、それにもかかわらず、それは特別な歴史的時代であり、この歴史的時代がなければ、全人口の一般的な初等教育がなく、十分に高度な覚醒がなく、人口が本を使用するのに十分な程度に慣れておらず、特定のセキュリティなしで、これの重要な1つの基礎、不作や飢饉などに対して考えてみましょう。これがなければ、目標を達成することはできません。今ではすべてが、革命的な勢い、すでに示した革命的な熱意、そして十分に示して完全な成功を収め、(ここではほとんど言いたい)能力、明るいものを組み合わせる方法を理解することにかかっています1つは、執筆と算術の熟練したトレーダーになることです。これは、優れた協同組合にとって十分です。トレーダーになる能力によって、私は文化的要求を満たすトレーダーになる能力を理解しています。ロシアの人々または単に農民は彼らの耳の後ろにそれを書くかもしれません、彼らは考えます:誰かが貿易をするならば、彼はまた貿易業者になる方法を知っています。それは完全に間違っています。彼は貿易をしますが、そこから能力まで 文化的基準を満たすトレーダーになるにはまだ長い道のりです。今日、彼はアジア的な方法で取引しています。しかし、トレーダーであることを理解するには、ヨーロッパのファッションで取引する必要があります。全体の時代が彼をこれから切り離します。


私は終わりに来ます。協同組合に対する一連の経済的、財政的、銀行的特権-これらは、私たちの社会主義国が人口を組織化するという新しい原則を示すという支援で構成されていなければなりません。ただし、これでは、タスクの内容全体が実質的に不定のままであり、まだ詳細に説明されていないため、タスクは一般的な用語でのみ概説されています。つまり、「ボーナス」の形式を理解する必要があります(と彼らの付与の条件)私たちが協同組合に与えること、私たちが協同組合を十分に促進するためのボーナスの形、私たちが文明化された協同組合のメンバーに来るためのボーナスの形。

  1923年1月4日

  II
私が新しい経済政策について書くときはいつでも、私は国家資本主義に関する私の1918年の記事を引用しました(2)。これはしばしば何人かの若い仲間の間で疑念を引き起こしました。しかし、彼らの疑念は主に抽象的な政治的側面に関係していました。


生産手段が労働者階級に属し、国家権力がこの労働者階級に属する社会秩序は、国家資本主義と呼ばれるべきではないように思われた。しかし、彼らは「国家資本主義」という用語が私と一緒に使われていることに気づいていませんでした。国家資本主義が私たちの現在の経済よりも高いことを証明するため。通常の国家資本主義と、私が話していたその異常な、さらにはまったく異常な国家資本主義との間の継続的な関係を確立することは私にとって重要でした。私が読者に新しい経済政策を紹介したとき。第二に、実用的な目的は私にとって常に重要でした。そして、私たちの新しい経済政策の実際的な目的は、譲歩に到達することでした。しかし、私たちの状況下では、譲歩は間違いなく純粋なタイプの国家資本主義でした。この観点から、私は国家資本主義についての考察を始めます。


しかし、この問題には別の側面があり、国家資本主義、または少なくともそれとの比較が必要になる可能性があります。
それが協同組合の問題です。
資本主義国家の協同組合が資本主義集団であることに疑いの余地はありません。
私たちの現在の経済の現実では、私たちが民間資本家企業を持っていることも疑いの余地はありません-社会的土地にのみあり、労働者階級の手にある国家権力の管理下にあるだけですが-一貫して社会主義タイプの企業があります(生産手段と、事業が立っている土地の統合、事業全体がどのように国家に属するか)、また、第3のタイプの事業の問題は発生しません。
これまでは基本的に重要な観点からの独立性、すなわち協同組合企業はありませんでした。民間資本主義の下では、協同組合事業は資本主義事業とは異なり、集団事業は民間事業とは異なります。
国家資本主義の下では、協同組合企業は、第一に民間企業であり、
第二に集団企業であるという点で国家資本主義企業とは異なります。
私たちの既存の社会秩序では、協同組合企業は集団企業としての民間資本主義企業とは異なりますが、土地に建設され、国家に属する生産手段、つまり労働者階級を備えている場合、社会主義企業と違いはありません。
つまり、協同組合会社です。
民間資本主義の下では、協同組合事業は資本主義事業とは異なり、集団事業は民間事業とは異なります。
国家資本主義の下では、協同組合企業は、第一に民間企業であり、第二に集団企業であるという点で国家資本主義企業とは異なります。



わが国の社会秩序では、協同組合企業は集団企業としての民間資本主義企業とは異なりますが、土地に建設され、国家に属する生産手段、すなわち労働者を備えていれば、社会主義企業と違いはありません。クラス。


私たちが協同組合について話すとき、私たちが十分に考慮に入れていないのはまさにこの事実です。私たちの州制度の特殊性のおかげで、協同組合が非常に重要であることを忘れています。ちなみに、わが国で大きな発展を遂げていない譲歩を整理すれば、私たちの状況下では、協同組合は原則として社会主義と完全に一致します。


私は自分の考えを詳しく述べたいと思います。
ロバート・オーエンをはじめとする古い協同組合のメンバーの素晴らしいところは何でしたか?階級闘争、労働者階級による政治権力の征服、搾取階級の支配の転覆などの根本的な問題を考慮せずに、社会主義を通じて現代社会の平和的変革を夢見ていたという事実。そしてそれが、この「協力的な」社会主義で純粋なファンタジーを見るとき、私たちが正しいのは、人口の単なる協力的な連合を通して、階級の敵が階級の友人や階級闘争は階級平和(いわゆる城の平和)に変わる可能性があります。


国家の政治権力をめぐる階級闘争がなければ社会主義は実現できないので、私たちが現在の基本的な任務の観点から正しかったことは間違いありません。


しかし、国家権力はすでに労働者階級の手に委ねられているため、搾取者の政治的権力が覆され、すべての生産手段(労働者の国家が自発的に一時的に行うものを除く)が変わったため、状況がどのように変化したかを考えてみてくださいそして条件付きで、搾取者は)譲歩として)労働者階級の手にあります。


今、私たちにとっての協同組合の単純な成長(上記の「小さな」例外を除く)は社会主義の成長と同じであると同時に、社会主義の概念全体が根本的に変化したことを認めなければなりません。 。この根本的な変化は、以前は政治的闘争、革命、権力の征服などに重点を置いていたという事実にあります。しかし、今日では、重点が大きく変化し、平和的な組織の「文化」の仕事に移っています。国際関係がなければ、国際的な立場で戦う義務がなければ、私たちの重点は単なる文化的仕事に移ると思います。


時代を構成する2つの主要なタスクがあります。まず第一に、私たちの装置を再設計するタスクがありますが、それは絶対に良くなく、以前の時代から完全に引き継いでいます。ここで何か真剣に改造する必要があります。5年間の苦労の中でそれを行うことができず、私たちもそれを行うことができませんでした。私たちの2番目の仕事は、農民のための文化的仕事です。そして、農民の間でのこの文化的活動は、経済的目標として協同組合を追求しています。完全な協同組合では、私たちはすでに社会主義の立場に立っているでしょう。しかし、この前提条件、完全な協同組合、


文化が不十分な国に社会主義を導入しようとするのは無意味な始まりであると、反対派はしばしば私たちに反論しました。しかし、彼らは間違っていました。なぜなら、私たちは(あらゆる種類の衒学者からの)理論がそれを行うべきであった最後に始めなかったからです。とにかく今直面しています。


この文化大革命は、私たちが完全に社会主義国になるのに十分ですが、私たちにとって、この文化大革命は、純粋に文化的(私たちが文盲であるため)と物質的性質(文化を持つために特定のものが必要であるため)の両方に大きな困難をもたらします生産の材料手段の開発、あなたは特定の材料ベースが必要です)。

1923年1月6日


1923年5月26日と27日に「プラウダ」第115号と第116号で最初に出版されました。「プラウダ」のテキストによると、速記と比較されます。署名:N。レーニン。

脚注:
1. NEP:新しい経済政策-20年代前半のソビエト連邦の経済モデルであり、内戦段階の「戦時共産主義」に取って代わった。国有化された産業と銀行の集中型セクターに加えて、中小企業、特に農業と手工芸品の大規模な民間資本主義セクターがありました。

2.「「左」の幼稚さとささいなブルジョアジーについて」(レーニン・ヴェルケ、27巻、315~347ページ)。

 
 
》記事一覧表示

新着順:16/1601 《前のページ | 次のページ》
/1601