teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:21/1670 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

3.同等の形態 その2<これは四版です

 投稿者: 杉本  投稿日:2021年 7月 9日(金)12時52分0秒
  通報 返信・引用 編集済
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1936


https://webs.ucm.es/info/bas/de/marx-eng/kapital1/cap1.htm


  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Z23


  <杉本 和訳 から、英訳してみました。>


                             <#70#I。セクション-商品とお金>

   3.同等の形態      3. Equivalent forms



私たちは見てきました:商品A(キャンバス)によって、さまざまな商品Bが表現する使用価値(ロック)の使用価値は、後者自体を同等の価値の独特の形に押し上げます。

   <商品A(リネン)が別の商品B(コート)の使用価値でその価値を表現するとき、
   それは後者自体、つまり同等。>

リネンウェアは、体型とは異なる価値観を持たずに、コートと同等であるという事実によって、それ自体の価値を明らかにしています。

スカートはスカートと直接交換できるという事実によって、キャンバスは確かにそれ自体の価値を表現しています。したがって、商品の同等の形態は、他の商品との直接の互換性の形態です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
①.
We have seen: the use value (lock) expressed by commodity A (canvas) in the use value (lock) expressed by various commodity B pushes the latter itself into a unique form of equivalent value.

   <When commodity A (linen) expresses its value in the use value of another commodity B (coat)
   It is the latter itself, i.e. equal. >

The linen garment reveals its own value by the fact that it is equal to the coat, without having a different value from the body shape.

The canvas certainly expresses its own value by virtue of the fact that the skirt is directly interchangeable with the skirt. The equivalent form of a commodity is therefore a form of direct interchangeability with other commodities.



If one kind of commodity, such as a skirt, is equivalent to another kind of commodity, such as linen, and the skirt has the characteristic property of being in a form directly interchangeable with the linen, the proportions of skirt and linen are never given interchangeability.

As the size of the canvas value is given, it depends on the size of the skirt value. Regardless of whether the skirt is expressed as an equivalent and the canvas as a relative value or, conversely, whether the canvas is expressed as an equivalent and the skirt as a relative value

Its value is determined by the labour time required to produce it, irrespective of the form
of value. But as soon as the type of commodity rock replaces the equivalent in the expression of value, the magnitude of the value does not receive its expression as magnitude of value.

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


スカートなどのある種類の商品がリネンなどの別の種類の商品と同等である場合、スカートはリネンと直接交換可能な形であるという特徴的な特性を持っている場合、スカートとリネンの比率は互換性は決して与えられていません。

キャンバスの値のサイズが与えられているので、それはスカートの値のサイズに依存します。スカートが同等として表現され、キャンバスが相対値として表現されるか、逆に、キャンバスが同等として表現され、スカートが相対値として表現されるかにかかわらず、

その値は、その形式に関係なく、その生産に必要な労働時間によって決定されます。
価値の。しかし、商品岩の種類が価値の表現において同等のものに取って代わるとすぐに、その価値の大きさは価値の大きさとしての表現を受け取りません。



例:40ヤードのキャンバスは「価値がある」-何ですか?スカート2枚。

ここでのコモディティロックの種類は同等の役割を果たしているため、使用価値ロックはキャンバスと比較して価値のあるボディと見なされ、ある程度の量のキャンバスを表現するには、ある程度の衣服で十分です。

したがって、2つのスカートは40ヤードのリネンの価値を持つことができますが、スカートの価値という独自の価値を表現することはできません。

価値の方程式の同等物は常に物の単純な量子、使用価値の形しか持たないというこの事実の表面的な理解により、ベイリーは、彼の前任者や後継者の多くと同様に、価値の表現。

むしろ、商品の同等の形態には、価値の定量的決定が含まれていません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Example: 40 yards of canvas is "worth" - what? Two skirts.

Since the types of commodity locks here play an equivalent role, a use-value lock is considered a body of value compared to a canvas, and a certain amount of clothing is sufficient to represent a certain amount of canvas.

Thus two skirts may have a value of 40 yards of linen, but they cannot represent the unique value of a skirt.

By a superficial understanding of this fact that the equivalents in the equation of value always have only the simple quantum of things, the form of use-value, Bailey, like many of his predecessors and successors, expresses value.

Rather, the equivalent forms of goods do not contain a quantitative determination of value.


The first feature that comes to mind when considering forms of equivalence is: use-value becomes the manifestation of its opposite value.

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


同等の形式を検討するときに最初に思い浮かぶ特徴は次のとおりです。use-valueは、その反対の値の現れになります。

                                   <#71#1章-商品>


商品の自然な形が価値の形になります。

ただし、このクイドプロクォーは、商品B(スカート、小麦、鉄など)に対して、他の商品A(リネンなど)が来る価値関係の範囲内でのみ発生し、この範囲内でのみ発生することに注意してください。

関係。

どの商品もそれ自体を同等と呼ぶことはできず、したがってそれ自体の自然な肌をそれ自体の価値の表現にすることはできないため、他の商品を同等と呼ぶか、他の商品の自然な肌を独自の価値の形にする必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The natural form of a commodity is the value form.

Note, however, that this quid pro quo occurs only within the scope of the value-relationship that comes for commodity B (skirt, wheat, iron, etc.) with another commodity A (linen, etc.), and only within this

relationship.

Since no commodity can be called equivalent in itself, and therefore its own natural skin cannot be an expression of its own value, it is necessary to call the other commodities equivalent or to make the other commodities' natural skin its own form of value.



This is illustrated by the example of a measure which is assigned to a commodity body as a body, i.e. as a use value.

The sugar loaf is a body and therefore heavy, but the weight of the sugar loaf cannot be seen or felt in the sugar loaf.

We now take various pieces of iron whose weight has been pre-determined. The body shape of the iron, considered alone, is no more a manifestation of its weight than that of the sugar loaf.

Nevertheless, in order to express the sugar loaf as a weight, it is expressed as a ratio of weight to iron. In this relation, iron is seen as a body which represents only weight.

The quantum of iron therefore acts as a measure of the weight of the sugar and represents the mere heavy form, the appearance of weight, in relation to the body of sugar. This role is played by iron only if that sugar, or any other body in this ratio, is both a body and its weight is added to it.

If both were not difficult, they could not enter into this relation, so that one could not serve to express the severity of the other. When both are thrown on the scales, it is found that they are in fact equal in weight, and that they weigh the same in a certain proportion.

In our representation of value, the body of the skirt represents only the value associated with the canvas, just as the body of iron as a measure of weight associated with the sugar loaf represents only the weight.

As such, they could not enter into this relationship, and therefore one could not serve to represent the gravity of the other. If we throw both on the scales, we find that they are in fact equal in weight, and that they weigh the same in a certain proportion.

In our expression of value, the body of the skirt represents only the value associated with the canvas, just as the body of iron as a measure of weight associated with the sugar loaf represents only the weight.

As such, they could not enter into this relationship, and therefore one could not serve to represent the gravity of the other. If we throw both on the scales, we find that they are in fact equal in weight, and that they weigh the same in a certain proportion.

In our representation of value, the body of the skirt represents only the value associated with the canvas, just as the body of iron as a measure of weight associated with the sugar loaf represents only the weight.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは、商品本体として、つまり使用価値として商品本体に割り当てられるメジャーの例によって示されます。

シュガーローフは体であるため重くて重いのですが、シュガーローフではその重さを見たり感じたりすることはできません。

現在、重量が事前に決定されているさまざまな鉄片を取ります。単独で考えられる鉄の体型は、砂糖斤のそれと同じくらい体重の現れではありません。

とはいえ、シュガーローフを重さとして表現するために、鉄に対する重量比で表現しています。この関係では、鉄は重さだけを表す体として見られています。

したがって、鉄の量子は砂糖の重量の尺度として機能し、砂糖の本体に関連して、単なる重い形、重さの外観を表します。この役割は、その砂糖、またはこの比率内の他のすべての体が両方の体であり、その重量がそれに追加された場合にのみ鉄によって果たされます。

両方が難しくなければ、彼らはこの関係に入ることができなかったので、一方は他方の厳しさを表現するのに役立ちませんでした。両方をはかりに投げると、実際には重さと同じであり、一定の割合で同じ重さであることがわかります。

シュガーローフに関連する重量の尺度としての鉄の本体が重さを表すだけであるように、私たちの価値の表現では、スカートの本体はキャンバスに関連する価値のみを表します。

そのため、彼らはこの関係に入ることができず、したがって、一方が他方の重力を表現するのに役立つことができませんでした。両方をはかりに投げると、実際には重さと同じであり、一定の割合で同じ重さであることがわかります。

シュガーローフに関連する重量の尺度としての鉄の本体が重さを表すだけであるように、私たちの価値の表現では、スカートの本体はキャンバスに関連する価値のみを表します。

そのため、彼らはこの関係に入ることができず、したがって、一方が他方の重力を表現するのに役立つことができませんでした。両方をはかりに投げると、実際には重さと同じであり、一定の割合で同じ重さであることがわかります。

シュガーローフに関連する重量の尺度としての鉄の本体が重さを表すだけであるように、私たちの価値の表現では、スカートの本体はキャンバスに関連する価値のみを表します。



ただし、これで類推は終わりです。

シュガーローフの重さの表現では、鉄は両方の体に共通の自然の特性、それらの重さを表し、キャンバス上の価値の表現の岩は両方のものの超自然的な特性を表します:それらの価値、純粋に社会的なもの。


This, however, is the end of the analogy.

In the representation of the weight of the sugar loaf, the iron represents the natural property common to both bodies, their weight, and the rock in the representation of value on the canvas represents the supernatural property of both things: their value, a purely social one.


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


キャンバスなどの商品の相対的な価値の形は、その価値をその体や性質とはまったく異なるもの、たとえばコートのようなものとして表現するため、この表現自体が社会的関係を隠していることを示しています。

逆に同等の形式のものと。それはまさにそのような商品の本体が
ロック、これは現状のままで、価値を表現します。つまり、本質的に価値の形を持っています。


これは、キャンバス商品がロック商品と同等に関連している価値比率の範囲内でのみ当てはまります。21)

しかし、物の性質は他の物との関係から生じるのではなく、そのような関係でのみ活動するので、スカートもそれと同じように自然に、同等の形、即時交換可能の性質を持っているようです重くて暖かいという性質を保ちます。

したがって、同等の形式の不可解な側面は、この形式が金銭で彼に直面するとすぐに、政治経済学者のブルジョアの粗野な見方を打つだけです。

それから彼は金と銀の神秘的な性格を一掃しようとします、まばゆいばかりの商品を想定し、かつてないほどの喜びをもって、当時商品と同等の役割を果たしていたすべての商品暴徒のカタログを読むことによって。

彼は、20ヤードのリネン= 1スカートなど、最も単純な値の表現でさえ、同等の形式の謎を解くとはほとんど考えていません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同等物として機能する商品の本体は、常に抽象的な人間の労働の具体化であると見なされ、常に特定の有用で具体的な労働の産物です。

この具体的な作品は、抽象的な人間の作品の表現になります。

スカートはzです。
B.単なる実現として、つまり彼の中で実際に実現されている仕立ては、
抽象的な人間の労働の単なる実現の形として。帆布の価値表現の観点から、

仕立ての有用性は、それが衣服、つまり人を作るという事実ではなく、見る価値のある体、つまり作品のゼリーを作るということです。

Canvas値のオブジェクト化された作業のそれと決して違いはありません。

そのような価値観の鏡を作るために
織りのような仕立ての形では、人的労力が費やされます。

したがって、どちらも人間の労働の一般的な質を持っており、したがって、特定の場合、たとえば価値の生産において、この観点からのみ考慮される可能性があります。

これはどれも不思議ではありません。しかし、問題は商品の価値の表現にねじれています。たとえば、織りは彼の中にはないことを表現するために
                               <#73#1章-商品>

織りのような具体的な形ではなく、
人間の作品としての一般的な品質でキャンバスの価値を形成し、

抽象的な人間の作品の具体的な実現の形として、
キャンバスと同等のものを生み出す具体的な作品である仕立てとは対照的です。

したがって、具体的な作品がその反対の抽象的な人間の作品の現れになるのは、同等の形式の2番目の特徴です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The body of a commodity, which functions as an equivalent, is always regarded as the embodiment of abstract human labour, and is always the product of particular, useful and concrete labour.

This concrete work is an expression of the abstract human work.

The skirt is a z.
B. As a mere realisation, i.e. tailoring actually realised in him, is
as a form of mere realisation of abstract human labour. From the point of view of the value representation of canvas, the

The usefulness of tailoring is not the fact that it makes a garment, i.e. a person, but that it makes a body, i.e. a jelly of work, worth seeing.

It is by no means different from that of the objectified work of Canvas values.

To create such a mirror of values
In a form of tailoring, such as weaving, human labour is expended.

Both, therefore, have the general quality of human labour, and may therefore only be considered in this light in certain cases, for example in the production of value.

None of this is strange. But the problem is twisted in the expression of the value of the commodity.
For example, to express that the weaving is not in him, not in such a concrete form as the weaving, but in
The value of the canvas is formed by its general quality as a human work, as opposed to tailoring, which is a concrete work that produces an equivalent to the canvas as a form of concrete realisation of an abstract human work.

It is therefore the second characteristic of the equivalent form that the concrete work becomes a manifestation of its opposite, the abstract human work.



But because this concrete tailoring is regarded as the mere expression of indiscriminate human work, it has the same form as other work, it is work on canvas, and therefore, like all other commodity-producing labour, it is private work, but it nevertheless works in an immediate social form.

It is therefore offered in commodities which are directly exchangeable with other commodities. Thus, private work becomes its opposite, and working in an immediate social form is the third characteristic of the equivalent form.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<次は、訳文のプロの英訳からの和訳>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


The body of the commodity which serves as the equivalent is always regarded as the embodiment of abstract human labour and is always the product of a certain useful, concrete labour.

This concrete labour thus becomes the expression of abstract human labour.

If, for example, the skirt is considered a mere realisation, the tailoring that is actually realised in it is considered a mere form of realisation of abstract human labour. In the expression of the value of the canvas, the usefulness of tailoring does not consist in the fact that it makes clothes, that is, people, but in the fact that it makes a body that can be seen to be of value, that is, jelly of labour, which is not at all different from the labour objectified in the value of the canvas.

In order to make such a mirror of value, tailoring itself does not have to reflect anything except its abstract property of being human labour.


等価品となる商品の本体は、常に抽象的な人間の労働の具現化とみなされ、常にある有用な具体的労働の産物である。

この具体的な労働は、したがって、抽象的な人間の労働の表現となる。

例えば、スカートが単なる実現物とみなされるならば、そこに実際に実現されている仕立ては、抽象的な人間の労働の単なる実現形態とみなされる。キャンバスの価値の表現において、仕立ての有用性は、服、つまり人間を作ることではなく、価値があると見なせる身体、つまり労働のゼリーを作ることにあり、それはキャンバスの価値で対象化された労働とまったく変わらない。

このような価値の鏡を作るためには、仕立てそのものは、人間の労働という抽象的な性質以外の何かを反映する必要はない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


しかし、この具体的な仕立ては、無差別な人間の仕事の単なる表現と見なされているため、他の仕事と同等の形をしており、キャンバスでの仕事であり、したがって、他のすべての商品生産労働と同様に、私的な仕事ですが、それにもかかわらず、即時の社会的形態で働きます。

そのため、他の商品と直接交換可能な商品で提供されています。したがって、私的仕事がその反対の形になり、直接的な社会的形で働くことは、同等の形の3番目の特徴です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最後に開発された同等の形式の2つの特性は、多くの思考形式、社会形式、自然形式など、価値形式を最初に分析した偉大な研究者に戻ると、さらに理解しやすくなります。アリストテレスです。



まず第一に、アリストテレスは、商品の金銭的形態は、単純な価値の形態、つまり他の商品における商品の価値の表現のより発展した形態にすぎないと明確に述べています。



          「5つのクッション= 1つの家」
            Kliuaipente anti oik iaz
          <ギリシャ語:Clinai pente anti oicias>

         「違いはありません」:

          "5つのクッションは=そんなにお金"
          Kliuaiは 連珠 抗... osouは 愛 連珠 K linai
         <ギリシャ:clinai連珠抗... odson愛連珠clinai>



彼はまた、この価値の表現が含まれている価値の関係は、その一部として、家が室内装飾と質的に同等である必要があり、これらの官能的に異なるものは、そのような本質的なものなしでは通約可能な量として互いに関連付けることができないことを認識しています身元。「交換」と彼は言います。

                           <#74#I。セクション-商品とお金>

平等ですが、通約可能性なしでは存在できません」(「Out isothz mh oushz summetria z」)。しかし、ここで彼は一時停止し、価値の形のさらなる分析をあきらめます。「しかし、真実で、それは不可能である(第 男性 OUN alhdeia adunaton)そのような異なるものは通約可能である」、つまり、質的に等しい。この方程式は、物事の本質に異質なもの、つまり「実用的な必要性のための間に合わせ」だけである可能性があります。



それで、アリストテレス自身は、彼のさらなる分析がどこで失敗するか、すなわち価値の概念の欠如を私たちに話します。

同じこと、つまり、家が室内装飾の価値表現において室内装飾に対して表す共通の物質は何ですか?

そのようなものは「実際には存在できない」とアリストテレスは言います。どうして?

家は、室内装飾と家の両方で実際に同じことを表す限り、室内装飾に関して同じことを表します。そしてそれは-人間の仕事です。



しかし、商品価値の形では、すべての労働は平等な人間の労働として表現され、したがって等しく有効であるため、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいていたため、人々の不平等があったため、アリストテレスは価値の形自体から読み取ることができませんでしたその自然な基盤としての彼らの労働。

価値の表現の秘密、すべての労働の平等と平等の妥当性は、一般に人間の労働である限り、人間の平等の概念がすでに一般的な偏見の堅実さを持っている場合にのみ解読することができます。

しかし、これは商品の形態が労働の産物の一般的な形態である社会でのみ可能であり、したがって商品の所有者としての人々の間の関係もまた一般的な社会関係です。

アリストテレスの天才は、商品の価値表現における平等の関係を発見したという事実に正確に輝いています。彼が住んでいた社会の歴史的障壁だけが、彼がこの平等関係が「真実」で何で構成されているかを知ることを妨げています。


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    4.単純な価値の形の全体


商品の価値の単純な形は、異なるタイプの商品との価値関係またはそれとの交換関係に含まれています。

商品Aの価値は、商品Bと商品Aの直接の互換性によって定性的に表されます。特定の量の商品Bと特定の量の商品Aとの互換性によって定量的に表されます。言い換えると、<75>商品の価値は、「交換価値」としての表現を通じて独立して表現されます。

この章の冒頭でそれが通常の方法で言われた場合:商品は使用価値と交換価値であり、それは正確には間違っていました。

商品は、使用価値または使用目的および「価値」です。

それは、その価値がその自然な形、交換価値のそれとは異なる独自の外観の形を持ち、この形を単独で見ることは決してなく、常に価値または交換に関連してのみ見られるとすぐに、それが何であるかをこの2倍として提示します2つ目は色々な商品。

ただし、これを知ってしまえば、その話し方は害を及ぼすことはありませんが、略語として機能します。



私たちの分析は、商品の価値の形態または価値の表現は商品の価値の性質から生じることを証明しました。

逆に、価値と価値の大きさは交換価値としての表現から生じることではありません。

しかし、これは重商主義者と、フェリエ、ガニルなどの現代の温暖化主義者の両方の妄想です。(22)

およびその対蹠地、バスティアや配偶者などの現代の自由貿易委員会の航海者。重商主義者は、価値の表現の質的側面に主な重点を置いており、したがって、お金で完成した形をしている商品の同等の形に重点を置いています-一方、現代の自由貿易の行商人は、相対的な価値の形の量的な側面で、すべてのコストで商品。その結果、彼らにとっては、交換比率による表現を除いて、商品の価値も価値もありません。

したがって、毎日の価格トレーダーのリストにのみ存在します。スコット・マクラウドは、ロンバード・ストリートの混同されたアイデアを可能な限り学習してドレスアップするという彼の機能において、迷信的な重商主義者と啓発された自由貿易の行商人の間の成功した統合を形成します。



価値と商品Bの関係に含まれる商品Aの価値表現を詳しく調べると、
その中で商品Aの自然な形は使用価値の形としてのみ有効であり、

商品Bの自然な形は価値としてのみ有効であることが示されています。
フォームまたは値フォーム。

したがって、使用価値と価値のファブリックの内側のコントラストに含まれるものは、外側のコントラストによって表されます。

つまり、2つは、値が実際の値としてのみ直接表現される商品に対する<76>の商品の比率によって表されます。

ただし、値が表されているもう一方のファブリックは、交換価値としてのみすぐに有効になります。したがって、商品の価値の単純な形式は、使用価値と価値の間に含まれる反対の外観の単純な形式です。



労働の産物はすべての社会的条件の商品ですが、商品の生産に費やされた労働をその「客観的」特性として、つまりその価値として、商品を商品に変換する、歴史的に決定された開発時代においてのみです。

したがって、商品の価値の単純な形は同時に労働生産物の単純な形であり、商品の形の発達は価値の形の発達とも一致するということになる。



一見したところ、価値の単純な形、この細菌の形の不十分さを示しています。この細菌の形は、一連の変容を通じて価格の形に成熟するだけです。



商品Bの表現は、商品Aの価値をそれ自体の使用価値と区別するだけであり、したがって、他のすべての商品との質的同等性および量的比例性を表すのではなく、それ自体とは異なる特定の種類の商品との交換関係にのみ配置します。

商品。別の商品の単一の同等の形式は、商品の価値の単純な相対形式に対応します。
したがって、スカートは、キャンバスの価値の相対的な表現において、この単一のタイプの商品キャンバスに関して、同等の形式または直接交換可能な形式のみを持っています。



その間に、個々の価値の形はそれ自体でより完全な形に変化します。
これにより、商品Aの価値は、異なる種類の1つの商品でのみ表されます。

しかし、この2番目の商品の種類、岩石、鉄、小麦などはまったく関係ありません。これまたは他のタイプの商品との価値関係にどのように入るかに応じて、1つの同じ商品の価値の異なる単純な表現が生じます。(22a)

可能な価値の表現の数は、異なる種類の商品の数によってのみ制限されます。
したがって、その孤立した価値の表現は、常に拡張できるさまざまな単純な価値の表現のシリーズに変換されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 
 
》記事一覧表示

新着順:21/1670 《前のページ | 次のページ》
/1670