teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:19/1670 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

   3.労働力の売買

 投稿者:杉本  投稿日:2021年 7月12日(月)17時36分37秒
  通報 返信・引用 編集済
    http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_161.htm



   第4章
   お金の資本への変換

   1.資本の一般式

<161>商品の流通は資本の出発点です。商品生産と開発された商品流通、貿易は、それが発生する歴史的条件を形成します。世界貿易と世界市場は、16世紀の資本の現代のライフストーリーを切り開きました。

商品の流通やさまざまな使用価値の交換の物質的な内容を無視し、このプロセスが生み出す経済形態のみを考慮すると、お金がその究極の製品であることがわかります。商品の流通のこの最後の産物は、資本の最初の現れです。

歴史的に、資本は、金銭的資産、商人資本、高利貸し資本など、あらゆる場所で最初にお金の形で不動産と対峙します。(1)ただし、貨幣が最初に出現したことを認識するために、資本形成の歴史を振り返る必要はありません。同じ話が私たちの目の前で毎日再生されます。すべての新しい資本は、最初に段階に入ります。つまり、市場、商品市場、労働市場、またはマネーマーケットですが、それでもお金として、特定のプロセスを通じて資本に変換されることになっています。

お金としてのお金と資本としてのお金は、最初は循環の形態が異なるだけです。

<162>商品流通の直接の形態は、・・・・・


   2.一般式の矛盾



実際の取引資本では、G-W-G 'の形式は、より高価に購入して販売するため、最も純粋に見えます。一方、その全体の動きは循環の範囲内で行われます。しかし、貨幣の資本への転換、剰余価値の形成を循環自体から説明することは不可能であるため、同等物が交換されるとすぐに商業資本は不可能に見え(33)、したがって、両面からのみ導き出すことができます売買商品生産者の行き過ぎは、商人が寄生的に彼らの間で自分自身を押している。この意味で、フランクリンは「戦争は強盗であり、貿易は不正行為である」と述べています。 (34)単なる商業資本の回復をごまかすことからではない場合<179>は商品生産者を説明しているので、これには商品の流通とその単純な瞬間が私たちの唯一の要件形式である、ここでまだ完全にある長い一連の中間リンクが含まれます行方不明。

貿易資本に当てはまるのは、高利貸し資本にさらに当てはまります。
資本の取引では、極端な場合、市場に投入されるお金と市場から引き出される増加したお金は、少なくとも循環の動きを通じて売買によって媒介されます。
高利貸しの資本では、形式G-W-G 'は仲介されていない
極端なG-G'と省略され、お金はより多くのお金と交換されます。
これはお金の性質と矛盾するため、商品の交換の観点からは説明できません。
したがって、アリストテレス:

「色彩学は2つあるので、1つは貿易に属し、もう1つは経済学に属し、後者は必要で賞賛に値します。前者は循環に基づいており、正当に非難されています(自然に基づくのではなく、相互の不正行為に基づいているため)。したがって、高利貸しは絶対にあります。お金自体が買収の源であり、それが発明された目的に使用されていないため、嫌われました。それは商品の交換のために作成されましたが、利子はお金をより多くのお金に変えます。したがって、その名前は "(tokoz <ギリシャ語:tokos>興味そして何が生まれるか)。「生まれた人は生産者に似ています。しかし、関心はお金からのお金であるため、すべての事業部門の中でこれは最も不親切です。」(35)

商業資本のように、私たちは調査の過程で有利子資本を派生形として見つけ、同時にそれらが現代の基本形の資本の前に歴史的に現れる理由を見るでしょう。




したがって、二重の結果がありました。

お金の資本への変換は、法律に固有の商品の交換に基づいて開発されるため、同等物の交換が出発点になります。(37)私たちの唯一のKapitalisten- <181>キャタピラー・ヴォルハンドラーのお金の所有者は、商品はその価値を購入し、その価値で販売しなければなりませんが、プロセスの最後に、彼が投入したよりも多くの価値を引き出します。その蝶の発達は循環の領域で行われなければならず、循環の領域で行われる必要はありません。これらは問題の条件です。Hic Rhodus、hic salta!<ここにロードス、ここにジャンプ!>



   3.労働力の売買


資本に変換されるお金の価値の変化は、このお金自体では起こり得ません。

なぜなら、購入の手段として、そして支払いの手段として、それは購入または支払う商品の価格を実現するだけだからです。一定値のペトレファクトが固化するため、それは独自の形で存続します。(38)

また、流通の2番目の行為である商品の転売からも変化が生じることはありません。この行為は単に商品を自然な形からお金の形に戻すだけだからです。

したがって、変更は、最初の行為G-Wで購入された商品で行われる必要がありますが、価値ではありません。

同等物が交換されるため、商品はその価値で支払われます。

変化は、その使用価値それ自体、つまりその消費からのみ
生じる可能性があります。

商品の消費から価値を引き出すために、
私たちのお金の所有者は、流通の領域内で、市場で、

その使用価値自体が価値、

それ自体の実際の消費は仕事の客観化であり、

したがって価値の創造です。



労働力または労働力によって、私たちは身体性、人の生きている人格に存在し、彼があらゆる種類の使用価値を生み出すたびに動き出す身体的および精神的能力の縮図を理解します。



しかし、お金の所有者が市場で商品として労働を見つけるためには、さまざまな条件を満たす必要があります。商品の交換であり、アンドレンの依存関係は含まれていません<182>彼自身の性質からのものよりも湧き出ています。

この前提の下で、労働は、それがその労働者である自身の所有者によって販売のために提供されるか、または商品として販売される場合に限り、商品として市場に現れることができます。

その所有者がそれを商品として販売するためには、彼はそれを処分することができなければなりません。つまり、彼の労働力の自由な所有者、彼の人である必要があります。(39)

彼とお金の所有者は市場で出会い、商品の平等な所有者として互いに関係しますが、一方の買い手ともう一方の売り手は両方とも法的に同一の人物であるという事実によってのみ区別されます。この関係を継続するには、労働力の所有者がそれを一定期間だけ販売する必要があります。

なぜなら、彼がそれをまとめて販売すると、彼は自分自身を販売し、自由人から自由人に変身するからです。奴隷、商品所有者から商品へ。

人としての彼は常に彼の財産としての彼の労働、したがって彼自身の商品に対して行動しなければならず、彼がそれらを購入者に一時的に、一定期間だけ利用可能にした場合にのみ、これを購入者に消費のために任せることができます。(40)



<183>お金の所有者が商品として市場に出回っている
労働力を支配するための第2の必須条件は、

所有者が自分の仕事が実現した商品の代わりに販売することですが、
彼の労働自体はその肉体にのみ住んでいます商品は売りに出されなければ
ならないので存在します。



自分とは違う商品を売るには、もちろん原材料や作業道具などの生産手段が必要です。革なしではブーツは作れません。彼はまた食べ物が必要です。未来のミュージシャンでさえ、誰も未来の製品を利用することはできません。その使用価値はまだ完成しておらず、地球の舞台に登場した初日と同様に、人間はまだすべてを消費する必要があります彼が制作している前日とその間。製品が商品として生産される場合、それらは生産された後に販売されなければならず、販売後にのみ生産者のニーズを満たすことができます。販売に必要な時間が生産時間に追加されます。



したがって、お金を資本に変えるためには、
お金の所有者は商品市場で自由労働者を見つけなければなりません。

自由人としての彼は商品としての労働力を持っているという
二重の意味で自由です。

緩くて単一の販売する商品は、彼の労働力の実現に必要なすべてのもの
から解放されています。



なぜこの自由労働者が流通の領域で彼に立ち向かうのかという問題は、労働市場を商品市場の特別部門と見なしているお金の所有者には興味がありません。そして当分の間、私たちはそれに同じように興味を持っています。

私たちは理論的にはお金の所有者としての事実を実際に保持しています。ただし、明確なことが1つあります。

自然は一方ではお金や商品の所有者を生み出さず、他方では彼ら自身の労働の単なる所有者を生み出します。この関係は、博物学の関係でも、すべての歴史的時代に共通する社会的関係でもありません。

それ自体が、以前の歴史的発展、多くの経済的混乱の産物、一連の古い社会的生産の形成の終焉の結果であることは明らかです。



以前に検討した経済カテゴリーにも、その歴史的な痕跡があります。
商品としての製品の存在には、特定の歴史的条件が含まれています。

商品になるためには、生産者自身の直接的な生活手段として生産されてはなりません。さらに調査した場合:どのような状況で、製品のすべてまたは大部分が

<184>この形をとりますか。

もしあれば、これは非常に具体的な資本主義の生産様式に基づいてのみ
起こることがわかったでしょう。

しかし、そのような検査は商品の分析にはほど遠いものでした。自家消費を直接目的とした大量の製品の大部分は商品に変換されていないが、商品の生産と商品の流通は起こり得る。

したがって、社会的生産プロセスは、その全幅の交換価値によって支配されるにはほど遠い。深さ。商品としての商品の表現は、直接交換でのみ始まる使用価値と交換価値の区別がすでになされている程度に、社会内での分業を必要とします。



あるいは、お金を見ると、ある程度の商品交換を前提としています。
特定の形態のお金、単なる商品同等物または流通手段または支払い手段、
宝物および世界のお金は、社会的プロセスの非常に異なる段階で、
一方または他方の機能のさまざまな程度および相対的な優位性に応じて
示します生産の。それにもかかわらず、経験から、
これらすべての形態の形成には、比較的開発が不十分な商品の流通で十分です。

資本によって異なります。
その歴史的な存在条件は、商品やお金の流通とともに決してそこにあるわけではありません。それは、生産と食料の所有者が自由労働者を市場での彼の労働の売り手として見つけた場合にのみ発生し、この1つの歴史的条件は世界の歴史を含みます。(41)



この独特の商品である労働は、今やもっと綿密に検討されなければなりません。他のすべての商品と同様に、それは価値があります。(42)それはどのように決定されますか?



労働力の価値は、他の商品と同様に、この特定の商品の生産、したがって複製に必要な労働時間によって決定されます。それが価値がある場合、労働<185>はそれ自体のおかげで、それで客体化された平均的な社会的労働の特定の量だけがあります。

労働力は、生きている個人への愛着としてのみ存在します。したがって、それらの生産はその存在を前提としています。個人の存在を考えると、労働の生産はそれ自身の生殖または維持から成ります。

生きている個体はそれを維持するために一定量の食物を必要とします。したがって、労働生産に必要な労働時間は、この食品の生産に必要な労働時間に分解されます。

つまり、労働価値は、所有者の維持に必要な食品の価値です。
しかし、労働者はその発話によってのみ実現され、仕事にのみ積極的です。

彼らの活動を通して、仕事、しかし、人間の筋肉、神経、脳などがある程度消費され、それらを再度交換する必要があります。この増加した支出は、増加した収入をもたらします。(43)

労働力の所有者が今日働いた場合、彼は同じ強さと健康の条件の下で明日同じプロセスを繰り返すことができなければなりません。

したがって、生存手段の合計は、働く個人を彼の通常の生活状態で働く個人として維持するのに十分でなければならない。食料、衣類、暖房、住居などの自然のニーズ自体は、国の気候やその他の自然の特性によって異なります。

他方、それらが満たされる方法などのいわゆる必要なニーズの程度は、それ自体が歴史的な産物であり、したがって、とりわけ、本質的に以下の条件にも依存する、国の文化的レベルに大きく依存します。それ、したがって、どのような習慣と生活水準で、自由労働者のクラスが形成されました。(44)

他の商品とは対照的に、労働力の価値の決定には歴史的および道徳的要素が含まれています。ただし、特定の国では、特定の期間に、必要な食品の平均半径が示されます。



労働者の所有者は致命的です。市場での彼の出現が前提と資本へのお金の連続変換として、連続しているのであれば、その後、労働力の売り手は「すべての生活の個々の永続のように自分自身を自分自身を永続させる必要があり、<186>再現を通じて」。(45)

消耗と死亡によって市場から撤退した労働者は、少なくとも常に同数の新しい労働者と交代しなければならない。労働力の生産に必要な引当金の合計には、代替の男性、つまり労働者の子供たちの引当金が含まれているため、この独特の商品所有者の競争は商品市場で永続します。(46)



特定の仕事の分野でスキルとスキルを獲得し、開発され、特定の労働力になるように一般的な人間の性質を変更するには、特定の教育または育成が必要であり、それは多かれ少なかれ合計の費用がかかります同等の商品。労働力の多かれ少なかれ仲介された性格に応じて、その訓練費用は異なります。したがって、これらの学習コストは、一般的な労働力にとってはほとんどないため、生産に費やされた価値の近くに含まれています。



労働価値は、一定量の食料の価値に分解されます。したがって、それはこれらの食品の価値、つまりそれらの生産に必要な労働力によって変化します。



食品、加熱手段などの一部の食品は、毎日新たに消費され、
毎日交換する必要があります。

衣服や家具などの他の食品は長期間使用されるため、
長期間交換する必要があります。

ある種類の商品は毎日、他の商品は毎週、四半期ごとなどに
購入または支払う必要があります。

ただし、これらの支出の合計を1年間に常にどのように配分するか、たとえば、毎日の平均所得でカバーする必要があります。労働生産に毎日必要な商品の質量が= A、毎週必要な商品の質量= B、四半期ごとに必要な商品の質量= Cなどの場合、これらの商品の1日平均は= 365A + 52B +になります。 4C +など/ 365。平均的な日に必要なこの大量の商品に6時間のソーシャルワークがあると仮定すると、<187>は労働で客体化されます毎日の平均的なソーシャルワークの半日、または毎日の労働生産には半営業日が必要です。

彼らの毎日の生産に必要なこの労働量は、労働力の毎日の価値または毎日再生される労働力の価値を形成します。

平均的な社会労働の半日も3シリングの金の塊にある場合。またはターラー、1ターラーは労働の交換価値に対応する価格です。労働者の所有者が1日1ターラーでそれを売りに出す場合、その販売価格はその価値に等しく、私たちの前提によれば、彼のターラーを資本に変換することを熱望しているお金の所有者はこの価値を支払います。



労働力の価値の最終的な限界または最小の限界は、大量の商品の価値によって形成され、労働力の担い手である人間は、その毎日の供給がなければ、彼のライフプロセスを更新することはできません。

つまり、物理的に不可欠な価値によって形成されます。
生存の手段。労働力の価格がこの最低値まで下がると、その価値を下回ります。

なぜなら、それは発育不全の形でこのように生き残り、発展することしかできないからです。ただし、すべての製品の価値は、通常の品質で製品を納品するために必要な労働時間によって決まります。



問題の性質から生じる労働価値のこの決定を大まかに見つけて、ロッシに不平を言うことは、非常に安価な感情です。たとえば、次のようになります。



「生産過程で労働の生存手段から抽象化しながら労働能力(puissance de travail)を理解することは、パイプドリーム(êtrederaison)を把握することと呼ばれます。労働能力を言う人は誰でも、労働者と生存手段を言います。労働者と賃金を同時に。」(47)



働く能力を言う人は誰でも仕事を言いません、
消化する能力を言う人が消化を言う以上に。

後者のプロセスは、良い胃以上のものを必要とすることが知られています。

仕事の能力は、彼の生存に必要な食物から抽象化されていないと言う人は誰でも。むしろ、その価値はその価値で表されます。

それが売られなければ、それは労働者にとって役に立たない。むしろ、彼の労働力が彼の生産のためにある程度の生存手段を必要とし、彼の複製のために常に新たに必要とすることは残酷な自然の必要性として彼は認識する。

それから彼はシスモンディと一緒に発見します:「働く能力は...それが売られなければ何もありません」(48)。



<188>この特定の商品、労働力の独特の性質は、買い手と売り手の間の契約の終了により、それらの有用性が実際には買い手の手に渡っていないことを必要とします。

その価値は、他の商品と同様に、流通に入る前に決定されました。労働力の生産に一定量の社会的労働が費やされたためですが、その使用価値はその後の力の表現にのみ含まれます。

したがって、権力の疎外とその実際の表現、つまり使用価値としての存在は、時間の経過とともに崩壊します。でもそんなグッズで(49)、販売による使用価値の正式な疎外とその実際の購入者への移転が時間の経過とともに崩壊する場合、購入者のお金は主に支払い手段として機能します。

資本主義生産方式のすべての国では、労働力は、購入契約で指定された時間内、たとえば各週の終わりにすでに働いた後にのみ支払われます。

したがって、どこでも、労働者は労働力の使用価値を資本家に提供します。彼は彼らの価格が支払われる前に買い手にそれらを消費させます、それ故にどこでも労働者は資本家を信用します。

そのクレジットは決して空の妄想ではなく、資本家が破産したときにクレジットされた賃金が時折失われるだけではありません。(50)だけでなく、より持続可能な効果も数多くあります。(51)

ただし、お金が購入の手段として機能するのか、支払いの手段として機能するのかは、商品の交換自体の性質を変えるものではありません。労働価格は契約上固定されていますが、家賃のように後でしか実現されません。

労働力は後で支払われますが、売却されます。しかし、関係を純粋に理解するためには、当面の間、労働力の所有者もその売却で契約上定められた価格を即座に受け取ると仮定することは有用です。


21
<189>私たちは今、この独特の商品の所有者である労働力がお金の所有者によって支払う価値を決定する方法を知っています。

後者が引き換えに受け取る使用価値は、労働力の消費過程における実際の消費にのみ現れます。原材料など、このプロセスに必要なすべてのものは、商品市場でお金の所有者によって購入され、全額で支払われます。

労働力の消費プロセスは、同時に商品と剰余価値の生産プロセスでもあります。
労働力の消費は、他のすべての商品の消費と同様に、市場または流通圏の外で行われます。

したがって、私たちは、お金の所有者や労働者と一緒に、表面に住み、すべての人がアクセスできるこの騒々しい球体を残します。

あなたが読むことができるしきい値で、生産の隠された場所に両方をたどるために:ビジネス以外の入場はありません。

<事業への参入のみ>ここでは、資本がどのように生み出されるかだけでなく、自分自身がどのように資本を生み出すかについても見ていきます。プラスメイキングの秘訣はついに明らかにされなければならない。


22
労働力の売買がその境界内で動く循環または商品の交換の領域は、実際には、生来の人権の真のエデンでした。

ここで君臨するのは、自由、平等、財産、そしてベンサムだけです。

自由!買い手<190>労働などの商品の売り手は、自由意志によってのみ決定されます。

彼らは自由で法的に平等な人として契約します。

契約は最終結果であり、彼らの意志は共通の法的表現を与えます。平等!

彼らは商品の所有者として互いに関係しているだけであり、同等のものを同等のものと交換するからです。

プロパティ!
誰もが自分のものしか持っていないからです。

ベンサム!
なぜなら、2人はそれぞれ自分自身を行うことだけに関心があるからです。

彼らを結びつけ、関係を築く唯一の力は、彼らの自己利益、彼らの特別な利点、彼らの私的利益の力です。そして、誰もが自分自身のためだけに向きを変え、他の人のために誰も向きを変えないという理由だけで、すべては、物事の予定調和の結果として、または遍在するプロビデンスの後援の下で、相互利益の仕事を達成するだけです、


23
フリートレーダーの人相学者の見解が<191>で見られ、会社の資本と賃金労働についての意見のためにスケールを借りた、単純な循環または商品の交換のこの領域から離れると、それは、私たちのドラマティスペルソナの人相。

元お金の所有者は資本家として前進し、労働力の所有者は彼の労働者として彼に従います。

意味のある笑顔でビジネスに熱心な人、恥ずかしがり屋で気が進まない人、自分の肌を市場に持ち出し、今では皮なめし以外に何も期待できない人のようです。

脚注





 
 
》記事一覧表示

新着順:19/1670 《前のページ | 次のページ》
/1670