teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/1696 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

マルクスによる主題とは? 商品である

 投稿者:杉本  投稿日:2021年10月18日(月)19時21分19秒
  通報 返信・引用 編集済
  https://www-mlwerke-de.translate.goog/me/me19/me19_355.htm?_x_tr_sch=http&_x_tr_sl=de&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=nui,sc

[アドルフ・ワーグナーの「政治経済学の教科書」のわずかな光沢]


http://www.mlwerke.de/me/me19/me19_355.htm

[アドルフ・ワーグナーの「政治経済学の教科書」のわずかな光沢]

Karl Marx
[Randglossen zu Adolph Wagners "Lehrbuch der politischen Ökonomie"]
Geschrieben zweite Hälfte 1879 bis November 1880.
Nach der Handschrift.


---------------------------------------------------------
| 355 | 1.ワーグナー氏の見解、「社会法の見解」(p.2)。
-
| 357 | 資産:

-

「資本、買収基盤、商品の広告在庫:移動可能な買収手段の供給。」一方、「ユーティリティストック:何らかの方法で要約された移動可能な高級アイテムの量」(p。38、N。2)。

現在および現在の資本(p。38、2(a)および2(b))。

価値がある。ワーグナー氏によれば、マルクスの価値理論は「彼の社会主義システムの基礎」である(p.45)。私は「社会主義システム」を設定したことがないので、これはワーグナー、シェフレ・エ・トゥッティ・クォンタム、そして他のすべての人の幻想です。

さらに:どのマルクスによると

「ここだけで仕事で意味される交換価値の共通の社会的実体、社会的に必要な労働時間における交換価値の尺度を見つける」など。

| 358 |
「交換価値の共通の社会的実体」についてはどこにも言及していませんが、交換価値(少なくとも2つが存在しない交換価値は存在しません)は、「交換価値」とは完全に独立した共通の何かを表していると言います値を使用する」(つまり、ここではそれらの自然な形式)、つまり「値」を使用します。

つまり、「商品の交換関係や交換価値に共通するのは、その価値です。
調査の進展により、必要な価値の表現や見た目としての交換価値に戻ることができますが、最初はこのフォームとは別に表示する必要があります "|あなたKarlMarx、資本論、第1巻、53ページ| (p.13)。


ですから、「交換価値の共通の社会的実体」が「仕事」であると言っているのではありません。そして、私は特別なセクションで価値の形、つまり交換価値の開発を幅広く扱っているので、この「形」を「共通の社会的実体」である労働に還元するのは奇妙でしょう。

ワーグナー氏はまた、「価値」も「交換価値」も私にとっての主題ではなく、商品であることを忘れています。


さらに:

「これ」(マルクス主義)「理論は、リカルドにリンクされた、一般的な価値理論とコスト理論の両方ではありません。」(lc)

Wagner氏はしている可能性があり、私とリカルドの違いを知ってもらって、「資本」からとの両方から、シーバーの書き込み(彼はロシア語を知っていた場合)、実際には唯一人配らとして仕事に価値の尺度と彼の理論の間ので接続なし価値とお金の本質の。


ワーグナー氏がこれは「一般的な価値理論ではない」と言ったとき、彼は一般的な価値理論が「価値」という言葉の上に回転していることを理解しているので、彼の意味ではまったく正しいです。

どちらも「価値」という言葉が共通しているため、「価値を使用する」と「価値」を維持するという伝統的な職業上の混乱。

しかし、これが「コスト理論」であるとも言った場合、それはトートロジーに帰着します。

商品は、価値を表す限り、社会的、労働的、そして私によると商品の価値に関する限り、あなたの中のサイズは、労働時間などを控えます,つまり、オブジェクトの製造にかかる通常の作業質量などによって決定されます。

そしてワーグナー氏は、これがそうであったことなどを保証したという点で反対を証明します。

これはそうではないので、価値理論は「一般的」ではありません| 359 |ワーグナー氏の「一般的な価値理論」の見方です。

または彼は何か間違ったことを言います:リカルド(スミスの後)は生産の価値とコストを一緒に投げます。私はすでに「政治経済学の批判について」と「資本」に関する注記で、価値と生産価格(生産コストをお金で表すだけ)が一致しないことを明確に指摘しました。なぜだめですか? HerrWagnerには言わなかった。

```````
```````

同じワーグナーがラウから喜んで引用しています:

「誤解を避けるために、それは何を確立する必要がある本当にれる意味で価値、そして適切であるために使うドイツ語を選択するために使用価値をする」(p。46)。

価値の概念の導出(p。46sqq。)。

価値の概念から、d'abord | equals |ワーグナー氏の使用価値と交換価値は、私のように| 362 | によって導き出されたものではありません。特に商品の、そしてその最新の「基礎」でこのスコラ学に従うことは興味深いです。

「それは人間の自然な欲求であり、彼のニーズに対する内的および外的商品の比率は、もたらす意識と理解を明確にすることです。これは、外界の価値のある商品または物がどれであるかを推定(評価)することによって行われます。添付され、同じものが測定されます」(p。46)、それはpと呼ばれます。 12:「ニーズを満たすためのすべての手段は商品と呼ばれます。」


```````
```````

ですから、人々は実際に、自分のニーズを満たす手段として、外の世界から特定のものを流用し始めました。後に彼らは、言語学的に、彼らが実際の経験において彼らにとって何であるか、すなわち彼らのニーズを満たす手段として、彼らを「満足させる」ものとしてそれらを参照するようになります。この事実を、人々はそのようなものを実際に彼らのニーズを満たす手段としてだけでなく、彼らの想像力、さらには言語的にも彼らのニーズとして扱う、つまり彼ら自身が「満足のいく」ものを指定するという事実を{人間の必要性が満たされていない、彼は対立している彼のニーズ、つまり自分自身で}、これは「ドイツ語の用法に従って」、「価値を付加する」と呼ばれるため、「価値」という一般的な用語は、外部の人々に対する人々の行動から生じることが証明されています。目の前の世界| 364 | 彼らのニーズを満たすものを見つけ、その結果、これは「価値」の総称であり、元素の化学的価値など、他のすべての種類の価値はそれの多様性にすぎません。(1)


「概念」から経済カテゴリー「価値」を導き出すことはドイツ経済学教授の「自然な努力」であり、彼は政治経済学で一般に「使用価値」と呼ばれるものによってこれを達成します。「Wert」は単に名前が変更されました。そして、「価値」が単純に見つかるとすぐに、それは再び「卓越した価値」から「使用価値」を導き出すために使用されます。あなたがしなければならないのは、あなたが落とした「使用法」の断片を、卓越した「価値」の前に置くことだけです。


(ドイツの教授のために、単にそれが「必要」であることを教えてくれるラウ(P 88参照)、実際にあるschoolmastersは)「されているものを確立するために絶対的に意味値によって」、そして誰が単純に追加されています。「と、それはあるよるということにドイツ語の使用法、この目的のために-使用価値を選択する。{化学では、要素の化学値は、その原子の1つが他の要素の原子と結合できる数を意味します。したがって、最初に「値」という用語を定義する必要があります。並外れた卓越性」など}

人が物事を「彼のニーズを満たす手段」と呼ぶ場合、彼はそれらを「商品」と呼びます。参照|ワーグナー。彼はそれらに「良い」属性を付けます。この操作の内容は、ワーグナー氏が「値を添付」に名前を変更したという事実によって変更されることはありません。彼自身の怠惰な意識は、次の文ですぐに「理解する」ことになります。

「これはで行われ、推定 (推定値)、それによって品物を、または外の世界値落ち着くものと同じ測定です。」


```````
```````

これは、彼の「貧しい存在」を満たし、彼のニーズを満たす手段である限り、彼が「外の世界のものを評価する」ことを意味します。したがって、以前に聞いたように、それらを「商品」として扱います。

さて、特に一般的な価値の概念を導き出すための「自然な」専門家の「努力」を感じる場合、属性「商品」を「外界のもの」に付け、それらに「価値を付ける」という名前を付けることができます。

。。人は外の世界で自分のニーズを満たすものに対して「商品」として振る舞うとき、それらを「賞賛」し、それによって「価格」を付けます。それが「」の概念の派生です。

価格」「手続きの種類別」の「ゲルマニクス教授のレディカットの人々|ドイツの教授の体に合わせて|配達されました。教授自身ができないことはすべて、彼は「その人」にやらせますが、実際には、彼が抽象的なルーブリックの下で世界をランク付けするとき、彼は世界を理解したと思う教授にすぎません。

しかし、外の世界のものに「価値を付ける」ことが表現の別のイディオムであり、属性「商品」をそれらに付ける場合、ワーグナーが取得しようとするように、「商品」に「価値」を付けることは決してありません。

「それ自体がその「良さ」とは異なる決意よりも。 「良い」という言葉だけ「価値」という言葉下に押し込まれた。 {ご覧のとおり、それは単語である可能性もあります「価格」が挿入されます。「宝」という言葉を挿入することもできます。

その中で「男」は「外界のある」ものを「商品」として刻印している、| 366 |

彼はそれらを「大切にし」、したがってそれらを「宝」として扱います。したがって、3つの経済カテゴリの価値、価格、宝物がどのように評価されるかを確認できます。

ワーグナー氏は、「人間の自然な努力」から一挙に思い起こして、彼の釘付けにされた概念の世界を教授に届けて、何か「または」何かをさらにこっそりと伝えることができました。

したがって、
フレーズ; 「それによって、外の世界の商品や物などに価値が付けられます」。

ワーグナー氏は「外界のもの」の刻印を商品と名付けたので、つまり人間のニーズを満たす手段として(想像上の)それらの刻印と固定を、同上:これらの解決する価値のあるもの「彼は、もはやこれを呼び出すことができる」商品「自己価値」物事の外の世界価値彼は言うかもしれないとして、属性「帰属値。

しかし、サルトmortaleをワードで行われる」製品、またはのもの外の世界は価値を付ける」。ワーグナーは言うべきだった:「商品」としての外の世界の特定のものの刻印は、これらのものに「価値を付ける」とも呼ばれることができ、これはワーグナーの「価値の概念」の派生である一般的または一般的に。

これにより内容は変更されません言語表現の変化。人間のニーズを満たす手段であるのは、常に外界の物事の概念をマークアウトまたは修正することだけです。実際、「その」人間のニーズを満たす手段としての外界の特定のものの認識と認識だけです(しかし、実際には「概念の必要性」に苦しんでいます)。


しかし、Wagner氏は、私たちや、自分自身ではなく、二つの名前を同じ給料を与える、彼は別の、より発展に「良い」の定義から進行していることを信じさせるために望んでいるの定義は、「値」、およびなぜなら彼は「これは単に起こります外の世界のもの」または「商品」という言葉、彼が「商品」または「」という事実によって再び「暗くなる」プロセス「外の世界のもの」に取って代わった。

したがって、彼自身の混乱は、彼の読者を混乱させるという確かな効果を達成します。

彼はこの美しい「派生物」を次のように逆転させることもできます:人間の場合、満足の手段である外の世界のものは、外の世界が異なり、したがって区別される他のものの満足の手段としての彼のニーズです、名誉彼は、彼らに価値を置くか、彼らに属性「価値」を与えます。

これは、属性「good」を文字として付加するか、「good」と見なすことによっても表現できます。または感謝します。

これは「値 " 、または「良い」という用語は外の世界のものに付けられます。したがって、「良い」という用語は、一般的に「価値」という用語から「派生」しています。それはすべてのそのような退院において、成長していないタスクの問題だけが導き出されます。



しかし、同じように、ワーグナー氏は商品の「価値」からこの価値を全速力で「測定」するようになります。

--------------------------------------------------------

そして、同じワーグナーが、「使用価値」を科学から完全に「削除」する必要がある人々の中で私をランク付けしました(p。49、注)。これらはすべて「ナンセンス」です。

De Prime abord |最初から|私は「概念」から始めないので、「価値の概念」からも始めません。したがって、これは| 369 |にあります。決して「分割する」ことはありません。

私が想定しているのは、労働の産物が今日の社会で表される最も単純な社会的形態であり、これが「商品」です。これを、最初はそれらが表示される形式で分析します。

ここで私は今、一方で、その自然な形で、それは商品であることがわかります、使用価値とも呼ばれます。一方で交換価値の担い手、そしてこの観点からも「交換価値」。

後者をさらに分析すると、交換価値は商品に含まれる価値の独立した表現方法である「外観の形」にすぎないことがわかり、後者の分析に進みます。

したがって、p。 36、第2版:「この章の冒頭で通常の方法で言われた場合:商品は使用価値と交換価値である場合、これは正確には間違っていました。商品は使用価値または使用目的であり、 'value'。その値がその自然な形、つまりdesの形とは異なる独自の形になるとすぐに、あなたはそれ自体を2倍として提示します。交換価値「など。

だから私は価値を使用価値と交換価値に分けて、抽象的な「価値」を分割するのとは逆に、労働製品の具体的な社会的形態である「商品」を使用します。

一方、「価値」は交換価値ではありません。単なる外観はそれ自体の内容ではないからです。


第二に:「資本」の言葉を理解していないvir obscurusだけが結論を下すことができます:「資本」の初版に関するメモのマルクスは、一般に「使用価値」に関するすべてのドイツの教授職と本物について何かを考える読者を拒否するため使用価値は知りたい、「商品科学のための指示」を参照します-したがって、使用価値は彼にとって役割を果たしません。

もちろん、その反対である「価値」の役割は果たしていません。「価値」という名前に「価値」が含まれていることを除けば、共通点はありません。彼は、「交換価値」は私にとっては取っておかれると言ったかもしれません。

なぜなら、それは価値の外観だけであり、「価値」ではないからです。私にとっては「価値」だからです。商品の使用価値でも交換価値でもありません。


「商品」(最も単純な経済的具体性)を分析する必要がある場合、目前の分析の目的とは関係のないすべての関係を遠ざける必要があります。

しかし、商品について言えることは、それが使用価値である限り、私は数行で述べましたが、一方で、使用価値(労働の産物)が現れる特徴的な形を強調しましたここ;すなわち:| 370 | "事{2}は有用であり、人間の労働の産物である可能性があります。

商品ではなく。製品を通じて自分のニーズを満たす人は誰でも、商品ではなく使用価値を生み出します。農産物商品のために、彼は唯一の使用値を生成してはならないが、また、他の値を使用し、社会的使用価値「(P。15)。{これはRodbertusののルートである」「社会的使用価値したがって、「商品」の使用価値としての使用価値自体は、歴史的に特定の特徴を持っています。

たとえば、食品が共同で生産され、コミュニティメンバー間で配布される原始的なコミュニティでは、共通の製品は、すべてのコミュニティメンバー、すべての生産者の重要なニーズを直接満たします。

製品の社会的性格、使用価値は、ここにその(共通の)コミュニティの性格があります。 {一方、Herr Rodbertusは、商品の「社会的使用価値」を卓越した「社会的使用価値」に変換します。したがって、せせらぎになります。}


上記からわかるように、商品を分析することは、一方では使用価値または財として、他方では「価値」として現れるため、この機会に「タイアップ」することは純粋に推進力になります。

ワーグナーやドイツの教授が一般的に行っているように、使用価値や商品に関するあらゆる種類の平凡な反省は、「州の商品」や「コミュニティの商品」などの商品の世界の領域には当てはまりません。 |鉱山や森林などの開発の場合のように、州自体が資本主義の生産者である場合、その製品は「商品」であり、したがって他のすべての商品の特定の特徴を持っています。


一方、vir obscurusは、商品の分析において、私がそれが表されている二重モードにとどまらず、むしろ商品のこの二重性において二重性格であるという事実にすぐに進むという事実を見落としていました。

労働者:その製品、それが提示された便利な作業、使用値を作成する作業のすなわち、具体的なモード、および抽象的作品、労働力の支出として、仕事上の関係なく、それが費やされている「役に立つ」道の、(製造プロセスの説明は後で基づいています)

;商品の価値形態の開発において、最後の例では、そのお金の形態、すなわち、お金は、値1件の商品がで表されているの使用値他の商品の天然の形態では、他の、。剰余価値そのものが「特定」とその排他的に由来している労働力の使用価値、などなど、| 371 |

そのため、私にとって使用価値は以前の経済とはまったく異なる重要な役割を果たしますが、そのような考慮が概念や言葉について前後に議論することからではなく、与えられた経済構造の分析から生じる場合にのみ考慮されます「使用価値」と「価値」。


このため、商品を分析する場合、「資本」の定義は、その「使用価値」の機会にすぐにはリンクされません。これは、商品の要素のみを分析する限り、まったくナンセンスである必要があります。


しかし、私のプレゼンテーションでワグナー氏を苛立たせた(ショックを受けた)のは、私が彼にドイツの愛国的な専門家の「努力」に従い、使用価値と価値を混乱させることを支持していないということです。

------------------------

| 378 | 「この{交通を通じた商品の取得}」は、必然的に特定の法制度を前提とし、それに基づいて「(!)」「交通が行われる」など(p.84)。

クレジット。ワグナーは、支払いの手段としてお金の開発を与える代わりに、2つの同等物がフラットシェアで互いに向き合わないように行われる限り、循環のプロセスを「クレジットビジネス」に即座に変えます( p。85sq。)、「リンクされた」と「これはしばしば「利息」の支払いに関連するようになります。また、「自信を与える」ために、したがって「信用」の基礎として「信頼」を提示するのに役立ちます。

Puchtasなどについて「財産」の法的な概念。これによれば、債務も負の要素として属します(p。86、N.8)。

クレジットは「消費者クレジット」または「生産的クレジット」(p.86)です。前者{3}主に低文化レベルで、後者は{4}から「より高い」へ。

古代ローマにおける債務の原因{貧困の原因:作物の変動、兵役、奴隷競争}について(ジェリング、第3版、234ページ、II、第2「ローマ法の精神」)。

「低レベル」のワーグナー氏によると、「消費者信用」は「抑圧されていない」クラスと「より高潔な」クラスの間で優勢です。事実:イギリス、アメリカでは、預金銀行システムの形成により、「消費者信用」が一般的に支配的です!

「特に...生産的信用は、土地と動産の私有に基づく経済の経済的要因であり、自由な競争を可能にします。それは、純粋な経済的カテゴリーとしての財産ではなく、財産所有に関連しています。」したがって、「歴史的-法的カテゴリー」(!)(p.87)のみ。

--------------------------------
 
 
》記事一覧表示

新着順:15/1696 《前のページ | 次のページ》
/1696