teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/1696 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2回表されている作品の2つの特徴

 投稿者:杉本  投稿日:2021年10月20日(水)11時16分55秒
  通報 返信・引用
    4. 商品のフェチキャラクターとその秘密

  www.mlw

(31)リカルドの価値の大きさの分析で不十分なこと-そしてそれが最良である-は、この作品の3番目と4番目の本に見られます。
(31) What is inadequate in Ricardo's analysis of the magnitude of value - and it is the best - will be seen in the third and fourth books of this work.

But as far as value in general is concerned, classical political economy nowhere expressly and with clear consciousness differentiates labor as it is in value from the same labor insofar as it is in the use value of its product.
しかし、一般的な価値に関する限り、古典派経済学は、製品の使用価値に関する限り、価値がある労働と同じ労働との価値を明確に意識して区別することはできません。

もちろん、それは実際に違いを生みます。それは、ある時点では定量的に、別の時点では定性的に作業を見るからです。
Of course, it actually makes the difference, as it looks at the work quantitatively at one time and qualitatively at the other.

But it does not occur to her that a mere quantitative difference in labor presupposes its qualitative unity or equality, that is, its reduction to abstract human labor.
しかし、労働の単なる量的な違いがその質的な統一または平等、つまり抽象的な人間の労働への縮小を前提としていることは彼女には起こりません。

たとえば、リカルドは、デステュット・ド・トレーシーが次のように述べていることに同意します。私たちが富と呼ぶすべてのものを作成するこの使用法です...さらに、それらすべてがそれらを作成した作業のみを表すことは確かであり、それらが1つの値、または2つの異なる値を持っている場合、それらは持つことができますこれは、それらが生じる作品の「(価値)」からのものです。」(リカルド、「Pol。Econ。の原則」、第3版、Lond。1821、334ページ。Cf。Destuttde Tracy、「Elemens d'ideologie。 "IVe et Ve partys、Paris 1826、p。35、36>)

リカルドがそれ自身のより深い意味をデステュットに帰することを提案するだけです。 Destuttは確かに、一方では富を構成するすべてのものが「それを生み出した仕事を表す」と言っていますが、他方ではそれらは「2つの異なる価値」(使用価値と交換価値)を「労働価値」を得る。それは、他の商品の価値を後で決定するために、ある商品(ここでは労働)の価値を前提とする俗語経済の平坦性に分類されます。
Ricardo, for example, agrees with Destutt de Tracy when he says: "Since it is certain that our physical and mental faculties alone are our original wealth, the use of these faculties, a certain kind of work, is our original treasure; it always is this use which creates all those things that we call wealth ... Moreover, it is certain that all those things represent only the work that created them, and if they have one value, or even two different values, so can they only have this from the "(value)" of the work from which they arise. " (Ricardo, "The principles of Pol. Econ.", 3rd ed., Lond. 1821, p. 334. Cf. Destutt de Tracy, "Elemens d'ideologie." IVe et Ve parties, Paris 1826, p. 35, 36>)

We only suggest that Ricardo attributes its own deeper meaning to the Destutt. Destutt does indeed say, on the one hand, that all the things that make up wealth "represent the work that created it", but on the other hand that they derive their "two different values" (use value and exchange value) from the "value of labor" obtain. It falls into the flatness of vulgar economy, which presupposes the value of one commodity (here labor) in order to subsequently determine the value of the other commodities.
リカルドは、使用価値と交換価値の両方が仕事を表すようにそれを読みます(仕事の価値ではありません)。しかし、彼自身は、2回表されている作品の2つの特徴をほとんど区別していないため、「価値と富、それらの特徴的な特性」の章全体で、1つのJBセイが混乱しなければならない些細なことを苦労して扱っています。したがって、結局、彼は、デスタットが価値の源としての仕事で自分自身と調和し、一方で価値の概念についてセイと調和していることに非常に驚いています。





(32)古典派経済学の根本的な欠陥の一つは、商品、特に商品価値の分析に成功せず、それを交換価値にする価値の形態を見つけることでした。
(32) It is one of the fundamental flaws of classical political economy that it never succeeded in analyzing the commodity, and more particularly of the commodity value, to find out the form of value that makes it an exchange value.

It is precisely in its best representatives, like A. Smith and Ricardo, that it treats the form of value as something quite indifferent or something external to the nature of the commodity itself. The reason is not only that the analysis of the magnitude of value completely absorbs their attention. It lies deeper.
A.スミスやリカルドのように、価値の形をまったく無関心なもの、または商品自体の性質の外部にあるものとして扱うのは、まさにその最高の代表です。その理由は、価値の大きさの分析が彼らの注意を完全に吸収するというだけではありません。それはもっと深いところにあります。


労働生産物の価値形態は最も抽象的なものですが、ブルジョア生産様式の最も一般的な形態でもあり、それによって特別な種類の社会的生産として、したがって同時に歴史的に特徴付けられます。したがって、それらを社会的生産の永遠の自然な形に提供する場合、価値の形の詳細、すなわち商品の形を必然的に見落とし、お金の形、資本の形などをさらに発展させました。は、一般的な同等物の完成形です。
The value form of the labor product is the most abstract, but also the most general form of the bourgeois mode of production, which is thereby characterized as a special kind of social production and thus at the same time historically. If one therefore provides them for the eternal natural form of social production, one necessarily overlooks the specifics of the value form, i.e. the commodity form, further developed the money form, capital form, etc. the most motley and contradicting ideas of money, that is, of the finished form of the general equivalent.

This is particularly evident when dealing with banking, for example, where the common definitions of money are no longer sufficient. In contrast, a restored mercantile system (Ganilh, etc.) emerged, which only sees the social form in value, or rather only its insubstantial appearance. - To note it once and for all, by classical political economy I understand all economics since W. Petty, which explores the inner connection of the bourgeois production relations in contrast to vulgar economy, which only hangs around within the apparent connection, for a plausible understanding of the so to speak gross phenomena and bourgeois household needs, the material that has long been supplied by scientific economics is constantly re-chewing, but otherwise is limited to systematizing, pedantizing and proclaiming the banal and self-satisfied notions of the bourgeois production agents of their own best world and proclaiming them as eternal truths.
これは、たとえば、お金の一般的な定義がもはや十分ではない銀行を扱うときに特に明白です。対照的に、復元された重商主義システム(Ganilhなど)が出現しました。これは、社会的形態の価値のみを見るか、むしろその実体のない外観のみを見るものです。 -古典派経済学では、ブルジョアの生産関係の内部のつながりを探求するW.ペティ以来のすべての経済学を理解しています。いわゆる総体的な現象とブルジョアの家庭のニーズを理解することで、科学経済学によって長い間供給されてきた資料は絶えず再噛み砕かれていますが、それ以外の場合は、ブルジョアの生産の平凡で自己満足の概念を体系化し、説得し、宣言することに限定されています彼ら自身の最高の世界のエージェントと彼らを永遠の真実として宣言します。

 
 
》記事一覧表示

新着順:14/1696 《前のページ | 次のページ》
/1696