teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


      第1作業プロセス

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月23日(日)12時38分7秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_192.htm

  process and recovery process
  作業プロセスと回復プロセス
  1st working process
  第1作業プロセス

①<192> The use of labor is the labor itself. The buyer of the labor consumes it by having their salesman work. As a result, the latter becomes an actuarial worker, a worker, which in the past was only potentia. In order to present his work in commodities, he must first of all present them in utility values, things that serve to satisfy needs of some sort. It is therefore a particular second-hand value, a definite article, which the capitalist makes by the worker. The production of commodities or commodities does not change their general nature by acting for and under the control of the capitalist.

The work process is therefore initially independent of any particular social form.
①<192>労働力の利用は労働そのものです。労働力の買い手は、セールスマンに働きかけてそれを消費します。その結果、後者は保険数理人労働者、労働者になりますが、これは過去にはただの可能性でした。彼の作品を商品に提示するためには、まずそれらを実用価値で提示しなければなりません。それはある種のニーズを満たすのに役立つものです。それゆえ、それは特定の中古の価値、資本家が労働者によって作る明確な記事です。コモディティまたはコモディティの生産は、資本主義者のために、そしてその支配下で行動することによってそれらの一般的性質を変えることはありません。

そのため、作業プロセスは当初、特定の社会的形態から独立しています。
<The work process is therefore initially independent of any particular social form.>

②-①仕事は、まず第一に、人間と自然との間のプロセス、人間が自らの行為を通して自然との彼の新陳代謝を仲介し、調整し、制御するプロセスである。彼は天然物質としての天然物質そのものに反対します。彼は自分の生活に適した形で天然物質を獲得するために、自分の体、腕と脚、頭と手に属する自然の力を動かします。彼の外の自然に働きかけ、それを変えることによって、彼は彼自身の性質を変えます。彼は彼女の中で休眠状態にある能力を発達させ、そして彼女の力の演劇を彼自身の服従性にさらします。
②-①The work is first of all a process between man and nature, a process in which man mediates, regulates and controls his metabolism with nature through his own act. He opposes the natural substance itself as a natural power. He sets in motion the natural forces belonging to his body, arms and legs, head and hand, in order to acquire the natural substance in a form suitable for his own life. By acting on nature outside of him and changing it, he changes his own nature. He develops the potencies dormant in her, and subjects the play of her powers to his own submissiveness.

②-②私たちはここで最初の動物のような本能的な形式の仕事を扱っていません。
②-②We are not dealing here with the first animal-like instinctual forms of work.

②-③The condition in which the worker acts as a seller of his own labor power in the commodity market is, in a primeval background, removed from the state in which human labor had not yet shed its first instinctual form.
②-③労働者が商品市場で自らの労働力の売主として行動するという条件は、原始的には、人間の労働が未だその最初の本能的な形態を脱していない状態から取り除かれている。

②-④We assume work in a form in which it belongs exclusively to man. A spider performs operations similar to those of the weaver, and a bee shames some human builders by building its wax cells. But what distinguishes the worst architect from the outset in front of the best bee is that he built the cell in his head before building it in wax.
②-④私たちはそれが人間だけに属する形で仕事を引き受けます。クモはウィーバーと同様の操作を実行し、ハチはそのワックスセルを構築することによって一部の人間の建築者を恥じています。しかし、最悪の建築家と最高のハチの前の最初の建築家を区別するのは、彼がセルをワックスで造る前に頭の中に造ったということです。

②-⑤At the end of the work process, a result emerges which, at the beginning of it, already existed in the idea of the worker, that is to say already ideationally. Not that it only causes a change of form of the natural; he realizes in the natural at the same time his purpose, which he knows, who determines the manner of his action as law and to whom he must subordinate his will.
②-⑤作業過程の終わりに、結果が現れ、それはその初めにはすでに労働者の考えの中に存在していました、それはすでに理想的に言っています。それが自然の形の変化を引き起こすだけではない。彼は自分の知っている目的、同時に法としての行動の仕方を決める者、そして自分の意思に従わなければならない者を同時に認識します。

②-⑥そして、この従属は孤立した行為ではありません。働く臓器の努力とは別に、注意として自分自身を表現する意図的な意志が仕事の全期間にわたって必要とされます、そして、そうであるほど、それはそれ自身の内容と方法によるものではありません彼らが実行されることは、彼が彼自身の肉体的および精神的な力の演劇として彼らを楽しむのが少ないほど、彼と一緒に労働者を運びます。
②-⑥And this subordination is not an isolated act. Apart from the effort of the organs which work, the purposeful will, which expresses itself as attention, is required for the whole duration of the work, and the more so, the less it is due to its own content and the The manner in which they are performed carries the worker with him, the less he enjoys them as a play of his own physical and mental powers.

③The simple moments of the working process are the purposeful activity or work itself, its object and its means.
③作業プロセスの単純な瞬間は、意図的な活動または作業そのもの、その目的および手段です。

④-①The earth (including, economically, the water), as it originally provided man with provisions and finished food (1), is found without his intervention as the general object of human labor. All things which detach work only from their immediate connection with the whole, are naturally found objects of work.
④-①地球(経済的には水を含む)は、もともと人間に食料と食料を供給していたように(1)、人間の労働の一般的な目的として彼の介入なしに見つけられる。全体との直接的なつながりからのみ作品を切り離すものはすべて、自然に見つかった作品の対象です。

④-②それで、彼の生命要素である魚、水、が分離され、ジャングルに落ちた木、その静脈からばらばらになった鉱石が分離されます。一方、作業対象自体が前の作業でフィルタリングされている場合は、いわゆる「原材料」と呼びます。たとえば、すでに粉砕された鉱石で、現在は洗い流されています。すべての原材料は作業項目ですが、すべての原材料が原材料とは限りません。原材料は、作業関連の変更が行われた直後にのみ作業項目になります。
④-②So the fish that is caught by his life element, the water, is separated, the wood that fell in the jungle, the ore that is broken loose from its vein. On the other hand, if the object of work itself has been filtered through previous work, so to speak, we call it raw material. For example, the ore that has already broken off, which is now washed out. All raw material is a work item, but not every work item is raw material. Raw material is the work item only as soon as it has already undergone a work-related change.

⑤The means of work is a thing or a complex of things that the worker pushes between himself and the object of work, and that serve him as the head of his activity upon this object. He uses the mechanical, physical, chemical properties of things in order to make them act as a means of power on other things, according to his purpose.
⑤仕事の手段は、労働者が自分自身と仕事の対象との間でプッシュすること、そしてこの対象に対する彼の活動の長として彼を務めること、あるいはものの複合です。彼の目的によると、彼は他のものに力の手段としてそれらを機能させるためにものの機械的、物理的、化学的特性を使用しています。

(2)完成品の焼き付きとは別に、作業員がすぐにつかむもの、例えば果物自分の体の臓器だけが作業手段となるものは、作業目的ではなく作業での目的です。このように、自然そのものがその活動の器官、聖書にもかかわらず、それがそれ自身の身体の器官に加えて、その自然な形態を延長する器官になります。その元の供給室である地球と同様に、それは作業機器の元の兵器庫です。それは彼につぎの例えばを提供します。それ自体が投石、こする、押す、切るなどのための石です。地球そのものが仕事の手段ですが、やはりその他のあらゆる仕事の手段と、その働きのための比較的高い労働力の発達を前提としています。農業ではね。
 (2) The object which the worker immediately seizes - apart from the seizure of finished food, the fruit For example, where his own body organs alone serve as means of work - is not the work object, but the means of work. Thus the natural itself becomes the organ of its activity, an organ which it adds to its own bodily organs, prolonging its natural form, in spite of the Bible. Like Earth, its original supply chamber, it is its original arsenal of work equipment. It provides him with e.g. The stone with which it casts, rubs, pushes, cuts, etc. The earth itself is a means of work, but again presupposes a whole range of other means of work and a relatively high development of labor for its service as a means of working in agriculture.

 (3) As soon as the work process is at all reasonably developed, it needs already processed work equipment. In the oldest human caves we find stone tools and stone weapons. In addition to processed stone, wood, bones and shells, in the beginning of human history, the domesticated animal, which is itself already modified by work, plays the main role as a means of working.
(3)作業工程が合理的に開発され次第、すでに加工された作業機器が必要です。最も古い人間の洞窟には石器や石器があります。加工された石、木、骨、そして貝殻に加えて、人類の歴史の初めには、それ自体はすでに仕事によって改造されている飼い慣らされた動物が働きの手段として主な役割を果たしています。

(4)作業材料の使用および創作は、すでに特定の動物種に固有のものであるが、特に人間の作業過程を特徴付けるものであり、したがってフランクリンは、人間を「道具製作動物」、「道具製作動物」と定義する。骨のある遺物の構築が水没動物家族の組織の知識にとって持っているのと同じ重要性は、水没した経済社会形成の評価のための作業用具の遺物を持っています。何が行われているのではなく、どのようにして労働の手段を利用するのかは、経済の時代を区別します。
 (4) The use and creation of working materials, although already inherent in certain species of animals, characterize the specifically human work process, and Franklin therefore defines man as a "toolmaking animal", a tool-making animal. The same importance which the construction of bony relics has for the knowledge of the organization of submerged animal families, has relics of work equipment for the evaluation of submerged economic social formations. Not what is done, but how one makes use of the means of labor, distinguishes the economic epochs.

 (5) The means of labor are not only indicators of the development of the human labor force, but also indicators of the social conditions in which work is carried out. Among the means of work itself, the mechanical means of work, the totality of which may be called the bone and muscle system of production, offer much more decisive characteristics of a social epoch of production than those means of work which serve only containers of the object of work, and whose totality is generally referred to as the vascular system of production can be, such as Tubes, barrels, baskets, jugs, etc. Only in chemical manufacturing do they play a significant role. (5a)
(5)労働手段は、人間の労働力の発達の指標だけでなく、労働が行われる社会的状況の指標でもある。仕事の手段自体の中では、全体として骨と筋肉の生産システムと呼ばれることがある機械的な仕事の手段は、生産の社会的時代のはるかに決定的な特徴を提供します。作業の対象であり、その全体が一般に血管生産システムと呼ばれるものは、例えば、チューブ、バレル、バスケット、ジャグなどであり得る。それらは化学製造においてのみ重要な役割を果たす。 (5a)

⑥より広い意味では、その目的に対する労働の影響を仲介し、したがって何らかの形で活動のリーダーとしての役割を果たすもの以外に、その手段の中の作業プロセスは、すべての目的のために必要なすべての客観的条件を数える。裁判が行われます。彼らは直接彼の中に入りません、しかし彼は彼らなしではまたは不完全にしかそれをすることができません。この種の一般的な作業手段もまた地球そのものです。なぜならそれは労働者に場所を与え、彼のプロセスに雇用の分野を与えるからです。仕事によって既に仲介されているこの種の仕事用機器は例えば作業用建物、運河、道路など
⑥In a broader sense, the working process among its means, besides the things which mediate the effect of labor upon its object, and therefore serve, in one way or another, as leaders of activity, counts all objective conditions which are at all necessary for the trial to take place. They do not go directly into him, but he can not do it without them or only imperfectly. The general working means of this kind is again the earth itself, for it gives the worker the locus standi and his process the field of employment. Work equipment of this kind already mediated by the work is e.g. Work buildings, canals, roads, etc.

⑦ In the working process, therefore, the activity of man through the means of work brings about a change of the object of work intended from the outset. The process goes out in the product. Its product is a use-value, a natural substance appropriated by changing the shape of human needs. The work has been linked to its object. It is objectified, and the object is processed. What appeared on the part of the worker in the form of restlessness now appears as a quiescent property, in the form of being, on the side of the product. He spun, and the product is a web.
⑦したがって、作業過程では、作業手段を通じた人間の活動は、当初から意図されていた作業対象の変更をもたらします。プロセスは製品の中で消えます。その製品は、使用価値、人間のニーズの形を変えることによって割り当てられる天然物質です。その作品はその目的にリンクされています。客観化され、オブジェクトが処理されます。<The work has been linked to its object.> 落ち着きのなさの形で労働者の側に現れたものは、今や製品の側にあるという形で、静止した財産として現れます。彼はスピンし、その製品はWebです。

<196>⑧ Looking at the whole process from the standpoint of its result, the product, both appear to work equipment and subject, as means of production (6) and the work itself as a productive work (7) ,
⑧全体のプロセスをその結果の観点から見ると、製品は生産の手段として作業装置であり主題であるように見え(6)、生産そのものとしての作業自体(7)

⑨使用価値が製品として作業プロセスから出ると、他の使用価値、以前の労働プロセスの製品が生産手段としてそれに入ります。同じ使用価値、これの産物は、その労働の生産の手段を形成します。したがって、製品は結果だけではなく、作業プロセスの条件でもあります。
⑨When a use-value comes out of the working process as a product, other use-values, products of former labor-processes, enter into it as means of production. The same use-value, the product of this, forms the means of production of that labor. Products are therefore not only a result, but also a condition of the work process.

⑩With the exception of the extractive industry, which finds its object of work by nature, such as mining, hunting, fishing, etc. (agriculture only in so far as it breaks the virgin earth itself in the first instance), treat all branches of an object, the raw material, ie already by the work filtered work item, itself is already working product. For example, the seed in agriculture. Animals and plants that are considered to be natural products are not only products of perhaps the work of last year, but, in their present forms, products of a transformation continued by many generations under human control, by means of human labor. But as far as the means of work are concerned, their immense majority shows to the most superficial view the trace of past labor.
⑩採掘、狩猟、漁業など、本来的に仕事の目的があるとされている採掘産業を除いて(最初の段階では処女地自体を破壊する限りにおいてのみ農業)、オブジェクト、つまり原材料、つまりすでに作業フィルタリング済み作業項目によって、それ自体はすでに作業成果物です。たとえば、農業の種です。天然物と考えられている動植物は、おそらく昨年の作品の産物だけでなく、現在の形では、人間の労働力によって、人間の管理下にある何世代にもわたって変容の産物が続いています。しかし、仕事の手段に関する限り、彼らの計り知れない大多数は最も表面的な見解に過去の労働の痕跡を示しています。

⑪The raw material may form the main substance of a product or may be included only as an adjuvant in its formation. The adjuvant is consumed by the working medium, such as coal from the steam engine, oil from the wheel, hay from the draft horse, or added to the raw material to cause a material change, such as chlorine to unbleached canvas, coal to iron, color to wool, or he supports the work itself, such as related materials for the lighting and heating of the workplace. The difference between the main substance and the excipient blurs in the actual chemical production, because none of the raw materials used reappear as the substance of the product.(8th)
⑪原材料は、製品の主要物質を形成してもよく、またはその形成において補助剤としてのみ含まれてもよい。補助剤は、蒸気エンジンからの石炭、車輪からの油、ドラフト馬からの干し草などの作業媒体によって消費されるか、原材料に添加されて塩素から未漂白キャンバスへ、石炭から鉄へと材料の変化を引き起こす。 、羊毛の色、または職場の照明や暖房のための関連資料など、作品自体を支えます。主原料と賦形剤の違いは、実際の化学品製造においては使用される原材料のどれも製品の原料として再出現しないため、ぼやけます。

<197> ⑫Since every thing possesses many properties and is therefore capable of different uses, the same product can form the raw material of very different working processes. Grain, for example, is raw material for millers, starch manufacturers, distillers, ranchers, etc. It becomes the raw material of its own production as a seed. Thus, coal emerges as a product of the mining industry and as a means of production into it.
<197>⑫すべてのものが多くの特性を持ち、したがってさまざまな用途に対応できるので、同じ製品で非常に異なる作業工程の原料を形成することができます。例えば、穀物は製粉業者、でんぷん製造業者、蒸留業者、牧場主などのための原料である。それはそれ自体の種子の種子の生産の原料になる。このように、石炭は鉱業の産物として、そしてそれへの生産の手段として出現します。

⑬同じ製品が、同じ作業プロセスで作業機器と原材料を兼ねることがあります。例えば家畜では、家畜、加工された原材料が同時に肥料生産の手段となります。
⑬The same product may serve as work equipment and raw material in the same work process. At the livestock, for example, where the livestock, the processed raw material, is at the same time a means of fertilizer production.

⑭A product that exists in a form ready for consumption can once again become the raw material of another product, like the grape becomes the raw material of the wine. Or the work releases its product into forms in which it is only usable again as raw material. Raw material in this state means semi-finished product and would be better known as stage product, such as cotton, thread, yarn, etc. Although already a product, the original raw material may have to go through a whole series of different processes, in which it always works as a raw material in ever changing shape until the last working process, which repels it as a finished food or finished work equipment.
⑭ブドウがワインの原材料になるのと同様に、すぐに消費できる形で存在する商品が別の商品の原材料になることができます。あるいは、作品はその製品を、それが原材料としてしか使用できない形に解放します。この状態の原材料は半製品を意味し、綿、糸、糸などのステージ製品としてよく知られているでしょう。すでに製品ではありますが、元の原材料は一連の異なるプロセスを経なければならない場合があります。それはそれが完成した食品または完成した作業機器としてそれを撃退する最後の作業工程まで絶えず変化する形で原料として常に働く。

⑮ One sees: Whether a utility value appears as raw material, means of work or product depends entirely on its particular function in the working process, on the place which it occupies in it, and with the change of this place these determinations change.
⑮実用価値が原材料として現れるのか、仕事の手段として働くのか製品として現れるのかは、作業過程におけるその特定の機能、それが占める場所に完全に依存し、そしてこの場所の変化と共にこれらの決定は変わる。

⑯生産手段としての新しい作業工程への参入の結果として、製品はそれゆえ製品の特徴を失う。それらは生活仕事の客観的要因としてのみ機能する。スピナーはスピンドルをあくまで手段として扱いますが、それをもって亜麻は彼が回転させる対象としてのみ扱います。ただし、素材とスピンドルを回転させずにスピンすることはできません。これらの製品の存在<4。したがって、この製品のエディションは紡績の開始時に必要です。しかし、このプロセスでは、栄養の行為には無関係であり、パンはバウアー、ミュラー、ベイカーの過去の仕事の産物であり、逆もまた同様であるが、亜麻とスピンドルが過去の労働の産物であることも同様に無関係である。作業工程における生産手段が過去の労働の産物としての性格を主張しているのであれば、それらの欠陥によってもそうである。切れないナイフ、絶えず引き裂く糸などは、Cutler AとGarnwichser Eを鮮やかに思い出させます。成功した製品では、その機能的性質の調停は過去の研究によって消滅しました。
⑯As a result of their entry as a means of production into new work processes, products therefore lose the character of the product. They only function as objective factors of living work. The spinner treats the spindle only as a means, with which, the flax only as an object, which he spins. However, you can not spin without spinning material and spindle. The presence of these products <4. Edition of this product> is therefore required at the beginning of spinning. In this process, however, it is equally indifferent that flax and spindle are products of past labor, as it is indifferent in the act of nutrition, that bread is the product of the past work of Bauer, Müller, Baker, and vice versa. If means of production in the working process assert their character as products of past labor, so by their defects. A knife that does not cut, yarn that tears constantly, etc., reminds vividly of Cutler A and Garnwichser E. In the successful product, the mediation of its functional properties is extinguished by past work.

⑰<198> A machine that does not serve in the work process is useless. It also falls victim to the destructive power of natural metabolism. The iron rusted, the wood rots. Yarn that is not interwoven or knotted is spun cotton. Living labor must grasp these things, awaken them from the dead, transform them from possible into actual and effective use-values. Licked by the fire of labor, as bodies acquire it, their enthusiasm for their conceptual and professional functions in the process, they are also consumed, but expediently, as educational elements of new use-values, of new products that are capable of being consumed in individual consumption or food to enter into a new working process as a means of production.
⑰作業工程で機能しない機械は無用です。それはまた自然な代謝の破壊的な力の犠牲になります。鉄は錆び、木は腐る。織り合わされていないまたは結ばれていない糸は紡績綿です。生活労働はこれらのことを把握し、それらを死者から目覚めさせ、それらを可能なものから実際のそして効果的な使用価値に変えなければならない。労働者の労力に悩まされ、組織がそれを取得するにつれて、そのプロセスにおける概念的および職業的機能に対する彼らの熱意も消費されるが、好都合なことに、新しい使用価値の教育的要素として、消費され得る新しい製品生産の手段として新しい作業プロセスに入るために個々の消費か食糧で。

⑱したがって、既存の製品が結果だけでなく作業プロセスの存在条件でもある場合、それらを投入すること、つまり生活労働と接触させることが、過去の労働の製品を保存し実現する唯一の手段です。効用値
If, therefore, existing products are not only results, but also conditions of existence of the working process, then their throwing into it, that is, their contact with living labor, is the only means of preserving and realizing these products of past labor as utility values.

⑲ Work consumes and consumes its material elements, its object and its means, and is therefore the process of consumption. This productive consumption differs from individual consumption in that the latter consumes the products as food of the living individual, the former as products of labor, of his working labor. The product of individual consumption is therefore the consumer, and the result of productive consumption is a product different from the consumer.
⑲ 仕事はその物質的な要素、その目的そしてその手段を消費しそして消費し、そしてそれ故に消費の過程である。この生産的な消費は個人の消費とは異なり、後者は製品を生きている個人の食料として、前者は労働の産物として、彼の労働労働のうちに消費します。したがって、個人消費の製品は消費者であり、生産的消費の結果は消費者とは異なる製品です。

⑳その手段とその主題がそれ自体が製品である場合、その作品は製品を作り出すために製品を消費するか、または製品の生産の手段として製品を使用します。しかし、作業過程は最初は人の介入なしに存在する人間と地球の間でのみ進行するので、自然に存在するそのような生産手段は自然の物質と人間の労働のいかなる組み合わせにも役立たない。
⑳ If their means and their subject matter are themselves products, the work consumes products to create products, or uses products as a means of production of products. But as the working process initially proceeds only between man and the earth existing without his intervention, such means of production, which exist naturally, do not serve any combination of natural substance and human labor.

21-①The working process, as we have shown it in its simple and abstract moments, is purposeful activity for the production of utility values, appropriation of the natural for human needs, general condition of the metabolism between man and nature, eternal natural condition of human life and therefore independent of any form this life, but rather all its social forms in common. We therefore had no need to portray the worker in relation to other workers.
21-①その作業過程は、その単純で抽象的な瞬間にそれを示したように、効用価値の生産、人間の必要のための自然の割り当て、人間と自然の間の代謝の一般的条件、人間の生命の永遠の自然条件のための意図的な活動です。したがって、この人生ではなく、むしろその社会的形態すべてに共通の形態から独立しています。したがって、私たちは他の労働者との関係で労働者を描く必要はありませんでした。

<199>
21-②その人と彼の作品は十分なもの、性質とその素材は反対側にあります。それを造った小麦を味わう人はほとんどいないので、奴隷監督の残忍な鞭の下でも、あるいは資本家の心配の目の下でも、シンシナタスがそれを行うのかどうかにかかわらず、それが進む条件の下でこのプロセスをほとんど見ません。彼の数少ないジュゲラの順番<朝>または石で獣を殺す野蛮人(9)
<199>
21-②The man and his work on the  sufficient one, nature and its materials on the other side. As little as one tastes the wheat, who built it, so little does one look at this process under which conditions it proceeds, whether under the brutal whip of the slave-overseer or under the anxious eye of the capitalist, whether Cincinnatus does it in the order of his few jugera <morning> or the savage who kills a beast with a stone.(9)

22-① Let us return to our capitalist in spe. After having bought on the commodity market all the factors necessary for a working process, we abandoned him, the figurative factors or the means of production, the personal factor or the worker. With a clever connoisseur's eye, he has selected the appropriate means of production and manpower for his particular business, spinning, boot making, etc. Our capitalist therefore begins to consume the commodity he has bought, the labor-power, that is, he lets the bearer of labor, the laborer, consume the means of production through his labor.
22-①speで資本家に戻りましょう。ワーキングプロセスに必要なすべての要素を商品市場で購入した後、私たちは彼、比喩的な要素または生産手段、個人的な要素または労働者を放棄しました。賢い目利きの目で、彼は彼の特定のビジネス、紡績、ブーツ作りなどのために生産とマンパワーの適切な手段を選択しました。したがって、私たちの資本家は彼が買った商品、労働力を消費し始めます。労働の担い手である労働者は、自分の労働を通して生産手段を消費します。

22-②もちろん、作業プロセスの一般的な性質は、作業者が自分自身ではなく資本家のために行うように変化しません。しかし、ブーツを作ったり糸を回転させたりする具体的な方法でさえ、最初は資本家の介入を通して変えることはできません。資本主義者がいなかった時代から生じた労働力を含め、彼は最初に市場で見つけた労働力を手に入れなければなりません。労働を資本に従属させることによる生産形態自体の転換は後に起こるかもしれず、したがって後に考慮されなければならない。
22-② Of course, the general nature of the work process does not change as the worker does it for the capitalist, rather than for himself. But even the specific way in which one makes boots or spins yarn can not change at first through the intervention of the capitalist. He must first take the manpower he finds on the market, including his labor, as it sprang from a period when there were no capitalists. The transformation of the mode of production itself through the subordination of labor to capital may occur later and must therefore be considered later.

23 The labor process, as it proceeds as the process of consuming the worker by the capitalist, now shows two peculiar phenomena.
23資本主義者が労働者を消費する過程として進行するにつれて、労働過程は今や二つの特有の現象を示している。

24労働者は自分の仕事が属する資本家の管理下で働く。資本家は、その仕事はきちんとしており、迅速な製造手段が有利に使用されるので、無駄な原材料や作業器具を節約することはなく、それはその仕事にその使用が有効になると破壊されるだけである。
24The worker works under the control of the capitalist to whom his work belongs. The capitalist fits that the work is neat and rapid installation means of production are advantageously used, so no <200> wasted raw materials and conserve the working instrument, that is only so far destroyed when ernötigt its use in the work.

25-①Secondly, the product is the property of the capitalist, not of the immediate producer, of the worker. The capitalist pays for example the daily value of the worker. Their use, like that of every other commodity, for example, a horse, which he rented for a day, therefore belongs to him for the day. The buyer of the goods owns the use of the goods, and the owner of the worker, in fact, only gives the use-value he has sold by giving his work. From the moment he entered the workshop of the capitalist, the utilitarian value of his labor power, that is, its use, labor, the capitalist, belonged.
25-①第二に、製品は労働者の直接生産者ではなく、資本家の財産です。資本家は例えば労働者の毎日の価値を支払います。他のすべての商品、たとえば彼が1日借りた馬などの用途は、その日のうちに彼に属します。商品の購入者は商品の使用を所有し、労働者の所有者は実際、自分の仕事をすることによって売った使用価値のみを与えます。彼が資本家の工房に入った瞬間から、彼の労働力の実用的価値、すなわちその使用、労働、資本家が属していた。

25-②資本家は、労働を購入することによって、労働自体を生きた発酵物質として彼のものである製品の死んだ教育的要素に組み入れた。彼の見地からは、作業過程は彼が買った商品の消費だけである、しかし彼は彼の生産手段を加えることによってそれを消費することができるだけである。作業プロセスは、資本家が購入したものと彼に属するものとの間のプロセスです。この過程の産物は彼の地下室での発酵過程の産物と同じくらいに彼のものである(10)。
25-②The capitalist, through the purchase of labor, incorporated labor itself as a living fermentation substance into the dead educational elements of the product which belonged to him as well. From his point of view the working process is only the consumption of the commodity he has bought, but he can only consume it by adding his means of production. The working process is a process between things the capitalist has bought and things belonging to him. The product of this process belongs to him just as much as the product of the fermentation process in his cellar.(10)

--------------------------------------------
https://www.marxists.org/archive/marx/works/download/pdf/Capital-Volume-I.pdf

Chapter 7: The Labour-Process and the Process
of Producing Surplus-Value
第7章労働過程とその過程 価値の創出
Section 1: The Labour-Process or the Production of Use-Values
セクション1:労働過程または使用価値の生成
①The capitalist buys labour-power in order to use it; and labour-power in use is labour itself.
The purchaser of labour-power consumes it by setting the seller of it to work. By working, the latter becomes actually, what before he only was potentially, labour-power in action, a labourer. In order that his labour may re-appear in a commodity, he must, before all things, expend it on something useful, on something capable of satisfying a want of some sort. Hence, what the capitalist sets the labourer to produce, is a particular use-value, a specified article.
①資本家はそれを使うために労働力を買う。そして使用中の労働力は労働そのものです。労働力の購入者は、それの売り手を仕事に設定することによってそれを消費します。働くことによって、後者は実際には、彼が潜在的に活動的な労働力、労働者にすぎなかったものになります。彼の労働力が商品に再び現れる可能性があるために、彼は、すべてのことの前に、何かの欲求を満たすことができる何かのためにそれを役に立つ何かに費やさなければなりません。したがって、資本家が労働者に生産させることを設定するのは、特定の用途価値、特定の記事です。

使用価値または商品の生産が資本家の管理下でそして彼に代わって行われるという事実は、その生産の一般的な性格を変えることはありません。したがって、私たちは、まず第一に、与えられた社会的状況のもとで想定される特定の形態とは無関係に労働過程を考慮しなければならないでしょう。
The fact that the production of use-values, or goods, is carried on under the control of a capitalist and on his behalf, does not alter the general character of that production. We shall, therefore, in the first place, have to consider the labour-process independently of the particular form it assumes under given social conditions.

②Labour is, in the first place, a process in which both man and Nature participate, and in which man of his own accord starts, regulates, and controls the material re-actions between himself and Nature. He opposes himself to Nature as one of her own forces, setting in motion arms and legs,head and hands, the natural forces of his body, in order to appropriate Nature’s productions in a form adapted to his own wants. By thus acting on the external world and changing it, he at the same time changes his own nature.
②-①労働は、そもそも、人間と自然の両方が参加する過程であり、そして自分自身の合意に基づいて人間が自らと自然との間の物質的な再活動を始め、規制し、そして支配する過程です。彼は自分の力の一つとして自然に反対し、腕と脚、頭と手、身体の自然な力を動かして、自分の欲求に合わせた形で自然の作品を適切なものにする。このように外界に働きかけてそれを変えることによって、彼は同じ時間が彼自身の性質を変えます。

②-②He develops his slumbering powers and compels them to act in obedience to his sway. We are not now dealing with those primitive instinctive forms of labour that remind us of the mere animal. An immeasurable interval of time separates the state of things in which a man brings his labour-power to market for sale as a commodity, from that state in which human labour was still in its first instinctive stage. We pre-suppose labour in a form that stamps it as exclusively human. A spider conducts operations that resemble those of a weaver,and a bee puts to shame many an architect in the construction of her cells. But what distinguishes the worst architect from the best of bees is this, that the architect raises his structure in imagination before he erects it in reality. At the end of every labour-process, we get a result that already existed in the imagination of the labourer at its commencement.
②-②彼は自分の眠る力を発達させ、彼らに行動を起こさせる彼の揺れに従順に。私たちは今、単なる動物を思い出させるような原始的な本能的な労働形態を扱っていません。計り知れないほどの時間間隔が、人がその労働力を商品として売りに出すための物的状態を、人的労働がまだその最初の本能的な段階にあった状態から切り離しています。私たちは労働をもっぱら人間的なものとして刻印する形で労働を仮定します。クモはウィーバーの操作に似た操作を行います、そしてハチは彼女の細胞の構築において多くの建築家を恥じさせます。しかし、最悪の建築家と蜂の最良の建築家を区別するのは、建築家がそれを現実に建てる前に想像力で構造を上げるということです。すべての労働過程の終わりに、我々はその開始時に労働者の想像力の中にすでに存在していた結果を得ます。

②-③彼は、自分が取り組んでいる素材の形式を変えるだけでなく、自分の手口に律法を与え、自分の意思に従わなければならないという自分自身の目的も理解しています。
そして、この従属は単なる瞬間的な行為ではありません。身体の臓器を働かせることに加えて、このプロセスでは、手術全体を通して、職人は着実に自分の目的に合ったものになることが求められます。これは細心の注意を払うことを意味します。彼が作品の性質、そしてそれが引き継がれる様式に惹かれることが少なければ少ないほど、そしてそれゆえに、彼はそれを彼の身体的および精神的な力に遊びを与える何かとして楽しむほど、彼の注意はより密接に強いられる。することが。
②-③He not only effects a change of form in the material on which he works, but he also realises a purpose of his own that gives the law to his modus operandi, and to which he must subordinate his will.
And this subordination is no mere momentary act. Besides the exertion of the bodily organs, the process demands that, during the whole operation, the workman’s will be steadily in consonance with his purpose. This means close attention. The less he is attracted by the nature of the work, and the mode in which it is carried on, and the less, therefore, he enjoys it as something which gives play to his bodily and mental powers, the more close his attention is forced to be.

③労働過程の基本的な要因は1、人間の個人的な活動、すなわち自分自身で働く2、その作品の主題、および3、その楽器。
③The elementary factors of the labour-process are 1,
the personal activity of man, i.e., work itself,
2, the subject of that work, and 3, its instruments.

④The soil (and this, economically speaking, includes water) in the virgin state in which it supplies 1 man with necessaries or the means of subsistence ready to hand, exists independently of him, and is the universal subject of human labour. All those things which labour merely separates from immediate connexion with their environment, are subjects of labour spontaneously provided by Nature. Such are fish which we catch and take from their element, water, timber which we fell in the virgin forest, and ores which we extract from their veins. If, on the other hand, the subject of labour has, so to say, been filtered through previous labour, we call it raw material; such is orealready extracted and ready for washing. All raw material is the subject of labour, but not every
subject of labour is raw material: it can only become so, after it has undergone some alteration by means of labour.
④一人の人間に必要なものや手渡すことができる形で一人の人間に供給している処女状態の土壌(そして経済的には水を含む)は、彼とは無関係に存在し、人間の労働の普遍的な主題です。労働がその環境との直接の関係から単に分離するものはすべて、自然によって自然に提供される労働の対象です。そのようなものは、私たちがその要素から捕獲して取り込む魚、水、私たちが原生林に落ちた木材、そして私たちが彼らの静脈から抽出した鉱石です。一方、労働の主題が、いわば、以前の労働を通してフィルタリングされている場合、それを原材料と呼びます。
これはすでに抽出されており、洗浄の準備ができています。すべての原材料は労働の対象ですが、すべてがそうであるとは限りません。
労働の対象は原材料です:それは労働によって何らかの変更を受けた後に、そうなることができます。

⑤An instrument of labour is a thing, or a complex of things, which the labourer interposes between himself and the subject of his labour, and which serves as the conductor of his activity. He makes use of the mechanical, physical, and chemical properties of some substances in order to make other substances subservient to his aims.2
⑤-①労働の道具は、労働者が自分自身と自分の労働の主体との間に介在し、活動の指揮者として働くこと、あるいは物の複合体です。彼は他の物質を彼の目的に従順にするためにいくつかの物質の機械的、物理的および化学的性質を利用しています。

⑤-②そのような既製の果物としての自給自足を考慮せずに、自分自身の手足が彼の労働の道具として役立つことを集めることにおいて、労働者が自分自身が持っている最初のものは労働の主題ではなくその道具です。このように、自然は彼の活動の一つの器官、彼が彼自身のものに併合するものになります。聖書にもかかわらず、体の臓器。
⑤-②Leaving out of consideration such ready-made means of subsistence as fruits, in gathering which a man’s own limbs serve as the instruments of his labour, the first thing of which the labourer possesses himself is not the subject of labour but its instrument. Thus Nature becomes one of the organs of his activity, one that he annexes to his own bodily organs, adding stature to himself in spite of the Bible.

⑤-③As the earth is his original larder, so too it is his original tool house. It supplies him, for instance, with stones for throwing, grinding, pressing, cutting, &c. The earth itself is an instrument of labour, but when used as such in agriculture implies a whole series of other instruments and a comparatively high development of labour.3
⑤-③地球は彼の元来の略奪者であるので、それも彼の最初の道具屋敷です。それは例えば投げ、挽き、押し、切るための石を彼に供給する。地球自体は労働の道具ですが、農業でそのように使われるとき、他の道具の全体のシリーズと労働力の比較的高い発展を意味します。labour.3

⑤-④No sooner does labour undergo the least development, than it requires specially prepared instruments. Thus in the oldest caves we find stone implements and weapons. In the earliest period of human history domesticated animals, i.e., animals which have been bred for the purpose, and have undergone modifications by means of labour, play the chief part as instruments of labour along with specially prepared stones, wood, bones, and shells.4
⑤-④特別に準備された道具が必要とされるよりも早く、労働が最小の発展を遂げることはありません。したがって、最も古い洞窟の中には石器や武器があります。早くから人類史の時代飼いならされた動物、すなわちその目的のために繁殖され、そして労働によって改造された動物は、特別に用意された石、木、骨、そして貝殻とともに労働の道具として主役を演じます4。

⑤-⑤分娩器具の使用と製造は、ある種の動物の中では生殖細胞に存在していますが、特に人間の分娩過程の特徴であり、それゆえフランクリンは人間を道具作りの動物と定義しています。消滅した労働機器の遺物は、絶滅した動物の種を決定するための化石骨がそうであるように、社会の絶滅した経済形態の調査にとって同じ重要性を持っています。それは、作られた記事ではなく、それらがどのように作られ、そしてどのような道具によって作られたのかによって、私たちは異なる経済的時代を区別することができます。 5
⑤-⑤The use and fabrication of instruments of labour, although existing in the germ among certain species of animals, is specifically characteristic of the human labour-process, and Franklin therefore defines man as a tool-making animal. Relics of bygone instruments of labour possess the same importance for the investigation of extinct economic forms of society, as do fossil bones for the determination of extinct species of animals. It is not the articles made, but how they are made, and by what instruments, that enables us to distinguish different economic epochs. 5

⑤-⑥Instruments of labour not only supply a standard of the degree of development to which human labour has attained, but they are also indicators of the social conditions under which that labour is carried on.
⑤-⑥労働の道具は、人間の労働力が達成した発達の程度の基準を提供するだけでなく、その労働力が実行される社会的状況の指標でもあります。

⑤-⑦Among the instruments of labour, those of a mechanical nature, which, taken as a whole, we may call the bone and muscles of production, offer much more decided characteristics of a given epoch of production, than those which, like pipes, tubs, baskets, jars, &c., serve only to hold the materials for labour, which latter class, we may in a general way, call the vascular system of production.
⑤-⑦労働の道具の中で、機械的性質のものは、全体として見れば、生産の骨と筋肉と呼ぶことができ、パイプ、浴槽のようなものよりはるかに決定的な生産の時代の特徴を提供します。バスケット、ジャーなどは、労働のための材料を保持するためだけに使用されます。後者のクラスは、一般的には血管生産システムと呼ぶことができます。

⑤-⑧The latter first begins to play an important part in the chemical industries.In a wider sense we may include among the instruments of labour, in addition to those things that are used for directly transferring labour to its subject, and which therefore, in one way or another,serve as conductors of activity, all such objects as are necessary for carrying on the labourprocess.
⑤-⑧後者は化学工業で最初に重要な役割を果たし始めます。広い意味で私達は労働の道具の中に、それらのものに加えて含めることができる
それは、何らかの方法で活動の指揮者として働き、労働過程を遂行するために必要なすべてのものです。

⑥これらはプロセスに直接入ることはありませんが、それらがなければ、それがまったく行われることは不可能であるか、または部分的にのみ可能です。もう一度私たちは地球が,この種の普遍的な道具は、それが労働者と彼の活動のための雇用の場への場所の立場を提供するからです。以前の労働の結果であり、このクラスにも属する道具の中には、ワークショップ、運河、道路などがあります。
⑥These do not enter directly into the process, but without them it is either impossible for it to take place at all, or possible only to a partial extent. Once more we find the earth to be a universal instrument of this sort, for it furnishes a locus standi to the labourer and a field of employment for his activity. Among instruments that are the result of previous labour and also belong to this class, we find workshops, canals, roads, and so forth.

⑦In the labour-process, therefore, man’s activity, with the help of the instruments of labour, effects an alteration, designed from the commencement, in the material worked upon. The process disappears in the product, the latter is a use-value, Nature’s material adapted by a change of form to the wants of man. Labour has incorporated itself with its subject: the former is materialised, the latter transformed. That which in the labourer appeared as movement, now appears in the product as a fixed quality without motion. The blacksmith forges and the product is a forging.
⑦したがって、労働過程において、労働の道具の助けを借りて、人間の活動は、始めから設計された、修正された材料の変更をもたらします。その過程は製品から消え、後者は使用価値であり、人間の欲求への形態の変化によって適応された自然の素材です。労働はそれ自身をその主題と合体させた:前者は成立し、後者は変容した。労働者には動きとして現れたものが、動きのない固定品質として製品に現れます。鍛冶屋鍛造品と製品は鍛造品です。

⑧If we examine the whole process from the point of view of its result, the product, it is plain that both the instruments and the subject of labour, are means of production,6 and that the labour itselfis productive labour.7
その結果、すなわち製品という観点からプロセス全体を検討すると、道具と労働の対象の両方が生産の手段であることは明白であり6、労働自体が生産的労働力であることは明白である7。

製品の形での使用価値は、労働過程からの問題ですが、それ以外の使用価値、前の労働の製品は生産の手段としてそれに入ります。同じ使用価値は、前のプロセスの生成物でも後のプロセスの生産手段でもあります。したがって、製品は結果だけではなく、労働の本質的な条件でもあります。
Though a use-value, in the form of a product, issues from the labour-process, yet other usevalues,products of previous labour, enter into it as means of production. The same use-value is both the product of a previous process, and a means of production in a later process. Products are therefore not only results, but also essential conditions of labour.

With the exception of the extractive industries, in which the material for labour is provided immediately by Nature, such as mining, hunting, fishing, and agriculture (so far as the latter is confined to breaking up virgin soil), all branches of industry manipulate raw material, objects already filtered through labour, already products of labour. Such is seed in agriculture.
採掘、狩猟、漁業、農業など、労働の材料が自然によって即座に提供される採掘産業を除いて(後者は未使用の土壌を粉砕することに限定されている限り)、産業のすべての部門が操ります。原材料、労働を通じてすでにろ過された物体、すでに労働の産物。これが農業の種です。

私たちが自然の産物として考えるのに慣れている動物や植物は、昨年の労働の産物だけでなく、人間の監督下で、そして何世代にもわたって続いている段階的な変革の結果として、現在の形をしています。彼の労働の手段。しかし多くの場合、労働の道具は最も表面的な観察者にさえ見せて、過去の年齢の労働の跡。
Animals and plants, which we are accustomed to consider as products of Nature, are in their present form,not only products of, say last year’s labour, but the result of a gradual transformation, continued through many generations, under man’s superintendence, and by means of his labour. But in the
great majority of cases, instruments of labour show even to the most superficial observer, traces of the labour of past ages.

Raw material may either form the principal substance of a product, or it may enter into its formation only as an accessory. An accessory may be consumed by the instruments of labour, as coal under a boiler, oil by a wheel, hay by draft-horses, or it may be mixed with the raw material in order to produce some modification thereof, as chlorine into unbleached linen, coal with iron,dye-stuff with wool, or again, it may help to carry on the work itself, as in the case of the
materials used for heating and lighting workshops.
原材料は、製品の主要物質を形成するか、または付属品としてのみ形成される可能性があります。付属品は、ボイラーの下の石炭、ホイールによる油、ドラフト馬による干し草などの労働機器によって消費されるか、原材料と混合される可能性があります。
塩素を漂白されていないリネン、鉄を含む石炭、羊毛を含む染料などに改質するためには、それ自体が作品のように仕事を続けるのを助けるかもしれません。暖房および照明ワークショップに使用される材料。

主な物質と付属品との間の区別は、本来の組成のままで、製品の物質の中には、原材料のいずれも再現されないため、真の化学産業では消滅します
The distinction between principal substance and accessory vanishes in the true chemical industries, because there none of the raw material reappears,in its original composition, in the substance of the product.8

Every object possesses various properties, and is thus capable of being applied to different uses.
すべてのオブジェクトはさまざまなプロパティを持っているため、さまざまな用途に適用できます。

したがって、まったく同一の製品が、非常に異なるプロセスで原材料として機能する可能性があります。例えば、トウモロコシは製粉業者、デンプン製造業者、蒸留業者、および家畜飼育者の原料です。
それはまた原料として種の形でそれ自身の生産に入ります。石炭も同じです石炭採掘の製品とその生産手段。
One and the same product may therefore serve as raw material in very different processes. Corn,for example, is a raw material for millers, starch-manufacturers, distillers, and cattlebreeders.
It also enters as raw material into its own production in the shape of seed; coal, too, is at the same
time the product of, and a means of production in, coal-mining.

Again, a particular product may be used in one and the same process, both as an instrument of labour and as raw material. Take, for instance, the fattening of cattle, where the animal is the raw material, and at the same time an instrument for the production of manure.
この場合もやはり、特定の製品は、労働の道具としておよび原料の両方として、同一のプロセスにおいて使用され得る。例えば、動物が原材料である牛の肥育、そして同時に肥料の生産のための道具を考えてみましょう。

製品は、すぐに消費する準備はできていますが、まだワインの原料になるとブドウとして、他の製品の原料として役立つことがあります。一方、綿、糸、および糸の場合のように、労働によってその製品がそのような形で提供される可能性があります。そのような原材料は、それ自体が製品ではあるが、一連の異なるプロセスの全過程を経なければならないかもしれない。一連の最後のプロセスがそれを去るまで、これらはそれぞれ順番に変化する形で原材料として役立つ。完璧な製品、個人消費のため、または労働の道具として使用するための準備ができている。
A product, though ready for immediate consumption, may yet serve as raw material for a further product, as grapes when they become the raw material for wine. On the other hand, labour may give us its product in such a form, that we can use it only as raw material, as is the case with cotton, thread, and yarn. Such a raw material, though itself a product, may have to go through a whole series of different processes: in each of these in turn, it serves, with constantly varying form, as raw material, until the last process of the series leaves it a perfect product, ready for individual consumption, or for use as an instrument of labour.

Hence we see, that whether a use-value is to be regarded as raw material, as instrument of labour,or as product, this is determined entirely by its function in the labour-process, by the position it there occupies: as this varies, so does its character.
したがって、私たちは、使用価値が原材料として、労働の手段として、または製品として見なされるかどうかにかかわらず、これは完全に労働過程におけるその機能によって、それが占める位置によって決定されることを見ます。その性格もそうです。

Whenever therefore a product enters as a means of production into a new labour-process, it thereby loses its character of product, and becomes a mere factor in the process.
それゆえ、製品が生産の手段として新しい労働過程に入るときはいつでも、それはそれによってその製品の性質を失い、そしてその過程の単なる要因になる。

スピナーはスピンドルをスピニング用の道具としてのみ扱い、亜麻は彼がスピンする材料としてのみ扱います。もちろん、材料とスピンドルなしではスピンすることは不可能です。それゆえ、紡績作業の開始時には、これらのものが製品として存在することを推定しなければならない。しかし、その過程において、それらが以前の労働の製品であるという事実は全く無関係な問題である。と同じように
消化過程、それが何でも重要ではない、そのパンは農民、製粉業者、そして製パン業者の前の労働の産物である。
A spinner treats spindles only as implements for spinning, and flax only as the material that he spins. Of course it is impossible to spin without material and spindles; and therefore the existence of these things as products, at the commencement of the spinning operation, must be presumed: but in the process itself, the fact that they are products of previous labour, is a matter of utter indifference; just as in
the digestive process, it is of no importance whatever, that bread is the produce of the previous labour of the farmer, the miller, and the baker.

On the contrary, it is generally by their imperfections as products, that the means of production in any process assert themselves in their character of products. A blunt knife or weak thread forcibly remind us of Mr. A., the cutler, or Mr. B., the spinner. In the finished product the labour by means of which it has acquired its useful qualities is not palpable, has apparently vanished.
それどころか、製品としての不完全性によるのが一般的であり、あらゆるプロセスにおける生産手段は製品の性格においてそれ自体を主張しています。鈍いナイフまたは弱い糸は、強制的にカトラーのAさん、またはスピナーのBさんを思い出させます。完成品では、それがその有用な資質を獲得したことによる労働は明白ではなく、明らかに消滅した。

労働目的を果たさない機械は無用です。さらに、それは自然の力の破壊的な影響の犠牲になります。鉄のさびと木の腐敗我々が織ることも編むこともしない糸は、綿の無駄です。生きている労働者はこれらのことをつかみ、それらをから誘い出さなければならない
彼らの死 - 眠り、それらを単なる可能性のある使用価値から実際のそして効果的なものに変えます。
A machine which does not serve the purposes of labour, is useless. In addition, it falls a prey to the destructive influence of natural forces. Iron rusts and wood rots. Yarn with which we neither weave nor knit, is cotton wasted. Living labour must seize upon these things and rouse them from
their death-sleep, change them from mere possible use-values into real and effective ones.

Bathed in the fire of labour, appropriated as part and parcel of labour’s organism, and, as it were, made alive for the performance of their functions in the process, they are in truth consumed, but consumed with a purpose, as elementary constituents of new use-values, of new products, ever ready as means of subsistence for individual consumption, or as means of production for some new labour-process.
労働の火の中に入れられ、労働の有機体の一部と小包として割り当てられ、その過程でそれらの機能の実行のために生かされて、それらは実際には消費されますが、目的のために基本要素として消費されます個々の消費のための自給自足の手段として、またはいくつかの新しい労働プロセスのための生産の手段として今までに用意された新しい製品の新しい使用価値。

その場合、一方で、完成品が労働プロセスの結果だけでなく必要条件でもある場合、そのプロセスへのそれらの仮定、すなわち生活労働との接触がそれらの唯一の手段である。使用価値の性質を保持して利用することができます。
If then, on the one hand, finished products are not only results, but also necessary conditions, of the labour-process, on the other hand, their assumption into that process, their contact with living labour, is the sole means by which they can be made to retain their character of use-values, and be utilised.

Labour uses up its material factors, its subject and its instruments, consumes them, and is therefore a process of consumption. Such productive consumption is distinguished from individual consumption by this, that the latter uses up products, as means of subsistence for the living individual; the former, as means whereby alone, labour, the labour-power of the living individual, is enabled to act.
労働はその重要な要素、その主題およびその道具を使い果たし、それらを消費し、そしてそれ故に消費のプロセスです。このような生産的消費は個人消費とは区別されます。後者は、生きている個人のための自給自足の手段として製品を使い果たしてしまうからです。前者は、それだけで労働、生きている個人の労働力、が行動することを可能にする手段として。

したがって、個人消費の製品は消費者自身です。生産的な消費の結果は、消費者とは異なる製品です。
The product, therefore, of individual consumption, is the consumer himself; the result of productive consumption, is a product distinct from the consumer.

In so far then, as its instruments and subjects are themselves products, labour consumes products in order to create products, or in other words, consumes one set of products by turning them into means of production for another set. But, just as in the beginning, the only participators in the labour-process were man and the earth, which latter exists independently of man, so even now we still employ in the process many means of production, provided directly by Nature, that do not represent any combination of natural substances with human labour.
それまでのところ、その道具と主題はそれ自体が製品であるので、労働は製品を作るために製品を消費する、言い換えれば、それらを別のセットのための生産手段に変えることによって1セットの製品を消費する。しかし、冒頭と同様に、唯一の参加者は労働過程は人間と地球であり、後者は人間とは無関係に存在するので、今でも私たちは自然から直接提供され、人間の労働と天然物質の組み合わせを表すものではない多くの生産手段をこの過程で採用している。

上記のように単純な基本要素に分解された労働過程は、使用価値の生成、人間の要求への天然物質の割り当てを目的とした人間の行動です。
The labour-process, resolved as above into its simple elementary factors, is human action with a view to the production of use-values, appropriation of natural substances to human requirements;

it is the necessary condition for effecting exchange of matter between man and Nature; it is the everlasting Nature-imposed condition of human existence, and therefore is independent of every social phase of that existence, or rather, is common to every such phase. It was, therefore, not necessary to represent our labourer in connexion with other labourers; man and his labour on one side, Nature and its materials on the other, sufficed. As the taste of the porridge does not tell you who grew the oats, no more does this simple process tell you of itself what are the social conditions under which it is taking place, whether under the slave-owner’s brutal lash, or the anxious eye of the capitalist, whether Cincinnatus carries it on in tilling his modest farm or a savage in killing wild animals with stones.9
それは人間と自然の間で物質の交換を行うために必要な条件です。それは人間が存在するという永遠の自然が課す条件であり、それゆえその存在のあらゆる社会的段階から独立している、あるいはむしろそのようなあらゆる段階に共通している。したがって、他の労働者との関係で私たちの労働者を代表する必要はありませんでした。
一方では人間と彼の労力、他方では自然とその材料は十分であった。お粥の味は麦を栽培した人にはわかりませんが、奴隷所有者の残忍な発疹の下でも不安な目であろうと、それが起こっている社会的条件は何であるかをこの単純なプロセスが自分自身に伝えることはもうありません。資本主義者の、シンシナトゥスが彼のささやかな農場を耕してそれを続けているのか、それとも石で野生動物を殺すのが野蛮なのか。

Let us now return to our would-be capitalist. We left him just after he had purchased, in the open market, all the necessary factors of the labour process; its objective factors, the means of production, as well as its subjective factor, labour-power. With the keen eye of an expert, he has selected the means of production and the kind of labour-power best adapted to his particular trade, be it spinning, bootmaking, or any other kind.
それでは資本主義者に戻りましょう。彼が公開市場で労働過程に必要なすべての要素を購入した直後に私たちは彼を残しました。その客観的要因、生産手段、そしてその主観的要因、労働力。専門家の鋭い目で、彼は彼の特定の取引に最も適した生産手段と労働力の種類を選択しました。

それから彼は労働者、その労働力のなりすましに彼の労働による生産の手段を消費させることによって商品、彼が今買ったばかりの労働力を消費することに進む。労働過程の一般的な性格は、労働者が自分ではなく資本家のために働くという事実によって明らかに変わっていません。さらに、ブートメイキングやスピニングで採用されている特定の方法や操作は、資本家の介入によってすぐには変更されません。彼はそれが市場で見つかるように労働力を取ることから始めなければならず、その結果資本主義者の台頭の直前の期間に見られるような種類の労働に満足しなければならない。
労働を資本に従属させることによる生産方法の変更は後の時期にしか起こらないので、後の章で扱う必要があるでしょう。
資本主義者が労働力を消費する過程に変わった労働過程は、二つの特徴的な現象を示す。第一に、労働者は自分の労働が属する資本家の管理下で働いています。 資本主義者は、仕事が適切な方法で行われ、生産手段が賢く使用されるように細心の注意を払っているので、不要な原材料の浪費や、仕事で必然的に引き起こされる以上の道具の消耗はありません。

第二に、製品は資本家の財産であり、その直接の生産者である労働者のものではありません。資本家がその日の労働力をその価値で支払うとしましょう。そのときその日のためにその力を使う権利は彼に帰属します、彼がその日の間に雇った馬のような他の商品を使う権利と同じくらいにです。

商品の購入者にはその使用が属しており、労働力の販売者は、実際には、自分が売った使用価値の一部にすぎない自分の労働力を与えることによってです。彼が工房に足を踏み入れた瞬間から、彼の労働力の利用価値、そしてそれゆえ労働であるその利用も資本家のものです。労働力を購入することによって、資本家は生の発酵物として労働力を製品の生命のない構成要素と共に取り込む。

彼の見地からすると、労働過程は購入した商品の消費に他ならない。 e  - 労働力のしかし、この消費は、労働力に生産手段を供給すること以外にはもたらされ得ない。労働過程は、資本家が購入したものと彼の財産になったものとの間のプロセスです。それゆえに、このプロセスの産物は彼のもので、彼の地下室で完成した発酵プロセスの産物であるワインと同じくらいにの--ものです。

http://

 
 

 初版附録 価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月21日(金)14時42分2秒
返信・引用 編集済
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/appendix.htm

  初版附録
 §2. The relative value-form
 第二節 相対的価値形態
(a) Relation of equality.
(a)同等性関係。
Since it is the linen which is to express its value, the initiative proceeds from it. It enters into a relation with the coat, i.e. with some other commodity different from itself.
その価値を表現するのはリネンなので、イニシアティブはそれから始まります。それはコートとの関係、すなわちそれ自体とは異なる他の商品との関係に入る。

This relation is a relation of equalisation (Gleichsetzung).
この関係は、同等性(Gleichsetzung)関係である。

The basis of the expression ‘20 yards of linen = 1 coat’ is in fact: linen = coat, which expressed in words simply means: ‘the commodity-type “coat” is of the same nature (ist gleicher Natur), the same substance as the “linen,” a type of commodity different from it’.
「20ヤードのリネン= 1コート」という表現の根拠は、実際には:リネン=コートは、単に「商品タイプのコート」が同じ性質(ist gleicher Natur)であることを意味する物質を「リネン」、それとは異なる商品の一種と呼んでいます。

We overlook that for the most part, because attention is absorbed by the quantitative relation, i.e. by the definite proportion, in which the one type of commodity is equated to the other.
我々は、大部分を見落としている。注目は定量的な関係、すなわちあるタイプの商品が他の商品と同等である明確な割合によって、そのことが吸収されるからである。

We forget that the magnitudes of different things are only quantitatively comparable after their reduction to the same unit.
我々は、異なるものの大きさは、同じ単位に還元された後にのみ定量的に比較可能であることを忘れている。

Only as expressions of the same unit are magnitudes with the same denominator (gleichnamige) and hence commensurable. In the above expression the linen thus relates to the coat as something of its own kind, or the coat is related to the linen as a thing of the same substance, as the same in essence (Wesensgleiches). The one is therefore quantitatively equated to the other.
同じ単位の表記が、同じ分母(グライクナージェー)の大きさであり、それゆえにこそ相応します。上の表現では、リネンはそれ自身の同種類のものとしてコートに関係しているか、コートは同じ物質のものとしてリネンに関連しています(本質的には同じです)(Wesensgleiches)。したがって、一方は他方に定量的にのみ同等である。

(b) Value-relation.(b)価値関係。
The coat is only the same as the linen to the extent that both are values. Thus that the linen is related to the coat as to something of its own kind or that the coat as a thing of the same substance is equated to linen, expresses the fact that the coat counts in this relation as value. It is equated to the linen insofar as the latter is value as well.
コートは、両方が価値である限り、リネンと同じです。 したがって、リネンは、それ自体の種類の何かに関するコートに関連しているか、同じ物質のものとしてのコートがリネンと同等であるということは、コートがこの関係において価値として数えるという事実を表す。 後者が価値である限り、それはリネンと同等である。

The relation of equality is thus a value-relation, but the value-relation is above all the expression of the value or the existence as value of the commodity which expresses its value. As use-value, or body of the commodity (Warenkörper), the linen is distinguished from the coat. But its existence as value comes to light, is expressed in a relation, in which another commodity-type, the coat, is equated to it or counts as the same in essence.
したがって、同等の関係は価値関係であるが、価値関係は、とりわけその価値を表現する商品の価値としての価値存在である。商品の使用価値または身体(Warenkörper)として、リネンはコートと区別されます。しかし、価値存在は、他の商品型、コートがそれと同等であるか、本質的に同じであるという関係で表現される。

(c) Qualitative content (Gehalt) of the relative value-form, contained in the value-relation.
(Gehalt)。
(c)価値関係に含まれる相対価値形態の定性的内容
The coat is value only to the extent that it is the expression, in the form of a thing, of the human labour-power expended in its production and thus insofar as it is a jelly of abstract human labour  abstract labour, because abstraction is made from the definite useful concrete character of the labour contained in it, human labour, because the labour counts here only as expenditure of human labour-power as such.
Within this relation the coat thus counts only as shape of value (Gestalt von Wert 価値の形 ), hence also as the form of the value (Wertgestalt 値の形状) of the linen, as the sensible form of appearance of the value of the linen.

コートは価値あるものであり、人間労働力が生産で消費されたものの形で表現され、抽象的人間労働としての抽象である限り抽象的な労働である。 その中に含まれている労働の明確で有益な具体的な性格、すなわち人間の労働力から作られたものである。なぜなら、ここでの労働は人間の労働力の支出としてだけであるからである。

この関係の中で、コートは価値と観なされ(ゲシュタルト・フォン・ワート)、その形状としてしか見えないので、リネン価値の出現の合理的な形としてのリネンの価値形態(ウェットゲシュタルト)としてもカウントされます。
  <今村訳--このように、リネンはその唯一の素材が人間労働からなる一個の身体」(物体)
  としての上着に関係させられないと、リネンは価値物としての上着に関わることができず、価
  値としての上着に関係させられることもできない。しかし価値であるかぎりでのリネンは同じ
  人間労働の凝結物である。だからこの関係の内部では、上着身体は、リネンと共通の価値実体、
  すなわち人間の労働を表現する。この関係の内部では、上着はただ価値の姿として、したがっ
  て、またリネンの価値姿として、リネン価値の現象形態としてのみ通用する。>
  ーー『初版・附録』P331 筑摩書房 2005年刊 2800円ーー
  <マルクスの記述していない「価値物」「価値の現象形態」「価値実体」を付加している。
  この悪訳!!!!これでは、価値形態論が全く理解し難い!のはあたりまえです。>

Thus by means of the value-relation the value of the commodity is expressed in the use-value of another commodity, i.e. in the body of another commodity different from itself.
従って、価値関係によって、商品の価値は、別の商品の使用価値、すなわち、それ自体とは異なる別の商品の本体で表される。

(d)価値関係に含まれる相対的価値形態の量的限定性(Bestimmtheit)。
(d) Quantitative definiteness (Bestimmtheit) of the relative value-form contained in the value-relation.
しかし、20ヤードのリネンはその価値だけでなく、人間の労働のゼリーですが、一定の大きさの価値、すなわち明確な量の人間の労働が客観化されています。したがって、コートとリネンとの価値関係において、商品タイプのコートは、リネンと同様に身体的価値(Wertkörper)として、すなわち人間の労働の実施形態として量的に同等であるだけでなく、この身体的形態の一定量1衣服のように、20ヤードのリネンと同じくらい正確に人間の労働の価値のある物質が隠されている限り、1コート、1コート、1ダースなどである。

(e) The relative value-form as a whole (Das Ganze der relativen Wertform).
(e)全体としての相対的価値形態(Das Ganze der der Wertform)。

したがって、相対価値表現を通じて、商品の価値は、まず、自分の使用価値とは異なる形態を獲得する。この商品の使用形態は、例えば以下の通りである。リネン。しかしそれはコートとの平等の関係において価値観を持っています。この平等の関係を通じて、他の商品の体は、それとは明らかに異なるが、価値(Wertgestalt)としての自分の性格の価値(Wertsein)としての自分の存在の鏡となる。このようにして、自然な形態とは異なる独立した別個の価値形態が得られます。しかし、第二に、一定の大きさの値として、それは定量的に明確な関係またはそれが他の商品のボディと同等である割合によって定量的に測定される。
Thus through the relative value-expression the value of the commodity acquires, first, a form different from its own use-value. The use-form of this commodity is, e.g. linen. But it possesses its value-form in its relation of equality with the coat. Through this relation of equality the body of another commodity, sensibly different from it, becomes the mirror of its own existence as value (Wertsein), of its own character as value (Wertgestalt). In this way it gains an independent and separate value-form, different from its natural form. But second, as a value of definite magnitude, it is quantitatively measured by the quantitatively definite relation or the proportion in which it is equated to the body of the other commodity.

§3. The equivalent form
§3。同等の形式

(a)即時交換可能な形態。
①(a) The form of immediate exchangeability.
As values all commodities are expressions of the same unit, of human labour, which count equally and are replaceable or substitutable for one another. Hence a commodity is only exchangeable with another commodity insofar as it possesses a form in which it appears as value.
①価値として、すべてのコモディティは、同等に数えられ、お互いに置き換え可能または代替可能である、同じ単位の表現である人間労働です。したがって、商品は、価値として現れる形態を保有している限り、他の商品との交換が可能です。

商品の身体は、即時型、すなわち身体または自然の形態であれば、直ちに他の商品と交換することができ、別の商品または価値形態(Wertgestalt)に関して価値を表す(vorstellt)。
この特性はコートとリネンとの価値関係において所有されている。さもなければ、リネンの価値はコートであるものでは表現できません。したがって、商品は全く同等の形態をしており、まさにこれを意味します。
A body of the commodity is immediately exchangeable with another commodity insofar as its immediate form i.e. its own bodily or natural form, represents (vorstellt) value with regard to another commodity or counts as value-form (Wertgestalt). This property is possessed by the coat in the value-relation of the linen to the coat. The value of the linen would otherwise not be expressible in the thing which is the coat. Therefore that a commodity has equivalent form at all, means just this.


価値表現におけるその場所を通して、それ自身の自然形態は、別の商品の価値形態としてカウントされるか、または別の商品との即時交換可能性の形態を有する。したがって、他の商品の価値として現れ、価値として数え、価値として行動するためには、直ちに自然な形態とは異なる形をとる必要はありません(安心してください)。
Through its place in the value-expression its own natural form counts as the value-form for another commodity or it possesses the form of immediate exchangeability with another commodity. Therefore it does not need to take on (annehmen) a form different from its immediate natural form in order to appear as value for another commodity, to count as value and to act on it as value (auf sie als Wert zu wirken).

(b) Quantitative definiteness is not contained in the equivalent form.
(b)定量的な明確性は、同等の形態に含まれていない。

①That a thing which has the form of a coat is immediately exchangeable with linen, or a thing which has the form of gold is immediately exchangeable with all other commodities ? this equivalent form of a thing contains absolutely no quantitative definiteness. The opposed erroneous view springs from the following causes:
①コートの形をしたものがすぐにリネンと交換できるか、あるいは金の形をした物は直ちに他のすべての商品と交換できます - これと同等の形態のもの<等価形態ー既存訳>は、絶対に定量性がありません。反対の誤った見方は、以下の原因によるものです。

②まず、リネンの価値表現の素材となる商品「コート」は、「1コート」や「2コートではない」などのように、定量的にも定まっているのか?

'20ヤードのリネン 'は値の相対価値表現で表されているだけでなく、同時に価値の一定量として測定されます。

しかし、1コートは2コートではなく、20ヤードのリネンほど多くの労働を含み、したがって20ヤードのリネンと同等であることは、商品タイプのコートのこの特性の商品タイプである--直ちに交換可能であることは、リネンとはまったく無関係である。
②First, the commodity ‘coat’, for example, which serves as material for the expression of value of linen is, within such an expression, also always quantitatively definite, like ‘1 coat’ and ‘not 12 coats’, etc. But why?
Because the ‘20 yards of linen’ are expressed in their relative value expression of value not only as value as such, but at the same time are measured as a definite quantity of value. But that 1 coat and not 12 coats contains as much labour as 20 yards of linen and hence is equated with 20 yards of linen has absolutely nothing to do with this characteristic property of the commodity-type coat of being immediately exchangeable with the commodity-type linen.

③Second, if ‘20 yards of linen’ as value of a definite magnitude are expressed in ‘1 coat’, then conversely the magnitude of value of ‘1 coat’ is also expressed in ‘20 yards of linen’, and thus similarly quantitatively measured, but only indirectly, through reversal of the expression, not insofar as the coat plays the role of the equivalent but rather insofar as it represents its own value relatively in the linen.
③第二に、「1コート」で「20ヤードのリネン」が一定の大きさの価値で表現されている場合、「1コート」の価値の大きさも「リネン20ヤード」で表され、同様に定量的に測定されますが、コートが同等物<等価物>というこの役割を果たすのではなく、むしろリネンの中で相対的に自分の価値を表す限りでは、表現の逆転を通じて間接的にのみである。

④第三に、「20ヤードのリネン= 1コート」または「20ヤードのリネンは1コートの価値がある」という式を次のように表現することもできます。

'20ヤードのリネンと1コートは同等であるか、または両方が等しい大きさの値である '。

ここでは、2つの商品のどちらか一方の値を他方の値の使用価値に表記していません。したがって、2つの商品のどちらも同等の形態<等価物>では設定されない。等価とはここでは大きさが等しいものを意味し、頭の中で黙って抽象化されたものだけを意味します。
④Third, we can also express the formula ‘20 yards of linen = 1 coat’ or ‘20 yards of linen are worth 1 coat’ in the following way:‘20 yards of linen and 1 coat are equivalents, or both are values of equal magnitude’.
Here we do not express the value of either of the two commodities in the use-value of the other. Neither of the two commodities is hence set up in equivalent-form. Equivalent means here only something equal in magnitude, both things having been silently reduced in our heads to the abstraction value.

 (c) The peculiarities (Eigentümlichkeiten) of the equivalent form
(c)同等の形態の特色(Eigentümlichkeiten)

 a) First peculiarity of the equivalent form: use-value becomes the form of appearance of its opposite, of value.
 a)同等の形態の第一の特異性:use-valueは、その反対の価値の出現形態になります。
  <反対の価値の現象形態・・既存訳は誤り・第一の独自性は、商品の物的存在が価値形態となる>
①The natural form of the commodity becomes the value-form. But, nota bene, this quid pro quo occurs for a commodity B (coat or wheat or iron, etc.) only within the value-relation to it, into which any other commodity A (linen, etc) enters, and only within this relation.
①商品の自然形態が価値形態になります。
しかし、このーthis quid pro quoー取違える商品は、他の商品A(リネンなど)が入っている商品との価値関係の中でのみ、商品B(コートまたは小麦または鉄など)に対してのみ・この関係のなかでのみ発生します。

それ自体では、孤立していると見なされますが、コートは、リネンと同じように、有用なもの、つまり使用価値に過ぎません。そのため、そのコートフォームは使用価値の形式にすぎません(Form von Gebrauchswert) 明確なタイプの商品の自然な形態です。
In itself, considered in isolation, the coat, e.g., is only a useful thing, a use-value, just like the linen, and hence its coat-form is only the form of use-value (ist nur Form von Gebrauchswert) or natural form of a definite type of commodity.

しかし、商品は同等物としてそれ自体に関連することはできず、
<どの商品も自分を等価形態としての自己自身に関係させることはできない・・既存訳、同等物の訳を>
それゆえ、自らの自然の秘密を独自の価値の観なし方で隠すことはできないので、他の商品と同等のものとしてそれ自身を関連付けるか、
<それは自分を等価物としての他の商品に関係させる、・・反省規定する・関連付けることで・・>
あるいは、別の商品の身体の自然の隠れ場所を、それ自身の価値形態と見なしているのです。
But since no commodity can relate to itself as equivalent and therefore also cannot make its own natural hide an expression of its own value, it must relate itself to another commodity as equivalent or make the natural hide of the body of another commodity its own value-form.

②This may be illustrated by the example of a measure, which is predicable of the bodies of commodities as bodies (den Warenkörpern als Warenkörpern zukommt) i.e. as use-values. A sugar-loaf, qua body (weil Körper), is heavy and hence has weight, but one cannot tell the weight of a sugar-loaf by looking or feeling (man kann keinen Zuckerhut seine Schwere ansehn oder anfühlen). Now we take different pieces of iron whose weight has been previously determined.
②これは、商品本体としての商品の本体に属する、すなわち使用価値として推測される尺度の例で説明することができる。
シュガーローフ、ケアボディー(weilKörper)は重く、重量を持っていますが、見たり感じたりすることで、砂糖菓子の重さを伝えることはできません。今度は、あらかじめ重量を決めておいた様々な鉄片を取ります。

②-②The bodily form of the iron considered in itself is just as little the form of appearance of weight as that of the sugar-loaf. However in order to express the sugar-loaf as heaviness or weight, we put it into a weight-relation with iron. In this relation the iron counts as a body, which represents nothing but heaviness or weight. Hence quantities of iron serve as the measure of the weight of sugar and represent, with regard to the body of sugar, merely the form of heaviness (blosse Schweregestalt), form of appearance of heaviness. Iron plays this role only within the relation in which the sugar, or some other body whose weight is to be found, enters. Were both things not heavy they could not enter into this relation and hence the one could not serve as the expression of the weight of the other.
鉄の体形は、それ自体で考えても、砂糖塊のような外観の形をしています。しかし、砂糖塊を重量や重さとして表現するためには、鉄との重量関係に入れます。この関係では、鉄体は重さとして扱われます。体重は重量と重さに過ぎません。

したがって、鉄の量は砂糖の重量の尺度として役立ち、砂糖の体に関して、重さの形(ブレスSchweregestalt)、重さの外観の形を表すだけである。鉄は、砂糖、または体重が検出される他の身体が入る関係でのみ、この役割を果たす。両者は重いものではなかったので、この関係に入ることができなかったため、他方の重さの表記として機能することができませんでした。

If we throw both on the scale pan, we see in fact that they are, as weight, the same and hence in a definite proportion also of the same weight.
だから、スケールパン<天秤はかり>に両方を置いた場合、実際に同じ重量のものであり、したがって同じ重量の一定の比率であることがわかります。

Just as here the body of the iron represents, with regard to the sugar-loaf, simply heaviness, so in our expression of value the body of the coat represents, with regard to the linen, simply value.
ここでのように、鉄のボディは、砂糖菓子に関しては、単純に重さを表しています。したがって、価値表現では、麻のことを、単に値として表現します。
<同 今村訳--ここで鉄の体が砂糖にとってたんなる重さを代表するのと同じく、われわれの価値表現においては上着自体がリネンにとってたんなる価値を代表する。
この誤訳・・秤の上で初めて表現--とは何か?秤上の関係ですから、重さとは・価値形態の表現!>

b) ①Second peculiarity of the equivalent form: concrete labour becomes the form of appearance of its opposite, abstract human labour
b)同等の形態の第二の特異性:具体的な労働は、反対の抽象的な人間労働の出現形態となる

②The coat counts in the expression of the value of the linen as the value-body, hence its bodily or natural form as value-form, i.e. therefore as embodiment of undifferentiated human labour, human labour as such (schlechthin). But the labour by which the useful thing which is the coat is made and by which it acquires a definite form, is not abstract human labour, human labour as such, but a definite useful, concrete type of labour the labour of tailoring.
②コートは、価値体としてのリネンの価値表現、したがってその価値形態としての身体的または自然形態、すなわち未分化な人間労働の実現形態、それ自体の人間労働(シュレフチン)としてカウントされる。
しかし、コートである有益なものが作られ、それが明確な形態をとる労働は、抽象的な人間の労働、人間労働ではなく、明確で有用で具体的な労働形態 - 仕立ての労働である。
 <コート・上着は、すでに左極で価値体であるから、同等物として価値形態として等置されている>
 <同等物・上着は、右極に既にあることで、物象の判断を受け価値形態とされている。>

②ー②The simple relative value-form requires (erheischt) that the value of a commodity, linen, for example, is expressed only in one single other type of commodity. Which the other type of commodity is, is however, for the simple value-form, completely irrelevant. Instead of the commodity-type ‘coat’ the value of the linen could have been expressed in wheat, or instead of wheat, in iron, etc.
②ー②単純な相対価値形式は、商品、リネンなどの価値が、他の単一の商品タイプでのみ表現されることを要求しています(erheischt)。 しかし、他のタイプの商品は価値形態のためには全く無関係です。 コモディティタイプの「コート」の代わりに、リネンの価値は小麦や小麦の代わりに、鉄などで表現されている可能性があります

②-③しかしコート、小麦または鉄のいずれの場合でも、すべての場合において、リネンに相当するものは、リネンに関して価値の本体とみなされ、したがって、それ自体の人間労働の実現形態とみなされる。
すべての場合において、コートまたは小麦または鉄のいずれであろうと、同等の明確な身体的形態は、抽象的な人間労働ではなく、明確で具体的な有用なタイプの労働であり、調整や農業または鉱業の労働である。
②-③But whether in coat, wheat or iron, in every case the equivalent of linen counts as the body of value with regard to the linen, hence as embodiment of human labour as such. And in every case the definite bodily form of the equivalent, whether coat or wheat or iron, remains embodiment not of abstract human labour, but of a definite concrete useful type of labour, be it the labour of tailoring or of farming or of mining.

②ー④The definite concrete useful labour, which produces the body of the commodity which is the equivalent must therefore, in the expression of value, always necessarily count as a definite form of realisation or form of appearance, i.e. of abstract human labour. The coat, for example, can only count as the body of value, hence as embodiment of human labour as such, in so far as the labour of tailoring counts as a definite form, in which human labour-power is expended or in which abstract human labour is realised.
②ー④それゆえに価値表現において、必ずや必然的な商品の本体を作り出す明確で具体的な有用労働は、必然的に、抽象的な実現の形態、すなわち抽象的な人間労働の形として必ずや必要である。 コートは、例えば、人間労働力が支出されているか、または、仕立ての労働が明確な形態として、カウントされる限り、抽象的人間労働が実現されている。

③Within the value-relation and the value expression included in it, the abstractly general counts not as a property of the concrete, sensibly real; but on the contrary the sensibly-concrete counts as the mere form of appearance or definite form of realisation of the abstractly general. The labour of tailoring, which, for example, hides in the equivalent ‘coat’, does not possess, within the value-expression of the linen, the general property of also being human labour. On the contrary. Being human labour counts as its essence (Wesen), being the labour of tailoring counts only as the form of appearance (Erscheinungsform) or definite form of realisation of this its essence. This quid pro quo is unavoidable because the labour represented in the product of labour only goes to create value insofar as it is undifferentiated human labour, so that the labour objectified in the value of the product is in no way distinguished from the labour objectified in the value of a different product.
③価値関係とそれに含まれる価値等式の中での抽象的な一般的なものは、具体的なものではなく、それが現実的なものです。
逆に、顕著に具体的なものは、外観の単なる形態または抽象的に一般的なものの実現の明確な形態としてカウントされる。

例えば、同等の「コート」<外装>に隠れている仕立ての労働は、リネンの価値表現の中で、人間の労働でもあるという一般的な性質を有していない。それどころか。人間労働であることは本質(Wesen)であり、その仕立ての労働は外観の形(Erscheinungsform 外観・見掛け)またはその本質の実現の明確な形としてのみカウントされます。

この製品は、分化していない人間労働である限り、労働生産物に代表される労働だけが価値を創出するため、避けられないものであり、

①<that the labour objectified in the value >
この製品の価値に客観化された労働は、--that the labour objectified--物象としての労働は--

②<of the product is in no way distinguished from >
この製品の

④<the labour objectified in the value of a different product.>
こうして、労働は異なる製品の価値を客観化、している。
<the labour objectified--物象としての労働は>

③<of the product is in no way distinguished from >
異なる製品の価値に客観化された労働とは決して区別されない

④-①この、次の逆転(Verkehrung)は、
顕著に具体的なものはフォームとしてだけカウントする
<the sensibly-concrete counts only as the form >

抽象的な一般的な外観の形でしかなく、それどころか
<of appearance of the abstractly general and not, on the contrary, >

これは、抽象的な一般的なコンクリート<具体化>のプロパティ<特性>として、valueの表現を特徴づける。
<the abstractly general as property of the concrete,characterises the expression of value.>

④-②同時に、それはそれを理解することを、難しく困難にする。

④-③私が言うなら、ローマ法とドイツ法はどちらも法律であり、それは明らかです。しかし、もし私が言うなら:Law(Das Recht)、この抽象化(Abstraktum)は、ローマ法とドイツ法において、これらの具体的な法律において、相互関係が神秘的になっていることを実感します。

④-①This inversion (Verkehrung) by which the sensibly-concrete counts only as the form of appearance of the abstractly general and not, on the contrary, the abstractly general as property of the concrete, characterises the expression of value.

④-②At the same time, it makes understanding it difficult.

④-③If I say: Roman Law and German Law are both laws, that is obvious. But if I say: Law (Das Recht), this abstraction (Abstraktum) realises itself in Roman Law and in German Law, in these concrete laws, the interconnection becoming mystical.

 g) Third peculiarity of the equivalent form: private labour becomes the form of its opposite, labour in immediately social form
 g)同等の形態の第3の特異性:private labour 私的労働は、その反対の形態、直ちに社会的形態の労働になる

①Products of labour would not become commodities, were they not products of separate private labours carried on independently of one another. The social interconnection of these private labours exists materially, insofar as they are members of a naturally evolved social division of labour and hence, through their products, satisfy wants of different kinds, in the totality (Gesamtheit) of which the similarly naturally evolved system of social wants (naturwüchsiges System der gesellschaftlichen Bedürfnisse) consists. This material social interconnection of private labours carried on independently of one another is however only mediated and hence is realised only through the exchange of their products. The product of private labour hence only has social form insofar as it has value-form and hence the form of exchangeability with other products of labour. It has immediately social form insofar as its own bodily or natural form is at the same time the form of its exchangeability with other commodities or counts as value-form for another commodity (anderer Ware). However, as we have seen, this only takes place for a product of labour when, through the value relation of other commodities to it, it is in equivalent-form or, with respect to other commodities, plays the role of equivalent.

①労働の製品は商品にならないだろう、彼らは別々の私的労働の製品が互いに独立して運ばれたのではない。これらの私的労働の社会的相互関係は、自然に進化した社会的分業の一員であり、したがって、その製品を通して、異種の欲求を満たし、その全体として(Gesamtheit)、同様に自然界に進化した社会的欲求(NaturwüchsigesSystem der GesellschaftlichenBedürfnisse)が構成されています。

しかし、互いに独立して運営されている私的労働のこの物質的な社会的相互接続は、仲介されているだけであり、したがって、彼らの製品の交換によってのみ実現される。
したがって、私的労働の製品は、価値形態を持ち、したがって他の労働生産物との交換可能性の形をとる限り、社会的形態をとっているだけである。
 <先生は、我々労働者に教えてくれている。!同等な人間労働が表示される限り、
  両極で、価値形態を、裏と表で価値形態をとっている--と!>

それは、それ自身の身体的または自然の形態が、同時に他の商品との交換可能性の形態であるか、または別の商品のための価値形態としての計数の形態である限り、直ちに社会的形態をとる(anderer Ware)。しかし、これまで見てきたように、これは、他の商品との価値関係を通じて、それが同等の形態であるか、他の商品と比較して同等の役割を果たすときに労働の生産のために行われます。

②The equivalent has immediately social form insofar as it has the form of immediate exchangeability with another commodity, and it has this form of immediate exchangeability insofar as it counts for another commodity as the body of value, hence as equal (als Gleiches). Therefore the definite useful labour contained in it also counts as labour in immediately social form, i.e. as labour which possesses the form of equality with the labour contained in another commodity.
②同等物は他の商品との即時の交換可能性の形をとる限り、直ちに社会的形態をとっており、他の商品を価値体とみなして同等(グライチェス)である限り、この形式の即時交換可能性を有する。したがって、それに含まれる明確な有益な労働は、直ちに社会的な形態、すなわち別の商品に含まれる労働と同等の形態を持つ労働としての労働としてもカウントされます。

A definite, concrete labour like the labour of tailoring can only possess the form of equality with the labour of a different type contained in a commodity of a different kind, for example the linen, insofar as its definite form counts as the expression of something which really constitutes the equality of labours of different sorts or what is equal in those labours. But they are only equal insofar as they are human labour as such, abstract human labour, i.e. expenditure of human labour-power.
テーラリングの労働のような明確で具体的な労働は、異なる種類の商品、例えばリネンに含まれる異なるタイプの労働と平等の形態を唯一持てる。実際には、さまざまな種類の労働の平等--または労働の同等を構成します。しかし、それは、人類の抽象的な人間労働、すなわち人間の労働力の支出という人間の労働である限り、唯一のものである。

Thus, as has already been shown, because the definite concrete labour contained in the equivalent counts as the definite form of realisation or form of appearance of abstract human labour, it possesses the form of equality with other labour, and hence, although it is private labour, like all other labour which produces commodities, it is nevertheless labour in immediately social form. Precisely because of this it is represented in a product that is immediately exchangeable with the other commodities.
したがって、すでに示されているように、明確な具体的労働は抽象的な人間の労働の現実化または外観の明確な形態と同等の点数に含まれるため、他の労働との同等の形を保有しているため、それにもかかわらず、労働はすぐに社会的形態の労働である。このため正確に他の商品と直接的に交換できる商品で表現されています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③The last two peculiarities of the equivalent-form set out in §§ b and g become still more comprehensible when we recur to the great theorist (Forscher) who for the first time analysed the value-form, like so many forms of thought, forms of society and forms of nature, and for the most part more happily than his modern successors, I mean Aristotle.
③§§bとgに示されている等価形の最後の2つの特異性は、非常に多くの考え方や形のような価値形態を初めて分析した偉大な理論家(Forscher) 近代的な後継者よりも幸いなことに、私にはアリストテレスを意味します。

③ー②Aristotle clearly formulates first of all the fact that the money-form of the commodity is only the further developed shape (Gestalt) of the simple value-form, i.e. of the expression of value of a commodity in any other commodity, for he says:
③ー②Aristotleは、商品の貨幣形態が単純な価値形態、すなわち他の商品での商品価値の表現の形態だけであるという事実を明確に定式化していて、彼は 言う:

‘5 beds = 1 house’ (clinai pente anti oiciaς)
‘does not differ’ from
‘5 beds = such and such an amount of money’ (clinai pente anti ... oson ai pente clinai)

③ー③He sees further that the value-relation, in which this expression of value hides, determines, for its part, the fact that the house is qualitatively equated with the bed and that these sensibly different things would not be able to be related to one another as commensurable magnitudes without such essential equality ‘Exchange’, he says, ‘cannot take place without equality, and equality cannot occur without commensurability.’ (out isothς mh oushς summetriaς).
③ー③さらに、価値表現が潜む価値関係が、家が定性的にベッドと同等じであり、これらの賢明に異なるものは、 そのような本質的に同等性をもたずに、相応の大きさとして相互に交換することは、平等でなくてはならず、この同等性は相応性なしでは起こり得ない、と彼は述べている(outisothςmhoushςsummetria)。

④But at this he pulls up short and ceases the further analysis of the value-form, ‘But it is in truth impossible (th men oun alhqeia adunaton) that things of such different sorts should be commensurable’, i.e. qualitatively equal. This equalisation can only be something which is alien to the true nature of things, and therefore only a ‘makeshift for practical purposes’. [c]
④しかし、これで彼は短くなり、価値形態のさらなる分析を中止します。「しかし、このような異なる種類のものは定性的に同等でなければならないということは事実上不可能です(つまり男性はアルケア・アドナートンです。この均等化は物事の本当の性質とは異質なものに過ぎず、それゆえに「実用的な目的のための一時的な変更」に過ぎない。 [c]

⑤したがってアリストテレスは、彼のさらなる分析が難破船に苦しんでいるところ、つまり価値概念の欠如について、私たちに自分自身を教えている。家がベッドの価値を表現する際にベッドを表現する、等しいもの、つまり共通の物質は何ですか?そのようなことは「真実ではない」とアリストテレスは言う。どうして?ベッドに関しては、家はベッドと家の両方が本当に平等である限り、平等なものを表します(グリーチェ・ヴォール)。それが人間労働です。
⑤Aristotle thus tells us himself just where his further analysis suffers shipwreck, namely, on the lack of the concept of value. What is that which is equal, i.e. the common substance, which the house represents for the bed in the expression of the value of the bed? Such a thing ‘cannot in truth exist’, says Aristotle. Why? With respect to the bed the house represents something which is equal (stellt ein Gleiches vor) insofar as it represents what in both, the bed and the house, is really equal. And that is human labour.

⑥But the fact that in the form of commodity-values all labours are expressed as equal human labour and hence as counting equally (als gleichgeseltend) could not be read out of the value-form of commodities by Aristotle, because Greek society rested on slave labour and hence had the inequality of people and their labours as a natural basis.
⑥ー①しかし、商品価値の形で、すべての労働は平等な人間の労働として表現され、それゆえアリストテレスによる商品の価値形態から平等に計数されているという事実は、ギリシャ社会が奴隷労働に頼っていたためそれゆえに自然な基礎としての人々とその労働の不平等を持っていました。

⑥ー②The secret of the expression of value, the equality of all labours and the fact that all labours count equally because and insofar as they are human labour as such can only be deciphered when the concept of human equality already possesses the fixity of a popular prejudice.
②価値表現の秘密、すべての労働の同等であると、すべての労働が人間の労働である限り同等労働であるという事実は、人間の平等という概念が既に民衆の偏見の固定性を持っている場合にのみ解読することができます。

⑥ー③But that is only possible in a society in which the commodity-form is the general form of the product of labour and thus also the relation of people to one another as possessors of commodities is the ruling social relation.
しかし、これは、商品形態が労働生産物の一般的な形態であり、したがって商品の所有者としての人々の関係が支配的な社会関係である社会においてのみ可能である。

⑥ー④The genius of Aristotle shines precisely in the fact that he discovers in the expression of value of commodities a relation of equality. Only the historical limit of the society in which he lived prevents him from finding out what, ‘in truth’, this relation of equality consists in.
⑥ー④アリストテレスの天才は、商品の価値の表現に同等の関係を発見したという事実に正確に映っています。 彼が住んでいた社会の歴史的な限界だけが、彼が「真実で」この同等の関係が何であるかを知ることを妨げている。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d) Fourth peculiarity of the equivalent form: the fetishism of the commodity-form is more striking in the equivalent form than in the relative value-form
d)同等形態の第4の特異性:商品形態のフェチシズムは、相対価値形態よりも同等の形で顕著である。

The fact that the products of labour  such useful things as coat, linen, wheat, iron, etc.  are values, definite magnitudes of value and in general commodities, are properties which naturally pertain to them only in our practical interrelations (in unsrem Verkehr) and not by nature like, for example, the property of being heavy or being warming or nourishing. But within our practical interrelations, these things relate to one another as commodities. They are values, they are measurable as magnitudes of value, and their common property of being values puts them into a value-relation to one another. Now the fact that, for example, ‘20 yards of linen = 1 coat’ or ‘20 yards of linen are worth 1 coat’ only expresses the fact that:
コート、リネン、小麦、鉄などの有益なものである労働の製品が価値であり、価値の絶対的な大きさであり、一般的な商品であるという事実は、当然のことながら、 Verkehr)のようなものであり、例えば、重く、暖かく、栄養を与えるという性質のようなものではない。しかし、私たちの実践的な相互関係の中で、これらは物として互いに関係しています。それらは価値であり、価値の大きさとして測定可能であり、価値であるという共通の特性は、それらを互いに価値の関係に置く。たとえば、「20ヤードのリネン= 1コート」または「20ヤードのリネンは1コートの価値がある」という事実は、

1. the different types of labour necessary for the production of these things count equally (gleichgelten) as human labour;
2. the fact that the quantity of labour expended in their production is measured according to definite social laws;
3. that tailors and weavers enter into a definite social relation of production.

1.これらのものの生産に必要な異なるタイプの労働は、人間の労働と同様に(グライヒゲルテン)数えます。
2.生産に費やされる労働の量が明確な社会的法律に従って測定されていること。
3.テイラーとウィーバーが生産の明確な社会関係に入ること。

It is a definite social relation of the producers in which they equate (gleichsetzen) their different types of labour as human labour. It is not less a definite social relation of producers, in which they measure the magnitude of their labours by the duration of expenditure of human labour-power.
それは、生産者の明確な社会的関係であり、彼らは異なる種類の労働を人間の労働と同等とみなしている。それは生産者の明確な社会的関係ではなく、人間の労働力の支出の期間によって労働の規模を測定する。

But within our practical interrelations these social characters of their own labours appear to them as social properties pertaining to them by nature, as objective determinations (gegenständliche Bestimmungen) of the products of labour themselves, the equality of human labours as a value-property of the products of labour, the measure of the labour by the socially necessary labour-time as the magnitude of value of the products of labour, and finally the social relations of the producers through their labours appear as a value-relation or social relation of these things, the products of labour. Precisely because of this the products of labour appear to them as commodities, sensible-supersensible (sinnlich übersinnliche) or social things.
しかし、私たちの実践的な相互関係の中で、自分たちの労働の社会的性格は、
本質的にそれらに関係する社会的特性、労働生産物の客観的決定(Bestimmungen)、
 < as objective determinations (gegenständliche Bestimmungen) 物象的規定>
労働者の労働の平等社会的に必要な労働時間による労働の尺度、労働生産力の価値としての労働尺度、最終的に労働者による生産者の社会関係は、これらの価値観や社会的関係として現れる、労働の製品。正確にこれにより、労働生産物は、商品、賢明な - 超越的な(sinnlichübersinnliche)または社会的なものとして現れる。

Thus the impression on the optic nerve brought about by the light (Lichteindruck auf den Sehnerv) from something is represented, not as a subjective stimulation of the optic nerve itself, but as the objective form of a thing outside the eye. But in the case of seeing, light from a thing, from the external object, is in fact thrown upon another thing, the eye. It is a physical relation between physical things. As opposed to that the commodity-form and the value-relation of products of labour have absolutely nothing to do with their physical nature and the relations between things which springs from this.
したがって、何かからの光(Lichteindruck auf den Sehnerv)によってもたらされた視神経に対する印象は、視神経そのものの主観的刺激としてではなく、目の外のものの客観的形態として表される。しかし、見ることの場合、物からの光は、外部の物体から、実際に別のもの、目に投げられる。それは物理的なものの間の物理的な関係です。商品形態と労働生産物の価値関係とは、物理的性質やこれから生じる物事の関係とはまったく関係がない。

It is only the definite social relation of people (der Menschen) itself which here takes on for them the phantasmagoric form of a relation of things. Hence in order to find an analogy for this we must take flight into the cloudy region of the religious world. Here the products of the human head appear as independent figures (Gestalten) endowed with a life of their own and standing in a relation to one another and to people.
それがここでは、人々の明確な社会的関係(der Menschen)が、物事の関係の幻影的<想像的>な形態をとっているのです。したがって、これを類推するためには、宗教界の曇った地域へ飛行しなければなりません。ここでは、人間の頭の製品は、自分自身の人生と他人や人との関係に立っている独立した人物(Gestalten)として登場しています。

So it is in the world of commodities with the products of the human hand. This I call the fetishism which clings to the products of labour as soon as they are produced as commodities and which is therefore inseparable from commodity-production.
だから人間の手の製品を持つ商品の世界にあるのです。これは、商品として生産され、商品の生産と切り離せないとすぐに、労働の産物に固執するフェチシズムと呼ばれています。


Now this fetish-character emerges more strikingly in the equivalent-form than in the relative value-form.
The relative value-form of a commodity is mediated, namely by its relation to another commodity.

Through this value-form the value of the commodity is expressed as something completely distinct from its own sensible existence. At the same time it is inherent in this that existence as value (Wertsein) is a relation which is alien to the thing itself and hence that its value-relation to another thing can only be the form of appearance of a social relation hidden behind it. Conversely with the equivalent-form.
今、このフェティッシュ・キャラクターは、相対的価値形態よりも同等の形態でより顕著に現れます。
商品の相対的価値形態の形成は、すなわち別の商品との関係によって媒介されている。

この価値形態を通じて、このように、商品の価値はそれ自身の賢明な存在とは全く異なるものとして表現されます。
それと同時に、価値(Wertsein)存在は、物そのものとは異質な関係であり、したがって、他の物との価値関係は、その背後に隠れている社会的関係の出現の形にしかならないということに本質的なことである。
<Conversely with the equivalent-form.>
しかし、同等<等価>形態では、これとは逆となっている。

It consists precisely in the fact that the bodily or natural form of a commodity counts immediately as the social form, as the value-form for another commodity. Therefore, within our practical interrelations, to possess the equivalent-form appears as the social natural property (gesellschaftliche Natureigenschaft) of a thing, as a property pertaining to it by nature, so that hence it appears to be immediately exchangeable with other things just as it exists for the senses (so wie es sinnlich da ist).
それは、商品の身体的または自然の形態が、他の商品の価値形態として、社会的形態として直ちに数えられるという事実に正確に含まれる。したがって、私たちの実践的な相互関係の中では、同等の形態を持つことは、物事の社会的自然的性質(生態学的性質)として現れるのであり、それゆえ、それは感覚のために存在する(したがって、sinnlich da ist)。

But because within the value-expression of commodity A the equivalent-form pertains by nature to the commodity B it seems also to belong to the latter by nature outside of this relation.
しかし、商品Aの価値表現の中では、同等の形態は本質的に商品Bに関係するので、この関係の外でも自然に後者に属しているようにも見える。

Hence, for example, the riddle (das Rätselhafte) of gold, that seems to possess, by nature, apart from its other natural properties, its colour, its specific weight, its non-oxydisability in air, etc., also the equivalent-form, or the social quality of being immediately exchangeable with all other commodities.
したがって、例えば、他の自然の性質、その色、比重、空気中での非酸化性などを除いて、本質的に貨幣の謎(dasRätselhafte)として、他のすべての商品と即座に交換できる社会的な質を備えています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
§ 4. As soon as value appears independently it has the form of exchange-value

 

 『初版』価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月16日(日)13時04分50秒
返信・引用 編集済
   次から、『初版』価値形態の新たな素晴らしき判読を得たので、紹介します。
https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1694
        ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
 (Marxists Internet Archive(略称のMIAやそのウェブサイトのドメイン名
  Marxists.org としても知られる)とは、マルクス主義者や社会主義者、
  アナキストその他などの著作を インターネット上に集積した多言語的公文書
 (アーカイブ)サイトである。
  上記国際的ネットワークのお陰さまで、学習が進んでいます。感謝します。

  『初版』価値形態
  I. First or simple form of relative value: 20 yards of linen = 1 coat
    (x of commodity A = y of commodity B).

 ①最初または単純な相対価値:20ヤードのリネン= 1コート(商品Aのx =商品Bのy)。このフォームは
単純なので、分析するのがむしろ困難です。それに含まれるさまざまな仕様は、隠されており、抽象的な
未開発であり、その結果、抽象化の力をかなり強く適用することによってのみ区別することができます。
しかし少なくともこれは、20ヤードのリネン= 1コート、または20ヤードのリネン= xコートであって
も、その形態は同じであるという一見で明らかになる。

 ②リネンは、その価値観や有用なものの形で、その世俗的な姿を現します。
それゆえに、その堅いas as linenの体質や自然の形は、その価値の形ではなく、その正反対です。
それは、それ自体に等しい他の商品(コート)にそれ自体を関連付けることによって、価値としての自分
自身の現実を明らかにする。それ自体が価値がないのであれば、独自のものとして(価値として)コート
することはできません。

同種の人間の労働の客観化、すなわちそれ自体の価値の物質としてそれ自体をそれに関連づけることによ
って、それはコートと質的に同等であると自認する。それは一般的に単なる価値ではなく、特定の大きさ
の価値である - そしてコートは、20ヤードのリネンほどの労力を正確に含んでいるため、xコートの代わ
りに1コートと同等であると見なされます。

コートとのこの関係によって、リネンは1回のストロークで異なるハエを揺るがします。

他のコモディティを価値として自分自身と同等にすることによって、それ自体を価値として関連付ける。
自分自身を価値として関連づけることによって、それは同時に自分自身と使用価値として区別されます。

コートの価値の大きさ(そして価値の大きさは一般的な価値と定量的な価値の両方である)を表現するこ
とによって、その現実とは異なる価値形態の価値として現実を与えます。

このように自分自身の内で差別化されているものとしてそれを明らかにすることによって、それは本当に
商品として初めて - それは同時に価値のある有用なものであることを明らかにする。

リネンが使用価値である限り、それは独立したものです。その価値は、他方では、コートがある別の商品
(例えばコート)との関係においてのみ(リネン)と定性的に同等であるため、それに相当するいくつか
の特定の数量において現れるそれと交換可能です。したがって、価値は、交換価値としてのその表現を通
じてのみ、使用価値とは異なる個々の形態を獲得するだけである。

 ③コートでのリネンの価値の表現は、コートそのものに新しい形を印象づける。
結局、リネンの価値形態の意味は何ですか?コートが交換可能であることは明らかです。

他に何が起こっても、その現実の現実では、自然な形態(コート)で、他の商品との即時交換可能性、交
換可能な使用価値の形式、または等価物を保有します。等価物の仕様には、商品が価値であるという事実
だけでなく、その体質的な形(その使用価値)が別の商品の価値として数えられ、結果として直ちに交換
価値として他の商品に対している--ことを示している。

 ④リネンは、労働だけで構成され、透明で結晶化した労働の沈殿物を形成します。実際には、この結晶
は非常に暗いです。労働がそれで検出可能である限り(商品のすべての実施形態が労働の痕跡を明らかに
するわけではない)、それは未分化の人間の労働ではなく、むしろ、製織、紡績などである。その物質の
唯一の成分ですが、もちろん自然由来の物質で発酵しています。リネンを人間の労働の単なる肉体的表現
として保持するためには、それを本当に物事にするすべてのものから抽象化しなければならない。

抽象的な(すなわち、いかなる追加の品質や内容もなく)人間の労働力の客観性は、必然的に抽象的な客
観性 - 思考のものである。そのようにして、亜麻の網はキメラに変わります。

しかし、商品は物象です。彼らは、彼らが物象のようなやり方であるか、そうでなければ自分の物象的関
係でそれを明らかにする必要があります。
But commodities are objects.
They have to be what they are in an object-like way or else reveal it in their own object-like relationships.

リネンの生産では、人間の労働の特定の量が消費されている。リネンの価値は、そのように費やされた労
働の単なる客観的な反映ですが、リネンの体には反映されません。それはコートとの価値関係によってそ
れ自体を明らかにする(すなわち官能的な表現を得る)。リネンが価値あるものとしてコートを同等にす
ることによって、同時に使用目的としてコートと区別されますが、何が起こるかは、コートがリネンボデ
ィとは対照的にリネン価値の出現形態になります。 - その自然な形とは区別される。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤ー①相対的価値表現:20ヤードのリネン= 1コート(または、xリネンはコートの価値がある)の場合、
コートは支出された労働の価値または凝固としてしかカウントされないと認めなければならず、その事実
を通して、その凝固のためには人間労働が流れ込む形態として、認められることが正確にあります。
⑤-②使用価値コートはリネン価値の出現形態にしかならない。なぜなら、リネンは、抽象的な人間の労
働を即時に実現するためにコートの材料に関係するため、リネン自体の中にあるオブジェクト化されたも
のと同じ種類の労働に関係している。だから、オブジェクト(コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚
的に触知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
⑤-③ オブジェクト(物象コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト
(物象)化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
コートと同じエッセンスの価値があるので、自然的形態のコートは、それによって、自分の価値形態にな
ります。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 再度
①In the expression of relative value: 20 yards of linen = 1 coat (or, x linen is worth y of coat),
one must admit that the coat counts only as value or coagulation of labour, but it is precisely
through that fact that the coagulation of labour counts as coat, and coat as the form into
which human labour flows in order to congeal.
相対的価値表現:20ヤードのリネン= 1コート(または、xリネンはコートの価値がある)の場合、
コートは支出された労働の価値または凝固としてしかカウントされないと認めなければならず、その事実
を通して、その凝固のためには人間労働が流れ込む形態として、認められることが正確にあります。

②The use-value coat only becomes the form of appearance of linen-value because linen relates
itself to the material of the coat as to an immediate materialization of abstract human labour,
and thus to labour which is of the same kind as that which is objectified within the linen itself.
The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour of the
same kind, and consequently as value in natural form.
使用価値コートはリネン価値の出現形態にしかならない。なぜなら、リネンは、抽象的な人間の労働を即
時に実現するためにコートの材料に関係するため、リネン自体の中にあるオブジェクト化されたものと同
じ種類の労働に関係している。だから、オブジェクト(コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触
知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。

③Since it is, as value, of the same essence as the coat, the natural form coat thereby becomes the form of appearance of its own value.
コートと同じエッセンスの価値があるので、自然な形態のコートは、それによって、自分の価値の形態に
なります。

 <何度もなんども・・繰り返す!正しくは、こう書かれていたのです。>
 <オブジェクト(物象コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジ
  ェクト(物象)化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
  コートと同じエッセンスの価値があるので、自然的形態のコートは、それによって、
  自分の価値形態になります。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  やっと、国民文庫 悪訳には、次の提示であり、久留間訳も同じなのです!
  《20エレのリンネル=1着の上着、または、xエレのリンネルはy着の上着に値する、
  という相対的な価値表現のなかでは、上着はただ価値または労働凝固体としてのみ
  認められているのではあるが、しかし、それだからこそ、労働凝固体は上着として認
  められ、上着はそのなかに人間労働が凝固しているところの形態として認められてい
  るのである(18。a)

  使用価値上着がリンネル価値の現象形態になるのは、ただ、リンネルが抽象的人間労
  働の、つまリリンネル自身のうちに.対象化されている労働と同種の労働の、直接的
  物質化としての上着物質に関係しているからにほかならない。上着という対象性は、
  リンネルにとっては、同種の人間労働の感覚的につかまえられる対象性として、した
  がってまた現物形態における価値として、認められているのである。リンネルは価値
  としては上着と同じ本質のものであるがゆえに、上着という現物形態がこのようにリ
  ンネル自身の価値の現象形態になるのである。

  しかし、使用価値上着に表わされている労働は、単なる人間労働ではないのであって、
  一定の、有用な労働、裁縫労働である。単なる人間労働、人間労働力の支出は、どの
  ようにでも規定されることはできるが、それ自体としては無規定である。それは、た
  だ、人間労働力が特定の形態において支出されるときにはじめて、特定の労働として
  実現され、対象化されることができるのである。なぜならば、ただ特定の労働にたい
  してのみ、自然素材は、すなわち労働がそれにおいて対象化される外的な物質は、相
  対するのだからである。》(国民文庫版48頁)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ここには、正しくは--次のように示されていました。
 ④ it in their own object-like relationships.
  自分の物象的関係
 ⑤ー②The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour
  of the same kind, and consequently as value in natural form.
  オブジェクト コートは、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト化として、
  それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。」
 ⑤-③こうして、他商品ではなくーー自身で価値形態になるーーから謎なのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 以上のことで、上着自身が、媒介を経ずとも価値形態であり、価値の現出形態なのです。
 これが<物象の判断>の奇怪さなのです!
 再度ーー上着自身が、それ自体として、価値の現出形態であり、
 上着の--価値の現象形態としてのリンネルへの役立ちは、ここではなくて、していないのです。

 だから、このように、
 ④段落を object-like relationships      物的関係 と訳しているから、
 ⑤-②の a sensually palpable objectification 触知可能なオブジェクト化を、
 「同種の人間労働の<触知可能>感覚的な・手でつかみうる対象性として」--と歪曲した。
  このように大切な肝心の--「物象的関係」の大切な意味--を消し去るることで、
 「リンネルが価値としては上着と同じ本質をもっているから、上着の現物形態が、このように、
 リンネル自身の価値の現象形態になるわけである。」ーーとの訳出なのです。
 ⑤-③こうして、他商品ではなくーー自身で価値形態になるーーことを判読できず、
 上着自身が、媒介を経ずとも価値形態であり、価値の現出形態となる謎であり、
 この<物象の判断>の奇怪!さなのであります。
 再度ーー上着自身が、それ自体として、価値の現出形態であり、上着の「価値の現象形態」とし
 てのリンネルへの役立ちは、ここではなくて、していないのです。

 <江夏ー今村ー牧野訳は、この他商品への物的な役立ちを見たからーー誤訳なのです。>
 その謎性追求での解答は、後で、次の解答をえたのです。

 謎性ーーとは何か? リンネルが、価値形態を受けとリ、次に、
 相対的価値形態を示さずとも、上着が、自身だけで価値形態ーー
 ー等価形態を示すことができる!と判断することです。なんとも誤訳の恐ろしきことよ!
 これだから、「等価形態が前提」と判読する・理解する人々ばかりが発生するのです。

 <⑪段落ーーでの解答が次にありました。
 「上着の等価物としての役立ちは、リネンのなす反省規定」ーーに依っている
 ということを、彼は、しつこく追求しています。
 このリネンの反省規定は、次のように、5段落では示されず、⑪段落にて示さ
 れたのです。
 「コートに関連するリネンの結果物(同等の形態、直ちに交換可能な使用価値
 としてのその規定性)は、リネンに関連する外面においても、肉体的な方法で
 コートに属するように見える。」
  そこで、やっと⑪段落にてーー等価形態との規定を受け取ったのです。>
 <誤記・誤訳!これだから、初版が理解し難い!のは当然です。>
 <その続きは、こう示されていました。>
⑤ー④But the labour represented in the use-value, coat, is not simply human labour, but is
rather a particular useful labour: tailoring.・・・・略
⑤ー④しかし、使用価値で表現されている労働は、単なる人間の労働ではなく、むしろ特定の有用な労働
である。単純な人間の労働(人間の労働力の支出)は、それぞれのすべての決定を受け入れることができ
ますが、それは真実ですが、それ自体のためだけに決定されません。それは、決定され特定された労働と
して決定された形で人間の労働力が消費されるとすぐに実現し、客観化することができます。なぜなら、
それは、労働がそれ自体を客観化する外的な物質である、何らかの自然の存在によって直面することがで
きる決定され特定された労働であるからです。
ヘーゲルの意味での「コンセプト」は、外的な物質なしでそれ自身を客観化することだけです。[1]
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 マルクスは、ここに、商品形態の謎をこそ追求しています。




 

12・15東京緊急集会へ

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月15日(土)01時39分44秒
返信・引用
  関生型労働運動, 反弾圧 12・8大阪集会に600名が結集して抗議の渦 - 12・15東京緊急集会へ!
12・8大阪集会に600名が結集して抗議の渦 - 12・15東京緊急集会へ!

労働組合潰しの大弾圧を許さない12・8大阪集会に600名が結集

これは「共謀罪」適用の始まりだ!
立場の違いを超えた広範な反撃で労働組合潰しの弾圧跳ね返そう

 いま、連帯ユニオン関西生コン支部に対して空前の権力弾圧がしかけられています。
 8月から毎月のように不当逮捕がくりかえされ、逮捕者の数は5つの事件でのべ40人にものぼり、連帯ユニオン関西生コン支部(関生支部)執行委員長の武建一さんや筆頭副委員長の勾留期間はすでに3 か月以上に及んでいます。11月21日には武洋一書記長他組合幹部も逮捕されました。

 事件とされているのは、業者団体に運賃引き上げなどを要求した昨年12月のストライキや建設現場の法令違反改善を申し入れた活動など、いずれも正当な組合活動に対して、「威力業務妨害」「強要未遂」「恐喝未遂」としたものです。これら一連の労働組合弾圧は始まりであって、「共謀罪適用のリハーサル」という側面があり、沖縄新基地建設土砂投入の強行、来年の大阪G20-天皇代替わりを前に、共謀罪を社会運動団体全体に拡大する安倍政権による、重大な踏み切りではないかと考えます。

 現在、地元の関西を中心に「これはすべての労働組合・市民運動にかけられた弾圧だ!」と、抗議と反撃の闘いが取り組まれています。
 こうした重大事態をうけて、東京でも、いまおきている組合弾圧の実態と問題点をあきらかにし、この弾圧がすべての労働者・市民運動に襲いかかる攻撃の始まりと受け止め、抗議と反撃の闘いを起こすべく、関西より弾圧下にある関生支部の上京に合わせ緊急集会を開きます。
 立場の違いをこえた総がかりでの団結と連帯をつくりましょう!

■ 日程 2018年12月15日(土)午後6時30分開会
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
■ 会場 日本教育会館(中会議室)
 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
 地図:http://www.jec.or.jp/koutuu/
 ※参加費500円

■ プログラム
1.弾圧の報告
 関生支部より報告
 関西実行委員会代表の報告
2.大弾圧をどう考えるか 弁護士よりの発言
 大口昭彦弁護士(関生支部宝島裁判担当)ほか
3.発言・連帯挨拶
 伊波洋一参議院議員 ほか

■ 緊急集会呼びかけ人
 一ノ瀬敬一郎(弁護士)
 伊波洋一(参議院議員)
 上原公子(元国立市長)
 大口昭彦(弁護士)
 大野和興(日刊べリタ編集長)
 菅孝行(評論家)
 辛淑玉(のりこえネット共同代表)
 野平晋作(ピースボート共同代表)
 花輪伸一(沖縄意見広告運動全国世話人)

■ 主催:12・15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会実行委員会
(仮事務局)協同センター・東京内 〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1-301
 電話:03-5342-1395 FAX:03-6382-6538
 

 12年続く岩手の暴走隠しの結末

 投稿者:岩手県元盲ろう者  投稿日:2018年12月15日(土)00時59分55秒
返信・引用
   12年続く岩手の暴走隠しの結末
 12年前親父と口利いた事も無い読み書きの出来ない聾唖者が当時次期県聾唖協会会長のためあいつの親父は馬鹿なのだと言うことに所属団体岩手県盲ろう者友の会事務局長小笠原利行さんからお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言い出しこれは馬鹿らしいと退会した。後から全通研が改心を押し付けに来た。無視して別団体県難連(岩手県難病団体連合会)と掛け合い内定の頃更生相談所の相談員の密告で友の会小笠原事務局長の奥さんひとみさんから悪口妨害が入り内定は取り消されました。怒って抗議したら大本家に脅迫電話されました。大本家は高齢で法廷には立てなく山形の姉が呼ばれ姉は親父の墓の前であんな社会と関わるなと言われました。
 今度は県庁に抗議したが当時の福祉課朽木課長から親を馬鹿と認めたらと言われました。友の会を辞めた後は看板団体の為に暴走を叱りつけるより隠すため関わった人も団体も友達も全部取り上げた。別団体はどこも行かせず社会参加は地元東山町以外は12年で12回妨害されています。しかも後で判ったのは辞めた少し前に障害者の自立支援法が廃止になり、それが暴走隠しに利用された。法律の無い状態で法務省もばれなければいいと容認され法務大臣さえ知らん顔している。自立支援法が復活(6年前)してもたかが障害者一人と後はなりふり構わない暴走隠しになり盛岡での講演会も大阪との賛助会員になっても岩手にばれて理事長から辞めてくれと、栃木と盲ろう者との交流も花巻での全国大会も勧めてくれた全国協会の事務局長まであいつに関わるなと知事に口説き伏せられ知っている人は誰とも逢わせなかった。
 かん口令は更生相談所にも障害者の社会参加推進センターにも地元東山町以外の社協にも。更に一関身障協にも入って口封じから入会お断り。今では地元東山に行けと言う。おまけに地元一関市長にも入っていた。更に通訳団体3つが3年前から差別を始めた。
 親父は地元の民芸品で現代の名工に選ばれて知事表彰を受けています。記録をコピーして全国の社協40と各地の市長15に掲示板にも書いて80近くに知らせた。馬鹿でも真似出来ますかと追加した。
 原因は知事に看板団体の暴走を隠す暴走目こぼし権があったのか? 法律の専門家はそんな物無いと言う。障害者110番の弁護士は法の下に何人も平等だという。
 原因はこちらが友の会を辞める少し前に障害者の自立支援法が廃止になっていた。暴走団体を叱りつけるより堂々と暴走隠しをした事になる。法律が無かったのだから。12年も抵抗して来た甲斐もなく抹殺の差別に囲まれ断念することになりました。知事でさえ障害者の一人位いとしか見ていなく簡単にあいつに関わるなと口説き伏せられた同じ障害者の団体も情けない。何のために結成したのか。






 

商品の二面性と商品形態の二重性について

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月28日(水)14時21分0秒
返信・引用 編集済
    ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Kap_1_2

  3. Die Wertform oder der Tauschwert
  3. The value form or the exchange value
   価値形態または交換価値

①商品以商品或商品的形式進入世界,如鐵,帆布,小麥等。這是他們自製的形式。然而,它們只是商品,因為它們是雙重商品,同時也是價値載體。因此,如果它們具有雙重形式,自然形式和價値形式,它們僅作為商品出現或僅具有商品形式。

①<62> Waren kommen zur Welt in der Form von Gebrauchswerten oder Warenkörpern, als Eisen, Leinwand, Weizen usw. Es ist dies ihre hausbackene Naturalform. Sie sind jedoch nur Waren, weil Doppeltes, Gebrauchsgegenstände und zugleich Wertträger. Sie erscheinen daher nur als Waren oder besitzen nur die Form von Waren, sofern sie Doppelform besitzen, Naturalform und Wertform.

①商品は、鉄、キャンバス、小麦などの商品または商品形態で世界に入ります。これは彼らの手作りの形です。しかし、それらは二重財であり、価値のキャリアでもあるので、それらは単なる商品です。したがって、それらが二重形式、自然形式および価値形態を持つ場合、それらは商品としてのみ、または商品形態でのみ現れる。

②貨物的客觀性與Wittib Hurtig的不同之處在於,人們不知道在哪裡擁有它們。與商品的粗糙客觀性完全相反,沒有任何自然物質原子進入其價値客觀性。因此,人們可能隨心所欲地轉動和轉動單一商品,作為一種有價値的東西,它仍然是不可理解的。然而,我們必須記住,本品具有唯一的價値,客觀性,如果它們是人類勞動的同一社會單位的表情,讓自己的價値,客觀性是純粹的社會,不用,甚至説他們只出現在大宗商品的商品的社會關係可以。事實上,我們假設交換或貨物交換的價値,以追踪其隱藏價値。我們現在必須回歸這種價値的表現。

②Die Wertgegenständlichkeit der Waren unterscheidet sich dadurch von der Wittib Hurtig, daß man nicht weiß, wo sie zu haben ist. Im graden Gegenteil zur sinnlich groben Gegenständlichkeit der Warenkörper geht kein Atom Naturstoff in ihre Wertgegenständlichkeit ein. Man mag daher eine einzelne Ware drehen und wenden, wie man will, sie bleibt unfaßbar als Wertding. Erinnern wir uns jedoch, daß die Waren nur Wertgegenständlichkeit besitzen, sofern sie Ausdrücke derselben gesellschaftlichen Einheit, menschlicher Arbeit, sind, daß ihre Wertgegenständlichkeit also rein gesellschaftlich ist, so versteht sich auch von selbst, daß sie nur im gesellschaftlichen Verhältnis von Ware zu Ware erscheinen kann. Wir gingen in der Tat vom Tauschwert oder Austauschverhältnis der Waren aus, um ihrem darin versteckten Wert auf die Spur zu kommen. Wir müssen jetzt zu dieser Erscheinungsform des Wertes zurückkehren.

②商品の客観性は、人々がどこでそれらを所有するのかわからないという点でWittib Hurtigとは異なります。商品の大まかな客観性とは反対に、天然物原子は価値客観性に入りません。したがって、人々は自分が好きなように単一の商品を回転させたり回転させたりすることができます。貴重なこととして、それはまだ理解できません。
ただし、この製品にはユニークな価値、客観性があります。それらが人間の労働の同じ社会単位の表現である場合、それらの価値を客観的なものとします。商品の商品の社会的関係はすることができます。実際、私たちはその隠れた価値を追跡するために交換または商品交換の価値を想定しています。今度はこの値のパフォーマンスに戻る必要があります。


③大家都知道,否則他不知道,本品具有與其使用價値豐富多彩的自然形態最顯著對比的,共同的價値觀形成 - 以貨幣的形式。這是很重要的,但是,做什麼甚至沒有被資産階級經濟企圖,即證明了這錢形式的起源,因此値表達式的開發列入其最簡單的微不足道的數字商品的價値相對於令人眼花繚亂的資金形式追隨。與此同時,金錢難題消失了。

③Jedermann weiß, wenn er auch sonst nichts weiß, daß die Waren eine mit den bunten Naturalformen ihrer Gebrauchswerte höchst frappant kontrastierende, gemeinsame Wertform besitzen - die Geldform. Hier gilt es jedoch zu leisten, was von der bürgerlichen Ökonomie nicht einmal versucht ward, nämlich die Genesis dieser Geldform nachzuweisen, also die Entwicklung des im Wertverhältnis der Waren enthaltenen Wertausdrucks von seiner einfachsten unscheinbarsten Gestalt bis zur blendenden Geldform zu verfolgen. Damit verschwindet zugleich das Geldrätsel.

③「誰もが知っているが、他には何も知らない」--が、商品には共通の価値形態があり、それはカラフルで自然な形態の価値観とははっきりと対照的である。 しかしここでは、ブルジョア経済では試みられていなかったこと、すなわちこの貨幣形態の起源を証明すること、すなわち商品の価値関係に含まれる価値表現の発達を、最も単純な形態からまばゆい貨幣形態まで追うことが、必要です。そのことで、 同時に貨幣のパズル<謎>は消えます。

④最簡單的價値關係顯然是商品與單一不同商品的價値關係,無論哪一種。因此,兩種商品的價値比率為商品提供了最簡單的價値表達。

④Das einfachste Wertverhältnis ist offenbar das Wertverhältnis einer Ware zu einzigen verschiedenartigen Ware, gleichgültig welcher. Das Wertverhältnis zweier Waren liefert daher den einfachsten Wertausdruck für eine Ware.

④最も単純な価値の<比率>価値関係は、明らかに、単一の異なる商品に対する商品の価値です。 したがって、2つの商品の価値比率は、商品に対して最も単純な価値表現を提供します。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  A 簡単な、個別的な、または偶然的な価値形態
  1 価値表現の両極ーー相対的価値形態と等価形態
 相対価値形式と同等の形式は相互に関連し、相互に依存し、分離不可能な瞬間であるが、同時に相互に排他的であるか反対の極なのである。
<同じものの柱--両極ーーを示す等式なのです。>
それらは値の式が互いに関連する異なる商品に常に配分されます。
それが、私にはできます。しかし、キャンバスの価値をキャンバスに表現しないでください。 20キュビットのキャンバス= 20キュビットのキャンバスは、価値表現ではありません。
それどころかそれでは、方程式に次のように書かれてしまいます:20キュビットのリネンは、商品キャンバスの一定量のキャンバスの20キュビットに過ぎません。したがって、キャンバスの値は、相対的な表現でしか表現できません。 他の商品でですね。したがって、キャンバスの相対的価値形式は、他の商品がそれとは反対の形態であることを意味<既存訳 前提>します。
  <リンネルの価値表現において、両極の価値形式があるーーことを説明、するのであり、そのとき、
  オートバイが、前輪ではなくウイリーをして後輪だけで名人が操っている、ことを指して後輪が前提
  だ!と称する事ができるでしょうか?そのことが、両極の価値形態をここで題材にしているときに、
   <キャンバスの値は、相対的な表現でしか表現できません。他の商品でですね。>
  ーーとこのことを、両極が前提なのではなく、左極での行為とのみ見る歪曲をするならば、それは、
  等価形態が前提でなければ、リンネルの相対的価値表現ができない!事になってしまいます。
  それでは、次段落の等価物の役割が、
  ーー彼女は彼女の価値を表現していません。それは他の商品の価値表現にのみ材料を供給する。ーー
  が全く見えなくなってしまいます。
  上着のここでの役立ちが、単に価値表現の材料としての役立ちなのではなく、等価物としての受け身
  の役立ちーーなのであります。>
他方では、これと同等であるこの他の商品は、同時に相対価値形式にすることはできません。 彼女は彼女の価値を表現していません。 それは他の商品の価値表現にのみ材料を供給する。
   <4段落は、略>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  a相対的価値形態の内実
 ①商品の単純な価値が2つの商品の価値にどのようにあるのかを知るためには、最初にその商品の量的側面とは無関係に考えなければならない。ほとんどの場合、反対の方向に行動し、2種類の商品の特定のQuantaが互いに等しい割合のみの値の関係を見ます。 異なるものの大きさは、最初に同じ統一性に還元された後、定量的に比較可能になることは見落とされている。
  同じ単位の表現が同じ名前のものであり、それゆえ相応の量である。 (17)
 ②キャンバスが20キュビット= 1コートか= 20スカートかどうか、つまりキャンバスの量が多くても少数であっても、そのような割合は常にキャンバスとスカートが同じ単位の表現であることを意味しますし 、同じ性質のものがあります。 キャンバス=ロックは方程式の基礎です。

 ①In order to find out how the simple value of a commodity lies in the value of two commodities, one must first consider the latter quite independently of its quantitative side. In most cases, one behaves in the opposite direction and sees in the value relation only the proportion in which certain Quanta of two kinds of goods are equal to one another. It is overlooked that the magnitudes of different things first become quantitatively comparable after their reduction to the same unity. Only as expressions of the same unit are they of the same name, hence commensurable quantities. (17)
 ②Whether 20 cubits of canvas = 1 coat or = 20 or = x skirts, that is, whether a given quantity of canvas is worth many or a few skirts, each such proportion always implies that canvas and skirts as values are expressions of the same unity, things of the same nature are. Canvas = Rock is the basis of the equation.

 ③ー①しかし、質的に等しい2つの商品は同じ役割を果たすわけではありません。 キャンバスの値だけが表現されます。 そしてどう? 彼女と彼女の「同等の」または「交換可能な」ものとしての彼女の関係を通してなのです。 この関係では、岩石は価値としての価値の存在形態であるとみなされます。なぜなら、それはキャンバスと同じだからです。 一方、キャンバスの独自の価値は、独立した表現を前にしたり、独立した表現を受けたりします。
 ③-①But the two qualitatively equated goods do not play the same role. Only the value of the canvas is expressed. And how? Through her relationship to rock as her "equivalent" or "interchangeable" with her. In this relationship, rock is regarded as an existential form of value, as value thing, for only as such is it the same as the canvas. On the other hand, the own value of the canvas comes to the fore or receives an independent expression, for only as a value is it related to the rock as equivalent or with it exchangeable.

 ③-②例えば、酪酸はプロピルとは異なる体である。 しかし、同じ組成のC4H8O2である炭素(C)、水素(H)および酸素(O)と同じ化学物質からなる。酪酸が蟻酸プロピルと同等である場合、蟻酸プロピルはこの場合単にC4H8O2の存在であり、第2に酪酸もC4H8O2からなると言われる。 ギ酸プロピルを酪酸と同等にすることにより、それらの化学物質は体の形状とは異なるであろう。
 ③-②So, the butyric acid is a body different from the propyl formate. Both, however, consist of the same chemical substances - carbon (C), hydrogen (H) and oxygen (O), in the same percentage composition, namely C4H8O2. If the butyric acid were equated with the propyl formate, the propyl formate would in this case be merely an existence of C4H8O2, and secondly it would be said that the butyric acid also consists of C4H8O2. By equating the propyl formate with the butyric acid, their chemical substance would be different from their body shape.

 ④商品として、商品は単なる人間の労働力のゼリーであるので、私たちの分析はそれらを価値の抽象化に還元するが、自然な形とは異なる価値形態を与えないと言う。ある商品の価値が別の商品と異なる。その価値性格は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます。
 ④Let us say: as goods the goods are mere jellies of human labor, so our analysis reduces them to the abstraction of value, but gives them no value-form different from their natural forms. Different in the value of one commodity to another. Its value-character emerges here through its own relation to the other commodity.
 ④讓我們説:作為貨物,貨物僅僅是人類勞動的果凍,因此我們的分析將它們簡化為價値的抽象,但卻沒有賦予它們與自然形式不同的價値形式。一種商品的價値與另一種商品的價値不同。它的價値特徴通過它與其他商品的關係而出現。

 ⑤By e.g. If rock is equated with the value of the canvas, the work in it is equated with the work in it. Now, the dressmaking that makes the skirt, one of the weaving that makes the canvas, is different concrete work. But the equation with weaving actually reduces the tailoring to what is really the same in both works, to their common character of human labor. On this detour, it is then said that weaving, if it weaves value, does not possess the distinguishing features of tailoring, that is, abstractly human labor. Only the expression of equivalence of different commodities brings out the specific character of value-creating labor, by actually reducing the various kinds of labor involved in the various commodities to their common, human labor (17a).
⑤通過例如如果將岩石等同於畫布的値,則其中的工作等同於其中的工作。
現在,製作裙子的製衣是製作帆布的編織之一,是不同的具體工作。
但是,編織方程實際上將剪裁減少到兩個作品中的真實相同,以及它們對人類勞動的共同特徴。
在這種繞道上,人們會説編織,如果它編織價値,具備剪裁的顯著特徴,即抽象的人工。
只有不同商品等價的表達才能通過實際將各種商品中、将及的各種勞動力減少到共同的人類勞動來實現創造價値的勞動的特定性質(17a)。
 ⑤例えば、岩がキャンバスの価値と等しいとすれば、その作品はその作品と同等です。
     <・・如果將岩石等同於畫布的値,    則其中的工作等同於其中的工作。>
今日では、スカートを作ることはキャンバスの製織の1つであり、これは別の特定の作業です。 しかし、製織方程式は、実際には2つの作品の真のアイデンティティと人間労働のための共通の特徴にカット・削減します。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   在這種繞道上,人們會説編織,如果它編織價値,
   具備剪裁的顯著特徴,即抽象的人工。
   只有不同商品等價的表達才能通過實際將各種商品中、

   この迂回路では、価値を織り込むと、
   仕立ての重要な特徴、すなわち抽象的な労働が<具備>ある。
   異なる商品の同等の表現だけが、様々な商品において実際に使用され得る
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この種の迂回路では、人は織りだと言うでしょう。価値を織り込むならば、仕立てという抽象的な特質がある。
実際に様々な商品に関わる様々な労働を共通の人間の労働(17a)に還元することによって、異なる商品の同等の表現だけが価値を生み出す労働の特定の性質を達成することができる。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 久留間先生は、1~5段落を引用して、こう述べるのです。
 「ここでわれわれが何よりもまず注意をしなければならないことは、20エレのリンネル=1枚の上衣、あるいは20エレのリンネルは一枚の上衣に値する、という価値方程式において、リンネルはいきなり自分を上衣に等置することによって上衣に価値物としての、すなわち抽象的人間労働の直接的な体化物としての、形態規定をあたえ、そうした上ではじめて、この価値物としての定在における上衣の自然形態、自分の価値を表現しているのだということである。
 こういう廻り道をしないでは、商品は価値形態をもつことが出来ないのである。
リンネルは、いきなり自分を上衣に等置することによって、すなわち自分は上衣に等しいのだと自称することによって、自分を価値物にすることはできない。それでは単なる独りよがりになってしまう。
 他面において、リンネルが上衣の自然形態で価値を表わしうるためには、すなわち上衣の自然形態そのものを自らの価値形態にしうるためには、あらかじめ上衣が価値物としての定在を与えられていなければならぬ。
 言葉をかえていえば、上衣の自然形態がそのまま抽象的人間労働の体化物を意味するものとされていなければならぬ。そしてそれは、リンネルが上衣を自らに等置することによって行われるのである。
リンネルは、自分は上衣に等しいのだと自称することによって、自分を価値物にすることは出来ないが、上衣は自分に等しいのだと宣言することによって上衣を価値物(・・・)にすることはできる。
 そこで、リンネルは、かようにして上衣を価値物にしたうえで、自分は価値としては上衣と同じなのだ、ということによって、上衣の形態において、自分自身の価値性格を表現するのである。
すなわち、その使用価値の形態であるところの自然形態からー(略)ー区別された価値形態をもつことになるのである。」(『価値形態論と交換過程論』P56~57)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   <ここまでの批判の1です。>
  ーー久留間先生は、この5段落を次のように誤解をしている。ーー
  ①「価値方程式において、」ならば、上着は等価としてリネンに等置されているーー
  のですから、上着は価値の規定の下に既にあるのです。
  何故か?
  3段落ー「岩石は値としての価値存在形態とみなされます」との規定にあるからです。
  そのことで、上着は価値とみなされています。
  もう一度、
  上着は等価であり、同等なものであることで、価値として規定の下にあるーーのですから先生の述べ
  ることは、この前提を消して、相対的価値表現の第一歩の左極での条件を、排除しています。
  上着は価値としてリネンに等置される、・・この第一歩を、先生は排除して別の条件で
  ある、交換関係を、ここに提示しているのです。
 ィ) 交換関係であれば、この肝心のリンネルの価値存在の表現があって、上着が価値の存在形態と示
  され、上着が--リンネルの同等物である価値であることを示す、ーー物象の判断であるーー商品の
  行う反省規定ーーは捨象されるのです。
  ②上着が価値として、リネンに<直接的に>等置されるならば、そのままに上着は、自身の価値存在
  を現出させるーーのだから>上衣は直接的にその自然的形態のままに、価値形態と規定される、のは
  明らかです。
  ここでの「上衣を自分に等置することによって・・・すなわち抽象的人間労働の直接な体化物として
  の形態規定をあたえ、・・」でも同じくであり、この規定の仕方は、上衣が等価形態となるときに規
  定される仕方であります。
 ロ)媒介的なのですとは?ーー上着が「廻り道」をして媒介的に価値としてリネンに等置されています
  が、その意味が何か?であります。
  ③リネンの交換関係においてならば、上着は使用価値として等置される量的関係でしかありません。
  リネンの上着との価値関係においては、リネンが価値であるのは、
  aその両者の同等性がーー人間労動と示され、
  b上着・裁縫労動はリネンからの反省規定で、<廻り道>をして、
  媒介的に両者に共通な抽象的人間労働とされるーーことで、上着は価値とされていることで、この反
  省規定があることで、やっとこのリネンは価値であるのです。
 ハ)④ここで、次の転倒、誤読をみておかなければ、先生の誤りは見えません。
  「上衣を自分に等置することによって上衣に価値物としての、定在における上衣の自然形態」ーーで
  あることで、と示すことで、先生は、媒介されたリネンの価値表現と、直接的に上着が価値形態とさ
  れることとを、混同したのです。
  ここには、上記に示された、ー-上着が価値としてリネンに等置されるーー上着の同等物としての役
  立ちが、二つあり、媒介的なのか、直接的なのか、の区別への追求が無いのです。
  ー-上着が価値として役立つ、この媒介性をまず3・5段落で、追求しています。ーー
  ⑤上着に、「抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、」たのであれば、裁縫労動
  は直接的に抽象的人間労働の実現形態へと転化ーーしており、等価形態の第二の独自性、を示すこと
  になってしまいます。ここではそのことは問題にはなっていません。
 ニ)⑥どうしてーー久留間先生はこんな誤解をしたのか?
  「・・右の方程式の例においてリンネルはまず自分を上着に等置しているのではなくて、上着を自分
  に等置することによって、上着を価値物にしているのだ、ということにあるのであるがーー」(P57
  ~58)と誤りをば述べながら、その次のページでは、正しくこう述べるのです。
  「・・「上着を価値として自らに等置し」と訳すべきであることは、一見明らかであるとおもう。」
  (P59)ーーと。


  この方向性を見れば、まず上着が価値形態を受けとる転倒は有り得ないのです。
  このように、相対的価値形態の形成の方向性において、リンネルの価値形態が物象の判断として、使用
  価値ではなく<商品上着>とのかかわりのなかで示されていたのです。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ヘ)再版五段落の理解に戻ります。
  ⑦先生は、後者では、正しく述べながら、それを、論じている条件が、
  <a相対的価値形態の内実>での①化学式の3段落に続く、②価値抽象の批判として
  「その価値性格<価値キャラクター>は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます」ーー
  との再版4段落の提起・条件を無視したことで<価値形態>とここを誤読・誤解したのではないか?
  「上衣の形態において、自分自身の価値性格を表現するのである。すなわち、その使用価値の形態で
  あるところの自然形態からーー(略)ーー区別された価値形態をもつ」ーーと。全く逆の理解をした
  のです。

  すなわち、上着は価値形態であると、全く正反対の理解を示したのです。これでは、上着は自然的形
  態でありながら価値形態を示すーー等価形態と、先生は、誤解したのであります。
  そして次に、③この5段落での、ーー
  「織り方が方程式を示すと、実際にはどちらの仕事でも、人間の労働の共通の性質に本当に同じもの
  に仕立てを還元」ーー中国語からの事実上の抽象・五段落の訳は、秀逸--とは理解しないのです。
    「この迂回路では、価値を織り込むと、仕立ての重要な特徴、
    すなわち抽象的な労働が<具備>ある。異なる商品の同等の表現だけが、
    様々な商品において実際に使用され得る。」
  この迂回路を、その価値形態の下での、人間労動の表示が、等価形態の下での表示だから、上衣にー
  ー「抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、」たーーと読んだ、と思います。

  未だ規定されていない、提起されていない「価値形態」を、4段落に見たのが、人々がどうこの事柄を
  批判すべきなのか?どうにも理解できなかった、ことなのであります。

 ⑧価値関係にて、まずーその価値性格ーが問題にされているのに、先生は、等価形態こそが論じる対象だ
  として前段に置き、初版の誤訳の廻り道を例証にしています。
  彼の論拠の全ては、初版の回り道ーーの誤解に基づくものなのです。なんとも、自分の正しさの例証と
  したことが、誤解なのであります。
  そして、初版7段落の廻り道の論証を、戻って、6段落にてもそうだと示し、その延長に<等価形態を
  論ずる延長として>4段落を提示することで、そこで論じられているマルクスの肝心要の、相対的価値
  形態の形成の方向での、その内実であるーー物象の社会的関係ーー<註18>が、ここに示されている
  ことを、正しい長谷部訳をも、誤訳として、排除しているのです。

 ⑨しかし、江夏訳初版の名誉のためにも、この初版第二段落にては、正しくこう記述されています。
  「リンネルは、自分の価値量・・・を上着で表現することによって、自分の価値存在に自分の直接的
  存在とは区別される価値形態を与える。」(『初版』 江夏訳 P35 原P16 )
  これが当然の理路ではないですか?
  リンネルが価値存在を表現し、上着は価値の存在形態ーーであれば、リンネルはこの相対的価値形態
  の形成の筋道において、まず、自らの価値形態を、表現するのです。
  上着が価値形態を受けとるのであれば、これは、等価形態での出来事なのです。

  この迂回路について
   <この迂回路では、価値を織り成すならば、織り合わせることでは、仕立てという顕著な<有用労
  働の>特徴を持たないので、すなわち抽象的な人間労働と語られています。>
  どうして、上着を縫い上げる裁縫労動だけが、人間労動に還元されるとーー
  彼らは理解--誤解をしたのか?

  それは、この人間労働に還元した後の-廻り道-を、次の理解をしたためです。
  リンネルに対して上着は、直接的交換可能性--を示す、上着は等価形態であるのが、相対的価値形
  態の形成過程においても前提である、ーーとの理解からなのです。

  ーーしかし、前節の 1価値表現の両極ーー相対的価値形態と等価形態は、単なる見取り図であり等
  価形態が前提と述べているのではありません。
  この内実論の最終の⑪段落で示されているように、やっと等価形態ではなく、相対的価値形態を受け
  とる、との記述です。
  ではーー見取り図を示さないで論理展開をしている初版ではどうでしたか?
  ーーリンネルが、「廻り道」をすることで、商品形態を受けとれたのだから、その経過のなかで、リ
  ンネルは価値形態を受けとることで、そのことが出来たと示されています。何と⑧段落です。やっと
  3・5・6・7段落にてその成立について論じられながら、やっと、七段落にて商品形態が形成され
  ることで、八段落にて、相対的価値形態の反対極にやっと八段落にて等価形態の成立を告げられるの
  です。
  久留間先生の論理は、商品形態が如何にして成立したのか?それは、この廻り道を消去することで、
  相対的価値形態の成立の筋道のなかに依る--ことを不問にしたものであり、等価形態の成立ばかり
  を追求するのであり、<仕立てと織りの商品への転化とは>この何故--を不問にするイデオロギー
  であったのです。
  ドイツ語ペーラペラの先生としては、この誤訳を知っていたのではないか?この回り道を経過したー
  ーことでの左極でのリンネルの価値形態の成立について、この7段落の後に、明快にマルクスは述べて
  います。やっと、両極の成立であり、けして右極の形態や、 両極が前提になど、なっていません。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ト「価値物」が、再版での全くの異文であり、恐ろしき意図の下での誤訳であります。
  この5段落の誤訳の有り様を、更に追求してみました。

①For example. The coat equates to linen as worth, so the labor in the court is equal to the labor in the linen.
①例えばです。コートは、価値としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネンに
潜んでいる労働に等しいのです。

②例えばです。コートは、価値としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネンに
潜んでいる労働に等置される。
②For example. Since the coat is equally placed on linen as a value, the labor in the court is equiped with the labor lurking in the linen.

③For example. The coat is equiped as linen as value, so the labor in the court is the same as the labor in the linen.
③例えばです。コートは、価値物としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネン
に潜んでいる労働と同じです。

④例えばです。コートは、価値物としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネン
に潜んでいる労働に等置される。
④For example. Since the coat is equiped as linen as value objects, the labor in the court is equally placed on the labor lurking in the linen. .
④例如。 由於外套被稱為亞麻布作為有價物品,因此法院的勞動同樣依賴於潛伏在亞麻布中的勞動力。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  何とも・・この誤訳の恐ろしき意図、
  同等物 に対しての 等価物、  価値としての上着に対しての 価値物、
  ーー全く意味が転倒して、マルクス先生の意図が、空中分解して、
  理解できなくなるのです。次の正訳を掴み取る必要ありです。

⑤ー①通過例如如果將岩石等同於畫布的値,則其中的工作等同於其中的工作
⑤ー①例えば、岩がキャンバスの価値と等しいとすれば、その作品はその作品と同等です。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <次の⑥ ⑦ ⑧段落を超えて、更に、⑨ ⑩段落での商品語の語りを超えて、
  ⑪段落にて、リンネルの価値形態が、規定されることで、相対的価値形態が形成されて、
  やっと、この⑤段落の迂回路が達成されるのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑥It is not enough, however, to express the specific character of the work from which the value of the canvas consists. Human labor in the liquid state or human labor makes value, but is not worth. It becomes value in a coagulated state, in figurative form. In order to express the canvas value as a jelly of human labor, it must be expressed as an "objectivity," which is in fact different from the canvas itself and at the same time common to other commodities. The task has already been solved.
⑦In the value relation of the canvas, the rock is regarded as its qualitatively equal, as a thing of the same nature, because it is a value. He is therefore considered as a thing in which value appears or which represents value in its tangible natural form. Now, though, rock, the body of rockware, is a mere utility value. A skirt expresses no more value than the first best piece of canvas. This proves only that he means more within the value relation to the canvas than outside it, as many a man means more within a galloped rock than outside it.

⑥但是,僅僅表達作品的特定特徴是不充分的,這是畫布的價値。處於流動状態或人力勞動的人力勞動是有價値的,但卻不値得。它以形象的形式變成凝固状態的價値。為了將畫布價値表達為人類勞動的果凍,它必須表達為“客觀性”,這實際上不同於畫布本身,同時也是其他商品的共同點。任務已經解決了。

⑦在畫布的價値關係中,岩石被認為是質量上相等的,因為它是一種價値。因此,他被認為是一種價値出現或代表其有形自然形式價値的東西。然而,現在搖滾樂器搖滾樂僅僅是實用價値。裙子表達的價値不比第一塊最好的畫布更有價値。這證明了他在畫布的價値關係中比在畫布之外的意義更大,因為許多人在一個疾馳的岩石中意味著更多在外面。

⑥しかし、キャンバスの価値である作品の特定の特性だけを表現するだけでは不十分です。モビリティやマンパワーの状態での労働力は価値がありますが、それだけの価値はありません。画像の形で固体の値になります。キャンバスの価値を人間の労働力のゼリーとして表現するためには、それは「客観性」として表現されなければなりません。これは実際にはキャンバス自体とは異なり、他の商品に共通です。タスクは解決されました。

⑦キャンバスの値の関係では、岩は値なので質的に等しいと見なされます。したがって、彼は価値の中に現れるか、またはその有形の、自然な形の価値を表すものであると考えられています。しかし、ロックミュージックは今や実用的な価値です。スカート式の価値は、最初の最高のキャンバス以上の価値はありません。これは彼がキャンバスの外側よりキャンバスの価値の関係においてより大きな意味を持っていることを証明しています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑧And in terms of the value of the canvas, it applies only to this side, therefore as an embodied value, as a value body.
⑧また、キャンバスの価値の面では、この側面のみに適用されるため、具体化された値として、値の本文として適用されます。

In spite of his buttoned-up appearance, the canvas has recognized in him the tribe-related beautiful soul of value. However, the rock can not be of value to her without the value taking on the form of a skirt at the same time.
彼の可愛い姿にもかかわらず、キャンバスは彼の中で部族関連の美しい価値魂を認めています。 しかし、同時にスカートの形を取る価値がなければ、彼女は価値あるものではありません。

Thus the individual A can not behave as a majesty to the individual B, without the majesty at the same time assuming the body form of B for A, and thus changing facial features, hair, and many other things with the patriarch of the land.
したがって、個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、したがって顔の特徴、髪、および他の多くのものをその土地の総主教と交替させることなく、威厳のない個人Bへの威厳として行動することはできない。

 <次の訳もあったので提示しておこう。>
   http://content.csbs.utah.edu/~ehrbar/cap1.pdf
⑧コートの生産では、仕立ての形のヒューマン・マン・パワーが実際に費やされた。その結果、人間の労働はコートに蓄積されている。これによりコートは価値はありますが、たとえコートが最も擦り切れていても、このプロパティはどこからでも表示されません。
そして、リネンの価値関係では、この側面の下でのみコートがカウントされるので、価値の化身として体現されます。そのリボンは、値のものです。

しかし、コートは、リネンの価値を表現することはできません。後者の場合は、コートの形をとっています。
例えば、個人Aは、別の個人Bには「陛下」であることはできませんが、Bの目の中には、Aの物理的な形状を想定しています。
そして、新しい人の父親と一緒に、ファッション・フィーチャー、ヘアー、その他多くのものを変えます。
⑧ In the production of the coat, hu-man labor-power, in the shape of tailoring,was in actual fact expended.Consequently, human labor is accumulated in the coat.By virtue of this, the coat is a ‘carrier of
value’, although this property does not show through anywhere, even where the coat is at its most threadbare. And in the value relation of the linen, the coat counts only under this aspect, counts therefore as embodied value, as incarnation of value.Despite its buttoned-up appearance, the linen recognizes in the coat a splendid kin-dred soul, the soul of value. The coat, however, cannot represent value towards the linen unless value, for the latter, at the same time assumes the shape of a coat.An individual, A, for instance, cannot be ‘your majesty’ to another individual, B, un-less majesty in B’s eyes assumes the physi-cal shape of A, and, moreover, changes fa-cial features, hair and many other things,with every new ‘father of his people’

⑧在裙子的生産中,實際上,在剪裁的形式下,人力勞動已經花費了。所以人類的工作堆積在他身上。根據這一方面,裙子是“有價値的承載者”,雖然即使是最大的破舊也不能看透它的屬性。並且就畫布的價値而言,它僅適用於這一方,因此作為一個具體價値,作為價値主體。儘管他的外表扣人心弦,帆布卻在他身上認出了與部落有關的美麗靈魂。然而,如果沒有同時採用裙子形式的價値,搖滾對她來説就沒有價値。因此,單獨的A不能個別B作為不為甲陛下一個威嚴還假定B和因此面部特徴,毛髮和其他許多人的體形仍然與毎個重複主權變化。

⑧実際には、スカートの生産においては、仕立ての形で、人間的労働はすでに費やされてきた。それで人間の仕事が彼の上に積み重なっています。この側面によると、最大のぼろぼろでさえその属性を見ることができませんが、スカートは「貴重なキャリア」です。そしてキャンバスの価値という点では、これはこの面にのみ適用されます。したがって、特定の価値として、価値の対象として適用されます。彼の握った外観にもかかわらず、キャンバスは彼の中の部族に関連する美しい魂を認識しました。

しかし、同時にスカートの形で価値がない場合、ロックは彼女には価値がありません。 したがって、単一のAを個別のBにすることはできません。

鎧の下にいないので陛下はまたB、したがって顔の特徴を仮定します、主権が繰り返されるたびに、髪の毛や他の多くの人の体型は変わります。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑨ー①価値の面では、岩の形態がキャンバスに同等物<等価物>であり、
岩の形態は価値のある形態とみなされます。
したがって、商品キャンバスの価値は、商品岩の本体、他の商品の使用価値
における商品の価値で表されます。
①In terms of value, in which rock forms the equivalent of
the canvas<岩の形態がキャンバスの同等物>, the rock form is considered a value form.
The value of the commodity canvas is therefore expressed in the body of
the commodity rock, the value of a commodity in the use value of the others.

②使用価値として、キャンバスはロックとは異なる官能的なものです。
使用価値は「岩のような」ものでスカートのように見えます。
したがって、それはその自然形態とは異なる価値形態を受け取る。
 <同等性関係での転倒--であります。だから、この9段落での価値形態は無し!
 使用価値・スカート、上衣は、この自然的形態のままに価値形態を受け取る転倒--
 --を示しています。これが次の宗教的な転倒であり、上衣がその物的形態のままに
 価値形態と誤認されていますし、それでは、左極を形成することができません。
 そこで、次の<神の子羊のように見えます>--との批判が、あります。>
②As a use value, the canvas is a sensual thing different from rock,
as a value it is "rock-like" and therefore looks like a skirt.
Thus it receives a value form different from its natural form.

⑨ー③それらの岩のような形での価値は、その自然に表す同等性が、
キリスト教徒の羊の性質のようにであり、神の子羊のように見えます。
⑨ー③Their value, in their likeness to the Rock,
appears like the sheep nature of the Christian in his equality with the Lamb of God.

⑨在價値比中,岩石形成畫布的等價物,岩石形式被認為是一種價値形式。
因此,商品畫布的價値在商品搖滾的主體中表示,商品的價値在其他商品的使用價値中表示。
作為一種使用價値,帆布是一種與搖滾不同的感性物質,因為它的價値是“搖滾般的”,因此看起來像裙子。
因此,它接收與其自然形式不同的値形式。
他們與磐石的相似之處在於他與上帝羔羊平等的基督徒的羊性質。

⑨価値比では、岩はキャンバスの等価物を形成し、岩の形は価値形態であると考えられます。
したがって、商品キャンバスの価値は商品ロックの本体に表示され、
商品の価値は他の商品の使用価値で表現されます。
使用価値として、キャンバスはその価値が「ロックのよう」であるので、
それはスカートのようにも見えるので、ロックンロールとは異なる賢明な物質です。
したがって、それはその自然な形とは異なる形の価値を受け取ります。
それらは、神の子羊に等しいクリスチャンの羊の性質に似ています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ここでの--岩の形態は価値ある形態--では、この商品語での転倒の言い表わしだから、
 として次を点検--検討するのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑩Man sieht, alles, was uns die Analyse des Warenwerts vorher sagte, sagt die Leinwand selbst, sobald sie in Umgang mit andrer Ware, dem Rock, tritt. Nur verrät sie ihre Gedanken in der ihr allein geläufigen Sprache, der Warensprache. Um zu sagen, daß die Arbeit in der abstrakten Eigenschaft menschlicher Arbeit ihren eignen Wert bildet, sagt sie, daß der Rock, soweit er ihr gleichgilt, also Wert ist, aus derselben Arbeit be- steht wie die Leinwand. Um zu sagen, daß ihre sublime Wertgegenständlichkeit von ihrem steifleinenen Körper verschieden ist, sagt sie, daß Wert aussieht wie ein Rock und daher sie selbst als Wertding dem Rock gleicht wie ein Ei dem andern. Nebenbei bemerkt, hat auch die Warensprache, außer dem Hebräischen, noch viele andre mehr oder minder korrekte Mundarten. Das deutsche "Wertsein" drückt z.B. minder schlagend aus als das romanische Zeitwort valere, valer, valoir, daß Gleichsetzung der Ware B mit der Ware der eigne Wertausdruck der Ware A ist. Paris vaut bien une messe! <Paris ist eine Messe wert!>

⑩ー①You see, everything the analysis of the value of the goods told us in advance says the canvas itself as soon as it enters into contact with other commodities, the skirt.
Only she betrays her thoughts in her own familiar language, the language of the goods.
⑩ー①ご覧の通り、他の商品、スカートと接触するとすぐにキャンバス自体に、その商品価値の分析を--事前に伝えてくれました。彼女だけが、自分の考えを自分の身近な言葉--つまり商品の言葉では、裏切っています。

⑩ー②To say that work forms its own value in the abstract quality of human labor, she says that rock, insofar as it is indifferent to it, is worthy of the same work as the canvas.
⑩ー②その仕事(作品)の形態<「労働」ではない>は、抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女はそれが無関係である限り、それがキャンバス仕事と同じの価値がある限り--ロックがそうであると言います。

③だから、それはその崇高な<価値対象性-ではなく>価値観 - 客観性はその剛体とは異なると言うために、彼女はその価値は岩のように見え、それゆえ価値としては、それは別のものに対しても--卵のように岩に似ています、と語っています。ちなみに、ヘブライ語以外にも、ことばの言語には多かれ少なかれ正しい方言があります。
 <「価値観 - 客観性」は単に価値・価値実体だけではなく、価値形態も含めてです。
  --value-objectivity is different from its rigid body, --とは?
  硬い個体の形態とは異なる、価値形態、のことであります。>
③To say that its sublime value-objectivity is different from its rigid body, she says that value looks like a rock, and therefore, as value, it resembles rock like an egg to another.
By the way, the language of languages, besides Hebrew, has many more or less correct dialects.

⑩ー④ドイツ語の「値」は、例えば 商品Bを商品として同一視することが、商品Aの適切な価値表現であるという--ロマネスク時代の言葉ヴァレール、ヴァレール、ヴァロアよりも目立たない。パリはフェアトレードである! <パリは見逃せない!>
⑩ー④The German "value" expresses e.g. less striking than the Romanesque time word valere, valer, valoir, that equating the commodity B with the commodity is the proper value-expression of the commodity A. Paris is a fair trade! <Paris is worth a fair!>
   <それがキャンバス仕事と同じの価値がある限り--ロックがそうであると言います。>
   このように、リネン・キャンパス仕事は、
   上着・ロックを、自身と同じの岩の形態は価値のある形態と、両者で認めていることで、
   同等性関係の価値関係への確認・復帰を--成し遂げています。
   <中国語での訳文はどうか? 仕事<工作>であり、価値観 - 客観性であります。>
<それはキャンバスと同じ仕事に値する、それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女は言います。その崇高な価値観 - 客観性はその硬い体とは異なる - と言って、彼女はその価値観が石のように見えると言いました、それで、価値観として、それは別の卵のように揺れ動きます。>

⑩你看,事先告訴我們的貨物價値的分析,一旦它與其他商品,裙子接觸,就説帆布本身。只有她用自己熟悉的語言,即商品的語言背叛了自己的思想。為了説工作在人類勞動的抽象質量中形成了自己的價値,她説,岩石,因為它對它無動於衷,因此値得與畫布一樣的工作。要説它的崇高價値 - 客觀性與其僵硬的身體不同,她説價値看起來像一塊石頭,因此,作為價値,它就像一個雞蛋一樣搖滾到另一個。順便説一句,除了希伯來語之外,語言的語言或多或少都有正確的方言。德國“價値”表示例如不如羅馬式時間詞valere,valer,valoir,將商品B與商品等同的商品是商品A的正確價値表達。巴黎是一個公平交易! <巴黎値得公平!>

<その日本語訳> 「それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成する」--と。>

人々は、商品の価値分析によって予測されるものはすべて、他の商品やスカートと接触したときのキャンバス自体とまったく同じであることを認識しています。
彼女だけが、自分が慣れ親しんでいる言葉、つまり商品の言葉で自分の考えを裏切った。
<即ち商品語を批判して述べるのです>それが無関係であるため、それはキャンバスと同じ仕事に値する、それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女は言います。
その崇高な価値観 - 客観性はその硬い体とは異なる - と言って、彼女はその価値観が石のように見えると言いました、それで、価値観として、それは別の卵のように揺れ動きます。
ところで、ヘブライ語に加えて、その言語の言語は多かれ少なかれ正しい方言を持っています。 ドイツ語の「値」とは、たとえば、ローマ風の単語「バレール」、「ヴァレール」、「バロア」ほど良くないこと、および商品Bが商品Aと等価であることが商品Aの正しい値表現であることを意味します。 パリはかなりの取引です! <パリは公平性に値する! >
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまりマルクスは、リンネルの価値形態は、この上着が価値形態となる--混同・混乱のなかで、
リンネルの価値形態が形成され、相対的価値形態の形成は、<価値形態リンネル>だけではなく、
上着の受け身ではなく転倒した主体的な役立ちであり、つまり、価値表現の材料としての物象の
役立ちがあって、形成される--のに、ということなのですね!
「その価値たることが、上衣との同一性に現れること、ちょうどキリスト者の羊的性質が、その
神の子羊との同一性に現れるようなものである。」(岩波文庫P96~97)
--とあるようにですか!つまり、価値表現の材料ではなく、<価値形態>としての役立ちも!
しているように、語る-と言うのです。

しかし、リンネルも上着も価値物となるのは、どちらも価値形態になれる・・ということですか?
しかし、物的関係の形成であれば、超感性的な左極にての価値形態は形成されず、物的な関係での
価値形態で有り、等価物上着の姿態のままに価値形態となる右極での規定になりますよ・・・
しかし、<上着が価値物>との規定は、等価物であり・等価形態とのダブルの混合した規定ではな
かったのですか?
 だから、同等物としての上衣がリンネルに等置され、回り道・商品語の転倒をへて、リンネルの
価値形態を、反射規定する物象の社会関係を結んでいることで、八段落での--威厳のない個人Bへ
の威厳として行動する--個人Aの形成ができたのです。
  <したがって、個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、したがって顔の特徴、
  髪、および他の多くのものをその土地の総主教と交替させることなく、威厳
  のない個人Bへの威厳として行動することはできない。>・・と。
  それが9段落での一大転倒!!!への批判でかちとるものであります。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <崎山先生の訳 ーー榎原さん提示>
  労働は人間的労働という抽象的属性においてリンネル自身の価値を形成するということを言う
  ために、リンネルは、上着がリンネルに等しいものとして通用するかぎり、したがって価値で
  あるかぎり、上着はリンネルと同じ労働から成り立っていると言う。
  リンネルの高尚な価値対称性は糊でごわごわしたリンネルの肉体とは違っているということを
  言うために、リンネルは、価値は上着に見え、したがって、リンネル自身も価値物としては上
  着と瓜二つであると言う。」
  (『資本論』長谷部訳、河出書房新社、原典五六頁、訳文は井上康・崎山政毅
  『マルクスと商品語』、二一~二頁)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  岩波 向坂訳 P97
  「亜麻布の森厳なる価値対象性が、そのゴワゴワした布の肉体とちがっているというために、
  亜麻布は、価値が上着に見え、したがって亜麻布自身が価値物としては、卵が他の卵に等しい
  と同じように、上着に等しいというのである」
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <ジャケット、の意味ーー補足しておきます。
  人にジャケットを着せる、人の被覆物・物象の被覆物であり、・・とは、
  ここには、物象の判断が示されているのだから、「リネンの布」には、ーーではなくて、
  「値は岩のように見え、したがって価値として、卵のように岩のように見えます」であり、
  ーー上着価値であり、卵のように岩のようにーー見えるという転倒、なのです。
  ーー価値関係ではなく、同等性関係に転倒した形態ーーを示しています。
  <その崇高な価値観 - 客観性がその剛体とは異なると言うならば、彼女は価値が
  岩のように見え、したがって価値としては、卵のように岩のように見えると言います。>
  このように、「その崇高な価値観 - 客観性」でなければ意味が見え無くなっている。

  著者マルクスのは、商品語による転倒でのーー理解を9・10段落と是正してきたのに、その意
  義を理解できず、8・9段落の主張の違いが、この整理にあるのですからーー⑨でのーー上着
  は価値形態でありと商品語で示しながらも、最後の判断として、ーー価値関係において、リン
  ネルの価値形態--と、転倒した同等性関係への批判が、まとめられています。


  だから等価物上衣を価値物と誤読するならば、この転倒した・頭で逆立ちの両者ともの価値物
  となってしまうので、触らぬものとして、<相対的価値形態は、前提>となるのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑪したがって、価値関係により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態になるか、または商品Bの本体は商品Aの価値水準となる。(18)商品Aは、価値体としての商品Bを、人間労働の素材として、彼ら自身の価値表現の材料である使用価値Bとする。
商品Aの価値は、商品Bの使用価値で表され、相対的価値形態となる。

By means of the value relation, therefore, the natural form of the commodity B becomes the value form of the commodity A or the body of the commodity B becomes the value level of the commodity A. (18)
By the commodity A refers to the commodity B as value body, as material of human work, makes them the utility value B to the material of their own value expression.
The value of the commodity A, so expressed in the use value of the commodity B, has the form of the relative value.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪通過價値比率,商品B的自然形式成為商品A的價値形式或商品B的主體成為商品A的價値水平。(18)商品A指商品B作為價値主體,作為人類工作的材料,使它們成為 效用値B為自己的値表達式的材料。 以商品B的使用價値表示的商品A的價値具有相對價値的形式。

⑪価値比率により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態となり、商品Bの本体は商品Aの価値レベルとなる。 (18)商品Aは、商品Bを価値対象とし、人間の作業素材としては、使用価値Bが自らの価値表現である材料とする。 商品Bの使用価値で表される商品Aの価値は、相対的価値の形をしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ーーーーーこの次は、すぐさま次の等価形態冒頭を、参照願いたい。ーーーーー
  <①商品A(キャンバス)は、異なる商品B(スカート)の使用価値にその価値を表し、
  後者はそれ自体が価値形態であり、それ(キャンバス)と同等の価値を表現すること
  が分かっている。>何と、英訳は明快そのものです。

   3. The equivalent form 3.同等の形式
 It has been seen that a commodity A (the canvas) expresses its value in the use-value of a different commodity B (the skirt), the latter itself expresses a peculiar form of value, that of the equivalent.
 ①商品A(キャンバス)は、異なる商品B(スカート)の使用価値にその価値を表し、後者はそれ自体が価値形態であり、それ(キャンバス)と同等の価値を表現することが分かっている。
   <「等価物という形態を押し付ける。」原P70 新書訳P95 の混迷しか生み出さない訳>

The linen of the linen brings to light its own value by the fact that the skirt, without assuming a value form different from its body form, is indifferent to it.
そこでのリネンは、リネンにたいしスカートが、その体型とは異なる価値形態をとることなく、それに無関心であるという事実によって、それ自身の価値を明  るくする

The canvas thus expresses its own value by the fact that the skirt is directly interchangeable with it. The equivalent form of a commodity is therefore the form of its immediate interchangeability with other commodities.
したがって、キャンバスは、スカートがそれと直接交換可能であるという事実によって、それ自身の価値を表現する。したがって、同等の形態の商品は、他の商品との即時の互換性の形態です。

 ②If a kind of commodity, such as skirts, serves as an equivalent to another type of commodity, such as canvas, skirts are therefore given the characteristic property of being in an immediately exchangeable form with canvas, then there is in no way given the proportion in which skirts and canvas are interchangeable are.
ここでのスカートのような一種の商品が、キャンバスのような別の商品と同等のものとして機能する場合、スカートは、キャンバスとすぐに交換可能な形であるという特徴的な特性が与えられ、スカートとキャンバスは交換可能です。
    https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1697
    資本論・同等の形式・単純な価値形式の全体・第二の形態 第三の形態
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  マルクスの経済学批判の第一の課題が、リカード対ベーリのいわゆる①絶対的価値と相対的価値の論争
  の克服ーーのために、価値形態論が取り組まれたのであり、『初版』序言に示されているように、
  ①価値実体と価値の大いさ、②価値形態、③労働生産物の商品形態または価値形態との三者の関連性-
  -を示すことを、相対的価値形態と同等な形態<等価形態>ーー同等な形態は彼らには既に認識との前
  提ーーのもとで、提示することが、必要とされていたとの認識が必要と思えます。

  その位置付けの最大の重要性の把握をするならば、次の第二の形態での先生の提起も理解できる。ベー
  リは、この展開された相対的価値形態では、リンネルの価値形態の形成が有ることで、上着での価値表
  現が為されている、ことを無視している、との批判です。そして、左極での形態の形成が自ずと、物象
  の判断にて、右極での等価形態・同等形態をもたらすのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://

 

久留間先生の「価値表現のメカニズム」とは何であったのか (2)

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月24日(土)11時30分56秒
返信・引用 編集済
     『初版』の第一の形態に示される物象の判断とは?まず追求。
   左極にて価値形態を受けとる--とは?次でありました。
   <価値形態論は、「リンネルが上着を価値としては自分に等置
   していながら、他方同時に使用価値としては上着とは区別され
   ている」--物象の判断の解析の人間の判断への転換です。>

 「・ところが諸商品は物<象>である。諸商品がそれであるところのもの、諸商品は物<象>的にそういうものでなければならない。言い換えれば、諸商品自身の物<象>的な諸関係のなかでそういうものであることを示さなければならない。

リンネルの生産においては一定量の人間労働力が支出されている。
リンネルの価値は、こうして支出されている労働の単に対象的な反射なのであるが、しかし、その価値は、上着にたいするリンネルの物体において反射されているのではない。

その価値は、上着にたいするリンネルの価値関係によって、顕現するのであり、感覚的な表現を得るのである。

リンネルが上着を価値としては自分に等置していながら、他方同時に使用価値としては上着とは区別されているということによって、上着は、リンネル-物体に対立するリンネル-価値の現象<出現>形態となり、リンネルの現物形態とは違ったリンネルの価値形態となるのである(18)。」(『初版』国民文庫46-7頁 原P17)

 <再版での理解はどうであったのか?>

③-③キャンバスの独自の価値は、前者では独立した表現を受け取り、それは岩石に価値あるものとしてのみ関連をしてなのですから、それを<equivalent or interchangeable>同等か交換可能なものとしています。

再版 <それは岩石-上着-に価値あるものとしてのみ関連をして>
初版 <リンネルが上着を価値としては自分に等置していながら、
  他方同時に使用価値としては上着とは区別されている・・>

 ①このように再版の価値形態論の冒頭の三段落では、上着が価値と
  してリンネルに等置される、と理解されている。
  それは、上着がリンネルの価値存在であることで、上着は、
  a価値であり、b価値<物>で無くて、c交換可能となっている
  ーーと示されたことであり、これは、初版提示の物象の判断なの
  です。
  <誤解無きように、②交換可能性の形態は、リンネルの価値形態
  が受け取られて、なしえるのだから、まだ①の準備段階です。>

 ②久留間先生は『貨幣論』の「9回り道とはどういうことか」で、
  こうのべています。
  「久留間・・・上着が価値物の規定性にいて等置されるのです。
  これによって上着は価値体としての形態規定を与えられることに
  なるのです。」(P104)
  <そして価値表現のメカニズムを、現行版・再版の第三節の内実
  論の冒頭を解説して次のように云う。>
  「・ただリンネルの価値だけが表現される、ではどのようにして
  か?」と設問し、「リンネルが自分の『等価物』または自分と
  『交換されうるもの』としての上着に対してもつ連関によってで
  ある」<再版原P64>と答えるのです。ぼくが「価値表現のメカ
  ニズム」と名づけたのは、この設問に対する答えの部分に他なり
  ません。その答えの最も重要な、基本的な質的内容を、ぼくはわ
  かりやすく一口に、「回り道」と言う言葉で表現したのでした。」
  (P106)
  先生の誤読が理解できますか?
  「リンネルが自分の『等価物』または自分と『交換されうるもの』
  としての上着」--とは、全くの逆の理解なのです。
  杉本は、正しく、次のように紹介しています

③-①しかし、質的に同等な2つの商品は同じ役割を果たすわけではあ
  りません。キャンバスの価値だけが印刷<printed out>されま
  す - そして、それはどのようにしてか?彼らの”同等物“
  <as their equivalent>としての岩石との関係を通して、あ
  るいはそれを"交換可能 "とすることでなのです。

  先生は、ここでの二つの両極での規定をみて、前者をば、等価形
  態と読み、後者を、その前提の下での"交換可能 "と理解すること
  で、全くの独りよがりの解説をしたのです。

  ③二つは⑧では、はっきりと一つになっています。

⑧ー①コートの生産では、仕立ての形の人力が実際に消費された。
   その結果、人間労働はコートに蓄積されています。
  このことから、このコートは「値のキャリア」ですが、このプ
  ロパティはどこにも見えません。

⑧ー②そして、リネンの価値関係では、コートはこの側面の下でし
  かカウントせず、従って価値の化身として具体化された価値と
  して数えます。そのボタンアップされた外観にもかかわらず、
  リネンは豪華な価値魂をコートで認識します。

⑧ー③しかし、コートは、リネンの価値を表すものではなく、後者
  の場合には同時にコートの形状をとるものでなければならない

⑧ー④例えば、個人Aは、他の個人Bにとっては「あなたの威厳」に
  なることはできません.Bの目の中では威厳を失わずに、Aの物
  理的な形状を仮定し、さらにファッションや髪の毛やその他多
  くのものを変えます新しい-new father of his people-
  「人々の父」が生まれました。」

 「具体化された価値」とは、価値魂の入ったコートの意味ではな
  く、反対に、そうなるためには、どうすればよいのか?という
  のが、ここでの 問いなのです。

③ー①でのコートは ”同等物“で"交換可能 "であるのが、右と左の
  極にわかれておれば、思考停止であり、へいかとしんかの役だ
  ちの違いはみえません。しかしどちらもいまだ左極なのです。
⑧ー②そのことでの”同等物“で"交換可能 "なコートは、
  <リネンの価値関係では、>このように、リネンは豪華な価値
  魂をコートに認識するだけでなく、コート自身がその反射規定
  を、リネンに与えているのです。
 第③に、リネンがそのコートからの反射規定を、受け取ることで、
  ⑧ー④ファッションや髪の毛やその他多くのものを変え、新し
  い「人々の父」が生まれました。ーーとの新規定がある。
  この新規定があることで、つぎ⑨「上着の体を価値形態」にする
  間違いをこえて、リネンの価値形態としたのです

  その<独りよがりの解説>では、論理が進行しないので、こう続
  けることで、先生は『初版』の新たな解読を、つぎにしたのです。

  「・・つまり、商品は自分から進んで他商品の等価物であると称
  してみても、それはその他商品にとって通用しない全くの「独り
  よがり」でしかありません。直接には使用価値である商品が他商
  品にたいして、いきなり、価値体として通用することはできない
  のです。
  だが一商品たとえばリンネルは、他商品上着を自分に等置するこ
  とによって、上着に価値体としての形態規定を与えることはでき
  る。この形態規定における上着の体で自分の価値を表示する、あ
  るいは、この形態規定における上着の体を自分の価値の形態にす
  ることはできる。
  「それは直接に自分自身に対してすることができないことを、直
  接に他の商品に対して、したがってまた回り道をして自分自身に
  対してすることが出来る」(初版原P20)のです。
  これは決してリンネルの独りよがりではありません。
  これによって現に上着はリンネルに対する直接的交換可能性を与
  えられているのです。」 <同書P114>

杉本、久留間先生がここで与えている、再版ではなく初版を指しての
  ① ②の混同を提示する解説であったのです。
ーー②<これによって現に上着はリンネルに対する直接的交換可能性
  を与えられているのです>との後者と、
ーー①<また回り道をして自分自身に対してすることが出来る>と示
  された前者とは、異なります。この区別こそが最大の要です。

著者マルクスは、②の後者について、①との区別をやっと⑦⑧⑨⑩段落と語り積み上げることで、次の結論を示しています。

⑨段落⑧商品は、他方としてのみ(「等価」によって意味されるもの
  である)直ちに交換可能な使用価値の形を求める材料であるのだ
  から、それとは異なる別の商品で価値が表現されます。
⑩段落、この区別は、その単純な形式または第一の形式の相対的な価
  値表現の特徴的な特質によって不明瞭である。
 <量的な相対的価値表現の形式からは、この直接的交換可能性の形
  態は、発生しないので、質的側面によく注意を、とあります。>

11段落に、以上をこう整理づけています。

⑪ー①商品価値の価値形態またはその両方の表現の決定は、相対価値
  のみであるが、両者は同じ程度に相対的に現れるわけではない。
  リネンの相対価値(20ヤードのリネン= 1コート)において、リ
  ネンの交換価値は、他の商品との関係として明示的に示されてい
  る。
  ②コートに関しては、リネンはコート自体を価値の出現<現象>
  形態として、したがってそれ自体ですぐ<直接>に(リネンに)
  交換可能なものとして、リネンがコートと関連している限り、同
  等であることは明らかである。この関係の中でのみコートの等価
  物です。
  ③しかし、それは受動的に行われます。 それは何のイニシアチ
  ブも握っていない。物事はそれ自体に関係しているので、それは
  この関係で自分自身を見つけます。
  ④リネンとの関係のために構成されているキャラクターは、それ
  自身の関係の結果として出現するのではなく、それ自身の追加の
  活動なしで存在する。
  ⑤さらに、リネンがコートに関連する具体的な特定モードおよび
  方法は、コートに対して行うことの終わりに正確に適切である
  が、・・・

 三段落にて、この事に触れて以来、初版の⑤段落後半から⑥段落にて触れ、もう終わっていたのかと思えば、ずっと触れ続けてきての結論が、十一段落にてやっと一応の結論なのですから、読む方にしてもこの論理の推敲のさまは、なんとも驚異そのものです。

 従って、⑦段落のまとめとして、⑧段落の次があるのですが、このことは、何とも他にも紹介頂いたことの記憶が無い、無視された事柄です。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原P21 八段落
⑧ー①私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値形
  態を含むことを明らかにしました。
  ②リネンはその価値とコートの価値の確定量を表しています。
  ③それは、他の商品との価値関係におけるその価値を明示し、し
  たがって交換価値として明示します。
  ④他方では、他の商品、すなわち相対的な方法でその価値を表現
  しているコートは、それと直ちに交換可能な等価物としての使用
  価値の形式を正確に得る。
  ⑤両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の同等
  の形態は、交換価値の形式です。
  ⑥両者は実際には、同じ相対的価値表現のベクトル
  (お互いに相互に条件付けされたもの)だけですが、同じに設定
  された2つの商品極の間の極のように分けられます。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さてと、この区別は、明瞭であるようで、少しもあらゆる混乱した見解への批判が、何故か出来ていないのだから、その適用の点検を、久留間先生の論節でやってみよう。

  <①私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値
  形態を含むことを明らかにしました。>
  この⑧段落の見地から、その前の⑦段落を読むとどうなるのか?

⑦ー③商品と商品との関係にのみ存在する価値形態とは状況が異なります。
ここでは、使用価値または商品本体が新たな役割を果たします。これは、商品の価値の現れ、すなわち、それ自体の反対です。

④同様に、使用価値に含まれる具体的な有用労働は、抽象的人間労働の実現の単なる形となり、それとは反対のものになる。離れて落ちる代わりに、商品の相反する規定が反映されます。これは一見して、この理解ができないか分かりませんが、必要に応じてさらに検討する必要があります。

⑤商品は最初から二重のもので、使用価値であり価値、有用な仕事と抽象的人間労働の凝固産物です。
それが何であるかを明らかにするためには、その形式を一つではなく倍にする必要があります。それは、自然から使用価値の形の権利を持っています。 それはその自然な形です。

⑥他の商品と一緒に流通して初めて価値形態だけを獲得する。
しかし、その価値形態は、それ自体が客観的な形である。商品の唯一の客観的な形態は、その使用形態であり、それらの天然形態です。
 <既存訳・今村--他の商品とつきあうなかではじめて
      江夏--他の商品との関係において初めて手に入れる>
 <--他の商品と一緒に流通して--なのだから、自明なように、
   「その形式を一つではなく倍にする必要があります」ので、
  使用価値と価値形態の商品形態の二重の形態がなければ、この
  流通の中に入れないのは、自明なことであるのに、既存訳は、
  論理の段階が、次へと移っていかなかったのです。

⑦さてこの場面で、商品(例えばリネン)の自然な形はその価値形態の正反対であるため、他の自然な形態(別の商品の自然な形)をその商品形態に変えなければなりません。

⑧それはすぐに別の商品のために、それゆえにそれ自身のための迂回路(回り道)によってすぐにすることができます。それは、自らの価値を自分自身の価値で表現することはできませんが、他の使用価値<another use-value or commodity-body>や商品体を、直接価値として参照することができます。
 <悪訳・「直接的な価値存在としての・一つの使用価値あるいは商
  品体に、関係することが出来る。」(江夏訳P40今村訳P291)
  この全くの転倒した理解が分かりますネ。
  「他の使用価値や商品体」が「直接的な価値存在として」この規
  定のもとに、リネンと関係できるならば、それは既に直接的に価
  値形態であることで、抽象的人間労働の体化物であるから、ここ
  での迂回路など必要無し!ですよ。>

  <久留間先生の次の誤読>
  「直接には使用価値である商品が他商品にたいして、いきなり、
  価値体として通用することはできないのです。」
  --は、回り道の論理追求など、全くして無いのです。驚きです!

  回り道は、このように、次の論理の段階を踏まえるからです。
  内在的に商品は--使用価値と価値--の規定にあることから、
 ①使用価値と価値形態の規定を受けとることで商品形態を示し、
 ②「一商品の相対的価値表現は、二つの相異なる価値形態を包括し
   ている」--とありました。
 ③そして、以上の①②と示されたことは、次を語るためなのです。
 ⑧-⑤「両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の
    同等の形態は、交換価値の形式です。」

 これで理解できるのは、②のようにであります。二つの異なる価値
 形態が、形成されることは、商品形態の形成が、価値形態の働きで
 の物象の社会関係の働きがなしたものであるーーことを示すことで
 註22に示されるベーリの、「われわれはその商品の価値を、・・・
 穀物価値、上着価値と呼んでもかまわない。そしてそのばあいには
 、無数のちがった種類の価値が、諸商品が存在するのと同じ数だけ
 存在するのであって・・」(『価値の性質、尺度、及び原因・』)
 ーーとの、価値論への反論であったのです。

  マルクスの再版一章の最終の註である36は、ベーリ批判であり、
 価値と価値形態との内的連関の理解への注意、なのであります。


 

初版の7段落以降の解読を目指して

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月17日(土)11時30分39秒
返信・引用 編集済
    初版の7段落であり、それ以降の段落の記述は、はなはだ理解困難であり、
  相対的価値形態の成立と等価形態の両極が如何にして成立するのかをこそ
  問うものであります。その困難性を追ってみました。

⑦ー① 私たちはここで、価値形態の理解を妨げるすべての困難の出発点にあります。
  それは、商品の価値の人間労働の問題としてだけに期待されている限り、その使用価値または同じ作業の使用価値を作る作業から商品の価値を区別することは比較的容易です。
  ①We stand here at the jumping-off point of all difficulties which hinder the understanding of value-form.
It is relatively easy to distinguish the value of the commodity from its use-value, or the labour which forms the use-value from that same labour insofar as it is merely reckoned as the expenditure of human labour power in the commodity-value.

 ②商品を見たり、ある形で仕事をすると、他の形でそれを考慮したり、その逆もありません。
これらの抽象的な対立は、自明であり、したがって分離しやすい。
 ②If one considers commodity or labour in the one form, then one fails to consider it in the other, and vice versa.
These abstract opposites fall apart on their own, and hence are easy to keep separate.

 ③商品と商品との関係にのみ存在する価値形態とは状況が異なります。
ここでは、使用価値または商品本体が新たな役割を果たします。これは、商品の価値の現れ、すなわち、それ自体の反対です。
 ③It is different with the value-form which exists only in the relationship of commodity to commodity.
The use-value or commodity-body is here playing a new role.
It is turning into the form of appearance of the commodity-value, thus of its own opposite.

 ④同様に、使用価値に含まれる具体的な有用労働は、抽象的人間労働の実現の単なる形となり、それとは反対のものになる。離れて落ちる代わりに、商品の相反する規定が反映されます。これは一見して、この理解ができないか分かりませんが、必要に応じてさらに検討する必要があります。
 ④Similarly, the concrete, useful labour contained in the use-value turns into its own opposite, to the mere form of realization of abstract human labour.
Instead of falling apart, the opposing determinations of the commodity are reflected against one another.
However incomprehensible this seems at first sight, it reveals itself upon further consideration to be necessary.

 ⑤商品は最初から二重のもので、使用価値であり価値、有用な仕事と抽象的人間労働の凝固産物です。それが何であるかを明らかにするためには、その形式を一つではなく倍にする必要があります。それは、自然から使用価値の形の権利を持っています。 それはその自然な形です。
 ⑤The commodity is right from the start a dual thing, use-value and value,product of useful labour and abstract coagulate of labour.
In order to manifest itself as what it is, it must therefore double its form.It possesses right from nature the form of a use-value. That is its natural form.

 ⑥他の商品と一緒に流通して初めて価値形態だけを獲得する。
しかし、その価値形態は、それ自体が客観的な形である。商品の唯一の客観的な形態は、その使用形態、それらの天然形態です。
  <ここは、リンネルの価値形態を獲得することだけではなく、その客観
  的存在として、リンネルの価値形態と規定されるときには、自ずと--
  使用価値とは区別される、左極での行い・物象のはたらき、判断がある
  --ことで、「商品形態」が成立してくる、ことへのつながりをこそこ
  こに述べています。>
 ⑥It only earns a value form for itself for the first time in circulation with other commodities.
But its value-form has then to be itself an objective form.
The only objective forms of commodities are their use forms, their natural forms.

 ⑦製品(例えばリネン)の自然な形はその価値形態の正反対であるため、他の自然な形態(別の商品の自然な形)をその商品形態に変えなければなりません。
 <英明な江夏訳にして 「価値形態」 の誤訳です。廻り道にて上着は商
  品形態を受けとることで、等価物の形態の形成に向かうのではなく、相
  対的価値形態の形成に向かうのです。>
 ⑦Now since the natural form of a commodity (e.g., linen) is the exact opposite of its value-form, it has to turn another natural form ーーthe natural form of another commodity ーー into its commodity form.
 ⑦独語 Da nun die natürliche Form einer Ware (z. B. Leinen) das genaue Gegenteil ihrer Wertform ist,muss sie eine andere natürliche Form -die natürliche Form einer anderen Ware - in ihre Warenform umwandeln.

 ⑧それはすぐに別の商品のために、それゆえにそれ自身のための迂回路
 (回り道)によってすぐにすることができます。
  それは、自らの価値を自分自身の価値で表現することはできませんが、
  他の使用価値<another use-value or commodity-body>や商品体を
  直接価値として参照することができます。
  <今村訳-「価値存在としての使用価値」であり、しかし、江夏訳・
  今村訳の「価値存在」は原文に無し。
  自身のパソコン訳は、他の使用価値の翻訳が、ーー他の価値ーーとなっ
  ていて間違えていました。
  だから、この謎は、上着が右辺であることで直接的に、使用価値のまま
  に、価値形態であり、価値の規定を受け取れるのです。>

  <相対的価値表現において、左極にてリンネルが価値形態を受け、商品
  形態とる--ならばに示されるのは、そこでは二重の形態が示されるの
  で、この使用価値の形態が、どう反省規定をされているのか?この問い
  にて、右極にて、すぐさまこの使用価値の姿態のままに、価値形態の形
  態規定を受け取っており、その使用価値は、何らの媒介を経ずとも直接
  的に価値とされているのです。>

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もうすぐ4年になろうかという議論への回答ーーをここに示すことができました。

「ーーそのような回り道をとおって自己自身に対して行うのである。商品は、自分自身の体あるいは自分自身の使用価値において、価値を表現することはできないが、他の使用価値あるいは商品体を直接的な価値存在〔価値としての存在物―筆者補足〕とするように、自ら関係することはできるのである。」(訳p.41、原s.20)<初版7段落>

またここで言われている「直接的な価値存在」とは価値体を意味することも明らかでしょう。ここでいわれる「直接的な」とはその現物形態のままでという意味です。つまり感性的に把握しうる形態における価値存在だということになります。商品とはそもそも使用価値と価値という対立物の直接的統一という意味での二重物であり、価値関係の前提としてはその価値存在は潜在的=抽象的なものでしかありません。まさに「思考物」でしかないのです。それが交換関係によって他の商品を等価物とすることによって、自らの価値存在に感性的=現実的な形態を与えることによって、商品へと現実的に生成するのです。

  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/899
 簡単な価値形態の各版比較研究( 2)  投稿者:hirohiro
 投稿日:2015年 2月22日(日)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑧A thing that it cannot do immediately for itself it can do immediately for another commodity, and therefore by a detour for itself.
It cannot express its value in its own body or in its own use-value, but it can relate itself to another use-value or commodity-body as an immediately existent value.

   <左極にて価値形態を受けとる--とは?次でありました。>
  「・ところが諸商品は物<象>である。諸商品がそれであるところのも
  の、諸商品は物<象>的にそういうものでなければならない。言い換え
  れば、諸商品自身の物<象>的な諸関係のなかでそういうものであるこ
  とを示さなければならない。リンネルの生産においては一定量の人間労
  働力が支出されている。リンネルの価値は、こうして支出されている労
  働の単に対象的な反射なのであるが、しかし、その価値は、上着にたい
  するリンネルの物体において反射されているのではない。その価値は、
  上着にたいするリンネルの価値関係によって、顕現するのであり、感覚
  的な表現を得るのである。リンネルが上着を価値としては自分に等置し
  ていながら、他方同時に使用価値としては上着とは区別されているとい
  うことによって、上着は、リンネル-物体に対立するリンネル-価値の
  現象<出現>形態となり、リンネルの現物形態とは違ったリンネルの価
  値形態となるのである(18)。」(『初版』国民文庫46-7頁 原P17)

  <このように、『初版』では価値関係ーー物象の社会関係であり、上着
  と関係するリンネルへの物象の判断が、リンネルの価値形態であり、そ
  こで、上着は使用価値との判断を受け取ったのです。
  次に、上着はリンネルの価値形態を受け取っているが、それは二輪での
  前輪であリ、表面であるが、等価物の役割をしている
  --後輪である裏面は--どうなっていきますか?との論理の整理を、
  これからやりましょう・・と我々読者に呼びかけています。>

 ⑨それは抽象的人間労働の単なる実現形態として、他商品の別の種に含まれていることに疑いはないが、それ自体に含まれる具体的な労働ではなく、それが人間労働であることに関連している可能性がある。そのためには、それは同等のものとして他の商品を自分自身と同一視するだけでよい。
 ⑨but doubtless to that contained in another species of commodity as a mere form of realization of abstract it can relate itself not to the concrete labour contained in itself, it human labour.
For that, it only needs to equate the other commodity to itself as an Equivalent.

 ⑩商品の使用価値は、このように価値の出現形態で役立つ限り、他の商品に対してのみ存在します。シンプルな、相対価値式の量的関係でのみ見る:商品A = yの商品B、X、我々は相対価値の動きにのみトップに開発法律を見つけ、すべての事実に基づいてその商品の価値の量その生産に必要な労働時間によって決定される。
 ⑩The use-value of a commodity only exists at all for another commodity insofar as it serves in this fashion for the form of appearance of its value.If one considers only the quantitative relationship in the simple, relative value-expression: x commodity A = y commodity B, then one finds also only the laws developed above concerning the motion of relative value, which all rest upon the fact that the amount of value of commodities is determined by the labour-time required for their production.

 ⑪But if one considers of both commodities in their qualitative aspect, then one discovers in that simple expression of value the mystery of value form, and hence, in nuce[2] of money.[3]
  既存訳 ーー<ところが、両商品の価値関係をそれの質的な側面から考察
  すると、上述の単純な価値表現のなかに、価値形態の秘密を、したがって
  また、一言で言えば貨幣の秘密を、発見することになる(20)>

   ところが、英語版からの訳は、次なのです。
 ⑪しかし、両方の商品の価値関係を質的側面で考えると、ここに、
  価値形態の謎<the mystery of value form,>を発見し[2]、
  ここに貨幣の謎があることが理解できる。[3]>
    註2.「ナッツ・シェル」。
     2. ‘In a nut-shell’; that is, potentially. A.D.
     多分in a nutshellだと思います。よく耳にする表現です。
    「簡単に言うと」「要するに」「手短にいうと」って言う意味ですね。
     何かを説明する時、文頭に"In a nutshell.."で始めたり、
     "OK. I'll put it in a nutshell."
    「手短に説明するわね」みたいな感じでも使います。
    註3.ヘーゲル以前の専門的な論理学者が、判断と推論のパラダイムで
     形式の内容を見落としていたように、
     経済学者が相対的価値表現の形式的内容を見落としていることは驚く
     ことではない(物質的利益の影響を受けている)。
     <杉本 既存訳「相対的価値表現の形式内容」であれば、両極の形態
     をとることであり、相対的価値形態の形式内容」であれば、「価値形
     態」が内実とされることで、価値表現がされるということです。
     既存訳は、正解なのです。>

   <杉本 これまでどうにも著者の意図がつかめないでいたのだが、上記の
    7段落、即ち、この⑦ーー⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫段落と、何度も繰り返し、
    両極の価値形態、相対的価値形態と等価形態の説明をば、筆者は示して
    いるのです。
    この意図をば、私達は、両極の価値形態は<常識としての前提>として、
    これまで、何とも恥ずかしいことに、ここに、見出せず、無視してきた
    のだから、大いに反省し、注目する必要があります。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  この大切な7段落、その英訳を提示しておこう。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja

The Commodity
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
Marx 1867 (Hauptstadt)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑦ー①We stand here at the jumping-off point of all difficulties which hinder the understanding of value-form. It is relatively easy to distinguish the value of the commodity from its use-value, or the labour which forms the use-value from that same labour insofar as it is merely reckoned as the expenditure of human labour power in the commodity-value. If one considers commodity or labour in the one form, then one fails to consider it in the other, and vice versa. These abstract opposites fall apart on their own, and hence are easy to keep separate. It is different with the value-form which exists only in the relationship of commodity to commodity. The use-value or commodity-body is here playing a new role. It is turning into the form of appearance of the commodity-value, thus of its own opposite. Similarly, the concrete, useful labour contained in the use-value turns into its own opposite, to the mere form of realization of abstract human labour. Instead of falling apart, the opposing determinations of the commodity are reflected against one another.

However incomprehensible this seems at first sight, it reveals itself upon further consideration to be necessary.

The commodity is right from the start a dual thing, use-value and value, product of useful labour and abstract coagulate of labour. In order to manifest itself as what it is, it must therefore double its form. It possesses right from nature the form of a use-value. That is its natural form. It only earns a value form for itself for the first time in circulation with other commodities. But its value-form has then to be itself an objective form. The only objective forms of commodities are their use forms, their natural forms.

 ②Now since the natural form of a commodity (e.g., linen) is the exact opposite of its value-form, it has to turn another natural form ? the natural form of another commodity ? into its commodity form. A thing that it cannot do immediately for itself it can do immediately for another commodity, and therefore by a detour for itself.

It cannot express its value in its own body or in its own use-value, but it can relate itself to another use-value or commodity-body as an immediately existent value. It can relate itself not to the concrete labour contained in itself, but doubtless to that contained in another species of commodity as a mere form of realization of abstract human labour.

For that, it only needs to equate the other commodity to itself as an Equivalent. The use-value of a commodity only exists at all for another commodity insofar as it serves in this fashion for the form of appearance of its value.

If one considers only the quantitative relationship in the simple, relative value-expression: x commodity A = y commodity B, then one finds also only the laws developed above concerning the motion of relative value, which all rest upon the fact that the amount of value of commodities is determined by the labour-time required for their production.

But if one considers the value relation of both commodities in their qualitative aspect, then one discovers in that simple expression of value the mystery of value form, and hence, in nuce[2] of money.[3]
   <資本論初版 原P20>
 ⑦ー①私たちは、価値形態の理解を妨げているすべての難点の飛び降り点にここに立っています。
    ・・・・
 <value the mystery of value form, and hence, in nuce[2] of money.[3]>
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <ここでの論理は、初版附録での次の論理と、全く同じなのです。>

  §8. Simple relative value-form and singular equivalent-form
  シンプルな相対価値形態と単一の等価形態

The expression of value in the coat gives the linen a value-form by virtue of which it is distinguished simply as value from itself as use-value. This form also puts it only in relation to the coat, i.e. to some single type of commodity different from itself.
コートでの価値表現は、リネンに価値形態を与えます。
それによって、それは単なる価値として、使用価値から区別される価値になります。
したがって、その価値形態は、それを他のすべての商品に対する質的な平等と量的な比例関係の関係に置く形式でなければならない。 または価値が表現される商品は、ここでは単数としてのみ機能します。

But as value it is the same as all other commodities. Its value-form must hence also be a form which puts it into a relation of qualitative equality and quantitative proportionality to all other commodities to the simple relative value-form of a commodity corresponds the singular equivalent-form of another commodity. Or the commodity, in which value is expressed, functions here only as singular equivalent. Thus the coat in the relative expression of value of linen possesses only the equivalent-form or the form of immediate exchangeability with relation to this single type of commodity, linen.
しかし、それは価値<as value it is> として、他のすべての商品と同じです。
したがって、その価値形態は、それを他のすべての商品に対する質的な平等と量的な比例関係の関係に置くのであり、単純な相対的値形態でなければならない。 または価値が表現される商品は、ここでは単数としてのみ機能します。

したがって、リネン価値の相対的な表現のコートは、この単一のタイプの商品であるリネンと同等の形態または即時の交換可能な形態を有する。

 初版 付録
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/appendix.htm

<原P776ー777  江夏訳P896ー897>

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原P21
⑧ー①私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値形態を含むことを明
  らかにしました。
  ②リネンはその価値とコートの価値の確定量を表しています。
  ③それは、他の商品との価値関係におけるその価値を明示し、したがって交換価値
  として明示します。
  ④他方では、他の商品、すなわち相対的な方法でその価値を表現しているコート
  は、それと直ちに交換可能な等価物としての使用価値の形式を正確に得る。
  ⑤両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の同等の形態
  (等価形態)は、交換価値の形式です。
  ⑥両者は実際には、同じ相対的価値表現のベクトル
  (お互いに相互に条件付けされたもの)だけですが、同じに設定された2つの商品
  極の間の極のように分けられます。
⑧ー①Our analysis has revealed that the relative value-expression of a commodity includes two different value forms.
② The linen expresses its value and its determinate amount of value in the coat.
③It manifests its value in the value-relation to another commodity,and hence as exchange-value.
④ On the other hand, the other commodity, the coat in which it expresses its value in a relative way, obtains precisely in that way the form of a use-value as an equivalent which is immediately exchangeable with it.
⑤Both forms, the relative value-form of the one commodity,equivalent form of the other, are forms of exchange-value.
⑥Both are actually only vectors ? determinations conditioned reciprocally by each other of the same relative value-expression, but divided like poles between the two commodity-extremes which have been set equal.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  https://blog.goo.ne.jp/sihonron/e/9ee7c967bc4429b844b8cfde5456efa4?fm=entry_awp
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/491
    <初版 国民文庫訳から 9・10段落>
 《量的な被規定性は一商品の等価形態のなかには包括されていない。
  <たとえば、上着がリンネルの等価物である、という特定の関係は、上着の等価形態から、すなわちリンネルとの上着の直接的交換可能性の形態から生ずるのではなくて、労働時間による価値の大きざの規定から生ずるのである。

リンネルがそれ自身の価値を上着で表わすことができるのは、ただ、リンネルが、結晶した人間労働の所与の量としての一定の上着量に関係するからにほかならない。もし上着の価値が変わるならば、この関係もまた変わるのである。とはいえ、リンネルの相対的な価値が変わるためには、その相対的な価値が存在していなければならないのであり、そしてその相対的な価値は、ただ、上着の価値が与えられている場合にのみ形成されうるのである。

いま、リンネルがそれ自身の価値を上着の一着で表わすか、二着で表わすか、それともx着で表わすか、ということは、この前提のもとでは、まったく、自分の価値が上着形態で表わされるべきリンネルの一エレの価値の大きさとエレ数とによって定まる。一商品の価値の大きさは、ただ他の一商品の使用価値においてのみ、相対的な価値としてのみ、表現されることができるのである。

これに反して、直接に交換可能な使用価値の形態すなわち等価物の形態を、一商品は、逆にただ他の一商品の価値がそれにおいて表現されるところの材料としてのみ、受け取るのである。

 この区別は、その単純な、または第一の、形態における相対的な価値表現の特性によって、不明瞭にされている。すなわち、等式 20エレのリンネル=一着の上着 または 20エレのリンネルは,一着の上着に値する は、明らかに、同じ等式 一着の上着=20エレのリンネル または 一着の上着は二〇エレのリンネルに値する を含意している。つまり、リンネルの相対的な価値表現においては上着が等価物としての役割を演じているのであるが、この価値表現は逆関係的に上着の相対的な価値表現を含んでいるのであって、それにおいてはリンネルが等価物としての役割を演じているのである。》(初版国民文庫53-4頁)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑨ー①定量的決定は商品の同等<等価>形態には含まれない。
  ②(例えば、コートがリネンの同等物である)規定された関係は、同等の形態、
  すなわち、リネンとの直接的交換可能性の形態からではなく、労働時間による
  価値量の決定から生じる。
  ③リネンは結晶化した人間の労働量である特定のコート・クォンタムに関連す
  ることによって、コートで独自の価値を表すことができます。
  ④この場合コート値の変化では、この関係も変化します。
  ⑤しかし、リネンの相対的な価値が変化するためには、それが存在しなければ
  ならず、それは所与のコート<上着価値>のみ形成することができる。
   --注意!!!<上着価値>のみ形成する、のです。--
   --再版、註⑱の事項・⑪段落、上着は価値との規定は相対的価値形態にて。
  ⑥さて、リネンが1,2、またはxコートで独自の価値を表しているかどうかは、
  (この前提のもとでは)リネンのヤードの価値に完全に依存し、
  その値がコートの形で明示されるはずのヤードの数に左右されます。
  ⑦商品の価値量は、他の商品の使用価値においてのみ、相対価値として表現す
  ることしかできません。
  ⑧商品はただちに交換可能な使用価値の形態をとるだけです
  (これは「同等物」の意味です)。
  一方、他の商品の価値が表現されている素材としてのみあります。
⑨ー①Quantitative determinacy is not included in the equivalent-form of a commodity.
②The determinate relationship (e.g., in which coat is the equivalent of linen) does not flow from its equivalent-form,
the form of its immediate exchangeability with linen,but from the determination of the amount of value by labour-time.
③The linen is only able to represent its own value in coats,by relating itself to a determinate coat-quantum asa given
quantum of crystallized human labour.
④If the coat-value changes, then this relationship also changes.
⑤ But in order that relative value of linen may change,it has to be present, and it can only be formed upon givencoat-value.
⑥ Now, whether the linen represents its own value in 1, 2 or x coats depends (under this presupposition) completely upon the
amount of value of a yard of linen and the number of yards whose value is supposed to be manifested in the form of coats.
⑦The amount of value of a commodity can only express it in the use-value of another commodity as relative value.
⑧A commodity only obtains the form of an immediately exchangeable use-value (which is what is meant by ‘equivalent’)
on the other hand, only as the material in which the value of another commodity is expressed.

⑩この区別は、その単純な形式または第一の形式の相対的な価値表現の特徴的な特質
  によって不明瞭である。
  方程式:20ヤードのリネン= 1コート(または20ヤードのリネンはコートに値す
  る)は、結局全く同じ式を含む:1コート= 20ヤードのリネン
  (または1コートは20ヤードのリネンの価値がある)であります。
  コート値が等価であるリネンの相対的な価値表現は、リネンが等価である場合の
  コートの相対的な価値表現を逆に含む。
⑩This distinction is obscured by a characteristic peculiarity of the relative value-expression in its simple or first form.
The equation: 20 yards of linen = 1 coat(or 20 yards of linen are worth a coat) includes, after all,precisely the identical equation: 1 coat = 20 yards of linen(or one coat is worth 20 yards of linen).
The relative value-expression of the linen, in which the coat figures as Equivalent, thus contains from the reverse the relative value-expression of the coat, in which the linen figures as Equivalent.

⑪ー①商品価値の価値形態またはその両方の表現の決定は、相対価値のみであるが、
  両者は同じ程度に相対的に現れるわけではない。
  リネンの相対価値(20ヤードのリネン= 1コート)において、リネンの交換価値
  は、他の商品との関係として明示的に示されている。

  ②コートに関しては、リネンはコート自体を価値の出現形態として、したがって
  それ自体ですぐ<直接>に(リネンに)交換可能なものとして、
  リネンがコートと関連している限り、同等であることは明らかである。
  この関係の中でのみコートの等価物です。
   <杉本 ここでは、ーー上衣が直接的に価値形態であるーーことの幻影を批判
   している。リネンが、上着を自身の価値の出現形態と反省規定をしているの
   で、上着は、リネンと直接的に交換可能になるーーつまり、上着は自身だけで
   価値形態となり、リネンの等価物になるのではないのです。
   上着の等価物としての役立ちは、リネンのなす反省規定ーーに依っているとい
   うことを、彼は、しつこく何度も繰り返しています。>
⑪ー①①Although both determinations of the value form or both modes of manifestation of the commodity value as exchange-value are only relative,they do not both appear relative to the same degree. In the relative value of the linen (20 yards of linen = 1 coat),the exchange-value of linen is expressly manifested as its relationship to another commodity.
②As far as the coat is concerned, it is admittedly an Equivalent insofar as linen is related to the coat as form of appearance of its own value, and hence as something immediately exchangeable with itself (the linen).
Only within this relationship is the coat an Equivalent.
  ③しかし、それは受動的に行われます。 それは何のイニシアチブも握っていない。
  物事はそれ自体に関係しているので、それはこの関係で自分自身を見つけます。
  ④リネンとの関係のために構成されているキャラクターは、それ自身の関係の結果
  として出現するのではなく、それ自身の追加の活動なしで存在する。
  ⑤さらに、リネンがコートに関連する具体的な特定モードおよび方法は、
  コートに対して行うことの終わりに正確に適切であるが、それは控えめであるが、
  「プライドで怒っているテーラーの製品」ではない。
③But it conducts itself passively. It seizes no kind of initiative.It finds itself in relationship because things relatethemselves to it.
④The character which is constituted for it out of its relationship with the linen thus does not appear as the result of its own relating, but as present without any additional activity of its own.
⑤In addition, the specific mode and manner in which the linen relates to the coat is exactly appropriate to the end of doing it to the coat, however modest it be and however far from being the product of a ‘tailor run mad with pride’.

  ⑥結局のところ、リネンは、したがって現在の価値体としての、
  抽象的人間労働の現実的な現行・顕現<プレゼント>としてのコートに関連してい
  ます。これは、リネンがこの特定のやり方でコートに関連している限り、これだけ
  です。同等物<等価物>としてのその状態は、リネンの反省規定[4]だけである
  (いわば)。
   <杉本 リネンの同等物=上着は価値として自らに等しいとの、リネンの反省
   規定された存在にあることで、同等物の形態を受け取り形態規定される。
   上着は価値の凝固物であるが、それだけでは無くリネンに対して同等物とされ、
   直接的交換可能な形態を、上着は受け取るのです。>
⑥The linen, after all, relates itself to the coat as the sensuallyexisting materialization of human labour in abstracto and hence as
present value-body.It is this only because and insofar as the linen relates itself to the coat in this specific manner.
Its status as an Equivalent is (so to speak) only a reflection-determination[4]of linen.原P23
⑫ー①しかし状況はちょうど逆のように見える。
  一方では、コートはそれ自体を何かに関連付けるのに苦労しません。
  一方、リネンは、それを何かにするのではなく、リネンがするかもしれない何かか
  らかなり離れているでの、コートと関連しています。
①But the situation seems just the reverse.On the one hand, the coat does not take the trouble torelate itself to anything.
On the other hand, the linen relates itself to the coat, not in order to make it into something, but because it is something quite apart from anything the linen might do.

  ②コートに関連するリネンの結果物
  (同等の形態、直ちに交換可能な使用価値としてのその規定性)は、
  リネンに関連する外面においても、肉体的な方法でコートに属するように見える。
  ③最初のまたは単純な形式の相対価値(20ヤードのリネン - 1コート)では、
  このフォームはまだ確立されていません。
  これは直ちに反対に、コートはリネンと同等であることを表しています。
   2つの商品のそれぞれが、この決定を所有するのは、
  他方がそれ自身の相対的価値形式になるためであるからである[5]。
⑫ー②The resultant product of the linen’s relating to the coat(its Equivalent-form, its determinacy as an immediately
exchangeable use-value) appears to belong to the coatin a corporeal way even outside the relating to the linen,in just the same way as its property of being ableto keep people warm (for example).
⑫ー③In the first or simple form of relative value(20 yards of linen one coat), this false seeming is not yet established, because this form expresses in an immediate wayalso the opposite, that the coat is an Equivalent of the linen,and that each of the two commodities only possesses this determination because and insofar as the other makes it into its own relative value-expression.[5]

  <続く⑬ ⑭ ⑮ 段落は、次の課題である第二の形態についてなので、、
  紹介するのは、止めておこう。>
 

資本論三章その1 ・ 2

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月 9日(金)09時48分23秒
返信・引用 編集済
    ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
  商品

 http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_109.htm
 第3章 第一節 価値の尺度
原P109①わかりやすくするために、私はこの文書全体をとうしては金<gold>は、貨幣<the money>であることを前提としています。
 ②金の第一の機能は、商品世界にその価値表現の素材を提供すること、または商品価値を同じ名前の量として表現することであり、質的に同一で、定量的に比較可能であるものとして表現することです。 したがって、それは価値の一般的な尺度として機能し、この機能だけが特定の同等の商品である金を、特定の等価物にし、最初に貨幣を作ります。
 ③貨幣になるためには、商品では適切ではありません。 およびその逆になります。
すべての商品は客観的な価値とみなされており、同じ特定の商品でその価値を一緒に測定することで、それを共通の価値または価値尺度に変換することができます。価値尺度としての貨幣は、商品の内在的な価値尺度である労働時間の必然な現れです。 (50)
 (50)「商品と貨幣商品の二重化であり、私的労働が直接的に社会的労働
   として取り扱われないのかという問題に帰着する。」
 <商品世界での共同行為をなす一般的価値形態の形成ーーは、前提にされている。>
 <ところが、既存訳は、この価値形態を排除して、「人間労働」が・・としている。>
 <何故なら、「商品は客観的な価値とみなされており」とは価値形態のことですよ。>
 <「商品と貨幣商品の二重化」は、交換過程の註40に示されているように、
  一般的相対的価値形態ー一般的等価形態が形成される段階を踏まえていることで、
  その生成が前提となっています。>
  この大切な段階を消す--既存訳の歪曲を示すのが次です。
  「すべての商品が価値としては対象化された人間労働であリ、
  それゆえそれ自体が同単位で計量可能であるからこそ、
  すべての商品はその価値を同じ独自な一商品ではかり、
  そうすることによって、この独自な一商品を諸商品の
  共同の価値尺度または貨幣に転化することができるのである。」
  新書P160この歪曲!新日本新書訳・岩波・向坂訳、長谷部訳も同じ>
 ④金貨商品の価値表現は、貨幣形態または価格である。 1トンの鉄= 2オンスの金のような孤立した方程式は、鉄の価値を社会的に有効にするのに十分です。等価商品である金はすでに貨幣の性質を持っているため、等式はもはや他の商品の価値方程式と一致する必要はありません。したがって、商品の一般的相対価値形態は、元の、単純な、または個別の相対的価値形態の形を取るようになりました。一方、展開された相対的価値態または無限列の相対価値式は、貨幣商品の具体的な相対的価値形態となる。しかし、このシリーズはすでに商品価格で社会的に与えられている。
価格ライダーの見積もりを読んで、すべての可能性のある商品の金額を調べる。貨幣は価格がありません。他の商品のこの一様な相対的価値形態に参加するためには、それ自体の相当物としてそれ自体に関連しなければならないであろう。
 ⑤商品の価格や--または貨幣形態は、実際の身体的な形態であり、つまり彼らの価値形態の理想的な形や想像した形とは異なります。
The price or the money-form of commodities, like their value-form at all, is different from their tangibly real body-form, that is, only ideal or imagined form.
The value of iron, canvas, wheat, etc., though invisible, exists in these things themselves; it is presented by its equality with gold, a relationship to gold that haunts only in their heads, so to speak.
鉄、キャンバス、小麦などの価値は、目には見えませんが、これらのもの自体に存在します。それは金との平等によって提示されます。金との関係は、頭の中にだけでしか遭遇しないので、言います。
したがって、商品保管者は、価格を外界に伝えるために、彼の頭に舌を刺したり、紙切れをしなければならない。 (51)
The commodity keeper must therefore stick his tongue in his head or put paper slips in order to communicate his prices to the outside world. (51)
<111>金での商品価値の表現は観念的なので、この操作には虚偽または理想とされる金のみが適用されます。金貨での何百万もの商品を見積もるために金の一片は必要ではない、ということを知っている。したがって、価値尺度の機能では、金は想像された、または観念的な金としてのみ役立ちます。
Since the expression of commodity values in <111> gold is ideal, only imaginary or ideal gold is applicable to this operation.
このような状況は、最も賢明な理論を促してきました。 (52)提示された貨幣だけが価値尺度として機能するが、価格は完全に現実的な貨幣に依存する。
This circumstance has prompted the most brilliant theories. (52) Although only money presented serves as a function of the measure of value, the price depends entirely on real money.
 その価値、すなわち、例えば、鉄の1トンに含まれ、同じ量の人間労働を含んでいて、想像上の貨幣量で表されます。したがって、金、銀または銅が価値の尺度として役立つので、鉄の1トンの価値は全く異なる価格条件を与えられるか、またはかなり異なる量の金、銀または銅で表される。
The value, i. the amount of human labor, e.g. is contained in a ton of iron, is expressed in an imaginary quantum of money, which contains the same amount of work. Thus, as gold, silver or copper serve as a measure of value, the value of the ton of iron is given quite different price terms or is presented in quite different quantities of gold, silver or copper.
 ⑥従って、2つの異なる商品、例えば。 銀と金の価値比が変わらない限り、互いに隣接して静かに走る2つの異なる価格条件、金価格および銀価格を有するように、価値の測定値と同時に、金と銀を使用する。 = 1:15。 この価値の変化は、金価格と商品の銀価格との間の関係を乱し、実際に価値の測定の倍増がその機能と矛盾することを証明している。 (53)
 ⑦<112>価格決定を受けた商品はすべて商品A = x金、b商品B = z金、c商品C = y金などの形式である。ここで、a、b、cは商品種別A、B、 C、x、z、y特定の金塊である。
したがって商品価値は異なるサイズの想像されたGoldquanta<金量>に変換されるので、商品の混乱した混乱にもかかわらず、同じ名前で金のサイズになります。このように、異なるGoldquanta<金量> は、それらの間で比較し、測定し、技術的にそれらを測定単位として固定金の量に言及する必要が生じます。
この測定単位自体は、さらに分割して分注することによってさらにスケールアップされます。金、銀、銅は、それらが製造される前に既にその金属重量にそのようなスケールを有している。 1ポンドは測定単位となり、片方のオンスなどに分けられて百重量単位で加算されます(54)。したがって、すべての金属循環において、重量尺度スケール価格の金額の元の名前を形成する。
 ⑧<113> 価値の尺度と価格の尺度として、貨幣は2つの全く異なる機能を果たしています。
価値尺度としては、人間労働の社会的化身であり、固定金属重量としては価格の尺度である。
価値尺度としては、カラフルに異なる商品の価値を価格に変換する役割を果たします。
価格の尺度としては、この Goldquanta<金量> を測定します。
価値の測定では、商品は価値として測定され、価格のスケールは測定されますが、
しかし、金の量である重量における金の値を、金の量を測定しません。
価格の大きさについては、ある金の重量を測定の単位として固定する必要があります。
ここでは、同じサイズの他のすべての尺度と同様に、比率の強さが決定的なものになります。
したがって、価格のスケールはその機能をよりよく果たし、より不変なものと同じ量の金が測定の単位として役立ちます。
金の価値尺度としての役立ちであるのは、金はそれ自体が労働の産物であり、すなわち可能な限り可変価値であるためにのみ役立つことができます。
 <この⑧は「価値尺度と価格尺度」について、まとめられています
 <①価値の尺度と価格の尺度として、貨幣は2つの全く異なる機能
  ②価値尺度としては、人間労働の社会的化身であり、固定金属重量としては価格の尺度
  ③価値尺度としては、カラフルに異なる商品の価値を価格に変換する役割
  ④価格の尺度としては、このGoldquanta<金量>を測定します。
  ⑤価値の測定では、商品は価値として測定され、価格のスケールは測定されますが、
  ⑥しかし、金の量である重量における金の値を、金の量を測定しません。>
 <そのお手本を、⑨ ⑩ ⑪ ⑫ 段落を介して、⑱ ⑲ ⑳ 段落 --にてまとめています。
       ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ 段落を介して、⑱ ⑲ ⑳ 段落 --にてまとめています。>
 ⑨まず第一に、金の価値の変化は決して価格の尺度としてのその機能に影響しないことは明らかです。 金の値が変わるのと同じように、Goldquanta<金量>は常に同じ値の関係にあります。 金価格が1,000%下落すると、12オンスの金は依然として1オンスの金よりも12倍の価値があり、価格はGoldquanta<金量>と他の金額の比率に過ぎません。 一方、1オンスの金は、値下がりや金額の上昇によって重量が変化しないので、金額は固定されているため、金は固定された価格の尺度として常に同じサービスを行います、それは価値としてです。
 ⑩金の価値の変化は、価値の尺度としてのその機能を妨げるものではありません。 彼はすべての商品に同時に遭遇し、相対的な相対価値は変わらず、以前よりも高いまたは低い金価格で自分たちを表現している。
 ⑪他の商品の使用価値における商品の価値の表現と同様に、金の商品の見積もりも、所与の時間に特定の金の量子の生産が一定の労力を要することを前提にしているだけである。一般的な商品価格の動きに関しては、以前に開発された単純相対価値式の法則が適用される。
 ⑫商品価値が上昇すれば、商品価格は一般的に上昇し、一定の金銭的価値を持ちます。貨幣価値が下落した場合、商品の一定価値で。逆に。コモディティ価格が下落すれば、コモディティ価格は一般的に、一定の金銭的価値でしか落ちることができない。商品の価値が同じであれば、金銭的価値が上昇する。したがって、金銭的価値の上昇は商品価格の比例的低下と商品価格の上昇に比例した金銭価値の低下を意味するものではない。これは変更されていない商品にのみ適用されます。例えば、その価値が均等に、かつ金銭的価値と同時に増加するそのような商品は、同じ価格を維持する。彼らの価値が金銭的価値よりもゆっくりまたは急速に増加する場合、価格の下落または上昇は、価値の動きと金銭の動きの差などによって決定されます。
 ⑬私たちは--価格の形式の検討に戻りましょう。
  <⑱ ⑲ ⑳ 段落にて、価値尺度と価格の度量標準についてまとめられています。>
 ⑭金属の重量のお金の名前は、歴史的に重要なものを含むさまざまな理由から、
  元々の重量の名前から徐々に分離されています。
1.あまり開発されていない人々への外貨の導入。
 古代ローマでは、銀貨と金貨がまず外国の商品として流通した。
 これらの外国のお金の名前はネイティブの体重の名前とは異なります。
2.富の発展に伴い、より貴な金属は価値の測定の機能から
 貴族に取って代わられます。金による銀、銀による銅は、
 すべての詩的な年表のこの順序に反する可能性があります。(56)
 銀の真のポンドのお金の名前。金が価値の尺度として金を置き換える
 やいなや、金と銀の価値に応じて同じ名前が金の1/15などと関連す
 るかもしれません。お金の名前と金の普通の重量の名前としての
 ポンドは今分かれています。(57)
3.何世紀にもわたり、王侯による偽造が続き、実際には硬貨の元の
 重量の名前だけ残っていた。 (58)
 ⑮これらの歴史的プロセスは、金属重量のお金の名前を通常の重量の名前から人々の慣習に分離させます。一方では、金銭的規模は純粋に従来のものであり、より一般的な妥当性を必要とするため、最終的には法律によって規制されている。貴金属の特定の重量部、例えば、 1オンスの金は、ポンドや泥棒などの法定の洗礼名が付されたアリコートに正式に分けられます。実際の金額の単位としてカウントされるこのようなアリコートは、法定洗礼名で別のアリコート部分に細分され、シリング、ペニーなどにです。(59)
特定の金属重量は、金属のお金の尺度のままです。ディスポジションとネーミングが変更されました。
 ⑯商品の価値が理想的に変換された金額や金額は、今や金の名義や金本位制の合法的な名義で表現されています。だから、クォーター・コムギは1オンスの金に等しいと言っているのではなく、イギリスでは3ポンドと同じです。 101 / 2d。商品は価値あるものと言われて自分のお金で自分自身を言います。物を価値として、したがって金銭的な形で固定する必要があるときはいつでも、お金は計算上のお金として役立ちます。 (60)
 ⑰物の名前は、その本質から完全に外れています。男がヤコブスと呼ばれることを知っているとき、私は何も知らない。同様に、お金の名前ポンド、チョーラー、フランク、デュークタットなどでは、値関係のすべてのトレースが消えます。これらの<Kabbalistic>兆候の秘密についての混乱は、お金の名前が商品の価値を表し、同時に金属の重量の一部分、金銭的なスケールと同じくらい大きいほど大きい。 (61)一方で、価値は異なることが必要である。商品の世界のカラフルなボディから、それらは概念的には客観的であるが、単純な社会的形態に発展する。 (62)
⑱価格は、商品で客観化された労働の貨幣の名前です。
したがって、商品の相対価額は常に2つの商品の等価性の表現であるため、商品と価格の同値はその価格であるが、同値化(63)である。
しかし、商品の価値の大きさの指数としての価格が--交換での関係を貨幣と乖離させるならば、逆に、交換比率の指数での関係は必然的に価値の大きさの指数となる。
同じサイズの社会的に必要な仕事は、小麦の1/4と2 Pfd.Stで起きた。 (約1/2オンスの金)。
四半期小麦の価値サイズ、またはその価格の貨幣での表現です。今、状況を彼が3ポンドに連れて行くことを許すか、1ポンドに注意して1ポンドにする。
Now allow the circumstances to take him to £ 3, or force him to £ 1. to note, so are 1 Pfd.St. and 3 lbs. as an expression of the value size of wheat too small or too large, but they are nevertheless prices of the same, because first they are its value form, money, and secondly exponent of its exchange relationship with money.
ここでは3ポンド。小さすぎるか大きすぎる小麦の価値の大きさの表現として、しかしそれにもかかわらず、彼らはお金との交換関係の第一に彼らの価値形態、貨幣を示し、そして第二に指数であるため、同じ価格です。
生産条件が同じである場合や労働生産力が一定であれば、四分の一小麦の再生には同じ労働時間を費やさなければならない。このような状況は、小麦生産者や他の商品所有者の意向に左右されます。
したがって、商品の価値は、その教育過程に内在する社会的労働時間と必要な関係を表している。
価値の価格への変換では、この必要な関係は、商品の交換比率として、その外に存在する貨幣と表示されます。
 <With the transformation of value into price,ーーとありました。>
しかし、この関係では、商品の価値の大きさは、一定の状況下で販売可能であるだけでなく、それ自体を表現することができます。価格と価値の大きさの間の定量的な不一致の可能性、または価値の価値からの価格の偏差は、価格形態そのものにある。
これはこの形式の欠陥ではないが、逆に、規則が盲目的なものである適切な形態の生産形態となっている。不規則性の平均法が優先できる。
 ⑲しかし、価格設定は、価値の大きさと価格との間の量的不一致の可能性を残すだけでなく、 価値サイズとそれ自身の貨幣表現の間にあるが、質的矛盾を抱くことができるので、貨幣は価値とみなされるが、財産の価値形態に過ぎない。
商品自体にないもの、例: 良心、名誉、等は、彼らの所有者のお金を販売することができ、したがって価格を介して商品の形態を得ることができます。 したがって、物は正式に価値を持たずに価格を持つことができます。 ここでの価格表記は、数学のある程度のように、虚偽になります。 一方で、人間の仕事が客観化されていないため価値がない未耕地の価格などの想像上の価格形態は、真の価値関係やそれに由来する関係を隠している。
 ⑳相対価格形式と同様に、価格は商品の価値を表す。 1トンの鉄、等価な特定の量子数、 1オンスの金を直接鉄と交換することができますが、逆に決して鉄は金と直接交換することはできません。
したがって、交換価値の効果を実際に発揮させるためには、商品はその想像上の金のみを実際の金に変えなければならないが、この変換はヘーゲルの「コンセプト」よりも「酸性」になるかもしれない自由の必要性やロブスターへの必要性の転換、シェルや父親ジェロームの爆破、古いアダムの撤去。 (64)
例えば、鉄の実態に加えて、商品は理想的な価値形態や想像された金色の姿を持っているかもしれませんが、鉄と本当に金を同時に払うことはできません。彼らの価格設定については、彼女に提示された金を見分けることで十分です。
その所有者に共通の同等のサービスを提供するために、それは金に置き換えられるべきである。鉄の所有者、例えば、世俗的な商品の所有者に、金の一種である鉄の値段で彼を呼んで、天国のように世界は答えました。聖ペテロはダンテに言いました。
"Assai bene è trascorsa
D'esta moneta gia la lega e'l peso、
Ma dimmi se tu l'hai nella tua borsa。 "
<"Gar wohl durchgangen
ist jetzo Schrot und Korn schon jener Münze
Doch sprich, ob du sie hast in deiner Börse.">
 21 価格形態には、金銭に対する商品の譲渡性とその販売の必要性が含まれます。
一方、金は価値の理想的な尺度としてしか機能しません。なぜなら、それは既に交換過程で貨幣として流通しているからです。したがって、硬貨は価値の理想的な次元に潜んでいます。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=9
 ② 「読む会」だより(17年6月用)
貨幣の価値尺度機能について、久留間鮫造は『貨幣論』において分かりやすく触れていますので紹介しておきます。
 「実際に売買される場合の価格の高さが何で決まるかというようなことを問題にする前に、われわれは、<量ではなくて>形態としての価格を問題にする必要がある。価値が金の姿で表示され、価格の形態をとるということ、このことはいったい、商品生産にとってどのような意味をもつかという問題、これをわれわれは、まず第一に明らかにしなければならぬ、とマルクスは考えているわけです。

 商品生産は直接社会的な生産ではない。商品を生産する労働は当初から社会的な労働なのではなく、直接には私的な労働です。そういうものから社会的生産の体制が生じるためには、商品生産者の私的な労働はなんらかの契機において、なんらかの形態において、社会的労働にならねばならぬ。ではどのような形態で、商品生産者の労働は社会的労働になるかというと、結局、金の姿ではじめてそういうものになる。だから商品は、そのままでは任意の他商品に替わるわけにはいかないが、いったん金になると、どの商品とでも交換可能になるのです。

ですから、商品は金にならねばならぬわけですが、それではどのようにして金になるかというと、言うまでもなく販売によってなる。販売においては、商品の使用価値が譲渡されて、その代わりに金が与えられる。

これはどういうことかというと、使用価値は特殊的具体的な属性における労働の所産なのですから、使用価値が譲与されるということは、ひっきょう<結局は>、労働のこの特殊的具体的な属性が脱ぎ捨てられることを意味するのであって、それによって労働は抽象的一般的な労働に還元される。そしてこの、抽象的一般的労働という形態において、はじめて社会的労働になる。これが、商品が販売によって金になるということの根本の意味なのです。

このことはもちろん、金があらかじめ、商品世界の共同の行為によって、抽象的一般的な・そしてそれによってまた社会的な・労働の直接的体化を意味するものに──すなわち貨幣に──されていることを前提するので、それによってはじめて、商品の金への転化は、商品生産者の私的な具体的な労働の、抽象的一般的な、社会的な労働への転化を意味することになりうるわけです。

ところで、この貨幣としての金への商品の転化は、販売によってはじめて実現されるわけですが、この実現は、当然、商品の価値があらかじめ観念的に金に転化されていること、すなわち価値が価格に転化されていることを前提するのであって、この転化にさいしての金の役割を、マルクスは金の価値尺度機能であるとし、貨幣としての金の第一の機能であるとしているわけです。これは単なる量的規定の問題ではなく、もっと根本的な質的規定の問題です。マルクスが、従来の経済学が見落としているものとして力説している“尺度の質”というのは、究極的にはこのことを意味しているのです。」(大月版、P180)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <ドイツ語から、一旦英訳--和訳するとうまく行きます。>
     第二節流通手段 A商品の変態   原P118
 ①商品の交換には、矛盾した、相互に排他的な関係が含まれていることが分かった。
商品の開発はこれらの矛盾を解決するものではなく、彼らが動く形を作り出しています。これは真の矛盾が解決される方法です。それは、例えばである。ある身体が常に他の身体に落ちて、それと同じように絶えず絶えず逃げるという矛盾。楕円は、この矛盾が解消され、解消される運動の一形態でもあります。
 ②交換プロセスが、価値を使用する非使用価値を移転する手持ち品から出す限り、彼は社会的代謝である。有用な操作の積は、他の操作の積を置き換える。使用価値となる場所に到着すると、商品は商品交換圏から消費される領域に入ります。後者はここで私たちの興味を引く。だから、フォームの側面、すなわち、社会的な代謝を仲介する商品の形態や変容の変化だけに沿って、プロセス全体を見なければならない。
 ③この形の変化の全く不十分な概念は、価値そのものの概念に関するあいまいさとは別に、商品の形態のあらゆる変化は、共通の商品と共通の商品である2つの商品の交換において生じる。もしこの物質的な瞬間、金との物の交換を速く握っていれば、見えるものを見落とす、つまりその形態に何が起こるのか見落とすでしょう。単なる商品としての金はお金ではなく、他の商品は金の金額を自分の貨幣形態で参照していることが見落とされています。
④ー①商品は最初に裸になり、甘みがなくなり、櫛が成長し、交換の過程で成長します。
  彼は商品の倍増をコモディティ<商品>と貨幣に、そこでは彼らは、
  内在的な価値と使用価値に反対する外的対立を生み出している。
  これとは対照的に、コモディティ<使用>価値としての商品は交換価値としての貨幣
  に直面している。
④-②一方、対立の両側は、商品であり、すなわち、ユーティリティの価値と価値の単位です。
  しかし、この違いの統一性は、2つの極のそれぞれで逆転し、同時にそれらの相互依存性を構成する。
④-③商品は使用価値であり、その価値は価格に理想的にしか現れず、
  これを真の価値形態として反対の金に関連付ける。
④ー④逆に、金の材料はWertermateriatur、お金だけです。
  したがって、実際の交換価値です。その有用性の価値は、理想的には一連の相対的価値の表現にしか現れておらず、
  反対の財を実際の使用形態の周辺と呼んでいる。
  これらの相反する形の商品は、交換プロセスの実際の形態です。
⑤交換プロセスの現場、商品市場に、私たちの有名なリネンウィーバーなどの商品所有者を同行させましょう。
  彼の物品、20キュビットのキャンバスは価格決定される。
  あなたの価格は2 Pfd.Stです。彼は約2時間Pfd.Stのためにそれらを交換します。
  古い穀物と穀物の人は、2つのPfd.Stを交換する。再び同じ価格の家族の聖書に反する。
  彼のためのキャンバスは価値のある金である金を奪われ、
  この形から別の商品に逆戻りして売られていますが、商品として、
  ウィーバーの家に移ることになっていますその啓発的ニーズを満足させます。
このように、商品の交換プロセスは、商品の貨幣への変換と、貨幣から商品への変換という2つの相反した相補的変態で行われる。 (65)
商品変容の瞬間は、商品所有者の貿易と同時に、売却、商品と貨幣の交換、購入、商品との貨幣の交換、両方の行為の統一:買うための販売。
 ⑥リネンウィーバーが今取引の最終結果を見ると、彼はキャンバスの代わりに聖書を持ち、元の商品の代わりに同じ価値を持っていますが、有用性は異なります。同じように彼は人生と生産の他の手段を充当しています。彼の視点から見ると、プロセス全体は、労働生産物と外国人労働生産物、製品交換とのやりとりのみを伝えるものである。
 ⑦したがって、商品の交換プロセスは、以下の形式の変更で行われます。
  グッズ - お金 - 商品。
    W-  G -  W。
 ⑧その物質的な内容によると、運動は商品に対する商品の交換、社会的労働の代謝であり、
  結果としてプロセス自体は消滅する。
⑨ー①W - G. 製品または販売の最初の変態。
  商品の価値から金の身体への商品の価値のスキップは、
  他のところではそれを商品の宙返りと呼んでいます。
  彼が失敗した場合、それは不正行為をした商品ではなく、商品の所有者です。
  社会的分業は、多様なニーズに応える一方的なものとなっています。
  それが彼の製品が交換価値としてのみ役立つ理由です。
  しかし、それは一般的な社会的に有効な相当額の金額を受け取るだけであり、
  その金額は外国のポケットに収められている。
  それを抽出するためには、商品は何よりも貨幣所有者の使用価値でなければならない。
  すなわち、消費された労働は社会的に有用な形で費やされなければならず、
  社会分業の一部であることが証明されなければならない。
  しかし、分業は生産者の後ろに糸が織り込まれ、織り続ける生産の自然な生物です。
  おそらく商品は、新しく生まれた必要性を満足させるふりをしたり、
  自分で必要性を呼び起こしたりする新しい働き方の産物であると考えられます。
  昨日、同じコモディティプロデューサーの多くの機能のうちのもう1つの機能、
  今日のこのコンテキストからArbeitsverrichtungがおそらく涙を流し、
  独立して市場に独立した商品として自分の製品を送ります。
⑨ー②この離婚手続きのために、状況が熟しているか未熟である可能性があります。
  今日の製品は、社会的ニーズを満たしています。
  明日、それは同じタイプの製品によってその場所から完全にまたは部分的に
  置き換えられているかもしれない。
  私たち自身のリネンウィーバーのような仕事が社会的分業の特許メンバーでもある場合、
  20ヤードのリネンの使用価値は決して保証されません。
キャンバスの社会的な必要性、そして他のすべてのような手段がある場合、ライバルのリネン製織業者によってすでに飽和していると、私たちの友人の製品は余分になり、余計になり、無駄になります。人は口に贈り物の馬を見ることはありませんが、市場に出てプレゼントを作ることはありません。しかし、彼の製品の使用価値がそれ自体を証明し、したがって金は商品に引き付けられると仮定しよう。
しかし今、それはどれくらいのお金の問題ですか?
しかし、その答えは、その価値の指数である商品の価格ですでに予想されています。
私たちは商品所有者の純粋に主観的な計算ミスを控え、市場でただちに客観的に修正されます。
彼は社会的に必要な労働時間の平均だけを彼の製品に費やしていたはずです。
したがって、商品の価格は、その中で客観化された社会的労働の量のお金の名前に過ぎない。
しかし、許可なく、リネンウィーバーの背後で、リネンウィービングミルの老舗生産条件が発酵しました。昨日、エル・キャンバスの生産のために社会的に必要な労働時間は間違いないが、今日は貨幣所有者が友人の様々なライバルの価格の見積もりから熱心に実証したように、今日はやめてしまう。
⑨ー③彼の不幸には、世界には多くの織り人がいる。
  最後の分析では、市場に出ているすべてのキャンバスには、
  社会的に必要な作業時間だけが含まれています。それにもかかわらず、
  これらの作品の総額には過度に費やされた労働時間が含まれる可能性があります。
  市場の胃全体の量子画面、2の標準価格のためのsh。 Elleによって、吸収しないことによって、
  これは総社会的労働時間の余りがリネン製織の形で費やされたことを証明する。
  この効果は、すべてのリネンウィーバーが、個々の製品で社会的に必要な作業時間
  以上に費やした場合と同じです。
  ここには意味があります:捕まえられ、吊るされています。
  市場のすべてのキャンバスは貿易品目とみなされ、各部分は小分け部分としてのみ扱われます。
  実際、個々の次元の価値は、実際に類似した人間の労働の社会的に決定された量の物質だけである。
 <1878年11月28日付の手紙で、ロシアの首都ロシア語翻訳者、Danielsonに、
  マルクスは次のように最後の文章を変更します:
   "そして実際、個々のキュビットの価値は、全量子の部分の重要性
 「ソーシャルワーククォンタムを費やしました」と述べています。
  同じ修正は、マルクスの「資本」第1巻の第2版の個人的なコピーにもありま
  すが、彼の手ではありません>
⑩あなたが知っている、商品はお金を愛するが、 "真の愛のコースは決して円滑に動かない"
  <"本当の愛の道は決して平等ではない">。
  質的にも同様に自然かつ偶然的なのは、生産の社会的有機体の定量的組織であり、
  これは分業体系における膜の消滅を表している。
  したがって、私たちの商品所有者は、独立した民間生産者である同じ労働者の分業、
  この過程における社会的生産過程とその関係が、彼らを互いに独立させ、
  人々の独立は普遍的な事実に依存するシステムによって補完されることを発見する。
   <物象的依存体制に依存したーー人々の社会関係ーーなのです。>
 ⑪労働の分業は作業成果物を商品に変え、それによって貨幣への変換を必要とする。
それと同時に、この変容が成功するかどうかは偶然になります。しかし、ここでの現象は純粋に考えられるため、通常のプロセスを前提としています。ちなみに、たとえそれがまったく起こっても、物資は回収不能ではなく、形の変化はいつも起こるが、この物質の価値の大きさの変化に異常には失われたり追加されたりするかもしれない。
 ⑫1人の商品所有者が金を彼の商品で置き換え、もう1人は金で置き換える。
  明らかな現象は、商品や金の手や職業の変化、キャンバス20キュビット、純2ポンドの変化です。
  彼らの交換です。しかし、商品の交換は何ですか?
  独自の一般的な価値形態を持っています。
  金についてはどうですか?そのユーティリティ値の特定の形状を持つ。
  なぜ金は貨幣としてキャンバスに直面するのですか?
  彼らの価格は2Pfd.Stです。または彼女のお金の名前はすでに貨幣として金を指しています。
  元の商品形態の疎外は商品の販売を通じて行われる。
  彼らの使用価値が実際に価格で提示された金を実際に引き付ける瞬間です。
  価格や商品の単なる感傷的 価値フォームの実現は、
  したがって、また、お金の唯一のイデオロギー的な使用価値の実現を逆転し、
  商品への貨幣の同じ時間での変換で、貨幣への商品の転換です。
1つのプロセスは、貨幣所有者の購入の相手から、商品所有者の販売の極からの、両面プロセスです。
または販売は購入、同時にW - G  G - W.(66)
⑬ー①これまでは、商品所有者以外の国民の経済的関係、外国人労働者を自ら疎外
   させることによってしか得られない関係を知ることはできませんでした。
⑬-②したがって、商品所有者は、貨幣所有者として直面することができます。
   なぜなら、彼の仕事の製品は本質的に貨幣形態をしているか、それはお金が、
   金などであるか、または自分の商品が既に皮を剥いて元の使用形態を取り除
   いたからです。
  ③もちろん、貨幣として機能するためには、ある時点で金が商品市場に参入し
   なければなりません。
  ④しかし、その瞬間からは、常に商品の価格を実現しています。 (67)
  ⑤すべての商品所有者の手の金は、その生産源での商品との貨幣の交換以外に、
   湧きおこることがあり、販売された商品であり、販売商品または最初の商品
   の変容の疎外された形態であるW -G(68)であり、すべての商品がその中
   でーー価値尺度して、その実用的な形態である、価値形態にし価値は金にな
   りました。
  ⑥彼らの疎外によって、物資は本当に疎外された、あるいは変形された使用形
   態になり、したがって実際の価値を生み出すため、実際のお金になります。
  ⑦この価値形態で、商品は、その無差別な人的労働の統一された社会的素材と
   混ざり合うために、その自然な価値の使用の痕跡とそれが起源である特別に
   有用な仕事を取り除きます。
したがって、財を吹き飛ばす金を見ることはありません。ある人は彼女のお金のように見えます。
汚れはお金ではありませんが、お金は汚れている可能性があります。私たちのリネンウィーバー
が彼の商品を販売している2つの金のキツネが、小麦の四分の一の変形形態であるとしましょう。
  ⑧キャンバスの売却、W - Gはまた、彼らの購入、G - Wです。しかし、キャ
   ンバスの販売として、このプロセスは、聖書の購入とは反対に終わる動きを
   開始します。キャンバスの購入として、彼は小麦の販売と反対のものから始
   まる動きを終わらせる。
  ⑨ W - G - W(キャンバス - お金 - 聖書)のこの第1段階は、同時に別
   の動きW - G - Wの最後の段階であるG - W(貨幣ーキャンバス)である
   (小麦 - お金 - キャンバス)であります。
  ⑩ 商品の最初の変態、すなわち商品形態から貨幣への変容は、同時に、他
   の商品の第2の反対の変態であり、貨幣形態から商品への転換である。(69)
 ⑭商品の第二または最終的な変態:購入。
  他のすべての商品や一般販売の商品が空になっているため、お金は絶対に外に出てくる商品です。
  それはすべての価格を逆方向に読み取るので、商品化された商品の献身的な素材として
  すべての商品に反映されます。
  同時に、物品が彼に波を送る価格、愛の目は、変容のための彼の容量の障壁、すなわち彼自身の量を示す。
  商品がそのお金を得ることで消えていくので、その所有者の手に入るか、
  それに変換されるときには、そのお金を見ません。
  non olet <何の起源であれ、それは悪臭を感じません>。
  一方では、商品が販売されている場合、他方では購入可能な商品を表す場合。 (70)
 ⑮G - W、購入も販売、W - Gです。
  したがって、商品の最後の変態は、同時に他の商品の最初の変態である。
  私たちのリネンウィーバーのために、彼の商品のカリキュラムは聖書で完成されています。
  そこでは彼は2 Pfd.Stを与えます。元に戻っている、しかし、聖書セールスマンは、
  2 Pfd.Stを置く。穀物ブランデーでですね。
  W - G - W  (キャンバス - お金 - 聖書)の最終段階であるG - Wは、
    W - G - W(Bible - Money - Grade Brandy)の第1段階であるW - Gです。
  商品生産者は片面のみの製品を提供するため、多量に販売することが多いが、多彩なニーズは、
  実現した価格や数多くの購入に費やされた金額を絶えず分解するよう強制する。
  したがって、販売は、様々な商品の多くの購入をもたらす。
  したがって、商品の最終的な変態は、他の商品の最初の変態の合計を構成する。
 ⑯ここで、商品の全変態作用を考慮する。
  キャンバスでは、最初にそれが2つの相反する補完的な動きW-GとG-Wで構成されている
  ことを見てみましょう。
  商品のこの2つの相反する変化は、商品所有者の2つの反対の社会的プロセスで起こり、
  その経済的特徴を示しています。
  販売代理店として、購入バイヤーの代理人として売り手になります。
  しかし、商品のあらゆる変化と同じように、形や形や形の両方が同時に存在し、反対の極でのみ、
  同じ商品所有者が別の購入者に売り手として反対し、別の売り手には買い手として反対する。
  同じ商品が、連続的に2つの逆転した変化を経て商品から貨幣となり、貨幣から商品になると、
  同じ商品の所有者が売り手と買い手の役割を変える。
  したがって、これらは明確な文字ではなく、商品の流通の中で常に変化する文字である。
 ⑰商品の完全な変態は、最も簡単な形で、
  4つの極端な表現と3つの人物のドラマティズム<演技者>を前提としている。
  第一に、商品は、相手側に、
  外国のポケットで事実上厳しい現実を持っている価値形態として、貨幣に直面しています。
First, the goods are confronted with money as their value-form, which, on the other side, possesses factually harsh reality in a foreign pocket.
  したがって、商品所有者は貨幣所有者に直面するのです。
  商品が貨幣に変わるとすぐに、商品は消えた同等の形態であり、
  商品の他の商品に存在する使用価値または内容になります。最初の商品変換の終点として、
  お金・貨幣はまた第二の商品の出発点です。
  したがって、第1行為の売り手は第2行の買い手になり、売り手として商品の第3所有者と対峙する。(71)
 ⑱商品変態の動きの2つの逆の段階は、商品形態ー商品形態の剥奪ー商品形態への復帰のサイクルを形成する。
  しかし、ここでは商品そのものが反対の方向に決定されています。
  開始点では、その所有者のエンドポイント使用価値で、使用されていない値です。
  したがって、貨幣は、まず商品価値が固定された水晶のように現れ、
  その商品はその後にその同等物として分散されるのです。
 ⑲1つの商品のサイクルを構成する2つの変態は、同時に他の2つの商品の逆の部分的変態である。
  同じ布(キャンバス)が一連の独自の変態を開き、別の商品(小麦)の変態を閉じます。
  彼女の最初の変換、販売中に、彼女は自分1人でこれらの2つの役割を果たします。
  一方、それ自身がすべての肉体の道を進む金クリサライドとして、
  それは同時に第3の商品の最初の変態を終了させる。
  の商品の変容の一連が記述するサイクルは、他の商品のサイクルと密接に結びついている。
  全体的なこのプロセスは、商品循環としての役割を果たす。

⑳ー①流通は形式的なものではなく、本質的に商品の交換とは区別されます。
  プロセスのレビューを投げてください。
  リネンウィーバーは必然的にキャンバスを聖書と交換しました。
  しかし、この現象は彼にしか当てはまりません。
 ②リネンウィーバーは小麦が彼のキャンバスなどに交換されたことを知らないので、
  熱く好きな聖書代理店は、キャンバスを聖書に交換するとは考えていませんでした.
  Bの商品はAの商品に取って代わられました。
 ③ Bの交換では--商品を往復しません。実際に、AとBが交互に購入することもありますが、
  このような特定の関係は商品流通の一般的な条件に決して左右されません。
 ④一方では、物品の交換が直接的な製品交換の個々の障壁と地方の障壁をどのように崩壊させ、
  人間の労働の代謝をどのように発展させるかがここで見られます。
 ⑥一方、制御不能な社会的関係の行動主体からは、全体の円が形成されている。
 ⑦ウィーバーキャンバス、蒸留器は水のみを燃やしたので、ウィーバーは小麦、
  ホットスポットの聖書を持っているため、キャンバスを販売することができます。
  もう一方はすでに永遠の命の水などを売っていたからです。

21 この理由から、製品の即時交換のように、循環プロセスは、位置または手の使用価値の
  変化において止まらない。お金は消えません。
  なぜなら、それは最終的に商品の変身のシリーズから脱落するからです。
  それは常に商品によってクリアされた流通地点で命中します。
   たとえば、キャンバスの全変態:キャンバス - お金 - 聖書はまず流通のキャンバスから落ち、
  お金はそれを置き換え、その後聖書は流出し、お金はその場所を取る。
   同時に商品に商品を差し替えることで、第三者がお金を掛けることができます。
  (72)循環は常に汗をかいている。
22ー① キャンバスの売却、W - Gはまた、彼らの購入、G - Wです。
  しかし、キャンバスの販売として、このプロセスは、聖書の購入とは反対に
  終わる動きを開始します。
  キャンバスの購入として、彼は小麦の販売と反対のものから始まる動きを終わらせる。
  この理由から、製品の即時交換のように、循環プロセスは、
  位置または手の使用価値の変化において止まらない。

22ー②お金は消えません。なぜなら、それは最終的に商品の変身のシリーズから脱落するからです。
  それは常に商品によってクリアされた流通地点で命中します。
  たとえば、キャンバスの全変態:
  キャンバス -Money - Bible - お金 - 聖書はまず流通のキャンバスから落ち、
  貨幣はそれを置き換え、その後聖書は流出し、貨幣はその場所を取る。
  同時に商品の商品への差し替えることで、第三者が貨幣を掛けることができます。 (72)
  循環は常に発汗しているーー貨幣。
 ③すべての売却が買物であり、逆もまた同様であるため、
  商品販売に必要な売買と売買のバランスが必要であるというドグマよりも愚かなことはありません。
  これは、実際に完了した売り上げが同じ数の購入と等しいことを意味するので、
  それはフラットトートロジーです。
 ④しかし、それは売り手が自分の買い手を市場に導いていることを証明するはずです。
  セールと購入は、商品所有者と金銭所有者の2つの極端な対立の間の相関関係と同じ行為です。
 ⑤彼らは同じ人の行動として2つの正反対の行動を形成する。
  したがって、販売と購入のアイデンティティは、流通の藻類に投げ込まれたときに、
  それが貨幣として出てこない場合、商品所有者によって販売されない、
  すなわちお金で買われた場合、商品が役に立たなくなることを意味する-貨幣オーナー。
 ⑥そのアイデンティティは、プロセスが成功すれば、
  それが長くなるかまたはより短くなることができる商品の生存期間でもあることを意味します。
  商品の最初の変態は販売と購入の両方であるため、このサブプロセスは同時に独立したプロセスです。
 ⑦バイヤーには商品があり、売り手にはお金があります。
  遅かれ早かれ市場に出現して循環型を保つ製品です。誰も買わないでは売ることもできません。
  しかし誰も自分自身を売ったので直接購入する必要はありません。
  流通は、自分自身の交換と外国の労働生産物の交換との間の即座のアイデンティティーを
  販売と購入のコントラストに分割することによって、商品交換の一時的、
  地域的および個別の障壁を解消する。自己対立するプロセスが内部統一を形成するということは、
  内部統一が外的矛盾で動くことを意味する。
  内向き従属者の外部の自律性が、互いに補完し合ってある程度継続している場合、
  統合は危機によって強制的にアサートされます。
 ⑧使用価値と価値の本質的な反対のことがら、そして、
  私的労働が直接的な社会的労働として表現されなければならず、
  特定の具体的労働が抽象的な一般労働としか考えられないものものである、
   of personification of the thing <物象の人格化>
   and objectification of persons -<人の客観化 >
 <Fungibility ? treating the person as interchangeable with (other) objects
 代替性 - 人を(他の)オブジェクトと交換可能に扱う>
22ー⑨この内在的な矛盾は、商品の変態の反対に、その発展した形の動きを受け取ります。
  したがって、これらの形式には可能性が含まれますが、危機の可能性のみが含まれます。
  この可能性の現実への発展は、単純な商品流通の観点からも存在しない条件の全範囲を必要とする。 (73)
23 商品流通のメディエーターとして、貨幣は、流通手段 の機能を受け持つ。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_109.htm
  3rd money 第3のお金
 したがって価値の尺度として機能し、従って循環的手段として物理的にまたは代表的に機能する商品はお金です。 したがって、金(または銀)はお金です。 一方では、それは金の役割を果たします。一方では、それは黄金(または銀)の物質性、したがって金銭の商品として現われなければなりません。つまり、価値の測度や代表としての理想だけではありません。 循環の媒質中で; 他方では、その機能が、それ自体であろうと代理人であろうと、唯一の価値形態または交換価値の適切な存在として、他のすべての商品に単なるユーティリティ価値としてそれを固定する。

 a) hoarding  a)滞留
①2つの相反する商品の変態の連続的なサイクルまたは販売と購入の液体の売上高は、循環の移動の永続的なものとしての不動の資金循環またはその機能に現れる。 Boisguillebertが言っているように、不動のものから硬貨に変えられて、一連の変態が壊れるとすぐに、売却は後の購入によって補完されません。
②商品流通自体の最初の発展に伴い、最初の変態、商品の変形された形または金の人形を捉える必要性と情熱が発達しています。 (86)商品は、商品を購入するのではなく、商品を販売し、商品を通貨の形態で取り替える。単なる代謝の媒介から、この形の変化はそれ自体で終わる。商品の空になった形は、その絶対的なエイリアン形式、または唯一消失した形の通貨として機能することができません。そのお金は宝物に焼き尽くされ、商品の仕入先は宝物になります。
③商品循環の冒頭においてのみ、使用価値の余剰はお金になる。ゴールドとシルバーは豊かさや富の社会的表現になります。この素朴な形態の保有は、自己消費に適した伝統的な生産方式が必要とされていない人々の間で永続しています。アジア人、特にインディアンと同じように。商品価格が1カ国の金と銀の量によって決定されると考えているVanderlintは、インドの商品がなぜそんなに安価であるのか疑問に思いますか?回答:インド人は金を埋めるので。 1602年から1734年にかけて、彼は1億5000万ポンドの貨物を埋葬したと指摘する。もともとアメリカからヨーロッパに来たシルバー。 (87)1856年から1686年、すなわち10年間で、イングランドはインドと中国に輸出された(中国に輸出された金属は主にインドに戻っている)1億2000万ポンド。以前はオーストラリアのお金と交換されていました。
④より発展した商品の生産では、すべての商品の生産者は、「社会的誓約」という精神的な精神を確保しなければなりません。 (88)彼のニーズは絶えず更新され、絶えず外国の商品の購入を要求しているが、自分の商品の生産と販売には時間がかかり、偶然に左右される。販売することなく購入するには、購入する前に販売していたに違いありません。一般的な規模で行われるこの操作は、それ自体と矛盾しているようです。しかし、その生産源では、貴金属は他の商品と直接交換されます。購入することなく(金と銀の所有者の側で)ここに(商品所有者の側で)販売があります。 (89)そしてその後の購入がない販売は単にすべての商品所有者の間で貴金属の更なる分配を伝えるだけである。したがって、最も多様な範囲の金と銀の宝は交通のあらゆる地点で発生する。商品を為替価値や商品としての交換価値として保持する可能性があることから、金の欲望が目覚めます。商品流通の拡大に伴い、いつまでも準備ができており、絶対的に社会的な形の富が増えています。
⑤「金は素晴らしいものであり、同じものを所有する人は自分が望むすべてのもののマスターであり、金は魂を楽園に持ってくることさえできます」 (コロンブス、ジャマイカからの手紙の中、1503)。
⑥お金はそれに変換されて何を見ていないので、すべての物品かどうかは、お金に変わります。すべてが販売可能となり、購入可能になります。循環はすべてが金の結晶として出てくる大きな社会的レトルトとなります。この錬金術は、神聖な骨とはるかに少ない拒食症、余分なcommercium homophobes、神聖なもの、人間の商業の外でさえも抵抗されません。貨幣のように、物品のすべての質的差異は消滅し、消滅する。それは、過激なレベラーとして、すべての相違点が区別される(91)。しかし、金銭自体は商品であり、物資であり、古代社会は、それを経済的、道徳的秩序の悪行と糾弾している。(92)現代社会は、プルーススを地球の陸棚から早く引き出す乳幼児期(93)、ゴールデンラッシュ時に輝くものに敬意を表し、最も元気な原則を生み出す。
⑦使用価値としての商品は特別な必要性を満たし、物質的富の特別な要素を形成する。しかし、商品の価値は、物質的富の全ての要素、つまりその所有者の社会的富に対するその魅力の程度を測定する。野蛮な単純な商品の所有者、西ヨーロッパの農家でさえ、価値は価値の形から切り離せないので、金と銀の宝の増加は価値の増加につながります。しかし、金銭の価値は、それ自体の価値の変化や商品の価値の変化の結果として変化します。一方で、これは200オンスの金がまだ100以上、300以上が200以上を含むことを妨げません。一方、この金属の自然な形は、すべての商品の一般的な同等の形であり、すべての人間の労働の即時の社会的化身である。滞留の衝動は本質的に過度である。定性的にも形式的にも、お金は無制限です。すべての商品が直接的に実現可能であるため、物質的財産の一般的な代表。しかし、同時に、実際の金額はすべて定量的に制限されているため、限定された効果の販売手段に過ぎません。この量的限界と質的無限の矛盾との間のこの矛盾は、常にホイードガーをシスピェンの蓄積の労働に戻すのである。彼は世界の征服者のようなもので、新しい国が出るたびに一つの新しいフロンティアを征服します。
⑧金を金貨として、そしてそれを預け金の要素として保持するためには、金銭を購入する手段として循環したり、溶解したりするのを防ぐ必要があります。
そのため、ホーダーは肉のために自分の欲望を犠牲にして金のフェチに捧げる。彼は放棄の福音について真剣です。一方、彼は  お金の中だけで循環を逃れることができる、彼はそこに陶器の彼女だった。彼が生産するほど、売ることができます。労働、緊縮、そして貪欲は、彼の政治経済の総額をほとんど買わずに、多くを売って、彼の基本的な美徳を形作っています。 (94)
宝物の即時の形態に加えて、その美的形態、金と銀製品の所有権を実行します。ブルジョア社会の豊かさとともに成長しています。 "お金持ちは富を扶養している。" <金持ちになるか金持ちに見えるか>>(Diderot。)したがって金銭の機能とは無関係に、金銭の潜在的供給源の一部、特に社会的嵐の時。
⑨保留は、金属循環の経済学における様々な機能を果たす。次の機能は、金貨または銀貨の流通状態に由来します。量、価格、およびスピードの点で商品流通の一定の変動に伴い、金の大量流通が不安定に浮き沈みを起こしていることが分かっています。だからそれは収縮と拡大が可能でなければならない。すぐにお金をコインとして引き付ける必要があります、すぐにコインはお金として回収されなければなりません。本当に循環している金額が常に循環圏の飽和度に対応するためには、ある国の金または銀の金額は硬貨の金額よりも大きくなければなりません。この条件は、お金の宝の形態によって実現されます。宝庫はまた、循環するお金の排出チャネルおよび供給チャネルとしても機能し、循環チャネルを溢れさせることはない。 (95)

 b)支払い手段
①これまで考えられてきた商品流通の直接的な形では、同じ価値の観かたの大きさが常に1つの極の商品は、反対の極の商品の2倍であった。従って、商品所有者は、相互に存在する等価物の代表者としてのみ接触した。しかし、商品流通の発展に伴い、商品の販売は価格の実現から切り離されている。これらの条件の中で最も単純なものを示してもかまいません。
1つのタイプの製品は、より長い時間が必要であり、もう1つのタイプは、その生産のための短い時間である。様々な商品の生産は異なる季節に関連している。 1つの商品は市場で生まれ、もう1つは遠くの市場に出なければなりません。
したがって、一方の商品所有者は、他方の購入者の前に売り手として行動することができる。同一人物間での同一取引の継続的な再発により、商品の販売条件は生産条件に従って規制される。
他方では、特定の種類の商品の使用、例えば、一定期間売却された家ではどうか。
予約の満了後にのみ、買い手は本当に商品の使用価値を受け取りました。だから彼は彼女に支払う前に彼女を買う。ある商人は既存の商品を販売し、もう1つは単なるお金の代表者として、または将来のお金の代表者として購入する。
売り手は債権者になり、買い手は債務者になる。商品の変態や価値観の変化がここで変わるので、お金もまた別の機能を受けます。それは支払い手段になります。 (96)

②債権者や債務者の性格は、ここで商品の単純な流通から生じる。彼らの形状変化は、売り手とバイヤーにこれらの新しいスタンプを押し付ける。だから、当初は売り手と買い手と同じ代理店が同じように消えて交互に役割を果たしていました。しかし、野党は今や不安定になり、より大きな結晶化が可能になる。 (97)しかし、同じ文字は商品流通から独立していてもよい。古代世界の階級闘争。主に債権者と債務者の間の闘争の形で動き、ローマで終結し、奴隷に取って代わられる平等債務者の没落で終わります。中世では、その闘争は経済的基盤で政治力を失った封建債務者の没落で終わった。しかし、金銭の形式 - と金銭関係の形での債権者と債務者との関係 - は、基本的な経済条件の拮抗を反映しているだけである。

③<151>私たちは商品流通の領域に戻りましょう。
販売プロセスの2つの極で同等の商品とお金が同時に現れるのを止めました。
お金は、まず、販売された商品の価格設定における価値の尺度として機能します。彼らの契約上の固定価格は、買い手の義務を測定する。特定の時刻に支払われた金額。
第二に、それは購入の理想的な手段として働く。それは買い手のお金の約束にのみ存在しますが、それは商品を変更させます。支払期日に限り、支払い手段が??実際に流通します。買い手の手から売り手の手に行きます。第一段階で循環過程が崩壊したか、あるいは商品の変形形態が循環から取り除かれたため、循環手段は宝物になった。支払い手段は流通に入るが、商品が既にそれを去った後である。
お金はもはやそのプロセスを仲介しません。それは、交換価値または一般的な商品の絶対的存在としてそれを独立して結論づける。売り手は、物品を現金で保つためにお金、ホーダー、罪のある買い手が支払う必要性を満たすために物品をお金に変えた。彼が支払っていなければ、彼の所有物の強制的な販売が行われます。
商品の価値形態、金は、流通過程そのものの状況から生まれる社会的必要性によって、販売の目的のためになりました。

④買い手は、商品を貨幣に変えたり、最初の商品変態を完了する前に、商品を元に戻したりします。売り手の商品は循環し、その価格を実現するが、貨幣のためのプライベートタイトルでしかない。それは貨幣に変わる前に実用になります。彼女の最初の変態の完成は、後に続く。 (98)

⑤流通過程の各特定の期間において、支払われる債券は、売却された商品の価格合計を表す。このの実現に必要な貨幣 は、当初は支払い手段の流通速度に依存する。それは、債務者と債務者の関係を連結して、債務者Bから資金を受け取ったAが債権者Cにそれを進めるように、そして様々な支払日の間の時間の長さという2つの状況によって調整されます。
処理連鎖の支払いまたはそれに続く第1の変態は、以前に考えられた変成系列のエンタングルメントとは著しく異なる。循環手段の循環において、売り手と買い手との関係は表現されるだけではない。接続そのものは貨幣の循環の中だけで起こります。
一方、支払い手段の動きは、それ以前にすでに存在していた社会的関係を表している。

⑥販売の同時性と並置は、流通速度によるコイン質量の置き換えを制限する。逆に、彼らは支払い手段の経済学において新しいレバーを形成する。同じ場所での支払いの集中により、自然の制度と調整方法は自然に発展する。
例えば、リヨン中世の祈り。 AからB、BからC、CからAなどの債務請求は、正と負の大きさである程度相殺するだけで対処する必要があります。バランスのとれた債務残高は1つだけです。支払いの集中度が高ければ高いほど、相対的にバランスが小さくなり、したがって支払いの循環手段の量が増えます。

⑦支払い手段としての貨幣の機能には、無秩序な矛盾が含まれています。支払の残高に関しては、計算上の金額や価値尺度としてのみ理想的に機能します。
実際の支払いに関する限り、それは循環の手段として、代謝の消滅し仲介する形態としてではなく、社会的労働の個々の化身として、交換価値、絶対的な商品の独立した存在として現れる。
生産と商業の危機の瞬間にeklatiertこの矛盾は、通貨危機がある。(99)
これは支払いの処理チェーンとその調整の人工的なシステムが完全に開発されている場合のみ発生します。このメカニズムのより一般的な妨害によって、彼らはいつか湧き上がります。
突然かつ突然、計算コストの純粋な理想的な形態から硬貨に突然変わります。
世俗的商品では置き換えられなくなる。商品の使用価値は無価値になり、その価値はそれ自体の価値の形態よりも前に消える。ブルジョアは繁栄の薄い悟りの空の妄想のためのお金を説明しました。商品だけが貨幣です。ところがいまや貨幣だけが商品です!それは今、世界市場のすべてです。

As the deer cries for fresh water, his soul cries for money, the only wealth. (100) In the crisis, the contrast between the commodity and its value form, money, is increased to the point of absolute contradiction.
鹿が淡水を求めて叫ぶのとおなじく、彼の魂は貨幣、唯一の富を求めて叫ぶ。(100)
危機では、商品と価値形態<value form>の対比、貨幣は絶対矛盾の点まで増加する。

The appearance of the money is here therefore also indifferent.
The money starvation remains the same, whether in gold or credit money, banknotes, for example, is to pay. (101)
したがって、お金の出現はここでも無関心です。金や借金のいずれの場合でも、紙幣の払い方は同じです(101)。

⑧一定の期間内に循環している合計金額を考慮すると、それは実現すべき商品価格の合計に支払の払いを差し引いた金額から報酬支払いを差し引いて流通手段の流通レート最終的には、同じコインが循環手段として交互に働く回転数、時には支払い手段としての支払いの機能である。
例えば、農家はトウモロコシを2ポンドで販売し、循環手段として働く。満期の日に、彼はキャンバスを支払って、ウィーバーが彼に届けました。同じ2 Pfd.St.現在はお支払い方法として機能しています。
ウィーバーは現在、現金で聖書を購入しています。彼らは再び循環の手段として働きます。価格、通貨の流通速度、支払いの経済性なども、1日の間に、循環する大量の貨物や流通している商品によって覆われなくなりました。長い間流通が奪われてきた商品を表す貨幣が使われています。貨幣相当額が将来にのみ現れる商品が処理されています。
一方、毎日支払いが収縮し、同じ日の支払額は相当額にはならない。 (102)

⑨だからクレジット・マネーは、支払い手段としてのマネーの機能から直接発生します。
つまり、売却された商品自体の債券は、債権の譲渡のために再び流通します。
一方、クレジットシステムが拡大するにつれて、支払い手段としての貨幣の機能も拡大しています。金や銀貨は、主に小売業の領域に押し戻されますが、そのようなものとして、それは大きな商業取引の領域を占める独自の形態を維持しています。 (103)
商品生産の一定のレベルと程度において、支払い手段としての貨幣の機能は、商品流通の領域を超えて広がっている。契約の一般的な商品になります。 (104)
年金、税金等は、自然配送から貨幣支払いに変わる。この変革が生産プロセスの全体的な形状によってどのくらい調整されているかは、例えばローマ帝国が現金ですべての税金を引き上げようと、2度は試みられなかったことによって示されています。
ルイ14世のもとでのフランスの国民の膨大な不幸は、ボイス・ギルバート、マーシャル・ヴォーバンなどで雄弁に宣言されていましたが、税額だけでなく、自然税の貨幣への転換にも負っていました。 (105)一方で、自然形態基本賃貸料は、同時にアジアでは州税の主要要素であり、自然条件の不変性をもって自分自身を再現する生産関係に基づいて、過去の生産形態を遡及的に支払う。それはトルコ帝国の自己保護の秘密の一つを形成する。日本のヨーロッパで課せられた対外貿易は、自然年金の年金を3未満の年金に転換するのを誘致するか?第4版:Goldrente>それ自体は、彼の典型的な農業に関するものです。彼らの密接な経済状況は解消するでしょう。

⑩各国において、一定の一般支払日は固定されています。それらは、季節の変化に連動した生産の自然条件で、他の循環再生から部分的に沈殿する。彼らはまた、税金、年金などの商品の流通から直接的には生じない支払いを規制している。年の特定の日にこれらの払われた支払いに必要とされる金額は、定期的ではあるが表面的な摂動を支払い手段106)
支払い手段の流通速度に関する法律から、すべての定期的な支払いについては、その源泉が何であれ、支払手段の必要量は<1である。第4版:支払期間の長さに対する比率を逆にする。 (107)

⑪支払手段としての資金の開発は、支払われた金額の満期日のための金の蓄積を必要とする。富裕層の独立した形態としての保有は、ブルジョア社会の進歩に伴って消えていくが、逆にそれは支払手段の予備資金の形でそれと共に成長する。
 c)世界のお金

http://

 

三章 価値尺度 流通手段 の報告

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月 6日(火)19時05分43秒
返信・引用 編集済
   資本論を読む会 広島の報告を転載させて戴きます。
 杉本は、苦心を転載しています。有難うございます。
 杉本は、二章から三章への記述の理解を進めています
 読みやすくするために、編集しときました。


  <三章 第一節 価値尺度>
http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=10

  <説明> 第3章 「貨幣または商品流通」の第1回目

0) はじめに
 さて、今回からは第3章「貨幣または商品流通」第1節「価値の尺度」の復習説明に入ります(第2節「流通手段」以降をどのように進めるかは、また相談します)。
第1、2章の商品論では、主役は商品でしたが、第3章の貨幣論では主役が貨幣に移り、人々の関係は貨幣の諸機能として現われることになります。 商品と貨幣について、簡単に振り返って説明しておきましょう。
 商品の「価値」とは、「その実体」は、その質を問わない、単なる労働の支出としての、その意味で抽象的な人間労働であり、またそうしたものとして相互に比較され得る労働の大きさでした。しかしこうした商品価値の実体やその大きさは、「社会的なもの」すなわち労働のもつ社会的な性格に起因するものなのですから、商品(生産物)自身の姿やその使用価値(有用性)において存在するわけではありません。しかしながら、商品は「交換価値」を持つことによって、つまり他の「使用価値」を持った商品との「交換比率」を持つことによって、自らを特定の使用価値であると同時に価値をも持つものとして表現しています。
 商品交換の発展とともに、人々の頭からは交換価値と労働時間との関係の意識は脱落していきますが、それと反比例して商品の価値形態(商品の二重化)が発展し、商品の価値性格ないし労働の社会的な性格は、最終的に「貨幣」という“物”として結晶することになります。商品はその価値(社会的必要労働時間)を共通の価値形態で相対的に表現することによって、商品相互の全面的な交換と、それによって社会生活を成立させるための総労働の分配の方法を獲得することができるのです。(もちろん、多くの矛盾を含みながらですが。)
こうして貨幣が成立すると、人々の商品交換における諸関係は、貨幣の諸機能として意識され、貨幣は人々の経済関係すなわち商品交換における主役として振舞うことになります。

『資本論』の前身である『経済学批判』から、第3章「貨幣または商品流通」の理解のために参考になると思われる部分をいくつか紹介しておきましょう。
  ーーーーー略ーーーーー
 ①「読む会」だより(17年3月用)

1) 貨幣の「価値の尺度機能」とは何か

 現代の資本主義では、貨幣すなわち社会的労働の一般的な表現(対象化された姿での)ないしは一般的等価物としての金(ないし銀)は流通からは追放されており、もっぱら信用貨幣である中央銀行券などで「代理」されています。このため、貨幣の「機能」も見えにくいものになっていますが、マルクスは貨幣には大きく言って三つの機能があると述べています。一つは「価値尺度」としての機能、二つには「流通手段」としての機能、そして三つには「(独立した価値の結晶としての)貨幣」としての機能です。
これらの貨幣の機能のなかで、貨幣をまさしく貨幣とする最も基本的な機能が「価値尺度」機能であるとマルクスは言うのですが、商品の価値自体がその本来の労働時間という姿では現われ得ないということもあり、貨幣の「価値尺度機能」という言葉は分かりにくいものでしょう。マルクス自身はこう述べています。

・「金<貨幣商品として前提されている金>の第一の機能は、商品世界にその価値表現の材料を提供すること、または、諸商品価値を同名の大きさ、すなわち質的に同じで量的に比較の可能な大きさとして表わすことにある。こうして、金は諸価値の一般的尺度として機能し、ただこの機能によってのみ、金という独自な等価物商品はまず貨幣になるのである。」(全集版、125頁)

誰もが知っているように、商品はみな価格を(円、ドル、ユーロ等々の)もっており、価格においては商品はみな「質的に同じで量的に比較の可能な大きさとして表わ」されています。しかしこの「価格」とは何であり、また価値の価格としての表現はどのようになされ得るのでしょうか(ちなみに、ブルジョア経済学は価値とは何かを知ることなく、価格と価値を同一視するのですが、これはまさに物神崇拝というべきでしょう)。
ここでマルクスが言っているように、「価値の尺度」の機能とは、価値(労働時間)を価格(金の量)で表現することにおける、言いかえれば貨幣としての金の大きさで諸商品の価値の大きさを計る(尺度する)場合の、価値の表現材料としての──すなわちその身体で商品価値を表現するという──貨幣の役割のことなのです。価格とは金の量で表現された価値の大きさなのですが、諸商品の価値関係のなかでは、貨幣・金は、使用価値としてではなくて、価値として、つまり対象化された一般的労働時間の一定量としての役割を担っているのです。
金がその身体によって諸商品が価値を表現するための材料となる、という貨幣の価値尺度機能は、一見簡単なことのようですが、ここには重大な問題が潜んでいます。マルクスは続いてこう述べます。

・「諸商品は、貨幣によって通約可能になるのではない。逆である。すべての商品が価値としては対象化された人間労働であり、したがって、それら自体として通約可能だからこそ、すべての商品は、自分たちの価値を同じ独自な一商品で共同に計ることができるのであり、また、そうすることによって、この独自な一商品を自分たちの共通な価値尺度すなわち貨幣に転化させることができるのである。価値尺度としての貨幣は、諸商品の内在的な価値尺度の、すなわち労働時間の、必然的な現象形態である。」(同)

貨幣(金)が商品価値の大きさを「尺度」し、それを「価格」(一定の金量)として表現しうるのは、一方で、すべての商品が価値としては、すなわち対象化された人間労働としては同質であり、通約しうるからであり、他方では、金が一般的等価であり、価値の独立した存在であると社会的に認められているからにほかなりません。
価格表現(価格現象)という結果だけにとらわれて、価値を価格として表現するためのこうした方式を見ないならば、価値とは価格のことのように見えるほかありません。

ちなみに、『経済学批判』では価値尺度について次のように触れられていますので、参考までに紹介しておきます。
・「流通の最初の過程は、いわば現実の流通のための理論的準備過程である。使用価値として実在する諸商品は、まず、それらが互いに観念のうえで交換価値として、対象化された一般的労働時間の一定量として現われるような形態を自分で創造する。この過程に必要な最初の行為は、我々が知っているように、諸商品が特殊の一商品、たとえば金を、一般的労働時間の直接の体化物、または一般的等価物として除外することである。……
すべての商品がその交換価値を金で、一定量の金と一定量の商品とが等しい労働時間を含むような割合でもって計るので、金は価値の尺度となる。」(岩波文庫、P75)

2017年3月25日


http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=9

 ② 「読む会」だより(17年6月用) 文責IZ


(説明) 3章1節、貨幣の価値尺度としての機能の4回目

3月に第3章の1節、貨幣の価値尺度機能に入りましたが、4月、5月と本論とは少しそれてしまいました。貨幣の価値尺度機能について思い出していただくということもあり、まず「たより3月用」の《1)貨幣の「価値の尺度機能」とは何か》の補足から始めましょう。

《1)貨幣の「価値の尺度機能」とは何か の補足》

「たより」では、《「価値の尺度」の機能とは、価値(労働時間)を価格(金の量)で表現すること<場合>における、言いかえれば貨幣としての金の大きさで諸商品の価値の大きさを計る(尺度する)場合の、貨幣の役割のことなのです。価格とは金の量で表現された価値の大きさなのですが、諸商品の価値関係のなかでは、貨幣・金は、使用価値としてではなくて、価値として、つまり対象化された一般的労働時間の一定量としての役割を担っているのです。金がその身体によって諸商品が価値を表現するための材料になる、という貨幣の価値尺度機能……》と説明しました。

一般的等価物として、他の諸商品と無条件に交換可能であるということによって、金は「貨幣」として認められることになります。言いかえれば、これは事実上、その金という身体(自然形態)が対象化された人間労働の一定量としてのみ評価されるということです。だから貨幣・金はその金量において諸商品の価値の大きさを表現できるのであり、この商品の価値の大きさを一律に測るための貨幣・金の役割のことが、「価値尺度機能」と呼ばれるのです。

このことを本来的な労働の関係においてもう少し見ていくと、商品の交換関係のなかでは、金を産出するという特定の労働が、種々の使用価値を生み出す人間の労働全体の“代表”と見なされるということ、否、単に諸労働の“代表”であるばかりではなくて“人間労働そのもの”であると見なされるということです。言いかえれば、ここでは貨幣・金を産出する労働は、その金を産出するという具体的、有用的な側面が無視されて、ただ人間労働であるという抽象的な側面で存在する限りでのみ、諸商品の価値の大きさを表現するという役割を果たすのです。(そして、こんな不可思議なこと──人間の労働全体の一部をなすにすぎない特定の労働が、同時に労働一般すなわち“人間労働そのもの”と見なされる──が、どのようにして可能なのか。これを解明したのが第1章3節「価値形態」の「相対的価値形態の内実」の項でした。)だからこそ、諸商品によって一商品・金が貨幣(一般的等価物)であると認められると(貨幣という形態規定が与えられると)、金は“直接に”その身体の大きさで、諸商品の価値の大きさである労働時間を表現する──という機能を持つ──ことになります。

こうして、諸商品の共同の働きかけによって貨幣が成立すると、諸商品はすべて、その「価値」の大きさ(支出労働量)を金という単一の貨幣商品によって、つまり金という特定の物体の一定量で、共通に表示することができます(これが「価格」です)。すべての商品(貨幣である金を除いた)は、価格という共通な姿をもつことによってはじめて、相互にその価値の大きさを──直接に労働時間としてではなく、対象化された労働時間としての意味をもつ一定の金量としてですが──測り得ることになり、したがってまた一定の比率で同じもの、交換可能なものとして関係できるものになり、名実ともに商品になることができるのです。(これが「価値の価格への転化」と言われるものです。)

ところで、諸商品においては、ある商品はそれに含まれる労働量が等しい他の商品と関係します。しかしながら、貨幣の役割においては、貨幣商品・金は、それに含まれている労働量が等しいということによって他の商品と関係しているのではない、ということに注意が必要です。諸商品は、他の商品と交換されるためには、それに含まれている価値の大きさが他の商品と等しくなければなりません。だからこそ諸商品はその価値の大きさを貨幣で共通に測りあわなければなりません。しかし、貨幣・金は単に諸商品が相互に価値の大きさを表示するための共通の物質的“材料”として物質的尺度として、この関係に持ち込まれているだけなのです。貨幣・金は、諸商品にとって、それに含まれている労働量が諸商品と等しいという役割において価値表現のなかに持ち込まれたのではありません。それは、対象化された人間労働の一定量を表現する“物質的材料”としてとしてのみ、言い換えれば、諸商品に含まれている具体的な諸労働を無差別な「人間労働」に還元する役割のためにのみ、この関係のなかに持ち込まれているにすぎないのです。このことは貨幣の役割を理解するうえで重要です。

貨幣の価値尺度機能について、久留間鮫造は『貨幣論』において分かりやすく触れていますので紹介しておきます。

 「実際に売買される場合の価格の高さが何で決まるかというようなことを問題にする前に、われわれは、<量ではなくて>形態としての価格を問題にする必要がある。価値が金の姿で表示され、価格の形態をとるということ、このことはいったい、商品生産にとってどのような意味をもつかという問題、これをわれわれは、まず第一に明らかにしなければならぬ、とマルクスは考えているわけです。

 商品生産は直接社会的な生産ではない。商品を生産する労働は当初から社会的な労働なのではなく、直接には私的な労働です。そういうものから社会的生産の体制が生じるためには、商品生産者の私的な労働はなんらかの契機において、なんらかの形態において、社会的労働にならねばならぬ。ではどのような形態で、商品生産者の労働は社会的労働になるかというと、結局、金の姿ではじめてそういうものになる。だから商品は、そのままでは任意の他商品に替わるわけにはいかないが、いったん金になると、どの商品とでも交換可能になるのです。

ですから、商品は金にならねばならぬわけですが、それではどのようにして金になるかというと、言うまでもなく販売によってなる。販売においては、商品の使用価値が譲渡されて、その代わりに金が与えられる。

これはどういうことかというと、使用価値は特殊的具体的な属性における労働の所産なのですから、使用価値が譲与されるということは、ひっきょう<結局は>、労働のこの特殊的具体的な属性が脱ぎ捨てられることを意味するのであって、それによって労働は抽象的一般的な労働に還元される。そしてこの、抽象的一般的労働という形態において、はじめて社会的労働になる。これが、商品が販売によって金になるということの根本の意味なのです。

このことはもちろん、金があらかじめ、商品世界の共同の行為によって、抽象的一般的な・そしてそれによってまた社会的な・労働の直接的体化を意味するものに──すなわち貨幣に──されていることを前提するので、それによってはじめて、商品の金への転化は、商品生産者の私的な具体的な労働の、抽象的一般的な、社会的な労働への転化を意味することになりうるわけです。

ところで、この貨幣としての金への商品の転化は、販売によってはじめて実現されるわけですが、この実現は、当然、商品の価値があらかじめ観念的に金に転化されていること、すなわち価値が価格に転化されていることを前提するのであって、この転化にさいしての金の役割を、マルクスは金の価値尺度機能であるとし、貨幣としての金の第一の機能であるとしているわけです。これは単なる量的規定の問題ではなく、もっと根本的な質的規定の問題です。マルクスが、従来の経済学が見落としているものとして力説している“尺度の質”というのは、究極的にはこのことを意味しているのです。」(大月版、P180)

3)商品の「価格」が、「観念的な」ものであるということはどういうことか

さて、マルクスは1)の引用に次いで、こう述べます。

 「商品の価格または貨幣形態は、商品の価値形態一般と同様に、商品の、手につかめる実在的な物体形態からは区別された、したがって単に観念的な、または想像された形態である。鉄やリンネルや小麦などの価値は、目に見えないとはいえ、これらのものそのもののうちに存在する。この価値は、これらのものの金との同等性<等置……レポータ>によって、いわばただこれらのものの頭のなかにあるだけの金との関係によって、想像される。それだから、商品の番人は、これらのものの価格を外界に伝えるためには、…略…これらのものに紙札をぶら下げるかしなければならないのである。商品価値の金による表現<すなわち価格……レポータ>は観念的なものだから、この機能<すなわち価値尺度機能……レポータ>のためにも、ただ想像されただけの、すなわち観念的な、金を用いることができる。商品の番人がだれでも知っているように、彼が自分の商品に価格という形態または想像された金形態を与えても、まだまだ彼はその商品を金に化したわけではないし、また、彼は、何百万の商品価値を金で評価するためにも、現実の金は一片も必要としないのである。それゆえ、その価値尺度機能においては、貨幣は、ただ想像されただけの、すなわち観念的な、貨幣として役立つのである。」(全集版、P126)

(1)「観念的」なものと対置されるのは「物質的」なものであって、「実在的」なものではない、という点について

以下、次回です。

2017年7月17日




http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=7

 ③ 「読む会」だより(17年9月用) 文責IZ

(前回の報告)
8月の「読む会」では、(前回の報告)の部分についてはとくに質問や意見は出ませんでした。
(説明)の「(3)なぜに観念的な価値尺度のうちには堅い貨幣が待ち伏せしているのか」の部分では、まず「“堅い”貨幣」というのはどういう意味か、自分は価格は需要等によって変化すると考えているのでその意味がよく分からない、という質問が出されました。
これに対しては、別の参加者の方から、「価格は抽象的なものだが、それが転換する貨幣は具体的で実在的なものだ、という意味で“堅い”と言われているのでないか」という意見が出されました。需要の変化等によって価格が変動するのは事実ですが、そのことと商品の価値はいつでも価格として相対的に表現されねばならないということとは、問題が別のことのように思われます。

また、価格は価値形態の発展した形態である、ということに関連して、チューターは「価値形態」という言葉は、はじめて読む人には難しいと思われる。「価格」を含めて、「価値形態」というのは、商品による価値の相対的な「表現方法」のことだと理解して読んでいただくと分かりやすいのではないかと述べました。
これにたいしては、「価値の形態(姿)」という言い方もある。この場合には「表現方法」と読むのはどうか、という意見が出されました。チューターは、たしかにその場合にはたとえば金が価値そのものを表現するものとされるという意味だ。しかしそうした場合にも、金にそのような役割が与えられるのは、商品相互による一定の表現方法によってそうなるということが重要なので、「表現方法」と基本的に考えてよいのではないか、と答え了解されました。
関連してチューターは、(報告)の引用部分で「価格は、1トンの鉄の価値を1オンスの金<右辺の商品>が鉄<左辺の商品>と直接に交換されうるということによって表現するのであるが、けっして、逆に鉄<左辺の商品>の方が金<右辺の商品>と直接に交換されうるということによって表現するのではない」とマルクスが強調していることに注意していただきたいと述べました。

また口頭説明のなかで、商品は価格をもったからと言っても、そのことによってすぐに別の商品との無条件の交換可能性を持つわけではない。マルクスは商品が価格をもつことを「理論的準備段階」という言い方もしているが、無条件の交換可能性を持つためには、いったんその特殊な使用価値の姿を脱ぎ捨てて貨幣・金に置き換わらなければならない。一般的等価物に置き換わってはじめて何とでも交換可能なものになる。と触れた点について、価格をもったからと言って商品は無条件の交換可能性を持ったわけではなく、貨幣になってはじめてそうなるというのは“当たり前”のことではないか、という質問が出されました。
チューターは、貨幣・金が何とでも交換可能だということは“当たり前”のように見えるが、それが商品の交換によって社会生活を全面的に成立させる必然性(価値)と結びついているということ。またそれは無差別な人間労働の対象化と見なされるがゆえにそうしたものであること。あるいは商品交換の一部分(媒介部分)としてもつ役割としてそうしたものになっているということは、なかなか目には見えないのではないか、と述べました。

さらに「マルクスは貨幣経済ではなくて、むしろ直接に物と物とが交換されるような体制のことを考えていたのではないか」という質問が出されました。
チューターは、その昔、バーター貿易といったものが社会主義の一つの目安だなどとされていた時代もあった。しかしマルクスが物々交換のようなものを目指していたなどと言えないことは、第2章で直接的生産物交換について、それは商品交換の未発展なものとされていることからも明らかだろう。社会主義というのは、物と物とが“貨幣抜き”に交換されるというようなことではない。それは、“労働(社会的労働)”が意識的な活動として現れ──つまり、どのような使用価値をどれだけ作るために、総労働時間をどのようにそれぞれに振り向けるのか、ということを人間自身が自覚的に組織するのだから──、支出労働時間が“物(の価値)”という姿をとらないということであり、だからこそ“貨幣”も必要ないということだ、と説明しました。

「4)想像的な価格形態」とはどのようなものか」の部分は、時間が無くなったためにあまり検討する時間がありませんでした。
(報告)のなかで、「商品の価値は、その生産に必要な社会的労働時間に対する“必然的な関係”を表現している」と述べてあるのは、所与の生産力のもとでは、一定の使用価値の生産のためには社会の総労働のうちの規定された幾らかが支出されなければならない、というような意味だということを補足しておきます。

2017年9月10日


  ④「読む会」だより(17年11月用) 文責IZ

(前回の報告)
9月の「読む会」では、まず(前回の報告)の部分で、「“観念的な”価値尺度のうちには“堅い”貨幣が待ち伏せしている」という表現について、やはりよく分からないという意見が再度出されました。この点については、参加者から「以前は金貨や銀貨もあったし、貨幣が硬貨だったからにすぎないのではないか」という意見が出されました。
チューターとしては、それはそうとして、むしろ“待ち伏せしている”という表現に注意してほしい。それは諸商品が貨幣に転換されなければならない“必然性”のことを、もっと言うならば諸商品が「価格」として互いに同質・同等なものとして表現されなければならない“必然性”のことを言っているということに注意してほしいと述べました。

この点は、第2節「流通手段」の理解ともかかわっており、たんなる言葉の問題ではないと思われますので、もう少し説明しておきます。
問題となっているのは、3章第1節の最後のパラグラフ「価格形態は、貨幣とひきかえに商品を手放すことの可能性とこの手放すことの必然性とを含んでいる。他方、金は、ただそれがすでに交換過程で貨幣商品としてかけまわっているからこそ、観念的な価値尺度として機能するのである。それゆえ、観念的な価値尺度のうちには堅い貨幣が待ち伏せしているのである。」(全集版、P137)という部分です。
商品の価値というのは、諸商品を社会的に同等な必要労働時間の支出の一部分として見るということです──そして、その意味で商品の価値は観念的なものです。諸商品は、社会的に必要な労働支出の一部として見るならば相互に同等であり、だから一定の割合で相互に交換可能でなければなりません。(そうでなければ、商品交換によって社会生活を全面的に成立させることができないのですから。)
しかしながら諸商品は、相互に異質であるからこそ交換されるのであってみれば、そうした同等なものとしての姿をその商品自身の姿で、すなわちその現物形態、使用価値としての姿そのもので表現できません。だからそうした相互に同等な姿を、「交換過程で」「かけまわっている」“一つの”貨幣商品(金ないし銀)との“等価”での表現を通じて、“共通に”表現することしかできません。このように貨幣商品で“相対的に”表現された価値の表示が「価格」です。
(“相対的に”というのは、諸商品が一つの貨幣商品で“共通に”価値を表示すると言っても、それは社会的必要労働時間そのものの表示ではないのだからです。また、本来“共通な”ものは、諸労働の社会的な労働としての同等な性格なのですが、商品交換すなわち社会的に共通な労働としてではなく、相互に独立して営まれる私的労働を基礎にしているかぎり、労働の社会的な性格は生産物である商品の性格として現われるほかないからです。)
こうして諸商品が「価格」をもつということ、つまり商品の“価値”が相互に共通な一つの貨幣商品(の大きさ)として、言いかえれば“自分自身とは異なる物”で表現されるということは、諸商品が価値として、他商品と社会的に同等なものとして現われるためには、いったんそれ自身の姿を捨てて、自分自身とは異なる「貨幣」の姿をとらねばならないということでもあります。
「それゆえ」──直接的生産物交換(物々交換)とは異なって──諸商品があらかじめ「価格形態」をもつということは、一方では、特定の商品である金・銀が「交換過程で貨幣商品としてかけまわって」諸商品と等置され、諸商品に共通な等価物となることで「観念的な価値尺度として機能」するということすなわち貨幣になるということです。そこでは貨幣商品は、その現物の使用価値とは関係のない、他商品の価値の表現物として機能するという社会的機能をもちます。他方そのことは同時に、諸商品が価値として機能し、他の商品と一定の割合で置き換わるためには、“実際に”価値の形態として社会的に認められた一定量の貨幣商品(金ないし銀)にいったん置き換わらなければならない、という必然性が「待ち伏せている」ということでもあるのです。

商品の「価格」は、なにか生産者が勝手に付けることができる“恣意的”なものに見えます。それは「価格」が、たんに一定量の貨幣・金との「等置」を表示するだけであり、その意味で「観念的な」ものだからです。しかし「価格」は、商品の価値、すなわちその商品を生産するのに必要な社会的必要労働時間の“独特な”表示方法であることを理解するならば、それは決して“恣意的”・“主観的”なものではなくて、生産力の状態や特定の労働への労働の偏りなどによって社会的に規定される客観的なものなのです。(だから「誰が価格を付けるのか?」といった疑問は無意味です。)だからこそマルクスは3章第1節のはじめのほうで、「それだから、商品の番人は、これらの物の価格を外界に伝えるためには……、これらの物に紙札をぶらさげるかしなければならないのである」(全集版 P127)と語っているのです。

補足が長くなりましたので、(前回の報告)部分で出た、その他の質問・意見については省略します。
(説明)の部分は、前の部分での議論が長くなり、前半の二つのパラグラフをチューターが読むだけで終わり、検討は次回にということになりました。
なお、(説明)の3パラグラフの引用で<>内でチューターが補足した「彼ら」というのは、当時の経済学者とりわけリカードやベーリが念頭に置かれています。(原注32、36などを参照ください。

 

レンタル掲示板
/152