teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


 このフォームの性質と重要性

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月12日(土)16時37分36秒
返信・引用 編集済
     ぐーぐるほんやく
   https://translate.google.co.jp/?hl=ja
   http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm

  2. The Relative Form of value
  (a.) The nature and import of this form
  このフォームの性質と重要性

①In order to discover how the elementary expression of the value of a commodity lies hidden in the value relation of two commodities, we must, in the first place, consider the latter entirely apart from its quantitative aspect. The usual mode of procedure is generally the reverse, and in the value relation nothing is seen but the proportion between definite quantities of two different sorts of commodities that are considered equal to each other. It is apt to be forgotten that the magnitudes of different things can be compared quantitatively, only when those magnitudes are expressed in terms of the same unit. It is only as expressions of such a unit that they are of the same denomination, and therefore commensurable.17
①商品の価値の基本的な表現が、2つの商品の価値関係にどのように隠されているのかを発見するために、まず第一に、後者をその定量的側面とは全く別に考えなければなりません。
手続きの通常のモードは一般的に逆であり、値の関係では何も見られません。互いに等しいと見なされる2つの異なる種類の商品の一定量の間の割合でのみで、です。大きさが同じ単位で表現されている場合にのみ、異なるものの大きさを定量的に比較できることを忘れがちです。それらが同じ宗派のものであり、それゆえ通約可能であるのはそのような単位の表現としてだけである。

② 20ヤードのリネン= 1コート、または= 20コート、または= xコートかどうか - つまり、与えられた量のリネン数がコートの数コートかにかかわらず、値の大きさとしてのリネンとコートは等式であることを意味します。同じユニットの、同じ種類のものです。リネン=コートは、式の基礎です。
② Whether 20 yards of linen = 1 coat or = 20 coats or = x coats ? that is, whether a given quantity of
linen is worth few or many coats, every such statement implies that the linen and coats, as magnitudes of value, are expressions of the same unit, things of the same kind. Linen = coat is thebasis of the equation.

③ But the two commodities whose identity of quality is thus assumed, do not play the same part. It is only the value of the linen that is expressed. And how?
③ しかし、品質のアイデンティティがこのように仮定されている2つの商品は、同じ役割を果たしません。表現されるのはリネンの価値だけです。それはどうやってですか?

③-②By its reference to the coat as its equivalent, as something that can be exchanged for it. In this relation the coat is the mode of existence of value, is value embodied, for only as such is it the same as the linen.
③-② その同等物としてのコートへのその言及によって、それと交換されうることができるものとしてです。この関係では、コートは価値の存在のモードであり、価値が具現化されているので、それだけでそれはリネンと同じです。

③-③ On the other hand, the linen’s own value comes to the front, receives independent expression, for it is only as being value that it is comparable with the coat as a thing of equal value, or exchangeable with the coat.
③-③ その一方で、リネン自身の価値が前面に出て、独立した表現を受けます、同等の価値のものとしてコートと同等であること、またはコートと交換可能であることでの、価値であることでの--ものです。

③-④ To borrow an illustration from chemistry, butyric acid is a different substance from propyl formate.
Yet both are made up of the same chemical substances, carbon (C), hydrogen (H), and oxygen (O), and that, too, in like proportions ? namely, C4H8O2. If now we equate butyric acid to propyl formate, then, in the first place, propyl formate would be, in this relation, merely a form of existence of C4H8O2; and in the second place, we should be stating that butyric acid also consists of C4H8O2. Therefore, by thus equating the two substances, expression would be given to their chemical composition, while their different physical forms would be neglected.
③-④ 化学からの説明を借りるために、酪酸は蟻酸プロピルとは異なる物質です。それでも、両方とも同じ化学物質、炭素(C)、水素(H)、酸素(O)で構成されており、それらも同じ割合で、つまりC 4 H 8 O 2です。 今、我々が酪酸をプロピルホルメートと同一視するならば、そもそも、プロピルホルメートは、この関係では、単にC4H 8 O 2の存在形態であろう。 そして第二に、我々は酪酸もC4H8O2で構成されていることを述べるべきです。 したがって、このように2つの物質を等しくすることによって、表現はそれらの化学組成に与えられますが、それらの異なる物理的形態は無視されます。

④-① If we say that, as values, commodities are mere congelations of human labour, we reduce them by our analysis, it is true, to the abstraction, value; .
④-① 我々が価値と観なして、商品が単なる人間労働の膠着であると言うならば、我々はそれらに減らすことによっての私たちの分析は、それを価値に本当に抽象化しています。しかし、私たちはこの価値の観なしをその体形とは別の形ではないと考えています。
④-②It is otherwise in the value relation of one commodity to another.
④-②それ以外の点では、ある商品と別の商品の価値関係にあります。

⑤-① Here, the one stands forth in its character of value by reason of its relation to the other.
By making the coat the equivalent of the linen, we equate the labour embodied in the former to that in the latter. Now, it is true that the tailoring, which makes the coat, is concrete labour of a different sort from the weaving which makes the linen.
⑤-① ここで、一方は他方との関係からその価値の性質において際立っています。コートをリネンと同じものにすることによって、前者の身体化した労働を後者のそれと同等にします。今、コートを作る仕立ては、リネンを作る織り方とは異なる種類の具体的な労働です。

⑤-②しかし、それを織り方と同じにするという行為は、2種類の労働において実際に等しいもの、つまり人間労働という共通の性質に合わせることで減らしています。
⑤-②But the act of equating it to the weaving,reduces the tailoring to that which is really equal in the two kinds of labour, to their common character of human labour.

⑤-③  By e.g. If rock is equated with the value of the canvas, the work in it is equated with the work in it. Now, the tailoring that makes the skirt, one of the weaving that makes the canvas, is different concrete work. But the equation with weaving actually reduces the tailoring to what is really the same in both works, to their common character of human labor.
⑤-③たとえばもしrockがcanvasの値と同じであれば、その中の作品はその中の作品と同じものになります。今、キャンバスを作る織りの一つであるスカートを作る仕立ては、異なる具体的な仕事です。しかし、織り方をする方程式は、実際には両方の作品で実際に同じものへの調整を、彼らの共通の人間の労働力の性質に合わせて減らします。

⑤-④ On this detour it is then said that weaving, if it weaves value, has no distinguishing features of tailoring, that is, abstract human labor.
⑤-④ この迂回路では、織ることは、それが価値を織り込むならば、仕立てること、すなわち抽象的な人間労働の際立った特徴を持たないと言われています。

⑤-⑤さまざまな商品の同等性の表現だけが、さまざまな商品に含まれるさまざまな種類の作業を、実際の共通の人間労働力に減らすことによって、価値創造労働の特定の特徴を引き出します(17a)。
⑤-⑤ Only the expression of equivalence of different commodities brings out the specific character of value-creating labor, by actually reducing the various kinds of work involved in the various commodities to their common, human labor (17a).

  -----------------------------------------
⑥しかし、それはキャンバスの価値である作品の特定の性質を表現するのに十分ではありません。液体状態の人間の労働または人間労働は価値を生みますが、価値はありません。それは凝固した状態で、比喩的な形で価値になります。キャンバスの価値を人間の労働力のゼリーとして表現するためには、キャンバス自体とは異なり、同時に他の商品にも共通する「客観性」として表現する必要があります。タスクはすでに解決されています。
⑥ However, it is not enough to express the specific character of the work, which is the value of the canvas. Human labor in the liquid state or human labor makes value, but is not worth. It becomes value in the coagulated state, in figurative form. In order to express the canvas value as a jelly of human labor, it must be expressed as an "objectivity," which is in fact different from the canvas itself and at the same time common to other commodities. The task has already been solved.

⑦In the value relation of the canvas, the rock is regarded as its qualitatively equal, as a thing of the same nature, because it is a value. He is here therefore considered to be a thing in which value appears or which represents value in its tangible natural form. Now, though, rock, the body of rockware, is a mere use value. A skirt expresses no more value than the first best piece of canvas. This only proves that he means more within the value relation to the canvas than outside it, as many a person means more inside a galloped skirt than outside it.
⑦キャンバスの価値関係では、それが価値であるために、岩はその質的に等しい、同じ性質のものとして見なされます。それゆえに彼はここで価値が現れるものであるか、あるいはその有形の自然な形で価値を表すものであると考えられています。しかし今では、ロックウェアの本体であるロックは単なる使用価値です。スカートはキャンバスの最初の最高の部分以上の価値を表現しません。多くの人がギャロップスカートの内側より外側の値よりも多くを意味するように,これは彼がキャンバスの外側よりも価値関係の内側にあることを証明するだけです。

⑧In the production of the skirt, in fact, under the form of tailoring, human labor has been spent. So human work is piled up in him. According to this side, the skirt is "bearer of value," although this does not see through its property itself by its greatest threadiness.

And in terms of the value of the canvas, it applies only to this side, therefore as an embodied value, as a value body. Despite his buttoned-up appearance, the canvas has recognized in him the tribe-related beautiful soul of the soul.

However, the rock can not be of value to her without the value taking on the form of a skirt at the same time.

Thus the individual A can not behave as a majesty to the individual B, without the majesty taking the form of B for A and thus changing facial features, hair and many other things with the father of the land.
⑧スカートの生産では、実際には、仕立ての形で、人間労働が費やされてきた。だから人間の仕事は彼の中に積み上げられている。この面によると、スカートは「価値を持っている」のですが、これはその最大のねじ切り性によってその性質自体を見抜くものではありません。

そしてキャンバスの価値という点では、それはこの面にのみ適用されます。したがって、具体化された価値として、価値の本体として。彼のボタン留めの外観にもかかわらず、キャンバスは彼の中で部族関係の美しい魂を認識しました。

しかし、同時にスカートの形をとる価値がなければ、岩は彼女にとって価値があるはずもありません。

このように、陛下がAのためにBの形をとり、それゆえ、土地の父親と共に顔の特徴、髪の毛や他の多くのものを変えることなしに、個人Aは個人Bに対する陛下として振る舞うことができない。

⑨ In terms of value, in which rock forms the equivalent of the canvas, the skirt form is considered a value form. The value of the commodity canvas is therefore expressed in the body of the commodity rock, the value of a commodity in the utility value of the others. As a use value, the canvas is a sensually different thing from rock, as a value it is "rock-like" and therefore looks like a skirt. Thus it receives a value form different from its natural form. Their value, in their likeness to the Rock, appears like the sheep nature of the Christian in his equality with the Lamb of God.
⑨岩がキャンバスと同等のものを形成する価値の観点から、スカートの形は価値の形と考えられています。そのため、商品キャンバスの価値は商品ロックの本体、商品の価値は他のものの利用価値で表現されます。使用価値としては、キャンバスはロックとは官能的に異なるものであり、価値としては「ロックのよう」であり、したがってスカートのように見えます。したがって、それはその自然な形式とは異なる価値形式を受け取ります。彼らの価値は、岩への彼らの類似性において、神の子羊との平等におけるクリスチャンの羊性のように見えます。

⑩-① One sees that everything that the analysis of the value of the commodity predicted for us, says the canvas itself, as soon as it enters into contact with other commodities, the skirt.
⑩-②Only she betrays her thoughts in her own familiar language, the language of goods.

⑩-③To say that work forms its own value in the abstract quality of human labor, she says that rock, insofar as it is indifferent to it, is therefore worthy of the same work as the canvas.
⑩ー④To say that her sublime value-objectivity is different from her rigid body, she says that value looks like a rock, and therefore, as value, it resembles rock like an egg to another.

⑩-①それは他の商品、スカートと接触するようになるとすぐに、商品の価値分析が、私たちのために予測したことすべてがキャンバス自体を言うということを見ます。
⑩-②彼女だけが、自分の考えを自分の身近な言葉、商品の言葉で裏切っています。

⑩-③その作品が人間の労働の抽象的な質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女はそれが無関係である限り、それはキャンバスと同じ作品の価値があると岩が言う。
⑩ー④彼女の崇高な価値観 - 客観性は彼女の剛体とは異なると言うために、彼女はその価値観が岩のように見え、それゆえ価値観として、それは別のものにとって卵のような岩に似ています--と。

⑪ By means of the value relation, therefore, the natural form of the commodity B becomes the value form of the commodity A or the body of the commodity B becomes the value level of the commodity A. (18) By the commodity A refers to the commodity B as value body, as material of human work, makes them the utility value B to the material of their own value expression. The value of the commodity A, so expressed in the use value of the commodity B, possesses the form of the relative value.
⑪したがって、価値比率により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態となり、あるいは商品Bの本体は商品Aの価値レベルとなる。(18)商品Aを人間労働の素材として価値Bの本体として参照することにより、商品Aは使用価値Bをそれ自身の価値表現の素材とする。商品Bの利用価値で表現される商品Aの価値は、相対価値の形をしている。

-------------------------------------

   3. The equivalent form
   3.同等のフォーム

①It has been seen that a commodity A (the canvas) expresses its value in the use-value of a different commodity B (the skirt), expressing to the latter itself a peculiar form of value, that of the equivalent. The linen brings to light its own value by the fact that the skirt, without assuming a value form different from its body form, is indifferent to it. The canvas thus expresses its own value by the fact that the skirt is directly interchangeable with it. The equivalent form of a commodity is therefore the form of its immediate interchangeability with other commodities.
①商品A(キャンバス)は、その価値を別の商品B(スカート)の使用価値で表し、後者には独特の形の価値、つまり同等の価値を表現しています。リネンは、スカートがその体型と異なる値の形を仮定することなしにそれに無関心であるという事実によってそれ自身の価値を明るみに出す。このように、キャンバスはスカートが直接それと交換可能であるという事実によってそれ自身の価値を表現します。したがって、商品の同等の形式は、他の商品との直接の互換性の形式です。


②したがって、スカートなどの商品の種類がリネンなどの他の種類の商品と同等のものとして機能する場合、スカートはキャンバスとすぐに交換可能な形式であるという特徴的な特性が与えられ、割合は与えられません。スカートとキャンバスは交換可能です。キャンバスの値のサイズが与えられているので、それはスカートの値のサイズに依存します。岩が同値、キャンバスが相対値、逆にキャンバスが相対値、岩が相対値で表現されているかどうかにかかわらず、その値のサイズは、生産に必要な作業時間によって決まります。しかし、商品タイプRockが値式で同等のものに取って代わるとすぐに、その値サイズは値サイズとして式を受け取りません。そうではなく、価値の方程式では、それは物事の明確な量としてのみ現れます。
②If a kind of commodity, such as skirts, serves as an equivalent to another type of commodity, such as linen, skirts are therefore given the characteristic property of being in an immediately exchangeable form with canvas, then there is in no way given the proportion in which skirts and canvas are interchangeable are. It depends, since the value size of the canvas is given, on the value size of the skirts. Whether the rock as equivalent and the canvas as relative value or conversely the canvas as equivalent and the rock as relative value is expressed, its value size remains determined by the working time necessary for its production, thus independent of its value form. But as soon as the commodity type Rock takes the place of the equivalent in the value expression, its value size does not receive an expression as a value size. Rather, in the equation of value, it figures only as a definite quantum of a thing.


③For example: 40 cubits of canvas are "worth" - what? 2 skirts. Because the commodity rock here plays the role of the equivalent, the use value rock of the canvas opposite as Wertkörper, also a certain quantity of skirts is enough to express a certain quantum of value canvas. Two skirts, therefore, can measure the value of 40 cubits of canvas, but they can never express their own value-size, the size of skirts.
③-①例:40キュビトのキャンバスは「価値がある」 - 何ですか? 2スカート。こちらの商品ロックは同等の役割を果たしているので、ヴェルトコルパーとは反対側のキャンバスの使用価値ロック、また一定量のスカートも価値あるキャンバスの一定量を表現するのに十分です。したがって、2つのスカートで40キュビットのキャンバスの値を測定できますが、自分自身の値の大きさであるスカートのサイズを表現することはできません。

③-②価値方程式における等価物は,常に物事の単なる量、使用価値の形のみを持つというこの事実の表面的な概念は、彼の前任者や後継者の多くのように、ベイリーを導いた。定量的関係のみの価値の表現--と。
そうではなく、同等の形態の商品は、価値の定量的決定を含まない。
③-②The superficial conception of this fact, that the equivalent in the equation of value always has only the form of a simple quantum of a thing, of a use-value, has led Bailey, like many of his predecessors and successors, to see in the expression of value only a quantitative relation. Rather, the equivalent form of a commodity does not contain a quantitative determination of value.


④The first peculiarity that stands out when considering the equivalent form is this: Utility value becomes the manifestation of its opposite, value.
④同等の形式を考慮すると際立っている最初の特殊性はこれです:効用価値はその反対の、価値の現れになります。


⑤<71> The natural form of the commodity becomes the value form.
⑤商品の自然な形が価値形態になります。

But, notabene, this quidproquo occurs for a commodity B (rock or wheat or iron, etc.) only within the value-relationship in which any other commodity A (canvas, etc.) comes to it, only within that relation.
しかし、注意すべきことではありますが、このquidproquoは、他の商品A(キャンバスなど)が関係する価値関係内でのみ、その関係内でのみ商品B(岩、小麦、鉄など)に対して発生します。

どの商品もそれ自体を同等物として参照しておらず、したがってそれ自体の天然皮をそれ自体の価値の表現にすることはできないので、他の商品を同等物として参照するか、別の商品の天然皮をそれ自体の価値形式にしなければならない。
Since no commodity refers to itself as an equivalent, and therefore can not make its own natural skin the expression of its own value, it must refer to other commodity as an equivalent or make the natural skin of another commodity its own value form.


⑥This is illustrated by the example of a measure which belongs to the bodies of goods, that is to say, bodies of goods. as use values. A sugar loaf because the body is heavy and therefore has weight, but you can not look or feel any sugar loaf's weight. We now take different pieces of iron whose weight is predetermined. The body shape of the iron, considered in isolation, is no more manifestation of gravity than that of the sugarloaf. Nevertheless, to express the sugarloaf as gravity, we put it in a weight ratio to the iron. In this relationship, iron is considered a body that represents nothing but gravity. Iron quanta therefore serve as a measure of the weight of sugar and represent the sugar body in contrast to mere heavy form, manifestation of heaviness.
⑥これは、商品の本体、すなわち商品の本体に属する測定の例で説明されています。使用値として。体が重いので体重があるのでシュガーローフ、あなたはどんなシュガーローフの体重も見たり感じたりすることはできません。重量が決まっているさまざまな鉄片を使用します。鉄の体型は、単独で考えれば、シュガーローフのそれよりも重力の現れではありません。それにもかかわらず、重さとしてシュガーローフを表現するために、我々はそれを鉄に対する重量比で置いた。この関係では、鉄は重力以外の何ものでもないと考えられています。したがって、鉄の量は砂糖の重さの尺度として役立ち、単なる重い形、重さの現れとは対照的に砂糖体を表します。

この役割はこの比率の範囲内でのみ鉄によって果たされ、そこにはその体重が求められるべき砂糖その他の体がそれに入ります。両方のことが難しくなかったならば、それらはこの関係に入ることができなかった、そしてそれ故に一方は他方の厳しさを表現するのに役立つことができなかった。私たち二人がバランスで自分の体重を量る場合、実際には、それらは重力と同じであり、したがって一定の割合で同じ重量でもあることがわかります。サトウキビとは対照的に、重さの尺度としての鉄の体のように、私たちの価値表現では、岩体はキャンバスにとっての価値を表すにすぎません。
This role is played by iron only within this ratio, in which the sugar or any other body whose weight is to be found enters it. If both things were not difficult, they could not enter into this relationship, and therefore one could not serve to express the severity of the other. If we both weigh ourselves on the balance, we see in fact that they are the same as gravity, and therefore in a certain proportion also of the same weight. Like the iron body as a measure of weight in contrast to the sugar-cane, in our expression of value the rock-body only represents value to the canvas.

⑦Here, however, the analogy stops. The iron in the weight expression of the sugarloaf represents a nature shared by both bodies, their severity, while the rock in the value expression of the canvas represents a supernatural property of both things: their value, something purely social.
⑦しかしここでは、その類似性は止まります。キャンバスの値表現の中の岩は、両方のものの超自然的な性質を表しています。

⑧By taking the relative shape of a commodity, e.g. the canvas, its value being something quite different from its body and its characteristics, e.g. as a rock equivalent, this expression itself implies that it hides a social relationship.
⑧商品の相対的な形をとる。キャンバスがです。その値は、その本体やその特性とはまったく異なるものです。岩と同等のものとしてですから、この表現自体がそれが社会的関係を隠すことを意味します。

⑧-②逆に、同等の形式です。それは、実際には、岩のように、この物はそれが現存するように表現し、価値を表現し、そしてそれ故本質的に価値形態を所有するという事実から成ります。
⑧-②Conversely, with the equivalent form. It consists, in fact, in the fact that a commodity, like the rock, this thing expresses as it does and stands, expresses value, and thus possesses value form by nature.

⑧-③To be sure, this is true only within the relation of value in which the linen is related to rockware as an equivalent.21 But since qualities of a thing do not spring from its relation to other things, but are active only in such a relationship, rock also appears to be its equivalent form to possess its property of immediate interchangeability, just as much by nature as its property to be heavy or warm.
⑧-③確かに、これはリネンが同等のものとしてロックウェアに関係している、価値関係の中でのみ真実です。21
しかし物の質は他のものとの関係から湧き出るのではなく、そのような関係でのみ活発ですまた、岩石は、その性質上、重いまたは暖かいという性質と同様に、即時交換可能な性質を有するのと同等の形態であると思われる。

⑧-④それゆえ、この形式が金銭の中で彼に直面するのを終えるとすぐに、政治経済学者のブルジョア生の視線を打つ同等の形式の謎です。それから彼は金と銀の神秘的な性格をはっきりさせようとします。そして、それほど目を見張るような商品を提出し、そしてその当時商品同等物の役割を果たしていたすべての商品のカタログを放棄すること。彼は、20キュビトのキャンバス= 1スカートのような最も単純な値表現でも、同等の形式の謎を解決できるとは疑いません。
⑧-④Hence the enigmatic of the equivalent form, which beats the bourgeois raw gaze of the political economist as soon as this form finishes facing him in the money. Then he seeks to clarify the mystical character of gold and silver, by submitting to them less dazzling merchandise and, with ever renewed pleasure, to abandon the catalog of all the commodities which at that time played the role of the commodity equivalent. He does not suspect that even the simplest value expression, such as 20 cubits of canvas = 1 skirt, solves the riddle of the equivalent form.


⑨The body of the commodity serving as its equivalent is always the embodiment of abstract human labor and is always the product of a certain useful, concrete work. This concrete work becomes the expression of abstract human work.
⑨-①その同等物としての役割を果たす商品の本体は、常に抽象的な人的労働の具体化であり、常にある有用で具体的な作業の産物である。この具体的な作業は抽象的な人間の作業の表現となります。

⑨-②例えばスカートが単なる実現としてのものであるならば、抽象的な労働の実現の単なる形としての、実際に彼の中で実現する仕立てです。
キャンバスの表現では、洋裁の有用性は、それが服を作ること、そしてそれ故に人を作ることではなく、それが価値があると考える体を作ること、すなわち全く変わらない作品のゼリーを作ることですし,そのことからキャンバス価値の中で客観化された作品なのです。
⑨-②If the skirt is for example as mere realization, so the tailoring, which actually realizes in him, as a mere form of realization of abstract human labor. In the expressions of the canvas, the usefulness of dressmaking is not that it makes clothes, and therefore also people, but that it makes a body that one sees to be worthy of, that is, a jelly of work that is not at all different from that in the Canvas value objectified work.

⑨-③To make such a value-level, tailoring itself need not reflect anything but its abstract quality of being human labor.
⑨-③価値レベルにするためには、調整すること自体が人間労働であるというその抽象的な品質以外に何も反映する必要はありません。

⑩製織のように仕立ての形では、人的資源が費やされる。したがって、両方とも人間労働の一般的な特徴を有しており、したがって、場合によっては、例えば価値生産においては、この観点からのみ考慮が必要です。これはすべて不思議ではありません。しかし、商品の価値の点で物事はねじれています。例えば、織ることは織ることとしてその具体的な形で織られるのではなく、人間労働としてのその一般的な品質では、仕立て、キャンバスと同等のものを生み出す具体的な仕事は、具現化された形の実現の--人間としての仕事と対照的です。
⑩In the form of tailoring, as in the form of weaving, manpower is spent. Both therefore have the general characteristic of human labor and may therefore, in certain cases, e.g. in value production, only from this point of view come into consideration. All this is not mysterious. But in the value of the goods the thing is twisted. For example, To express that weaving is not weaving in its concrete form as weaving, but in its general quality as human labor, tailoring, the concrete work which produces the canvas equivalent, is contrasted with it as the tangible form of realization human work.

⑪It is thus a second peculiarity of the equivalent form that concrete work becomes the manifestation of its opposite, abstract human labor.
⑪したがって、具体的な仕事がその反対の抽象的な人間の労働の現れとなる--との同等の形の2番目の特殊性です。

⑫この具体的な仕事は、無差別な人間の労働の単なる表現として仕立てることで、他の労働と同等の形態、すなわちリネンに内在する労働を持っています。直接の社会的形態としてです。それが他の商品と直接交換可能な製品の中に存在する理由です。したがって、直接の社会的形態で働くことが、個人的な仕事がその反対の形態となるのは、同等の形態の3番目の特徴です。
⑫But this concrete work, tailoring, as the mere expression of indiscriminate human labor, possesses the form of equality with other labor, the labor inherent in the linen, and therefore, although private labor, like all other goods-producing labor, yet Work in direct social form. That is why it presents itself in a product which is directly interchangeable with other commodities. It is thus a third peculiarity of the equivalent form that private work becomes the form of its opposite, to work in a directly social form.

⑬The two most recently developed peculiarities of the equivalent form become even more comprehensible when we return to the great researcher who first analyzed the value form, as did so many forms of thought, forms of society and natural forms. It is Aristotle.
⑬最近考案された2つの同等な形式の特異性は、最初に価値形式を分析した偉大な研究者に戻ると、もっと多くの思考形式、社会形式、そして自然形式と同様に理解しやすくなります。アリストテレスです。

⑭First, Aristotle clearly states that the money form of the commodity is only the more developed form of the simple value form, i. the expression of the value of a commodity in any other commodity, for it says:
⑭まず、アリストテレスは商品の貨幣形態は単純な価値形態のより発展した形態にすぎないと明確に述べています。他の商品における商品の価値の表現は、それが言うために:

"5 upholstery = 1 house" "5つの室内装飾= 1つの家"
Kliuai pente anti oik iaz
<Greek: Clinai pente anti oicias>

"does not differ" from:  「違いはありません」から:

"5 upholstery = so much money""5つの室内装飾品=そんなにお金"

Kliuai pente anti ... osou ai pente k linai
<Greek: clinai pente anti ... odson ai pente clinai>

<74>
⑮He further recognizes that the value-relation in which this expression of value is based in turn implies that the house is qualitatively equated with the upholstery, and that these sensually different things would not be correlated to each other as commensurable quantities without such essential identity.
さらに、この価値表現の基礎となる価値関係は、家が質的に室内装飾品と同等であり、これらの官能的に異なるものは本質的な同一性なしには相応しい量として互いに相関しないことを意味する。

同氏は、「交換は、平等なくして平等ではないが、通約なしには成り立たない」と述べた(「out isothz mhoushz summetria z」)。しかし、ここで彼はトリミングし、価値観のさらなる分析を断念します。 「しかし、実際には、そのような多様なものが共感できるものになることは不可能です(th th men alhdeia adunaton)」。定性的には同じです。この方程式は、物事の本来の性質とは無関係なものにしかなり得ないので、「実用上の必要性に即したもの」にすぎません。
"The exchange," he says, "can not be without equality, but equality but not without commensurability" ("out isothz mh oushz summetria z"). But here he trims and gives up the further analysis of the value form. "But in truth it is impossible (th men oun alhdeia adunaton) for such diverse things to be commensurable", i. are qualitatively the same. This equation can only be something foreign to the true nature of things, so only "makeshift for the practical need."

⑯Aristotle thus tells us himself why his further analysis fails, namely the lack of the concept of value. What is the same, i. the common substance, which presents the house for the upholstery in the value expression of the upholstery? Such a thing can "really not exist," says Aristotle. Why? The house presents the same thing to the upholstery, as far as it is the same in both the upholstery and the house. And that is - human work.
⑯Aristotleはこのように彼のそれ以上の分析が失敗する理由、すなわち価値観の概念の欠如を私たち自身に告げています。何が同じです、私は。家具製造販売業の価値表現において家具製造販売業のための家を提示する共通の物質、?そのようなことは「実際には存在し得ない」とアリストテレスは言います。どうして?それは室内装飾品と家の両方で同じである限り、家は室内装飾品に同じことを提示します。それが - 人間の仕事です。

⑰But that in the form of commodity values ??all labor is expressed as equal human labor and therefore as equal, Aristotle could not extract himself from the value-form itself, because Greek society was based on slave labor, hence the inequality of men and their labor-power had a natural basis. The secret of the expression of value, the equality and equal validity of all labor, because and insofar as they are human labor in general, can only be deciphered as soon as the concept of human equality already possesses the firmness of a national prejudice.
⑰商品価値の形では、すべての労働は平等な人間の労働として、したがって平等として表現されているが、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいているため、アリストテレスは価値の形そのものから自分自身を引き出すことができなかった。彼らの労働力は自然な基盤を持っていました。価値の表現の秘密、平等そしてすべての労働の平等な妥当性は、それらが一般的に人間の労働である限りにおいて、そして人間の平等の概念がすでに国家的偏見の固さを持っている限り初めて解読できる。

しかしこれは、商品の形態が作業用製品の一般的な形態であり、したがって商品所有者としての人々の相互関係、一般的な社会的関係である社会においてのみ可能です。
But this is only possible in a society in which the commodity form is the general form of the working product, and thus also the relation of the people to each other as commodity owners, the prevailing social relation.

The genius of Aristotle shines in the fact that he discovers an equality in the expression of the value of the goods. Only the historical barrier of the society in which he lived prevents him from finding out what "in truth" this relationship of equality consists of.
アリストテレスの天才は、彼が商品の価値表現に平等を発見したという事実に輝いています。彼が住んでいた社会の歴史的な障壁だけが、彼が「真実に」この平等の関係が何からなるのかを見つけることを妨げています。

http://

 
 

商品に提示された作品の二重性格 

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月 4日(金)20時15分57秒
返信・引用 編集済
      ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
   http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm

  資本論 再版 第一章 1・2節
  1.商品の2つの要素:使用価値と価値(Wertsubstanz、バリューサイズ)
①資本主義的生産様式が優勢である社会の富は、「莫大な財の集まり」(1)、その基本形としての個々の商品として現れる。したがって、私たちの調査は商品の分析から始まります。

②商品はまず外的対象、その性質によってある種の人間の要求を満たすものです。これらのニーズの性質は、それらが例えば胃や想像力から生じることは何も変わらない(2)。直接的に食料としてであろうとなかろうと、それがいかにして人間の必要性を満たすのかという問題でもない。楽しみの目的として、または回り道で、生産の手段として。

③鉄、紙などのあらゆる有用なものは、品質と量の観点から、二重の観点から考慮されるべきです。そのようなものはそれぞれ多くのプロパティの全体であるため、さまざまなページで役に立ちます。これらの異なる側面、そしてそれゆえに物事を行うための多様な方法を発見することは歴史的な行為です(3)。だから有用なものの量のための社会的措置の決定。商品の寸法の違いは、部分的には慣習から、測定対象の異なる性質から生じます。

④ものの有用性はそれを有用な値にします(4)。しかし、この有用性は空中に浮かんでいません。体の性質上、それがなければ存在しません。

鉄、小麦、ダイヤモンドなどの商品自体は、したがって、使用価値または良いです。この性質は、その有用性の割り当てに多大な労力がかかるのか、それともわずかな労力がかかるのかには依存しません。
使用価値を考えるとき、それらの量的な明確さ、例えば数十の時計、キャンバス、1トンの鉄などが常に前提とされています。商品の使用価値は彼ら自身の分野、商品知識の材料を提供します。 5)。

効用価値は使用または消費においてのみ実現される。効用価値は富の重要な内容を構成し、それは常にその社会的形態である。私たちが考える社会という形で、それらは同時に交換価値の重要な担い手を形成します。

⑤交換価値は最初に量的比率、ある種類の使用価値が別の種類の使用価値に交換される割合(6)、時間と場所で絶えず変化する関係として現れる。したがって、交換価値は偶然で純粋に相対的なもの、商品に内在する固有の交換価値、つまりadjecto(7)の矛盾であるように思われます。詳しく見てみましょう。

⑥特定の商品、小麦の4分の1、 x Stiefelwichseまたはy silkまたはz goldなどとの交換、簡単に他の商品との比率が最も異なる。したがって、多様体交換価値は、1つではなく小麦です。しかし、xブートワックスは、シルク、zゴールドなどと同様に、小麦の4分の1の交換価値なので、yは、交換可能または等しい交換価値によるブートワックス、yシルク、zゴールドなどでなければなりません。したがって、最初に次のようになります。

同じ商品の有効な交換価値は同じことを表します。
第二に、交換価値は表現のモードであり、それとは区別されることができる内容の「現れ」にしかなり得ない。

⑦また、2つの商品を取りましょう。小麦と鉄それらの交換比率がどうであれ、それは常に与えられた量の小麦がどんな量の鉄にも等しいとされる式で表すことができる。 4分の1小麦= 1 Ztr。鉄。

この方程式は何を言っていますか?
同じ偉大さの共通点が2つの異なること、1/4小麦、そしてZtrにも存在すること。鉄にもですね。したがって、どちらも第三者のようなものであり、それ自体は一方でも他方でもありません。したがって、2つのそれぞれは、交換価値に関する限り、この第三者に還元可能でなければなりません。

⑧簡単な幾何学的な例はこれを説明します。 すべての直線図形の面積を決定して比較するために、それらは三角形に分割されています。 三角形自体は、その見かけの図形とは非常に異なる表現に縮小されています - ベースラインとその高さの積の半分です。 同様に、商品の交換価値も普通に減らされるべきであり、それらは超過またはより少ないものを構成する。

⑨この共通の特徴は、商品の幾何学的性質、物理的性質、化学的性質、またはその他の自然の性質にはなり得ません。 それらの物理的性質は、それらがそれを使用可能にするのであれば、値を使用するために考慮されるだけです。 他方、それはまさにそれらの使用価値の抽象化であり、それは明らかに商品の交換比率を特徴付ける。 適切な割合でしか存在しない場合、その中にuse-valueは他のものと同じくらい多くなります。 あるいは、古いBarbonが言うように、
"Die eine Warensorte ist so gut wie die andre, wenn ihr Tauschwert gleich groß ist. Da existiert keine Verschiedenheit oder Unterscheidbarkeit zwischen Dingen von gleich großem Tauschwert."(8)
「ある種類の商品は、その交換価値が同じであれば他の商品と同じくらいに良く、同じ交換価値のものの間に違いや区別はありません。」(8)

⑩使用価値として、商品は何よりも品質が異なる上に、交換価値が異なる数量のものにしかなり得ないため、使用価値は含まれていません。

⑪今商品の使用価値を無視するならば、それらはもう一つの財産、労働生産物のそれだけを持っています。しかし、作業成果物はすでに私たちの手で変わっています。私たちがその効用価値から抽象化するならば、私たちはそれを使用価値にする身体的な構成要素と形からも抽象化します。それはもはやテーブル、家、または糸ではなく、その他の点では有用ではありません。彼の官能的な性質はすべて消滅した。大工や建築工事、紡績業、その他の生産的な仕事の成果でもありません。作業成果物の有用な性格によって、それらに提示された作品の有用な性格は消滅するので、これらの作品の様々な具体的形態もまた消え、もはや違いはないが、すべて同じ人間の仕事、抽象的に人間の仕事に還元される。

⑫今度は作業成果物の残差を考えてみましょう。彼らには何も残されていませんが、同じ幽霊的な客観性、比類のない人間の労働の単なる水差しがあります。支出の形態に関係なく、人的労働の支出。これらのことは、彼らの生産において人間の労働力が費やされ、人間の労働が積み重なっていることを表しているにすぎません。それらの共通の物質の結晶として、それらは価値 - 商品価値です。

⑬商品自体と引き換えに、それらの交換価値はそれらの使用価値とは全く無関係に見えた。労働生産物の使用価値から本当に抽象化されているならば、それはちょうど決定されたように人はそれらの価値を得る。そのため、商品の交換または交換価値に共通するのは、その価値です。調査の進展は、必要な表現や価値の表明として交換の価値に戻るでしょう。しかし、それは最初にこの形から独立していると考えられなければなりません。

⑭抽象的に人間の仕事はその中に客観化されているか具体化されているので、使用価値または財は一つの価値しかありません。その値の大きさを測るには?その中に含まれる「価値形成物質」の量を通して、作品。労働量自体はその時間の長さによって測定され、労働時間もまた時間、日などのような特定の期間におけるその規模を有する。

⑮商品の価値がその生産の間に費やされた労働の量によって決定されるならば、彼がそれを生産するのにより多くの時間を必要とするので、より怠惰またはぎこちない人、より彼の商品はより価値があるようです。

しかし、価値の本質を構成する仕事は同じ人間の労働、同じ人間の労働の支出です。

商品の世界の価値観で表される社会全体の労働力は、ここでは無数の個人労働者で構成されていますが、同一の人間の労働力であると見なされます。これらの個々の労働者のそれぞれは、それが社会的平均労働者の性格を有し、したがって社会的平均労働力として行動する、すなわち商品の生産において必要なまたは社会的に必要な労働時間のみが必要である限り、他と同じ人間の労働力である。

社会的に必要な労働時間とは、既存の社会的に正常な生産条件、社会的平均技能度および仕事の強度を伴うあらゆる実用的価値を表すために必要な労働時間です。

イギリスでのスチームルーム導入後与えられた量の糸を布地に変えるために、以前の半分の作業量が必要かもしれません。実際、英語のハンドウィーバーは、この変換に同じ作業時間をまだ必要としていましたが、彼の個々の作業時間の積は、今や社会の半分の作業時間を表しているだけで、以前の半分の値になりました。
   <スチームルーム導入後与えられた量の糸を布地に変えるために・・この嫌味!の表現>

⑯したがって、それはその価値の大きさを決定する使用価値の生産に社会的に必要な労働または労働時間の量のみである(9)。単一の商品は、その種類の平均的なコピーとしてここではまったく適用されます(10)。したがって、同量の労働が含まれる商品、または同じ作業時間内に生産される商品は、同じ価値量になります。商品の価値は、他のすべての商品の価値、および他の労働時間の生産に必要な一方の労働時間の生産に必要な労働時間です。 「価値観として、すべての財は固まった労働時間の一定の尺度にすぎません。」 (11)

⑰したがって、生産に必要な作業時間が一定であれば、商品の価値規模は一定のままです。
しかし、後者は作品の生産力が変わるたびに変わります。
労働の生産力は、とりわけ労働者の平均的な熟練度、科学の発展段階と
その技術的な適用可能性、生産プロセスの社会的組み合わせ、生産の範囲と効率によって、
多様な状況によって決定されます。プロセス、および自然条件によってです。
同じ量の仕事が生じる。同じ量の作業で、貧弱な鉱山などよりも豊富な金属の方が
多くの金属を生産します。
ダイヤモンドは地殻にはめったに発生しないため、その発見には平均して多くの作業時間がかかります。
その結果、彼らは小さなボリュームで多くの仕事をします。
ヤコブは金がその全価値をこれまでに払ったと疑っています。
これはダイヤモンドにも当てはまります。
Eschwegeによれば、1823年にブラジルのダイヤモンド鉱山の80年間の総収量は、
ブラジルの砂糖農園やコーヒー農園の平均1年半の製品の価格にはまだ達していませんでした。

より豊富なピットでは、同じ量の仕事がより多くのダイヤモンドに現れ、それらの価値は減少するでしょう。少しの労力で石炭をダイヤモンドに変えることに成功した場合、その価値はレンガの価値を下回る可能性があります。一般:作業の生産力が大きいほど、製品の生産に必要な作業時間が短くなり、その中で結晶化する作業質量が小さくなるほど、その値は小さくなります。

逆に、作品の生産力が小さければ小さいほど、記事を制作するのに必要な労働時間は長くなり、その価値も高くなります。このように、商品の価値の大きさは、量子のように変化し、逆もまた同じです。その中で実現される作品の生産力のように。 初版は続きます:私たちは今価値の本質を知っています。それは仕事です。私たちは彼の大きさを知っています。それは労働時間です。交換の価値を刻む彼のフォームは、分析されるために残っています。しかしその前に、すでに見いだされた条項はもう少し近く開発されなければなりません

⑱物事は価値がなくても価値を使うことができます。これは、人へのその恩恵が労働を通じて仲介されていない場合に当てはまります。だから空気、処女の土、自然の牧草地、野生の木など物事ではないにしても物事は有用であり、人間の労働の産物である可能性があります。彼の製品を通して彼自身の必要性を満たすものは誰でも、商品価値ではなく使用価値を生み出す。
商品を生産するために、彼は使用価値を生産するだけでなく、他の社会的有用性の価値のために価値を生産しなければなりません。
(そして他人のためだけではありません。中世の農民は、封建領主のための関心のある穀物、司祭のための十分な穀物を作り出しました。しかし、関心のある粒も10粒も、他の人のために作られたために商品にはなりませんでした。)
商品になるためには、交換を通じて、製品を他の人に譲渡しなければなりません。
(11a)最後に、商品でなければ価値のあるものはあり得ません。それが無用であるならば、それに含まれる仕事は無用であり、仕事として数えない、そしてそれ故に価値を構成しない。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  2. Double character of the work presented in the goods
    商品に提示された作品の二重性格

①<56>当初、商品はあいまいで、使用価値があり、交換価値があるようでした。
後になって明らかになったのは、価値に表現されている限りにおいて、使用価値は仕事とはもはや同じ特性を持たないということであります。商品に含まれている作品のこのあいまいな性質は、まず第一に私によって批判的に証明されました。 (12)この点は政治経済学の理解において、中心となるところの急上昇点であるため、ここでさらに詳しく検討する。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
②スカートと10キュビトのリネンなど、2つの商品を持って行きます。前者は後者の2倍の値を持っているので、もしリネンの10キュビットがWの場合には2Wになります
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③スカートは特別な必要性を満たす使用価値です。それを生産するには、ある種の生産的活動が必要です。目的、操作モード、目的、手段、および結果によって決まります。その有用性がその製品の使用価値、またはその製品が使用価値であるという事実に現れる仕事、私たちは短く有用な仕事と呼びます。この観点から、それはその有用性の観点から常に考慮されます。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <詳訳>
③The skirt is a use value that satisfies a special need. To produce it requires a certain kind of productive activity.
It is determined by its purpose, mode of operation, object, means and result.

The work, whose usefulness manifests itself in the use value of its product or in the fact that its product is a use value, we call short useful work. From this point of view, it is always considered in terms of its utility.
③スカートは特別な必要性を満たす使用価値です。それを生産するには、ある種の生産的活動が必要です。
それは、目的、操作方法、<object, オブジェクト>、手段、および結果によって決まります。
 Operationsweise,   操作方法   Operation way
 Gegenstand,      オブジェクト   Object,
 Mittel und Resultat.  手段と結果  Means and result.
その有用性がその製品の使用価値、またはその製品が使用価値であるという事実に現れる仕事<「労働」>、
私たちは短く有用な仕事<「労働」>と呼びます。
この観点から、それはその有用性の観点から常に考慮されます。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     https://synagonism.net/book/economy/marx.1887-1867.capital-i.html
    マルクス、首都-I {1887-1867}(完全なヒット電子ブック)

③ coat is a use value that satisfies a particular want. Its existence is the result of a special sort of productive activity, the nature of which is determined by its aim, mode of operation, subject, means, and result. The labour, whose utility is thus represented by the value in use of its product, or which manifests itself by making its product a use value, we call useful labour. In this connection we consider only its useful effect.

      < Gegenstand,   オブジェクト     Object,  >
--------------------------------------------------------------

④ロックとキャンバスのように質的に異なる使用価値があるので、それらの存在を仲介する作品は質的に異なっています - 仕立てと織り。これらのことが定性的に異なる使用価値ではなく、したがって定性的に異なる有用な仕事の成果物ではない場合、それらは商品として自分自身に直面することは全くできませんでした。ロックはスカートに対してそれ自身を交換しません、同じ使用価値は同じ効用価値と比較しません。

  <同じ使用価値は同じ効用価値と比較しません。>
  <the same use value does not compare with the same utility value.>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑤さまざまな使用価値または商品の全体では、全体、属、種、家族、亜種、さまざまな有用な仕事の多様性、社会的分業によって、まったく同じように見えます。それは商品生産の実存的条件であるが、逆に商品生産は社会的分業の実存的条件ではない。古代インドのコミュニティでは、製品が商品にならずに仕事が社会的に共有されています。あるいは、もっと明白な例として、すべての工場で作業は体系的に分割されていますが、この分割は個々の製品を交換する作業員によって仲介されるわけではありません。
自立した、独立した私的作品の製品だけが商品として互いに対立しています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑥このように、あらゆる商品の使用価値には、ある都合の良い生産的活動または有用な仕事があることがわかった。質的に異なる有用な仕事がそれらに含まれていない限り、使用価値は商品として考えることはできません。

その製品が一般に商品の形態をとる社会では、だから商品生産者の社会では、独立生産者の民間事業として独立して運営されているこの有用な作品の質的な違いは、マルチユニットシステム<その多岐的な体制>である社会的分業へと発展します。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑦偶然にしても、それが調整者によって着用されようと、調整者の依頼者により着用されようと、スカートにとって重要ではありません。どちらの場合も、使用価値として機能します。仕立てが社会的分業の独立した一員である特別な職業になるという事実によっても、岩とそれを生み出す作品の関係は変わりません。衣服の必要性が彼を強要したところはどこでも、人が仕立て屋になる前に、人は何千年もそのために作ってきました。

しかし、岩、キャンバス、等々の天然には存在しない物質的な富の要素は、常に特定の天然物質を特定の人間のニーズに同化させる特別な意図的に生産的な活動によって、仲介されなければなりません。実用価値としての教育者としての、有用な仕事として、仕事はそれ故にあらゆる社会形態からの人間の独立した条件、人間と自然の間の新陳代謝、すなわち人間の生活を伝えるための自然の永遠の必然性です。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑧使用価値の岩、キャンバスなど、つまり商品は、天然素材と作品の2つの要素の複合物です。岩やキャンバスなどにあるすべてのさまざまな有用な作品の合計を差し引くと、人の介在なしに自然に存在する重要な基層が常に残ります。人間は、自然そのものとして、自分の作品を制作することしかできません。物質の形を変えるだけです。 (13)

もっとこの形成の働き自体において、それは絶えず自然の力によって支えられています。だから仕事はそれが生み出す効用価値、物質的富の唯一の源ではない。 William Pettyが言うように、作品は彼の父親であり、地球は彼の母親です。
<The work is his father, as William Petty says, and the earth is his mother.>

⑨商品である限りでは、商品から商品価値まで進みましょう。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑩ー①私たちの仮定によれば、ロックはキャンバスの2倍の価値があります。しかし、これは私たちがまだ興味を持っていない量的な違いにすぎません。したがって、コートの価値がリネンの10キュビトの値の2倍である場合、リネンの20キュビットはコートと同じ値であることを覚えています。

価値の観なしとして、ロックとキャンバスは同等の本質のもの、同じような作品の客観的な表現です。しかし、仕立てと織りは質的に異なる作品です。
  <canvas are things of equal substance,
  キャンバスは同等のものです
  オブジェクト<客観的>物象的な表現
  objective expressions >

⑩ー②しかし、同じ人が交互に仕立てたり織ったりする社会的な状態があります。したがって、これら2つの異なる作業モードは、同じ個人の仕事の変更だけであり、まだ私たちの仕立て屋のような異なる個人の特別な機能ではありません。今日、そして彼が明日やっているズボンは、同じ個々の作品のバリエーションを前提としているだけです。

⑩ー③私たちの資本主義社会では、労働需要の方向性の変化に応じて、人間的労働の一定部分が洋裁の形で、または製織の形で交互に供給されることも示しています。

⑩ー④仕事の形態のこの変化は摩擦がないわけではないかもしれませんが、彼は行かなければなりません。生産的活動の確実性、したがって労働の有用な性格を無視したとしても、それは人間の労働の支出であることに変わりはありません。

⑩ー⑤質的に異なる生産的活動にもかかわらず、仕立ておよび製織は、両方とも、人間の脳、筋肉、神経、手などの生産的支出であり、この意味で両方とも人道的労働である。 2つの異なる形態、支出する人的資源しかありません。しかし、人間の労働力自体は、何らかの形で使われるために多かれ少なかれ発達していなければなりません。しかし、商品の価値は、優れた人間の労働力、一般的には人間労働の支出を表します。市民社会と同じように、将軍や銀行家が大きな役割を演じ、人間が非常に粗末な役割を演じます(14)。人間労働もそうです。

⑩ー⑥それは、単純な労働力の支出であり、平均して、普通の人は、特別な発達をすることなく、彼の身体的な生物にあります。単純な平均的な作品自体が、さまざまな国や文化的時代においてその性格を変えますが、それは既存の社会で与えられています。より複雑な作業は、乗数であるというよりはむしろ乗算された単純作業であると見なされるだけなので、より複雑な作業のより小さな量はより単純な作業のより大きな量に等しい。

⑩ー⑦この減少が絶えず進行することは経験によって示されています。商品は最も複雑な労働力の産物であるかもしれず、その価値はそれを単純労働力の産物と同等にし、それゆえそれ自体は明確な量の単純労働力を表すにすぎない。 (15)

⑩ー⑧異なる種類の労働がその測定単位として単純労働に還元される異なる割合となります。生産者の背後にある社会的プロセスによって固定されているため、生産者によって与えられているようです。簡単にするために、どんなタイプの労働もただちに単純な労働であると考えられ、それは削減の労力を節約するだけです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪ロックとキャンバスの使用価値が意図的で生産的な活動として、布や糸との結びつきであるのと同様に、ロックとキャンバスの価値は単なる類似の作業用ギャレーであるため、これらの値に含まれる作品は考慮されません。 布や糸の使用において生産的であるが、支出としてのみ人間労働であります。
実用的価値の教育的要素であるロックとキャンバスは、まったく異なる品質で仕立てられています。
スカート価値の本質とキャンバスの価値は、それらが彼らの特定の品質から抽象化され、同じ品質を持っている限りにおいて、人間の仕事の品質を示すにすぎません。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑫岩やキャンバスは単なる価値ではなく、ある程度の大きさの値です。私たちの調査によると、スカートはキャンバスの10倍の2倍の価値があります。
これは彼女の価値<her value sizes>の大きさとどこが違うのですか?それ故、キャンバスはコートの半分の仕事しか含まないので、
後者の生産のために労働力の支出は前者の生産の2倍の時間を費やさなければならない。
  <the labor-power must be spent twice as much time>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑬したがって、使用価値に関しては、商品に含まれる作業は定性的なものにすぎず、それ以上の品質なしに既に人間労働に還元された後は、その価値に関しては--ただ量的にのみ適用されます。

そこには、その仕事のどのようにそして何か、ここにそれのまわりでどれくらいであるのか、それは、彼らの時間の長さに関係します。商品の価値は、それに含まれる作品の量を表すだけなので、ある割合を示す商品は、常に等しい価値でなければなりません。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑭生産力が変わらずに、コートの生産に必要なすべての有用な仕事が変わらないと言うならば、スカートの価値はそれ自身の量と共に増加します。 1スカートxの場合、2スカートは2 x営業日を表します。しかし、スカートを2倍にするか半分にするために必要な作業があるとしましょう。最初のケースではスカートは2つのスカートの前と同じくらいの価値があり、後者のケースでは2つのスカートは以前と同じくらいの価値しかありません。善は残る。しかし、その制作に費やされる仕事の量は変わりました。
<・・ work spent in its production has changed.>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑮グロースより多くの使用価値は、それ自体、より大きな物質的な富、2つ以上のスカートを形成します。
2つのスカートを使用すると、1人分だけのスカートを使用して、2人でドレスアップできます。それにもかかわらず、素材の資産の増加する質量は、その価値の同時低下に対応することができます。
この対照的な動きは、作品のあいまいな性格<a>から生じています。

 <a--objective expressions オブジェクト<客観的>
 物象的な表現へと⑧段落のとりちがえる性格のことなのです。>
 再度<canvas are things of equal substance,
   キャンバスは同等のものです
   客観的な表現 objective expressions --だからです。>
   <こうして教えてくれたことは、「労働の二重性」の訳では、全
   くの誤りであり、物象的な表現・物象の判断の結果として、そ
   の--あいまいな性格が、生まれている----とのことです>
<61>生産力は、もちろん、常に有用で具体的な作業の生産力であり、実際には、一定期間内の適切な生産活動の効率のみを決定します。したがって、その有用な仕事は、生産力の増減に正比例して、より豊富またはより貧弱な製品供給源になります。

一方、生産力の変更はその値に示されている作業には影響しません。もちろん、生産力は具体的な有用形式の仕事に属しているので、それがその具体的な有用形式から抽象化されるとすぐにそれはもはやその作品に影響を与えることはできません。したがって、生産力が変わっても、同じ仕事で同じ期間に同じ大きさの価値が常に得られます。

しかし同じ期間に、それは生産力が増すにつれてより多くの--Quanta--取違えの使用価値を与え、それが減るにつれてより少なくします。労働による出生の、ひいてはそれによって供給される効用価値の質量を増加させる生産力の同じ変化は、それがその生産に必要な労働時間の合計を短縮する場合、この増加した総質量の価値--価値を減少させる。逆も同様です。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑯一方で、全ての労働は生理学的な意味での人間労働力の支出であり、そしてこの等しい人間の能力または抽象的な人間労働の能力において、それは商品価値を構成する。
他方、すべての労働は特別な形態での人間労働の支出であり、そしてこの具体的な有用労働の能力において有用性を生み出す。 (16)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(16)第2版に注意してください。
「すべての商品の価値を常に評価し比較することができる決定的かつ現実的な手段は、労働だけであることを証明するために」とA.スミス氏は言います。

労働者自身にも同じ価値があります:彼の通常の健康状態、強さ、そして活動状態において、そして彼が持っている平均的な技能の度合いの中で、彼はいつも彼の残りの部分、自由そして幸福の同じ部分に捧げなければなりません "("一方では、ここで(どこにでもあるわけではないが)A.スミスは、価値の決定を、その生産に費やされた実用的な量の提供と混同している。

コモディティとコモディティは労働価値で評価されるため、同量の労働が常に同じ価値を持つことを証明しようとします。他方で、彼は、それが商品の価値に現れる限りにおいて、労働は単に労働の支出と見なされるが、この支出は単に平和、自由と幸福の犠牲でもあると見なすのではなく、と見なすと疑う。人生の通常の活動。しかし、彼は現代の賃金労働者を念頭に置いています。

- メモ9がA. Smithの匿名の先駆者を引用したことをもっともっと適切に言います:

   "1人の男がこの商品の製造に1週間費やしました...
  そして交換に別の物を与えた人は誰でもそれは実際にはある人がある物のために、
  ある物のために、別の物のために、そして同時に別の物のために使った労働の交
  換を意味します。」( "一般的な金銭的利益などに関するいくつかの考え、p39)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <そして、次のエンゲルスの例示があるのです。>

("一般的な金銭の利益などに関するいくつかの考え、p。39。) -  {第4版:英語は仕事のこれら二つの異なる側面に対して二つの異なる言葉を持つという利点があります。効用価値を生み出し、定性的に定義された仕事は、労働とは対照的に仕事と呼ばれます。価値を生み出し、定量的に測定される仕事は、仕事とは対照的に労働と呼ばれます。英語のメモを参照してください。翻訳、p。 14.  -  F.E.}
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <作品のあいまいな性格>であって、労働の二重性では無い!とは?
 ーー再度・提起。「作品」であるのが、「労働」へと転化する!
 この摩訶不思議さが、「労働の二重性」の物象的な幻術であります。

 ここには、①商品に提示された作品、であって、②労働の二重性が何故生ずるのか?との二つの関連性が示されている。
A・スミスが、物象の社会関係が成立していることで、商品価値の形成が為されている--国民経済学としては、当然の認識--というのは、今!この英訳が出てくることで、本当に・・・理解出来ました。
我々は、資本主義社会の住人は、この転倒した<宗教的社会>に居て、逆立ちして生活しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 第三節 価値形態 または交換価値

①商品は、鉄、キャンバス、小麦などの商品または商品形態で生まれます。
これは彼らの手作りの形です。しかし、それらは商品でしかありません。
なぜなら、それらは二重の商品であり、同時にバリューキャリアだからです。したがって、それらは、二重形式、自然形式および価値形態を有する場合、商品としてのみ出現するか、または商品形態のみを有する。

②商品の客観性< Objectivity>、どこにそれらを持っているべきかわからないという点でWittib Hurtigと異なります。
商品の官能的に粗い客観性と正反対に、天然物の原子はその価値客観性には入りません。

したがって、1つの商品を希望どおりに回転させることができます。それは価値のあるものとして理解できないままです。

しかし、同じ社会的団結、人間労働の表現である限り、商品が客観性のみを持つということを私たちが覚えているならば、それらの価値客観性は純粋に社会的であると言うのです。商品にそれをすることができます。実際、私たちはそれらの隠れた価値を追跡するために交換の価値または商品の交換を想定しました。

③したがって、1つの商品を希望どおりに回転させることができます。それは価値のあるものとして理解できないままです。
しかし、商品が客観性だけを持っていることを私達が覚えていれば、それらが同じ社会的団結の表現、人間の労働の表現である限り、それらの価値観 - 客観性は純粋に社会的であるということであるならば、それらが商品と商品の間の社会的関係にのみ現れるのは言うまでもない。
実際、私たちはそれらの隠れた価値を追跡するために交換の価値または商品の交換を想定しました。

しかし、ここでは、ブルジョア経済では試みられなかったこと、すなわちこの貨幣形態の起源を証明することさえも追求されるべきであり、すなわち商品の価値に含まれる価値表現の発展をその最も単純なものから追うことである。まばゆいばかりの貨幣形態への最も目立たない形態からたどることです。同時に貨幣のパズルは消えます。

④最も単純な価値関係は、明らかに、ある商品と単一の異なる商品との価値関係です。したがって、2つの商品の価値比率は、商品に対して最も単純な価値表現を提供します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 再版  同等のフォーム 物神性

 投稿者:杉本  投稿日:2019年 1月 3日(木)16時48分52秒
返信・引用 編集済
    http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm
   ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja

3. Die Äquivalentform
  3. The equivalent form
  3. 同等のフォーム
①<70> Man hat gesehn: Indem eine Ware A (die Leinwand) ihren Wert im Gebrauchswert einer verschiedenartigen Ware B (dem Rock) ausdrückt, drückt sie letzterer selbst eine eigentümliche Wertform auf, die des Äquivalents. Die Leinwandware bringt ihr eignes Wertsein dadurch zum Vorschein, daß ihr der Rock, ohne Annahme einer von seiner Körperform verschiednen Wertform, gleichgilt. Die Leinwand drückt also in der Tat ihr eignes Wertsein dadurch aus, daß der Rock unmittelbar mit ihr austauschbar ist. Die Äquivalentform einer Ware ist folglich die Form ihrer unmittelbaren Austauschbarkeit mit anderer Ware.
①異なる商品B(スカート)の使用価値でその価値を表現する商品A(キャンバス)は、その部分について、その独特の形態の価値、それと同等の価値を表すことが分かった。リネンのリネンは、スカートがその体型とは異なる値の形をとることを想定せずにそれに無関心であるという事実によってそれ自身の価値を明るみに出す。このように、キャンバスはスカートが直接それと交換可能であるという事実によってそれ自身の価値を表現します。したがって、商品の同等の形式は、他の商品との直接的な互換性の形式です。

①<70> We have seen: By a commodity A (the canvas) B expresses its value in use value of various goods (the Rock), it pushes the latter itself a peculiar form of value to the equivalent of. The linen brings to light its own value by the fact that the skirt, without assuming a value form different from its body form, is indifferent to it. The canvas thus expresses its own value by the fact that the skirt is directly interchangeable with it. The equivalent form of a commodity is therefore the form of its immediate interchangeability with other commodities.

②Wenn eine Warenart, wie Röcke, einer andren Warenart, wie Leinwand, zum Äquivalent dient, Röcke daher die charakteristische Eigenschaft erhalten, sich in unmittelbar austauschbarer Form mit Leinwand zu befinden, so ist damit in keiner Weise die Proportion gegeben, worin Röcke und Leinwand austauschbar sind. Sie hängt, da die Wertgröße der Leinwand gegeben ist, von der Wertgröße der Röcke ab. Ob der Rock als Äquivalent und die Leinwand als relativer Wert oder umgekehrt die Leinwand als Äquivalent und der Rock als relativer Wert ausgedrückt sei, seine Wertgröße bleibt nach wie vor durch die zu seiner Produktion notwendige Arbeitszeit, also unabhängig von seiner Wertform bestimmt. Aber sobald die Warenart Rock im Wertausdruck die Stelle des Äquivalents einnimmt, erhält ihre Wertgröße keinen Ausdruck als Wertgröße. Sie figuriert in der Wertgleichung vielmehr nur als bestimmtes Quantum einer Sache.
②したがって、スカートなどの商品の種類がキャンバスなどの他の種類の商品と同等に機能する場合、スカートにはキャンバスと即座に交換可能な形式であるという特性が与えられ、スカートとキャンバスが交換可能な比率はまったくありませんです。キャンバスの値のサイズを考えると、それはスカートの値のサイズに依存します。岩が同等でキャンバスが相対的な値であるかどうか、またはその逆であるかどうかにかかわらず、キャンバスは同等であり、岩は相対的な値であり、その値は生産に必要な労働時間によって決定されます。しかし、商品タイプRockが値式で同等のものに取って代わるとすぐに、その値サイズは値サイズとして式を受け取りません。そうではなく、価値の方程式では、それは物事の明確な量としてのみ現れます。

② If a kind of commodity, such as skirts, serves as an equivalent to another type of commodity, such as linen, skirts are therefore given the characteristic property of being in an immediately exchangeable form with canvas, then there is in no way given the proportion in which skirts and canvas are interchangeable are. It depends, since the value size of the canvas is given, on the value size of the skirts. Whether the rock as equivalent and the canvas as relative value or conversely the canvas as equivalent and the rock as relative value is expressed, its value size remains determined by the working time necessary for its production, thus independent of its value form. But as soon as the commodity type Rock takes the place of the equivalent in the value expression, its value size does not receive an expression as a value size. Rather, in the equation of value, it figures only as a definite quantum of a thing.

③ For example: 40 cubits of canvas are "worth" - what? 2 skirts. Because the commodity rock here plays the role of the equivalent, the use value rock of the canvas opposite as Wertkörper, also a certain quantity of skirts is enough to express a certain quantum of value canvas. Two skirts, therefore, can measure the value of 40 cubits of canvas, but they can never express their own value-size, the size of skirts. The superficial conception of this fact, that the equivalent in the equation of value always has only the form of a simple quantum of a thing, of a use-value, has led Bailey, like many of his predecessors and successors, to see in the expression of value only a quantitative relation. Rather, the equivalent form of a commodity does not contain a quantitative determination of value.
③Z.B。:40ヤードのキャンバスは「価値がある」 - 何にですか? 2スカートです。ここで商品ロックは同等の役割を果たすので、価値本体として反対のキャンバスの使用価値ロック、また一定量のスカートも値キャンバスの一定量を表現するのに十分である。

したがって、2つのスカートで40キュビットのキャンバスの価値を測定できますが、自分自身の値であるスカートのサイズを表現することはできません。

価値方程式における等価物は常に物事の単なる量、使用価値の形態しか持たないというこの事実の表面的な概念は、彼の前任者や後継者の多くのように、価値の表現において数量的関係のみを見るようにベイリーを導いた。
そうではなく、同等の形態の商品は、価値の定量的決定を含まない
③Z.B.: 40 Ellen Leinwand sind "wert" - was2 Röcke. Weil die Warenart Rock hier die Rolle des Äquivalents spielt, der Gebrauchswert Rock der Leinwand gegenüber als Wertkörper gilt, genügt auch ein bestimmtes Quantum Röcke, um ein bestimmtes Wertquantum Leinwand auszudrücken. Zwei Röcke können daher die Wertgröße von 40 Ellen Leinwand, aber sie können nie ihre eigne Wertgröße, die Wertgröße von Röcken, ausdrücken. Die oberflächliche Auffassung dieser Tatsache, daß das Äquivalent in der Wertgleichung stets nur die Form eines einfachen Quantums einer Sache, eines Gebrauchswertes, besitzt, hat Bailey, wie viele seiner Vorgänger und Nachfolger, verleitet, im Wertausdruck ein nur quantitatives Verhältnis zu sehn. Die Äquivalentform einer Ware enthält vielmehr keine quantitative Wertbestimmung.

④Die erste Eigentümlichkeit, die bei Betrachtung der Äquivalentform auffällt, ist diese: Gebrauchswert wird zur Erscheinungsform seines Gegenteils, des Werts.
④同等の形態を考えたときに目立つ最初の特徴はこれです:使用価値はその反対の価値の現れとなります。

④ The first peculiarity that stands out when considering the equivalent form is this: Utility value becomes the manifestation of its opposite, value.

⑤<71> The natural form of the commodity becomes the value form. But, notabene, this quidproquo occurs for a commodity B (rock or wheat or iron, etc.) only within the value-relationship in which any other commodity A (canvas, etc.) comes to it, only within that relation. Since no commodity refers to itself as an equivalent, and therefore can not make its own natural skin the expression of its own value, it must refer to other commodity as an equivalent or make the natural skin of another commodity its own value form.
⑤商品の自然形態が価値形態になります。
  <The natural shape of the goods becomes the value form.>
しかし、注意すべきことではありますが、このquidproquo 取違えは、他の商品A(キャンバスなど)が関係する価値関係の内でのみ、その関係内でのみ商品B(岩、小麦、鉄など)に対して発生します。どの商品もそれ自身を等価物として参照せず、したがってそれ自身の天然肌をそれ自身の価値の表現にすることはできないので、他の商品を同等物として参照するか、または別の商品の天然肌をそれ自体の価値形態にしなければならない。
  <another commodity its own value form>
⑤Die Naturalform der Ware wird zur Wertform. Aber, notabene, dies Quidproquo ereignet sich für eine Ware B (Rock oder Weizen oder Eisen usw.) nur innerhalb des Wertverhältnisses, worin eine beliebige andre Ware A (Leinwand etc.) zu ihr tritt, nur innerhalb dieser Beziehung. Da keine Ware sich auf sich selbst als Äquivalent beziehn, also auch nicht ihre eigne Naturalhaut zum Ausdruck ihres eignen Werts machen kann, muß sie sich auf andre Ware als Äquivalent beziehn oder die Naturalhaut einer andren Ware zu ihrer eignen Wertform machen


⑥ー①Dies veranschauliche uns das Beispiel eines Maßes, welches den Warenkörpern als Warenkörpern zukommt, d.h. als Gebrauchswerten. Ein Zuckerhut, weil Körper, ist schwer und hat daher Gewicht, aber man kann keinem Zuckerhut sein Gewicht ansehn oder anfühlen. Wir nehmen nun verschiedne Stücke Eisen, deren Gewicht vorher bestimmt ist. Die Körperform des Eisens, für sich betrachtet, ist ebensowenig Erscheinungsform der Schwere als die des Zuckerhuts. Dennoch, um den Zuckerhut als Schwere auszudrücken, setzen wir ihn in ein Gewichtsverhältnis zum Eisen.
⑥ー①商品としての商品のメジャーの例を示します。使用値として。体が重いので体重があるので、シュガーローフ、あなたはその体重を見たり感じたりすることはできません。私たちは今、重量が決まっているさまざまな鉄片を取ります。鉄の体型は、単独で見れば、シュガーローフの重さよりも重さの現れではありません。それにもかかわらず、重さとしてシュガーローフを表現するために、我々はそれを鉄に対する重量比で置いた。

⑥ー① This is illustrated by the example of a measure which belongs to the bodies of goods as commodities, ie as utility values. A sugar loaf because the body is heavy and therefore has weight, but you can not look or feel any sugar loaf's weight. We now take different pieces of iron whose weight is predetermined. The body shape of the iron, considered in isolation, is no more manifestation of gravity than that of the sugarloaf. Nevertheless, to express the sugarloaf as gravity, we put it in a weight ratio to the iron. In this relationship, iron is considered a body that represents nothing but gravity.

⑥-② Iron quanta therefore serve as a measure of the weight of sugar and represent the sugar body in contrast to mere heavy form, manifestation of heaviness. This role is played by iron only within this ratio, in which the sugar or any other body whose weight is to be found enters it. If both things were not difficult, they could not enter into this relationship, and therefore one could not serve to express the severity of the other. If we both weigh ourselves on the balance, we see in fact that they are the same as gravity, and therefore in a certain proportion also of the same weight. Like the iron body as a measure of weight in contrast to the sugar-cane, in our expression of value the rock-body only represents value to the canvas.
⑥-②この関係で、鉄は重力以外の何ものでもないと考えられています。したがって、鉄の量は砂糖の重さの尺度として役立ち、単なる重い形、重さの現れと比較して砂糖体を表します。この役割はこの比率の範囲内でのみ鉄によって果たされ、そこには砂糖や体重が求められる他の体が入ります。両方のことが難しくなかったならば、それらはこの関係に入ることができなかった、そしてそれ故に一方は他方の重大性を表現するのに役立つことができなかった。私たち二人がバランスで自分自身を量る場合、実際には、それらは重力と同じであり、したがって一定の割合で同じ重量であることがわかります。鉄の体は、重さの尺度としては、サトウキビより重いので、私たちの価値表現では、岩体はキャンバスにとっての価値にすぎません。
⑥-②In diesem Verhältnis gilt das Eisen als ein Körper, der nichts darstellt außer Schwere. Eisenquanta dienen daher zum Gewichtsmaß des Zuckers und repräsentieren dem Zuckerkörper gegenüber bloße Schwergestalt, Erscheinungsform von Schwere. Diese Rolle spielt das Eisen nur innerhalb dieses Verhältnisses, worin der Zucker oder irgendein anderer Körper, dessen Gewicht gefunden werden soll, zu ihm tritt. Wären beide Dinge nicht schwer, so könnten sie nicht in dieses Verhältnis treten und das eine daher nicht zum Ausdruck der Schwere des andren dienen. Werfen wir beide auf die Waagschale, so sehn wir in der Tat, daß sie als Schwere dasselbe, und daher in bestimmter Proportion auch von demselben Gewicht sind. Wie der Eisenkörper als Gewichtsmaß dem Zuckerhut gegenüber nur Schwere, so vertritt in unsrem Wertausdruck der Rockkörper der Leinwand gegenüber nur Wert.

⑦ Here, however, the analogy stops. The iron in the weight expression of the sugarloaf represents a nature shared by both bodies, their severity, while the rock in the value expression of the canvas represents a supernatural property of both things: their value, something purely social.

⑦しかしここでは、類似性は停止します。シュガーローフの重量表現では、鉄は両方の体によって共有される性質、それらの厳しさを表し、一方、キャンバス上での価値の表現では、岩は両方のものの超自然的な品質を表します。
⑦Hier hört jedoch die Analogie auf. Das Eisen vertritt im Gewichtsausdruck des Zuckerhuts eine beiden Körpern gemeinsame Natureigenschaft, ihre Schwere, während der Rock im Wertausdruck der Leinwand eine übernatürliche Eigenschaft beider Dinge vertritt: ihren Wert, etwas rein Gesellschaftliches.


⑧Indem die relative Wertform einer Ware, z.B. der Leinwand, ihr Wertsein als etwas von ihrem Körper und seinen Eigenschaften durchaus Unterschiedenes ausdrückt, z.B. als Rockgleiches, deutet dieser Ausdruck selbst an, daß er ein gesellschaftliches Verhältnis verbirgt. Umgekehrt mit der Äquivalentform. Sie besteht ja gerade darin, daß ein Warenkörper, wie der <72> Rock, dies Ding wie es geht und steht, Wert ausdrückt, also von Natur Wertform besitzt. Zwar gilt dies nur innerhalb des Wertverhältnisses, worin die Leinwandware auf die Rockware als Äquivalent bezogen ist.(21) Da aber Eigenschaften eines Dings nicht aus seinem Verhältnis zu andern Dingen entspringen, sich vielmehr in solchem Verhältnis nur betätigen, scheint auch der Rock seine Äquivalentform, seine Eigenschaft unmittelbarer Austauschbarkeit, ebensosehr von Natur zu besitzen wie seine Eigenschaft, schwer zu sein oder warm zu halten. Daher das Rätselhafte der Äquivalentform, das den bürgerlich rohen Blick des politischen Ökonomen erst schlägt, sobald diese Form ihm fertig gegenübertritt im Geld. Dann sucht er den mystischen Charakter von Gold und Silber wegzuklären, indem er ihnen minder blendende Waren unterschiebt und mit stets erneutem Vergnügen den Katalog all des Warepöbels ableiert, der seinerzeit die Rolle des Warenäquivalents gespielt hat. Er ahnt nicht, daß schon der einfachste Wertausdruck, wie 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, das Rätsel der Äquivalentform zu lösen gibt.

⑧-①商品の相対的な形態をとることによって、例えばですね、キャンバスで示すと。その価値は、その本体やその特性とはまったく異なるものです。
岩に相当するものとして、この表現自体がそれが社会的関係を隠すことを意味します。
⑧ー①Since the relative value form of a commodity, eg, the canvas, expresses its value as something quite distinct from its body and its properties, for example, as rock equals, this expression itself implies that it conceals a social relation.

⑧ー② Conversely, with the equivalent form. It consists precisely in the fact that a trade body such as the rock, this thing as it comes and goes, value expresses, that has natural form of value.
⑧ー②逆に、同等の形式です。それはまさに、岩のような商品が、この物がそうであるように表現し、価値を表現し、そしてそれ故に本質的に価値形態を所有しているという事実から成り立っています。

⑧ー③確かに、これはリネンがロックウェアと同等のものとして関係している価値関係の中でのみ真実である。(21)
⑧ー③Although this applies only within the value ratio in which the canvas is related to the rockware as an equivalent.(21)

⑧ー④But since qualities of a thing do not spring from its relation to other things, but only operate in such a relationship, rock also appears to be its equivalent form to possess its property of immediate interchangeability, just as much by nature as its property to be heavy or warm.
⑧ー④ものの性質は他のものとの関係から湧き出るのではなく、そのような関係で動作するだけなので、本質的にその性質と同じくらいに、重いまたは暖かい性質であるのと同じくらいに--多くの即時の互換性のその性質を所有すること。

⑧ー⑤それゆえ、この<the equivalent form,同等物>形態が貨幣の中で彼に直面するのを終えるとすぐに、政治経済学者のブルジョア的な生の視線を打つ--同等の形態の謎です。それから彼は金と銀の神秘的な性格をそれらに彼らにそれほどまぶしい商品を提出することによって明らかにしようとしていますしす、そして、その時々に商品同等物の役割を果たしたすべての商品のカタログを放棄することになります。
⑧ー⑤Hence the enigmatic of the equivalent form, which beats the bourgeois raw gaze of the political economist as soon as this form finishes facing him in the money.

⑧ー⑥彼は、20キュビトのキャンバス= 1スカートのような最も単純な価値表現でも、同等の形式の謎を解くことができるとは疑いません。
⑧ー⑥He does not suspect that even the simplest value expression, such as 20 cubits of canvas = 1 skirt, can solve the riddle of the equivalent form.


⑨ー①その等価物としての役割を果たす商品本体は、常に抽象的人的労働の具体化であり、常にある有用で具体的な作業の産物です。
この具体的な作業は抽象的な人間の作業の表現となります。
⑨ー①The body of the commodity serving as its equivalent is always the embodiment of abstract human labor and is always the product of a certain useful, concrete work. This concrete work becomes the expression of abstract human work.

⑨-②If the skirt is for example as a mere realization, so the tailoring, which actually realizes in him, as a mere form of realization of abstract human labor.
⑨-②例えば、スカートが例えば単なる実現としての、それ故に抽象的な人間労働の実現の単なる形としての、実際に彼の中で実現する仕立て--ですね。
⑨-③In the expressive value of the canvas, the usefulness of dressmaking is not that it makes clothes, and therefore also people, but that it makes a body that one sees as worthy, that is, a jelly of work that is not at all different from the one in the Canvas value objectified work.
⑨-③キャンバスの価値表現において、洋裁の有用性はそれが洋服を作ること、そしてそれ故に人を作ることではなく、それが価値のあるものと見なされる体を作ることだから、
キャンバス価値は客観化された<Canvas value objectified・物象化>作品です。
  <the one in the Canvas value objectified work.>
  <独-- der Leinwand objektivierten Arbeit unterscheidet.>

⑨-④To make such a value-level, tailoring itself need not reflect anything but its abstract quality of being human labor.
⑨-④そのような価値レベル<和訳--価値鏡>にするためには、調整すること自体が人間の労働であるというその抽象的な品質以外の何も反映する必要はありません。

⑨Der Körper der Ware, die zum Äquivalent dient, gilt stets als Verkörperung abstrakt menschlicher Arbeit und ist stets das Produkt einer bestimmten nützlichen, konkreten Arbeit. Diese konkrete Arbeit wird also zum Ausdruck abstrakt menschlicher Arbeit. Gilt der Rock z.B. als bloße Verwirklichung, so die Schneiderei, die sich tatsächlich in ihm verwirklicht, als bloße Verwirklichungsform abstrakt menschlicher Arbeit. Im Wertausdruck der Leinwand besteht die Nützlichkeit der Schneiderei nicht darin, daß sie Kleider, also auch Leute, sondern daß sie einen Körper macht, dem man es ansieht, daß er Wert ist, also Gallerte von Arbeit, die sich durchaus nicht unterscheidet von der im Leinwandwert vergegenständlichten Arbeit.
  <vergegenständlichten Arbeit.--objectified work.>
Um solch einen Wertspiegel zu machen, muß die Schneiderei selbst nichts widerspiegeln außer ihrer abstrakten Eigenschaft, menschliche Arbeit zu sein.


⑩ー①In der Form der Schneiderei wie in der Form der Weberei wird menschliche Arbeitskraft verausgabt. Beide besitzen daher die allgemeine Eigenschaft menschlicher Arbeit und mögen daher in bestimmten Fällen, z.B. bei der Wertproduktion, nur unter diesem Gesichtspunkt in Betracht kommen.
⑩ー①Menschliche製織の形のような洋裁の形態では、人間労働が費やされます。
それゆえ、両方とも人間労働の一般的な特徴を有しており、したがって、ある場合には、例えば価値生産においては、この観点からのみ考慮が必要です。
⑩ー① In the form of tailoring, as in the form of weaving, labor is spent. Both therefore have the general characteristic of human labor and can therefore in certain cases, eg. Value creation is only possible from this point of view.

⑩ー②All that is not mysterious. But in the value of the goods the thing is twisted. For example, To express that weaving is not weaving in its concrete form as weaving, but in its general quality as human labor, tailoring, the concrete work which produces the canvas equivalent, is contrasted with it as the tangible form of realization human work.

⑩ー②これはすべて不思議ではない。しかし、商品の価値の点で物事はねじれています。
例えば、織ることは織ることとしてその具体的な形で織ることではなく、人間労働としてのその一般的な品質では、仕立て、キャンバスの等価物を生み出す具体的な仕事は、実現の具体的な形としてそれとは対照的です--人間の仕事です。

   「等価物を生み出す具体的な仕事は、実現の具体的な形と
   してそれとは対照的です--人間の仕事」--この転倒が、こ
   こに語られているのです。
   <具体的な裁縫労働が、抽象的人間労働の実現形態になる
   --ことを指して第二の独自性とは述べていなのです。>

   ⑧ー②「同等の形式・・それはまさに、岩のような商品が、
   この物がそうであるように表現し、価値を表現し、そして
   それ故に本質的に価値形態を所有している・・」
   <同等の形態の謎--を次のように解くのです。>
⑩・②・①これは不思議ではない。しかし、商品の価値の点で物事はねじれています。
  <「両方とも人間労働の一般的な特徴を有しており、」・・だから>
例えば、<価値の形成の点では>織ることは織ることとしてその具体的な形で織ることではないことを表現するために、人間労働として、仕立ては、キャンバスとの同等性を生み出すことでの具体的な仕事は、具体的な形の<ヒューマンワーク--人間の仕事>の実現であることで、それと対照されます
⑩ー②All das ist nicht mysteriös. Aber im Wertausdruck der Ware wird die Sache verdreht. Um z.B. auszudrücken, daß das Weben nicht in seiner <73> konkreten Form als Weben, sondern in seiner allgemeinen Eigenschaft als menschliche Arbeit den Leinwandwert bildet, wird ihm die Schneiderei, die konkrete Arbeit, die das Leinwand-Äquivalent produziert, gegenübergestellt als die handgreifliche Verwirklichungsform abstrakt menschlicher Arbeit.

⑪Es ist also eine zweite Eigentümlichkeit der Äquivalentform, daß konkrete Arbeit zur Erscheinungsform ihres Gegenteils, abstrakt menschlicher Arbeit wird.
⑪したがって、2番目の特徴なのは、具体的な仕事が、その反対の抽象的人間労働の現れとなるのが、同等の形式なのです。
It is thus a second peculiarity of the equivalent form that concrete work becomes the manifestation of its opposite, abstract human labor.

        ---that concrete work--abstract human labor.---

⑫But when this concrete work, tailoring, is regarded as the mere expression of indiscriminate human labor, it possesses the form of equality with other labor, the labor inherent in canvas, and therefore, though private labor, like all other goods-producing labor, nevertheless Work in direct social form.

That is why it presents itself in a product that is directly interchangeable with other commodities.
It is therefore a third peculiarity of the equivalent form that private work becomes the form of its opposite, to work in an immediately social form.

⑫しかし、この具体的な仕立て作業が<this concrete work, tailoring,>、無差別な人間労働の単なる表現と見なされると、他の労働と同等の形態となり、つまりキャンバスに内在する労働をもち、したがって他のすべての物産労働と同様に民間労働でも、それにかかかわらず直接的な社会的形態の労働となっている。それが他の商品と直接交換可能な製品の中に存在する理由です。
したがって、個人的な仕事がすぐに社会的な形式の労働であることが、その反対の形式になることは、同等の形式の3番目の特徴です。
⑫Indem aber diese konkrete Arbeit, die Schneiderei, als bloßer Ausdruck unterschiedsloser menschlicher Arbeit gilt, besitzt sie die Form der Gleichheit mit andrer Arbeit, der in der Leinwand steckenden Arbeit, und ist daher, obgleich Privatarbeit, wie alle andre, Waren produzierende Arbeit, dennoch Arbeit in unmittelbar gesellschaftlicher Form. Ebendeshalb stellt sie sich dar in einem Produkt, das unmittelbar austauschbar mit andrer Ware ist. Es ist also eine dritte Eigentümlichkeit der Äquivalentform, daß Privatarbeit zur Form ihres Gegenteils wird, zu Arbeit in unmittelbar gesellschaftlicher Form.


⑬The two most recently developed peculiarities of the equivalent form become even more comprehensible when we return to the great researcher who first analyzed the value form, as did so many forms of thought, social forms, and natural forms. It is Aristotle.

⑬最近開発された2つの同等形式の特殊性は、最初に価値形態を分析した偉大な研究者に戻ると、さらに多くの形式の思考、社会的形式、および自然形式と同様に理解しやすくなります。 アリストテレスです。
⑬Die beiden zuletzt entwickelten Eigentümlichkeiten der Äquivalentform werden noch faßbarer, wenn wir zu dem großen Forscher zurückgehn, der die Wertform, wie so viele Denkformen, Gesellschaftsformen und Naturformen zuerst analysiert hat. Es ist dies Aristoteles.


⑭First, Aristotle clearly states that the money form of the commodity is only the more developed form of the simple value form, i. the expression of the value of a commodity in any other commodity, for it says:

⑭まず第一に、アリストテレスは、商品の貨幣形態は単純な価値形態のより発展した形態にすぎないと明確に述べています。 他の商品における商品の価値の表現、それは言う:
⑭Zunächst spricht Aristoteles klar aus, daß die Geldform der Ware nur die weiter entwickelte Gestalt der einfachen Wertform ist, d.h. des Ausdrucks des Werts einer Ware in irgendeiner beliebigen andren Ware, denn er sagt:

"5 Polster = 1 Haus" <5台の寝台=1軒の家>
Kliuai pente anti oik iaz
<Griechisch: Clinai pente anti oicias>

"unterscheidet sich nicht" von: <というのは、>

"5 Polster = soundso viel Geld" <5台の寝台=これこれの額の貨幣>
Kliuai pente anti ... osou ai pente k linai
<Griechisch: clinai pente anti ... odson ai pente clinai>
             <というのと「違わない」と>

⑮He further recognizes that the value-relation in which this expression of value is based in turn implies that the house is qualitatively equated with the upholstery, and that these sensually different things would not be correlated as commensurable quantities without such identity. "The exchange," he says, "can not be without equality, but <74> equality but not without commensurability" ("out isothz mh oushz summetria z"). But here he trims and gives up the further analysis of the value form. "But in truth it is impossible (th men oun alhdeia adunaton) for such diverse things to be commensurable", i. are qualitatively the same. This equation can only be something foreign to the true nature of things, that is, only a "makeshift for the practical need."

⑮彼はさらに、この価値表現が順番に基づいている--価値関係が家が室内装飾品と定性的に同等であることを意味すること、そしてこれらの感覚的に異なるものはそのような同一性なしで相応しい量として相関しないであろうことを認める。 --
「交換は、平等なしには成り立たないが平等なしには成り立ちませんが、相容れなしには成り立ちません」(「out isothz mhoushz summetria z」)。
しかし、ここで彼はトリミングし<the further analysis of the value form.>価値形態のさらなる分析を断念します。

「しかし、実際には、非常に多様なものが相応しいものになることは不可能です(thh人はalhdeia adunaton)」。定性的には同じです。この方程式は、物事の本来の性質とは無関係のもの、つまり「実用上の必要性に対する一時的なもの」にしかなり得ません。

⑮Er sieht ferner ein, daß das Wertverhältnis, worin dieser Wertausdruck steckt, seinerseits bedingt, daß das Haus dem Polster qualitativ gleichgesetzt wird und daß diese sinnlich verschiednen Dinge ohne solche Wesensgleichheit nicht als kommensurable Größen aufeinander beziehbar wären. "Der Austausch", sagt er," kann nicht sein ohne die Gleichheit, die <74> Gleichheit aber nicht ohne die Kommensurabilität" ("out isothz mh oushz summetria z"). Hier aber stutzt er und gibt die weitere Analyse der Wertform auf. "Es ist aber in Wahrheit unmöglich (th men oun alhdeia adunaton), daß so verschiedenartige Dinge kommensurabel", d.h. qualitativ gleich seien. Diese Gleichsetzung kann nur etwas der wahren Natur der Dinge Fremdes sein, also nur "Notbehelf für das praktische Bedürfnis".


⑯Aristotle thus tells us himself why his further analysis fails, namely, the lack of the concept of value. What is the same, i. the communal substance, which presents the house for the upholstery in the value expression of the upholstery?
Such a thing can not really exist, says Aristotle.
Why? The house presents the same to the upholstery, as far as it presents in both the upholstery and the house, really the same. And that is - human work.

⑯アリストテレスはそれゆえ彼のそれ以上の分析が失敗する理由、すなわち価値概念の欠如を私たち自身に告げます。
何が同じです、私は。室内装飾品の価値表現において室内装飾品のための家を提示する共同物質?そのようなことは本当に存在することはできません、アリストテレスは言います。
なぜ?それが室内装飾品と家の両方に存在する限り、家は室内装飾品に同じものを提示し、実際には同じです。それが - 人間の仕事です。
⑯Aristoteles sagt uns also selbst, woran seine weitere Analyse scheitert, nämlich am Mangel des Wertbegriffs. Was ist das Gleiche, d.h. die gemeinschaftliche Substanz, die das Haus für den Polster im Wertausdruck des Polsters vorstellt? So etwas kann "in Wahrheit nicht existieren", sagt Aristoteles. Warum? Das Haus stellt dem Polster gegenüber ein Gleiches vor, soweit es das in beiden, dem Polster und dem Haus, wirklich Gleiche vorstellt. Und das ist - menschliche Arbeit.


⑰ー①But that in the form of commodity values ??all works are expressed as equal human labor and therefore as equal, Aristotle could not extract himself from the value-form itself, because Greek society was based on slave labor, hence the inequality of men and their labor-power had a natural basis.


The secret of the expression of value, the equality and equal validity of all works, because and insofar as they are human labor in general, can only be deciphered as soon as the concept of human equality already possesses the firmness of a national prejudice.

⑰ー①Daß aber in der Form der Warenwerte alle Arbeiten als gleiche menschliche Arbeit und daher als gleichgeltend ausgedrückt sind, konnte Aristoteles nicht aus der Wertform selbst herauslesen, weil die griechische Gesellschaft auf der Sklavenarbeit beruhte, daher die Ungleichheit der Menschen und ihrer Arbeitskräfte zur Naturbasis hatte. Das Geheimnis des Wertausdrucks, die Gleichheit und gleiche Gültigkeit aller Arbeiten, weil und insofern sie menschliche Arbeit überhaupt sind, kann nur entziffert werden, sobald der Begriff der menschlichen Gleichheit bereits die Festigkeit eines Volksvorurteils besitzt.
⑰ー①しかし、商品価値の形式では、< commodity values all works>その商品価値が--全ての作業は平等な人間労働として、したがって平等として表現されているのであり、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいていたために、アリストテレスは価値形態--自体からは、このことを抽出できませんでした。
持っていた--価値表現の秘密、平等そして、すべての作品の平等な妥当性は、それらが人間労働である限り一般的に、人間の平等の概念がすでに国民的偏見の堅固さを持つようになるとすぐに解読できるだけです。

⑰ー②しかしこれは、商品形態が労働生産物の一般的な形態であり、それゆえに商品の所有者としての人々の互いの関係が支配的な社会的関係である社会においてのみ可能です。
アリストテレスの天才は、彼が商品の価値表現に平等を発見したという事実に輝いています。
彼が住んでいた社会の歴史的な障壁だけが、彼が「真実に」この平等の関係が、何からなるのかを見つけることを妨げています。
⑰ー②Das ist aber erst möglich in einer Gesellschaft, worin die Warenform die allgemeine Form des Arbeitsprodukts, also auch das Verhältnis der Menschen zueinander als Warenbesitzer das herrschende gesellschaftliche Verhältnis ist. Das Genie des Aristoteles glänzt grade darin, daß er im Wertausdruck der Waren ein Gleichheitsverhältnis entdeckt. Nur die historische Schranke der Gesellschaft, worin er lebte, verhindert ihn herauszufinden, worin denn "in Wahrheit" dies Gleichheitsverhältnis besteht.

⑰ー②But this is only possible in a society in which the commodity form is the general form of the labor product, and thus also the relation of the people to each other as commodity owners the prevailing social relation. The genius of Aristotle shines in the fact that he discovers an equality in the expression of the value of the goods. Only the historical barrier of the society in which he lived prevents him from finding out what "in truth" this relationship of equality consists of.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 再版 物神性
 http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Kap_1_2
 上記からの英訳の和訳です。
 <ドイツ語 の原文も添えてみます。新しい認識がうまれます。>
 ①・・・・・・・・・略 ・・・・・・・・・・・・・・

 ②・・・・・・・・・略 ・・・・・・・・・・・・・・

③Woher entspringt also der rätselhafte Charakter des Arbeitsprodukts, sobald es Warenform annimmt? Offenbar aus dieser Form selbst. Die Gleichheit der menschlichen Arbeiten erhält die sachliche Form der gleichen Wertgegenständlichkeit der Arbeitsprodukte, das Maß der Verausgabung menschlicher Arbeitskraft durch ihre Zeitdauer erhält die Form der Wertgröße der Arbeitsprodukte, endlich die Verhältnisse der Produzenten, worin jene gesellschaftlichen Bestimmungen ihrer Arbeiten betätigt werden, erhalten die Form eines gesellschaftlichen Verhältnisses der Arbeitsprodukte.
③商品形態をとるとすぐに、作業成果物の謎の性格はどこから来るのでしょうか。
どうやらこのフォーム自体からです。人間の作品の同等性は、労働生産物の同等な価値観 - 客観性の客観的な形を保存します。
そして、その期間にわたる人間の労働の支出の尺度は、労働生産物の価値の大きさの形で与えられ、そして最後にそれらの労働の社会的決定が得られる生産者の関係は、作業成果物の社会的関係を受けとる。
  <新日本訳P123から、引用しておきます。>
  「では、労働生産物が商品形態をとるやいなや生じる
  労働生産物の謎的性格は、どこから来るのか?明らか
  に、この形態そのものからである。人間的労働の同等  人間の作品の同等性は、
  性は、労働生産物の同等な価値対象性という物的形態  労働生産物の同等な価値観 - 客観性
  を受け取り、その継続時間による人間的労働力の支出
  の測定は、労働生産物の価値の大きさという形態を受
  け取り、最後に、生産者たちの労働のあの社会的関係
  という形態を受け取るのである。」

  <人間の作品の同等性は、労働生産物の同等な価値観 - 客観性の客観的な形>が見えず、逆に前提と
  されている。不問事項にされている。人間の作品が、労働生産物の<価値観 - 客観性の客観的な形>
  ーーを訳出せねば、この<作業成果物は、何時の時代でも商品>であって、物神性を認めてしまう!

③So where does the enigmatic character of the work product come from, as soon as it takes on commodity form? Apparently out of this form itself. The equality of human works preserves the objective form of the same value-objectivity of the products of labor; the measure of the expenditure of human labor through its duration is given the form of the value-magnitude of the products of labor, and finally the relations of the producers, in which those social determinations of their labor are obtained, receive the form of a social relationship of the work products.
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
④ー①Das Geheimnisvolle der Warenform besteht also einfach darin, daß sie den Menschen die gesellschaftlichen Charaktere ihrer eignen Arbeit als gegenständliche Charaktere der Arbeitsprodukte selbst, als gesellschaftliche Natureigenschaften dieser Dinge zurückspiegelt, daher auch das gesellschaftliche Verhältnis der Produzenten zur Gesamtarbeit als ein außer ihnen existierendes gesellschaftliches Verhältnis von Gegenständen.
④ー①それゆえ商品形態の謎は、それが労働生産物そのものの表象的な性格としての人間自身の労働の社会的性格、したがって生産者の社会的関係を反映しているという事実にあります。
それら< them objects>の社会的関係としての総労働は反対している。
④ー①The mystery of the commodity form consists simply in the fact that it reflects back to humans the social characters of their own labor as representational characters of the labor products themselves, as the social nature of these things, hence the social relation of the producers to the total labor as a social relationship of them objects.

②Durch dies Quidproquo werden die Arbeitsprodukte Waren, sinnlich übersinnliche oder gesellschaftliche Dinge.
②この取違えを通して、作業成果物<労働生産物--でなく>は商品、官能的に精神的または社会的なものになる。
②Through this quid proquo, the work products become goods, sensually psychic or social things.

③So stellt sich der Lichteindruck eines Dings auf den Sehnerv nicht als subjektiver Reiz des Sehnervs selbst, sondern als gegenständliche Form eines Dings außerhalb des Auges dar.
③したがって、視神経上のものの光の印象は、視神経自体の主観的な刺激としてではなく、目の外のものの客観的な形としてそれ自体を提示する。
③Thus the light impression of a thing on the optic nerve does not present itself as a subjective stimulus of the optic nerve itself, but as an objective form of a thing outside of the eye.

④Aber beim Sehen wird wirklich Licht von einem Ding, dem äußeren Gegenstand, auf ein andres Ding, das Auge, geworfen.
④しかし見るとき、光はあるもの、外側のオブジェクトから別のもの、つまり目へと投げかけられます。
 <dem äußeren Gegenstand, ーーthe outer object,>
④But when seeing, light is really thrown from one thing, the outer object, to another thing, the eye.

⑤Es ist ein physisches Verhältnis zwischen physischen Dingen. Dagegen hat die Warenform und das Wertverhältnis der Arbeitsprodukte, worin sie sich darstellt, mit ihrer physischen Natur und den daraus entspringenden dinglichen Beziehungen absolut nichts zu schaffen.
⑤それは物理的なものの間の物理的な関係です。
一方、商品形態とそれらが提示される労働生産物の価値は、それらの物理的性質とその結果としての具体的な関係とは全く関係がありません。
⑤It is a physical relationship between physical things.
On the other hand, the commodity form and the value of the products of labor, in which they are presented, have absolutely nothing to do with their physical nature and the consequent tangible relations.

⑥Es ist nur das bestimmte gesellschaftliche Verhältnis der Menschen selbst, welches hier für sie die phantasmagorische Form eines Verhältnisses von Dingen annimmt.
⑥それはここで彼らにとって物事の関係の幻影的な形態を仮定するのは人間自身の明確な社会的関係だけです。
⑥It is only the definite social relationship of the human beings themselves which here assumes for them the phantasmagoric form of a relation of things.

⑦Um daher eine Analogie zu finden, müssen wir in die Nebelregion der religiösen Welt flüchten. Hier scheinen die Produkte des menschlichen Kopfes mit eignem Leben begabte, untereinander und mit den Menschen in Verhältnis stehende selbständige Gestalten.
⑦DaherToに例えを見よ、私たちは宗教的世界の霧の領域に逃げなければなりません。ここで、人間の頭の産物は、彼ら自身の間で、そして人間の間で、彼ら自身の生活に恵まれた独立した形態を持っているように見えます。
⑦DaherTo find an analogy, we have to flee to the foggy region of the religious world. Here the products of the human head seem to have independent forms endowed with their own lives, among themselves and with human beings.

④ー⑧So in der Warenwelt die Produkte der menschlichen Hand. Dies <87> nenne ich den Fetischismus, der den Arbeitsprodukten anklebt, sobald sie als Waren produziert werden, und der daher von der Warenproduktion unzertrennlich ist.
④ー⑧商品世界では、人間の頭の産物は、彼ら自身の間で、そして人間の間で、彼ら自身の生活に恵まれた独立した形態を持っているように見えます。それが、商品の世界では人間の手の商品です。
これは私がフェティシズムと呼んでいるもので、商品として生産されるとすぐに働く商品に固く執着するので、商品生産と不可分の関係にあります。
④ー⑧So in the commodity world, the products of the human hand. This is what I call fetishism, which sticks to working products as soon as they are produced as commodities, and which therefore is inseparable from commodity production.
   <杉本--作業成果物 の訳であって「労働生産物」ではないのです。
    この転倒をこそ、物象が、物神性を生み出すのです。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑤As the preceding analysis has already shown, this fetish character of the commodity world springs from the peculiar social character of labor, which produces commodities.
⑤前述の分析がすでに示したように、この商品世界のフェティッシュな性格は、商品を生産する特殊な社会的労働の性格から生じている。

⑥Commodities become goods in the first place because they are products of independent private work. The complex of these private works forms the total social work.
Since the producers only come into social contact through the exchange of their work products, the specific social characters of their private work appear only within this exchange.
⑥商品は自営業の商品であるため、そもそも商品となる。これらの私的作品の複合体は、総合的なソーシャルワークを形成します。
生産者は彼らの作業成果物<「労働生産物」--では誤訳>の交換を通して社会的接触をするだけであるので、彼らの私的作業の特定の社会的性格はこの交換の中にだけ現れる。

Or, in fact, private works only function as members of social work through relationships, in which exchange places the products of labor and, by means of them, the producers.
The social relations of their private works therefore appear to the latter to be what they are; not as directly social relations of persons in their works themselves, but rather as factual relations of persons and social relations of things.
あるいは、実際には、私的作品は人間関係を通して社会福祉の一員としてのみ機能します。
そこでは、交換は労働の産物を産み出し、そしてそれらを用いて生産者を産み出します。
それゆえ彼らの私的作品の社会的関係は後者にとって彼らが何であるかのように思われる。
作品<their works>における直接的な社会的関係としてではなく、むしろ実際の人物間の関係およびモノの社会的関係としてのものです。

⑦Only within their exchange do the working products receive a socially equal value-objectivity, separated from their sensually different utilitarian objectivity.
⑦それらの交換の範囲内でのみ、作業製品はそれらの官能的に異なる功利的客観性<socially equal value-objectivity,>分離された社会的に等しい価値 - 客観性<objectivity.>を受け取ります。

This splitting of the work product into useful thing and value works only practically, as soon as the exchange has already gained sufficient extent and importance, so that useful things are produced for the exchange, the value character of the things thus comes into consideration even with their production.
このように作業成果物を<有用なもの--価値>に分割することは、交換がすでに十分な範囲と重要性を獲得した直後に実用的にしか機能しないので、有用なものが交換のために生み出される。彼らの生産のなかでです。

From this moment on, the private works of the producers actually have a double social character.
この瞬間から、プロデューサーの私的な作品は実際には二重の社会的性格を持っています。

On the one hand, they must, as certain useful works, satisfy a particular social need and thus prove themselves to be members of the total work, of the natural system of the social division of labor.
On the other hand, they satisfy only the manifold needs of their own producers, provided that every useful private work is interchangeable with every other useful kind of private work, and thus is indifferent to it.
一方では、彼らは、ある種の有用な仕事として、特定の社会的ニーズを満たし、したがって社会全体の社会的分業体制の一員であることを証明しなければなりません。
他方、すべての有用な私的作品<「労働」-誤>が他のあらゆる有用な種類の私的作品<「労働」>と交換可能であり、したがってそれに無関係であるという条件で、彼らは彼ら自身の生産者の多様な必要性だけを満たす。

The equality of completely different works of art can exist only in an abstraction of their real inequality, in the reduction to the common character which they possess as the expenditure of human labor power, abstractly human labor.
完全に異なる芸術作品の平等は、彼らの本当の不平等を抽象化したもの、人間の労働力の支出として持っている共通の性格への還元であり、それは抽象的には人間労働にのみ存在することができます。
--杉本・私的作品<「労働」>の既存の誤訳では、ここでの先生の主張の転倒批判が、理解できない。--
--註27・「彼らの異なる仕事を人間の労働と捉えます」との、この批判が、全く!!!理解できない。--

The brain of private producers reflects this dual social character of their private works only in the forms which appear in practical intercourse, in the exchange of products - the socially useful character of their private works, in the form that the product of labor must be useful to others social character of the equality of the different kinds of work in the form of the common value character of these materially different things, the products of labor.
私的生産者の頭脳は、製品の交換において、実際的な交易で現れる形でのみ彼らの私的作品のこの二重の社会的性格を反映しています - 労働の製品が有用でなければならないという形での--彼らの私的作品の社会的に有用な性格であり、これらの実質的に異なるもの、労働生産物の共通の価値性格の形態<価値形態>での異なる種類の労働の同等の他の社会的性格となっている。

⑧So people do not relate their products of labor to each other as values, because these things are considered to them to be mere factual envelopes of similar human labor.
⑧ですから、人々は、自分たちの労働生産物を価値として互いに関連づけてはいません。なぜなら、これらのことは彼らにとって、同様の人間労働の単なる<事実上の封筒>であると考えられているからです。

Vice versa. In equating their diverse products as values in exchange, they equate their different works as human labor. They do not know that, but they do. (27)
その逆もあります。彼らの多様な製品を交換の価値として捉えることにおいて、彼らは彼らの異なる仕事を人間の労働と捉えます。彼らはそれを知らないが、彼らは知っている(27)。

It is therefore not written on the forehead of what it is. Rather, value transforms every work product into a social hieroglyph. Later, people seek to decipher the meaning of the hieroglyph, to go beyond the secret of their own social product, for the determination of commodities as values is their social product as good as language.
それゆえ、それが何であるかはその額に書かれていない。そうではなく、価値はあらゆる作業成果物を社会的象形文字に変換します。その後、人々は象形文字の意味を解読し、自分の社会的産物の秘密を超えて、価値としての商品の決定が言語と同じくらいに、良い彼らの社会的産物であることを目指しています。

The late scientific discovery that labor products, insofar as they are values, merely factual expressions of the labor expended in their production, makes an epoch in the history of human evolution, but in no way shuns the objective semblance of the social character of labor.
それらが価値であるという最近の科学的発見、単に実験室の実際の表現はそれらの生産に費やされて、それは人間の進化の歴史の中で画期的なことになります、しかし決して労働の社会的性格の客観的な類似を避けません。

What is valid only for this particular form of production, the production of commodities, that the specifically social character of independent private works consists in their equality as human labor and takes on the form of the value character of the labor products, appears before and after that discovery in the Conditions of commodity production are just as final as that the scientific decomposition of the air into their elements leaves the air-form as a physical form of body.
この特定の生産形態、つまり商品の生産にのみ当てはまることは、
  独立した私的作品の社会的特徴は人間労働と同等であり、
  労働生産物の価値形態をとるということである。
商品生産の条件は、空気をそれらの要素に科学的に分解することが、
物理的な形態の身体としての空気の形態を残すのと同じくらい最終的なものです。
   <これが --価値形態の秘密--であります。
  これがあって--商品形態   --が出来
        --価値表現   --ができます。>
  相対的価値形態は、価値形態があることで左極にて形成され、
  等価形態は、同等物商品が、使用価値のままに直接的に価値形態であることで、
  反対極にて、価値表現しています。第二の形態では、右極のみが価値形態を獲るが、
  しかし相互の交換可能性は有りません
  そして第三の形態では、商品世界の住人は、その世界にあるために、
  自然的形態のままに、価値形態を獲るも、直接的な交換可能性の形態ーーとしての、
  等価物の形態は、商品世界の外にあるため、ある一商品を選択しなければならない。

⑨<89> What initially interests the product exchangers is the question of how much foreign products they receive for their own product, in which proportions the products exchange.
⑨<89>当初、商品交換者が興味を持っているのは、自分の商品に対してどれだけの外国製品を受け取っているのかということです。

Once these proportions have matured to a certain habitual firmness, they seem to spring from the nature of the work products, so that e.g. a ton of iron and 2 ounces of gold equivalent, as one pound of gold and one pound of iron are equally heavy despite their various physical and chemical properties.
これらの比率が特定の習慣的な堅さに成熟すると、それらは作業成果物の性質から湧き出るように見えます。 1トンの鉄と2オンスの金に相当します。1ポンドの金と1ポンドの鉄は、それらのさまざまな物理的および化学的特性にもかかわらず、等しく重いのです。

In fact, the value character of the work products only attaches to their value as actuators. The latter change constantly, independently of the will, foreknowledge, and action of the exchanging people.
実際、作業成果物の価値性格は、アクチュエーターとしての価値にのみ結び付いています。後者は、交換する人々の意思、予知、行動とは無関係に、絶えず変化します。

Their own social movement has for them the form of a movement of things they control, not control. It requires a fully developed production of commodities before the scientific insight grows out of experience itself that private works, which are independent of each other but as natural members of the social division of labor, are continually reduced to their socially proportional measure, because they are found in the accidental and The fluctuating conditions of exchange of their products forcibly enforce the socially necessary working time as a regulating law of nature, such as the law of gravity, when the house collapses over one's head. (28)
彼ら自身の社会運動は、彼らにとって、彼らが支配するものではなく、支配するものの動きの形をしている。科学的洞察が経験から生まれる前に完全に開発された商品の生産を必要とします。私的作品は互いに独立していますが、社会的分業の自然な一員であるため家が頭の上で倒れるとき、彼らの製品の交換の変動の条件は、社会の必要な労働時間を重力の法則のような自然の法則として強制的に強制します。 (28)

The determination of the value by working time is therefore one among the appearing Movements of relative commodities hidden secret. His discovery removes the semblance of mere accidental determination of the values of value to the working products, but by no means their objective form.
したがって、労働時間による価値の決定は、隠されている相対的な商品の動きのうちの一つです。彼の発見は、作業用製品に対する価値の値の単なる偶然の決定の類似性を取り除きますが、
それらの客観的な<their objective form.物象的>形式を決して意味するものではありません。

⑩Reflecting on the forms of human life, including their scientific analysis, in the first place proposes a path contrary to real development. It starts post festum and therefore with the finished results of the development process.
科学的分析を含む人間の生活の形態を最初に考えることは、本当の発展に反する道を提案します。それは、懐胎後、したがって開発プロセスの最終結果から始まります。

The forms, which stamp products of labor into commodities and are therefore exposed to commodity circulation, already possess the firmness of natural forms of social life, before men seek to give an account of the historical character of these forms; are considered immutable, but about their content.
労働生産物を商品に押し込み、したがって商品の流通にさらされる形態は、人々がこれらの形態の歴史的特徴を説明しようと試みる前に、すでに社会的生活の自然な形態の堅さを持っている。不変と見なされることが、その内容についてです。

So it was only the analysis of the commodity prices, which led to the determination of the value, only the common money expression of the goods, which led to the fixation of their value character.
そのため、商品価格の分析だけが価値の決定につながり、商品の一般的な貨幣表現のみがその価値性格の固定につながりました。

But it is precisely this finished form - the money form - of the world of commodities, which obscures the social character of private work and therefore the social conditions of private workers instead of revealing it.
しかし、それはまさにこの世界の商品の完成した形態 - 貨幣形態 - であり、それは私的労働の社会的性格、したがってそれを明らかにするのではなく私的労働の社会的条件をあいまいにします。

When I say that rock, boots, etc., refer to canvas as the general embodiment of abstract human labor, the craziness of that expression catches the eye. But if the producers of rock, boots, etc., refer to these commodities on canvas - or gold and silver, which does not change anything - as a general equivalent, the relationship of their private work to the overall social work seems to them exactly in this crazy form.
私がもし次のように言うとき、
    ブーツなどは一般的な抽象的人間労働の実現形態としてキャンバスを参照すると、ーー
その表現の狂気は目を引く。しかし、ロック、ブーツなどの生産者がキャンバス上のこれらの商品、
あるいはそれとは何ら変わらない金と銀とを参照するならば、一般的な同等物としての彼らの--
ー<個人的な仕事と社会的作業の関係は、their private work to the social work  >--
まさに、彼らに思われるこのクレイジーな形態で表されている。

⑪Such forms constitute the categories of bourgeois economy.
⑪そのような形態はブルジョア経済学の範疇を構成する。

They are socially valid, that is, objective thought-forms for the relations of
production of this historically determined social mode of production, the production of commodities.
それらは社会的に妥当であり、すなわちこの歴史的に決定された社会的生産様式の生産関係、
すなわち商品生産のための< objective thought-forms>客観的思考形式である。
            <物象的な思考形式を、我々は克服・止揚するぞ!>
All the mysticism of the world of commodities, all the magic and hauntings that enveloped labor products on the basis of commodity production, therefore vanishes immediately as soon as we flee to other forms of production.
それゆえ、商品世界のすべての神秘主義、商品の生産に基づいて労働生産物を包んでいたすべての魔法と狩猟は、他の生産形態に逃げるとすぐに消えます。

⑫・・・・・略・・・・・

⑭・・・・・略・・・・・


⑯ー略ー這種真實的自我意識反映在古老的自然和民間宗教中。只要當今日常工作的實際生活條件與彼此和自然之間提供透明和透明的關係,現實世界的宗教反映就會消失。社會生活過程的形状,我。在物質生産過程中,只有在對自由社會化的人的産品進行有效的意識控制之下,才能消除其神秘的陰霾。然而,為了這個目的,需要社會的物質基礎或一系列存在的物質條件,這些條件本身就是漫長而痛苦的發展歴史的自然産物。
   ⑯この真の自己意識は古代の自然や民俗宗教に反映されています。
   今日の日々の仕事の実際の生活条件がお互いと自然の間の透明で
   透明な関係を提供する限り、現実の世界の宗教的な反射は消えます。
   社会生活プロセスの形、私。材料生産の過程で、神秘的な霞は自由
   な社交的な人々の製品の効果的な意識管理によってのみ排除するこ
   とができます。しかしながら、この目的のためには、社会の物質的
   基盤または一連の現存する物質的条件が必要であり、それ自体が長
   くて苦痛な開発史の天然産物である。

⑰ 政治經濟雖然不完美(31),但現在已經分析了價値和價値,並發現了隱藏在這些形式中東西。 它甚至從未問過為什麼這些内容採用這種形式,那麼為什麼價値工作和持續時間内的勞動量代表勞動産品的價値呢?(32)在額頭上寫的表格 他們屬於一種社會形態,其中生産過程控制著人類和人類尚未控制生産過程,他們的資産階級意識就像自然生産 勞動本身一樣被視為自然必然性。因此,生産的社會有機體的前資産階級形式被它所處理。 例如來自教父的基督教前宗教。(33)
  ⑰政治経済学は完全ではありませんが(31)、価値と価値を分析し
   たところ、これらの形式に隠されているものが見つかりました。
   彼女はなぜこのコンテンツが質問の形をとるのかと尋ねたことは一
   度もありませんでした。それではなぜ、作品の価値と時間の長さが
   彼らの成果物の価値を通して得られるのでしょうか? (32)
   彼の額、が彼らがまだ生産プロセスを習得していない人々に属する
   と書いている形式では、生産プロセス中の人々の市民意識は自明で
   あるNaturnot- <96>社会秩序は必然的に生産的である労働自体が
   適用されます。前ブルジョア社会は生物の形態を作り出すので、彼
   女は教会の父からのもののようなキリスト教以前の宗教を扱います。
   (33)

32),這是它永遠不會成功,從貨物的貨物的分析和特殊的價値在價値形態上,這讓他僅僅是交換價値了古典政治經濟學的根本缺陷之一。在她最好的代表中,如A.史密斯和里卡多,她將價値形式視為完全無關緊要的東西,或者是商品本身的外在東西。原因並不僅僅是對價値規模的分析完全吸引了他們的注意力。
  (32)これは古典的な政治経済学における基本的な欠陥の1つであり、
   それは財からの財の分析と価値形態に、上の特殊的価値に成功する
   ことは決してなく、それは彼を単なる価値の交換にするからです。
   A.スミスやリカルドのような彼女の最も良い代表者の間で、彼女は
   --価値形態を全く無関係な何か、または製品自体の外部の何かと
   見なしています。
   その理由は、価値の規模の分析が完全に注目を集めているというこ
   とだけではありません。

他更深入。工作産品的價値形式是資産階級的生産模式,因此作為一種特殊的社會生産的,並在同一時間表超歴史的最抽象的,也是常見的形式。
   理由はもっと深いのです。
   作業成果物の価値形態はブルジョア的生産モデルであり、
         したがって、特別な種類の社会的生産<資産階級的生産模式>と、
   してであり、同時に歴史の最も抽象的で一般的な形式
         --超歴史的最抽象的,也是常見的形式--  を表しています。

因此,你知道這對社會生産的永恆的自然形式,所以我們忽略必要和形状的具體數値,所以商品形式,發展以貨幣的形式,包乾等。
   したがって、あなたが社会的生産の永遠の自然な形態を知っている
   ので、私たちは--必要和形状的具體數値--
        <価値形態・・価値の質と量を表す>
   つまり商品形態、貨幣形態への発展などを無視してしまいます。

因此,經濟學家們就工作時間的價値衡量達成一致,因此找到了最豐富多彩,最矛盾的金錢觀念。一般等價的完成形式。這很引人注目,例如在銀行業的處理中,貨幣的共同定義已不再足瞬。
   したがって、エコノミストは労働時間の価値の測定に同意し、した
   がって最もカラフルで矛盾する貨幣の概念を見つけました。
   それが、ほぼ同等の完成形態です。たとえば、銀行業界では、一般
   的な通貨の定義だけでは不十分です。

相比之下,一個恢復的商業系統(Ganilh等),它只看到了社會形式的價値,或者更確切地説只是未經改善的外觀。為了一勞永逸地實現它,在古典政治經濟學下,我從W開始就理解所有的經濟
   対照的に、社会的形態の価値、あるいは単に改善されていない外観
   を見るだけの回復されたビジネスシステム(Ganilh et al。)。
   古典的な政治経済の下で、一度でそしてすべての人にとってそれを
   達成するために、私は西暦の初めからすべての経済を理解しました。

小資的是,與庸俗經濟學研究的資産階級生産關係的内在聯繫,只有内明顯的關係掛出,對於合理Verständlichmachung這麼説粗暴的現象和資産階級的房屋所需要的材料已經通過科學的經濟始終重新咀嚼,在提供但除此之外,將自己局限於系統化自己最好的世界pedantisieren的資産階級的生産代理商平庸自滿的概念,並宣布為永恆的真理。
   ささいなブルジョアジーは、下品な経済学研究のブルジョア的生産
   関係との内部の関係は明白な関係の中でのみぶら下がっているとい
   うことですし、そして、無礼な現象とブルジョア家を言うために必
   要な材料は常に科学経済を通して再確立されました。
   チューイングは、これに加えて、提供することに加えて、彼ら自身
   の最高の世界の歩みを体系化するブルジョア生産エージェントの平
   凡さの概念にそれ自身を限定し、そしてそれを
   <宣布為永恆的真理>永遠の真実として宣言するのです。

 (32)これは古典的な政治経済学における基本的な欠陥の1つであり、
   それは財からの財の分析と価値形式の特別な価値に成功することは
   決してなく、それは彼を単に価値の交換にする。 A.スミスやリカル
   ドのような彼女の最も良い代表者の間で、彼女は価値の形式を全く
   無関係な何か、または製品自体の外部の何かと見なしています。

   その理由は、価値の規模の分析が完全に注目を集めているというこ
   とだけではありません。彼はもっと深い。作業成果物の価値形式は
   ブルジョア的生産モデルであり、したがって特別な種類の社会的生
   産としてであり、同時に歴史の最も抽象的で一般的な形式を表して
   います。

   したがって、あなたはこの永遠の自然な形の社会的生産を知ってい
   るので、私たちは特定の形の必要性と価値、つまり商品の形、開発
   資金、パッケージの形を無視します。学位は非常に賛成、お金の最
   もカラフルで矛盾する概念、すなわち一般的な同等の補完の形です。

   たとえば、銀行業界では、一般的な通貨の定義だけでは不十分です。
   対照的に、社会的形態の価値、あるいは単に改善されていない外観
   を見るだけの回復されたビジネスシステム(Ganilh et al。)。 -

   それにそして一度に注意を払うために、私の古典的な政治経済は明
   白な関係でのみ合理的なVerständlichmachungbourgeois生産関係
   の内側の関係がハングアウトすると信じることを、W.ペティなど
   ブルジョアジーの比較的に下品な経済学から失礼な現象とブルジョ
   ア住宅のニーズは科学的経済によってもたらされてきたと言えるで
   しょうが、そうでなければ、それは体系的に彼ら自身の最高の世界
   のペンダントを貪り尽くすブルジョア生産エージェントの平凡の概
   念に限定されます。そして永遠の真実として宣言されています。

(32),這是它永遠不會成功,從貨物的貨物的分析和特殊的價値在價値形態上,這讓他僅僅是交換價値了古典政治經濟學的根本缺陷之一。在她最好的代表中, 如A.史密斯和里卡多,她將價値形式視為完全無關緊要的東西,或者是商品本身的外在東西。

原因並不僅僅是對價値規模的分析完全吸引了他們的注意力。他更深入。
工作産品的價価値形式是資産階級的生産模式,因此作為一種特殊的社會生産的,並在同一時間表徴歴史的最抽象的,也是常見的形式。

因此,你知道這對社會生産的永恆的自然形式,所以我們忽略必要和價値的具體形式,所以商品形式,開發資金,包乾等形式,因此它適用於經濟學家,其上的價値量由勞動程度頗為認同,最豐富多彩,最矛盾的金錢觀念,即一般等價的完成形式。

這很引人注目,例如在銀行業的處理中,貨幣的共同定義已不再足。
相比之下,一個恢復的
 

      第1作業プロセス

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月23日(日)12時38分7秒
返信・引用 編集済
  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_192.htm

  process and recovery process
  作業プロセスと回復プロセス
  1st working process
  第1作業プロセス

①<192> The use of labor is the labor itself. The buyer of the labor consumes it by having their salesman work. As a result, the latter becomes an actuarial worker, a worker, which in the past was only potentia. In order to present his work in commodities, he must first of all present them in utility values, things that serve to satisfy needs of some sort. It is therefore a particular second-hand value, a definite article, which the capitalist makes by the worker. The production of commodities or commodities does not change their general nature by acting for and under the control of the capitalist.

The work process is therefore initially independent of any particular social form.
①<192>労働力の利用は労働そのものです。労働力の買い手は、セールスマンに働きかけてそれを消費します。その結果、後者は保険数理人労働者、労働者になりますが、これは過去にはただの可能性でした。彼の作品を商品に提示するためには、まずそれらを実用価値で提示しなければなりません。それはある種のニーズを満たすのに役立つものです。それゆえ、それは特定の中古の価値、資本家が労働者によって作る明確な記事です。コモディティまたはコモディティの生産は、資本主義者のために、そしてその支配下で行動することによってそれらの一般的性質を変えることはありません。

そのため、作業プロセスは当初、特定の社会的形態から独立しています。
<The work process is therefore initially independent of any particular social form.>

②-①仕事は、まず第一に、人間と自然との間のプロセス、人間が自らの行為を通して自然との彼の新陳代謝を仲介し、調整し、制御するプロセスである。彼は天然物質としての天然物質そのものに反対します。彼は自分の生活に適した形で天然物質を獲得するために、自分の体、腕と脚、頭と手に属する自然の力を動かします。彼の外の自然に働きかけ、それを変えることによって、彼は彼自身の性質を変えます。彼は彼女の中で休眠状態にある能力を発達させ、そして彼女の力の演劇を彼自身の服従性にさらします。
②-①The work is first of all a process between man and nature, a process in which man mediates, regulates and controls his metabolism with nature through his own act. He opposes the natural substance itself as a natural power. He sets in motion the natural forces belonging to his body, arms and legs, head and hand, in order to acquire the natural substance in a form suitable for his own life. By acting on nature outside of him and changing it, he changes his own nature. He develops the potencies dormant in her, and subjects the play of her powers to his own submissiveness.

②-②私たちはここで最初の動物のような本能的な形式の仕事を扱っていません。
②-②We are not dealing here with the first animal-like instinctual forms of work.

②-③The condition in which the worker acts as a seller of his own labor power in the commodity market is, in a primeval background, removed from the state in which human labor had not yet shed its first instinctual form.
②-③労働者が商品市場で自らの労働力の売主として行動するという条件は、原始的には、人間の労働が未だその最初の本能的な形態を脱していない状態から取り除かれている。

②-④We assume work in a form in which it belongs exclusively to man. A spider performs operations similar to those of the weaver, and a bee shames some human builders by building its wax cells. But what distinguishes the worst architect from the outset in front of the best bee is that he built the cell in his head before building it in wax.
②-④私たちはそれが人間だけに属する形で仕事を引き受けます。クモはウィーバーと同様の操作を実行し、ハチはそのワックスセルを構築することによって一部の人間の建築者を恥じています。しかし、最悪の建築家と最高のハチの前の最初の建築家を区別するのは、彼がセルをワックスで造る前に頭の中に造ったということです。

②-⑤At the end of the work process, a result emerges which, at the beginning of it, already existed in the idea of the worker, that is to say already ideationally. Not that it only causes a change of form of the natural; he realizes in the natural at the same time his purpose, which he knows, who determines the manner of his action as law and to whom he must subordinate his will.
②-⑤作業過程の終わりに、結果が現れ、それはその初めにはすでに労働者の考えの中に存在していました、それはすでに理想的に言っています。それが自然の形の変化を引き起こすだけではない。彼は自分の知っている目的、同時に法としての行動の仕方を決める者、そして自分の意思に従わなければならない者を同時に認識します。

②-⑥そして、この従属は孤立した行為ではありません。働く臓器の努力とは別に、注意として自分自身を表現する意図的な意志が仕事の全期間にわたって必要とされます、そして、そうであるほど、それはそれ自身の内容と方法によるものではありません彼らが実行されることは、彼が彼自身の肉体的および精神的な力の演劇として彼らを楽しむのが少ないほど、彼と一緒に労働者を運びます。
②-⑥And this subordination is not an isolated act. Apart from the effort of the organs which work, the purposeful will, which expresses itself as attention, is required for the whole duration of the work, and the more so, the less it is due to its own content and the The manner in which they are performed carries the worker with him, the less he enjoys them as a play of his own physical and mental powers.

③The simple moments of the working process are the purposeful activity or work itself, its object and its means.
③作業プロセスの単純な瞬間は、意図的な活動または作業そのもの、その目的および手段です。

④-①The earth (including, economically, the water), as it originally provided man with provisions and finished food (1), is found without his intervention as the general object of human labor. All things which detach work only from their immediate connection with the whole, are naturally found objects of work.
④-①地球(経済的には水を含む)は、もともと人間に食料と食料を供給していたように(1)、人間の労働の一般的な目的として彼の介入なしに見つけられる。全体との直接的なつながりからのみ作品を切り離すものはすべて、自然に見つかった作品の対象です。

④-②それで、彼の生命要素である魚、水、が分離され、ジャングルに落ちた木、その静脈からばらばらになった鉱石が分離されます。一方、作業対象自体が前の作業でフィルタリングされている場合は、いわゆる「原材料」と呼びます。たとえば、すでに粉砕された鉱石で、現在は洗い流されています。すべての原材料は作業項目ですが、すべての原材料が原材料とは限りません。原材料は、作業関連の変更が行われた直後にのみ作業項目になります。
④-②So the fish that is caught by his life element, the water, is separated, the wood that fell in the jungle, the ore that is broken loose from its vein. On the other hand, if the object of work itself has been filtered through previous work, so to speak, we call it raw material. For example, the ore that has already broken off, which is now washed out. All raw material is a work item, but not every work item is raw material. Raw material is the work item only as soon as it has already undergone a work-related change.

⑤The means of work is a thing or a complex of things that the worker pushes between himself and the object of work, and that serve him as the head of his activity upon this object. He uses the mechanical, physical, chemical properties of things in order to make them act as a means of power on other things, according to his purpose.
⑤仕事の手段は、労働者が自分自身と仕事の対象との間でプッシュすること、そしてこの対象に対する彼の活動の長として彼を務めること、あるいはものの複合です。彼の目的によると、彼は他のものに力の手段としてそれらを機能させるためにものの機械的、物理的、化学的特性を使用しています。

(2)完成品の焼き付きとは別に、作業員がすぐにつかむもの、例えば果物自分の体の臓器だけが作業手段となるものは、作業目的ではなく作業での目的です。このように、自然そのものがその活動の器官、聖書にもかかわらず、それがそれ自身の身体の器官に加えて、その自然な形態を延長する器官になります。その元の供給室である地球と同様に、それは作業機器の元の兵器庫です。それは彼につぎの例えばを提供します。それ自体が投石、こする、押す、切るなどのための石です。地球そのものが仕事の手段ですが、やはりその他のあらゆる仕事の手段と、その働きのための比較的高い労働力の発達を前提としています。農業ではね。
 (2) The object which the worker immediately seizes - apart from the seizure of finished food, the fruit For example, where his own body organs alone serve as means of work - is not the work object, but the means of work. Thus the natural itself becomes the organ of its activity, an organ which it adds to its own bodily organs, prolonging its natural form, in spite of the Bible. Like Earth, its original supply chamber, it is its original arsenal of work equipment. It provides him with e.g. The stone with which it casts, rubs, pushes, cuts, etc. The earth itself is a means of work, but again presupposes a whole range of other means of work and a relatively high development of labor for its service as a means of working in agriculture.

 (3) As soon as the work process is at all reasonably developed, it needs already processed work equipment. In the oldest human caves we find stone tools and stone weapons. In addition to processed stone, wood, bones and shells, in the beginning of human history, the domesticated animal, which is itself already modified by work, plays the main role as a means of working.
(3)作業工程が合理的に開発され次第、すでに加工された作業機器が必要です。最も古い人間の洞窟には石器や石器があります。加工された石、木、骨、そして貝殻に加えて、人類の歴史の初めには、それ自体はすでに仕事によって改造されている飼い慣らされた動物が働きの手段として主な役割を果たしています。

(4)作業材料の使用および創作は、すでに特定の動物種に固有のものであるが、特に人間の作業過程を特徴付けるものであり、したがってフランクリンは、人間を「道具製作動物」、「道具製作動物」と定義する。骨のある遺物の構築が水没動物家族の組織の知識にとって持っているのと同じ重要性は、水没した経済社会形成の評価のための作業用具の遺物を持っています。何が行われているのではなく、どのようにして労働の手段を利用するのかは、経済の時代を区別します。
 (4) The use and creation of working materials, although already inherent in certain species of animals, characterize the specifically human work process, and Franklin therefore defines man as a "toolmaking animal", a tool-making animal. The same importance which the construction of bony relics has for the knowledge of the organization of submerged animal families, has relics of work equipment for the evaluation of submerged economic social formations. Not what is done, but how one makes use of the means of labor, distinguishes the economic epochs.

 (5) The means of labor are not only indicators of the development of the human labor force, but also indicators of the social conditions in which work is carried out. Among the means of work itself, the mechanical means of work, the totality of which may be called the bone and muscle system of production, offer much more decisive characteristics of a social epoch of production than those means of work which serve only containers of the object of work, and whose totality is generally referred to as the vascular system of production can be, such as Tubes, barrels, baskets, jugs, etc. Only in chemical manufacturing do they play a significant role. (5a)
(5)労働手段は、人間の労働力の発達の指標だけでなく、労働が行われる社会的状況の指標でもある。仕事の手段自体の中では、全体として骨と筋肉の生産システムと呼ばれることがある機械的な仕事の手段は、生産の社会的時代のはるかに決定的な特徴を提供します。作業の対象であり、その全体が一般に血管生産システムと呼ばれるものは、例えば、チューブ、バレル、バスケット、ジャグなどであり得る。それらは化学製造においてのみ重要な役割を果たす。 (5a)

⑥より広い意味では、その目的に対する労働の影響を仲介し、したがって何らかの形で活動のリーダーとしての役割を果たすもの以外に、その手段の中の作業プロセスは、すべての目的のために必要なすべての客観的条件を数える。裁判が行われます。彼らは直接彼の中に入りません、しかし彼は彼らなしではまたは不完全にしかそれをすることができません。この種の一般的な作業手段もまた地球そのものです。なぜならそれは労働者に場所を与え、彼のプロセスに雇用の分野を与えるからです。仕事によって既に仲介されているこの種の仕事用機器は例えば作業用建物、運河、道路など
⑥In a broader sense, the working process among its means, besides the things which mediate the effect of labor upon its object, and therefore serve, in one way or another, as leaders of activity, counts all objective conditions which are at all necessary for the trial to take place. They do not go directly into him, but he can not do it without them or only imperfectly. The general working means of this kind is again the earth itself, for it gives the worker the locus standi and his process the field of employment. Work equipment of this kind already mediated by the work is e.g. Work buildings, canals, roads, etc.

⑦ In the working process, therefore, the activity of man through the means of work brings about a change of the object of work intended from the outset. The process goes out in the product. Its product is a use-value, a natural substance appropriated by changing the shape of human needs. The work has been linked to its object. It is objectified, and the object is processed. What appeared on the part of the worker in the form of restlessness now appears as a quiescent property, in the form of being, on the side of the product. He spun, and the product is a web.
⑦したがって、作業過程では、作業手段を通じた人間の活動は、当初から意図されていた作業対象の変更をもたらします。プロセスは製品の中で消えます。その製品は、使用価値、人間のニーズの形を変えることによって割り当てられる天然物質です。その作品はその目的にリンクされています。客観化され、オブジェクトが処理されます。<The work has been linked to its object.> 落ち着きのなさの形で労働者の側に現れたものは、今や製品の側にあるという形で、静止した財産として現れます。彼はスピンし、その製品はWebです。

<196>⑧ Looking at the whole process from the standpoint of its result, the product, both appear to work equipment and subject, as means of production (6) and the work itself as a productive work (7) ,
⑧全体のプロセスをその結果の観点から見ると、製品は生産の手段として作業装置であり主題であるように見え(6)、生産そのものとしての作業自体(7)

⑨使用価値が製品として作業プロセスから出ると、他の使用価値、以前の労働プロセスの製品が生産手段としてそれに入ります。同じ使用価値、これの産物は、その労働の生産の手段を形成します。したがって、製品は結果だけではなく、作業プロセスの条件でもあります。
⑨When a use-value comes out of the working process as a product, other use-values, products of former labor-processes, enter into it as means of production. The same use-value, the product of this, forms the means of production of that labor. Products are therefore not only a result, but also a condition of the work process.

⑩With the exception of the extractive industry, which finds its object of work by nature, such as mining, hunting, fishing, etc. (agriculture only in so far as it breaks the virgin earth itself in the first instance), treat all branches of an object, the raw material, ie already by the work filtered work item, itself is already working product. For example, the seed in agriculture. Animals and plants that are considered to be natural products are not only products of perhaps the work of last year, but, in their present forms, products of a transformation continued by many generations under human control, by means of human labor. But as far as the means of work are concerned, their immense majority shows to the most superficial view the trace of past labor.
⑩採掘、狩猟、漁業など、本来的に仕事の目的があるとされている採掘産業を除いて(最初の段階では処女地自体を破壊する限りにおいてのみ農業)、オブジェクト、つまり原材料、つまりすでに作業フィルタリング済み作業項目によって、それ自体はすでに作業成果物です。たとえば、農業の種です。天然物と考えられている動植物は、おそらく昨年の作品の産物だけでなく、現在の形では、人間の労働力によって、人間の管理下にある何世代にもわたって変容の産物が続いています。しかし、仕事の手段に関する限り、彼らの計り知れない大多数は最も表面的な見解に過去の労働の痕跡を示しています。

⑪The raw material may form the main substance of a product or may be included only as an adjuvant in its formation. The adjuvant is consumed by the working medium, such as coal from the steam engine, oil from the wheel, hay from the draft horse, or added to the raw material to cause a material change, such as chlorine to unbleached canvas, coal to iron, color to wool, or he supports the work itself, such as related materials for the lighting and heating of the workplace. The difference between the main substance and the excipient blurs in the actual chemical production, because none of the raw materials used reappear as the substance of the product.(8th)
⑪原材料は、製品の主要物質を形成してもよく、またはその形成において補助剤としてのみ含まれてもよい。補助剤は、蒸気エンジンからの石炭、車輪からの油、ドラフト馬からの干し草などの作業媒体によって消費されるか、原材料に添加されて塩素から未漂白キャンバスへ、石炭から鉄へと材料の変化を引き起こす。 、羊毛の色、または職場の照明や暖房のための関連資料など、作品自体を支えます。主原料と賦形剤の違いは、実際の化学品製造においては使用される原材料のどれも製品の原料として再出現しないため、ぼやけます。

<197> ⑫Since every thing possesses many properties and is therefore capable of different uses, the same product can form the raw material of very different working processes. Grain, for example, is raw material for millers, starch manufacturers, distillers, ranchers, etc. It becomes the raw material of its own production as a seed. Thus, coal emerges as a product of the mining industry and as a means of production into it.
<197>⑫すべてのものが多くの特性を持ち、したがってさまざまな用途に対応できるので、同じ製品で非常に異なる作業工程の原料を形成することができます。例えば、穀物は製粉業者、でんぷん製造業者、蒸留業者、牧場主などのための原料である。それはそれ自体の種子の種子の生産の原料になる。このように、石炭は鉱業の産物として、そしてそれへの生産の手段として出現します。

⑬同じ製品が、同じ作業プロセスで作業機器と原材料を兼ねることがあります。例えば家畜では、家畜、加工された原材料が同時に肥料生産の手段となります。
⑬The same product may serve as work equipment and raw material in the same work process. At the livestock, for example, where the livestock, the processed raw material, is at the same time a means of fertilizer production.

⑭A product that exists in a form ready for consumption can once again become the raw material of another product, like the grape becomes the raw material of the wine. Or the work releases its product into forms in which it is only usable again as raw material. Raw material in this state means semi-finished product and would be better known as stage product, such as cotton, thread, yarn, etc. Although already a product, the original raw material may have to go through a whole series of different processes, in which it always works as a raw material in ever changing shape until the last working process, which repels it as a finished food or finished work equipment.
⑭ブドウがワインの原材料になるのと同様に、すぐに消費できる形で存在する商品が別の商品の原材料になることができます。あるいは、作品はその製品を、それが原材料としてしか使用できない形に解放します。この状態の原材料は半製品を意味し、綿、糸、糸などのステージ製品としてよく知られているでしょう。すでに製品ではありますが、元の原材料は一連の異なるプロセスを経なければならない場合があります。それはそれが完成した食品または完成した作業機器としてそれを撃退する最後の作業工程まで絶えず変化する形で原料として常に働く。

⑮ One sees: Whether a utility value appears as raw material, means of work or product depends entirely on its particular function in the working process, on the place which it occupies in it, and with the change of this place these determinations change.
⑮実用価値が原材料として現れるのか、仕事の手段として働くのか製品として現れるのかは、作業過程におけるその特定の機能、それが占める場所に完全に依存し、そしてこの場所の変化と共にこれらの決定は変わる。

⑯生産手段としての新しい作業工程への参入の結果として、製品はそれゆえ製品の特徴を失う。それらは生活仕事の客観的要因としてのみ機能する。スピナーはスピンドルをあくまで手段として扱いますが、それをもって亜麻は彼が回転させる対象としてのみ扱います。ただし、素材とスピンドルを回転させずにスピンすることはできません。これらの製品の存在<4。したがって、この製品のエディションは紡績の開始時に必要です。しかし、このプロセスでは、栄養の行為には無関係であり、パンはバウアー、ミュラー、ベイカーの過去の仕事の産物であり、逆もまた同様であるが、亜麻とスピンドルが過去の労働の産物であることも同様に無関係である。作業工程における生産手段が過去の労働の産物としての性格を主張しているのであれば、それらの欠陥によってもそうである。切れないナイフ、絶えず引き裂く糸などは、Cutler AとGarnwichser Eを鮮やかに思い出させます。成功した製品では、その機能的性質の調停は過去の研究によって消滅しました。
⑯As a result of their entry as a means of production into new work processes, products therefore lose the character of the product. They only function as objective factors of living work. The spinner treats the spindle only as a means, with which, the flax only as an object, which he spins. However, you can not spin without spinning material and spindle. The presence of these products <4. Edition of this product> is therefore required at the beginning of spinning. In this process, however, it is equally indifferent that flax and spindle are products of past labor, as it is indifferent in the act of nutrition, that bread is the product of the past work of Bauer, Müller, Baker, and vice versa. If means of production in the working process assert their character as products of past labor, so by their defects. A knife that does not cut, yarn that tears constantly, etc., reminds vividly of Cutler A and Garnwichser E. In the successful product, the mediation of its functional properties is extinguished by past work.

⑰<198> A machine that does not serve in the work process is useless. It also falls victim to the destructive power of natural metabolism. The iron rusted, the wood rots. Yarn that is not interwoven or knotted is spun cotton. Living labor must grasp these things, awaken them from the dead, transform them from possible into actual and effective use-values. Licked by the fire of labor, as bodies acquire it, their enthusiasm for their conceptual and professional functions in the process, they are also consumed, but expediently, as educational elements of new use-values, of new products that are capable of being consumed in individual consumption or food to enter into a new working process as a means of production.
⑰作業工程で機能しない機械は無用です。それはまた自然な代謝の破壊的な力の犠牲になります。鉄は錆び、木は腐る。織り合わされていないまたは結ばれていない糸は紡績綿です。生活労働はこれらのことを把握し、それらを死者から目覚めさせ、それらを可能なものから実際のそして効果的な使用価値に変えなければならない。労働者の労力に悩まされ、組織がそれを取得するにつれて、そのプロセスにおける概念的および職業的機能に対する彼らの熱意も消費されるが、好都合なことに、新しい使用価値の教育的要素として、消費され得る新しい製品生産の手段として新しい作業プロセスに入るために個々の消費か食糧で。

⑱したがって、既存の製品が結果だけでなく作業プロセスの存在条件でもある場合、それらを投入すること、つまり生活労働と接触させることが、過去の労働の製品を保存し実現する唯一の手段です。効用値
If, therefore, existing products are not only results, but also conditions of existence of the working process, then their throwing into it, that is, their contact with living labor, is the only means of preserving and realizing these products of past labor as utility values.

⑲ Work consumes and consumes its material elements, its object and its means, and is therefore the process of consumption. This productive consumption differs from individual consumption in that the latter consumes the products as food of the living individual, the former as products of labor, of his working labor. The product of individual consumption is therefore the consumer, and the result of productive consumption is a product different from the consumer.
⑲ 仕事はその物質的な要素、その目的そしてその手段を消費しそして消費し、そしてそれ故に消費の過程である。この生産的な消費は個人の消費とは異なり、後者は製品を生きている個人の食料として、前者は労働の産物として、彼の労働労働のうちに消費します。したがって、個人消費の製品は消費者であり、生産的消費の結果は消費者とは異なる製品です。

⑳その手段とその主題がそれ自体が製品である場合、その作品は製品を作り出すために製品を消費するか、または製品の生産の手段として製品を使用します。しかし、作業過程は最初は人の介入なしに存在する人間と地球の間でのみ進行するので、自然に存在するそのような生産手段は自然の物質と人間の労働のいかなる組み合わせにも役立たない。
⑳ If their means and their subject matter are themselves products, the work consumes products to create products, or uses products as a means of production of products. But as the working process initially proceeds only between man and the earth existing without his intervention, such means of production, which exist naturally, do not serve any combination of natural substance and human labor.

21-①The working process, as we have shown it in its simple and abstract moments, is purposeful activity for the production of utility values, appropriation of the natural for human needs, general condition of the metabolism between man and nature, eternal natural condition of human life and therefore independent of any form this life, but rather all its social forms in common. We therefore had no need to portray the worker in relation to other workers.
21-①その作業過程は、その単純で抽象的な瞬間にそれを示したように、効用価値の生産、人間の必要のための自然の割り当て、人間と自然の間の代謝の一般的条件、人間の生命の永遠の自然条件のための意図的な活動です。したがって、この人生ではなく、むしろその社会的形態すべてに共通の形態から独立しています。したがって、私たちは他の労働者との関係で労働者を描く必要はありませんでした。

<199>
21-②その人と彼の作品は十分なもの、性質とその素材は反対側にあります。それを造った小麦を味わう人はほとんどいないので、奴隷監督の残忍な鞭の下でも、あるいは資本家の心配の目の下でも、シンシナタスがそれを行うのかどうかにかかわらず、それが進む条件の下でこのプロセスをほとんど見ません。彼の数少ないジュゲラの順番<朝>または石で獣を殺す野蛮人(9)
<199>
21-②The man and his work on the  sufficient one, nature and its materials on the other side. As little as one tastes the wheat, who built it, so little does one look at this process under which conditions it proceeds, whether under the brutal whip of the slave-overseer or under the anxious eye of the capitalist, whether Cincinnatus does it in the order of his few jugera <morning> or the savage who kills a beast with a stone.(9)

22-① Let us return to our capitalist in spe. After having bought on the commodity market all the factors necessary for a working process, we abandoned him, the figurative factors or the means of production, the personal factor or the worker. With a clever connoisseur's eye, he has selected the appropriate means of production and manpower for his particular business, spinning, boot making, etc. Our capitalist therefore begins to consume the commodity he has bought, the labor-power, that is, he lets the bearer of labor, the laborer, consume the means of production through his labor.
22-①speで資本家に戻りましょう。ワーキングプロセスに必要なすべての要素を商品市場で購入した後、私たちは彼、比喩的な要素または生産手段、個人的な要素または労働者を放棄しました。賢い目利きの目で、彼は彼の特定のビジネス、紡績、ブーツ作りなどのために生産とマンパワーの適切な手段を選択しました。したがって、私たちの資本家は彼が買った商品、労働力を消費し始めます。労働の担い手である労働者は、自分の労働を通して生産手段を消費します。

22-②もちろん、作業プロセスの一般的な性質は、作業者が自分自身ではなく資本家のために行うように変化しません。しかし、ブーツを作ったり糸を回転させたりする具体的な方法でさえ、最初は資本家の介入を通して変えることはできません。資本主義者がいなかった時代から生じた労働力を含め、彼は最初に市場で見つけた労働力を手に入れなければなりません。労働を資本に従属させることによる生産形態自体の転換は後に起こるかもしれず、したがって後に考慮されなければならない。
22-② Of course, the general nature of the work process does not change as the worker does it for the capitalist, rather than for himself. But even the specific way in which one makes boots or spins yarn can not change at first through the intervention of the capitalist. He must first take the manpower he finds on the market, including his labor, as it sprang from a period when there were no capitalists. The transformation of the mode of production itself through the subordination of labor to capital may occur later and must therefore be considered later.

23 The labor process, as it proceeds as the process of consuming the worker by the capitalist, now shows two peculiar phenomena.
23資本主義者が労働者を消費する過程として進行するにつれて、労働過程は今や二つの特有の現象を示している。

24労働者は自分の仕事が属する資本家の管理下で働く。資本家は、その仕事はきちんとしており、迅速な製造手段が有利に使用されるので、無駄な原材料や作業器具を節約することはなく、それはその仕事にその使用が有効になると破壊されるだけである。
24The worker works under the control of the capitalist to whom his work belongs. The capitalist fits that the work is neat and rapid installation means of production are advantageously used, so no <200> wasted raw materials and conserve the working instrument, that is only so far destroyed when ernötigt its use in the work.

25-①Secondly, the product is the property of the capitalist, not of the immediate producer, of the worker. The capitalist pays for example the daily value of the worker. Their use, like that of every other commodity, for example, a horse, which he rented for a day, therefore belongs to him for the day. The buyer of the goods owns the use of the goods, and the owner of the worker, in fact, only gives the use-value he has sold by giving his work. From the moment he entered the workshop of the capitalist, the utilitarian value of his labor power, that is, its use, labor, the capitalist, belonged.
25-①第二に、製品は労働者の直接生産者ではなく、資本家の財産です。資本家は例えば労働者の毎日の価値を支払います。他のすべての商品、たとえば彼が1日借りた馬などの用途は、その日のうちに彼に属します。商品の購入者は商品の使用を所有し、労働者の所有者は実際、自分の仕事をすることによって売った使用価値のみを与えます。彼が資本家の工房に入った瞬間から、彼の労働力の実用的価値、すなわちその使用、労働、資本家が属していた。

25-②資本家は、労働を購入することによって、労働自体を生きた発酵物質として彼のものである製品の死んだ教育的要素に組み入れた。彼の見地からは、作業過程は彼が買った商品の消費だけである、しかし彼は彼の生産手段を加えることによってそれを消費することができるだけである。作業プロセスは、資本家が購入したものと彼に属するものとの間のプロセスです。この過程の産物は彼の地下室での発酵過程の産物と同じくらいに彼のものである(10)。
25-②The capitalist, through the purchase of labor, incorporated labor itself as a living fermentation substance into the dead educational elements of the product which belonged to him as well. From his point of view the working process is only the consumption of the commodity he has bought, but he can only consume it by adding his means of production. The working process is a process between things the capitalist has bought and things belonging to him. The product of this process belongs to him just as much as the product of the fermentation process in his cellar.(10)

--------------------------------------------
https://www.marxists.org/archive/marx/works/download/pdf/Capital-Volume-I.pdf

Chapter 7: The Labour-Process and the Process
of Producing Surplus-Value
第7章労働過程とその過程 価値の創出
Section 1: The Labour-Process or the Production of Use-Values
セクション1:労働過程または使用価値の生成
①The capitalist buys labour-power in order to use it; and labour-power in use is labour itself.
The purchaser of labour-power consumes it by setting the seller of it to work. By working, the latter becomes actually, what before he only was potentially, labour-power in action, a labourer. In order that his labour may re-appear in a commodity, he must, before all things, expend it on something useful, on something capable of satisfying a want of some sort. Hence, what the capitalist sets the labourer to produce, is a particular use-value, a specified article.
①資本家はそれを使うために労働力を買う。そして使用中の労働力は労働そのものです。労働力の購入者は、それの売り手を仕事に設定することによってそれを消費します。働くことによって、後者は実際には、彼が潜在的に活動的な労働力、労働者にすぎなかったものになります。彼の労働力が商品に再び現れる可能性があるために、彼は、すべてのことの前に、何かの欲求を満たすことができる何かのためにそれを役に立つ何かに費やさなければなりません。したがって、資本家が労働者に生産させることを設定するのは、特定の用途価値、特定の記事です。

使用価値または商品の生産が資本家の管理下でそして彼に代わって行われるという事実は、その生産の一般的な性格を変えることはありません。したがって、私たちは、まず第一に、与えられた社会的状況のもとで想定される特定の形態とは無関係に労働過程を考慮しなければならないでしょう。
The fact that the production of use-values, or goods, is carried on under the control of a capitalist and on his behalf, does not alter the general character of that production. We shall, therefore, in the first place, have to consider the labour-process independently of the particular form it assumes under given social conditions.

②Labour is, in the first place, a process in which both man and Nature participate, and in which man of his own accord starts, regulates, and controls the material re-actions between himself and Nature. He opposes himself to Nature as one of her own forces, setting in motion arms and legs,head and hands, the natural forces of his body, in order to appropriate Nature’s productions in a form adapted to his own wants. By thus acting on the external world and changing it, he at the same time changes his own nature.
②-①労働は、そもそも、人間と自然の両方が参加する過程であり、そして自分自身の合意に基づいて人間が自らと自然との間の物質的な再活動を始め、規制し、そして支配する過程です。彼は自分の力の一つとして自然に反対し、腕と脚、頭と手、身体の自然な力を動かして、自分の欲求に合わせた形で自然の作品を適切なものにする。このように外界に働きかけてそれを変えることによって、彼は同じ時間が彼自身の性質を変えます。

②-②He develops his slumbering powers and compels them to act in obedience to his sway. We are not now dealing with those primitive instinctive forms of labour that remind us of the mere animal. An immeasurable interval of time separates the state of things in which a man brings his labour-power to market for sale as a commodity, from that state in which human labour was still in its first instinctive stage. We pre-suppose labour in a form that stamps it as exclusively human. A spider conducts operations that resemble those of a weaver,and a bee puts to shame many an architect in the construction of her cells. But what distinguishes the worst architect from the best of bees is this, that the architect raises his structure in imagination before he erects it in reality. At the end of every labour-process, we get a result that already existed in the imagination of the labourer at its commencement.
②-②彼は自分の眠る力を発達させ、彼らに行動を起こさせる彼の揺れに従順に。私たちは今、単なる動物を思い出させるような原始的な本能的な労働形態を扱っていません。計り知れないほどの時間間隔が、人がその労働力を商品として売りに出すための物的状態を、人的労働がまだその最初の本能的な段階にあった状態から切り離しています。私たちは労働をもっぱら人間的なものとして刻印する形で労働を仮定します。クモはウィーバーの操作に似た操作を行います、そしてハチは彼女の細胞の構築において多くの建築家を恥じさせます。しかし、最悪の建築家と蜂の最良の建築家を区別するのは、建築家がそれを現実に建てる前に想像力で構造を上げるということです。すべての労働過程の終わりに、我々はその開始時に労働者の想像力の中にすでに存在していた結果を得ます。

②-③彼は、自分が取り組んでいる素材の形式を変えるだけでなく、自分の手口に律法を与え、自分の意思に従わなければならないという自分自身の目的も理解しています。
そして、この従属は単なる瞬間的な行為ではありません。身体の臓器を働かせることに加えて、このプロセスでは、手術全体を通して、職人は着実に自分の目的に合ったものになることが求められます。これは細心の注意を払うことを意味します。彼が作品の性質、そしてそれが引き継がれる様式に惹かれることが少なければ少ないほど、そしてそれゆえに、彼はそれを彼の身体的および精神的な力に遊びを与える何かとして楽しむほど、彼の注意はより密接に強いられる。することが。
②-③He not only effects a change of form in the material on which he works, but he also realises a purpose of his own that gives the law to his modus operandi, and to which he must subordinate his will.
And this subordination is no mere momentary act. Besides the exertion of the bodily organs, the process demands that, during the whole operation, the workman’s will be steadily in consonance with his purpose. This means close attention. The less he is attracted by the nature of the work, and the mode in which it is carried on, and the less, therefore, he enjoys it as something which gives play to his bodily and mental powers, the more close his attention is forced to be.

③労働過程の基本的な要因は1、人間の個人的な活動、すなわち自分自身で働く2、その作品の主題、および3、その楽器。
③The elementary factors of the labour-process are 1,
the personal activity of man, i.e., work itself,
2, the subject of that work, and 3, its instruments.

④The soil (and this, economically speaking, includes water) in the virgin state in which it supplies 1 man with necessaries or the means of subsistence ready to hand, exists independently of him, and is the universal subject of human labour. All those things which labour merely separates from immediate connexion with their environment, are subjects of labour spontaneously provided by Nature. Such are fish which we catch and take from their element, water, timber which we fell in the virgin forest, and ores which we extract from their veins. If, on the other hand, the subject of labour has, so to say, been filtered through previous labour, we call it raw material; such is orealready extracted and ready for washing. All raw material is the subject of labour, but not every
subject of labour is raw material: it can only become so, after it has undergone some alteration by means of labour.
④一人の人間に必要なものや手渡すことができる形で一人の人間に供給している処女状態の土壌(そして経済的には水を含む)は、彼とは無関係に存在し、人間の労働の普遍的な主題です。労働がその環境との直接の関係から単に分離するものはすべて、自然によって自然に提供される労働の対象です。そのようなものは、私たちがその要素から捕獲して取り込む魚、水、私たちが原生林に落ちた木材、そして私たちが彼らの静脈から抽出した鉱石です。一方、労働の主題が、いわば、以前の労働を通してフィルタリングされている場合、それを原材料と呼びます。
これはすでに抽出されており、洗浄の準備ができています。すべての原材料は労働の対象ですが、すべてがそうであるとは限りません。
労働の対象は原材料です:それは労働によって何らかの変更を受けた後に、そうなることができます。

⑤An instrument of labour is a thing, or a complex of things, which the labourer interposes between himself and the subject of his labour, and which serves as the conductor of his activity. He makes use of the mechanical, physical, and chemical properties of some substances in order to make other substances subservient to his aims.2
⑤-①労働の道具は、労働者が自分自身と自分の労働の主体との間に介在し、活動の指揮者として働くこと、あるいは物の複合体です。彼は他の物質を彼の目的に従順にするためにいくつかの物質の機械的、物理的および化学的性質を利用しています。

⑤-②そのような既製の果物としての自給自足を考慮せずに、自分自身の手足が彼の労働の道具として役立つことを集めることにおいて、労働者が自分自身が持っている最初のものは労働の主題ではなくその道具です。このように、自然は彼の活動の一つの器官、彼が彼自身のものに併合するものになります。聖書にもかかわらず、体の臓器。
⑤-②Leaving out of consideration such ready-made means of subsistence as fruits, in gathering which a man’s own limbs serve as the instruments of his labour, the first thing of which the labourer possesses himself is not the subject of labour but its instrument. Thus Nature becomes one of the organs of his activity, one that he annexes to his own bodily organs, adding stature to himself in spite of the Bible.

⑤-③As the earth is his original larder, so too it is his original tool house. It supplies him, for instance, with stones for throwing, grinding, pressing, cutting, &c. The earth itself is an instrument of labour, but when used as such in agriculture implies a whole series of other instruments and a comparatively high development of labour.3
⑤-③地球は彼の元来の略奪者であるので、それも彼の最初の道具屋敷です。それは例えば投げ、挽き、押し、切るための石を彼に供給する。地球自体は労働の道具ですが、農業でそのように使われるとき、他の道具の全体のシリーズと労働力の比較的高い発展を意味します。labour.3

⑤-④No sooner does labour undergo the least development, than it requires specially prepared instruments. Thus in the oldest caves we find stone implements and weapons. In the earliest period of human history domesticated animals, i.e., animals which have been bred for the purpose, and have undergone modifications by means of labour, play the chief part as instruments of labour along with specially prepared stones, wood, bones, and shells.4
⑤-④特別に準備された道具が必要とされるよりも早く、労働が最小の発展を遂げることはありません。したがって、最も古い洞窟の中には石器や武器があります。早くから人類史の時代飼いならされた動物、すなわちその目的のために繁殖され、そして労働によって改造された動物は、特別に用意された石、木、骨、そして貝殻とともに労働の道具として主役を演じます4。

⑤-⑤分娩器具の使用と製造は、ある種の動物の中では生殖細胞に存在していますが、特に人間の分娩過程の特徴であり、それゆえフランクリンは人間を道具作りの動物と定義しています。消滅した労働機器の遺物は、絶滅した動物の種を決定するための化石骨がそうであるように、社会の絶滅した経済形態の調査にとって同じ重要性を持っています。それは、作られた記事ではなく、それらがどのように作られ、そしてどのような道具によって作られたのかによって、私たちは異なる経済的時代を区別することができます。 5
⑤-⑤The use and fabrication of instruments of labour, although existing in the germ among certain species of animals, is specifically characteristic of the human labour-process, and Franklin therefore defines man as a tool-making animal. Relics of bygone instruments of labour possess the same importance for the investigation of extinct economic forms of society, as do fossil bones for the determination of extinct species of animals. It is not the articles made, but how they are made, and by what instruments, that enables us to distinguish different economic epochs. 5

⑤-⑥Instruments of labour not only supply a standard of the degree of development to which human labour has attained, but they are also indicators of the social conditions under which that labour is carried on.
⑤-⑥労働の道具は、人間の労働力が達成した発達の程度の基準を提供するだけでなく、その労働力が実行される社会的状況の指標でもあります。

⑤-⑦Among the instruments of labour, those of a mechanical nature, which, taken as a whole, we may call the bone and muscles of production, offer much more decided characteristics of a given epoch of production, than those which, like pipes, tubs, baskets, jars, &c., serve only to hold the materials for labour, which latter class, we may in a general way, call the vascular system of production.
⑤-⑦労働の道具の中で、機械的性質のものは、全体として見れば、生産の骨と筋肉と呼ぶことができ、パイプ、浴槽のようなものよりはるかに決定的な生産の時代の特徴を提供します。バスケット、ジャーなどは、労働のための材料を保持するためだけに使用されます。後者のクラスは、一般的には血管生産システムと呼ぶことができます。

⑤-⑧The latter first begins to play an important part in the chemical industries.In a wider sense we may include among the instruments of labour, in addition to those things that are used for directly transferring labour to its subject, and which therefore, in one way or another,serve as conductors of activity, all such objects as are necessary for carrying on the labourprocess.
⑤-⑧後者は化学工業で最初に重要な役割を果たし始めます。広い意味で私達は労働の道具の中に、それらのものに加えて含めることができる
それは、何らかの方法で活動の指揮者として働き、労働過程を遂行するために必要なすべてのものです。

⑥これらはプロセスに直接入ることはありませんが、それらがなければ、それがまったく行われることは不可能であるか、または部分的にのみ可能です。もう一度私たちは地球が,この種の普遍的な道具は、それが労働者と彼の活動のための雇用の場への場所の立場を提供するからです。以前の労働の結果であり、このクラスにも属する道具の中には、ワークショップ、運河、道路などがあります。
⑥These do not enter directly into the process, but without them it is either impossible for it to take place at all, or possible only to a partial extent. Once more we find the earth to be a universal instrument of this sort, for it furnishes a locus standi to the labourer and a field of employment for his activity. Among instruments that are the result of previous labour and also belong to this class, we find workshops, canals, roads, and so forth.

⑦In the labour-process, therefore, man’s activity, with the help of the instruments of labour, effects an alteration, designed from the commencement, in the material worked upon. The process disappears in the product, the latter is a use-value, Nature’s material adapted by a change of form to the wants of man. Labour has incorporated itself with its subject: the former is materialised, the latter transformed. That which in the labourer appeared as movement, now appears in the product as a fixed quality without motion. The blacksmith forges and the product is a forging.
⑦したがって、労働過程において、労働の道具の助けを借りて、人間の活動は、始めから設計された、修正された材料の変更をもたらします。その過程は製品から消え、後者は使用価値であり、人間の欲求への形態の変化によって適応された自然の素材です。労働はそれ自身をその主題と合体させた:前者は成立し、後者は変容した。労働者には動きとして現れたものが、動きのない固定品質として製品に現れます。鍛冶屋鍛造品と製品は鍛造品です。

⑧If we examine the whole process from the point of view of its result, the product, it is plain that both the instruments and the subject of labour, are means of production,6 and that the labour itselfis productive labour.7
その結果、すなわち製品という観点からプロセス全体を検討すると、道具と労働の対象の両方が生産の手段であることは明白であり6、労働自体が生産的労働力であることは明白である7。

製品の形での使用価値は、労働過程からの問題ですが、それ以外の使用価値、前の労働の製品は生産の手段としてそれに入ります。同じ使用価値は、前のプロセスの生成物でも後のプロセスの生産手段でもあります。したがって、製品は結果だけではなく、労働の本質的な条件でもあります。
Though a use-value, in the form of a product, issues from the labour-process, yet other usevalues,products of previous labour, enter into it as means of production. The same use-value is both the product of a previous process, and a means of production in a later process. Products are therefore not only results, but also essential conditions of labour.

With the exception of the extractive industries, in which the material for labour is provided immediately by Nature, such as mining, hunting, fishing, and agriculture (so far as the latter is confined to breaking up virgin soil), all branches of industry manipulate raw material, objects already filtered through labour, already products of labour. Such is seed in agriculture.
採掘、狩猟、漁業、農業など、労働の材料が自然によって即座に提供される採掘産業を除いて(後者は未使用の土壌を粉砕することに限定されている限り)、産業のすべての部門が操ります。原材料、労働を通じてすでにろ過された物体、すでに労働の産物。これが農業の種です。

私たちが自然の産物として考えるのに慣れている動物や植物は、昨年の労働の産物だけでなく、人間の監督下で、そして何世代にもわたって続いている段階的な変革の結果として、現在の形をしています。彼の労働の手段。しかし多くの場合、労働の道具は最も表面的な観察者にさえ見せて、過去の年齢の労働の跡。
Animals and plants, which we are accustomed to consider as products of Nature, are in their present form,not only products of, say last year’s labour, but the result of a gradual transformation, continued through many generations, under man’s superintendence, and by means of his labour. But in the
great majority of cases, instruments of labour show even to the most superficial observer, traces of the labour of past ages.

Raw material may either form the principal substance of a product, or it may enter into its formation only as an accessory. An accessory may be consumed by the instruments of labour, as coal under a boiler, oil by a wheel, hay by draft-horses, or it may be mixed with the raw material in order to produce some modification thereof, as chlorine into unbleached linen, coal with iron,dye-stuff with wool, or again, it may help to carry on the work itself, as in the case of the
materials used for heating and lighting workshops.
原材料は、製品の主要物質を形成するか、または付属品としてのみ形成される可能性があります。付属品は、ボイラーの下の石炭、ホイールによる油、ドラフト馬による干し草などの労働機器によって消費されるか、原材料と混合される可能性があります。
塩素を漂白されていないリネン、鉄を含む石炭、羊毛を含む染料などに改質するためには、それ自体が作品のように仕事を続けるのを助けるかもしれません。暖房および照明ワークショップに使用される材料。

主な物質と付属品との間の区別は、本来の組成のままで、製品の物質の中には、原材料のいずれも再現されないため、真の化学産業では消滅します
The distinction between principal substance and accessory vanishes in the true chemical industries, because there none of the raw material reappears,in its original composition, in the substance of the product.8

Every object possesses various properties, and is thus capable of being applied to different uses.
すべてのオブジェクトはさまざまなプロパティを持っているため、さまざまな用途に適用できます。

したがって、まったく同一の製品が、非常に異なるプロセスで原材料として機能する可能性があります。例えば、トウモロコシは製粉業者、デンプン製造業者、蒸留業者、および家畜飼育者の原料です。
それはまた原料として種の形でそれ自身の生産に入ります。石炭も同じです石炭採掘の製品とその生産手段。
One and the same product may therefore serve as raw material in very different processes. Corn,for example, is a raw material for millers, starch-manufacturers, distillers, and cattlebreeders.
It also enters as raw material into its own production in the shape of seed; coal, too, is at the same
time the product of, and a means of production in, coal-mining.

Again, a particular product may be used in one and the same process, both as an instrument of labour and as raw material. Take, for instance, the fattening of cattle, where the animal is the raw material, and at the same time an instrument for the production of manure.
この場合もやはり、特定の製品は、労働の道具としておよび原料の両方として、同一のプロセスにおいて使用され得る。例えば、動物が原材料である牛の肥育、そして同時に肥料の生産のための道具を考えてみましょう。

製品は、すぐに消費する準備はできていますが、まだワインの原料になるとブドウとして、他の製品の原料として役立つことがあります。一方、綿、糸、および糸の場合のように、労働によってその製品がそのような形で提供される可能性があります。そのような原材料は、それ自体が製品ではあるが、一連の異なるプロセスの全過程を経なければならないかもしれない。一連の最後のプロセスがそれを去るまで、これらはそれぞれ順番に変化する形で原材料として役立つ。完璧な製品、個人消費のため、または労働の道具として使用するための準備ができている。
A product, though ready for immediate consumption, may yet serve as raw material for a further product, as grapes when they become the raw material for wine. On the other hand, labour may give us its product in such a form, that we can use it only as raw material, as is the case with cotton, thread, and yarn. Such a raw material, though itself a product, may have to go through a whole series of different processes: in each of these in turn, it serves, with constantly varying form, as raw material, until the last process of the series leaves it a perfect product, ready for individual consumption, or for use as an instrument of labour.

Hence we see, that whether a use-value is to be regarded as raw material, as instrument of labour,or as product, this is determined entirely by its function in the labour-process, by the position it there occupies: as this varies, so does its character.
したがって、私たちは、使用価値が原材料として、労働の手段として、または製品として見なされるかどうかにかかわらず、これは完全に労働過程におけるその機能によって、それが占める位置によって決定されることを見ます。その性格もそうです。

Whenever therefore a product enters as a means of production into a new labour-process, it thereby loses its character of product, and becomes a mere factor in the process.
それゆえ、製品が生産の手段として新しい労働過程に入るときはいつでも、それはそれによってその製品の性質を失い、そしてその過程の単なる要因になる。

スピナーはスピンドルをスピニング用の道具としてのみ扱い、亜麻は彼がスピンする材料としてのみ扱います。もちろん、材料とスピンドルなしではスピンすることは不可能です。それゆえ、紡績作業の開始時には、これらのものが製品として存在することを推定しなければならない。しかし、その過程において、それらが以前の労働の製品であるという事実は全く無関係な問題である。と同じように
消化過程、それが何でも重要ではない、そのパンは農民、製粉業者、そして製パン業者の前の労働の産物である。
A spinner treats spindles only as implements for spinning, and flax only as the material that he spins. Of course it is impossible to spin without material and spindles; and therefore the existence of these things as products, at the commencement of the spinning operation, must be presumed: but in the process itself, the fact that they are products of previous labour, is a matter of utter indifference; just as in
the digestive process, it is of no importance whatever, that bread is the produce of the previous labour of the farmer, the miller, and the baker.

On the contrary, it is generally by their imperfections as products, that the means of production in any process assert themselves in their character of products. A blunt knife or weak thread forcibly remind us of Mr. A., the cutler, or Mr. B., the spinner. In the finished product the labour by means of which it has acquired its useful qualities is not palpable, has apparently vanished.
それどころか、製品としての不完全性によるのが一般的であり、あらゆるプロセスにおける生産手段は製品の性格においてそれ自体を主張しています。鈍いナイフまたは弱い糸は、強制的にカトラーのAさん、またはスピナーのBさんを思い出させます。完成品では、それがその有用な資質を獲得したことによる労働は明白ではなく、明らかに消滅した。

労働目的を果たさない機械は無用です。さらに、それは自然の力の破壊的な影響の犠牲になります。鉄のさびと木の腐敗我々が織ることも編むこともしない糸は、綿の無駄です。生きている労働者はこれらのことをつかみ、それらをから誘い出さなければならない
彼らの死 - 眠り、それらを単なる可能性のある使用価値から実際のそして効果的なものに変えます。
A machine which does not serve the purposes of labour, is useless. In addition, it falls a prey to the destructive influence of natural forces. Iron rusts and wood rots. Yarn with which we neither weave nor knit, is cotton wasted. Living labour must seize upon these things and rouse them from
their death-sleep, change them from mere possible use-values into real and effective ones.

Bathed in the fire of labour, appropriated as part and parcel of labour’s organism, and, as it were, made alive for the performance of their functions in the process, they are in truth consumed, but consumed with a purpose, as elementary constituents of new use-values, of new products, ever ready as means of subsistence for individual consumption, or as means of production for some new labour-process.
労働の火の中に入れられ、労働の有機体の一部と小包として割り当てられ、その過程でそれらの機能の実行のために生かされて、それらは実際には消費されますが、目的のために基本要素として消費されます個々の消費のための自給自足の手段として、またはいくつかの新しい労働プロセスのための生産の手段として今までに用意された新しい製品の新しい使用価値。

その場合、一方で、完成品が労働プロセスの結果だけでなく必要条件でもある場合、そのプロセスへのそれらの仮定、すなわち生活労働との接触がそれらの唯一の手段である。使用価値の性質を保持して利用することができます。
If then, on the one hand, finished products are not only results, but also necessary conditions, of the labour-process, on the other hand, their assumption into that process, their contact with living labour, is the sole means by which they can be made to retain their character of use-values, and be utilised.

Labour uses up its material factors, its subject and its instruments, consumes them, and is therefore a process of consumption. Such productive consumption is distinguished from individual consumption by this, that the latter uses up products, as means of subsistence for the living individual; the former, as means whereby alone, labour, the labour-power of the living individual, is enabled to act.
労働はその重要な要素、その主題およびその道具を使い果たし、それらを消費し、そしてそれ故に消費のプロセスです。このような生産的消費は個人消費とは区別されます。後者は、生きている個人のための自給自足の手段として製品を使い果たしてしまうからです。前者は、それだけで労働、生きている個人の労働力、が行動することを可能にする手段として。

したがって、個人消費の製品は消費者自身です。生産的な消費の結果は、消費者とは異なる製品です。
The product, therefore, of individual consumption, is the consumer himself; the result of productive consumption, is a product distinct from the consumer.

In so far then, as its instruments and subjects are themselves products, labour consumes products in order to create products, or in other words, consumes one set of products by turning them into means of production for another set. But, just as in the beginning, the only participators in the labour-process were man and the earth, which latter exists independently of man, so even now we still employ in the process many means of production, provided directly by Nature, that do not represent any combination of natural substances with human labour.
それまでのところ、その道具と主題はそれ自体が製品であるので、労働は製品を作るために製品を消費する、言い換えれば、それらを別のセットのための生産手段に変えることによって1セットの製品を消費する。しかし、冒頭と同様に、唯一の参加者は労働過程は人間と地球であり、後者は人間とは無関係に存在するので、今でも私たちは自然から直接提供され、人間の労働と天然物質の組み合わせを表すものではない多くの生産手段をこの過程で採用している。

上記のように単純な基本要素に分解された労働過程は、使用価値の生成、人間の要求への天然物質の割り当てを目的とした人間の行動です。
The labour-process, resolved as above into its simple elementary factors, is human action with a view to the production of use-values, appropriation of natural substances to human requirements;

it is the necessary condition for effecting exchange of matter between man and Nature; it is the everlasting Nature-imposed condition of human existence, and therefore is independent of every social phase of that existence, or rather, is common to every such phase. It was, therefore, not necessary to represent our labourer in connexion with other labourers; man and his labour on one side, Nature and its materials on the other, sufficed. As the taste of the porridge does not tell you who grew the oats, no more does this simple process tell you of itself what are the social conditions under which it is taking place, whether under the slave-owner’s brutal lash, or the anxious eye of the capitalist, whether Cincinnatus carries it on in tilling his modest farm or a savage in killing wild animals with stones.9
それは人間と自然の間で物質の交換を行うために必要な条件です。それは人間が存在するという永遠の自然が課す条件であり、それゆえその存在のあらゆる社会的段階から独立している、あるいはむしろそのようなあらゆる段階に共通している。したがって、他の労働者との関係で私たちの労働者を代表する必要はありませんでした。
一方では人間と彼の労力、他方では自然とその材料は十分であった。お粥の味は麦を栽培した人にはわかりませんが、奴隷所有者の残忍な発疹の下でも不安な目であろうと、それが起こっている社会的条件は何であるかをこの単純なプロセスが自分自身に伝えることはもうありません。資本主義者の、シンシナトゥスが彼のささやかな農場を耕してそれを続けているのか、それとも石で野生動物を殺すのが野蛮なのか。

Let us now return to our would-be capitalist. We left him just after he had purchased, in the open market, all the necessary factors of the labour process; its objective factors, the means of production, as well as its subjective factor, labour-power. With the keen eye of an expert, he has selected the means of production and the kind of labour-power best adapted to his particular trade, be it spinning, bootmaking, or any other kind.
それでは資本主義者に戻りましょう。彼が公開市場で労働過程に必要なすべての要素を購入した直後に私たちは彼を残しました。その客観的要因、生産手段、そしてその主観的要因、労働力。専門家の鋭い目で、彼は彼の特定の取引に最も適した生産手段と労働力の種類を選択しました。

それから彼は労働者、その労働力のなりすましに彼の労働による生産の手段を消費させることによって商品、彼が今買ったばかりの労働力を消費することに進む。労働過程の一般的な性格は、労働者が自分ではなく資本家のために働くという事実によって明らかに変わっていません。さらに、ブートメイキングやスピニングで採用されている特定の方法や操作は、資本家の介入によってすぐには変更されません。彼はそれが市場で見つかるように労働力を取ることから始めなければならず、その結果資本主義者の台頭の直前の期間に見られるような種類の労働に満足しなければならない。
労働を資本に従属させることによる生産方法の変更は後の時期にしか起こらないので、後の章で扱う必要があるでしょう。
資本主義者が労働力を消費する過程に変わった労働過程は、二つの特徴的な現象を示す。第一に、労働者は自分の労働が属する資本家の管理下で働いています。 資本主義者は、仕事が適切な方法で行われ、生産手段が賢く使用されるように細心の注意を払っているので、不要な原材料の浪費や、仕事で必然的に引き起こされる以上の道具の消耗はありません。

第二に、製品は資本家の財産であり、その直接の生産者である労働者のものではありません。資本家がその日の労働力をその価値で支払うとしましょう。そのときその日のためにその力を使う権利は彼に帰属します、彼がその日の間に雇った馬のような他の商品を使う権利と同じくらいにです。

商品の購入者にはその使用が属しており、労働力の販売者は、実際には、自分が売った使用価値の一部にすぎない自分の労働力を与えることによってです。彼が工房に足を踏み入れた瞬間から、彼の労働力の利用価値、そしてそれゆえ労働であるその利用も資本家のものです。労働力を購入することによって、資本家は生の発酵物として労働力を製品の生命のない構成要素と共に取り込む。

彼の見地からすると、労働過程は購入した商品の消費に他ならない。 e  - 労働力のしかし、この消費は、労働力に生産手段を供給すること以外にはもたらされ得ない。労働過程は、資本家が購入したものと彼の財産になったものとの間のプロセスです。それゆえに、このプロセスの産物は彼のもので、彼の地下室で完成した発酵プロセスの産物であるワインと同じくらいにの--ものです。

http://

 

 初版附録 価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月21日(金)14時42分2秒
返信・引用 編集済
  https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/appendix.htm

  初版附録
 §2. The relative value-form
 第二節 相対的価値形態
(a) Relation of equality.
(a)同等性関係。
Since it is the linen which is to express its value, the initiative proceeds from it. It enters into a relation with the coat, i.e. with some other commodity different from itself.
その価値を表現するのはリネンなので、イニシアティブはそれから始まります。それはコートとの関係、すなわちそれ自体とは異なる他の商品との関係に入る。

This relation is a relation of equalisation (Gleichsetzung).
この関係は、同等性(Gleichsetzung)関係である。

The basis of the expression ‘20 yards of linen = 1 coat’ is in fact: linen = coat, which expressed in words simply means: ‘the commodity-type “coat” is of the same nature (ist gleicher Natur), the same substance as the “linen,” a type of commodity different from it’.
「20ヤードのリネン= 1コート」という表現の根拠は、実際には:リネン=コートは、単に「商品タイプのコート」が同じ性質(ist gleicher Natur)であることを意味する物質を「リネン」、それとは異なる商品の一種と呼んでいます。

We overlook that for the most part, because attention is absorbed by the quantitative relation, i.e. by the definite proportion, in which the one type of commodity is equated to the other.
我々は、大部分を見落としている。注目は定量的な関係、すなわちあるタイプの商品が他の商品と同等である明確な割合によって、そのことが吸収されるからである。

We forget that the magnitudes of different things are only quantitatively comparable after their reduction to the same unit.
我々は、異なるものの大きさは、同じ単位に還元された後にのみ定量的に比較可能であることを忘れている。

Only as expressions of the same unit are magnitudes with the same denominator (gleichnamige) and hence commensurable. In the above expression the linen thus relates to the coat as something of its own kind, or the coat is related to the linen as a thing of the same substance, as the same in essence (Wesensgleiches). The one is therefore quantitatively equated to the other.
同じ単位の表記が、同じ分母(グライクナージェー)の大きさであり、それゆえにこそ相応します。上の表現では、リネンはそれ自身の同種類のものとしてコートに関係しているか、コートは同じ物質のものとしてリネンに関連しています(本質的には同じです)(Wesensgleiches)。したがって、一方は他方に定量的にのみ同等である。

(b) Value-relation.(b)価値関係。
The coat is only the same as the linen to the extent that both are values. Thus that the linen is related to the coat as to something of its own kind or that the coat as a thing of the same substance is equated to linen, expresses the fact that the coat counts in this relation as value. It is equated to the linen insofar as the latter is value as well.
コートは、両方が価値である限り、リネンと同じです。 したがって、リネンは、それ自体の種類の何かに関するコートに関連しているか、同じ物質のものとしてのコートがリネンと同等であるということは、コートがこの関係において価値として数えるという事実を表す。 後者が価値である限り、それはリネンと同等である。

The relation of equality is thus a value-relation, but the value-relation is above all the expression of the value or the existence as value of the commodity which expresses its value. As use-value, or body of the commodity (Warenkörper), the linen is distinguished from the coat. But its existence as value comes to light, is expressed in a relation, in which another commodity-type, the coat, is equated to it or counts as the same in essence.
したがって、同等の関係は価値関係であるが、価値関係は、とりわけその価値を表現する商品の価値としての価値存在である。商品の使用価値または身体(Warenkörper)として、リネンはコートと区別されます。しかし、価値存在は、他の商品型、コートがそれと同等であるか、本質的に同じであるという関係で表現される。

(c) Qualitative content (Gehalt) of the relative value-form, contained in the value-relation.
(Gehalt)。
(c)価値関係に含まれる相対価値形態の定性的内容
The coat is value only to the extent that it is the expression, in the form of a thing, of the human labour-power expended in its production and thus insofar as it is a jelly of abstract human labour  abstract labour, because abstraction is made from the definite useful concrete character of the labour contained in it, human labour, because the labour counts here only as expenditure of human labour-power as such.
Within this relation the coat thus counts only as shape of value (Gestalt von Wert 価値の形 ), hence also as the form of the value (Wertgestalt 値の形状) of the linen, as the sensible form of appearance of the value of the linen.

コートは価値あるものであり、人間労働力が生産で消費されたものの形で表現され、抽象的人間労働としての抽象である限り抽象的な労働である。 その中に含まれている労働の明確で有益な具体的な性格、すなわち人間の労働力から作られたものである。なぜなら、ここでの労働は人間の労働力の支出としてだけであるからである。

この関係の中で、コートは価値と観なされ(ゲシュタルト・フォン・ワート)、その形状としてしか見えないので、リネン価値の出現の合理的な形としてのリネンの価値形態(ウェットゲシュタルト)としてもカウントされます。
  <今村訳--このように、リネンはその唯一の素材が人間労働からなる一個の身体」(物体)
  としての上着に関係させられないと、リネンは価値物としての上着に関わることができず、価
  値としての上着に関係させられることもできない。しかし価値であるかぎりでのリネンは同じ
  人間労働の凝結物である。だからこの関係の内部では、上着身体は、リネンと共通の価値実体、
  すなわち人間の労働を表現する。この関係の内部では、上着はただ価値の姿として、したがっ
  て、またリネンの価値姿として、リネン価値の現象形態としてのみ通用する。>
  ーー『初版・附録』P331 筑摩書房 2005年刊 2800円ーー
  <マルクスの記述していない「価値物」「価値の現象形態」「価値実体」を付加している。
  この悪訳!!!!これでは、価値形態論が全く理解し難い!のはあたりまえです。>

Thus by means of the value-relation the value of the commodity is expressed in the use-value of another commodity, i.e. in the body of another commodity different from itself.
従って、価値関係によって、商品の価値は、別の商品の使用価値、すなわち、それ自体とは異なる別の商品の本体で表される。

(d)価値関係に含まれる相対的価値形態の量的限定性(Bestimmtheit)。
(d) Quantitative definiteness (Bestimmtheit) of the relative value-form contained in the value-relation.
しかし、20ヤードのリネンはその価値だけでなく、人間の労働のゼリーですが、一定の大きさの価値、すなわち明確な量の人間の労働が客観化されています。したがって、コートとリネンとの価値関係において、商品タイプのコートは、リネンと同様に身体的価値(Wertkörper)として、すなわち人間の労働の実施形態として量的に同等であるだけでなく、この身体的形態の一定量1衣服のように、20ヤードのリネンと同じくらい正確に人間の労働の価値のある物質が隠されている限り、1コート、1コート、1ダースなどである。

(e) The relative value-form as a whole (Das Ganze der relativen Wertform).
(e)全体としての相対的価値形態(Das Ganze der der Wertform)。

したがって、相対価値表現を通じて、商品の価値は、まず、自分の使用価値とは異なる形態を獲得する。この商品の使用形態は、例えば以下の通りである。リネン。しかしそれはコートとの平等の関係において価値観を持っています。この平等の関係を通じて、他の商品の体は、それとは明らかに異なるが、価値(Wertgestalt)としての自分の性格の価値(Wertsein)としての自分の存在の鏡となる。このようにして、自然な形態とは異なる独立した別個の価値形態が得られます。しかし、第二に、一定の大きさの値として、それは定量的に明確な関係またはそれが他の商品のボディと同等である割合によって定量的に測定される。
Thus through the relative value-expression the value of the commodity acquires, first, a form different from its own use-value. The use-form of this commodity is, e.g. linen. But it possesses its value-form in its relation of equality with the coat. Through this relation of equality the body of another commodity, sensibly different from it, becomes the mirror of its own existence as value (Wertsein), of its own character as value (Wertgestalt). In this way it gains an independent and separate value-form, different from its natural form. But second, as a value of definite magnitude, it is quantitatively measured by the quantitatively definite relation or the proportion in which it is equated to the body of the other commodity.

§3. The equivalent form
§3。同等の形式

(a)即時交換可能な形態。
①(a) The form of immediate exchangeability.
As values all commodities are expressions of the same unit, of human labour, which count equally and are replaceable or substitutable for one another. Hence a commodity is only exchangeable with another commodity insofar as it possesses a form in which it appears as value.
①価値として、すべてのコモディティは、同等に数えられ、お互いに置き換え可能または代替可能である、同じ単位の表現である人間労働です。したがって、商品は、価値として現れる形態を保有している限り、他の商品との交換が可能です。

商品の身体は、即時型、すなわち身体または自然の形態であれば、直ちに他の商品と交換することができ、別の商品または価値形態(Wertgestalt)に関して価値を表す(vorstellt)。
この特性はコートとリネンとの価値関係において所有されている。さもなければ、リネンの価値はコートであるものでは表現できません。したがって、商品は全く同等の形態をしており、まさにこれを意味します。
A body of the commodity is immediately exchangeable with another commodity insofar as its immediate form i.e. its own bodily or natural form, represents (vorstellt) value with regard to another commodity or counts as value-form (Wertgestalt). This property is possessed by the coat in the value-relation of the linen to the coat. The value of the linen would otherwise not be expressible in the thing which is the coat. Therefore that a commodity has equivalent form at all, means just this.


価値表現におけるその場所を通して、それ自身の自然形態は、別の商品の価値形態としてカウントされるか、または別の商品との即時交換可能性の形態を有する。したがって、他の商品の価値として現れ、価値として数え、価値として行動するためには、直ちに自然な形態とは異なる形をとる必要はありません(安心してください)。
Through its place in the value-expression its own natural form counts as the value-form for another commodity or it possesses the form of immediate exchangeability with another commodity. Therefore it does not need to take on (annehmen) a form different from its immediate natural form in order to appear as value for another commodity, to count as value and to act on it as value (auf sie als Wert zu wirken).

(b) Quantitative definiteness is not contained in the equivalent form.
(b)定量的な明確性は、同等の形態に含まれていない。

①That a thing which has the form of a coat is immediately exchangeable with linen, or a thing which has the form of gold is immediately exchangeable with all other commodities ? this equivalent form of a thing contains absolutely no quantitative definiteness. The opposed erroneous view springs from the following causes:
①コートの形をしたものがすぐにリネンと交換できるか、あるいは金の形をした物は直ちに他のすべての商品と交換できます - これと同等の形態のもの<等価形態ー既存訳>は、絶対に定量性がありません。反対の誤った見方は、以下の原因によるものです。

②まず、リネンの価値表現の素材となる商品「コート」は、「1コート」や「2コートではない」などのように、定量的にも定まっているのか?

'20ヤードのリネン 'は値の相対価値表現で表されているだけでなく、同時に価値の一定量として測定されます。

しかし、1コートは2コートではなく、20ヤードのリネンほど多くの労働を含み、したがって20ヤードのリネンと同等であることは、商品タイプのコートのこの特性の商品タイプである--直ちに交換可能であることは、リネンとはまったく無関係である。
②First, the commodity ‘coat’, for example, which serves as material for the expression of value of linen is, within such an expression, also always quantitatively definite, like ‘1 coat’ and ‘not 12 coats’, etc. But why?
Because the ‘20 yards of linen’ are expressed in their relative value expression of value not only as value as such, but at the same time are measured as a definite quantity of value. But that 1 coat and not 12 coats contains as much labour as 20 yards of linen and hence is equated with 20 yards of linen has absolutely nothing to do with this characteristic property of the commodity-type coat of being immediately exchangeable with the commodity-type linen.

③Second, if ‘20 yards of linen’ as value of a definite magnitude are expressed in ‘1 coat’, then conversely the magnitude of value of ‘1 coat’ is also expressed in ‘20 yards of linen’, and thus similarly quantitatively measured, but only indirectly, through reversal of the expression, not insofar as the coat plays the role of the equivalent but rather insofar as it represents its own value relatively in the linen.
③第二に、「1コート」で「20ヤードのリネン」が一定の大きさの価値で表現されている場合、「1コート」の価値の大きさも「リネン20ヤード」で表され、同様に定量的に測定されますが、コートが同等物<等価物>というこの役割を果たすのではなく、むしろリネンの中で相対的に自分の価値を表す限りでは、表現の逆転を通じて間接的にのみである。

④第三に、「20ヤードのリネン= 1コート」または「20ヤードのリネンは1コートの価値がある」という式を次のように表現することもできます。

'20ヤードのリネンと1コートは同等であるか、または両方が等しい大きさの値である '。

ここでは、2つの商品のどちらか一方の値を他方の値の使用価値に表記していません。したがって、2つの商品のどちらも同等の形態<等価物>では設定されない。等価とはここでは大きさが等しいものを意味し、頭の中で黙って抽象化されたものだけを意味します。
④Third, we can also express the formula ‘20 yards of linen = 1 coat’ or ‘20 yards of linen are worth 1 coat’ in the following way:‘20 yards of linen and 1 coat are equivalents, or both are values of equal magnitude’.
Here we do not express the value of either of the two commodities in the use-value of the other. Neither of the two commodities is hence set up in equivalent-form. Equivalent means here only something equal in magnitude, both things having been silently reduced in our heads to the abstraction value.

 (c) The peculiarities (Eigentümlichkeiten) of the equivalent form
(c)同等の形態の特色(Eigentümlichkeiten)

 a) First peculiarity of the equivalent form: use-value becomes the form of appearance of its opposite, of value.
 a)同等の形態の第一の特異性:use-valueは、その反対の価値の出現形態になります。
  <反対の価値の現象形態・・既存訳は誤り・第一の独自性は、商品の物的存在が価値形態となる>
①The natural form of the commodity becomes the value-form. But, nota bene, this quid pro quo occurs for a commodity B (coat or wheat or iron, etc.) only within the value-relation to it, into which any other commodity A (linen, etc) enters, and only within this relation.
①商品の自然形態が価値形態になります。
しかし、このーthis quid pro quoー取違える商品は、他の商品A(リネンなど)が入っている商品との価値関係の中でのみ、商品B(コートまたは小麦または鉄など)に対してのみ・この関係のなかでのみ発生します。

それ自体では、孤立していると見なされますが、コートは、リネンと同じように、有用なもの、つまり使用価値に過ぎません。そのため、そのコートフォームは使用価値の形式にすぎません(Form von Gebrauchswert) 明確なタイプの商品の自然な形態です。
In itself, considered in isolation, the coat, e.g., is only a useful thing, a use-value, just like the linen, and hence its coat-form is only the form of use-value (ist nur Form von Gebrauchswert) or natural form of a definite type of commodity.

しかし、商品は同等物としてそれ自体に関連することはできず、
<どの商品も自分を等価形態としての自己自身に関係させることはできない・・既存訳、同等物の訳を>
それゆえ、自らの自然の秘密を独自の価値の観なし方で隠すことはできないので、他の商品と同等のものとしてそれ自身を関連付けるか、
<それは自分を等価物としての他の商品に関係させる、・・反省規定する・関連付けることで・・>
あるいは、別の商品の身体の自然の隠れ場所を、それ自身の価値形態と見なしているのです。
But since no commodity can relate to itself as equivalent and therefore also cannot make its own natural hide an expression of its own value, it must relate itself to another commodity as equivalent or make the natural hide of the body of another commodity its own value-form.

②This may be illustrated by the example of a measure, which is predicable of the bodies of commodities as bodies (den Warenkörpern als Warenkörpern zukommt) i.e. as use-values. A sugar-loaf, qua body (weil Körper), is heavy and hence has weight, but one cannot tell the weight of a sugar-loaf by looking or feeling (man kann keinen Zuckerhut seine Schwere ansehn oder anfühlen). Now we take different pieces of iron whose weight has been previously determined.
②これは、商品本体としての商品の本体に属する、すなわち使用価値として推測される尺度の例で説明することができる。
シュガーローフ、ケアボディー(weilKörper)は重く、重量を持っていますが、見たり感じたりすることで、砂糖菓子の重さを伝えることはできません。今度は、あらかじめ重量を決めておいた様々な鉄片を取ります。

②-②The bodily form of the iron considered in itself is just as little the form of appearance of weight as that of the sugar-loaf. However in order to express the sugar-loaf as heaviness or weight, we put it into a weight-relation with iron. In this relation the iron counts as a body, which represents nothing but heaviness or weight. Hence quantities of iron serve as the measure of the weight of sugar and represent, with regard to the body of sugar, merely the form of heaviness (blosse Schweregestalt), form of appearance of heaviness. Iron plays this role only within the relation in which the sugar, or some other body whose weight is to be found, enters. Were both things not heavy they could not enter into this relation and hence the one could not serve as the expression of the weight of the other.
鉄の体形は、それ自体で考えても、砂糖塊のような外観の形をしています。しかし、砂糖塊を重量や重さとして表現するためには、鉄との重量関係に入れます。この関係では、鉄体は重さとして扱われます。体重は重量と重さに過ぎません。

したがって、鉄の量は砂糖の重量の尺度として役立ち、砂糖の体に関して、重さの形(ブレスSchweregestalt)、重さの外観の形を表すだけである。鉄は、砂糖、または体重が検出される他の身体が入る関係でのみ、この役割を果たす。両者は重いものではなかったので、この関係に入ることができなかったため、他方の重さの表記として機能することができませんでした。

If we throw both on the scale pan, we see in fact that they are, as weight, the same and hence in a definite proportion also of the same weight.
だから、スケールパン<天秤はかり>に両方を置いた場合、実際に同じ重量のものであり、したがって同じ重量の一定の比率であることがわかります。

Just as here the body of the iron represents, with regard to the sugar-loaf, simply heaviness, so in our expression of value the body of the coat represents, with regard to the linen, simply value.
ここでのように、鉄のボディは、砂糖菓子に関しては、単純に重さを表しています。したがって、価値表現では、麻のことを、単に値として表現します。
<同 今村訳--ここで鉄の体が砂糖にとってたんなる重さを代表するのと同じく、われわれの価値表現においては上着自体がリネンにとってたんなる価値を代表する。
この誤訳・・秤の上で初めて表現--とは何か?秤上の関係ですから、重さとは・価値形態の表現!>

b) ①Second peculiarity of the equivalent form: concrete labour becomes the form of appearance of its opposite, abstract human labour
b)同等の形態の第二の特異性:具体的な労働は、反対の抽象的な人間労働の出現形態となる

②The coat counts in the expression of the value of the linen as the value-body, hence its bodily or natural form as value-form, i.e. therefore as embodiment of undifferentiated human labour, human labour as such (schlechthin). But the labour by which the useful thing which is the coat is made and by which it acquires a definite form, is not abstract human labour, human labour as such, but a definite useful, concrete type of labour the labour of tailoring.
②コートは、価値体としてのリネンの価値表現、したがってその価値形態としての身体的または自然形態、すなわち未分化な人間労働の実現形態、それ自体の人間労働(シュレフチン)としてカウントされる。
しかし、コートである有益なものが作られ、それが明確な形態をとる労働は、抽象的な人間の労働、人間労働ではなく、明確で有用で具体的な労働形態 - 仕立ての労働である。
 <コート・上着は、すでに左極で価値体であるから、同等物として価値形態として等置されている>
 <同等物・上着は、右極に既にあることで、物象の判断を受け価値形態とされている。>

②ー②The simple relative value-form requires (erheischt) that the value of a commodity, linen, for example, is expressed only in one single other type of commodity. Which the other type of commodity is, is however, for the simple value-form, completely irrelevant. Instead of the commodity-type ‘coat’ the value of the linen could have been expressed in wheat, or instead of wheat, in iron, etc.
②ー②単純な相対価値形式は、商品、リネンなどの価値が、他の単一の商品タイプでのみ表現されることを要求しています(erheischt)。 しかし、他のタイプの商品は価値形態のためには全く無関係です。 コモディティタイプの「コート」の代わりに、リネンの価値は小麦や小麦の代わりに、鉄などで表現されている可能性があります

②-③しかしコート、小麦または鉄のいずれの場合でも、すべての場合において、リネンに相当するものは、リネンに関して価値の本体とみなされ、したがって、それ自体の人間労働の実現形態とみなされる。
すべての場合において、コートまたは小麦または鉄のいずれであろうと、同等の明確な身体的形態は、抽象的な人間労働ではなく、明確で具体的な有用なタイプの労働であり、調整や農業または鉱業の労働である。
②-③But whether in coat, wheat or iron, in every case the equivalent of linen counts as the body of value with regard to the linen, hence as embodiment of human labour as such. And in every case the definite bodily form of the equivalent, whether coat or wheat or iron, remains embodiment not of abstract human labour, but of a definite concrete useful type of labour, be it the labour of tailoring or of farming or of mining.

②ー④The definite concrete useful labour, which produces the body of the commodity which is the equivalent must therefore, in the expression of value, always necessarily count as a definite form of realisation or form of appearance, i.e. of abstract human labour. The coat, for example, can only count as the body of value, hence as embodiment of human labour as such, in so far as the labour of tailoring counts as a definite form, in which human labour-power is expended or in which abstract human labour is realised.
②ー④それゆえに価値表現において、必ずや必然的な商品の本体を作り出す明確で具体的な有用労働は、必然的に、抽象的な実現の形態、すなわち抽象的な人間労働の形として必ずや必要である。 コートは、例えば、人間労働力が支出されているか、または、仕立ての労働が明確な形態として、カウントされる限り、抽象的人間労働が実現されている。

③Within the value-relation and the value expression included in it, the abstractly general counts not as a property of the concrete, sensibly real; but on the contrary the sensibly-concrete counts as the mere form of appearance or definite form of realisation of the abstractly general. The labour of tailoring, which, for example, hides in the equivalent ‘coat’, does not possess, within the value-expression of the linen, the general property of also being human labour. On the contrary. Being human labour counts as its essence (Wesen), being the labour of tailoring counts only as the form of appearance (Erscheinungsform) or definite form of realisation of this its essence. This quid pro quo is unavoidable because the labour represented in the product of labour only goes to create value insofar as it is undifferentiated human labour, so that the labour objectified in the value of the product is in no way distinguished from the labour objectified in the value of a different product.
③価値関係とそれに含まれる価値等式の中での抽象的な一般的なものは、具体的なものではなく、それが現実的なものです。
逆に、顕著に具体的なものは、外観の単なる形態または抽象的に一般的なものの実現の明確な形態としてカウントされる。

例えば、同等の「コート」<外装>に隠れている仕立ての労働は、リネンの価値表現の中で、人間の労働でもあるという一般的な性質を有していない。それどころか。人間労働であることは本質(Wesen)であり、その仕立ての労働は外観の形(Erscheinungsform 外観・見掛け)またはその本質の実現の明確な形としてのみカウントされます。

この製品は、分化していない人間労働である限り、労働生産物に代表される労働だけが価値を創出するため、避けられないものであり、

①<that the labour objectified in the value >
この製品の価値に客観化された労働は、--that the labour objectified--物象としての労働は--

②<of the product is in no way distinguished from >
この製品の

④<the labour objectified in the value of a different product.>
こうして、労働は異なる製品の価値を客観化、している。
<the labour objectified--物象としての労働は>

③<of the product is in no way distinguished from >
異なる製品の価値に客観化された労働とは決して区別されない

④-①この、次の逆転(Verkehrung)は、
顕著に具体的なものはフォームとしてだけカウントする
<the sensibly-concrete counts only as the form >

抽象的な一般的な外観の形でしかなく、それどころか
<of appearance of the abstractly general and not, on the contrary, >

これは、抽象的な一般的なコンクリート<具体化>のプロパティ<特性>として、valueの表現を特徴づける。
<the abstractly general as property of the concrete,characterises the expression of value.>

④-②同時に、それはそれを理解することを、難しく困難にする。

④-③私が言うなら、ローマ法とドイツ法はどちらも法律であり、それは明らかです。しかし、もし私が言うなら:Law(Das Recht)、この抽象化(Abstraktum)は、ローマ法とドイツ法において、これらの具体的な法律において、相互関係が神秘的になっていることを実感します。

④-①This inversion (Verkehrung) by which the sensibly-concrete counts only as the form of appearance of the abstractly general and not, on the contrary, the abstractly general as property of the concrete, characterises the expression of value.

④-②At the same time, it makes understanding it difficult.

④-③If I say: Roman Law and German Law are both laws, that is obvious. But if I say: Law (Das Recht), this abstraction (Abstraktum) realises itself in Roman Law and in German Law, in these concrete laws, the interconnection becoming mystical.

 g) Third peculiarity of the equivalent form: private labour becomes the form of its opposite, labour in immediately social form
 g)同等の形態の第3の特異性:private labour 私的労働は、その反対の形態、直ちに社会的形態の労働になる

①Products of labour would not become commodities, were they not products of separate private labours carried on independently of one another. The social interconnection of these private labours exists materially, insofar as they are members of a naturally evolved social division of labour and hence, through their products, satisfy wants of different kinds, in the totality (Gesamtheit) of which the similarly naturally evolved system of social wants (naturwüchsiges System der gesellschaftlichen Bedürfnisse) consists. This material social interconnection of private labours carried on independently of one another is however only mediated and hence is realised only through the exchange of their products. The product of private labour hence only has social form insofar as it has value-form and hence the form of exchangeability with other products of labour. It has immediately social form insofar as its own bodily or natural form is at the same time the form of its exchangeability with other commodities or counts as value-form for another commodity (anderer Ware). However, as we have seen, this only takes place for a product of labour when, through the value relation of other commodities to it, it is in equivalent-form or, with respect to other commodities, plays the role of equivalent.

①労働の製品は商品にならないだろう、彼らは別々の私的労働の製品が互いに独立して運ばれたのではない。これらの私的労働の社会的相互関係は、自然に進化した社会的分業の一員であり、したがって、その製品を通して、異種の欲求を満たし、その全体として(Gesamtheit)、同様に自然界に進化した社会的欲求(NaturwüchsigesSystem der GesellschaftlichenBedürfnisse)が構成されています。

しかし、互いに独立して運営されている私的労働のこの物質的な社会的相互接続は、仲介されているだけであり、したがって、彼らの製品の交換によってのみ実現される。
したがって、私的労働の製品は、価値形態を持ち、したがって他の労働生産物との交換可能性の形をとる限り、社会的形態をとっているだけである。
 <先生は、我々労働者に教えてくれている。!同等な人間労働が表示される限り、
  両極で、価値形態を、裏と表で価値形態をとっている--と!>

それは、それ自身の身体的または自然の形態が、同時に他の商品との交換可能性の形態であるか、または別の商品のための価値形態としての計数の形態である限り、直ちに社会的形態をとる(anderer Ware)。しかし、これまで見てきたように、これは、他の商品との価値関係を通じて、それが同等の形態であるか、他の商品と比較して同等の役割を果たすときに労働の生産のために行われます。

②The equivalent has immediately social form insofar as it has the form of immediate exchangeability with another commodity, and it has this form of immediate exchangeability insofar as it counts for another commodity as the body of value, hence as equal (als Gleiches). Therefore the definite useful labour contained in it also counts as labour in immediately social form, i.e. as labour which possesses the form of equality with the labour contained in another commodity.
②同等物は他の商品との即時の交換可能性の形をとる限り、直ちに社会的形態をとっており、他の商品を価値体とみなして同等(グライチェス)である限り、この形式の即時交換可能性を有する。したがって、それに含まれる明確な有益な労働は、直ちに社会的な形態、すなわち別の商品に含まれる労働と同等の形態を持つ労働としての労働としてもカウントされます。

A definite, concrete labour like the labour of tailoring can only possess the form of equality with the labour of a different type contained in a commodity of a different kind, for example the linen, insofar as its definite form counts as the expression of something which really constitutes the equality of labours of different sorts or what is equal in those labours. But they are only equal insofar as they are human labour as such, abstract human labour, i.e. expenditure of human labour-power.
テーラリングの労働のような明確で具体的な労働は、異なる種類の商品、例えばリネンに含まれる異なるタイプの労働と平等の形態を唯一持てる。実際には、さまざまな種類の労働の平等--または労働の同等を構成します。しかし、それは、人類の抽象的な人間労働、すなわち人間の労働力の支出という人間の労働である限り、唯一のものである。

Thus, as has already been shown, because the definite concrete labour contained in the equivalent counts as the definite form of realisation or form of appearance of abstract human labour, it possesses the form of equality with other labour, and hence, although it is private labour, like all other labour which produces commodities, it is nevertheless labour in immediately social form. Precisely because of this it is represented in a product that is immediately exchangeable with the other commodities.
したがって、すでに示されているように、明確な具体的労働は抽象的な人間の労働の現実化または外観の明確な形態と同等の点数に含まれるため、他の労働との同等の形を保有しているため、それにもかかわらず、労働はすぐに社会的形態の労働である。このため正確に他の商品と直接的に交換できる商品で表現されています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③The last two peculiarities of the equivalent-form set out in §§ b and g become still more comprehensible when we recur to the great theorist (Forscher) who for the first time analysed the value-form, like so many forms of thought, forms of society and forms of nature, and for the most part more happily than his modern successors, I mean Aristotle.
③§§bとgに示されている等価形の最後の2つの特異性は、非常に多くの考え方や形のような価値形態を初めて分析した偉大な理論家(Forscher) 近代的な後継者よりも幸いなことに、私にはアリストテレスを意味します。

③ー②Aristotle clearly formulates first of all the fact that the money-form of the commodity is only the further developed shape (Gestalt) of the simple value-form, i.e. of the expression of value of a commodity in any other commodity, for he says:
③ー②Aristotleは、商品の貨幣形態が単純な価値形態、すなわち他の商品での商品価値の表現の形態だけであるという事実を明確に定式化していて、彼は 言う:

‘5 beds = 1 house’ (clinai pente anti oiciaς)
‘does not differ’ from
‘5 beds = such and such an amount of money’ (clinai pente anti ... oson ai pente clinai)

③ー③He sees further that the value-relation, in which this expression of value hides, determines, for its part, the fact that the house is qualitatively equated with the bed and that these sensibly different things would not be able to be related to one another as commensurable magnitudes without such essential equality ‘Exchange’, he says, ‘cannot take place without equality, and equality cannot occur without commensurability.’ (out isothς mh oushς summetriaς).
③ー③さらに、価値表現が潜む価値関係が、家が定性的にベッドと同等じであり、これらの賢明に異なるものは、 そのような本質的に同等性をもたずに、相応の大きさとして相互に交換することは、平等でなくてはならず、この同等性は相応性なしでは起こり得ない、と彼は述べている(outisothςmhoushςsummetria)。

④But at this he pulls up short and ceases the further analysis of the value-form, ‘But it is in truth impossible (th men oun alhqeia adunaton) that things of such different sorts should be commensurable’, i.e. qualitatively equal. This equalisation can only be something which is alien to the true nature of things, and therefore only a ‘makeshift for practical purposes’. [c]
④しかし、これで彼は短くなり、価値形態のさらなる分析を中止します。「しかし、このような異なる種類のものは定性的に同等でなければならないということは事実上不可能です(つまり男性はアルケア・アドナートンです。この均等化は物事の本当の性質とは異質なものに過ぎず、それゆえに「実用的な目的のための一時的な変更」に過ぎない。 [c]

⑤したがってアリストテレスは、彼のさらなる分析が難破船に苦しんでいるところ、つまり価値概念の欠如について、私たちに自分自身を教えている。家がベッドの価値を表現する際にベッドを表現する、等しいもの、つまり共通の物質は何ですか?そのようなことは「真実ではない」とアリストテレスは言う。どうして?ベッドに関しては、家はベッドと家の両方が本当に平等である限り、平等なものを表します(グリーチェ・ヴォール)。それが人間労働です。
⑤Aristotle thus tells us himself just where his further analysis suffers shipwreck, namely, on the lack of the concept of value. What is that which is equal, i.e. the common substance, which the house represents for the bed in the expression of the value of the bed? Such a thing ‘cannot in truth exist’, says Aristotle. Why? With respect to the bed the house represents something which is equal (stellt ein Gleiches vor) insofar as it represents what in both, the bed and the house, is really equal. And that is human labour.

⑥But the fact that in the form of commodity-values all labours are expressed as equal human labour and hence as counting equally (als gleichgeseltend) could not be read out of the value-form of commodities by Aristotle, because Greek society rested on slave labour and hence had the inequality of people and their labours as a natural basis.
⑥ー①しかし、商品価値の形で、すべての労働は平等な人間の労働として表現され、それゆえアリストテレスによる商品の価値形態から平等に計数されているという事実は、ギリシャ社会が奴隷労働に頼っていたためそれゆえに自然な基礎としての人々とその労働の不平等を持っていました。

⑥ー②The secret of the expression of value, the equality of all labours and the fact that all labours count equally because and insofar as they are human labour as such can only be deciphered when the concept of human equality already possesses the fixity of a popular prejudice.
②価値表現の秘密、すべての労働の同等であると、すべての労働が人間の労働である限り同等労働であるという事実は、人間の平等という概念が既に民衆の偏見の固定性を持っている場合にのみ解読することができます。

⑥ー③But that is only possible in a society in which the commodity-form is the general form of the product of labour and thus also the relation of people to one another as possessors of commodities is the ruling social relation.
しかし、これは、商品形態が労働生産物の一般的な形態であり、したがって商品の所有者としての人々の関係が支配的な社会関係である社会においてのみ可能である。

⑥ー④The genius of Aristotle shines precisely in the fact that he discovers in the expression of value of commodities a relation of equality. Only the historical limit of the society in which he lived prevents him from finding out what, ‘in truth’, this relation of equality consists in.
⑥ー④アリストテレスの天才は、商品の価値の表現に同等の関係を発見したという事実に正確に映っています。 彼が住んでいた社会の歴史的な限界だけが、彼が「真実で」この同等の関係が何であるかを知ることを妨げている。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
d) Fourth peculiarity of the equivalent form: the fetishism of the commodity-form is more striking in the equivalent form than in the relative value-form
d)同等形態の第4の特異性:商品形態のフェチシズムは、相対価値形態よりも同等の形で顕著である。

The fact that the products of labour  such useful things as coat, linen, wheat, iron, etc.  are values, definite magnitudes of value and in general commodities, are properties which naturally pertain to them only in our practical interrelations (in unsrem Verkehr) and not by nature like, for example, the property of being heavy or being warming or nourishing. But within our practical interrelations, these things relate to one another as commodities. They are values, they are measurable as magnitudes of value, and their common property of being values puts them into a value-relation to one another. Now the fact that, for example, ‘20 yards of linen = 1 coat’ or ‘20 yards of linen are worth 1 coat’ only expresses the fact that:
コート、リネン、小麦、鉄などの有益なものである労働の製品が価値であり、価値の絶対的な大きさであり、一般的な商品であるという事実は、当然のことながら、 Verkehr)のようなものであり、例えば、重く、暖かく、栄養を与えるという性質のようなものではない。しかし、私たちの実践的な相互関係の中で、これらは物として互いに関係しています。それらは価値であり、価値の大きさとして測定可能であり、価値であるという共通の特性は、それらを互いに価値の関係に置く。たとえば、「20ヤードのリネン= 1コート」または「20ヤードのリネンは1コートの価値がある」という事実は、

1. the different types of labour necessary for the production of these things count equally (gleichgelten) as human labour;
2. the fact that the quantity of labour expended in their production is measured according to definite social laws;
3. that tailors and weavers enter into a definite social relation of production.

1.これらのものの生産に必要な異なるタイプの労働は、人間の労働と同様に(グライヒゲルテン)数えます。
2.生産に費やされる労働の量が明確な社会的法律に従って測定されていること。
3.テイラーとウィーバーが生産の明確な社会関係に入ること。

It is a definite social relation of the producers in which they equate (gleichsetzen) their different types of labour as human labour. It is not less a definite social relation of producers, in which they measure the magnitude of their labours by the duration of expenditure of human labour-power.
それは、生産者の明確な社会的関係であり、彼らは異なる種類の労働を人間の労働と同等とみなしている。それは生産者の明確な社会的関係ではなく、人間の労働力の支出の期間によって労働の規模を測定する。

But within our practical interrelations these social characters of their own labours appear to them as social properties pertaining to them by nature, as objective determinations (gegenständliche Bestimmungen) of the products of labour themselves, the equality of human labours as a value-property of the products of labour, the measure of the labour by the socially necessary labour-time as the magnitude of value of the products of labour, and finally the social relations of the producers through their labours appear as a value-relation or social relation of these things, the products of labour. Precisely because of this the products of labour appear to them as commodities, sensible-supersensible (sinnlich übersinnliche) or social things.
しかし、私たちの実践的な相互関係の中で、自分たちの労働の社会的性格は、
本質的にそれらに関係する社会的特性、労働生産物の客観的決定(Bestimmungen)、
 < as objective determinations (gegenständliche Bestimmungen) 物象的規定>
労働者の労働の平等社会的に必要な労働時間による労働の尺度、労働生産力の価値としての労働尺度、最終的に労働者による生産者の社会関係は、これらの価値観や社会的関係として現れる、労働の製品。正確にこれにより、労働生産物は、商品、賢明な - 超越的な(sinnlichübersinnliche)または社会的なものとして現れる。

Thus the impression on the optic nerve brought about by the light (Lichteindruck auf den Sehnerv) from something is represented, not as a subjective stimulation of the optic nerve itself, but as the objective form of a thing outside the eye. But in the case of seeing, light from a thing, from the external object, is in fact thrown upon another thing, the eye. It is a physical relation between physical things. As opposed to that the commodity-form and the value-relation of products of labour have absolutely nothing to do with their physical nature and the relations between things which springs from this.
したがって、何かからの光(Lichteindruck auf den Sehnerv)によってもたらされた視神経に対する印象は、視神経そのものの主観的刺激としてではなく、目の外のものの客観的形態として表される。しかし、見ることの場合、物からの光は、外部の物体から、実際に別のもの、目に投げられる。それは物理的なものの間の物理的な関係です。商品形態と労働生産物の価値関係とは、物理的性質やこれから生じる物事の関係とはまったく関係がない。

It is only the definite social relation of people (der Menschen) itself which here takes on for them the phantasmagoric form of a relation of things. Hence in order to find an analogy for this we must take flight into the cloudy region of the religious world. Here the products of the human head appear as independent figures (Gestalten) endowed with a life of their own and standing in a relation to one another and to people.
それがここでは、人々の明確な社会的関係(der Menschen)が、物事の関係の幻影的<想像的>な形態をとっているのです。したがって、これを類推するためには、宗教界の曇った地域へ飛行しなければなりません。ここでは、人間の頭の製品は、自分自身の人生と他人や人との関係に立っている独立した人物(Gestalten)として登場しています。

So it is in the world of commodities with the products of the human hand. This I call the fetishism which clings to the products of labour as soon as they are produced as commodities and which is therefore inseparable from commodity-production.
だから人間の手の製品を持つ商品の世界にあるのです。これは、商品として生産され、商品の生産と切り離せないとすぐに、労働の産物に固執するフェチシズムと呼ばれています。


Now this fetish-character emerges more strikingly in the equivalent-form than in the relative value-form.
The relative value-form of a commodity is mediated, namely by its relation to another commodity.

Through this value-form the value of the commodity is expressed as something completely distinct from its own sensible existence. At the same time it is inherent in this that existence as value (Wertsein) is a relation which is alien to the thing itself and hence that its value-relation to another thing can only be the form of appearance of a social relation hidden behind it. Conversely with the equivalent-form.
今、このフェティッシュ・キャラクターは、相対的価値形態よりも同等の形態でより顕著に現れます。
商品の相対的価値形態の形成は、すなわち別の商品との関係によって媒介されている。

この価値形態を通じて、このように、商品の価値はそれ自身の賢明な存在とは全く異なるものとして表現されます。
それと同時に、価値(Wertsein)存在は、物そのものとは異質な関係であり、したがって、他の物との価値関係は、その背後に隠れている社会的関係の出現の形にしかならないということに本質的なことである。
<Conversely with the equivalent-form.>
しかし、同等<等価>形態では、これとは逆となっている。

It consists precisely in the fact that the bodily or natural form of a commodity counts immediately as the social form, as the value-form for another commodity. Therefore, within our practical interrelations, to possess the equivalent-form appears as the social natural property (gesellschaftliche Natureigenschaft) of a thing, as a property pertaining to it by nature, so that hence it appears to be immediately exchangeable with other things just as it exists for the senses (so wie es sinnlich da ist).
それは、商品の身体的または自然の形態が、他の商品の価値形態として、社会的形態として直ちに数えられるという事実に正確に含まれる。したがって、私たちの実践的な相互関係の中では、同等の形態を持つことは、物事の社会的自然的性質(生態学的性質)として現れるのであり、それゆえ、それは感覚のために存在する(したがって、sinnlich da ist)。

But because within the value-expression of commodity A the equivalent-form pertains by nature to the commodity B it seems also to belong to the latter by nature outside of this relation.
しかし、商品Aの価値表現の中では、同等の形態は本質的に商品Bに関係するので、この関係の外でも自然に後者に属しているようにも見える。

Hence, for example, the riddle (das Rätselhafte) of gold, that seems to possess, by nature, apart from its other natural properties, its colour, its specific weight, its non-oxydisability in air, etc., also the equivalent-form, or the social quality of being immediately exchangeable with all other commodities.
したがって、例えば、他の自然の性質、その色、比重、空気中での非酸化性などを除いて、本質的に貨幣の謎(dasRätselhafte)として、他のすべての商品と即座に交換できる社会的な質を備えています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
§ 4. As soon as value appears independently it has the form of exchange-value

 

 『初版』価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月16日(日)13時04分50秒
返信・引用 編集済
   次から、『初版』価値形態の新たな素晴らしき判読を得たので、紹介します。
https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1694
        ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
 (Marxists Internet Archive(略称のMIAやそのウェブサイトのドメイン名
  Marxists.org としても知られる)とは、マルクス主義者や社会主義者、
  アナキストその他などの著作を インターネット上に集積した多言語的公文書
 (アーカイブ)サイトである。
  上記国際的ネットワークのお陰さまで、学習が進んでいます。感謝します。

  『初版』価値形態
  I. First or simple form of relative value: 20 yards of linen = 1 coat
    (x of commodity A = y of commodity B).

 ①最初または単純な相対価値:20ヤードのリネン= 1コート(商品Aのx =商品Bのy)。このフォームは
単純なので、分析するのがむしろ困難です。それに含まれるさまざまな仕様は、隠されており、抽象的な
未開発であり、その結果、抽象化の力をかなり強く適用することによってのみ区別することができます。
しかし少なくともこれは、20ヤードのリネン= 1コート、または20ヤードのリネン= xコートであって
も、その形態は同じであるという一見で明らかになる。

 ②リネンは、その価値観や有用なものの形で、その世俗的な姿を現します。
それゆえに、その堅いas as linenの体質や自然の形は、その価値の形ではなく、その正反対です。
それは、それ自体に等しい他の商品(コート)にそれ自体を関連付けることによって、価値としての自分
自身の現実を明らかにする。それ自体が価値がないのであれば、独自のものとして(価値として)コート
することはできません。

同種の人間の労働の客観化、すなわちそれ自体の価値の物質としてそれ自体をそれに関連づけることによ
って、それはコートと質的に同等であると自認する。それは一般的に単なる価値ではなく、特定の大きさ
の価値である - そしてコートは、20ヤードのリネンほどの労力を正確に含んでいるため、xコートの代わ
りに1コートと同等であると見なされます。

コートとのこの関係によって、リネンは1回のストロークで異なるハエを揺るがします。

他のコモディティを価値として自分自身と同等にすることによって、それ自体を価値として関連付ける。
自分自身を価値として関連づけることによって、それは同時に自分自身と使用価値として区別されます。

コートの価値の大きさ(そして価値の大きさは一般的な価値と定量的な価値の両方である)を表現するこ
とによって、その現実とは異なる価値形態の価値として現実を与えます。

このように自分自身の内で差別化されているものとしてそれを明らかにすることによって、それは本当に
商品として初めて - それは同時に価値のある有用なものであることを明らかにする。

リネンが使用価値である限り、それは独立したものです。その価値は、他方では、コートがある別の商品
(例えばコート)との関係においてのみ(リネン)と定性的に同等であるため、それに相当するいくつか
の特定の数量において現れるそれと交換可能です。したがって、価値は、交換価値としてのその表現を通
じてのみ、使用価値とは異なる個々の形態を獲得するだけである。

 ③コートでのリネンの価値の表現は、コートそのものに新しい形を印象づける。
結局、リネンの価値形態の意味は何ですか?コートが交換可能であることは明らかです。

他に何が起こっても、その現実の現実では、自然な形態(コート)で、他の商品との即時交換可能性、交
換可能な使用価値の形式、または等価物を保有します。等価物の仕様には、商品が価値であるという事実
だけでなく、その体質的な形(その使用価値)が別の商品の価値として数えられ、結果として直ちに交換
価値として他の商品に対している--ことを示している。

 ④リネンは、労働だけで構成され、透明で結晶化した労働の沈殿物を形成します。実際には、この結晶
は非常に暗いです。労働がそれで検出可能である限り(商品のすべての実施形態が労働の痕跡を明らかに
するわけではない)、それは未分化の人間の労働ではなく、むしろ、製織、紡績などである。その物質の
唯一の成分ですが、もちろん自然由来の物質で発酵しています。リネンを人間の労働の単なる肉体的表現
として保持するためには、それを本当に物事にするすべてのものから抽象化しなければならない。

抽象的な(すなわち、いかなる追加の品質や内容もなく)人間の労働力の客観性は、必然的に抽象的な客
観性 - 思考のものである。そのようにして、亜麻の網はキメラに変わります。

しかし、商品は物象です。彼らは、彼らが物象のようなやり方であるか、そうでなければ自分の物象的関
係でそれを明らかにする必要があります。
But commodities are objects.
They have to be what they are in an object-like way or else reveal it in their own object-like relationships.

リネンの生産では、人間の労働の特定の量が消費されている。リネンの価値は、そのように費やされた労
働の単なる客観的な反映ですが、リネンの体には反映されません。それはコートとの価値関係によってそ
れ自体を明らかにする(すなわち官能的な表現を得る)。リネンが価値あるものとしてコートを同等にす
ることによって、同時に使用目的としてコートと区別されますが、何が起こるかは、コートがリネンボデ
ィとは対照的にリネン価値の出現形態になります。 - その自然な形とは区別される。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤ー①相対的価値表現:20ヤードのリネン= 1コート(または、xリネンはコートの価値がある)の場合、
コートは支出された労働の価値または凝固としてしかカウントされないと認めなければならず、その事実
を通して、その凝固のためには人間労働が流れ込む形態として、認められることが正確にあります。
⑤-②使用価値コートはリネン価値の出現形態にしかならない。なぜなら、リネンは、抽象的な人間の労
働を即時に実現するためにコートの材料に関係するため、リネン自体の中にあるオブジェクト化されたも
のと同じ種類の労働に関係している。だから、オブジェクト(コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚
的に触知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
⑤-③ オブジェクト(物象コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト
(物象)化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
コートと同じエッセンスの価値があるので、自然的形態のコートは、それによって、自分の価値形態にな
ります。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 再度
①In the expression of relative value: 20 yards of linen = 1 coat (or, x linen is worth y of coat),
one must admit that the coat counts only as value or coagulation of labour, but it is precisely
through that fact that the coagulation of labour counts as coat, and coat as the form into
which human labour flows in order to congeal.
相対的価値表現:20ヤードのリネン= 1コート(または、xリネンはコートの価値がある)の場合、
コートは支出された労働の価値または凝固としてしかカウントされないと認めなければならず、その事実
を通して、その凝固のためには人間労働が流れ込む形態として、認められることが正確にあります。

②The use-value coat only becomes the form of appearance of linen-value because linen relates
itself to the material of the coat as to an immediate materialization of abstract human labour,
and thus to labour which is of the same kind as that which is objectified within the linen itself.
The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour of the
same kind, and consequently as value in natural form.
使用価値コートはリネン価値の出現形態にしかならない。なぜなら、リネンは、抽象的な人間の労働を即
時に実現するためにコートの材料に関係するため、リネン自体の中にあるオブジェクト化されたものと同
じ種類の労働に関係している。だから、オブジェクト(コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触
知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。

③Since it is, as value, of the same essence as the coat, the natural form coat thereby becomes the form of appearance of its own value.
コートと同じエッセンスの価値があるので、自然な形態のコートは、それによって、自分の価値の形態に
なります。

 <何度もなんども・・繰り返す!正しくは、こう書かれていたのです。>
 <オブジェクト(物象コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジ
  ェクト(物象)化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。
  コートと同じエッセンスの価値があるので、自然的形態のコートは、それによって、
  自分の価値形態になります。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  やっと、国民文庫 悪訳には、次の提示であり、久留間訳も同じなのです!
  《20エレのリンネル=1着の上着、または、xエレのリンネルはy着の上着に値する、
  という相対的な価値表現のなかでは、上着はただ価値または労働凝固体としてのみ
  認められているのではあるが、しかし、それだからこそ、労働凝固体は上着として認
  められ、上着はそのなかに人間労働が凝固しているところの形態として認められてい
  るのである(18。a)

  使用価値上着がリンネル価値の現象形態になるのは、ただ、リンネルが抽象的人間労
  働の、つまリリンネル自身のうちに.対象化されている労働と同種の労働の、直接的
  物質化としての上着物質に関係しているからにほかならない。上着という対象性は、
  リンネルにとっては、同種の人間労働の感覚的につかまえられる対象性として、した
  がってまた現物形態における価値として、認められているのである。リンネルは価値
  としては上着と同じ本質のものであるがゆえに、上着という現物形態がこのようにリ
  ンネル自身の価値の現象形態になるのである。

  しかし、使用価値上着に表わされている労働は、単なる人間労働ではないのであって、
  一定の、有用な労働、裁縫労働である。単なる人間労働、人間労働力の支出は、どの
  ようにでも規定されることはできるが、それ自体としては無規定である。それは、た
  だ、人間労働力が特定の形態において支出されるときにはじめて、特定の労働として
  実現され、対象化されることができるのである。なぜならば、ただ特定の労働にたい
  してのみ、自然素材は、すなわち労働がそれにおいて対象化される外的な物質は、相
  対するのだからである。》(国民文庫版48頁)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ここには、正しくは--次のように示されていました。
 ④ it in their own object-like relationships.
  自分の物象的関係
 ⑤ー②The object, coat, counts for it as a sensually palpable objectification of human labour
  of the same kind, and consequently as value in natural form.
  オブジェクト コートは、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト化として、
  それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。」
 ⑤-③こうして、他商品ではなくーー自身で価値形態になるーーから謎なのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 以上のことで、上着自身が、媒介を経ずとも価値形態であり、価値の現出形態なのです。
 これが<物象の判断>の奇怪さなのです!
 再度ーー上着自身が、それ自体として、価値の現出形態であり、
 上着の--価値の現象形態としてのリンネルへの役立ちは、ここではなくて、していないのです。

 だから、このように、
 ④段落を object-like relationships      物的関係 と訳しているから、
 ⑤-②の a sensually palpable objectification 触知可能なオブジェクト化を、
 「同種の人間労働の<触知可能>感覚的な・手でつかみうる対象性として」--と歪曲した。
  このように大切な肝心の--「物象的関係」の大切な意味--を消し去るることで、
 「リンネルが価値としては上着と同じ本質をもっているから、上着の現物形態が、このように、
 リンネル自身の価値の現象形態になるわけである。」ーーとの訳出なのです。
 ⑤-③こうして、他商品ではなくーー自身で価値形態になるーーことを判読できず、
 上着自身が、媒介を経ずとも価値形態であり、価値の現出形態となる謎であり、
 この<物象の判断>の奇怪!さなのであります。
 再度ーー上着自身が、それ自体として、価値の現出形態であり、上着の「価値の現象形態」とし
 てのリンネルへの役立ちは、ここではなくて、していないのです。

 <江夏ー今村ー牧野訳は、この他商品への物的な役立ちを見たからーー誤訳なのです。>
 その謎性追求での解答は、後で、次の解答をえたのです。

 謎性ーーとは何か? リンネルが、価値形態を受けとリ、次に、
 相対的価値形態を示さずとも、上着が、自身だけで価値形態ーー
 ー等価形態を示すことができる!と判断することです。なんとも誤訳の恐ろしきことよ!
 これだから、「等価形態が前提」と判読する・理解する人々ばかりが発生するのです。

 <⑪段落ーーでの解答が次にありました。
 「上着の等価物としての役立ちは、リネンのなす反省規定」ーーに依っている
 ということを、彼は、しつこく追求しています。
 このリネンの反省規定は、次のように、5段落では示されず、⑪段落にて示さ
 れたのです。
 「コートに関連するリネンの結果物(同等の形態、直ちに交換可能な使用価値
 としてのその規定性)は、リネンに関連する外面においても、肉体的な方法で
 コートに属するように見える。」
  そこで、やっと⑪段落にてーー等価形態との規定を受け取ったのです。>
 <誤記・誤訳!これだから、初版が理解し難い!のは当然です。>
 <その続きは、こう示されていました。>
⑤ー④But the labour represented in the use-value, coat, is not simply human labour, but is
rather a particular useful labour: tailoring.・・・・略
⑤ー④しかし、使用価値で表現されている労働は、単なる人間の労働ではなく、むしろ特定の有用な労働
である。単純な人間の労働(人間の労働力の支出)は、それぞれのすべての決定を受け入れることができ
ますが、それは真実ですが、それ自体のためだけに決定されません。それは、決定され特定された労働と
して決定された形で人間の労働力が消費されるとすぐに実現し、客観化することができます。なぜなら、
それは、労働がそれ自体を客観化する外的な物質である、何らかの自然の存在によって直面することがで
きる決定され特定された労働であるからです。
ヘーゲルの意味での「コンセプト」は、外的な物質なしでそれ自身を客観化することだけです。[1]
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 マルクスは、ここに、商品形態の謎をこそ追求しています。




 

12・15東京緊急集会へ

 投稿者:杉本  投稿日:2018年12月15日(土)01時39分44秒
返信・引用
  関生型労働運動, 反弾圧 12・8大阪集会に600名が結集して抗議の渦 - 12・15東京緊急集会へ!
12・8大阪集会に600名が結集して抗議の渦 - 12・15東京緊急集会へ!

労働組合潰しの大弾圧を許さない12・8大阪集会に600名が結集

これは「共謀罪」適用の始まりだ!
立場の違いを超えた広範な反撃で労働組合潰しの弾圧跳ね返そう

 いま、連帯ユニオン関西生コン支部に対して空前の権力弾圧がしかけられています。
 8月から毎月のように不当逮捕がくりかえされ、逮捕者の数は5つの事件でのべ40人にものぼり、連帯ユニオン関西生コン支部(関生支部)執行委員長の武建一さんや筆頭副委員長の勾留期間はすでに3 か月以上に及んでいます。11月21日には武洋一書記長他組合幹部も逮捕されました。

 事件とされているのは、業者団体に運賃引き上げなどを要求した昨年12月のストライキや建設現場の法令違反改善を申し入れた活動など、いずれも正当な組合活動に対して、「威力業務妨害」「強要未遂」「恐喝未遂」としたものです。これら一連の労働組合弾圧は始まりであって、「共謀罪適用のリハーサル」という側面があり、沖縄新基地建設土砂投入の強行、来年の大阪G20-天皇代替わりを前に、共謀罪を社会運動団体全体に拡大する安倍政権による、重大な踏み切りではないかと考えます。

 現在、地元の関西を中心に「これはすべての労働組合・市民運動にかけられた弾圧だ!」と、抗議と反撃の闘いが取り組まれています。
 こうした重大事態をうけて、東京でも、いまおきている組合弾圧の実態と問題点をあきらかにし、この弾圧がすべての労働者・市民運動に襲いかかる攻撃の始まりと受け止め、抗議と反撃の闘いを起こすべく、関西より弾圧下にある関生支部の上京に合わせ緊急集会を開きます。
 立場の違いをこえた総がかりでの団結と連帯をつくりましょう!

■ 日程 2018年12月15日(土)午後6時30分開会
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会
■ 会場 日本教育会館(中会議室)
 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
 地図:http://www.jec.or.jp/koutuu/
 ※参加費500円

■ プログラム
1.弾圧の報告
 関生支部より報告
 関西実行委員会代表の報告
2.大弾圧をどう考えるか 弁護士よりの発言
 大口昭彦弁護士(関生支部宝島裁判担当)ほか
3.発言・連帯挨拶
 伊波洋一参議院議員 ほか

■ 緊急集会呼びかけ人
 一ノ瀬敬一郎(弁護士)
 伊波洋一(参議院議員)
 上原公子(元国立市長)
 大口昭彦(弁護士)
 大野和興(日刊べリタ編集長)
 菅孝行(評論家)
 辛淑玉(のりこえネット共同代表)
 野平晋作(ピースボート共同代表)
 花輪伸一(沖縄意見広告運動全国世話人)

■ 主催:12・15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会実行委員会
(仮事務局)協同センター・東京内 〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1-301
 電話:03-5342-1395 FAX:03-6382-6538
 

 12年続く岩手の暴走隠しの結末

 投稿者:岩手県元盲ろう者  投稿日:2018年12月15日(土)00時59分55秒
返信・引用
   12年続く岩手の暴走隠しの結末
 12年前親父と口利いた事も無い読み書きの出来ない聾唖者が当時次期県聾唖協会会長のためあいつの親父は馬鹿なのだと言うことに所属団体岩手県盲ろう者友の会事務局長小笠原利行さんからお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言い出しこれは馬鹿らしいと退会した。後から全通研が改心を押し付けに来た。無視して別団体県難連(岩手県難病団体連合会)と掛け合い内定の頃更生相談所の相談員の密告で友の会小笠原事務局長の奥さんひとみさんから悪口妨害が入り内定は取り消されました。怒って抗議したら大本家に脅迫電話されました。大本家は高齢で法廷には立てなく山形の姉が呼ばれ姉は親父の墓の前であんな社会と関わるなと言われました。
 今度は県庁に抗議したが当時の福祉課朽木課長から親を馬鹿と認めたらと言われました。友の会を辞めた後は看板団体の為に暴走を叱りつけるより隠すため関わった人も団体も友達も全部取り上げた。別団体はどこも行かせず社会参加は地元東山町以外は12年で12回妨害されています。しかも後で判ったのは辞めた少し前に障害者の自立支援法が廃止になり、それが暴走隠しに利用された。法律の無い状態で法務省もばれなければいいと容認され法務大臣さえ知らん顔している。自立支援法が復活(6年前)してもたかが障害者一人と後はなりふり構わない暴走隠しになり盛岡での講演会も大阪との賛助会員になっても岩手にばれて理事長から辞めてくれと、栃木と盲ろう者との交流も花巻での全国大会も勧めてくれた全国協会の事務局長まであいつに関わるなと知事に口説き伏せられ知っている人は誰とも逢わせなかった。
 かん口令は更生相談所にも障害者の社会参加推進センターにも地元東山町以外の社協にも。更に一関身障協にも入って口封じから入会お断り。今では地元東山に行けと言う。おまけに地元一関市長にも入っていた。更に通訳団体3つが3年前から差別を始めた。
 親父は地元の民芸品で現代の名工に選ばれて知事表彰を受けています。記録をコピーして全国の社協40と各地の市長15に掲示板にも書いて80近くに知らせた。馬鹿でも真似出来ますかと追加した。
 原因は知事に看板団体の暴走を隠す暴走目こぼし権があったのか? 法律の専門家はそんな物無いと言う。障害者110番の弁護士は法の下に何人も平等だという。
 原因はこちらが友の会を辞める少し前に障害者の自立支援法が廃止になっていた。暴走団体を叱りつけるより堂々と暴走隠しをした事になる。法律が無かったのだから。12年も抵抗して来た甲斐もなく抹殺の差別に囲まれ断念することになりました。知事でさえ障害者の一人位いとしか見ていなく簡単にあいつに関わるなと口説き伏せられた同じ障害者の団体も情けない。何のために結成したのか。






 

商品の二面性と商品形態の二重性について

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月28日(水)14時21分0秒
返信・引用 編集済
    ぐーぐるほんやく
  https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Kap_1_2

  3. Die Wertform oder der Tauschwert
  3. The value form or the exchange value
   価値形態または交換価値

①商品以商品或商品的形式進入世界,如鐵,帆布,小麥等。這是他們自製的形式。然而,它們只是商品,因為它們是雙重商品,同時也是價値載體。因此,如果它們具有雙重形式,自然形式和價値形式,它們僅作為商品出現或僅具有商品形式。

①<62> Waren kommen zur Welt in der Form von Gebrauchswerten oder Warenkörpern, als Eisen, Leinwand, Weizen usw. Es ist dies ihre hausbackene Naturalform. Sie sind jedoch nur Waren, weil Doppeltes, Gebrauchsgegenstände und zugleich Wertträger. Sie erscheinen daher nur als Waren oder besitzen nur die Form von Waren, sofern sie Doppelform besitzen, Naturalform und Wertform.

①商品は、鉄、キャンバス、小麦などの商品または商品形態で世界に入ります。これは彼らの手作りの形です。しかし、それらは二重財であり、価値のキャリアでもあるので、それらは単なる商品です。したがって、それらが二重形式、自然形式および価値形態を持つ場合、それらは商品としてのみ、または商品形態でのみ現れる。

②貨物的客觀性與Wittib Hurtig的不同之處在於,人們不知道在哪裡擁有它們。與商品的粗糙客觀性完全相反,沒有任何自然物質原子進入其價値客觀性。因此,人們可能隨心所欲地轉動和轉動單一商品,作為一種有價値的東西,它仍然是不可理解的。然而,我們必須記住,本品具有唯一的價値,客觀性,如果它們是人類勞動的同一社會單位的表情,讓自己的價値,客觀性是純粹的社會,不用,甚至説他們只出現在大宗商品的商品的社會關係可以。事實上,我們假設交換或貨物交換的價値,以追踪其隱藏價値。我們現在必須回歸這種價値的表現。

②Die Wertgegenständlichkeit der Waren unterscheidet sich dadurch von der Wittib Hurtig, daß man nicht weiß, wo sie zu haben ist. Im graden Gegenteil zur sinnlich groben Gegenständlichkeit der Warenkörper geht kein Atom Naturstoff in ihre Wertgegenständlichkeit ein. Man mag daher eine einzelne Ware drehen und wenden, wie man will, sie bleibt unfaßbar als Wertding. Erinnern wir uns jedoch, daß die Waren nur Wertgegenständlichkeit besitzen, sofern sie Ausdrücke derselben gesellschaftlichen Einheit, menschlicher Arbeit, sind, daß ihre Wertgegenständlichkeit also rein gesellschaftlich ist, so versteht sich auch von selbst, daß sie nur im gesellschaftlichen Verhältnis von Ware zu Ware erscheinen kann. Wir gingen in der Tat vom Tauschwert oder Austauschverhältnis der Waren aus, um ihrem darin versteckten Wert auf die Spur zu kommen. Wir müssen jetzt zu dieser Erscheinungsform des Wertes zurückkehren.

②商品の客観性は、人々がどこでそれらを所有するのかわからないという点でWittib Hurtigとは異なります。商品の大まかな客観性とは反対に、天然物原子は価値客観性に入りません。したがって、人々は自分が好きなように単一の商品を回転させたり回転させたりすることができます。貴重なこととして、それはまだ理解できません。
ただし、この製品にはユニークな価値、客観性があります。それらが人間の労働の同じ社会単位の表現である場合、それらの価値を客観的なものとします。商品の商品の社会的関係はすることができます。実際、私たちはその隠れた価値を追跡するために交換または商品交換の価値を想定しています。今度はこの値のパフォーマンスに戻る必要があります。


③大家都知道,否則他不知道,本品具有與其使用價値豐富多彩的自然形態最顯著對比的,共同的價値觀形成 - 以貨幣的形式。這是很重要的,但是,做什麼甚至沒有被資産階級經濟企圖,即證明了這錢形式的起源,因此値表達式的開發列入其最簡單的微不足道的數字商品的價値相對於令人眼花繚亂的資金形式追隨。與此同時,金錢難題消失了。

③Jedermann weiß, wenn er auch sonst nichts weiß, daß die Waren eine mit den bunten Naturalformen ihrer Gebrauchswerte höchst frappant kontrastierende, gemeinsame Wertform besitzen - die Geldform. Hier gilt es jedoch zu leisten, was von der bürgerlichen Ökonomie nicht einmal versucht ward, nämlich die Genesis dieser Geldform nachzuweisen, also die Entwicklung des im Wertverhältnis der Waren enthaltenen Wertausdrucks von seiner einfachsten unscheinbarsten Gestalt bis zur blendenden Geldform zu verfolgen. Damit verschwindet zugleich das Geldrätsel.

③「誰もが知っているが、他には何も知らない」--が、商品には共通の価値形態があり、それはカラフルで自然な形態の価値観とははっきりと対照的である。 しかしここでは、ブルジョア経済では試みられていなかったこと、すなわちこの貨幣形態の起源を証明すること、すなわち商品の価値関係に含まれる価値表現の発達を、最も単純な形態からまばゆい貨幣形態まで追うことが、必要です。そのことで、 同時に貨幣のパズル<謎>は消えます。

④最簡單的價値關係顯然是商品與單一不同商品的價値關係,無論哪一種。因此,兩種商品的價値比率為商品提供了最簡單的價値表達。

④Das einfachste Wertverhältnis ist offenbar das Wertverhältnis einer Ware zu einzigen verschiedenartigen Ware, gleichgültig welcher. Das Wertverhältnis zweier Waren liefert daher den einfachsten Wertausdruck für eine Ware.

④最も単純な価値の<比率>価値関係は、明らかに、単一の異なる商品に対する商品の価値です。 したがって、2つの商品の価値比率は、商品に対して最も単純な価値表現を提供します。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  A 簡単な、個別的な、または偶然的な価値形態
  1 価値表現の両極ーー相対的価値形態と等価形態
 相対価値形式と同等の形式は相互に関連し、相互に依存し、分離不可能な瞬間であるが、同時に相互に排他的であるか反対の極なのである。
<同じものの柱--両極ーーを示す等式なのです。>
それらは値の式が互いに関連する異なる商品に常に配分されます。
それが、私にはできます。しかし、キャンバスの価値をキャンバスに表現しないでください。 20キュビットのキャンバス= 20キュビットのキャンバスは、価値表現ではありません。
それどころかそれでは、方程式に次のように書かれてしまいます:20キュビットのリネンは、商品キャンバスの一定量のキャンバスの20キュビットに過ぎません。したがって、キャンバスの値は、相対的な表現でしか表現できません。 他の商品でですね。したがって、キャンバスの相対的価値形式は、他の商品がそれとは反対の形態であることを意味<既存訳 前提>します。
  <リンネルの価値表現において、両極の価値形式があるーーことを説明、するのであり、そのとき、
  オートバイが、前輪ではなくウイリーをして後輪だけで名人が操っている、ことを指して後輪が前提
  だ!と称する事ができるでしょうか?そのことが、両極の価値形態をここで題材にしているときに、
   <キャンバスの値は、相対的な表現でしか表現できません。他の商品でですね。>
  ーーとこのことを、両極が前提なのではなく、左極での行為とのみ見る歪曲をするならば、それは、
  等価形態が前提でなければ、リンネルの相対的価値表現ができない!事になってしまいます。
  それでは、次段落の等価物の役割が、
  ーー彼女は彼女の価値を表現していません。それは他の商品の価値表現にのみ材料を供給する。ーー
  が全く見えなくなってしまいます。
  上着のここでの役立ちが、単に価値表現の材料としての役立ちなのではなく、等価物としての受け身
  の役立ちーーなのであります。>
他方では、これと同等であるこの他の商品は、同時に相対価値形式にすることはできません。 彼女は彼女の価値を表現していません。 それは他の商品の価値表現にのみ材料を供給する。
   <4段落は、略>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  a相対的価値形態の内実
 ①商品の単純な価値が2つの商品の価値にどのようにあるのかを知るためには、最初にその商品の量的側面とは無関係に考えなければならない。ほとんどの場合、反対の方向に行動し、2種類の商品の特定のQuantaが互いに等しい割合のみの値の関係を見ます。 異なるものの大きさは、最初に同じ統一性に還元された後、定量的に比較可能になることは見落とされている。
  同じ単位の表現が同じ名前のものであり、それゆえ相応の量である。 (17)
 ②キャンバスが20キュビット= 1コートか= 20スカートかどうか、つまりキャンバスの量が多くても少数であっても、そのような割合は常にキャンバスとスカートが同じ単位の表現であることを意味しますし 、同じ性質のものがあります。 キャンバス=ロックは方程式の基礎です。

 ①In order to find out how the simple value of a commodity lies in the value of two commodities, one must first consider the latter quite independently of its quantitative side. In most cases, one behaves in the opposite direction and sees in the value relation only the proportion in which certain Quanta of two kinds of goods are equal to one another. It is overlooked that the magnitudes of different things first become quantitatively comparable after their reduction to the same unity. Only as expressions of the same unit are they of the same name, hence commensurable quantities. (17)
 ②Whether 20 cubits of canvas = 1 coat or = 20 or = x skirts, that is, whether a given quantity of canvas is worth many or a few skirts, each such proportion always implies that canvas and skirts as values are expressions of the same unity, things of the same nature are. Canvas = Rock is the basis of the equation.

 ③ー①しかし、質的に等しい2つの商品は同じ役割を果たすわけではありません。 キャンバスの値だけが表現されます。 そしてどう? 彼女と彼女の「同等の」または「交換可能な」ものとしての彼女の関係を通してなのです。 この関係では、岩石は価値としての価値の存在形態であるとみなされます。なぜなら、それはキャンバスと同じだからです。 一方、キャンバスの独自の価値は、独立した表現を前にしたり、独立した表現を受けたりします。
 ③-①But the two qualitatively equated goods do not play the same role. Only the value of the canvas is expressed. And how? Through her relationship to rock as her "equivalent" or "interchangeable" with her. In this relationship, rock is regarded as an existential form of value, as value thing, for only as such is it the same as the canvas. On the other hand, the own value of the canvas comes to the fore or receives an independent expression, for only as a value is it related to the rock as equivalent or with it exchangeable.

 ③-②例えば、酪酸はプロピルとは異なる体である。 しかし、同じ組成のC4H8O2である炭素(C)、水素(H)および酸素(O)と同じ化学物質からなる。酪酸が蟻酸プロピルと同等である場合、蟻酸プロピルはこの場合単にC4H8O2の存在であり、第2に酪酸もC4H8O2からなると言われる。 ギ酸プロピルを酪酸と同等にすることにより、それらの化学物質は体の形状とは異なるであろう。
 ③-②So, the butyric acid is a body different from the propyl formate. Both, however, consist of the same chemical substances - carbon (C), hydrogen (H) and oxygen (O), in the same percentage composition, namely C4H8O2. If the butyric acid were equated with the propyl formate, the propyl formate would in this case be merely an existence of C4H8O2, and secondly it would be said that the butyric acid also consists of C4H8O2. By equating the propyl formate with the butyric acid, their chemical substance would be different from their body shape.

 ④商品として、商品は単なる人間の労働力のゼリーであるので、私たちの分析はそれらを価値の抽象化に還元するが、自然な形とは異なる価値形態を与えないと言う。ある商品の価値が別の商品と異なる。その価値性格は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます。
 ④Let us say: as goods the goods are mere jellies of human labor, so our analysis reduces them to the abstraction of value, but gives them no value-form different from their natural forms. Different in the value of one commodity to another. Its value-character emerges here through its own relation to the other commodity.
 ④讓我們説:作為貨物,貨物僅僅是人類勞動的果凍,因此我們的分析將它們簡化為價値的抽象,但卻沒有賦予它們與自然形式不同的價値形式。一種商品的價値與另一種商品的價値不同。它的價値特徴通過它與其他商品的關係而出現。

 ⑤By e.g. If rock is equated with the value of the canvas, the work in it is equated with the work in it. Now, the dressmaking that makes the skirt, one of the weaving that makes the canvas, is different concrete work. But the equation with weaving actually reduces the tailoring to what is really the same in both works, to their common character of human labor. On this detour, it is then said that weaving, if it weaves value, does not possess the distinguishing features of tailoring, that is, abstractly human labor. Only the expression of equivalence of different commodities brings out the specific character of value-creating labor, by actually reducing the various kinds of labor involved in the various commodities to their common, human labor (17a).
⑤通過例如如果將岩石等同於畫布的値,則其中的工作等同於其中的工作。
現在,製作裙子的製衣是製作帆布的編織之一,是不同的具體工作。
但是,編織方程實際上將剪裁減少到兩個作品中的真實相同,以及它們對人類勞動的共同特徴。
在這種繞道上,人們會説編織,如果它編織價値,具備剪裁的顯著特徴,即抽象的人工。
只有不同商品等價的表達才能通過實際將各種商品中、将及的各種勞動力減少到共同的人類勞動來實現創造價値的勞動的特定性質(17a)。
 ⑤例えば、岩がキャンバスの価値と等しいとすれば、その作品はその作品と同等です。
     <・・如果將岩石等同於畫布的値,    則其中的工作等同於其中的工作。>
今日では、スカートを作ることはキャンバスの製織の1つであり、これは別の特定の作業です。 しかし、製織方程式は、実際には2つの作品の真のアイデンティティと人間労働のための共通の特徴にカット・削減します。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   在這種繞道上,人們會説編織,如果它編織價値,
   具備剪裁的顯著特徴,即抽象的人工。
   只有不同商品等價的表達才能通過實際將各種商品中、

   この迂回路では、価値を織り込むと、
   仕立ての重要な特徴、すなわち抽象的な労働が<具備>ある。
   異なる商品の同等の表現だけが、様々な商品において実際に使用され得る
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この種の迂回路では、人は織りだと言うでしょう。価値を織り込むならば、仕立てという抽象的な特質がある。
実際に様々な商品に関わる様々な労働を共通の人間の労働(17a)に還元することによって、異なる商品の同等の表現だけが価値を生み出す労働の特定の性質を達成することができる。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 久留間先生は、1~5段落を引用して、こう述べるのです。
 「ここでわれわれが何よりもまず注意をしなければならないことは、20エレのリンネル=1枚の上衣、あるいは20エレのリンネルは一枚の上衣に値する、という価値方程式において、リンネルはいきなり自分を上衣に等置することによって上衣に価値物としての、すなわち抽象的人間労働の直接的な体化物としての、形態規定をあたえ、そうした上ではじめて、この価値物としての定在における上衣の自然形態、自分の価値を表現しているのだということである。
 こういう廻り道をしないでは、商品は価値形態をもつことが出来ないのである。
リンネルは、いきなり自分を上衣に等置することによって、すなわち自分は上衣に等しいのだと自称することによって、自分を価値物にすることはできない。それでは単なる独りよがりになってしまう。
 他面において、リンネルが上衣の自然形態で価値を表わしうるためには、すなわち上衣の自然形態そのものを自らの価値形態にしうるためには、あらかじめ上衣が価値物としての定在を与えられていなければならぬ。
 言葉をかえていえば、上衣の自然形態がそのまま抽象的人間労働の体化物を意味するものとされていなければならぬ。そしてそれは、リンネルが上衣を自らに等置することによって行われるのである。
リンネルは、自分は上衣に等しいのだと自称することによって、自分を価値物にすることは出来ないが、上衣は自分に等しいのだと宣言することによって上衣を価値物(・・・)にすることはできる。
 そこで、リンネルは、かようにして上衣を価値物にしたうえで、自分は価値としては上衣と同じなのだ、ということによって、上衣の形態において、自分自身の価値性格を表現するのである。
すなわち、その使用価値の形態であるところの自然形態からー(略)ー区別された価値形態をもつことになるのである。」(『価値形態論と交換過程論』P56~57)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   <ここまでの批判の1です。>
  ーー久留間先生は、この5段落を次のように誤解をしている。ーー
  ①「価値方程式において、」ならば、上着は等価としてリネンに等置されているーー
  のですから、上着は価値の規定の下に既にあるのです。
  何故か?
  3段落ー「岩石は値としての価値存在形態とみなされます」との規定にあるからです。
  そのことで、上着は価値とみなされています。
  もう一度、
  上着は等価であり、同等なものであることで、価値として規定の下にあるーーのですから先生の述べ
  ることは、この前提を消して、相対的価値表現の第一歩の左極での条件を、排除しています。
  上着は価値としてリネンに等置される、・・この第一歩を、先生は排除して別の条件で
  ある、交換関係を、ここに提示しているのです。
 ィ) 交換関係であれば、この肝心のリンネルの価値存在の表現があって、上着が価値の存在形態と示
  され、上着が--リンネルの同等物である価値であることを示す、ーー物象の判断であるーー商品の
  行う反省規定ーーは捨象されるのです。
  ②上着が価値として、リネンに<直接的に>等置されるならば、そのままに上着は、自身の価値存在
  を現出させるーーのだから>上衣は直接的にその自然的形態のままに、価値形態と規定される、のは
  明らかです。
  ここでの「上衣を自分に等置することによって・・・すなわち抽象的人間労働の直接な体化物として
  の形態規定をあたえ、・・」でも同じくであり、この規定の仕方は、上衣が等価形態となるときに規
  定される仕方であります。
 ロ)媒介的なのですとは?ーー上着が「廻り道」をして媒介的に価値としてリネンに等置されています
  が、その意味が何か?であります。
  ③リネンの交換関係においてならば、上着は使用価値として等置される量的関係でしかありません。
  リネンの上着との価値関係においては、リネンが価値であるのは、
  aその両者の同等性がーー人間労動と示され、
  b上着・裁縫労動はリネンからの反省規定で、<廻り道>をして、
  媒介的に両者に共通な抽象的人間労働とされるーーことで、上着は価値とされていることで、この反
  省規定があることで、やっとこのリネンは価値であるのです。
 ハ)④ここで、次の転倒、誤読をみておかなければ、先生の誤りは見えません。
  「上衣を自分に等置することによって上衣に価値物としての、定在における上衣の自然形態」ーーで
  あることで、と示すことで、先生は、媒介されたリネンの価値表現と、直接的に上着が価値形態とさ
  れることとを、混同したのです。
  ここには、上記に示された、ー-上着が価値としてリネンに等置されるーー上着の同等物としての役
  立ちが、二つあり、媒介的なのか、直接的なのか、の区別への追求が無いのです。
  ー-上着が価値として役立つ、この媒介性をまず3・5段落で、追求しています。ーー
  ⑤上着に、「抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、」たのであれば、裁縫労動
  は直接的に抽象的人間労働の実現形態へと転化ーーしており、等価形態の第二の独自性、を示すこと
  になってしまいます。ここではそのことは問題にはなっていません。
 ニ)⑥どうしてーー久留間先生はこんな誤解をしたのか?
  「・・右の方程式の例においてリンネルはまず自分を上着に等置しているのではなくて、上着を自分
  に等置することによって、上着を価値物にしているのだ、ということにあるのであるがーー」(P57
  ~58)と誤りをば述べながら、その次のページでは、正しくこう述べるのです。
  「・・「上着を価値として自らに等置し」と訳すべきであることは、一見明らかであるとおもう。」
  (P59)ーーと。


  この方向性を見れば、まず上着が価値形態を受けとる転倒は有り得ないのです。
  このように、相対的価値形態の形成の方向性において、リンネルの価値形態が物象の判断として、使用
  価値ではなく<商品上着>とのかかわりのなかで示されていたのです。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ヘ)再版五段落の理解に戻ります。
  ⑦先生は、後者では、正しく述べながら、それを、論じている条件が、
  <a相対的価値形態の内実>での①化学式の3段落に続く、②価値抽象の批判として
  「その価値性格<価値キャラクター>は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます」ーー
  との再版4段落の提起・条件を無視したことで<価値形態>とここを誤読・誤解したのではないか?
  「上衣の形態において、自分自身の価値性格を表現するのである。すなわち、その使用価値の形態で
  あるところの自然形態からーー(略)ーー区別された価値形態をもつ」ーーと。全く逆の理解をした
  のです。

  すなわち、上着は価値形態であると、全く正反対の理解を示したのです。これでは、上着は自然的形
  態でありながら価値形態を示すーー等価形態と、先生は、誤解したのであります。
  そして次に、③この5段落での、ーー
  「織り方が方程式を示すと、実際にはどちらの仕事でも、人間の労働の共通の性質に本当に同じもの
  に仕立てを還元」ーー中国語からの事実上の抽象・五段落の訳は、秀逸--とは理解しないのです。
    「この迂回路では、価値を織り込むと、仕立ての重要な特徴、
    すなわち抽象的な労働が<具備>ある。異なる商品の同等の表現だけが、
    様々な商品において実際に使用され得る。」
  この迂回路を、その価値形態の下での、人間労動の表示が、等価形態の下での表示だから、上衣にー
  ー「抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、」たーーと読んだ、と思います。

  未だ規定されていない、提起されていない「価値形態」を、4段落に見たのが、人々がどうこの事柄を
  批判すべきなのか?どうにも理解できなかった、ことなのであります。

 ⑧価値関係にて、まずーその価値性格ーが問題にされているのに、先生は、等価形態こそが論じる対象だ
  として前段に置き、初版の誤訳の廻り道を例証にしています。
  彼の論拠の全ては、初版の回り道ーーの誤解に基づくものなのです。なんとも、自分の正しさの例証と
  したことが、誤解なのであります。
  そして、初版7段落の廻り道の論証を、戻って、6段落にてもそうだと示し、その延長に<等価形態を
  論ずる延長として>4段落を提示することで、そこで論じられているマルクスの肝心要の、相対的価値
  形態の形成の方向での、その内実であるーー物象の社会的関係ーー<註18>が、ここに示されている
  ことを、正しい長谷部訳をも、誤訳として、排除しているのです。

 ⑨しかし、江夏訳初版の名誉のためにも、この初版第二段落にては、正しくこう記述されています。
  「リンネルは、自分の価値量・・・を上着で表現することによって、自分の価値存在に自分の直接的
  存在とは区別される価値形態を与える。」(『初版』 江夏訳 P35 原P16 )
  これが当然の理路ではないですか?
  リンネルが価値存在を表現し、上着は価値の存在形態ーーであれば、リンネルはこの相対的価値形態
  の形成の筋道において、まず、自らの価値形態を、表現するのです。
  上着が価値形態を受けとるのであれば、これは、等価形態での出来事なのです。

  この迂回路について
   <この迂回路では、価値を織り成すならば、織り合わせることでは、仕立てという顕著な<有用労
  働の>特徴を持たないので、すなわち抽象的な人間労働と語られています。>
  どうして、上着を縫い上げる裁縫労動だけが、人間労動に還元されるとーー
  彼らは理解--誤解をしたのか?

  それは、この人間労働に還元した後の-廻り道-を、次の理解をしたためです。
  リンネルに対して上着は、直接的交換可能性--を示す、上着は等価形態であるのが、相対的価値形
  態の形成過程においても前提である、ーーとの理解からなのです。

  ーーしかし、前節の 1価値表現の両極ーー相対的価値形態と等価形態は、単なる見取り図であり等
  価形態が前提と述べているのではありません。
  この内実論の最終の⑪段落で示されているように、やっと等価形態ではなく、相対的価値形態を受け
  とる、との記述です。
  ではーー見取り図を示さないで論理展開をしている初版ではどうでしたか?
  ーーリンネルが、「廻り道」をすることで、商品形態を受けとれたのだから、その経過のなかで、リ
  ンネルは価値形態を受けとることで、そのことが出来たと示されています。何と⑧段落です。やっと
  3・5・6・7段落にてその成立について論じられながら、やっと、七段落にて商品形態が形成され
  ることで、八段落にて、相対的価値形態の反対極にやっと八段落にて等価形態の成立を告げられるの
  です。
  久留間先生の論理は、商品形態が如何にして成立したのか?それは、この廻り道を消去することで、
  相対的価値形態の成立の筋道のなかに依る--ことを不問にしたものであり、等価形態の成立ばかり
  を追求するのであり、<仕立てと織りの商品への転化とは>この何故--を不問にするイデオロギー
  であったのです。
  ドイツ語ペーラペラの先生としては、この誤訳を知っていたのではないか?この回り道を経過したー
  ーことでの左極でのリンネルの価値形態の成立について、この7段落の後に、明快にマルクスは述べて
  います。やっと、両極の成立であり、けして右極の形態や、 両極が前提になど、なっていません。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ト「価値物」が、再版での全くの異文であり、恐ろしき意図の下での誤訳であります。
  この5段落の誤訳の有り様を、更に追求してみました。

①For example. The coat equates to linen as worth, so the labor in the court is equal to the labor in the linen.
①例えばです。コートは、価値としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネンに
潜んでいる労働に等しいのです。

②例えばです。コートは、価値としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネンに
潜んでいる労働に等置される。
②For example. Since the coat is equally placed on linen as a value, the labor in the court is equiped with the labor lurking in the linen.

③For example. The coat is equiped as linen as value, so the labor in the court is the same as the labor in the linen.
③例えばです。コートは、価値物としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネン
に潜んでいる労働と同じです。

④例えばです。コートは、価値物としてリネンに等置されているので、コートに潜んでいる労働はリネン
に潜んでいる労働に等置される。
④For example. Since the coat is equiped as linen as value objects, the labor in the court is equally placed on the labor lurking in the linen. .
④例如。 由於外套被稱為亞麻布作為有價物品,因此法院的勞動同樣依賴於潛伏在亞麻布中的勞動力。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  何とも・・この誤訳の恐ろしき意図、
  同等物 に対しての 等価物、  価値としての上着に対しての 価値物、
  ーー全く意味が転倒して、マルクス先生の意図が、空中分解して、
  理解できなくなるのです。次の正訳を掴み取る必要ありです。

⑤ー①通過例如如果將岩石等同於畫布的値,則其中的工作等同於其中的工作
⑤ー①例えば、岩がキャンバスの価値と等しいとすれば、その作品はその作品と同等です。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <次の⑥ ⑦ ⑧段落を超えて、更に、⑨ ⑩段落での商品語の語りを超えて、
  ⑪段落にて、リンネルの価値形態が、規定されることで、相対的価値形態が形成されて、
  やっと、この⑤段落の迂回路が達成されるのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑥It is not enough, however, to express the specific character of the work from which the value of the canvas consists. Human labor in the liquid state or human labor makes value, but is not worth. It becomes value in a coagulated state, in figurative form. In order to express the canvas value as a jelly of human labor, it must be expressed as an "objectivity," which is in fact different from the canvas itself and at the same time common to other commodities. The task has already been solved.
⑦In the value relation of the canvas, the rock is regarded as its qualitatively equal, as a thing of the same nature, because it is a value. He is therefore considered as a thing in which value appears or which represents value in its tangible natural form. Now, though, rock, the body of rockware, is a mere utility value. A skirt expresses no more value than the first best piece of canvas. This proves only that he means more within the value relation to the canvas than outside it, as many a man means more within a galloped rock than outside it.

⑥但是,僅僅表達作品的特定特徴是不充分的,這是畫布的價値。處於流動状態或人力勞動的人力勞動是有價値的,但卻不値得。它以形象的形式變成凝固状態的價値。為了將畫布價値表達為人類勞動的果凍,它必須表達為“客觀性”,這實際上不同於畫布本身,同時也是其他商品的共同點。任務已經解決了。

⑦在畫布的價値關係中,岩石被認為是質量上相等的,因為它是一種價値。因此,他被認為是一種價値出現或代表其有形自然形式價値的東西。然而,現在搖滾樂器搖滾樂僅僅是實用價値。裙子表達的價値不比第一塊最好的畫布更有價値。這證明了他在畫布的價値關係中比在畫布之外的意義更大,因為許多人在一個疾馳的岩石中意味著更多在外面。

⑥しかし、キャンバスの価値である作品の特定の特性だけを表現するだけでは不十分です。モビリティやマンパワーの状態での労働力は価値がありますが、それだけの価値はありません。画像の形で固体の値になります。キャンバスの価値を人間の労働力のゼリーとして表現するためには、それは「客観性」として表現されなければなりません。これは実際にはキャンバス自体とは異なり、他の商品に共通です。タスクは解決されました。

⑦キャンバスの値の関係では、岩は値なので質的に等しいと見なされます。したがって、彼は価値の中に現れるか、またはその有形の、自然な形の価値を表すものであると考えられています。しかし、ロックミュージックは今や実用的な価値です。スカート式の価値は、最初の最高のキャンバス以上の価値はありません。これは彼がキャンバスの外側よりキャンバスの価値の関係においてより大きな意味を持っていることを証明しています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑧And in terms of the value of the canvas, it applies only to this side, therefore as an embodied value, as a value body.
⑧また、キャンバスの価値の面では、この側面のみに適用されるため、具体化された値として、値の本文として適用されます。

In spite of his buttoned-up appearance, the canvas has recognized in him the tribe-related beautiful soul of value. However, the rock can not be of value to her without the value taking on the form of a skirt at the same time.
彼の可愛い姿にもかかわらず、キャンバスは彼の中で部族関連の美しい価値魂を認めています。 しかし、同時にスカートの形を取る価値がなければ、彼女は価値あるものではありません。

Thus the individual A can not behave as a majesty to the individual B, without the majesty at the same time assuming the body form of B for A, and thus changing facial features, hair, and many other things with the patriarch of the land.
したがって、個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、したがって顔の特徴、髪、および他の多くのものをその土地の総主教と交替させることなく、威厳のない個人Bへの威厳として行動することはできない。

 <次の訳もあったので提示しておこう。>
   http://content.csbs.utah.edu/~ehrbar/cap1.pdf
⑧コートの生産では、仕立ての形のヒューマン・マン・パワーが実際に費やされた。その結果、人間の労働はコートに蓄積されている。これによりコートは価値はありますが、たとえコートが最も擦り切れていても、このプロパティはどこからでも表示されません。
そして、リネンの価値関係では、この側面の下でのみコートがカウントされるので、価値の化身として体現されます。そのリボンは、値のものです。

しかし、コートは、リネンの価値を表現することはできません。後者の場合は、コートの形をとっています。
例えば、個人Aは、別の個人Bには「陛下」であることはできませんが、Bの目の中には、Aの物理的な形状を想定しています。
そして、新しい人の父親と一緒に、ファッション・フィーチャー、ヘアー、その他多くのものを変えます。
⑧ In the production of the coat, hu-man labor-power, in the shape of tailoring,was in actual fact expended.Consequently, human labor is accumulated in the coat.By virtue of this, the coat is a ‘carrier of
value’, although this property does not show through anywhere, even where the coat is at its most threadbare. And in the value relation of the linen, the coat counts only under this aspect, counts therefore as embodied value, as incarnation of value.Despite its buttoned-up appearance, the linen recognizes in the coat a splendid kin-dred soul, the soul of value. The coat, however, cannot represent value towards the linen unless value, for the latter, at the same time assumes the shape of a coat.An individual, A, for instance, cannot be ‘your majesty’ to another individual, B, un-less majesty in B’s eyes assumes the physi-cal shape of A, and, moreover, changes fa-cial features, hair and many other things,with every new ‘father of his people’

⑧在裙子的生産中,實際上,在剪裁的形式下,人力勞動已經花費了。所以人類的工作堆積在他身上。根據這一方面,裙子是“有價値的承載者”,雖然即使是最大的破舊也不能看透它的屬性。並且就畫布的價値而言,它僅適用於這一方,因此作為一個具體價値,作為價値主體。儘管他的外表扣人心弦,帆布卻在他身上認出了與部落有關的美麗靈魂。然而,如果沒有同時採用裙子形式的價値,搖滾對她來説就沒有價値。因此,單獨的A不能個別B作為不為甲陛下一個威嚴還假定B和因此面部特徴,毛髮和其他許多人的體形仍然與毎個重複主權變化。

⑧実際には、スカートの生産においては、仕立ての形で、人間的労働はすでに費やされてきた。それで人間の仕事が彼の上に積み重なっています。この側面によると、最大のぼろぼろでさえその属性を見ることができませんが、スカートは「貴重なキャリア」です。そしてキャンバスの価値という点では、これはこの面にのみ適用されます。したがって、特定の価値として、価値の対象として適用されます。彼の握った外観にもかかわらず、キャンバスは彼の中の部族に関連する美しい魂を認識しました。

しかし、同時にスカートの形で価値がない場合、ロックは彼女には価値がありません。 したがって、単一のAを個別のBにすることはできません。

鎧の下にいないので陛下はまたB、したがって顔の特徴を仮定します、主権が繰り返されるたびに、髪の毛や他の多くの人の体型は変わります。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑨ー①価値の面では、岩の形態がキャンバスに同等物<等価物>であり、
岩の形態は価値のある形態とみなされます。
したがって、商品キャンバスの価値は、商品岩の本体、他の商品の使用価値
における商品の価値で表されます。
①In terms of value, in which rock forms the equivalent of
the canvas<岩の形態がキャンバスの同等物>, the rock form is considered a value form.
The value of the commodity canvas is therefore expressed in the body of
the commodity rock, the value of a commodity in the use value of the others.

②使用価値として、キャンバスはロックとは異なる官能的なものです。
使用価値は「岩のような」ものでスカートのように見えます。
したがって、それはその自然形態とは異なる価値形態を受け取る。
 <同等性関係での転倒--であります。だから、この9段落での価値形態は無し!
 使用価値・スカート、上衣は、この自然的形態のままに価値形態を受け取る転倒--
 --を示しています。これが次の宗教的な転倒であり、上衣がその物的形態のままに
 価値形態と誤認されていますし、それでは、左極を形成することができません。
 そこで、次の<神の子羊のように見えます>--との批判が、あります。>
②As a use value, the canvas is a sensual thing different from rock,
as a value it is "rock-like" and therefore looks like a skirt.
Thus it receives a value form different from its natural form.

⑨ー③それらの岩のような形での価値は、その自然に表す同等性が、
キリスト教徒の羊の性質のようにであり、神の子羊のように見えます。
⑨ー③Their value, in their likeness to the Rock,
appears like the sheep nature of the Christian in his equality with the Lamb of God.

⑨在價値比中,岩石形成畫布的等價物,岩石形式被認為是一種價値形式。
因此,商品畫布的價値在商品搖滾的主體中表示,商品的價値在其他商品的使用價値中表示。
作為一種使用價値,帆布是一種與搖滾不同的感性物質,因為它的價値是“搖滾般的”,因此看起來像裙子。
因此,它接收與其自然形式不同的値形式。
他們與磐石的相似之處在於他與上帝羔羊平等的基督徒的羊性質。

⑨価値比では、岩はキャンバスの等価物を形成し、岩の形は価値形態であると考えられます。
したがって、商品キャンバスの価値は商品ロックの本体に表示され、
商品の価値は他の商品の使用価値で表現されます。
使用価値として、キャンバスはその価値が「ロックのよう」であるので、
それはスカートのようにも見えるので、ロックンロールとは異なる賢明な物質です。
したがって、それはその自然な形とは異なる形の価値を受け取ります。
それらは、神の子羊に等しいクリスチャンの羊の性質に似ています。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ここでの--岩の形態は価値ある形態--では、この商品語での転倒の言い表わしだから、
 として次を点検--検討するのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑩Man sieht, alles, was uns die Analyse des Warenwerts vorher sagte, sagt die Leinwand selbst, sobald sie in Umgang mit andrer Ware, dem Rock, tritt. Nur verrät sie ihre Gedanken in der ihr allein geläufigen Sprache, der Warensprache. Um zu sagen, daß die Arbeit in der abstrakten Eigenschaft menschlicher Arbeit ihren eignen Wert bildet, sagt sie, daß der Rock, soweit er ihr gleichgilt, also Wert ist, aus derselben Arbeit be- steht wie die Leinwand. Um zu sagen, daß ihre sublime Wertgegenständlichkeit von ihrem steifleinenen Körper verschieden ist, sagt sie, daß Wert aussieht wie ein Rock und daher sie selbst als Wertding dem Rock gleicht wie ein Ei dem andern. Nebenbei bemerkt, hat auch die Warensprache, außer dem Hebräischen, noch viele andre mehr oder minder korrekte Mundarten. Das deutsche "Wertsein" drückt z.B. minder schlagend aus als das romanische Zeitwort valere, valer, valoir, daß Gleichsetzung der Ware B mit der Ware der eigne Wertausdruck der Ware A ist. Paris vaut bien une messe! <Paris ist eine Messe wert!>

⑩ー①You see, everything the analysis of the value of the goods told us in advance says the canvas itself as soon as it enters into contact with other commodities, the skirt.
Only she betrays her thoughts in her own familiar language, the language of the goods.
⑩ー①ご覧の通り、他の商品、スカートと接触するとすぐにキャンバス自体に、その商品価値の分析を--事前に伝えてくれました。彼女だけが、自分の考えを自分の身近な言葉--つまり商品の言葉では、裏切っています。

⑩ー②To say that work forms its own value in the abstract quality of human labor, she says that rock, insofar as it is indifferent to it, is worthy of the same work as the canvas.
⑩ー②その仕事(作品)の形態<「労働」ではない>は、抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女はそれが無関係である限り、それがキャンバス仕事と同じの価値がある限り--ロックがそうであると言います。

③だから、それはその崇高な<価値対象性-ではなく>価値観 - 客観性はその剛体とは異なると言うために、彼女はその価値は岩のように見え、それゆえ価値としては、それは別のものに対しても--卵のように岩に似ています、と語っています。ちなみに、ヘブライ語以外にも、ことばの言語には多かれ少なかれ正しい方言があります。
 <「価値観 - 客観性」は単に価値・価値実体だけではなく、価値形態も含めてです。
  --value-objectivity is different from its rigid body, --とは?
  硬い個体の形態とは異なる、価値形態、のことであります。>
③To say that its sublime value-objectivity is different from its rigid body, she says that value looks like a rock, and therefore, as value, it resembles rock like an egg to another.
By the way, the language of languages, besides Hebrew, has many more or less correct dialects.

⑩ー④ドイツ語の「値」は、例えば 商品Bを商品として同一視することが、商品Aの適切な価値表現であるという--ロマネスク時代の言葉ヴァレール、ヴァレール、ヴァロアよりも目立たない。パリはフェアトレードである! <パリは見逃せない!>
⑩ー④The German "value" expresses e.g. less striking than the Romanesque time word valere, valer, valoir, that equating the commodity B with the commodity is the proper value-expression of the commodity A. Paris is a fair trade! <Paris is worth a fair!>
   <それがキャンバス仕事と同じの価値がある限り--ロックがそうであると言います。>
   このように、リネン・キャンパス仕事は、
   上着・ロックを、自身と同じの岩の形態は価値のある形態と、両者で認めていることで、
   同等性関係の価値関係への確認・復帰を--成し遂げています。
   <中国語での訳文はどうか? 仕事<工作>であり、価値観 - 客観性であります。>
<それはキャンバスと同じ仕事に値する、それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女は言います。その崇高な価値観 - 客観性はその硬い体とは異なる - と言って、彼女はその価値観が石のように見えると言いました、それで、価値観として、それは別の卵のように揺れ動きます。>

⑩你看,事先告訴我們的貨物價値的分析,一旦它與其他商品,裙子接觸,就説帆布本身。只有她用自己熟悉的語言,即商品的語言背叛了自己的思想。為了説工作在人類勞動的抽象質量中形成了自己的價値,她説,岩石,因為它對它無動於衷,因此値得與畫布一樣的工作。要説它的崇高價値 - 客觀性與其僵硬的身體不同,她説價値看起來像一塊石頭,因此,作為價値,它就像一個雞蛋一樣搖滾到另一個。順便説一句,除了希伯來語之外,語言的語言或多或少都有正確的方言。德國“價値”表示例如不如羅馬式時間詞valere,valer,valoir,將商品B與商品等同的商品是商品A的正確價値表達。巴黎是一個公平交易! <巴黎値得公平!>

<その日本語訳> 「それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成する」--と。>

人々は、商品の価値分析によって予測されるものはすべて、他の商品やスカートと接触したときのキャンバス自体とまったく同じであることを認識しています。
彼女だけが、自分が慣れ親しんでいる言葉、つまり商品の言葉で自分の考えを裏切った。
<即ち商品語を批判して述べるのです>それが無関係であるため、それはキャンバスと同じ仕事に値する、それは仕事が抽象的人間労働の質においてそれ自身の価値を形成すると言うために、彼女は言います。
その崇高な価値観 - 客観性はその硬い体とは異なる - と言って、彼女はその価値観が石のように見えると言いました、それで、価値観として、それは別の卵のように揺れ動きます。
ところで、ヘブライ語に加えて、その言語の言語は多かれ少なかれ正しい方言を持っています。 ドイツ語の「値」とは、たとえば、ローマ風の単語「バレール」、「ヴァレール」、「バロア」ほど良くないこと、および商品Bが商品Aと等価であることが商品Aの正しい値表現であることを意味します。 パリはかなりの取引です! <パリは公平性に値する! >
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまりマルクスは、リンネルの価値形態は、この上着が価値形態となる--混同・混乱のなかで、
リンネルの価値形態が形成され、相対的価値形態の形成は、<価値形態リンネル>だけではなく、
上着の受け身ではなく転倒した主体的な役立ちであり、つまり、価値表現の材料としての物象の
役立ちがあって、形成される--のに、ということなのですね!
「その価値たることが、上衣との同一性に現れること、ちょうどキリスト者の羊的性質が、その
神の子羊との同一性に現れるようなものである。」(岩波文庫P96~97)
--とあるようにですか!つまり、価値表現の材料ではなく、<価値形態>としての役立ちも!
しているように、語る-と言うのです。

しかし、リンネルも上着も価値物となるのは、どちらも価値形態になれる・・ということですか?
しかし、物的関係の形成であれば、超感性的な左極にての価値形態は形成されず、物的な関係での
価値形態で有り、等価物上着の姿態のままに価値形態となる右極での規定になりますよ・・・
しかし、<上着が価値物>との規定は、等価物であり・等価形態とのダブルの混合した規定ではな
かったのですか?
 だから、同等物としての上衣がリンネルに等置され、回り道・商品語の転倒をへて、リンネルの
価値形態を、反射規定する物象の社会関係を結んでいることで、八段落での--威厳のない個人Bへ
の威厳として行動する--個人Aの形成ができたのです。
  <したがって、個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、したがって顔の特徴、
  髪、および他の多くのものをその土地の総主教と交替させることなく、威厳
  のない個人Bへの威厳として行動することはできない。>・・と。
  それが9段落での一大転倒!!!への批判でかちとるものであります。>
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <崎山先生の訳 ーー榎原さん提示>
  労働は人間的労働という抽象的属性においてリンネル自身の価値を形成するということを言う
  ために、リンネルは、上着がリンネルに等しいものとして通用するかぎり、したがって価値で
  あるかぎり、上着はリンネルと同じ労働から成り立っていると言う。
  リンネルの高尚な価値対称性は糊でごわごわしたリンネルの肉体とは違っているということを
  言うために、リンネルは、価値は上着に見え、したがって、リンネル自身も価値物としては上
  着と瓜二つであると言う。」
  (『資本論』長谷部訳、河出書房新社、原典五六頁、訳文は井上康・崎山政毅
  『マルクスと商品語』、二一~二頁)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  岩波 向坂訳 P97
  「亜麻布の森厳なる価値対象性が、そのゴワゴワした布の肉体とちがっているというために、
  亜麻布は、価値が上着に見え、したがって亜麻布自身が価値物としては、卵が他の卵に等しい
  と同じように、上着に等しいというのである」
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  <ジャケット、の意味ーー補足しておきます。
  人にジャケットを着せる、人の被覆物・物象の被覆物であり、・・とは、
  ここには、物象の判断が示されているのだから、「リネンの布」には、ーーではなくて、
  「値は岩のように見え、したがって価値として、卵のように岩のように見えます」であり、
  ーー上着価値であり、卵のように岩のようにーー見えるという転倒、なのです。
  ーー価値関係ではなく、同等性関係に転倒した形態ーーを示しています。
  <その崇高な価値観 - 客観性がその剛体とは異なると言うならば、彼女は価値が
  岩のように見え、したがって価値としては、卵のように岩のように見えると言います。>
  このように、「その崇高な価値観 - 客観性」でなければ意味が見え無くなっている。

  著者マルクスのは、商品語による転倒でのーー理解を9・10段落と是正してきたのに、その意
  義を理解できず、8・9段落の主張の違いが、この整理にあるのですからーー⑨でのーー上着
  は価値形態でありと商品語で示しながらも、最後の判断として、ーー価値関係において、リン
  ネルの価値形態--と、転倒した同等性関係への批判が、まとめられています。


  だから等価物上衣を価値物と誤読するならば、この転倒した・頭で逆立ちの両者ともの価値物
  となってしまうので、触らぬものとして、<相対的価値形態は、前提>となるのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑪したがって、価値関係により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態になるか、または商品Bの本体は商品Aの価値水準となる。(18)商品Aは、価値体としての商品Bを、人間労働の素材として、彼ら自身の価値表現の材料である使用価値Bとする。
商品Aの価値は、商品Bの使用価値で表され、相対的価値形態となる。

By means of the value relation, therefore, the natural form of the commodity B becomes the value form of the commodity A or the body of the commodity B becomes the value level of the commodity A. (18)
By the commodity A refers to the commodity B as value body, as material of human work, makes them the utility value B to the material of their own value expression.
The value of the commodity A, so expressed in the use value of the commodity B, has the form of the relative value.
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑪通過價値比率,商品B的自然形式成為商品A的價値形式或商品B的主體成為商品A的價値水平。(18)商品A指商品B作為價値主體,作為人類工作的材料,使它們成為 效用値B為自己的値表達式的材料。 以商品B的使用價値表示的商品A的價値具有相對價値的形式。

⑪価値比率により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態となり、商品Bの本体は商品Aの価値レベルとなる。 (18)商品Aは、商品Bを価値対象とし、人間の作業素材としては、使用価値Bが自らの価値表現である材料とする。 商品Bの使用価値で表される商品Aの価値は、相対的価値の形をしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ーーーーーこの次は、すぐさま次の等価形態冒頭を、参照願いたい。ーーーーー
  <①商品A(キャンバス)は、異なる商品B(スカート)の使用価値にその価値を表し、
  後者はそれ自体が価値形態であり、それ(キャンバス)と同等の価値を表現すること
  が分かっている。>何と、英訳は明快そのものです。

   3. The equivalent form 3.同等の形式
 It has been seen that a commodity A (the canvas) expresses its value in the use-value of a different commodity B (the skirt), the latter itself expresses a peculiar form of value, that of the equivalent.
 ①商品A(キャンバス)は、異なる商品B(スカート)の使用価値にその価値を表し、後者はそれ自体が価値形態であり、それ(キャンバス)と同等の価値を表現することが分かっている。
   <「等価物という形態を押し付ける。」原P70 新書訳P95 の混迷しか生み出さない訳>

The linen of the linen brings to light its own value by the fact that the skirt, without assuming a value form different from its body form, is indifferent to it.
そこでのリネンは、リネンにたいしスカートが、その体型とは異なる価値形態をとることなく、それに無関心であるという事実によって、それ自身の価値を明  るくする

The canvas thus expresses its own value by the fact that the skirt is directly interchangeable with it. The equivalent form of a commodity is therefore the form of its immediate interchangeability with other commodities.
したがって、キャンバスは、スカートがそれと直接交換可能であるという事実によって、それ自身の価値を表現する。したがって、同等の形態の商品は、他の商品との即時の互換性の形態です。

 ②If a kind of commodity, such as skirts, serves as an equivalent to another type of commodity, such as canvas, skirts are therefore given the characteristic property of being in an immediately exchangeable form with canvas, then there is in no way given the proportion in which skirts and canvas are interchangeable are.
ここでのスカートのような一種の商品が、キャンバスのような別の商品と同等のものとして機能する場合、スカートは、キャンバスとすぐに交換可能な形であるという特徴的な特性が与えられ、スカートとキャンバスは交換可能です。
    https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1697
    資本論・同等の形式・単純な価値形式の全体・第二の形態 第三の形態
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  マルクスの経済学批判の第一の課題が、リカード対ベーリのいわゆる①絶対的価値と相対的価値の論争
  の克服ーーのために、価値形態論が取り組まれたのであり、『初版』序言に示されているように、
  ①価値実体と価値の大いさ、②価値形態、③労働生産物の商品形態または価値形態との三者の関連性-
  -を示すことを、相対的価値形態と同等な形態<等価形態>ーー同等な形態は彼らには既に認識との前
  提ーーのもとで、提示することが、必要とされていたとの認識が必要と思えます。

  その位置付けの最大の重要性の把握をするならば、次の第二の形態での先生の提起も理解できる。ベー
  リは、この展開された相対的価値形態では、リンネルの価値形態の形成が有ることで、上着での価値表
  現が為されている、ことを無視している、との批判です。そして、左極での形態の形成が自ずと、物象
  の判断にて、右極での等価形態・同等形態をもたらすのです。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://

 

久留間先生の「価値表現のメカニズム」とは何であったのか (2)

 投稿者:杉本  投稿日:2018年11月24日(土)11時30分56秒
返信・引用 編集済
     『初版』の第一の形態に示される物象の判断とは?まず追求。
   左極にて価値形態を受けとる--とは?次でありました。
   <価値形態論は、「リンネルが上着を価値としては自分に等置
   していながら、他方同時に使用価値としては上着とは区別され
   ている」--物象の判断の解析の人間の判断への転換です。>

 「・ところが諸商品は物<象>である。諸商品がそれであるところのもの、諸商品は物<象>的にそういうものでなければならない。言い換えれば、諸商品自身の物<象>的な諸関係のなかでそういうものであることを示さなければならない。

リンネルの生産においては一定量の人間労働力が支出されている。
リンネルの価値は、こうして支出されている労働の単に対象的な反射なのであるが、しかし、その価値は、上着にたいするリンネルの物体において反射されているのではない。

その価値は、上着にたいするリンネルの価値関係によって、顕現するのであり、感覚的な表現を得るのである。

リンネルが上着を価値としては自分に等置していながら、他方同時に使用価値としては上着とは区別されているということによって、上着は、リンネル-物体に対立するリンネル-価値の現象<出現>形態となり、リンネルの現物形態とは違ったリンネルの価値形態となるのである(18)。」(『初版』国民文庫46-7頁 原P17)

 <再版での理解はどうであったのか?>

③-③キャンバスの独自の価値は、前者では独立した表現を受け取り、それは岩石に価値あるものとしてのみ関連をしてなのですから、それを<equivalent or interchangeable>同等か交換可能なものとしています。

再版 <それは岩石-上着-に価値あるものとしてのみ関連をして>
初版 <リンネルが上着を価値としては自分に等置していながら、
  他方同時に使用価値としては上着とは区別されている・・>

 ①このように再版の価値形態論の冒頭の三段落では、上着が価値と
  してリンネルに等置される、と理解されている。
  それは、上着がリンネルの価値存在であることで、上着は、
  a価値であり、b価値<物>で無くて、c交換可能となっている
  ーーと示されたことであり、これは、初版提示の物象の判断なの
  です。
  <誤解無きように、②交換可能性の形態は、リンネルの価値形態
  が受け取られて、なしえるのだから、まだ①の準備段階です。>

 ②久留間先生は『貨幣論』の「9回り道とはどういうことか」で、
  こうのべています。
  「久留間・・・上着が価値物の規定性にいて等置されるのです。
  これによって上着は価値体としての形態規定を与えられることに
  なるのです。」(P104)
  <そして価値表現のメカニズムを、現行版・再版の第三節の内実
  論の冒頭を解説して次のように云う。>
  「・ただリンネルの価値だけが表現される、ではどのようにして
  か?」と設問し、「リンネルが自分の『等価物』または自分と
  『交換されうるもの』としての上着に対してもつ連関によってで
  ある」<再版原P64>と答えるのです。ぼくが「価値表現のメカ
  ニズム」と名づけたのは、この設問に対する答えの部分に他なり
  ません。その答えの最も重要な、基本的な質的内容を、ぼくはわ
  かりやすく一口に、「回り道」と言う言葉で表現したのでした。」
  (P106)
  先生の誤読が理解できますか?
  「リンネルが自分の『等価物』または自分と『交換されうるもの』
  としての上着」--とは、全くの逆の理解なのです。
  杉本は、正しく、次のように紹介しています

③-①しかし、質的に同等な2つの商品は同じ役割を果たすわけではあ
  りません。キャンバスの価値だけが印刷<printed out>されま
  す - そして、それはどのようにしてか?彼らの”同等物“
  <as their equivalent>としての岩石との関係を通して、あ
  るいはそれを"交換可能 "とすることでなのです。

  先生は、ここでの二つの両極での規定をみて、前者をば、等価形
  態と読み、後者を、その前提の下での"交換可能 "と理解すること
  で、全くの独りよがりの解説をしたのです。

  ③二つは⑧では、はっきりと一つになっています。

⑧ー①コートの生産では、仕立ての形の人力が実際に消費された。
   その結果、人間労働はコートに蓄積されています。
  このことから、このコートは「値のキャリア」ですが、このプ
  ロパティはどこにも見えません。

⑧ー②そして、リネンの価値関係では、コートはこの側面の下でし
  かカウントせず、従って価値の化身として具体化された価値と
  して数えます。そのボタンアップされた外観にもかかわらず、
  リネンは豪華な価値魂をコートで認識します。

⑧ー③しかし、コートは、リネンの価値を表すものではなく、後者
  の場合には同時にコートの形状をとるものでなければならない

⑧ー④例えば、個人Aは、他の個人Bにとっては「あなたの威厳」に
  なることはできません.Bの目の中では威厳を失わずに、Aの物
  理的な形状を仮定し、さらにファッションや髪の毛やその他多
  くのものを変えます新しい-new father of his people-
  「人々の父」が生まれました。」

 「具体化された価値」とは、価値魂の入ったコートの意味ではな
  く、反対に、そうなるためには、どうすればよいのか?という
  のが、ここでの 問いなのです。

③ー①でのコートは ”同等物“で"交換可能 "であるのが、右と左の
  極にわかれておれば、思考停止であり、へいかとしんかの役だ
  ちの違いはみえません。しかしどちらもいまだ左極なのです。
⑧ー②そのことでの”同等物“で"交換可能 "なコートは、
  <リネンの価値関係では、>このように、リネンは豪華な価値
  魂をコートに認識するだけでなく、コート自身がその反射規定
  を、リネンに与えているのです。
 第③に、リネンがそのコートからの反射規定を、受け取ることで、
  ⑧ー④ファッションや髪の毛やその他多くのものを変え、新し
  い「人々の父」が生まれました。ーーとの新規定がある。
  この新規定があることで、つぎ⑨「上着の体を価値形態」にする
  間違いをこえて、リネンの価値形態としたのです

  その<独りよがりの解説>では、論理が進行しないので、こう続
  けることで、先生は『初版』の新たな解読を、つぎにしたのです。

  「・・つまり、商品は自分から進んで他商品の等価物であると称
  してみても、それはその他商品にとって通用しない全くの「独り
  よがり」でしかありません。直接には使用価値である商品が他商
  品にたいして、いきなり、価値体として通用することはできない
  のです。
  だが一商品たとえばリンネルは、他商品上着を自分に等置するこ
  とによって、上着に価値体としての形態規定を与えることはでき
  る。この形態規定における上着の体で自分の価値を表示する、あ
  るいは、この形態規定における上着の体を自分の価値の形態にす
  ることはできる。
  「それは直接に自分自身に対してすることができないことを、直
  接に他の商品に対して、したがってまた回り道をして自分自身に
  対してすることが出来る」(初版原P20)のです。
  これは決してリンネルの独りよがりではありません。
  これによって現に上着はリンネルに対する直接的交換可能性を与
  えられているのです。」 <同書P114>

杉本、久留間先生がここで与えている、再版ではなく初版を指しての
  ① ②の混同を提示する解説であったのです。
ーー②<これによって現に上着はリンネルに対する直接的交換可能性
  を与えられているのです>との後者と、
ーー①<また回り道をして自分自身に対してすることが出来る>と示
  された前者とは、異なります。この区別こそが最大の要です。

著者マルクスは、②の後者について、①との区別をやっと⑦⑧⑨⑩段落と語り積み上げることで、次の結論を示しています。

⑨段落⑧商品は、他方としてのみ(「等価」によって意味されるもの
  である)直ちに交換可能な使用価値の形を求める材料であるのだ
  から、それとは異なる別の商品で価値が表現されます。
⑩段落、この区別は、その単純な形式または第一の形式の相対的な価
  値表現の特徴的な特質によって不明瞭である。
 <量的な相対的価値表現の形式からは、この直接的交換可能性の形
  態は、発生しないので、質的側面によく注意を、とあります。>

11段落に、以上をこう整理づけています。

⑪ー①商品価値の価値形態またはその両方の表現の決定は、相対価値
  のみであるが、両者は同じ程度に相対的に現れるわけではない。
  リネンの相対価値(20ヤードのリネン= 1コート)において、リ
  ネンの交換価値は、他の商品との関係として明示的に示されてい
  る。
  ②コートに関しては、リネンはコート自体を価値の出現<現象>
  形態として、したがってそれ自体ですぐ<直接>に(リネンに)
  交換可能なものとして、リネンがコートと関連している限り、同
  等であることは明らかである。この関係の中でのみコートの等価
  物です。
  ③しかし、それは受動的に行われます。 それは何のイニシアチ
  ブも握っていない。物事はそれ自体に関係しているので、それは
  この関係で自分自身を見つけます。
  ④リネンとの関係のために構成されているキャラクターは、それ
  自身の関係の結果として出現するのではなく、それ自身の追加の
  活動なしで存在する。
  ⑤さらに、リネンがコートに関連する具体的な特定モードおよび
  方法は、コートに対して行うことの終わりに正確に適切である
  が、・・・

 三段落にて、この事に触れて以来、初版の⑤段落後半から⑥段落にて触れ、もう終わっていたのかと思えば、ずっと触れ続けてきての結論が、十一段落にてやっと一応の結論なのですから、読む方にしてもこの論理の推敲のさまは、なんとも驚異そのものです。

 従って、⑦段落のまとめとして、⑧段落の次があるのですが、このことは、何とも他にも紹介頂いたことの記憶が無い、無視された事柄です。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原P21 八段落
⑧ー①私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値形
  態を含むことを明らかにしました。
  ②リネンはその価値とコートの価値の確定量を表しています。
  ③それは、他の商品との価値関係におけるその価値を明示し、し
  たがって交換価値として明示します。
  ④他方では、他の商品、すなわち相対的な方法でその価値を表現
  しているコートは、それと直ちに交換可能な等価物としての使用
  価値の形式を正確に得る。
  ⑤両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の同等
  の形態は、交換価値の形式です。
  ⑥両者は実際には、同じ相対的価値表現のベクトル
  (お互いに相互に条件付けされたもの)だけですが、同じに設定
  された2つの商品極の間の極のように分けられます。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さてと、この区別は、明瞭であるようで、少しもあらゆる混乱した見解への批判が、何故か出来ていないのだから、その適用の点検を、久留間先生の論節でやってみよう。

  <①私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値
  形態を含むことを明らかにしました。>
  この⑧段落の見地から、その前の⑦段落を読むとどうなるのか?

⑦ー③商品と商品との関係にのみ存在する価値形態とは状況が異なります。
ここでは、使用価値または商品本体が新たな役割を果たします。これは、商品の価値の現れ、すなわち、それ自体の反対です。

④同様に、使用価値に含まれる具体的な有用労働は、抽象的人間労働の実現の単なる形となり、それとは反対のものになる。離れて落ちる代わりに、商品の相反する規定が反映されます。これは一見して、この理解ができないか分かりませんが、必要に応じてさらに検討する必要があります。

⑤商品は最初から二重のもので、使用価値であり価値、有用な仕事と抽象的人間労働の凝固産物です。
それが何であるかを明らかにするためには、その形式を一つではなく倍にする必要があります。それは、自然から使用価値の形の権利を持っています。 それはその自然な形です。

⑥他の商品と一緒に流通して初めて価値形態だけを獲得する。
しかし、その価値形態は、それ自体が客観的な形である。商品の唯一の客観的な形態は、その使用形態であり、それらの天然形態です。
 <既存訳・今村--他の商品とつきあうなかではじめて
      江夏--他の商品との関係において初めて手に入れる>
 <--他の商品と一緒に流通して--なのだから、自明なように、
   「その形式を一つではなく倍にする必要があります」ので、
  使用価値と価値形態の商品形態の二重の形態がなければ、この
  流通の中に入れないのは、自明なことであるのに、既存訳は、
  論理の段階が、次へと移っていかなかったのです。

⑦さてこの場面で、商品(例えばリネン)の自然な形はその価値形態の正反対であるため、他の自然な形態(別の商品の自然な形)をその商品形態に変えなければなりません。

⑧それはすぐに別の商品のために、それゆえにそれ自身のための迂回路(回り道)によってすぐにすることができます。それは、自らの価値を自分自身の価値で表現することはできませんが、他の使用価値<another use-value or commodity-body>や商品体を、直接価値として参照することができます。
 <悪訳・「直接的な価値存在としての・一つの使用価値あるいは商
  品体に、関係することが出来る。」(江夏訳P40今村訳P291)
  この全くの転倒した理解が分かりますネ。
  「他の使用価値や商品体」が「直接的な価値存在として」この規
  定のもとに、リネンと関係できるならば、それは既に直接的に価
  値形態であることで、抽象的人間労働の体化物であるから、ここ
  での迂回路など必要無し!ですよ。>

  <久留間先生の次の誤読>
  「直接には使用価値である商品が他商品にたいして、いきなり、
  価値体として通用することはできないのです。」
  --は、回り道の論理追求など、全くして無いのです。驚きです!

  回り道は、このように、次の論理の段階を踏まえるからです。
  内在的に商品は--使用価値と価値--の規定にあることから、
 ①使用価値と価値形態の規定を受けとることで商品形態を示し、
 ②「一商品の相対的価値表現は、二つの相異なる価値形態を包括し
   ている」--とありました。
 ③そして、以上の①②と示されたことは、次を語るためなのです。
 ⑧-⑤「両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の
    同等の形態は、交換価値の形式です。」

 これで理解できるのは、②のようにであります。二つの異なる価値
 形態が、形成されることは、商品形態の形成が、価値形態の働きで
 の物象の社会関係の働きがなしたものであるーーことを示すことで
 註22に示されるベーリの、「われわれはその商品の価値を、・・・
 穀物価値、上着価値と呼んでもかまわない。そしてそのばあいには
 、無数のちがった種類の価値が、諸商品が存在するのと同じ数だけ
 存在するのであって・・」(『価値の性質、尺度、及び原因・』)
 ーーとの、価値論への反論であったのです。

  マルクスの再版一章の最終の註である36は、ベーリ批判であり、
 価値と価値形態との内的連関の理解への注意、なのであります。


 

レンタル掲示板
/153