teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


初版III。 第3に、逆のまたは逆の第2形式の相対価値形態

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 9月16日(日)10時13分8秒
返信・引用 編集済
    III. Third, reversed or reciprocal second form of relative value:
  III。 第3に、逆のまたは逆の第2形式の相対価値形態

   1 coat = 20 yards of linen
  u coffee =   "
    v tea =   "
    x iron =   "
 y wheat etc. =   "

①The relative value-expression returns at this point to its original form:
1 coat = 20 yards of linen.
①相対価値表現は、この時点で元の形に戻ります:1コート= 20ヤードのリネン。

Now, however, this simple equation is further developed. Originally it only contained the fact that the value of the coat obtains through its expression in another commodity a form which is different from and independent of the exchange-value coat or even the body of the coat. Now the very same form manifests the coat with respect to all other commodities whatsoever as value.
しかし、今、この単純な方程式がさらに発展する。もともと、それは、コートの価値が、他の商品の表現を通じて、交換価値コートまたはコートの身体とは異なる独立した形態を得るという事実のみを含んでいた。今ではまったく同じ形が、価値あるものとして他のすべての商品に関するコートを明示しています。

Not only the coat, but also coffee, iron, wheat, in a word, all other commodities express their value in the material, linen. In this way, all manifest themselves to one another as the same materialization of human labour. They are henceforward only quantitatively different, which is the reason why one coat, u coffee, x iron, etc. ? i.e., different quanta of these different things ? equal 20 yards of linen (equal to the same quantum of objectified human labour).
コートだけでなく、コーヒー、鉄、小麦、言い換えれば、他のすべての商品は、素材、リネンの価値を表しています。このように、すべてが人間の労働の同じ物質化として互いに出現します。彼らはそれ以来、定量的に異なるだけであり、これは、1つのコート、uコーヒー、x鉄など、すなわちこれらの異なる物の異なる量は、20ヤードのリネン(客観的な人工労働の同じ量子に等しい)に等しい。

It is through their common value-expression in the material, linen, therefore, that all commodities differ as exchange-values from their own use-values and relate at the same time to one another as amounts of value, equate themselves qualitatively to one another, and compare themselves quantitatively.
それゆえ、すべてのコモディティは、自分の使用価値と交換価値として異なっているが、価値の量としてお互いに関係し、 質的にお互いを同一視し、定量的に比較する、材料リネンでの--共通の価値の観なし方なのです。

Only in this unified relative value-expression do they all appear for the first time as values for one another, and their value consequently obtains for the first time its corresponding form of appearance as exchange-value.
この統一された相対的な価値表現においてのみ、それらはすべて互いの値として最初に出現し、結果的にその価値は最初に交換価値としての対応する形式を得ている。

As opposed to the developed form of relative value (form II) which manifests the value of a commodity in the environment of all other commodities, we call this unified value-expression the universal relative form of value.
他のすべての商品の環境における商品の価値を明らかにする発展した相対価値(形式II)の形態とは対照的に、この統一的価値の観なし方は、普遍的な相対的価値形態と呼んでいます。

②In form II (20 yards of linen = 1 coat or = u coffee, or v tea or x iron, etc.), the form in which the linen develops its relative value-expression, it relates itself to each individual commodity (coat, coffee, etc.) as a specific Equivalent, and to all of them together as to the environment of its specific forms of the Equivalent.
②リネンが相対的な価値表現を生み出す形態 II(20ヤードのリネン= 1コートか=コーヒーかvティーか鉄かなど)では、それは個々の商品(コート、コーヒーなど)を特定の等価物として、またそのすべてを特定の形態の等価物の環境に関して一緒に使用することができます。

No individual species of commodity counts any longer with respect to the linen as simple Equivalent, as in the particular Equivalent, but only as specific Equivalent whereby the one Equivalent excludes the other. In form III (which is the reciprocal second form, and is therefore contained in it), the linen appears on the other hand as the general form of the Equivalent for all other commodities.
商品の個々の種は、リネンに関しては、特定の同等物の場合と同様に単純な同等物としてはもはや考慮されないが、特定の等価物としてのみ等価物であるので、等価物はその他を除外する。
このフォームIII(これは相反する第2の形態であり、したがってそれに含まれる)では、リネンは、他の全ての商品の等価物の一般的な形態として現れる。

It is as if alongside and external to lions, tigers, rabbits, and all other actual animals, which form when grouped together the various kinds, species, subspecies, families etc. of the animal kingdom, there existed also in addition the animal, the individual incarnation of the entire animal kingdom.
それはライオン、トラ、ウサギ、および動物の王国の様々な種類、種、亜種、家族などを一緒にグループ化したときに形成される他のすべての実際の動物の横および外側にある場合と同様に、動物、動物界全体の個体的化身となっている。

Such a particular which contains within itself all really present species of the same entity is a universal (like animal, god, etc.).
同じエンティティ(主体)の実際に存在するすべての種をそれ自身の中に含むような特定のものは、普遍的(動物、神などのようなもの)なのです。

Just as linen consequently became an individual Equivalent by the fact that one other commodity related itself to it as form of appearance of value, that is the way linen becomes as the form of appearance of value common to all commodities the universal Equivalent universal value-body, universal materialization of abstract human labour.

The specific labour materialized in it now thereby counts as universal form of realization of human labour, as universal labour.
その結果、リネンは、特定労働であるままに価値の出現形式として、他の商品がそれに関連しているという事実によって、リネンが個々の商品になったのと同じように、リネンは - すべての商品に共通の価値の出現 形式となることで- ユニバーサルな同等価値であり、抽象的な人間労働の普遍的な実体化となっている。だから、そのことで具体化された特定の労働は、今や普遍的な労働として--人間労働実現の普遍的形態として数えられている。

③During the process in which the value of commodity A is displayed in commodity B (whereby commodity B becomes a single Equivalent), it was indifferent of what specific type commodity B happened to be. The corporeality of commodity B only had to be of a different species than that of commodity A, and therefore had also to be a product of other useful labour.
③コモディティAの価値がコモディティBに表示される過程(コモディティBは一つの等価物になる)の過程で、コモディティBがどのような特定の型になったかは無関心であった。商品Bの体は、商品Aと異なる種でなければならず、したがって、他の有用な労働の生産物でなければならなかった。

By the coat’s displaying its value in linen, it related itself to linen as the realized human labour, and precisely thereby related itself to linen-weaving as the realization-form of human labour, but the specific determinacy which distinguishes linen-weaving from other kinds of labour was completely indifferent. It only had to be of another kind than tailoring and in any case had to be a specific kind of labour. It is otherwise as soon as linen becomes a universal Equivalent.
コートがリネンでその価値を示すことによって、それは実現された人間労働としてリネンに関連し、それによって正確には人間の労働の実現形態としてのリネン織りに関連するが、リネン織りを他の種類と区別する特定の決められた労働へのつながりは完全に無関心だった。どのような場合でも特定の種類の労働でなければならなかったのは、仕立てとは別の種類のものでなければなりませんでした。そうであることで、リネンが普遍的な同等物になる、とすぐにそれが行われます。

in its special determinacy through which it is linen as opposed to all other kinds of commodities (coffee, iron, etc.)  now becomes the universal form of value of all other commodities and hence a universal Equivalent.
他のすべての種類の商品(コーヒー、鉄など)とは対照的に、それがリネンである特別な決定においては、他のすべての商品のユニバーサルな形態となり、それゆえ普遍的同等物となっている。

The particular useful kind of labour manifested in it therefore now counts as universal form of realization of human labour, as universal labour precisely insofar as it is labour of particular determinacy: linen weaving as opposed, not only to tailoring, but to coffee growing, mining, and all other kinds of labour.
したがって、特定の有用な種類の労働は、今や特別な決定の労働である限り、普遍的な労働としての人間労働の実現の普遍的形態として数えられ: リネン製織は、テーラリングだけでなく、コーヒー栽培、鉱業、および他のすべての種類の労働に対立している。

On the other hand, all other kinds of labour count (in the relative value-expression of linen  the universal Equivalent: form II), henceforth only as particular forms of realization of human labour.
他方では、他のすべての種類の労働は、人間労働の実現の特定の形態としてのみ(相対価値 - リネンの表現:普遍的な等価:形態II)なのである。

④As values the commodities are expressions of the same unity, of abstract human labour.
In the form of exchange value they appear to one another as values and relate themselves to one another as values.
④価値として、商品は、抽象的な人間労働の同一団結の表現である。
交換価値の形態では、価値と見なすことでお互いに関係し、価値として互いを関係付ける作業をしています。

They thereby relate themselves at the same time to abstract human labour as their common social substance. Their social relationship consists exclusively in counting with respect to one another as expressions of this social substance of theirs which differs only quantitatively, but which is qualitatively equal and hence replaceable and interchangeable with one another. As a useful thing, a commodity possesses social determinacy insofar as it is use-value for people other than its possessor, and hence satisfies social needs.
彼らはそれによって、同時に共通の社会的実体として、人間労働を抽象化するために自分自身を関連付ける。彼らの社会的関係は、定量的にのみ異なるが、質的には同等であり、したがって交換可能で相互に交換可能であるので、これらの社会的物質の表現として相互に数えあえている。
有用なものととして、商品は所有者以外の人にとって価値のあるものであれば社会的決定性を保有し、社会的ニーズを満たすものである。

But it is indifferent just whose needs the commodity’s useful properties relate it to. The commodity nevertheless can only become through these properties in all cases only an object related to human needs, but not a commodity for other commodities. It is only the kind of thing that can turn mere objects of use into commodities and hence set into social rapport.But this is just what value is.
しかし、商品の有用な特性がそのニーズに関係していることは無関心です。それにもかかわらず、商品は、すべての場合において、人間のニーズに関連する対象物のみをこれらの特性を介して摂取することができるが、他の商品のための貨物ではない。単なる使用目的物を商品に変えることができ、それゆえに社会的な関係に結びつけることができます。しかし、これはただの価値です。

The form in which the commodities count to one another as values  as coagulations of human labour is consequently their social form. Social form of the commodity and value-form or form of exchangeability are thus one and the same thing. If the natural form of a commodity is at the same time its value-form, then the commodity possesses the form of immediate exchangeability with other commodities and consequently an immediately social form.
商品が人間労働の凝固として価値と数える形式は、結果的に彼らの社会的形態です。
したがって、商品の社会的形態と価値形態または交換可能性の形態は、同じことです。
商品の自然な形態が同時に価値形態である場合、商品は他の商品との即時の交換可能性の形態をとり、その結果即座の社会的形態を保有する。
  <このように、諸商品の全てが、互いを「価値と数える形式は」--と示されていることで、
 「商品の自然な形態が同時に価値形態である場合、商品は他の商品との即時の交換可能性の形態」
  ーーをとりとのマルクスの指摘、物象の判断が、もっとも大切なことがしめされたのです。
  再版で示されているように、物象の共同行為によって、この一般的価値形態が形成されるのです。>

⑤The simple relative value form (form I) ‘One coat = 20 yards of linen’, differs from the universal relative value-form, ‘One coat = 20 yards linen’ only by the fact that this equation now forms a member in the series:
⑤単純な相対価値フォーム(フォームI)「1コート= 20ヤードのリネン」は、この式が今シリーズのメンバーとなっているという事実だけで、普遍的な相対価値フォーム「1コート= 20ヤードリネン」とは異なります

⑥In actuality, it differs thus only in the fact that the linen has continued its development from a singular to a universal Equivalent.
⑥実際には、リネンが単価から普遍的な等価物への発展を続けているという事実のみが異なる。

Thus if in the simple relative expression of value it is not that commodity which expresses its amount of value, but rather that commodity in which the amount of value is expressed which is the one that obtains the form of immediate exchangeability (equivalent form: hence, immediately social form), the same thing holds true for the universal relative value expression.
したがって、価値の単純な相対的表現では、価値の量を表現する商品ではなく、価値の量が表現される商品であり、即時の交換可能性の形態をとる商品(同等の形態:したがって、直ちに社会的形態)であり、これは普遍的な相対価値表現にも同じことが当てはまる。

But in the simple relative form of value this distinction is merely formal and evanescent. If the coat expresses its value in a relative way (that is, in linen) in the equation ‘One coat = 20 yards of linen’, and the linen acquires thereby the form of Equivalent, then the very same equation includes immediately the reciprocity ‘20 yards of linen one coat’, in which it is the coat that acquires the form of Equivalent and the value of the linen is expressed in a relative way.
しかし、単純な相対的な価値表現では、この区別は単なる等式で消極的です。
コートがその値を相対的な方法(つまり、リネン)で「1コート= 20ヤードのリネン」と表現し、それによってリネンが等価フォームを取得する場合、この同じ式は、 20ヤードのリネン1コート 'を意味し、それは同等の形態を獲得するコートであり、リネンの価値は相対的な方法で表される--のみなのです。

This constant and correlative development of the value-form of both commodities as relative value and as Equivalent no longer takes place. If the universal relative value-form, ‘One coat = 20 yards of linen’, (where the linen is universal Equivalent) is turned around into ‘20 yards of linen = one coat’, the coat does not thereby become universal Equivalent for all other commodities, but only a particular Equivalent of the linen.
相対価値と同等価値としての両方の商品の価値形態のこの一定かつ相関関係の発達はもはや起こらない。普遍的な相対価値形式、「1コート= 20ヤードのリネン」(リネンが普遍的である場合)は、「リネン= 1コート」の20ヤードになり、コートはそれによって普遍的にはならず、従って他の商品は、単にリネンと同等のものにすぎません。

The relative value-form of the coat is only universal because it is the relative value-form of all other commodities at the same time. What holds true of the coat, holds true of coffee, etc. It follows, therefore, that the universal relative value-form of commodities excludes these very commodities from the universal form of Equivalent. On the other hand, a commodity like linen is excluded from the universal relative value-form as soon as it possesses the universal form of Equivalent.
コートの相対的価値形態は、それが他のすべての商品の相対的価値形態であるためにのみ普遍的である。そのコートに当てはまることは、コーヒーなどにも当てはまります。したがって、商品の普遍的な相対価値形式は、これらの商品をユニバーサル形式の等価物から除外します。一方、リネンのような商品は、それが普遍的な等価物を持っているとすぐに、普遍的な相対価値形式から除外されます。

The universal relative value form of linen, unified with the other commodities, would be ‘20 yards of linen = 20 yards of linen’.
リネンの普遍的な相対価値形式は、他の商品と統一され、20ヤードのリネン= 20ヤードのリネンになります。

But this is a tautology which does not express the amount of value of this commodity, which is situated in a universal form of Equivalent and thereby in perpetually exchangeable form. Rather, it is the developed relative value-form (20 yards of linen = one coat or u coffee or = v tea or = etc.) that now becomes the specific relative value-expression of the universal Equivalent.
しかし、これは、この商品の価値を表現していないのも同義語です。
これは、普遍的形式の等価であり、永久に交換可能な形で位置しています。むしろ、普遍的な同等物の具体的な相対価値表現となるのは、開発された相対価値形式(20ヤードのリネン= 1つのコートか、コーヒーか= vのティーか=など)です。

⑦Every commodity (coat, coffee, tea, etc.) possesses in the universal relative value-expression of commodities a value-form which is different from its natural form  namely, the form: linen.
⑦すべての商品(コート、コーヒー、紅茶など)は、商品の普遍的な相対価値表現において、その自然な形、つまりリネンとは異なる価値形態を保有しています。

And it is precisely in this form that they relate themselves to one another as exchangeables and exchangeables in relationships which are quantitatively determined, since, if one coat = 20 yards of linen, u coffee = 20 yards of linen, etc., then it is also true that one coat = u coffee, etc. All commodities by mirroring themselves in one and the same commodity as quantities of value, reflect themselves reciprocally as quantities of value.
そして、それは、1つのコート= 20ヤードのリネン、1枚の上着= 20ヤードのリネンなどであれば、量的に決定される関係における交換可能なものと--交換可能なものとして、また、それは1つのコート= uコーヒーなどにも当てはまる。価値のある量と同じ商品で自分自身を鏡映することによって、すべての商品は、価値の量として相互に反映される。

But the natural forms which they possess as objects of use count for them reciprocally as forms of appearance of value only over this detour, and consequently not in an immediate way.
しかし、彼らが使用する目的として持っている自然の形は、この迂回路を越える価値の出現の形として相互に相反するものであり、その結果、即座にではありません。

They are not for that reason immediately exchangeable just because of the way they immediately are. Thus they do not possess the form of immediate exchangeability for one another; i.e., their socially valid form is a mediated one.
その理由から、すぐに交換できるのはその理由だけではありません。したがって、彼らはお互いに即座の交換可能性の形を持っていません。すなわち、その社会的に有効な形態は、仲介された形態である。

It is the other way around. It is through the fact that all other commodities relate themselves to linen as form of appearance of value, that the natural form of linen becomes the form of its immediate exchangeability with all commodities  and consequently its universal social form in an immediate way.
それは別の方法です。それは、他のすべての商品が、価値の出現の形態としてリネンに関連し、リネンの自然な形態がすべての商品との即時の交換可能性の形態になるという事実を通してである。その結果、その普遍的な社会的形態が直ちに生まれる。

⑧A commodity only acquires the universal Equivalent-form because and insofar as it serves all other commodities in the manifesting of their universal relative (and hence not immediate) value-form.
⑧商品は、その普遍的な相対的な(したがって即時ではない)価値とみなされるその現れにおいて、他のすべての商品に役立つため、かつその限りでは、普遍的な等価形態を取得するだけである。

Commodities, however, have to endow themselves with relative value-form in general, because their natural-forms are only their forms of use-value, and they have to endow themselves with unified (and hence universal) relative value-forms in order for all of them to relate to one another as values, as homogeneous coagulations of human labour.
しかし、コモディティは、一般的には相対的価値形式を持っていなければならない。なぜなら、その自然形態は使用価値の形式に過ぎず、統一された(したがってユニバーサル)相対価値形式を持たなければならないからである。それらのすべては、人間労働の同質な凝固として、互いに価値として関連している。

A single commodity, therefore, only finds itself in the form of immediate exchangeability with all other commodities, and therefore in immediately social form, because and insofar as all other commodities do not find themselves therein, or because the commodity by its very nature does not in general find itself in an immediately exchangeable or social form, by virtue of the fact that its immediate form is the form of its use-value, not of its value.
従って、単一の商品は、他の商品との即時の交換可能性の形でしか見えないので、他の商品がその商品に含まれていない限り、一般的に即時型はその価値のものではなく、その使用価値の形であるという事実のために、即座に交換可能であり社会的な形態であることが、ここにわかる。

⑨One does not by any means actually detect in the form of universal immediate exchangeability that it is a contradictory form of commodity: just as inseparable from the form of not immediate exchangeability as the positivity of one pole of a magnet is from the negativity of the other. Consequently, one can imagine that one could impress the mark of immediate exchangeability on all commodities at the same time, just as one can also imagine that one could make all workers into capitalists. Actually, however, universal relative value-form and universal Equivalent-form are the contradictory, reciprocally-presupposing and reciprocally repelling poles of the very same social form of commodities.
⑨一方的には、実際に普遍的な即時交換可能性という形で、商品の矛盾した形であることが実際に検出されるわけではない:磁石の一方の極の陽性が他方の陰性からのものであるため、のようにです 。したがって、すべての労働者を資本家にすることができると想像できるように、同時にすべての商品に即時交換可能性の印を印象付けることができるかと想像してしまう。しかし、実際には、普遍的な相対価値形式と普遍的な等価形式は、全く同じ社会的形態の商品の相反的で、相互を前提とし、反復して反発する極である。

⑩As immediate social materialization of labour, linen is (as the universal Equivalent) materialization of immediately social labour, while other bodies of commodities, which represent their value in linen, are materializations of not-immediately social labours.
麻は労働の直接的な社会的実現であり、直ちに社会的労働を実現する(普遍的な均等物として)ものであるが、リネンに価値を表す他の商品は、直ちに社会的労働ではない。

⑪Actually, all use-values are only commodities because they are products of private labours which are independent of one another private labours which, however, depend materially upon one another as particular members (even though rendered self-sufficient) of the primordial system of division of labour. In this fashion, they hang together socially precisely through their differentiation, their particular usefulness. That is exactly the reason why they produce qualitatively differing use-values.
⑪実際には、すべての使用価値は商品でしかない。なぜなら、彼らは私的労働からの独立した民間労働の産物であるからなのです。しかし、分裂の基本システムの特定のメンバー(たとえ自己完結しているにもかかわらず)の労働は、このようにして、彼らは彼らの差別化、特にその有用性によって、社会的に正確に結びついています。それが、質的に異なる使用価値を生み出す理由です。

⑫If they did not, then these use-values would not become commodities for one another. On the other hand, this differing useful quality does not yet make products into commodities.
⑫そうでなければ、これらの使用価値はお互いのための商品にならないだろう。他方で、この異なる有用な品質はまだ商品を商品にしていない。

If a peasant family produces coat, linen and wheat for its own consumption, then these things confront the family as differing products of their family labour, but do not confront one another reciprocally as commodities.
もし、農家がコート、リネン、小麦を自ら消費する場合、これらは家庭労働の異なる製品として家族に直面するが、商品として相互に対立しない。

If the commodity were immediately social (i.e., common) labour, then the products would acquire the immediately social character of a common product for its producers, but not the character of commodities for one another.
もし、商品が直ちに社会的(すなわち共通)労働であった場合、製品はその生産者にとって共通の製品の直ちに社会的特性を獲得するが、相互の商品の特性は獲得しない。

Nevertheless, we do not have far to seek, in this case, for that in which the social form of the private labours consists, which are contained in the commodities and are independent of one another.
それにもかかわらず、私たちは、この場合、私的労働の社会的形態が成立し、商品に含まれ、互いに独立しているものについては、それほど遠くまで追求する必要はない。

It already yielded itself out of the analysis of the commodity. The commodities’ social form is their relationship to one another as equal labour; hence  since the equality of toto coelo [utterly] different labours can only consist in an abstraction from their inequality their relationship to one another as human labour in general: expenditures of human labour-power, which is what all human labours  whatever their content and their mode of operation  actually are. In each social form of labour, the labours of different individuals are related to one another as human labours too, but in this case this relating itself counts as the specifically social form of the labours.
それはすでに商品の分析からそれ自体を産出した。商品の社会的形態は、同等な労働としての互いの関係です。それゆえ、全く異なる労働の同等は、それらの不平等から、人間の労働としての一般的な関係を抽象化するだけである:人間の労働力の支出にです。
実際には動作モードです。それぞれの社会的形態の労働において、異なる個人の労働は人間の労働としても互いに関係しているが、この場合には、それ自体が労働の具体的な社会的形態とみなされる。

Now none of these private labours in its natural form possesses this specifically social form of abstract human labour, just as little as the commodity in its natural form possesses the social form of mere coagulation of labour, or value. However, through the fact that the natural form of a commodity (linen, in this case) becomes a universal Equivalent-form because all other commodities relate themselves to this natural form as the appearance-form of their own value, hence linen-weaving also turns into a universal form of realization of abstract human labour or into labour of immediately social form.
現在のところ、これらの私的労働は、その自然形態の商品が労働や価値の単なる凝固という社会的形態を保有しているのと同じくらい、この抽象的な人間的労働の具体的な社会的形態を保有していません。しかし、商品の自然形態(この場合、リネン)は、他のすべての商品が、この自然な形に自分自身の価値の出現形態として関連しているため、リネンを織る--抽象的な人間労働の実現の普遍的な形態に、またはすぐに社会的形態の労働に変わっている。

The standard of ‘socialness’ must be borrowed from the nature of those relationships which are proper to each mode of production, and not from conceptions which are foreign to it.
「社会性」の基準は、それぞれの生産様式にふさわしい関係の性質から借用されなければならず、それに対する外的概念ではない。

Just as we demonstrated earlier that the commodity naturally excludes the immediate form of universal exchange-ability and that the universal Equivalent-form consequently can only develop in a contradictory way, so the same thing holds for the private labours lurking in the commodities.
先に実証したように、商品は当然の形で普遍的な交換能力を自然に排除し、その結果、普遍的な等価形態は、結果的に矛盾した方法でしか発展できないので、商品に潜む私的労働にも同じことが成立する。

Since they are not-immediately social labour, in the first place the social form is a form which differs from the natural forms of the real, useful labours and is foreign to them and abstract; and in the second place, all kinds of private labour obtain their social character only In a contradictory way, by all being equated to one exclusive kind of private labour (linen-weaving, in this case).
彼らはすぐには社会的労働ではないので、まず社会形態は現実的で有用な労働の自然な形態とは異なる形態であり、それらには異質で抽象的である。第二に、すべての種類の民間労働者は、唯一の排他的な種類の民間労働(この場合、リネン織り)とみなされることによって、相反する方法で彼らの社会的性格を得るだけである。

This latter thereby becomes the immediate and universal form of appearance of abstract human labour and thereby labour in immediately social form. It manifests itself consequently also in a product which is socially valid and universally exchangeable.
それによって、この後者は抽象的な人間の労働の即時かつ普遍的な形になり、それによって直ちに社会的形態で働く。その結果、社会的に妥当で普遍的に交換可能な製品にも現れます。

⑬The illusion as if the equivalent-form of a commodity resulted from its own corporeal nature instead of being a mere reflex of the relationships of other commodities: this illusion strengthens itself with the continuing development of the singular Equivalent to the universal, because the contradictory vectors of the value-form no longer develop equally for the commodities which are related to one another, because the universal Equivalent-form separates a commodity off as something totally secluded from all other commodities, and finally because this (the commodity’s form) is actually no longer the product of the relationship of any singular commodity.
⑬商品の等価形態が、他の商品との関係の単なる反射ではなく、それ自身の体質的性質から生まれたような錯覚:この幻想は、恒常的に普遍的に等価な展開を強化する。普遍的等価形態は、商品を他のすべての商品から完全に隔離されたものとして分離しているため、価値形態のもう一つの部分は、もはや互いに関連している商品については等しくはならない。単一の商品の関係の製品をより長くする。

⑭From our present standpoint the universal Equivalent has not yet by any means ossified, however. What was the way in which linen was metamorphosed into the universal Equivalent, actually?
⑭我々の現在の立場からは、普遍的な等価物はまだいかなる形でも化粧されていない。リネンがユニバーサル等価物に変わったのはどうでしたか?

By the fact that it displayed its value, first in one single commodity (form I), then in all other commodities in order in a relative way (form II), and thereby all other commodities reflexively displayed their values in it in a relative way (form III).
⑭事実、それはその商品の価値を最初に一つの商品(I形)で表示し、次に他のすべての商品では相対的な形で(II形)、それによって他のすべての商品は反射的にその価値を相対的な方法で表示した(形態III)。

The simple relative value-expression was the seed out of which the universal Equivalent-form of linen developed. It changes its role within this development. It begins by displaying its amount of value in one other commodity and ends by serving as material for the value-expression of all other commodities. What holds for linen holds for every commodity. In its developed relative value-expression (form II)  which only consists of its many, simple value-expressions  the linen does not yet figure as universal Equivalent. Rather, every other commodity-body forms in this case linen’s Equivalent , is thereby immediately exchangeable with it and is therefore able to change places with it.
単純な相対価値表現では、普遍的な同等の形態のリネンが開発された種であった。それはこの開発の中でその役割を変えます。それは、ある他の商品にその価値を示すことから始まり、他のすべての商品の価値表現の材料として役立ちます。

それは、すべての商品のためにリネンが保持しているものです。

その多くの、単純な価値表現からしか構成されていない、発展した相対的価値表現(形態II)において、リネンは、普遍的な同等物としては、まだ描かれていない。むしろ、この場合リネンの等価物である他のすべての商品本体の形態は、それによって即座に交換可能であり、したがってそれを用いて場所を変更することができる。


 
 

商品の労働の二重性と商品形態の二重性について

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 9月 8日(土)04時16分0秒
返信・引用 編集済
  a商品の労働の二重性と商品形態の二重性について、少し整理してみた。
 この前の第二節にて、労働の二重性が次のようにまとめられていた。
  <原文に当たれば分かるように、<の属性>の記述は無い。>
  原P61資本論1章2節 最終段落
「すべての労働は、一方では、生理学的意味での人間労働力の支出であり、人間または人間の同等な人間労働力のこの能力<の属性>において、それは商品価値を構成する。 一方、すべての労働は、特定の形で人間の労働を支出するものであり、このような具体的な有用労働<の属性>は有用性を生む。」(16)
All labor is, on the one hand, the expenditure of human labor in the physiological sense, and in this capacity of equal human or abstract human labor, it constitutes the commodity value. All labor, on the other hand, is an expenditure of human labor in a particular form, and in this capacity of concrete useful labor produces usefulness. (16)
  初版
https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
  32段落 原P13
It follows from the preceding not that there are two differing kinds of labour lurking in the commodity, but rather that the same labour is specified in differing and even contradictory manner in accordance with whether it is related to the use-value of the commodity as labour’s product or related to the commodity-value as its merely objective expression. Just as the commodity must be above all else an object of use in order to be a value, just so does labour have to be before all else useful labour purposeful, productive activity ? in order to count as expenditure of human labour-power and hence as simple human labour.
上述のことから、商品には2種類の異なる労働が潜んでいることにはならないが、むしろ同じ労働が、労働の製品としての商品の使用価値に関連しているのか、それとも単なる客観的な表現としての商品価値に関連しているのかに応じて、相違して矛盾する方法で規定されている。
商品は、価値であるためには、他のすべての目的に使用されなければならないのと同様に、人間の労働力の支出とみなされる--ためには、他のすべての有用な労働意欲的で生産的な活動よりも、その前に、労働がなければならない。 それゆえ単純な人間労働である。
 <b第一の形態では・・どうなのか?少し探求するために、a相対的価値形態の内実を再度まとめてみた。>

 <62> 3. Die Wertform oder der Tauschwert
    <第三節 価値形態または交換価値
英 ① Goods come to the world in the form of use-values or cargoes, as iron, canvas, wheat, etc.
This is their homemade form.
商品は使用価値や貨物の形で鉄、キャンバス、小麦などの形で世界に現れます。これは自家製の形です。
  ②However, they are only goods because they are double, commodities and at the same time value carriers.
しかしながら、彼らは二重であることで、彼らは唯一の商品ですし、商品として、同じくそのときーー価値のキャリアとなる。
  既存訳は、この①・②の対比がなく、全て次の訳です。
 <とはいえ、それは、使用対象であると同時に価値の担い手であるという二重的なもの
  であるがゆえにのみ、商品となる。 長谷部訳 資本論1 P45 下段>
 ーーしかし、この訳では、上記の①の使用価値に対しての次の②が題材とされていることが、捨てられている。
  これでは、この例示では、価値形態が形成されません。
  我々として、①②の対比が消されてしまえば、この条文は、何一つ理解できません。
  以下、わずか4段落をおってみました。
 ①<62> 商品は商品や商品の形で鉄、キャンバス、小麦などで生まれます。これは自家製のものです。
しかし、商品は二重であり、商品であり、同時に価値のキャリア<媒介物・導体ーー担い手では使用価値の役割になる>でもあるため、商品でしかありません。
したがって、それらは二重形態、自然形態および価値形態を有する場合に限り、商品としてのみ現れ、または商品形態のみを有する。
 ①Goods are born in the form of commodities or commodities, as iron, canvas, wheat, etc.
This is their homemade form.
However, they are only goods because they are double, commodities and at the same time value carriers.
They therefore appear only as goods or possess only the form of goods, provided they have double form, natural form and value form.
 ②商品の客観性はウィティッブ・ハーティグとどこが違うかという点で異なる。
商品の官能的に粗い客観性とはまったく反対に、天然物質の原子はその価値客観性に入っていない。
したがって、1つの商品を好きなようにこね回すことができます。価値のあるものとしては理解できません。
しかし、商品が価値対象性を示すーーことを覚えていれば、同じ社会的団結、人間労働の表現であるこの価値客観性が純粋に社会的な表現である限り、社会的にのみ現れることは言うまでもないので、そこに両者の商品と商品の関係があることはわかる。
実際には、私たちは隠れた価値を追跡するために商品交換や交換価値を仮定しました。 今我々はこの価値の現れに戻る必要があります。
 ②The objectivity of the goods differs from the Wittib Hurtig in that one does not know where to have them. In the exact opposite of the sensually coarse objectivity of commodities, no atom of natural substance enters into its value-objectivity. One may, therefore, turn and turn a single commodity as one likes, it remains incomprehensible as a value thing. If, however, we remember that goods are only objects of value, insofar as they are expressions of the same social unity, of human labor, that their value-objectivity is purely social, then it goes without saying that they appear only in the social relation of commodity to commodity can. In fact, we assumed the value of the exchange or exchange of goods in order to track their hidden value. We must now return to this manifestation of value.

  <商品の価値客観性ーーについて次の註をしておこう>
  一般的価値形態 の1価値形態の変化した性格の五段落にて、
  <商品の価値客観性>が、「価値対象性」と誤訳されています。
  独訳
Es zeigt sich also,
dass die Wert-Objektivität der Güter<商品の価値客観性>,
weil sie die bloße "soziale Existenz" dieser Dinge ist, nur durch ihre universelle soziale
Beziehung ausgedrückt werden kann und ihre Wertform daher eine gesellschaftlich gültige Form sein muss.
したがって、商品の価値客観性は、これらの物の単なる「社会的存在」であるため、彼らの普遍的な社会関係によってのみ表現することができ、したがって、その価値形態は社会的に有効な形態でなければならないことは明らかである。
  英訳
It thus becomes
apparent that the value-objectivityof goods,<商品の価値客観性>
because it is the merely "social existence" of these things, can only be expressed through their universal social relationship, and therefore that their value form must be socially valid form.
 ③たとえ彼が何も知らずとも、商品は共通の common value form 価値形態を持っていることは誰もが知っています。これは、カラフルな自然な形の使用価値とは対照的です。 しかし、ここでは、ブルジョア経済学によって試行することもないこと、すなわち、この貨幣形態の起源を証明すること、すなわち、この価値等式に含まれる価値関係の発展に従うことが必要である。
商品は、その最も単純な最も重要でない形態から目を見張るような貨幣形態へと変化する。 同時に、the money puzzle お金のパズルは消えます。
 ③Everybody knows, even if he knows nothing else, that the goods have a common value form, which contrasts sharply with the colorful natural forms of their use-values-the money form. Here, however, it is necessary to do what was not even attempted by the bourgeois economy, namely, to prove the genesis of this form of money, that is, to follow the development of the value-expression contained in the value-relationship of the commodity from its simplest most insignificant form to the dazzling monetary form. At the same time the money puzzle disappears.
 ④最も単純な価値関係は、明らかに、商品が1つの異なる商品と価値の関係になっていることです。
したがって、2つの商品のつくる価値等式は、商品の最も単純な価値表現を提供します。
 ④The simplest value relation is evidently The simplest value relation of a commodity to a single different commodity, no matter which one. The value ratio of two goods therefore provides the simplest value expression for a commodity.

  再考するためのーー適訳 ドイツ語版 価値形態
  A 簡単な、個別的な、または偶然的な価値形態
  1 価値表現の両極ーー相対的価値形態と等価形態
    英訳三段落
Relative value form and equivalent form are mutually related, mutually dependent, inseparable moments, but at the same time mutually exclusive or opposite extremes, i.
相対価値形式と同等の形式は相互に関連し、相互に依存し、分離不可能な瞬間であるが、同時に相互に排他的であるか反対の極なのである。

Poles of the same value expression; they are always distributed among the different goods that the value expression relates to each other.
I can e.g.
同じ値式のポーランドン。
<同じものの柱--両極ーーを示す等式なのです。>
それらは値の式が互いに関連する異なる商品に常に配分されます。
それが、私にはできます。

do not express the value of the canvas in canvas. 20 cubits of canvas = 20 cubits of canvas is not a value expression. On the contrary, the equation says: Twenty cubits of linen are nothing but twenty cubits of canvas, a definite quantity of the commodity canvas.
しかし、キャンバスの価値をキャンバスに表現しないでください。 20キュビットのキャンバス= 20キュビットのキャンバスは、価値表現ではありません。
それどころかそれでは、方程式に次のように書かれてしまいます:20キュビットのリネンは、商品キャンバスの一定量のキャンバスの20キュビットに過ぎません。

The value of the canvas can therefore only be expressed in relative terms, i. in other goods. The relative value form of the canvas, therefore, implies that any other commodity is in the equivalent form opposite it.
したがって、キャンバスの値は、相対的な表現でしか表現できません。 他の商品でですね。したがって、キャンバスの相対的価値形式は、他の商品がそれとは反対の形態であることを意味<既存訳 前提>します。
  <リンネルの価値表現において、両極の価値形式があるーーことを説明、
  するのであり、そのとき、オートバイが、前輪ではなくウイリーをして
  後輪だけで名人が操っている、ことを指して後輪が前提だ!と称する事
  ができるでしょうか?
  そのことが、両極の価値形態をここで題材にしているときに、
   <キャンバスの値は、相対的な表現でしか表現できません。
   他の商品でですね。>
  ーーとこのことを、両極が前提なのではなく、左極での行為とのみ見る
  歪曲をするならば、それは、等価形態が前提でなければ、リンネルの相
  対的価値表現ができない!事になってしまいます。
  それでは、次段落の等価物の役割が、
  ーー彼女は彼女の価値を表現していません。
    それは他の商品の価値表現にのみ材料を供給する。ーー
  が全く見えなくなってしまいます。
  上着のここでの役立ちが、単に価値表現の材料としての役立ちなのでは
  なく、等価物としての受け身の役立ちーーなのであります。>

On the other hand, this other commodity, which figures as an equivalent, can not be in relative value form at the same time. Not she expresses her value. It supplies the material only to the value expression of other goods.
他方では、これと同等であるこの他の商品は、同時に相対価値形式にすることはできません。 彼女は彼女の価値を表現していません。 それは他の商品の価値表現にのみ材料を供給する。
   <4段落は、略>
  2 相対的価値形態
   a相対的価値形態の内実
 ①商品の単純な価値が2つの商品の価値にどのようにあるのかを知るためには、最初にその商品の量的側面とは無関係に考えなければならない。 ほとんどの場合、反対の方向に行動し、2種類の商品の特定のQuantaが互いに等しい割合のみの値の関係を見ます。 異なるものの大きさは、最初に同じ統一性に還元された後、定量的に比較可能になることは見落とされている。 同じ単位の表現が同じ名前のものであり、それゆえ相応の量である。 (17)
 ①In order to find out how the simple value of a commodity lies in the value of two commodities, one must first consider the latter quite independently of its quantitative side. In most cases, one behaves in the opposite direction and sees in the value relation only the proportion in which certain Quanta of two kinds of goods are equal to one another. It is overlooked that the magnitudes of different things first become quantitatively comparable after their reduction to the same unity. Only as expressions of the same unit are they of the same name, hence commensurable quantities. (17)

 ②キャンバスが20キュビット= 1コートか= 20スカートかどうか、つまりキャンバスの量が多くても少数であっても、そのような割合は常にキャンバスとスカートが同じ単位の表現であることを意味しますし 、同じ性質のものがあります。 キャンバス=ロックは方程式の基礎です。
 ②Whether 20 cubits of canvas = 1 coat or = 20 or = x skirts, that is, whether a given quantity of canvas is worth many or a few skirts, each such proportion always implies that canvas and skirts as values are expressions of the same unity, things of the same nature are. Canvas = Rock is the basis of the equation.

 ③しかし、質的に等しい2つの商品は同じ役割を果たすわけではありません。
  キャンバスの値だけが表現されます。 そしてどうやって?
 彼女と彼女の「同等の」または「交換可能な」ものとしての彼女の関係を通してです。
  この関係では、岩石は値として価値の存在形態とみなされます。 その理由は、それがキャンバスと同じであるからです。
 一方、キャンバスの独自の価値は、独立した表現をもたらします。
 これは、同等のものとして、または交換可能なものとして、岩に関連する価値があるためです。
 ③But the two qualitatively equal goods do not play the same role. Only the value of the canvas is expressed. And how? Through her relationship to rock as her "equivalent" or "interchangeable" with her. In this relationship, rock is regarded as the existence of value, as value, for only as such is it the same as the canvas. On the other hand, the own value of the canvas comes to the fore or receives an independent expression, for only as a value is it related to the rock as equivalent or with it exchangeable.
 例えば、酪酸はプロピルとは異なる体である。 しかし、同じ組成のC4H8O2である炭素(C)、水素(H)および酸素(O)と同じ化学物質からなる。 酪酸が蟻酸プロピルと同等である場合、蟻酸プロピルはこの場合単にC4H8O2の存在であり、第2に酪酸もC4H8O2からなると言われる。 ギ酸プロピルを酪酸と同等にすることによって、その化学物質はその体の形状とは異なるであろう。
For example, butyric acid is a different body from propyl. Both, however, consist of the same chemical substances - carbon (C), hydrogen (H) and oxygen (O), in the same percentage composition, namely C4H8O2. If the butyric acid were equated with the propyl formate, the propyl formate would in this case be merely an existence of C4H8O2, and secondly it would be said that the butyric acid also consists of C4H8O2. By equating the propyl formate with the butyric acid, its chemical substance would be different from its body shape.

 ④商品として、商品は単なる人間の労働のゼリーであるので、私たちの分析はそれらを価値の抽象化に還元するが、自然な形とは異なる価値形態を与えないと言います。 ある商品の価値が別の商品とは異なります。 その価値性格<価値キャラクター>は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます。
 ④Let us say: as goods the goods are mere jellies of human labor, so our analysis reduces them to the abstraction of value, but gives them no value-form different from their natural forms. Different in the value of one commodity to another. Its value-character emerges here through its own relation to the other commodity.
  <第五段落は。原文のドイツ語文を提示してみました。>
⑤-① 独訳 Indem z.B. der Rock als Wertding der Leinwand gleichgesetzt wird, wird die in ihm steckende Arbeit der in ihr steckenden Arbeit gleichgesetzt. Nun ist zwar die Schneiderei, die den Rock macht, eine von der Weberei, die die Leinwand macht, verschiedenartiger konkrete Arbeit.
 ①加えて、例えば、 もし岩がキャンバスの価値と等しいとすれば、その中の作品はその作品と同じです。 今、キャンバスを作る織りの一つと同じーーであるスカートを作る服飾は、別の具体的な仕事です。
By e.g. If rock is equated with the value of the canvas, the work in it is equated with the work in it. Now, the dressmaking that makes the skirt, one of the weaving that makes the canvas, is different concrete work.
 ②die Gleichsetzung mit der Weberei reduziert die Schneiderei tatsächlich auf das in beiden Arbeiten wirklich Gleiche, auf ihren gemeinsamen Charakter menschlicher Arbeit.
しかし、織り方の方程式は実際にはどちらの仕事でも、人間の労働の共通の性質に本当に同じものに仕立てを還元します。
the equation with weaving actually reduces the tailoring to what is really the same in both works, to their common character of human labor.
 ③Auf diesem Umweg ist dann gesagt, daß auch die Weberei, sofern sie Wert webt, keine Unterscheindungsmerkmale von der Schneiderei besitzt, also abstrakt menschliche Arbeit ist.
 この迂回路では、価値を織り成すならば、織り合わせることでは、仕立てという顕著な<有用労働の>特徴を持たないので、すなわち抽象的な人間労働と語られています。
On this detour it is then said that weaving, if it weaves value, has no distinguishing features of tailoring, that is, abstract human labor.
 ④Nur der Äquivalenzausdruck verschiedenartiger Waren bringt den spezifischen Charakter der wertbildenden Arbeit zum Vorschein, indem er die in den verschiedenartigen Waren steckenden, verschiedenartigen Arbeiten tatsächlich auf ihr Gemeinsames reduziert, auf menschliche Arbeit überhaupt (17a)
 実際に、様々な商品に関わる様々な種類の労働を共通の一般的な人間の労働に還元することによって、異なる商品の同等性の表現だけが価値創造の労働の特定の性格を引き出す。 17a
Only the expression of equivalence of different commodities brings out the specific character of value-creating labor, by actually reducing the various kinds of work involved in the various commodities to their common, human labor in general.17a

 久留間先生は、1~5段落を引用して、こう述べるのです。
 「ここでわれわれが何よりもまず注意をしなければならないことは、20エレのリンネル=1枚の上衣、あるいは20エレのリンネルは一枚の上衣に値する、という価値方程式において、リンネルはいきなり自分を上衣に等置することによって上衣に価値物としての、すなわち抽象的人間労働の直接的な体化物としての、形態規定をあたえ、そうした上ではじめて、この価値物としての定在における上衣の自然形態、自分の価値を表現しているのだということである。
 こういう廻り道をしないでは、商品は価値形態をもつことが出来ないのである。
リンネルは、いきなり自分を上衣に等置することによって、すなわち自分は上衣に等しいのだと自称することによって、自分を価値物にすることはできない。それでは単なる独りよがりになってしまう。
 他面において、リンネルが上衣の自然形態で価値を表わしうるためには、すなわち上衣の自然形態そのものを自らの価値形態にしうるためには、あらかじめ上衣が価値物としての定在を与えられていなければならぬ。
 言葉をかえていえば、上衣の自然形態がそのまま抽象的人間労働の体化物を意味するものとされていなければならぬ。そしてそれは、リンネルが上衣を自らに等置することによって行われるのである。
リンネルは、自分は上衣に等しいのだと自称することによって、自分を価値物にすることは出来ないが、上衣は自分に等しいのだと宣言することによって上衣を価値物(・・・)にすることはできる。
 そこで、リンネルは、かようにして上衣を価値物にしたうえで、自分は価値としては上衣と同じなのだ、ということによって、上衣の形態において、自分自身の価値性格を表現するのである。
すなわち、その使用価値の形態であるところの自然形態からー(略)ー区別された価値形態をもつことになるのである。」(『価値形態論と交換過程論』P56~57)

ーー久留間先生は、この5段落を次のように誤解をしている。ーー
 ①「価値方程式において、」ならば、上着は等価物としてリネンに等置されているーーのですから、上着は価値の規定の下に既にあるのです。
 何故か?
3段落ー「岩石は値としての価値存在形態とみなされます」との規定にあるからです。そのことで、上着は価値とみなされています。
もう一度
 上着は等価物であり、価値として想定された規定の下にあるーーのですから先生の述べることは、この前提を消して、相対的価値表現の第一歩の左極での条件を、排除しています。
 上着は価値としてリネンに等置される、・・この第一歩を、先生は排除して別の条件である、交換関係を、ここに提示しているのです。交換関係であれば、この肝心のリンネルの価値存在の表現があって、上着が価値の存在形態と示され、上着が価値であることを示すーー商品の行う反省規定ーーは捨象されるのです。
 ②上着が価値として、リネンに<直接的に>等置されるならば、そのままに上着は、自身の価値存在を現出させるーーのだから>上衣は直接的にその自然的形態のままに、価値形態と規定される、のは明らかです。
 ここでの「上衣を自分に等置することによって・・・すなわち抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、・・」でも同じくであり、この規定の仕方は、上衣が等価形態となるときに規定される仕方であります。
 媒介的なのですとは?ーー上着が「廻り道」をして媒介的に価値としてリネンに等置されていますが、その意味が何か?であります。
 ③リネンの交換関係においてならば、上着は使用価値として等置される量的関係でしかありません。
 リネンの上着との価値関係においては、リネンが価値であるのは、
aその両者の同等性がーー人間労動と示され、
b上着・裁縫労動はリネンからの反省規定で、<廻り道>をして、媒介的に両者に共通な抽象的人間労働とされるーーことで、上着は価値とされていることで、この反省規定があることで、やっとリネンは価値であるのです。
 ④「上衣を自分に等置することによって上衣に価値物としての、定在における上衣の自然形態」ーーであることで、と示すことで、先生は、媒介されたリネンの価値表現と、直接的に上着が価値形態とされることとを、混同した。ここには、上記に示された、ー-上着が価値としてリネンに等置されるーー上着の等価物としての役立ちが、二つあり、媒介的なのか、直接的なのか、の区別への追求が無いのです。
 ー-上着が価値として役立つ、この媒介性ーーをまず3・5段落で、追求しています。
 ⑤上着に、「抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、」たのであれば、裁縫労動は直接的に抽象的人間労働の実現形態へと転化ーーしており、等価形態の第二の独自性、を示すことになってしまいます。ここではそのことは問題にはなっていません。
 ⑥どうしてーー久留間先生はこんな誤解をしたのか?
 「・・右の方程式の例においてリンネルはまず自分を上着に等置しているのではなくて、上着を自分に等置することによって、上着を価値物にしているのだ、ということにあるのであるがーー」(P57~58)
と誤りをば述べながら、その次のページでは、正しくこう述べるのです。
「・・「上着を価値として自らに等置し」と訳すべきであることは、一見明らかであるとおもう。」(P59)ーーと。

  もう少し、初版のこの4段落を追求しておこう。
 「・リンネルが価値としての上着を自分に等置<「リネンは価値としての上着に自分を等置--江夏・今村訳--と全く逆の訳出>しながら、他方同時に、自分を使用対象としての上着から区別することによって、上着はリンネル物体に対立するリンネル価値の現象<出現>形態となり、リンネルの自然形態とは区別されるリンネルの価値形態となるのである。」(『マルクス経済学レキシコン』No11榎原さんの本からの孫引き)
ーーこのように、続く5段落冒頭、あるいはその前の2段落と同じく、等価形態について論じているのではなく、リンネルの価値形態の形成について語ることで、相対的価値形態の形成につながる事柄を述べています。マルクスは、3段落での二つの筋道・論理があるように、ここでの、2・4段落の事柄で無視される点をこそ、繰り返しています。
  それは、次のことであります。
 2ーー「・・上着で表現することによってリネンは自分の価値存在に、自分の直接的な現世の姿とは区別された価値形態を与える。このようにリネンは自分自身の内部を二分したものとして表現する<使用価値と価値形態ーーとして・杉本註>ことによってはじめて、自分を現実に商品としてーー有用であるとともに価値でもある物としてーー表現する。・・・」
   <これと同じことが、続く4段落に、こう述べられています。>
 4ーー「リンネルが価値としての上着を自分に等置しながら、他方同時に、自分を使用対象としての上着から区別する」ーーとは2段落の言い換えなのです。
従って、ここは、2段落と同じ事柄が、人のなす理解に対しての<物象の判断>としてーー述べられているのだから、リンネル織りが「人間労動の物的表出」<第4版との共通性を示している>を表す、だけではなく、リンネルの価値形態の形成にまで、論究しています。
このように、相対的価値形態の形成の方向性において、リンネルの価値形態が物象の判断として、使用価値ではなく<商品上着>とのかかわりのなかで示されていたのです。
ここで、<上着が価値形態を受けとる>ーーのは、物象世界の転倒象なのです。
 <先生の初版での廻り道の誤解については、次を参照願います>
      https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1647?
   ⑦ー①
   ⑬製品(例えばリネン)の自然な形はその価値形態の正反対であるため、
   他の自然な形態(別の商品の自然な形)をその商品形態に変えなければなりません。
   それはすぐに別の商品のために、それゆえにそれ自身のための迂回路(回り道)に
   よってすぐにすることができます。
  <再版に戻ります。>
 ⑦先生は、後者では、正しく述べながら、それを、論じている条件が、
<a相対的価値形態の内実>での①化学式の3段落に続く、②価値抽象の批判として「その価値性格<価値キャラクター>は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます」
との再版4段落の提起・条件を無視したことで<価値形態>とここを誤読・誤解したのではないか?
「上衣の形態において、自分自身の価値性格を表現するのである。すなわち、その使用価値の形態であるところの自然形態からーー(略)ーー区別された価値形態をもつ」ーーと。全く逆の理解をしたのです。
 すなわち、上着は価値形態であると、全く正反対の理解を示したのです。これでは、上着は自然的形態でありながら価値形態を示すーー等価形態と、先生は、誤解したのであります。
そして次に、③この5段落での、ーー
「織り方が方程式を示すと、実際にはどちらの仕事でも、人間の労働の共通の性質に本当に同じものに仕立てを還元」ーーを、その価値形態の下での、人間労動の表示が、等価形態の下での表示だから、上衣にーー「抽象的人間労働の直接な体化物としての形態規定をあたえ、」たーーと読んだ、と思います。
 未だ規定されていない、提起されていない「価値形態」を、4段落に見たのが、人々がどうこの事柄を批判すべきなのか?どうにも理解できなかった、ことなのであります。
 ⑧価値関係にて、まずーその価値性格ーが問題にされているのに、先生は、等価形態こそが論じる対象だとして前段に置き、初版の誤訳の廻り道を例証にしています。
 彼の論拠の全ては、初版の回り道ーーの誤解に基づくものなのです。なんとも、自分の正しさの例証としたことが、誤解なのであります。
そして、7段落の廻り道の論証を、戻って、6段落にてもそうだと示し、その延長に、<等価形態を論ずる延長として>4段落を提示することで、そこで論じられているーーマルクスの肝心要の、相対的価値形態の形成の方向での、その内実であるーー物象の社会的関係ーー<註18>
が、ここに示されていることを、正しい長谷部訳をも、誤訳として、排除しているのです。
 ⑨しかし、江夏訳初版の名誉のためにも、この初版第二段落にては、正しくこう記述されています。
「リンネルは、自分の価値量・・・を上着で表現することによって、自分の価値存在に自分の直接的存在とは区別される価値形態を与える。」(『初版』 江夏訳 P35 原P16 )
 これが当然の理路ではないですか?
リンネルが価値存在を表現し、上着は価値の存在形態ーーであれば、リンネルはこの相対的価値形態の形成において、まず、自らの価値形態を、表現するのです。
上着が価値形態を受けとるのであれば、これ、等価形態での出来事なのです。
 ⑩この5段落を巡る久留間先生のこの意見は、労働者のなかに広く普及しており、彼の意見ををよく代弁するのが、次の 資本論を読む会 広島の商品の価値実体への次の理解であるので、紹介します。

http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=15
  「読む会」だより(16年3月用) 2016年3月24日
  3)商品に表わされる労働の二重性について
   ・・・・・・・・・・・・
あるいは有用労働も人間労働力一般の発現として見ればどのように質が違っていても同じものだと言うのです(ちなみにこれが「価値規定」すなわち「価値の質的な規定」ということで、これにもとづいて「価値の量的な規定」も出てきます)。種々の有用労働は、その種々の質のままでは量的に比較されることはできません。だからそれらの労働は同質で大きさだけが異なる労働に還元されることではじめて社会の総労働の一部としての性格を受け取ることができるが、これが価値として表現される場合の労働だと言うのです。
言い換えれば、商品の価値として表現される場合の労働は、同質な人間労働力一般の発現に還元されたものとして見られた労働であり、人々の社会的な関係とその中での労働の社会的な属性を表現するものだと言うのです。(第1項で触れたように諸労働が社会的労働として存在するあり方はそれぞれの社会に固有です。資本主義社会以前には労働そのものの具体的姿において社会的労働であり得たのに対して、発展した商品生産を基礎にしている資本主義社会にあってはそうではありません。後に触れていくように、ここでは労働そのものの具体的姿でではなくて、それが同質な抽象的労働としての姿をもつことではじめて社会的な労働となりえます。そしてこのことがいわば貨幣の必然性をなしているのです。)
  <杉本--再版 c一般的価値形態  1価値形態の変化した性格 の
  9段落には次ように述べられています。
  「諸労働生産物を無差別な人間労働の単なるゼリーとして表現する一般的
  な価値形態」--であることで、量的な価値等式が通用し、社会的実体が
  「労働」であることが証明されていると、示されています。
  ⑨諸労働生産物を無差別な人間労働の単なるゼリーとして表現する一般的
  な価値形態は、それが商品世界の社会的表現であるということを、それ自
  体の枠組みを使って示している。したがって、この世界の中では、一般的
  に人間労働がその具体的な社会的性格を形成していることが明らかになっ
  た。原P81
  <このように、一般的価値形態が構成されて、やっと、そのことで、
  「諸労働生産物を無差別な人間労働の単なるゼリーとして表現する」こと
  が出来るのです。>

  そして、次に「廻り道」の解説であります
  http://marx-hiroshima.org/?page_id=10&paged=14
  第3項 商品の「価値形態」とは何か の2回目

  <彼らは、上記ーー5段落を引用したあとに、こう解説します。>
「ここでは、価値を表現しようとする側のリンネルではなくて、それに等置される側の上着に含まれる具体的有用労働が事実上人間労働に還元され、したがって上着は特殊な使用価値としてではなくて、価値=人間労働のひとつの実現形態としてのみリンネルに取り扱われるということが、決定的に重要です。
というのも、このことによって、上着によるリンネルの価値の表現は、たしかに右辺の上着を価値として取り扱い、つまりそれがリンネルと“無条件に”交換可能だという性格(直接的交換可能性=貨幣性格)を与えます。
しかしながら左辺のリンネル自身は、その価値の上着での表現によっても自分に含まれる織布労働が人間労働に還元されるわけではないのですから、リンネルという特殊な使用価値から脱皮しているわけではありません。
したがってリンネルはその価値を上着で表現したといっても、それはただ上着を観念的に自分に等置したということであって、そのことによってリンネル自身が上着との直接的交換可能性をもつというわけでは決してないからです。
言い換えれば、ある商品が別の商品との直接的交換可能性をもつのは、すなわち貨幣としての機能をもつのは、それが特殊な使用価値であるからというわけではなくて、ただ他の商品がそれで自分の価値を表現するからにほかなりません。このことは貨幣の理解にとって極めて重要な事柄です。2016年5月22日」

 <杉本の批判--「織り方が方程式を示すと、実際にはどちらの仕事でも、人
 間の労働の共通の性質に本当に同じものに仕立てを還元しています。」ーー
 と原文に述べています。引用された訳文でも、織布との等置は、
 裁縫を「両方の労働のうちの現実に等しいものに、人間労働という両方に共通
 な性格に、還元する」ーーとあります。
 --両方に等しいものに還元する--のですから、等置する側も、される側も
 両方の共通者である、人間労動に還元しています。
 そして次の廻り道が示されていました。

  ③Auf diesem Umweg ist dann gesagt, daß auch die Weberei, sofern sie Wert webt, keine Unterscheindungsmerkmale von der Schneiderei besitzt, also abstrakt menschliche Arbeit ist.
 この迂回路では、価値を織り成すならば、織り合わせることでは、仕立てという顕著な<有用労働の>特徴を持たないので、すなわち抽象的な人間労働と語られています。

 どうして、上着を縫い上げる裁縫労動だけが、人間労動に還元されるとーー
 彼らは理解--誤解をしたのか?
 それは、この人間労働に還元した後の-廻り道-を、次の理解をしたためです。
 リンネルに対して上着は、直接的交換可能性--を示す、上着は等価形態であ
 るのが、相対的価値形態の形成過程においても前提である、ーーとの理解から
 なのです。
 ーーしかし、前節の 1価値表現の両極ーー相対的価値形態と等価形態は、単
 なる見取り図であり等価形態が前提と述べているのではありません。
 この内実論の最終の⑪段落で示されているように、やっと等価形態ではなく、
 相対的価値形態を受けとる、との記述です。
 ではーー見取り図を示さないで論理展開をしている初版ではどうでしたか?
 ーーリンネルが、「廻り道」をすることで、商品形態を受けとれたのだから、
 その経過のなかで、リンネルは価値形態を受けとることで、そのことが出来た、
 と示されています。
 久留間先生の論理は、商品形態が如何にして成立したのか?それは、この廻り
 道を消去することで、相対的価値形態の成立の筋道のなかに依る--ことを不
 問にしたものであり、等価形態の成立ばかりを追求するものであり、労動生産
 物の商品への転化とは?この何故?ーーを不問にするイデオロギーであったの
 です。
 ドイツ語ペラペラの先生としては、この誤訳を知っていたのではないか?
 このこの回り道を経過したーーことでの左極でのリンネルの価値形態の成立に
 ついて、この7段落の後に、明快にマルクスは述べています。けして右極の形
 態や、両極が前提になど、なっていません。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ⑥しかし、キャンバスの価値である作品の特定の性格を表現するだけでは不十分です。液体状態や人間の労働における人間の労働は価値があるが、価値はない。比喩的な形で凝固した状態で値をとる。
キャンバスの価値を人間の労働のゼリーとして表現するためには、それはキャンバス自体とは違って、他の商品と共通する「客観性」<「対象性」ではない>として表現されなければならない。タスク<課題>はすでに解決されています。
 ⑥However, it is not enough to express the specific character of the work, which is the value of the canvas. Human labor in the liquid state or human labor makes value, but is not worth. It becomes value in a coagulated state, in figurative form. In order to express the canvas value as a jelly of human labor, it must be expressed as an "objectivity" which is in fact different from the canvas itself and at the same time common to other commodities. The task has already been solved.
   <http://content.csbs.utah.edu/~ehrbar/cap1.pdf
 ⑦リネンの価値関係では、リネンと同質のものとして、コートはリネンと同等のものとしてカウントされます。
したがって、値であるため、価値は明示されるものとしてカウントされます。その有形の手書き形式で、価値を表しています。
しかし、商品そのもののコートは、コートそのものは純粋に使用価値です。コートは、私たちが出会った最初のリネンよりも価値を表現していません。
これは、外側のものよりも金の編組された制服の中でもっと多くの人がカウントするのと同じように、それが外側よりもリネンとの価値関係の内側にあるときにはコートが重要であることを証明しています。
 ⑦In the value relation of the linen, the coat counts as a thing qualitatively equalto the linen, as a thing of the same nature as linen, because it is a value. ist.It counts therefore as a thing in which value manifests itself, or which, in its tangible handgreiflibodily form, represents value.
Yet the coat itself, the body of the commod-ity “coat,” is purely a use-value. A coat does  not express value any more than does the first piece of linen we come across.
This proves only that the coat counts forwhen inside the value relation with the linen than outside it, just as many a human counts for more when inside a gold-braided uniform than outside it.
 ⑧コートの生産では、仕立ての形の人力が実際に費やされた。 その結果、人間労働はコートに蓄積されます。
コートは、「価値のキャリア」ですが、コートはどこにでもあります。
 ⑧In the production of the coat, hu- man labor-power, in the shape of tailoring,was in actual fact expended. Consequently, human labor is accumulated the coat.By virtue of this, the coat is a ‘carrier of ¨value’, although this property does not show through anywhere, even where the coat is at its most threadbare.
そして、リネンの価値関係では、コートはこの側面の下でしかカウントせず、従って価値の化身として具現化された価値として数えます。 そのボタンアップされた外観にもかかわらず、リネンは豪華な - 価値の魂をコートで認識しています。
しかし、コートは、リネンの価値を表すものではなく、後者の場合には同時にコートの形状をとるものでなければならない。
And in the value relation of the linen, the coat counts only under this aspect, counts therefore as embodied value, as incarnation of value. Despite its buttoned-up appearance, the linen recognizes in the coat a splendid - the soul of value.
The coat, however, cannot represent value towards the linen unless value, for the latter, at the same time assumes the shape of a coat.
例えば、個人Aは、他の個人Bにとっては「あなたの威厳」になることはできません.Bの目の中では威厳を失わずに、Aの物理的な形状を仮定し、さらに、ファンションや髪の毛やその他多くのものを変えます新しい--new ‘father of his people--「人々の父」が生まれました。
An individual, A, for instance, cannot be ‘your majesty’ to another individual, B, un- less majesty in B’s eyes assumes the physi- cal shape of A, and, moreover, changes fa-features, hair and many other things,with every new ‘father of his people’.

 ⑨-①したがって、コートがリネンを同等にする値の関係では、コートの身体形状は価値の形態としてカウントされる。
 ⑨-①Hence, in the value relation in which the coat is the linen’s equivalent, the bodily shape of the coat counts as form of value.
 <ここは価値関係との認識では、ーー転倒ーーの意味が全くわからない。
 単に値として上衣がリンネルに等しいー-との転倒した見解を、批判している。>
 <英文の比較をすることで、そのことが理解できる。価値関係との英文では、この批判が消える。>
 ー①したがって、コートがリネンを等価にする値の関係では、
  コートの身体形状は価値形態としてカウントされる
Hence, in the value relation in which the coat is the linen’s equivalent,the bodily shape of the coat counts as form of value.
  対して、
Hence, in a value relationship in which the coat equates to a linen cloth, the coat form is made into a value form in this way.
  したがって、コートが亜麻布の等価をなす価値関係においては、
  このように、コート形態は価値形態とされる。
 -②したがって、コットンリネンの価値は、コモディティコートの物理的な体内で表され、一方の値は他方の値で表される。使用価値として、リネンはコートとはまったく異なるものです。
価値として、それはコートと同じであり、したがって "コートのように見える。
The value of the commodity linen is therefore expressed in the physical body of the commodity coat, the value of one in the use-value of the other. As a use-value, the linen is something palpably different from the coat; as value, it is equal to the coat and ” therefore looks like a coat.
 -③こうして、リネンはその体の形とは異なる価値形態を得る。
Thus the linen acquires a value form different from its bod- ily form
 -④リネンの価値性格は、キリスト教徒の羊の性質が神の子羊と平等に示されているのと同じように、コートと同等であることが明らかです。
The value-character of linen is manifested in its equality with the coat, just as the sheep-nature of christians is manifested in their equality with the lamb of god.
 <この価値形態は、宗教的形態のなかで、上衣が価値形態との転倒を示すなかで、
  リネンの価値形態ーーとなっている、ことが、最大限追求されています。
  世の理解は、常識的理解は、ここを、上衣が価値形態、と理解して憚らないのです。>

 次は、岩波文庫 向坂先生の訳です。P96~97
 上記訳とは逆の判読であり、異なるのです。これでは意味が理解できません。
 ①「上着が亜麻布の等価をなす価値関係においては、このように、上衣形態
 は価値形態とされる。亜麻布なる商品の価値は、したがって、上着なる商品
 の使用価値で表現されるのである。」
 <「上着が亜麻布の等価をなす価値関係においては、」であれば、このよう
 な転倒は起こらないのです。
 ② 「価値として、それはコートと同じであり、したがって "コートのように見える。」
 ーー 商品語ーー
 「使用価値としては、亜麻布は上着とは感覚的にちがった物である。
 価値としては、それは「上衣に等しいもの」であって、したがって、上衣に
 見えるのである。
 このようにして、亜麻布は、その自然的形態とはちがった価値形態を得る。」
 <商品語がここに示されているのではないか?ここでは、価値関係ではなく、
 同等性関係に転倒しているのです。
 「亜麻布は、その自然的形態とはちがった価値形態を得る」(岩波)
 「・・同等物であるという値の関係において、衣服の身体形状が価値形態として数えられる。」
  この商品語の転倒を経過して、次が起こっているのです。
  -③こうして、リネンはその体の形とは異なる価値形態を得る。(原文)
 <しかし人々は、ほぼ全て、商品語のままに、転倒したままに、上衣が価値形態ーーと理解。
 ここの理解-判読が、とても大切です。
 岩波-向坂先生のここでのこの訳であれば、転倒していないのです。
 上衣が、価値形態を受けとるから--転倒しているのであって、
 リンネルが価値形態を受けとるのであれば、相対的価値形態の形成に向かう
 ことが出来ますが、上衣が価値形態を受け取れば、その道筋は等価形態の形
 成に向かうことと、混同してしまうのです。
 マルクスの意図は、この混同批判にこそあるのだから、それを出来無くして
 しまう既存訳は、、全て誤訳ではなかろうか?>

 その価値たることが、上衣との同一性に現れること、ちょうどキリスト者の
 羊的性質が、その神の子羊との同一性に現れるようなものである。」
 (岩波文庫P96~97)

 ⑩私たちにとって予測される商品の価値の分析が、他の商品、スカートと接触するとすぐにキャンバス自体が言うように、すべてがそのことを見ている。 彼女は彼女自身の慣れ親しんだ言葉、つまり商品の言葉で彼女の考えを裏切っています。 作品は、人間労働の抽象的な品質において独自の価値を形成していると言えば、それに無関係であれば、キャンバスと同じ仕事にふさわしいと言われています。
 ⑩One sees that everything that the analysis of the value of the commodity predicted for us, says the canvas itself, as soon as it enters into contact with other commodities, the skirt. Only she betrays her thoughts in her own familiar language, the language of the goods. To say that work forms its own value in the abstract quality of human labor, she says that rock, insofar as it is indifferent to it, is therefore worthy of the same work as the canvas.
その崇高な価値客観性<「価値対象性」の訳ではここでの意味が不明となる>がその剛体と異なると言うならば、価値は岩のように見え、したがって価値として、卵のように岩に似ていると彼女は言います。 ちなみに、商品の言語は、ヘブライ語以外にも、多かれ少なかれ正しい方言を持っています。 ドイツの「価値」は、 ロマネスクの時代の言葉であるvalere、valer、valoirよりも、商品Bと商品を同一にすることは、商品Aの適切な価値表現であるとはいうまでもありません。パリは公正な取引です! <パリは公正な価値がある!>
To say that its sublime value-objectivityis <価値客観性>different from its rigid body, she says that value looks like a rock, and therefore, as value, it resembles rock like an egg to another. By the way, the language of languages, besides Hebrew, has many more or less correct dialects. The German "value" expresses e.g. less striking than the Romanesque time word valere, valer, valoir, that equating the commodity B with the commodity is the proper value-expression of the commodity A. Paris is a fair trade! <Paris is worth a fair!>

 ⑪したがって、価値関係<バリュー比率>により、商品Bの自然形態は商品Aの価値形態になるか、または商品Bの本体は商品Aの価値水準となる。(18)商品Aとは、 価値体としての商品Bは、人間の仕事の素材として、自分の価値表現の素材に対する使用価値Bにします。 商品Aの価値は、商品Bの使用価値で表され、相対的価値形態をしている。
 ⑪By means of the value relation<value ratio>, therefore, the natural form of the commodity B becomes the value form of the commodity A or the body of the commodity B becomes the value level of the commodity A. (18) By the commodity A refers to the commodity B as value body, as material of human work, makes them the utility value B to the material of their own value expression. The value of the commodity A, so expressed in the use value of the commodity B, has the form of the relative value.
 <最終的に「価値関係」によりーーではなく、」「価値比率」に依るーー商品Bの自然形態は商品Aの価値形態になる」
 ーーと、⑨段落の転倒がまとめられています。8・9段落の主張の違いが、この整理にあるの
 ですから、上着が価値形態と商品語で示しながらも、最後の判断として、
 リンネルの価値形態--とまとめられています。誤訳でありました。>


  3. The equivalent form 3.同等の形式
 ①It has been seen that a commodity A (the canvas) expresses its value in the use-value of a different commodity B (the skirt), the latter itself expresses a peculiar form of value, that of the equivalent. The linen of the linen brings to light its own value by the fact that the skirt, without assuming a value form different from its body form, is indifferent to it. The canvas thus expresses its own value by the fact that the skirt is directly interchangeable with it. The equivalent form of a commodity is therefore the form of its immediate interchangeability with other commodities.
 ①商品A(キャンバス)は、異なる商品B(スカート)の使用価値にその価値を表し、後者はそれ自体が価値のある形、それと同等の価値を表現することが分かっている。リネンのリネンは、スカートが、その体型とは異なる価値形態をとることなく、それに無関心であるという事実によって、それ自身の価値を明るくする。したがって、キャンバスは、スカートがそれと直接交換可能であるという事実によって、それ自身の価値を表現する。したがって、同等の形態の商品は、他の商品との即時の互換性の形態です。

 ②If a kind of commodity, such as skirts, serves as an equivalent to another type of commodity, such as canvas, skirts are therefore given the characteristic property of being in an immediately exchangeable form with canvas, then there is in no way given the proportion in which skirts and canvas are interchangeable are. It depends on the value size of the skirts, given the value size of the canvas. Whether the rock is an equivalent and the canvas a relative value or vice versa the canvas is the equivalent and the rock a relative value, its value remains as determined by the labor time necessary for its production, that is, independent of its value form. But as soon as the commodity type Rock takes the place of the equivalent in the value expression, its value size does not receive an expression as a value size. Rather, in the equation of values, it figures only as a definite quantum of a thing.
 ②スカートのような一種の商品が、キャンバスのような別の商品と同等のものとして機能する場合、スカートはキャンバスとすぐに交換可能な形であるという特徴的な特性が与えられ、スカートとキャンバスは交換可能です。それは、キャンバスの値の大きさを考慮して、スカートの値の大きさに依存します。岩石が同等でキャンバスが相対値であるか逆であるかにかかわらず、キャンバスは同等であり、岩石は相対値であり、その値はその生産に必要な労働時間、すなわちその価値フォームとは無関係に決定される。しかし、商品タイプRockが値式で同等のものを使用した時点で、その値のサイズは値のサイズとして表現されません。むしろ、値の方程式では、それは事の明確な量子としてしか見えません。

 ③For example: 40 cubits of canvas are "worth" - what? 2 skirts. Because the commodity rock here plays the role of the equivalent, the use value Rock of the canvas opposite as Wertkörper, also a certain quantity of skirts is enough to express a certain quantum of value canvas. Two skirts, therefore, can measure the value of 40 cubits of canvas, but they can never express their own value, the size of skirts. The superficial view of this fact, that the equivalent in the equation of value always has only the form of a simple quantum of a thing, a use-value, has led Bailey, like many of his predecessors and successors, to regard the value-expression only as a quantitative relation. Rather, the equivalent form of a commodity does not contain a quantitative determination of value.
 ③例えば:40キュビットのキャンバスは「価値がある」 - 何ですか? 2つのスカートのですね。
ここの商品の岩は同等の役割を果たすので、Wertkörperと反対のキャンバスの使用価値Rockもまた一定量のスカートがある価値あるキャンバスを表現するのに十分です。
したがって、2つのスカートは40キュビットのキャンバスの価値を測定できますが、スカートのサイズという独自の価値を決して表現することはできません。
この方程式の等価物は、常に物事の単なる量、すなわち使用価値という形をとっているというこの事実の見通しは、前任者や後継者の多くと同様に、定量的な関係としてのみ発現する。
むしろ、同等形態の商品は、価値の定量的な決定を含まない。

 ④The first peculiarity that stands out when considering the equivalent form is this: Use value becomes the manifestation of its opposite, value.
 ④同等形態を考えるときに際立つ最初の特異性はこれです:使用価値はその反対価値の現れになります。

<71>
 ⑤ The natural form of the commodity becomes the value form. But, notabene, this quidproquo occurs for a commodity B (rock or wheat or iron, etc.) only within the value-relationship in which any other commodity A (canvas, etc.) comes to it, only within that relation. Since no commodity refers to itself as an equivalent, and therefore can not make its own natural skin the expression of its own value, it must refer to other commodity as an equivalent, or make the natural skin of another commodity its own value form.
 ⑤商品の自然な形態が価値形態になります。
しかし、notabene<注意すべきなのは>、このquidproquo<取り違え>は、他の商品A(キャンバスなど)がその関係の中でのみ生じるのであり、だから価値関係の中でのみ、商品B(岩または小麦または鉄など)に対してのみ生じるのです。
コモディティはそれ自体を同等物と呼んでいるわけではないので、独自の自然な肌を独自の価値で表現することはできないため、他のコモディティを同等物として参照するか、別のコモディティの自然な肌を独自の価値形態にする必要があります。

 ⑥This is illustrated by the example of a measure which belongs to the bodies of goods, that is, bodies of goods. as use values. A sugar loaf, because the body is heavy and therefore has weight, but you can not see or feel any sugar loaf its weight. We now take different pieces of iron whose weight is predetermined. The body-form of iron, considered in isolation, is no more manifestation of heaviness than that of sugarloaf. Nevertheless, to express the sugarloaf as gravity, we put it in a weight ratio to the iron. In this relationship, iron is considered a body that represents nothing but gravity. Iron quanta, therefore, serve as a measure of the weight of sugar and represent the sugar body in comparison to mere heavy form, manifestation of heaviness. This role is played by iron only within this ratio, in which the sugar or any other body whose weight is to be found enters it. If both things were not difficult, they could not enter into this relationship, and therefore one could not serve to express the severity of the other. If we both weigh ourselves on the balance, we see in fact that they are the same as gravity, and therefore in a certain proportion also of the same weight. Just as the iron body, as a measure of weight, is heavier than the sugar-cane, in our expression of value the rock-body represents only value to the canvas.
 ⑥これは、商品の本体、すなわち商品の本体に属する尺度の例で示されています。
使用価値としてです。体は重くて体重があるので、砂糖塊ではありますが、砂糖は体重を感じることはありません。
私たちは現在、体重があらかじめ決められているさまざまな鉄片を取ります。
孤立していると考えられている体の形の鉄は、もはや糖衣錠のそれよりも重さの表れではありません。

それにもかかわらず、サトウキビを重さとして表現するために、我々は鉄との重量比でそれを入れます。この関係では、鉄は重さだけを表す身体とみなされます。したがって、鉄の量は、砂糖の重量の尺度として役立ち、単なる重さの形態と比較して砂糖の体を表し、重さを表す。この役割は、この比の中でのみ鉄が果たします。この比では、砂糖または体重が検出される他の身体がそれに入ります。もし両方のことが困難でなければ、彼らはこの関係に入ることができず、したがって、他者の重量を表現することはできませんでした。

もし私たちが両方ともバランスの上で体重を測ると、彼らは重さと同じであり、したがって同じ重量の特定の割合であることが実際に分かります。鉄の体は、体重の尺度として、サトウキビよりも重いのと同じように、私たちの価値の表現では、岩体はキャンバスにとって価値があるだけです。

 ⑦Here, however, the analogy stops. In the weight expression of the sugarloaf, iron represents a nature shared by both bodies, their severity, while in the expression of value on canvas, rock represents a supernatural quality of both things: their value, something purely social.
 ⑦しかし、ここでは類推が止まる。サトウキビの体重表記では、鉄は両方の身体によって共有される性質、その重量度を表し、キャンバス上の価値の表現では、両方のものの超自然的な品質を表します:その価値、純粋に社会的なものです。

 ⑧By taking the relative shape of a commodity, e.g. the canvas, its value being something quite different from its body and its characteristics, e.g. as rock-like, this expression itself implies that it hides a social relationship. Conversely, with the equivalent form. It consists precisely in the fact that a commodity, like rock, this thing expresses as it does and stands, expresses value, and thus possesses value form by nature. To be sure, this is true only within the relation of value in which the linen is related to the rockware as an equivalent. (21)
 ⑧商品の相対的形状をとることによって、例えば、キャンバスはそのボディとその特性とはまったく異なるものです。岩のように、この表現そのものは、それが社会的関係を隠していることを暗示する。逆に、同等の形式で。それは、岩のような商品は、それが現れ、立つように表現し、価値を表し、したがって本質的に価値の形態を保有するという事実に正確に含まれます。確かに、これは、リネンがロックウェアに相当する値の関係内でのみ当てはまります。 (21)

But since qualities of a thing do not spring from its relation to other things, but only operate in such a relationship, rock also appears to be its equivalent form to possess its property of immediate interchangeability, just as much by nature as its property to be heavy or warm.

Hence the enigmatic of the equivalent form, which beats the bourgeois raw gaze of the political economist as soon as this form finishes facing him in the money.

Then he seeks to clarify the mystical character of gold and silver, by submitting to them less dazzling merchandise, and with ever renewed enjoyment to abandon the catalog of all the commodities which at that time played the role of the commodity equivalent. He does not suspect that even the simplest value expression, such as 20 cubits of canvas = 1 skirt, will solve the riddle of the equivalent form.
しかし、物の性質は他のものとの関係から湧き出るものではなく、そのような関係でのみ作用するので、岩もまた、ーー財産は重くて暖かいーーその性質と同じように、即座の交換性の性質を有する同等の形態であるように見えます。

それゆえに、この形態がお金の中で彼に直面するとすぐに、政治経済学者のブルジョア生の凝視を打ち負かす同等形態の謎です。

そして、金と銀の神秘的な性格を明らかにするために、あまり目立たない商品を提出し、その時に商品の役割を果たすすべての商品のカタログを放棄することを永遠に楽しみました。
彼は、20キュビットのキャンバス= 1スカートのような最も簡単な価値表現でさえ、同等形態の謎を解決するとは考えていない。

 ⑨The body of the commodity serving as its equivalent is always the embodiment of abstract human labor and is always the product of a certain useful, concrete work. This concrete work becomes the expression of abstract human work. If the skirt is for example as a mere realization, so the tailoring, which actually realizes in him, as a mere form of realization of abstract human labor. In the expressive value of the canvas, the usefulness of dressmaking is not that it makes clothes, and therefore also people, but that it makes a body that is seen to be of value, that is, a jelly of work that is not at all different from that in the Canvas value objectified work. To make such a value-level, tailoring itself need not reflect anything but its abstract quality of being human labor.
 ⑨その同等物として機能する商品の本体は、常に抽象的な人間の労働の実施形態であり、常に特定の有用で具体的な仕事の産物である。この具体的な作品は、抽象的な人間の仕事の表現になります。スカートが、例えば単なる実現である場合には、実際に彼の中で実現する仕立ては、抽象的人間労働実現の単なる形態である。

キャンバスの表現上の価値において、服飾の有用性は、衣服を作ることであり、それゆえに人々も作るが、それは価値のあるものと見られる身体を作ることであり、全くない仕事のゼリーCanvasの価値をオブジェクト化した作品とは異なります。そのような価値水準を作るために、それ自体を調整することは、人間の労働であるという抽象的な品質を反映する必要はありません。

 ⑩In the form of tailoring, as in the form of weaving, manpower is spent. Both therefore have the general characteristic of human labor and may therefore, in certain cases, e.g. in value production, only from this point of view come into consideration. All that is not mysterious. But in the value of the goods the thing is twisted. For example, To express that weaving is not weaving in its concrete form as weaving, but in its general quality as human labor, tailoring, the concrete work which produces the canvas equivalent, is contrasted with it as the tangible form of realization human work.
 ⑩仕立ての形では、織りのように、人力が費やされます。したがって、両方とも、人間の労働の一般的特徴を有し、したがって、場合によっては、例えば、価値の生産においては、この観点からのみ考慮される。すべてそれは神秘的ではありません。

しかし、商品の価値の中では物事はねじれている。例えば、織り方が織り方として具体的な形で製織されていないことを表現するために、人間の労働としての一般的な品質においては、キャンバス相当物を生産する具体的な作業は、現実化の人間の仕事の具体的な形とは対照的である。

 ⑪It is therefore a second peculiarity of the equivalent form that concrete work becomes the manifestation of its opposite, abstract human labor.
したがって、具体的な労働は、その反対の抽象的人間労働の実現形態になるというーー同等の形態の第二の特異性です。

 ⑫But this concrete work, tailoring, as the mere expression of indiscriminate human labor, possesses the form of equality with other labor, the labor inherent in canvas, and therefore, although private labor, like all other goods-producing labor, yet Work in direct social form. That is why it presents itself in a product that is directly interchangeable with other commodities. It is therefore a third peculiarity of the equivalent form that private work becomes the form of its opposite, to work in an immediately social form.
 ⑫しかし、この無差別な人間の労働の表現としての具体的な仕事は、他の労働との平等の形態、キャンバスに内在する労働、したがって他のすべての物産労働と同様に私的労働でもあるが、社会的形態なのです。それが他の商品と直接交換可能な商品の中に現れる理由です。

それゆえに、私的労働がその反対の形になり、すぐに社会的な形で働くという同等の形の第三の特異性です。

 ⑬The two most recently developed peculiarities of the equivalent form become even more comprehensible when we go back to the great researcher who first analyzed the value form, as did so many forms of thought, forms of society, and forms of nature. It is Aristotle.
 ⑬私たちが最初に価値形態を分析した偉大な研究者に戻ったとき、それほど多くの形の思考、社会の形態、自然の形態がそうであったように、同等の形態の最近開発された2つの特異性は、さらに理解しやすくなります。 それはアリストテレスです。

 ⑭First of all, Aristotle clearly states that the money form of the commodity is only the more developed form of the simple value form, ie. The expression of the value of a commodity in any other commodity, for it says:
 ⑭まず第一に、アリストテレスは、商品の貨幣形態は単純な価値形態のより発展した形に過ぎないことを明確に述べている。 それは他の商品の商品価値の表記です:

"5 Polster = 1 Haus"
Kliuai pente anti oik iaz
<Griechisch: Clinai pente anti oicias>
"unterscheidet sich nicht" von:
"5 Polster = soundso viel Geld"
Kliuai pente anti ... osou ai pente k linai
<Griechisch: clinai pente anti ... odson ai pente clinai>

 ⑮He further recognizes that the value-relation in which this expression of value is based in turn implies that the house is qualitatively equated with the upholstery, and that these sensually different things would not be correlated as commensurable quantities without such essential identity.

"The exchange," he says, "can not be without equality, but equality but not without commensurability" ("out isothz mh oushz summetria z"). But here he trims and gives up the further analysis of the value form.

"But in truth it is impossible (the men oun alhdeia adunaton) for so diverse things to be commensurable", i. are qualitatively the same. This equation can only be something foreign to the true nature of things, that is, only a "makeshift for the practical need."
 ⑮さらに、この価値関係は、家が室内装飾品と質的に同じであることを意味し、これらの感覚的に異なるものは、そのような本質的なアイデンティティーなしには、相応の量として相関付けられないことを意味する。
"交換は平等なしではできないが、平等性はない。"。
ここで彼は調整し、価値フォームのさらなる分析をあきらめます。
"しかし、実際には、相変わらず多様なものが相応していることは不可能です"。質的に同じです。
この方程式は、事実の本質にとって異質なもの、すなわち「実用的な必要性のための一時的なもの」に過ぎない。

 ⑯Aristotle thus tells us himself why his further analysis fails, namely the lack of the concept of value. What is the same, i. the communal substance, which presents the house for the upholstery in the value expression of the upholstery? Such a thing can not really exist, says Aristotle. Why? The house presents the same to the upholstery, as far as it presents in both the upholstery and the house, really the same. And that is - human work.
 ⑯アリストテレスは、なぜ彼のさらなる分析が失敗するのか、すなわち価値概念の欠如を自分自身で伝えています。同じものは何ですか?
室内装飾品の価値表現において室内装飾品のための家を提示する共同体物質ですと?そのようなものごとは実際には存在しないとアリストテレスは言う。
どうしてか?家は室内装飾品と家の両方に現れる限り、室内装飾品に同じものを提示します。
And that is - human work.
それは人間労働です。

 ⑰But that in the form of commodity values all labor is expressed as equal human labor and therefore as equal, Aristotle could not extract himself from the value-form itself, because Greek society was based on slave labor, hence the inequality of men and their labor-power had a natural basis. The secret of the expression of value, the equality and equal validity of all labor, because and insofar as they are human labor in general, can only be deciphered as soon as the concept of human equality already possesses the firmness of a national prejudice. But this is only possible in a society in which the commodity form is the general form of the labor product, and thus also the relation of the people to each other as commodity owners the prevailing social relation. The genius of Aristotle shines in the fact that he discovers an equality in the expression of the value of the goods. Only the historical barrier of the society in which he lived prevents him from finding out what "in truth" this relationship of equality consists of.
 ⑰しかし、商品の価値では、すべての労働は平等な人間の労働として表現され、それゆえにアリストテレスは価値形態そのものから、そのことを見出せませんでした。
なぜなら、ギリシャ社会は奴隷労働に基づいていたからです。彼らの労働は自然な基盤を持っていました。
価値表現の秘密、すべての労働の平等と同等の妥当性は、一般に人間労働であるため、人間の平等の概念がすでに民衆の偏見を抱いている場合にのみ、解読することができます。
しかし、これは、商品形態が労働生産物の一般的な形態である社会においてのみ可能であり、したがって、商品所有者としての人々の関係も支配的な社会関係であるばあいです。
アリストテレスの天才は、商品の価値表現において平等を発見するという事実に輝いています。彼が住んでいた社会の歴史的障壁だけが、この「平等」の関係が「真実」であることを知ることを妨げている。

  4. Das Ganze der einfache Wertform

http://

 

 知事に特権として暴走容認の数々

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2018年 9月 8日(土)00時25分43秒
返信・引用
   知事に特権として暴走容認の数々
 法務局は知事に暴走目こぼし権なんかないと言ってそれ以外は一言も答えなくどうしても暴走容認になる。友の会を辞めた時は自立支援法が廃止になって間もないときに辞めた為それを悪用されたことになる。そして親を馬鹿にしたまま関わった人も団体も友達も全部取り上げた。どこの団体ね行かせない。社会参加は12年で12回の妨害です。
 法務省は10回も意見言って数日で返事どころか2ヶ月も一つも来ない。法務局にしても逢って話すことにこだわっているのは口約束で揉み潰したいからですか。まさしくばれなければいいとする形です。
 司法がメール妨害したのも知事をかばう形です。
 掲示板に実名で書くなと言ってもかん口令を逆手にとって書きたい放題にし、批判も反論も12年一つも来ていない。来たのは妨害だけ。止めたい理由の本音は一部が外国に流れているから世界に非難されるのを防ぎたいからになる。
 手紙で話した分だけ意見があるのに知事をかばう暴走目こぼし権なんか無いと言う以外一つも来ていない。口約束として揉み潰しやすいからでしょう。
 それとも親を馬鹿と認めないからと言う理屈で逮捕するのですか。
 看板団体の暴走隠しだけなら判るとしても差別、妨害のやりたい放題です。 しかも通訳差別も3年前から続けている。情報センターさえ貸出し拒否が10ヶ月続いています。盲ろう者だと言うのに3年前通訳介助チケットを再開しても一枚も使わせな(通訳を貸さない)。今年はまだ発行しない。
 強権と言うより暴拳。人権を守る立場で破壊を容認している。
 擁護係りは法務省から県庁相手の見解を聞いているらしく町で悪口の噂を流している人の悪口を止め、ついでに法務省の見解も話したこと。此方には諦めろと言うだけで他は見解も何も聞いていない。
ってもやり過ぎです。法務省はたかが障害者の一人くらいとしか見ていない。
 それより県の看板を守ろうとする知事はともかく小笠原さんのやることはボランティアのやることでない。ろうあ協会会長石川君は障害者で知恵遅れから来たこと。簡単に許されて余計無責任になんる。
 親を馬鹿と言う片割れ小笠原夫妻のいる北上の社協に宛て知事命令で無視なら再び全国に名誉市民だと知らせます。金はかかっても法務省のネズミ捕りに
は引っかからない。
 そしてクラスメートが産業課の課長だったことから親父の記録をコピーして貰いこれも送ります。7年ほど前は県庁にも届けたが突っ返して来た。今度はどうか。それから下の文は上に追加して水沢のサークル会長のいる奥州市社協に送ったものです。馬鹿でも真似出来ますか。
 最低でも小笠原夫妻は通訳資格剥奪追放を。小野寺良子さんは大本家に謝罪に来ればいいとします。
 それに聾唖者の社会の常識論とは一人で考えたと思えない。オーバーに喋り嘘も方便式にけしかけたとすれば小笠原さんの仕業でないか。それも聾唖者の社会は上辺しか知らない人が常識論をぶち上げていた。嘘も方便の社会です。 聾唖者の大半は通訳を見習って常識を覚えていく。


 

在韓米軍も在日米軍も撤退に向かう

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 9月 2日(日)21時01分0秒
返信・引用
  http://tanakanews.com/180609korea.htm
田中宇の国際ニュース解説

 <このところ価値形態論にばかり取り組んできて、国際情勢への観察のニュースの記載がなかったので、それに取り組んでみた。やはり、沖縄の基地闘争の推移が如何に世界史的転換のなかで、どう動いていくのか?であろう。田中 宇氏の英明な分析は、素晴らしくまた転載させて頂いた。>

在韓米軍も在日米軍も撤退に向かう

2018年6月9日   田中 宇
 米国のトランプ大統領が6月7日、シンガポールで6月12日に行われる米朝首脳会談で、朝鮮戦争を正式に終結させる合意文書に、米朝が署名する可能性がものすごくあると表明した。金正恩を米国に招待することも言及した。トランプは、朝鮮戦争の終結宣言について「これは多分(米朝間の諸問題の中で)簡単に解決できる部分だ。そのあとに、難しい部分が出てくる」とも言っている。トランプは、訪米した安倍首相との会談後の記者会見の中でこれを述べた。安倍はトランプに、北朝鮮と和解しないでほしいと言いに行ったのに、トランプから米朝和解に対するやる気満々を見せつけられて終わった。
(Trump Envisions Signing Pact With Kim to Formally End Korean War) (Donald Trump and Kim Jong-un could sign Korean War peace treaty, says US president)

 私はこの話を読んで、トランプ流の目くらまし作戦が入っていると感じた。トランプは6月7日の発言で、朝鮮戦争の終結宣言について、簡単に実現できる大したことない案件といった感じに、さらりと表明している。だが実のところ、朝鮮戦争の終結宣言は、米軍が韓国に駐留する法的根拠の喪失につながり、覇権放棄を政権の隠れた主目的とするトランプが、米朝会談において、ひそかに最もやりたがっていることだ。「そのあとに出てくる難しい問題」つまり北の核兵器の廃絶は、トランプにとって最重要課題でない。 (Trump, Kim Avoid High-Level Meetings Ahead of Summit) (トランプのイランと北朝鮮への戦略は同根)

 在韓米軍は、国連軍として韓国に駐留している。1950年の朝鮮戦争勃発直後、国連安保理が北朝鮮軍の「南侵」を非難し、国連加盟諸国に韓国軍への支援を呼びかけた(安保理決議83)。この安保理決議83に応えて米国などが「国連軍」として韓国に軍を派兵し、それが53年の停戦以後も在韓米軍として残った。 (United Nations Security Council Resolution 83 - Wikipedia)

 6月12日の米朝首脳会談で朝鮮戦争の正式な終結(53年に合意した停戦状態を、終戦状態に替える)が宣言されると、それを受けて国連安保理は、安保理決議83の状態(かつて韓国を侵略した北朝鮮の軍事脅威を抑えるために、国連加盟諸国が派兵して韓国軍を助ける必要がある状態)の終了を決議するだろう(常任理事国の中で、これに拒否権を発動しそうな国はない。国連での米国の意思決定は、連邦議会など軍産でなく、トランプが握っている)。安保理が決議した瞬間に、米軍が韓国に駐留する国際法上の根拠が失われ、在韓米軍の状態は「駐留中」から「撤退中」に移行する。あとは「在韓米軍はいつ撤退するのか」「できるだけ早く撤退するのか、それとも『撤退中』が長々と続くのか」という話になる。私の予測は「早期撤退」だ。 (Here's How Trump Can Win Big at the North Korea Summit)

 在韓米軍の撤退は、韓国の対米従属を終わらせる。朝鮮半島に対する米国の影響力は大幅に低下する。南北が今後、分断をうまく乗り越えれば、韓国と北朝鮮を合わせた国際的な存在感や経済力が増し、日本と肩を並べるぐらいの存在に近づく。米朝首脳会談後、韓国では、在韓米軍の早期撤退を望む声が強まるだろう。対米従属からの離脱と、南北和解の促進によって、朝鮮民族の国際影響力が増大するのだから、早期撤退要求は自然な流れだ。トランプ自身が覇権放棄屋であることも、在韓米軍の早期撤退につながる。米国が抜ける分、朝鮮半島に対する中国の影響力が増加するが、韓国北朝鮮自身の強化とバランスし、朝鮮半島が諸外国から受ける悪影響は全体として従来より低下する。三一運動から99年、朝鮮の国際自立がようやく実現しうる。 (朝鮮戦争が終わる) (For Lasting Peace, President Moon Must Lead South Korea Out of America’s Orbit)

 このような地政学的な大変動がこれから起きようとしているのに、この在韓米軍の撤退という問題について、韓国、米国、日本、いずれの地域においても、ほとんど議論になっていない。これは不可思議だ。プロパガンダの運営面で、意図的に議論が起こらないように誘導されている感じだ。米国では、トランプが在韓米軍を撤退させたい半面、トランプの仇敵である軍産複合体は在韓米軍の恒久駐留を画策している。米議会の民主党は、米朝和解を妨害するための法案をいろいろ用意し始めている(かつてオバマのイラン核協定を共和党が妨害したように)。トランプは軍産をあざむくため、在韓米軍の撤退話をできるだけしないようにしている。トランプは、マティス国防長官やボルトン安保補佐官らに「在韓米軍はずっと韓国にいる」「撤退はない」と言わせている。 (Senate Dems Threaten Legislation to Undermine North Korea Nuclear Deal) (House Bill Would Demand Detailed Report on North Korea’s Nukes)

 韓国の政界や言論界にも軍産傀儡の対米従属派がたくさんおり、彼らも在韓米軍の恒久駐留を望んでいる。民主主義の理想からすると、米朝首脳会談で朝鮮戦争が正式終結したあとも在韓米軍の駐留を韓国が望むのかどうか、国民的な議論を経て決定するのが良いが、それをやると軍産傘下の韓国マスコミが歪曲報道に精を出し、南北和解が妨害されかねない。そのため、文在寅はトランプと謀議し、在韓米軍の今後について、韓国でも米国でも、できるだけ議論しない策略をとることにしたのだろう。この事情は、文在寅から金正恩にも伝えられ、その結果、金正恩は「在韓米軍が撤退するかどうかは米韓に任せる」とか「米韓軍事演習が行われてもかまわない」などと、本心でないが米韓首脳の策略に合わせた発言を放ったのだろう。在韓米軍の未来について語らない策略で、トランプと文在寅と金正恩はたぶんグルである。 (Trump Will Invite Kim If Singapore Summit Successful: "Maybe We'll Start With The White House")

 在韓米軍の撤退は在日米軍の撤退につながりかねないので、日本の官僚独裁機構などの対米従属派も、在韓米軍の恒久駐留を望んできた。トランプが金正恩と会うことを決めた時点で、米朝和解・朝鮮戦争終結・在韓米軍撤退へのシナリオが日本の対米従属派にも見えたはずだから、本来なら日本でもっと危機感あふれる議論が公的に展開されるのが自然だ。だが現実は正反対で、日本のマスコミが喧伝したがることは、ごく最近まで「トランプが北朝鮮を先制攻撃して核戦争になる」という馬鹿げた予測ばかりだった。年初来「米朝4月開戦説」が喧伝され、3月になってこれが非現実的だとなると「6月開戦説」にすり替わった。

 こんな馬鹿な展開になったのは、おそらく、日本のマスコミ言論界に「見方」を注入する米国勢とその在日傀儡筋が、日本側に対し、意図的に「トランプは必ず北朝鮮を先制攻撃する」「米朝会談は開かれない」「開かれるが失敗して戦争になる」など、断定感あふれる情報を流し続けたからだろう。日本のマスコミ記者は、自分の頭で分析して書くことを禁じられ、権威筋(=軍産、官僚機構)が言った分析しか書けない。その結果、日本では頓珍漢な情報ばかりだ。今後も頓珍漢が続く。

▼在日米軍を存続するなら中国脅威論の扇動が必要なのにやってない。ということは・・・

 在韓米軍の撤退が決まったあと、在日米軍も撤退ないし大幅縮小するのだろうか。日本にとって最重要な問題はそれだ。私の分析では、残念ながら(笑)、在韓米軍だけでなく、在日米軍も全撤退に向かっている。そう考えられる理由の一つは「日本にとっての脅威の喪失」だ。冷戦でソ連がなくなった後、在日米軍にとっての「敵」は、北朝鮮と中国である。今回、このうち北朝鮮の敵性が失われる。残るは中国だけだ。もし米国が今後も日本に米軍を駐留させ続けるなら、米国と日本が一緒になって「中国の脅威の扇動」を加速せねばならない。中国の脅威といっても、南シナ海など日本から遠い場所はダメだ。尖閣諸島から台湾にかけての東シナ海における中国の脅威が扇動されることが必要だ。扇動があるなら「北朝鮮が敵でなくなった後、中国を敵として在日米軍を存続させるつもりなんだな」と考察できる。

 だが実際には、米国も日本も最近、東シナ海における中国の脅威を扇動しなくなっている(南シナ海では扇動されている)。日本と中国は、尖閣諸島など東シナ海での日中の軍事対立を避けるためのホットラインを6月8日に開設した。在日米軍が今後も駐留するシナリオに沿うなら、ホットラインなんか作ってはダメだ。米朝和解後の唯一の在日米軍の存在理由である「中国の脅威」を、まさにこれから好戦的に扇動すべき時に、日本自らが緩和させてしまっている。東京中心部の駅前の右翼(=軍産と官僚機構の手下)の中国嫌悪的な演説も、最近あまり聞こえない。これらはまるで、トランプがすでに在日米軍の撤退を安倍に伝えて(示唆して)おり、安倍は仕方なく中国との敵対を緩和することにした、といった感じだ。この傾向は昨夏からのものだ。 (China-Japan hotline launched to avoid sea, air clashes) (中国と和解して日豪亜を進める安倍の日本)

 もう一つ見るべきところは「台湾」だ。中国は最近、台湾に対する威嚇をこれ見よがしに強めている。中国軍は台湾の周辺に戦闘機や軍艦をどんどん出している。外交的にも中国は、台湾と国交を持っていたドミニカやブルキナファソを、カネや国際政治の力づくで台湾と断交させ、中国側に転向させている。これらの動きに対し、トランプ政権はほとんど対抗していない。米国の軍産系シンクタンクが「トランプは台湾にテコ入れすべきだ」と書いても無視されている。中国は、トランプを試すために台湾を軍事威嚇しているのに、トランプは何もせず、中国のやり放題になっている。 (China Unleashes "Island Encirclement" War Drills Over Taiwan)

 この話を、在日米軍の将来とつなげて考えると「トランプは在日米軍の駐留を継続する気がなさそうだ」という結論になる。北朝鮮の脅威が失せた後、在日米軍が駐留を続けるには「中国の脅威」が必要であり、中国が台湾を威嚇していることは、格好の中国の脅威の象徴になる。トランプと安倍が声をそろえて「中国が台湾に侵攻せぬよう、在日米軍の増強が必要だ」と言い出せば、在日米軍の未来は「安泰」だ。台湾を威嚇する中国は、飛んで火に入る夏の虫だ。だが現実は全く違う。トランプは台湾を見捨てている。 (China demands halt of U.S. arms sales to Taiwan)

 台湾東部で大きな地震があった今年2月、日本政府が台湾の蔡英文大統領(総統)の名前を出して犠牲者にお悔やみを述べる手紙を公開したところ、中国政府が「台湾を国家として認めている」と抗議してきて、日本は蔡英文の名前をネット上に公開した手紙の文書から削除する「譲歩」を行っている(日本政府は「譲歩でない」と言い訳している)。日米政府が在日米軍の駐留を継続する気なら「譲歩」せず、逆に「台湾を国家として扱って何が悪い」と開き直る必要があった。日米ともに、東シナ海における中国の脅威を扇動する気がない。これは、在日米軍の今後の敵が用意されていないことを意味する。敵がいなければ、米軍は日本に駐留し続けられない。在日米軍は撤退していく流れの中にいる。 (Japan denies bowing to China pressure over Taiwan quake condolences message)

 もう一つ、トランプが金正恩との会談のあとに、ロシアのプーチン大統領との会談を画策していることも、トランプが在韓米軍だけでなく在日米軍までも撤退しそうな流れを感じさせる理由だ。米大統領府は最近、米露首脳会談の準備をしていることを認めている。プーチンは、親露派であるオーストリア政府に、ウィーンで米露首脳会談をやりたいのでホスト役をつとめてほしいと要請した。米朝が終わって一段落すると米露首脳会談が行われ、トランプが米国(軍産)のロシア敵視に風穴を開ける可能性が高まっている。 (Putin Asked Austria To Set Up Summit With Trump In Vienna) (White House Planning Summit Between Trump And Putin)

 おまけにトランプはG7サミットの前夜に「G7はロシアを再招待してG8に戻るべきだ」と言い出した。親露政権ができたばかりのイタリアが即座に賛成を表明した。これはトランプの「G7潰し」の策であると同時に、欧州を「ロシア敵視・対米(軍産)従属」から「親ロシア・反米」に押しやろうとする策だ。これらが奏功すると、ロシア敵視・米国覇権の国際組織であるNATOに対する欧州の支持が失われ、NATOと米国覇権の解体につながる。トランプは、G7での米国の主導性を破棄し、米国のロシア敵視戦略を壊し、NATOも解体しようとしている。イラン核協定からの離脱や、アフリカでの米軍特殊部隊の縮小などと合わせ、トランプはユーラシア西部からの米国の撤退、覇権放棄を広範に展開している。 (Trump wants Russia to be reinstated in G-7 talks) (貿易戦争で世界を非米・多極化に押しやるトランプ)

 ユーラシア西部からの撤退を加速するトランプが、ユーラシア東部では部分的な撤退だけで終わらせるだろうか。そんなことはない。西部から本格撤退するなら、東部からも本格撤退する計画のはずだ。ユーラシア東部において、部分撤退とは在韓米軍だけ撤退して在日米軍をそのままにすることであり、本格撤退とは在韓・在日両方の米軍を撤退させていくことだ。米朝首脳会談の成功が宣言された後、次の策として、在日米軍の撤退話が出てくると予測される。トランプと軍産の暗闘で、軍産が今後盛り返すなら、NATOや在日米軍は延命しうるが、今のようにトランプの優勢が続くなら、NATOも在日米軍も、消滅・撤退の方向に押しやられ続ける。

 なお、この記事を書く前の5月末に、似たような記事を途中まで書いたが、トランプが一時的に米朝会談をキャンセルしたためボツになっていた。その記事へのリンクもつけておく。 (米朝会談後、在韓・在日米軍撤退の話に突然なる?)

 

武委員長と他二名逮捕 に抗議

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 8月31日(金)13時10分36秒
返信・引用
  【連帯労組】滋賀県警の不当逮捕に抗議。権力弾圧に屈することなく、運動を前進させる決意をあらためて表明
                機関紙コモンズ  のサイトからの転載
2018年8月29日rentai_kanri

抗 議 声 明
8月28日、滋賀県警刑事部組織犯罪対策課は、当組合関西地区生コン支部の武建一執行委員長のほか支部役員2人の計3人を不当逮捕したうえ、大阪市内の関西地区生コン支部事務所などを家宅捜索した。
これは、湖東生コン協同組合による恐喝未遂容疑として滋賀県警が捜査中の事件の一環のようである。7月18日に同協組の理事ら4人が逮捕され、3人が8月8日に起訴された。さらに8月9日には同協組理事長、同協組登録販売店支店長、関西地区生コン支部役員の3人が逮捕されている。この事件では、昨日の不当逮捕で、事業者が6人、当組合の役員が4人が逮捕されたことになる。
一連の事件では、昨年3月~7月、東近江市で建設中だった清涼飲料水メーカーの倉庫建設工事において、湖東生コン協同組合が、施工業者であるゼネコンに対し、工事に使用する生コンは同協組から購入するよう働きかけたとされる。
先に8月10日付声明でも述べたとおり、この滋賀県警の捜査は予断と偏見にもとづくものといわざるをえない。生コン業界においては、中小企業である生コン業者らが中小企業協同組合法にもとづく協同組合を組織し、この協同組合による共同受注・共同販売事業によって、力関係で優位に立つゼネコンとのあいだで対等かつ適正価格での取引を可能にし、それによって生コンの品質も確保されてきたからである。労働組合は組合員の雇用と労働条件確保のために協同組合の活動に協力してきた。中小企業団体の正当な営業活動やこれに協力する労働組合の正当な組合活動を敵視する強制捜査は断じて容認できない。滋賀県警は、業者に対し「関生と手を切れ」といい、組合員には「組合加入の動機はなにか」などと不当労働行為の職権乱用をおこなっている。
しかも、今回も大阪広域生コン協組の関係者とレイシスト集団が警察の捜査とほぼ同時刻に現れ、かれらは警察からの情報漏洩をあからさまに匂わせている。各府県警察が、大阪広域協組とレイシストの労働組合攻撃に便乗し不当な権力弾圧を加えていることはあきらかであり、到底許されるものではない。
この弾圧は、大企業の収奪とたたかい、沖縄基地撤去、原発再稼働阻止、戦争法・共謀罪阻止、憲法改悪反対を求め、安倍内閣と真正面からたたかう労働組合への弾圧にほかならない。
政治の私物化に異議を唱える者を力づくで押しつぶすファッショ的手法が戦争につながるものだということは歴史が教えている。
われわれは不当な弾圧に屈することなく、運動を前進させる決意をあらためて表明するものである。

以 上
2018年8月29日

全日本建設運輸連帯労働組合
中央執行委員長 菊池 進
全日本建設運輸連帯労働組合
近畿地方本部
執行委員長 垣沼 陽輔
全日本建設運輸連帯労働組合
関西地区生コン支部
執行委員長 武 建一
 

 口封じの意味はワイロ代わりか。 

 投稿者:岩手の元盲ろう  投稿日:2018年 8月19日(日)07時28分21秒
返信・引用
   全国の社会福祉協議会様

 口封じの意味はワイロ代わりか。
 12年前岩手の盲ろう者友の会事務局長が読み書きの出来ない聾唖者の猜疑心から出たあいつの親父は馬鹿なのだというのを次期会長(現ろうあ協会会長)のためゴマすりのけしかけからお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言い出し馬鹿らしいとして退会した。後から全通研が聾唖者はかわいそうなんですと改心を押し付けに来た。親を馬鹿とは石川会長の仕業と判る。
 この頃から岩手の看板団体の暴走を隠すため完全沈黙のかん口令を敷かれ関わった人も団体も友達も全部取り上げた。どこの団体も行かせない。社会参加妨害は12年で12回になる。
 昨年は花巻の全国大会に参加したが知事から誰も合わせるなとされて全国の友の会も全国協会もその勧めてくれた事務局長も全部あいつに関わるなと口説き伏せられて寝返らせた。完全孤立して全国協会賛助会員は退会した。
 そして全国の社協に暴走目こぼし権があったらと問い合わせついでに岩手の暴走をばらし、県外との完全沈黙の囲みを破った。
 今年2月もう12年目で疲れて親は好きなだけ馬鹿にしていいとしてこれまでの圧力は廃止を求めたが抹殺しか考えて居ない。
 地元役場に説明抜きのかん口令が来たら孤立は深まるとして役場に出向き立場の説明をし、理解を求めた。
 6月は打つ手も無く全国の社協にこれ以上は迷惑を招くとして最後の挨拶をし、初めて法務省にもう諦めたいとメールした。
 それを諦めるなと言い水沢の法務局に行って直接話せと言われた。
 ここで最後のチャンスと見ていたが中身は掲示板に実名使うなということだけ。社協への最後の挨拶も司法の手で妨害されていた。法務局に何度も行けなくて手紙を20回も出していたが直接話さないと判らないと言いながら暴走目こぼし権なんかないと知事をかばう事だけの返事が来ている。他は何も答えない。 法務局は時効までの時間潰しと揉み潰ししかしないのか、前から疑問になっていた。最後に地元の擁護係りが紹介された。これは別社会へ行くときのアドバイスだけ。初めから県庁は諦めろと言う。
 法務局の受信拒妨害は県庁に有利に進めたことになる。対策も何も口にしない。友の会を辞めた頃は自立支援法が廃止にされていた。そして今は復興が叫ばれ、対して障害者の一人位として暴走はばれなければいいとする許可が容認されていたことになる。知事も厚生労働省も法務省も説明はしない。法務省へのメールは10回位だが数日後に返事すると言って1ヶ月も一つも返事しない。 厚生労働省はその倍でも完全沈黙。人権を守る立場で破壊を協力するとは。 障害者の一人位と言う感覚で仕事して居るのか。これでは疑問を県庁に電話すれば口封じのかん口しか来なくなる。それでもばれてしまえばただの暴走になる。社会参加はおろか通訳団体(派遣通訳、要約筆記の会、盲ろう者友の会)全部が3年前からの差別し説明しない。情報センターは会員のメール版もビデオなどの貸し出し拒否9ヶ月も続けている。親父は現代の名工に選ばれて知事表彰受けている。
 盲ろう者友の会、ろうあ協会、全通研も仲間を守れと言う暴走に非難は避けられない。差別、妨害に12年も耐えて来たのだから。
聾唖者へのおだてけしかけを繰り返した友の会事務局長小笠原夫妻は通訳資格剥奪追放すべき。本気で反省するなら役員総辞任(無知から暴走を招いた石川会長も辞任すべき)して作り直すべき。知事に暴走目こぼし権が行き過ぎる。

 岩手の知事の暴走は自立支援法が廃止になった次の年に友の会から馬鹿らしいとして退会したらかん口令を広げ親は馬鹿のままにし関わった人も団体も友達も全部取り上げた。どこの団体も行かせず社会参加は12年に12回妨害した。自立支援法が復活しても変わらない。暴走を暴走で隠し続けた。そしてかん口令は更生相談所にも障害者の社会参加推進センターにも地元一関の身障協にも及んだ。当時法律がなかったのと今は復興が叫ばれ、相手はたかが障害者一人となるとばれなければいいとして暴走は容認されたことになる。
 6月の全国の社協に最後の挨拶としてのメールは司法が暴走を協力容認していた。人権を守る立場で破壊の協力とは。
 ばれても謝罪する気はあるまい。こちらから全国に知らせることにします。 そしてこれが最後の挨拶になります。社会的復権のために。迷惑にならないよう知らせるだけです。


 妻はがんで亡くなり息子は仙台の大学を出ると現場監督として働き。こちらは小脳萎縮でヘルパー付きで一人暮らしです。
 裁判に駆け込む金も無い。
 看板団体の暴走を隠すためとしてこちらはたかが聾唖者の一人くらいとしか見ず完全孤立しました。13年前に自立支援法が廃止になり悪用され今は復活してもなりふり構わなくなった。今は復興が叫ばれ相手はたかが障害者一人として岩手の暴走はばれなければいいとして厚生労働省も法務省も許可容認されています。裁判には金が無い。
 全国協会の庵さんは全国大会への参加を勧めながら知事に口説かれて完全孤立しました。読み書き出来ない聾唖者の猜疑心がここまで来るとは。
 そして本人は反省より知らなかったと言えば正義になると決め込んでいます。
 ろうあ連盟も全通研も仲間を守れということしか関心持って居ない。      障害者が困っていると言っても全国の支援団体は全部が知らん顔している。
 一番おかしいのは同じ障害者に軽視していてる全国協会です。障害当事者の会は発言力もない。


 

 口封じの意味はワイロ代わりか。 

 投稿者:岩手県元盲ろう者  投稿日:2018年 8月18日(土)11時17分9秒
返信・引用
   全国の社会福祉協議会様

 口封じの意味はワイロ代わりか。
 12年前岩手の盲ろう者友の会事務局長が読み書きの出来ない聾唖者の猜疑心から出たあいつの親父は馬鹿なのだというのを次期会長(現ろうあ協会会長)のためゴマすりのけしかけからお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言い出し馬鹿らしいとして退会した。後から全通研が聾唖者はかわいそうなんですと改心を押し付けに来た。親を馬鹿とは石川会長の仕業と判る。
 この頃から岩手の看板団体の暴走を隠すため完全沈黙のかん口令を敷かれ関わった人も団体も友達も全部取り上げた。どこの団体も行かせない。社会参加妨害は12年で12回になる。
 昨年は花巻の全国大会に参加したが知事から誰も合わせるなとされて全国の友の会も全国協会もその勧めてくれた事務局長も全部あいつに関わるなと口説き伏せられて寝返らせた。完全孤立して全国協会賛助会員は退会した。
 そして全国の社協に暴走目こぼし権があったらと問い合わせついでに岩手の暴走をばらし、県外との完全沈黙の囲みを破った。
 今年2月もう12年目で疲れて親は好きなだけ馬鹿にしていいとしてこれまでの圧力は廃止を求めたが抹殺しか考えて居ない。
 地元役場に説明抜きのかん口令が来たら孤立は深まるとして役場に出向き立場の説明をし、理解を求めた。
 6月は打つ手も無く全国の社協にこれ以上は迷惑を招くとして最後の挨拶をし、初めて法務省にもう諦めたいとメールした。
 それを諦めるなと言い水沢の法務局に行って直接話せと言われた。
 ここで最後のチャンスと見ていたが中身は掲示板に実名使うなということだけ。社協への最後の挨拶も司法の手で妨害されていた。法務局に何度も行けなくて手紙を20回も出していたが直接話さないと判らないと言いながら暴走目こぼし権なんかないと知事をかばう事だけの返事が来ている。他は何も答えない。 法務局は時効までの時間潰しと揉み潰ししかしないのか、前から疑問になっていた。最後に地元の擁護係りが紹介された。これは別社会へ行くときのアドバイスだけ。初めから県庁は諦めろと言う。
 法務局の受信拒妨害は県庁に有利に進めたことになる。対策も何も口にしない。友の会を辞めた頃は自立支援法が廃止にされていた。そして今は復興が叫ばれ、対して障害者の一人位として暴走はばれなければいいとする許可が容認されていたことになる。知事も厚生労働省も法務省も説明はしない。法務省へのメールは10回位だが数日後に返事すると言って1ヶ月も一つも返事しない。 厚生労働省はその倍でも完全沈黙。人権を守る立場で破壊を協力するとは。 障害者の一人位と言う感覚で仕事して居るのか。これでは疑問を県庁に電話すれば口封じのかん口しか来なくなる。それでもばれてしまえばただの暴走になる。社会参加はおろか通訳団体(派遣通訳、要約筆記の会、盲ろう者友の会)全部が3年前からの差別し説明しない。情報センターは会員のメール版もビデオなどの貸し出し拒否9ヶ月も続けている。親父は現代の名工に選ばれて知事表彰受けている。
 盲ろう者友の会、ろうあ協会、全通研も仲間を守れと言う暴走に非難は避けられない。差別、妨害に12年も耐えて来たのだから。
聾唖者へのおだてけしかけを繰り返した友の会事務局長小笠原夫妻は通訳資格剥奪追放すべき。本気で反省するなら役員総辞任(無知から暴走を招いた石川会長も辞任すべき)して作り直すべき。知事に暴走目こぼし権が行き過ぎる。

 岩手の知事の暴走は自立支援法が廃止になった次の年に友の会から馬鹿らしいとして退会したらかん口令を広げ親は馬鹿のままにし関わった人も団体も友達も全部取り上げた。どこの団体も行かせず社会参加は12年に12回妨害した。自立支援法が復活しても変わらない。暴走を暴走で隠し続けた。そしてかん口令は更生相談所にも障害者の社会参加推進センターにも地元一関の身障協にも及んだ。当時法律がなかったのと今は復興が叫ばれ、相手はたかが障害者一人となるとばれなければいいとして暴走は容認されたことになる。
 6月の全国の社協に最後の挨拶としてのメールは司法が暴走を協力容認していた。人権を守る立場で破壊の協力とは。
 ばれても謝罪する気はあるまい。こちらから全国に知らせることにします。 そしてこれが最後の挨拶になります。社会的復権のために。迷惑にならないよう知らせるだけです。


 妻はがんで亡くなり息子は仙台の大学を出ると現場監督として働き。こちらは小脳萎縮でヘルパー付きで一人暮らしです。
 裁判に駆け込む金も無い。
 看板団体の暴走を隠すためとしてこちらはたかが聾唖者の一人くらいとしか見ず完全孤立しました。13年前に自立支援法が廃止になり悪用され今は復活してもなりふり構わなくなった。今は復興が叫ばれ相手はたかが障害者一人として岩手の暴走はばれなければいいとして厚生労働省も法務省も許可容認されています。裁判には金が無い。
 全国協会の庵さんは全国大会への参加を勧めながら知事に口説かれて完全孤立しました。読み書き出来ない聾唖者の猜疑心がここまで来るとは。
 そして本人は反省より知らなかったと言えば正義になると決め込んでいます。
 ろうあ連盟も全通研も仲間を守れということしか関心持って居ない。      障害者が困っていると言っても全国の支援団体は全部が知らん顔している。
 一番おかしいのは同じ障害者に軽視していてる全国協会です。障害当事者の会は発言力もない。

 

フランス語版 物神性論

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 7月22日(日)15時43分20秒
返信・引用 編集済
    <その①になる前回のもの https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1663
   でのコメントを、以下修正してみました。>
  <榎原さんのだいぶ前のものだが、物神性論 現行版・長谷部訳
   からの解説を、追加ー対比してみた。彼の解説は英明であり、
   飛び抜けてはいるが、何かしっくりこないものを感じる。また・・意見
   を考えてみる>

ネットでのフランス語版 は次であります。やっと見つけました。
https://www.marxists.org/francais/marx/works/1867/Capital-I/kmcapI-I-4.htm

  初版付録の等価形態ー-物神性
  https://8918.teacup.com/rev21/bbs/1653

  ぐーぐるほんやく
       https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  英語でもフランス語でも何でもあれです。

 3a<三段落>
 ③D'où provient donc le caractère énigmatique du produit du travail, dès qu'il revêt la forme d'une marchandise ? Evidemment de cette forme elle-même.
 ③商品の形を取るとすぐに、労働生産物の謎めいた性格が出てくるのだろうか?明らかにこのフォームそのものからです。

 <四段落>
 ④Le caractère d'égalité des travaux humains acquiert la forme de valeur des produits du travail ; la mesure des travaux individuels par leur durée acquiert la forme de la grandeur de valeur des produits du travail ; enfin les rapports des producteurs, dans lesquels s'affirment les caractères sociaux de leurs travaux, acquièrent la forme d'un rapport social des produits du travail.

 英<The equal character of human works acquires the value form of the products of labor; the measure of individual works by their duration acquires the form of the quantity of value of the products of labor; finally, the reports of the producers, in which the social characters of their works assert themselves, acquire the form of a social relation of the products of labor.>
 ④人間の作品の平等な性格は、労働生産物の価値形態を獲得する。     <①価値形態>
 その期間による個々の作品の尺度は、労働生産物の価値の量の形を獲得する。<②価値関係の量的側面>
  最後に、作品の社会的性格が主張する生産者の報告は、          <③価値関係の質的側面>
                 労働生産物の社会的関係の形態を獲得する。

     <転倒していなければ、次なのです。
      ④人間の作品の平等な性格は、商品の価値形態を獲得する。
      その期間による個々の作品の尺度は、商品の価値の量の形を獲得する。
       最後に、作品の社会的性格が主張する生産者の報告は、
                 商品の社会的関係の形態を獲得する。
      ーーこのように、スミス・リカードの国民経済学の転倒の有り様を示した。ーー>

Voilà pourquoi ces produits se convertissent en marchandises, c'est-à-dire en choses qui tombent et ne tombent pas sous les sens, ou choses sociales. C'est ainsi que l'impression lumineuse d'un objet sur le nerf optique ne se présente pas comme une excitation subjective du nerf lui-même, mais comme la forme sensible de quelque chose qui existe en dehors de l'œil.

 英<That is why these products become goods, that is, things that fall and do not fall under the senses, or social things. Thus the luminous impression of an object on the optic nerve does not appear as a subjective excitation of the nerve itself, but as the sensible form of something that exists outside the eye.>
だからこそ、これらの商品は商品になります。つまり、落ちて、感覚や社会的なものにならないものです。
 <江夏訳 このことが、これらの生産物がなぜ商品に、すなわち、火を見るよ
  り明らかでそうではないもの、あるいは社会的な物に変換するかの理由なの
  である。ーP47>

したがって、視神経上の物体の発光印象は、神経自体の主観的興奮として現れるのではなく、眼の外に存在する感覚的な形態として現れる。

Il faut ajouter que dans l'acte de la vision la lumière est réellement projetée d'un objet extérieur sur un autre objet, l'œil ; c'est un rapport physique entre des choses physiques.
Mais la forme valeur et le rapport de valeur des produits du travail n'ont absolument rien à faire avec leur nature physique.

 英<It must be added that in the act of vision light is really projected from an external object to another object, the eye; it is a physical relationship between physical things. >
この視覚の行為では、光が実際に外部の物体から別の物体の目に投射されることが必要です。 それは物理的なものの間の物理的な関係です。

 英<But the value form and the value ratio of the products of work have absolutely nothing to do with their physical nature.>
しかし、仕事の製品の価値形態と価値の比は、その物理的性質とはまったく関係ありません。
 <杉本 江夏訳ーー価値形態と価値関係は、・・その物質的性質とはまったく
  関係がない。 P48>

C'est seulement un rapport social déterminé des hommes entre eux qui revêt ici pour eux la forme fantastique d'un rapport des choses entre elles. Pour trouver une analogie à ce phénomène, il faut la chercher dans la région nuageuse du monde religieux.

 英<It is only a definite social relation of men to each other that is here for them the fantastic form of a relation of things to each other. To find an analogy to this phenomenon, we must look for it in the cloudy region of the religious world.>
お互いに人間の明確な社会的関係があるのは、それらのために、お互いの物事の関係の素晴らしい形です。
この現象の類推を見つけるには、宗教界の曇った地域でそれを探す必要があります。

Là les produits du cerveau humain ont l'aspect d'êtres indépendants, doués de corps particuliers, en communication avec les hommes et entre eux.

 英<There the products of the human brain have the aspect of independent beings, endowed with particular bodies, in communication with men and with each other.>
そこでは、人間の脳の製品は、特定の身体を持つ独立した存在の側面を持ち、人々やお互いにコミュニケーションしています。

Il en est de même des produits de la main de l'homme dans le monde marchand. C'est ce qu'on peut nommer le fétichisme attaché aux produits du travail, dès qu'ils se présentent comme des marchandises, fétichisme inséparable de ce mode de production.

 英<It is the same of the products of the hand of the man in the merchant world. This is what can be called fetishism attached to the products of work, as soon as they appear as commodities, fetishism inseparable from this mode of production.>
それは商人の世界の人の手の製品のものと同じです。これは、商品として出現するとすぐに作品の商品に付けられたフェティシズムと呼ばれることができ、この生産方式からは切り離せないフェティシズムです。

  <しかし、新日本訳は、仏語版・江夏訳とは異なり冒頭が次の訳なのです。誤訳を指摘します。
  <人間的労働の同等性は、労働生産物の同等な価値対象性という物的形態を受け取り>・・
  ではないのです。この対象とするものが個別ではなく価値対象性を商品世界での受け取りーー
  とするならば、ーー他者に自らの価値存在を反省規定された・価値形態ーーであり、その逆の
  物的形態あるいは、物的属性ではない、のです。

 ーー杉本 もはや、3節ではなく4節での展開だから、次のように、再版とは、同じことが提起されています。


   1価値形態の変化した性格--の5段落--ではこう述べられています。再版新日本新書
    <他のすべての商品がそれらの価値を同じ等価物で表現する・・
    これによって、諸商品の価値対象性はーーそれがこれらの物のたんに社会的な定在であるがゆえにーー
    諸商品の全面的な社会的関連によってのみ表現されるうること、
    それゆえ、諸商品の価値形態は社会的に通用する形態でなければならないこと、が現れてくる。>
    P113ー114 原P80ー81

    商品は一般的価値形態なのだから、次のことも明らかなのです。
   a価値形態の変化した性格--の7段落ーーではこう述べられています。仏語版。Pー41
    <一般的価値形態を構成する無数の等式は、リンネルのなかに実現されている労働を、かわるがわる
    比較される各商品のなかに含まれている労働と同一視して、機織りを、人間労働が、そのなかに含ま
    れるところの一般的な形態にする。> <新書訳 一般的現象形態・・誤訳>

   フランス語版・江夏訳と同じく、以上の提起があったのですから、
   一般的価値形態である題材とされている商品が、リンネルを排除することで商品世界が形成することで
   ③<商品である>労働生産物が商品形態を帯びるーー
   ④<商品である>人間労働の同等性という性格は、労働生産物の価値形態ーーと
   なる、以上のことが、示されているのです。

   ーー以上のことから、諸商品は一般的価値形態を構成することで、商品世界が存在しているーーことが、
   この<①価値形態>で語られるーーはずが、転倒していると、述べられているのです。
   この①は、商品形態であり、一般的価値形態のはずが、逆にーー物的形態を受け取りーーなのです。
   ーー現行版・新日本訳は、フランス語版・江夏訳とは異訳・誤訳なのです。ーー

   しかし、新日本訳のこの 誤訳では、何が見えなくなるのか?ーー を指摘します。
  <人間的労働の同等性は、労働生産物の同等な価値対象性という物的形態を受け取り>
  ・・ではないのです。商品が、労働生産物の同等な価値対象性を、そのある物が受け取っておれば、
  この商品世界では、価値形態を受け取り、価値とされています。
  このように、一般的価値形態では、物と物との関係には転倒していないーーことの確認をこそ
  しています。それが、次のような転倒を見せてくるのか?そのことを辿ってみましょう、
  としている。この文脈が、まるでわからなくなるのです。

かくして、視神経にたいするある物体からの光の印象は、この神経そのものの主体的な刺激としてではなく、眼の外部に存在するあるものの感知しうる形態として現われる。付言しなければならないが、視るという行為にあっては、外界のある物体から眼という他の物体にたいして光が実際に投影される。それは、物理的な諸物間の物理的な関係である。

だが、労働生産物の価値形態や価値関係は、その物理的性質とは全くなんの関係もない。
このばあい人間にとって諸物相互の関係という幻想的な形態をとるものは、たんに、人間相互間の特定の社会的関係であるにすぎない。
 <④上記①②③があって、それとは異なる、四段落の事柄を指しているーー
                              ーー諸物相互の関係という幻想的な形態>

 <再版 英語訳 では、もっと明確に 欺瞞的な形を仮定 と訳している>
It is only the definite social relationship of the people themselves that here assumes for them the deceptive form of a relationship of things. "
 それは、ここでは物事の関係の欺瞞的な形を仮定しているのは、人々自身の明確な社会的関係だけです。>

 この現象に類似したものを見出すためには、それを宗教世界という曇った領域のうちにもとめざるをえない。そこでは人間の頭脳の産物が、それぞれ特殊な体躯を賦与されて人間との交渉やこれら産物相互間の交渉を.行なうところの独立的な存在、という外観を呈する。商品世界における人間の手の生産物についても、同じである。これが、労働生産物が商品として現われるやいなや労働生産物に付着する物神崇拝、すなわち、この生産様式に不可分の物神崇拝、と名づけることのできるものなのだ。
 <⑤宗教世界と同じく、転倒した商品世界での人間の手の生産物 が主体となる転倒が、生じている>

 ⑤一般に、ユーティリティオブジェクトは、互いに独立して実行されるプライベートワークの商品であるため、商品になります。これらの私的な作品はすべてソーシャルワークを形成します。プロデューサーは製品の交換によって社会的に接触するだけなので、この交換の範囲内でキャラクターが最初に確認されます。
彼らの個人的な作品としてのーーですね。

実際、私的な仕事は現実には、社会的な仕事の<分業>分裂として、労働生産物と生産者の間の間接的に確立する関係によってのみ現れる。

その結果、後者の場合、私的な作品の報告は、自分の仕事における人々の直接的な社会関係ではなく、物事間の社会的関係にあるように見えます。

 ⑥労働者の製品は、実用目的物としての物質的かつ多種多様な存在とは異なり、同一で統一的な社会的存在を価値として獲得するのは、彼らの交流の中でのみである。
有用な物と価値あるものへの労働生産物の分裂は、交換の目的のために有用な物が生産されるのに十分な広さと重要性を交換が得られると実際に広げられ、 非常に生産性の面で既に考慮されています。
 <⑥有用物と価値への労働生産物の分裂が起こるのは有用物が交換を目あてに生産されることで、>
その時から、プロデューサーの私的な仕事は、実際には二重の社会的性格を獲得しています。
 <⑦私的労働--労働--が二重の社会的性格を獲得する>
一方では、彼らは有益な仕事でなければならず、社会的ニーズを満たし、従って自発的に形成される社会的分業体系の一般的仕事の不可欠な部分として自分自身を主張しなければならない。

他方では、各種類の有用な民間労働が、他のあらゆる種類の有用な民間労働と交換可能である、すなわち、それらが同等とみなされるためにのみ、生産者自身の多様なニーズを満たす。

全体的に(完全に)異なる作品の平等は、人間の力の支出、一般的な人間の労働の共通の特徴への減少のみで、実質不平等を抽象化することのみで成り立つことができます。それは、最も多様な作品の製品を平等な立場でまとめることによってであり、この還元を実現する唯一の交換です。

 ⑦私的労動の二重の社会的性格は、実際の交易、製品交換によって与えられた形でのみ生産者の脳に反映される。生産者が自分の仕事の製品を価値の存在形態との関係に置くとき、同じ人間の仕事が隠された単純な封筒を、そこに彼らが見るのではない。

それとは反対に:彼らの異なる商品を交換して、イコールを繰り返すことによって、彼らは彼らの異なる作品が同等であるという事実によって確立する。
彼らはそれを知らずにそれを行う[30ガリアーニ]。
 <⑧労働の二重性の示す、価値に表示される人間労働があることで、交換しうるか?
   --自分たちの相異なる生産物を交換において同等と見なす、
   --そのことで、自分たちの相異なる労働が同等であることを実証す、
   --上記があって、生産者たちは彼らの労働生産物を価値として対峙させる、
   --有用物の価値への転化-->
したがって、その額<ひたい>には額が書かれていません。
むしろ、作品の各製品は象徴です。人間が貢献するソーシャルワークの秘密に浸透するために象形文字の意味を解読しようとするのは時間の経過とともに、有用なオブジェクトの価値への変換は社会の産物です。言語だけでなく。

 ⑧科学的発見は、価値としての産物は、生産において費やされた人間の労働の純粋で単純な表現であり、人類の発達の歴史において時代を刻んでいるが、仕事の社会的性格を物のキャラクター、商品そのもののように見せかける幻想なのです。

これは、特定の生産形態、すなわちコモディティ生産の場合にのみ真実である。
すなわち、最も多様な作品の社会的性格は、人間の労働としての同等にあり、
この特定の社会的性格は、労働生産物の価値とされるが、
 <⑨江夏訳ー労働生産物の価値形態という客体的形態をとっていること--、>
 <これは、江夏訳ー労働生産物の価値形態ー-との訳出は正しい>
 <⑩四段落での提示である①②③のことがらが、自然的形態、不問事項になる>

この事実、労働に携わる人間と物品の生産の関係に関わる人の価値は、その後に現れる。
これまでのように価値の性質が発見されたのと同じように、空気の気体状のような自然の秩序と変わらないものであり、それは化学元素の発見前と同じままだった。

 ⑨まずは交換者が関心を持つのは、製品と引き換えにどれくらいの量が得られるか、つまり製品間で交換される割合です。この比率が一定の常習的な固定性を獲得するやいなや、労働成果の本質から派生するように見える。化学物質が固定された割合で結合するので、これらの物質に一定の割合で交換する性質があるように思われる。
 <⑪交換比率--労働生産物の性質自体から生ずる・自然的形態に見える>

 ⑩作業成果物の価値は、価値のあるものと判断された場合にのみ出てくる。
後者は、生産者の意思と期待にかかわらず、自分の社会運動が、物事の動き、それらを導く動き、それらを指示する運動の形をとることで、目に絶えず変化している。

この科学的な真理からの経験さえも出現する前に、市場の生産は完全に発展している必要があります。民間の仕事は、互いに独立して実行されますが、社会的および自発的なシステムの影響として相互に関連します。

労働の分業は、常に比例的な社会的尺度に縮小されている。
そしてーーどうやってなのか?
 <⑫運動が彼らをひきずる--価値量が社会的必要労働量に規定される>
製品の交換の偶発的かつ常に変化する関係において、その生産に必要な社会的労働の時間は、自然の規制法として大きな闘いで支配するので、重力の法則が感じられるように彼の家が彼の頭の上で崩壊するとき誰でもー-そのこと見て取れるのです[31]。
したがって、仕事の期間による価値の量の決定は、商品価値の明らかな動きの下で隠された秘密である。しかし、彼の解決策は、価値の量が偶然によって決まらないことを示しながら、この量を表現する形態を物の間の大きさの比としてしかーーそのことを消滅させない。
 <⑬「この量を表現する形態を物の間の大きさの比としてしか」ーー
   物と物との比・物的関係として、価値量が労働生産物それ自体のあいだの量的関係として表わされる
   --このように、①で示された大前提である価値形態は、まったく無視される>

 ⑪社会生活の諸形態を反映しての、その結果である科学的分析は、実際の動きに完全に反対する道をたどる。それは、事実の後、すでに確立されたデータと、開発の結果から始まります。

作業成果物財のシールや印刷フォームは、それゆえ、すでに流通している諸形態が、人々が実現しようとする前に、社会生活の自然な形態の、すでに固定性を持っていて、歴史上の人物がむしろそれらに不変であるように見せるこれらの形態にこそ、彼らの親密な意味があるのである。

したがって、商品の価格の分析のみが定量的価値の決定につながり、商品価値の決定につながったのは一般的な商品の表現である。

さて、個人的な作品の社会的性格や生産者の社会的関係を明らかにするのではなく、商品世界のこの獲得され固定された形態、銀色の形態は、それらをあいまいにするだけです。

小麦、コート、ブーツは、抽象的な人間の仕事の一般的な化身としてキャンバスを参照していると言うと、この表現の偽りや奇妙さはすぐに明らかです。

 <⑭貨幣形態・・長靴は、抽象的な人間労働の一般的な化身としてのリンネルに関連す
  る、--一般的価値形態があることで、一般的な相対的価値形態があり、両極の形態が
  形成されることが、貨幣形態では隠蔽されている、その理由なのです。
   ここでは、一般的価値形態の対極に、私的労働がこの抽象的な人間労働の一般的な実
  現形態になることで、等価形態を示すはずが、右極のみが自立することで、左極の商品
  世界の存在を無視してしまうのです。
  それが、価値形態の謎であり、貨幣形態の謎、なのであります。>
 <⑮それは、商品世界から等価物リンネルが排除されることで、両極の形態の形態が得られ
  たーはずが、この貨幣形態では、この価値方程式が、始めの、上着= リンネルの第一の
  公式に舞い戻ることで、リンネルが貨幣商品になることで、転倒して、一般的価値形態の
  存立条件である無限の価値方程式の羅列である、商品世界を消してしまうからではない
  か?

  第三の価値方程式での商品世界の無限の表示が、20エレのリンネル=2オンスの金になる
  ことでこの商品世界を形成してきた、第二・第一の形態との関連を、消滅させることで
  第三の形態から貨幣形態が成長してきたことを、この物神性によって隠すのです。>

しかし、これらの商品の生産者がキャンバス、金、銀に戻って来るときには、それが一般的等価物と同じように、私的労動とすべての社会的労動との関係になります。
彼らはこの奇妙な形態で正確に現れます。

 <⑯ 商品世界にて、一般的価値形態があることで、第二・第一との連関が示されること
  で、商品の生産者たちが、これらの諸商品をリンネルあるいは金か銀に、関連させたー
  ーのでした。
  しかし、私的労働と社会的労働との関連は、20エレのリンネル=2オンスの金の公式のも
  とでは、全て、この物神性によりて、この前提条件であるところの、この一般的価値形
  態が、消滅しているのです。>
 <交換比率--労働生産物の性質自体から生ずる・自然的形態に見えるーーことで>
  ⑰このことで、右極の等価形態としての、抽象的な人間労働の一般的な実現形態としてのは
  ずが、この膨大な左極での反対極であるーーことでの右極の形態を示さず、
  単独に、単なる二商品での抽象的人間労働の一般的化身になる、奇妙な形態!
  のもとで現われている、のです。
  これが、商品の物神性であり、これ、この謎を、解いたら理解できる事柄なのです。>

 ⑫ブルジョア経済学のカテゴリーは、実際の社会関係を反映する限り、客観的な真理を持つ知性の形態であるが、これらの関係は市場の生産が 社会的生産の様式。 それから他の生産形態を想定すると、現代の労働成果をあいまいにするような神秘主義のすべてが消滅するのを見るでしょう。

 ⑬政治経済学はRobinsonades [32]が好きなので、最初に彼の島のRobinsonを訪れましょう。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  14ーー21 段落は略


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『「資本論」の核心』補講全3回(3-3) 榎原 均
補講第3回 第七講 商品の物神的性格とその秘密
1.物象化と物化の区別

 今回のテーマは「商品の物神的性格とその秘密」です。商品の物神性の問題に入るとすれば、当然、現在流行しています廣松渉さんの物象化論、これを批判するということが必要になってきますが、しかしこの点に関しては、すでに私は『ソビエト経済学批判』や『価値形態・物象化・物神性』でそのポイントを述べてあります。それで今回はそれに譲って、ここでは述べません。

 今回の講義をどう進めるかということですが、この『資本論』の商品の物神性のところについては、おそらくこれまで正しく解説されたことがないのではないか。だから、ここではマルクスの説の忠実な解説を試みてみたいのです。

あらかじめそのポイントになる点を言っておきますと、一つは価値形態の秘密と謎です。これはこれまで価値形態論のところで強調してきたことですが、価値形態の秘密と価値形態の謎とをマルクスは区別している。価値形態の秘密については、主として相対的価値形態のところでマルクスが明らかにしている一商品の価値が他の商品の使用価値の身体で表される。つまり、等価形態にある商品の使用価値がそのままで抽象的人間労働の体化物となっているという問題です。

これに対して価値形態の謎というのは、等価形態にある商品上着が、直接交換可能であるという社会的な性格を生まれながらに持っているように見える、そういうことです。それが等価形態の謎と言われている。そこに注目して、価値形態の秘密と謎を区別しよう、これが重要なのだ、これが今までは混同されていた、それを強調したい。

 この問題が物神性のところで非常に重要なポイントとして出てきます。それが、商品が持っている現象形態そのものと、その商品の現象形態を人間が見た場合に人間の頭脳の中にどのような像を反映させるのかという問題です。商品が現象しているそのままの現象が人間の眼に反映する、ということでしたら問題ないのですが、商品は労働生産物のある種の社会的な関係です。その社会的な関係が社会的な関係として人間の目に反映されずに、物どうしの関係として反映される、こういう形になります。これをマルクスは現象形態と幻影的形態というように区別しているのではないか。この二つの違いが、先に言った価値形態の秘密と謎に関係しているのではないか。こういうふうに価値形態の秘密と謎の区別の問題が、物神性を理解していく場合に展開されてきます。いわゆる物象化論はおおはやりですが、ここで私としてはこのように分けるとするならば、当然物象化と物化ということは区別付けて考える必要がある。もちろん両者は関連していますが、物象化という問題は先に言った商品の現象形態に関連し、物化というのはその現象形態が人にとっては物の関係に見える、このように転位するわけで、現象形態が幻影的形態に転位していく。そういう転位の結果を物化と捉えると、マルクスの物神性論は非常にはっきりと理解できると見るのです。

2.物神性論の核心
 それでは、このような観点からマルクスの『資本論』の該当部分を読んでみましょう。65ページです。その下段から69ページの上段の中央辺りまで読んでください。後のところはまた、今回ではなくて別の機会にやりますので、とりあえずそこまで読んでもらいましょう。

 今読んでもらったところで一番ポイントになるところの指摘からいきたいのですが、六六ページの上段の一番最後から下段に移るところです。ここにマルクスの物神性論のポイントが書かれています。ちょっと読んでみますと「それでは、労働生産物が商品形態をとるや否や生ずる労働生産物の謎的性格は、どこから生ずるか?」ということで、以下云々と述べられています。

その後、次の段落に移りますと、
「だから、商品形態の神秘性なるものは、単につぎの点にある」ということでまた展開されています。この二つを区別して考えようということです。価値形態の秘密と謎というように分けたのですが、これに照応してこの二つの提起がなされているのではないか。こう読むと非常に分かりやすいのではないか、これが第一点です。

 実際中身を読んでみますと、「労働生産物の謎的性格は、どこから生ずるか?」とマルクスが提起した場合には、こう言っています。

「明らかに、この形態そのものからである。人間の諸労働の同等性は、労働諸生産物の同等な価値対象性という物象的形態を受けとり、人間的労働力の支出の、その時間的継続による度量は、労働諸生産物の価値の大いさという形態を受けとり」と。P66 上ー下段

 要するに、これは人間の諸労働の同等性という人間の社会関係に属する性格が労働諸生産物の同等な価値対象性という形で、物象としての商品に属するような物象的な形態に転化していくことです。物象的な形態の中で、人間労働の同等性という本来人間の社会関係に属する労働の内容が実現されていく。これは実は、この規定は商品の現象形態そのものを非常に正確に指摘している。もちろん現象形態と言っても、人がそれをそういう形では認識できないですから、分析した結果、そういう物象的形態があるということですが。

 その次に、次の段落です。この価値形態の秘密に関連した商品の現象形態の指摘に関して、次の段落では
「商品形態の神秘性なるものは、単につぎの点にある」と言って、「商品形態は、人間じしんの労働の社会的性格を、労働諸生産物そのものの対象的性格として・これらの物の社会的関係な自然属性として・人間の眼に反映させ」云々とあります。

これは等価形態のところでやった等価形態の謎性を念頭に置いて言われているのです。こういうふうに分けて提起していて、その二つに関しておのおの「労働生産物の謎的性格は、どこから生じるか?」ということで価値形態の秘密の内容が展開されて、ここから生じた神秘性は一体どういうものなのかということで、等価形態の謎性に相当する内容が展開されている。このように区別立てて考えることが、物神性の理解にとって決定的です。

 さらに現象形態と、それから等価形態の謎性とをどのように展開しているかということですが、六六ページの下段の後ろのほうから六七ページに入る、そこを読んでみますと、結局、商品の現象形態が単なる物象的なそういう関係、人間の社会関係が単なる物と物との関係に見えてしまうということですが、

「これに反して商品形態は、また、それが自らをそこで表示する労働諸生産物の価値関係は、労働諸生産物の物理的本性、および、それから生ずる物的諸関係とは、絶対に何の係わりもない。それは、人々そのものの一定の社会的関係に他ならぬのであって、この関係がここでは、人々の眼には物と物との関係という幻影的形態をとるのである。」と言われています。

 ここで「幻影的形態」という言葉が出てきます。この幻影的形態が商品の現象形態にも付着していると考えたらいいのです。それを見ると別の形に見える。この別の形に見えたものは、しかしながらそれは商品にとっては幻であるということです。人間にとっては別に幻ではないのですが、商品にとっては幻になっている。ここで商品自身の現象形態と、それが人間の眼に反映した場合の幻影的形態との区別とが出てきます。

 注意しておくべき点は、よくここを念頭に置いて、商品と商品の関係自体が人々の社会関係の物化したものだという理解がなされることです。これはやはりここの読み方を間違っているのではないか。

 マルクスが言っているのは、商品と商品との関係という、そういう物象相互の社会的関係、これ自体が人々そのものの一定の社会的関係だ、と言っています。そしてこの関係が単なる物と物との関係という幻影的形態をとる。なぜそうかと言えば、商品と商品の関係という物象的な関係によって労働生産物が社会的な力を持っている。等価物、例えば上着の場合、これは他の商品を購買できるという購買力を持っています。その購買力とは本来、人々の社会関係から生じていますが、それが上着という単なる自然物に属しているように見える。これを幻影的形態だと言っているのです。


 そうしますと、ここで現象形態と幻影的形態というように区別して、現象形態が物と物との関係という幻影的形態をとるとすれば、その物象化と物化とをやはり区別して考えないと、にっちもさっちもいかなくなるんじゃないか。

 物象化とは、人格が物象化して人間の社会的な力が物象に備わってしまうという事態です。そういう事態と、その物象の現象形態が単なる物と物の関係という、幻影的形態をとって人間の眼には反映されるという二重の構造になっている。この二重の構造を明らかにしようとすれば、物象化と物化を区別して、それぞれを現象形態と幻影的形態に関連させて区別する。それを、先ほど言った価値形態の秘密と謎の違いに関連させて考えるようにせざるを得ないのではないか。こう考えていきますと、マルクスの物神性論、これは非常に難解でいろいろ誤解されているところが多いのですが、そこの理解に一本の筋を通せます。

  3.社会的象形文字としての商品とその生産
 以上の点を確認した上で、引き続き重要なところを読んでいきますと、六七ページです。

「こうした物神的性格は、以上の分析ですでに明らかにされたように、商品を生産する労働の独自的・社会的性格から生ずる。」と。

これは、ここ以降、今度は商品を生産する労働ですから、今までは商品と商品との関係から、そういう謎的性格がどこから生じるかという問題と、その謎性、神秘性なるものはどういうことなのかを明らかにしたのでが、ここからは、それを労働という観点から見ています。

 注意しておくべき点は、67ページの上段から下段へわたるところです。

「すなわち、彼らの諸労働そのものにおける人と人との直接的に社会的な関係としてではなく、むしろ、人と人との物象的関係および物象と物象との社会的関係として、現象する。」と述べられています。

 ここに注意を払ってほしいのです。結局、商品形態自体が、何らかの人々の社会的関係が物化したものだと捉えられている普通のとらえ方からすれば、人々の社会関係が、商品の関係とは別のところに何となくあるということを前提にしています。

 ところが、商品の形態が人々の社会的関係の現象形態である、それは物象化されているが、そういう形で人間の社会的関係が存在していると見た場合には、この物象的な関係が物化されていて、これが幻影的形態になっているという理解につながっていくのですが、その理解の正しさが、ここでやはり証明されているのではないのか。

 つまりマルクスはここで「彼らの諸労働そのものにおける人と人との直接的に社会的な関係」ではない、人と人との物象的な関係であり、物象と物象との社会的関係であって、これが商品の関係なのだ。それがまた、商品を生産する労働の関係なのだと言っているのです。

 ですから、結局、人々の関係の物象化であるとか物化とか言う場合に、物象的な関連を抜きに、今日の商品経済においては人々の社会的な関係はないのだ。物象的な関連を抜いてしまうと、お互いに独立した私的所有者たちがいる、私的労働生産物の所有者たちがいるということだけになってしまって、社会的な関係はそこにはないのです。

 その次に注目すべき点は、67ページの下の段の真ん中辺です。

「したがって諸物象の価値性格がすでにそれらの生産そのものにさいして問題となるとき」と言っています。

ここは結局、労働から見て私的労働の生産物がどのように商品を生産していくか。そういう商品を生産する過程で、どのように物神性が形成されていくかということを追究していますが、ここで言われている内容は、生産に対して人々が何らかの、社会全体のいわゆる資源配分を意識的に統制して、その上で生産していくということではなくて、諸物象の価値性格が生産を規制している関係になっているのだ。したがって抽象的人間労働が持っている生産に対する関係を考えていく手がかりがここでは与えられています。

 そういうことを見ていきますと、その次のポイントは六八ページに入るところです。結局、生産物をお互いに関係させあうことによって、その関係のなかで社会的実体である抽象的人間労働相互の関係を作っていくという形で、人々が私的労働を社会的に通用するような形にしていきますから、物象の関係に付着している、そこに付着するところの価値、その価値がその商品の生産過程を支配していく、そういう逆転が起こっていくのではないかということです。
 その次に、また価値についての面白い言い方あります。六八ページの真ん中に「価値なるものの額には、それが何であるかということは書かれていない。価値はむしろ、どの労働生産物をも一つの社会的象形文字に転化する。」と。

 人間の労働が抽象的人間労働であるという点で同等だ、そういう同等性において人々の労働が社会的労働になると言うのなら、あらゆる労働は具体的な有用労働であると同時に単なる人間労働力の支出ですから、価値は抽象的人間労働だということになります。この見方からすれば、あらゆる労働は人間労働として共通だから社会的なのだという、説明が成り立つのですが、価値が私的労働を社会的労働にする、そのシステムはそういうものではない。

 私的労働の生産物をお互いに等置しあうことを通して、それを抽象的人間労働という社会的労働に形成するのです。という意味で、価値は社会的労働の関係ですが、価値自体は何であるかということは価値を見ても分からない。生産物を一つの社会的象形文字にする、こうマルクスは言います。

 例えばスイカが一個千円であるとかシャツが一枚三千円であるというように労働生産物が価格を持って現れています。商品経済でなければ、こういう労働生産物のこのような形での表示ということはないのですから、これを社会的象形文字だとマルクスは言っているのです。この社会的象形文字がどういう意味を持っているのだろうかとその秘密を探ろうとし、スイカが一個千円であるとかシャツが一枚三千円であるとかいうのは、そこにその生産物に支出された人間的労働なのだ、それが実体になっていることを発見していく。それが秘密だということがだんだん明らかになっていく。ところが問題は、そういうことが明らかにされても、別に人間労働の同等性ということを人々が意識的に作れる、人々が社会関係のなかで商品形態を借りずに作れるということにはならなくて、やはり商品形態を借りてしなければならない。商品形態を借りてする以上は、物象化および物神性・物化はなくならない。したがって、物象化され物化された形で社会の法則が貫徹されていくということになっていくのです。その仕組みが、その次に書かれています。

 なぜ、そういうふうになっていくかということについては、時間もないので省略しますけれども、ここで重要な点は、価値とは何であるかということを理解したことです。人間に属する労働の社会的性格という、人間社会に属する性格が、労働生産物という、物象に属するものとして現れてくる。労働生産物の価値性格とはそういうことです。

 そういうことが分かり、価値とは何かということが分かっても、幻影的形態は消えない。人間の労働の物象化と、生産物が商品形態をとることによって物象に転化することがあれば、必然的にそれが幻影的形態を人間の眼に発生させる物化のメカニズムも同時にあります。そういう意味で物象化と物化とが密接に結びついている。

4.感性で把握できない理由
 一応の説明をした後で、今度は最初のところに移ってみましょう。

一番最初の段落です。それを見ますと、商品は一見して非常に平凡なものなのですが、それが価値を持っているという点になると非常に分からないものになっていく。物が商品として、例えば価格を持つというふうな形で登場すると、それは感覚ではつかめないものに転化していくということが書いてあります。こういうことは結局、ここの「感性的で超感性的な物に転化する」という訳がありますが、ここは「感性に超感性的な物に転化する」というふうに訳すべきだという意見もありますが、その訳を採りますと、結局、感覚では捉まえられないものに転化していくということです。

 感覚で捉えられないということはどういうことかと言えば、人間の労働が物象化すると、その物象化した現象がそのまま捉えられれば感性で把握できるのですが、それが物の自然的な属性として人間の眼には見えるのです。そうすると感性で捉えられるのは、そういう物の世界ですけれども、問題は物の世界ではなくて物象の世界なのです。物の世界は当然、物象の世界とはずれていて幻影的で、物象の世界という点から見たら幻影である。したがって商品の現象自体は感性では捉えられない、こういう意味なのです。

 それから、その次を開けますと、66ページの上段です。ここには価値規定の内容があります。これも簡単に説明しておきますと、結局、価値とは今言った変な形だ。ところが、価値を規定するものは何かと言った場合、それは労働でそれも抽象的な労働です。

 この抽象的な労働とは何かについては非常に簡単ではないか。
人間の労働力の、生理学的な意味での支出です。それから、価値の大きさを規定するのは労働時間です。したがって、普通の労働が抽象的人間労働という性格をもっていて、その量は時間で計れるということ、それ自体は全然不思議ではない。

 ところが、その価値を規定するその内容が、価値になった場合には物と物との関係、商品と商品との関係において、そういう抽象的人間労働が社会的に成立していくという構造になるのです。

 異種労働を等置することによって、人々の私的労働を社会的労働である抽象的人間労働に還元していくという、こういう変な構造がある。その構造が、その構造として、それ自身が人間に認識されるのであれば問題はないのですが、そういう物象化した構造自体が人間の眼に幻影的形態を反映させる。そういう意味で、商品の価値性格が感覚でつかめないものになっていく、こういうことなのです。これを考慮に入れて、ここのところを読んでいくと非常に分かりやすい。

 今回やり残したところは、その次に初版本文の価値形態論をやり、初版本文の物神性論も当然やるのですが、初版本文の物神性論は、後で言いますが現行版とはかなり違っている。その現行版が初版本文と違うところが今までのところです。その後は、ほとんど初版本文の叙述を踏襲している。そういうこともあって、やり残したところについては初版本文のところで説明します。もちろん、今の段階でこの部分について当然読んでおいてほしいです。                             (補講終了)
 

 暴走しようと岩手にとっては合法と言う法務省

 投稿者:岩手県元盲ろう者  投稿日:2018年 7月22日(日)04時17分13秒
返信・引用
  暴走しようと岩手にとっては合法と言う法務省
  過去より今として告発より4年前からの現実として通訳団体の差別や妨害は違法でしょう。情報センターの貸し出し拒否も。
 調べれば知事の命令と判るはず。まもなく13年の完全孤立です。 法律の無かった頃の話ではありません。先に出した事への答えはいつまで待っても来ない。それさえも時効になってしまう。
 通訳差別以下は2年前の10月からです。今年10月で満3年です。時効にならないうちに何とかなりませんか。
 情報センターのビデオなどの貸し出し拒否そは去年の11月ころからで8ヶ月目です。早くしないと揉み潰し工作が入ります。
 知事の暴走は全国にばらせば告発に等しい。
 と思っても擁護係さえも別のことを考えろと。
 厚生労働省は掲示板を作り実名でも好きなだけ書けとし載せる。 法務省は諦めるなと言いながら法務局に話せとしか言ゎず。そして法務局は掲示板は実名使うなと言うだけ。そして擁護係を推薦したが。ここは別の話しにしてと何もなかったかのように諦めろと言う。
 法務省にとって障害者の一人くらいどうでもいいと言うのか人権は破壊されたまま後は棄てればいいと言うのか。
 そして岩手の看板団体だからと暴走しようと暴走で隠す。
 完全沈黙のかん口令を敷いた。更に関わった人も団体も友達も口封じに全部取り上げた。どこの団体も行かせない。社会参加はさせないこと今年で12年目にして12回になる。
 更に講演会に通訳貸さない差別強行の始まり。栃木と交流が社会参加以外何も関わるなとされたこと。大阪は賛助会員として入りながら岩手にばれて辞めてくれと言われたこと。そして昨年は 全国大会に知っている人は全国の友の会も岩手も誰も合わせない。全国の友の会も全国協会も大会を勧めた事務局長庵さんも知事にあいつに関わると口説き伏せられていた。
 掲示板に実名書くのはかん口令をを逆手に取ったてこ問い゛か来たい放題に実名入りでも12年批判も反論も一つも来ていない。 来るのは妨害だけ。代替し法務省は何もしていない。全国の支援団体はほっかむりだけ。岩手では更生相談所も障害者の社会参加推進センターさえもかん口令が入っていれば非常手段をとるしかなくなります。こっちが被害者です。訴えるぞと脅かしても誰も度胸が無い。復興と引き換えに暴走目こぼしの手形を持って居るとはっきり言えない。それとも知事の暴走は公表しますか。


 

ティーワイケイ高槻生コンが勝訴。大阪広域協組4人組の悪事が暴露された

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 7月21日(土)14時17分51秒
返信・引用
  ティーワイケイ高槻生コンが勝訴。大阪広域協組4人組の悪事が暴露された

   http://rentaiunion.sblo.jp/article/183609762.html

 本年6月22日、大阪兵庫生コン経営者会は、同月21日に大阪地方裁判所でティーワイケイ高槻生コンが大阪広域生コンクリート協同組合(大阪広域協組)を相手取り起こした仮処分申請の裁判の決定が下され、同社の主張が全面的に認められ大阪広域協組が敗訴したと同会の会報『共創6月21日号』で報じた。
 この裁判は、大阪広域協組の大山正芳副理事長が、部下の参事にティーワイケイ高槻生コンには大口物件の出荷を割り付けないよう違法な指示をしたことが発端で、同社の出荷割り付けが不当に減らされていったことに対し、同社が本年2月9日、大阪地方裁判所へ仮処分申請を提起したものだ。
 今回の決定では、裁判所が本年4月3日の大阪広域協組の臨時総会で決議されたティーワイケイ高槻生コンの除名決議については中小企業等協同組合法に違反するもので無効と断罪したうえで、同社の協同組合員の地位を認めました。ティーワイケイ高槻生コンへの不当な出荷割り付けの差別(減少)については、大阪広域協組の主張を失当と退け、生コンクリートの出荷の割当てや割り付けを停止したり減少させてならない、という同社の訴えを全面的に認めた。
 今回の仮処分申請の裁判で、ティーワイケイ高槻生コンが全面勝利したことで大阪広域協組の地神秀治副理事長、大山正芳副理事長、矢倉完治副理事長、木村貴洋理事長、いわゆる大阪広域協組4人組の振る舞いが不法であったことが社会的に明らかとなった。
 生コン業界では、大阪広域協組内で不当な差別を受けている組合員企業が次々と同協組を相手取り訴訟提起を行うという様そうになっている。


  <私の所在は関東であり、関西生コンへの妨害・襲撃行動については、チラチラとした程度の
  情報しかえられず、事の大事さ、安倍政権の影響力についての判断ができない、ものでした。
  しかし、このような,丁寧な報告があれば、関西生コンへの団結をする関西圏の戦う人々のみならず、
  日本・韓国・そして拡大すれば世界の労働者階級の一大教訓となり得るーーと思い、転載という形式
  ーーですが、紹介させていただきます。




http://rentaiunion.sblo.jp/index-10.html
連帯ブログ
連帯ユニオンのブログです。

 2018年02月05日
 ①大阪広域生コンクリート協同組合と極右活動家グループの粗暴な振る舞い

 いま、大阪広域生コンクリート協同組合は差別・排外主義者と評される瀬戸弘幸氏ときわめて親密な関係になっているのです。
 瀬戸弘幸氏は、「ヘイトデモを主催するなど人種差別を先導する極右活動家」であり、人権差別主義団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の後継組織、政治団体「日本第一党」の最高顧問なども務めています。また、マスコミからも「(川崎)市内で差別・排外主義者を集めたヘイトデモや後援会を重ね、標的にされている在日コリアンの人権被害を拡大させてきた」「狡猾で確信的な差別主義者は、全国で最もヘイト対策が進む川崎市で自らの行動が『許可』されることで『差別する自由』を示そうと躍起だ」などと非難されています。
 このように瀬戸弘幸氏は、社会的にみて「差別排外主義者」と位置づけられている人物です。
 ではなぜ、大阪広域生コンクリート協同組合は、そんな人物と親密な関係になったのでしょうか。その目的は、連帯ユニオンつぶし、労働組合つぶしに他なりません。
 また先月25日、和歌山県で活動していた連帯ユニオンの宣伝カーを瀬戸弘幸と行動を共にする渡辺昇氏(牢人新聞社主幹)が率いる数十人の差別・排外主義者グループが急襲し、その行く手を阻むという妨害活動を行ったことでも明らかです。
 その際、大阪広域生コンクリート協同組合の木村貴洋理事長を先頭に数名の執行部と大阪広域生コンクリート協同組合の関係者と思われる人物複数名、そして和歌山県広域生コンクリート協同組合の丸山克也顧問なども駆けつけ、差別・排外主義者グループと一緒になって連帯ユニオンの活動を妨害する行為に加担していました。

 また、大阪広域生コンクリート協同組合は加盟する組合員会社に対し、今年の1月8日に大阪駅周辺にあるヨドバシカメラ梅田前で行われた瀬戸弘幸氏主宰の連帯ユニオンを批判する集会への参加呼びかけを行い、動員をかけました。そして、その後自身のウエブサイトで「私たち協同組合の関係者も、瀬戸幸弘氏及び関係者の皆様による力強い言葉に感銘を受けました。大阪広域生コンクリート協同組合は、この連帯関西地区生コン支部に関する問題に決着をつけるという決意を新たにすると共に、今後も、瀬戸氏の活動を全面的に応援していく所存です」と瀬戸弘幸氏との関係を継続していくことを明言しています。
 私たち連帯ユニオンは、大阪広域生コンクリート協同組合の差別排外主義の差別・排外主義者らと連携して連帯ユニオンの弱体化をめざすという労働組合つぶしに対し断固として立ち向かい、大阪広域生コンクリート協同組合の間違った姿勢の改善、生コン業界の民主化をめざしていきたいと考えています。

【在日特権を許さない市民の会(在特会)】
 差別的言動を繰り返す差別・排外主義者集団であり、行政当局は在特会を「極端な民族主義者・排外主義的主張に基づき活動する右派系市民グループ」と認定している。(警察庁「治安の回顧と展望(平成26年度版)」)

【ヘイトスピーチ解消法】
 我が国では、2016年6月3日、いわゆるヘイトスピーチ解消法が施行されている。同法は、前文において、「我が国においては、近年、本邦の域外にある国又はその子孫を、我が国の地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動が行なわれ、その出身者又はその子孫が多大な苦痛を強いられているとともに、当該地域社会に深刻な亀裂を生じさせている。
 もとより、このような不当な差別的言動はあってはならず、こうした事態をこのままか看過することは、国際社会において我が国の占める地位に照らしても、ふさわしいものではない。
 ここに、このような不当な差別的言動は許されないことを宣言するとともに、更なる人権教育と人権啓発などを通じて、国民に周知を図り、その理解と協力を得つつ、不当な差別的言動の解消に受けた取組を推進すべく、この法律を制定する。


 2018年02月07日
 ② 大阪広域生コンクリート協同組合で何が起こっているのか?
格調と品格を失った大阪広域生コンクリ-ト協同組合

 連帯ブログに参加して頂いている皆さまに、今、関西で何が起こっているかという事をお伝えしたいと思います。私たちは、中小企業が生き残る道としての協同組合事業を通して、振興育成や相互扶助精神に基づく、事業活動を目指して労働組合と多くの中小企業と協力して生コン産業の民主化と健全化、公平無私な分配を求めて事業協同組合運動に傾注してきました。その結果、164社189工場という日本最大の協同組合になりました。生コンの市場の占有率についても100%に及ぶ大きな協働組合になり、市場空前の利益を生む事業体に変貌しました。生コン産業に関わる全ての関係取引先である生コン輸送会社、セメント輸送会社、ダンプ業者、骨材業者、圧送業者、セメント販売会社等や、それらの産業を拠り所に働いている多くの人達の賃金労働条件の向上も出来る環境にやっと到達したわけであり、長年の悲願である産別的な賃金を享受出来るところまできました。

史上空前の利益体質になった協同組合になにが起こったか

継続した労使の運動によって、協同組合の生コン市場占有率は上がり、独占大資本からの影響力が弱まったところで大きな利益を上げる協同組合になりました。
私たちは、独占大資本の狭間で構造不況業種という産業の中で、中小零細企業が労働組合のように団結することによって、市場占有率を上げ、中小企業のダンピング過当競争から脱出することを眼目に脇目もふらずに運動に邁進してきました。
 しかし、史上空前の利益が上がった協同組合は、一部の執行部が栄耀栄華の生活を送ることに麻痺し、利益誘導型の運営をしようと、3年前から黒い企みを計画していたようです。

労働組合を分断させることで何が起こっているのか

 昨年の12月12日まで、生コン5労働組合は、建交労関西支部・生コン産業労働組合・UAゼンセン・全港湾大阪支部・連帯労働組合関西地区生コン支部で構成されていました。共に業界民主化、輸送運賃の値上げ、労働環境の改善を目指して一枚岩で運動を行ってきました。要求実現の為に共闘体制を確立し、運動を行ってきました。
 しかし、業界再建の要である輸送運賃の値上げを履行させるための取り組みから、関西地区生コン支部、全港湾大阪支部を現場に置き去り、敵前逃亡を図るという裏切り行為を行ったのです。これら一連の彼らの行為は全国の労働者に対する裏切り行為であり、許されることではありませんが、組織率が低い彼らを大阪広域生コン協組が懐柔することは想像以上に容易であったのではないかと考えます。
 しかし、協同組合の甘言に乗せられたのかは別として、無軌道で攻撃的なネオナチ差別排外主義者と手を組む広域執行部にすり寄る姿勢については、全国の労働組合員たちを敵に売り渡すような行為であり、許されることではありません。
 広域生コン協組執行部達と裏切った労働組合の幹部達は、金にものを言わせた「恐怖政治」がまかり通る政治の実行しています。
 私たちの職場に攻勢をかけ、組合員に「生コン支部にいても将来がない」などと組織オルグを掛けるなど、生コン支部弱体化の先兵として、裏切った労働組合を利用しています。

中小企業を分断政策

 現在の大阪広域、特に木村理事長、地神副理事長、矢倉副理事長、そして過去「山口組系組員」であると新聞報道されていた大山副理事長(「産経新聞」2007年11月28日、大阪朝刊、24頁)という執行部に逆らう事なんて出来ない雰囲気が出来上がってるようにみえます。大阪広域内からは、生コンの納入割付等が不平等との声などもあがっています。その一つが、ことに協組加盟する多くの良心のある同業他社の中の不満の声を押さえつけることにあります。彼ら執行部の提案に異論を唱えることはタブーであり、事業における死活問題に直結する事になります。一部の生コン工場には手厚いシェア配分が行われるが、連帯との労使関係のあるところには割付をしない、連帯系の生コン輸送会社とは取引しないと決議したりという不当労働行為も平気で組織的に行ってるとの噂も聞こえてきます。
 信じられないだろうが、会社が組合員に組合を辞めてくれないかと相談に来る場面もありますが、このような不当労働行為は論外であるが、これに近い不当労働行為は数多あります。

大阪広域生コン協同組合が目指すところとは。

 彼ら執行部が求めているのは、労働組合排除と日本最大の利益組織である生コン協同組合の乗っ取りにある。その為に、利用できるものは、差別排外主義者でも活用するという姿勢で動いています。
 前回のブログに報告されているが、和歌山の生コン協同組合の運営に敵対している大阪広域は、差別排外主義者の渡邉昇と大阪広域生コン協同組合木村理事長が先頭に乗り込んできて、大山副理事長が和歌山県警の警部に暴行を振るうということが動画で流されています。排外主義者の渡邉、暴行を働いた元暴力団員の大山副理事長、木村貴洋理事長等が映り込んでいるのだが、無軌道極まりないこと平気でやってのけるのだが、木村理事長は止めることさえしていない。このような男が大阪兵庫生コン工業組合の理事長も兼任し、高額の報酬を得ていることに強い違和感を感ています。
 このような危ない橋を渡っても、彼らが目指し、欲しいものとは、日本最大の協同組合と巨大利権にあるのだろう。

闘いは始まったばかりである。

私たちはあらゆる法的対応と違法脱法行為を牽引する、いわゆる広域4人組に対し、徹底的な社会的暴露を行い、差別排外主義者の介入を排除してまいります。



http://rentaiunion.sblo.jp/index-9.html
  2018年02月08日
 ③ 違法と我欲と嘘に塗り固められた大阪広域生コン協同組合
  事業組合法に基づいた事業運営とは

 2018年02月13日
 ④ 差別排外主義者と大阪広域生コン協同組合の蜜月とは

 2018年02月15日
 ⑤ 差別排外外主義者達の繰り返される愚行
「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」が施行された。


http://rentaiunion.sblo.jp/index-8.html
連帯ブログ
連帯ユニオンのブログです。

 ⑥2018年02月20日
 ネトウヨ差別集団と一体化した大阪広域生コン協同組合暴力集団(木村貴洋)

 ⑦2018年02月22日
  真相究明特集「札付きの嘘つき集団」について


 ⑧2018年02月23日
 大阪広域協組(木村貴洋)と暴力差別集団(瀬戸弘幸・渡辺昇)等の計画的犯罪としての組合襲撃の真相

木村貴洋は事件の首謀者である

 本年1月22日に大阪広域は我々労働組合事務所を襲撃し、組合員に暴行を働き負傷させたが、この犯罪が綿密に計画され実行された事が判明した。
 まず、我々の事務所前にある川を挟んで対岸にある福島中央卸売り市場があり、その立体駐車場の屋上から連日に渡り、早朝から組合事務所を監視していた事は確認していたのである。
 事件当日に組合員や関係者の出入りをチェックした後、組合事務所に女性職員と少数組合員職員しかいないタイミングを襲撃のチャンスとして、実行に移すという卑劣極まりない事をやってのけたのである。
 理事会や総会では、木村貴洋は臆面も無く「瀬戸先生が抗議しているところを行儀が悪いが、見に行ってきました」云々というような話をしているが、真っ赤な嘘である。
 木村貴洋は、今回の襲撃事件の実行首謀者であり、広域の傭兵部隊である瀬戸弘幸・渡辺昇等を引き連れて組合襲撃をやってのけたのである。

黒い野望に手を染めた木村貴洋と丸山克也

 昨年の8月に同じく、暴力団員を活用し、組合襲撃を画策していた和歌山広域生コン協同組合理事長の丸山克也も昨年の暴力団を活用した事件(未遂)当時は、和歌山県生コンクリート工業組合理事長であったが、木村貴弘も大阪兵庫生コンクリート工業組合の理事長である。このような卑劣な犯罪に手を染めることに何のためらいも感じない人間が工業組合の理事長にしていることは、大きな社会問題にあたることを、今後、全生工組連や中央省庁に申し入れるものである。

犯罪者である木村貴洋は工組理事長をただちに辞任せよ!

木村貴洋襲撃事件首謀者(元関西宇部の代表取締役で解雇になったという噂が出ている)

丸山克也 襲撃事件共謀者(元和歌山県生コンクリート工業組合理事長で数多の犯罪に手を染めてきた)

組合員の活動を威力で妨害し、警察官暴行にも深く関わっている

 現在、大阪広域生コン協同組合のメンバーで組合襲撃に関わった方々の特定作業を進めています。
 今後、刑事告訴をしますので、弁護士照会をしなければなりません。


事件当日も暴れまくっていたこの人 だーれ?(広域の人も写ってましたが、この人もかな?)

木村貴洋襲撃事件首謀者 殿
 私たちは、暴力集団に汚染された大阪広域を徹底して浄化していくことを申し添えておきます。
 現在、組合事務所や組合員への卑劣な嫌がらせ電話が多数掛かっていますが、刑事告訴中は非通知電話にしていても、全てが照会できることをご注意下さい!私たちは、卑劣な脅しや脅迫行為にひるむことはありません! また、「死人が出るな」というような悪質なコメントもあります。これらは、害悪の告知という立派な脅迫犯罪になります。
 木村貴洋首謀者が、組合潰しに雇った渡邊昇も2017年8月3日に有田芳生国会議員(国会法務委員)を脅迫し、警視庁公安部に書類送検されています。

緊急速報

事件概要と犯罪計画の一部始終が、厳しい監視(探偵や広域調査員)がある中での重要な内部リークを取得した。事件首謀者の木村貴洋・地神秀治・大山正芳・丸山克也・矢倉完治が逮捕されるまで、今後も最大限の協力をお願い致します。


http://rentaiunion.sblo.jp/archives/201803-1.html
連帯ブログ
連帯ユニオンのブログです。

  2018年02月26日
 ⑨暴力支配と虚構の大阪広域生コン協同組合・和歌山広域生コン協同組合
矢倉完治は,我々に対して「ゴミ」と言い放った!
絶対に忘れてはなりません!「ゴミ」の一念とは!暴力集団の一掃です!

  2018年02月27日
 ⑩ 大阪広域生コン協組と和歌山県広域生コン協組の「丸山克也と木村貴洋」の黒い癒着とは・・・

  2018年03月22日
 ⑪ 関西生コン関連業界65年目の歴史で始めて見えてきたもの・・・
大阪広域生コンクリート協同組合の実態「醜い利権を守るため四人組は何をしようとしているのか?」

「生コン関連企業危機突破総決起集会」と2010年7月2日から11月17日迄続いたと139日間のストライキを闘い抜いた成果と、木村貴弘の功罪とは・・・・・

 2010年11月17日に第10回の集団交渉で全面勝利し、ストライキは解除され、生コン価格も旧契約1万6300円、新契約1万6800円の要求を掲げ、出荷ベースと最後まで主張していたにも関わらず、木村貴弘は独占資本であるゼネコンや販売店を周り「今回の売り価格は労働組合が決めたので、生コン価格はスト決定約束に拘束されない。」などといい、ストライキによる大きな成果をつぶしたのである。
 疲弊してきた生コン関連産業に追い打ちを掛けるような策動を働き、一部の独占の利益代表として暗躍したのである。結果として、住友系列の大きな商社と生コン会社が200億円の負債により倒産し、その後も倒産が続発することになるのだ。住友大阪セメント潰し・・・・
 現広域協(木村貴弘)の功罪とは、建設独占に対して中小企業と労働者の共同戦線で闘ってきた我々の後側で常に謀略を考え、暗躍してきたことにある。時に独占資本の手先で、時に暴力的な執行部の手先として巧妙に動き自己利益と自己保身だけを考える狡猾な男だ。
 しかし、木村貴弘の野望は、2018年潰えるだろう、さんざん大阪広域協同組合と大阪兵庫生コン工業組合の要職という立場を利用し、今や「地神秀治」の子飼いとして、違法脱法行為を繰り返し体現しているのである。経済産業省の所管団体である協同組合に排外主義暴力集団を介在させ、組合襲撃を平然とやってのけ、自らは対岸の火事を見るように身をかわしてきたが、その実態は図らずも全容が露呈している。
 木村貴弘・地神秀治・矢倉完治・大山正芳は首謀犯であり、実行犯であることは紛れもない事実であるが、広域協組には、39名ものヤメ検弁護士を中心にした対策班がいるから何をしても大丈夫だと嘯き、傍若無人の限りを尽くしているのだ。
 連帯の労使関係企業には、「連帯の組合員を解雇しろ」「連帯の労使関係のある生コン輸送会社と取引するな」「連帯の労働者供給事業者に発注するな」「連帯労組との労使関係を断ち切らんと割付しないぞ!」という耳を疑うようなことが現実に実行されているのだ。

 我々の仲間を「ウジ虫」と言い放った地神秀治はイギリス皇室御用達という、名車の「ベントレー」に乗る。
 利益誘導で空前の利益を上げ栄耀栄華の生活を謳歌しているのだろう・・・・笑いが止まらんか?
 税金問題や黒い組織との癒着も赤裸々に告発文で指摘されているが・・・・独り占めはあかんやろ!
 というようなコメントも過去には寄せられていました。

次回は、和歌山県広域生コンクリート協同組合の丸山克也という暴力理事長の特集を組みます。
「渡辺昇」という差別排外主義者と仲良く組合員襲撃を行った「丸山克也」は経済産業省の所管団体である協同組合の理事長であることの自覚すら無い有様である。過去には、工業組合の理事長も兼任していたのであるが、和歌山県警との黒い癒着も指摘されているようで、本当に世も末だ!


http://rentaiunion.sblo.jp/index-6.html
  2018年03月01日
 ⑫ 組合潰しの費用に10億円投入!さらに20億円、30億円・・・・・?

  2018年03月03日
 ⑬ 地神秀治大阪広域副理事長の実態

  2018年03月05日
 ⑭ 大阪広域生コンクリート協同組合の四人組
大阪広域生コンクリート協同組合の実態「醜い利権を守るため四人組は何をしようとしているのか?」

http://rentaiunion.sblo.jp/index-5.html
  2018年03月06日
 ⑮ 大阪広域生コンクリート協同組合が支配介入する「2018年春闘交渉」・弁護士が指導する不当労働行為?
 3月5日近畿生コン関連協議会と関西建設オーナー会との第一回集団交渉(主旨説明)が行われた。
 現在でも、大阪広域生コン協同組合「木村貴洋」は、連帯との労使関係社に対して、団体交渉を拒否するように発信しており、明確な不当労働行為を行っている。
 明日の関西生コン関連労働組合連合会の第一回集団交渉に参加するな!ミキサーパレードにもミキサー車を貸与するな!協力したら除名処分や!そんな風に広域協組の四人組から恫喝されている・・・・・・・・・・?

 2018年03月07日
 ⑯ 反組合的言動や行動は全て不当労働行為である!「無法地帯」と化した広域協組
労組潰しの策動は明白な憲法違反である。

  2018年03月27日
 ⑰ 俺様の俺様による俺様だけの協同組合とは・・・加害者であった丸山克也が被害者面して協同組合を私物化する。
差別排外主義者と結託し、和歌山の生コン業界を自分のために牛耳ろうとしている悪党!

差別排外主義者を傭兵に雇った「丸山克也 和歌山広域生コン協同組合理事長」の黒い野望!

 今、日本の生コン事業協同組合のコンプライアンス問題が問われているが、その元凶は、異常震域とされる関西にある大阪広域生コン協組と和歌山広域生コン協同組合にあることは周知の事実である。
 無法地域となった二つの地域が揺れに揺れているのであるが、揺さぶり続けているのは、木村貴洋と丸山克也である。
 これまでに、大阪広域協組(木村貴洋)と和歌山広域協組(丸山克也)の黒い野望については、本ブログを通じて詳細に報告してきたが、大阪広域協組と和歌山広域協組の利害が一致するのは、莫大な利益の誘導と実行確保にある。その為、業界民主化と不正運営を見抜く監視役としての我々の政策運動・業界民主化運動が邪魔であり、組合嫌悪を業界内にすり込み、無手勝流で組合排除を行っている。目的を達成するために!
 彼等は、違法脱法行為と承知しながら労使関係企業に人を送り込んで、強引な支配介入を繰り返して「組合員を解雇しろ!労使関係企業と取引するな!」と企業に対して強要する。
 その手法はヤクザであり、金で雇った人間に嫌がらせの数々を繰り返させるが、全貌は見えてきたようである!
 思い当たる御仁が広域執行部内にいるはずだが、どのように思われているのだろうか?日本の警察を甘く見てはいけないでしょうな?警察に嫌われている我々が言うのだから説得力ありますよ!あ・な・た ですよ!あ・な・た !
 大阪広域協組と和歌山広域協組は、一般社団法人西日本連合会を設立して「連帯労働組合潰しに10億円の予算を計上した。」業界紙発表では同連合会理事に木村貴洋・丸山克也・菅生行男氏・他一名の計4名で構成し、4月2日付で正式発表するらしい。
 いずれにしろ、1月22日の組合襲撃事件を見ても明らかなように、法令遵守という意識の欠片も無い連中で構成された、独裁と・恐怖政治を裏で支える巨大利権組織である。
 「連帯が裁判しても関係無いがな!さしとったらええんや!金はなんぼでもあるがな!引っ張るだけ引っ張って潰したったらええんや!」今や無法地帯となってしまった和歌山広域協組(丸山克也)と大阪広域協組(木村貴洋)は結託して悪事の数々を働く、嘘と欺瞞に満ちた犯罪者達である。
 このような運営に疑問を持っている人たちもいるが、反対すると不利益を与えられることの矛盾に、すでに抗う気力さえ奪われているという本音の話も組合入ってきている。
 今後、紹介していきたいと思う。
 丸山克也は、現在も瀬戸弘幸一派で、有田芳生参議院議員の暗殺を予告した罪で起訴された渡辺昇や有門大輔という差別排外主義者達と共に行動し、和歌山の生コン業界に睨みをきかし、西日本連合会の加入を強要しています。また、丸山克也自身が宣伝カーを作成するなどし、和歌山でのネトウヨとして自らの従業員を投入し、活動を活発化させているが、こんな男が協同組合や工業組合の理事長であること自体、業界の見識が疑われるものであり、火急に排除しなければならない。
 私たちは、西日本連合会を独占し「俺様流」で運営を支配する者達に対して中小企業と労働者の共同戦線で闘います!

 緊急速報

 過日、和歌山広域協組の職員で湯浅生コンクリートで働いておられた従業員の方が自らの命を絶ったという情報が入ってきました。丸山克也の下で働いていたという事ですが、何か込み入った事情でもあったのでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。

差別排外主義者で有田芳生参議院議員に暗殺予告した渡辺昇が司会の差別排外主義の専門番組「はとらずチャンネル」の映像に、恥も外聞もなく、まるで英雄気取りで出演する丸山克也は物笑いの種である。
和歌山の多くの経営者に対して差別排外主義者の外形的圧力を掛けてまで欲しがった和歌山生コン工業組合の椅子にしがみつく丸山克也の姿は、まるで欲しかった玩具を与えて貰った子供ように喜んでいます!
 和歌山の業界を良くすると抱負を語っていますが、元々ダンピング販売で拡販し、第二協組まで作って業界を混乱させた当事者が、どの口が言っているのかという批判の声も気にせず、差別排外主義者に祝福されて喜んでいます。見ていて恥ずかしくなりますが、ご本人は至ってご満悦のようです。
 誰も差別排外主義者と化した丸山克也を祝福していませんし、ただ、警察行政や司直の厳正な判断を待っているだけですから。面倒くさいだけですから!同業他社の皆さんは!あんたが!


この間、心無い書き込みや害悪の告知と評価される書き込みによって、コメント欄が非常に混乱しており、刑法上問題があるものについては、司直の判断に任せることとし、しばらくの間、コメント書き込み欄を閉鎖致します。ご利用者の皆様のご理解を賜りますようお願いいたします。


http://rentaiunion.sblo.jp/index-4.html
  2018年03月13日
 ⑱ 大阪広域協組の四人組とは・・・法律無視で手段を選ばず、自己利益の追求に奔走する主犯格四名とは・・・

 大阪広域の四人組は、ヤクザのような振る舞いこそしているが、列記とした経済産業省の所管団体である事業協同組合執行部の幹部達である。今や、私たちが民主化を求める生コンクリート協同組合の木村貴洋理事長・地神秀治副理事長・矢倉完治副理事長・大山正芳副理事長は特権階級意識の暴力的独裁者である。
 映像を見た人たちの感想は、一応に「嘘でしょう!・こんな人たちが協同組合の理事長や副理事長なんですか?」と驚いているが、これが大阪広域生コン協同組合の幹部達の実態である。
 私たちの敵は協同組合ではない!協同組合に巣食う四人組である!協同組合を私物化する独裁者である!
 協同組合の運営に関しても、中小企業等協同組合精神など守る事も無く、意に沿わない企業や民主化を求める我々労働組合には、独裁的決定や恫喝を繰り返してきたのである。

 四人組の共通項は、生コン工場シェア-権利の独占、販売店、骨材、生コン輸送、バラセメント輸送等の利権を貪る事にあります。その為には法律無視で手段を選ばず、自己利益の追及に奔走する主犯格であるということだ。

 全ては、年明けの1月8日ヨドバシカメラ前から始まったのである。四人組は差別排外主義者達と接点を作り組合潰しの傭兵に雇ったのである。
 その為に、10億円もの予算を協同組合として組んだ事を、木村貴洋は生コン業界の新年互礼会で臆面も無く満面の笑みで報告していた。
 同年1月22日、在日朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)中央本部への拳銃発砲事件を起こして逮捕された桂田智司や川村能教等と共に活動してきた瀬戸弘幸や渡辺昇、有門大輔等を傭兵に雇い、我々労働組合を襲撃し、組合員に暴行をはたらき、大けがを負わせたのである。
 四人組は自己利益を確保するために手段を選ばず、労働組合に対しても暴力で解決しようと虎視眈々と狙っているのですが、地神を通じて闇の社会に資金が流れているという告発文も出ており、もはや、まともな事業協同組合としての運営をしているとは到底思えません。

  2018年03月14日
 ⑲ 一刻も早い放逐が必要なのに、
なぜか、瀬戸弘幸を中心にした差別排外主義者たちに及び腰の大阪広域(木村貴洋)

  2018年03月15日
 ⑳ 団結権の侵害に対しても無反応な堕落した三労組の幹部達!「権利放棄」することは丸裸になること!

木村貴洋と地神秀治の操り人形に成り下がった三労組と権力弾圧を仕掛けようと暗躍する暴力排外主義者達

http://rentaiunion.sblo.jp/index-3.html
  2018年03月20日
 21 大阪広域は何を行い、何を隠そうとしているのか?
業界の良心は生きている。

  2018年03月22日
 22 関西生コン関連業界65年目の歴史で始めて見えてきたもの・・・
広域協組 組合員からの投稿映像

  2018年03月27日
 23 俺様の俺様による俺様だけの協同組合とは・・・加害者であった丸山克也が被害者面して協同組合を私物化する。
差別排外主義者と結託し、和歌山の生コン業界を自分のために牛耳ろうとしている悪党!


http://rentaiunion.sblo.jp/index-2.html
  2018年03月30日
 24 タコ部屋の中から立ち上がった労働組合の精神を継承しているか ?
大阪広域の新たな犯罪行為が、またもや発覚した!

 大阪広域の副理事長である大山正芳(元暴力団員)が現在、連帯労働組合の組合員の名簿と住所を確認報告するように協組組合員社に呼びかけ、連絡先の確認をとるように発信し、新たに違法な嫌がらせを行っている!すでに問い合わせが有った関係者からの情報提供と録音もできており、重大な犯罪行為を侵したことをブログをもって報告しておきます。

 先達者の足跡を消そうとする生コン関連協議会三労組とは・・・・

 現在の労働条件と協同組合を継承できているのは、多くの先達者達の血と涙と汗にまみれた犠牲と努力である。生コン職場に法律無しと言われる時代が終わったのは、先達者達と今も前線で闘う仲間の心意気だ。
 中小企業の本質と向き合い、「中小企業の二面性」について徹底して分析して、「一面共闘」「一面闘争」という矛盾を乗り越えて対等な「協定締結」を具体化してきたのは我が組織である。
 決して、打算的な政策で無く、また、無原則な歩み寄りを許さず、厳しい要求も突き付けた中で、中小企業と労働者が共闘して協同組合運動に拍車がかかったのである。
 これら多くの成果と先達者の努力を大阪広域(木村貴洋等)四人組達は、踏みつけ、血と汗の努力で先達者達が勝ち取ってきたあらゆる権利を蔑ろにし、独り占めしようとしている。
 あろうことか、大阪広域は差別排外主義者を傭兵や子飼いとして悪用しながら、時に組合を襲撃し、時に火事場泥棒よろしく我が組織の職場に土足で踏み込み、我が物顔で権利や利益を侵奪しようとしている。
 驚いたことに共闘してきた三労組は、「近畿生コン関連協議会ニュース」で一連の権利侵害や犯罪行為を容認しているのである。この三労組は、決別宣言をしておきながら、あつかましくも我々に公開討論の呼びかけをしているようだが、我々がこのような、つまらない広域に飼われる薄汚れた労働組合擬きの幹部達と話し合うことは、今後一切ない。これまでのように仏心を出す事も無いだろう。公開討論をYouTubeにアップする等と書いているが、差別排外主義者の浅はかな知恵だろうと思うが、その連中と未来永劫に共闘させて貰えばいいだろう。嘘ばかりつく労働組合には、お似合いの共闘関係だろう。
 すでに労働組合の体は成しておらず、差別排外主義者とヤクザ・チンピラに迎合し、どこまでも落ちぶれればいい。魂まで売った三労組の幹部のみなさん。組合員に責任を果たしてあげて下さい。我々は、こんなヤクザ・チンピラが支配する協同組合を認めていないし、信念に基づいて、たとえテントになっても闘い続けますから。さようなら!


  2018年04月18日
 25 あまりにも酷すぎる、ポチ三労組の実態・・・

緊急速報
大阪広域(木村貴洋)が結託している差別排外集団の犯罪については、有田芳生議員に対する暗殺予告で渡辺臥龍が書類送検、朝鮮総連本部発砲事件で緊急逮捕された桂田智司、京都市で朝鮮学校の名誉毀損で在特会の西村斉が在宅起訴になった。
 普通に考えてみれば、こんな連中と一緒に組合襲撃をする木村貴洋・地神秀次・大山正芳・矢倉完治・丸山克也もどうかしているが、この連中の犯罪を擁護し、容認している建交労や生コン産労は労働組合としては末期症状だろう。一日も早く組合旗を降ろしてもらいたいものだ。安倍主導の官制春闘のような、おかしな春闘で大阪広域生コン協同組合に卑屈な迎合をし、広域執行部の四人組に限りなくすり寄る幹部達の姿勢は、堕落した幹部だ。連帯の闘う姿を違法行為のように発信しているが、闘ったことの経験も歴史もない、ストライキなんて共闘していたときから怖がっていたのである。組合員が不利益を被っても、幹部達が体を張って、敵と闘うことは無い! なぜ? 権力と資本が怖いからである。恥を恥と思わない労働組合の宿命は見えている!

  2018年05月07日
 26 大阪広域生コンクリート協同組合の木村・地神・矢倉・大山の狙いは薄汚れた黒い利権!
大阪広域の四人組の仲間達の実態はこれだ!

大阪広域生コンクリート協同組合を最大限に利用し、自らの汚れた利権に溺れている四人組は利権体制を確立しようとしている。そのため、業界の民主化を愚直に求める連帯労働組合関西地区生コン支部が邪魔でならなかった。そのため労働組合への支配力を強化する目的で数多の暴挙を繰り返している。自分たちだけが都合のいい生コン業界に仕立て上げるために、暴力団まがいの人間を使い、差別排外主義者達と共に襲撃を繰り返し、ポチに成り下がった「労働組合擬き」までもオルグ広報宣伝部隊として、私兵のように使っている。


http://rentaiunion.sblo.jp/
連帯ブログ
連帯ユニオンのブログです
  2018年05月18日
 27 ネオナチ・レイシスト集団と大阪広域生コン協組「木村貴洋理事長」の利益を体現するポチ三労組! !
 大阪広域生コン協同組合「木村貴洋・地神秀治・大山正芳・矢倉完治」は、ネオナチ・レイシスト集団と結託し、我々連帯労働組合と組合員を攻撃する!
 我々が木村貴洋等四人組との闘いを絶対に負けるわけにはいかない理由がここにある! これだけではない! この連中と共に我々を攻撃する建交労・生コン産労・UAゼンセンという労働組合の実態も暴いていく!

  2018年06月22日
 28 法律違反が常套手段の大阪広域生コンクリート協同組合「木村貴洋と危ない仲間達」悪事の数々1 大阪地検や大阪府警は捜査しているらしいが・・・・・今一歩踏み込めない事情は何処にあるんですか? やっぱり・・・・渡邉昇が言うような込み入った闇の事情があるのかな?

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本年1月22日には、協同組合「木村貴洋・地神秀治・矢倉完治・大山正芳」等が前代未聞の事件を起こしたのは周知の事実だ。協同組合に対して民主運営を求める我々に対し、あろうことか「拳銃発砲事件」を起こすような差別拝外主義者集団を組合に対する襲撃部隊に雇い入れ、組合理事長である木村貴洋を首謀者として、本年1月22日に組合襲撃を決行し、暴行傷害事件まで起こしたあげくに組合は刑事告訴した。

ティーワイケイ高槻生コンが勝訴。大阪広域協組4人組の悪事が暴露された

   http://rentaiunion.sblo.jp/article/183609762.html

 本年6月22日、大阪兵庫生コン経営者会は、同月21日に大阪地方裁判所でティーワイケイ高槻生コンが大阪広域生コンクリート協同組合(大阪広域協組)を相手取り起こした仮処分申請の裁判の決定が下され、同社の主張が全面的に認められ大阪広域協組が敗訴したと同会の会報『共創6月21日号』で報じた。
 この裁判は、大阪広域協組の大山正芳副理事長が、部下の参事にティーワイケイ高槻生コンには大口物件の出荷を割り付けないよう違法な指示をしたことが発端で、同社の出荷割り付けが不当に減らされていったことに対し、同社が本年2月9日、大阪地方裁判所へ仮処分申請を提起したものだ。
 今回の決定では、裁判所が本年4月3日の大阪広域協組の臨時総会で決議されたティーワイケイ高槻生コンの除名決議については中小企業等協同組合法に違反するもので無効と断罪したうえで、同社の協同組合員の地位を認めました。ティーワイケイ高槻生コンへの不当な出荷割り付けの差別(減少)については、大阪広域協組の主張を失当と退け、生コンクリートの出荷の割当てや割り付けを停止したり減少させてならない、という同社の訴えを全面的に認めた。
 今回の仮処分申請の裁判で、ティーワイケイ高槻生コンが全面勝利したことで大阪広域協組の地神秀治副理事長、大山正芳副理事長、矢倉完治副理事長、木村貴洋理事長、いわゆる大阪広域協組4人組の振る舞いが不法であったことが社会的に明らかとなった。
 生コン業界では、大阪広域協組内で不当な差別を受けている組合員企業が次々と同協組を相手取り訴訟提起を行うという様そうになっている。


2018年07月19日
  渡邉臥龍の逮捕で大阪広域生コン協同組合「木村貴洋」・西日本建設関連オーナー会「菅生行男」に家宅捜査?

さる7月10日、和歌山県警は、器物破損容疑で渡邉臥龍こと渡邉昇を逮捕した。立憲民主党の有田芳生参議院議員に暗殺予告した渡邉臥龍が司会の差別排外主義者の専門番組「はとらずチャンネル」の映像に、恥も外聞もなく、まるで英雄気取りで出演していた丸山克也は、本当に物笑いの種になってしまったようだ。
 和歌山の多くの経営者に対し、執拗な圧力を掛けてまで欲しがった工業組合の椅子にしがみつく丸山克也の姿は、まるで、欲しかった玩具を与えて貰った子供ようにはしゃいでいた丸山克也!
 和歌山の業界を良くすると抱負を語っていたが、その実は、自分の田んぼに水を引くことしか考えていなかった。ダンピング販売で拡販し、第二協組まで作って業界を混乱させた当事者が、どの口が言っているのかという批判の声もあったが、差別排外主義者に祝福されて喜んでいた丸山克也!見ていて恥ずかしくなった映像だが、ご本人は至ってご満悦のようだったのに、このところ小さくなって何処に行ってしまったのか、消息がわからない丸山克也!

「だれも和歌山県生コン工業組合理事長になった丸山克也を祝福するもんなんかいませんよ!この業界の人は、丸山をヤクザと思っていたし、過去に大きな事件を起こして逮捕されている人間ですからね。面倒くさいし、逆らえない雰囲気を作っていたからね」地元消息筋

渡邉臥龍のような雑魚の逮捕くらいで業界が変わるとは思っているわけでは無いが、我々の想像以上に闇は深いようだ!大阪広域生コン協同組合や西日本建設関連オーナー会にまで、家宅捜査が入っているらしい。
理事会では、オーナー会だけに家宅捜査が入っただけと報告し、嘘をついていたようだが、実際には大阪広域生コン協同組合にまで家宅捜査が入っていたようだ。

会計監査請求権は組合員に当然の権利として実行されているでしょうネ!背任容疑はおまへんやろな?

 大阪広域生コン協同組合「木村貴洋」の事業外目的活動と一般社団法人西日本建設関連オーナー会「菅生行男」の事業活動と費用分担の区分けはどうなっているのか? 実に興味深い!協同組合加盟の組合員の多くは、非常に興味を持っているが声に出せなかった!また、意義や異論を唱えると「じゃかましいわい!文句あるんかい!」等とチンピラヤクザのような理事が制圧するらしい!

 四人組の為の四人組による四人組の為の協同組合に実態とは・・・・

 毎月の出荷実績を見ても、誰が見ても不公平な運営が継続しているが、あからさまな不公平や不平等運営が、広域協組内に大きな内部矛盾を生み出しており、このことについての意見や意義の声も上がっているらしいが、まともにとりあってもらえない、若しくは、暴力的に排除されてきたようだ。
 ここにきて、生コンの販売奨励金の疑惑も噴出しているようだ・・・・
 一部の人間(四人組)だけで、決定していく広域の全ての方針に誰も逆らえない・・・・
 本来事業協同組合は、相互扶助の民主的運営が求められているが、既に協同組合としての機能が破綻しているということだ。
 また、業界民主化を求める労働組合潰しのためのネオナチレイシストと結託した攻撃にかかる費用は、事業外目的使用であり、法的にも大きな問題がある。

 組合襲撃の傭兵として雇っている資金は、どのように捻出しているのだろうか。
 事業協同組合法・公正取引法違反・不当労働行為教唆や名誉信用毀損・強要・恐喝と法律違反の総合商社と化した大阪広域生コン協同組合の実態が徐々に明らかになるだろう。
 ヤクザチンピラの類いを中心にした大阪広域がまともで無いことは明らかであるが、それを容認しているような警察や検察にも世間の厳しい注目が集まっているようだ。
 大阪府に1000万円の寄付を行い、堅気であることをアピールしているようだが、「渡邉臥龍」逮捕で家宅捜査に入られるようでは、世間の目はごまかせないだろうな!木村貴洋理事長!気分は「ケセラセラ」か?


次回から、業界に巣食うダニ退治シリーズをお送りします

「ひと~つ人世の生き血を啜り、ふた~つ不埒な悪行三昧、み~つ醜い業界のダニを、退治してくれよう関生支部!」

http://rentaiunion.sblo.jp/
 

レンタル掲示板
/152