teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


 初版付録の等価形態ー-物神性 その④

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 6月 9日(土)13時30分37秒
返信・引用 編集済
   <表示がおかしい時は、表題をクリックし、ページ最後尾の右端 ページ移動 をクリック願います。 >

Economic Manuscripts: The Value-Form by Karl Marx

https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867.../appendix.htm


 ぐーぐるほんやく
       https://translate.google.co.jp/?hl=ja


  §3. The equivalent form 同等の形式
  (a) The form of immediate exchangeability.
  (a)即時交換可能な形式。

As values all commodities are expressions of the same unit, of human labour, which count equally and are replaceable or substitutable for one another. Hence a commodity is only exchangeable with another commodity insofar as it possesses a form in which it appears as value. A body of the commodity is immediately exchangeable with another commodity insofar as its immediate form i.e. its own bodily or natural form, represents (vorstellt) value with regard to another commodity or counts as value-form (Wertgestalt). This property is possessed by the coat in the value-relation of the linen to the coat. The value of the linen would otherwise not be expressible in the thing which is the coat. Therefore that a commodity has equivalent form at all, means just this. Through its place in the value-expression its own natural form counts as the value-form for another commodity or it possesses the form of immediate exchangeability with another commodity. Therefore it does not need to take on (annehmen) a form different from its immediate natural form in order to appear as value for another commodity, to count as value and to act on it as value (auf sie als Wert zu wirken).

価値として、すべてのコモディティは、均等に数えられ、お互いに置き換えられるか、または置き換えられる、同じ単位の、人間の労働の表現です。したがって、商品は、価値として現れる形態を保有している限り、他の商品との交換が可能です。

商品の身体は、即時型、すなわち身体または自然の形態であれば、直ちに他の商品と交換することができ、他の商品に関しては価値があり、価値形態であれば(Wertgestalt)この特性はコートとリネンとの価値関係において所有されている。

さもなければ、リネンの価値はコートであるものでは表現できません。したがって、商品は全く同等の形をしており、まさにこれを意味します。

価値表現におけるその場所を通して、それ自身の自然形態は、別の商品の価値形態としてカウントされるか、または別の商品との即時交換可能性の形態を有する。したがって、他の商品の価値として現れ、価値として数え、価値として行動するためには、直ちに自然な形とは異なる形をとる必要はありません(安心できる)。


(c) The peculiarities (Eigentümlichkeiten) of the equivalent form
  同等の形式の<特殊性>特質

First peculiarity of the equivalent form: use-value becomes the form of appearance of its opposite, of value.
a)同等の形の第一の特異性:use-valueは、値の反対の出現の形になります。

The natural form of the commodity becomes the value-form. But, nota bene, this quid pro quo occurs for a commodity B (coat or wheat or iron, etc.) only within the value-relation to it, into which any other commodity A (linen, etc) enters, and only within this relation. In itself, considered in isolation, the coat, e.g., is only a useful thing, a use-value, just like the linen, and hence its coat-form is only the form of use-value (ist nur Form von Gebrauchswert) or natural form of a definite type of commodity. But since no commodity can relate to itself as equivalent and therefore also cannot make its own natural hide an expression of its own value, it must relate itself to another commodity as equivalent or make the natural hide of the body of another commodity its own value-form.
商品の自然な形が価値形態になります。 しかし、この商品は、他の商品A(リネンなど)が入っている商品との価値関係の中でのみ、商品B(コートまたは小麦または鉄など)に対してのみ発生します。

関係があります。
それ自体では、孤立していると見なされますが、コートは、リネンと同じように、有用なもの、つまり使用価値に過ぎません。そのため、そのコートフォームは使用価値の形式にすぎません(Form von Gebrauchswert) 明確なタイプで商品の自然的形態なのです。 しかし、商品はそれ自体に相当するものではなく、それゆえ自らの自然の秘密を独自の価値形態で隠すことはできないので、他の商品と同等のものとしてそれを関連付けることで、別の商品の身体の自然の隠れ場所を、独自の価値形態にしなければならない。

This may be illustrated by the example of a measure, which is predicable of the bodies of commodities as bodies (den Warenkörpern als Warenkörpern zukommt) i.e. as use-values. A sugar-loaf, qua body (weil Körper), is heavy and hence has weight, but one cannot tell the weight of a sugar-loaf by looking or feeling (man kann keinen Zuckerhut seine Schwere ansehn oder anfühlen). Now we take different pieces of iron whose weight has been previously determined. The bodily form of the iron considered in itself is just as little the form of appearance of weight as that of the sugar-loaf. However in order to express the sugar-loaf as heaviness or weight, we put it into a weight-relation with iron. In this relation the iron counts as a body, which represents nothing but heaviness or weight. Hence quantities of iron serve as the measure of the weight of sugar and represent, with regard to the body of sugar, merely the form of heaviness (blosse Schweregestalt), form of appearance of heaviness. Iron plays this role only within the relation in which the sugar, or some other body whose weight is to be found, enters. Were both things not heavy they could not enter into this relation and hence the one could not serve as the expression of the weight of the other. If we throw both on the scale pan, we see in fact that they are, as weight, the same and hence in a definite proportion also of the same weight. Just as here the body of the iron represents, with regard to the sugar-loaf, simply heaviness, so in our expression of value the body of the coat represents, with regard to the linen, simply value.

b) Second peculiarity of the equivalent form: concrete labour becomes the form of appearance of its opposite, abstract human labour

The coat counts in the expression of the value of the linen as the value-body, hence its bodily or natural form as value-form, i.e. therefore as embodiment of undifferentiated human labour, human labour as such (schlechthin). But the labour by which the useful thing which is the coat is made and by which it acquires a definite form, is not abstract human labour, human labour as such, but a definite useful, concrete type of labour ? the labour of tailoring. The simple relative value-form requires (erheischt) that the value of a commodity, linen, for example, is expressed only in one single other type of commodity. Which the other type of commodity is, is however, for the simple value-form, completely irrelevant. Instead of the commodity-type ‘coat’ the value of the linen could have been expressed in wheat, or instead of wheat, in iron, etc. But whether in coat, wheat or iron, in every case the equivalent of linen counts as the body of value with regard to the linen, hence as embodiment of human labour as such. And in every case the definite bodily form of the equivalent, whether coat or wheat or iron, remains embodiment not of abstract human labour, but of a definite concrete useful type of labour, be it the labour of tailoring or of farming or of mining. The definite concrete useful labour, which produces the body of the commodity which is the equivalent must therefore, in the expression of value, always necessarily count as a definite form of realisation or form of appearance, i.e. of abstract human labour. The coat, for example, can only count as the body of value, hence as embodiment of human labour as such, in so far as the labour of tailoring counts as a definite form, in which human labour-power is expended or in which abstract human labour is realised.

Within the value-relation and the value expression included in it, the abstractly general counts not as a property of the concrete, sensibly real; but on the contrary the sensibly-concrete counts as the mere form of appearance or definite form of realisation of the abstractly general. The labour of tailoring, which, for example, hides in the equivalent ‘coat’, does not possess, within the value-expression of the linen, the general property of also being human labour. On the contrary. Being human labour counts as its essence (Wesen), being the labour of tailoring counts only as the form of appearance (Erscheinungsform) or definite form of realisation of this its essence. This quid pro quo is unavoidable because the labour represented in the product of labour only goes to create value insofar as it is undifferentiated human labour, so that the labour objectified in the value of the product is in no way distinguished from the labour objectified in the value of a different product.

This inversion (Verkehrung) by which the sensibly-concrete counts only as the form of appearance of the abstractly general and not, on the contrary, the abstractly general as property of the concrete, characterises the expression of value. At the same time, it makes understanding it difficult. If I say: Roman Law and German Law are both laws, that is obvious. But if I say: Law (Das Recht), this abstraction (Abstraktum) realises itself in Roman Law and in German Law, in these concrete laws, the interconnection becoming mystical.

g) Third peculiarity of the equivalent form: private labour becomes the form of its opposite, labour in immediately social form

Products of labour would not become commodities, were they not products of separate private labours carried on independently of one another. The social interconnection of these private labours exists materially, insofar as they are members of a naturally evolved social division of labour and hence, through their products, satisfy wants of different kinds, in the totality (Gesamtheit) of which the similarly naturally evolved system of social wants (naturwüchsiges System der gesellschaftlichen Bedürfnisse) consists. This material social interconnection of private labours carried on independently of one another is however only mediated and hence is realised only through the exchange of their products. The product of private labour hence only has social form insofar as it has value-form and hence the form of exchangeability with other products of labour. It has immediately social form insofar as its own bodily or natural form is at the same time the form of its exchangeability with other commodities or counts as value-form for another commodity (anderer Ware). However, as we have seen, this only takes place for a product of labour when, through the value relation of other commodities to it, it is in equivalent-form or, with respect to other commodities, plays the role of equivalent.

The equivalent has immediately social form insofar as it has the form of immediate exchangeability with another commodity, and it has this form of immediate exchangeability insofar as it counts for another commodity as the body of value, hence as equal (als Gleiches). Therefore the definite useful labour contained in it also counts as labour in immediately social form, i.e. as labour which possesses the form of equality with the labour contained in another commodity. A definite, concrete labour like the labour of tailoring can only possess the form of equality with the labour of a different type contained in a commodity of a different kind, for example the linen, insofar as its definite form counts as the expression of something which really constitutes the equality of labours of different sorts or what is equal in those labours. But they are only equal insofar as they are human labour as such, abstract human labour, i.e. expenditure of human labour-power. Thus, as has already been shown, because the definite concrete labour contained in the equivalent counts as the definite form of realisation or form of appearance of abstract human labour, it possesses the form of equality with other labour, and hence, although it is private labour, like all other labour which produces commodities, it is nevertheless labour in immediately social form. Precisely because of this it is represented in a product that is immediately exchangeable with the other commodities.

The last two peculiarities of the equivalent-form set out in §§ b and g become still more comprehensible when we recur to the great theorist (Forscher) who for the first time analysed the value-form, like so many forms of thought, forms of society and forms of nature, and for the most part more happily than his modern successors, I mean Aristotle.

Aristotle clearly formulates first of all the fact that the money-form of the commodity is only the further developed shape (Gestalt) of the simple value-form, i.e. of the expression of value of a commodity in any other commodity, for he says:

‘5 beds = 1 house’ (clinai pente anti oiciaς)
‘does not differ’ from
‘5 beds = such and such an amount of money’ (clinai pente anti ... oson ai pente clinai)

He sees further that the value-relation, in which this expression of value hides, determines, for its part, the fact that the house is qualitatively equated with the bed and that these sensibly different things would not be able to be related to one another as commensurable magnitudes without such essential equality ‘Exchange’, he says, ‘cannot take place without equality, and equality cannot occur without commensurability.’ (out isothς mh oushς summetriaς).

But at this he pulls up short and ceases the further analysis of the value-form, ‘But it is in truth impossible (th men oun alhqeia adunaton) that things of such different sorts should be commensurable’, i.e. qualitatively equal. This equalisation can only be something which is alien to the true nature of things, and therefore only a ‘makeshift for practical purposes’. [c]

Aristotle thus tells us himself just where his further analysis suffers shipwreck, namely, on the lack of the concept of value. What is that which is equal, i.e. the common substance, which the house represents for the bed in the expression of the value of the bed? Such a thing ‘cannot in truth exist’, says Aristotle. Why? With respect to the bed the house represents something which is equal (stellt ein Gleiches vor) insofar as it represents what in both, the bed and the house, is really equal. And that is ? human labour.

But the fact that in the form of commodity-values all labours are expressed as equal human labour and hence as counting equally (als gleichgeseltend) could not be read out of the value-form of commodities by Aristotle, because Greek society rested on slave labour and hence had the inequality of people and their labours as a natural basis. The secret of the expression of value, the equality of all labours and the fact that all labours count equally because and insofar as they are human labour as such can only be deciphered when the concept of human equality already possesses the fixity of a popular prejudice. But that is only possible in a society in which the commodity-form is the general form of the product of labour and thus also the relation of people to one another as possessors of commodities is the ruling social relation. The genius of Aristotle shines precisely in the fact that he discovers in the expression of value of commodities a relation of equality. Only the historical limit of the society in which he lived prevents him from finding out what, ‘in truth’, this relation of equality consists in.


d) Fourth peculiarity of the equivalent form: the fetishism of the commodity-form is more striking in the equivalent form than in the relative value-form

The fact that the products of labour ? such useful things as coat, linen, wheat, iron, etc. ? are values, definite magnitudes of value and in general commodities, are properties which naturally pertain to them only in our practical interrelations (in unsrem Verkehr) and not by nature like, for example, the property of being heavy or being warming or nourishing. But within our practical interrelations, these things relate to one another as commodities. They are values, they are measurable as magnitudes of value, and their common property of being values puts them into a value-relation to one another. Now the fact that, for example, ‘20 yards of linen = 1 coat’ or ‘20 yards of linen are worth 1 coat’ only expresses the fact that:

1. the different types of labour necessary for the production of these things count equally (gleichgelten) as human labour;
2. the fact that the quantity of labour expended in their production is measured according to definite social laws;
3. that tailors and weavers enter into a definite social relation of production.

It is a definite social relation of the producers in which they equate (gleichsetzen) their different types of labour as human labour. It is not less a definite social relation of producers, in which they measure the magnitude of their labours by the duration of expenditure of human labour-power. But within our practical interrelations these social characters of their own labours appear to them as social properties pertaining to them by nature, as objective determinations (gegenständliche Bestimmungen) of the products of labour themselves, the equality of human labours as a value-property of the products of labour, the measure of the labour by the socially necessary labour-time as the magnitude of value of the products of labour, and finally the social relations of the producers through their labours appear as a value-relation or social relation of these things, the products of labour. Precisely because of this the products of labour appear to them as commodities, sensible-supersensible (sinnlich übersinnliche) or social things. Thus the impression on the optic nerve brought about by the light (Lichteindruck auf den Sehnerv) from something is represented, not as a subjective stimulation of the optic nerve itself, but as the objective form of a thing outside the eye. But in the case of seeing, light from a thing, from the external object, is in fact thrown upon another thing, the eye. It is a physical relation between physical things. As opposed to that the commodity-form and the value-relation of products of labour have absolutely nothing to do with their physical nature and the relations between things which springs from this. It is only the definite social relation of people (der Menschen) itself which here takes on for them the phantasmagoric form of a relation of things. Hence in order to find an analogy for this we must take flight into the cloudy region of the religious world. Here the products of the human head appear as independent figures (Gestalten) endowed with a life of their own and standing in a relation to one another and to people. So it is in the world of commodities with the products of the human hand. This I call the fetishism which clings to the products of labour as soon as they are produced as commodities and which is therefore inseparable from commodity-production.

d)同等形態の第4の特異性:商品形態のフェチシズムは、相対的価値形態よりも同等の形態で顕著である

コート、リネン、小麦、鉄などの有益なものである労働の製品が価値であり、価値の絶対的な大きさであり、一般的な商品であるという事実は、当然のことながら、 Verkehr)のようなものであり、例えば、重く、暖かく、栄養を与えるという性質のようなものではない。しかし、私たちの実践的な相互関係の中で、これらは物として互いに関係しています。彼らは価値であり、価値の大きさとして測定可能であり、価値であるという共通の性質は、それらを互いに価値関係に置く。たとえば、「20ヤードのリネン= 1コート」または「20ヤードのリネンは1コートの価値がある」という事実は、

1.これらのものの生産に必要な異なるタイプの労働は、人間の労働として同等に(グライヒゲルテン)数えられる。
2.生産に費やされる労働の量が明確な社会的法則に従って測定されていること。
3.テイラーとウィーバーが生産の明確な社会関係に入ること。

今、このフェティッシュ・キャラクターは、相対的価値形態よりも同等形態でより顕著に現れます。

商品の相対的価値形態は、すなわち別の商品との関係によって媒介される。
この価値関係を通じて、商品の価値は、自分の賢明な存在とは全く別のものとして表現されます。それと同時に、価値(Wertsein)存在は、物そのものとは異質な関係であり、したがって、他の物との価値関係は、その背後に隠れている社会的関係の出現の形態
<現象形態ーーではない>にしかならないということに固有である。

これとは逆の形。それは、商品の身体的または自然の形態が、他の商品の価値形態として、社会的形態として即座にカウントされるという事実に正確に含まれる。
   <等価物上着の自然的形態が価値形態となることで、感覚的なものとして現象する
   ことでの社会的自然的性質へと転倒することで、価値関係の示す条件の外でも、
   価値形態を示さずとも、価値の存在形態として直接的に示すことができるーーかの
   次の幻影を生み出す。>

したがって、私たちの実践的な相互関係の中では、同等形態を持つことは、物事の社会的な自然的性質(生態学的性質)として現れるのであり、それゆえ、それは感覚のために存在します(したがって、sinnlich da ist 感覚的にそこにいるーーです)。

しかし、商品Aの価値表現の中では、同等形態は本質的に商品Bに関係するので、
 <今村訳ーー等価形態は生まれつき商品Bに属するのだからーーP343 この誤訳。
  商品Aが、同等形態として商品Bに関係する、ーーから、商品Bは、直接的交換可
  能性を示すことができるのです。>
 <江夏訳ーーところが商品Aの価値表現の内部では等価形態が商品Bに天然に備わっ
  ているのであるから、この外部でもまた、天然に備わっているようにみえる。P895>
 <杉本ーー先生あの~と注意・間違いの忠告をしたい!
  等価形態は、相対的価値形態が形成されることで、その反省規定としてあるのであ
  り、リンネルの価値形態が上着形態としてあることで、リンネルの価値表現ができ、
  やっと左極の形成ができ、そのことが大前提となり、次に、等価形態の形成が、上
  着が直接的に価値形態となることで、なされるのに、ーーその形態規定を見ず、無
  視し、使用価値の自然的形態のままに等価形態の形成がなされるかのーーこの謎にー
  ー賛成している、のです!
この関係の外にても、本質的に後者に属しているようにも見える。

したがって、例えば、他の自然の性質、その色、比重、空気中での非酸化性などを除いて、本質的に金の謎(dasRätselhafte)であり、他のすべての商品と即座に交換できる社会的な性質を提供します。


Now this fetish-character emerges more strikingly in the equivalent-form than in the relative value-form. The relative value-form of a commodity is mediated, namely by its relation to another commodity. Through this value-form the value of the commodity is expressed as something completely distinct from its own sensible existence. At the same time it is inherent in this that existence as value (Wertsein) is a relation which is alien to the thing itself and hence that its value-relation to another thing can only be the form of appearance of a social relation hidden behind it. Conversely with the equivalent-form. It consists precisely in the fact that the bodily or natural form of a commodity counts immediately as the social form, as the value-form for another commodity. Therefore, within our practical interrelations, to possess the equivalent-form appears as the social natural property (gesellschaftliche Natureigenschaft) of a thing, as a property pertaining to it by nature, so that hence it appears to be immediately exchangeable with other things just as it exists for the senses (so wie es sinnlich da ist). But because within the value-expression of commodity A the equivalent-form pertains by nature to the commodity B it seems also to belong to the latter by nature outside of this relation. Hence, for example, the riddle (das Rätselhafte) of gold, that seems to possess, by nature, apart from its other natural properties, its colour, its specific weight, its non-oxydisability in air, etc., also the equivalent-form, or the social quality of being immediately exchangeable with all other commodities.


§ 4. As soon as value appears independently it has the form of exchange-value
§4.価値が独立して出現するとすぐに、それは交換価値の形態をもつ

 
 

   初版 物神性論 ③

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 6月 5日(火)04時11分47秒
返信・引用 編集済
    初版 物神性論

 ①A commodity seems at first glance to be a self-evident, trivial thing.
The analysis of it yields the insight that it is a very vexatious thing, full of metaphysical subtlety and theological perversities. As mere use-value, it is a sensual thing in which there is nothing portentous, whether I happen to consider it from the viewpoint that its attributes satisfy human needs or that it obtains these attributes only as product of human labour. There is absolutely nothing of a riddle in the fact that man changes by his activity the forms of natural matter in a way which is useful to him. The form of wood, for example, is changed if one makes a table out of it. Nevertheless, the table remains wood, an ordinary, sensual thing. But as soon as it steps out as commodity, it metamorphoses itself into a sensually supersensual thing. It does not only stand with its feet on the ground, but it confronts all other commodities on its head, and develops out of its wooden head caprices which are much more wondrous than if it all of a sudden began to dance.
 ①商品は一目瞭然だと自明で些細なことだ。
それの分析は、それが非常に残酷なものであり、形而上学的微妙さと神学的嫌悪に満ちているという洞察をもたらします。単なる使用価値として、その属性が人間の必要を満足させるという視点から考えるか、人間の労働の産物としてのみこれらの属性を得るのかどうか、それは卓越したものは何もない官能的なものです。人間が彼の活動によって、自分にとって有益な方法で自然の物質の形を変えるという事実には、まったくの謎はありません。たとえば、木の形は、テーブルを作ると変更されます。それにもかかわらず、テーブルは木で、普通の、官能的なものです。しかし、商品として脱出するとすぐに、それは感覚的に超感情的なものに変身する。それは地面に足を立てるだけでなく、他のすべての商品と対峙し、突然踊り始めるよりははるかに驚異的な木製の頭蓋骨から発達します。

 ②The mystical character of the commodity thus does not arise in its use-value. It arises just as little out of the value-determinations, considered in themselves. For in the first place, however different the useful labours or productive activities may be, it is a physiological truth that they are functions of a specifically human organism as distinguished from other organisms, and that every such function, whatever its content and its form, is essentially expenditure of human brain, nerve, muscle, organ of perception, etc. In the second place, if we consider that which lies at the basis of the determination of the amount of value (the duration of time of that expenditure, or the quantity of labour), it is clear that the quantity is distinguishable from the quality of labour in a way which is even perceptible with the naked eye. In all conditions, it was the time of labour which the production of necessities costs that had to be of concern to man, although not to the same degree at different levels of development. Finally, as soon as men work for one another in any manner, their labour acquires in addition a social form.
 ②商品の神秘的な性格は、その使用価値には生じない。それは、それ自体で考慮された価値決定から少しだけ生じます。まず第一に、有用な労働や生産活動が異なっていても、それは他の生物とは区別されるような特異的な人体の機能であり、そのすべての機能や内容、本質的には人間の脳、神経、筋肉、知覚器などの支出である。第2に、価値の量の決定に基づいているもの(その支出の時間、または労働量)、その量は肉眼でも知覚可能な方法で労働の質と区別できることは明らかである。すべての条件において、異なるレベルの開発で同じレベルではないが、人間にとって懸念される必需品の生産にかかる労働時間であった。最後に、男性がどんなやり方でも互いのために働くとすぐに、彼らの労働は社会的形態を獲得する。

 ③Let us take Robinson Crusoe on his island. Modest as he naturally is, nevertheless he has various needs to satisfy and must therefore perform useful labours of various sorts, make tools, build furniture, tame llamas, fish, hunt etc. We do not refer at this time to praying and other such activities, since our Robinson derives enjoyment from them and regards such activity as recreation. Despite the variety of his productive functions, he knows that they are only various forms of activity of one and the same Robinson, and thus are only different modes of human labour. Necessity itself compels him to divide his time exactly between his various functions. Whether the one takes more space and the other takes less in the totality of his activity depends upon the greater or lesser difficulty which must be overcome for the attainment of the intended useful effect. Experience teaches him that much, and our Robinson who saved watch, diary, ink and pen from the shipwreck begins to keep a set of books about himself like a good Englishman. His inventory contains a list of the objects of use which he possesses, of the various operations which are required for their production, and finally of the labour-time which particular quanta of these various products cost him on the average. All relationships between Robinson and the things which form his self-made wealth are here so simple and transparent that even Mr. Wirth[6] can understand them without particular mental exertion. And nevertheless all essential determinations of value are contained therein.
 ③Robinson Crusoeを彼の島に連れて行きましょう。それでも、彼は自然のように控えめですが、彼は満足するためのさまざまなニーズを持っていますし、さまざまな種類の役に立つ労働をしなければならず、道具を作って家具を作り、ラマを飼い、魚や狩りなどをする必要があります。私たちのロビンソンは彼らからの喜びを引き出し、そのような活動をレクリエーションとみなしているからです。彼の生産的な機能の多様性にもかかわらず、彼は1つの同じロビンソンの様々な形の活動だけであることを知っているので、人間の労働の異なるモードです。必要性そのものは、彼の様々な機能の間で正確に時間を分割するよう強要する。彼の活動の全体において、より多くのスペースとより少ないスペースを必要とするかどうかは、意図された有用な効果の達成のために克服しなければならない、より大きなまたはより少ない困難に依存する。経験は彼に多くのことを教えてくれます。ロビンソンは時計、日記、インク、ペンを難破船から救ってくれました。彼の在庫には、彼が所有する使用目的のリスト、その生産に必要な様々な作業、そして最終的にこれらの様々な製品の特定の数量が彼に平均的にかかる労働時間のリストが含まれている。ロビンソンと彼自身の富を形作るものとの間のすべての関係は、シンプルで透明なので、ワート氏も特別な精神的な努力なしにそれらを理解することができます。それにもかかわらず、価値のすべての本質的な決定がそこに含まれています。

 ④If we now put an organization of free men in Robinson’s place, who work with common means of production and expend their many individual labour-powers consciously as one social labour-power, all the determinations of Robinson’s labour are repeated: but in a social rather than an individual way. Nevertheless, an essential difference emerges. All Robinson’s products were his exclusively personal pro- duct, and were thereby immediately objects of use for him. The total product of the organization is a social product. One part of this product serves again as means of production. It remains social. But another part is used up by the members of the organization as necessities. This part must be divided up among them. The manner of this division will change with the particular manner of the social production-organism itself and the comparable historical level of development of the producers. Only for the sake of the parallel with commodity-production do we presuppose that each producer’s share of necessities of life is determined by his labour-time. In such a case, the labour-time would play a dual role. Its socially planned distribution controls the correct proportion of the various labour-functions to the various needs. On the other hand, the labour-time serves at the same time as the measure of the individual share of the producer in the common labour, and thereby also in the part of the common product which can be used up by individuals. The social relationships of men to their labour and their products of labour remained transparently simple in this case, in production as well as in distribution.
 ④現在、Robinsonの所在地に自由男性組織を置くと、共通の生産手段で働き、多くの個々の労働力を意識的に1つの社会的労働力として費やすと、Robinsonの労働の決定はすべて繰り返されます。個人的な方法よりも。それにもかかわらず、本質的な違いが出てくる。すべてのロビンソンの製品は彼の独占的な個人的生産物であり、それによって彼のためにすぐに使用の対象となりました。組織全体の製品はソーシャルプロダクトです。この製品の一部は、再び生産の手段として役立ちます。それは社会的なままです。しかし、もう一つの部分は組織のメンバーによって必需品として使われています。この部分はそれらの間で分割されなければなりません。この部門の仕方は、社会生産 - 生物そのものの特定のやり方と、生産者の発展の比較可能な歴史的レベルによって変わるだろう。コモディティ・プロダクションと並行してのみ、私たちは、各生産者の生活必需品のシェアは、彼の労働時間によって決定されることを前提としています。このような場合、労働時間は二重の役割を果たすだろう。その社会的に計画された配分は、さまざまなニーズに応じた様々な労働機能の正しい割合を制御します。他方、労働時間は、一般労働における生産者の個々のシェアの尺度と同時に、それによって個人が使い切ることができる共通製品の部分でも機能する。このような場合には、労働者と労働者の社会的関係は、生産と流通の両面において、透明性を保って単純なままであった。

 ⑤Whence comes the puzzling character of the labour-product as soon as it assumes the form of commodity?
 ⑤それは商品の形をとるとすぐに労働生産物の困惑を引き起こすのだろうか?

 ⑥If men relate their products to one another as values insofar as these objects count as merely objectified husks of homogeneous human labour, there lies at the same time in that relationship the reverse, that their various labours only count as homogeneous human labour when under objectified husk. They relate their various labours to one another as human labour by relating their products to one another as values.
 ⑥人々が同等な人間の労働の客観的な外皮とみなす限り、人々は価値として互いの製品を関連付けるが、それと同時に客観的な殻の下では、その関係は逆になります 。 彼らは、彼らの製品を価値として互いに関連づけることによって、さまざまな労働を人間の労働として互いに関係づけています。

The personal relationship is concealed by the objectified form. So just what a value is does not stand written on its forehead. In order to relate their products to one another as commodities, men are compelled to equate their various labours to abstract human labour.
個人的な関係は、客観化された形式によって隠されている。 だから、価値が何であるかは額に書き込まれません。 彼らの製品を商品として互いに関連付けるために、男性は様々な労働を抽象的な人間の労働と見なすことを強いられます。

do not know it, but they do it, by reducing the material thing to the abstraction, value.
それを知らないが、物質的なものを抽象化し、価値に還元することによって、それを行う。

This is a primordial and hence unconsciously instinctive operation of their brain, which necessarily grows out of the particular manner of their material production and the relationships into which this production sets them.
これは原始的なものであり、無意識のうちに本能的な脳の動作であり、必然的に物質的生産の特定の様式と、この生産がそれらを構成する関係から生長する。

First their relationship exists in a practical mode. Second, however, their relationship exists as relationship for them. The way in which it exists for them or is reflected in their brain arises from the very nature of the relationship. Later, they attempt to get behind the mystery of their own social product by the aid of science, for the determination of a thing as value is their product, just as much as speech.
まず第一に、彼らの関係は実用的なモードで存在します。しかし、第二に、彼らの関係は彼らの関係として存在する。それが彼らのために存在するか、または脳に反映される方法は、関係の本質から生まれます。後で、彼らは科学の助けを借りて、自分の社会的製品の謎を後ろから取り除こうとします。

Now as far as concerns the amount of value, we note that the private labours which are plied independently of one another (but because they are members of the primordial division of labour are dependent upon one another) on all sides are constantly reduced to their socially proportional measure by the fact that in the accidental and perpetually shifting exchange relationships of their products the labour-time which is socially necessary for their production forcibly obtrudes itself as a regulating natural-law, just as the law of gravity does, for example, when the house falls down on one’s head.
今や価値の大きさに関わる限り、私たちは、互いに独立して(しかし、彼らが原始的な分業のメンバーであるために)プライベートな労働は、あらゆる面で常に社会的に縮小されている偶発的かつ絶え間なく変化している製品の交換関係において、その生産に社会的に必要な労働時間は、例えば、重力の法則がそうであるように、規制自然法則としてそれ以外のものが強制的に排除されるという事実は頭の上に落ちる。

The determination of the amount of value by the labour-time is consequently the mystery lurking under the apparent motions of the relative commodity-values. The producers’ own social movement possesses for them the form of a motion of objects under the control of which the producers lie instead of controlling the motion.
したがって、労働時間による価値の量の決定は、相対的な商品価値の見かけの動きの中で潜んでいる謎である。 生産者自身の社会運動は、生産者がその動きを制御するのではなく、その制御下にあるオブジェクトの動きの形態を所有している。

As far as concerns the value-form finally, we note that it is just exactly this form which objectively veils the social relationships of private workers and consequently the social determinations of private labours, instead of laying them bare.
最終的には価値形態に関わる限り、私たちは、私的労働の社会的関係とその結果として私的労働の社会的関係を客観的に覆い隠すのはちょうどこの価値形態に過ぎないことに気付く。
 ⑦したがって、労働時間による価値の量の決定は、相対的な商品価値の見かけの動きの中で潜んでいる謎である。生産者自身の社会運動は、生産者がその動きを制御するのではなく、その制御下にあるオブジェクトの動きの形態を所有している。

最終的には価値に関わる限り、私たちは、民間労働者の社会的関係とその結果として私的労働者の社会的決定を客観的に覆い隠すのはちょうどこの形に過ぎないことに気付く。私がコートと言うなら、ブーツなどは抽象的な人間の労働の普遍的な物質化としてリネンに関係しています。

物を置くような狂気は目に飛びます。しかし、コート、ブーツなどの生産者がこれらの商品をユニバーサル相当品としてリネンに関連付けると、彼らの私的労働の社会的関連性は、まさにこの狂気のような形態で現れます。

 ⑧Such forms as these constitute precisely the categories of bourgeois economy. They are the socially valid thus objective  forms of thought, for relationships of production of this particular historically determined social mode of production.
 ⑧これらの形態は、ブルジョア経済学のカテゴリーを正確に構成する。彼らは歴史的に決定されたこの社会的生産形態の生産関係のために、社会的に妥当な、したがって客観的な考え方である。

 ⑨The private producers only enter into social contact for the first time through their private products: objects.
The social relationships of their labours are and appear consequently not as immediately social relationships of persons in their labours, but as objectified relationships of persons, or social relationships of objects.
The first and most universal manifestation of the object as a social thing, however, is the metamorphosis of the product of labour into a commodity.
⑨私的生産者は、プライベート・プロダクトを通じて初めて社会的接触に入る。
彼らの労働の社会的関係は結果として、労働者の社会的関係として即座に現れるのではなく、客観化された人間関係または対象の社会的関係として現れているように見える。
しかし、社会的事物としてのオブジェクトの最初の、そして最も普遍的な発現は、労働生産物を商品に変身させることである。

 ⑩ The mysticism of the commodity arises, therefore, from the fact that the social determinations of the private labours of the private producers appear to them as social natural determinations of products of labour; from the fact, that is, that the social relationships of production of persons appear as social relationships of objects to one another and to the persons involved.
 ⑩したがって、商品の神秘主義は、民間生産者の私的労働の社会的決定が、労働生産物の社会的自然的決定と見なされるという事実から生じる。事実から、すなわち、人の生産の社会的関係は、物の社会的関係としてお互いに、そして関係する人に現れるということから。

The relationships of the private workers to the totality of social labour objectify themselves over against them and exist, consequently, for them in the forms of objects. To a society of commodity producers whose universally social relationship of production consists in their behaving toward their products as commodities (hence as values) and their relating their private labours to one another in this objective form as equal human labour, it is Christianity that is the most appropriate form of religion, with its cult of the abstract man ? especially in its bourgeois development, Protestantism, Deism, etc. In the ancient Asian, antique, etc. modes of production, the metamorphosis of the product into a commodity and accordingly the existence of man as commodity-producer plays a subordinate role, which, however, becomes greater the more the communities enter upon the stage of their decline.
民間労働者の社会的労働の全体に対する関係は、それに反して自分自身を客観化し、その結果、彼らのために物の形で存在する。普遍的な生産関係の社会的関係が商品としての商品への行動(価値としての価値)として成り立っており、彼らの私的労働を互いに平等な人間の労働である客観的な形で関係づけている商品生産者の社会にとって、特にブルジョワ開発、プロテスタント、デイズムなどにおいて、抽象的な人の宗教に最も適切な形態をとっている。古代のアジア、アンティークなどの生産形態では、製品が商品に変身し、コモディティ・プロデューサーとしての人間の存在は従属的な役割を果たすが、コミュニティが衰退の段階に入るほど大きくなる。

Genuine commercial people only exist in the interstices of the ancient world, like the gods of Epicurus or like the Jews in the pores of Polish society.
本物の商業人は、Epicurusの神のような古代世界の隙間にのみ存在するか、またはポーランド社会の孔の中のユダヤ人のように存在する。

Those ancient social organisms of production are extraordinarily much more simple and transparent than the bourgeois organism, but they are based either on the immaturity of the individual man who has not yet torn himself free of the umbilicus of the natural species-connection with other men or are based upon immediate master and slave relationships.
それらの古代の社会的生産生物は、ブルジョア生物よりもはるかに単純で透明であるが、他の人とのつながりや自然種の臍の欠損のない未成年者、 即時のマスタとスレーブの関係に基づいています。

They are conditioned by a low level of development of the productive powers of labour by correspondingly restricted relationships of men within their material process of the constitution of life, and consequently to one another and to nature.
彼らは、人生の憲法の物質的プロセスの中で男性の対応関係が制限され、結果的にお互いに、また自然に、労働力の生産力が低くなるという条件づけがなされている。

This actual restrictedness reflects itself in an idealist mode in the ancient natural and popular religions. The religious reflection of the real world can only disappear as soon as the relationships of practical work-a-day life represent for men daily transparently reasonable relationships to one another and to nature.
この実際の制限は、古代の自然や人気のある宗教における理想主義の様式に反映されています。 現実世界の宗教的な反映は、実用的な日常生活の関係が男性にとって、日常的に透明で合理的な関係を自然と表現するようになるとただ消えてしまいます。

But relationships can only represent themselves as what they are. The form of the social process of life (i.e., of the material process of production) will only cast off its mystic veil of fog once it stands as a product of freely socialized men under their conscious, planned control.
しかし、関係は自分自身を自分のものとして表現することしかできません。 人生の社会的プロセス(すなわち、生産の物質的プロセス)の形態は、意識的で計画された制御下で、自由に社会化された男性の製品として立つと、その霧の神秘的なベールを打ち消すだけである。

For that to happen, however, a material basis of society is demanded or a row of material conditions of existence which are themselves again the primordial product of a long and painful history of development.
しかし、それが起こるためには、社会の物質的基盤が要求されるか、あるいは長く痛みを伴う発展の歴史の元の産物である物質的存在条件の列が要求される。

 ⑪Political economy has by now, to be sure, analysed value and amount of value, even if incompletely.
It has never even so much as posed the question: Why does labour manifest itself in value and the measure of labour by its temporal duration manifest itself in amount of value?
Forms upon whose foreheads it is written that they belong to a social formation wherein the process of production masters men but not yet does man master the process of production ? such forms count for their bourgeois consciousness as just such a self-evident natural necessity as productive labour itself.
 ⑪政治経済学は、不完全であっても、確かに価値と価値の価値を分析している。
しかし、なぜ労働は価値があるのか、時間的持続性による労働の尺度自体が価値の量で表れているのか?という疑問が提起されたことはありません。
彼らの額には、生産過程が人々を支配するが、人々は生産過程を習得していない社会形成に属していると書かれている。
このような形態は、生産的生産のような自明な自然の必需性としてのブルジョワ意識を意味する 労働そのもの。

 ⑫Just how drastically a section of the economists is deceived by the fetishism which sticks to the world of commodities (or by the objective illusion of the social determinations of labour) is proved among other things by the tediously pointless contention about the role of nature in the formation of exchange-value. Since exchange-value is a determinate social style of expressing the labour which has been applied to a thing, it can no more contain natural matter than the rate of exchange, for example.
 ⑫経済界の一部門が、商品の世界にこだわったフェチシズム(または労働の社会的決定の客観的な錯覚)にどれほど騙されているかは、とりわけ、 交換価値の形成。 交換価値は物に適用された労働を表現する決定的な社会的スタイルであるため、例えば交換の割合よりも自然のものを含むことはできません。

 ⑬The commodity form was still relatively easy to see through as the most universal and most undeveloped form of bourgeois production, which for that reason appears even in earlier periods of production, although not in the same prevailing (and hence characteristic) way. But as for more concrete forms like Capital, for example? The fetishism of classical economics here becomes palpable.
 ⑬ 商品形態は、それゆえ同じ理由で(したがって特徴的な)方法ではないが、それゆえに、生産性の最も初期の段階でさえ現れるブルジョワ生産の最も普遍的かつ未開発の形態として見ても比較的容易であった。しかし、例えばキャピタルのようなより具体的なフォームについては、ここの古典的経済学のフェチシズムは触知できるようになる。

 In order not to anticipate, however, let another example concerning the commodity-form itself suffice. It has been observed that in the relationship of commodity to commodity (e.g., of shoe to shoe-shine boy) the use-value of the shoe-shine boy (i.e., the utility of his real, material properties) is completely irrelevant to the shoe. The shoeshine boy is of interest to the commodity, shoe, only as form of appearance of its own value. So if commodities could speak, they would say: ‘Our use-value may be of interest to a man. But it does not inhere in us insofar as we are things. It is our exchange-value that inheres in us as things. Our own circulation as commodity-things proves that. It is only as exchange-values that we relate ourselves to one another.’ Now just listen to how the economists speak forth from the very soul of the commodity: ‘Value (exchange-value) is a property of things, riches (use-value) of man. Value, in this sense, necessarily implies exchanges, riches do not.’ (Anonymous, 1821) ‘Riches (use-value) are the attribute of man; value is the attribute of commodities. A man or a community is rich; a pearl or a diamond is valuable . . . A pearl or a diamond is valuable as a pearl or diamond .’ (S. Bailey) Up to now, no chemist has discovered exchange-value in pearl or diamond. Our authors, who lay claim to special critical depth find, nevertheless, that use-value inheres in objects independently of their material properties, but their exchange-value on the other hand inheres in them as objects. The remarkable circumstance that the use-value of things realizes itself for men without exchange (thus, in the immediate relationship between thing and man), but their value on the other hand realizes itself only in exchange (that is, in a social process) is what strengthens them in their belief. Who is not reminded here of that excellent Dogberry who teaches the night-watchman Seacoal, ‘To be a well-favoured man is the gift of Fortune, but to write and read comes by Nature.’ (Much Ado About Nothing, Act III, Scene 3.)
 しかし、予期しないように、商品形態そのものに関するもう一つの例があれば十分です。商品と商品との関係(例えば、靴と靴を履く少年)の靴磨き男の子の使用価値(すなわち、彼の実際の物性の有用性)は、靴です。

靴磨き男の子は、商品、靴に興味があり、それは自分の価値形態としてのみです。だから、商品が話すことができれば、「私たちの使用価値は、人にとって興味深いかもしれません。しかし、私たちが物事である限り、それは私たちの中にはありません。物事として私たちに内在するのは、私たちの交換価値です。

コモディティとしての私たち自身の循環は、それが証明しています。

「価値(交換価値)」は物事の財産であり、富(利用価値が高い)は、商品の魂から経済学者がどのように発言するかを聞くだけです。価値観)。
価値観は、この意味で、必然的に交換を意味し、富は持たない」(匿名、1821) '富は、人の属性である。値は商品の属性です。人や地域社会は豊かです。真珠やダイヤモンドは貴重です。 。 。真珠やダイヤモンドは真珠やダイヤモンドとして価値があります」(S. Bailey)今まで、化学者は真珠やダイヤモンドの交換価値を発見していません。

それにもかかわらず、特別な臨界深度を主張する私たちの著者は、材料特性とは無関係にオブジェクト内に使用価値が存在することを見出しているが、その交換価値は、オブジェクトとしてその中に入っている。交換のない人にとって物の使用価値が実現するという顕著な状況(つまり、物と人の間の直接の関係)が、一方ではその価値は交換(すなわち社会的過程)彼らの信念を強めるものです。
ここでは、「幸運な人になることは運の贈り物だが、書くことと読むことは自然によってもたらされる」という夜警のシーコール教授を教える優れたドッグベリーをここでは思い出させない。シーン3)

 ⑭The commodity is immediate unity of use-value and exchange-value, thus of two opposed entities. Thus it is an immediate contradiction. This contradiction must enter upon a development just as soon as it is no longer considered as hitherto in an analytic manner (at one time from the viewpoint of use-value and at another from the viewpoint of exchange-value) but is really related to other commodities as a totality. The real relating of commodities to one another, however, is their process of exchange.
 ⑭商品は、使用価値と交換価値が直接的に結びついているため、2つの相反する規定が存在します。 したがって、それは直ちに矛盾です。 この矛盾は、分析的なやり方(これまでのところ、使用価値の観点から、また交換価値という観点からは別のものとして)とはもはや考えられなくなったばかりでなく、実際に他の 全商品としての商品。 しかし、商品の実際の関係は、彼らの交換のプロセスです。


1. ‘The concept, which is only subjective at first, marches ahead in accordance with its own proper activity to objectify itself, without needing any external material or stuff for the purpose.’ Hegel, Logik, p. 367, Encyclopaedia I.

2. ‘In a nut-shell’; that is, potentially. ? A.D.

3. It is scarcely surprising that economists have overlooked the form-content of the relative value-expression (subjected as they are to the influence of material interests), if professional logicians before Hegel even overlooked the content of form in the paradigms of judgments and conclusions.

4. Hegelian term, including Identity, Difference, Contradiction. ? A.D.

5. There is something special about such reflection-determinations. This man here is (e.g.) only King, because other men behave towards him like subjects. They believe, however, that they are subjects because he is King.

6. Hack economist of Marx’s day.


 

    初版 商品  ②

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 6月 1日(金)11時19分25秒
返信・引用 編集済
    https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
   グーグル英和訳ソフト Google 翻訳   https://translate.google.co.jp/?hl=ja

  商品
これは、最初のドイツ語版のCapitalの第1章Albert Dragstedtによる英訳です。現代版のCapitalは、第2版以降の第1章を持っています。
出典:Albert Dragstedt、Value:Studies by Karl Marx、New Park Publications、London、1976、pp。7-40。
転写される:Steve Palmer。
資本主義的生産方式が普及している豊かな社会は、「巨大な商品群」として現れ、単一の商品は基本的な富の形態として現れる。私たちの調査は、商品の分析に応じて開始されます。
   ーーー中略ーーー
32 It follows from the preceding not that there are two differing kinds of labour lurking in the commodity, but rather that the same labour is specified in differing and even contradictory manner ? in accordance with whether it is related to the use-value of the commodity as labour’s product or related to the commodity-value as its merely objective expression. Just as the commodity must be above all else an object of use in order to be a value, just so does labour have to be before all else useful labour ? purposeful, productive activity ? in order to count as expenditure of human labour-power and hence as simple human labour.
 前項から、コモディティには2種類の異なる労働が潜んでいるが、コモディティの使用価値に関連しているかどうかに応じて、同じ労働が異なる、さらには矛盾する方法で規定されている 労働の製品として、あるいは単なる客観的な表現としての商品価値に関連している。
商品が価値あるものであるためには他のすべての目的に使用されなければならないのと同様に、人間の労働力の支出とみなすためには、他のすべての有用な労働意欲的で生産的な活動よりも前に労働がなければならない。 それゆえ単純な人間の労働である。

33 Since up to now it has only been the substance of value and the magnitude of value which have been specified, let us now direct our attention to the analysis of the form of value.
これまでは価値の実体と価値の大きさしか特定されていなかったので、今度は価値の形態の分析に注意を向けましょう。

34 First let us turn back to the first form of appearance of the value of the commodity.
最初に商品価値の出現の最初の形に戻りましょう。

 私たちが調査したことは、商品(リネン)の価値の相対的な大きさの変化が、それ自体の価値の大きさの変化を反映しているかどうかであり、その定量的側面のみに基づいて相対価値を調査しました。今度はその形に変わります。相対値がフォームである場合に値が現れる請求項の等価性のために、次に式2件の商品(例えば、X商品Bの商品Aのが= Y、または麻の20ヤード= 1コート)である相対的価値の単純な形態。

 ① Ⅰ 最初または相対価値の単純な形式:
   麻の20ヤード= 1つのコート(X の 商品A、商品Bの= Y)。
 このフォームは単純なので、分析するのがむしろ困難です。
それに含まれるさまざまな仕様は、隠されており、抽象的な未開発であり、その結果、抽象化の力をかなり強く適用することによってのみ区別することができます。しかし少なくともこれは、20ヤードのリネン= 1コート、または20ヤードのリネン= xコートであっても、その形態は同じであることは、一見して明らかです。

 ②リネンは、価値あるものや有用なものの形で、その地上の様子を描きます。それゆえに、その堅いas as linenの体質や自然の形は、その価値の形態ではなく、その正反対です。
リネンは、それ自身に等しい他の商品(コート)にそれ自体を関連付けることによって、価値としての自分自身の現実を明らかにする。それ自身に価値がないのであれば、独自のものとして(価値として)コートに自身を対象化することはできません。
リネンは、同種の人間労働の対象化、すなわちそれ自身の価値の対象化されたものとして、それ自体をそれに関連付けることによって、それはコートと質的に同等であると自認する。
それは一般的に単なる価値ではなく、特定の大きさの価値である-そしてコートは、20ヤードのリネンほどの労働を正確に含んでいるため、xコートの代わりに1コートと同等であると考えます。
コートとのこの関係によって、リネンはひとたたきで多くの蝿をうちます。

リンネルは、他の商品を価値として自分自身に関係させることによって、自身を価値として関連付ける。
自らに自身を関連付けることによって価値を示し、その区別からリンネル自身を、使用価値として自身から区べつする。

このように発生していることは、その価値の大きさを示すコートは、その付与する値(一般的には値、及び定量的測定値及び値の大きさのものもある)として現実を持つ価値存在として、自身の直接的存在とは異なる価値形態を与えます。自身の中に分化されたものとして、このように自分自身を明らかにすることで、現実に、自分をはじめて商品ーー同時に価値である有用物ー-として表すのである。最初に自分自身を明らかにした時間は本当に-商品として他商品を同じ時間値で示す便利なものーーとは区別される。
 <江夏訳P35 原P16 からお借りした。 同等性関係ではなく価値関係の質的側面、で起こることです。>
リネンは、使用価値である限り、それはある独立したものです。その価値は、表示されるこの関係で他の商品に質的に等置され、コートをリネンに同一視して、いくつかの特定の量に置き換え、それに相当するものとしてカウントし、それと交換可能です。
したがって、価値は、交換価値としてのその表現を通じてのみ、使用価値とは異なる個々の形態を獲得するだけである。

 ③コートでのリネンの価値の表現は、コートそのものに新しい形態を印づけます。結局、リネンの価値形態の意味は何ですか?コートが交換可能であることは明らかです。
他に何が起こっても、そのことがらは、自然な形態(コート)で、他の商品との直接的交換可能性、交換可能な使用価値の形式、または等価物を示します。
この等価物の規定では、商品があるという事実だけでなく、含まれている値であり、すべてで、それはその中にいるという事実であり、肉体的形状(その使用価値)を、別の商品の価値としてカウントし、その結果、手元にすぐにある交換価値としての用を他の商品に対して果たしています。

 ④価値として、リネンは労働だけで構成され、透明で結晶化した労働の沈殿物を形成します。
実際には、この結晶は非常に暗いです。労働がそれで検出可能である限り(商品のすべての実施形態が労働の痕跡を明らかにするわけではない)、それは未分化の人間の労働ではなく、むしろ、製織、紡績などである。その物質の唯一の成分ですが、もちろん自然から得られた物質で発酵しています。
リネンを人間の労働の単なる対象化として保持するためには、それを本当に物事にするすべてのものから抽象化しなければならない。
抽象的な(すなわち、いかなる追加的な品質や内容もなく)人間労働の客観性は、必然的に抽象的な客観性 - 思考のものである。そのようにして、亜麻の網はキメラに変わります。
しかし、商品は物象です。彼らは、彼らが物象のようなやり方であるか、そうでなければ自分の物象的な関係でそれを明らかにする必要があります。
リネンの生産では、人間の労働の特定の量が存在し費やされてきました。リネンの価値は、そのように費やされた労働の単なる客観的な反映ですが、リネンの体には反映されません。それはコートとの価値関係によってそれ自体を明らかにする(すなわち魅力的な表現を得る)。
リネンが価値あるもの(価値の存在形態)としてコートと関係するのであり、そこに同時に起こることは、自身が使用価値としてのコートと区別されることで、コートがリネンボディとは対照的に- その自然的形態とは区別されるリネンの価値形態になります。(⑱)

 ⑤相対的価値表現:20ヤードのリネン= 1コート(または、xリネンはコートの価値がある)の場合、コートは価値のあるまたは労働の凝固物としてしかカウントされないと認めなければならないが、しかし、価値関係はコートを、労働の凝固物、およびその凝固のために人間労働の凝固形態としてのみコートを扱う。(⑱a)


使用価値コートはリネン価値の出現形態にしかならない。
なぜなら、リネンは、抽象的な人間の労働を即時に実現するためにコートの材料に関係するため、オブジェクト化されたものと同じ種類の労働に関係するリネン自体の中にある。
対象とされ、例示される(コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。コートと同じエッセンスの価値があるので、自然形態のコートは、それによって、自然的形態のままにに価値形態になります。
しかし、使用価値で表現されている労働は、単なる人間の労働ではなく、むしろ特定の有用な労働である。単純な人間の労働(人間の労働力の支出)は、それぞれのすべての決定を受け入れることができますが、それは真実ですが、それ自体のためだけに決定されません。それは、決定され特定された労働として決定された形で人間労働が消費されるとすぐに実現し、客観化することができます。
なぜなら、それは、労働がそれ自体を客観化する外的な物質である、何らかの自然の存在によって直面することができる決定され特定された労働であるからです。
ヘーゲルの意味での「コンセプト」は、外的な材料なしでそれ自身を客観化することだけです。[1]

 ⑥時間は、人間の労働の直接的な現れ形としての仕立て労働に関係なく、価値または肉体化された人間の労働として、コートに関連付けることはできません。
しかし、リネンにとって重要な使用価値コートの面は、ウールの快適さ、ボタンアップされたエッセンス、またはそれを使用価値としてマークする他の有用な品質ではない。
コートは、その澱粉質の使用 - 客観性とは区別されるように、リネンの価値 - 客観性を表すためにのみ、リネンに対してのみ使用される。それがassa foetidaや化粧品、または靴磨きでその価値を表明したならば、同じ目的を達成することができました。
仕立て労働は、あまりにも、それだけあれば、それはのように存在するように、意図的生産労働であり、その結果、しない限り、リネンの値を持つ確定労働、フォーム実現の、客体の方法の一般的に人間の労働。リネンはむしろコートよりも靴墨でその価値を表現した場合、研磨作りはそれとしてカウントされる抽象的人間労働の代わりに、仕立て労働の実現形態となる。
したがって、価値形態や商品形態は、抽象的人間労働の実現の直接的な形態として、それに含まれる具体的有用労働に他の商品が関連することによって成立してくるのであり、そのことに依拠して価値の出現形態または等価物になるのです。

⑦ー① We stand here at the jumping-off point of all difficulties which hinder the understanding of value-form.
 私たちはここで、価値形態の理解を妨げるすべての困難の出発点にあります。

②It is relatively easy to distinguish the value of the commodity from its use-value, or the labour which forms the use-value from that same labour insofar as it is merely reckoned as the expenditure of human labour power in the commodity-value.
それは、商品の価値の人間労働の問題としてだけに期待されている限り、その使用価値または同じ作業の使用価値を作る作業から商品の価値を区別することは比較的容易です。

③If one considers commodity or labour in the one form, then one fails to consider it in the other, and vice versa.
商品を見たり、ある形で仕事をすると、他の形でそれを考慮したり、その逆もありません。

④These abstract opposites fall apart on their own, and hence are easy to keep separate.
これらの抽象的な対立は、自明であり、したがって分離しやすい。

⑤It is different with the value-form which exists only in the relationship of commodity to commodity.
商品と商品との関係にのみ存在する価値形態とは状況が異なります。

⑥The use-value or commodity-body is here playing a new role.
It is turning into the form of appearance of the commodity-value, thus of its own opposite.
ここでは、使用価値または商品本体が新たな役割を果たします。これは、商品の価値の現れ、すなわち、それ自体の反対です。

⑦Similarly, the concrete, useful labour contained in the use-value turns into its own opposite, to the mere form of realization of abstract human labour.
同様に、使用価値に含まれる具体的な有用労働は、抽象的人間労働の実現の単なる形となり、それとは反対のものになる。

⑧Instead of falling apart, the opposing determinations of the commodity are reflected against one another.
However incomprehensible this seems at first sight, it reveals itself upon further consideration to be necessary.
離れて落ちる代わりに、商品の相反する規定が反映されます。これは一見して、この理解ができないか分かりませんが、必要に応じてさらに検討する必要があります。

⑨The commodity is right from the start a dual thing, use-value and value,product of useful labour and abstract coagulate of labour.
商品は最初から二重のもので、使用価値であり価値、有用な仕事と抽象的人間労働の凝固産物です。

⑩In order to manifest itself as what it is, it must therefore double its form.
It possesses right from nature the form of a use-value. That is its natural form.
それが何であるかを明らかにするためには、その形式を一つではなく倍にする必要があります。それは、自然から使用価値の形の権利を持っています。 それはその自然な形です。

⑪It only earns a value form for itself for the first time in circulation with other commodities.
But its value-form has then to be itself an objective form.
他の商品と一緒に流通して初めて価値のある形態だけを獲得する。しかし、その価値形態は、それ自体が客観的な形である。

⑫The only objective forms of commodities are their use forms, their natural forms.
商品の唯一の客観的な形態は、その用途、その自然な形です。

⑬Now since the natural form of a commodity (e.g., linen) is the exact opposite of its value-form, it has to turn another natural form ーーthe natural form of another commodity ーー into its commodity form.

独語 Da nun die natürliche Form einer Ware (z. B. Leinen) das genaue Gegenteil ihrer Wertform ist,
    muss sie eine andere natürliche Form -
   die natürliche Form einer anderen Ware - in ihre Warenform umwandeln.
   製品(例えばリネン)の自然な形はその価値形態の正反対であるため、
   他の自然な形態(別の商品の自然な形)をその商品形態に変えなければなりません。

   <英明な江夏訳にして 「価値形態」 の誤訳です。廻り道にて上着は商品形態をうけとることで、
   等価物の形態の形成に向かうのではなく、相対的価値形態の形成に向かうのです。>

A thing that it cannot do immediately for itself it can do immediately for another commodity, and therefore by a detour for itself.
   それはすぐに別の商品のために、それゆえにそれ自身のための迂回路(回り道)に
   よってすぐにすることができます。

⑭It cannot express its value in its own body or in its own use-value, but it can relate itself to another use-value or commodity-body as an immediately existent value.
それは、自らの価値を自分自身の価値で表現することはできませんが、他の価値や商品を直接価値として参照することができます。

⑮but doubtless to that contained in another species of commodity as a mere form of realization of abstract it can relate itself not to the concrete labour contained in itself, it human labour.
For that, it only needs to equate the other commodity to itself as an Equivalent.
それは抽象的人間労働の単なる実現形態として、他商品の別の種に含まれていることに疑いはないが、それ自体に含まれる具体的な労働ではなく、それが人間労働であることに関連している可能性がある。そのためには、それは同等のものとして他の商品を自分自身と同一視するだけでよい。

⑯The use-value of a commodity only exists at all for another commodity insofar as it serves in this fashion for the form of appearance of its value.
商品の使用価値は、このように価値の出現形態で役立つ限り、他の商品に対してのみ存在します。

⑰If one considers only the quantitative relationship in the simple, relative value-expression: x commodity A = y commodity B, then one finds also only the laws developed above concerning the motion of relative value, which all rest upon the fact that the amount of value of commodities is determined by the labour-time required for their production.
シンプルな、相対価値式の量的関係でのみ見る:商品A = yの商品B、X、我々は相対価値の動きにのみトップに開発法律を見つけ、すべての事実に基づいてその商品の価値の量その生産に必要な労働時間によって決定される。

⑱But if one considers of both commodities in their qualitative aspect, then one discovers in that simple expression of value the mystery of value form, and hence, in nuce[2] of money.[3]
  既存訳 ーー<ところが、両商品の価値関係をそれの質的な側面から考察すると、上述の単純な価値表現のなかに、価値形態の秘密を、したがってまた、一言で言えば貨幣の秘密を、発見することになる(20)>
  英語版からの訳
<しかし、両方の商品の価値関係を質的側面で考えると、ここに、価値形態の謎をその価値形態の単純な表現で示される秘密と対比することで発見し[2]、ここに貨幣の謎があることが理解できる。[3]>

    註2.「ナッツ・シェル」。
     2. ‘In a nut-shell’; that is, potentially. ? A.D.
     多分in a nutshellだと思います。よく耳にする表現です。
     「簡単に言うと」「要するに」「手短にいうと」って言う意味ですね。
     何かを説明する時、文頭に"In a nutshell.."で始めたり、
     "OK. I'll put it in a nutshell."
    「手短に説明するわね」みたいな感じでも使います。
    註3.ヘーゲル以前の専門的な論理学者が、判断と推論のパラダイムで
     形式の内容を見落としていたように、
     経済学者が相対的価値<表現ーー誤訳>形態の形式的内容を見落
     としていることは驚くことではない(物質的利益の影響を受けている)。
     <杉本 既存訳「相対的価値表現の形式内容」であれば、両極の形態
     をとることであり、相対的価値形態の形式内容」であれば、「価値形態」
     が内実とされることで、価値表現がされるということです。>

 ⑧私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値形態を含むことを明らかにしました。
リネンはその価値とコートの価値の確定量を表しています。それは、他の商品との価値関係におけるその価値を明示し、したがって交換価値として明示します。
他方では、他の商品、すなわち相対的な方法でその価値を表現しているコートは、それと直ちに交換可能な等価物としての使用価値の形式を正確に得る。
両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の同等の形態(等価形態)は、交換価値の形式です。両者は実際には、同じ相対的価値表現のベクトル(お互いに相互に条件付けされたもの)だけですが、同じに設定された2つの商品極の間の極のように分けられます。

 ⑨定量的決定は商品の等価形態には含まれない。(例えば、コートがリネンの同等物である)規定された関係は、同等の形態(等価形態)、すなわち、リネンとの直接的交換可能性の形態からではなく、労働時間による価値量の決定から生じる。リネンは結晶化した人間の労働量である特定のコート・クォンタムに関連することによって、コートで独自の価値を表すことができます。
この場合コート値の変化では、この関係も変化します。しかし、リネンの相対的な価値が変化するためには、それが存在しなければならず、それは所与のコート値でのみ形成することができる。
さて、リネンが1,2、またはxコートで独自の価値を表しているかどうかは、(この前提のもとでは)リネンのヤードの価値に完全に依存し、その値がコートの形で明示されるはずのヤードの数に左右されます。商品の価値の量は、他の商品の使用価値において相対価値としてしか表現することができません。
商品は、他方としてのみ(「等価」によって意味されるものである)直ちに交換可能な使用価値の形を求める材料である、別の商品で価値が表現されます。

 ⑩この区別は、その単純な形式または第一の形式の相対的な価値表現の特徴的な特質によって不明瞭である。
方程式:20ヤードのリネン= 1コート(または20ヤードのリネンはコートに値する)は、結局全く同じ式を含む:1コート= 20ヤードのリネン(または1コートは20ヤードのリネンの価値がある)であります。コート値が等価であるリネンの相対的な価値表現は、リネンが等価である場合のコートの相対的な価値表現を逆に含む。

 ⑪Although both determinations of the value form or both modes of manifestation of the commodity-value as exchange-value are only relative, they do not both appear relative to the same degree. In the relative value of the linen (20 yards of linen = 1 coat), the exchange-value of linen is expressly manifested as its relationship to another commodity.
商品価値の価値形態またはその両方の表現の決定は、相対価値のみであるが、両者は同じ程度に相対的に現れるわけではない。リネンの相対価値(20ヤードのリネン= 1コート)において、リネンの交換価値は、他の商品との関係として明示的に示されている。

As far as the coat is concerned, it is admittedly an Equivalent insofar as linen is related to the coat as form of appearance of its own value, and hence as something immediately exchangeable with itself (the linen).Only within this relationship is the coat an Equivalent.
コートに関しては、リネンはコート自体を価値形態として、したがってそれ自体ですぐ<直接>に(リネンに)交換可能なものとして、リネンがコートと関連している限り、同等であることは明らかである。この関係の中でのみコートと等価です。

But it conducts itself passively. It seizes no kind of initiative. It finds itself in relationship because things relate themselves to it.
しかし、それは受動的に行われます。 それは何のイニシアチブも握っていない。 物事はそれ自体に関係しているので、それはこの関係で自分自身を見つけます。

The character which is constituted for it out of its relationship with the linen thus does not appear as the result of its own relating, but as present without any additional activity of its own.
リネンとの関係のために構成されているキャラクターは、それ自身の関係の結果として出現するのではなく、それ自身の追加の活動なしで存在する。

In addition, the specific mode and manner in which the linen relates to the coat is exactly appropriate to the end of doing it to the coat, however modest it be and however far from being the product of a ‘tailor run mad with pride’.
さらに、リネンがコートに関連する具体的な特定モードおよび方法は、コートに対して行うことの終わりに正確に適切であるが、それは控えめであるが、「プライドで怒っているテーラーの製品」ではない。

The linen, after all, relates itself to the coat as the sensually existing materialization of human labour in abstracto and hence as present value-body. It is this only because and insofar as the linen relates itself to the coat in this specific manner. Its status as an Equivalent is (so to speak) only a reflection-determination[4]of linen.
結局のところ、リネンは、したがって現在の価値体としての、抽象的人間労働の現実的な現行・顕現<プレゼント>としてのコートに関連しています。これは、リネンがこの特定のやり方でコートに関連している限り、これだけです。同等物<等価物>としてのその状態は、リネンの反省規定[4]だけである(いわば)。

    <杉本 リネンの同等物=上着は価値として自らに等しいとの、
    リネンの反省規定された存在に過ぎず、等価物の形態ではない!
    形態規定されてはいない。上着は価値の凝固物であるが、それだ
    けでは、リネンに対して直接的交換可能な形態を、上着は受け取
    れない>

But the situation seems just the reverse.
On the one hand, the coat does not take the trouble to relate itself to anything. On the other hand, the linen relates itself to the coat, not in order to make it into something, but because it is something quite apart from anything the linen might do.
しかし状況はちょうど逆のように見える。
一方では、コートはそれ自体を何かに関連付けるのに苦労しません。一方、リネンは、それを何かにするのではなく、リネンがするかもしれない何かからかなり離れているので、コートと関連しています。

The resultant product of the linen’s relating to the coat (its Equivalent-form, its determinacy as an immediately exchangeable use-value) appears to belong to the coat in a corporeal way even outside the relating to the linen, in just the same way as its property of being able to keep people warm (for example).
コートに関連するリネンの結果物(同等の形態、直ちに交換可能な使用価値としてのその規定性)は、まったく同じ方法で、リネンに関係なく外面的な方法でコートに属するように見え、人々を暖かく保つことができるという特性(例えば)のようにですね。

In the first or simple form of relative value (20 yards of linen ? one coat), this false seeming is not yet established, because this form expresses in an immediate way also the opposite, that the coat is an Equivalent of the linen, and that each of the two commodities only possesses this determination because and insofar as the other makes it into its own relative value-expression.[5]
最初のまたは単純な形式の相対価値(20ヤードのリネン - 1コート)では、このフォームはまだ確立されていません。これは直ちに反対に、コートはリネンと同等であることを表しています。 2つの商品のそれぞれが、この決定を所有するのは、他方がそれ自身の相対的価値形式になるためであるからである[5]。

 ⑫In the simple form of relative value or the expression of the equivalence of two commodities, the development of the form of value is correspondent for both commodities, although in each case in the opposite direction. The relative value-expression is in addition identical with reference to each of both commodities, for the linen manifests its value in only one commodity (the coat) and vice versa, but this value expression is double for both commodities, different for each of the same. Finally, each of both commodities is only an Equivalent for the single other species of commodity, and thus only a single Equivalent.
単純な相対的価値形式や2つの商品の等価性の表現では、いずれの場合も反対の方向であるが、価値形式の発展は両方の商品に対応している。リネンは一つの商品(コート)のみでその値を明示し、逆も同様であるが、この価値表現は、両方の商品ともに2倍であるため、相対価値表現は両方の商品についての参照と同じである。
同じなのです。
最後に、両方の商品のそれぞれは、他の単一の商品種の同等物にすぎず、したがって、同等のものは1つだけです。

 ⑬Such an equation as ‘20 yards of linen = 1 coat’ (or twenty yards of linen are worth one coat) evidently expresses the value of the commodity in only a very limited and one-sided way. If I compare the linen, for example, with other commodities instead of coats, then I also obtain other relative value-expressions, other equations (like 20 yards of linen = u coffee; 20 yards of linen = v tea, etc.). The linen has just as many different relative value-expressions as there exist commodities different from it, and the number of its relative value-expressions constantly increases with the number of kinds of commodities which newly enter into existence.
「20ヤードのリネン= 1コート」(または20ヤードのリネンは1コートの価値がある)のような式は、商品の価値を明らかに非常に限られた一方的な方法で表しているだけである。例えば、リネンをコートの代わりに他の商品と比較すると、他の相対値式、他の式(リネン=コーヒー20ヤード、リネン= vティーなど20ヤードなど)も得られます。リネンはそれとは異なる商品と同じくらい多くの異なった相対価値表現を持ち、相対的価値表現の数は、新たに生まれた商品の種類の数とともに絶えず増加している。

 ⑭The first form (20 yards of linen = 1 coat) yielded two relative expressions for the value of two commodities. This second form yields the most variegated mosaic of relative expressions for the value of the same commodity. In addition, there seems to be nothing gained either for the expression of the amount of value (for the amount of value of linen ? which obviously remains the same in every expression ? is just as exhaustively expressed in ‘20 yards of linen = 1 coat’ as in ‘20 yards of linen = u coffee, etc.’), the coffee and the etcetera are only single Equivalents, just as the coat was.
最初の形式(20ヤードのリネン= 1コート)は、2つの商品の価値について2つの相対的表現をもたらした。この第2の形式は、同じ商品の価値に対する相対的表現の最も多彩なモザイクをもたらす。さらに、価値の量の表現(あらゆる表現において明らかに同じままであるリネンの価値のための)の表現は、「20ヤードのリネン= 1コート」と同様に徹底的に表現されている'20ヤードのリネン=コーヒーなど'のように)、コーヒーなどは、コートがそうであったように、単一の同等物である。

 ⑮Nevertheless, this second form contains within itself an essential development of form. For latent in it is, after all, not only the fact that linen happens to express its value at one time in coats, and at another in coffee, etc., but the fact that it expresses its value as much in coats as in coffee, etc.: either in this commodity or that or the third, etc. The continuing determination is revealed as soon as this second or developed form of the relative value-expression is manifested in its connection. We obtain then:
それにもかかわらず、この第2の形態は、それ自体の中で形態の本質的な発展を含んでいる。潜在的には、結局のところリネンが一度にコートやコーヒーなどでその価値を表現しているだけでなく、コーヒーのようにコートの価値を表現しているという事実この商品またはその第三者などのいずれかで、継続的な決定が明らかになります。それから、



     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  III. Third, reversed or reciprocal second form of relative value:

  1 coat  = 20 yards of linen
  u coffee =   "
  v tea    =   "
  x iron   =   "
  y wheat etc.=   "

 ①The relative value-expression returns at this point to its original form: 1 coat = 20 yards of linen. Now, however, this simple equation is further developed. Originally it only contained the fact that the value of the coat obtains through its expression in another commodity a form which is different from and independent of the exchange-value coat or even the body of the coat. Now the very same form manifests the coat with respect to all other commodities whatsoever as value. Not only the coat, but also coffee, iron, wheat, in a word, all other commodities express their value in the material, linen. In this way, all manifest themselves to one another as the same materialization of human labour.
 ①相対価値表現は、この時点で元の形に戻ります:1コート= 20ヤードのリネン。
しかし、今、この簡単な方程式がさらに開発されています。
もともと、それは、コートの価値が他の商品の表現を通じて、交換価値コートまたはコートの本体とは異なる独立した形態を得るという事実のみを含んでいた。

今ではまったく同じ形が、価値あるものとして他のすべての商品に関するコートを明示しています。 コートだけでなく、コーヒー、鉄、小麦、言い換えれば、他のすべての商品は、素材、リネンの価値を表しています。 このようにして、すべてが人間労働の同じ物質化として互いに出現します。

They are henceforward only quantitatively different, which is the reason why one coat, u coffee, x iron, etc. ? i.e., different quanta of these different things ? equal 20 yards of linen (equal to the same quantum of objectified human labour). It is through their common value-expression in the material, linen, therefore, that all commodities differ as exchange-values from their own use-values and relate at the same time to one another as amounts of value, equate themselves qualitatively to one another, and compare themselves quantitatively. Only in this unified relative value-expression do they all appear for the first time as values for one another, and their value consequently obtains for the first time its corresponding form of appearance as exchange-value. As opposed to the developed form of relative value (form II) which manifests the value of a commodity in the environment of all other commodities, we call this unified value-expression the universal relative form of value.
彼らはそれ以来、定量的に異なっており、これは1つのコート、uコーヒー、x鉄など、すなわちこれらの異なる物の異なる量は、20ヤードのリネン(客観的な人工労働の同じ量子に等しい)に等しい。

それゆえ、すべてのコモディティは、自分たちの使用価値と交換価値として異なっており、同時に価値の量としてお互いに関連し、互いを定性的に見なす 、定量的に比較する。

この統一された相対的な価値表現においてのみ、それらはすべて互いの値として最初に出現し、結果的にその価値は最初に交換価値としての対応する形式を得る。 他のすべての商品の環境における商品の価値を明らかにする発展した相対価値(形式II)の形態とは対照的に、この統一的価値表現を普遍的〈一般的〉な相対的価値形態と呼んでいます。

 ②In form II (20 yards of linen = 1 coat or = u coffee, or v tea or x iron, etc.), the form in which the linen develops its relative value-expression, it relates itself to each individual commodity (coat, coffee, etc.) as a specific Equivalent, and to all of them together as to the environment of its specific forms of the Equivalent. No individual species of commodity counts any longer with respect to the linen as simple Equivalent, as in the particular Equivalent, but only as specific Equivalent whereby the one Equivalent excludes the other.
 ②リネンが相対的価値表現を生み出す形態II(20ヤードのリネン= 1コートか=コーヒーかvティーか×アイアンかなど)では、それは個々の商品(コート、コーヒーなど)を特定の等価物として、またそのすべてを特定の形態の等価物の環境に関して一緒に使用することができます。

商品の個々の種は、リネンに関しては、特定の同等物の場合と同様に単純な同等物として、もはや考慮されないが、特定の等価物としてのみ等価物であるので、等価物はその他を除外する。

In form III (which is the reciprocal second form, and is therefore contained in it), the linen appears on the other hand as the general form of the Equivalent for all other commodities. It is as if alongside and external to lions, tigers, rabbits, and all other actual animals, which form when grouped together the various kinds, species, subspecies, families etc. of the animal kingdom, there existed also in addition the animal, the individual incarnation of the entire animal kingdom.
フォームIII(これは相反する第2の形態であり、したがってそれに含まれる)では、リネンは、他のすべての商品の等価物の一般的な形態として、他方で現れる。それはライオン、トラ、ウサギ、および動物の王国の様々な種類、種、亜種、家族などを一緒にグループ化するときに形成される他のすべての実際の動物の横に並んでいるかのように、動物、動物界全体の個体化です。

Such a particular which contains within itself all really present species of the same entity is a universal (like animal, god, etc.). Just as linen consequently became an individual Equivalent by the fact that one other commodity related itself to it as form of appearance of value, that is the way linen becomes ? as the form of appearance of value common to all commodities ? the universal Equivalent universal value-body, universal materialization of abstract human labour. The specific labour materialized in it now thereby counts as universal form of realization of human labour, as universal labour.
同じエンティティの実際に存在するすべての種をそれ自身の中に含むような特定のものは、普遍的(動物、神などのようなもの)です。その結果、リネンは、価値の出現(現   )形式として、他の商品がそれに関連しているという事実によって、リネンが個人になったのと同じように、リネンは - すべての商品に共通の価値の出現--形態 - ユニバーサルな同等で抽象的人間労働の普遍的な実体化です。
それによって、リネンに具体化された特定の労働は、今や普遍的な労働としての人間の労働の実現の普遍的形態として数えられる。

 ③During the process in which the value of commodity A is displayed in commodity B (whereby commodity B becomes a single Equivalent), it was indifferent of what specific type commodity B happened to be. The corporeality of commodity B only had to be of a different species than that of commodity A, and therefore had also to be a product of other useful labour. By the coat’s displaying its value in linen, it related itself to linen as the realized human labour, and precisely thereby related itself to linen-weaving as the realization-form of human labour, but the specific determinacy which distinguishes linen-weaving from other kinds of labour was completely indifferent. It only had to be of another kind than tailoring and in any case had to be a specific kind of labour. It is otherwise as soon as linen becomes a universal Equivalent.
 ③コモディティAの価値がコモディティBに表示される過程(コモディティBは一つの等価物になる)の過程で、コモディティBが、どのような特定のタイプになったのかには無関心であった。

商品Bの身体は、商品Aと異なる種でなければならず、したがって、他の有用な労働の産物でなければならなかった。コートがリネンでその価値を示すことによって、それは実現された人間の労働としてリネンに関連し、それによって正確には人間の労働の実現形態としてのリネン織りに関連するが、リネン織りを他の種類と区別する特定の定められた労働に完全に無関心だった。どのような場合でも特定の種類の労働でなければなりませんでした。そうでないのは、リネンが普遍的な〈一般的〉等価物になるやいなやです。

This use-value ? in its special determinacy through which it is linen as opposed to all other kinds of commodities (coffee, iron, etc.) now becomes the universal form of value of all other commodities and hence a universal Equivalent. The particular useful kind of labour manifested in it therefore now counts as universal form of realization of human labour, as universal labour precisely insofar as it is labour of particular determinacy: linen weaving as opposed, not only to tailoring, but to coffee growing, mining, and all other kinds of labour. On the other hand, all other kinds of labour count (in the relative value-expression of linen ? the universal Equivalent: form II), henceforth only as particular forms of realization of human labour.
この使用価値は、他のすべての種類の商品(コーヒー、鉄など)とは対照的に、リネンである特別な決定においては、他のすべての商品のユニバーサルな形態となり、ユニバーサルな同等価値となります。したがって、特定の有用な種類の労働は、今や特別な決定の労働である限り、普遍的〈一般的〉な労働としての人間の労働の実現の普遍〈一般的〉的形態として数えられる:リネンは、仕立てだけでなくコーヒー栽培、鉱業、および他のすべての種類の労働。他方では、他のすべての種類の労働が(人間の労働の実現の特定の形態としてのみ、リネンの相対的価値表現 - 普遍的な同等物:形態II)である。


 ④As values the commodities are expressions of the same unity, of abstract human labour. In the form of exchange value they appear to one another as values and relate themselves to one another as values.
 ④価値として、商品は同じ団結の表現であり、抽象的人間労働である。 交換価値の形式では、相互に価値としてみなし、互いを価値として関連づけています。

They thereby relate themselves at the same time to abstract human labour as their common social substance. Their social relationship consists exclusively in counting with respect to one another as expressions of this social substance of theirs which differs only quantitatively, but which is qualitatively equal and hence replaceable and interchangeable with one another.
彼らはそれによって同時に、共通の社会的実体として人間の労働を抽象化するために自分自身を関連付ける。 彼らの社会的関係は、定量的にのみ異なるが、質的には同等であり、したがって交換可能で相互交換可能である、これらの社会的物質の表現として相互に数えている。

As a useful thing, a commodity possesses social determinacy insofar as it is use-value for people other than its possessor, and hence satisfies social needs. But it is indifferent just whose needs the commodity’s useful properties relate it to. The commodity nevertheless can only become through these properties in all cases only an object related to human needs, but not a commodity for other commodities.
有用なこととして、商品は所有者以外の人にとって価値のあるものであれば社会的決定性を保有し、社会的ニーズを満たすものである。 しかし、商品の有用な特性がそのニーズに関係していることは無関心です。 それにもかかわらず、商品は、すべての場合において、人間のニーズに関連する対象物のみをこれらの特性を介して摂取することができるが、他の商品のための貨物ではない。

It is only the kind of thing that can turn mere objects of use into commodities and hence set into social rapport. But this is just what value is. The form in which the commodities count to one another as values as coagulations of human labour ? is consequently their social form. Social form of the commodity and value-form or form of exchangeability are thus one and the same thing. If the natural form of a commodity is at the same time its value-form, then the commodity possesses the form of immediate exchangeability with other commodities and consequently an immediately social form.
単なる使用目的を商品に変えることができ、それゆえに社会的な関係に結びつけることができます。 しかし、これはただの価値です。 商品が価値として(すなわち、人間の労働の凝固として)数える形式は、結果的に彼らの社会的形態です。 したがって、商品の社会的形態と価値形態または交換可能性の形態は、同じことです。
商品の自然形態が同時に価値形態である場合、商品は他の商品との即時の交換可能性の形をとり、その結果即座の社会的形態を保有する。

 ⑤The simple relative value form (form I) ‘One coat = 20 yards of linen’, differs from the universal relative value-form, ‘One coat = 20 yards linen’ only by the fact that this equation now forms a member in the series:
 ⑤単純な相対価値フォーム(フォームI)「ワンコート= 20ヤードのリネン」は、この式が今シリーズのメンバーとなっているという事実だけで、普遍的な相対価値フォーム「ワンコート= 20ヤードのリネン」とは異なります :
 1 coat  = 20 yards of linen
 u coffee =
 v tea  =
 etc    =

 ⑥In actuality, it differs thus only in the fact that the linen has continued its development from a singular to a universal Equivalent. Thus if in the simple relative expression of value it is not that commodity which expresses its amount of value, but rather that commodity in which the amount of value is expressed which is the one that obtains the form of immediate exchangeability (equivalent form: hence, immediately social form), the same thing holds true for the universal relative value expression.
 ⑥実際には、それはリネンが単数から普遍的な同等物へとその発展を続けているという事実においてのみ異なる。したがって、価値の単純な相対的表現では、価値の量を表現する商品ではなく、価値の量が表現されている商品であり、即時の交換可能性の形態をとる商品(同等の形態:したがって、 直ちに社会形態)、普遍的な相対価値の表現にも同じことが当てはまる。

But in the simple relative form of value this distinction is merely formal and evanescent. If the coat expresses its value in a relative way (that is, in linen) in the equation ‘One coat = 20 yards of linen’, and the linen acquires thereby the form of Equivalent, then the very same equation includes immediately the reciprocity ‘20 yards of linen ? one coat’, in which it is the coat that acquires the form of Equivalent and the value of the linen is expressed in a relative way.
しかし、単純な相対的な価値形態では、この区別は単なる正式で消極的です。 コートがその値を相対的な方法(つまり、リネン)で「一コート= 20ヤードのリネン」という表現で表し、リネンが等価の形を取得する場合、非常に同じ式は、 20ヤードのリネン - 1つのコート であり、それは等価物の形態を獲得するコートであり、リネンの価値は相対的な方法で表される。

This constant and correlative development of the value-form of both commodities as relative value and as Equivalent no longer takes place. If the universal relative value-form, ‘One coat = 20 yards of linen’, (where the linen is universal Equivalent) is turned around into ‘20 yards of linen = one coat’, the coat does not thereby become universal Equivalent for all other commodities, but only a particular Equivalent of the linen.
相対価値と同等価値としての両方の商品の価値形態のこの一定かつ相関関係の発達はもはや起こらない。
普遍的な相対的価値形式、「1コート= 20ヤードのリネン」(リネンが普遍的である場合)は「リネン= 1コート」の20ヤードになり、コートはそれによって普遍的にならない。他の商品は、リネンと同等のものにすぎません。

The relative value-form of the coat is only universal because it is the relative value-form of all other commodities at the same time.
 ①コートの相対的価値形態は、それが他のすべての商品の
 相対的価値形態であるためにのみ普遍的である。
What holds true of the coat, holds true of coffee, etc.
It follows, therefore, that the universal relative value-form of commodities excludes these very commodities from the universal form of Equivalent. On the other hand, a commodity like linen is excluded from the universal relative value-form as soon as it possesses the universal form of Equivalent. The universal relative value form of linen, unified with the other commodities, would be ‘20 yards of linen = 20 yards of linen’.
 ②<What holds true of the coat, holds true of coffee, etc.>
 そのコートには、なにが当てはまるのか、コーヒーなどにもそのことは当てはまりますよね。
 ③したがって、商品の普遍的な相対価値形式は、これらの商品をユニバーサル形式の等価物から除外します。
 ④一方、リネンのような商品は、それが普遍的な等価物を持っていると
 すぐに、普遍的な相対価値形式から除外されます。
 ⑤だから、もしリネンの普遍的な相対価値形式であれば、他の商品と統一さ
 れ、20ヤードのリネン= 20ヤードのリネンになります。

But this is a tautology which does not express the amount of value of this commodity, which is situated in a universal form of Equivalent ? and thereby in perpetually exchangeable form. Rather, it is the developed relative value-form (20 yards of linen = one coat or u coffee or = v tea or = etc.) that now becomes the specific relative value-expression of the universal Equivalent.
しかし、これは、この商品の価値を表現していないもの、同義語です。
これは、普遍的な形式の等価 - そして永久に交換可能な形で位置しています。むしろ、普遍的な等価物の具体的な相対価値表現となるのは、開発された相対価値形式(20ヤードのリネン= 1つのコートか、コーヒーか= vのティーか=など)です。

 ⑦Every commodity (coat, coffee, tea, etc.) possesses in the universal relative value-expression of commodities a value-form which is different from its natural form ? namely, the form: linen. And it is precisely in this form that they relate themselves to one another as exchangeables and exchangeables in relationships which are quantitatively determined, since, if one coat = 20 yards of linen, u coffee = 20 yards of linen, etc., then it is also true that one coat = u coffee, etc.
 ⑦すべての商品(コート、コーヒー、紅茶など)は、商品の普遍的な相対価値表現において、その自然な形式、すなわち形態:リネンとは異なる価値形態を有する。 そして、それは、1つのコート= 20ヤードのリネン、20ヤードのリネン= 20ヤードのリネンなどがあれば、量的に決定される関係における交換可能な交換可能物として相互に関係することが正確にこの形態である。 また、1つのコート= uコーヒーなどです。

All commodities by mirroring themselves in one and the same commodity as quantities of value, reflect themselves reciprocally as quantities of value.
すべての商品は、価値のある商品と同じ商品で自分自身を反映し
<すべてのコモディティをミラーリングすることで>、価値の量として相互に反映されます。

But the natural forms which they possess as objects of use count for them reciprocally as forms of appearance of value only over this detour, and consequently not in an immediate way. They are not for that reason immediately exchangeable just because of the way they immediately are.
しかし、彼らが使用する目的として持っている自然の形式は、この迂回路を越えて価値の出現の形式として相互に価値あるものに数えられ、その結果即座にではありません。 その理由から、すぐに交換できるのはその理由だけではありません。

Thus they do not possess the form of immediate exchangeability for one another; i.e., their socially valid form is a mediated one.
したがって、彼らはお互いに即座の交換可能性の形を持っていません。 すなわち、その社会的に有効な形態は、媒介された形態である。

It is the other way around. It is through the fact that all other commodities relate themselves to linen as form of appearance of value, that the natural form of linen becomes the form of its immediate exchangeability with all commodities ? and consequently its universal social form in an immediate way.
それは別の方法です。 他のすべての商品は、価値の出現の形態としてのリネンに関連しており、リネンの自然な形態は、すべての商品との即時の交換可能性の形になり、結果としてその普遍的な社会的形態が直ちに生じる。

 ⑧A commodity only acquires the universal Equivalent-form because and insofar as it serves all other commodities in the manifesting of their universal relative (and hence not immediate) value-form.
 ⑧商品は、その普遍的な相対的な(したがって、即時ではない)価値形態の現れにおいて、他のすべての商品に役立つ限り、また、その限りでは、普遍的な同等の形態を獲得するだけである。

Commodities, however, have to endow themselves with relative value-form in general, because their natural-forms are only their forms of use-value, and they have to endow themselves with unified (and hence universal) relative value-forms in order for all of them to relate to one another as values, as homogeneous coagulations of human labour.
しかし、コモディティは、一般的には相対的価値形式を持っていなければならない。
なぜなら、その自然形式はその使用価値の形式だけであり、統一された(したがって普遍的な)相対価値形式を持たなければならないからである。 それらのすべては、人間労働の均質な凝固として、互いの価値に関連している。

A single commodity, therefore, only finds itself in the form of immediate exchangeability with all other commodities, and therefore in immediately social form, because and insofar as all other commodities do not find themselves therein, or because the commodity by its very nature does not in general find itself in an immediately exchangeable or social form, by virtue of the fact that its immediate form is the form of its use-value, not of its value.
従って、単一の商品は他の商品との即時の交換可能性の形でしか見えないので、他の商品がその商品に含まれていない限り、 一般的な即時型はその価値のものではなく、その使用価値の形式であるという事実のために、即座に交換可能であるか社会的な形態であることがわかる。

 ⑨One does not by any means actually detect in the form of universal immediate exchangeability that it is a contradictory form of commodity: just as inseparable from the form of not immediate exchangeability as the positivity of one pole of a magnet is from the negativity of the other. Consequently, one can imagine that one could impress the mark of immediate exchangeability on all commodities at the same time, just as one can also imagine that one could make all workers into capitalists.
 ⑨一方では、実際に普遍的な即時交換可能性という形で商品の矛盾した形態であることが実際に検出されるわけではない:磁石の一方の極の陽性は他方の陰性からのものであるからです。 したがって、すべての労働者を資本家にすることができると想像できるように、同時にすべての商品に即時交換可能性の印を印象付けることができると想像できてしまうのです。

Actually, however, universal relative value-form and universal Equivalent-form are the contradictory, reciprocally-presupposing and reciprocally repelling poles of the very same social form of commodities.
しかし、実際には、普遍的な相対価値形式と普遍的な等価形式は、全く同じ社会的形態の商品の相反的で、相互に前提を置いて反復的に反発する極である。

 ⑩As immediate social materialization of labour, linen is (as the universal Equivalent) materialization of immediately social labour, while other bodies of commodities, which represent their value in linen, are materializations of not-immediately social labours.
 ⑩リネンは直ちに社会的労働の社会的実現化として(普遍的な同等のものとして)実体化されているが、リネンでその価値を表す他の商品は、直ちに社会的労働ではない現実化である。

 ⑪Actually, all use-values are only commodities because they are products of private labours which are independent of one another private labours which, however, depend materially upon one another as particular members (even though rendered self-sufficient) of the primordial system of division of labour. In this fashion, they hang together socially precisely through their differentiation, their particular usefulness. That is exactly the reason why they produce qualitatively differing use-values.
 ⑪実際には、すべての使用価値は商品であり、民間労働者の製品であるが、分業体制の原始的な体系の特定の構成員(相互に独立しているとはいえ)の労働は、このようにして、彼らは彼らの差別化、特にその有用性によって、社会的に正確に結びついています。 それが、質的に異なる使用価値を生み出す理由です。

 ⑫If they did not, then these use-values would not become commodities for one another. On the other hand, this differing useful quality does not yet make products into commodities.
 ⑫彼らがそうしなければ、これらの使用価値はお互いのための商品にならないでしょう。 他方で、この異なる有用な品質はまだ製品を商品にしていない。

If a peasant family produces coat, linen and wheat for its own consumption, then these things confront the family as differing products of their family labour, but do not confront one another reciprocally as commodities. If the commodity were immediately social (i.e., common) labour, then the products would acquire the immediately social character of a common product for its producers, but not the character of commodities for one another.
農民家族がコート、リネン、小麦を自ら消費する場合、これらは家庭労働の異なる製品として家族に直面するが、商品として相互に対立しない。 商品が直ちに社会的(すなわち共通)の労働であった場合、製品はその生産者にとって共通の製品の直ちに社会的特性を獲得するが、相互の商品の特性は獲得しない。

Nevertheless, we do not have far to seek, in this case, for that in which the social form of the private labours consists, which are contained in the commodities and are independent of one another.
それにもかかわらず、私たちは、この場合、私的労働の社会的形態が成立し、商品に含まれ、互いに独立しているものについては、それほど遠くまで追求する必要はない。

It already yielded itself out of the analysis of the commodity. The commodities’ social form is their relationship to one another as equal labour; hence ? since the equality of toto coelo [utterly] different labours can only consist in an abstraction from their inequality their relationship to one another as human labour in general: expenditures of human labour-power, which is what all human labours ? whatever their content and their mode of operation ? actually are.
それはすでに商品の分析からそれ自体を産出した。
商品の社会的形態は、同等な労働としての互いの関係です。 それゆえ、全く異なる労働の同等性は、その不平等から人間の一般的な関係を抽象化するだけであり、人間の労働力の支出は--すべてが人間労働である。しかし、それらの動作モードは実際には異なります。

In each social form of labour, the labours of different individuals are related to one another as human labours too, but in this case this relating itself counts as the specifically social form of the labours. Now none of these private labours in its natural form possesses this specifically social form of abstract human labour, just as little as the commodity in its natural form possesses the social form of mere coagulation of labour, or value.
それぞれの社会的形態の労働において、異なる個人の労働は人間の労働としても互いに関係しているが、この場合には、それ自体が労働の具体的な社会的形態とみなされる。 現在のところ、これらの私的労働は、その自然な形態の商品が労働や価値の単なる凝固という社会的形態を保有しているのと同じくらい、この抽象的な人間的労働の具体的な社会的形態を保有していません。

However, through the fact that the natural form of a commodity (linen, in this case) becomes a universal Equivalent-form because all other commodities relate themselves to this natural form as the appearance-form of their own value, hence linen-weaving also turns into a universal form of realization of abstract human labour or into labour of immediately social form.
しかし、商品の自然な形態(この場合、リネン)は、他のすべての商品がこの自然な形態に自分自身の価値の出現形態として関連しているため、リネン織りは、 抽象的人間労働の実現の普遍的形態に、またはすぐに社会的な形態の労働に変わる。

 <江夏訳 「しかし、ある商品の現物形態、ここではリンネルの現物形態が、
 すべての他商品がそれら自身の価値の現象形態としてのリンネルに関係するが
 ゆえに、一般的な等価形態になる、という事情からして、リンネル織りもま
 た、抽象的な、人間的な、労働の・一般的な実現形態に、すなわち直接的に社
 会的形態にある労働に、なるわけである。」<江夏訳P53原P32>

 <杉本ーー江夏訳は、ここで、等価形態という用語が原文に無いーー
 にもかかわらず、表現している。今村訳も同じくであります。
 この誤訳のお陰で、「商品の自然な形態(この場合、リネン)は、他のすべて
 の商品がこの自然な形態に自分自身の価値の出現形態として関連しているた
 め、」--すなわち一般的な相対的価値形態の形成があることで、その反対極で
 「リネン織りは、 抽象的人間労働の実現の普遍的形態に、またはすぐに社会
 的な形態の労働に変わる」・そのことで、<一般的な等価形態>が形成され
 るーーという関連性が、消され、単なる等価形態がまず有りき・・とされてい
 ます。

The standard of ‘socialness’ must be borrowed from the nature of those relationships which are proper to each mode of production,
and not from conceptions which are foreign to it.
「社会性」の基準は、それぞれの生産様式にふさわしい関係の性質から借用されなければならず、それに対して外国のことばである概念からではない。

Just as we demonstrated earlier that the commodity naturally excludes the immediate form of universal exchange-ability and that the universal Equivalent-form consequently can only develop in a contradictory way, so the same thing holds for the private labours lurking in the commodities.
先に実証したように、商品は当然の形で普遍的な交換能力を自然に排除し、普遍的な等価形態は結果的に矛盾した形でしか発展できないので、商品に潜む私的労働にも同じことが当てはまる。

Since they are not-immediately social labour, in the first place the social form is a form which differs from the natural forms of the real, useful labours and is foreign to them and abstract; and in the second place, all kinds of private labour obtain their social character only In a contradictory way, by all being equated to one exclusive kind of private labour (linen-weaving, in this case).
彼らはすぐには社会的労働ではないので、まず社会形態は現実的で有用な労働の自然な形態とは異なる形態であり、それらには異質で抽象的である。
第二に、すべての種類の私的労働は、唯一の排他的な種類の私的労働(この場合、リネン織り)とみなされることによって、相反する方法で彼らの社会的性格を得るだけである。

This latter thereby becomes the immediate and universal form of appearance of abstract human labour and thereby labour in immediately social form. It manifests itself consequently also in a product which is socially valid and universally exchangeable.
それによって、この後者は抽象的人間の労働の即時かつ普遍的な形態になり、それによって直ちに社会的形態で< thereby labour>働く。 その結果、社会的に妥当で普遍的に交換可能な製品にも、その事が--現れます。

 ⑬The illusion as if the equivalent-form of a commodity resulted from its own corporeal nature instead of being a mere reflex of the relationships of other commodities: this illusion strengthens itself with the continuing development of the singular Equivalent to the universal, because the contradictory vectors of the value-form no longer develop equally for the commodities which are related to one another, because the universal Equivalent-form separates a commodity off as something totally secluded from all other commodities, and finally because this (the commodity’s form) is actually no longer the product of the relationship of any singular commodity.
 ⑬他の商品との関係の単なる反射ではなく、それ自体の体質的性質から生まれたかの商品の同等形態のような錯覚:この幻想は、ユニバーサルと同等の発展を続けることで強化される。
普遍的な等価形態は、商品を他のすべての商品から完全に隔離されたものとして分離し、最終的にこれ(商品の形式)が実際には存在しないために、価値の形式のもう一つの部分は、 単一の商品の関係の製品をより長くする。

 ⑭From our present standpoint the universal Equivalent has not yet by any means ossified, however. What was the way in which linen was metamorphosed into the universal Equivalent, actually?
 ⑭我々の現在の立場からは、普遍的な等価物はまだ化石化されていない。 リネンがユニバーサル相当品に変身したのはどうして--でしたか?

By the fact that it displayed its value, first in one single commodity (form I), then in all other commodities in order in a relative way (form II), and thereby all other commodities reflexively displayed their values in it in a relative way (form III).
事実、それはその商品の価値を最初に一つの商品(I形)で表示し、次に他のすべての商品では相対的な形で(II形)、それによって他のすべての商品は反射的に価値を相対的に表示した (形態III)。

The simple relative value-expression was the seed out of which the universal Equivalent-form of linen developed. It changes its role within this development.
単純な相対価値表現は、普遍的な同等形態のリネンが開発された種であった。 それはこの開発の中で役割を変えます。

It begins by displaying its amount of value in one other commodity and ends by serving as material for the value-expression of all other commodities.
それは、ある他の商品にその価値大きさを表示することから始まり、他のすべての商品の価値表現の材料として役立ちます。

What holds for linen holds for every commodity.
In its developed relative value-expression (form II) ? which only consists of its many, simple value-expressions ? the linen does not yet figure as universal Equivalent.
リネンが、何をえたのか--といえば、すべての商品のためにリネンが保持しているものですよ。
開発された相対価値表現(フォームII)では、その多くの単純な価値表現だけで構成されていますが、リネンはまだ普遍的な等価とは見なされていません。

Rather, every other commodity-body forms in this case linen’s Equivalent , is thereby immediately exchangeable with it and is therefore able to change places with it.
むしろ、この場合リネンの等価である他のすべての商品本体は、それによって即座に交換可能で、したがそれを使用して場所を変更することができる。

So we obtain finally:
だから私たちは最終的に得ます:

Form IV:

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





 

   初版 商品 ①

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 5月25日(金)20時07分19秒
返信・引用 編集済
    https://www.marxists.org/archive/marx/works/1867-c1/commodity.htm
   グーグル英和訳ソフト Google 翻訳   https://translate.google.co.jp/?hl=ja

  商品
これは、最初のドイツ語版のCapitalの第1章Albert Dragstedtによる英訳です。現代版のCapitalは、第2版以降の第1章を持っています。
出典:Albert Dragstedt、Value:Studies by Karl Marx、New Park Publications、London、1976、pp。7-40。転写される:Steve Palmer

資本主義的生産様式が普及している豊かな社会は、「巨大な商品群」として現れ、単一の商品は基本的な富の形態として現れる。私たちの調査は、商品の分析に応じて開始されます。
   ーーー中略ーーー
私たちが調査したことは、商品(リネン)の価値の相対的な大きさの変化が、それ自体の価値の大きさの変化を反映しているかどうかであり、その定量的側面のみに基づいて相対価値を調査しました。今度はその形に変わります。相対値がフォームである場合に値が現れる請求項の等価性のために、次に式2件の商品(例えば、X商品Bの商品Aのが= Y、または麻の20ヤード= 1コート)である相対的価値の単純な形態。

 ① Ⅰ 最初または相対価値の単純な形式:
   麻の20ヤード= 1つのコート(X の 商品A、商品Bの= Y)。
 このフォームは単純なので、分析するのがむしろ困難です。
それに含まれるさまざまな仕様は、隠されており、抽象的な未開発であり、その結果、抽象化の力をかなり強く適用することによってのみ区別することができます。しかし少なくともこれは、20ヤードのリネン= 1コート、または20ヤードのリネン= xコートであっても、その形態は同じであることは、一見して明らかです。

 ②Linen makes its earthly appearance in the shape of a use-value or useful thing.
Its stiff-as-linen corporeality or natural form is consequently not its form of value, but its direct opposite. It reveals its own reality as value immediately by relating itself to another commodity (the coat) as equal to itself.
 ②リネンは、その価値や有用なものの形をして、その地上の姿を現します。
それゆえに、その堅いas as linenの体質や自然形態は、その価値形態ではなく、その正反対です。それは、それ自体に等しい他の商品(コート)にそれ自体を関連付けることによって、価値としての自分自身の現実を明らかにする。

If it were not itself value, then it could not relate itself to coat (as value) as its own sort of thing. It posits itself as qualitatively equal to the coat, by relating itself to it as objectification of human labour of the same species, i.e., of its own value-substance; and it posits itself as equal to only one coat instead of x coats, because it is not just value in general, but value of a specific magnitude ? and a coat, however, contains precisely just so much labour as 20 yards of linen.
それ自体が価値がないのであれば、独自のものとして(価値として)コートに関係することはできません。同種の人間の労働の客観化、すなわちそれ自体の価値の物質としてそれ自体をそれに関連づけることによって、それはコートと質的に同等であると自認する。それは一般的に単なる価値ではなく、特定の大きさの価値である - そしてコートは、20ヤードのリネンほどの労力を正確に含んでいるため、xコートの代わりに1コートと同等であると考えます。

By this relationship to the coat, linen swats different flies with one stroke. By equating the other commodity to itself as value, it relates itself to itself as value.
コートとのこの関係によって、リネンは1回のストロークで異なるハエを揺るがします。他のコモディティを価値として自分自身と同等にすることによって、それ自体を価値として関連付ける。

By relating itself to itself as value, it distinguishes itself from itself as use-value, at the same time.
自分自身を価値として関連づけることによって、それは同時に自分自身と使用価値として区別されます。

By expressing its magnitude of value in the coat (and magnitude of value is both things: value in general, and quantitatively measured value), it endows its reality as value with a form of value which differs from its immediate existence.
コートの価値の大きさ(そして価値の大きさは一般的な価値と定量的な価値の両方である)を表現することによって、自身の即時の存在とは異なる価値形態であり、その価値としての現実を与えます。

By revealing itself in this manner as a thing which is differentiated within itself, it reveals itself for the first time really as a commodity ? a useful thing which is at the same time value.
このように自分自身の内で差別化されているものとして自らを明らかにすることによって、それは本当に商品として初めて ーーそれは同時に価値のある有用なものであるーーことを明らかにする。

Insofar as linen is use-value, it is an independent thing. Its value appears, on the other hand only in relationship to another commodity (e.g., the coat), which a coat is, is qualitatively equated to it (the linen), and consequently in some specific quantity counts as equivalent to it, replaces it and is exchangeable for it.
リネンが使用価値である限り、それは独立したものです。その価値は、他方では、コートがある別の商品との関係においてのみ(リネン)と定性的に同等であるため、それに相当するいくつかの特定の数量において現れるそれと交換可能です。

Hence, value only acquires an individual form which is different from use-value only through its manifestation as exchange-value.
したがって、価値は、交換価値としてのその表現を通じてのみ、使用価値とは異なる個々の形態を獲得するだけである。

 ③コートでのリネンの価値の表現は、コートそのものに新しい形態を印づけます。結局、リネンの価値形態の意味は何ですか?コートが交換可能であることは明らかです。
他に何が起こっても、そのことがらは、自然な形態(コート)で、他の商品との直接的交換可能性、交換可能な使用価値の形式、または等価物を示します。
この等価物の規定では、商品があるという事実だけでなく、含まれている値であり、すべてで、それはその中にいるという事実であり、肉体的形状(その使用価値)を、別の商品の価値としてカウントし、その結果、手元にすぐにある交換価値としての用を他の商品に対して果たしています。

 <以下は、英文入りで、編集してみた。>
 ④As value, linen is composed exclusively of labour, and forms a transparently crystallized precipitate of labour. In reality this crystal is very murky, however. In so far as labour is detectable in it (and not every embodiment of commodity reveals the trace of labour), it is not some undifferentiated human labour, but rather: weaving, spinning, etc. ? which, in addition, are by no means the only components of its substance but of course are leavened with matter derived from nature.
 ④リネンが、価値としては、労働だけで構成され、透明で結晶化した労働の沈殿物を形成します。
実際には、この結晶は非常に暗いです。労働がそこに検出可能である限り(商品のすべての実施形態が労働の痕跡を明らかにするわけではない)、それは未分化の人間の労働ではなく、むしろ、製織、紡績などである。その物質の唯一の成分ですが、もちろん自然由来の物質で発酵しています。

In order to retain linen as a merely corporeal expression of human labour one has to abstract from all that which makes it to be really a thing.
リネンを人間労働の単なる抽象的表現として保持するためには、それを本当に物事にするすべてのものから抽象化しなければならない。

Any objectivity of human labour which is itself abstract (i.e., without any additional quality and content) is necessarily an abstract objectivity ? a thing of thought. In that fashion, a web of flax turns into a chimera.
抽象的な(すなわち、いかなる追加の品質や内容もなく)人間の労働力の客観性は、必然的に抽象的な客観性 - 思考のものである。そのようにして、亜麻の網はキメラ<まぼろし>に変わります。

But commodities are objects. They have to be what they are in an object-like way or else reveal it in their own object-like relationships.
しかし、商品はオブジェクト<物象>です。
彼らは、彼らがオブジェクト<物象>のようなやり方であるか、そうでなければ自分のオブジェクトのような関係<物象的関係>でそれを明らかにする必要があります。

In the production of linen, a particular quantum of human labour exists in having been expended. The linen’s value is the merely objective reflection of the labour so expended, but it is not reflected in the body of the linen.
リネンの生産では、人間の労働力の特定の量が消費されています。
リネンの価値は、そのように費やされた労働の単なる客観的な反映ですが、リネンの体には反映されません。

It reveals itself (i.e., acquires a sensual expression) by its value-relationship to the coat.
それはコートとの価値関係によってそれ自体を明らかにする(すなわち官能的な表現を得る)。

By the linen’s equating the coat to itself as value ? while at the same time distinguishing itself from the coat as object of use ? what happens is that the coat becomes the form of appearance of linen-value as opposed to linen-body: its value-form as distinguished from its natural form.

リネンが価値としてのコートをそれと同等にすることによって、同時に使用目的としてコートから区別されると、何が起こるかは、コートがリネンボディとは対照的にリネン価値の出現形態になるということです:その自然の形とは区別されたリネンの価値形態を持っています。⑱

  <リネン価値の出現形態になるーーを既存訳は、「リネン価値の現象形態」ーーと訳している。>

 ⑤相対的価値表現:20ヤードのリネン= 1コート(または、xリネンはコートの価値がある)の場合、コートは価値のあるまたは労働の凝固物としてしかカウントされないと認めなければならないが、しかし、価値関係はコートを、労働の凝固物、およびその凝固のために人間労働の凝固形態としてのみコートを扱う。(⑱a)

使用価値コートはリネン価値の出現形態にしかならない。
なぜなら、リネンは、抽象的な人間の労働を即時に実現するためにコートの材料に関係するため、オブジェクト化されたものと同じ種類の労働に関係するリネン自体の中にある。
対象とされ、例示される(コート)は、同じ種類の人間の労働の感覚的に触知可能なオブジェクト化として、それゆえ自然な形で価値としてカウントされます。コートと同じエッセンスの価値があるので、自然形態のコートは、それによって、自然的形態のままにに価値形態になります。
しかし、使用価値で表現されている労働は、単なる人間の労働ではなく、むしろ特定の有用な労働である。単純な人間の労働(人間の労働力の支出)は、それぞれのすべての決定を受け入れることができますが、それは真実ですが、それ自体のためだけに決定されません。それは、決定され特定された労働として決定された形で人間労働が消費されるとすぐに実現し、客観化することができます。
なぜなら、それは、労働がそれ自体を客観化する外的な物質である、何らかの自然の存在によって直面することができる決定され特定された労働であるからです。
ヘーゲルの意味での「コンセプト」は、外的な材料なしでそれ自身を客観化することだけです。[1]

 ⑥時間は、人間の労働の直接的な現れ形としての仕立て労働に関係なく、価値または肉体化された人間の労働として、コートに関連付けることはできません。
しかし、リネンにとって重要な使用価値コートの面は、ウールの快適さ、ボタンアップされたエッセンス、またはそれを使用価値としてマークする他の有用な品質ではない。
コートは、その澱粉質の使用 - 客観性とは区別されるように、リネンの価値 - 客観性を表すためにのみ、リネンに対してのみ使用される。それがassa foetidaや化粧品、または靴磨きでその価値を表明したならば、同じ目的を達成することができました。
仕立て労働は、あまりにも、それだけあれば、それはのように存在するように、意図的生産労働であり、その結果、しない限り、リネンの値を持つ確定労働、フォーム実現の、客体の方法の一般的に人間の労働。リネンはむしろコートよりも靴墨でその価値を表現した場合、研磨作りはそれとしてカウントされる抽象的人間労働の代わりに、仕立て労働の実現形態となる。
したがって、価値形態や商品形態は、抽象的人間労働の実現の直接的な形態として、それに含まれる具体的有用労働に他の商品が関連することによって成立してくるのであり、そのことに依拠して価値の出現形態または等価物になるのです。

⑦ー① We stand here at the jumping-off point of all difficulties which hinder the understanding of value-form.
 私たちはここで、価値形態の理解を妨げるすべての困難の出発点にあります。

②It is relatively easy to distinguish the value of the commodity from its use-value, or the labour which forms the use-value from that same labour insofar as it is merely reckoned as the expenditure of human labour power in the commodity-value.
それは、商品の価値の人間労働の問題としてだけに期待されている限り、その使用価値または同じ作業の使用価値を作る作業から商品の価値を区別することは比較的容易です。

③If one considers commodity or labour in the one form, then one fails to consider it in the other, and vice versa.
商品を見たり、ある形で仕事をすると、他の形でそれを考慮したり、その逆もありません。

④These abstract opposites fall apart on their own, and hence are easy to keep separate.
これらの抽象的な対立は、自明であり、したがって分離しやすい。

⑤It is different with the value-form which exists only in the relationship of commodity to commodity.
商品と商品との関係にのみ存在する価値形態とは状況が異なります。

⑥The use-value or commodity-body is here playing a new role.
It is turning into the form of appearance of the commodity-value, thus of its own opposite.
ここでは、使用価値または商品本体が新たな役割を果たします。これは、商品の価値の現れ、すなわち、それ自体の反対です。

⑦Similarly, the concrete, useful labour contained in the use-value turns into its own opposite, to the mere form of realization of abstract human labour.
同様に、使用価値に含まれる具体的な有用労働は、抽象的人間労働の実現の単なる形となり、それとは反対のものになる。

⑧Instead of falling apart, the opposing determinations of the commodity are reflected against one another.
However incomprehensible this seems at first sight, it reveals itself upon further consideration to be necessary.
離れて落ちる代わりに、商品の相反する規定が反映されます。これは一見して、この理解ができないか分かりませんが、必要に応じてさらに検討する必要があります。

⑨The commodity is right from the start a dual thing, use-value and value,product of useful labour and abstract coagulate of labour.
商品は最初から二重のもので、使用価値であり価値、有用な仕事と抽象的人間労働の凝固産物です。

⑩In order to manifest itself as what it is, it must therefore double its form.
It possesses right from nature the form of a use-value. That is its natural form.
それが何であるかを明らかにするためには、その形式を一つではなく倍にする必要があります。それは、自然から使用価値の形の権利を持っています。 それはその自然な形です。

⑪It only earns a value form for itself for the first time in circulation with other commodities.
But its value-form has then to be itself an objective form.
    他の商品と一緒に流通して初めて価値形態だけを獲得する。
    しかし、その価値形態は、それ自体が客観的な形態である。

⑫The only objective forms of commodities are their use forms, their natural forms.
商品の唯一の客観的な形態は、その用途、その自然な形です。

⑬Now since the natural form of a commodity (e.g., linen) is the exact opposite of its value-form, it has to turn another natural form ーーthe natural form of another commodity ーー into its commodity form.

 独訳 Da nun die natürliche Form einer Ware (z. B. Leinen) das genaue Gegenteil ihrer Wertform ist,
    muss sie eine andere natürliche Form -

 英訳 die natürliche Form einer anderen Ware - in ihre Warenform umwandeln.
   製品(例えばリネン)の自然な形はその価値形態の正反対であるため、
   他の自然な形態(別の商品の自然な形)をその商品形態に変えなければなりません。

A thing that it cannot do immediately for itself it can do immediately for another commodity, and therefore by a detour for itself.
   それはすぐに別の商品のために、それゆえにそれ自身のための迂回路(回り道)に
   よってすぐにすることができます。

⑭It cannot express its value in its own body or in its own use-value, but it can relate itself to another use-value or commodity-body as an immediately existent value.
それは、自らの価値を自分自身の価値で表現することはできませんが、他の価値や商品を直接価値として参照することができます。

⑮but doubtless to that contained in another species of commodity as a mere form of realization of abstract it can relate itself not to the concrete labour contained in itself, it human labour.
For that, it only needs to equate the other commodity to itself as an Equivalent.
それは抽象的人間労働の単なる実現形態として、他商品の別の種に含まれていることに疑いはないが、それ自体に含まれる具体的な労働ではなく、それが人間労働であることに関連している可能性がある。そのためには、それは同等のものとして他の商品を自分自身と同一視するだけでよい。

⑯The use-value of a commodity only exists at all for another commodity insofar as it serves in this fashion for the form of appearance of its value.
商品の使用価値は、このように価値の出現形態で役立つ限り、他の商品に対してのみ存在します。

⑰If one considers only the quantitative relationship in the simple, relative value-expression: x commodity A = y commodity B, then one finds also only the laws developed above concerning the motion of relative value, which all rest upon the fact that the amount of value of commodities is determined by the labour-time required for their production.
シンプルな、相対価値式の量的関係でのみ見る:商品A = yの商品B、X、我々は相対価値の動きにのみトップに開発法律を見つけ、すべての事実に基づいてその商品の価値の量その生産に必要な労働時間によって決定される。

⑱But if one considers of both commodities in their qualitative aspect, then one discovers in that simple expression of value the mystery of value form, and hence, in nuce[2] of money.[3]
  既存訳 ーー<ところが、両商品の価値関係をそれの質的な側面から考察すると、上述の単純な価値表現のなかに、価値形態の秘密を、したがってまた、一言で言えば貨幣の秘密を、発見することになる(20)>
  英語版からの訳
<しかし、両方の商品の価値関係を質的側面で考えると、ここに、価値形態の謎をその価値形態の単純な表現で示される秘密と対比することで発見し[2]、ここに貨幣の謎があることが理解できる。[3]>

    註2.「ナッツ・シェル」。
     2. ‘In a nut-shell’; that is, potentially. ? A.D.
     多分in a nutshellだと思います。よく耳にする表現です。
     「簡単に言うと」「要するに」「手短にいうと」って言う意味ですね。
     何かを説明する時、文頭に"In a nutshell.."で始めたり、
     "OK. I'll put it in a nutshell."
    「手短に説明するわね」みたいな感じでも使います。
    註3.ヘーゲル以前の専門的な論理学者が、判断と推論のパラダイムで
     形式の内容を見落としていたように、
     経済学者が相対的価値<表現ーー誤訳>形態の形式的内容を見落
     としていることは驚くことではない(物質的利益の影響を受けている)。
     <杉本 既存訳「相対的価値表現の形式内容」であれば、両極の形態
     をとることであり、相対的価値形態の形式内容」であれば、「価値形態」
     が内実とされることで、価値表現がされるということです。>

 ⑧私たちの分析は、商品の相対的価値表現が2つの異なる価値形態を含むことを明らかにしました。
リネンはその価値とコートの価値の確定量を表しています。それは、他の商品との価値関係におけるその価値を明示し、したがって交換価値として明示します。
他方では、他の商品、すなわち相対的な方法でその価値を表現しているコートは、それと直ちに交換可能な等価物としての使用価値の形式を正確に得る。
両方の形式、すなわち一方の商品の相対価値形態、他方の同等の形態(等価形態)は、交換価値の形式です。両者は実際には、同じ相対的価値表現のベクトル(お互いに相互に条件付けされたもの)だけですが、同じに設定された2つの商品極の間の極のように分けられます。

 ⑨定量的決定は商品の等価形態には含まれない。(例えば、コートがリネンの同等物である)規定された関係は、同等の形態(等価形態)、すなわち、リネンとの直接的交換可能性の形態からではなく、労働時間による価値量の決定から生じる。リネンは結晶化した人間の労働量である特定のコート・クォンタムに関連することによって、コートで独自の価値を表すことができます。
この場合コート値の変化では、この関係も変化します。しかし、リネンの相対的な価値が変化するためには、それが存在しなければならず、それは所与のコート値でのみ形成することができる。
さて、リネンが1,2、またはxコートで独自の価値を表しているかどうかは、(この前提のもとでは)リネンのヤードの価値に完全に依存し、その値がコートの形で明示されるはずのヤードの数に左右されます。商品の価値の量は、他の商品の使用価値において相対価値としてしか表現することができません。
商品は、他方としてのみ(「等価」によって意味されるものである)直ちに交換可能な使用価値の形を求める材料である、別の商品で価値が表現されます。

 ⑩この区別は、その単純な形式または第一の形式の相対的な価値表現の特徴的な特質によって不明瞭である。
方程式:20ヤードのリネン= 1コート(または20ヤードのリネンはコートに値する)は、結局全く同じ式を含む:1コート= 20ヤードのリネン(または1コートは20ヤードのリネンの価値がある)であります。コート値が等価であるリネンの相対的な価値表現は、リネンが等価である場合のコートの相対的な価値表現を逆に含む。

 ⑪商品価値の価値形態またはその両方の表現の決定は、相対価値のみであるが、両者は同じ程度に相対的に現れるわけではない。
相対的価値ーー麻布(リネンの20ヤード= 1コート)の、交換価値を示すリネンは明白に現れる他の商品との関係である。コートに関しては、リネンはコート自体を価値形態(価値の現象形態)として、したがってそれ自身ですぐに交換可能なもの(リネン)として、リネンがコートと関連している限り、同等であることは明らかです。この関係の中でのみコートと等価です。
   <杉本 既存訳は全てが、ここが次の訳なのです。 >
  (「上着のほうもまた確かに、リンネルが自分自身の価値の現象形態
   としての上着に、したがって自分と直接的に交換可能なものとして
   の上着に、関係するかぎりでのみ、等価物なのである。この関係で
   のみ上着は等価物となる。」江夏訳P42原P22)
しかし、それは受動的に行われます。それは何のイニシアチブも握っていない。物事はそれ自体に関係しているので、それは関係で自分自身を見つけます。リネンとの関係のために構成されているキャラクターは、それ自身の関係の結果として出現するのではなく、それ自身の追加の活動なしで存在する。さらに、リネンがコートに関連する具体的な様式および様式は、コートに対して行うことの終わりに正確に適切であるが、それは控えめであるが、「プライドで怒ったテーラーの製品」ではない。
結局のところ、リネンは、現在の価値体としての、したがって抽象的人間労働の現実的顕現としてのコートに関連しています。
これは、リネンがこの特定のやり方でコートに関連している限りにおいて、これだけです。
同等物<等価物>として(コート)のその地位は、(言いたいことですが)麻布の反射決定[4]であるだけです。

  <英訳では、次のように行文が示されています。>
 ⑪Although both determinations of the value form or both modes of manifestation of the commodity-value as exchange-value are only relative, they do not both appear relative to the same degree. In the relative value of the linen (20 yards of linen = 1 coat), the exchange-value of linen is expressly manifested as its relationship to another commodity.

As far as the coat is concerned, it is admittedly an Equivalent insofar as linen is related to the coat as form of appearance of its own value, and hence as something immediately exchangeable with itself (the linen).

Only within this relationship is the coat an Equivalent. But it conducts itself passively.
  (江夏訳--既存訳はすべて同じ、けして間違っているとはいえない。
    しかし、次の対比をしてみよう。)

As far as the coat is concerned, it is admittedly an Equivalent insofar as linen is related to the coat as form of appearance of its own value,
    コートが関係している限り、それは、リネンがそれ自身の
    価値の出現形態<現象形態>としてコートと関連している限り、

   <しかし、次の文章が続くのです。①②③・・⑭>
    ①and hence as something immediately exchangeable
     with itself (the linen).
    それゆえに、直ちにそれ自身のものと交換可能なもの(リネン)
    としてです。
   ② it is admittedly an Equivalent insofar as linen
    is related to the coat as form
    リネンがフォームとしてのコートに関連している限り、それは明
    らかに同等である
   ③of appearance of its own value,
    それ自身の価値の出現形態<価値の現象形態ではない!>となり
   ④ and hence as something immediately exchangeable
    with itself (the linen).
    それゆえにすぐにそれ自身のもの(リネン)として、交換可能なものと
    してあります。
   ⑤Only within this relationship is the coat an
    Equivalent.
    この関係の中でのみコートと等価です。
   ⑥ But it conducts itself passively.
     しかし、それは受動的に行われます。
     It seizes no kind of initiative.
    それは何のイニシアチブも握っていない。
   ⑦It finds itself in relationship because things
     relate themselves to it.
    物事はそれ自体に関係しているので、それはこの関係で自分自身
    を見つけます。
   ⑧ The character which is constituted for it out of its relationship with the linen thus does not appear as the result of its own relating, but as present without any additional activity of its own.
   リネンとの関係のために構成されているキャラクターは、それ自
    身の関係の結果として出現するのではなく、それ自身の追加の活
    動なしで存在する。
   ⑨In addition, the specific mode and manner in which the linen relates to the coat is exactly appropriate to the end of doing it to the coat, however modest it be and however far from being the product of a ‘tailor run mad with pride’.
    さらに、リネンがコートに関連する具体的な態様および様式は、
    コートに対して行うことの終わりにまで、正確に適切であるが、
    それは控えめではあるけれど、「プライドで狂った裁縫師」の作
    品ではない。
   ⑩The linen, after all, relates itself to the coat as the sensually existing materialization of human labour in abstracto and hence as present value-body. It is this only because and insofar as the linen relates itself to the coat in this specific manner.
    結局のところリネンは、現在の価値体として抽象的人間の労働
    の現実的な顕現としてのコートに関連しています。
    これは、リネンがこの特定の方法でコートに関連している限り
    において、これだけです。
   ⑪ Its status as an Equivalent is (so to speak) only a reflection-determination[4]of linen.
    同等物としてのその地位は、(言いたいことですが)麻布の反射
    規定[4]であるだけです。
    <杉本 リネンの同等物=上着は価値として自らに等しいとの、
    リネンの反省規定された存在に過ぎず、等価物の形態ではない!
    形態規定されてはない。上着は価値の凝固物ーであるが、それだ
    けでは、リネンに対して直接的交換可能な形態を、上着は受け取
    れない>

   ⑫But the situation seems just the reverse. On the one hand, the coat does not take the trouble to relate itself to anything.
    しかし状況はちょうど逆のように見える。 一方では、コートは
    それ自体を何かに関連付けるのに苦労しません。
   ⑬On the other hand, the linen relates itself to the coat, not in order to make it into something, but because it is something quite apart from anything the linen might do.
     一方、リネンは、それを何かにするのではなく、リネンがする
     かもしれない何かからかなり離れていることで、コートと関連し
     ています。
    ⑭The resultant product of the linen’s relating to the coat (its Equivalent-form, its determinacy as an immediately exchangeable use-value) appears to belong to the coat in a corporeal way even outside the relating to the linen, in just the same way as its property of being able to keep people warm (for example).
     コートに関連するリネンの結果物
    (同等の形態、直ちに交換可能な使用価値としてのその規定性)
     は、まったく同じ方法で、リネンに関しても体系的な方法で
     コートに属するように見えるのであり、(例えば)暖かく保つ
     ことができるという特性のように、なのです。
      <杉本 これが、初版での等価形態の謎性 なのであります。>

In the first or simple form of relative value (20 yards of linen  one coat), this false seeming is not yet established, because this form expresses in an immediate way also the opposite, that the coat is an Equivalent of the linen, and that each of the two commodities only possesses this determination because and insofar as the other makes it into its own relative value-expression.[5]
      最初のまたは単純な形式の相対価値(20ヤードのリネン=1
     コート)では、このフォームはまだ確立されていません。この
     フォームは直ちに反対のものを表し、コートはリネンと等価で
     あるため、 2つの商品のそれぞれが、この決定を所有している
     のは、他方がそれ自身の相対的価値形態にするためであるから
     である[5]。

12段落
 ⑫In the simple form of relative value or the expression of the equivalence of two commodities, the development of the form of value is correspondent for both commodities, although in each case in the opposite direction. The relative value-expression is in addition identical with reference to each of both commodities, for the linen manifests its value in only one commodity (the coat) and vice versa, but this value expression is double for both commodities, different for each of the same. Finally, each of both commodities is only an Equivalent for the single other species of commodity, and thus only a single Equivalent.
 ⑫単純な形式の相対価値や2つの商品の等価性の表現では、いずれの場合も反対の方向であるが、価値形態の発展は両方の商品に対応している。価値等式が追加され、同一の麻のみにその値を明示するために、両方の商品のそれぞれを参照して、1商品(コート)およびその逆が、この価値表現は、二重のための両方のそれぞれについて別々であり、両方の商品ともに役立ちは異なります。
最後に、両方の商品のそれぞれは、他の単一の商品種の同等物にすぎず、したがって、同等のものは1つだけです。

 ⑬Such an equation as ‘20 yards of linen = 1 coat’ (or twenty yards of linen are worth one coat) evidently expresses the value of the commodity in only a very limited and one-sided way. If I compare the linen, for example, with other commodities instead of coats, then I also obtain other relative value-expressions, other equations (like 20 yards of linen = u coffee; 20 yards of linen = v tea, etc.). The linen has just as many different relative value-expressions as there exist commodities different from it, and the number of its relative value-expressions constantly increases with the number of kinds of commodities which newly enter into existence.
 ⑬「20ヤードのリネン= 1コート」(または20ヤードのリネンは 1コートの価値がある)のような式は、商品の価値を明らかに非常に限られた一方的な方法で表しているだけである。例えば、リネンをコートの代わりに他の商品と比較すると、他の相対的価値表現である、他の等式(リネン=コーヒー20ヤード、リネン= vティーなど20ヤードなど)も得られます。
リネンはそれとは異なる商品と同じくらい多くの 異なった相対価値表現を持ち、相対的価値表現の数は、新たに生まれた商品の種類の数とともに絶えず増加している。(原P24)

 ⑭The first form (20 yards of linen = 1 coat) yielded two relative expressions for the value of two commodities. This second form yields the most variegated mosaic of relative expressions for the value of the same commodity. In addition, there seems to be nothing gained either for the expression of the amount of value (for the amount of value of linen ? which obviously remains the same in every expression ? is just as exhaustively expressed in ‘20 yards of linen = 1 coat’ as in ‘20 yards of linen = u coffee, etc.’), the coffee and the etcetera are only single Equivalents, just as the coat was.
 ⑭最初の形式(20ヤードのリネン= 1コート)は、2つの商品の価値について2 つの相対的表現をもたらした。この第2の形式は、同じ商品の価値に対する相対的表現の最も多彩なモザイクをもたらす。また、得られたものとすることがないように思われるいずれかの発現のための量のための値(値の量は明らかにすべての式において同じまま- -同じように徹底的リネンの'20ヤードで表され= 1つのコートリネンの'20ヤードのリネン=コーヒーなど'のように)、コーヒーやその他は、コートがそうであったように、単一の同等物である。

 ⑮Nevertheless, this second form contains within itself an essential development of form. For latent in it is, after all, not only the fact that linen happens to express its value at one time in coats, and at another in coffee, etc., but the fact that it expresses its value as much in coats as in coffee, etc.: either in this commodity or that or the third, etc. The continuing determination is revealed as soon as this second or developed form of the relative value-expression is manifested in its connection. We obtain then:
 ⑮それにもかかわらず、この第2の形態は、それ自体の中で形態の本質的な発展を含んでいる。潜在的には、結局のところ、リネンが一度にコートやコーヒーなどでその価値を表現しているだけでなく、コーヒーのようにコートの価値を表現しているという事実、等:のいずれかでこの商品またはその若しくは第三の商品等でも表現されるということでもある。、この第二は、すでに明らかにされている相対的価値形態は、その接続に現れます。
そのとき、われわれは次の形態をえることになる。

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     Ⅱ 相対的価値形態の第二のまたは展開された形態
        <略>
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  III. Third, reversed or reciprocal second form of relative value:

  1 coat  = 20 yards of linen
  u coffee =   "
  v tea    =   "
  x iron   =   "
  y wheat etc.=   "

 ①The relative value-expression returns at this point to its original form: 1 coat = 20 yards of linen. Now, however, this simple equation is further developed. Originally it only contained the fact that the value of the coat obtains through its expression in another commodity a form which is different from and independent of the exchange-value coat or even the body of the coat. Now the very same form manifests the coat with respect to all other commodities whatsoever as value. Not only the coat, but also coffee, iron, wheat, in a word, all other commodities express their value in the material, linen. In this way, all manifest themselves to one another as the same materialization of human labour.
①相対価値表現は、この時点で元の形に戻ります:1コート= 20ヤードのリネン。
しかし、今、この簡単な方程式がさらに開発されています。
もともと、それは、コートの価値が他の商品の表現を通じて、交換価値コートまたはコートの本体とは異なる独立した形態を得るという事実のみを含んでいた。

今ではまったく同じ形が、価値あるものとして他のすべての商品に関するコートを明示しています。 コートだけでなく、コーヒー、鉄、小麦、言い換えれば、他のすべての商品は、素材、リネンの価値を表しています。 このようにして、すべてが人間労働の同じ物質化として互いに出現します。

They are henceforward only quantitatively different, which is the reason why one coat, u coffee, x iron, etc. i.e., different quanta of these different things ? equal 20 yards of linen (equal to the same quantum of objectified human labour). It is through their common value-expression in the material, linen, therefore, that all commodities differ as exchange-values from their own use-values and relate at the same time to one another as amounts of value, equate themselves qualitatively to one another, and compare themselves quantitatively. Only in this unified relative value-expression do they all appear for the first time as values for one another, and their value consequently obtains for the first time its corresponding form of appearance as exchange-value. As opposed to the developed form of relative value (form II) which manifests the value of a commodity in the environment of all other commodities, we call this unified value-expression the universal relative form of value.
彼らはそれ以来、定量的に異なっており、これは1つのコート、uコーヒー、x鉄など、すなわちこれらの異なる物の異なる量は、20ヤードのリネン(客観的な人工労働の同じ量子に等しい)に等しい。

それゆえ、すべてのコモディティは、自分たちの使用価値と交換価値として異なっており、同時に価値の量としてお互いに関連し、互いを定性的に見なす 、定量的に比較する。

この統一された相対的な価値表現においてのみ、それらはすべて互いの値として最初に出現し、結果的にその価値は最初に交換価値としての対応する形式を得る。 他のすべての商品の環境における商品の価値を明らかにする発展した相対価値(形式II)の形態とは対照的に、この統一的価値表現を普遍的〈一般的〉な相対的価値形態と呼んでいます。

 ②In form II (20 yards of linen = 1 coat or = u coffee, or v tea or x iron, etc.), the form in which the linen develops its relative value-expression, it relates itself to each individual commodity (coat, coffee, etc.) as a specific Equivalent, and to all of them together as to the environment of its specific forms of the Equivalent. No individual species of commodity counts any longer with respect to the linen as simple Equivalent, as in the particular Equivalent, but only as specific Equivalent whereby the one Equivalent excludes the other.
②リネンが相対的価値表現を生み出す形態II(20ヤードのリネン= 1コートか=コーヒーかvティーか×アイアンかなど)では、それは個々の商品(コート、コーヒーなど)を特定の等価物として、またそのすべてを特定の形態の等価物の環境に関して一緒に使用することができます。

商品の個々の種は、リネンに関しては、特定の同等物の場合と同様に単純な同等物として、もはや考慮されないが、特定の等価物としてのみ等価物であるので、等価物はその他を除外する。

In form III (which is the reciprocal second form, and is therefore contained in it), the linen appears on the other hand as the general form of the Equivalent for all other commodities. It is as if alongside and external to lions, tigers, rabbits, and all other actual animals, which form when grouped together the various kinds, species, subspecies, families etc. of the animal kingdom, there existed also in addition the animal, the individual incarnation of the entire animal kingdom.
フォームIII(これは相反する第2の形態であり、したがってそれに含まれる)では、リネンは、他のすべての商品の等価物の一般的な形態として、他方で現れる。それはライオン、トラ、ウサギ、および動物の王国の様々な種類、種、亜種、家族などを一緒にグループ化するときに形成される他のすべての実際の動物の横に並んでいるかのように、動物、動物界全体の個体化です。

Such a particular which contains within itself all really present species of the same entity is a universal (like animal, god, etc.). Just as linen consequently became an individual Equivalent by the fact that one other commodity related itself to it as form of appearance of value, that is the way linen becomes ? as the form of appearance of value common to all commodities ? the universal Equivalent universal value-body, universal materialization of abstract human labour. The specific labour materialized in it now thereby counts as universal form of realization of human labour, as universal labour.
同じエンティティの実際に存在するすべての種をそれ自身の中に含むような特定のものは、普遍的(動物、神などのようなもの)です。その結果、リネンは、価値の出現(現象ではない)形式として、他の商品がそれに関連しているという事実によって、リネンが個人になったのと同じように、リネンは - すべての商品に共通の価値の出現--形態 - ユニバーサルな同等で抽象的人間労働の普遍的な実体化です。
それによって、リネンに具体化された特定の労働は、今や普遍的な労働としての人間の労働の実現の普遍的形態として数えられる。

 ③During the process in which the value of commodity A is displayed in commodity B (whereby commodity B becomes a single Equivalent), it was indifferent of what specific type commodity B happened to be. The corporeality of commodity B only had to be of a different species than that of commodity A, and therefore had also to be a product of other useful labour. By the coat’s displaying its value in linen, it related itself to linen as the realized human labour, and precisely thereby related itself to linen-weaving as the realization-form of human labour, but the specific determinacy which distinguishes linen-weaving from other kinds of labour was completely indifferent. It only had to be of another kind than tailoring and in any case had to be a specific kind of labour. It is otherwise as soon as linen becomes a universal Equivalent.
③コモディティAの価値がコモディティBに表示される過程(コモディティBは一つの等価物になる)の過程で、コモディティBが、どのような特定のタイプになったのかには無関心であった。

商品Bの身体は、商品Aと異なる種でなければならず、したがって、他の有用な労働の産物でなければならなかった。コートがリネンでその価値を示すことによって、それは実現された人間の労働としてリネンに関連し、それによって正確には人間の労働の実現形態としてのリネン織りに関連するが、リネン織りを他の種類と区別する特定の定められた労働に完全に無関心だった。どのような場合でも特定の種類の労働でなければなりませんでした。そうでないのは、リネンが普遍的な〈一般的〉等価物になるやいなやです。

This use-value  in its special determinacy through which it is linen as opposed to all other kinds of commodities (coffee, iron, etc.) now becomes the universal form of value of all other commodities and hence a universal Equivalent. The particular useful kind of labour manifested in it therefore now counts as universal form of realization of human labour, as universal labour precisely insofar as it is labour of particular determinacy: linen weaving as opposed, not only to tailoring, but to coffee growing, mining, and all other kinds of labour. On the other hand, all other kinds of labour count (in the relative value-expression of linen ? the universal Equivalent: form II), henceforth only as particular forms of realization of human labour.
この使用価値は、他のすべての種類の商品(コーヒー、鉄など)とは対照的に、リネンである特別な決定においては、他のすべての商品のユニバーサルな形態となり、ユニバーサルな同等価値となります。したがって、特定の有用な種類の労働は、今や特別な決定の労働である限り、普遍的〈一般的〉な労働としての人間の労働の実現の普遍〈一般的〉的形態として数えられる:リネンは、仕立てだけでなくコーヒー栽培、鉱業、および他のすべての種類の労働。他方では、他のすべての種類の労働が(人間の労働の実現の特定の形態としてのみ、リネンの相対的価値表現 - 普遍的な同等物:形態II)である。

 ④As values the commodities are expressions of the same unity, of abstract human labour. In the form of exchange value they appear to one another as values and relate themselves to one another as values. They thereby relate themselves at the same time to abstract human labour as their common social substance. Their social relationship consists exclusively in counting with respect to one another as expressions of this social substance of theirs which differs only quantitatively, but which is qualitatively equal and hence replaceable and interchangeable with one another. As a useful thing, a commodity possesses social determinacy insofar as it is use-value for people other than its possessor, and hence satisfies social needs.
④価値として、商品は、抽象的人間の労働という、同じ単位の表現である。
交換価値の形態では、価値として互いに現れ、価値として互いに関係しています。
同時に彼らはそれによって、共通の社会的実体として人間の労働を抽象化するために自分自身を関連付ける。彼らの社会的関係は、定量的にのみ異なるが、質的には同等であり、したがって交換可能で相互に交換可能である、これらの社会的物質の表現として相互に数えている。有用なこととして、商品は所有者以外の人にとって価値のあるものであれば社会的決定性を保有し、社会的ニーズを満たすものである。

But it is indifferent just whose needs the commodity’s useful properties relate it to. The commodity nevertheless can only become through these properties in all cases only an object related to human needs, but not a commodity for other commodities. It is only the kind of thing that can turn mere objects of use into commodities and hence set into social rapport. But this is just what value is. The form in which the commodities count to one another as values ? as coagulations of human labour ? is consequently their social form. Social form of the commodity and value-form or form of exchangeability are thus one and the same thing. If the natural form of a commodity is at the same time its value-form, then the commodity possesses the form of immediate exchangeability with other commodities and consequently an immediately social form.
しかし、商品の有用な特性がそのニーズに関係していることは無関心です。

それにもかかわらず、商品は、すべての場合において、人間のニーズに関連する対象物のみをこれらの特性を介して摂取することができるが、他の商品のための品物ではない。単なる使用目的を商品に変えることができ、それゆえに社会的な関係に結びつけることができます。しかし、これはただの価値です。

商品が価値として(すなわち、人間の労働の凝固として)数える形式は、結果的に彼らの社会的形態です。したがって、商品の社会的形態と価値形態または交換可能性の形態は、同じことです。
商品の自然形態が同時に価値形態である場合、商品は他の商品との即時の交換可能性の形をとり、その結果即座の社会的形態を保有する。

⑤ The simple relative value form (form I) ‘One coat = 20 yards of linen’, differs from the universal relative value-form, ‘One coat = 20 yards linen’ only by the fact that this equation now forms a member in the series:
⑤シンプルな相対価値フォーム(フォームI)は、「1コート= 20ヤードのリネン」で、この式が現在ではメンバーを形成しているという事実によって、普遍的な相対価値フォーム「ワンコート= 20ヤードリネン」とは異なります。
シリーズ:1 coat = 20 yards of linen
    u coffee =
      v tea =
       etc =

⑥In actuality, it differs thus only in the fact that the linen has continued its development from a singular to a universal Equivalent. Thus if in the simple relative expression of value it is not that commodity which expresses its amount of value, but rather that commodity in which the amount of value is expressed which is the one that obtains the form of immediate exchangeability (equivalent form: hence, immediately social form), the same thing holds true for the universal relative value expression. But in the simple relative form of value this distinction is merely formal and evanescent. If the coat expresses its value in a relative way (that is, in linen) in the equation ‘One coat = 20 yards of linen’, and the linen acquires thereby the form of Equivalent, then the very same equation includes immediately the reciprocity ‘20 yards of linen ? one coat’, in which it is the coat that acquires the form of Equivalent and the value of the linen is expressed in a relative way.
⑥実際には、リネンが単価から普遍的〈一般的〉な等価物への発展を続けているという事実のみが異なる。
したがって、価値の単純な相対的表現では、価値の量を表現する商品ではなく、価値の量が表現されている商品であり、即時〈直ち〉の交換可能性の形態をとる商品(等価物の形態:したがって、直ちに社会形態)が、普遍的な相対価値の表現にも同じことが当てはまる。しかし、単純な相対的な価値表現では、この区別は単なる正式で消極的です。コートがその価値を相対的な方法(つまり、リネン)で「一コート= 20ヤードのリネン」という表現で表し、リネンが等価の形態を取得する場合、非常に同じ式は、 20ヤードのリネン - 1つのコート であり、それは等価物の形態を獲得するコートであり、リネンの価値は相対的な方法で表される。

This constant and correlative development of the value-form of both commodities as relative value and as Equivalent no longer takes place. If the universal relative value-form, ‘One coat = 20 yards of linen’, (where the linen is universal Equivalent) is turned around into ‘20 yards of linen = one coat’, the coat does not thereby become universal Equivalent for all other commodities, but only a particular Equivalent of the linen. The relative value-form of the coat is only universal because it is the relative value-form of all other commodities at the same time. What holds true of the coat, holds true of coffee, etc. It follows, therefore, that the universal relative value-form of commodities excludes these very commodities from the universal form of Equivalent. On the other hand, a commodity like linen is excluded from the universal relative value-form as soon as it possesses the universal form of Equivalent. The universal relative value form of linen, unified with the other commodities, would be ‘20 yards of linen = 20 yards of linen’. But this is a tautology which does not express the amount of value of this commodity, which is situated in a universal form of Equivalent ? and thereby in perpetually exchangeable form. Rather, it is the developed relative value-form (20 yards of linen = one coat or u coffee or = v tea or = etc.) that now becomes the specific relative value-expression of the universal Equivalent.

相対的価値と同等価値としての両方の商品の価値形態のこの一定かつ相関関係の発達はもはや起こらない。普遍的な相対価値形式、「1コート= 20ヤードのリネン」(リネンが普遍的である場合)は「リネン= 1コート」の20ヤードになり、コートはそれによって普遍的にならない。
他の商品は、リネンと同等のものにすぎません。コートの相対的価値形態は、それが他のすべての商品の相対的価値形態であるためにのみ普遍的である。そのコートに当てはまることは、コーヒーなどにも当てはまります。
したがって、商品の普遍的〈一般的〉な相対価値形式は、これらの商品をユニバーサル形式の等価物から除外します。
一方、リネンのような商品は、それが普遍的〈一般的〉な等価物を持っているとすぐに、普遍的な相対価値形式から除外されます。リネンの普遍的〈一般的〉な相対価値形式は、他の商品と統一され、20ヤードのリネン= 20ヤードのリネンになります。しかし、これは、この商品の価値を表現していない同義語です。これは、普遍的な形式の等価 - そして永久に交換可能な形で位置しています。むしろ、普遍的な均等物の具体的な相対価値表現となるのは、開発された相対価値形式(20ヤードのリネン= 1つのコートか、コーヒーか= vのティーか=など)です。

 ⑦Every commodity (coat, coffee, tea, etc.) possesses in the universal relative value-expression of commodities a value-form which is different from its natural form ? namely, the form: linen. And it is precisely in this form that they relate themselves to one another as exchangeables and exchangeables in relationships which are quantitatively determined, since, if one coat = 20 yards of linen, u coffee = 20 yards of linen, etc., then it is also true that one coat = u coffee, etc. All commodities by mirroring themselves in one and the same commodity as quantities of value, reflect themselves reciprocally as quantities of value.
⑦すべての商品(コート、コーヒー、紅茶など)は、商品の普遍的な相対価値表現において、その自然な形とは異なる価値形態、すなわち形態:リネンを有する。 そして、それは、1つのコート= 20ヤードのリネン、20ヤードのリネン= 20ヤードのリネンなどがあれば、量的に決定される関係における交換可能な交換可能物として相互に関係することが正確にこの形態である。 また、1つのコート= uコーヒーなどにも当てはまります。価値のある量と同じ商品で自分自身を鏡映することによって、すべての商品は、価値の量として相互に反映されます。

But the natural forms which they possess as objects of use count for them reciprocally as forms of appearance of value only over this detour, and consequently not in an immediate way. They are not for that reason immediately exchangeable just because of the way they immediately are. Thus they do not possess the form of immediate exchangeability for one another; i.e., their socially valid form is a mediated one. It is the other way around. It is through the fact that all other commodities relate themselves to linen as form of appearance of value, that the natural form of linen becomes the form of its immediate exchangeability with all commodities  and consequently its universal social form in an immediate way.
     しかし、彼らが使用する目的として持っている自然の形は、
     この迂回路を越えて価値の出現の形態として相互に価値あるものに数えられ、
     その結果即座にではありません。
その理由から、すぐに交換できるのはその理由だけではありません。
したがって、彼らはお互いに即座の交換可能性の形を持っていません。
すなわち、その社会的に有効な形態は、仲介された形態である。それは別の方法です。
他のすべての商品は、価値の出現の形態としてリネンに関連しており、リネンの自然な形態は、すべての商品との即時の交換可能性の形態になり、結果としてその普遍的〈一般的〉な社会形態が直ちに生じている。

 ⑧A commodity only acquires the universal Equivalent-form because and insofar as it serves all other commodities in the manifesting of their universal relative (and hence not immediate) value-form. Commodities, however, have to endow themselves with relative value-form in general, because their natural-forms are only their forms of use-value, and they have to endow themselves with unified (and hence universal) relative value-forms in order for all of them to relate to one another as values, as homogeneous coagulations of human labour. A single commodity, therefore, only finds itself in the form of immediate exchangeability with all other commodities, and therefore in immediately social form, because and insofar as all other commodities do not find themselves therein, or because the commodity by its very nature does not in general find itself in an immediately exchangeable or social form, by virtue of the fact that its immediate form is the form of its use-value, not of its value.
⑧商品は、その普遍的な相対的な(したがって即時ではない) 現 れ において、他の全ての商品に役立つため、かつその限りでは、普遍的な同等(一般的等価)の形態を取得するだけである。
    しかし、コモディティは、一般的には相対的価値形態持っていなければならない。
    なぜなら、その自然形はその使用価値の形式だけであり、統一された(したがって普遍的な)
    相対価値形式を持たなければならないからである。

それらのすべては、人間労働の均質な凝固として、互いに価値に関連している。
従って、単一の商品は他の商品との即時の交換可能性の形でしか見えないので、他の商品がその商品に含まれていない限り、 一般的に即時型はその価値のものではなく、その使用価値の形であるという事実のために、即座に交換可能であるか社会的な形態であることがわかる。

 ⑨One does not by any means actually detect in the form of universal immediate exchangeability that it is a contradictory form of commodity: just as inseparable from the form of not immediate exchangeability as the positivity of one pole of a magnet is from the negativity of the other. Consequently, one can imagine that one could impress the mark of immediate exchangeability on all commodities at the same time, just as one can also imagine that one could make all workers into capitalists. Actually, however, universal relative value-form and universal Equivalent-form are the contradictory, reciprocally-presupposing and reciprocally repelling poles of the very same social form of commodities.
⑨一方的には、実際に普遍的な即時交換可能性という形で、商品の矛盾した形であることが実際に検出されるわけではありません。マグネットの一方の極の陽性は他方の陰性からのものです 。
したがって、すべての労働者を資本家にすることができると想像できるように、同時にすべての商品に即時的交換可能性の印を印象付けることができると想像する。
しかし、実際には、普遍的な相対価値形式と普遍的な等価形式は、全く同じ社会的形態の商品の相反的で、相互に前提を置いて反復的に反発する極である。

 ⑩As immediate social materialization of labour, linen is (as the universal Equivalent) materialization of immediately social labour, while other bodies of commodities, which represent their value in linen, are materializations of not-immediately social labours.
労働の即時社会的実現として、リネンは社会的労働の即時実現(普遍的な等価物として)であり、
リネンでその価値を表す他の商品は、直ちに社会的労働ではない現実化である。

 ⑪Actually, all use-values are only commodities because they are products of private labours which are independent of one another private labours which, however, depend materially upon one another as particular members (even though rendered self-sufficient) of the primordial system of division of labour. In this fashion, they hang together socially precisely through their differentiation, their particular usefulness. That is exactly the reason why they produce qualitatively differing use-values.
⑪実際には、すべての使用価値は商品であり、民間労働者の製品であるが、分業体制の原始的な体系の特定の構成員(相互に独立しているとはいえ)だが、 労働の このようにして、彼らは彼らの差別化、特にその有用性によって、社会的に正確に結びついています。 それが、質的に異なる使用価値を生み出す理由です。

 ⑫If they did not, then these use-values would not become commodities for one another. On the other hand, this differing useful quality does not yet make products into commodities. If a peasant family produces coat, linen and wheat for its own consumption, then these things confront the family as differing products of their family labour, but do not confront one another reciprocally as commodities. If the commodity were immediately social (i.e., common) labour, then the products would acquire the immediately social character of a common product for its producers, but not the character of commodities for one another.
⑫そうでなければ、これらの使用価値はお互いのための商品にならないだろう。
他方で、この異なる有用な品質はまだ製品を商品にしていない。農民の家族がコート、リネン、小麦を自ら消費する場合、これらは家庭労働の異なる製品として家族に直面するが、商品として相互に対立しない。商品が直ちに社会的(すなわち共通)の労働であった場合、製品はその生産者にとって共通の製品の直ちに社会的特性を獲得するが、相互の商品の特性は獲得しない。

Nevertheless, we do not have far to seek, in this case, for that in which the social form of the private labours consists, which are contained in the commodities and are independent of one another. It already yielded itself out of the analysis of the commodity. The commodities’ social form is their relationship to one another as equal labour; hence ? since the equality of toto coelo [utterly] different labours can only consist in an abstraction from their inequality their relationship to one another as human labour in general: expenditures of human labour-power, which is what all human labours ? whatever their content and their mode of operation ? actually are. In each social form of labour, the labours of different individuals are related to one another as human labours too, but in this case this relating itself counts as the specifically social form of the labours.
それにもかかわらず、私たちは、この場合、私的労働の社会的形態が成立し、商品に含まれ、互いに独立しているものについては、それほど遠くまで追求する必要はない。

それは、すでに商品の分析からそれ自体を産出した。
   商品の社会的形態は、同等な労働としての互いの関係です。
   彼らの不平等から抽象化している--全く異なる労働の等しさは
   --人間労働力一般として相互に関係しているからです。
   人間の労働力の支出は人間の労働であるのですか?
    その内容と操作方法が何であってもです?

   それらの動作モードは実際には異なります。
それぞれの社会的形態の労働において、異なる個人の労働は人間の労働としても互いに関係しているが、この場合には、それ自体が労働の具体的な社会的形態とみなされる。

Now none of these private labours in its natural form possesses this specifically social form of abstract human labour, just as little as the commodity in its natural form possesses the social form of mere coagulation of labour, or value. However, through the fact that the natural form of a commodity (linen, in this case) becomes a universal Equivalent-form because all other commodities relate themselves to this natural form as the appearance-form of their own value, hence linen-weaving also turns into a universal form of realization of abstract human labour or into labour of immediately social form.
現在のところ、これらの民間労働は、その自然な形態の商品が労働や価値の単なる凝固という社会的形態を保有しているのと同じくらいには、この抽象的な人間的労働の具体的な社会的形態を保有していません。
その自然な形態の商品は、労働や価値の単なる凝固という社会的形態を持っているのと同じくらい小さい。 しかし、他のすべての商品がーー自分自身の価値の出現形式として、この自然な形に関連しているので、商品の自然な形態(この場合リネン)は普遍的な等価形態になるという事実を通して、リネン織りは、抽象的人間労働実現の普遍的形態、または直ちに社会的形態の労働になります。

The standard of ‘socialness’ must be borrowed from the nature of those relationships which are proper to each mode of production, and not from conceptions which are foreign to it. Just as we demonstrated earlier that the commodity naturally excludes the immediate form of universal exchange-ability and that the universal Equivalent-form consequently can only develop in a contradictory way, so the same thing holds for the private labours lurking in the commodities. Since they are not-immediately social labour, in the first place the social form is a form which differs from the natural forms of the real, useful labours and is foreign to them and abstract; and in the second place, all kinds of private labour obtain their social character only In a contradictory way, by all being equated to one exclusive kind of private labour (linen-weaving, in this case).
「社会性」の基準は、それぞれの生産様式にふさわしい関係の性質から借用されなければならず、それに対する外国の考え方からではない。先に実証したように、商品は当然の形で普遍的な交換能力を自然に排除し、普遍的な等価形は結果的に矛盾した形でしか発展できないので、商品に潜む私的労働者にも同じことが当てはまる。彼らはすぐには社会的労働ではないので、まず社会形態は現実的で有用な労働の自然な形態とは異なる形態であり、それらには異質で抽象的である。第二に、すべての種類の民間労働は、唯一の排他的な種類の民間労働(この場合、リネン織り)とみなされることによって、相反する方法で彼らの社会的性格を得るだけである。

This latter thereby becomes the immediate and universal form of appearance of abstract human labour and thereby labour in immediately social form. It manifests itself consequently also in a product which is socially valid and universally exchangeable.
それによって、この後者は抽象的な人間の労働の即時かつ普遍的な形態なり、それによって直ちに社会的形態で働く。その結果、社会的に妥当で普遍的に交換可能な製品にも現れます。

 ⑬The illusion as if the equivalent-form of a commodity resulted from its own corporeal nature instead of being a mere reflex of the relationships of other commodities: this illusion strengthens itself with the continuing development of the singular Equivalent to the universal, because the contradictory vectors of the value-form no longer develop equally for the commodities which are related to one another, because the universal Equivalent-form separates a commodity off as something totally secluded from all other commodities, and finally because this (the commodity’s form) is actually no longer the product of the relationship of any singular commodity.
⑬商品の等価形態が他の商品との関係の単なる反射ではなく、それ自身の体質的性質から生まれたような錯覚:この幻想は、普遍的な同等物の継続的な発展と共に強化される。
普遍的な等価形態は一商品を他のすべての商品から完全に隔離されたものとして分離し、最終的にこれ(商品の形態)が実際には存在しないために、価値形態のもう一つの部分は、 単一の商品の関係の製品をより長くする。

 ⑭From our present standpoint the universal Equivalent has not yet by any means ossified, however. What was the way in which linen was metamorphosed into the universal Equivalent, actually? By the fact that it displayed its value, first in one single commodity (form I), then in all other commodities in order in a relative way (form II), and thereby all other commodities reflexively displayed their values in it in a relative way (form III). The simple relative value-expression was the seed out of which the universal Equivalent-form of linen developed. It changes its role within this development.
⑭我々の現在の立場からは、普遍的な等価物はまだいかなる形でも化粧されていない。
リネンがユニバーサル相当品に変身したのはどうでしたか?
事実、それはその商品の価値を最初に一つの商品(I形)で表示し、
    次に他のすべての商品では相対的な形で(II形)、それによって他のすべて
    の商品は反射的に値を相対的に表示した(形態III)。
単純な相対価値表現は、普遍的な同等の形態のリネンが開発された種であった。それはこの開発の中で役割を変えます。

It begins by displaying its amount of value in one other commodity and ends by serving as material for the value-expression of all other commodities. What holds for linen holds for every commodity. In its developed relative value-expression (form II) ? which only consists of its many, simple value-expressions  the linen does not yet figure as universal Equivalent. Rather, every other commodity-body forms in this case linen’s Equivalent , is thereby immediately exchangeable with it and is therefore able to change places with it.
それは、ある他の商品に、その価値を表示することから始
 

 価値形態 まとめ ①

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 5月22日(火)14時46分20秒
返信・引用 編集済
   21  http://8918.teacup.com/rev21/bbs/1013
社会運動事典編集への参加の呼びかけ(案)  投稿者:杉本  投稿日:2015年 7月 2日
(境さんから次のような呼びかけがなされています。紹介させて頂きます。)
  社会運動事典編集への参加の呼びかけ(案)
  2015年3月吉日
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
通常価値形態の秘密は、一商品の価値が、他の商品の使用価値で表現されること、というように説明されている。つまり価値=使用価値だというのだ。しかし、この指摘だけでは価値形態の秘密を解いたことにはならない。なぜ価値=使用価値という表現がなされているのか、ということの解明がなされるべきなのだ。そのためには、人間の思考では、価値=使用価値というように把握できるこの表現が、実は、価値=価値という表現の現象形態であることを理解することが要なのだ。
つまり二つの商品が「語る」のは価値=価値ということだ。それが、人間には、価値=使用価値という表現と理解されている。人間の思考では価値=使用価値が、実は、価値=価値であるというような認識を導く論理は背理として退けられる。この背理が、商品の「思考」では理性的で合理的である。それはどうしてそうなのか。価値形態の秘密の解明はこの問いに答えなければならない。
パソコンそれ自体は労働生産物であり、有用性をもった使用価値である。これが商品上着との価値関係においては、価値としてしかみなされていない。上着商品にとっては、パソコンの使用価値が価値としてしか見なされない仕組み、これが価値形態の秘密なのだ。それはこの価値関係においては、使用価値パソコンが価値の化身とされているということだ。つまり商品上着はパソコンを等価物にすることで、パソコンを価値の化身とし、そうすることで自らの価値を表現するのだ。これは、パソコンという使用価値が、価値関係においては、価値の化身として形態規定されていることを意味しており、この形態規定が商品の「思考」において、なされるということだ。

 ⑳http://8918.teacup.com/rev21/bbs/1000
相対的価値形態と等価形態との混同  投稿者:杉本  投稿日:2015年 6月 4日
①河上肇先生の誤読について  ②物神崇拝  二題の私の主張を紹介します。
池袋資本論を読む会の報告は、久留間理論を今だに、正しいとして継承している会の主張であります。
2011年当時の私は、資本論四版の相対的価値形態の内実の追求においてーー等価物上着が、価値形態を受けとることについて、相対的価値形態に対立する等価形態を受けとるーーと理解し、混同していたのです。

 ⑲http://8918.teacup.com/rev21/bbs/989
 河上肇先生の誤読について  投稿者:杉本  投稿日:2015年 5月13日
                         >相対的価値形態にある商品=リンネル
                          と述べたのでは、その事柄が指すものを、反省規定さ
                          れた価値形態上着を見落とすのではないだろうか?
                          そのことをマルクスは、
                          「c価値関係のなかに含まれている相対的価値形態の
                          内実」で説諭したのではないか?
                          そこでは、
                          「上着が価値であるのは・・支出された人間労働力の
                          物的表現」そして、「したがって、リンネルは、人間
                          労働を唯一の素材としている一物体としての上着に関
                          係させられることなしには、・・価値としての上着に
                          関係させられることはできない。
                          ところが、価値としては、リンネルも、同じ人間労働
                          の凝固なのである。
                          だから、この関係のなかでは上着という物体が、リン
                          ネルと自分とに共通な価値実体を代表している・・
                          だから、この関係のなかでは、上着はただ価値の姿と
                          してのみ・・認められている・・」(原P767)
                          ーーと述べたのではないか?

 ⑱ http://8918.teacup.com/rev21/bbs/979
久留間さんの抽象的人間労働の体化物の主張について  投稿者:杉本  投稿日:2015年 4月26日(日)
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 では、久留間さんの宇野批判は正しかったのか?
『貨幣論』での久留間さんの宇野批判は、短絡的であるので、『価値形態論と交換過程論』を題材に変更します。
同著での「価値形態論では何故商品所有者の欲望が捨象されるか」ーーを題材に批判します。

久留間さんは、資本論の「相対的価値形態の内実」の第二段落と第三段落の化学式の例示は省き、そして、第一段落
から第五段落までを紹介して、以上への自らの解釈を次のように述べる。

 (P56~)
「・・という価値方程式において、リンネルはいきなり
自分を上着に等置することによって価値形態をえている
のではなくて、まずもって上着を自分に等置することに    同等性関係との認識だから上着がリンネルに等置
よって上着に価値物としての、すなわち抽象的人間労働 「亜麻布が自身の「等価物」である上着に対し関係する」
の直接の体化物の形態規定をあたえ、そうした上ではじ 「自身と「交換可能な物」である上着と関係」
めて、この価値物としての定在における上着の自然形態 「この関係において上着は価値の存在形態、価値物として
で、自分の価値を表現しているのだということである。  通用する。」ーーのだから価値関係であるのは判然!
                           >価値物としての定在における上着・・で、自分の価値
                           を表現
                           この「価値物」は「価値体」上着と後年変更
                           >価値物・・上着ーーではリンネル価値が表現できない
                           ーーこの自明性は彼も理解している
                           だからこそ
                           >こういう廻り道をしないでは、
                           >すなわち抽象的人間労働の直接の体化物の形態規定を
                           あたえ
                           ーーと述べたのです。
                           >抽象的人間労働の直接の体化物の形態規定をあたえ
                           ーーるのは等価形態なのだから、彼は、両極を混同した
                           のです。
                           久留間さんは、どこにも「相対的価値形態の内実」を、
                           探求していない!

  ⑰ http://8918.teacup.com/rev21/bbs/956
 Re: 榎原さんの間違いについて  投稿者:hirohiro  投稿日:2015年 3月28日
 杉本さんへのお返事です。
 榎原さんは間違っていません。
「相対的価値形態の内実であるーー価値形態が、価値鏡としての役立ちを
はたしていたのですよね!」
 相対的価値形態の内実とは、リンネルがいかにして自分の価値を他の商品の使用価値で表現しうるか、という問題です。その解明は同時に労働次元での話でもあり、抽象的人間労働への事態抽象による還元も内実の一つです。さらに内実の核心は、上着を作る労働が抽象的人間労働の実現形態となることにより、上着が価値体として形態規定され、価値鏡になる、ということです。
 相対的価値形態にある商品の価値形態とは、等価形態としての上着である、ということがマルクスの結論だったのではないでしょうか。その意味では杉本さんの意見には賛同ですが、榎原さんが間違っているという見解には反対です。

 ⑯http://8918.teacup.com/rev21/bbs/955
 榎原さんの間違いについて  投稿者:杉本  投稿日:2015年 3月27日
返信です。
http://8918.teacup.com/rev21/bbs/923
<杉本さんの投稿への批判的コメント>
:hirohiro さんごめんなさい。すっかり見落としていました。
しかし、ここは重大な原均さんの次の間違いを、貴方は指摘すべきだと思うのです。
http://8918.teacup.com/rev21/bbs/866
「問題は上着という使用価値が単に価値を現わすものとしか
機能していない。
ですから等価形態にある上着は使用価値でありながら使用   >等価形態にある上着
価値としての役割を持っておらずに価値を現わす、「価値   ではなく、等価物上着
の鏡」として、価値の体化物としての意義しか持っていな  「交換されうるもの」上着
いのだ。」
ここには重大な間違いがありますよ。
<等価形態にある上着が、ーー「価値鏡」として、価値の体化物としての意義」>
違いますよね。相対的価値形態の内実であるーー価値形態が、価値鏡としての役立ちを
はたしていたのですよね!これはとても重大なことです。貴方はこの意見に賛同しますか?
意見を願います。

 ⑮ http://8918.teacup.com/rev21/bbs/954
 杉本さん、すいません  投稿者:hirohiro  投稿日:2015年 3月26日
杉本さん。私の紹介が一部脱漏していたために、他の資料によって引用されたと思いますが、それが重大な誤りを含んでいますので、指摘させていただきます。コメントにかかわる重大な誤訳だと思われます。

 「いまや、明かになったことは,リンネルはその価値上着と等しい物としての表現を通して、使用価値上着における自分自身の価値の表現を通してのみ,あますところなく表現された、ということである。」
 ここでの「価値上着」というのは多分誤訳というよりかミスだと思いますが、以下が正しい物です。
 「いまや、明らかになったことは、リンネルはその価値を上着と等しい物としての表現を通して、使用価値上着における自分自身の価値の表現を通してのみ、あますところなく表現された、ということである。」
 助詞の「を」が抜けているのです。「価値上着」ではないのです。杉本さんの論旨に影響がなければ構いませんが、ここでは価値体としての上着を扱っているわけではないのです。

 ⑭http://8918.teacup.com/rev21/bbs/952
《補足と改訂》への学習コメント   投稿者:杉本  投稿日:2015年 3月26日
   《補足と改訂》への学習コメント をしてみました。

それゆえ、自分の価値と等しいものとしての、等価物とし
ての上着との関係を通してリンネルは、自分の自然形態とは   等価物上着との関係を通してリンネルは
切り離された価値形態を獲得する。一面ではこの関係は、リ   その社会的姿態ーー価値形態を獲得する
ンネルの価値を形成している労働の抽象的人間的性格を表現
するが、他方、今価値実体が対象的形態をもつ。上着と等し   価値形態の存立によって、いまや
いものとして、リンネル価値は、リンネル体とは感覚的に全   価値実体が対象的形態をもつ
く対照的である。                      リンネル価値の対照である価値形態上着
 したがって、価値関係の媒介によって、商品Bの自然形態
が商品Aの価値形態、商品種類Aの価値鏡となる。(注18、   価値関係の媒介によって、商品Bの自然
人間について)商品Aが肉体化した価値としての、すなわち   形態が
人間的労働の物質化としての商品Bに関係することによっ    商品Aの価値形態、商品種類Aの価値鏡
て、商品Aは自分と違う商品の肉体を自分自身の価値表現の   となる
材料にする。そのようにして、ある一つの商品の価値がある
異なった種類の商品の使用価値において表現され、相対的価
値の形態を受けとる。(p.65~67)V

 ⑬http://8918.teacup.com/rev21/bbs/945
価値物と価値体の区別と関連について  投稿者:hirohiro  投稿日:2015年 3月19日
引き続き杉本さんと価値形態論をめぐって議論していますが、お互い頑固なせいかどうか、なかなか収束点を見出すことができません。私が何度価値物と価値体とは区別されている、価値体とは等価形態商品の規定性ですよ、と言っても、杉本さんは納得されないのです。
そういうわけで今回は、MEGA第二部第六巻に所収されている「『資本論』第一巻のための補足と改訂」と題された文章を紹介します。これはマルクスが初版から第二版の改訂をどのようにして行ったかを示す資料です。経過を示す文章ですから、当然のことながらこれをもってマルクスの最終結論とはみなせません。しかし、第二版を理解するうえで絶好の資料だと思います。すべてを紹介することはできませんが、価値物・価値体概念に関する部分を中心に引用し、私のコメントを付してみたいと思います。

 ⑪http://8918.teacup.com/rev21/bbs/938
 相対的的価値形態の内実を巡ってのコメント  投稿者:杉本  投稿日:2015年 3月 9日
http://8918.teacup.com/rev21/bbs/902
簡単な価値形態の各版比較研究(3)  投稿者:hirohiro   4.現行版の検討
②第三パラグラフ
この部分の前半をすべて引用します。引用部分の項目わけは筆者によるものです。

③における価値の実存形態・価値物という語をどのように理
解するかをめぐっては、久留間鮫造氏の見解変更を中心とし   >それは価値対象性と同義
て様々な議論があります。ここではそれらの先行研究には触   ーーであれば価値物で、価値関係での等
れる余裕がないので、私自身の見解を述べるにとどめます。   価物としては、価値の存在形態

結論からいえば、それは価値対象性と同義であり、等価形態   >価値の実存形態・価値物
特有の価値体とは異なり、価値存在と同義です。というの    >等価形態での価値体とは異なり価値存在と同義
は、リンネルと同じものとしての上着の性格規定だからで    杉本ーー価値の存在形態(実存も同義)では?
す。リンネルも上着もどちらも商品ですから、使用価値と価   初版附録 b価値関係で、「価値関係は・・自分
値との二重物です。ここで問題となるのは、価値としての両   の価値を表現する商品の価値または価値存在の表
者の関係である、と言われているのです。第一・第二段落に   現なのである。」
                              (価値の存在形態ーー価値存在の表現)
                              とすれば
おける同等性関係が価値としての同等性関係であることが明   「価値としての同等性関係」ではなく価値関係。
らかにされているのです。もしここでの価値物が価値体と同   「上着が同じ実体の、同じ本質のものとしての
                               リンネルに関係」(初版附録)ーー同等性関係
義であるとすれば、リンネルも同じものとして価値体となっ
てしまいます。そうすると、わざわざ上着と関係しなくとも   >もしここでの価値物が価値体と同義であ(れば)
直接的な交換可能性の形態にあるということになり、他の商   >リンネルも同じものとして価値体
品を自分の価値形態にする必要がありません。したがってこ   >直接的な交換可能性の形態にあるということに
この価値物と価値体とを同義として読むことはできないので   杉本ーーこれは賛成
す。
この文章で言われているのは、この関係において、上着は価   同等性関係ではなく価値関係であれば、上着はリ
値の側面でのみリンネルにとっては存在しているということ   ンネル価値の存在形態であり、いかにしてリンネ
です。上着の使用価値それ自体は問題ではないのです。上着   ルの価値存在が表現されたか?をこそ問う
の使用価値は単に価値の担い手であればよいのです。この点   >価値の担い手
については商品語でリンネル自身が語っています。       交換価値の素材的担い手(原P50)
                              「価値表現の材料」(原P63・原P67)
                              「商品A、が価値体としての、人間労働の物質化
                              としての商品Bに関係することによって、商品A
                              は使用価値Bを自分自身の価値表現の材料にする」
                              (原P67)
                              価値表現の材料ーー単なる使用価値・交換価値の
                              素材ではないのですね。
「労働は人間的労働という抽象的属性においてリンネル自身の価値を形成するということを言うために、リンネルは、
上着がリンネルに等しいものとして通用するかぎり、したがって価値である限り、上着はリンネルと同じ労働から成
り立っていると言う。リンネルの高尚な価値対象性は糊でごわごわしたリンネルの身体とは異なっているということ
を言うために、リンネルは価値は上着に見え、したがって、リンネル自身も価値物としては上着と瓜二つであると言
う。」(訳p.89~90、原s.66~67)
「ボタンをかけた上着の外観にもかかわらず、リンネルは、   >価値魂  >上着は価値だ
上着のうちに同族のうるわしい価値魂を見て取ったのであ    では、リンネルの価値存在が表現できないのです。
る。」(訳p.88、原s.66)                 七段落ーー「金モールのついた上着」だから
上着がリンネルと等しいということは、リンネル価値の表現   価値存在を表現できるのです。
関係であるかぎり、上着は価値だということを意味するの    八段落ーー価値表現ではなく価値存在の表現
だ、とはっきり言われています。リンネルにとって上着は価   ここでのテーマは、価値関係の量的側面ではなく
値でしかないのです。それが金ボタンがついていようが、裏   質的側面だから、リンネルの相対的価値表現の基
地にふさふさの毛がついていようが、そんなことはどうでも   礎にあるものが価値実体であると主張するのでは
いいことなのです。                     なく、「Aにとっては王位がBの姿を」とること
                              ーー「価値が上着という形態をとる」ことで、
また、後者の引用文で「価値魂」とあるのに注意しなければ   「リンネルにたいして上着が価値をあらわす」
なりません。商品の価値対象性とは個々の商品をとりあげる   ことができる。
                              九段落
ならば、抽象的な存在でしかないことを魂という語で表現し   しかし、この価値存在の表現という質的側面は、
ているからです。上着にもリンネルと同じ「価値魂」を見出   価値関係に伴う転倒によって、「使用価値として
すがゆえにリンネルと上着と関係するのです。そして後論を   のリンネルは上着とは感覚的に違った物であるが、
先取りしていえば、その魂は上着を等価物として等置するこ   価値としてはそれは「上着に等しいもの」であり、
とによって現実化=肉化し、上着は価値「体」となるので    したがって上着に見えるのである」ーーことで消
す。                            されてしまい、単なる同等性関係へと解消される
                              のです。そして、この同等性関係にて、「このよ
                              うにして、リンネルは自分の現物形態とは違った
                              価値形態をうけとる」ーー転倒した事象が、発生
                              物象の社会関係にては、価値関係ではなく同等性
                              関係として人様の目に登場してくるのです。

 ⑫http://8918.teacup.com/rev21/bbs/933
  富塚説の誤りの根拠  投稿者:杉本  投稿日:2015年 3月 7日
①久留間理論の支持者である林 紘義氏の富塚批判
富塚先生の『恐慌論研究』を取り上げて、林氏の批判です。
◆富塚の「廻り道」とは何かーーで引用・紹介された富塚先生の主張が白眉です。
②「その反対に、『B商品は価値としてA商品に等しく、いつでもA商品と交換できるのだ』ということによって、かくしてB商品に自分すなわちA商
品に対する直接的な交換可能性の形態を与えることによって、価値を表現する。」
③林さんは、「この珍奇な学者は、A商品(相対的価値形態にある商品、具体的にはリンネル=亜麻布)がB商品(等価形態におかれた商品、具体的に
は上衣)に「価値物」として措定し、それによって、自らの価値を相対的に表現する」ーーと理解したのです。
④林さんのこの理解は、次に彼が述べるように相対的価値表現なのです。
「A商品が等価形態にあるB商品によって、その自然形態によって、自らの価値を表現するのは「廻り道」どころか、唯一のやり方であり、商品にとっ
て必然的であるにすぎない。」

 ⑬http://8918.teacup.com/rev21/bbs/930
久留間理論の支持者である林 紘義氏の富塚批判  投稿者:杉本  投稿日:2015年 3月 4日

林氏は、相対的価値形態の内実の分析のなかに、「直接的交換可能性」の形態をもちこむ富塚先生の明白な誤りに、異議を申したてないのです。
 http://www.mcg-j.org/japan/theory/tomi/katikeitairon.html
 富塚の価値形態論批判/林 紘義

 ⑫http://8918.teacup.com/rev21/bbs/930
 久留間理論の支持者である林 紘義氏の富塚批判  投稿者:杉本  投稿日:2015年 3月 4日

 ⑪http://8918.teacup.com/rev21/bbs/923
 杉本さんの投稿への批判的コメント  投稿者:hirohiro  投稿日:2015年 3月 2日
杉本さんの投稿http://8918.teacup.com/rev21/bbs/866に対する批判的コメントです。

「<交換される上着>での表現では相対的価値表現でしかなく、等価形態を内蔵した相対的価値形態ではない!」

相対的価値表現の両極が相対的価値形態と等価形態であり、両者が相互前提的関係であると同時に排斥しあう関係である、という意味ならば賛成です。

「具体的有用労働ではなく人間労働の対象化物=価値物・上着のみの規定」
「>同じ質を持ったものとしてお互いに関係 これは同等性関係でもない!」

マルクスは相対的価値表現としての交換関係を、関係の両極は価値としての同一性=同質性関係として、同等性関係と規定しています。両者が価値であるからこそ関係が成立するのです。上着を価値として等置するということは、上着を自らと同じもの=価値物として等置するということです。この等置によって上着は価値体として規定されるのです。初版本文がこのことを明確に示しています。杉本さんの次のコメントもこのような意味ならば同意です。

「亜麻布は上着を価値として自らに等置 この関係では、上着は価値の存在形態としてのみ「亜麻布に認められる だから亜麻布「それ自身の価値存在が現われてくる」(原P64)」

上着は商品であり、したがって使用価値と価値との二重性をもったものです。しかし、リンネルにとっては価値としての規定性しか関心がない。そういう意味で上着は価値物なのです。そして、その結果が価値体としての規定であり、使用価値と価値との癒着形態とでもいうべきものへと転化するのです。価値の単なる担い手から価値の現象形態へと上着は転化するのです。

 ⑨http://8918.teacup.com/rev21/bbs/910
久留間説の錯誤  投稿者:杉本  投稿日:2015年 2月25日

久留間さんの引用の錯誤
「使用価値の形態は、労働生産物が生まれてくるときに、その自然形態のうちにもってくる。だから、労
働生産物が商品形態をもつためには、……ただその上に価値形態をもてばいい、」
初版附録の当該部はどうか?
「(六)商品の単純な価値形態は労働生産物の単純な商品形態である。
使用価値の形態は、その現物形態における労働生産物を世のなかに出す。だから、労働生産物は、それが
商品形態をもつためには、すなわち、それが使用価値と交換価値という対立物の統一体として現れるため
には、ただ価値形態を必要とするだけである。それだから、価値形態の発展は、商品形態の発展と同じな
のである。」(『初版』原P776)
その肝心の場所は、こうです。
「労働生産物は、それが商品形態をもつためには、すなわち、それが使用価値と交換価値という対立物の
統一体として現れるためには、ただ価値形態を必要とするだけ」

このように、右辺の上着が価値形態と規定されるならば、その対極では、リンネルを商品形態としての使
用価値と規定していたのです。
ここでは労働生産物の商品への転化ーーの如何にしてか?が語られていたのです。
この肝心な解明すべき課題を、久留間さんは棒に振っていたのです。

その②初版だと註23 四版だと註24でのプルードン批判の特記はなんであろうか?
初版ーー「一般的な直接的交換可能性の形態を見ても、それが一つの対立的な商品形態であって非直接的
な交換可能性の形態と不可分であることは、ちょうど一方の磁極の陽性が他方の磁極の陰性と不可分であ
るのと同じようなものだ、ということは、実際にはけっしてわからない。」(原P31)
マルクスの批判対象たるプルードンへの批判さえも忘れていたのですかね?

 ⑧http://8918.teacup.com/rev21/bbs/908
久留間理論の理解の仕方①  投稿者:杉本  投稿日:2015年 2月25日(水)15時58分53秒
なかなかの博学・・私は異議あり なのですが 紹介します。
http://shihonron.exblog.jp/m2008-09-01/
2008年 09月 24日
第115回 9月24日 第1章 商品 第3節 A
  http://8918.teacup.com/rev21/bbs/920
  簡単な価値形態の各版比較研究(4)  投稿者:hirohiro  投稿日:2015年 2月28日
(3)等価形態
①初版と現行版との等価形態の取り扱いの相違

現行版では「相対的価値形態の内実」論に続いて、量的規定の問題が展開されていますが、本稿の論点ではないので割愛します。マルクスは続いて等価形態の分析を行っています。それを詳しく検討してみたいと思います。

 ⑦http://8918.teacup.com/rev21/bbs/902
  簡単な価値形態の各版比較研究(3)  投稿者:hirohiro  投稿日:2015年 2月23日(
  4.現行版の検討

(1)価値表現の両極
本稿の問題意識から見て、ここの叙述において重要なものは次の部分です。
「私は、たとえば、リンネルの価値をリンネルで表現することはできない。‥‥リンネルの価値は、ただ相対的に、すなわち他の商品でしか、表現されえない。それゆえ、リンネルの相対的価値形態は、なにかある他の商品がリンネルに相対して等価形態にあることを前提する。他面、等価物の役をつとめるこの他の商品は、同時に相対的価値形態にあることはできない。それは自分の価値を表現するのではない。それは、他の商品の価値表現に材料を提供するだけである。」(訳p.83、原s.63)

 ⑥http://8918.teacup.com/rev21/bbs/899
  簡単な価値形態の各版比較研究( 2)  投稿者:hirohiro  投稿日:2015年 2月22日(日)
3.初版本文の検討(続き)

初版では、これまで見てきたように、一貫して相対的価値形態にある商品の関係行為という観点から、価値形態論を展開しています。この点については早くから榎原氏が明らかにしてきたことで、最近では井上・崎山論文が各版を詳細に検討する中で再確認しています。(ただ榎原氏の先行研究には書名を一度挙げるだけで、具体的に明示していないため、すべて自分たちの主張であるかのような感を与えている点で遺憾です。)したがって、価値形態の秘密を、単に他の商品の使用価値で価値を表現することとして確認するだけでは、まったく不十分なのです。この点についてマルクスはさらに続けて展開しています。

 ⑤ http://8918.teacup.com/rev21/bbs/893
簡単な価値形態の各版比較研究(1)  投稿者:hirohiro  投稿日:2015年 2月22日(日)

簡単な価値形態の各版比較研究(1)
  1.はじめに
 杉本さんとツイッター上で価値体と価値形態に関する議論をしています。そこでの論点は価値体とは形態規定かどうか、価値体と等価形態あるいは等価物との関連ということが論点となっています。そこでこの論点を解明するために、簡単な価値形態に関する『資本論』初版と現行版の叙述を比較検討してみたいと思います。なお、初版からの引用は牧野訳を、現行版からの引用は新日本新書から行います。フランス語版からは上杉・江夏訳から引用します。初版からの引用に際しては適宜訳文を変更し、訳者の補足は一切省略しています。

 ④http://8918.teacup.com/rev21/bbs/867
頭川 博先生の久留間理論を巡る論理  投稿者:杉本  投稿日:2015年 2月 9日 簡明にして要を得た議論です。紹介します。
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/22651/1/keizaikenkyu03404375.pdf

 ③ コメント 相対的価値形態の内実をめぐって  投稿者:杉本  投稿日:2015年 2月 8日(日)18時10分23秒
師匠の胸を借りて、意見を述べてみます。

『「資本論」の核心』補講全3回(3-2)
http://www.office-ebara.org/modules/weblog/print.php?blog_id=220
1.価値形態の秘密と謎
・・・・・・・・・・・・・・・
マルクスは同等な人間労働を持つもの同士が、等しいもの
として等置されている、という関係を表している価値方程
式を次には解読していきます。つまりこういう形で交換の
関係がある、という場合に交換の関係をマルクスは価値形
態、価値方程式、あるいは価値等式、と様々な言葉を使っ
て言い換えていますが、これを価値形態として見るという
ことは、そこで亜麻布の価値がどのように表現されている
か、価値が表現されている形態としてこれを読もう、とい
う事なのです。その解読が47~48頁にありまして、重要
なところなので読みます。

「しかし、質的に等値されたこの二つの商品は、同じ役割
を演ずるのではない。亜麻布の価値だけが表現されるの    ①亜麻布の価値表現
だ。では、いかにしてか? 亜麻布が、それの『等価』あ   ②『交換されうるもの』上着
るいはそれと『交換されうるもの』としての上衣に連関す   二つの商品の異なる役立ち
ることによってである。この関係においては、上衣は、価   の下では上着は価値の存在形態
                             <交換される上着>での表現では
                             相対的価値表現でしかなく、
                             等価形態を内蔵した相対的価値形態
値の実存形態として・価値物として・意義をもつ、 ――    ではない!
けだし上衣は、こうしたものとしてのみ、亜麻布と同じも   亜麻布それ自身の
のであるから、他方では、亜麻布それ自身の価値(ヴェル      価値存在の現出
ト)存在(ザイン)が現出する、すなわち自立的表現を受け      とは  価値形態
とる、けだし亜麻布は、価値としてのみ、同等な価値ある
もの・あるいはそれと交換されうるもの・としての上衣に   >交換されうるもの・として
連関しているのだから。」                 役立つ上衣
                             の意味=リンネルの価値存在の現出

『資本論』を読んでいて、こういう所が出てくると戸惑っ   との<役立ち>としての上着

てしまいます。何を言っているのか分からない、という直
観します。何を言っているのか分からない、というような   価値の存在形態と価値物の区別は?
所を何故やる必要があるのか、ということですが、それは   上着が価値存在の現出であることで
この節の冒頭45頁下9で、                 亜麻布は価値だとみなされる

 ②http://8918.teacup.com/rev21/bbs/866
 『「資本論」の核心』補講全3回(3-2)  投稿者:杉本  投稿日:2015年 2月 6日
次を転載させて頂きます。
『「資本論」の核心』補講全3回(3-2)
http://www.office-ebara.org/modules/weblog/print.php?blog_id=220
office-ebara
投稿日時 2014-2-23 10:44:49 執筆者 ebara
『「資本論」の核心』補講全3回(3-2)

 ①http://8918.teacup.com/rev21/bbs/857
   価値形態をめぐって  投稿者:杉本  投稿日:2015年 2月 6日
@hirofreak  1月20日
つまり、価値表現は一商品の問題でしかなかったのです。あるいは、他の商品とは関係なしに、それぞれ独自の表現を追求していたとい
うように言い換えてもいいかもしれません。それは一商品の私事だったのです。しかしながら、それでは他の商品と価値として関係し
あうことができない。

>つまり価値表現は一商品の問題
もう少し立ち止まってください。
大谷先生の『社会経済学』の価値形態論への検討を。
「商品はこのように「自分はy量の商品Bと等しい価値をもっている」という仕方で自分の価値を表現しているのである。」(『社会経済学』P67)

これは相対的価値表現であって、相対的価値形態の内実の分析ではない。
初版の註17の後ろ段落で、まずは相対的価値形態の形式を示しています。
そしてこの形式の下で次の三点を見だした。
①リンネルは他の商品を自分に価値として等置
②そのことで、自分を価値としての自分自身に関係させることができたので、自分を使用価値としての自分自身から区別
③リンネルは自分の価値の大きさを・・上着で表現することで、自分の価値存在に、自分とは区別される価値形態を与えるーと。
三点のリンネルの分化したものを示すことで、自分をーー同時に価値であり使用価値として示した。

次は大谷先生の等価形態の分析です
「商品Aのほうが「y量の商品Bは自分と価値が同じだ、だからy量の商品Bとだったら直ちに交換する」と言ってくれているかぎりは商品Bは商品Aに対しては等しい価値を持つものとして通用し、商品Aと直ちに交換できる力をもっている」(『社会経済学』P67)

対してのマルクスの等価形態の分析
相対的価値形態にてリンネルは他商品上着の現物形態を価値形態と規定した。だから、「上着がリンネルと交換可能である」ことになっています。
そこで「上着という現物形態において、・・直接交換可能な使用価値すなわち等価物の形態をもっているのである。」(初版原P17)

等価物の形態=使用価値であるのに直接的に価値なのです。あるいは自然的形態のままに価値形態なのです。同等な価値の大きさだからとして商品Bは商品Aの等価物の形態を受けとるのではないのです。それでは量的関係です。

商品が価値関係にて二つのーー相対的価値形態・等価形態ーーをとることでの等価物上着の役立ちとはなにか?
ここが肝です。
註18aの対象とした文節での、相対的価値表現での上着の価値体としての役立ちは、その次の段落にて否定されている。

「リンネルは人間労働の直接的な実現形態としての裁縫労働に関係することなしには価値または肉体化した人間労働としての上着に関係することはできない」
何故か?価値体上着の規定のもとでの労働は「たんなる労働、人間労働力の支出は無規定である」(初版原P18)との批判です

そこで選られたことは何か?等価物の再規定であったのです。
「つまり、ある使用価値または商品体が価値の現象形態または等価物となるのは、ただ、別のある商品が、前記の商品体に含まれている具体的な有用労働種類に、抽象的人間労働の直接的な実現形態としてのそれに関係するということによってのみのことである。」(原P19)

だから、等価物上着の裁縫労働は、抽象的人間労働の実現形態となることで、価値形態上着の役立ちを、リンネルに対して果たしていたのです。使用価値上着は、直接的に価値だとしても、リンネルの価値形態にはなれないのです

上着は価値体では等価物の形態になれないのです。
つまり、上着が物象としての役立ちを行うことが価値形態の成立なのです。
>価値表現は一商品の問題
如何にも・しかし。相対的価値形態は、等価形態を内蔵して成立するのだから、等価物上着がその役立ちをして登場するのです

「 使用価値であるのに直接的に価値」とは価値体の定義では?

①@hirofreak 「 使用価値であるのに直接的に価値」とは価値体の
定義ではないのでしょうか。価値体としてリネンに形態規定される
から、等価物あるいは等価形態としての形態規定が可能となるので
は?そうでないと主張されるならば、杉本さんの価値体の規定を示
していただけませんか。議論はその後。

②この文節での久留間さんは、量的関係を批判しての質的関係としてのリンネル=上着ではなく「20エルレのリンネル・イコール一枚の上着」を対象にしているのです。いいですか、ここではマルクスの相対的価値形態のみが論じられているのに、等価物の形態と混同されているのです。

 (註) 久留間さんの論文  『貨幣論』「八価値物と価値体との区別について」から
「価値表現の回り道(一)
・・・・・ではどのようにして上衣はーーその自然形態そのものがーーそのまま価値をあらわすものに、なるのかというと、それはつまり、今の例でいえば、上衣がリンネルに等しいのだとされる、そのことによって今いったような資格が、一つの経済的形態規定性が、上衣によって与えられることになる。
上衣が一つの社会的生産関係をになわされることになる。上衣をつくる労働、これはもちろん、直接には特殊な具体的労働であって、抽象的な労働ではない、
上衣をつくるのは裁縫労働なのだが、上衣がたとえばリンネルに等置されると、それによって、上衣をつくる裁縫労働はリンネルをつくる織物労働に等置されることになり、、両者の間に共通な、抽象的人間労働に還元されることになる。
と同時に上衣は、こうした抽象的人間労働の体化物、すなわち、価値物を意味するものになる。そういう形態規定性を与えられることになる。
そこでリンネルは、上衣にそういう形態規定性を与えた上で、そういうものとしての上衣の体で、初めて自分の価値を表現するのである。
こう考えてはじめて価値表現の謎は解ける、とマルクスはいうのである。
この場合よくよく注意しなければならないことは、二〇エルレのリンネル・イクオール一枚の上衣、という価値表現の式においては、リンネルがいきなり、自分は上衣に等しいのだということによって、上衣を価値の形態にーーその自然形態がそのまま価値をあらわすものにーーしているのだということ、そしてそうした上ではじめて、リンネルの価値が上衣の自然形態で、リンネル自身の使用価値から区別されて表示されているのだということである。これがマルクスのいわゆる価値表現の回り道なのである。」(『価値形態論と交換過程論』(P7~8)
(『貨幣論』P93~94)

③久留間さんの対象とされるのは「相対的価値形態の内実」であるはずなのに「上衣をつくる裁縫労働・・両者の間に共通な抽象的人間労働に還元・・。こうした抽象的人間労働の体化物。すなわち価値体・。そういう形態規定性を与えられる・」ーと等価物の形態をも論じているのです

④勿論、慧眼な久留間さんは。同時に価値表現の回り道についても論じていて、「上着は自分に等しいのだということによって、上着を価値の形態に・・・している・・そうした上ではじめて、、リンネルの価値が上着の自然形態で、・・表示されている・・」と曖昧ながらも述べている

⑤ここには一応ーー相対的価値形態の内実は、価値形態と正しくは述べられている。
この内実について、榎原さんこうのべる。
「この関係のなかで、リンネルは上着を(両者に)共通な抽象的人間労働に還元して、上着を抽象的人間労働の単なる実現形態とする(ことで)リンネルの上着による価値表現となっている」(『価値形態・物象化・・物神性』P110)

⑥価値形態上着が内実となることと、相対的価値形態が等価形態を内蔵することがーー両者ともに混色されているのです。
「上着は自分に等しい」とは?「質的に等置された二つの商品」のことであり、
次に、そこで結ばれた価値関係での、
「リンネルが自分の「等価物」・自分と「交換されうるもの」としての上着に対してもつ関係」(第三段落)
ーーでのことなのです。

⑦「この関係のなかでは、上着は、価値の存在形態として価値物として、認められる。」 (同上)
ここの理解で、両者ともにつまずいた。リンネルに対して上着は、価値として等しいから・・と理解した。
ところが、ベイリーも同じくであって、価値と価値存在の形態とを混同した。

⑧価値形態とは価値存在の形態ーーについての初版での説明
リンネルは、自身が価値存在であることを上着との関係において見出すのだが如何にしてか?
初版註17の後段絡での説明がそうなのです。
「リンネルは自分の価値存在に、自分の直接的定在とは異なる価値形態を与える」(初版原P16)ーと。

⑨初版での、この一つでの段落の説明が、四版では5・6・7・8・9段落において説明されたのです。
そこで最後の9段落「こうして上着がリンネルの等価物となっている価値関係のなかでは、上着形態は価値形態として認められる。」(四版原P66)ーーと結論されたのです。

⑩>上着は、価値の存在形態ーーこの大切なマルクスの価値関係の質的側面を分析する切り口を、久留間さんは、「価値物」に矮小化することで見つけることを不可能にしたのです。
しかし、同じことを論じた第三段落ーー蟻酸プロピルはただ他者と同じ化学的成分の存在形態-ーと反省規定して、分析の手本を示していたのです。

⑪四版の難しいところは、同等性関係として現れる商品の価値関係の独自性を導き出すことで、商品語の語りの倒錯を明らかにしたことの意義を認めることなのです。商品語では、リカード価値論を克服できないーーとのマルクスの要求です。
 

久留間理論の継承者が、語ること

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 5月20日(日)14時23分42秒
返信・引用
  https://repository.lib.gifu-u.ac.jp/bitstream/20.500.12099/47672/1/reg_040026003.pdf

    価値形態論の課題 と論理次元一価値形態 「発展」 の否定
    神 田  敏英

   経済学研究室
(1990年10月17日受理)岐阜大学教養部研究報告第26号 ( 1990) 23
The Subject of the Theory of Value-form,
and its theoretical Dimension

   Toshihide KODA
P23
  1. 価値形態論の位置
 価値形態論は,『資本論』の叙述の中で マルクスが大いに苦心した箇所の一つであり, エングルスの助言も容れ,『経済学批判』,『資本論初版』,『同第2版』とかなり書き変え, 尚, いささか ( ? ) 難解であろうと自認している所である。その設定と展開は, 古典派経済学とマルクスを明瞭に分ち, マルクスの論理と方法とを端的に示している。 それ故,多くの論者をひきつけ検討されてきたが, その抽象的論理的性格からして論者自身の視点が問題となり,なかなか意見の一致しないあるいは意見の分れる所でもある。
 私は, 価値形態論の内容と論理次元を明確にするためには, それだけを切り離してはいけない, と考える。マルクスは, 資本制生産様式分析の出発点に価値論ではな く商品論を置き,その中軸に,「私が始めて批判的に指摘 したものである」と誇り,「経済学の理解にとって決定的な跳躍点である」と強調する「労働の二重性」を据えた。 価値形態論も商品の物神性論も当然それによって設定された。 即ち,マルクスの価値形態論は, 労働の二重性論に従って商品世界が解明されてゆく二過程以外の何物でもない。労働の二重性にもとづく展開を否定すれば, その価値形態論の内容と展開は, 現にマルクスのものとは全く別様になってしまう1)。

 もう少し詳しく見る。 『資本論』第1巻第1篇 (以下, すべて『第1巻』なので, ただ篇,章だけ記す) は,まず商品を設定 してその二面性を指摘し,次にその根源た る労働の二重性を解明す る。その次に, 第3節で, 冒頭に「交換価値」として掲げた「価値形態」をあらためて独自の課題として定立・分析し, 最後に, 当該の商品章を いわば商品生産社会の総括的分析・反省として商品の物神性論で閉じる。 次いで, 章をあらためて交換過程を論じ, そこで (一般的等価物2)」= 貨幣の必然的形成を論定して, 第3章貨幣に移る。 この展開は, 同一篇の中でも商品と貨幣を次元の異なるものとして分ち, 両者の媒介項をも一章として独立させ, 自然に見える。しかし, それは周知の一問題を含む。 即ちレ商品章の一部, しかもその終節ではない価値形態論において, 既に「貨幣形態の生成」 が定立されている事である。 そ

P24
れはまさしく交換過程に於いて形成される貨幣と同一とされているのだから, 直ちに両者の関連が問題となる。むろん, 同一事を二重に描く事は無用である。実際, 宇野弘蔵氏及び宇野学派は, このマルク スの叙述= 論理展開に納得せず, 貨幣形態の生成を事実上価値形態論だけに純化する3)。しかし, 私は, 両者の分離, 換言すれば交換過程が小なりとはいえ1章を与えられている事, の意味を追跡 し, その正当性を考えてみたい。私は, マルクスにあっては叙述の区分には明確な序列がある, と考える。それが私の視点である。

   2. 価値形態論の設定 とその課題
 (1) 価値形態論の課題
商品の価値形態は, 労働の二重性に基づいて価値の実体が解明された後も, 尚, 「どう扱ってよいか分らぬ代物」, 解明すべき「価値対象性」として提起 される。そこに価値形態論が,いわば歴史貫通的な労働の二重性 と異なる次元に属する問題である こ とが示されている。「とはいえ, 諸商品は,ただそれらが人間労働という同じ社会的単位の表現である限りでのみ価値対象性を有していること,従って商品の価値対象性は純粋に社会的であること, を思い出すならば, 価値対象性は商品と商品との社会的な関係の内にしか現れえないこともまた自から明らかである4)。」ここで, 商品の価値形態はまさに価値実体に根拠をもっていることが確認され,それに応じて分析対象が提示される。かくして, そこにその成立条件 も明示される。
即ち, 人間労働という共通性の存在, 二商品の関係形成, これが必要十分条件である。 とはいえ, マルクスが密接に結びつけている, 否, 論理展開の序列の中に位置づけている, このたった 2つの条件が, 多くの論者によってその結びつきあるいは同一性を批判 されるのではあるが。

 今一つ。マルクスはかく価値形態論の対象即ち解明すべき課題を提起した後, 直ちに,「今ここで為さねばならない事は, (中略) 貨幣形態の生成を示すこと, 即ち商品の価値関係に含まれている価値表現の発展をその最 も単純な 目立たない姿から輝く貨幣形態に至るまで追跡することである。 これによって同時に貨幣の謎も消え去る5)」, と言う。 マルクスにあっては, さきに提起された課題の解明が, 同時にあとの結果をもたらす, と考えられているのは間違いない。 とはいえ, 少ないとは言えない第 3節の叙述は, 一見, 上の二つの課題を別々に解明しているかのようにも見える。 むろん, それは正しくないが。 尼寺義弘氏はその関係をこう説明する。

「価値形態論の論理構造は二つの側面に分けて説明することができる。一つは, 商品形態の分析によって得られた価値の概念から単純な価値形態の発生を証明することである。 もう一つは, 単純な価値形態から貨幣形態までを形態的に展開するこ とである。 二つの側面はともに価値概念の貨幣形態への展開の不可欠の側面である といえる6)。」

 尼寺氏は,「価値概念の貨幣形態への展開」として2つの側面を統一する。 論理展開の一貫性がある, ということである。私は, 反対に, この 2つの側面は論理的に一貫していないと考え, それを示すのが本論文の一目的である。
 花田功一氏はこう設定する。(価値形態論の課題は, ……価値概念から貨幣発生の必然性を論証することにある7)。」 課題は明確に一本化される。

ここでも私の考えは, まさに逆, 価値概念から貨幣発生の必然性は論証されない, いや, 貨幣不発生の必然性が論証される, とい

25
う事である。

  (2) 「単純な価値形態」 の設定
 「価値対象性」は「商品と商品との社会的関係」として提起された。他方, 最初にマルクスが提起した価値形態は,「最も単純な価値関係」として「一商品のための最も単純な価値表現」即ち「単純な,個別的な, または偶然的な価値形態 (以下, 呼称の意味を論ずる場合を除き,「単純な価値形態」と記す)である。両者は, 形は同一であるが, その提起の仕方から来る論理的意義は同一ではない。 価値対象性から提起されたとすれば, それは全き価値の概念から生み出されたはずだから,「単純」かつ「個別的」ではあっても 「偶然的」であるはずはなく, ましてや未発達ではない。 他方, その呼称にふさわしいものとしては, それはまた「萌芽形態上とも呼ばれ,その後の「発展」を予定している。既に, 「単純な価値形態」の提起に於いて二層の論理が交錯しているのだ。この点をさらにマルクスに即 して見よ う。
一方, 交錯過程論に於いて。 「直接的生産物交換は, 一面では単純な価値表現の形態を持っているが, 他面ではまだそれを持っていない。 この形態は, X量の商品A = y量の商品Bであった。直接的生産物交換の形態は, X量の使用対象A = y量 の使用対象Bである8)。」「(直接的生産物交換では) 交換される物品は, それ自身の使用価値や交換者の個人的欲望にはかかわりのない価値形態をまだ受け取っていない9)。」

ここに, 二物の関係 とい う形態的同一性よ りその内容的差異が重視さ れているのを見る。「単純な価値形態」は,まさに所有者=交換者の欲望とのかかわりに於いて, 直接生産物交換の形態と区別されているのだ。 ここで の規定はまさ に価値概念に照応 している。

他方, 第3節中に「この (単純な) 形態が実際にはっきりと現れるのは, ただ, 労働生産物が偶然的な時折の交換によって商品にされるような最初の時期だけの事である10)。」

ここでは,「単純な価値形態」は直接的生産物交換と同一視される。明らかに, 上の2つの命題は矛盾する。後の文は,「単純な価値形態」を「一般的価値形態」に比較している所で現れるのだから, 「発展」 の論理から と らえた規定 といえよ う。 2 つの論理のいずれが「単純な価値形態」 の内容を適切に表 しているで あろ うか。

提起された「単純な価値形態」に於いては, まずその両辺の対極性が指摘され, 価値表現の仕方が説明される。その次にしかし, この価値形態= 価値表現が可能なのは,「ただ同じ単位の表現としてのみ」であることが確認 される。即ち, 価値実体に基づく価値等式がその基礎にあるのだ。 この点で, 「単純な価値形態」 は, 冒頭の価値形態提起を承けている。
即ち,「商品と商品との社会的関係」 の具現で ある。
その上で, マルク スはかの共通の実体が両辺の対極的役割に よって表現される事は, 価値表現だけに固有ではない事を,酪酸と蟻酸プロピル,重量物としての棒砂糖と鉄, の例によって示す。
差異はただ, =一方は 「両方の物体に共通な 自然属性」, 他方は 「純粋に社会的なある物」, たる点のみにある, と。これらの例は, その様式に於いて価値表現の仕方と共通である, と言われているのだから, 単なる比喩以上である。この比較はマルク スの価値形態論を端的に特徴づけている11)。

  (3) 商品所有者の欲望または主観の役割
マルクスにあっては, 共通な実体に基づく価値等式, それが「単純な価値形態」の必要かつ十分条件である。そのさい, この条件は定量規定をも併せ持っている。それに対し,宇野

26
氏は真向か ら批判を浴びせる。

 「根本的な問題を提起して見たいと思う。リンネルが相対的価値形態にあって上衣が等価形態にあるという場合, リンネルは何故上衣を等価形態にとるに至ったか, それにはリンネルの所有者の欲望というものを前提しないでもよいだろうか。 そういう関係を離れて斯ういう形があ り得るだろ うか12)。」

 価値等式の形成にさいし, 商品所有者の欲望を認める事は, 価値等式に単に一条件を付加したということではすまない。 価値形態の内容も前後の論理展開も全く異なって こざるをえなくなる。まさに宇野氏は「根本的な問題」を提起 したマルク スにあっては, 商品所有者は交換過程に於いて初めて登場 して来るのであるから, 当然 こ こ価値形態論では存在せず,その欲望も語りようがない。 宇野氏にあっては, 所有者の欲望を入れる ことで, 価値形態の形成因を商品所有者の主観に帰す。即ち, 価値形態は客観的実在ではなく, 商品所有者の主観的表象である。かくして, 価値の実体規定は, 当然, 客観的実在だから, その価値形態から追放される。 あるいは, 商品論冒頭での価値実体規定を否定したから, その価値形態論が形成された, と言ってもよいであろうか。

 いずれにせよ, マルクスと宇野氏はここで決定的に分れる。商品所有者が, 頭の中で自己の商品と他の十商品を交換関係として結び付ける事は可能である。しかしそれは定量的規定をもっているはずがない。

 宇野氏 も, 所有者の欲望そのものが価値の定量的規定を与えるものではない,と言う。それ故, 商品は価値を持たずに価値形態を形成・発展させる。定量的規定はこの価値形態発展= 交換過程の進行の中で何処からともなく生まれてくるのであろう。それ故,金が現実に商品価値を尺度する, とも言われる。

    宇野氏の方法に対して, マルクスの次の文がまさにあてはまろう。
「商品の価値形態または価値表現は商品価値の本性から出てくるのであって, 逆に価値や価値量がそれらの交換価値としての表現様式から出てくるのではない。ところが, この逆の考え方は, 重商主義者やその近代的蒸し返し屋たるフェリエやガエルなどの妄想であるとともに,彼等 とは正反対の近代の自由貿易外交店員, バスティアやその仲間の妄想でもある・。」

マルクス説から見た,宇野理論の位置付は明白である。まさに, 宇野価値形態= 交換過程論は,商品所有者=交換当事者の表象をそのまま反映したものに他ならない。 -
 この宇野説に対し,久留間氏はこう反論した。

「簡単な価値形態において, ある特定の商品が等価形態に置かれているのなぜかとい う問題 と, 等価形態に置かれている商品の使用価値が相対的価値形態に立つ商品の価値と, はっきり区別して考えられうるし, また区別して考えられねばな らない二つの異なった問題である。この うち前の方の問題は, 相対的価値形態にある商品の所有者の欲望を考慮に入れる ことによってはじめて答えられるとともに, その欲望との関連を考慮することによって容易に答えられる。しかし後の方の問題はそうではない。 後の方の問題は, 相対的価値形態にある商品の所有者の欲望にも とづいてある特定の商品が等価形態に置かれているということが前提された上で, なお解明さるべく残るところの問題であり, そういうことを所与の事実として前提した上ではじめて独自の問題 と して設定されうる問題である14)。」

久留間氏は, 問題を二分して, 価値表現の問題を価値等式から展開した。それが, 氏独自のの「廻 り道」の論理であること, いう までもない。かくして, それは客観的実在の表現様式
となった。
しかし, 主張の前半はすっかり宇野氏の土俵に乗ったものであり, マルクスと全

27
く異なること , 見たとおりであり, また多くの批判が既になされている所である15)。

   3. 価値形態の 「発展」 と 「一般的価値形態」
 (1) 「単純な価値形態」 の 「不十分さ」 と 「移行」 の論理「単純な価値形態 の位置付について 々ルクスに若干の混乱は見 られる ものの, 本筋は,
「商品の価値形態または価値表現は商品価値の本性から出て来る」, とする ものであった。
これは,「単純な価値形態の全体」叙述の中の一文であるから, まさに「単純な価値形態」がかく定立された「商品の価値形態」に充当することを表す。即ぢ, 価値形態は申し分なく定立
され, その分析が完了している ことを意味する。

しかし, マルクスは, その直後, 突如価値形態はまた労働生産物の商品形態であ り, 商品形態の発展に合わせて価値形態も発展すべきもの, と言い出す。「単純な価値形態」は,「一連の変態を経て初め七価格形態にまで成熟する萌芽形態」であり,「その不十分さは一見して明らかだ」,とされる。突如,「発展」の見地が入って来 る よ うに見える。 奇妙な事である。

商品形態は, 既に発展した ものと して示されていたのではなかったか。当然,価値形態 もそれに照応 しているはずである。決して, 歴史的端初形態で はなからだはずである。ところが, 形態的端初性を持っているように言われるのだ 。
即ち, 「あ る一つの商品Bでの表現は, 商品Aの価値をただ商品A 自身の使用価値から区別するだけで あ り, 従ってまた, 商品Aをそれ自身とは違った何らかの一商品種類に対する価値関係の中に置く だけであって, 他のすべての商品との商品Aの質的な同等性と量的な割合とを表すも のではない16)。」

 そもそ も, 商品A の価値形態は, 自分の価値を自分の体で表現できないから, Bの体を借りたのではなかったか, そして,「商品Bの現物形態はただ価値形態または価値の姿としてのみ認められている」のであり, そのことはAにとって十分なはずである。即ち, (簡単な価値関係という前提のもとでは第一形態による価値表現は欠陥をもたない17)。Aにとって, Bの他にCもDもあることは,決してBによる表現の「不十分さ」ではない。 換言すれば, 他の一商品に対する価値関係の中に置く「だけ」という「不十分さ」の評価は出て来ない。 マルクスのこの「評価」は全く見当はずれである。

 他方, A の等価形態たる一商品は, その使用価値的特性の故にその地位に選ばれたのではなかったから, 別の同じく平凡な一商品がそして「他のすべての商品」がその地位に立つことは, 「おのずから」可能である。マルクスの,「単純な価値形態」から「全体的な,または展開された価値形態」(以下,「全体的価値形態」と呼ぶ) への移行の論理は, 前者の「不十分さ」と後者への「おのずから」の移行という二段構えになっているが, 前者は成立しない。即ち , それは,「単純な価値形態」の内的矛盾による移行としては成立しない。

そして,「おのずから」が示すのは, 個別から「総和」への移行である。当然,これまた矛盾で も発展でもなく, 論理次元は全く高まっていない。確認したい事は,「全体的価値形態」が「単純な価値形態」と何等次元が違うものではなく,マルクスも一方でそのようにとり扱っている, ということである。しかし,マルクスは他方で,この「全体的な価値形態」が一つの新 し い形態,「もっと完全な形態」であるかのようにも見なしている。 ここにもマルクスの混乱があらわれており, それはやはり価値形態の「発展」を考える所から来る, といえよう。そ して,

28
その 「発展」 の論理から, 「全体的価値形態」 の 「欠陥」 も提起される。

   (2) 「全体的価値形態」 の 「欠陥」 と 「一般的価値形態」 の形成根拠
 リンネルは,「全体的価値形態」にあって「商品世界に対して社会的関係に立つ」。
そこでは, 「商品価値はそれが現れる使用価値の特殊な形態には無関係だということが示されている」。即ち,商品価値の本性がこの形態の中に示されているのだから,本性 と形態は完全に照応している。いや,商品価値の本性からこの「形態」が定立されたのだ。 にもかかわらず,マルク スはこの形態の 「欠陥」をこう指摘する。

 「第一に,商品の相対的価値表現は未完成である。何故なら,その表示列は完結することがないのだから。第二に, その連鎖はば らばらな雑多な価値表現の多彩なモザイクを成している。最後に,当然のこととして, 各々の商品の相対的価値がこの展開された形態で表現されると, どの商品の相対的価値形態も他のどの商品のそれとも異なった無限の価値表現列である。
 展開された相対的価値形態の欠陥は対応する等価形態に反映する。ここでは, (中略) それぞれが互いに排除しあう制限された等価形態だけが一般にある。 同様に各々の特殊的商品等価物に含まれている特定の具体的有用労働も, ただ, 人間労働の特殊な, 従って尽きることなき現象形態でしかない。 人間労働は, その完全なあるいは全体的な現象形態をまさにあの特殊的現象形態の総枠の内に持ってはいる。しかし, それは統一的な現象形態を持って いない 18)。」

 第一の理由は, この価値形態に於いで も商品は個別的に価値を表現 してお り価値形態は各々完結 しているのだから, 成立し ない。「単純な価値形態」の総和からなるこの価値形態が,一個の有機的全体であるかのように見ると,この「欠陥」がある ように見えるにすぎない。
第二も全く同様である。
第三は, 事実上, 一商品のではなく諸商品の「全体的価値形態」を意味している。 ここにマルクスが, 一商品の 「全体的価値形態」 を諸商品のそれに 「おのずから」移行 させているのを見る。 たやすい事だ。 ただし, そうする と価値形態の意味も「移行」もマルクスが呈示しているものとは全く違ってしまうのだが, それは後論に回し, 当面の論点に戻ると, 一商品の価値形態= 価値表現は他商品のそれと関係ないのだから, それぞれ異な っているのは何等「欠陥」ではない。 これらの理由付を, マルクスはただ形だけから見い出したよ うに見える。

「根底的な批判」 を宗とする彼としては, 信じられないほどである。
彼はさ らに, 上の第三点を等価形態 について反省 しているが, やは りその論法は強引というほかない。 人間労働がその「完全な」現象形態を特殊的等価形態の「総枠」の内に持つとすれば, それこそ本質と現象は完全に照応しているわけである。

諸特殊的有用労働から抽象的人間労働が抽出されたのだから, それを現象させるとすればそこに還るしかない。 一商品のさらに諸商品の「全体的価値形態」を想起すれば, それらが価値概念から作出された事は容易に判る。もしそこに価値概念との不一致があれば, 現象形態の欠陥 といえようが, この場合当の価値形態は価値概念以外の要素 (例えば欲望) を一分子も含まず定立されており,両者の照応は安全である。
( それ故, 逆に, 欲望な どを含めて価値形態を定立すれば, そこに「欠陥」 ない し 「矛盾」 を見出す事は容易である。)
そこに, 人間労働の「統一的現象形態」とい う要請ないし必然性は全く出て来ない。
そこで実際上, マルクスも, この「統一的現象形態」を前提として突然さし入れ, それを有していないことで「欠陥」とする論法を用いている。 が, それは 「一般的価値形態」を前提してその生成を論ずるのと同じことである。 そ

29
れを価値形態の内発的必至のように描いている所に, 私はマルクスの混乱を見る。

さらに, このようないわば「移行の動力 = 必然性に加えて,「移行」の成立のためには,その必要十分条件が定立されねばならない。 ここではむろん, それは「全体的価値形態」の「引っくり返し」と, それを行う「商品世界の共同の仕事」である。 まず,「引っくり返 し」は, 価値形態の逆関係の存在 とその相互移行を条件とする。 マルクスの価値形態は, 共通の実体に基づく価値等式から定立されたのだから, 一価値形態の逆関係は同時に存在しうる。即ち, それは価値形態提起の仕方にかかわる事で, もしそれが商品所有者の欲望ないし主観の表現とすれば, 当然逆関係は一般的には存在しえず19), 「引っくり返し」もむろんない。

しかし, マルクスでは,「20エレのリンネル= 1着の上着……という表現は, 1着の上着=20エレの リンネル……とい う逆関係を含んでいる。」しかし, 注意せよ。この成立は価値形態次元ではなく価値等式次元である ことを。「同じ商品が同じ価値表現で同時に両方の形態で現れる事はできない」。 即ち,一つの価値等式は二つの逆の価値形態を含むが, その各々の価値形態は他方を含まないのだ。 二商品の価値等式は逆関係を含むが, 一商品の価値形態は逆関係を含まない。 また, 一方から他方へ「移行」することもできない。そうすれば, 当の商品の価値表現はなくなり, 価値形態のそもそもの設定に背反してしまう。

 商品の次元ではそうであっても, 分析者なら, 価値等式にさか上り, 逆関係を設定できる,と言う事はできよう。その意味でなら, 「引っくり返し」は可能である。しかし, 価値形態を引っくり返しても, 元のものと全く等価, 同次元のものが得られるだけである。 マルクスの両極は何の特殊規定も帯びていないのだから。つまり, 一価値形態の 「引っくり返 し」は,上述のような形で可能ではあっても, 価値形態の「移行」 ないし「発展」の説明手段 としては全く無用なのであ る。

 上のマルクスの規定は「単純な価値形態」におけるものである。 が, 全く同様に「全体的価値形態」にもあてはまる。

「全体的価値形態」の「欠陥」は, それが何であれ, 相対的価値形態に立つ商品, 例えば リンネル, の価値表現のそれであったはずだ。 が, ひっくり返せば,(リンネルの価値表現は発展どころか消滅してしま う20)。」一商品 リンネルの「私事」が問題なのではない, 社会的価値形態=価値表現が問題であって,リンネルが相対的価値形態か等価形態に移った事など瓊細な事だ,と言われるかもしれない。しかし, 商品世界の価値表現だとすれば, 初めにリンネルの「全体的価値形態」だけでなく, 諸商品の「全体的価値形態」があらねばならない。それを,実際はマルクスは知っていた。

「全体的価値形態」の「欠陥」の所で一担それを呈示し, また再び「引っくり返し」に際して一商品の形態に戻った事自体, 不統一である。もっとも, それを明示して, 「ひっくり返 し」によって「一般的価値形態」を得る ことは, 『資本論初版』の「形態IV」の扱いでいみじくも示されているように, 不可能ではあった21)。
そうではなく, 商品世界の唯一の価値形態として リンネルの価値表現が存在するだけだとすれば, その価値形態は, 既に特権を与えられており, 平凡な一市民リンネルのものではなく, 当初の 「全体的価値形態」定立の前提に反することになる。 マルクスは,全くこれらの点をすり抜けてしまっている。

故に結論。「全体的価値形態」の「ひっくり返 し」によって「一般的価値形態」を得る事は, 逆関係の存在にもかかわらず,不可能である。
ただし, それは「一般的価値形態」成立の不可能を何等意味しない。それを得る事はむしろ易しい事である。マルクスの「移行 =「発展」論 と対比して,簡単に表示してみよう。
      <杉本 下記は省略した面もあります。原文を点検ねがいます。>

30
   マルクスの提示
   単純な     全体的        一般的       貨幣形態
   価値形態    価値形態      価値形態

            A= B       B=A       B=G
             =c       C=        C=

    不十分     欠陥有       等価不定       等価固定
   おのずから  → ひっくり返し    → 歴 史 的      →

       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   神田の提示
   単純な     全体的     諸商品の    一般的    貨幣形態
   価値形態   価値形態     価値形態    価値形態

    A=B    A=B     A=B     B=A     A=G
            =C      =C     C=      B=
                   B=C     D=      C=
                   C=A    ・・=

    十分= 完全     同左     同左      等価不定
    おのずから    → 同左     等価排除    歴史的    →等価固定

 要は, 諸商品の「全体的価値形態」の提起にある。それが,「単純な価値形態」と同次元,その総和たる事,すぐ判ろう。 マルク スが, この形態を知 りながら, 論理展開の中では無視した事は, 何としても理解し難い事である。さすれば,「一般的価値形態」への「移行」 も「ひっ くり返し」という無理な手法にょらず, 存在している諸等価物の単一の商品への排除,独占化として生ずる。形態的には何の無理 もない。 ただ,その「移行」の動因が価値形態の内的論理からは起こらない, というだけである。何故なら, 諸商品の 「全体的価値形態」 はむろん全商品の価値を全て完全に表現しえており, 何等の欠陥もないのだから。そしてそれは価値概念にも全く照応する。

「人間労働は,その完全な現象形態を特殊的諸現象形態の総枠の内に持っている」のだから。従って, 価値形態論で「一般的価値形態」を成立させる事はできないし, また必要ない。実に, 価値形態論は, 貨幣形態の不必要・不成立を明示する,ともいえよう。

「移行」の動因は, 価値形態論の外で起こる。

「商品世界の共同の仕事」が, むろんそれを媒介する。 「一般的価値形態」のショ ー トした提示にもかかわらず, マルクスがそれを提示した事は, 深い方法認識であり, 価値形態論と交換過程論を結びつける。

   4. 交換過程 とその矛盾
 価値形態論 と交換過程論 との峻別は, 明確な方法的意義を持っているはずである。既に『経済学批判』において。

「今までは商品は,二重の見地のもとに, 即ち使用価値として,また交換価値として, そのつど一面的に考察された。 けれども, 商品として, それは直接に使用価値と交換価値 との統一である。 同時にそれは, 他の諸商品に関係する限 りで商品である。
諸商品の相互に対する関係はそれらの交換過程である。それは互いに独立した個人が入りこむ社会的過程であるが, 彼等は商品所有者 としてだけそこに入りこむ」22)。

『資本論』では, 商品所有者の登場によってだけ画される。
彼等は, 「ただ経済的関係の人化」であるが, ここでは「商品所有者を商品から特に区別するものは, 商品にとっては他のどの商品体もただ 自分の価値の現象形態として認められるだけだ,という事情である。 ( 中略) 商品には欠けている, 商品体の具体的なものに対する感覚を商品所有者は自分自身の 5つ以上もの感覚で補う23)」, という規定性をもっている。
『経済学批判』, 『資本論』, と もに基本的に同一である と考えるが, 前者に於いては,「使用価値 と価値 との統一」という規定にやや不明確さが残る。
つまり「統一」を考察する という反省規定は, 本来, 同一次元の最後に行うべきであり, 新しい次元の開始 としてはふさわしくないという事情が存しているのに対し, 後者ではすっきり純化されている, といえよう。

 交換過程の次元は商品所有者の登場に明確に表現されている。
一方, 商品は 「他のどの商品とも ( 中略) 心だけでなく体まで取り交そうといつでも用意している」。 両者の差異を単純に例示 し てみ よ う。

  A 商品の論理= 全面的交換可能性     A商品所有者の論理= 個人的要求
    uA ーーーーwB             AーーーーーB
          xC
          yD                   D
          zE                   K

 商品は, 価値の同質性に由来する定量的規定性をもって他の全商品と関係を結ぶ。 それをAの側からとらえれば, その「全体的価値形態」である。 商品は価値および価値形態をもって交換過程に入る。 価値実体を持たずにあ るいはそれが不明瞭な まま交換過程に入り,その中でそれを形成ないし明確化する, というような論法はマルクスに全く無縁である。 この点で,価値形態論は交換過程論に先行する。 商品所有者は, 価値規定を創造で きないのはもちろん,それを廃止も変更もできない。彼等はただその貫徹形態を規定しうる, つまりそこに自らの条件を加えうるのみである。その規定性は, 交換過程論を新たな論理次元として定立させる。

商品ぼ, 価値としては全面的交換可能性にあるが, 「価値として実現しうる前に, 自分を使用価値として実証しなければならない。」このことは, 商品所有者の主観に於いては, 自分の商品は他の全商品との交換手段になるが, 他人の商品は自己の欲望にしたがって交換手段たる事を制限する, という形で現れる。

「従ってまた諸商品は (中略) ただ生産物または使用価値 として相対するだけである。」商品は価値性格を有しているのに, こうしてその貫徹を実現できない。ここに交換過程の矛盾が生まれる。上の交換過程の矛盾は,『資本論』に於いては, 既に価値形態に於いて 「一般的等価形態」

32
の存在それ 自体ではないがその概念は定立されていると見なされているため, それを持ち込んで説明さ れ, 若干の混乱を加えているが, 基本的には上のように規定されている, と考える。

そこで, 「商品の発展は, これらの矛盾を解消し はしないが, その矛盾の運動を可能にするような形態を創 り出す。」 「太初に業あ り き。」 この解決法はみご とである。

かく して「(商品所有者が) 自分等の商品を互いに価値 として関係させ, 従ってまた商品として関係させる事ができるのは, ただ, 自分等の商品を一般的等価物 と しての別のある一商品に対立的に関係させる事によってである。 このことは商品の分析が明らかにした。 しかし, ただ社会的行為だけが, ある一商品を一般的等価物にする こ とがで きる。」

そして,「一般的等価物」という「独自な社会的機能」によって,「この商品は即ち貨幣となる」。
貨幣は何よりも「一般的等価物」の形成として解かれる。 この論法は, むろん, それが既に理論的に定立されている事を前提としている。

久留間鮫造氏はこ う説明す る。
「『資本論では,交換過程にはいる前に価値形態論が展開されている。したがって,交換過程論で, この過程における商品の矛盾が追跡され, その媒介の必要が明らかにされた後に,それが何によって媒介されうるかが問題となったときに,それはすでに価値形態論で明らかにされている, といって答えることができるわけである。 24)。」

これは, マルクスの方法の説明としては当を得ている。 しかし, 私はそ こに重大な問題がひそんでいる, と考える。

 第一に, 商品を価値として関係させる事は,まさに価値形態そのものの本性であって, 「一般的等価物」をまつまでもない。 それは, 交換過程に於いても変わらない。
  諸商品はすべて全他商品との価値関係をもって交換過程に入る。

 第二に, それ故, 価値形態としては「一般的価値形態」は不必要であり,また価値形態の枠内では, その形成は不可能であった。 その定在を, 「商品の分析が明らかにした」,
「すでに価値形態論で明らかにされている」, と言 うわけにいかないのだ。

 第三に, 価値形態論と交換過程論とを峻別する『資本論』の方法からして, 後者に於いて「一般的等価物」 = 「一般的価値形態」の形成を言うのはおかしい事である。価値形態発
展の必然として「一般的価値形態」が定立され, その必要条件として「商品世界の共同の仕事」が提起されるのなら, 続いてそれを分析すればよい。

多くの論者がそうしているように, 価値形態論の中に商品所有者を登場させ どんどん展開させればよい。 その場合, 価値形態論 と交換過程論 との区別はくずされてしまうであろうが。しかしまた, そうあるべ きなのだ。

逆に言えば, 両者を峻別す る方法の論理的性格からすれば, 交換過程の矛盾の解決形態を 「一般的等価物」の形成として解いてはならないという事である。

『資本論』 の方法的感覚は実に鋭いが, そ の叙述に於いては尚徹底し ない部分が残されている, と私は考える。 一矛盾の解決は, 「商品所有者の自然本能」的「業 によるとはいえ,それは恣意的な ものではありえない。「共同行為」は主体を示す。解決の仕方は,矛盾の中に提示されていなければならない。

私は, 流行進化論の突然変異 ・淘汰説を採 らない。 それは, 商品の価値性格及びその現象 としての価値形態ではありえない。それは当面の矛盾ではなかったのだから。とすれば, その使用価値性格以外にない。それによる価値性格貫徹の制約を脱却するしかない。商品所有者はそんな商品を見つけるしかない。

かくして, その商品は, 他のすべての商品がその所有者にとっての交換手段であるのに対し, 一般的交換手段となる。 「こ う して, その商品は即ち貨幣とな る」。

33
と同時に, 他の全商品はこの商品によ ってその価値を表すことになり, この商品は他商品を等価形態から排除する。

「一般的価値形態」が成立し, 諸商品の価値形態は, 交換過程に於いて, その本性によってではないが, 変容される。そこから貨幣形態の成立までは, 「金銀は本来貨幣ではないが, 貨幣は本来金銀である」 とい うだけの距離 しかない。
即ち, 私は, 交換過程の矛盾により「一般的等価物」 = 「一般的等価形態」が成立して貨幣となるというのではなく, 一般的交換手段として貨幣が成立して, 特殊的等価が 「一般的等価」となり, 諸商品が直接にすべての他商品 と関係を結ぶ状態が解消され 「一般的価値形態」 が成立す る,と考える。
「一般的等価物」は, 諸商品の価値を表す, さらに統一的に表すという意味で価値の尺度となると言ってもよいが, それはここでその機能を創造したのではない25)。

それはここでそれを独占したのだ。 その機能は, 貨幣ではなくもっと深く商品に由来する。

それあるが故に, 一商品は一般的交換手段と成れた。
それ故,「(貨幣の機能はー引用者) 論理的にも歴史的にも, 第一機能 (価値尺度 同左)が先行す る26)。」


   5。貨幣の生成 と本質

   (1) 価値形態論の次元 と交換過程論の次元
 今や,『資本論』の叙述は, 明確な方法をもっており,労働の二重性を軸とする整然たる展開序列をもっている, 価値形態論と交換過程論も, 各々, 一つの明確な対象と課題をもってその中に位置づけられる,と論定できると考える、価値形態論の課題は, 前節の展開を承け,価値対象性即ち価値表現の仕方の解明である。

その対象としてまさに「単純な価値形態」が提起される。それは,「最も単純な価値関係であるが故に, まず提起されたようにも叙述されるが, 実はそうではない。

それは, 価値概念即ちすべての商品が一方では抽象的人間労働の結晶として共通の実体を持っていることに基づいて, 提起されたのであり, 最も発展した関係を具現している。

それ故, 「すべての価値形態の秘密は, この単純な価値形態の内にひそんでいる。」単純な形態であるにもかかわらずこう言える, のではなく, これが, 個別であるとともに一般的な ものとして定立されているから, こう言えるのだ。

即ち,「単純な価値形態」は, 実は一商品の価値形態そのもの,つまり「価値形態そのもの」 (マルクス) である。一商品の 「全体的価値形態」及び諸商品の「全体的価値形態」が,
「単純な価値形態」から「自から」出てくるが, 後者と全く同一, 同次元であり, その総和である。 むろん, それらの関係は「発展」ではない。

この主張は, 前二者が後者 とは別の, 各々, 「一つの」価値形態である事を否定する。

マルクスのそして多くの論者の価値形態論の混乱は, この点の誤解に発していたようにも思われる。
『資本論初版』の「形態IV」は,「一般的等価形態」の存在の不可能を, 従って価値表現の(社会的に妥当な媒介された形態28)」即ち(一般的な直接的交換可能性の形態29)」の不可能を示し,ひるがえって「一般的等価形態」の必要性を示す, と言われるが, これは正しくない。諸商品の価値表現= 価値形態は, 「媒介される」必要などさらさらなく,それ自体が 「直接的交換可能性」 の具現である。

「一般的価値形態」= 貨幣形態は, 価値形態論の課題の要求する所からは生起せず, またマルクスが行ったような仕方で生起する形式的可能性もない。 即ち,価値形態論は貨幣(形態)生成の理論ではない。むしろ,それはその不必要を証明する理論である。 他方, 諸商品の価

34
値形態からの「一般的価値形態」の生成は,「全体的価値形態」の「ひっくり返し」によっては不可能であるが, 可能である。 ただ, その実現契機が価値形態の中にないだけである。

それは, むろん, 交換過程に於いて貨幣の生成とともに起こる。

商品は価値従って価値形態をもって交換過程に入る。

交換過程の中で価値形態が形成されるが如き見解は, マルクスに無縁である。同一の価値形態を具有しながら, 価値形態では生じない事が交換過程では生じるのながら,交換過程論は価値形態論 とは明らかに別次元である。

貨幣の生成は, 二重にあるいは二度に分けて, 提起されるのではない。

マルクスは, 価値形態論と交換過程を峻別し,「一般的価値形態」 = 貨幣形態生成の場を,「商品世界の共同の仕事」を持ち込んで, 事実上交換過程に一本化している。

ただ し, この整然た る流れの中に,それとは異質な価値形態の「発展」を挿入したため,論理展開に混乱が生じたように思われる 。

 (2) 貨幣の生成論
 以上の私見を, 反対の主張によって反照 してみたい。

尼寺義弘氏は, 「それ (価値形態論)は貨幣の理論的な定在の必然性を証明している。 交換過程論は貨幣の現実的な定在の必然性,つまり商品に包みこまれている使用価値と価値との矛盾の交換過程における発現と, その具体的な解決としての貨幣の生成をみたものである30)」, と説 く 。

氏の主張,
「価値形態の考察においては,(中略)価値の実体規定にもとづく同等性関係が前提されている31)」, には私 も賛成であるが, マルクスの価値形態「発展」を「価値概念とその表現様式
(定在様式) との矛盾(不一致) 32)」 によって起こるものとしてそのまま肯定し, 上の主張に至る点で私見 と異なる。

氏の所説に対 してすぐ湧く疑問は, 貨幣の生成論はその現実的定在の必然論だけでよいのではないか, という事であろう・。

それに対する答えは, むろん,貨幣形態が価値概念に即する価値形態の必然的発展として定立される, という事であろう。

それに対す る私見は既に述べた。
一点だけ加えたい事は, マルクスの価値形態は, 宇野学派のそれと違い, 実在だという事である。 従って, そこから成立する「一般的価値」 = 貨幣形態も実在である。
それを「理論的定在」 と表現す るのは, 私には納得で きない事である。

米田康彦氏は,「いうまでもなく , 価値形態論 と交換過程論とは, ともに貨幣の生成について論じた も ので ある33)」, と疑問を許さぬ調子で断言する。

それは, 価値形態論を主にあるいはまず価値表現の仕方解明と見なす主張や, そこに実際上2つの課題一価値表現解明と貨幣形態生成解明- があるかのように見なす主張, を批判する ものである。

それだけに, 価値形態論と交換過程論との「共通性と独自性」とは際立たせられる。
即ち。「“諸商品の現実的関連” である “交換過程” において諸商品がとる形態規定性が, 価値形態論および交換過程論の共通の課題であり, そこでは商品に内在する矛盾の外化が主題であるが, 価値形態論ではその形態規定性そのものが解明されたのに対 し, 交換過程論では, その形態規定性の完成を媒介するものが, 交換過程の全体的矛盾からその一部である特殊な等価 と一般的等価 との対立への収斂, しぼりこみという形で明らかにされているのである34)。」

それに対する私見。
第一,『資本論』に於いて章まで異なる 2つの論説が「共通の課題」をもつという事自体, 奇妙で ある。
  その視点から, 価値形態論と交換過程論はともに「交換過程」上の事柄とされるが, それはマルクス解釈としては誤っている35)。
  マルクスにとって, 価値形態は, 交換過程の前提であり, また実にそこを貫く規定的動因であるが, 交換過程に入

35
る前に形成されている関係である。換言すれば, 交換過程はその形成ではなく実現の場である。この点は, 宇野学派等のそれと決定的差異である。付言すれば, 交換過程に於いて成立する表象を価値形態論に持込む事が, 後者を混乱させてきた,と考える。

第二, 米田説の論旨は, 価値形態一貨幣生成の形態規定性解明, 交換過程論一貨幣生成の実現契機の明確化,という様に表せようが, だとすれば, 両者を分ける事自体疑問であろう。
  いずれにせよ, 密接なあるいは (及び) 連続した関係とせずばなるまい, 実際, 氏が 「不即不離の関係」と表現しているように。
  米田氏は, 「価値形態論が, 第一章第三節で論じ られているのに, なぜ交換過程論が, 第二章として独立に論じられているのか, という構成上の問題が残されている36)」, と問題を提起す
  る。 両論を「不即不離」で論じてきた米田氏にとっては, 当然の疑問であろう。それはまた, 私にとっても重大な問題であり,「構成上の問題」の中に内容上の差異を見る鍵があると考える。

  米田氏は,「交換過程全体」という表現でその中に商品の流通過程まで含め, 以って, 第 2章が第 3章 と連繋 しているが故に, 第 2章が ( 第一章, 第三章を媒介す る位置に置かれてい
  る37)」, と第 2章独立の一根拠をあげる。 しかし, 第 3章貨幣または商品流通,は貨幣生成の結果として成立したものであり,貨幣生成が二重にあるいは二分して説かれるための理由にはな
  らない。

  それに関して言えば, 第3章こそ貨幣の形態規定性の分析であり。それは貨幣生成即ちその定在が定立された後に説かれる。米田氏が「価値形態論および交換過程論の共通の課題」と言う,「諸
  商品がとる形態規定性の解明」を,価値形態そのものの解明ととれば, それは第2節における価値実体= 定在解明の後を承けて展開されていることにな るが, 氏の論旨では,それは貨幣 (形
  態) 生成の形態規定性とならざるをえず,その形態の「完成」 即ち現実的生成に先行することになる。それはまさに,形態規定から実体規定 ( ? ) を導出する宇野氏の手法であって,
  マルクスのそれと逆である。

     米田氏は, 第 3節の連関を前後逆に理解してしまったのであり, それは,貨幣生成という課題を複数の次元に設定したことに起因しよう。
  今一つ, 米田氏が価値形態論及び交換過程論 とも「商品に内在する矛盾の外化」を主題とすると論定している事に触れたい。その論定は, 両論を「交換過程」の中でとらえる視点に由来するが,正しくない。価値形態論では, 商品の矛盾は形態そのものには存在していない。

  既に述べたように, そこでは使用価値はただ価値の現象形態として認められているだけだから, 使用価値と価値とは対極に現れるが,現実に対立しているわけではない。他方, 交換過程で提起
  されるのは交換過程の矛盾であって, 商品の矛盾ではない。マルクスの「交換の歴史的と拡がりと深りは, 商品本性の内に眠っている使用価値と価値との対立を発展させる」,という表現が参
  照されえよう。この文は交換過程論にある。

「使用価値 と価値 との対立」 は,一定の条件のもとでは「眠って」おり, 一定の条件のもとで初めて顕現する。商品に内在する矛盾は, 価値形態にあるのではなく, 価値という形態にある。即ち, 人間労働が直接的に社会内関係として現れえずに価値に結晶され価値形態によって表されざるをえないこと, これである。

これを商品生産の次元で表現すれば一価値形態は商品生産の表現であって 交換過程の表現ではないー,私的労働によって社会的労働が組織されている事である38)。価値形態には, この商品に内在する矛盾がただ表されているだけであって,他の矛盾はない。 交換過程の矛盾も, むろんこの商品に内在する矛盾の必然的現象形態であるが, 両者は同一ではない。
そのことは, 交換過程の矛盾がその運動= 解決形態を得,かつ諸商品交換が順調に進行・完

36
了したとしても,諸商品に内在する矛盾は存する事からも自明であろう。 商品の物神性論がこの矛盾を提起し分析したものであること, 言うまでもない。実にそれは, 交換過程の前に成立されているのだ。

 久留間氏は価値形態論と交換過程論を峻別した。前者では, (商品はもっぱら価値の観点から考察され38)」,( 商品はまだ運動の過程にはない39)。」それ故,「価値形態論でも貨幣の形式が論じられるが,そこでの問題は貨幣形態の”如何にして″であって”何によって″ではない
40)。」
 この「如何にして」を, 久留間氏は既に述べた 2つの課題として提起するが,実際は力点は次に置かれると言ってよいだろう。

 「マルクスは,貨幣形態を遡及分析して最も簡単な価値形態に還元し,そこで価値表現の根本メカニズムを解明する41)。」その「根本メカニズム」解明が氏の「廻り道の論理」であること, いうまでもないが,その賛否は別 として, 氏の論理が,一方では価値形態の「発展」を認めつつも,その発展追求ではなく,逆に遡及ないし還元であること, 注目される。

それ故, 価値形態論の課題は2つあるではないかと問われると, 久留間氏は困惑し,「ともに欠くことのできない」ものだと言う一方,結局,「いずれが最初に解決さるべき基本的な課題かといえば, それはもちろん前者 (根本メカニズムの解明) である42)」, と答える。

こうして絞ってしまえば, 「貨幣の形成の必然を論 じることは, 価値形態論の範囲外にあり,これが交換過程論の固有のテーマをなすのである43)」,と言うのは,一貫した論理である。

 私見に引きっけて言えば, 久留間説は, 事実上貨幣形成の解明を一本化するとともに,価値形態論の課題をも一本化している(それ故にまた,多くの久留間批判) 。

ただし,久留間説には,「発展 の見地が残り, いわば二元論になっており,それ故「発展を論ずる時にはとりわけ混乱が現れるが,それはまた,「価値表現の根本メカニズムの解明」と「価値形態発展の解明」とが方法的にそぐわない事を表白しているともいえよう。

   (3) 価値形態論における 「一般的価値形態」 の定立
 価値形態論に於いて貨幣形態が生成するのではなく,交換過程に於いて貨幣= 一般的交換手段が生み出されるとともに「一般的価値形態」が与えられるとすれば, 最後に, 「一般的価値形態」= 貨幣形態が既に価値形態論に於いて提起・分析されていることの正当性と意義を考えねばな ら な い。

 一般的交換手段の成立が即「一般的等価物」の成立たる事は,貨幣の存在及び機能が特別の,規定された一商品によって担われる事であった。それ故,貨幣が商品であること,商品に還元すること,の理解は困難ではない。

そして,かく定立された「一般的価値形態」を価値形態論に持込む事もさまで困難ではない。

『資本論』の上向法は, 概念の一本調子の自己展開ではなく,表象が常に重要な役割を演じ,未証明の前提によって論を展開し後結果としてその前提を定立して当の前提設定の正しさを証明する,あるいは歴史事実によって展開して後その歴史事実を論理化して証明する,といった方法は往々見られる所である。

「一般的価値形態」は, 価値形態論に於いて,生成されるものとしてではなく生成されたものとして定立され分析される。
その結果,それが, 特殊なさらには光輝く,ただし必然的な貨幣生成によって規定された, 価値形態であり, その特殊性のもたらす外観と, にもかかわらず, それをはぎ取れば, ただの価値形態にすぎない事は,容易に分る。
この場合, 諸価値形態は発展序列の中にではなく,一般型と特殊型として並列される。
即ち, それは類型 と して設定 される。マルクスの「単純な価値形態」こそ個別であるとともに価値形態そのもの= 一般であり,

37
「一般的価値形態」及び貨幣形態こそ実は特殊である44)。
 価値形態論に於る「一般的価値形態」定立の意義は, また,それが一般的交換手段の生成とともに与えられた事の内に存している。

そのことは,貨幣の生成が商品の価値性格の実現を制約している使用価値的条件を突破するために生じたこと,換言すれば, 価値の自立化であったこと,を意味する。「一般的価値形態」の価値形態そのものへの還元は,価値の自立化以前に商品そのものの中に貨幣性格の萌芽があることを明らかにする。

マルクスは言う。

 「困難は, 貨幣が商品であることを理解する事にではなく, 如何に, 何故に, 何によって商品が貨幣であることを理解することにある」,と。

ごの有名な文は,交換過程論の末尾にあるのだから, 「商品が貨幣である」とは, まず, 貨幣が商品からの必然的生成であることを意味していよう。しかしそれだけではなく,それは価値性格の貫徹なのだから, 価値が貨幣として自立化する以前に, 商品そのものに於いて価値性格の貫徹が表現される形態がなければならない。 即ち, 商品の価値形態こそ貨幣の萌芽, その即自なのである。

「一般的価値形態」の価値形態そのものへの還元は, 価値の自立化 と しての貨幣と,商品そのものに内在する貨幣性格とを, いみじくも表現する。
そこにこの形態定立の根本的意義がある, と考える。 かくして,価値の自立化以前に, 商品そのものの内に根本的矛盾= 動因の存することが明らかとな り,その矛盾解明の糸口が見い出される。 商品生産社会即ち人間労働の特殊な形態規定性の定立であること, いうまでもない。


〈注〉
1) いうまでもなく,宇野氏および宇野学派の価値形態論がそれである。しかしながら,マルク スを忠実に解釈しようとする多くの論者も, 一価値形態論の中に別の次元の問題を持込んでいる。
2) 「一般的等価物」, また 「一般的価値形態」 はマルクスの定式化の呼称である。以下に論ずる よ うに価値形態の位置付が異なれば, 呼称の妥当性も問題となるが, 以下そのまま, ただし「 」 付で用いる。
3) 「……宇野の主張は, 交換過程論の存在そのも のを不要 と し, 貨幣の必然性の論証は価値形態論で全面的に与えられる, という結論をみちびくことになる。」
  (降旗節雄) 。 宇野弘蔵編 『資本論研究 I 』 筑摩書房, 1967年, 123ページ。
4) カール・マルクス 『資本論第 1巻①』 大月書店, 1975年, 64ページ。 以下, 同書のページ数で示すが, 文章は必ず し も全 く 同一ではない。
5) 同, 同, 65ページ。
6) 尼寺義弘 『価値形態論』 青木書店, 1978年, 7 ページ。
7) 花 田功一「価値形態論」, 種瀬茂編 r資本論研究』青木書店, 1986年,45ページ。
8) マルク ス, 同, 117ページ。
9) 同, 同, 118ページ。
 この点は, 後論の宇野氏の主張に対し, マル クス説の根本を 明示する。
10) 同, 同, 89ページ。
 尼寺氏は, この文にもとづいて,「価値形態論の論理的展開は商品交換の歴史的発展に照応していることは明らかであろう。」と述べる。
さきの 9)に照らすと, 尼寺氏の主張は一面的であろう。
それだけではなく , 価値実体規定にもとづく氏自身の「単純な価値形態」設定とも矛盾するのではないだろ うか。
11) それ故, 宇野学派のように価値形態論の独自性を強調すれば,「価値形態の説明としては, このような自然科学的な例証は適切ではない」 (降旗節雄,宇野弘蔵編 『資本論研究 I 』 19ページ) , とい う こ と になる 。
12) 向坂逸郎 ・宇野弘蔵編 『資本論研究』 至誠堂, 昭和33年, 157ページ。一般的価値形態」 及び貨幣形態こそ実は特殊で ある44)。価値形態論に於る 「一般的価値形態」定立の意義は, また, それが一般的交換手段の 生成とともに与えられた事の内に存している。 そのことは, 貨幣の生成が商品の価値性格の実現を制約している使用価値的条件を突破するために生じたこと, 換言すれば, 価値の自立化であったこと, を意味する。
「一般的価値形態」の価値形態そのものへの還元は, 価値の自立化以前に商品そのものの中に貨幣性格の萌芽があることを明らかにする。
 マルクスは言う。「困難は, 貨幣が商品であることを理解する事にではなく , 如何に,何故に, 何によって商品が貨幣であることを理解することにある」, と。
  ごの有名な文は, 交換過程論の末尾にあるのだから, 「商品が貨幣である」 とは, まず, 貨幣が商品からの必然的生成である ことを意味していよう。 しかしそれだけではなく , それは価
 値性格の貫徹なのだから, 価値が貨幣として自立化する以前に, 商品そのものに於いて価値性格の貫徹が表現さ れる形態がなければな らない。
 即ち, 商品の価値形態こそ貨幣の萌芽, その即自なのである。

「一般的価値形態」の価値形態そのものへの還元は, 価値の自立化としての貨幣と, 商品そのものに内在する貨幣性格とを, いみじくも表現する。

 そこに この形態定立の根本的意義がある, と考える。
  かくして,価値の自立化以前に, 商品そのものの内に根本的矛盾= 動因の存することが明らかとなり,その矛盾解明の糸口が見い出される。
  商品生産社会即ち人間労働の特殊な形態規定性の定立であること, いうまでもない。

P38
13) マル ク ス, 同, 82ページ。
14) 久留間鮫造 『価値形態論 と交換過程論』 岩波書店 , 昭和40年 , 51ページ。
15) 後出 ( 13ページ) の米田氏の主張他 詳しく論じたものとして, 武田信照
 『価値形態 と貨幣』 梓出版社,1987年, 307ページ以下。
16) マルクス , 同, 83ページ。
17) 大島雄一 『価格 と資本の理論』 未来社, 1965年, 121ページ。
18) マル ク ス , 同, 86ページ。
19) むろ ん, 宇野学派の所説はそれである。 しかし, 他にも広田精孝氏は, 価値形態成立を「A商品の側の一方的なイニシアティブ」によるとし,「逆関係」の成立のためには, 逆方向のイニシアティブが同時存在せねばならない, 即ち「現実にかかる交換が行われる場合 には, 20エ レの リンネル= 1枚の上衣 と い う価値表現関係 とともに, その逆の 1枚の上衣= 20エレのリンネルという価値表現関係が成立していることになる」 と言い, それは一般的には成立 しないから, 「逆関係」の一般的存在は論定で きない, と言う。 (広田精孝 「価値形態論と交換過程論」, 『資本論体系 2』有斐関, 1984年, 182? 183ページ) この広田氏の主張に, 久留間 「廻り道の論理」の一問題点が現れている 。
20) 大島雄一 , 前掲書, 143ページ。
21) 後の図を見ればすぐ分るが, 諸商品の「全体的価値形態」とこの「形態Iv」とは実は全く同一である。 むろん・, この場合, 価値形態は実体規定に基づくもので, 商品所有者の主観による ものではない。
 即ち, 「形態Iv」 は, 実は, 「一般的価値形態 (形態Ⅲ) 」の後にではなく , その前に成立 している ものである。
22) マル ク ス 『経済学批判』 大月書店, 1962年, 34ページ。
23) 同, 『資本論』 , 113ページ。
 故に , 「使用価値および使用価値にたいする欲望の関係は, いわば超歴史的関係であり, 経済学の考察外にある」( 尼寺義弘, 前掲書, 113ページ) , と言 うのは不当である。 ただ, 価値形態論に於いてだけ,使用価値は価値の担い手という抽象性に於いて考察される。
24) 久留間鮫造, 『価値形態論 と交換過程論』, 21ページ。
25) 武田信照氏は, 「価値尺度としての貨幣は統一的な価値表現のために, 諸商品がその価値を一つの共通な商品で “はかる” こ とによって生じ ‥ ‥‥‥」 と述べる。
 この主張は, 価値形態論に於いて貨幣形態が生成す る と論定しての事であるが, それを「価値尺度と しての貨幣」だけに限定し, 交換過程で生成する「流通手段としての貨幣」 と区別する。 「したがって, 貨幣の形態 も二重に説かねばな らない。」
 以上, 武田信照『価値形態 と貨幣』 291ページ。
  私は, 貨幣は価値尺度と して生成するのではない, と考える。 それは既に商品の内にあり, 価値形態 (貨幣形態ではない)に表される。価値形態において「商品は貨幣」なのだ。
26) 大島雄一 , 前掲書, 163ページ。
27) マルクス, 『資本論』, 65ページ。
28) マルクス , 『資本論第一巻初版』 国民文庫, 1976年, 69ページ。
29) 同, 同 , 70ページ。
30) 尼寺義弘, 前掲書, 155ページ。
31) 同, 同, 23? 24ペ ージ。
32) 同, 同 , 95ページ。
33) 米田康彦「価値形態論 と交換過程論における矛盾の外化」,
 『講座資本論の研究第2 巻』 青木書店, 1980年, 63ペ ージ。
34) 同, 同 , 78ページ。
35) 上の文の初めの部分, また 「価値形態論で問題とされる交換過程」 (65ページ) という表現は, 私見からすれば驚くべきものである。
36) 同, 同 , 81ページ。
37) 同, 同 , 82ペ ージ。
38価値形態論の課題 と論理次元 39
38) 久留間鮫造 「価値形態論 と交換過程論』 14ページ。
39) 同, 同, 20ペ ージ。
40) 同, 同, 20ペ ージ。
41) 同, 同, 109ページ。
42) 同, 同, 109ページ。
43) 同, 同, 108ページ。 +
44) 価値形態論を 「発展序列」として理解するべきでなく ,「類型論」として理解すべきである,と初めて明確に主張したのは, 私の師故大島雄一である。( 大島, 前掲書, 73? 157ページ) 大島説では,「交換関係」の範囲によって価値形態を区別するため,「単純な価値形態」 と 「全体的価値形態」 が区別され, また一商品が同一価値形態に於いて両極に立てないという理由から「諸商品の全体的価値形態」が否定される。
  私見はこれらの点で異なる。
 他方, 鈴木鴻一郎氏は,「価値形態発展の見地」から, 価値実体規定にもとづく 価値形態定立と価値形態発展論 とがそ ぐわない事を明確に主張した。
  (鈴木鴻一郎 『価値論論争』 青木書店, 1959年, 115? 188ページ) 私は, 氏の論拠のほとんどに同意する。
 

 自立支援法が復活しても変わらない差別

 投稿者:岩手県元盲ろう者友の会会員松岡幹夫  投稿日:2018年 5月17日(木)21時07分11秒
返信・引用
   完全沈黙で抹殺計る岩手の暴走。13年前の自立支援法の廃止を盾に看板団体の暴走を隠し続け、5年程前に支援法は復活したが暴走隠しは強硬でも過去の法律が元となって法務省も厚生労働省も沈黙するだけ。
 12年も抹殺を図られています。

 自立支援法が復活しても変わらない差別
 岩手の盲ろう者友の会やろうあ協会の暴走による社会参加妨害や誰一人関わらせない、どこの団体も行かせないなどの暴走は12年におよび昨年全国大会は全国の友の会も岩手の友の会の知っている人は口封じから誰も逢わせなかった。
 調べたら知事が黒幕で全国の友の会も全国協会も口説き伏せられていた。参加を勧めた全国協会も口説かれて寝返って居た。厚生労働省も法務省も完全沈黙して知事に暴走目こぼし権があるとしか思え無かった。
 昨年秋全国の社協などに暴走目こぼし権について問い合わせついでに岩手の暴走を全国にばらした。これで完全沈黙を破って置いた。 秋から年末に掛けて繰り返しもあって200くらいになる。迷惑か、非難がくるかと思ったら一つも無く反対に丁寧に届きました手と14軒から返事が来た。
 2月になると12年目の差別の疲れから県庁福祉課の課長に親を馬鹿にしていいとして今までの圧力を廃止にして欲しいと和解を求めたが和解は暴走がばれるだけで抹殺しか考えていない。無視された。
 これでは説明抜きのかん口令が役場に来たら完全孤立してしまうとして役場に出向き立場の説明をし、理解を求めました。
 その後も全国の社協など暴走振りを話した。完全沈黙は県内だけになる。2月から現在まで繰り返しもあって150になる。人権がかかっているから必死になります。
 岩手は何故強硬に抹殺だけ考えていないのかその理由は4月になってやっと判りました。
 友の会を辞めたのは12年前。障害者の自立支援法が廃止になったのは13年前。それで暴走しようと看板団体優先で障碍者の一人くらいどうでもいいと暴走目こぼし権そのものの自立支援法廃止に目を付け完全沈黙でガードしたことになる。
 そして自立支援法が6年程前に復活したらはっきり言えば暴走でも前の法律の元で起こったのだから違法にならず厚生労働省も法務省も手が出ないことになる。完全沈黙の理屈はどっちの味方もしないことが公平だと言う意味なのか。それとも障害者一人くらいと無視しているのか。前者だと信じたい。
 法務局には知らせている。そして法務省に伝わる。返事が無いのは好きにしろと言うことになる。意見をよこしたのは暴走目こぼし権なんて無いと言うことと和解の助けは出来ないというだけ。
 つまりこちらは法律の範囲で行動している。岩手の通訳差別に一関社協は字が読めなくてと3年弁解し続けて時効だろうが情報センターの貸し出し拒否は違法でないか。たまに挨拶だけで会報も字幕ビデオもごまかして7ヶ月も貸し
 

 自立支援法が復活しても変わらない差別

 投稿者:岩手県元盲ろう者友の会会員松岡幹夫  投稿日:2018年 5月17日(木)19時59分19秒
返信・引用
   完全沈黙で抹殺計る岩手の暴走。13年前の自立支援法の廃止を盾に看板団体の暴走を隠し続け、5年程前に支援法は復活したが暴走隠しは強硬でも過去の法律が元となって法務省も厚生労働省も沈黙するだけ。
 12年も抹殺を図られています。

 自立支援法が復活しても変わらない差別
 岩手の盲ろう者友の会やろうあ協会の暴走による社会参加妨害や誰一人関わらせない、どこの団体も行かせないなどの暴走は12年におよび昨年全国大会は全国の友の会も岩手の友の会の知っている人は口封じから誰も逢わせなかった。
 調べたら知事が黒幕で全国の友の会も全国協会も口説き伏せられていた。参加を勧めた全国協会も口説かれて寝返って居た。厚生労働省も法務省も完全沈黙して知事に暴走目こぼし権があるとしか思え無かった。
 昨年秋全国の社協などに暴走目こぼし権について問い合わせついでに岩手の暴走を全国にばらした。これで完全沈黙を破って置いた。 秋から年末に掛けて繰り返しもあって200くらいになる。迷惑か、非難がくるかと思ったら一つも無く反対に丁寧に届きました手と14軒から返事が来た。
 2月になると12年目の差別の疲れから県庁福祉課の課長に親を馬鹿にしていいとして今までの圧力を廃止にして欲しいと和解を求めたが和解は暴走がばれるだけで抹殺しか考えていない。無視された。
 これでは説明抜きのかん口令が役場に来たら完全孤立してしまうとして役場に出向き立場の説明をし、理解を求めました。
 その後も全国の社協など暴走振りを話した。完全沈黙は県内だけになる。2月から現在まで繰り返しもあって150になる。人権がかかっているから必死になります。
 岩手は何故強硬に抹殺だけ考えていないのかその理由は4月になってやっと判りました。
 友の会を辞めたのは12年前。障害者の自立支援法が廃止になったのは13年前。それで暴走しようと看板団体優先で障碍者の一人くらいどうでもいいと暴走目こぼし権そのものの自立支援法廃止に目を付け完全沈黙でガードしたことになる。
 そして自立支援法が6年程前に復活したらはっきり言えば暴走でも前の法律の元で起こったのだから違法にならず厚生労働省も法務省も手が出ないことになる。完全沈黙の理屈はどっちの味方もしないことが公平だと言う意味なのか。それとも障害者一人くらいと無視しているのか。前者だと信じたい。
 法務局には知らせている。そして法務省に伝わる。返事が無いのは好きにしろと言うことになる。意見をよこしたのは暴走目こぼし権なんて無いと言うことと和解の助けは出来ないというだけ。
 つまりこちらは法律の範囲で行動している。岩手の通訳差別に一関社協は字が読めなくてと3年弁解し続けて時効だろうが情報センターの貸し出し拒否は違法でないか。たまに挨拶だけで会報も字幕ビデオもごまかして7ヶ月も貸し出し拒否のままになった。

 

    資本論再版・第一の価値形態の、原文とは異なる日本語訳の迷妄 その2

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 5月14日(月)01時37分31秒
返信・引用 編集済
      原文訳とばかり思っていた、現行第四版資本論の価値形態の記述が、異なり、間違っていた!
    ネット社会のありがたさで、エンゲルス版・第四版の記述とは異なるーー和訳の誤訳を、私達
    は、戦後ずっと提示されてきたのです!

    偶然 英語版資本論のページを駆け巡っていて、ドイツ語版資本論のサイト発見しました。
    第一形態の価値形態の点検をしてみると、やはり価値物の記載は無いのです。
    そして8段落のAが王様であり、Bが臣民であること、以上二点にて、学会であり、左翼
    全ての理解ーー和訳の誤りが、点検できました。

    正しき再版の記述に呼応して、この第一の形態への杉本の理解を、述べてみました。
    ドイツ語のほうは分かりにくいので、削除しての編集としてしてみました。

    http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Kap_1_3

    3. Die Wertform oder der Tauschwert
    3.価値形態または交換価値
<63>
    A) Einfache, einzelne oder zufällige Wertform
      シンプル、シングルまたはランダム価値形式
 x Ware A = y Ware B oder: x Ware A ist y Ware B wert.
(20 Ellen Leinwand = 1 Rock oder: 20 Ellen Leinwand sind 1 Rock wert.)

 1. Die beiden Pole des Wertausdrucks: Relative Wertform und Äquivalentform
     2. Die relative Wertform        2.相対価値フォーム
    a) Gehalt der relativen Wertform   a)相対価値フォームの内容

 ①商品の単純な価値が2つの商品の価値にどのようにあるのかを知るためには、まず量的側面とは全く無関係に商品を考える必要があります。

ほとんどの場合、反対の方向に行動し、2種類の商品の特定のQuantaが互いに等しい割合のみの値の関係を見ます。異なるものの大きさは、最初に同じ統一性に還元された後、定量的に比較可能になることは見落とされている。 同じ単位の表記が同じ名前のものであり、したがって相応の量である(17)

 ②20エレのリネン= 1コート、すなわち= 20着の上着、すなわち=リネンの数量が多くても数着の上着であっても、そのような割合は常にキャンバスとスカートは表現が同じ統一の表現であることを意味するです。 リネン=上着は方程式の基礎です。

 ③しかし、質的に等しい2つの商品は同じ役割を果たすわけではありません。
リネンの値だけが表現されます。ではどのようにしてですか?
彼女と彼女の「同等の」または「交換可能な」ものとしての彼女の関係を通して。

この関係では、上着は値としての価値の存在とみなされます。
その理由は、それがリネンと同じであるからです。一方、リネンの独自の価値は、独立した表現をもたらします。これは、同等のものとして、または交換可能なものとして、上着に関連する価値があるためです。

   <杉本ーーこの3段落の提示は素晴らしいですね!
   上着は価値の存在形態であり、値としてその姿とは異なる「価値」
   であると規定されているのです。
   そして他方、この規定をしたリネンは、このように交換可能性を示
   すことが出来たことで、ここでは潜在していますがその性質を、独
   立した性質を表現しますーー次に述べたいことを語るのです。
   この提示されている事柄は、初版提示の価値存在の表現が如何にし
   てなせるのか?と言うことであります。>
   <ここには、「上着は価値の実存形態として価値物として通用」な
   どの余計な文言はありません。
   ここでは既に上着は価値の存在形態であり、価値と規定されてる>

 例えば、酪酸はプロピルとは異なる体である。
しかし、同じ組成のC4H8O2である炭素(C)、水素(H)および酸素(O)と同じ化学物質からなる。酪酸が蟻酸プロピルと同等である場合、蟻酸プロピルはこの場合単にC4H8O2の存在であり、第2に酪酸もC4H8O2からなると言われる。
蟻酸プロピルを酪酸と同等にすることによって、その化学物質はその体の形状とは異なるであろう。

   <(蟻酸プロピル)はC4H8O2の存在であり、第2に酪酸もC4H8O2
   からなるーー>とは?
   ここに、上着が--価値物--などとマルクスの筋書きとは異なる異説
   を挿入することで、価値体論へと論理のすり替えを行っているので
   あり、価値実体の論証でもあるかと人々を大混乱させているので
   す。>

 ④商品として、商品は単なる人間の労働のゼリーであると言うので、私たちの分析はそれらを価値の抽象化に還元するが、それらの自然な形とは異なる価値形態を与えない。 ある商品の価値が別の商品と異なる。その価値観は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます。

 ⑤加えて、例えば、 もし上着がリネンの価値と等しいとすれば、その中の作品はその作品と同じです。今、キャンバスを作る織りの一つであるスカートを作る服飾は、別の具体的な仕事です。

しかし、織り方の方程式は実際にはどちらの仕事でも、人間の労働の共通の性質に本当に同じものに仕立てを抽象します。 この迂回路では、価値を織り成すならば、織り合わせることは、仕立てという顕著な特徴、すなわち抽象的な人間労働を持たないと言われています。

   <この版にて驚くのがこの訳出です。我々が常識と考える理論的抽
   象--事実上の抽象が否定されているかに思えるからです。しかし、
   ここは、明らかに理論的抽象であることが、次に述べられているよ
   うに、そのことが否定されて、「回り道」をしているのです。
   現行版では、この回り道がこの5段落にて成立しており、6段落にて
   の補強の必要を見なかったのに、ここでは次の6段落にての提示が
   あることで論理の整合性が叶います。しかし、ここには驚きます。>

実際に様々な商品に関わる様々な労働を共通の人間の労働(17a)に還元することによって、異なる商品の同等性の表現だけが価値創造労働の特定の性格を引き出す。

 ⑥ しかし、リネンの価値である作品の特定の性格を表現するだけでは不十分です。
液体状態や人間の労働における人間の労働は価値があるが、価値はない。
比喩的な形で凝固した状態で値をとるのです。
リネンの価値を人間労働のゼリーとして表現するためには、それはリネン自体とは違って、他の商品と共通する「客観性」として表現されなければならない。 問題はすでに解決されています。

   <上着が、「リネンの価値」として抽象的人間労働の凝固物として
   のみだけではなく、「他の商品と共通する「客観性」として表現」
   する必要があるのだからと、マルクスは、上着は価値の存在形態と
   表現されるーーための必要条件への、駄目押しーーをしている。
   しかし、新日本版・長谷部訳だと「対象性」なのです。
   5段落での事実上の抽象が、完遂できなかったその理由をこそ、ここ
   に、その「客観性」--と述べているのにです。>

 ⑦リネンの価値観において、上着は質であるため同じ性質のものとして質的に等しいとみなされる。 したがって、彼・上着は価値が出現するもの、またはその有形の自然な形で価値を表すものとみなされます。

   <価値の存在形態であり、価値であり、抽象的人間労働の凝固物で
   あることにおいて上着は、リネンの価値観がここに示されることで
   対象的形態である上着は、①「彼、上着は価値が出現するもの、
   ②またはその有形の自然な形で価値を表すもの 」ーーと二つの観
   点である価値存在であり、価値・その実体としての抽象的人間労働
   ーーと示されているのです。

しかし、今、上着、rockwareの本体は、単なる使用価値です。
上着は最初の最高のリネンよりも価値はない。
これは、リネンとの価値関係の範囲内だけではなく、ギャロッピングされた<金モールで飾られた>上着の中で人がどれくらい多くのことを意味するのかーーということを証明しています。

   <①「彼、上着は価値が出現するもの、
    ②またはその有形の自然な形で価値を表すもの 」
    と二つの観点である
      a-価値存在であり、
    b-価値・その実体としての抽象的人間労働>
    ーーとリンネルとの価値関係から反省規定を受けている上着は、
    皆さんどんな規定を、受けていたのですかねーーとの質問です。

      著者は、読む人々に3~7段落の論旨の確認を、求めているのです。
   3段落からの、上着は価値の存在形態であることは、人々に見えていないで
   あろう、ーーとして、再度はじめからの事項の反復を求めているのです。>
   <仏語訳
   「リネンの価値を人間労働のゼリーとして表現」の事柄についての、
   仏訳での提起は、ほんとうに素晴らしい!ここで起こる転倒を次に示す。

   「しかしながら、リンネルの価値を産む労働の独自の性格が表現されるだけ
   では充分ではない。流動状態にある人間労働力、すなわち人間労働は、たし
   かに価値を形成するが、価値ではない。それは、ある物体という形態におい
   てのみ価値になるのである。
   従って、リンネルの価値を表現するためにみたさなければならない諸条件は、
   自己矛盾しているようにみえる。
   一方では、リンネルの価値を、抽象的人間労働の純粋な凝縮<凝固>として
   表さなければならない。
   商品は価値としては、これ以外の実在を持たなければならないからである。
   同時にこの凝縮<凝固>はリンネル自体とは明らかに違った(異なった)あ
   る物体という形態を帯びなければならず、この形態は、リンネルのものであ
   りながら、リンネルにとっては他の商品と共通なものなのである。」
   (仏語版 P21)

 ⑧上着の生産では、実際には仕立ての形で、人間の労働が費やされました。 人間の仕事は彼の中に積み重ねられます。
この側面によれば、上着は「価値の存在形態」<旧訳 価値の担い手>であるが、これはその財産そのものが、最大の縫い目によって見えないのです。

  <またも驚きます!価値実体しか意識にないので翻訳者は「価値の担い手」>

また、上着の価値の面では、この側面のみに適用されるため、具体化された価値として、価値体として適用されます。
彼の可愛い姿にもかかわらず、リネンは彼女の中で価値のある血統関連の美しい価値魂を認めています。しかし、同時に<上着の形を取る価値>がなければ、彼女は価値あるものではありません。

  <新日本-ー「上着がリンネルに対して価値を表すことは、同時にリンネルにと
   って価値が上着という形態をとることなしにはできないことである。」

     この訳の間違えは、後者にあるわけではない。むしろ、その前の
    「上着がリンネルに対して価値を表すことは・・」ではなく、
    「上着がリンネルに対して価値であることは・・」なのです。
    ーーこのように、価値表現を示す、この訳が誤りなのです。
    ここでの論理の運びは、とても難しい! 要注意であります。

   A上着が<価値体>を示す、ことが、<リネンの上着による相対的価値表現>
    には辿り着かないーー「美しい価値魂を認めて」ることでは、できない、と。

   Bここでは、既に--「上着の価値の面では、」とされるーーことでは、その
    先の見解--理解にたどり着かない、とされています。

       C <上着の形を取る価値>への転換によりてー「価値形態」ーその姿が
    <彼女は価値あるもの>として、自らを、示すことができるのです。

    この規定の前提のもとで、「体化された価値であり価値体」(新日本訳)で
    あることがなされているのに、この転換のあることを、訳者・先生は見てい
    ないのです。

    以上に示された反省規定であるーー上着がリンネルの等価物であることでの、
    形態転換をこそ3~8段落で、次のように、その4段階が示されてきたのです。
     ③リンネルの価値存在の表現--価値の存在形態
     ⑤上着は価値として人間労働の凝固物
     ⑦a-価値存在であり、b-価値・その実体としての抽象的人間労働
     ⑧だから、ここでは価値体・上着であることができるのは?、との
      質問を見出さなければ、物象の社会関係は対象外になります。
     aリンネルの等価物上着が<上着の形を取る価値>と判断されることで、
      <価値形態>上着が規定され、次に、やっと
     b<彼女は価値あるもの>であり、<価値は上着>の規定を受け取る--
     cそこで、先に示された、上着が、「体化された価値であり価値体」の成立
      があることで、価値表現がなされ、そのことに依っているのです。

     ここに、相対的価値表現と、価値存在の表現との区別が見出されなければ、
     物象の判断である価値形態上着での価値表現は、理解できないのです。


   この経路に示される反省規定においては、諸物象の判断に依りて、この物象
   の社会関係である価値関係が形成されるーーことでの、価値形態の成立と云
   うことであります。
   ここに、リンネルの価値形態が、次のように<王と臣民の関係>と示された。
   原文・再版
   「個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、・・・その土地の父親と変えるこ
   となければ、威厳を装うことで個人Bに王として振る舞うことはできない。」
   <新書版>
   「・・個人Aが個人Bにたいして陛下に対して態度をとることは、同時に、
   Aにとって陛下がBという肉体的姿態をとること、したがって、顔つき、髪
   の毛、その他なお多くのものが、国王の交換のたびに替わることなしには、
   できないように。」(新書版P88)

    <この訳は、Aはえい・・と素直にそのまま訳したのではない。>
   この王と臣民の関係の例示の理解は、リンネル自身が、この価値関係により
   反省規定することが、
   「個人Aは、AのためのBの体型を仮定し・・その土地の父親と変える・・」
   --と示されたことが、<上着の反射規定>として理解され、上着は王冠をか
   ぶらせられた王に、<Aにとって陛下がBという肉体的姿態をとること>に、
   すり替えられたのではなかろうか?

   これが、日本での既存訳の間違いなのです。
   「この側面によれば、上着は「価値の存在形態」である」--のに、
   人間労働の凝固物としての上着は、ーーとの視点では、上のことが見えない。
   「上着は「価値の存在形態」である」のはリンネルの価値存在が表現される
   ーーことに依っている視点であることで、物象の判断が示された。

   だから、相対的価値表現しようとするリンネルが、価値関係の命ずるままに、
   自身の姿を、価値存在であるリンネルの価値形態として表現する、のです。

したがって、個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、したがって顔の特徴、髪、および他の多くのものをその土地の父親と変えることなければ、威厳を装うことで個人Bに王として振る舞うことはできない。

 ⑨上着がリネンの等価物となる価値関係では、上着形態は価値形態とみなされます。
したがって、商品リネンの価値は、商品上着の本体、他の商品の使用価値における商品の価値で表されます。
使用価値として、リネンは上着とは異なる官能的なものです。価値としてはリネンは、「上着のような」もので上着に見えます。 したがって、それはその自然な形とは異なる価値形態を受け取る。
それらの価値は、この<上着のような形>で、キリスト教徒の羊の性質のように、神の子羊と平等に見えます。

   <10 11 段落は略>
グーグル英和訳ソフト
   Google 翻訳   https://translate.google.co.jp/?hl=ja
英語・独語 何でもありです。

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/7778/1/61-2otani-1.pdf

次も是非とも参照願います。 初版での悪訳--誤訳の凄まじさ・・であります。

 初版の理解について ②
http://8918.teacup.com/rev21/bbs/1633


  杉本への意見があり、しかし、公開はされたくない、という人は、次の
   dt.nifty@gmail.com    ヘどうぞお願いします。

 

3.価値形態または交換価値

 投稿者:杉本  投稿日:2018年 5月10日(木)14時38分42秒
返信・引用 編集済
      偶然 英語版資本論のページを駆け巡っていて、ドイツ語版資本論のサイト発見しました。
    第一形態の価値形態の点検をしてみると、やはり価値物の記載は無く、そして8段落のAが王様であり、
    Bが臣民であること、以上二点にて、学会であり、左翼全ての理解ーー和訳の誤りが、点検できました。

    http://www.mlwerke.de/me/me23/me23_049.htm#Kap_1_3

    3. Die Wertform oder der Tauschwert
    3.価値形態または交換価値
<62>
  Waren kommen zur Welt in der Form von Gebrauchswerten oder Warenkörpern, als Eisen, Leinwand, Weizen usw. Es ist dies ihre hausbackene Naturalform. Sie sind jedoch nur Waren, weil Doppeltes, Gebrauchsgegenstände und zugleich Wertträger. Sie erscheinen daher nur als Waren oder besitzen nur die Form von Waren, sofern sie Doppelform besitzen, Naturalform und Wertform.
 商品は価値観や商品の形で鉄、キャンバス、小麦などの形で世界に現れます。これは自家製のものです。
しかし、商品は二重であり、商品であり、同時に価値のある担い手でもあるため、商品でしかありません。 したがって、それらは二重形態、自然形態および価値形態を有する場合に限り、商品としてのみ現れ、または商品形態のみを有する。

<63>
    A) Einfache, einzelne oder zufällige Wertform
      シンプル、シングルまたはランダム価値形式
 x Ware A = y Ware B oder: x Ware A ist y Ware B wert.
(20 Ellen Leinwand = 1 Rock oder: 20 Ellen Leinwand sind 1 Rock wert.)

 1. Die beiden Pole des Wertausdrucks: Relative Wertform und Äquivalentform
 2. Die relative Wertform          2.相対価値フォーム
    a) Gehalt der relativen Wertform   a)相対価値フォームの内容

 ①Um herauszufinden, wie der einfache Wertausdruck einer Ware im Wertverhältnis zweier Waren steckt, muß man letzteres zunächst ganz unabhängig von seiner quantitativen Seite betrachten.
①商品の単純な価値が2つの商品の価値にどのようにあるのかを知るためには、まず量的側面とは全く無関係に商品を考える必要があります。

Man verfährt meist grade umgekehrt und sieht im Wertverhältnis nur die Proportion, worin bestimmte Quanta zweier Warensorten einander gleichgelten.
ほとんどの場合、反対の方向に行動し、2種類の商品の特定のQuantaが互いに等しい割合のみの値の関係を見ます。

Man übersieht, daß die Größen verschiedner Dinge erst quantitativ vergleichbar werden nach ihrer Reduktion auf dieselbe Einheit. Nur als Ausdrücke derselben Einheit sind sie gleichnamige, daher kommensurable Größen.(17)
異なるものの大きさは、最初に同じ統一性に還元された後、定量的に比較可能になることは見落とされている。 同じ単位の表記が同じ名前のものであり、したがって相応の量である(17)

 ②Ob 20 Ellen Leinwand = 1 Rock oder = 20 oder = x Röcke, d.h., ob ein gegebenes Quantum Leinwand viele oder wenige Röcke wert ist, jede solche Proportion schließt stets ein, daß Leinwand und Röcke als Wertgrößen Ausdrücke derselben Einheit, Dinge von derselben Natur sind. Leinwand = Rock ist die Grundlage der Gleichung.
 20エレのリネン= 1コート、すなわち= 20着の上着、すなわち=リネンの数量が多くても数着の上着であっても、そのような割合は常にキャンバスとスカートは表現が同じ統一の表現であることを意味するです。
リネン=上着は方程式の基礎です。

 ③Aber die zwei qualitativ gleichgesetzten Waren spielen nicht dieselbe Rolle. Nur der Wert der Leinwand wird ausgedrückt. Und wie? Durch ihre Beziehung auf den Rock als ihr "Äquivalent" oder mit ihr "Austauschbares".
しかし、質的に等しい2つの商品は同じ役割を果たすわけではありません。
リネンの値だけが表現されます。ではどのようにしてですか?
彼女と彼女の「同等の」または「交換可能な」ものとしての彼女の関係を通して。

In diesem Verhältnis gilt der Rock als Existenzform von Wert, als Wertding, denn nur als solches ist er dasselbe wie die Leinwand. Andrerseits kommt das eigne Wertsein der Leinwand zum Vorschein oder erhält einen selbständigen Ausdruck, denn nur als Wert ist sie auf den Rock als Gleichwertiges oder mit ihr Austauschbares bezüglich.
この関係では、上着は値としての価値の存在とみなされます。
その理由は、それがリネンと同じであるからです。一方、リネンの独自の価値は、独立した表現をもたらします。これは、同等のものとして、または交換可能なものとして、上着に関連する価値があるためです。

So ist die Buttersäure ein vom Propylformat verschiedner Körper.
例えば、酪酸はプロピルとは異なる体である。

Beide bestehn jedoch aus denselben chemischen Substanzen - Kohlenstoff (C), Wasserstoff (H) und Sauerstoff (O), und zwar in gleicher prozentiger Zusammensetzung, <65> nämlich C4H8O2. Würde nun der Buttersäure das Propylformat gleichgesetzt, so gälte in diesem Verhältnis erstens das Propylformat bloß als Existenzform von C4H8O2 und zweitens wäre gesagt, daß auch die Buttersäure aus C4H8O2 besteht.
しかし、同じ組成のC4H8O2である炭素(C)、水素(H)および酸素(O)と同じ化学物質からなる。酪酸が蟻酸プロピルと同等である場合、蟻酸プロピルはこの場合単にC4H8O2の存在であり、第2に酪酸もC4H8O2からなると言われる。

Durch die Gleichsetzung des Propylformats mit der Buttersäure wäre also ihre chemische Substanz im Unterschied von ihrer Körperform ausgedrückt.
ギ酸プロピルを酪酸と同等にすることによって、その化学物質はその体の形状とは異なるであろう。

 ④Sagen wir: als Werte sind die Waren bloße Gallerten menschlicher Arbeit, so reduziert unsre Analyse dieselben auf die Wertabstraktion, gibt ihnen aber keine von ihren Naturalformen verschiedne Wertform. Anders im Wertverhältnis einer Ware zur andern.
商品として、商品は単なる人間の労働のゼリーであると言うので、私たちの分析はそれらを価値の抽象化に還元するが、それらの自然な形とは異なる価値形態を与えない。 ある商品の価値が別の商品と異なる。

 Ihr Wertcharakter tritt hier hervor durch ihre eigne Beziehung zu der andern Ware.
 その価値観は、他の商品との独自の関係を通じてここに現れます。

 ⑤Indem z.B. der Rock als Wertding der Leinwand gleichgesetzt wird, wird die in ihm steckende Arbeit der in ihr steckenden Arbeit gleichgesetzt. Nun ist zwar die Schneiderei, die den Rock macht, eine von der Weberei, die die Leinwand macht, verschiedenartiger konkrete Arbeit.
加えて、例えば、 もし上着がリネンの価値と等しいとすれば、その中の作品はその作品と同じです。
今、キャンバスを作る織りの一つであるスカートを作る服飾は、別の具体的な仕事です。

Aber die Gleichsetzung mit der Weberei reduziert die Schneiderei tatsächlich auf das in beiden Arbeiten wirklich Gleiche, auf ihren gemeinsamen Charakter menschlicher Arbeit. Auf diesem Umweg ist dann gesagt, daß auch die Weberei, sofern sie Wert webt, keine Unterscheindungsmerkmale von der Schneiderei besitzt, also abstrakt menschliche Arbeit ist.
しかし、織り方の方程式は実際にはどちらの仕事でも、人間の労働の共通の性質に本当に同じものに仕立てを抽象します。 この迂回路では、価値を織り成すならば、織り合わせることは、仕立てという顕著な特徴、すなわち抽象的な人間の労働を持たないと言われています。

Nur der Äquivalenzausdruck verschiedenartiger Waren bringt den spezifischen Charakter der wertbildenden Arbeit zum Vorschein, indem er die in den verschiedenartigen Waren steckenden, verschiedenartigen Arbeiten tatsächlich auf ihr Gemeinsames reduziert, auf menschliche Arbeit überhaupt (17a).
実際に様々な商品に関わる様々な労働を共通の人間の労働(17a)に還元することによって、異なる商品の同等性の表現だけが価値創造労働の特定の性格を引き出す。

 ⑥ Es genügt indes nicht, den spezifische Charakter der Arbeit auszudrücken, woraus der Wert der Leinwand besteht. Menschliche Arbeitskraft im flüssigen Zustand oder menschliche Arbeit bildet Wert, aber ist nicht Wert. Sie wird Wert in geronnenem Zustand, in gegenständlicher Form. Um den Leinwandwert als Gallerte menschlicher Arbeit auszudrük-<66>  ken, muß er als eine "Gegenständlichkeit" ausgedrückt werden, welche von der Leinwand selbst dinglich verschieden und ihr zugleich mit andrer Ware gemeinsam ist. Die Aufgabe ist bereits gelöst.

しかし、リネンの価値である作品の特定の性格を表現するだけでは不十分です。
液体状態や人間の労働における人間の労働は価値があるが、価値はない。
比喩的な形で凝固した状態で値をとるのです。。 リネンの価値を人間労働のゼリーとして表現するためには、それはリネン自体とは違って、他の商品と共通する「客観性」として表現されなければならない。 問題はすでに解決されています。

⑦Im Wertverhältnis der Leinwand gilt der Rock als ihr qualitativ Gleiches, als Ding von derselben Natur, weil er ein Wert ist. Er gilt hier daher als ein Ding, worin Wert erscheint oder welches in seiner handgreiflichen Naturalform Wert darstellt.
 リネンの価値観において、上着は質であるため同じ性質のものとして質的に等しいとみなされる。 したがって、彼・上着は価値が出現するもの、またはその有形の自然な形で価値を表すものとみなされます。

Nun ist zwar der Rock, der Körper der Rockware, ein bloßer Gebrauchswert.
しかし、今、上着、rockwareの本体は、単なる使用価値です。

Ein Rock drückt ebensowenig Wert aus als das erste beste Stück Leinwand.
上着は最初の最高のリネンよりも価値はない。

Dies beweist nur, daß er innerhalb des Wertverhältnisses zur Leinwand mehr bedeutet als außerhalb desselben, wie so mancher Mensch innerhalb eines galonierten Rockes mehr bedeutet als außerhalb desselben.
 これは、リネンとの価値関係の範囲内だけではなく、ギャロッピングされた<金モールで飾られた>上着の
中で人がどれくらい多くのことを意味するのかーーということを証明しています。

 ⑧In der Produktion des Rockes ist tatsächlich, unter der Form der Schneiderei, menschliche Arbeitskraft verausgabt worden. Es ist also menschliche Arbeit in ihm aufgehäuft.
上着の生産では、実際には仕立ての形で、人間の労働が費やされました。 人間の仕事は彼の中に積み重ねられます。

Nach dieser Seite hin ist der Rock "Träger von Wert", obgleich diese seine Eigenschaft selbst durch seine größte Fadenscheinigkeit nicht durchblickt.
この側面によれば、上着は「価値の存在形態」であるが、これはその財産そのものが、最大の縫い目によって見えないのです。

Und im Wertverhältnis der Leinwand gilt er nur nach dieser Seite, daher als verkörperter Wert, als Wertkörper.
また、上着の価値の面では、この側面のみに適用されるため、具体化された価値として、価値体として適用されます。

Trotz seiner zugeknöpften Erscheinung hat die Leinwand in ihm die stammverwandte schöne Wertseele erkannt.
彼の可愛い姿にもかかわらず、リネンは彼女の中で価値のある血統関連の美しい価値魂を認めています。

Der Rock kann ihr gegenüber jedoch nicht Wert darstellen, ohne daß für sie gleichzeitig der Wert die Form eines Rockes annimmt.
しかし、同時に<上着の形を取る価値>がなければ、彼女は価値あるものではありません。

So kann sich das Individuum A nicht zum Individuum B als einer Majestät verhalten, ohne daß für A die Majestät zugleich die Leibesgestalt von B annimmt und daher Gesichtszüge, Haare und manches andre noch mit dem jedesmaligen Landesvater wechselt.
したがって、個人Aは、AのためのBの体型を仮定し、したがって顔の特徴、髪、および他の多くのものをその土地の父親と変えることなければ、威厳を装うことで個人Bに王として振る舞うことはできない。

 ⑨Im Wertverhältnis, worin der Rock das Äquivalent der Leinwand bildet, gilt also die Rockform als Wertform. Der Wert der Ware Leinwand wird daher ausgedrückt im Körper der Ware Rock, der Wert einer Ware im Gebrauchswert der andren.
上着がリネンの等価物となる価値関係では、上着形態は価値形態とみなされます。
したがって、商品リネンの価値は、商品上着の本体、他の商品の使用価値における商品の価値で表されます。

Als Gebrauchswert ist die Leinwand ein vom Rock sinnlich verschiednes Ding, als Wert ist sie "Rockgleiches" und sieht daher aus wie ein Rock. So erhält sie eine von ihrer Naturalform verschiedne Wertform.
使用価値として、リネンは上着とは異なる官能的なものです。価値としてはリネンは、「上着のような」もので上着に見えます。 したがって、それはその自然な形とは異なる価値形態を受け取る。

Ihr Wertsein erscheint in ihrer Gleichheit mit dem Rock wie die Schafsnatur des Christen in seiner Gleichheit mit dem Lamm Gottes.
それらの価値は、この<上着のような形>で、キリスト教徒の羊の性質のように、神の子羊と平等に見えます。


 ⑩Man sieht, alles, was uns die Analyse des Warenwerts vorher sagte, sagt die Leinwand selbst, sobald sie in Umgang mit andrer Ware, dem Rock, tritt. Nur verrät sie ihre Gedanken in der ihr allein geläufigen Sprache, der Warensprache. Um zu sagen, daß die Arbeit in der abstrakten Eigenschaft menschlicher Arbeit ihren eignen Wert bildet, sagt sie, daß der Rock, soweit er ihr gleichgilt, also Wert ist, aus derselben Arbeit be- <67> steht wie die Leinwand.
ご覧の通り、私たちの前で商品の価値を分析したことは、他の商品との接触が始まると直ぐにリネン自身が言う、上着です。彼女は彼女自身の慣れ親しんだ言葉、つまり商品の言葉で彼女の考えを裏切っています。仕事は、人間の労働の抽象的性質で、自分の価値であると言うために、彼女は上着が、ある限り彼はそれに等しいと考えられているようなので、同じ作業<67>から切り出された価値であることを、述べているキャンバスとしてあります。

Um zu sagen, daß ihre sublime Wertgegenständlichkeit von ihrem steifleinenen Körper verschieden ist, sagt sie, daß Wert aussieht wie ein Rock und daher sie selbst als Wertding dem Rock gleicht wie ein Ei dem andern. Nebenbei bemerkt, hat auch die Warensprache, außer dem Hebräischen, noch viele andre mehr oder minder korrekte Mundarten.
その崇高な価値観 - 客観性がその剛体と異なると言うならば、価値は上着のように見え、したがって、リネン自身も価値として、卵のように上着に似ていると彼女は言います。
ちなみに、商品の言語は、ヘブライ語以外にも、多かれ少なかれ正しい方言を持っています。

Das deutsche "Wertsein" drückt z.B. minder schlagend aus als das romanische Zeitwort valere, valer, valoir, daß Gleichsetzung der Ware B mit der Ware der eigne Wertausdruck der Ware A ist. Paris vaut bien une messe! <Paris ist eine Messe wert!>
ドイツの「価値」は、ロマネスクの時代の言葉であるvaler、valer、valoirよりも、商品Bと商品Aとを一致させることは、商品Aの適切な価値表現であるとはいえない。パリは公正な取引です! <パリは公正な価値がある!>

 ⑪Vermittelst des Wertverhältnisses wird also die Naturalform der Ware B zur Wertform der Ware A oder der Körper der Ware B zum Wertspiegel der Ware A.(18) Indem sich die Ware A auf die Ware B als Wertkörper bezieht, als Materiatur menschlicher Arbeit, macht sie den Gebrauchswert B zum Material ihres eignen Wertausdrucks. Der Wert der Ware A, so ausgedrückt im Gebrauchswert der Ware B, besitzt die Form des relativen Werts.
 価値比により、商品Bの自然形態が商品Aの価値形態になるか、商品Bの身体が商品Aの価値鏡となる。(18)商品Aは、価値体としての商品Bを人間労働の素材として参照し、 それらを価値表現の材料に価値Bを使用します。 商品Aの価値は、商品Bの使用価値で表され、相対的価値形態をしている。




   3. Die Äquivalentform    3.同等の形式

<70>① Man hat gesehn: Indem eine Ware A (die Leinwand) ihren Wert im Gebrauchswert einer verschiedenartigen Ware B (dem Rock) ausdrückt, drückt sie letzterer selbst eine eigentümliche Wertform auf, die des Äquivalents.
 ①これまで見てきた:商品A(キャンバス)でBは、様々な商品(ロック)の使用価値が、その値を表し、それ自体の相対的形態を後者に押します。

Die Leinwandware bringt ihr eignes Wertsein dadurch zum Vorschein, daß ihr der Rock, ohne Annahme einer von seiner Körperform verschiednen Wertform, gleichgilt. Die Leinwand drückt also in der Tat ihr eignes Wertsein dadurch aus, daß der Rock unmittelbar mit ihr austauschbar ist. Die Äquivalentform einer Ware ist folglich die Form ihrer unmittelbaren Austauschbarkeit mit anderer Ware.
このリネンは、上着が、その体型とは異なる価値形態をとることなく、それに無関心であるという事実によって、それ自身の価値存在を明示する。したがって、リネンは、上着がそれと直接交換可能であるという事実によって、それ自身の価値存在を表現する。したがって、等価物の形態の商品は、他の商品との即時の互換性<直接的交換可能性>の形態です。

 ②Wenn eine Warenart, wie Röcke, einer andren Warenart, wie Leinwand, zum Äquivalent dient, Röcke daher die charakteristische Eigenschaft erhalten, sich in unmittelbar austauschbarer Form mit Leinwand zu befinden, so ist damit in keiner Weise die Proportion gegeben, worin Röcke und Leinwand austauschbar sind. Sie hängt, da die Wertgröße der Leinwand gegeben ist, von der Wertgröße der Röcke ab.
 ②例えば、このようなキャンバスのようなスカート、商品のがandrenタイプ、などの商品、の一種、同等に使用される場合、上着は、従って、リンネルと直接的交換可能性の形態であることが特徴的な特性を得られるので、割合は、交換可能に上着とリンネルを設けないようにすることです。それは、リンネルの値の大きさを考慮して、上着の値の大きさに依存します。

Ob der Rock als Äquivalent und die Leinwand als relativer Wert oder umgekehrt die Leinwand als Äquivalent und der Rock als relativer Wert ausgedrückt sei, seine Wertgröße bleibt nach wie vor durch die zu seiner Produktion notwendige Arbeitszeit, also unabhängig von seiner Wertform bestimmt.
等価物として上着、および相対価値またはその逆、等価物としてリンネルと上着のようなキャンバスを相対値として表したかどうか、値をその大きさにかかわらず、値のその形態のため、決定、作業それを製造する必要性であり続けています。

Aber sobald die Warenart Rock im Wertausdruck die Stelle des Äquivalents einnimmt, erhält ihre Wertgröße keinen Ausdruck als Wertgröße. Sie figuriert in der Wertgleichung vielmehr nur als bestimmtes Quantum einer Sache.
?しかし、商品タイプRockが等式で同等のものを使用した時点で、その値のサイズは値のサイズとして表現されません。むしろ、価値の方程式では、それは事の明確な量としてしか見えません。

 ③Z.B.: 40 Ellen Leinwand sind "wert" - was? 2 Röcke. Weil die Warenart Rock hier die Rolle des Äquivalents spielt, der Gebrauchswert Rock der Leinwand gegenüber als Wertkörper gilt, genügt auch ein bestimmtes Quantum Röcke, um ein bestimmtes Wertquantum Leinwand auszudrücken.
 ③例えば:40キュビットのリンネルは「価値がある」 - 何にですか? 2枚の上着に。 ここの商品の上着は等価物の役割を果たすので、Wertkörperと反対のキャンバスの使用価値Rockもまた一定の量のスカートがある価値あるキャンバスを表現するのに十分です。

Zwei Röcke können daher die Wertgröße von 40 Ellen Leinwand, aber sie können nie ihre eigne Wertgröße, die Wertgröße von Röcken, ausdrücken. Die oberflächliche Auffassung dieser Tatsache, daß das Äquivalent in der Wertgleichung stets nur die Form eines einfachen Quantums einer Sache, eines Gebrauchswertes, besitzt, hat Bailey, wie viele seiner Vorgänger und Nachfolger, verleitet, im Wertausdruck ein nur quantitatives Verhältnis zu sehn. Die Äquivalentform einer Ware enthält vielmehr keine quantitative Wertbestimmung.
したがって、2枚の上着は40キュビットのリンネルの価値を測定できますが、スカートのサイズという独自の価値を決して表現することはできません。 この方程式の等価物は、常に物事の単なる分量の形をとっているという事実の表面的な見解であり、彼の前任者および後継者の多くのように、Baileyは価値形態を定量的関係とみなしています。 むしろ、等価物の形態の商品は、価値の定量的な決定を含まない。

 ④Die erste Eigentümlichkeit, die bei Betrachtung der Äquivalentform auffällt, ist diese: Gebrauchswert wird zur Erscheinungsform seines Gegenteils, des Werts.
等価物の形態を考えるときに、際立つ最初の特異性はこれです:使用価値はその反対である価値の現れになります。

<71>⑤ Die Naturalform der Ware wird zur Wertform.
Aber, notabene, dies Quidproquo ereignet sich für eine Ware B (Rock oder Weizen oder Eisen usw.) nur innerhalb des Wertverhältnisses, worin eine beliebige andre Ware A (Leinwand etc.) zu ihr tritt, nur innerhalb dieser Beziehung. Da keine Ware sich auf sich selbst als Äquivalent beziehn, also auch nicht ihre eigne Naturalhaut zum Ausdruck ihres eignen Werts machen kann, muß sie sich auf andre Ware als Äquivalent beziehn oder die Naturalhaut einer andren Ware zu ihrer eignen Wertform machen.
 ⑤商品の自然形態は価値形態になります。 しかし、notabene、このquidproquoは、他の商品A(キャンバスなど)がその関係の中でのみ生じる価値関係の中でのみ、商品B(岩または小麦または鉄など)に対して生じる。 コモディティはそれ自体を同等物と呼んでいるわけではないので、自らの自然な肌を自身の価値で表現することはできないため、他のコモディティ<商品>を等価物として参照するか、別のコモディティ<商品>の自然な肌を独自の価値形態にする必要があります。

 ⑥Dies veranschauliche uns das Beispiel eines Maßes, welches den Warenkörpern als Warenkörpern zukommt, d.h. als Gebrauchswerten. Ein Zuckerhut, weil Körper, ist schwer und hat daher Gewicht, aber man kann keinem Zuckerhut sein Gewicht ansehn oder anfühlen.
 ⑥これは、商品の本体、すなわち商品の本体に属する尺度の例で示されています。
使用価値として体は重くて体重があるので、砂糖塊ではありますが、砂糖は体重を感じることはありません。

Wir nehmen nun verschiedne Stücke Eisen, deren Gewicht vorher bestimmt ist. Die Körperform des Eisens, für sich betrachtet, ist ebensowenig Erscheinungsform der Schwere als die des Zuckerhuts. Dennoch, um den Zuckerhut als Schwere auszudrücken, setzen wir ihn in ein Gewichtsverhältnis zum Eisen.
私たちは現在、体重があらかじめ決められているさまざまな鉄片を取ります。 孤立していると考えられている体の形の鉄は、もはや糖衣錠のそれよりも重さの表れではありません。 それにもかかわらず、サトウキビを重さとして表現するために、我々は鉄との重量比のなかでそれを入れた。

In diesem Verhältnis gilt das Eisen als ein Körper, der nichts darstellt außer Schwere. Eisenquanta dienen daher zum Gewichtsmaß des Zuckers und repräsentieren dem Zuckerkörper gegenüber bloße Schwergestalt, Erscheinungsform von Schwere.
この関係では、鉄は重量だけを表す身体とみなされます。 したがって、鉄の量は、砂糖の重量の尺度として役立ち、単なる重さの形態と比較して砂糖の体を表し、重さを表す。

Diese Rolle spielt das Eisen nur innerhalb dieses Verhältnisses, worin der Zucker oder irgendein anderer Körper, dessen Gewicht gefunden werden soll, zu ihm tritt. Wären beide Dinge nicht schwer, so könnten sie nicht in dieses Verhältnis treten und das eine daher nicht zum Ausdruck der Schwere des andren dienen.
この役割は、この比の中でのみ鉄が果たします。この比では、砂糖または体重が検出される他の身体がそれに入ります。 もし両方でこのことが困難であれば、彼らはこの関係に入ることができず、したがって、他者の重量を表現することはできませんでした。

Werfen wir beide auf die Waagschale, so sehn wir in der Tat, daß sie als Schwere dasselbe, und daher in bestimmter Proportion auch von demselben Gewicht sind. Wie der Eisenkörper als Gewichtsmaß dem Zuckerhut gegenüber nur Schwere, so vertritt in unsrem Wertausdruck der Rockkörper der Leinwand gegenüber nur Wert.
もし私たちが両方ともバランスの上で体重を測ると、彼らは重さと同じであり、したがって同じ重量の特定の割合であることが実際に分かります。 鉄の体は、体重の尺度として、サトウキビよりも重いのと同じように、私たちの価値の表現では、上着はリンネルにとって価値があるだけです。

 ⑦Hier hört jedoch die Analogie auf. Das Eisen vertritt im Gewichtsausdruck des Zuckerhuts eine beiden Körpern gemeinsame Natureigenschaft, ihre Schwere, während der Rock im Wertausdruck der Leinwand eine übernatürliche Eigenschaft beider Dinge vertritt: ihren Wert, etwas rein Gesellschaftliches.
 ⑦しかし、ここでは類推が止まる。 サトウキビの重量表記では、鉄は両方の身体によって共有される性質、その重さを表し、キャンバス上の価値の表現では、両方のものの超自然的な品質を表します:その価値、純粋に社会的なものです。

 ⑧Indem die relative Wertform einer Ware, z.B. der Leinwand, ihr Wertsein als etwas von ihrem Körper und seinen Eigenschaften durchaus Unterschiedenes ausdrückt, z.B. als Rockgleiches, deutet dieser Ausdruck selbst an, daß er
ein gesellschaftliches Verhältnis verbirgt.
 ⑧商品の相対的形状をとることによって、例えば、 リンネルはそのボディとその特性とはまったく異なるものです。 上着と同じように、この表現自体は、彼が社会的関係を隠している。

Umgekehrt mit der Äquivalentform.
Sie besteht ja gerade darin, daß ein Warenkörper, wie der Rock, dies Ding wie es geht und steht, Wert ausdrückt, also von Natur Wertform besitzt.
等価物の形式では 逆である。
それは、商品のボディが、上着のように、それが現れ、立っているように表現し、価値を表現し、本質的に価値のある形を持っている<価値形態>という事実に正確に含まれています。

Zwar gilt dies nur innerhalb des Wertverhältnisses, worin die Leinwandware auf die Rockware als Äquivalent bezogen ist.(21) Da aber Eigenschaften eines Dings nicht aus seinem Verhältnis zu andern Dingen entspringen, sich vielmehr in solchem Verhältnis nur betätigen, scheint auch der Rock seine Äquivalentform, seine Eigenschaft unmittelbarer Austauschbarkeit, ebensosehr von Natur zu besitzen wie seine Eigenschaft, schwer zu sein oder warm zu halten.
確かに、これはリネンがロックウェア<上着>に相当する価値の関係の中でのみ真実である。(21)
しかし、物の性質は他の物との関係からは湧き出るものではなく、そのような関係でしか作用しないので、 重い・または暖かい、その財産と同じくらい<本来の互換性の性質>を持っている。

Daher das Rätselhafte der Äquivalentform, das den bürgerlich rohen Blick des politischen Ökonomen erst schlägt, sobald diese Form ihm fertig gegenübertritt im Geld. Dann sucht er den mystischen Charakter von Gold und Silber wegzuklären, indem er ihnen minder blendende Waren unterschiebt und mit stets erneutem Vergnügen den Katalog all des Warepöbels ableiert, der seinerzeit die Rolle des Warenäquivalents gespielt hat.
それゆえに、この形がお金の中で彼に直面し終えるとすぐに、政治経済学者のブルジョア性の凝視を打ち負かす等価形態の謎です。
そして、金と銀の神秘的な性格を明らかにするために、あまり目立たない商品を提出し、その時に商品の役割を果たすすべての商品のカタログを放棄することを永遠に楽しんでいるのです   。

 ⑨Er ahnt nicht, daß schon der einfachste Wertausdruck, wie 20 Ellen Leinwand = 1 Rock, das Rätsel der Äquivalentform zu lösen gibt.
 ⑨彼は、20キュビットのキャンバス= 1スカートのような最も単純な等式でさえ、等価形態の謎を解決するとは考えていない。

Der Körper der Ware, die zum Äquivalent dient, gilt stets als Verkörperung abstrakt menschlicher Arbeit und ist stets das Produkt einer bestimmten nützlichen, konkreten Arbeit.
その等価物として機能する商品の本体は、常に抽象的な人間の労働の実現形態であり、常に特定の有用で具体的な仕事の産物である。

Diese konkrete Arbeit wird also zum Ausdruck abstrakt menschlicher Arbeit. Gilt der Rock z.B. als bloße Verwirklichung, so die Schneiderei, die sich tatsächlich in ihm verwirklicht, als bloße Verwirklichungsform abstrakt menschlicher Arbeit.
この具体的なは、抽象的な人間労働の表現になります。 スカートが例えばの場合 単なる実現として、抽象的な人間労働の実現の単なる形態として、実際に彼の中で実現する仕立て労働を、そうする。

Im Wertausdruck der Leinwand besteht die Nützlichkeit der Schneiderei nicht darin, daß sie Kleider, also auch Leute, sondern daß sie einen Körper macht, dem man es ansieht, daß er Wert ist, also Gallerte von Arbeit, die sich durchaus nicht unterscheidet von der im Leinwandwert vergegenständlichten Arbeit.
キャンバスの表現上の価値において、服飾の有用性は、衣服を作ることではなく、人を作ることではなく、価値のあるものと見なされる身体を作るということです。 キャンバスの価値が客観化された作品。

Um solch einen Wertspiegel zu machen, muß die Schneiderei selbst nichts widerspiegeln außer ihrer abstrakten Eigenschaft, menschliche Arbeit zu sein.
そのような価値水準を作るために、それ自体を調整することは、人間の労働であるという抽象的な品質を反映する必要はありません。

 ⑩In der Form der Schneiderei wie in der Form der Weberei wird menschliche Arbeitskraft verausgabt. Beide besitzen daher die allgemeine Eigenschaft menschlicher Arbeit und mögen daher in bestimmten Fällen, z.B. bei der Wertproduktion, nur unter diesem Gesichtspunkt in Betracht kommen.
 ⑩仕立ての形では、織りのように、人力が費やされます。 したがって、両方とも、人間の労働の一般的特徴を有し、したがって、場合によっては、例えば、 価値観の生産においては、この観点からのみ考慮される。
                                     <73>
All das ist nicht mysteriös. Aber im Wertausdruck der Ware wird die Sache verdreht. Um z.B. auszudrücken, daß das Weben nicht in seiner  konkreten Form als Weben, sondern in seiner allgemeinen Eigenschaft als menschliche Arbeit den Leinwandwert bildet, wird ihm die Schneiderei, die konkrete Arbeit, die das Leinwand-Äquivalent produziert, gegenübergestellt als die handgreifliche Verwirklichungsform abstrakt menschlicher Arbeit.
すべてそれは神秘的ではありません。 しかし、商品の価値の中では物事はねじれている。 例えば、 織りは織りのように具体的な形で織りの価値を構成するものではなく、人間の労働として一般的な品質であると表現するために、抽象的な人間の労働の実現の具体的な形態としてそれとは対照的である。

 ⑪Es ist also eine zweite Eigentümlichkeit der Äquivalentform, daß konkrete Arbeit zur Erscheinungsform ihres Gegenteils, abstrakt menschlicher Arbeit wird.
 ⑪したがって、具体的労働は、その反対の抽象的な人間の労働の現れになるという同等の形態の第二の特異性です。

 ⑫Indem aber diese konkrete Arbeit, die Schneiderei, als bloßer Ausdruck unterschiedsloser menschlicher Arbeit gilt, besitzt sie die Form der Gleichheit mit andrer Arbeit, der in der Leinwand steckenden Arbeit, und ist daher, obgleich Privatarbeit, wie alle andre, Waren produzierende Arbeit, dennoch Arbeit in unmittelbar gesellschaftlicher Form. Ebendeshalb stellt sie sich dar in einem Produkt, das unmittelbar austauschbar mit andrer Ware ist. Es ist also eine dritte Eigentümlichkeit der Äquivalentform, daß Privatarbeit zur Form ihres Gegenteils wird, zu Arbeit in unmittelbar gesellschaftlicher Form.
 ⑫単なる表現無差別人間の仕事があるとしてではなく、この具体的な作業は、仕立て、それは他の仕事のと平等の形態を有することにより、プラグのキャンバス作品で終わり、そしてそのため、民間の仕事が、他のすべてのように、まだ、仕事を商品生産します直接の社会的形態で働く。それが他の商品と直接交換可能な商品の中に現れる理由です。それゆえに、民間の仕事がその反対の形になり、すぐに社会的な形で働くという同等の形の第三の特異性です。

 ⑬Die beiden zuletzt entwickelten Eigentümlichkeiten der Äquivalentform werden noch faßbarer, wenn wir zu dem großen Forscher zurückgehn, der die Wertform, wie so viele Denkformen, Gesellschaftsformen und Naturformen zuerst analysiert hat. Es ist dies Aristoteles.
 ⑬我々は非常に多くの思考のフォーム、社会の形状や自然な形態が第1の値の形式を分析するように、持っている偉大な研究者に行く戻ったときと同等の形式の最後の二つの特殊性は、より分かりやすい開発しました。それはアリストテレスです。

 ⑭Zunächst spricht Aristoteles klar aus, daß die Geldform der Ware nur die weiter entwickelte Gestalt der einfachen Wertform ist, d.h. des Ausdrucks des Werts einer Ware in irgendeiner beliebigen andren Ware, denn er sagt:
 ⑭第1に、アリストテレスは、商品の金銭的形態は単純な価値形態のより発展した形であることを明確に述べている。それは他の商品の商品価値の表記です。

"5 Polster = 1 Haus"             "5家具= 1ハウス"
Kliuai pente anti oik iaz          清潔に保つために
<Griechisch: Clinai pente anti oicias>

"unterscheidet sich nicht" von:     「違いはありません」

"5 Polster = soundso viel Geld"     "5つの布張り=そんなにお金"
Kliuai pente anti ... osou ai pente k linai
<Griechisch: clinai pente anti ... odson ai pente clinai>

 ⑮Er sieht ferner ein, daß das Wertverhältnis, worin dieser Wertausdruck steckt, seinerseits bedingt, daß das Haus dem Polster qualitativ gleichgesetzt wird und daß diese sinnlich verschiednen Dinge ohne solche Wesensgleichheit nicht als kommensurable Größen aufeinander beziehbar wären. "Der Austausch", sagt er," kann nicht sein ohne die Gleichheit, die <74> Gleichheit aber nicht ohne die Kommensurabilität" ("out isothz mh oushz summetria z"). Hier aber stutzt er und gibt die weitere Analyse der Wertform auf. "Es ist aber in Wahrheit unmöglich (th men oun alhdeia adunaton), daß so verschiedenartige Dinge kommensurabel", d.h. qualitativ gleich seien. Diese Gleichsetzung kann nur etwas der wahren Natur der Dinge Fremdes sein, also nur "Notbehelf für das praktische Bedürfnis".
 ⑮彼はまた、順番に値式が感染した値の比は、家が高いと、この官能的なverschiednen事が通約量などの基本的なアイデンティティーなしで互いに得られなかったことをクッションに等しく設定されていることを必要とすることを見ています。 "交換は、" と彼は言う、 "commensurabilityのない平等、平等なし<74>は存在しませんし、できません"( "アウトisothz MH oushz summetria Z")。しかし、ここで彼は調整し、価値形態のさらなる分析をあきらめます。 "しかし、実際には、相変わらず多様なものが相応していることは不可能です"(私は男性オンドアルデディアアドナートン)。質的に同じです。この方程式は、事の本質にとって異質なもの、すなわち「実用的な必要性のための一時的なもの」に過ぎない。
この方程式は、事実の本質にとって異質なもの、すなわち「実用的な必要性のための一時的なもの」に過ぎない。

 ⑮Aristoteles sagt uns also selbst, woran seine weitere Analyse scheitert, nämlich am Mangel des Wertbegriffs. Was ist das Gleiche, d.h. die gemeinschaftliche Substanz, die das Haus für den Polster im Wertausdruck des Polsters vorstellt? So etwas kann "in Wahrheit nicht existieren", sagt Aristoteles. Warum? Das Haus stellt dem Polster gegenüber ein Gleiches vor, soweit es das in beiden, dem Polster und dem Haus, wirklich Gleiche vorstellt. Und das ist - menschliche Arbeit.
 ⑮アリストテレスは、なぜ彼のさらなる分析が失敗するのか、
すなわち価値観の欠如を自分自身で伝えています。
同じものは何ですか?室内装飾品の価値表現において室内装飾品のための家を提示する共同体物質?
そのようなものは、実際には存在しないとーーアリストテレスは言う。
 なぜか?
家は室内装飾品と家の両方に共通なものが現れる限り、室内装飾品に同じものを提示します。
それは人間労働です。

 ⑯ Daß aber in der Form der Warenwerte alle Arbeiten als gleiche menschliche Arbeit und daher als gleichgeltend ausgedrückt sind, konnte Aristoteles nicht aus der Wertform selbst herauslesen, weil die griechische Gesellschaft auf der Sklavenarbeit beruhte, daher die Ungleichheit der Menschen und ihrer Arbeitskräfte zur Naturbasis hatte. Das Geheimnis des Wertausdrucks, die Gleichheit und gleiche Gültigkeit aller Arbeiten, weil und insofern sie menschliche Arbeit überhaupt sind, kann nur entziffert werden, sobald der Begriff der menschlichen Gleichheit bereits die Festigkeit eines Volksvorurteils besitzt. Das ist aber erst möglich in einer Gesellschaft, worin die Warenform die allgemeine Form des Arbeitsprodukts, also auch das Verhältnis der Menschen zueinander als Warenbesitzer das herrschende gesellschaftliche Verhältnis ist. Das Genie des Aristoteles glänzt grade darin, daß er im Wertausdruck der Waren ein Gleichheitsverhältnis entdeckt. Nur die historische Schranke der Gesellschaft, worin er lebte, verhindert ihn herauszufinden, worin denn "in Wahrheit" dies Gleichheitsverhältnis besteht.
 ⑯しかし、商品の価値形態では、同じ人間労働としてのすべての作業、したがって、同様に有効と表現は、ギリシャの社会は奴隷労働に基づいていたので、アリストテレスは、この価値形態から推測することができませんでしたが、それ故に自然な根拠に人々の不平等とその労働力を持っていました。

価値等式、平等とすべての労働の平等と作業の等しい妥当性である価値表現の秘密を、彼らは人間労働が一般的にある限り、人間の平等の概念が、すでに人気の偏見の強さを持っているときにのみ、解読することができるからです。

しかし、これは、商品形態が労働生産物の一般的な形態である社会においてのみ可能であり、したがって、商品所有者としての人々の関係も支配的な社会関係である。

アリストテレスの天才は、商品の価値の表現において平等を発見するという事実に輝いています。彼が住んでいた社会の歴史的障壁だけが、この「平等」の関係が「真実」であることを知ることを妨げている。

   4. Das Ganze der einfache Wertform
    4.単純なの形式の全体



グーグル英和訳ソフト
   Google 翻訳   https://translate.google.co.jp/?hl=ja
英語・独語 何でもありです。
 

レンタル掲示板
/150